日本の映画館の総合データベースです。



別府市

帝国館
所在地 : 大分県別府市日の出町(1925年・1927年・1930年)、大分県別府市日ノ出町(1936年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1925年・1927年・1930年・1936年の映画館名簿では「帝国館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1933年現在の「帝国館」。所在地は別府市大字別府日ノ出町。前身の豊玉館の創業は1913年頃であり、その後火災に遭って再建された。営業主は別府市の本田楠男であり、本田による創業は1926年10月。邦画は帝国キネマを上映。*1

1913年頃、別府初の常設活動写真館「豊玉館」(後の帝国館)が開館した。*2
大成館/興亜映画劇場
所在地 : 大分県別府市駅通り(1927年)、大分県別府市駅前通(1930年・1936年)、大分県別府市別府駅前通(1943年)
開館年 : 1929年12月31日
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1925年の映画館名簿には掲載されていない。1927年・1930年・1936年の映画館名簿では「大成館」。1943年の映画館名簿では「興亜映画劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。

1913年頃、別府市日ノ出町に有志によって「豊玉館」が開館した。「帝国館」の前身であり、大分県初の活動写真常設館である。大阪の活動写真館を踏襲した、地方では斬新な建物設計だった。豊玉館に次いで、松原に「松栄館」が建設され、その後「世界館」や「大成館」も建設された。*3

1913年、大分県初の常設活動写真館として「豊玉館」(帝国館)が設けられた。1918年頃には「松栄館」、1919年頃には「世界館」、1929年には「大成館」も設けられている。*4

1933年現在の「大成館」。所在地は別府市大字別府停車場通。創業は1929年12月31日。営業主は福岡市博多の河野政次郎。建坪は約200坪。邦画は松竹キネマや東亜キネマ、洋画はメトロやパラマウントやファーストを上映。*5

1929年12月31日、別府駅前通りに映画館「大成館」が開館した。*6
オリオン座
所在地 : 大分県別府市本町(1950年)、大分県別府市北町(1953年・1954年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1954年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「オリオン座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年の「別府市詳図」には「ブルーバード劇場」「国際館」「新映劇場」「オリオン座」「スバル座」「泉都座」「世界館」「松栄館」が描かれている。*7
亀川松竹
所在地 : 大分県別府市亀川町(1957年・1958年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1958年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「亀川松竹」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
世界館
所在地 : 大分県別府市松原公園(1925年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年)、大分県別府市松原(1953年・1955年)、大分県別府市松原町(1958年)
開館年 : 1919年12月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿では「世界館」。1927年の映画館名簿には掲載されていない。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「世界館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1913年頃、別府市日ノ出町に有志によって「豊玉館」が開館した。「帝国館」の前身であり、大分県初の活動写真常設館である。大阪の活動写真館を踏襲した、地方では斬新な建物設計だった。豊玉館に次いで、松原に「松栄館」が建設され、その後「世界館」や「大成館」も建設された。*8

1913年、大分県初の常設活動写真館として「豊玉館」(帝国館)が設けられた。1918年頃には「松栄館」、1919年頃には「世界館」、1929年には「大成館」も設けられている。*9

1918年12月、別府に映画館「世界館」が開館した。*10

1924年現在の別府市の常設活動写真館として、松原公園の「世界館」、中浜通3丁目の「豊玉館」がある。*11

1933年現在の「世界館」。所在地は別府市大字別府字松原公園。営業主は別府市の野瀬商会主の野瀬紫肝。1920年の建築であり、野瀬による創業は1926年末。建坪は約250坪。邦画は松竹キネマや東京河合製作所、洋画はメトロやユーナイトやフォックスを上映。*12

1951年5月、別府市松原公園の映画館「世界館」が全焼した。*13
流川東映
所在地 : 大分県別府市流川通8(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年5月25日
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「流川東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年5月25日午前0時30分頃、別府市流川通の「流川東映」が全焼した。木造モルタル2階建て、延660平方メートル。経営は有田英雄。*14

1960年5月25日、別府市流川町の「流川東映」が全焼した。*15
名映
所在地 : 大分県別府市秋葉通3(1956年)、大分県別府市南町五組(1958年)、大分県別府市秋葉通(1960年・1961年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「名映」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
白鷺
所在地 : 大分県別府市北石垣上人町(1958年)、大分県別府市北石垣区上人町(1960年)、大分県別府市上人町(1962年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1962年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「白鷺」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
別府日劇/日劇
所在地 : 大分県別府市中浜通(1957年・1958年・1960年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年3月28日
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「別府日劇」。1960年の映画館名簿では「日劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年3月28日、別府市の「日劇東映」が全焼した。*16
松栄館/東宝松映
所在地 : 大分県別府市(1925年)、大分県別府市松原公園(1927年)、大分県別府市松原通り(1930年)、大分県別府市松原公園(1936年・1943年・1947年・1950年)、大分県別府市松原(1953年・1955年)、大分県別府市松原町(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1918年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1927年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「松栄館」。1960年・1962年の映画館名簿では「東宝松映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1913年頃、別府市日ノ出町に有志によって「豊玉館」が開館した。「帝国館」の前身であり、大分県初の活動写真常設館である。大阪の活動写真館を踏襲した、地方では斬新な建物設計だった。豊玉館に次いで、松原に「松栄館」が建設され、その後「世界館」や「大成館」も建設された。*17

1913年、大分県初の常設活動写真館として「豊玉館」(帝国館)が設けられた。1918年頃には「松栄館」、1919年頃には「世界館」、1929年には「大成館」も設けられている。*18

1918年頃、別府の松原公園前に映画館「松栄館」が開館した。*19

1917年現在の別府市の活動写真館として、中浜通3丁目の「豊玉館」(ほうぎょくかん)、松原通の「松栄館」(しょうえいかん)がある。いずれも入場料は1等15銭で2等10銭。*20

1933年現在の「松栄館」。所在地は別府市大字別府字松原公園。営業主は北海部郡熊崎の玉井小鍛冶。1918年頃の建築であり、当初は軽業小屋だったが、改築して活動写真常設館となった。玉井による開業は1925年正月である。その後、1927年頃に火災に遭って再建された。建坪は約200坪。邦画は日本活動写真株式会社を上映。*21

1959年の「別府市詳図」には「ブルーバード劇場」「国際館」「新映劇場」「オリオン座」「スバル座」「泉都座」「世界館」「松栄館」が描かれている。*22
大映国際
所在地 : 大分県別府市駅前通(1960年・1962年)
開館年 : 1958年8月1日
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「大映国際」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年8月1日、別府市駅前通りの日活・東宝系封切館「日活国際館」を改装し、「東宝国際館」と「大映国際館」の2館として開館する。東宝国際館の披露番組は『花の慕情』と『旅姿鼠小僧』。大映国際館の披露番組は『人肌孔雀』と『消えた小判屋敷』。経営は宮本浩社長の日伯興業。竹田明が両館の支配人を兼任する予定。*23
亀川銀映/亀川東映
所在地 : 大分県別府市亀川町(1954年)、大分県別府市亀川町711-3(1958年)、大分県別府市亀川町(1959年・1960年)、大分県別府市亀川本町(1963年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「亀川銀映」。1958年・1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「亀川東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
銀座ロマン
所在地 : 大分県別府市銀座街(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「銀座ロマン」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
豊玉館/泉都座/別府大映
所在地 : 大分県別府市(1925年)、大分県別府市中浜通3(1943年)、大分県別府市中浜通(1947年・1950年・1953年・1955年)、大分県別府市羽衣町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1913年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿では「豊玉館」。1927年・1930年・1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「泉都座」。1947年・1950年の映画館名簿では「泉都館」。1953年・1955年の映画館名簿では「泉都座」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「別府大映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1913年頃、別府市日ノ出町に有志によって「豊玉館」が開館した。「帝国館」の前身であり、大分県初の活動写真常設館である。大阪の活動写真館を踏襲した、地方では斬新な建物設計だった。豊玉館に次いで、松原に「松栄館」が建設され、その後「世界館」や「大成館」も建設された。*24

1913年頃、別府初の常設活動写真館「豊玉館」(後の帝国館)が開館した。*25

1913年、大分県初の常設活動写真館として「豊玉館」(帝国館)が設けられた。1918年頃には「松栄館」、1919年頃には「世界館」、1929年には「大成館」も設けられている。*26

1917年現在の別府市の活動写真館として、中浜通3丁目の「豊玉館」(ほうぎょくかん)、松原通の「松栄館」(しょうえいかん)がある。いずれも入場料は1等15銭で2等10銭。*27

1917年には別府市の「豊玉館」が焼失した。その後再建され、「泉都座」や「別府大映」と称した。1966年現在は存在しない。*28

1924年現在の別府市の常設活動写真館として、松原公園の「世界館」、中浜通3丁目の「豊玉館」がある。*29

1959年の「別府市詳図」には「ブルーバード劇場」「国際館」「新映劇場」「オリオン座」「スバル座」「泉都座」「世界館」「松栄館」が描かれている。*30
羽衣松竹/羽衣ロマン
所在地 : 大分県別府市羽衣町(1958年)、大分県別府市南下町(1960年)、大分県別府市南下区(1963年)、大分県別府市南下町(1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「羽衣松竹」。1963年・1965年の映画館名簿では「羽衣ロマン」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹映画劇場
所在地 : 大分県別府市日の出町(1965年)
開館年 : 1963年10月13日
閉館年 : 1965年頃
1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1965年の映画館名簿では経営者が藤井国義、支配人が竹田明、鉄筋造1階冷暖房付、350席、松竹を上映、電話番号3608。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年10月13日、別府市日出町に松竹専門の新映画館が開館する。館名は一般募集中。オープニングは『100万人の娘たち』と『虹をつかむ踊子』。鉄筋造2階建て、椅子席390席(うち40席は特別指定席)。映写機フジセントラルF101、発声器ビクターPG230キセノン3キロワット。経営は藤井国義、支配人は竹田明。*31
別府第三ロマン/松竹スバル座/スバル座/別府スバル座
所在地 : 大分県別府市楠町(1953年・1955年)、大分県別府市楠本町(1958年・1960年)、大分県別府市楠町(1963年)、大分県別府市楠門7-13(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年1月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「スバル座」。1958年の映画館名簿では「別府第三ロマン」。1960年の映画館名簿では「松竹スバル座」。1963年の映画館名簿では「スバル座」。1966年の映画館名簿では「別府スバル座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年7月15日、別府市楠町の「中央ロマン」は松竹上映館から洋画再映とショー劇場の二本立に変更した。経営者は首藤健次。*32

1966年1月、別府市楠町の映画館「スバル座」が焼失した。*33
松原東映/別府松原東映劇場
所在地 : 大分県別府市松原町(1959年)、大分県別府市松原公園(1960年)、大分県別府市松原(1963年)、大分県別府市南門8-10(1966年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1966年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「松原東映」。1966年の映画館名簿では「別府松原東映劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
鉄輪館/鉄輪映劇/鉄輪ヤングセンター
所在地 : 大分県別府市鉄輪(1956年)、大分県別府市鉄輪町(1957年・1958年・1963年)、大分県別府市鉄輪風呂本(1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年の映画館名簿では「鉄輪館」。1958年の映画館名簿では「鉄輪映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「鉄輪映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「鉄輪ヤングセンター」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
南映/別府南映映画劇場(浜町)
所在地 : 大分県別府市浜町5238-12(1956年)、大分県別府市浜町523-12(1958年)、大分県別府市浜町(1960年・1963年)、大分県別府市浜町3-1(1966年・1969年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1969年頃(移転)
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「南映」。1966年・1969年の映画館名簿では「別府南映映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹ロマン/別府第二ロマン
所在地 : 大分県別府市弥生町(1958年・1960年・1963年)、大分県別府市北浜1-4-13(1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松竹ロマン」。1966年・1969年の映画館名簿では「別府第二ロマン」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

1963年9月下旬、別府市弥生町の松竹封切館「松竹ロマン」が改装され、洋画ロードショー館「第二ロマン」に改称して再発足した。経営は首藤勝馬社長のRC映画。*34
花月館/花月映劇/別府花月映画劇場
所在地 : 大分県別府市松原(1955年)、大分県別府市松原町(1958年・1960年)、大分県別府市松原(1963年)、大分県別府市松原公園2(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「花月館」。1958年・1960年の映画館名簿では「花月映劇」。1963年の映画館名簿では「花月劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「別府花月映画劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。
名画座/流川名画座/別府名画座
所在地 : 大分県別府市流川通(1956年)、大分県別府市流川通2丁目(1958年)、大分県別府市流川通(1960年・1963年)、大分県別府市元町13-21(1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1971年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「名画座」。1958年の映画館名簿では「流川名画座」。1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年の映画館名簿では「流川名画座」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「別府名画座」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。
ニコニコ館/別府ニコニコ館
所在地 : 大分県別府市本町(1958年・1960年・1963年)、大分県別府市元町2-2(1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1971年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ニコニコ館」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「別府ニコニコ館」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。
別府シネマグランプリ/別府シネマグランプリー
所在地 : 大分県別府市南的ケ浜町4-4(1970年)、大分県別府市南的ケ浜4-4(1971年・1972年)
開館年 : 1969年頃
閉館年 : 1972年頃
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の映画館名簿では「別府シネマグランプリ」。1971年・1972年の映画館名簿では「別府シネマグランプリー」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
別府ブラザー劇場
所在地 : 大分県別府市北浜1丁目4-10(1973年)
開館年 : 1972年頃
閉館年 : 1973年頃
1972年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿では「別府ブラザー劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。
別府ロキシー/別府東宝プラザ(旧)
所在地 : 大分県別府市北浜1-4-9-2(1967年)、大分県別府市北浜1-4-9-12(1968年・1969年・1973年)、大分県別府市北浜1-4-9(1974年)
開館年 : 1966年頃
閉館年 : 1974年頃
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年・1968年・1969年の映画館名簿では「別府ロキシー」。1973年・1974年の映画館名簿では「別府東宝プラザ」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
別府駅前南映劇場/別府駅前南映
所在地 : 大分県別府市本町(1969年)、大分県別府市駅前町(1973年)、大分県別府市東駅前(1975年)、大分県別府市駅前町7-5(1976年)
開館年 : 1968年頃
閉館年 : 1976年頃
1968年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「別府駅前南映劇場」。1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「別府駅前南映」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。
別府ロック座/ロック座
所在地 : 大分県別府市北浜1-3(1972年・1973年)、大分県別府市北浜町1-3-26(1975年・1976年)
開館年 : 1971年頃
閉館年 : 1976年頃
1971年の映画館名簿には掲載されていない。1972年・1973年の映画館名簿では「別府ロック座」。1975年・1976年の映画館名簿では「ロック座」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。
トンボ東映/別府トンボ東映映画劇場/別府トンボ東映
所在地 : 大分県別府市上的ヶ浜区(1963年)、大分県別府市南的ヶ浜町4-4(1966年・1969年)、大分県別府市南的ヶ浜4-4(1973年)、大分県別府市南的ヶ浜町4-4(1975年・1977年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1977年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「トンボ東映」。1966年の映画館名簿では「別府トンボ東映映画劇場」。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「別府トンボ東映」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
別府第一ロマン(旧)
所在地 : 大分県別府市北浜1丁目(1970年)、大分県別府市北浜1丁目4-10(1973年)、大分県別府市北浜1(1975年)、大分県別府市中央町1(1978年・1979年)
開館年 : 1969年頃
閉館年 : 1979年頃
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年・1973年・1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「別府第一ロマン」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
ロマン座/第一ロマン/別府ロマン/別府第一ロマン(新)
所在地 : 大分県別府市本町(1955年)、大分県別府市本町1丁目(1958年)、大分県別府市本町(1960年・1963年)、大分県別府市中央町1-34(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、大分県別府市中央町1(1980年)、大分県別府市中央町1-1-12(1982年・1984年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1984年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「ロマン座」。1958年の映画館名簿では「別府第一ロマン」。1960年・1963年の映画館名簿では「第一ロマン」。1966年・1969年の映画館名簿では「別府第一ロマン」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「別府ロマン」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1984年の映画館名簿では「別府第一ロマン」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。ロマン座という旧称のストリップ劇場 別府永久劇場との関係は不明。
別府南映映画劇場/別府南映/別府南映劇場(元町)
所在地 : 大分県別府市元町(1970年・1973年・1975年)、大分県別府市元町1-5(1978年・1980年・1982年)、大分県別府市元町1-15(1984年)
開館年 : 1969年頃(移転)
閉館年 : 1984年頃
1970年・1973年の映画館名簿では「別府南映映画劇場」。1975年の映画館名簿では「別府南映」。1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「別府南映劇場」。1984年頃に元町から駅前町に移転。
別府東映劇場/別府東映(北浜1-3-11)
所在地 : 大分県別府市駅前通(1956年・1958年・1960年・1963年)、大分県別府市北浜1-3-11(1966年・1969年)、大分県別府市北浜1-3-2(1973年)、大分県別府市北浜1-3(1975年)、大分県別府市北浜1-3-11(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1980年8月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「別府東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「別府東映劇場」。1975年の映画館名簿では「別府東映」。1978年・1980年の映画館名簿では「別府東映劇場」。1982年の映画館名簿では「別府東映」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。

1980年8月、東映直営館「別府東映」が閉館した。*35
新映劇場/新映/別府北浜大映映画劇場/別府北浜大映劇場/別府北浜松竹劇場/別府北浜松竹/別府東映パラス劇場/別府東映パラス/別府東映劇場(北浜1-4)
所在地 : 大分県別府市本町(1943年)、大分県別府市北浜(1953年・1955年)、大分県別府市北浜町(1958年・1960年)、大分県別府市北浜(1963年・1966年・1969年)、大分県別府市北浜1丁目(1970年・1971年)、大分県別府市北浜1丁目4-10(1972年・1973年)、大分県別府市北浜1-4(1975年・1978年・1980年・1982年)、大分県別府市北浜1-3-11(1983年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「新映劇場」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新映」。1966年の映画館名簿では「別府北浜大映映画劇場」。1969年・1970年の映画館名簿では「別府北浜大映劇場」。1971年・1972年・1973年の映画館名簿では「別府北浜松竹劇場」。1975年の映画館名簿では「別府北浜松竹」。1978年の映画館名簿では「別府東映パラス劇場」。1980年・1982年の映画館名簿では「別府東映パラス」。1982年の映画館名簿では経営会社が九東商事、経営者が宗博之、支配人が首藤正敏、鉄筋造1階、160席、洋画を上映。1983年の映画館名簿では「別府東映劇場」。1983年の映画館名簿では経営会社が九東商事、経営者が勝俣明、支配人が首藤正敏、木造1階、160席、東映を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年の「別府市詳図」には「ブルーバード劇場」「国際館」「新映劇場」「オリオン座」「スバル座」「泉都座」「世界館」「松栄館」が描かれている。*36
シネマパレス/別府シネマパレス
所在地 : 大分県別府市海門寺13(1955年)、大分県別府市海門寺町(1958年・1960年)、大分県別府市海門寺区(1963年)、大分県別府市北浜2-1-28(1966年・1969年・1973年)、大分県別府市北浜2-1(1975年・1978年・1980年)、大分県別府市北浜2-1-28(1985年・1990年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1950年8月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「シネマパレス」。1960年の映画館名簿では「シネマ・パレス」。1963年の映画館名簿では「シネマパレス」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「別府シネマパレス」。1991年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はライブハウス「別府ヒットパレードクラブ」。最寄駅はJR日豊本線別府駅。
国際館/日活国際館/別府東宝国際館/別府東宝国際劇場/別府東宝劇場/別府東宝劇場・別府東宝プラザ/別府東映セントラル・別府セントラル/別府セントラル1・2
所在地 : 大分県別府市駅前通(1947年・1950年・1953年)、大分県別府市駅前(1955年)、大分県別府市駅前通(1958年・1960年・1963年)、大分県別府市北浜1-4-10(1966年・1969年・1970年)、大分県別府市北浜1-4-10(1973年)、大分県別府市北浜1-4-9(1975年・1978年・1980年・1982年・1985年)、大分県別府市北浜1-4-19(1990年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「国際劇場」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「国際館」。1958年の映画館名簿では「日活国際館」。1960年の映画館名簿では「東宝国際」。1963年の映画館名簿では「東宝国際館」。1966年・1969年の映画館名簿では「別府東宝国際館」。1970年の映画館名簿では「別府東宝国際劇場」。1973年の映画館名簿では「別府東宝劇場」。1975年の映画館名簿では「別府東宝・別府東宝プラザ」(2館)。1980年の映画館名簿では「別府東宝劇場・別府東宝プラザ」(2館)。1985年の映画館名簿では「別府東映セントラル・別府セントラル」(2館)。1990年の映画館名簿では「別府セントラル1・2」(2館)。1991年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年8月1日、別府市駅前通りの日活・東宝系封切館「日活国際館」を改装し、「東宝国際館」と「大映国際館」の2館として開館する。東宝国際館の披露番組は『花の慕情』と『旅姿鼠小僧』。大映国際館の披露番組は『人肌孔雀』と『消えた小判屋敷』。経営は宮本浩社長の日伯興業。竹田明が両館の支配人を兼任する予定。*37

1959年の「別府市詳図」には「ブルーバード劇場」「国際館」「新映劇場」「オリオン座」「スバル座」「泉都座」「世界館」「松栄館」が描かれている。*38
別府オスカー
所在地 : 大分県別府市北浜1-10-12(1984年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1983年頃
閉館年 : 2002年頃
1983年の映画館名簿には掲載されていない。1984年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「別府オスカー」。2003年の映画館名簿には掲載されていない。
別府日活ブルーバード/別府にっかつ/別府にっかつ劇場/別府スカラ座/シネマブルーバード
所在地 : 大分県別府市北浜1-2(1971年・1972年・1973年)、大分県別府市北浜1-2-13(1975年)、大分県別府市北浜1-2-12(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、大分県別府市北浜1-2-12 ブルーバード会館3階(2005年)
開館年 : 1970年頃
閉館年 : 2006年頃
1970年の映画館名簿には掲載されていない。1971年・1972年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「別府日活ブルーバード」。1975年の映画館名簿では経営会社が太陽企業、経営者が村上覚、支配人が柳原憲二、鉄筋造2階冷暖房付、450席、日活を上映。1980年の映画館名簿では「別府にっかつ」。1980年の映画館名簿では経営会社が太陽企業、経営者が根本悌二、支配人が石井精一、鉄筋造2階、250席、にっかつを上映。1985年・1990年の映画館名簿では「別府にっかつ劇場」。1995年の映画館名簿では「別府スカラ座」。1995年の映画館名簿では経営会社がセントラル興行、経営者が力武英五郎、支配人が杉元幸雄、鉄筋造3階、226席、洋画を上映。2000年・2005年の映画館名簿では「シネマブルーバード」。2005年の映画館名簿では経営会社が株式会社ブルーバード会館、経営者・支配人ともに中村光、鉄筋造3階、200席、洋画を上映。2006年の映画館名簿では「シネマ・ブルーバード」。2007年の映画館名簿には掲載されていない。建物のブルーバード会館は現存。最寄駅はJR日豊本線別府駅。

1989年11月6日の『大分合同新聞』には、「別府にっかつ」が閉館する/したという記事が掲載されている。現物は未確認。*39
別府ニュー南映
所在地 : 大分県別府市駅前町7-15(1984年・1985年)、大分県別府市駅前7-15(1990年)、大分県別府市駅前町7-15(1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1983年頃
閉館年 : 2012年頃
1983年頃に元町から駅前町に移転。1984年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「別府ニュー南映」。2012年の映画館名簿では経営会社が合資会社南映、経営者・支配人ともに利光行雄、鉄筋造1階、90席、成人映画を上映。2011年9月以後2012年11月以前に駅前町から北浜町に移転。映画館が入っていた「南映ビル」は現存。最寄駅はJR日豊本線別府駅。

「別府ニュー南映」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*40

「別府ニュー南映」に言及している書籍として、平山雄『昭和遺産へ、巡礼1703景』303 BOOKS、2021年がある。*41
別府南映劇場(新)
所在地 : 大分県別府市北浜1-3-27(2013年・2015年・2020年)
開館年 : 2012年頃
閉館年 : 営業中
2011年9月以後2012年11月以前に駅前町から北浜町に移転。2013年の映画館名簿では経営会社が合資会社南映、経営者が利光雄志、支配人が記載なし、鉄筋造1階、50席、成人映画を上映。2013年・2015年・2020年の映画館名簿では「別府南映劇場」。最寄駅はJR日豊本線別府駅。
ブルーバード/別府日活ブルーバード/別府テアトルブルーバード/別府松竹ブルーバード/別府ブルーバード劇場
所在地 : 大分県別府市駅前通(1953年・1955年・1958年)、大分県別府市北町(1960年)、大分県別府市駅前通(1963年・1964年)、大分県別府市北町(1965年)、大分県別府市北浜1-2(1966年・1969年・1973年)、大分県別府市北浜1-2-12(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、大分県別府市北浜1-2-12 ブルーバード会館2階(2005年・2010年・2015年・2020年・2022年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 営業中
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「ブルーバード」。1958年の映画館名簿では「ブルーバード劇場」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「日活ブルーバード」。1963年の映画館名簿では経営者が中村弁助、支配人が坂田憲司、鉄筋造1階、定員500、日活を上映。1964年の映画館名簿では経営者が中村弁助、支配人が記載なし、構造が記載なし、定員が記載なし、日活を上映。1965年の映画館名簿では経営者が中村弁助、支配人が岡村昭夫、鉄筋造3階冷暖房付、定員450、上映系統が記載なし。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「別府日活ブルーバード」。1970年の映画館名簿では経営者が中村商事、支配人が岡村照夫、鉄筋造2階冷暖房付、定員450、日活を上映。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「別府テアトルブルーバード」。1975年の映画館名簿では経営者が岡村照、支配人が記載なし、鉄筋造5階冷暖房付、80席、洋画を上映。1980年の映画館名簿では経営者が岡村照、支配人が記載なし、鉄筋造1階、130席、洋画・松竹特選を上映。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「別府松竹ブルーバード」。1995年の映画館名簿では経営会社が有限会社おかむら、経営者・支配人ともに岡村照、鉄筋造2階、130席、松竹を上映。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年・2022年の映画館名簿では「別府ブルーバード劇場」。2005年の映画館名簿では経営会社が有限会社おかむら、経営者・支配人ともに岡村照、鉄筋造2階、100席、邦画・洋画を上映。2022年の映画館名簿では経営会社が有限会社おかむら、経営者が岡村照、支配人が岡村実紀、80席。最寄駅はJR日豊本線別府駅。

1949年、別府市駅前通りに中村伝助が「別府ブルーバード劇場」を設立した。こけら落としはディズニー映画『白雪姫』。中村弁助は岡村照の父である。小学生に館名を公募して「青い鳥」として始まり、その後「ブルーバード」に変更された。映画黄金期の別府市には20館以上の映画館があり、1955年には建物を改築して2階建てとした。日活専門館となって「日活ブルーバード」に改称し、小林旭や浅丘ルリ子も舞台挨拶に訪れている。1965年頃には3階建てのブルーバード会館を建てたが、日活が日活ロマンポルノ路線への転向を打ち出したため、中村は建物を日活に貸借して興行から手を引いた。岡村照は喫茶店だった2階を映画館に改装して洋画再映館「テアトルブルーバード」を開館させた。劇場内に喫茶店のイスとテーブルを置いた独特のスタイルの映画館だった。1970年には中村が死去し、1971年には岡村照の夫も死去した。1975年には別府市内の松竹直営館が閉館し、松竹封切館となって「松竹ブルーバード」に改称した。1999年には松竹専門館から二番館に転向して「別府ブルーバード劇場」となった。阪本順治監督の『顔』のロケに用いられたことがあり、岡村照もエキストラとして出演している。*42

2023年3月25日、別府市北浜のブルーバード会館で台湾のマイケル・リンが描いた壁画の完成記念式典があった。芸術振興事業「ALTERNATIVE-STATE」の一環。ブルーバード会館の西側壁面を用いた縦14.45m、横6.45mの壁画であり、鮮やかな椿や桜が描かれている。*43

「別府ブルーバード劇場」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*44

「別府ブルーバード劇場」に言及している雑誌記事として、「女の新聞 100年を生きる 岡村照さん(別府ブルーバード劇場)館長 父が始め、夫が愛した昭和レトロな別府の映画館」『クロワッサン』2020年7月10日がある。現物は未確認。*45

「別府ブルーバード劇場」に言及している雑誌記事として、「TEMPO スクリーン カチンコ閻魔帳 湯煙漂う映画祭」『週刊新潮』2018年11月8日がある。現物は未確認。*46

「別府ブルーバード劇場」に言及している雑誌記事として、「知恵あるひとを訪ねて 温泉街に残る映画館を46年間守る館主 岡村照さん」『ハルメク』2017年2月がある。現物は未確認。*47

「別府ブルーバード劇場」に言及している雑誌記事として、「彼女のチカラ 20回 青い鳥の喜び」『暮しの手帖』2015年8月がある。現物は未確認。*48

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます