「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



西区

押切劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区押切町1-16
開館年 : 1954年*1または1955年*2
閉館年 : 1963年以後1964年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「押切劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「パチンコユタカセンター」。1982年の住宅地図では跡地に「プリント和幸株式会社」。現在の跡地は「ライオンズマンション浅間町第2」。名古屋市営地下鉄鶴舞線浅間町駅から徒歩。

かつて押切劇場は寄席の興行をする劇場だったが、1954年(昭和29年)に映画専門館となった。大人50円、子ども20円の低料金で人気を集めた。1956年(昭和31年)の写真あり。*3

1955年(昭和30年)には西区押切町1-16に押切劇場が開館。*4

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「押切」として掲載されているが、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には掲載されていない。

桜映画劇場/桜大映

所在地 : 愛知県名古屋市西区志摩町2-20(1955年・1960年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 1960年11月
1960年の映画館名簿では「桜大映」。「桜映劇」とある1960年の住宅地図により場所を確認。1965年の住宅地図では跡地に「扇港電機商会」。1977年・1982年の住宅地図では跡地に「東海油業三井石油志摩町給油所」。現在の跡地はマンション「エステムコート名古屋駅前CORE」。名古屋駅と円頓寺商店街の間。

1956年(昭和31年)の写真あり。桜映画劇場は、西区志摩町(現・西区那古野2)の志摩町本通発展会のほぼ中央にあった。昭和初期に芝居小屋の寿座として開館し、やがて弁士が躍動するサイレント映画を上映した。戦後の1949年(昭和24年)に経営者が代わり、定員470人の大映系専門館だった。志摩町本通発展会は円頓寺本町商店街中ほどから南へ延びる通りに位置していた。1960年(昭和35年)11月に閉館した。*5

円頓寺にあった桜映画劇場の1956年(昭和31年)の写真あり。名古屋タイムズアーカイブ委員会が提供。おそらく上記の記事の写真と同じ。*6

庄内東映劇場/庄内劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区庄内通3-2(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1963年以後1965年以前
1960年の映画館名簿では「庄内東映劇場」。1963年の映画館名簿では「庄内劇場」。1960年の住宅地図で場所確認。1965年・1977年・1982年の住宅地図によると跡地は「庄内娯楽センター」。現在の跡地は「ドミノ・ピザ庄内通駅前店」。名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内通駅から徒歩。

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内にも、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内にも掲載されていない。

弁天座/弁天劇場

1956年の弁天劇場
所在地 : 愛知県名古屋市西区浄心本通1-12(1955年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1963年以後1964年以前
1960年の住宅地図で場所確認。1960年・1963年の映画館名簿では「弁天劇場」。1965年・1971年・1977年・1982年の住宅地図によると跡地は「ニュー旭パチンコセンター」。1995年の映画館名簿ではこの地点に「浄心劇場(新)」が掲載されている。現在は葬儀場「ティア浄心」。名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩。

1956年(昭和31年)の写真あり。1937年(昭和12年)に西区に辨天劇場(弁天劇場)が開館した。主な観客は弁天通商店街の主婦や子ども。*7

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「弁天劇場」として掲載されているが、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には掲載されていない。

栄生劇場/栄生映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区藤ノ宮通3-6(1955年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1971年以後1977年以前
1960年の住宅地図では「栄生劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「栄生映画劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では「栄生映画劇場」。1977年の住宅地図では跡地に空き地。現在の跡地は牛丼屋「すき家名古屋栄生店」。名鉄名古屋本線栄生駅から約100m北。環状線沿いで、歩道橋のすぐ西側。

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、掲載範囲から外れている可能性がある。*8 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、掲載範囲から外れている可能性がある。*9

栄生グランド劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区藤宮通3-8
開館年 : 1955年
閉館年 : 1974年以後1976年以前
1960年と1971年の住宅地図で「栄生グランド劇場」の場所確認。1960年・1963年の映画館名簿では「栄生グランド映劇」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「栄生グランド劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に空き地。栄生映画劇場のすぐ北側。牛丼屋「すき家名古屋栄生店」のすぐ北側であり、現在は空き地。名鉄名古屋本線栄生駅から約100m北。

1955年(昭和30年)には西区藤宮通3-8に栄生グランドが開館。*10

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、掲載範囲から外れている可能性がある。*11 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、掲載範囲から外れている可能性がある。*12

浄心映画劇場/浄心劇場(旧)

所在地 : 愛知県名古屋市西区西区江川横町15(1960年・1967年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1967年
1960年の映画館名簿では「浄心映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の住宅地図で場所確認。1966年・1967年の映画館名簿では「浄心劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1977年・1982年の住宅地図では跡地に駐車場。名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩。映画館名簿だけ見ると「浄心映画劇場/浄心劇場」と「浄心東映」は同じ館に見えるが、1965年の住宅地図には異なる館として描かれている。1990年代に存在した浄心劇場(新)とは場所が全く異なる。

1953年(昭和28年)8月の弁天通商店街の地図には浄心劇場が描かれており、「夏は何かやるらしい」とのコメントがある。*13

1955年(昭和30年)3月16日には西区内江町1-7に浄心映画が開館。1958年(昭和33年)には弁天シネマに改称し、1964年(昭和39年)には浄心ハイツに改称している。(※記述に整合性が取れず疑問)*14

浄心東映

所在地 : 愛知県名古屋市西区江川横町15(1963年)
開館年 : 1960年以前1965年以後
閉館年 : 1965年以後1969年以前
1960年の住宅地図には記載なし。1963年の映画館名簿では「浄心東映」。1965年の住宅地図で場所確認。浄心劇場と同一地点。名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩。映画館名簿だけ見ると「浄心映画劇場/浄心劇場」と「浄心東映」は同じ館に見えるが、1965年の住宅地図には異なる館として描かれている。

ダイヤモンド劇場/ダイヤモンド東宝

所在地 : 愛知県名古屋市西区香呑町6丁目56番地 ダイヤモンドシティ内
開館年 : 1980年
閉館年 : 1984年
1982年の劇場ガイドには「ダイヤモンド劇場」として掲載されている。庄内のダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンターにあった。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年のゼンリン住宅地図には掲載されていない。1981年の映画館名簿では「ダイヤモンド東宝」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1983年のゼンリン住宅地図ではダイヤモンドシティジャスコ名西店3階に「ダイヤモンド劇場」。1983年の映画館名簿では「ダイヤモンド劇場」。1984年の映画館名簿では「ダイヤモンド東宝」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

弁天シネマ/浄心ハイツ

所在地 : 愛知県名古屋市西区西内江町1-7(1980年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1983年
1963年の映画館名簿では「弁天シネマ」。1965年の住宅地図では「弁天シネマ」。1966年・1969年・1976年・1980年・1983年の映画館名簿では「浄心ハイツ」。1971年・1977年・1982年の住宅地図では「浄心ハイツ」。1982年の劇場ガイドに記載されている。1983年の住宅地図では跡地に「パチンコ浄心ハイツ」。「弁天通」交差点の北東方向。アパート「コンセール浄心」の裏手、喫茶店「来夢」の向かい。名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩。

『名古屋なつかしの商店街』には1953年(昭和28年)4月時点の「弁天通」の地図が掲載されているが、後の弁天シネマ/浄心ハイツの場所には「浄心劇場」が記されている。*15

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「浄心ハイツ」として掲載されており、『起きて転んでまた起きて』と『日本一のショック男』と『扉の影に誰かいる』を上映している。*16 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「浄心ハイツ」として掲載されており、『日本沈没』と『グアム島珍道中』を上映している。*17

開慶座/カイケイ座

所在地 : 愛知県名古屋市西区那古野1
開館年 : 明治中期
閉館年 : 1991年1月31日
1991年1月いっぱいで、名古屋市西区の大衆劇場「カイケイ座」が閉館する。地主に立ち退きを迫られ、移転先が見つからなかったのが理由。土蔵造2階建て。戦前は浪曲の上演専門の劇場だったが、興行主に力があったことから、先代広沢虎造や三門博などの任期浪曲師が相次いで来演し、畳敷きの2階席と70席の1階椅子席が連日埋まった。戦後に浪曲の人気が低迷すると、1949年から1950年頃には女剣劇が人気を集め、やがてストリップ劇場に転向した。劇場の屋根には「開慶座」と刻まれた鬼瓦が残っている。*18

1991年1月いっぱいで、名古屋市西区の円頓寺商店街にあるストリップ劇場「カイケイ座」が閉館する。名古屋において円頓寺は大須と並ぶ下町として知られる。地主に立ち退きを迫られたのが理由。カイケイ座は明治中期に浪曲小屋として開館した由緒ある劇場。同商店街にとって集客力がある唯一の娯楽施設だった。かつては「開慶座」と書いた。開館当時の正確な記録はないが、円頓寺の生き字引的存在、明治42年生まれの鵜飼柳三さん(82)によると、戦前には浪曲の興行を目的として遠くは甚目寺などからも客を集めた。さらに時代をさかのぼると、堀川を塩や石炭を船に積んで上ってきた船頭らが、浪曲小屋で一服するのが常だったと、鵜飼さんは父親から子供のころよく聞かされた。太平洋戦争の名古屋空襲でも焼けなかった。終戦後には浪曲一筋ではなく寄席や漫才も上演されていた。1950年(昭和25年から1951年(昭和26年)にはドサ回りの剣劇一座もやってきて、女剣劇の股旅物が人気を博し、合間にストリップが演じられるようになった。カイケイ座の隣にはおもちゃ店があるが、おもちゃ屋と劇場は板一枚で仕切られているだけであり、台所でサンマを焼いて換気扇を回したら劇場支配人が飛んできたこともあったという。「舞台に煙が立ち込め、観客が『サンマ食えるのか』と売店に殺到している。なんとかしてくれ」。円頓寺商店街の高木一郎理事長(59)は「商店街の砦だった」と話す。立ち退き後は駐車場に変わるという。経営者の坡平(ツカヒラ)充弘(37)は、「地主さんには4年間猶予をもらった。ここらが潮時かと思った。」と話している。*19

2006年6月、円頓寺商店街の玄関口にあるコインパーキングが拡張された。駐車場となった一角にはかつて商店や民家など約30軒がひしめいており、ストリップ劇場の「開慶座」(カイケイ座)もあった。明治中期に浪曲小屋として開館し、寄席の興行も行ったが、戦後には女剣劇が受けたことでお色気路線を強めた。この写真が撮影された昭和30年代初めからストリップ専門劇場になったという。少年時代に円頓寺で遊んだ写真家の東松照明は、「入り口でゲタを脱いで、畳の座敷で見る独特の雰囲気だった」と懐かしむ。円頓寺は、カイケイ座は1991年1月末に閉店。最終日は立ち見が出るほどの大盛況だったという。15年の月日が流れ、商店街の店舗数は最盛期の半分になった。*20

開慶座は昭和初期に開館し、名古屋では数少ない寄席だった。1953年(昭和28年)には赤字解消策としてストリップ劇場に転換。1955年(昭和30年)4月に写真が撮影された当時は、1階が4人掛けの長椅子席(定員200人)、2階が40畳の座敷席(定員50人)だった。ストリップの合間に漫才やお色気コントなどがあり、3時間30分で120円だった。映像制作集団「名古屋活動写真」の代表である森雫は、大人になってからしばしばストリップ劇場のカイケイ座に通ったという。カイケイ座の隣には櫛田玩具店があった。*21

2006年6月、円頓寺商店街の入り口にあるコインパーキングが拡張された。この場所にはかつて商店や民家など約30軒があり、ストリップ劇場「カイケイ座」(開慶座)もあった。明治中期に浪曲小屋として開館し、寄席の興行も行われた。戦後には女剣劇が人気を呼んでお色気路線となり、昭和30年代初頭にストリップ劇場となった。写真家の東松照明は「入り口でゲタを脱いで、畳の座敷で見る独特の雰囲気だった」と回想する。カイケイ座は1991年1月末に閉館し、最終日は立ち見が出る盛況だった。*22

『スクリーンの裾をめくってみれば』の第二章「ピンク映画と実演 名古屋死闘篇」ではテアトル希望、大須名画座、円頓寺劇場、旗屋シネマ、大江文化劇場の5つの成人映画館について言及されている。銀映、カイケイ座、鶴舞劇場などのストリップ劇場も言及されている。*23

1991年の『週刊新潮』には「ストリップ劇場の老舗名古屋『カイケイ座』の閉幕」という記事が掲載されている。号数不明。magazineplusで確認し、現物は未確認。*24

浄心劇場(新)

所在地 : 愛知県名古屋市西区上名古屋2-22(1995年・1997年)
開館年 : 1993年12月11日
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1990年・1993年の映画館名簿には掲載されていない。1991年の住宅地図では後の映画館の建物に「パチンコゲームセンター ニュー旭センター」。1994年・1996年・1998年の住宅地図では「パチンコ中央浄心 浄心劇場」。1994年・1995年・1997年の映画館名簿では「浄心劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。「ニュー旭パチンコセンター」の2階にあり、1960年代以前に弁天座/弁天劇場があったのと同一地点だが関連は不明。現在の跡地は葬儀場「ティア浄心」。名古屋市営地下鉄鶴舞線浄心駅から徒歩。1950年代から1960年代にかけて存在した浄心劇場(旧)とは場所が全く異なる。

1993年12月11日、名古屋市西区上名古屋2-22の浄心劇場で、パチンコ店の2階にビデオシアターが開館する。従来のフィルムではなくビデオをスクリーンに投影する映画館。全国には60数館のビデオシアターがあるが、都市部には珍しいとされ名古屋市では初である。座席数は126席。邦画の二番館という位置づけであり、12月11日からは東宝の『高校教師』を5週間の予定で上映し、その後は松竹の『学校』を上映予定。*25

円頓寺東映/円頓寺劇場

1956年の円頓寺劇場
所在地 : 愛知県名古屋市西区替地町12(1960年・1963年・1966年・1969年・1976年)、愛知県名古屋市西区那古野1-20-19(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 2005年10月
1960年・1963年の映画館名簿では「円頓寺東映」。1966年・1969年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・1997年・2000年・2005年の映画館名簿では「円頓寺劇場」。

1956年の写真あり。1952年(昭和27年)、名古屋市西区那古野の専修寺の西隣付近に円頓寺劇場が開館。当初は洋画の上映館であり、世界的にブームを巻き起こした『ローマの休日』も上映したが、大スクリーン時代が到来するとで邦画に特化するようになった。建物は2005年(平成17年)に解体されている。*26

1979年6月、名古屋市西区の円頓寺劇場は場内にマンガ図書館を設けた。1980年12月13日には「フィルム・ライブラリー」を目指して名古屋ビデオ実験劇場をオープンさせる。1979年から洋画・邦画を問わずビデオの収集を始め、1980年11月現在では160本を収集している。販売を目的としながらも、希望者には3台のビデオデッキで試写サービスを行う。岩崎支配人は「アメリカではビデオ販売が盛んだが、日本ではサウナや飛行機で利用されている程度」といい、全国初の試みだという。溝口健二監督の全作品、衣笠貞之助監督の『地獄門』、松坂慶子主演の『夜の診察室』、エイゼンシュテインの『戦艦ポチョムキン』、『嘆きのテレーズ』、『アルジェの戦い』などがある。各映画会社との折衝を重ねているが、「フィルム・ライブラリー」の実現には「興行権や著作権などいろいろ難しい問題もあるので、時間がかかると思う」という。*27

1980年12月13日、名古屋市西区の円頓寺劇場に「ビデオ実験室」がお目見えした。入場料は大人700円、学生550円。1階と2階のロビーに、ビデオテレビが2大ずつ置いてある。壁面はマンガ本で埋め尽くされている。1人分の入場料を支払えば、場内で35ミリ映画を鑑賞することもでき、ロビーのビデオで名作映画を鑑賞することもできる。円頓寺劇場は名古屋でも古い歴史を持ち、館主は中区や西区周辺に、堀川劇場やカスモリ劇場など、5-6軒の映画館を所有していたこともあるが、現在は円頓寺劇場のみである。1979年には2万3000冊のマンガを集めて「名古屋マンガ図書館」を設置し、今回は「ビデオ実験室」を設置。いずれも映画館に観客を呼び込むための工夫であり、埋もれた名作映画を堀だそうという狙いもある。1980年12月13日の開始週には、阪東妻三郎主演の『無法松の一生』を上映し、連日40人程度が鑑賞したという。約1週間ごとに上映作品を変える。*28

一般的な成人映画館は女優名でプログラムを組むが、円頓寺劇場は監督名や作品性でプログラムを組む。遠方から円頓寺劇場に成人映画を見に来る観客も少なくない。円頓寺劇場には「日本初のレンタルビデオ店」とされる「名古屋ビデオ図書館」を併設している。古今東西の作品を所蔵しており、その在庫量は日本一といってもよいとされ、レンタル可能なのは日本でこの店のみという作品もあるという。映画ファンや映画関係者の間ではその資料的価値が高く評価されている。しかしその円頓寺劇場も、55年の歴史に幕を閉じた。*29

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「円頓寺劇場」として掲載されており、『セックスマル秘大全』と『愛の行為集』と『ボインと制服』を上映している。*30 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「円頓寺劇場」として掲載されており、年内新春興行準備のため休館とある。*31

円頓寺劇場は一日に5本から6本上映する名画座であり、東映作品・日活作品・ピンク映画など多様な特集上映が組まれた。1970年代末には映画館にマンガ図書館が併設され、1980年代にはビデオ図書館も併設された。このビデオ図書館はレンタルビデオ店の草分け的存在である。成人映画、アダルトビデオ、国内外の旧作、カルト作品まで、多様なジャンルのビデオを所蔵していた。所蔵作品は鑑賞することもでき、またビデオの販売も行っていた。*32

『スクリーンの裾をめくってみれば』の第二章「ピンク映画と実演 名古屋死闘篇」ではテアトル希望、大須名画座、円頓寺劇場、旗屋シネマ、大江文化劇場の5つの成人映画館について言及されている。銀映、カイケイ座、鶴舞劇場などのストリップ劇場も言及されている。*33

『名古屋街の事典 青春篇』(アワー・シティ、1982年)には円頓寺劇場の言及があるらしい。名古屋市鶴舞中央図書館が書庫に所蔵している。

豊富館/豊富日活・豊富松竹/豊富日活・豊富東宝

所在地 : 愛知県名古屋市西区橋詰町35(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1971年以後1973年以前
読み方は「とよとみかん」。1960年の映画館名簿では「豊富館」。1963年の映画館名簿では「豊富日活・豊富松竹」。1966年と1969年の映画館名簿では「豊富日活・豊富東宝」。1965年の住宅地図では「豊富日活」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年・1982年の住宅地図では跡地に「バザール円頓寺店」。

1956年(昭和31年)3月の円頓寺の映画館「豊富館」の写真あり。豊富館は1928年(昭和3年)に開館した歴史ある映画館である。*34

1963年(昭和38年)の「円頓寺商店街店舗一覧」には「映画館 豊富館」が掲載されている。1981年(昭和56年)の店舗一覧には豊富館は掲載されていない。1982年(昭和57年)には豊富館だった建物が解体された。*35

2010年1月、西区の円頓寺周辺を舞台にした映画『歪屋』(ひずみや)が完成した。商店街のおじさんやおばさんたち数十人が出演している。監督は円頓寺商店街に近い中村区那古野で育った森零。父親は円頓寺の銭湯に通い詰め、入場券をもらっては何度も同じ映画を見に行った。映画館や芝居小屋などが10件近く並んでいたこともある円頓寺かいわい。盛り場としての歴史は江戸時代にさかのぼる。今から400年前。城下町が清州から名古屋へまるごと引っ越した「清州越し」をきっかけに、堀川を上って塩や木材などを運ぶ船頭や商人が集まるようになった。明治中期にあった浪曲小屋「開慶座」の開館は江戸時代という説もある。円頓寺商店街振興組合の高木麻里理事長(45)は、商店街にあった映画館「豊富館」の隣で育った。開慶座が衣替えしたストリップ劇場「カイケイ座」も1991年に閉館。シャッターを閉めたままの店も増えていた。「南の大須、北の円頓寺」。そう言われた時代を遠く感じていた高木さんが商店街を元気にすることを考えた時、頭に浮かんだのが幼いころから身近にあった映画だった。*36

2016年2月、演劇向きのスタジオと飲食店からなる複合商業施設「那古野ハモニカ荘」(なごやハモニカ荘)が円頓寺商店街にオープンする予定。1年ほど前から空き店舗となっていた建物を改修。地元関係者らは「演劇や映画の街としてにぎわった昭和の円頓寺商店街の雰囲気を感じてもらえる施設になれば」と期待する。商店街振興組合によると、昭和初期から中期には円劇場「開慶座」や映画館「豊富館」などがあった。*37

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*38

イオンシネマ・ワンダー

所在地 : 愛知県名古屋市西区二方町47 mozoワンダーシティ内
開館年 : 2000年11月3日
閉館年 : 営業中

港区

港区の映画館

1922年(大正11年)時点で、名古屋市旧南区には劇場5館、活動常設館2館、諸劇場2館があった。このうち港区には、活動常設館の港館と、諸劇場の千鳥座があり、いずれも築地にあった。*39

1949年4月現在の名古屋市南部の映画館・演劇場
熱田映画劇場--熱田区澤上町-------------木造2階建
日置劇場------中川区西日置町2-17------木造2階建
尾頭劇場------中川区尾頭本通1-9-------木造2階建
一色劇場------中川区下之一色町東ノ切--RC造2階建
笠寺松竹劇場--南区城下町---------------木造2階建
内田橋劇場----南区豊門町3-7-----------木造2階建
観音劇場------南区笠寺町---------------木造2階建
築地劇場------港区真砂町---------------RC造2階建
港新松竹劇場--港区真砂町---------------木造平屋建
堀田劇場------瑞穂区堀田通8-35--------木造2階建
曙劇場--------瑞穂区大喜新町1-8-------木造平屋建*40

1960年の映画館名簿における港区の映画館
港東映---------港区宝来町4-1----木造平屋建---499人収容--東映
築地劇場-------港区真砂町1-1----RC造2階建--400人収容--邦画・洋画
名港日活-------港区真砂町1-1----RC造2階建--150人収容--邦画・洋画
東海映画劇場--港区七番町5-12---木造平屋建--288人収容--邦画
稲永シネマ----港区錦町3-20-----木造2階建----333人収容--東映*41

港まちポットラックビル(旧京屋ビル)のオーナーである伊藤京次は、港区真砂町に生まれ育った。商店街には映画館の看板がかかっており、映画館内の売店では駄菓子を買った。港会館、築地劇場、名港文化の3館があった。*42

座布団を持参して家族総出で港劇場や築地劇場を訪れた逸話がある。*43

東海映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市港区七番町5-12(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「東海映画劇場」。1963年の住宅地図では「東海映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「グループホームフレンズハウス七番町」の東側の建物。愛名保育園から道路を挟んで南側。最寄駅は名古屋市営地下鉄名港線東海通駅。

港会館/港東映/名古屋港会館

所在地 : 愛知県名古屋市港区真砂町(1950年)、愛知県名古屋市港区宝来町4-1(1955年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「港会館」。1960年の映画館名簿では「港東映」。1963年の住宅地図では「ミナト映画館」。1963年の映画館名簿では「港東映会館」。1963年の住宅地図で場所確認。1966年・1969年の映画館名簿では「名古屋港会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「橋元ビル」東側にある空き地。最寄駅は名古屋市営地下鉄名港線築地口駅。

稲永シネマ/稲永東映/稲永劇場

所在地 : 愛知県名古屋市港区錦町3-20(1960年)、愛知県名古屋市港区稲永新田(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「稲永シネマ」。1963年の住宅地図では「稲永東映」。1963年の映画館名簿では「稲永東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「稲永劇場」。1963年の住宅地図で場所確認。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は美容室ラボンテがある「錦町ビルディング」。最寄駅はあおなみ線稲永駅。

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「稲永」として掲載されているが、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には掲載されていない。1964年以後も存在したはずだが、1964年に掲載されていない理由は不明。

築地劇場/ポートシネマ

所在地 : 愛知県名古屋市港区真砂町1-1(1976年)、愛知県名古屋市港区名港1-13-18(1980年)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1981年(築地劇場として)、1989年以後1990年以前(ポートシネマとして)
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「築地劇場」。1966年の映画館名簿では「名古屋築地劇場」。1969年・1976年・1980年の映画館名簿では「築地劇場」。1980年時点では名港文化と同一地点。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では京屋5階に「ポートシネマと名港ニュー別世界ミュージック」。1985年の映画館名簿には同一地点に「ポートシネマ」がある。1987年の住宅地図ではサンポート5階に「ポートシネマと名港ニュー別世界ミュージック」。1989年の住宅地図ではサンポート京屋5階に「ポートシネマピクチャーホールと名港ニュー別世界ミュージック」。1992年の住宅地図ではサンポート京屋5階に「ミュージックホール名港文化」。1992年の住宅地図ではサンポート京屋5階に「(有)ポートシネマ」。港区最後の映画館だと思われる。最寄駅は名古屋市営地下鉄名港線築地口駅。

1956年の写真あり。1930年(昭和5年)に港区に開館した「築地劇場」は、周辺では数少ない鉄筋建築物だった。邦画の松竹作品と日活作品のほかに洋画も上映した。*44

名港日活/名港文化/名港文化劇場/名港ニュー別世界ミュージック/ミュージックホール名港文化

所在地 : 愛知県名古屋市港区真砂町1-1(1976年)、愛知県名古屋市港区名港1-13-18(1980年)、愛知県名古屋市港区名港1-13-18 サンポートビル5階
開館年 : 1938年?
閉館年 : 1993年3月30日
1950年・1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「名港日活」。1963年の映画館名簿では「名港文化」。1966年・1969年・1976年・1980年の映画館名簿では「名港文化劇場」。1985年の映画館名簿には同一地点に「ポートシネマ」がある。

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「築地」しか掲載されていないが、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「築地」と「名港文化」が掲載されており、両館を合わせて「名港娯楽街」としている。

1980年時点では築地劇場と同一地点。サンポートビル(京屋デパート)5階。晩年はストリップ劇場。1989年4月に名港別世界ミュージックから名港文化に改称したとされる。1993年3月30日に閉館したとされる。2002年時点で5階はスーパーマーケットのおもちゃ売場であり、この階のトイレが男子専用であることだけが劇場時代の名残。2006年にはサンポートビルの跡地に競艇場外発売場のボートピア名古屋が開店した。最寄駅は名古屋市営地下鉄名港線築地口駅。

1988年12月14日、港警察署は職業安定法違反の疑いで「名古屋プロモート社長」の暴力団幹部の近村宏樹を逮捕した。「ジャパゆきさん」と呼ばれるフィリピン人女性30数人を愛知県内などのストリップ劇場にダンサーとして斡旋し、稼ぎをピンはねしていた。11月初頭、港区名港1丁目のストリップ劇場「名港ニュー別世界」に18歳のフィリピン人少女を本番ショーのダンサーとして紹介。10日間興行の給料17万円のうち、5万円を手数料として取っていた疑い。*45

1992年6月2日までに、愛知県警察保安課と港警察署は売春防止法違反(場所提供)の疑いで、港区名港1のストリップ劇場「名港文化」の経営者江口康和容疑者と従業員2人の3人を逮捕して送検した。劇場内のステージの一角に「ピンクコーナー」と呼ぶ個室を作り、公演中のストリッパーと客に個室で売春をさせて売春料を取っていた疑い。直接の逮捕容疑は、5月22日と29日に、40歳と48歳のストリッパー2人が3人の会社員を相手に売春をしていたこと。6人のストリッパーのうち3人と売春契約を結び、1日6回の公演ごとに客に1回3500円の売春チケットを販売。このうち、1000円をストリッパーに支払っていた。江口容疑者は「売春でもしないと、場末の劇場には客が集まらない」と話しているという。*46

ヴァージン・シネマズ名古屋ベイシティ/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

所在地 : 愛知県名古屋市港区品川町2-1-6 イオンモール名古屋みなと内
開館年 : 1999年11月23日
閉館年 : 営業中
東宝は2004年2月6日、買収したヴァージンシネマズ名古屋ベイシティをTOHOシネマズ名古屋ベイシティに改称させる。*47

イオンシネマ名古屋茶屋

所在地 : 愛知県名古屋市港区西茶屋2-11 イオンモール名古屋茶屋4階
開館年 : 2014年6月27日
閉館年 : 営業中

中川区

中川区の映画館

1949年4月現在の名古屋市南部の映画館・演劇場
熱田映画劇場--熱田区澤上町-------------木造2階建
日置劇場------中川区西日置町2-17------木造2階建
尾頭劇場------中川区尾頭本通1-9-------木造2階建
一色劇場------中川区下之一色町東ノ切--RC造2階建
笠寺松竹劇場--南区城下町---------------木造2階建
内田橋劇場----南区豊門町3-7-----------木造2階建
観音劇場------南区笠寺町---------------木造2階建
築地劇場------港区真砂町---------------RC造2階建
港新松竹劇場--港区真砂町---------------木造平屋建
堀田劇場------瑞穂区堀田通8-35--------木造2階建
曙劇場--------瑞穂区大喜新町1-8-------木造平屋建*48

1956年現在の中川区の映画館
尾頭パレス----1954年12月31日設立--木造2階建--建坪93.45坪--300人収容--洋画
日置劇場------1936年5月設立---------木造2階建--建坪127坪----446人収容--邦画
尾頭劇場------1946年4月21日設立----木造2階建--建坪120坪----408人収容--邦画
一色映画劇場--1921年設立------------RC造2階建--建坪120坪----390人収容--邦画*49

1956年(昭和31年)現在の中川区には4館の映画館がある。一色映画劇場・尾頭劇場・日置劇場の3館が邦画上映館、尾頭パレスの1館が洋画上映館である。名古屋市中心部の映画館と比べて、邦画を上映する館の比率が高い。中川区では保守的で大衆的な作品を好む傾向がみられる。*50

1958年(昭和33年)の住宅地図『名古屋市全商工住宅案内図 昭和33年 中川区』には、一色劇場、日置劇場、八幡映劇、尾頭劇場、尾頭パレス劇場、トキワ座(後の八熊東映)が掲載されている。*51

1960年の映画館名簿における中川区の映画館
日置劇場--------中川区西日置町7-17----------木造2階建---450人収容
尾頭劇場--------中川区尾頭橋通り2-9---------木造平屋建--1320人収容
尾頭第一劇場----中川区尾頭橋通り2-35-------木造2階建---300人収容
一色映画劇場----中川区下之一色町東ノ切3----RC造2階建--390人収容
八幡映画劇場----中川区石場町4---------------木造平屋建---354人収容*52


自由劇場/伏見劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区
開館年 : 1951年以前
閉館年 : 1953年以後
1950年や1953年や1955年の映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく演劇場だった。

尾頭橋には尾頭劇場のほかに、芝居・浪花節・漫才をかける伏見劇場もあるが繁盛していない。伏見劇場は1951年頃までは自由劇場という名称だったが、経営難により興行主が変わって伏見劇場となり、やや改善したらしい。伏見劇場は客席の前半分が畳である。1953年(昭和28年)。*53

尾頭パレス劇場/尾頭第一劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区尾頭橋通2-35(1963年)
開館年 : 1954年12月31日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では「尾頭パレス劇場」。1960年の住宅地図では「尾頭パレス劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「尾頭第一劇場」。1963年の住宅地図では「パレス劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年(昭和31年)発行の『中川区郷土史』。尾頭パレスは1954年(昭和29年)12月31日設立。木造2階建て。建坪93.45坪。300人収容。大人50円。小人30円。洋画上映。30歳代が75%、20歳代が20%、その他が5%。*54

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には掲載されておらず、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内にも掲載されていない。しがたって1963年1月から5月までに閉館した可能性がある。

長良映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区松葉町1-43(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』には掲載されていない。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の住宅地図では「長良映画館」。1963年の映画館名簿では「長良映画劇場」。1963年の住宅地図では跡地に「タマヤスーパーマーケット」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に空き地。現在の跡地は1977年竣工の「トキワハイツ」。近鉄名古屋線烏森駅から徒歩。

日置劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区西日置町7-7(1963年)、愛知県名古屋市中川区西日置町7-17(1967年)
開館年 : 1936年*55、1941年*56
閉館年 : 1967年
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「日置劇場」。1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では「日置劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。鹽竈神社などがある西日置商店街。『名古屋なつかしの商店街』で場所確定。1971年の住宅地図では跡地に「パチンコメトロセンター」。現在の跡地は1997年竣工の「メゾンサンウエスト」。丹羽商店やみやと鮮魚店の向かい、やや西側。最寄駅は名鉄名古屋本線山王駅。

1956年(昭和31年)発行の『中川区郷土史』。日置劇場は1936年(昭和11年)5月設立。木造2階建て。建坪127坪。446人収容。大人55円・小人20円。邦画上映。20歳代と30歳代が多いが、夜間は比較的女性が多い。*57

1956年(昭和31年)5月の写真あり。西日置本通商店街の日置劇場は、戦前の1936年(昭和11年)に開館した。買い物帰りの主婦や近くの紡織工場の労働者が主な観客であり、母親ものや東映の時代劇が人気だった。*58

尾頭松竹映画劇場/尾頭映画劇場/尾頭劇場/尾頭ロマンス劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区尾頭橋通2-9(1955年・1960年・1963年・1966年)、愛知県名古屋市中川区尾頭橋通2-215(1969年)
開館年 : 1946年4月21日? 1947年?
閉館年 : 1969年以後1971年以前
1950年の映画館名簿では「尾頭松竹映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「尾頭映画劇場」。1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では「尾頭劇場」。1960年・1963年の住宅地図では「尾頭映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「尾頭劇場」。1966年の映画館名簿では「尾頭映画劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「尾頭ロマンス劇場」。1971年の住宅地図では跡地に「清水屋尾頭店」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。現在の跡地は「ツルハドラッグ尾頭橋店」。JR東海道本線尾頭橋駅から徒歩。名古屋高速4号東海線「尾頭橋」交差点の西側。当時は西側の道はなかった。

1956年(昭和31年)発行の『中川区郷土史』。尾頭劇場は1946年(昭和21年)4月21日設立。木造2階建て。建坪120坪。408人収容。大人80円・小人50円。邦画上映。20歳代が80%、30歳代+40歳代前半が18%。*59

1956年(昭和31年)5月の尾頭映劇の写真あり。戦前の名古屋市電下之一色線は30分に1本であり、尾頭橋停留場付近にはウドン屋、カフェ、酒屋がパラパラと並んでいただけだったが、1956年時点では市電の乗降客と尾頭劇場があるために商店がぎっしりと立ち並んでいる。1947年(昭和22年)に開館した尾頭劇場はいつでも満席である。床は土間であり隙間風やトイレの匂いも漂う。映画のクライマックスには拍手が起こる。*60

『ごろつき船』のポスターが映った1950年(昭和25年)の写真あり。夜の尾頭映劇。中川区。大映作品の封切館である。*61

1952年現在の名古屋南部の「映画館その他」として、尾頭方面の三差路付近に「尾頭劇場」が、金山方面に「澤上館」が、築地口方面の名古屋港商店街に「築地劇場」と「ポート・ナゴヤ」が、雁道方面の雁道発展会にカッコつきで「牛巻館」が記されている。*62

八幡映画劇場/名古屋八幡劇場/八幡映劇

所在地 : 愛知県名古屋市中川区石場町4(1963年)、愛知県名古屋市中川区石場町4-45(1966年・1969年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1971年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では「八幡映劇」。1959年の住宅地図では「八幡劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1963年の住宅地図で場所確認。1966年・1969年の映画館名簿では「名古屋八幡劇場」。1967年・1971年の住宅地図では「八幡映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は民家。「五女子」交差点から北100m。「岡本クリニック」があるブロックの北側。JR東海道本線尾頭橋駅または名鉄名古屋本線山王駅から徒歩。ナゴヤ球場の西側。

1956年(昭和31年)の写真あり。1955年(昭和30年)12月、映画館激戦区の尾頭橋に八幡映画劇場が開館した。上映作品は、大映・日活・新東宝・松竹。時代劇や母子ものの人気が高かった。中川区尾頭橋。昭和31年。*63}

1963年(昭和38年)5月1日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には掲載されていないが、1964年(昭和39年)12月31日付『中部日本新聞』朝刊の上映作品案内には「八幡」として掲載されている。1963年以前から存在したはずだが、1963年に掲載されていない理由は不明。

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「八幡」として掲載されており、『現代ポルノ伝』と『先天性淫婦』と『任侠列伝男』を上映している。*64

一色劇場/一色映画劇場/名古屋一色映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区下之一色町東之切22(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1921年、1950年(映画館に転向)
閉館年 : 1971年以後1973年以前
1950年の映画館名簿では「一色劇場」。1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では「一色劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「一色映画劇場」。1963年の住宅地図では「一色劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「名古屋一色映画劇場」。1967年の住宅地図では「一色劇場」。1971年の住宅地図では「一色映画」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。2016年の住宅地図では跡地に駐車場。浅間社の北東にある駐車場。

1956年(昭和31年)発行の『中川区郷土史』。一色映画劇場は1921年(大正12年)設立。太平洋戦争で被災。1946年(昭和21年)営業再開。鉄筋コンクリート造2階建て。建坪120坪。390人収容。大人50円・中人40円・小人20円。邦画上映。17歳から20歳代が大半を占めるが、他館と比べると中学生が多く、中人料金があるのが特徴。*65

下之一色地区の娯楽施設としては映画劇場があった。氏神である浅間社の東の道を北に向かい、辻を東に廻った2軒目にあった。この劇場は1975年(昭和50年)に建て替えを行ったが、その後失火で焼失した。建て替え前の客席には畳が敷かれ、映画や芝居の殿堂として下之一色地区の住民に親しまれていた。*66

2012年4月28日に下之一色の銀座通りを歩いてみると、呉服屋・文房具屋・美容院が現在も営業しており、その道先には映画館の廃墟があった。銀座通りを映画館跡手前で南に折れると、浅間神社がある。(※つまり2012年4月時点では一色映画劇場の建物が残っていた可能性がある)*67

1956年(昭和31年)6月の「一色映画劇場」の写真あり。一色映画劇場は大正末期に演芸館として開館し、1950年(昭和25年)に映画館に転身した。母親ものやチャンバラものが中心であり、当時の支配人は「『ローマの休日』もコケた」と語る。*68

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、中川区南部や港区の映画館は掲載範囲から外れている可能性がある。*69 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、中川区南部や港区の映画館は掲載範囲から外れている可能性がある。*70

1949年(昭和24年)に一色劇場が開館した。*71

トキワ座/八熊東映/八熊文化劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区八熊町寺田(1963年)、愛知県名古屋市中川区畑代町2-53(1976年・1980年)、愛知県名古屋市中川区八熊2-19-13(1985年・1990年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1993年
1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』では後の八熊東映の位置に「トキワ座」。1960年の住宅地図では後の八熊東映の位置に「トキワ座」。トキワ座は演劇場だった可能性がある。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の住宅地図では「八熊座劇場」。1963年の映画館名簿では「八熊東映」。1966年・1969年・1976年・1980年・1985年・1990年・1993年の映画館名簿では「八熊文化劇場」。1971年の住宅地図では「八熊映劇」。1973年の住宅地図では「八熊文化劇場」。下記の新聞記事によると1988年時点でストリップ劇場であるが、1990年代前半の映画館名簿にも掲載されている理由は不明。1993年時点では130席のにっかつ上映館。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地のマンション「ラ・ポート八熊苑」は1995年竣工。

1988年5月20日までに、愛知県警察保安課と中川警察署はストリップ劇場「八熊小劇場」を摘発、支配人や踊り子ら8人を売春防止法違反(売春の契約、場所提供)の疑いなどで逮捕した。舞台横の部屋で観客相手の売春行為などをさせていた。ストリップ劇場に売春防止法を適用したのは全国で初めて。逮捕されたのは売防法違反容疑が同劇場支配人古市清(41)と責任者の中嶋友治(61)。フィリピン人2人を含む踊り子5人と客1人は公然わいせつ現行犯。踊り子と売春の契約を結び、舞台に幕を引いた「プライベートルーム」内で、入場客相手の売春をさせた。別料金として客から入場料(3000円)と同額の現金を集めたうえ、その中から手数料として一部をピンはねしていた疑い。売春の相手客の中には愛知県内の私立高校教諭(65)もいた。*72

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、中川区南部や港区の映画館は掲載範囲から外れている可能性がある。*73 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されておらず、中川区南部や港区の映画館は掲載範囲から外れている可能性がある。*74

昭和橋キネマ/昭和橋東映/昭和橋東映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中川区昭和橋通1-3(1963年)、愛知県名古屋市中川区昭和橋通1-11(1966年・1969年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1995年? 1997年頃?
1958年の『名古屋市全商工住宅案内図』には掲載されていない。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「昭和橋東映」。1966年の映画館名簿では「昭和橋東映劇場」。1967年・1971年・1991年の住宅地図では「昭和橋東映」。1969年の映画館名簿では「昭和橋キネマ」。1976年・1980年の映画館名簿では「昭和橋東映劇場」。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「昭和橋東映」。1994年時点では150席のにっかつ・成人映画上映館であり、代表の加藤由起と支配人の加藤正日は春日井ユニオン劇場の経営者でもあった。1997年の『名古屋 街の事典』では成人映画主体とある。1996年の映画館名簿には掲載されていない。中川区最後の映画館。あおなみ線中島駅の東700m。名古屋市立昭和橋小学校の南東のブロック。現在の跡地は空き地。

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「昭和橋」として掲載されており、『シェーン』と『チャレンジャー』と『お前と俺』を上映している。*75 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていないが理由は不明。*76

中川シネマ/中川コロナワールド/中川コロナシネマワールド

所在地 : 愛知県名古屋市中川区江松3-110
開館年 : 1995年12月23日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の映画館名簿では「中川シネマ1-10」(10スクリーン)。2000年・2005年の映画館名簿では「中川コロナワールド1-10」(10スクリーン)。2010年・2015年の映画館名簿では「中川コロナワールド1-12」(12スクリーン)。2018年の映画館名簿では「中川コロナシネマワールド1-12」(12スクリーン)。

小牧市に本社を置くコロナグループは、小牧市・春日井市・江南市・豊川市など、愛知県・岐阜県下で複合映画館を核とする複合レジャー施設を展開している。1995年12月23日、名古屋市中川区に「中川コロナシネマワールド」を、安城市に「安城コロナシネマワールド」を同時開館させる。コロナグループの集大成を目指した中川コロナワールドと安城コロナワールドの核となる部分であり、それぞれ10スクリーンを有する。中川コロナワールドは国道1号三日月橋西詰の江松交差点角に位置し、敷地面積は約2万平方メートルである。安城コロナワールドはJR安城駅から東1kmのフタバ産業跡地にあり、敷地面積は約4万平方メートル。いずれもシネコンを中心都市、パチンコ店・ゲームセンター・カラオケボックス・ビデオ&CDレンタル店・外食店などを出店させ、さらに今まではなかったボウリング場や天然温泉も加える。これによってコロナグループのシネコンは9施設となり、57館の直営映画館を抱えることとなる。安城市には11年ぶりに映画館が復活することとなる。*77

1995年12月23日、名古屋市中川区と安城市に国内最大級の複合レジャー施設「中川コロナシネマワールド」「安城コロナシネマワールド」を開館させる。コロナグループは小牧市・春日井市・江南市・一宮市・半田市・豊田市・豊川市・多治見市にレジャー施設を展開しているが、既存施設にはない天然温泉やボウリング場を加える。コロナグループ6社を率いる代表取締役は大塚定光(66)。父親から引き継いだ江南市の映画館「新盛館」を、パチンコ店などとの連結経営によってよみがえらせ、複数映画館を核とする複合レジャー施設井発展させた。愛知県・岐阜県下に9施設計57館の映画館を展開することとなる。*78

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます