閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



富山県東部:富山地区

富山市

富山映画劇場
所在地 : 富山県富山市二番町
開館年 : 1935年
閉館年 : 1939年?

大正時代から昭和初期にかけて、富山市の映画館は総曲輪の帝国館(日活)、中町の松竹館(松竹)、袋町の東洋館(新興キネマ・大都映画)の3館鼎立時代だった。1935年(昭和10年)には二番町に「富山映画劇場」が開館した。1939年(昭和14年)4月、富山映画劇場・帝国館・東洋館の3館が合併し、富山合同興行株式会社が設立された。1936年の富山映画劇場の写真あり。*1
八尾中央劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町福島365(1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町福島365(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「八尾中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
速星劇場
所在地 : 富山県婦負郡婦中町(1950年)、富山県婦負郡婦中町速星(1953年・1955年)、富山県婦負郡婦中町(1960年)、富山県婦負郡婦中町速星628(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「速星劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
笹津劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町笹津685(1953年・1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町笹津685(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「上滝劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
上滝劇場
所在地 : 富山県上新川郡上滝町(1953年・1955年・1960年)、富山県上新川郡大山町(1960年)、富山県上新川郡大山町上滝六間町(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「上滝劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿東映/富山新宿東映劇場
所在地 : 富山県富山市稲荷町(1960年)、富山県富山市稲荷町2新宿街(1963年)、富山県富山市稲荷2(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年
1960年・1963年の映画館名簿では「新宿東映」。1966年の映画館名簿では「富山新宿東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1966年2月24日付『富山新聞』には、新宿東映が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*2
八木山劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町八木山172(1953年)、富山県上新川郡大沢野町八木山(1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町八木山62(1963年)、富山県上新川郡大沢野町62(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「八木山劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
水橋劇場/水橋映画劇場
所在地 : 富山県中新川郡水橋町砂町4351(1953年)、富山県中新川郡水橋町(1955年・1960年)、富山県中新川郡水橋町西天神町(1963年)、富山県中新川郡水橋町天神町(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「水橋劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「水橋映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
富山座/とやま座
所在地 : 富山県富山市石倉町10(1953年・1955年)、富山県富山市石倉町(1960年)、富山県富山市石倉町10(1963年)、富山県富山市石倉町一番23(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「富山座」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「とやま座」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山座 北映興業KK」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「雪見荘」東側の2005年竣工のマンション「アクシルコート石倉」。
歌舞伎座/岩瀬東映/岩瀬東映歌舞伎座
所在地 : 富山県富山市東岩瀬村104(1955年)、富山県富山市東岩瀬町(1960年)、富山県富山市東岩瀬町104(1963年)、富山県富山市東岩瀬104(1969年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1955年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1960年・1963年の映画館名簿では「岩瀬東映」。1968年のゼンリン住宅地図では「岩瀬東映」。1969年の映画館名簿では「岩瀬東映歌舞伎座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「白山神社」西南西130mにある駐車場。最寄駅は富山ライトレール富山港線競輪場前駅。
東部劇場/東都劇場/富山東部劇場
所在地 : 富山県富山市石金(1960年)、富山県富山市石金27(1963年)、富山県富山市石金町27(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「東部劇場」。1963年の映画館名簿では「東都劇場」。1969年の映画館名簿では「富山東部劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「東部劇場」。跡地は2002年竣工のマンション「ピースフル」駐車場。
富山小劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪通(1960年)、富山県富山市総曲輪通104(1963年)、富山県富山市総曲輪通3-4-5(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年・1963年・1969年の映画館名簿では「富山小劇場」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「小劇」。1968年のゼンリン住宅地図では「小劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物中央北側。
大衆館/富山大衆館/富山大映/富山大映劇場
所在地 : 富山県富山市荒町18(1955年)、富山県富山市荒町(1960年)、富山県富山市荒町18(1963年)、富山県富山市荒町1-17(1969年)
開館年 : 1952年9月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月開館。1955年の映画館名簿では「大衆館」。1960年の映画館名簿では「富山大衆館」。1963年の映画館名簿では「富山大映」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山大映」。1969年の映画館名簿では「富山大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東大進学会富山本部」が入る「本藤ビル」。
ソーガワ文化劇場
所在地 : 富山県富山市西町2-15(1966年・1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「ソーガワ文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル富山
所在地 : 富山県富山市一番町2-10(1969年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「テアトル富山」。1969年の映画館名簿では「テアトル富山」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大和富山店」建物南東部。
中央映画劇場/富山日活/富山日活劇場
所在地 : 富山県富山市二番町22(1955年)、富山県富山市二番町(1960年)、富山県富山市二番町22(1963年)、富山県富山市西町6(1969年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1955年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「富山日活」。1968年のゼンリン住宅地図では「日活会館」。1969年の映画館名簿では「富山日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「TOYAMAキラリ」西側の「近藤ビル」。
八ツ尾劇場/八尾劇場/越中八尾劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1953年・1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年の映画館名簿では「八ツ尾劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「八尾劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「越中八尾劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では八尾町鏡町2954に「アキチ」。
大劇/富山グランド劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪104(1955年)、富山県富山市総曲輪(1960年)、富山県富山市総曲輪104(1963年)、富山県富山市総曲輪通3-4-24(1966年・1969年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1955年・1960年の映画館名簿では「大劇」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「大劇」。1963年・1969年の映画館名簿では「富山グランド劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「グランド劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物西側。
帝国館/富山帝国館
所在地 : 富山県富山市総曲輪98(1955年)、富山県富山市総曲輪(1960年)、富山県富山市総曲輪98(1963年)、富山県富山市総曲輪通3-3-16(1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1949年2月
閉館年 : 1985年以後1986年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年2月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「帝国館」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富山帝国館」。1986年のゼンリン住宅地図では「映画ビル グランド1・グランド2」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「総曲輪ウィズビル」。
たから劇場/富山たから劇場
所在地 : 富山県富山市東四十物町3(1955年)、富山県富山市東四十物町(1960年)、富山県富山市中央通2-1(1969年・1973年)、富山県富山市中央通2-1-11(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1990年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「たから劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「富山たから劇場」。1986年のゼンリン住宅地図では「たから劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「Lucida Tower」建物中央東側。
富山グランド1・2
所在地 : 富山県富山市西町2-15 映画ビル(1985年・1990年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1992年
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の映画館名簿では「富山グランド1・2」(2館)。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2005年竣工の複合商業ビル「西町・総曲輪キュービィ」建物中央西側。

1991年11月1日付『北日本新聞』には、「富山グランド1・2」が閉館したとする記事が掲載されている。現物は未確認。*3
富山劇場/駅前富劇
所在地 : 富山県富山市新富町839(1955年)、富山県富山市新富町(1960年)、富山県富山市新富町839(1963年)、富山県富山市新富町1-19(1969年)、富山県富山市新富町1-1-19(1973年・1990年・1995年)
開館年 : 1950年6月
閉館年 : 1992年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1955年・1960年・1963年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山劇場」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「駅前富劇」。1986年のゼンリン住宅地図では「富劇ビル 2階駅前富劇」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「テクノパーク24新富町」。
東宝大和劇場/富山東宝大和劇場
所在地 : 富山県富山市一番町(1960年)、富山県富山市一番町21(1963年・1973年)、富山県富山市一番町3-5(1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1949年4月
閉館年 : 1996年
『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。1955年の映画館名簿では「東宝大和劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「富山東宝大和劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「富山東宝大和劇場」。1986年のゼンリン住宅地図では「富山東宝大和劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「富山二番町教会」建物北東部。
富山アピタシアター1・2
所在地 : 富山県富山市上袋100-1 アピタ富山2階(1995年)
開館年 : 1987年10月22日
閉館年 : 1995年以後2000年以前
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年の映画館名簿では「富山アピタシアター1・2」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2スクリーン計120席のビデオシアター。
富山東映・富山東映パラス/富山東映劇場・富山東映パラス劇場/富山東映劇場・富山東映2
所在地 : 富山県富山市総曲輪(1960年)、富山県富山市総曲輪91(1963年)、富山県富山市大手町4-10(1969年)、富山県富山市大手町2-10(1973年)、富山県富山市大手町4-10(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 2001年12月14日
1960年・1963年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山東映劇場」。1976年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「富山東映・富山東映パラス」(2館)。1986年のゼンリン住宅地図では「1階富山東映 2階東映パラス」。1990年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス劇場」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映2」(2館)。跡地は「ホテルドーミーイン富山」南側の立体駐車場。

1956年に開館。東映直営館ではあるが、1996年の東宝大和閉館後には東宝作品も上映した。1997年の観客数は10万2000人、1998年は10万5000人と、東映の地方直営館の中では好成績だった。しかし婦中町にできたシネコンのせいで2000年には約8万人にまで減少し、売上高は9000万円。人件費などの経費は1億2000万円であり、採算ラインに遠く及ばなくなった。2001年12月14日に閉館する。1階338席、2階141席の2スクリーン。富山市内から映画会社の直営館がなくなる。*4
富山ウィズシネマ1・2/富山松竹ウィズシネマ1・2
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3(1995年・2000年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2002年10月11日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年のゼンリン住宅地図では「総曲輪ウィズ 4階シネマ1・シネマ2」。1990年の映画館名簿では「富山ウィズシネマ1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「富山松竹ウィズシネマ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2003年1月末、富山市の総曲輪通りにある映画館「ウィズシネマ1・2」が閉館する。同一地点にあった「帝国館」時代を含めると、80年近い歴史に幕を下ろす。経営する富山合同興業は、シネコンに観客を奪われたことが最大の理由としている。ファッションビル「ウィズ」4階に2スクリーン計440席を有する。1924年に劇場「帝国座」から転換した映画館「帝国館」が前身。帝国館は1985年に閉館したが、同年に同地点に建てられたビル「ウィズ」にウィズシネマ1・2が開館した。1990年頃までは年間20万人の観客を集めたが、1993年に6スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡」(高岡市)、2000年に10スクリーンの「ファボーレ東宝」(婦中町)、2002年に8スクリーンの「高岡TOHOプレックス」(高岡市)が開館すると、近年には観客数が減少していた。2001年12月には「富山東映劇場」が閉館して折り、富山市中心部に残る映画館は「富山松竹」と「富山ニュースカラ座」のみとなる。*5

2002年10月11日には総曲輪3丁目のウィズシネマが閉館した。富山合同興業は同日、富山地裁に自己破産を申請した。負債総額は約23億円。1985年に開館したが、1992年にも閉館の動きがあったが、映画ファンなどが存続を求める署名活動を行った。2001年の観客数はひと月に約2000人であり、平日は一日数人の灯もあった。2001年12月には富山東映が閉館しており、中心市街地に残るのは富山松竹と富山ニュースカラ座のみ。*6
富山中央劇場/富山スカラ座/富山ニュースカラ座
所在地 : 富山県富山市中央通1-6(1966年・1969年)、富山県富山市西町6(1973年)、富山県富山市西町6-8(1980年・1985年)、富山県富山市中央通1-6-12(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 2006年9月1日
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「富山中央劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「富山スカラ座」。1986年のゼンリン住宅地図では「Annex109 3階スカラ座」。2005年の映画館名簿では「富山ニュースカラ座」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北陸銀行北電ビル」建物中央北側。

2006年9月1日、富山市中央通りにある映画館「ニュースカラ座」が閉館する。30年以上の歴史に幕を下ろす。これにより、富山市中心市街地に残る映画館は富山松竹とウィズシネマの2館だけとなる。この映画館は東宝の直営館として開館した。2001年には富山シアター大都会などを運営する新興商事が経営を引き継ぎ、富山ニュースカラ座に改称した。スクリーンの張替え、276席の椅子の交換などの全面改装を行い、割引サービスやレイトショーなども開始した。富山シアター大都会は1スクリーンあたり4万人の観客数を集めているものの、ニュースカラ座は1万人程度と伸び悩んでおり、赤字が続いていた。商店街の中にあるため専用の駐車場を持たない。2006年9月1日で賃貸契約が切れるため、閉館を決定した。*7
富山松竹
所在地 : 富山県富山市中央通1-3-13(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2006年11月7日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「富山松竹」。1986年のゼンリン住宅地図では「2階富山松竹」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ビルC」。

富山市の中央通り商店街にある富山松竹は、富山県で唯一の単館系の作品を上映する映画館である。館主の石黒平吉が映写技師も兼ねる。1スクリーン320席。1作品の上映は平均1日2階、2週間。単館系作品はフィルム数が少なく、東京や大阪や名古屋で上映されたフィルムが富山に届くのは4-5か月経ってからである。*8
富山シネマ/駅前シネマ
所在地 : 富山県富山市桜町494(1963年)、富山県富山市桜町1-4-22(1966年・1969年・1973年・1980年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 2007年8月25日
1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館では「富山シネマ」。1980年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館では「駅前シネマ」。1986年のゼンリン住宅地図では「舟方寿し 2階駅前シネマ」。富山県最後の成人映画館。跡地は2018年竣工のマンション「レーベン富山桜町」。

1959年、地元の有志が映画館を「富山駅前シネマ劇場」を開館させた。2階が映画館であり、1階が飲食店街だった。スクリーンは幅約8m、高さ約3m。ロビーにはパンやたばこの売店があり、3階に映写室があった。日活・東宝・松竹などの大衆映画が週替わりで上映され、階下の居酒屋にも石原裕次郎のセリフが響いてきた。映画館の上映作品は成人映画に変わり、2007年に閉館した。*9

2015年5月末、富山駅前の一角にあったシネマ食堂街が閉店した。1959年に映画館とともに食堂街が開店した。約120席の映画館が2階にあり、1階が食堂街だった。ピーク時の1970年代には約30店があったが、2007年に映画館が閉館すると店舗も減少し、2015年5月末時点では10店だった。跡地にはマンションやホテルが入る18階建てのビルが建つ予定である。*10
フォルツァ総曲輪
所在地 : 富山県富山市総曲輪3−3−16 総曲輪ウィズビル5階(2015年)
開館年 : 2007年2月24日
閉館年 : 2016年9月30日
Wikipedia : フォルツァ総曲輪
1スクリーン176席のミニシアター。
シアターワールド大都会1・2・3/富山シアター大都会1・2・3・4・5
所在地 : 富山県富山市飯野19番地(2015年)
開館年 : 1996年6月
閉館年 : 2018年9月
Wikipedia : 富山シアター大都会
5スクリーン計633席のシネコン。
ファボーレ東宝/TOHOシネマズファボーレ富山
所在地 : 富山県婦負郡婦中町下轡田165-1(2005年)、富山県富山市婦中町下轡田165-1(2015年)
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年10月6日にファボーレ東宝として開館。2009年6月にTOHOシネマズファボーレ富山に改称。10スクリーン計1724席のシネコン。
J MAX THEATERとやま
所在地 : 富山県富山市総曲輪3丁目9-1 ユウタウン総曲輪
開館年 : 2016年6月3日
閉館年 : 営業中
8スクリーン計1178席のシネコン。

滑川市

滑川映画劇場/滑川第一劇場
所在地 : 富山県中新川郡滑川町常磐町31(1953年)、富山県滑川市常盤町(1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「滑川映画劇場」。1955年の映画館名簿では「滑川第一劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*11
中央滑川劇場/滑川中央劇場
所在地 : 富山県中新川郡滑川町(1950年)、富山県中新川郡滑川町橋場町(1953年)、富山県滑川市橋場(1955年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1957年末
1950年の映画館名簿では「中央滑川劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「滑川中央劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年(昭和28年)頃の「滑川中央劇場」の写真あり。この場所にはかつて警察署があり、その後滑川町役場となって、その後映画館が開館した。橋場と中滑川駅を結ぶ都市計画道路を建設するために、1957年(昭和32年)末までに取り壊された。*12

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*13
滑川日本劇場
所在地 : 富山県滑川市晒屋75(1955年)、富山県滑川市下小泉(1960年)、富山県滑川市小泉75(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1962年
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「滑川日本劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「富山第一銀行滑川支店」。

1953年(昭和28年)頃の「滑川日本劇場」の写真あり。最盛期の滑川市には4館の映画館があった。晒屋の小泉街道踏切の近くには日劇があったが、1962年(昭和37年)に閉館した。ほかは瀬羽町の滑川東映劇場、橋場町の滑川中央劇場、常磐町の滑川第一劇場だった。*14

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*15
滑川東映劇場
所在地 : 富山県滑川市瀬羽町(1960年)、富山県滑川市瀬羽町1861(1963年)、富山県滑川市瀬羽町1860(1966年)
開館年 : 1955年以後1956年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「滑川東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年(昭和31年)に中部職業交通社が発行した『富山県滑川市全図』には、映画館として「滑川東映劇場」(瀬羽町)、「滑川中央劇場」(橋場町)、「滑川日本劇場」(晒屋)、「滑川第一劇場」(常盤町)と4館があった。*16

中新川郡上市町

上市劇場
所在地 : 富山県中新川郡上市町(1955年・1960年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「上市劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年9月9日付『北日本新聞』には、上市町にある経営不振の映画館をスーパーマーケットに改修したとする記事が掲載されており、上市劇場のことだと思われる。現物は未確認。*17
スバル座/上市スバル座
所在地 : 富山県中新川郡上市町(1955年・1960年)、富山県中新川郡上市町熊野町1(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「スバル座」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「上市スバル座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の日興の住宅地図では発見できなかった。

中新川郡立山町

雄山中央劇場
所在地 : 富山県中新川郡雄山町(1950年)、富山県中新川郡雄山町五百石59(1953年)、富山県中新川郡立山町雄山五百石59(1955年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「雄山中央劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映劇場
所在地 : 富山県中新川郡立山町(1960年)、富山県中新川郡立山町前沢(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「銀映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の立山町にあった映画館「銀映劇場」の写真あり。劇場「松山座」に対抗して開館したが、テレビが普及したことで観客数が低迷し、開館から数年後には閉館した。*18
松山座/立山劇場
所在地 : 富山県中新川郡立山町(1960年)、富山県中新川郡立山町五百石19(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1904年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「立山劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の日興の住宅地図では発見できなかった。

昭和30年代の立山町にあった映画館「立山劇場」の写真あり。1951年(昭和26年)公開の松竹映画『大江戸五人男』のポスターが見える。1904年(明治37年)開設の劇場「松山座」が前身である。立山劇場は芝居・演芸・映画などの興行を行い、この地域唯一の劇場として親しまれた。昭和30年代後半にはスーパーに転換された。*19

中新川郡舟橋村

映画館名簿によると舟橋村に映画館は存在しなかったと思われる。

富山県東部:新川地区

魚津市

大清座/魚津文化劇場
所在地 : 富山県魚津市経田(1955年)、富山県魚津市経田坂ノ下(1960年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大清座」。1960年の映画館名簿では「魚津文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大映劇場/魚津大劇
所在地 : 富山県下新川郡魚津町(1950年)、富山県魚津市真成寺町61(1953年)、富山県魚津市真成寺町(1955年・1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿では「大映劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「魚津大劇」。1956年9月10日の魚津大火で焼失。1960年の映画館名簿では「魚津大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「島六時計店」。最寄駅は富山地方鉄道本線電鉄魚津駅。
恵比寿座/オリオン座/魚津オリオン座
所在地 : 富山県魚津市東小路78(1953年)、富山県魚津市東小路(1955年・1960年)、富山県魚津市東小路88(1963年)、富山県魚津市東小路78(1966年・1969年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1972年
1930年の映画館名簿では「蛭子館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「オリオン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「魚津オリオン座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の下新川郡魚津町には「恵比寿座」があった。恵比寿座は戦後に「オリオン座」に改称し、東宝系の映画館としてにぎわった。1950年(昭和25年)の写真あり。オリオン座の文字は確認できないが、「魚津東宝」「東宝映画」の文字が見える。1950年公開の『月の出の接吻』のポスターが見える。オリオン座は1972年(昭和47年)に閉館した。*20
魚津中央劇場
所在地 : 富山県魚津市金屋町(1960年)、富山県魚津市中央通り(1963年)、富山県魚津市金屋町35(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1956年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年9月10日の魚津大火後に開館。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「魚津中央劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
魚津劇場
所在地 : 富山県魚津市本江1782(1953年)、富山県魚津市本江1781(1955年)、富山県魚津市本江(1960年)、富山県魚津市本江1781(1963年・1966年・1969年・1973年)、富山県魚津市文化町8-18(1976年・1980年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1989年1月
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「魚津劇場」。1978年の日興の住宅地図では「魚劇ビル エビス屋魚津店」(※魚津劇場と書かれているわけではない)。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

黒部市

生地劇場
所在地 : 富山県下新川郡生地町経新4407-2(1953年)、富山県黒部市生地町経新(1955年)、富山県黒部市生地町(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「生地劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
生地中央劇場
所在地 : 富山県黒部市生地町(1960年)、富山県黒部市生地町中央通り(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「生地中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
桜井銀映
所在地 : 富山県下新川郡桜井町椚町(1953年)、富山県黒部市椚町(1955年)、富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市3110(1963年)
開館年 : 1950年秋
閉館年 : 1963年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「桜井銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「椚町商店街専用駐車場」。

1950年(昭和25年)秋には下新川郡桜井町の椚町に「桜井銀映」が開館した。1955年(昭和30年)の写真あり。「SAKURAI GINEI」の文字が見える。夜には建物に色鮮やかなネオンが輝いた。嵐寛寿郎や片岡千恵蔵の主演作などが上映された。1960年(昭和35年)頃からテレビが普及すると観客数が減少し、1963年(昭和38年)頃に閉館した。建物はパチンコ店や大型家具店に転換されたが、2006年現在は建物が取り壊されており、椚町商店街の専用駐車場となっている。*21

1954年(昭和29年)には黒部市が発足した。孫平商店街は4周年を記念して入口にアーチを設置し、新天地に改称してネオンも増やした。アーチから道路を挟んだ手前には「桜井銀映」があった。*22

1950年(昭和25年)秋、下新川郡桜井町の三日市椚町に映画館「桜井銀映」が開館した。現在の黒部市の映画館としてはもっとも早くに開館した映画館である。夜にはネオンが華やかに輝いた。時代の波に合わせて1963年(昭和38年)頃に閉館した。*23
桜井中央映画劇場/桜井中央劇場/黒部桜井中劇
所在地 : 富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市741(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1958年5月
閉館年 : 1969年以後1970年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「桜井中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「桜井中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒部桜井中劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

黒部市の映画館としては、「桜井銀映」、「ひかり東映」、「桜井中央映画劇場」(桜井中劇)の3館があった。1957年(昭和32年)暮れには「桜井中劇」の工事に着工し、1958年(昭和33年)5月に竣工した。予算は1300万円。鉄筋コンクリート造であり、建坪は150坪だった。1階は350席、収容人員600人だった。日本初の総天然色映画である『カルメン故郷に帰る』や、『佐々木小次郎』、『女次郎長ワクワク道中』、『のど自慢三羽烏』、『白雪姫』、『月世界征服』、『若草物語』などが上映された。1951年に洋画の『バンビ』が上映された際には、黒部市内の小学生が鑑賞に出かけた。1960年(昭和35年)の黒部市の各映画館の入場者数は、桜井中劇が52,038人、桜井銀映が45,041人、ひかり東映が68,139人だった。*24

1970年4月22日付『富山新聞』には、黒部市から映画館がなくなるという記事が掲載されている。現物は未確認。*25
ひかり劇場/黒部ひかり劇場
所在地 : 富山県黒部市三島町(1955年)、富山県黒部市三日市(1960年)、富山県黒部市三日市黒保805(1963年)、富山県黒部市三日市811(1966年・1969年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1969年以後1970年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「ひかり劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「黒部ひかり劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年(昭和30年)の下新川郡桜井町にあった映画館「ひかり劇場」の写真あり。『聖衣』や『廃墟の群盗』のポスターが見える。「ひかり劇場」の文字も見える。黒部市に4館あった映画館のひとつであり、電鉄桜井駅前にあったことから人気があった。1955年(昭和30年)頃には『路傍の石』『砂漠は生きている』『自動車狂時代』、1957年(昭和32年)には『白い山脈』、1958年(昭和33年)には『わんわん物語』『百獣の王ライオン』、1959年(昭和34年)には『アルプスの少女』『皇太子殿下御成婚』などが上映された。収容人員は582人であり、年間6万8193人の観客を集めた年もあった。*26

1955年(昭和30年)頃の下新川郡桜井町にあった映画館「ひかり劇場」の写真あり。『幻の馬』『リオの情熱』『月に飛ぶ雁』のポスターが見える。電鉄黒部駅前という利便性の良さで人気があった。収容人数は582人と多く、年間入場者数が6万8000人を超えた年もあった。黒部市には最大で4館の映画館があった。1960年頃からテレビが普及すると、各地の映画館は急速に衰退していった。*27

下新川郡朝日町

朝日劇場/泊朝日劇場
所在地 : 富山県中新川郡朝日町沼保1037(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1970年
1960年・1963年の映画館名簿では「朝日劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「泊朝日劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地らしき場所に「オーアイ工業扇谷工業所」。閉館後にはストッキング工場となり、2014年時点では建物が現存。1960年代の航空写真を見ると「妙輪寺」東北東30mに巨大な建物がある。

2014年3月9日、かつて朝日町にあった映画館「朝日劇場」の見学会が開催される。朝日町は芸妓のいる宿場町として栄えた。戦前は無声映画などを、戦後は大衆映画などを上映し、1970年に閉館した。映写機も現存している。主催はあさひふるさと体験推進協議会。*28

下新川郡入善町

第二入劇/第2入劇
所在地 : 富山県中新川郡入善町(1960年)、富山県中新川郡入善町入善5246(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「第二入劇」。1963年の映画館名簿では「第2入劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
入善東映劇場/入善中央劇場
所在地 : 富山県中新川郡入善町(1960年)、富山県中新川郡入善町入善3022(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「入善東映劇場」。1963年の映画館名簿では「入善中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
入善劇場
所在地 : 富山県中新川郡入善町(1950年・1953年・1955年・1960年)、富山県中新川郡入善町入善5436(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「入善劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では発見できなかった。

富山県西部:高岡地区

高岡市

高岡電気館/蓬莱座/富士館/日の出館/帝国館/帝国劇場
所在地 : 富山県高岡市小馬出町78(1955年)、富山県高岡市小馬出町(1960年)
開館年 : 1903年6月? 1914年?
閉館年 : 1962年
『全国映画館総覧 1955』によると1903年6月開館。1955年の映画館名簿では「高岡帝国劇場」。1960年の映画館名簿では「帝国劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1937年(昭和12年)頃の高岡市にあった映画館「帝国館」の写真あり。『支那事変ニュース』『退屈男』などの看板が見える。1914年(大正3年)、小馬出町に高岡市初の活動写真常設館として開館した。後に「太陽館」に改称したが、昭和に入ると「日の出館」となり、1937年に「帝国館」に戻した。*29

1914年(大正3年)に「高岡電気館」が開館。その後「蓬莱座」、「富士館」、「日の出館」に改称した。1937年(昭和12年)には「帝国館」に改称し、その後「帝国劇場」に改称した。1962年(昭和37年)に閉館した。*30

1914年(大正3年)には高岡初の常設映画専門館として「高岡電気館」が開館した。日活の直営館だった。「蓬莱座」や「富士館」などという名称を経て、昭和初期には洋画専門館の「日の出館」となった。1937年(昭和12年)には新興キネマ系列の「帝国館」となった。そして「帝国劇場」に改称し、戦後の1962年(昭和37年)に閉館した。*31
伏木劇場/伏木映画劇場
所在地 : 富山県高岡市伏木町新町41(1955年)、富山県高岡市伏木新町(1960年)
開館年 : 1933年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1933年8月開館。1955年の映画館名簿では「伏木劇場」。1960年の映画館名簿では「伏木映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
東洋劇場/伏木東洋映画劇場
所在地 : 富山県高岡市伏木新町(1960年)、富山県高岡市伏木新島33(1963年)、富山県高岡市伏木新島331(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿では「伏木東洋映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東洋劇場」。1966年の映画館名簿では「伏木東洋映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
東亜劇場/世界館/高岡大映世界館
所在地 : 富山県高岡市堀上町41(1955年)、富山県高岡市堀上町(1960年)、富山県高岡市堀上町41(1963年・1966年)
開館年 : 1932年4月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1932年4月開館。1955年の映画館名簿では「東亜劇場」。1960年の映画館名簿では「世界館」。1963年・1966年の映画館名簿では「高岡大映世界館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
板橋座/朝日座/歌舞伎座/高岡中央劇場
所在地 : 富山県高岡市下川原町(1960年)、富山県高岡市下川原町166(1963年・1966年)、富山県高岡市川原町166(1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1882年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡中央劇場」。1973年の日興の住宅地図では「中央劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。晩年はストリップ劇場だった。跡地は「木谷酒店」南側の駐車場。最寄駅は万葉線片原町駅。

大正時代の芝居小屋「板橋座」の写真あり。1882年(明治15年)頃に下川原町に開館し、政談演説会・歌舞伎公演・新派演劇・浪花節などにも利用された。1919年(大正8年)に活動写真常設館「朝日座」となり、1934年(昭和9年)に「歌舞伎座」に改称、1954年に「中央劇場」に改称した。*32
高岡大和劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町1023(1953年・1955年)、富山県高岡市末広町(1960年)、富山県高岡市末広町1023(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町1-23(1973年・1976年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年7月開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡大和劇場」。1973年の日興の住宅地図では「大和劇場」。1978年以後1980年以前にビル化。跡地は「NPC24H高岡駅前パーキング」南西部の路面部分。最寄駅はあいの風とやま鉄道高岡駅。
日本劇場/高岡日本劇場
所在地 : 富山県高岡市御旅屋町92(1955年)、富山県高岡市御旅屋町(1960年)、富山県高岡市御旅屋町92(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1943年5月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年5月開館。1955年の映画館名簿では「高岡日本劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「高岡日本劇場」。1973年の日興の住宅地図では「1階パチンコチャンピオン 2階高岡日本劇場」。1978年以後1980年以前にビル化。最寄駅は万葉線末広町駅。
文化劇場/高岡東映文化劇場/高岡文化劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町964(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町2-5(1973年)、富山県高岡市末広町2-19(1980年・1985年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年10月開館。1955年の映画館名簿では「高岡文化劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「文化劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「高岡東映文化劇場」。1973年の日興の住宅地図では「文化劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「高岡文化劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ウイング・ウイング高岡」建物中央東側。最寄駅はあいの風とやま鉄道高岡駅。

1940年(昭和15年)、「高岡劇場」の裏手に隣接して「文化ニュース映画劇場」(のち「文化劇場」)が開館した。文化ニュース映画劇場は高岡劇場の姉妹館であり、社長も同じ桜井宗一郎だった。1988年(昭和63年)には両館とも閉館した。*33
高岡劇場
所在地 : 富山県高岡市末広町964(1963年・1966年・1969年)、富山県高岡市末広町2-15(1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1937年12月15日
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年10月開館。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「高岡劇場」。1973年の日興の住宅地図では「高岡劇場 喫茶高劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ウイング・ウイング高岡」建物中央東側。最寄駅はあいの風とやま鉄道高岡駅。

1938年(昭和13年)の高岡市にあった映画館「高岡劇場」の写真あり。『藤十郎の恋』のポスターが見える。「場劇岡高」の文字が見える。1937年(昭和12年)に国鉄高岡駅前に開館した。長谷川一夫・入江たか子主演の『藤十郎の恋』には大勢の観客が詰めかけた。*34

新聞記事では1937年(昭和12年)12月15日に「高岡劇場」が開館することを報じている。1940年(昭和15年)、高岡劇場の裏手に隣接して「文化ニュース映画劇場」(のち「文化劇場」)が開館した。文化ニュース映画劇場は高岡劇場の姉妹館であり、社長も同じ桜井宗一郎だった。1988年(昭和63年)には両館とも閉館した。*35
高岡大和劇場・高岡日本劇場・高岡ロキシー
所在地 : 富山県高岡市御旅屋町92(1990年)、富山県高岡市御旅屋町92 FISTA御旅屋(閉館時)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1991年
1978年以後1980年以前にビル化。1980年の映画館名簿では「高岡大和劇場・高岡日本劇場・高岡ロキシー」(3館)。1988年のゼンリン住宅地図では「日劇会館 地下高岡大和劇場 1階ロキシー劇場 2階日劇 3階映写室 4階高岡土地興業 5階伊藤俊夫」。「FISTA御旅屋」は現存。最寄駅は万葉線末広町駅。
高岡第一東映劇場/高岡第一劇場
所在地 : 富山県高岡市片原町1140(1963年)、富山県高岡市片原町1440(1966年・1969年・1973年・1990年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1991年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1955年の映画館名簿では「高岡第一劇場」。1960年の映画館名簿では「高岡第一東映劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1990年の映画館名簿では「高岡第一劇場」。1973年の日興の住宅地図では「高岡第一劇場」。1988年のゼンリン住宅地図では「高岡第一劇場」。跡地は「第一劇場パーキング」。最寄駅は万葉線片原町駅。
東洋劇場
所在地 : 富山県高岡市本丸町13-19(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1995年
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「東洋劇場」。1988年のゼンリンの住宅地図では「東洋ビル 2階東洋劇場」。「東洋ビル」は現存。最寄駅は万葉線広小路駅。
米島シネマ/高岡シネマ・高岡ピカデリー/高岡シネマ・高岡ピカデリー1・2・3/高岡ピカデリー1・2・3・4
所在地 : 富山県高岡市米島表向460-1(1980年・1985年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1980年
閉館年 : 2006年1月15日
1980年の映画館名簿では「米島シネマ」。1985年の映画館名簿では「高岡シネマ・高岡ピカデリー」(2館)。1988年のゼンリンの住宅地図では「米島シネマ」「高岡ピカデリー1」「高岡ピカデリー2」。1990年の映画館名簿では「高岡シネマ・高岡ピカデリー1・2・3」(4館)。2000年・2005年の映画館名簿では「高岡ピカデリー1・2・3・4」(4館)。富山県における郊外型複合映画館の先駆けだった。跡地はスーパー「アルビス米島店」駐車場。最寄駅は万葉線米島口駅。

1989年7月18日付『北日本新聞』には、8月には高岡市にピカデリー3が開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*36
ワーナー・マイカル・シネマズ高岡
所在地 : 富山県高岡市駅南2-1-1 高岡サティ(2005年)
開館年 : 1993年10月23日
閉館年 : 2009年1月12日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡1-6」(6館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。6スクリーン計1155席のシネコン。海老名・東岸和田に次いで国内3館目のワーナー・マイカル・シネマズ。最寄駅はあいの風とやま鉄道高岡駅。

1993年10月27日付『富山新聞』には、ワーナー・マイカル・シネマズ高岡が開館したという記事が掲載されている。現物は未確認。*37

2008年5月20日付『北日本新聞』には、2009年1月にワーナー・マイカル・シネマズ高岡が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*38
高岡TOHOプレックス/TOHOシネマズ高岡
所在地 : 富山県高岡市下伏間江383 イオンモール高岡2階
開館年 : 2002年9月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年9月に高岡TOHOプレックスとして開館。2005年の映画館名簿では「高岡TOHOプレックス1-8」(8館)。2009年5月にTOHOシネマズ高岡に改称。2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ高岡1-8」(8館)。8スクリーン計1753席のシネコン。最寄駅は北陸新幹線・JR城端線新高岡駅。

射水市

小杉劇場
所在地 : 富山県射水郡小杉町(1950年)、富山県射水郡小杉町三ヶ3275(1953年)、富山県射水郡小杉町3275(1955年)、富山県射水郡小杉町(1960年)、富山県射水郡小杉町三ヶ3275(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「小杉劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大門劇場/越中大門劇場
所在地 : 富山県射水郡大門町大門61(1953年)、富山県射水郡大門町(1955年・1960年)、富山県射水郡大門町56(1963年)、富山県射水郡大門町168-1(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大門劇場」。1966年の映画館名簿では「越中大門劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
北陸劇場/新湊北陸劇場
所在地 : 富山県新湊市三日曽根1-3(1953年・1955年)、富山県新湊市三日曽根(1960年)、富山県新湊市三日曽根1-3(1963年・1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「北陸劇場」。1966年の映画館名簿では「新湊北陸劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
新湊劇場/新湊東映劇場
所在地 : 富山県新湊市四日曽根47(1953年・1955年)、富山県新湊市四日曽根(1960年)、富山県新湊市四日曽根47(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「新湊劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「新湊東映劇場」。1971年の新湊市住宅明細図では「新劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「四日曽根諏訪社」北東で「四日曽根公民館」北側の駐車場。最寄駅は万葉線新町口駅。
日吉館/新湊日吉館
所在地 : 富山県新湊市立町1310(1953年)、富山県新湊市放出津1310(1955年)、富山県新湊市放出津(1960年)、富山県新湊市放出津1310(1963年・1966年・1969年)、富山県新湊市立町12-31(1973年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1930年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「新湊日吉館」。1971年の新湊市住宅明細図では「劇場日吉館」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日吉神社」境内北西で「立町公園」北東の民家。最寄駅は万葉線新町口駅。

氷見市

日本劇場
所在地 : 富山県氷見市本川町(1953年)、富山県氷見市本川91-9(1955年)、富山県氷見市本川町(1960年)、富山県氷見市本川町91-1(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
氷見劇場
所在地 : 富山県氷見市入船町(1955年・1960年)、富山県氷見市入船町1746(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「氷見劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日映画劇場/氷見朝日映画劇場/氷見朝日劇場
所在地 : 富山県氷見市南中(1960年)、富山県氷見市南中2(1963年)、富山県氷見市南中町2(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「朝日映画劇場」。1963年の映画館名簿では「氷見朝日映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「氷見朝日劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
氷見キネマ
所在地 : 富山県氷見市伊勢大町2-15-10
開館年 : 2013年4月28日
閉館年 : 2015年9月
1スクリーンであり、座席数は約20席だが、状況次第で35人程度まで収容可能とのこと。

ミニシアターは、フィルムコミッション「氷見市映画支援会」(HFC)の役員が、JR氷見線氷見駅前のビルの4階の空き室を改装し、ミニシアター「氷見キネマ」を整備する。縦3メートル×横4メートルのスクリーンを設置し、約20の座席を設ける。整備費は約1000万円。第1回氷見絆国際映画祭の期間中には、氷見市内に活動拠点を構えた市川徹監督の作品を上映する。氷見絆国際映画祭の終了後は、地域映画の上映会を行ったり、イベントやパーティーなどを行う。*39

2013年4月28日、JR氷見線氷見駅前にミニ映画館&多目的スペース「氷見キネマ」が開館した。にぎわい創出や交流拠点を目指す。*40

2013年4月28日、氷見市伊勢大町のビル内(JR氷見駅前)にミニシアター「氷見キネマ」が開館した。20席。氷見市在住の映画監督である市川徹が携わり、氷見市が舞台となった『万年筆』、『Happyメディアな人々。』など4本を1か月ほど上映。その後の予定は未定。長年使用されていなかったビルの4階を、氷見市議の小清水勝則の会社が取得して整備を進めていた。*41

2013年4月には氷見市伊勢大町のJR氷見駅前に映画館「氷見キネマ」が開館した。氷見市では約40年ぶりの映画館である。経営者の大窪順子(39)は高岡市に生まれ、金沢女子短期大学を卒業後、オーストラリアやニュージーランドのスキー場・ホテル・牧場などで働いた。2010年には氷見商工会議所の臨時職員で商店街振興を担当し、映画『ほしのふるまち』のロケ地マップ作製や、藤子不二夫の漫画キャラクターを生かした商品事業などを手掛けた。*42

2013年7月28日から氷見市の映画館「氷見キネマ」では『台湾カフェ・ストーリー』を上映するが、7月28日にはコーヒーカップの絵付け体験講座を開催する。高岡市在住の絵付け作家である佐野加永子が指導する。*43

富山県西部:砺波地区

砺波市

出町映画劇場
所在地 : 富山県砺波市中神(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1960年の映画館名簿では「出町映画劇場」。
となみ映画劇場/となみ劇場
所在地 : 富山県砺波市出町256-2(1963年)、富山県砺波市表町3-14(1966年・1980年・1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「となみ映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「となみ劇場」。1985年の小矢部市・砺波市・福岡町住宅明細図では「1階ひまわりチェーン砺波店 2階となみ劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「南町天満宮」北側。

1991年2月5日付『北日本新聞』には、砺波市の閉館した劇場・映画館に関する記事が掲載されている。現物は未確認。*44

小矢部市

銀映/石動銀映/石動東映劇場
所在地 : 富山県西砺波郡石動町(1960年)、富山県小矢部市上野本766(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿では「銀映」。1963年の映画館名簿では「石動銀映」。1966年・1969年の映画館名簿では「石動東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
砺中劇場/砺中東映劇場
所在地 : 富山県西砺波郡砺中町(1960年)、富山県小矢部市津沢町2958(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「砺中劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「砺中東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
石動劇場
所在地 : 富山県西砺波郡石動町(1960年)、富山県小矢部市観音町3-1(1980年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
1953年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「石動劇場」。1978年の日興の住宅地図では「石動劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「薄氷本舗五郎丸屋」西側。

1991年2月5日付『北日本新聞』には、小矢部市の閉館した劇場・映画館に関する記事が掲載されている。現物は未確認。*45

南砺市

つくばね映画劇場
所在地 : 富山県東砺波郡城端町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1960年の映画館名簿では「つくばね映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
福野映画劇場
所在地 : 富山県東砺波郡福野町1268(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「福野映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
城端劇場
所在地 : 富山県東砺波郡城端町260(1953年・1955年)、富山県東砺波郡城端町(1960年)、富山県東砺波郡城端町西新田260(1963年)、富山県東砺波郡城端町西新町(1966年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1965年
1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「城端劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和20-30年代の東砺波郡城端町にあった映画館「城端東映」の写真あり。「城端東映」の文字が見える。右端には料理旅館の吾妻楼の塀が見える。段丘崖の下側の西新田町には戦前から戦後にかけて、「吾妻座」という芝居小屋があった。吾妻座は1947年(昭和22年)に焼失したが、1951年(昭和26年)には跡地に「城端劇場」が開館した。昭和20年代末に映画館となり、1965年(昭和40年)まで営業を続けた。*46
寿座/福光東映寿座
所在地 : 富山県西砺波郡福光町6607(1963年)、富山県西砺波郡福光町東町(1966年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年・1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿座」。1966年の映画館名簿では「福光東映寿座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
井波劇場
所在地 : 富山県東砺波郡井波町山見955(1969年・1973年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1976年以後1978年以前
1950年・1953年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「井波劇場」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「井波郵便局」。
寿座/福光劇場
所在地 : 富山県西砺波郡福光町6607(1953年・1955年・1963年)、富山県西砺波郡福光町荒木5556(1966年・1969年・1973年)、富山県西砺波郡福光町荒木5556-1(1978年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「寿座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「福光劇場」。1973年の日興の住宅地図では「福光劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「焼肉おばちゃん」(※1973年時点では福光劇場の南隣におばちゃんがある)。
福野中央劇場
所在地 : 富山県東砺波郡福野町西上1481(1963年)、富山県東砺波郡福野町1608(1966年)、富山県東砺波郡福野町南町670(1990年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1991年
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1990年の映画館名簿では「福野中央劇場」。1973年の日興の住宅地図では「福野中央劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「砺波信用金庫福野駅前支店」。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます