かつて存在した映画館についてのwikiです。事実上の個人サイトであり管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

旧豊田市

豊田市の映画館

昭和初期の挙母市に映画の常設館はなかった。竹生の大正座(後の昭和劇場)と神明の宝集座(後の挙母劇場)という2つの芝居小屋があり、芝居や浪曲の合間に無声映画を上映していた。1932年(昭和7年)-1933年(昭和8年)頃には芝居と映画の比率が逆転したが、まだ弁士と楽隊が活躍する無声映画の時代だった。名古屋市で封切りされた映画が挙母市の劇場に架かるのは半年ほど後であり、フィルムは傷だらけになっていた。挙母劇場は松竹や日活の作品を上映し、後発の昭和劇場は東宝や大映の作品を上映した。太平洋戦争の終戦までは、中学生や女学生は基本的に映画館に出入りできなかった。*1

祝栄座/宝集座/挙母劇場

1951年の挙母劇場*2
所在地 : 豊田市天神町74*3、豊田市神明町2-9*4
開館年 : 1882年
閉館年 : 1994年
Wikipedia : 挙母劇場
かつて豊田市の中心市街地には3つの映画館があった。1882年(明治15年)建設の祝栄座に始まる「挙母劇場」、1913年(大正2年)建設の大正座に始まる「昭和劇場」、1951年(昭和26年)に開館した「アート座」である。最古参の挙母劇場は現在の神明町にあり、当時の収容客席は700-800席だった。1975年(昭和50年)に鉄筋コンクリート造3階建ての建物に建て替えられ、1994年(平成6年)頃に閉館した。*5

豊田市域でもっとも古い劇場は1882年(明治15年)開館の祝栄座である。後に宝集座と改称し、1934年(昭和9年)に挙母劇場と改称した。映画人気が高まると挙母劇場は映画館としての設備も備え、1938年(昭和13年)には松竹、日活、新興、東宝の4社製作の映画の上映権を持つ劇場となった。この年の『加茂時報』によると、挙母劇場は発声装置を設置する予定であるという。*6

挙母劇場は竹生通りの昭和劇場と並ぶ数少ない娯楽施設のひとつで、休日ともなると大変な賑わいだった。写真には『続・二等兵物語』と『浪人街』の看板が見える。劇場の裏には酒屋があり、経営者は変わったが1989年現在も同じ屋号で営業を続けている。道を挟んだ向かいには喫茶店の梅月があり、やはり1989年現在も営業を続けている。72ページの写真は現在の神明町挙母劇場付近。写真ほぼ中央にコロモ劇場の看板が見える。73ページの写真は昭和20年代末の挙母劇場付近の神明町。*7

豊田市神明町に現存する挙母劇場の昭和初期の写真あり。当時の収容客席は700-800席だったが、1975年(昭和50年)に建て替えられて鉄筋コンクリート造3階建に。*8}

1882年(明治15年)に祝栄座劇場として建設される。1934年(昭和9年)に改称されて挙母劇場に。豊田市域では竹生通りの昭和劇場と並んで戦前から続く数少ない娯楽施設。1956年(昭和34年)に子供たちが劇場前で遊ぶ写真もある。劇場前は登校前の集合場所だった。1971年(昭和46年)の写真あり。『喜劇 猪突猛進せよ!!』(1971年・松竹)、『内海の輪』(1971年・松竹)、『THE BODY』(1970年・イギリス)、『彼女と彼』(1963年・日本)などの看板が見える。閉館は1994年(平成6年)。現在はマンションの駐車場。*9

大正座/昭和劇場

1950年の昭和劇場*10
昭和劇場*11
所在地 : 豊田市久保町18*12、豊田市久保町4丁目1番地
開館年 : 1913年、1938年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1913年(大正2年)に開館した大正座でも活動写真の上映は行われていたが、1938年(昭和13年)に新築して昭和劇場に改称し、さらに株式会社組織となった。*13}

1913年(大正2年)に建設された大正座を改装して1938年(昭和13年)に開館したのが昭和劇場。竹生通りに近く、休日には多数の人でにぎわった。2017年(平成29年)現在の付近には竹生町山車倉庫や新しい竹生町山車蔵があり、竹生町山車蔵はかつての昭和劇場敷地の北側。1961年(昭和36年)の写真あり。*14

1951年(昭和26年)に豊田市の市制施行当時にあった映画館は挙母劇場と昭和劇場の2館のみである。昭和劇場があった竹生通りは豊田市街地の北の入口にあたり、休日には北部の町や村から大勢の観客が自転車で詰めかけた。昭和劇場近くにはうどん屋の大見屋があり、休日の昼飯時にはたいへんな混雑だった。『幽霊と未亡人』の看板がある1950年(昭和25年)の昭和劇場の写真あり。駐車場となった1989年(平成元年)現在の写真もあり。*15

1914年(大正3年)1月5日、大正座で上棟式が挙行された(『挙母』p.101)。6月10日、大正座で開場式が行われた(p.101)。1920年(大正9年)11月6日から2日間は、大正座で大相撲が興行された(p.113)。11月29日から3日間は大正座で恵比寿講芝居が興行され、連日にわたって木戸が締め切られる盛況だった(p.114)。『挙母』p.168には大正座や宝集座の名前が見える1932年(昭和7年)発行の挙母町下町商店図(大日本職業別明細図)が掲載されている。1932年の挙母地区電話交換加入者名及番号によると、大正座の経営者は倉知鍬次郎興行部であり、所在地は挙母町大字挙母久保町12だった(p.170)。1938年(昭和13年)9月8日には改築された昭和劇場で2日間の改築披露興行が行われた(p.218)。開場披露興行の前売り券の写真あり。松本幸四郎や劇場主らが映った記念写真あり(p.228)。
*16

かつて繁栄した大正座は久しく廃業状態だった。1938年4月には梅田辰五郎らによって買収資本金1万円で昭和劇場株式会社が設立され、建物や内装などの改築工事を終えて近代的な劇場が竣工した。近日中に歌舞伎の松本幸四郎一派を招聘して開場披露公演を開催する見込みである。*17

建物内外を新装した昭和劇場は、1938年9月8日・9日に改築披露公演を行うこととなった。東京大歌舞伎の松本幸四郎・市川小太夫・市川染五郎・中村芝鶴ら百余名の一座を招く。一等席の前売り券は2円70銭。両日とも午後2時に開演する。*18

アート座/豊田アート座

1951年の開館時のアート座*19
1951年の開館時のアート座*20
所在地 : 豊田市長生17*21、豊田市喜多町2丁目38、豊田市喜多町2-36*22
開館年 : 1951年
閉館年 : 1991年
Wikipedia : アート座

トヨタ中央・中央A/トヨタグランド

所在地 : 豊田市寿町3-23*23
開館年 : 1980年以前
閉館年 : 営業中

イオンシネマ豊田KiTARA

所在地 : 愛知県豊田市喜多町2丁目170番地
開館年 : 2017年11月25日
閉館年 : 営業中
2016年11月23日の新聞記事
豊田市駅前通り北地区(喜多町)に、商業施設などを備えて2017年11月に誕生する再開発ビルの名称が「KiTARA」(キタラ)に決まった。名称を公募した同地区市街地再開発組合が22日、発表した。気軽に来訪を呼び掛ける「来たら?」の言葉や、所在地の喜多町の音の響きを含み、「新鮮で、親しみやすい」と評価された。ビルは東西に並ぶ地上8〜26階の3棟(延べ床面積計55300平方メートル)。駅に近い西側の8階建て「商業・業務棟」は、5〜8階にイオンエンターテイメント(東京)が運営するシネマコンプレックス(複合映画館)が入り、9つのスクリーン、計1100席の客席を備える。下階には企業の事務所や飲食店、銀行が入居する。中央の8階建て「高齢者施設棟」には、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームが入り、計160部屋。東側は26階建てのタワーマンションからなる「住宅棟」で、161戸を分譲する。シネコンは17年11月、高齢者施設はよく初の開業をめざし、マンションは18年1月に入居を始める。組合の担当者は「末永く親しまれる施設になってほしい」と期待している。*24

豊田市の映画館

その後、映画全盛期にかけて以下の映画館が開館しましたが、映画の斜陽と共に数は減り、現在では3館となっています。
中村座(保見地区、大正2年頃-昭和10年)
竜城座(上郷地区、大正2年頃-昭和10年)
若林座(高岡地区、昭和8年-昭和34年)
丸正座(上郷地区、昭和14年頃-閉館時期不明)
猿投劇場(猿投地区、昭和2年頃、昭和55年)
アート座(挙母地区、昭和26年-平成3年)
上野劇場(上郷地区、昭和30年頃-昭和37年)
保見劇場(保見地区、昭和30年頃-昭和35年頃)
グランド中央館(寿町、昭和52年-)
ジャスコシネマ(東山町、昭和63年-)
コロナ会館(清水町、平成4年-)*25

旧豊田市周縁部

若林座

所在地 : 碧海郡高岡村若林19-1*26(現・豊田市若林東町)
開館年 : 1933年、1934年*27
閉館年 : 1959年
Wikipedia : 若林座
1959年に閉館したものの、『映画便覧 1963』にも記載されている。

若林座では芝居のほかに、浪曲、漫才、踊り、歌、活動写真(映画)も上演されていた。1952年(昭和27年)の写真あり。看板に「若林座映画演劇興行」の文字が見える。*28

若林座では芝居、浪曲、映画を上映していた。1952年(昭和27年)の写真あり。看板に「四月十五日一日限 若林座いなり祭り 十銭均一」の文字が見える*29

現在の豊田市若林東町には劇場「若林座」があった。若林はもろちん、近郷近在から多くの人が詰めかけた。1939年(昭和14年)頃の写真あり。*30

昭和26年当時、大衆娯楽の王様といえば映画であった。映画館というと、この辺では知立劇場挙母劇場だけで若林劇場の人気は凄かったという。休日になると、上郷、竹、堤、吉原の村から大勢の人が自転車で押しかけ、大変な混雑ぶりだったという。しかしテレビの普及による映画人気の凋落とともに若林座は取り壊されて、アパートになってしまった現在、往時の人気をしのばせるものはどこにもない。写真は若林座映画演劇のいなり祭の看板。安田実一座、十銭均一。中野明子初演、美顔士小畠春夫。現在の若林東町高根下81であり中野氏アパートになっている。*31


戦前・戦後人気豊田市若林の「若林座」。豊田市棒の手会館資料展示。戦前から戦後にかけ、現在の豊田市南部で人気を呼んでいた芝居小屋「若林座」の小道具担当は故清水梅三郎氏、広瀬金六・都築利エ門両氏は大道具担当(現若林西町向屋敷)であった。若林座は昭和8年、豊田市中根町の中野登一氏が創業された。芝居小屋の1階は24畳、2階は12畳ほどの広さで、定員は約110人だった。企画展背景幕は手書きで農村の雪景色や春の桜、庭などが鮮やかに描かれ、宣伝用のうちわには店の屋号が入っていた。地元の素人演芸大会の優勝旗には花柳界の芸妓たちやタクシー会社の名前が刺繍されていた。芝居小屋に通った経験がある60代以上の人たちに懐かしんでもらえるのでは? 若い世代には昔の大衆文化を知るきっかけになってもらいたいと思います。*32

上野劇場

所在地 : 碧海郡上郷村*33
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

上郷地区唯一の娯楽場。昭和30年代に大衆演劇劇場から映画館に転身。電柱に設置されたスピーカーからは客寄せで三橋美智也や三波春夫の歌声が流れた。30以上の店舗が並ぶ上野商店街であり、上郷銀座とも呼ばれた。1961年(昭和36年)の写真あり。現在は民家となっており、門の両脇には獅子の石像2体が立っている。*34

弁天座(旧松平町)

所在地 : 東加茂郡松平村九久平(1963年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 1963年
Wikipedia : 弁天座
弁天座は大正2(1913)年5月に村内に設立された、唯一の娯楽演芸場で近くに弁天島のあるところから、この名をつけたものと思われる。1株20円の株式によって設立された。発起人兼経営者は、次のような人である。「中垣内 小畠廉二」「九久平 鈴木鉄五郎」「九久平 伊予田九市」「九久平 宇野友次郎」「九久平 伊予田小三郎」。昭和8年ころまで巡業芸人によって、旧劇・新派(現代劇)、活動写真(映画)、万才・奇術・浪曲などを行なった。その間経営者はたびたびかわり、昭和9年ころ鵜ヶ瀬荒井半三郎の所有となった。安城市の坂東勘菊は荒井半三郎より借り受け3年ほど営業した。ついで九久平の宇野鏡治・中泉精一郎・築瀬守三の3人が5年ほど借り受け経営した。このころは無声映画も上映した。戦争の激化につれて、昭和18年には、疎開者の物資を保管する倉庫として使用され終戦まで続いた。昭和21年ころ、六ツ木の加藤甲子は、荒井半三郎より所有権を譲り受け、昭和38年まで営業を続けた。この間ガラ紡の休日(毎月1日・15日)、農休み、秋の収穫後などに時代劇・現代劇や浪曲・映画・万才・素人のど自慢・女相撲など色とりどりのものを興行した。テレビの普及でだんだん見物客も減少し弁天座裏に県道ができるに及んで、この建物はとり壊され、地元での娯楽機関は姿を消した。*35


明治末期から大正初期にかけての九久平には、呉服商、日用雑貨商、船頭や運送荷馬車引き相手の飲食店(うどん屋・寿司屋・菓子屋・料理店)が10軒以上あった。1913年(大正2年)には芝居小屋の弁天座が開館し、興行日には近隣から集まった観客で満員となり、そのたびに九久平の町はひときわにぎわった。弁天座では松平町の全小学校が参加する連合学芸会も行われ、地区住民が演じることもあった。*36

1913年(大正2年)5月に設立された松平の弁天座は、1963年(昭和38年)まで営業が続けられたとの記録が残っている。*37

「1959年頃の九久平の街並み」の地図が掲載されており、港橋の2軒東が劇場の弁天座であるとしている。西隣は菓子屋、東隣は薬屋、道路を挟んで正面は料理屋。現・港橋から100m下流にあった旧・港橋であることに注意。まだ愛知県道39号も建設されていない。*38

弁天座の開館記念の絵番付があり、「7月14日開場」と書かれている。*39

猿投劇場

所在地 : 西加茂郡猿投町四郷*40
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

上伊保劇場

所在地 : 西加茂郡猿投町上伊保*41
開館年 : 1950年代後半
閉館年 : 1963年以後

小渡劇場

所在地 : 東加茂郡旭村小渡*42
開館年 : 1920年
閉館年 : 1966年以後
1966年(昭和41年)の東加茂郡旭村中心部の写真。奥の三角屋根は小渡小学校の講堂であり、その東側は小渡劇場。介木川(けんぎがわ)にかかる小渡新橋は1953年(昭和28年)に改築されている。なお旭村は1967年に町制を施行して旭町となっている。*43

西盛座

所在地 : 東加茂郡足助町足助西町*44
開館年 : 1871年*45
閉館年 : 1963年以後
かつては浪曲の上演、舞踊の発表会、弁士付きのサイレント映画の興行などを行っていた。映画では『清水の次郎長』や『宮本武蔵』などの邦画、『黄色いリボン』や『駅馬車』などの洋画を上映した。*46

足助劇場

所在地 : 東加茂郡足助町足助陣屋跡*47
開館年 : 1952年*48 / 1952年頃*49
閉館年 : 1960年代末*50 / 昭和40年代前半*51
2館目の映画館は「本町上田」の足助劇場。歌謡ショーも多く、藤島武雄の「君の名は」などが人気があった。ひなまつりなどの季節行事の時期に雨が降ると、映画館は満員となった。昭和40年代前半、『伊豆の踊子』の上映を最後に閉館した。*52

建物は昭和20年代に建てられた。木造平屋建。延べ床面積約500m2。外壁はモルタル。地元住民が共同で出資して、1952年頃に開館した。定員は276人。主に邦画を上映。著名な俳優が訪れて芝居を披露したこともあった。映画全盛期は立ち見客が出るほどにぎわっていた。経営難により1960年代末に閉館。建材店を経営していた平野氏が建物を引き取り、倉庫として使用されていた。コンクリート会社の社長である平野雅人(50)が親から引き継いだ後は、建材部門の縮小により倉庫としても使用されなくなった。老朽化が進行し、雨漏りもあったため、2018年4月以後に解体される。館内に残された映写機や映画のポスターの貰い手を募っている。*53

小原劇場

所在地 : 西加茂郡小原村大草*54
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます