閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


尼崎市

尼崎市の映画館
戦前の尼崎には映画や芝居の興行を行う多数の劇場があった。場内の「平和館」と「桜井座」は主に芝居であり、しばしば自由党の弁士の演説会が行われたが、やがて映画館として営業するようになった。西大手橋のそばの「栄倶楽部」と場内にあった「三都座」は主にトーキー映画の封切館だった。大正時代の平和館の写真あり。太平洋戦争では1トン爆弾が直撃して壊滅した。三都座の写真あり。戦後しばらくは当方の封切館として営業し、東映のスター俳優らがキャンペーンで訪れたりした。時期不明の桜井座の写真あり。桜井神社のそばにあり、付近はいつもにぎわっていた。栄倶楽部の写真あり。「松竹映画封切 日活」の文字が見える。西本町商店街の入口に近く、常に観客数が多い映画館だった。*1

昭和30年代の尼崎市の映画館・劇場一覧*2
名称所在地1955年料金1961年料金
尼崎大劇神田北通3?170円
阪神東映阪神尼崎駅南?150円
オリオン座阪神尼崎駅南55円?
南座阪神尼崎駅南55円100円
三都座阪神尼崎駅東南(南城内)55円80円
尼崎中央劇場中央商店街北70円150円
東洋劇場中央商店街北100円120円
日本劇場中央商店街北95円150円
尼崎東映三和商店街80円150円
有楽座三和商店街?150円
三和会館三和商店街??
香月劇場(グランドシネマ)阪神国道東難波電停前55円150円
尼映(尼崎大映)阪神国道難波電停前?150円
第一新花月阪神国道竹谷本通北詰?150円
第二新花月阪神国道竹谷本通北詰?80円
第一劇場(第三新花月)阪神国道西難波電停前80円80円
日栄劇場阪神出屋敷駅北95円?
東京劇場阪神出屋敷駅北?100円
若草劇場(若草東映)
大島東映
メトロ
大物東映
尼松劇場
寿座
長洲東映
常光寺映劇
松映劇場
住吉劇場
神崎銀映
近松劇場
立花中央
立花松竹
立花グランド
立花東映
塚口東映
塚口第二
塚口第三
二光劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市浜田崇徳院2-308(1960年)
開館年 : 1959年以前
閉館年 : 1963年以後
1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「二光劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「二光劇場」。映画館ではなくストリップ劇場。跡地は「二光モータープール」。
浜田映劇
所在地 : 兵庫県尼崎市浜田崇徳院2-308(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の住宅地図では「浜田劇場」。1960年の映画館名簿では「浜田映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イスズハイツベル武庫川東2」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎センタープール前駅。
近松映劇/近松映画/近松映画劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市汐江字朝江12(1955年)、兵庫県尼崎市汐江字朝江11(1960年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1951年1月開館。1953年の映画館名簿では「近松映劇」。1955年の映画館名簿では「近松映画」。1959年の住宅地図には掲載されていないと思われる。1960年の映画館名簿では「近松映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
メトロ劇場/武庫川メトロ劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市武庫川町2丁目(1955年)、兵庫県尼崎市武庫川町2(1960年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1955年の映画館名簿では「メトロ劇場」。1959年の住宅地図では「メトロ劇場」。1960年の映画館名簿では「武庫川メトロ劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「田中病院」西側の「マンションフェニックス」駐車場。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎センタープール前駅。
三和会館
所在地 : 兵庫県尼崎市神田南通3-88(1960年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「三和映劇」。1960年の映画館名簿では「三和会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ショウワパーク神田南通駐車場」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。

1957年(昭和32年)の「三和会館」の写真あり。1955年(昭和30年)に演芸場として開館し、1957年(昭和32年)には上方演芸(現・松竹芸能)の経営に代わった。漫才を中心として落語・浪曲・奇術などが興行され、2本立て映画と変わらない95円で観ることができた。漫才師の西都ハロー・ジロー、奇術師の西尾天芳などの広告が見える。*3
尼宝劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市東大島(1955年)、兵庫県尼崎市東大島春日331(1960年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1961年
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「尼宝劇場」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「尼宝劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「パチンコウィング21」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎センタープール前駅。

1958年(昭和33年)頃の大島にあった「尼宝劇場」の写真あり。1946年(昭和21年)12月に松竹映画の封切館として開館し、やがて邦画各社の上映館となった。1961年(昭和36年)に休館し、そのまま閉館となった。2016年(平成28年)現在の跡地はパチンコ店になっている。*4
オリオン座
所在地 : 兵庫県尼崎市東御園町24(1955年・1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「オリオン座」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「オリオン座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ローレルタワー尼崎」建物北東側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
松竹映画/松竹映画劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市杭瀬神田1(1955年)、兵庫県尼崎市杭瀬本町1(1960年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹映画」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「フォロ・マジョーレ390」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線杭瀬駅。国道2号沿いにあった「尼崎松竹映画劇場/尼崎松竹」とは異なるので注意。松竹の封切館だった。
大島東映
所在地 : 兵庫県尼崎市西大島字下457-1(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「大島東映」。1963年の住宅地図では「大島東映」。銀座温泉は当時からある。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「立石菓子店」北側の民家。銭湯「銀座温泉」南西。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎センタープール前駅。
阪神東映/尼崎東映有楽座
所在地 : 兵庫県尼崎市東御園町24(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「阪神東映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「阪神東映劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎東映有楽座」。1968年のゼンリン住宅地図では「東映有楽座」。1974年の住宅地図では「土井ビルディング(建)」。1976年のゼンリン住宅地図では「土井ビルディング」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「土井ビルディング」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

阪神電車尼崎駅が高架化された1963年(昭和38年)から1970年(昭和45年)頃までに撮られたと思われる阪神電車尼崎駅南側の写真あり。右側には映画館「有楽座」が見えているが、有楽座の隣には劇場「南座」もあり、また近くには洋画上映館「オリオン座」もあった。2008年(平成20年)現在の有楽座の跡地には土井ビルディングが建っている。*5

1955年(昭和30年)頃の阪神電車尼崎駅南にあった阪神会館の写真あり。阪神会館には「阪神東映」「阪神大映」「オリオン座」の3館の映画館が入居していた。阪神会館は1972年(昭和47年)から1973年(昭和48年)頃に閉館し、跡地には土井ビルディングが建設された。*6
立花中央映画劇場/立花中央劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市三反田千才12(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1953年の映画館名簿では「立花中央映画劇場」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「立花中央劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「立花中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立花商店街沿いの「アーク立花ビル」。最寄駅はJR神戸線立花駅。

1955年頃の立花商店街近くにあった「立花中央劇場」の写真あり。切符売り場の上には各社名画封切とある。*7

1955年(昭和30年)頃の三反田町にあった映画館「立花中央映劇」の写真あり。昭和30-40年代の国鉄立花駅の南北には数館の映画館があり、駅南の七松町には「立花映画劇場」があった。1954年(昭和29年)の『全国映画館名簿』によると立花中央映劇は定員300人であり、松竹作品と洋画を上映していた。*8

1955年(昭和30年)頃の「立花中央劇場」の写真あり。1950年(昭和25年)に立花商店街の東側に開館した。国鉄立花駅の南側には「立花映画劇場」(後の立花東映)と「立花グランド劇場」もあり、国鉄立花駅周辺には3館も映画館があったのである。*9
東京劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市宮内町(1958年)、兵庫県尼崎市宮内町2-37(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東京劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「東京劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「NPC24H出屋敷パーキング」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。
尼崎有楽座/有楽座
所在地 : 兵庫県尼崎市神田北通5-140(1958年・1960年)、兵庫県尼崎市神田北通5-137(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「尼崎有楽座」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「有楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1963年以後1966年以前に阪神電車尼崎駅南側の「阪神東映」跡地に移転して「尼崎東映有楽座」に改称したと思われる。跡地はパチンコ店「キコーナ尼崎店」建物西側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
立花映画/立花映劇/立花東映/尼崎立花東映劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市七ツ松橋(1955年)、兵庫県尼崎市七松橘22(1960年)、兵庫県尼崎市七松橋22(1963年)、兵庫県尼崎市七ツ松橋22(1966年)
開館年 : 1948年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「立花映画」。1955年の映画館名簿では「立花映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「立花東映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「立花東映劇場」。1966年の映画館名簿では「尼崎立花東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「フェスタ立花南館」建物中央南側。最寄駅はJR神戸線立花駅。
尼ヶ崎東宝三都座/三都座/尼崎三都座
所在地 : 兵庫県尼崎市南城内144(1955年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1931年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1928年開館。1950年の映画館名簿では「尼ヶ崎東宝三都座」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「三都座」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「三都座」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「三都座映劇」。1966年の映画館名簿では「尼崎三都座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「尼崎市立中央図書館」南南東60mの民家群。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。読みは「みくにざ」。


1958年(昭和33年)の「三都座」の写真あり。1931年(昭和6年)に歌舞伎劇場として開館し、1933年(昭和8年)に映画上映館に転換した。1939年(昭和14年)に東宝の直営館となり、「東宝三都座」に改称した。*10

大正初期の尼崎には芝居小屋「清水座」が建てられ、浪花節などの興行を行っていた。戦前に栄えた本町通商店街に面しており、横山エンタツの実家に近かった。浪曲師の廣澤虎造も清水座を訪れている。当時の尼崎には清水座のほかに、「桜井座」や「三都座」などの芝居小屋があった。*11

戦前の尼崎にはいくつも劇場があり、城内にあった「三都座」はトーキー映画の封切館だった。戦後しばらくの三都座は東宝の封切館として営業し、スター俳優がキャンペーンで来館したりしていた。*12

1936年(昭和11年)4月1日には尼崎市と小田村が合併し、人口約12万4000人の新・尼崎市が誕生した。尼崎市商工共和会は「大尼崎合併」として祝賀している。1936年10月8日には南城内の「三都座」(みくにざ)で祝賀式が開催され、有吉實(ありよしみのる)市長が「大尼崎について」と題した講演を行った。*13
常光寺劇場/尼崎常光寺劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市常光寺西ノ町2-11(1958年)、兵庫県尼崎市常光寺西ノ町2(1960年)、兵庫県尼崎市常光寺西の町2-37(1963年)、兵庫県尼崎市常光寺西町2-37(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「常光寺劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「常光寺劇場」。1966年の映画館名簿では「尼崎常光寺劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「常光寺南公園」西側の戸建住宅地。最寄駅は阪神電鉄阪神本線杭瀬駅。洋画館だった。
住吉劇場/尼崎住吉劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市杭瀬大崩2(1955年)、兵庫県尼崎市杭瀬大崩11(1960年・1963年)、兵庫県尼崎市杭瀬町大崩11(1966年)
開館年 : 1939年12月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1939年12月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「住吉劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「住吉劇場」。1966年の映画館名簿では「尼崎住吉劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「喫茶&カラオケ圓」。杭瀬栄町EAST商店街沿い。最寄駅は阪神電鉄阪神本線杭瀬駅。新東宝中心の封切館だった。
尼崎東映/尼崎東映劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市神田北通5丁目(1958年)、兵庫県尼崎市神田北通5-137(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「尼崎東映」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「尼崎東映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「尼崎東映」。1966年の映画館名簿では「尼崎東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「キコーナ尼崎店」建物東側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
立花グランド/尼崎立花グランド/立花グランド劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市水堂字旭23(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「立花グランド映画館」。1963年の映画館名簿では「立花グランド」。1966年の映画館名簿では「尼崎立花グランド」。1968年のゼンリン住宅地図では「立花グランド映画館」。1969年の映画館名簿では「立花グランド劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「デュオ立花」建物北側。最寄駅はJR神戸線立花駅。
神崎銀映/尼崎神崎銀映
所在地 : 兵庫県尼崎市汐江東大寺(1955年)、兵庫県尼崎市汐江東大寺27-1(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「神崎銀映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「神崎銀映」。1966年・1969年の映画館名簿では「尼崎神崎銀映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「尼崎信用金庫潮江支店」。最寄駅はJR神戸線・福知山線尼崎駅。

1954年(昭和29年)6月20日の国鉄尼崎駅前にあった映画館「銀映」の写真あり。2008年(平成20年)現在の銀映跡地には「尼崎信用金庫潮江支店」が建っている。*14
長洲東映/尼崎長洲東映劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市杭瀬北新町3-48(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「長洲東映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「長洲東映」。1966年の映画館名簿では「尼崎長洲東映劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「長洲東映」。1969年の映画館名簿では「長洲東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「有限会社バンブーショッツ」を含む5軒分。「杭瀬自動車学校」のコースすぐ北。最寄駅は阪神電鉄阪神本線杭瀬駅。東映の封切館だった。
金星劇場/大物東映/尼崎大物東映劇場/大物映劇
所在地 : 兵庫県尼崎市北大物町(1960年)、兵庫県尼崎市北大物町54(1963年・1966年)、兵庫県尼崎市大物町54(1969年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「金星劇場」。1960年の映画館名簿では「金星劇場」。1963年の映画館名簿では「大物東映」。1964年の観光と産業の尼崎市住宅地図では「大物東映」。1966年の映画館名簿では「尼崎大物東映劇場」。1969年の映画館名簿では「大物映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「尼崎長洲郵便局」の西50mの民家群。最寄駅は阪神電鉄阪神本線・阪神なんば線大物駅。
第一劇場/第三新花月劇場/尼崎第三新花月劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和通9-328(1955年・1960年・1963年)、兵庫県尼崎市昭和北通9-328(1966年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1971年
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「第一劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「第三新花月劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「第三新花月劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「尼崎第三新花月劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「第三新花月劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では跡地に「新花月モータープール」。跡地はラブホテル「べんきょう部屋」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。

1957年(昭和32年)の映画館「第一劇場」の写真あり。1946年(昭和21年)にフランス映画『望郷』(1937年製作)で開館した。1957年には「第三新花月劇場」に改称したが、1971年(昭和46年)に閉館した。*15
東洋劇場/東洋第二劇場/東洋劇場・東洋第二劇場/尼崎東洋劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市神田北通3(1955年)、兵庫県尼崎市神田北通2-40(1960年)、兵庫県尼崎市神田北通2(1963年)、兵庫県尼崎市神田北通2-40(1966年・1969年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「東洋劇場」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「東洋劇場・東洋第三劇場・東洋第二劇場」。1960年の映画館名簿では「東洋第二劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「東洋映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東洋劇場・東洋第二劇場」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「尼崎東洋劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「東洋映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年・1976年のゼンリン住宅地図では跡地に「東洋モータープール(建)」。跡地はパチンコ店「グラン・パラダイス神田店」建物東側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

1958年(昭和33年)頃の神田北通にあった映画館「東洋劇場」の写真あり。1951年(昭和26年)にイギリス映画『大荒原』で開館し、洋画専門館として営業した。1953年(昭和28年)にアメリカでシネマスコープが開発されると、東洋劇場は同年中に早くもシネマスコープを導入した。1955年(昭和30年)には姉妹館の「東洋第二劇場」が開館し、やはり洋画を中心に上映した。*16
南座/尼崎南座
所在地 : 兵庫県尼崎市東御園町24(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「南座」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「阪神大映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「阪神大映劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎南座」。1968年のゼンリン住宅地図では「南座」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「土井ビルディング」建物南側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
新花月劇場/第一新花月劇場/尼崎第一新花月劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和通8-295(1955年)、兵庫県尼崎市昭和通8-258(1960年)、兵庫県尼崎市昭和通8-295(1963年)、兵庫県尼崎市昭和北通8-256(1969年・1973年)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 1973年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「新花月劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「第一新花月劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「第一新花月劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎第一新花月劇場」。1968年・1974年・1976年の住宅地図では「第一新花月劇場」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「片山興業ルート2モータープール」。跡地は2019年9月26日開店のスーパーマーケット「コノミヤ尼崎店」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。
尼ヶ崎映画劇場/尼崎映画/尼崎大映/尼映
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和通5-182(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1977年)
開館年 : 1939年12月
閉館年 : 1977年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1939年12月開館。1950年の映画館名簿では「尼ヶ崎映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「尼崎映画」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「尼崎大映」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎大映」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「尼崎大映」。1968年・1974年・1976年のゼンリン住宅地図では「尼崎大映」。1977年の映画館名簿では「尼映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「結婚式場平安閣(建)」。跡地はパチンコ店「a2パステ」が入る「南海ビル」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

1958年(昭和33年)頃の「尼崎大映」の写真あり。戦前の1939年(昭和14年)に「尼崎映画劇場」として開館し、「尼映」という通称で親しまれた。戦後は大映を中心に松竹・日活・新東宝の作品を上映していたが、1955年(昭和30年)頃に大映の封切館となって尼崎大映に改称した。*17
寿座
所在地 : 兵庫県尼崎市杭瀬北新町
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1982年3月30日
1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「寿座」。映画館ではなく大衆演劇場。跡地は「川西モータープール」北の民家数軒。

昭和30年代前半の杭瀬北新町にあった劇場「寿座」の館内の写真あり。1階席と2階席があり、「座壽」の文字が見える。浪曲師の日吉川秋水と秋水嬢の親子の公演の広告が見える。*18
尼崎大劇/尼崎OS/尼崎OS劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市神田北通2(1960年・1963年)、兵庫県尼崎市神田北通2-1(1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1983年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「大劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「尼崎大劇」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「尼崎OS劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎OS」。1968年・1974年・1976年のゼンリン住宅地図では「尼崎OS劇場」。1980年の映画館名簿では「尼崎OS劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1階に「ローソン阪神尼崎駅北店」が入る「太陽ビルディング」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
出屋敷東映/日栄劇場/尼崎日栄劇場/尼崎日栄松竹/尼日栄にっかつ劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市宮内町2(1955年)、兵庫県尼崎市宮内町2-41(1960年)、兵庫県尼崎市宮内町2-81(1963年)、兵庫県尼崎市宮内町2-41(1966年・1969年・1973年)、兵庫県尼崎市宮内町2-81(1980年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1985年
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「日栄劇場」。1963年の映画館名簿では「日栄映画劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「日栄劇場」。1966年の映画館名簿では「尼崎日栄劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「2階 日栄劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎日栄松竹」。1974年のゼンリン住宅地図では(おそらく単独施設として)「日栄劇場」。1976年のゼンリン住宅地図では「2階 出屋敷東映」。1980年・1985年の映画館名簿では「尼日栄にっかつ劇場」。1980年のゼンリン住宅地図では「日栄センター 2階尼日栄にっかつ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「MAXISビル」建物南側。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。

1964年(昭和39年)の「日栄劇場」の写真あり。1952年(昭和27年)に松竹と東映の封切館として開館した。1973年(昭和48年)には「出屋敷東映」に改称して東映の封切館となった。1979年(昭和54年)には「尼日栄にっかつ劇場」に改称してリニューアルオープンしたが、1985年(昭和60年)に閉館した。その後、火災で焼け出された天満演舞場が尼日栄にっかつ劇場の建物に移ってきた。*19
若草映画劇場/尼崎若草劇場/尼崎若草東映劇場/若草劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市南竹谷町2-109(1960年)、兵庫県尼崎市竹谷町2-109(1963年)、兵庫県尼崎市南竹谷町2-109(1966年)、兵庫県尼崎市竹谷町2-109(1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1983年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「若草劇場」。1963年の映画館名簿では「尼崎若草劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「若草映劇」。1966年の映画館名簿では「尼崎若草東映劇場」。1968年・1976年のゼンリン住宅地図では「若草映劇」。1969年・1973年の映画館名簿では「若草映画劇場」。1974年・1980年の住宅地図では「若草映劇」。1980年の映画館名簿では「若草劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サンライフ若草」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。

1957年(昭和32年)の若草映画劇場の写真あり。1955年(昭和30年)に東宝の『ジャンケン娘』と東映の『獅子丸一平』で開館し、邦画各社の作品を上映した。1983年(昭和58年)に閉館し、大衆演劇場「出屋敷天満演舞場」に代わったが、1985年(昭和60年)に火災で全焼した。*20
尼崎松竹映画劇場/尼崎松竹
所在地 : 兵庫県尼崎市杭瀬西14(1955年・1960年)、兵庫県尼崎市杭瀬字西14(1963年)、兵庫県尼崎市杭瀬町西14(1966年)、兵庫県尼崎市杭瀬西14(1969年)、兵庫県尼崎市杭瀬町西14(1973年)、兵庫県尼崎市杭瀬西14(1980年・1982年)
開館年 : 1940年12月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1950年の映画館名簿では「尼ヶ崎松竹」。1953年・1955年の映画館名簿では「尼崎松竹」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎松竹映画劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「尼崎松竹」。1968年・1974年・1976年のゼンリン住宅地図では「尼崎松竹」。1980年・1982年の映画館名簿では「尼崎松竹」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「マクドナルド2号線尼崎店」駐車場。最寄駅は阪神電鉄阪神本線杭瀬駅。「尼松」とも呼ばれた。杭瀬駅前すぐにあった「松竹映画/松竹映画劇場」とは異なるので注意。

1958年(昭和33年)頃の杭瀬南新町にあった「尼崎松竹」の写真あり。1940年(昭和15年)10月には娯楽規制でダンスホール「阪神会館ダンスパレス」が閉鎖され、12月にはこのダンスホールを改装して尼崎松竹が開館した。1945年(昭和20年)6月15日には尼崎空襲で被災したが、鉄筋コンクリート造だったために焼け残った。1946年(昭和21年)には上映を再開し、洋画セントラル系の封切館となった。*21
尼崎日本劇場/日本劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和南通4-66(1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1990年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「日本劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「日本劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎日本劇場」。1968年・1974年・1976年・1980年のゼンリン住宅地図では「日本劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「日本劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「パークンパーク昭和南通」。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

1958年(昭和33年)頃の昭和南通にあった「日本劇場」の写真あり。1955年(昭和30年)に『キッスで殺せ!』と『日本人の勲章』で開館した。当初は洋画の封切館だったが、1957年(昭和32年)には日活と新東宝の封切館となった。*22
尼崎第二新花月劇場/第二新花月劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和通8(1955年)、兵庫県尼崎市昭和通8-268(1960年)、兵庫県尼崎市昭和北通8-268(1963年・1966年・1969年・1973年)、兵庫県尼崎市西難波町4-5-9(1980年・1990年)
開館年 : 1954年
閉館年 : 1990年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二新花月劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「第二新花月劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「尼崎第二新花月劇場」。1968年・1974年・1976年・1980年のゼンリン住宅地図では「第二新花月劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「第二新花月劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ラウンドワン尼崎店」立体駐車場。最寄駅は阪神電鉄阪神本線出屋敷駅。

1957年(昭和32年)頃の「第二新花月映劇」の写真あり。1954年(昭和29年)の開館後には邦画各社の作品を上映していたが、やがて大映の封切館となり、1956年(昭和31年)にはスクリーンをシネマスコープに改修して洋画専門館となった。第一から第三まであった新花月劇場の中ではもっとも遅くまで残っていたが、1990年(平成2年)に隣接する昭和市場の火災が類焼して閉館した。*23
尼ヶ崎名画劇場香月/香月劇場/グランドシネマ/尼崎グランド劇場/尼崎グランドシネマ/グランドシネマ1・2
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和通4-152(1955年・1960年・1963年)、兵庫県尼崎市昭和南通4-152(1966年・1969年)、兵庫県尼崎市東難波町5-16-20(1980年・1990年)、兵庫県尼崎市東難波町5-16-20 ラ・ティエラ2階(2000年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1993年8月
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1950年の映画館名簿では「尼ヶ崎名画劇場香月」。1953年・1955年の映画館名簿では「香月劇場」。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「グランドシネマ劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「グランドシネマ」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「グランドシネマ劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「尼崎グランドシネマ」。1968年・1974年・1976年・1980年のゼンリン住宅地図では「グランドシネマ劇場」。1973年の映画館名簿では「尼崎グランド劇場」。1980年の映画館名簿では「尼崎グランドシネマ」。1990年の映画館名簿では「グランドシネマ1・2」(2館)。1993年8月閉館。跡地は1996年3月竣工のアパート「ラ・ティエラ」。1996年4月13日に「シネ・ラ・ティエラ」が開館。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
尼崎中央劇場/尼崎東宝/尼崎東宝劇場
所在地 : 兵庫県尼崎市神田北通3∸63(1958年)、兵庫県尼崎市神田北通3-39(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1994年4月10日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の尼崎市全産業住宅案内図帳では「中央劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「尼崎中央劇場」。1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では「尼崎東宝劇場」。1963年の映画館名簿では「尼崎東宝」。1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「尼崎東宝劇場」。1968年・1974年・1976年・1980年のゼンリン住宅地図では「尼崎東宝劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「サンパーク供廖最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。
尼崎シネ・ラ・ティエラ1・2
所在地 : 兵庫県尼崎市東難波町5-16-20 ラ・ティエラ2階(2000年)
開館年 : 1996年4月13日
閉館年 : 2002年9月1日
「尼崎グランドシネマ」と同一地点。1996年3月竣工のアパート「ラ・ティエラ」に開館。2000年の映画館名簿では「尼崎シネ・ラ・ティエラ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地のアパート「ラ・ティエラ」は現存。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

1993年8月には尼崎市東難波町5丁目の映画館「尼崎グランドシネマ」が閉館した。1996年4月13日、跡地をそのまま利用して映画館「シネ・ラ・ティエラ」が開館する。10階建てビルの2階に「ティエラ1」(100席)と「ティエラ2」(50席)の2スクリーンがある。最新のビデオシアターシステムを導入。身体障碍者はエレベーターで入場できる。運営は毎日興業。オープニング作品はティエラ1が『地獄堂霊界通信』、ティエラ2が『美味しんぼ』。*24
つかしんホール
所在地 : 兵庫県尼崎市塚口本町4-8-1(1998年・2000年)
開館年 : 1995年以後1998年以前
閉館年 : 2006年4月29日?
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1998年・2000年の映画館名簿では「つかしんホール」。1998年の映画館名簿では鉄筋造1階、390席、経営会社が株式会社近畿映画劇場、経営者が林宏、支配人が隅倉吉晴、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「グンゼタウンセンターつかしんひがしまち南館」。最寄駅は阪急伊丹線稲野駅。
尼崎パレス座/尼崎パレス
所在地 : 兵庫県尼崎市昭和南通4-52(1982年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年)、兵庫県尼崎市昭和南通4-52 アライビル4階(現在)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : 尼崎パレス
1963年の尼崎全産業住宅案内図帳では後のアライビルの場所に「旅館さくら荘」。1968年のゼンリン住宅地図では後のアライビルの場所に「旅館さくら荘」。1976年のゼンリン住宅地図では後のアライビルの場所に「ひかりモータープール」。1980年のゼンリン住宅地図ではこの場所に「アライビル」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の映画館名簿では経営者・支配人ともに田中弘、鉄筋造4階、63席、成人映画を上映。1982年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「尼崎パレス」。成人映画館。最寄駅は阪神電鉄阪神本線尼崎駅。

「尼崎パレス」に言及している書籍として、高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年がある。*25

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
塚口第一劇場・塚口第二劇場/塚口第一劇場・塚口第二劇場・塚口第三劇場/尼崎塚口東映劇場・尼崎塚口第二劇場・尼崎塚口第三劇場/塚口サンサン劇場・塚口シネマ・塚口ロマン/塚口サンサン劇場1・2・3・4
所在地 : 兵庫県尼崎市上坂部(1955年)、兵庫県尼崎市塚口町825(1960年)、兵庫県尼崎市上坂部森825(1963年)、兵庫県尼崎市上坂部南口825(1966年・1969年)、兵庫県尼崎市南塚口町2-8-1(1973年)、兵庫県尼崎市南塚口町2-1-1-103(1980年・1990年・2000年・2010年)、兵庫県尼崎市南塚口町2-1-1-103 さんさんタウン1番館(現在)
開館年 : 1953年12月(第一)、1954年8月(第二)、1978年7月7日(新築)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 塚口サンサン劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月・1954年8月開館。1955年の映画館名簿では「塚口第一劇場・塚口第二劇場」(2館)。1960年・1963年の映画館名簿では「塚口東映・塚口第二劇場・塚口第三劇場」(3館)。1966年の映画館名簿では「尼崎塚口東映劇場・尼崎塚口第二劇場・尼崎塚口第三劇場」(3館)。1969年・1973年の映画館名簿では「塚口第一劇場・塚口第二劇場・塚口第三劇場」(3館)。1980年の映画館名簿では「塚口サンサン劇場・塚口シネマ・塚口ロマン」(3館)。1990年・1995年・2000年・2010年の映画館名簿では「塚口サンサン劇場1・2・3・4」(4館)。最寄駅は阪急神戸本線・伊丹線塚口駅。4スクリーンの映画館。

1975年(昭和50年)の「塚口東映」と「塚口第二劇場」の写真あり。1953年(昭和28年)から1955年(昭和30年)にかけて開館し、第二劇場の東側には第三劇場もあった。1977年(昭和52年)には駅前再開発のためにいったん閉館し、1978年(昭和53年)には塚口さんさんタウン内で「塚口サンサン劇場」が開館した。戦後の映画ブーム期から続く尼崎市唯一の映画館である。*26

「塚口サンサン劇場」は1948年(昭和23年)に開館し、塚口駅前の再開発や阪神淡路大震災も乗り越えた。東宝や松竹の封切館であるが、2011年(平成23年)秋からミニシアター系の作品も上映している。第1弾は特撮番組を映画化した『電人ザボーガー』であり、全国で唯一35mmフィルムで上映したことで、首都圏からも観客が集まって大盛況だった。園子温監督などの個性派作品、『海洋天堂』や『人生、ここにあり!』などのドラマ作品も上映し、ジョニー・トー監督やピーター・チャン監督などアジアの有名監督作品も上映している。スタッフの戸村文彦(36)は、神戸市の「西灘劇場」(2004年閉館)や西脇市の「西脇大劇」(2007年閉館)などでも働いた経験がある。*27

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
MOVIXココエあまがさき/MOVIXあまがさき
所在地 : 兵庫県尼崎市潮江1-3-1 あまがさきキューズモール内
開館年 : 2009年10月20日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿では「MOVIXココエあまがさき1-11」(11館)。最寄駅はJR神戸線・福知山線尼崎駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます