閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


奈良市

奈良市中心部

中井座
所在地 : 奈良県奈良市木辻瓦堂町(1930年)、奈良県奈良市瓦堂町(1936年)
開館年 : 1909年
閉館年 : 1945年以前
Wikipedia : 瓦堂の芝居小屋
1930年・1936年の映画館名簿では「中井座」。1930年の映画館名簿では経営者が中井勝基、支配人が前野緑暁、定員1500、東亜を上映。1936年の映画館名簿では経営者が三木安三郎、支配人が西山貞稱、定員1500、日活・新興キネマを上映。
スター会館
所在地 : 奈良県奈良市南市町24(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「スター会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
奈良セントラル劇場/奈良セントラル/奈良日活
所在地 : 奈良県奈良市(1950年)、奈良県奈良市角振町(1953年・1955年)、奈良県奈良市角振新屋町(1958年・1960年)
開館年 : 1947年2月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿では「奈良セントラル劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「奈良セントラル」。1960年の映画館名簿では「奈良日活」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
あやめ池大劇場/あやめ池大劇
所在地 : 奈良県奈良市西大寺町1152(1960年)、奈良県奈良市西大寺町(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「あやめ池大劇場」。1963年の映画館名簿では「あやめ池大劇」。1966年のゼンリン住宅地図では「大劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「近畿大学付属幼稚園」。最寄駅は近鉄奈良線菖蒲池駅。
来映劇場
所在地 : 奈良県奈良市北京終町351(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「来映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
南都劇場/南都洋劇/南都日活/奈良南部日活劇場
所在地 : 奈良県奈良市花芝町(1955年)、奈良県奈良市花芝町7(1960年)、奈良県奈良市花芝町(1963年)、奈良県奈良市花芝町7(1966年)
開館年 : 1954年7月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1954年7月開館。1955年の映画館名簿では「南都劇場」。1960年の映画館名簿では「南都洋劇」。1963年の映画館名簿では「南都日活」。1966年の映画館名簿では「奈良南部日活劇場」。1966年のゼンリン住宅地図では「南都劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1976年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。1984年のゼンリン住宅地図では跡地に「プラザ花芝」。現在の跡地は「プラザ花芝」。
友楽座
所在地 : 奈良県奈良市三条通(1953年・1955年・1958年)、奈良県奈良市下三条通(1960年)、奈良県奈良市三条通(1963年)、奈良県奈良市下三条通(1966年・1969年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1969年12月14日
1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「友楽座」。1966年・1969年の映画館名簿では「奈良友楽座」。1969年12月14日に焼失して閉館。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
尾花座/奈良尾花劇場/尾花劇場
所在地 : 奈良県奈良市菩提町(1955年)、奈良県奈良市菩提町1110(1960年)、奈良県奈良市菩提町(1963年)、奈良県奈良市菩提町1110(1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1909年(劇場の尾花座)、1920年(映画館の尾花劇場)
閉館年 : 1980年2月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「尾花劇場」。1960年の映画館名簿では「尾花座」。1963年の映画館名簿では「尾花劇場」。1966年・1976年のゼンリン住宅地図では「尾花劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「奈良尾花劇場」。1980年の映画館名簿では「尾花劇場」。1984年のゼンリン住宅地図では跡地に「ホテルサンルート奈良」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。現在の跡地は「ホテルサンルート奈良」。奈良市で初めて活動写真の興行を行った劇場。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。

1909年に劇場の尾花座として開館。1920年に映画館化して尾花劇場に改称。1980年2月閉館。跡地は1981年開業の「ホテルサンルート奈良」。奈良市で初めて映画興行を行った劇場。ホテルの入口前には尾花座の石碑がある。ホテル内の日本料理店「おばな」は尾花座に由来する。

1955年頃の「尾花劇場」の写真あり。*1

「尾花座」の歴史は古く、開館は1899年(明治32年)以前に遡るとされる。明治末期の奈良市には尾花座のほかに、瓦堂町の「中井座」や北半田町の「寧楽座」などの芝居小屋もあった。尾花座は1918年(大正7年)に解散し、中野商会に譲渡されると、1920年(大正9年)に改装されて「尾花劇場」が開館した。『愛染かつら』の上映時には1万人以上の観客を集めた。尾花劇場は松竹専門館だった。1980年(昭和55年)に閉館し、跡地にはホテルサンルート奈良が建った。1946年の尾花劇場の写真あり。「場劇花尾」の文字が見える。*2

1909年(明治42年)に設立された芝居小屋「尾花座」は、1920年(大正9年)に常設映画館「尾花劇場」となった。1953年(昭和28年)9月15日に公開された『君の名は』は3部作とも大ヒットした。現在のならまちセンターの筋向かいにあった。1953年(昭和28年)の尾花劇場に並ぶ長蛇の列の写真あり。1953年(昭和28年)の『忠臣蔵』上映中の尾花劇場の写真あり。尾花劇場は1980年(昭和55年)に閉館し、跡地はホテルサンルート奈良となった。*3

正確な開館年は不明だが明治30年代にはすでに尾花座が開館しており、1909年(明治42年)に大改築した。その後大阪で映画興行会社を経営していた中野某が購入し、1920年(大正9年)7月に映画館の尾花劇場となった。こけら落としは中村扇太郎一座による芝居。1921年(大正10年)には無声映画『実録忠臣蔵』を上映し、この際に大入り満員となった記念の奉献額は現在もホテルに遺っている。戦時中は洋画を上映できず、戦争関連映画ばかりを上映した。戦後には1945年(昭和20年)8月23日から営業を再開した。1945年(昭和20年)から1946年(昭和21年)に上映した『愛染かつら』は記録的な入場者数。ピーク時には1日11,000人が入館した。『燃えよドラゴン』や『未知との遭遇』もヒット。1980年(昭和55年)に閉館した。跡地にはホテルサンルート奈良が営業している。2018年(平成30年)9月20日から9月22日には、跡地のホテルサンルート奈良がなら国際映画祭の会場となり、“尾花座が復活”と銘打って、『裸の島』『地蔵とリビドー』などを上映した。*4

2018年9月から10月8日まで、奈良市史料保存館で「尾花座 芝居小屋から映画館へ」が開催されている。なら国際映画祭に合わせた企画展示。明治30年代にはすでに猿沢池付近で興行を行っており、当初は歌舞伎や落語などだった。1920年には尾花劇場に改称して映画館となった。1979年に閉館し、跡地はホテルサンルート奈良となっている。サンルート奈良では9月21日から9月23日に映画上映会を開催する。*5
中央映画劇場//中央映劇/奈良中央劇場/中央劇場
所在地 : 奈良県奈良市南市町(1953年・1955年)、奈良県奈良市南中町24(1958年)、奈良県奈良市南市町(1960年・1963年)、奈良県奈良市南市町24(1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「中央映劇」。1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「中央映劇」。1966年・1976年のゼンリン住宅地図では「中央映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「奈良中央劇場」。1980年の映画館名簿では「中央劇場」。1984年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。晩年は成人映画館。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。
奈良ニュース映画館/奈良映画劇場/奈良映劇/奈良東映劇場/奈良東映
所在地 : 奈良県奈良市角振町(1955年)、奈良県奈良市角振町1(1960年)、奈良県奈良市三条通(1963年・1966年・1969年・1973年)、奈良県奈良市角振町6(1980年)、奈良県奈良市角振新屋町6番地(1985年)
開館年 : 1942年3月1日
閉館年 : 1989年4月7日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「奈良映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「奈良映劇」。1960年の映画館名簿では「奈良東映」。1966年・1976年・1984年のゼンリン住宅地図では「奈良東映」。1969年の映画館名簿では「奈良東映劇場」。1980年の映画館名簿では「奈良東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。後継館は「シネマデプト友楽1-5」。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。

1942年(昭和17年)3月、奈良市角振町の観光大和歴史館の跡地に「奈良ニュース映画館」が開館した。1944年(昭和19年)8月、「奈良映画劇場」(奈良映劇)に改称した。1949年(昭和24年)8月13日、建物を新築して再開館した。1957年(昭和32年)1月、「奈良東映」に改称し、東映の専属系統館になった。三条通を改修する際、「シネマデプト友楽」として新装開館した。1949年の新築開館時の写真あり。「奈良映劇」「nara Eigeki」の文字が見える。*6
奈良スカラ座/友楽スカラ座
所在地 : 奈良県奈良市角振町1(1973年・1980年)、奈良県奈良市角振新屋町1(1985年・1990年)
開館年 : 1970年3月8日
閉館年 : 1990年10月31日
1973年の映画館名簿では「奈良スカラ座」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「友楽スカラ座」。1976年のゼンリン住宅地図では「3階 友楽スカラ座」。1984年のゼンリン住宅地図では「友楽観光ビル 3階 友楽スカラ座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2013年竣工のマンション「ファインフラッツ奈良町三条」(西棟)。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。
観光会館地下劇場/奈良観光会館地下劇場
所在地 : 奈良県奈良市東向南町(1973年)、奈良県奈良市東向南町21(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1968年
閉館年 : 2009年3月13日
1966年のゼンリン住宅地図では後の映画館の場所に「奈良大丸」。1969年・1973年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「観光会館地下劇場」。1976年のゼンリン住宅地図では「奈良観光会館 地下 地下映画劇場」。1984年のゼンリン住宅地図では「奈良観光会館 地下1階 松竹地下劇場」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「奈良観光会館地下劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。建物の「奈良観光会館」は現存。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。

2009年(平成21年)3月13日をもって、奈良市東向南町にある映画館「観光会館地下劇場」が閉館する。主にテナント業を営む南都興業が運営。奈良市花芝町にあった南都日活が前身であり、1968年(昭和43年)頃に松竹邦画専門の映画館として現在地に開館した。客席数は156席。現在は奈良県でもシネコンが主流であり、奈良県で最後まで残った単一スクリーンの映画館だった。シネコンとは異なり指定席や完全入替制を採用せず、年配の映画ファンに根強い支持を受けていた。近年ではヒット作が近隣のシネコン「奈良シネマデプト友楽」(8スクリーン)で同時上映されるため、大幅な赤字に陥っていた。2007年(平成19年)には近鉄京都線高の原駅前にシネコン「ワーナーマイカルシネマズ高の原」が開館し、赤字が拡大していた。5年前と比べて入館者数は半減していた。*7

2009年(平成21年)3月13日をもって、奈良市東向南町にある映画館「観光会館地下劇場」が閉館する。154席の1スクリーンを有し、奈良県唯一の単館映画館だった。シネコンの台頭で観客数の減少が進んだため。前身は奈良市花芝町にあった「南都日活」であり、1968年(昭和43年)に近鉄奈良駅近くの東向商店街に移転した。松竹作品の専門館だった。1987年公開の『男はつらいよ 寅次郎物語』は奈良県で撮影があり、船本政一支配人(73)は宿泊場所の手配・弁当の手配・エキストラ佐賀市などを手伝った。1990年代以降には観光会館地下劇場の近くにシネコンが開館し、観客数は年々減少。南都興業の他事業での赤字の穴埋めが厳しくなり、閉館が決定した。*8
友楽会館/奈良シネマデプト友楽イーストシネマ6・7・8
所在地 : 奈良県奈良市三条通(1955年・1958年)、奈良県奈良市角振町1(1960年)、奈良県奈良市三条通(1963年)、奈良県奈良市角振町1(1966年・1969年・1973年・1980年)、奈良県奈良市角振新屋町1(1990年・2010年)
開館年 : 1954年12月15日
閉館年 : 2010年1月31日
『全国映画館総覧 1955』では1954年12月開館。1954年12月15日に「友楽大劇場・友楽洋画劇場」(2館)の友楽会館が開館。1955年の映画館名簿では「友楽会館・友楽小劇場」。1958年の映画館名簿では「友楽会館・友楽会館洋画劇場」。1966年のゼンリン住宅地図では「友楽会館 1階 友楽大劇場 3階 友楽洋酒館」。1976年のゼンリン住宅地図では「友楽会館 1階友楽大劇 3階 友楽映劇」。1984年のゼンリン住宅地図では「友楽会館 1階・2階 大劇場 3階 友楽映劇」。1990年10月31日に友楽会館が閉館。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年12月14日に「奈良シネマデプト友楽イーストシネマ6・7・8」(3館)が開館。2010年1月31日閉館。跡地は2013年竣工のマンション「ファインフラッツ奈良町三条」(南棟)。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。

1946年(昭和21年)10月、奈良市下三条町に「友楽座」が開館した。1954年(昭和29年)12月、三条通の一角に鉄筋コンクリート造5階建ての友楽会館が竣工し、1階には奈良県で初めてシネマスコープ設備を有する「友楽大劇場」が、2階には「友楽洋画劇場」が入った。2008年現在は後継の友楽ビルにゲームセンター・モータープール・居酒屋などが入っている。1957年(昭和32年)の写真あり。*9

1954年(昭和29年)、奈良市の三条通の一角に谷井興行が運営する総合レジャービル「友楽会館」がオープンした。冷暖房が完備された鉄筋コンクリート造5階建てのビルであり、当時の奈良市には5階建てのビルは他に存在しなかった。1954年(昭和29年)の杮落とし公演時の写真あり。*10

1996年12月14日、奈良市角振町の映画館「シネマデプト友楽」(5館計862席)の50m東に、「シネマデプト友楽EAST」(3館計426席)が開館する。谷井勇夫社長によると、5館から8館に増えることで、大阪の映画館より封切りが遅れるケースがなくなるという。*11

1997年6月21日、奈良市角振町の映画館「シネマデプト友楽EAST」で、奈良市在住の映画監督である河鹹照らによるトークショーが開催された。矢口史靖監督作『ひみつの花園』の上映後、河瀬と矢口が軽妙にトークした。*12

2010年1月末をもって、奈良市角振町の映画館「シネマデプト友楽」が閉館する。太平洋戦争中の1942年、奈良の興行界をリードした谷井友三郎が「奈良ニュース映画館」として開館させた。1990年にはシネコン形態となり、別館を含めて8スクリーンを有していた。2009年9月には『週刊文春』によっておすすめシネコンの全国ベスト10に選ばれている。2009年3月には奈良観光会館地下劇場も閉館している。これによって県庁所在地の奈良市から映画館がなくなる。1月29日から1月31日には「さよならイベント 3days」を開催し、『ローマの休日』、『おくりびと』などを500円で上映する。*13
奈良シネマデプト友楽シネマ1-5
所在地 : 奈良県奈良市角振町6(2010年)
開館年 : 1990年12月15日
閉館年 : 2010年1月31日
跡地は「奈良フコク生命ビル」。最寄駅は近鉄奈良線近鉄奈良駅。

1990年末には奈良市角振町に5スクリーンの「シネマデプト友楽」が開館した。チケット売り場を集中させる工夫や、出前上映会の開催などで、経営状態はまずまずである。*14

2010年1月31日をもって、奈良市角振町の映画館「シネマデプト友楽」が閉館する。近鉄奈良駅近くにあり、68年に渡って奈良市民に親しまれた。郊外に相次いでシネコンが開館したことで観客を奪われた。47都道府県の県庁所在地では唯一、映画館が存在しない市となる。戦時中の1942年、友楽創業者の谷井友三郎によって「奈良ニュース映画館」として開館し、戦記映画を上映した。1954年には2スクリーンを有する友楽会館が開館し、俳優の長谷川一夫や歌手の美空ひばりが公演に訪れた。『サウンド・オブ・ミュージック』や『ロミオとジュリエット』などの名作が上映された。1990年には奈良県でいち早くシネコン形式に改装したが、2000年以後には橿原市や京都府木津川市などに大手映画制作会社系のシネコンが相次いで開館し、観客数は10年前に比べて半減した。1960年頃の奈良市には11館の映画館があったが、相次いで閉館してホテルや駐車場などに変わっていった。県庁所在地では4年前に前橋市や徳島市でも映画館がなくなったことがあったが、地元映画ファンなどの熱意が実って2年以内に新規開館している。(「『シネマデプト友楽』31日閉館 県都で唯一映画館ゼロに」『読売新聞』2010年1月27日))

2009年12月31日の『奈良新聞』には2010年1月末に「シネマデプト友楽」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*15

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます