閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



富山県東部:富山地区

富山市

富山映画劇場
所在地 : 富山県富山市二番町
開館年 : 1935年
閉館年 : 1939年?

大正時代から昭和初期にかけて、富山市の映画館は総曲輪の帝国館(日活)、中町の松竹館(松竹)、袋町の東洋館(新興キネマ・大都映画)の3館鼎立時代だった。1935年(昭和10年)には二番町に「富山映画劇場」が開館した。1939年(昭和14年)4月、富山映画劇場・帝国館・東洋館の3館が合併し、富山合同興行株式会社が設立された。1936年の富山映画劇場の写真あり。*1
娯楽館/和合劇場
所在地 : 富山県婦負郡和合町四方(1958年)、富山県婦負郡和合町四方784(1960年)
開館年 : 1921年頃(娯楽館)
閉館年 : 1962年1月27日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「和合劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1921年(大正10年)頃、婦負郡和合町の四方新出町に「娯楽館」が開館した。400席。館主は四方町会議員でもある酒井延長。娯楽館は「四方座」とも呼ばれ、映画も上映した。昭和に入ると映画専門館化して「和合劇場」に改称したが、しばしば浪曲や小芝居の興行も行った。1962年(昭和37年)1月27日に閉館した。*2
呉羽劇場
所在地 : 富山県婦負郡呉羽町1005(1958年)、富山県婦負郡呉羽町小竹1005(1960年)
開館年 : 1927年4月
閉館年 : 1961年5月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「呉羽劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1927年(昭和2年)4月、婦負郡西呉羽村に「呉羽座」が開館し、映画や芝居の興行が行われた。戦後まもなく「呉羽劇場」に改称し、主に映画を上映したが、1961年(昭和36年)5月31日に閉館した。*3
長沢中央劇場
所在地 : 富山県婦負郡婦中町古里長沢2839(1960年)、富山県婦負郡婦中町古里長沢(1963年)、富山県婦負郡婦中町長沢2839(1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「長沢中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八尾中央劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町福島365(1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町福島365(1963年・1964年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「八尾中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
速星劇場
所在地 : 富山県婦負郡婦中町(1950年)、富山県婦負郡婦中町速星(1953年・1955年)、富山県婦負郡婦中町(1960年)、富山県婦負郡婦中町速星628(1963年)、富山県婦負郡婦中町速星623(1964年)
開館年 : 1950年以前、1952年12月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「速星劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
笹津劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町笹津685(1953年・1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町笹津685(1963年・1964年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「笹津劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
上滝劇場
所在地 : 富山県上新川郡上滝町(1953年・1955年・1960年)、富山県上新川郡大山町(1960年)、富山県上新川郡大山町上滝六間町(1963年)、富山県上新川郡大山町上滝六間町241(1964年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「上滝劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
みなと映画劇場
所在地 : 富山県富山市西宮104(1958年)、富山県富山市西宮114(1960年・1963年)
開館年 : 1956年12月29日
閉館年 : 1964年2月29日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「みなと映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「NTT岩瀬電話交換局」。最寄駅は富山ライトレール富山港線東岩瀬電停。

1956年(昭和31年)12月29日、富山市岩瀬神明町に「みなと映画劇場」が開館した。1964年(昭和39年)2月29日に閉館した。1990年(平成2年)現在の跡地はNTTの電話交換局となっている。*4
富山東映(稲荷町)/新宿東映/富山新宿東映劇場
所在地 : 富山県富山市稲荷町2(1958年・1960年)、富山県富山市稲荷町2新宿街(1963年)、富山県富山市稲荷2(1966年)
開館年 : 1957年10月10日
閉館年 : 1966年3月4日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「富山東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「新宿東映」。1966年の映画館名簿では「富山新宿東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年(昭和32年)10月10日、北部の奥田商店街に近い曙町に「新宿東映」が開館した。1966年(昭和41年)3月4日に閉館した。奥田商店街は東京の新宿になぞらえられたことが館名の由来である。*5

1966年2月24日付『富山新聞』には、新宿東映が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*6
八木山劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町八木山172(1953年)、富山県上新川郡大沢野町八木山(1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町八木山62(1963年)、富山県上新川郡大沢野町62(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「八木山劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
水橋劇場/水橋映画劇場
所在地 : 富山県中新川郡水橋町砂町4351(1953年)、富山県中新川郡水橋町(1955年・1960年)、富山県中新川郡水橋町西天神町(1963年)、富山県中新川郡水橋町天神町(1966年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「水橋劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「水橋映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年(昭和25年)、婦負郡東水橋町の西天神町1183に「水橋劇場」が開館した。白岩川の右岸にあった。代表者は建築業の林組の林喜一。1965年(昭和40年)頃に閉館した。*7
富山座/とやま座
所在地 : 富山県富山市石倉町10(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市石倉町一番23(1966年)
開館年 : 1946年5月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「富山座」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「とやま座」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山座 北映興業KK」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「雪見荘」東側の2005年竣工のマンション「アクシルコート石倉」。
萩浦座/歌舞伎座/岩瀬東映/岩瀬東映歌舞伎座
所在地 : 富山県富山市東岩瀬村104(1953年・1955年)、富山県富山市東岩瀬町104(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市東岩瀬10(1966年)、富山県富山市東岩瀬104(1969年)
開館年 : 1920年(荻浦座)、1924年2月(歌舞伎座)、1949年12月
閉館年 : 1969年12月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1960年・1963年の映画館名簿では「岩瀬東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「岩瀬東映歌舞伎座」。1968年のゼンリン住宅地図では「岩瀬東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「白山神社」西南西130mにある駐車場。最寄駅は富山ライトレール富山港線競輪場前電停。

1920年(大正9年)頃には劇場「萩浦座」が開館し、1924年(大正13年)2月には映画併映館の「岩瀬歌舞伎座」となった。1962年(昭和37年)から1963年(昭和38年)頃に全面改装して「岩瀬東映」という東映専門館になった。岩瀬東映は岩瀬地区最後の映画館だったが、1969年(昭和44年)12月28日に休館を宣言し、1970年(昭和45年)12月31日をもって閉館した。1990年(平成2年)現在の跡地は空き地と駐車場である。*8
東部劇場/東都劇場/富山東部劇場
所在地 : 富山県富山市石金17(1958年・1960年)、富山県富山市石金27(1963年・1966年)、富山県富山市石金町27(1969年)
開館年 : 1955年12月1日
閉館年 : 1970年8月22日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「東部劇場」。1963年の映画館名簿では「東都劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山東部劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「東部劇場」。跡地は2002年竣工のマンション「ピースフル」駐車場。

1955年(昭和30年)12月1日、不二越に近い東部の石金商店街に「東部劇場」が開館した。1970年(昭和45年)8月22日に閉館した。*9
富山小劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪104(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通4-4-4(1966年)、富山県富山市総曲輪通3-4-5(1969年)
開館年 : 1957年3月1日
閉館年 : 1967年2月17日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「富山小劇場」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「小劇」。1968年のゼンリン住宅地図では「小劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物中央北側。

1957年(昭和32年)3月1日、総曲輪に「富山小劇」が開館した。場所は現在の西武デパート付近であり、洋画が中心である。1967年(昭和42年)2月17日に閉館した。*10
富山国際劇場/大衆館/富山東宝大衆館/富山大衆館/富山大映/富山大映劇場
所在地 : 富山県富山市荒町18(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市荒町1-17(1966年・1969年)
開館年 : 1947年7月20日(国際劇場)、1952年9月(大衆館)、1962年7月(富山大映)
閉館年 : 1971年1がつ31にち
『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「大衆館」。1958年の映画館名簿では「富山東宝大衆館」。1960年の映画館名簿では「富山大衆館」。1963年の映画館名簿では「富山大映」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東大進学会富山本部」が入る「本藤ビル」。

1947年(昭和22年)7月20日、「富山国際劇場」が開館した。1952年(昭和27年)9月には「大衆館」に、1962年(昭和37年)7月には「大映」に改称した。1971年(昭和46年)1月31日に閉館した。荒町の電車通りの東側であり、1991年(平成3年)現在は立体駐車場となっている。*11
ソーガワ文化劇場
所在地 : 富山県富山市西町2-15(1966年・1969年)
開館年 : 1964年以後1966年以前
閉館年 : 1969年5月30日
1963年・1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「ソーガワ文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年12月31日、富山本願寺の裏通りに「富山文化劇場」が開館した。洋画・ニュース映画・文化映画の軽めの作品が多かった。1958年7月に閉館した。*12

総曲輪の西武デパート付近には「文化劇場」があった。営業期間は約4年であり、1969年(昭和44年)5月30日に閉館した。
テアトル富山
所在地 : 富山県富山市一番町2-10(1969年)
開館年 : 1968年1月4日
閉館年 : 1971年1月30日
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「テアトル富山」。1969年の映画館名簿では「テアトル富山」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大和富山店」建物南東部。

1968年(昭和43年)1月4日、「テアトル富山」が開館した。短命の映画館であり、1971年(昭和46年)1月30日に閉館した。場所は西町であり、1991年(平成3年)現在のキリスト教会の隣付近である。*13
富山映画会館/中央映画劇場(中央通)/富山中央劇場
所在地 : 富山県富山市中町16(1953年)、富山県富山市中町25(1955年・1958年)、富山県富山市中央通り(1960年)、富山県富山市中町25(1963年)、富山県富山市中央通1-6(1966年・1969年)
開館年 : 1947年4月? 1948年7月?
閉館年 : 1970年10月4日
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「富山映画会館」。1960年・1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北陸銀行北電ビル」建物中央北側。

1947年(昭和22年)4月、「富山映画会館」が開館した。中央通りさんぽーろの用品109のところである。1970年(昭和45年)10月4日に閉館した。1991年(平成3年)現在の「スカラ座」のところである。*14
八ツ尾劇場/八尾劇場/越中八尾劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1953年・1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1950年の映画館名簿では「八ツ尾劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「八尾劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「越中八尾劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では八尾町鏡町2954に「アキチ」。
大劇/富山グランド劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪104(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通3-4-24(1966年・1969年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大劇」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「大劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山グランド劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「グランド劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物西側。
帝国館/富山帝国館
所在地 : 富山県富山市総曲輪98(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通3-3-16(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1924年12月、1949年2月
閉館年 : 1985年1月20日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年2月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「帝国館」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富山帝国館」。1986年のゼンリン住宅地図では「映画ビル グランド1・グランド2」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「総曲輪ウィズビル」。

1985年(昭和60年)1月20日をもって、富山市の映画館「帝国館」が閉館する。1月16日から1月20日にかけて、『破れ太鼓』や『少林寺』など名作9作品を上映する「さよならフェスティバル」が開催される。1924年(大正13年)暮れに現在地で営業を始めた。1984年(昭和59年)現在の富山市にある映画館では最も歴史が古く、富山市で初めてトーキー映画を上映したのは帝国館である。戦後には大映や松竹の封切館を経て、洋画のロードショー館として親しまれた。帝国館を含む敷地にファッションビルが建設されるために閉館が決定した。1985年(昭和60年)秋に竣工予定のファッションビルには2館の映画館が開館する予定。*15
中央映画劇場(西町)/富山日活/富山日活劇場/富山スカラ座(西町)
所在地 : 富山県富山市二番町22(1953年)、富山県富山市十一番町22(1955年)、富山県富山市二番町22(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市西町6(1966年・1969年)、富山県富山市西町6(1973年)、富山県富山市西町6-8(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1986年3月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「富山日活」。1968年のゼンリン住宅地図では「日活会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山日活劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富山スカラ座」。1973年・1977年の日興の住宅地図では跡地に「1階パチンコ西町日活 2階スカラ座」。1986年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコ西町日活会館 中央映画興業(株)」。跡地は「TOYAMAキラリ」西側の「近藤ビル」。
たから劇場/富山たから劇場
所在地 : 富山県富山市東四十物町3(1953年・1955年)、富山県富山市東四十物(1958年)、富山県富山市東四十物町3(1960年・1963年)、富山県富山市中央通2-1(1966年・1969年・1973年)、富山県富山市中央通2-1-11(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1990年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「たから劇場」。1958年の映画館名簿では「富山たから劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「たから劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「富山たから劇場」。1973年・1977年の日興の住宅地図では「たから劇場 喫茶マロニエ」。1986年のゼンリン住宅地図では「たから劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1995年のゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「Lucida Tower」建物中央東側。

1947年7月31日、「たから劇場」が開館した。場所は中央通りの旧東四十物町北側であり、白銀町に下る角である。当初は松竹専門館だったが、やがて洋画が中心となった。1991年(平成3年)現在は休館中であり、施設の活用法を模索している。*16
富山グランド1・2
所在地 : 富山県富山市西町2-15 映画ビル(1985年・1990年)
開館年 : 1983年5月28日
閉館年 : 1992年10月31日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の映画館名簿では「富山グランド1・2」(2館)。1986年のゼンリン住宅地図では「映画ビル グランド1 グランド2」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2005年竣工の複合商業ビル「西町・総曲輪キュービィ」建物中央西側。

1983年(昭和58年)5月28日、総曲輪の瀬川書店の横に「グランド1・2」が開館した。1991年(平成3年)現在も営業中である。経営は富山合同興行。*17

1992年(平成3年)10月31日をもって、富山市西町の映画館「グランド1・2」が閉館した。富山合同興業は54年に及ぶ映画館経営の歴史に幕を閉じた。最終日にはグランド2が無料開放され、ほぼ満員の観客に向かって『慕情』と『ローマの休日』が上映された。富山大学映画研究会の学生が館内を撮影するなどした。グランド1・2は1983年(昭和58年)に開館した。*18
富山劇場/駅前富劇
所在地 : 富山県富山市新富町839(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市新富町1-1-19(1966年)、富山県富山市新富町1-19(1969年)、富山県富山市新富町1-1-19(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1950年6月1日
閉館年 : 1992年8月
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山劇場」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「駅前富劇」。1986年のゼンリン住宅地図では「富劇ビル 地下1階日本海など3店舗 1階みよなど13店舗 2階駅前富劇」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「テクノパーク24新富町」。

1950年(昭和25年)6月1日、国鉄富山駅に近い新富町に「富山劇場」が開館した。観客は旅行者や富山駅の通勤利用者が多く、1991年(平成3年)現在も営業中である。*19

1992年6月14日付『北日本新聞』には「駅前富劇8月から休館 期間未定、閉館は否定」という記事が掲載されている。現物は未確認。*20
東宝大和劇場/富山大和劇場/富山大和東宝劇場/富山東宝大和劇場
所在地 : 富山県富山市西町大和6階(1953年・1955年)、富山県富山市西町7(1958年)、富山県富山市一番町21(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、富山県富山市一番町3-5(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1949年4月
閉館年 : 1996年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝大和劇場」。1958年の映画館名簿では「富山大和劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「富山大和東宝劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「富山東宝大和劇場」。1977年の日興の住宅地図では「大和東宝劇場 居酒屋新古今 2階大和美容室 3階麻雀クラブ東宝」(※東宝大和劇場ではなく大和東宝劇場)。1986年のゼンリン住宅地図では「富山東宝大和劇場 1階居酒屋新古今」。1995年のゼンリン住宅地図では「富山東宝大和劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「富山二番町教会」建物北東部。

1996年3月26日付『北日本新聞』には「県内最古 映画黄金期築く 東宝大和5月閉館へ 消えゆく銀幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*21

1996年5月10日付『富山新聞』には「県民に感動残し、静かに閉館 東宝大和半世紀の歴史に幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*22
富山アピタシアター1・2
所在地 : 富山県富山市上袋100-1(1990年・1995年)、富山県富山市上袋100-1 アピタ富山2階(閉館時)
開館年 : 1987年10月22日
閉館年 : 1995年以後2000年以前
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「富山アピタ・シアター1・2」(2館)。1995年の映画館名簿では「富山アピタシアター1・2」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2スクリーン計120席のビデオシアター。

1987年10月22日、上袋のスーパー「アピタ」に「アピタシネマ」が開館した。*23
富山東映劇場/富山東映劇場・富山東映パラス劇場/富山東映劇場・富山東映2
所在地 : 富山県富山市総曲輪29(1958年)、富山県富山市総曲輪91(1960年・1963年)、富山県富山市大手町四番10(1966年)、富山県富山市大手町4-10(1969年)、富山県富山市大手町2-10(1973年)、富山県富山市大手町4-10(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年4月28日
閉館年 : 2001年12月14日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山東映劇場」。1976年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス」(2館)。1977年の日興の住宅地図では「富山東映」。1980年・1985年の映画館名簿では「富山東映・富山東映パラス」(2館)。1986年のゼンリン住宅地図では「1階富山東映 2階東映パラス」。1990年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス劇場」(2館)。1995年のゼンリン住宅地図では「富山東映1 富山東映2」。1995年・2000年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映2」(2館)。跡地は「ホテルドーミーイン富山」南側の立体駐車場。

1956年4月28日、「富山東映劇場」が開館した。大通りの西側にあり、邦画が主体である。1973年7月7日には、同じ建物の2階に「東映パラス」が開館し、主として洋画を上映している。1990年10月10日には「富山東映1・2」となって現在に至っている。*24

2001年11月1日付『北日本新聞』には「富山東映来月閉館へ シネコン開業で経営悪化」という記事が掲載されている。現物は未確認。*25

1956年に開館。東映直営館ではあるが、1996年の東宝大和閉館後には東宝作品も上映した。1997年の観客数は10万2000人、1998年は10万5000人と、東映の地方直営館の中では好成績だった。しかし婦中町にできたシネコンのせいで2000年には約8万人にまで減少し、売上高は9000万円。人件費などの経費は1億2000万円であり、採算ラインに遠く及ばなくなった。2001年12月14日に閉館する。1階338席、2階141席の2スクリーン。富山市内から映画会社の直営館がなくなる。*26

2001年12月15日付『北日本新聞』には「富山東映劇場が閉館 ファン45年の歴史に別れ」という記事が掲載されている。現物は未確認。*27
富山ウィズシネマ1・2/富山松竹ウィズシネマ1・2
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2002年10月11日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年のゼンリン住宅地図では「総曲輪ウィズ 4階シネマ1・シネマ2」。1990年の映画館名簿では「富山ウィズシネマ1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「富山松竹ウィズシネマ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年9月25日付『北日本新聞』には「ウィズシネマ閉館 総曲輪 1月末めど シネコン増響く 中心商店街客減も」という記事が掲載されている。現物は未確認。*28

2002年10月12日付『北日本新聞』には「富山合同興業 自己破産を申請 負債総額23億円 ウィズシネマは閉館」という記事が掲載されている。現物は未確認。*29

2003年1月末、富山市の総曲輪通りにある映画館「ウィズシネマ1・2」が閉館する。同一地点にあった「帝国館」時代を含めると、80年近い歴史に幕を下ろす。経営する富山合同興業は、シネコンに観客を奪われたことが最大の理由としている。ファッションビル「ウィズ」4階に2スクリーン計440席を有する。1924年に劇場「帝国座」から転換した映画館「帝国館」が前身。帝国館は1985年に閉館したが、同年に同地点に建てられたビル「ウィズ」にウィズシネマ1・2が開館した。1990年頃までは年間20万人の観客を集めたが、1993年に6スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡」(高岡市)、2000年に10スクリーンの「ファボーレ東宝」(婦中町)、2002年に8スクリーンの「高岡TOHOプレックス」(高岡市)が開館すると、近年には観客数が減少していた。2001年12月には「富山東映劇場」が閉館して折り、富山市中心部に残る映画館は「富山松竹」と「富山ニュースカラ座」のみとなる。*30

2002年10月11日には総曲輪3丁目のウィズシネマが閉館した。富山合同興業は同日、富山地裁に自己破産を申請した。負債総額は約23億円。1985年に開館したが、1992年にも閉館の動きがあったが、映画ファンなどが存続を求める署名活動を行った。2001年の観客数はひと月に約2000人であり、平日は一日数人の灯もあった。2001年12月には富山東映が閉館しており、中心市街地に残るのは富山松竹と富山ニュースカラ座のみ。*31
富山スカラ座(中央通)/富山ニュースカラ座
所在地 : 富山県富山市中央通1-6-12(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1986年3月28日(移転開館)
閉館年 : 2006年9月1日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年3月28日に二番町から移転してスカラ座が開館。1986年のゼンリン住宅地図では「Annex109 地下1階fan-aiなど4店舗 1階ZAZIEなど6店舗 2階ミズニームなど5店舗 3階スカラ座 4階カルチャーセンター」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「富山スカラ座」。1995年のゼンリン住宅地図では「TOYAMA109 3階スカラ座」。2004年の住宅地図では「セプラ 3階富山ニュースカラ座」。2005年の映画館名簿では「富山ニュースカラ座」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北陸銀行北電ビル」建物中央北側。

1986年(昭和61年)3月28日、富山市中央通りのファッションビル「アネックス109トヤマ」に東宝系洋画上映館「富山スカラ座」が開館した。これによって富山市の映画館数は、洋画7館、邦画3館、成人映画館2館の計12館となった。昭和30年代の15館には及ばないが充実しており、関係者からは乱立ぎみだとする声も上がる。1983年(昭和58年)5月には西町に「グランド1・2」が開館し、既存館にはない4チャンネルドルビー音響システムやゆったりした座席で人気を博した。1985年(昭和60年)10月には総曲輪に「ウィズシネマ1・2」が開館し、1セット2000万円のイタリア製の全自動映写装置を導入したことで映写技師が不要となり、人件費を大きく減らした。*32

2006年8月18日付『北日本新聞』には「ニュースカラ座、閉館へ 来月1日 改装後も客足伸びず 富山」という記事が掲載されている。現物は未確認。*33

2006年(平成18年)8月18日までに、新興商事は富山市中央通りの映画館「ニュースカラ座」を9月1日に閉館することを決定した。2001年(平成13年)5月、東宝の直営館だった旧スカラ座を改装して出店した。観客数の低迷に加えて、2006年(平成18年)7月に総曲輪通の映画館「ウィズシネマ」が公設民営のとやまWIZシネマ倶楽部の運営で再開館したことから、ニュースカラ座は役割を終えたと判断した。賃貸契約期日をもって閉館することを決定した。跡地の活用法は未定。*34

2006年(平成18年)9月1日、富山市中央通りにある映画館「ニュースカラ座」が閉館する。30年以上の歴史に幕を下ろす。これにより、富山市中心市街地に残る映画館は富山松竹とウィズシネマの2館だけとなる。この映画館は東宝の直営館として開館した。2001年には富山シアター大都会などを運営する新興商事が経営を引き継ぎ、富山ニュースカラ座に改称した。スクリーンの張替え、276席の椅子の交換などの全面改装を行い、割引サービスやレイトショーなども開始した。富山シアター大都会は1スクリーンあたり4万人の観客数を集めているものの、ニュースカラ座は1万人程度と伸び悩んでおり、赤字が続いていた。商店街の中にあるため専用の駐車場を持たない。2006年9月1日で賃貸契約が切れるため、閉館を決定した。*35
富山松竹
所在地 : 富山県富山市中央通1-3-13(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2006年11月7日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「富山松竹」。1977年の日興の住宅地図では「1階モリエール 2階富山松竹」。1986年のゼンリン住宅地図では「地下1階チャーリーズホットマン 1階モリワン 2階富山松竹 5階開進堂楽器 ヤマハ音楽教室」。1995年のゼンリン住宅地図では「松竹会館 地下1階つくし 1階ブーム 2階富山松竹 6階石黒平吉」。2004年の住宅地図では「松竹会館 2階富山松竹」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ビルC」。

1970年(昭和45年)5月15日、中央通りに「富山松竹」が開館した。1991年(平成3年)現在も営業中である。*36

富山市の中央通り商店街にある富山松竹は、富山県で唯一の単館系の作品を上映する映画館である。館主の石黒平吉が映写技師も兼ねる。1スクリーン320席。1作品の上映は平均1日2階、2週間。単館系作品はフィルム数が少なく、東京や大阪や名古屋で上映されたフィルムが富山に届くのは4-5か月経ってからである。*37
富山シネマ/駅前シネマ
所在地 : 富山県富山市桜町494(1960年・1963年)、富山県富山市桜町1-4-22(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1959年3月20日
閉館年 : 2007年8月25日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館では「富山シネマ」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館では「駅前シネマ」。1986年のゼンリン住宅地図では「舟方寿し 2階駅前シネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。富山県最後の成人映画館。跡地は2018年竣工のマンション「レーベン富山桜町」。

1959年(昭和34年)3月17日には富山駅前に新築中の「富山シネマ劇場」が竣工し、3月20日に開館式を挙行した。*38

1959年(昭和34年)3月20日、富山駅正面の小路である桜町に「富山シネマ」が開館した。1と2の2館に分かれ、1991年(平成3年)現在も営業を続けている。*39

2007年8月31日付『富山新聞』には「富山に残る『昭和』 駅前シネマ閉館 食堂街は存続 夢と興奮与えた48年 歴史に幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*40

1959年(昭和34年)、地元の有志が映画館を「富山駅前シネマ劇場」を開館させた。2階が映画館であり、1階が飲食店街だった。スクリーンは幅約8m、高さ約3m。ロビーにはパンやたばこの売店があり、3階に映写室があった。日活・東宝・松竹などの大衆映画が週替わりで上映され、階下の居酒屋にも石原裕次郎のセリフが響いてきた。映画館の上映作品は成人映画に変わり、2007年(平成19年)に閉館した。*41

2015年5月末、富山駅前の一角にあったシネマ食堂街が閉店した。1959年に映画館とともに食堂街が開店した。約120席の映画館が2階にあり、1階が食堂街だった。ピーク時の1970年代には約30店があったが、2007年に映画館が閉館すると店舗も減少し、2015年5月末時点では10店だった。跡地にはマンションやホテルが入る18階建てのビルが建つ予定である。*42

2016年6月に富山市で初開催される「とやま映画祭」の期間中、富山駅前にあったシネマ食堂街の中核施設「駅前シネマ」に残されたポスターやフィルムなどが展示される。北陸新幹線開業の際の駅前再開発で姿を消していた。東京で映画企画会社を経営する富山市出身の小原亜弓(46)が施設を管理する富山映画興業から譲り受けていた。映画のポスターは約50枚あり、フィルム、フィルムケース、館内の掲示板、緞帳なども保存されている。黒部ダム建設を描いた石原裕次郎主演の『黒部の太陽』、勝新太郎主演の『座頭市』シリーズなど、昭和40年代から閉館した2007年までに上映した映画のタイトルや上映期間などが記録された株面もある。シネマ食堂街の跡地には2018年3月完成を目指して、マンション・ホテル・オフィスの3棟で構成される再開発ビルが2016年3月7日に着工した。*43
フォルツァ総曲輪
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3-16 総曲輪ウィズビル5階(2015年)
開館年 : 2007年2月24日
閉館年 : 2016年9月30日
Wikipedia : フォルツァ総曲輪
1スクリーン176席のミニシアター。
シアターワールド大都会1・2・3/富山シアター大都会1-5
所在地 : 富山県富山市飯野19番地(2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1996年6月
閉館年 : 2017年8月21日
Wikipedia : 富山シアター大都会
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「シアターワールド大都会1・2・3」(3館)。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「富山シアター大都会1-5」(5館)。5スクリーン計633席のシネコン。
ほとり座(シネマカフェ)
所在地 : 富山県富山市中央通り1-2-14
開館年 : 2016年11月
閉館年 : 2020年6月
Wikipedia : フォルツァ総曲輪
シネマカフェ。フォルツァ総曲輪の後継施設。2020年6月にはフォルツァ総曲輪跡地に移転。
ファボーレ東宝/TOHOシネマズファボーレ富山
所在地 : 富山県婦負郡婦中町下轡田165-1(2005年)、富山県富山市婦中町下轡田165-1(2015年)
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年10月6日にファボーレ東宝として開館。2009年6月にTOHOシネマズファボーレ富山に改称。10スクリーン計1724席のシネコン。
J MAX THEATERとやま
所在地 : 富山県富山市総曲輪3丁目9-1 ユウタウン総曲輪
開館年 : 2016年6月3日
閉館年 : 営業中
8スクリーン計1178席のシネコン。
ほとり座
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3-16 総曲輪ウィズビル5階(2015年)
開館年 : 2020年6月20日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : フォルツァ総曲輪

滑川市

北洋館/中央滑川劇場/滑川中央劇場
所在地 : 富山県中新川郡滑川町(1950年)、富山県中新川郡滑川町橋場町(1953年)、富山県滑川市橋場(1955年)、富山県滑川市橋場町1823(1958年)
開館年 : 1931年、1945年12月
閉館年 : 1957年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1950年の映画館名簿では「中央滑川劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「滑川中央劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

時期不明の滑川にあった映画館「北洋館」の写真あり。「館洋北」の文字が見える。1931年、滑川町役場跡地に建てられた。右は男子席、左は女子席であり、警官の隣検席も設けられていた。定員は124人だったが、詰めると600人ほど入った。1952年(昭和27年)から1953年(昭和28年)の「滑川劇場」の写真あり。北洋館が改称したのが滑川劇場である。1957年(昭和32年)12月末、都市計画道路の建設のために取り壊された。*44

1931年(昭和6年)1月、橋場に「北洋館」が開館した。中川の河口近く、雪島橋の近くにあった。124席。戦後には「滑川劇場」に改称した。1957年(昭和32年)2月に閉館し、12月に取り壊された。最後の経営者は坪川の藤井宗●である。*45

1953年(昭和28年)頃の「滑川中央劇場」の写真あり。この場所にはかつて警察署があり、その後滑川町役場となって、その後映画館が開館した。橋場と中滑川駅を結ぶ都市計画道路を建設するために、1957年(昭和32年)末までに取り壊された。*46

1955年(昭和30年)頃の滑川の橋場にあった「滑川中央劇場」の写真あり。「滑川劇場」の文字が見える。1931年(昭和6年)、橋場の滑川町役場跡地に映画館「北洋館」が開館し、後に「滑川中央劇場」に改称した。定員は124人だったが、詰めると600人ほど入った。1957年(昭和32年)12月、都市計画道路の建設のために取り壊された。1952年頃の入場料は2円99銭(※3円にすると税金がかかったため)だった。*47

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*48
中島座/滑川映画劇場/滑川第一劇場
所在地 : 富山県中新川郡滑川町常磐町31(1953年)、富山県滑川市常盤町(1955年)、富山県滑川市常盤町31(1958年)
開館年 : 1919年9月、1954年4月
閉館年 : 1960年
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「滑川映画劇場」。1955年・1958年の映画館名簿では「滑川第一劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1919年(大正8年)9月、滑川の常盤町の中島吉次郎は、東京の劇場を模した「中島座」を開館させ、東京から沢村宗十郎一座を招いて4日間の舞台開きを行った。時期不明の写真あり。芝居のほかに映画も上映するようになり、政党の演説会にも用いられた。戦後には「第一映画劇場」に改称した。1959年(昭和34年)から1960年(昭和35年)には滑川から映画館が消えた。*49

1919年(大正8年)9月、中吉座の中島吉次郎が「中島座」を建てた。東京の歌舞伎座風の様式だった。860席。場所は常盤町331。櫟原神社(いちはらじんじゃ)の北側の田を埋めて造成した。中島と親交があった7代目沢村宗十郎一座が来演した。昭和になると映画が中心となった。1960年(昭和35年)に閉館して売却された。*50

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*51
滑川日本劇場
所在地 : 富山県滑川市晒屋75(1955年)、富山県滑川市下小泉町75(1958年)、富山県滑川市下小泉75(1960年)、富山県滑川市小泉75(1963年)
開館年 : 1953年10月
閉館年 : 1962年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「滑川日本劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では跡地に「富山相互銀行滑川支店」。跡地は「富山第一銀行滑川支店」。

1955年(昭和30年)頃の滑川にあった映画館「日劇」の写真あり。昭和30年代の滑川には、常盤町の「第一劇場」(戦前は中島座)、橋場の「滑川中央劇場」、瀬羽町の「東映」、さらしや踏切の傍らの「日劇」と、4館の映画館があった。*52

1953年(昭和28年)頃の「滑川日本劇場」の写真あり。最盛期の滑川市には4館の映画館があった。晒屋の小泉街道踏切の近くには日劇があったが、1962年(昭和37年)に閉館した。ほかは瀬羽町の滑川東映劇場、橋場町の滑川中央劇場、常磐町の滑川第一劇場だった。*53

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*54
滑川東映劇場
所在地 : 富山県滑川市瀬羽町1860(1958年)、富山県滑川市瀬羽町1861(1960年・1963年)、富山県滑川市瀬羽町1860(1966年)
開館年 : 1955年以後1956年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「滑川東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では跡地に「酒井歯科医院」。

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*55

中新川郡上市町

上市劇場
所在地 : 富山県中新川郡上市町(1955年・1960年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1962年8月末
『全国映画館総覧 1955』によると1946年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「上市劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年(昭和37年)8月末、中新川郡上市町の映画館「上市劇場」が閉館した。約150万円を投じて日用品や食料品のスーパーマーケットに改装し、1962年(昭和37年)10月中頃にスーパーマーケットが開店する予定。上市町には上市劇場とスバル座があり、いずれも森谷勝次が経営している。*56

1963年(昭和38年)の中新川郡上市町にあった上市スーパーの写真あり。「上市劇場」の跡地にできた。*57
スバル座/上市スバル座
所在地 : 富山県中新川郡上市町(1955年・1960年)、富山県中新川郡上市町熊野町1(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1942年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1942年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「スバル座」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「上市スバル座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の日興の住宅地図では発見できなかった。

中新川郡立山町

雄山中央劇場
所在地 : 富山県中新川郡雄山町(1950年)、富山県中新川郡雄山町五百石59(1953年)、富山県中新川郡立山町雄山五百石59(1955年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「雄山中央劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。「立山劇場」に改称した可能性がある。
銀映劇場
所在地 : 富山県中新川郡立山町前沢(1960年・1963年)
開館年 : 1958年6月
閉館年 : 1963年頃? 1969年?
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「銀映劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は老人ホーム「ケアハウス青葉の里」。最寄駅は富山地方鉄道立山線五百石駅。

昭和30年代の立山町にあった映画館「銀映劇場」の写真あり。劇場「松山座」に対抗して開館したが、テレビが普及したことで観客数が低迷し、開館から数年後には閉館した。*58

1958年(昭和33年)6月、立山町に「銀映劇場」が開館した。昭和30年代の写真あり。「立山劇場」に対抗するように開館したが、時代の流れはすでにテレビに移っており、1969年(昭和44年)に経営不振で閉館した。2012年(平成24年)現在の跡地はケアハウスとなっている。*59
松山座/立山劇場
所在地 : 富山県中新川郡立山町五百石19(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1904年
閉館年 : 1971年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。「雄山中央劇場」から改称した可能性がある。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「立山劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の日興の住宅地図には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「サンフレッシュ五百石店」。最寄駅は富山地方鉄道立山線五百石駅。

昭和30年代の立山町にあった映画館「立山劇場」の写真あり。1951年(昭和26年)公開の松竹映画『大江戸五人男』のポスターが見える。1904年(明治37年)開設の劇場「松山座」が前身である。立山劇場は芝居・演芸・映画などの興行を行い、この地域唯一の劇場として親しまれた。昭和30年代後半にはスーパーに転換された。*60

1904年(明治37年)、立山に劇場「松山座」が開館した。芝居・演劇・映画などの興行を行い、この地域唯一の劇場として親しまれた。後に「立山劇場」に改称。観客数の減少によって1971年(昭和46年)に閉館し、2012年(平成24年)現在の跡地はスーパーマーケットとなっている。*61

中新川郡舟橋村

映画館名簿によると舟橋村に映画館は存在しなかったと思われる。

富山県東部:新川地区

魚津市

魚津市の映画館
魚津市の映画館としては、真成寺町に「帝国館」、東小路に「エビス座」、電鉄魚津駅前に「魚津劇場」があり、いずれも戦前からの劇場・映画館である。戦後の映画興隆期には、神明横丁に「第一劇場」(1955年開館、1956年の魚津大火で焼失)、中央通りに「中央劇場」(1958年8月開館)が開館した。昭和30年代後半からはテレビに押されて衰退の一途をたどり、1972年(昭和47年)現在では中核としての役割を失っている。帝国館から改称した銀座通りの「大劇」は1964年(昭和39年)にパチンコ店「五光ホール」に変わり、1970年(昭和45年)夏には衣料スーパー「中野屋」に変わった。*62

文化町は大正末期頃にできた町であるが、1936年(昭和11年)には電鉄魚津駅が開業し、1937年(昭和12年)には魚津劇場が開館した。まだ神明町や金屋町から電鉄魚津駅に向かう道は不明確であり、鴨川が交通の障害となっていたが、戦後の1952年(昭和27年)には朝日湯の横に鴨川橋が開通して便利になった。電鉄魚津駅から神明町や金屋町に向かう往来が急増し、横丁には映画館「第一劇場」が開館した。1956年(昭和31年)9月10日には魚津大火が起こり、真成寺町・神明町・金屋町の市街地が焼失したが、1958年(昭和33年)夏頃までには防火建築帯を有する裏日本随一の商店街が完成し、金屋町東部の重要地点には8月に「中央劇場」が開館した。*63

1959年(昭和34年)の『富山県統計年鑑』によると、同年の富山県には82館の映画館があり、魚津市には5館の映画館があった。魚津市の5館の入場延べ人員は62.5万人だった。同年度の魚津市のラジオ普及率は89%であり、テレビ普及率は21%だった。1965年(昭和40年)に魚津市の映画館は3館となり、入場延べ人員は約20万人だった。同年度の魚津市のテレビ普及率は92%だった。1970年(昭和45年)の電電公社電話帳によると、魚津市の映画館は本江の「魚津劇場」、中央通りの「魚津中央映画劇場」、双葉町の「オリオン座」、住吉町の「桑田和夫」(※経営者の名前と思われる)の4館だった。*64

2005年(平成17年)末には株式会社ノースランドが、魚津市農協から魚津ショッピングスクエアサンプラザの経営権を引き継いだ。ノースランドは同年4月、2006年(平成18年)春にサンプラザ南側駐車場を3層式として3階部分に5スクリーン計600席のシネコンを建設する計画を発表したが、2011年(平成23年)5月現在もシネコンの開館は実現されていない。*65*66
魚津第一
所在地 : 富山県魚津市
開館年 : 1955年
閉館年 : 1956年9月
映画館名簿には掲載されていない。

1955年(昭和30年)、魚津の神明横町に映画館として「第一劇場」が開館した。1956年(昭和31年)9月の魚津大火で焼失し、再建されなかった。*67

1955年(昭和30年)には魚津市の神明横町に映画館「魚津第一」が開館したが、1956年(昭和31年)9月の魚津大火で全焼した。*68
大清座/経田文化劇場/魚津文化劇場
所在地 : 富山県魚津市経田(1955年)、富山県魚津市経田617(1958年)、富山県魚津市経田坂ノ下617(1960年)
開館年 : 1907年頃、1944年9月
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1944年9月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大清座」。1958年の映画館名簿では「経田文化劇場」。1960年の映画館名簿では「魚津文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1907年(明治40年)頃、経田村経田(現・魚津市経田西町)に「大清座」が開館した。経田は漁業基地であり、常設でなくてもこんな施設を有していたのである。1960年(昭和35年)頃に閉館した。*69
帝国館/大映劇場/魚津大劇
所在地 : 富山県下新川郡魚津町(1930年・1950年)、富山県魚津市真成寺町61(1953年)、富山県魚津市真成寺町(1955年)、富山県魚津市真成寺町61(1958年・1960年)
開館年 : 1919年、1947年4月
閉館年 : 1962年
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1930年の映画館名簿では「帝国館」。1950年の映画館名簿では「大映劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「魚津大劇」。1956年9月10日の魚津大火で焼失。1958年・1960年の映画館名簿では「魚津大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「(建)」。跡地は銀座通りの文具店「マツダ真成寺町店」向かいの駐車場。最寄駅は富山地方鉄道本線電鉄魚津駅。

1919年(大正8年)、活動写真の興隆とともに魚津に「帝国館」が開館した。場所は真成寺町であり、現在の銀座通りである。1958年(昭和33年)に「大劇」に改称したが、1963年(昭和38年)に閉館した。*70

魚津市の映画館「大劇」の前身は、1919年(大正8年)に真成寺町に常設映画館として開館した「帝国館」である。帝国館は後に大劇に改称した。1956年(昭和31年)9月の魚津大火で全焼したが、中小企業金融公庫から1000万円の融資を受けて再建された。経営者は魚津市議会議員の藤井秀信だったが、経営不振により1962年(昭和37年)に閉館した。跡地はパチンコ店の五光ホールとなり、1970年(昭和45年)に衣料スーパー中野屋となった。株式会社マツダ真成寺町店の向かいにあり、2012年(平成24年)現在は駐車場となっている。*71
蛭子座/オリオン座/魚津オリオン座
所在地 : 富山県下新川郡魚津町(1930年)、富山県魚津市東小路78(1953年)、富山県魚津市東小路(1955年)、富山県魚津市東小路78(1958年)、富山県魚津市東小路88(1960年・1963年)、富山県魚津市東小路78(1966年・1969年)
開館年 : 1887年、1945年、1951年1月
閉館年 : 1972年7月
『全国映画館総覧 1955』によると1951年1月開館。1930年の映画館名簿では「蛭子館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「オリオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「魚津オリオン座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「セントラルパーキング」。跡地は「にいかわ信用金庫本店」。最寄駅は富山地方鉄道本線電鉄魚津駅。

1887年(明治20年)頃には魚津に「蛭子座」が開館し、「恵比寿座」、「オリオン座」と名を変えて1972年(昭和47年)7月まで営業していた。場所は東小路(現・双葉町)である。「魚津の常舞台」と呼ばれ、800席を有していた。富山県東部の中心的な劇場であり、東京や大阪の大歌舞伎一座もよく来演した。1921年(大正10年)時点では芝居と活動写真の併用館に分類されていた。1943年(昭和18年)1月に火災で焼失すると、直ちに再建されて映画館「恵比寿座」となった。1951年(昭和26年)に「オリオン座」に改称し、1972年(昭和47年)7月に閉館した。*72

魚津市の映画館「オリオン座」の前身は、1887年(明治20年)に完成した「蛭子座」(※恵比寿座ではない)であり、蛭子座では歌舞伎芝居が上演された。大正期の蛭子座の写真あり。1945年(昭和20年)にオリオン座に改称し、昭和40年代後半に閉館した。1975年(昭和50年)12月には跡地でセントラル・パーキングが営業を開始。1989年(平成元年)1月には新川信用金庫本店がセントラル・パーキングの場所に新築移転した。*73

1945年頃の魚津町にあった映画館「恵比寿座」の写真あり。魚津町東小路にあった活動写真館(映画館)である。芝居や演説会にも利用された。1943年に火災に遭い、数年後に改築されると、後に「オリオン座」に改称された。昭和30年代の魚津にはオリオン座のほかに、「魚津劇場」、「帝国館」(後の大劇)、「中央劇場」もあり、計4館の映画館があった。*74

戦前の下新川郡魚津町には「恵比寿座」があった。恵比寿座は戦後に「オリオン座」に改称し、東宝系の映画館としてにぎわった。1950年(昭和25年)の写真あり。オリオン座の文字は確認できないが、「魚津東宝」「東宝映画」の文字が見える。1950年公開の『月の出の接吻』のポスターが見える。オリオン座は1972年(昭和47年)に閉館した。*75
魚津中央劇場
所在地 : 富山県魚津市金屋町35(1960年)、富山県魚津市中央通り(1963年)、富山県魚津市金屋町35(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1958年8月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1956年9月10日の魚津大火後の1958年8月に開館。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「魚津中央劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「いでや薬局」。跡地は薬局「いでや本店」。

1958年(昭和33年)8月、魚津の中央通りに「中央劇場」が開館した。1968年(昭和43年)頃に閉館した。*76

1958年(昭和33年)8月には魚津市に映画館「魚津中劇」(中央劇場)が開館し、昭和40年代後半に閉館した。魚津中劇は中央通りにあり、2012年(平成24年)現在の跡地はいでや薬局である。*77
魚津劇場
所在地 : 富山県魚津市本江1782(1953年)、富山県魚津市本江1781(1955年)、富山県魚津市本江町1781(1958年)、富山県魚津市本江1781(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、富山県魚津市文化町8-18(1976年・1980年)
開館年 : 1931年6月? 1937年?、1943年
閉館年 : 1989年1月21日
『全国映画館総覧 1955』によると1943年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「魚津劇場」。1978年の日興の住宅地図では「魚劇ビル エビス屋魚津店」(※魚津劇場と書かれているわけではない)。1979年の住宅地図では「魚劇ビル グリーンマートセブン駅前店」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「電鉄魚津駅前公園」北側。最寄駅は富山地方鉄道本線電鉄魚津駅。

1937年(昭和12年)、魚津町の文化町8-18に映画館として「魚津劇場」が開館した。1989年(平成元年)まで50年も営業を続けた。*78

1931年(昭和6年)6月または1937年(昭和12年)、下新川郡魚津町の文化町に劇場「魚津劇場」が開館し、やがて映画併用館となった。座席数は400席。1950年(昭和25年)に新装し、1964年(昭和39年)5月には鉄筋コンクリート造3階建てのビルを新築した。1982年(昭和57年)には大川俊が経営を引き継いだが、レンタルビデオブームで客足が減少し、1989年(平成元年)1月21日に休館した。魚津劇場は魚津市のみならず新川地区最後の映画館であり、これをもって富山県東部から映画館がなくなった。跡地は電鉄魚津駅前公園。*79

1989年(平成元年)1月21日、魚津市の映画館「魚津劇場」が休館の張り紙を出した。新川地区で唯一の映画館だった。テレビの普及やレンタルビデオの攻勢が休館の理由。電鉄魚津駅前にあり、400席を有している。1937年(昭和12年)に開館し、魚津市に5館あった映画館が相次いで閉館する中で健闘していた。魚津で初めて活動写真が上映されたのは1903年(明治36年)であり、1919年(大正8年)には魚津初の常設活動写真館の「帝国館」が開館していた。*80

黒部市

生地劇場
所在地 : 富山県下新川郡生地町経新4407-2(1953年)、富山県黒部市生地町経新(1955年)、富山県黒部市生地町4407(1958年)、富山県黒部市生地町経新4407(1960年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1957年? 1960年以後1963年以前?
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「生地劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1946年(昭和21年)、生地町生地経新4407に「生地劇場」が開館した。映画も演芸も行う併用館だった。1957年(昭和32年)に閉館した。*81
生地中央劇場/生地中央映画劇場
所在地 : 富山県黒部市生地町中央通り(1960年・1963年)、富山県黒部市生地町中央通548(1964年)
開館年 : 1958年10月
閉館年 : 1964年8月
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「生地中央劇場」。1964年の映画館名簿では「生地中央映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年(昭和33年)10月、生地町生地548に映画館として「生地中劇」が開館した。1964年(昭和39年)8月に閉館した。*82
桜井銀映
所在地 : 富山県下新川郡桜井町椚町(1953年)、富山県黒部市椚町(1955年)、富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市3110(1963年)
開館年 : 1950年秋? 1951年9月?
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「桜井銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の日興の住宅地図では跡地に「牧野インテリア」。跡地は「椚町商店街専用駐車場」を経て2020年8月時点では建設用地。最寄駅は富山地方鉄道本線東三日市駅。

1950年(昭和25年)、桜井町の三日市3110に「銀映」が開館した。1965年(昭和40年)から1967年(昭和42年)頃に閉館した。*83

1950年(昭和25年)秋には下新川郡桜井町の椚町に「桜井銀映」が開館した。1955年(昭和30年)の写真あり。「SAKURAI GINEI」の文字が見える。夜には建物に色鮮やかなネオンが輝いた。嵐寛寿郎や片岡千恵蔵の主演作などが上映された。1960年(昭和35年)頃からテレビが普及すると観客数が減少し、1963年(昭和38年)頃に閉館した。建物はパチンコ店や大型家具店に転換されたが、2006年現在は建物が取り壊されており、椚町商店街の専用駐車場となっている。*84

1954年(昭和29年)には黒部市が発足した。孫平商店街は4周年を記念して入口にアーチを設置し、新天地に改称してネオンも増やした。アーチから道路を挟んだ手前には「桜井銀映」があった。*85

1950年(昭和25年)秋、下新川郡桜井町の三日市椚町に映画館「桜井銀映」が開館した。現在の黒部市の映画館としてはもっとも早くに開館した映画館である。夜にはネオンが華やかに輝いた。時代の波に合わせて1963年(昭和38年)頃に閉館した。*86

『黒部市の観光と産業』には「銀映」や「ひかり劇場」が掲載されている。現物は未確認。富山県立図書館や黒部市立図書館が所蔵しており、富山市立図書館は所蔵していない。*87
桜井中央映画劇場/桜井中央劇場/黒部桜井中劇
所在地 : 富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市741(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1958年5月
閉館年 : 1969年以後1970年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「桜井中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「桜井中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒部桜井中劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の日興の住宅地図では跡地に「東山電器」。跡地は「富山地方鉄道本線東三日市駅」西南西160mにある建物。映画館時代の建物が現存。最寄駅は富山地方鉄道本線東三日市駅。

1958年(昭和33年)、桜井町の三日市743に「中央劇場」が開館した。1969年(昭和44年)に閉館した。*88

黒部市の映画館としては、「桜井銀映」、「ひかり東映」、「桜井中央映画劇場」(桜井中劇)の3館があった。1957年(昭和32年)暮れには「桜井中劇」の工事に着工し、1958年(昭和33年)5月に竣工した。予算は1300万円。鉄筋コンクリート造であり、建坪は150坪だった。1階は350席、収容人員600人だった。日本初の総天然色映画である『カルメン故郷に帰る』や、『佐々木小次郎』、『女次郎長ワクワク道中』、『のど自慢三羽烏』、『白雪姫』、『月世界征服』、『若草物語』などが上映された。1951年に洋画の『バンビ』が上映された際には、黒部市内の小学生が鑑賞に出かけた。1960年(昭和35年)の黒部市の各映画館の入場者数は、桜井中劇が52,038人、桜井銀映が45,041人、ひかり東映が68,139人だった。*89

1970年4月22日付『富山新聞』には、黒部市から映画館がなくなるという記事が掲載されている。現物は未確認。*90
ひかり劇場/黒部ひかり劇場
所在地 : 富山県黒部市三島町(1955年)、富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市黒保805(1963年)、富山県黒部市三日市811(1966年・1969年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1969年
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「ひかり劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒部ひかり劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の日興の住宅地図では跡地に「地下1階いこい 食道園すし角 益美ラタン 1階パチンコ日本 ボンちやん 2階喫茶モリナガ ヒカリ画廊」。跡地はスナックなどが入る「ヒカリ会館」。最寄駅は富山地方鉄道本線電鉄黒部駅。

1954年(昭和29年)、桜井町の三日市3209に「ひかり劇場」が開館した。1969年(昭和44年)に閉館した。*91


1955年(昭和30年)の下新川郡桜井町にあった映画館「ひかり劇場」の写真あり。地鉄桜井駅前の繁華街にあり、昼も夜も映画が上映されていた。*92

1955年(昭和30年)の下新川郡桜井町にあった映画館「ひかり劇場」の写真あり。『聖衣』や『廃墟の群盗』のポスターが見える。「ひかり劇場」の文字も見える。黒部市に4館あった映画館のひとつであり、電鉄桜井駅前にあったことから人気があった。1955年(昭和30年)頃には『路傍の石』『砂漠は生きている』『自動車狂時代』、1957年(昭和32年)には『白い山脈』、1958年(昭和33年)には『わんわん物語』『百獣の王ライオン』、1959年(昭和34年)には『アルプスの少女』『皇太子殿下御成婚』などが上映された。収容人員は582人であり、年間6万8193人の観客を集めた年もあった。*93

1955年(昭和30年)頃の下新川郡桜井町にあった映画館「ひかり劇場」の写真あり。『幻の馬』『リオの情熱』『月に飛ぶ雁』のポスターが見える。電鉄黒部駅前という利便性の良さで人気があった。収容人数は582人と多く、年間入場者数が6万8000人を超えた年もあった。黒部市には最大で4館の映画館があった。1960年頃からテレビが普及すると、各地の映画館は急速に衰退していった。*94

『黒部市の観光と産業』には「銀映」や「ひかり劇場」が掲載されている。現物は未確認。富山県立図書館や黒部市立図書館が所蔵しており、富山市立図書館は所蔵していない。*95

下新川郡朝日町

桜町劇場
所在地 : 富山県下新川郡朝日町桜町1119(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「桜町劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
泊劇場
所在地 : 富山県下新川郡泊町(1950年)、富山県下新川郡泊町沼保1037(1953年・1955年)、富山県下新川郡朝日町泊416(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以前、1952年6月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年6月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「泊劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
浮世館/朝日劇場/泊朝日劇場
所在地 : 富山県下新川郡朝日町沼保1037(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1970年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「朝日劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「泊朝日劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1978年の住宅地図では跡地らしき場所に「オーアイ工業扇谷工業所」。閉館後にはストッキング工場となり、2014年時点では建物が現存。1960年代の航空写真を見ると「妙輪寺」東北東30mに巨大な建物がある。

1926年(大正15年)末、常設映画館「浮世館」が創設された。当時は無声映画だったため弁士がおり、主として松竹系の文芸大作物が上映された。戦後まもなくには朝日町の中心地に近代的設備の「泊劇場」が開館して浮世館と競合した。浮世館はやがて「朝日劇場」に、次いで「朝日東映」に改称し、やがて閉館した。撮影年不明の「朝日劇場」(浮世館)の写真あり。*96

2014年3月9日、かつて朝日町にあった映画館「朝日劇場」の見学会が開催される。朝日町は芸妓のいる宿場町として栄えた。戦前は無声映画などを、戦後は大衆映画などを上映し、1970年に閉館した。映写機も現存している。主催はあさひふるさと体験推進協議会。*97

下新川郡入善町

舟見劇場
所在地 : 富山県下新川郡舟見町舟見1500(1953年・1955年)、富山県下新川郡舟見町1599(1958年)、富山県下新川郡舟見町舟見1599(1960年)、富山県下新川郡舟見町1599(1963年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「舟見劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第二入劇/第2入劇
所在地 : 富山県下新川郡入善町入善5246(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「第二入劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「第2入劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
入善東映劇場/入善中央劇場
所在地 : 富山県下新川郡入善町(1960年)、富山県下新川郡入善町入善3022(1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「入善東映劇場」。1963年・1964年の映画館名簿では「入善中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
入善劇場
所在地 : 富山県下新川郡入善町(1950年・1953年・1955年)、富山県下新川郡入善町入善5436(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「入善劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では発見できなかった。

富山県西部:高岡地区

高岡市

高岡電気館/蓬莱座/富士館/日の出館/帝国館/帝国劇場
所在地 : 富山県高岡市小馬出町78(1955年)、富山県高岡市小馬出町(1960年)
開館年 : 1903年6月? 1914年?
閉館年 : 1962年
『全国映画館総覧 1955』によると1903年6月開館。1955年の映画館名簿では「高岡帝国劇場」。1960年の映画館名簿では「帝国劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1914年(大正3年)4月、高岡市小馬出町に市内初の常設映画館として、日活直営の「帝国館」が開館した。開館時の主任弁士は三宮基雄であり、三宮は後に「世界館」の経営者となっている。1917年(大正6年)から帝国館は株式会社組織となって地元の人が経営した。その後は映画専門館ではなく一般興行場となり、「蓬莱座」、「富士館」、「日の出館」と変遷を重ねた。昭和に入ると再び常設映画館となり、1937年(昭和12年)には新興キネマ系列となって「帝国館」に戻した。業績が低迷していた時に伊藤美直が買収し、個人経営となって息を吹き返した。*98

1937年(昭和12年)頃の高岡市にあった映画館「帝国館」の写真あり。『支那事変ニュース』『退屈男』などの看板が見える。1914年(大正3年)、小馬出町に高岡市初の活動写真常設館として開館した。後に「太陽館」に改称したが、昭和に入ると「日の出館」となり、1937年に「帝国館」に戻した。*99

1914年(大正3年)に「高岡電気館」が開館。その後「蓬莱座」、「富士館」、「日の出館」に改称した。1937年(昭和12年)には「帝国館」に改称し、その後「帝国劇場」に改称した。1962年(昭和37年)に閉館した。*100

1914年(大正3年)には高岡初の常設映画専門館として「高岡電気館」が開館した。日活の直営館だった。「蓬莱座」や「富士館」などという名称を経て、昭和初期には洋画専門館の「日の出館」となった。1937年(昭和12年)には新興キネマ系列の「帝国館」となった。そして「帝国劇場」に改称し、戦後の1962年(昭和37年)に閉館した。*101
伏木劇場/伏木映画劇場
所在地 : 富山県高岡市伏木町新町41(1955年)、富山県高岡市伏木新町(1960年)
開館年 : 1933年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1933年8月開館。1955年の映画館名簿では「伏木劇場」。1960年の映画館名簿では「伏木映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では跡地に「島一石油」。跡地は「氷見伏木信用金庫氷見支店」南側の空き地。
中田劇場
所在地 : 富山県東礪波郡中田町中田5240(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中田劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
福岡劇場/福岡日映
所在地 : 富山県西礪波郡福岡町(1958年)、富山県西礪波郡福岡町駅前(1960年)、富山県西礪波郡福岡町下蓑78(1963年)、富山県西礪波郡福岡町下蓑78-1(1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「福岡劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「福岡日映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
戸出劇場/戸出映画劇場/戸出中央劇場/戸出銀映
所在地 : 富山県西礪波郡戸出町426(1953年)、富山県西礪波郡戸出町(1955年)、富山県西礪波郡戸出町246(1958年)、富山県西礪波郡戸出町424(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「戸出劇場」。1958年の映画館名簿では「戸出映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「戸出中央劇場」。1964年の映画館名簿では「戸出銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東洋劇場/伏木東洋映画劇場
所在地 : 富山県高岡市伏木新町(1960年)、富山県高岡市伏木新島33(1963年)、富山県高岡市伏木新島331(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「伏木東洋映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東洋劇場」。1966年の映画館名簿では「伏木東洋映画劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では跡地に「伏木東宝劇場」(東洋ではなく東宝)。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA高岡伏木支店」南のアパート「レオパレスふしき」。
東亜劇場/世界館/高岡大映世界館
所在地 : 富山県高岡市堀上町41(1953年・1955年・1958年・1960年)、富山県高岡市堀上町41(1963年・1966年)
開館年 : 1932年4月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1932年4月開館。1953年の映画館名簿では「世界館」。1955年・1958年の映画館名簿では「東亜劇場」。1960年の映画館名簿では「世界館」。1963年・1966年の映画館名簿では「高岡大映世界館」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「世界館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の高岡市住宅明細図では跡地に「レストラン英国屋 世界場」。1975年の住宅地図では跡地に「アキ家」。跡地は「高の宮医院」南の民家。最寄駅は万葉線末広町電停。

明治末期には堀上町の関野神社前に劇場「関野座」が開館した。1914年(大正3年)には帝国キネマと特約して映画館に改装し、「八千代電気館」と名乗って「帝国館」と競った。1917年(大正6年)には松竹系の新設会社の手に渡り、「世界館」に改称した。1919年(大正8年)には高岡演芸株式会社となって設備を拡張した。1924年(大正13年)には火災で全焼したが、直ちに再建された。1940年(昭和15年)には三宮基雄の個人経営となった。収容力では富山市の「帝国館」に次いで富山県第2位だった。*102

1961年(昭和36年)頃の高岡市の高ノ宮通(現・末広町)の街並みの写真あり。関野神社の近くにあった映画館「大映世界館」の横断幕がかかっており、1961年公開の映画『沓掛時次郎』の文字が見える。奥には高岡大和デパートが見える。*103
板橋座/朝日座/歌舞伎座/高岡中央劇場
所在地 : 富山県高岡市下川原町(1960年)、富山県高岡市下川原町166(1963年・1966年)、富山県高岡市川原町166(1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1882年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡中央劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「高岡中央劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「高岡中央劇場」。1973年の日興の住宅地図では「中央劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。晩年はストリップ劇場だった。跡地は「木谷酒店」南側の駐車場。最寄駅は万葉線片原町電停。

大正時代の芝居小屋「板橋座」の写真あり。1882年(明治15年)頃に下川原町に開館し、政談演説会・歌舞伎公演・新派演劇・浪花節などにも利用された。1919年(大正8年)に活動写真常設館「朝日座」となり、1934年(昭和9年)に「歌舞伎座」に改称、1954年に「中央劇場」に改称した。*104
高岡セントラル劇場/高岡大和劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町1023(1953年・1955年)、富山県高岡市末広町(1960年)、富山県高岡市末広町1023(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町1-23(1973年・1976年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1977年3月6日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年7月開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡大和劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「大和劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「大和劇場」。1973年の日興の住宅地図では「大和劇場」。1975年の住宅地図では「大和劇場」。1978年以後1980年以前に高岡日劇会館に移転。跡地は「NPC24H高岡駅前パーキング」南西部の路面部分。最寄駅はJR西日本・あいの風とやま鉄道高岡駅。

1962年(昭和37年)の高岡市の高岡駅前にあった「大和劇場」の写真あり。「駅前の王様! 大和劇場 いつも面白い豪華大作揃い」の文字が見える。『妖星ゴラス』の看板が見える。戦後の桜馬場通りには、いち早くアメリカ映画専門館「高岡セントラル劇場」が開館した。昭和30年代には東宝の封切館「大和劇場」となった。この頃の高岡市には、高岡市街地に7館、伏木に2館の映画館があった。*105

1977年3月2日付『富山新聞』には「高岡大和劇場 6日で閉館」という記事が掲載されている。現物は未確認。*106
日本劇場/高岡日本劇場
所在地 : 富山県高岡市御旅屋町92(1955年)、富山県高岡市御旅屋町(1960年)、富山県高岡市御旅屋町92(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1934年、1943年5月
閉館年 : 1973年
『全国映画館総覧 1955』によると1943年5月開館。1955年の映画館名簿では「高岡日本劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「高岡日本劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡日本劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「高岡日本劇場」。1973年の日興の住宅地図では「1階パチンコチャンピオン 2階高岡日本劇場」。1973年に高岡日劇会館を建設してビル化。1975年の住宅地図では「高岡日本劇場」。最寄駅は万葉線末広町電停。

1922年(大正11年)、下川原町の七五三湯を改装した寄席「有楽亭」が開館した。その後、四津谷貞次郎が株式会社を設立して有楽亭を買収し、日活と特約して「有楽キネマ」とした。昭和初期には伊藤美直が有楽キネマを買収し、「日本館」に改称した。大地主の息子である伊藤は日本館の業績をめきめき上げた。1932年(昭和7年)に全焼したがすぐに再建した。さらに伊藤は「帝国館」を買収し、1942年(昭和17年)に御旅屋町の目抜き通りに進出した。*107
文化劇場/高岡東映文化劇場/高岡文化劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町964(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町2-5(1973年)、富山県高岡市末広町2-19(1980年・1985年)
開館年 : 1940年12月
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年10月開館。1955年の映画館名簿では「高岡文化劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「文化劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「高岡文化劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「高岡東映文化劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「高岡文化劇場」。1973年の日興の住宅地図では「文化劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「高岡文化劇場」。1975年の住宅地図では「高岡文化劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ウイング・ウイング高岡」建物中央東側。最寄駅はJR西日本・あいの風とやま鉄道高岡駅。

高岡市の映画館「東宝高岡劇場」の裏手には高岡新聞社があった。1940年(昭和15年)には地方新聞の統合で高岡新聞社が解散したため、建物を改装して「文化ニュース映画劇場」が開館し、12月から営業を開始した。文化ニュース映画劇場は東宝高岡劇場の姉妹館であり、社長は同じく桜井宗一郎である。各社のニュース映画と短編文化映画のみをごく安価で上映した。*108

1940年(昭和15年)、「高岡劇場」の裏手に隣接して「文化ニュース映画劇場」(のち「文化劇場」)が開館した。文化ニュース映画劇場は高岡劇場の姉妹館であり、社長も同じ桜井宗一郎だった。1988年(昭和63年)には両館とも閉館した。*109
高岡劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町964(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町2-15(1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1937年12月15日
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年10月開館。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「高岡劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「高岡劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「高岡劇場」。1973年の日興の住宅地図では「高岡劇場 喫茶高劇」。1975年の住宅地図では「高岡劇場 喫茶高劇 貸ガレージ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ウイング・ウイング高岡」建物中央東側。最寄駅はJR西日本・あいの風とやま鉄道高岡駅。

1937年(昭和12年)、国鉄高岡駅前の高岡市末広町に「高岡映画劇場」が設立された。初代社長は桜井宗一郎。当初から東宝作品を上映していたが、やがて東宝の直営となって「東宝高岡劇場」に改称した。*110

1938年(昭和13年)の高岡市にあった映画館「高岡劇場」の写真あり。『藤十郎の恋』のポスターが見える。「場劇岡高」の文字が見える。1937年(昭和12年)に国鉄高岡駅前に開館した。長谷川一夫・入江たか子主演の『藤十郎の恋』には大勢の観客が詰めかけた。*111

新聞記事では1937年(昭和12年)12月15日に「高岡劇場」が開館することを報じている。1940年(昭和15年)、高岡劇場の裏手に隣接して「文化ニュース映画劇場」(のち「文化劇場」)が開館した。文化ニュース映画劇場は高岡劇場の姉妹館であり、社長も同じ桜井宗一郎だった。1988年(昭和63年)には両館とも閉館した。*112
高岡日劇会館
所在地 : 富山県高岡市御旅屋町92(1980年・1985年・1990年)、富山県高岡市御旅屋町92 FISTA御旅屋(閉館時)
開館年 : 1973年
閉館年 : 1991年8月31日
前身は日本劇場。1973年に高岡日劇会館を建設してビル化。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「高岡大和劇場・高岡日本劇場・高岡ロキシー」(3館)。1988年のゼンリン住宅地図では「日劇会館 地下高岡大和劇場 1階ロキシー劇場 2階日劇 3階映写室 4階高岡土地興業 5階伊藤俊夫」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。「FISTA御旅屋」は現存。最寄駅は万葉線末広町電停。

1991年(平成3年)8月いっぱいで、高岡市で映画館4館を経営している高岡土地興業は4館とも閉館させる。閉館するのは御旅屋町の「高岡大和・日劇・ロキシー」(高岡日劇会館)、片原町の「第一劇場」の4館。これによって高岡市の中心市街地から映画館がなくなる。1934年(昭和9年)には御旅屋町の現在地に「日劇」が開館し、1956年(昭和31年)には松竹の封切館となった。1973年(昭和48年)には現在の日劇会館ビルが完成し、国鉄高岡駅前にあった「大和劇場」を併設、その後「ロキシー」を新設した。高岡土地興業は片原町の「第一劇場」を加えた4館を有していた。ここ数年の観客数は最盛期の1割にも満たず、さらに今年上半期は前年比6割減という極端な落ち込みようだった。テレビやビデオの普及に加えて、高岡市にケーブルテレビが登場するなどメディアが多様化したことで、観客数は戻らないという判断に至った。1988年(昭和63年)には高岡駅前の「高岡劇場」も閉館しており、高岡市の一般映画館は郊外の米島の3館のみとなる。北陸3県の県庁所在地以外の都市で、最盛期に7か所もの映画館があったのは高岡市だけである。*113
高岡第一東映劇場/高岡第一劇場
所在地 : 富山県高岡市片原町1140(1963年)、富山県高岡市片原町1440(1966年・1969年・1973年・1990年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1991年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1955年の映画館名簿では「高岡第一劇場」。1960年の映画館名簿では「高岡第一東映劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1990年の映画館名簿では「高岡第一劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「高岡劇場」。1970年の高岡市住宅明細図では「高岡第一劇場」。1973年の日興の住宅地図では「高岡第一劇場」。1975年の住宅地図では「高岡第一劇場」。1988年のゼンリン住宅地図では「高岡第一劇場」。跡地は「第一劇場パーキング」。最寄駅は万葉線片原町電停。
東洋劇場
所在地 : 富山県高岡市本丸町13-19(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1995年9月
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「東洋劇場」。1988年のゼンリンの住宅地図では「東洋ビル 2階東洋劇場」。「東洋ビル」は現存。最寄駅は万葉線広小路電停。

1995年9月13日付『北日本新聞』には「高岡の東洋劇場が閉館 ビデオ普及で客減少」という記事が掲載されている。現物は未確認。*114
米島シネマ/高岡シネマ・高岡ピカデリー/高岡シネマ・高岡ピカデリー1・2・3/高岡ピカデリー1・2・3・4
所在地 : 富山県高岡市米島表向460-1(1980年・1985年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1980年
閉館年 : 2006年1月15日
1980年の映画館名簿では「米島シネマ」。1985年の映画館名簿では「高岡シネマ・高岡ピカデリー」(2館)。1988年のゼンリンの住宅地図では「米島シネマ」「高岡ピカデリー1」「高岡ピカデリー2」。1990年の映画館名簿では「高岡シネマ・高岡ピカデリー1・2・3」(4館)。2000年・2005年の映画館名簿では「高岡ピカデリー1・2・3・4」(4館)。富山県における郊外型複合映画館の先駆けだった。跡地はスーパー「アルビス米島店」駐車場。最寄駅は万葉線米島口電停。

1989年(平成元年)8月、高岡市米島に映画館「ピカデリー3」が開館する。現在の米島には「ピカデリー1・2」を有する東洋ローズ、単独館の「高岡シネマ」があるが、ピカデリー2の裏側の倉庫や機械室を拡張して映画館とする。座席数は128席であり、座席幅は52センチ、座席間隔は95センチとゆったり。スクリーンは4.5メートル×9メートルの大型。上映作品は洋画を中心とし、『ツインズ』と『メイフィールドの怪人たち』がオープニング作品となる。経営は高岡市で4館を経営する東洋商事。*115

2006年1月14日付『北日本新聞』には「高岡ピカデリーあす閉館 郊外型先駆け・名作上映で定評 シネコンと競合」という記事が掲載されている。現物は未確認。*116
ワーナー・マイカル・シネマズ高岡
所在地 : 富山県高岡市駅南2-1-1 高岡サティ(2005年)
開館年 : 1993年10月23日
閉館年 : 2009年1月12日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡1-6」(6館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。6スクリーン計1155席のシネコン。海老名・東岸和田に次いで国内3館目のワーナー・マイカル・シネマズ。最寄駅はJR西日本・あいの風とやま鉄道高岡駅。

1993年10月27日付『富山新聞』には、ワーナー・マイカル・シネマズ高岡が開館したという記事が掲載されている。現物は未確認。*117

2009年(平成21年)1月12日をもって、高岡市の映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡」が閉館する。入居する高岡サティが同日に閉館するため。1993年(平成5年)10月、高岡サティの開店とともに開館した。富山県初のシネコンである。6スクリーン計1055席を有している。*118
高岡TOHOプレックス/TOHOシネマズ高岡
所在地 : 富山県高岡市下伏間江383 イオンモール高岡2階
開館年 : 2002年9月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年9月に高岡TOHOプレックスとして開館。2005年の映画館名簿では「高岡TOHOプレックス1-8」(8館)。2009年5月にTOHOシネマズ高岡に改称。2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ高岡1-8」(8館)。8スクリーン計1753席のシネコン。最寄駅は北陸新幹線・JR城端線新高岡駅。

射水市

小杉劇場/小杉中央劇場
所在地 : 富山県射水郡小杉町(1950年)、富山県射水郡小杉町三ヶ3275(1953年)、富山県射水郡小杉町3275(1955年)、富山県射水郡小杉町(1960年)、富山県射水郡小杉町三ヶ3275(1963年・1964年)
開館年 : 1948年12月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年12月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「小杉劇場」。1964年の映画館名簿では「小杉中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大門劇場/越中大門劇場
所在地 : 富山県射水郡大門町大門61(1953年)、富山県射水郡大門町(1955年・1960年)、富山県射水郡大門町56(1963年)、富山県射水郡大門町168-1(1966年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大門劇場」。1966年の映画館名簿では「越中大門劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では跡地に「大門劇場跡」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート射水大門店」南東。
北陸劇場/新湊北陸劇場
所在地 : 富山県新湊市三日曽根1-3(1953年・1955年)、富山県新湊市三日曽根(1960年)、富山県新湊市三日曽根1-3(1963年・1966年)
開館年 : 1949年9月? 1951年5月?
閉館年 : 1961年? 1966年以後1969年以前?
『全国映画館総覧 1955』によると1949年9月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「北陸劇場」。1966年の映画館名簿では「新湊北陸劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「北陸劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はショッピングセンター「カモン新港」東の駐車場。最寄駅は万葉線新町口電停。

1951年(昭和26年)5月、新湊の本町3丁目6-21に「北陸劇場」が開館した。500席。1961年(昭和36年)に閉館した。*119
新湊座/新湊劇場/新湊東映劇場
所在地 : 富山県新湊市四日曽根47(1953年・1955年)、富山県新湊市四日曽根(1960年)、富山県新湊市四日曽根47(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1914年3月
閉館年 : 1968年10月
『全国映画館総覧 1955』によると1914年3月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「新湊劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「新湊劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「新湊東映劇場」。1971年の新湊市住宅明細図では「新劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「四日曽根諏訪社」北東で「四日曽根公民館」北側の駐車場。最寄駅は万葉線新町口電停。

大正初期、新湊に「新湊座」が開館した。750席。場所は四日曽根78。演劇と映画の併用館だった。後に「新湊劇場」に改称し、1968年(昭和43年)10月に閉館した。*120
日吉館/新湊日吉館
所在地 : 富山県射水郡新湊町(1930年)、富山県新湊市立町1310(1953年)、富山県新湊市放出津1310(1955年)、富山県新湊市放出津(1960年)、富山県新湊市放出津1310(1963年・1966年・1969年)、富山県新湊市立町12-31(1973年)
開館年 : 1923年4月
閉館年 : 1971年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1923年3月開館。1930年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉館」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「劇場日吉館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「新湊日吉館」。1971年の新湊市住宅明細図では「劇場日吉館」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日吉神社」境内北西で「立町公園」北東の民家。最寄駅は万葉線新町口電停。

1923年(大正12年)3月、新湊に「日吉館」が開館した。292席。場所は放出津1310。1971年(昭和46年)2月に閉館した。*121

1898年(明治31年)には富山市の「可愛座」において、富山県で初めて活動写真が上映された。1916年(大正5年)には「新湊座」において、当地域で初めて活動写真が上映された。大正天皇の御大典の映像であり、各小学校の児童が観賞した。1923年(大正12年)4月、立町の日吉神社の前に活動写真常設館「日吉座」が開館した。発起人は中瀬理太郎ら10人。戦前の新湊においては、「新湊劇場」、中伏木の「木町座」も映画を上映した。戦後には三日曽根に「北陸劇場」が開館した。*122

氷見市

氷見劇場
所在地 : 富山県氷見市入船町(1955年)、富山県氷見市入船町1746(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「氷見劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。

氷見市には朝日劇場と日本劇場のほかに、入船町(現・丸の内)に芝居興行を中心とする演劇場の「演舞館」があり、演舞館は1953年(昭和28年)12月に映画上映館となって「氷見劇場」に改称した。*123*124
日本劇場
所在地 : 富山県氷見市本川町(1953年)、富山県氷見市本川91-9(1955年)、富山県氷見市本川91(1958年)、富山県氷見市本川町91-1(1960年・1963年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1963年7月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では跡地に「氷見スーパーマーケット」。1979年の日興の住宅地図では跡地に「やませ家具店」。跡地は「アミューズやまとビル」。最寄駅はJR氷見線氷見駅。

昭和30年代頃の氷見市の復興橋南詰から西方を見た写真あり。「日劇」の文字が見える。氷見市の田町(現・朝日本町)から小路を挟んだ本川町(現・丸の内)には「日本劇場」があった。1953年(昭和28年)に「中央館」(後の「朝日劇場」)が開館すると、同年7月に姉妹館として日本劇場が開館した。朝日劇場と日本劇場のほかには、入船町(現・丸の内)に芝居興行を中心とする演劇場の「演舞館」があり、演舞館は1953年(昭和28年)12月に「氷見劇場」に改称した。日劇と呼ばれた日本劇場は氷見市に3館あった映画館のひとつだった。2001年(平成13年)11月25日の同一地点の写真あり。日本劇場の跡地には「アミューズやまとビル」が建っている。まずは1963年(昭和38年)7月、日本劇場を改装して氷見スーパーマーケットが開店した。その後家具店となり、1989年(平成元年)頃に飲食店が入居するアミューズやまとビルが建てられた。*125*126
永芳間/電気館/中央館/朝日映画劇場/氷見朝日映画劇場/氷見朝日劇場
所在地 : 富山県氷見市南中2(1953年・1955年・1960年・1963年)、富山県氷見市南中町2(1966年・1969年)
開館年 : 1918年または1921年、1933年6月、1953年(中央館)、1958年6月(朝日劇場)
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1933年6月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「中央館」。1960年の映画館名簿では「朝日映画劇場」。1963年の映画館名簿では「氷見朝日映画劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「朝日劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「氷見朝日劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の日興の住宅地図では跡地に「アキヤ」。跡地は「本川藤由商店」南の「やまとビル」。最寄駅はJR氷見線氷見駅。

1918年(大正7年)または1921年(大正10年)、氷見に「永芳座」が開館した。800席。南中の中橋詰にあった。松竹系の映画館だった。昭和には「電気館」に改称したが、1938年(昭和13年)9月の氷見大火で焼失した。向島にバラックを建てて営業を続けると、ほどなく南中に本建築を建てて「中央館」とした。昭和30年代?に閉館した。*127

氷見市の南中町には「中央館」があった。当初は「永芳座」という名称であり、「電気館」、「中央館」と改称した。「中央館」は1958年(昭和33年)6月に「朝日劇場」に改称した。2003年(平成15年)現在の朝日劇場跡地には、飲食店が入居する「やまとビル」が建っている。*128*129
氷見キネマ
所在地 : 富山県氷見市伊勢大町2-15-10
開館年 : 2013年4月28日
閉館年 : 2015年9月
跡地は「JR氷見線氷見駅」ロータリー南にある「とまとcafe」がある建物。建物は現存する。最寄駅はJR氷見線氷見駅。1スクリーン。座席数は約20席。状況次第で35人程度まで収容可能とのこと。

ミニシアターは、フィルムコミッション「氷見市映画支援会」(HFC)の役員が、JR氷見線氷見駅前のビルの4階の空き室を改装し、ミニシアター「氷見キネマ」を整備する。縦3メートル×横4メートルのスクリーンを設置し、約20の座席を設ける。整備費は約1000万円。第1回氷見絆国際映画祭の期間中には、氷見市内に活動拠点を構えた市川徹監督の作品を上映する。氷見絆国際映画祭の終了後は、地域映画の上映会を行ったり、イベントやパーティーなどを行う。*130

2013年4月28日、JR氷見線氷見駅前にミニ映画館&多目的スペース「氷見キネマ」が開館した。にぎわい創出や交流拠点を目指す。*131

2013年4月28日、氷見市伊勢大町のビル内(JR氷見駅前)にミニシアター「氷見キネマ」が開館した。20席。氷見市在住の映画監督である市川徹が携わり、氷見市が舞台となった『万年筆』、『Happyメディアな人々。』など4本を1か月ほど上映。その後の予定は未定。長年使用されていなかったビルの4階を、氷見市議の小清水勝則の会社が取得して整備を進めていた。*132

2013年4月には氷見市伊勢大町のJR氷見駅前に映画館「氷見キネマ」が開館した。氷見市では約40年ぶりの映画館である。経営者の大窪順子(39)は高岡市に生まれ、金沢女子短期大学を卒業後、オーストラリアやニュージーランドのスキー場・ホテル・牧場などで働いた。2010年には氷見商工会議所の臨時職員で商店街振興を担当し、映画『ほしのふるまち』のロケ地マップ作製や、藤子不二夫の漫画キャラクターを生かした商品事業などを手掛けた。*133

2013年7月28日から氷見市の映画館「氷見キネマ」では『台湾カフェ・ストーリー』を上映するが、7月28日にはコーヒーカップの絵付け体験講座を開催する。高岡市在住の絵付け作家である佐野加永子が指導する。*134

富山県西部:砺波地区

砺波市

出町映画劇場
所在地 : 富山県砺波市中神1250(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1945年12月28日
閉館年 : 1958年
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「出町映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1945年(昭和20年)12月28日、東礪波郡出町の本町8-1に「出町映画劇場」が開館した。1958年(昭和33年)に「砺波映画劇場」と合併した。*135
金屋劇場
所在地 : 富山県東礪波郡庄川町金屋2063(1963年)
開館年 : 1948年9月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年9月開館。1960年・1963年の映画館名簿では「金屋劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
となみ映画劇場/となみ劇場
所在地 : 富山県砺波市出町256-2(1960年・1963年)、富山県砺波市表町3-14(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1957年10月10日、1975年
閉館年 : 1988年3月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「となみ映画劇場」。1966年の高岡市(呉西版)住宅地図では「となみ劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「となみ劇場」。1978年の日興の住宅地図では「砺波劇場」。1985年の小矢部市・砺波市・福岡町住宅明細図では「1階ひまわりチェーン砺波店 2階となみ劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「南町天満宮」北側の「株式会社あい・あいタクシー 砺波営業所」。最寄駅はJR城端線砺波駅。

1987年11月3日付『北日本新聞』には「銀幕の灯今月限り 『となみ劇場』閉館へ」という記事が掲載されている。現物は未確認。*136

1957年(昭和32年)10月10日、砺波市表町3-14に「砺波映画劇場」が開館した。1958年(昭和33年)には「出町映画劇場」を合併している。1988年(昭和63年)3月に閉館した。*137

砺波市の出町地区には、西町(2002年現在の本町)の「でまち劇場」と南町(2002年現在の表町)の「となみ劇場」という2館の映画館があった。となみ劇場は1975年(昭和50年)に新装開館した。新装開館当時の写真あり。「となみ劇場」「日本ヘラルド映画」と書かれた看板が見える。実質的には縮小であり、正面にテナントが入って映画館入口が脇に追いやられた。閉館後の建物はカラオケ店やゲームセンターとして使用された後、商工会議所の空店舗対策施設である砺波にぎわいプラザとなった。2002年(昭和14年)現在も砺波にぎわいプラザとして使用されている。*138

小矢部市

石動第一劇場
所在地 : 富山県西礪波郡石動町福町(1953年・1955年)
開館年 : 1950年?、1952年8月?
閉館年 : 1957年
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「石動第一劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年(昭和25年)、西礪波郡石動町福町2659(1991年現在の東福町5-8)に「石動第一劇場」が開館した。経営者は山沢永行。1957年(昭和32年)に閉館した。*139
小矢部座
所在地 : 富山県西礪波郡津沢町清水2958(1953年)、富山県西礪波郡砺中町清水2958(1955年)
開館年 : 1927年?、1929年8月?
閉館年 : 1958年
『全国映画館総覧 1955』によると1929年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「銀映」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1927年(昭和2年)、西礪波郡石動町小清水の川の底に「小矢部座」が開館した。経営者は沼田太信。1958年(昭和33年)に閉館した。*140
銀映/石動銀映/石動東映劇場
所在地 : 富山県西礪波郡石動町駅前767(1960年)、富山県西礪波郡石動町駅前(1963年)、富山県小矢部市上野本766(1966年・1969年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1972年
1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「銀映」。1963年の映画館名簿では「石動銀映」。1966年・1969年の映画館名簿では「石動東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年(昭和26年)、西礪波郡石動町4-29に「銀映劇場」が開館した。経営は石動興業有限会社であり、代表役員は浅野保。1972年(昭和47年)に閉館した。*141
砺中劇場/砺中東映劇場
所在地 : 富山県西礪波郡砺中町津沢346(1960年)、富山県小矢部市砺中町津沢(1963年)、富山県小矢部市津沢町2958(1966年・1969年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1960年? 1969年以後1973年以前?
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「砺中劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が沼田重敬、支配人が沼田重稔、木造、300席、邦画を上映。1966年・1969年の映画館名簿に掲載されている「砺中東映劇場」との関係は不明。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1947年(昭和22年)、西礪波郡津沢町清沢344に「津沢劇場」が開館した。経営者は沼田太信。1960年(昭和35年)に閉館した。*142
末広座/石動劇場
所在地 : 富山県西礪波郡石動町今石動2247(1953年・1955年・1960年)、富山県小矢部市石動町今石動(1963年)、富山県小矢部市観音町3-1(1980年)
開館年 : 1902年頃(末広座)、1912年11月21日(石動劇場)、1948年3月
閉館年 : 1983年11月3日
『全国映画館総覧 1955』によると1948年3月開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「石動劇場」。1978年の日興の住宅地図では「石動劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「薄氷本舗五郎丸屋」西側。

1983年11月2日付『北日本新聞』には「映画を上映し続けて半世紀 石動劇場あす閉館」という記事が掲載されている。現物は未確認。*143

1902年(明治35年)頃、西礪波郡石動町の観音町3-1に「末広座」が開館した。1912年(大正元年)11月21日に経営者が杉沢兵蔵に交代して「石動劇場」に改称した。ただし一般には旧称の「末広座」で通っていたという。1983年(昭和58年)11月に閉館した。*144

南砺市

つくばね映画劇場
所在地 : 富山県東礪波郡城端町西上野410(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「つくばね映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
福野映画劇場
所在地 : 富山県東礪波郡福野町(1950年)、富山県東礪波郡福野町1268(1953年・1955年・1958年)、富山県東礪波郡福野町1481(1960年)、富山県東礪波郡福野町1268(1963年・1964年)
開館年 : 1950年以前、1952年12月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「福野映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
城端劇場
所在地 : 富山県東礪波郡城端町260(1953年・1955年)、富山県東礪波郡城端町324(1960年)、富山県東礪波郡城端町西新田260(1963年)、富山県東礪波郡城端町西新町(1966年)
開館年 : 1949年12月? 1951年?
閉館年 : 1965年
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「城端劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和20-30年代の東礪波郡城端町にあった映画館「城端東映」の写真あり。「城端東映」の文字が見える。右端には料理旅館の吾妻楼の塀が見える。段丘崖の下側の西新田町には戦前から戦後にかけて、「吾妻座」という芝居小屋があった。吾妻座は1947年(昭和22年)に焼失したが、1951年(昭和26年)には跡地に「城端劇場」が開館した。昭和20年代末に映画館となり、1965年(昭和40年)まで営業を続けた。*145
井波劇場
所在地 : 富山県東礪波郡井波町山見955(1969年・1973年)
開館年 : 1937年5月19日
閉館年 : 1976年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「井波劇場」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「井波郵便局」。

1936年(昭和11年)4月には井波の芝居小屋「八乙女座」が焼失した。1937年(昭和12年)、2000年(平成12年)現在の郵便局の場所に東京歌舞伎座を模した「井波劇場」が建てられ、5月19日・5月20日にこけら落とし公演として日本舞踊が披露された。重厚な緞帳には城端出身の日本画家である谷聴泉の刺繍絵が施されていた。舞台の左側には花道があった。1938年(昭和13年)4月3日、井波管弦楽団の発足記念演奏会が開催された。1942年(昭和17年)6月8日には軍人家族向けの慰安会が開催され、井波劇場は2000人以上の観客で超満員となった。*146
寿座/福光東映寿座
所在地 : 富山県西礪波郡福光町6607(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県西礪波郡福光町東町(1966年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿座」。1966年の映画館名簿では「福光東映寿座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
福光劇場
所在地 : 富山県西礪波郡福光町5556(1958年)、富山県西礪波郡福光町5503(1960年)、富山県西礪波郡福光町荒木(1963年)、富山県西礪波郡福光町荒木5556(1966年・1969年・1973年)、富山県西礪波郡福光町荒木5556-1(1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「福光劇場」。1973年の日興の住宅地図では「福光劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「焼肉おばちゃん」(※1973年時点では福光劇場の南隣におばちゃんがある)。
福野中央劇場
所在地 : 富山県東礪波郡福野町西上1481(1963年)、富山県東礪波郡福野町1608(1966年)、富山県東礪波郡福野町南町670(1990年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1991年
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1990年の映画館名簿では「福野中央劇場」。1973年の日興の住宅地図では「福野中央劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「砺波信用金庫福野駅前支店」。

このページへのコメント

富山中央劇場と富山スカラ座は別の映画館と思われます。
中央劇場は西町6にあり、閉館後は1階のパチンコ店のみとなり、その後チューゲキパーキングという立体駐車場に建て変わりました。運営していたのは現「チューゲキ株式会社」という企業です。
スカラ座はアーケード街である中央通りにあり、こちらも1階がパチンコ店でしたが、取り壊しのうえ、東急のフランチャイズでTOYAMA109という商業施設になりました。その中で営業していたのがニュースカラ座です。

0
Posted by FLY 2020年05月31日(日) 20:26:22 返信数(2) 返信

コメントありがとうございます!
住宅地図などで確認の上で修正します。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年06月09日(火) 00:04:18

住宅地図を確認したところ、スカラ座という映画館は時代によって2か所に登場します。
1986年以前のスカラ座は西町6に、1986年以後のスカラ座は中央通1-6-12にあったようです。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年08月04日(火) 03:27:13

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます