閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


徳島市

徳島市は徳島市の映画館を参照。

東部

鳴門市

清光座
所在地 : 徳島県板野郡撫養町(1930年)、徳島県鳴門市(1950年)、徳島県鳴門市撫養町林崎(1953年・1955年)、徳島県鳴門市撫養町(1958年)
開館年 : 1912年9月
閉館年 : 1960年
『全国映画館総覧 1955』によると1912年9月開館。1930年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「清光座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「林崎公園」。最寄駅はJR鳴門線鳴門駅。

城下豊栄『撫養町』撫養町役場、出版年不明には「清光座」「朝日座」「大道劇場」「新開地劇地」(※新開地劇場ではない)が描かれている。*1

撮影年不明の鳴門市撫養町林崎字北殿町にあった「清光座」の写真あり。もともとは演芸場であり、南浜の「朝日座」と両翼を担う芝居常設館だった。戦後には映画館に転換し、大映と新東宝の洋画を上映した。1960年に閉館し、1985年現在の跡地は児童公園になっている。*2
大道劇場/鳴門大劇/鳴門松竹
所在地 : 徳島県鳴門市撫養町南浜(1955年)、徳島県鳴門市撫養町(1958年)、徳島県鳴門市撫養町南浜(1960年)
開館年 : 1934年3月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿では「大道劇場」。1958年の映画館名簿では「鳴門大劇」。1960年の映画館名簿では「鳴門松竹」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

城下豊栄『撫養町』撫養町役場、出版年不明には「清光座」「朝日座」「大道劇場」「新開地劇地」(※新開地劇場ではない)が描かれている。*3
聖天座
所在地 : 徳島県板野郡堀江村(1953年)、徳島県板野郡堀江町(1955年)、徳島県板野郡堀江町大谷(1958年)、徳島県板野郡大麻町堀江(1960年)、徳島県板野郡大麻町大谷(1963年)
開館年 : 1946年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年4月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「聖天座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
鳴門東宝
所在地 : 徳島県鳴門市撫養町南浜(1958年・1960年)、徳島県鳴門市撫養町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鳴門東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽座/大麻喜楽座
所在地 : 徳島県板野郡板東町字板東(1953年)、徳島県板野郡板東町(1955年・1958年)、徳島県板野郡大麻町板東(1960年・1966年)、徳島県鳴門市大麻町板東(1969年・1973年)
開館年 : 1926年12月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1926年12月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「喜楽座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大麻喜楽座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。

撮影年不明の板東町にあった「喜楽座」の写真あり。「KIRAKUZA」の文字が見える。1926年12月に開館、1927年正月にこけら落としを行った。戦後は映画館に転換し、『君の名は』は多数の観客を集めた。堀江町の「聖天座」も同一の経営者だった。*4

撮影年不明の鳴門にあった「喜楽座」の写真あり。「KIRAKUZA」の文字が見える。1927年に開館し、戦後に映画専門館となった。*5
東映劇場/鳴門東映/鳴門かぶと劇場
所在地 : 徳島県鳴門市(1950年)、徳島県鳴門市撫養町本通(1953年・1955年)、徳島県鳴門市撫養町(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年5月開館。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「東映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「鳴門東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「鳴門かぶと劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
鳴門セントラル/鳴門セントラル劇場/鳴門シネマ
所在地 : 徳島県鳴門市撫養町(1963年)、徳島県鳴門市撫養町斎田(1966年)、徳島県鳴門市撫養町(1969年・1973年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年の映画館名簿では「鳴門セントラル」。1969年の映画館名簿では「鳴門セントラル劇場」。1973年の映画館名簿では「鳴門シネマ」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日座/鳴門朝日座
所在地 : 徳島県鳴門市撫養町(1960年・1963年)、徳島県鳴門市撫養町本通(1966年・1969年)、徳島県鳴門市撫養町本通町(1973年)、徳島県鳴門市撫養町本通(1976年)、徳島県鳴門市撫養町斉田字浜端80(1980年)
開館年 : 1938年5月
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年5月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「朝日座」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「鳴門朝日座」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「やまちゅう宮本商店」。最寄駅はJR鳴門線鳴門駅。

城下豊栄『撫養町』撫養町役場、出版年不明には「清光座」「朝日座」「大道劇場」「新開地劇地」(※新開地劇場ではない)が描かれている。*6
資料館「キネマ・ミュージアム」
所在地 : 徳島県鳴門市瀬戸町明神字上本城83-9
開館年 : 2012年8月頃
閉館年 : 営業中?

小松島市

小松島映画劇場/小松島映劇
所在地 : 徳島県勝浦郡小松島町(1950年)、徳島県小松島市仲町(1953年)、徳島県小松島市中町(1955年)、徳島県小松島市小松島町(1958年・1960年)
開館年 : 1935年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年8月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「小松島映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「小松島映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
坂野劇場/小松島坂野劇場
所在地 : 徳島県小松島市坂野町29(1958年・1960年)、徳島県小松島市坂野町(1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「坂野劇場」。1966年の映画館名簿では「小松島坂野劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
南海座/小松島南海座
所在地 : 徳島県小松島市二条通(1955年・1958年)、徳島県小松島市小松島町(1960年・1963年)、徳島県小松島市二条通(1966年・1969年)
開館年 : 1933年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1933年10月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「南海座」。1966年の映画館名簿では「小松島南海座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

吉田初三郎『景勝之小松島町鳥瞰之図』徳島県小松島町役場、1934年には「南海座」「日昇館」「常盤座」が描かれている。*7
港東映/小松島港東映劇場
所在地 : 徳島県小松島市新港(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「港東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「小松島港東映劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
小松島第一劇場
所在地 : 徳島県勝浦郡小松島町(1950年)、徳島県小松島市二条通(1953年・1958年)、徳島県小松島市小松島町(1960年・1963年)、徳島県小松島市二条通(1966年・1969年・1973年・1976年)、徳島県小松島市二条通り字外開7-5(1980年・1982年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1950年・1953年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年の映画館名簿では「小松島第一劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
港新劇/小松島港新劇
所在地 : 徳島県小松島市新港(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、徳島県小松島市新港25(1976年・1980年)、徳島県小松島市新港35(1985年)
開館年 : 1956年4月1日
閉館年 : 1985年以後1988年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「港新劇」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「小松島港新劇」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年4月1日、小松島市新港にシネスコ劇場「ミナト新劇」が開館した。館主は高瀬芳太郎、支配人は桂久雄。総坪数573坪、座席定員350。*8

吉野川市

鴨島東宝劇場/鴨島東宝
所在地 : 徳島県麻植郡鴨島町(1960年)、徳島県鴨島町鴨島436(1966年)、徳島県麻植郡鴨島町(1969年・1973年・1976年)、徳島県麻植郡鴨島町鴨島436-10(1980年・1982年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鴨島東宝」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「鴨島東宝劇場」。1976年・1980年・1982年の映画館名簿では「鴨島東宝」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤原酒店」東にある文楽地区関係者用の月極駐車場。最寄駅はJR徳島線鴨島駅。

『三好・美馬・阿波・吉野川の今昔 保存版』郷土出版社、2008年、p.99に掲載されている。現物は未確認。*9
シネマコレクション/鴨島シネマ
所在地 : 徳島県麻植郡鴨島町上下島125(1995年・2000年)
開館年 : 1992年以後1995年以前
閉館年 : 2000年以後2005年以前
1990年・1992年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の映画館名簿では「シネマコレクション」。2000年の映画館名簿では「鴨島シネマ」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。国道192号の拡幅工事のために2007年取り壊しの「鴨島書店」2階にあった。跡地は学習塾「個別指導Axis 鴨島校」などが入る「泰栄ビル」。

阿波市

御所劇場
所在地 : 徳島県板野郡御所村吉田(1953年)、徳島県板野郡御所村(1955年)、徳島県板野郡土成町吉田43-3(1958年)、徳島県板野郡土成町御所(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「御所劇場」。
一条座
所在地 : 徳島県板野郡一条町西条(1955年)、徳島県板野郡一条町(1958年)、徳島県板野郡吉野町一条(1960年)、徳島県板野郡吉野町(1963年)
開館年 : 1947年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・の映画館名簿では「一条座」。

勝浦郡勝浦町

映画館名簿によると勝浦郡勝浦町に映画館は存在しなかったと思われる。

勝浦郡上勝町

映画館名簿によると勝浦郡上勝町に映画館は存在しなかったと思われる。

板野郡北島町

北島文化劇場
所在地 : 徳島県板野郡北島町(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「北島文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
北島松竹
所在地 : 徳島県板野郡北島町中村(1955年・1958年・1960年)、徳島県板野郡北島町(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「北島松竹」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
北島シネマサンシャイン/シネマサンシャイン北島
所在地 : 徳島県板野郡北島町鯛浜西ノ須174 フジグラン北島3階
開館年 : 2001年12月1日
閉館年 : 営業中
徳島県初のシネコン。

2001年(平成13年)12月1日、徳島県北島町鯛浜に徳島県初のシネコン「北島シネマサンシャイン」が開館した。11月初頭に開業したフジグラン北島の3階と4階を占めている。8スクリーン計1376席。1スクリーンの座席数は85席から300席。佐々木総合管理は関東や四国でシネコンを運営しており、北島で13施設目である。北島シネマサンシャインの開館によって、徳島県の映画館数は2倍に、収容人数は1.5倍に増加した。*10

2017年7月1日、板野郡北島町鯛浜のシネコン「シネマサンシャイン北島」がリニューアルオープンする。体感型アトラクションシアター「4DX」を導入したり、すべての座席を入れ替えるなどしている。4月には徳島市内に「イオンシネマ徳島」が開館し、競争が激化している。シネマサンシャイン北島は2001年12月に開館し、2016年は約65万人の観客を集めた。*11

板野郡松茂町

松茂座
所在地 : 徳島県板野郡松茂村広島(1958年)、徳島県板野郡松茂村高房(1960年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「松茂座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

板野郡藍住町

勝端劇場/勝瑞映画劇場
所在地 : 徳島県板野郡住吉村(1953年・1955年)、徳島県板野郡藍住町勝瑞322(1958年)、徳島県板野郡藍住町(1960年)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年11月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「勝瑞劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「勝瑞映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

板野郡板野町

松島座
所在地 : 徳島県板野郡板西町(1955年)
開館年 : 1917年? 1925年10月?
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1925年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「松島座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。

かつて板野町大寺には娯楽の殿堂「松島座」があった。1917年、豊岡滝郎によって本格的な劇場として建てられた。木造2階建て、瓦葺きの芝居小屋だった。各種の芝居や浪曲が上演され、大正末期には活動写真も上映されるようになった。旧板西小学校(現・板野東小学校)の南側にあり、2018年現在は跡地に倉庫が建っている。松島座の前の道を西に突き当たると旧板西町役場があり、現在は石標が建っている。*12

板野町史編集委員会『板野町史』板野町、1972年には「松島座」について言及されている。現物は未確認。*13
パレス劇場/パレス東映
所在地 : 徳島県板野郡板西町(1953年・1955年)、徳島県板野郡板野町駅前(1958年)、徳島県板野郡板野町(1960年・1963年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「パレス劇場」。1960年の映画館名簿では「パレス東映」。1963年の映画館名簿では「パレス劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

板野町の銀座通りには映画専門館「板野劇場」があった。国鉄板西駅(現・JR板野駅)前には「パレス劇場」があった。那東には「松坂座」があった。板野町下庄には「ふじ」という劇場があった。*14
板野劇場
所在地 : 徳島県板野郡板野町吹田(1958年)、徳島県板野郡板野町(1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「板野劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

板野町の銀座通りには映画専門館「板野劇場」があった。国鉄板西駅(現・JR板野駅)前には「パレス劇場」があった。那東には「松坂座」があった。板野町下庄には「ふじ」という劇場があった。*15

板野郡上板町

昭和座
所在地 : 徳島県板野郡松島町七条西栗ノ木13(1953年)、徳島県板野郡松島町七条(1955年)、徳島県板野郡上板町七条(1958年)、徳島県板野郡上板町(1960年・1963年)
開館年 : 1949年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年5月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭和座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大山座/大山劇場
所在地 : 徳島県板野郡大山村神宅(1953年)、徳島県板野郡大山村神宅(1955年)、徳島県板野郡上板町神宅(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1947年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年11月開館。1953年の映画館名簿では「大山座」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

名西郡石井町

聚楽座
所在地 : 徳島県名西郡石井町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1949年7月
開館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年7月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「聚楽座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

名西郡神山町

映画館名簿によると名西郡神山町に映画館は存在しなかったと思われる。

名東郡佐那河内村

映画館名簿によると名東郡佐那河内村に映画館は存在しなかったと思われる。

南部

阿南市

阿南淡島劇場
所在地 : 徳島県阿南市黒津地(1966年)
開館年 : 1960年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
羽ノ浦映劇/羽浦映劇/羽根浦映劇
所在地 : 徳島県那賀郡羽ノ浦町(1966年)
開館年 : 1952年2月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
橘劇場/阿南橘劇場
所在地 : 徳島県那賀郡橘町(1955年)、徳島県阿南市橘町(1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1949年6月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
阿南ヒカリ座
所在地 : 徳島県阿南市富岡町滝の下(1969年)
開館年 : 1960年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
阿南会館
所在地 : 徳島県阿南市富岡町西半町(1969年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
富岡映劇/阿南富岡映劇
所在地 : 徳島県阿南市富岡町西仲町177-1(1966年)、徳島県阿南市富岡町西半町177-1(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
富岡東映/阿南富岡東映劇場/富岡東映劇場
所在地 : 徳島県阿南市富岡町字(1960年)、徳島県阿南市富岡町字方住町(1969年)、徳島県阿南市富岡町字第住町414(1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1987年
1960年の映画館名簿では「富岡東映」。1969年の映画館名簿では「阿南富岡東映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「富岡東映劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。阿南市最後の映画館。

1987年には阿南市富岡町の映画館「富岡東映」が閉館した。*16

那賀郡那賀町

和食映劇/鷲敷映劇
所在地 : 徳島県那賀郡鷲敷町(1960年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

海部郡牟岐町

牟岐中央劇場
所在地 : 徳島県海部郡牟岐町(1966年・1969年)
開館年 : 1960年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

海部郡美波町

日和佐会館
所在地 : 徳島県海部郡日和佐町奥河内78(1958年)、徳島県海部郡日和佐町奥河内(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日和佐会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
由岐三岐田劇場
所在地 : 徳島県海部郡由岐町(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「由岐三岐田劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
弁天座/日和佐東映劇場
所在地 : 徳島県海部郡日和佐町(1953年・1955年)、徳島県海部郡日和佐町164(1958年)、徳島県海部郡日和佐町(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1949年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年5月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「弁天座」。1966年・1969年の映画館名簿では「日和佐東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「徳島大正銀行日和佐支店」北西180mにある空き地。最寄駅はJR牟岐線日和佐駅。

海部郡海陽町

鞆奥映画劇場/鞆奥映劇
所在地 : 徳島県海部郡海部町(1958年・1960年)、徳島県海部郡海部町奥浦(1966年)、徳島県海部郡海部町(1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前

西部

三好市

蓬莱館
所在地 : 徳島県三好郡井川町辻(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
池田館
所在地 : 徳島県三好郡池田町(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
春日座/池田春日座
所在地 : 徳島県三好郡池田町(1960年・1969年)、徳島県三好郡池田町杉尾通り(1980年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1988年
1955年・1960年の映画館名簿では「春日座」。1969年・1980年の映画館名簿では「池田春日座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。三好市池田町サラダにあった「春日食堂」の向かいにあったとされる。

三好郡池田町中心部には、かつて「春日座」など2館の映画館があった。1988年に春日座が閉館し、三好郡から映画館がなくなった。*17

美馬市

脇町会館
所在地 : 徳島県
開館年 : 不明
閉館年 : 不明
岩倉劇場
所在地 : 徳島県美馬郡脇町岩倉
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「岩倉劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
相生座
所在地 : 徳島県美馬郡穴吹町李2(1958年)、徳島県美馬郡穴吹町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「相生座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
脇町劇場
所在地 : 徳島県美馬郡脇町(1960年・1969年・1980年)、徳島県美馬市脇町大字猪尻字西分140-1(現在)
開館年 : 1934年
閉館年 : 1995年
Wikipedia :
脇町劇場
1953年の映画館名簿では「脇町劇場」。1960年・1969年の映画館名簿では「脇町会館」。1980年の映画館名簿では「脇町劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1998年に美馬市指定文化財に指定。2020年時点でも建物は現存。

脇町劇場は1934年に歌舞伎を上演できる劇場として建設された。戦前には人形浄瑠璃や芝居などが行われ、戦後に椅子席が設置されて映画館となった。1995年に閉館し、取り壊すことも検討された。1996年には西田敏行主演の『虹をつかむ男』の舞台となって全国的に知られるようになった。1999年には周辺の街並み全体をテーマパークととらえる「99わきまち映画博」が開催され、6月19日には脇町劇場前で山田監督らによるテープカットが行われた。1998年7月には脇町指定文化財となり、10月からは約1億7000万円を投じた修復工事も行われた。脇町は第三セクターに管理運営を委託し、観光・文化活動・街づくりの拠点として生かす方針。

美馬郡脇町は1997年度予算案に「脇町劇場」の保存に向けた調査費を計上した。脇町劇場は脇町猪尻にあり、木造2階建て、延床面積605平方メートル。1934年に開館し、戦前は芝居小屋、戦後は映画館として親しまれた。1996年1月に老朽化のため閉館した。*18

1999年6月1日、美馬郡脇町の芝居小屋・映画館「脇町劇場」が開館当時の姿に復元され、文化拠点としてオープンした。脇町劇場は1934年に開館。木造2階建て、延床面積約600平方メートル。1階の客席は板敷きであり、2階の客席は畳敷きだった。直径6メートルの回り舞台や奈落も有している。戦後は映画館となり、1995年に閉館した。1996年の山田洋次監督作『虹をつかむ男』では「オデオン座」として登場し、これを機に保存の機運が高まった。脇町は町指定有形文化財に指定し、約1億6000万円かけて改修した。*19

1934年2月、養蚕で栄えた脇町に芝居小屋として「脇町劇場」が開館した。地方巡業の田舎芝居の興行が行われ、弁士付きの無声映画が上映された。戦時中には日本軍に接収されたが、戦後には再び映画の上映や歌謡ショーなどが開催され、鞍馬天狗シリーズや丹下左善シリーズ、美空ひばりや村田英雄の出演作などが上映された。定員は600人だが1000人以上が詰めかけたこともあった。1960年代以後には映画産業が斜陽化した。観客が2人から3人しかいない日が続いた。晩年には成人映画を上映し、1995年には老朽化などが理由で閉館した。良川は駐車場への転換を決意したが、同年秋に脇町劇場で撮影が開始された『虹をつかむ男』(山田洋次監督、1996年)の影響で取り壊しをやめ、映画に登場する映画館名「オデオン座」として生まれ変わった。*20

2000年のこのほど、脇町猪尻の「脇町劇場 オデオン座」がリニューアルオープンから1周年を迎えた。1年間の観光客・利用者数は約2万人に達している。1934年に建てられ、戦前は芝居小屋として、戦後は映画館などとして利用された。1995年に閉館したが、1996年の山田洋次監督作品『虹をつかむ男』のロケ地となったことで、脇町が再建を計画。1999年6月にリニューアルオープンした。1年間の利用者は観光客が約7200人、演芸などの劇場利用が約1万2500人となっている。*21

「オデオン座(旧脇町劇場)」に言及している書籍として、伊藤隆之『看板建築・モダンビル・レトロアパート』グラフィック社、2014年がある。*22

「脇町劇場」に言及している雑誌記事として、「にほん全国芝居小屋巡り 2回 脇町劇場(徳島県美馬郡脇町)」『レプリーク』2003年5月がある。現物は未確認。*23

美馬郡つるぎ町

貞光劇場
所在地 : 徳島県美馬郡貞光町(1953年・1960年・1969年・1980年)、徳島県美馬郡貞光町宮下(2000年)、徳島県美馬郡つるぎ町貞光字宮下68-3(2010年)
開館年 : 1932年
閉館年 : 2011年
1953年・1960年・1969年・1980年の映画館名簿では「貞光劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「貞光劇場」。2020年時点でも建物は現存。

JR徳島線貞光駅から駅前通りを東に5-6分歩くと、映画館「貞光劇場」がある。1932年に開館し、現役の映画館建築としては徳島県最古である。館主は藤本一二三(66)。開館当時は1階席・2階席とも畳敷きであり、やがて1階席を木製の長いすに変更した。外観は何度か塗り替えを行っているが、それ以外は開館当時のままである。1991年春には貞光町で山田洋次監督の映画祭が開催され、貞光劇場で『男はつらいよ』や『幸せの黄色いハンカチ』など5本を上映した。2日間で約1000人の観客が詰めかけた。山田監督は『虹をつかむ男』の舞台に、隣接する脇町の脇町劇場を選んでいるが、脇町劇場は1995年に閉館するまで藤本一二三が経営していた映画館である。*24

「貞光劇場」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*25

「貞光劇場」に言及している雑誌記事として、「わが街日常遺産 30回 徳島・つるぎ町 貞光劇場」『週刊新潮』2009年3月19日がある。現物は未確認。*26

三好郡東みよし町

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます