日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



藤沢市

東館
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町相生町1054(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「東館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年の藤沢にあった「あずま館」の写真あり。藤沢における映画の殿堂と呼ばれた。*1
藤沢キネマ
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町藤見町530(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「藤沢劇場」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年の藤沢にあった映画専門館「藤沢キネマ」の写真あり。*2
長後文化劇場
所在地 : 神奈川県藤沢市長後宿件740(1958年)、神奈川県藤沢市長後町宿件740(1960年)、神奈川県藤沢市長後町宿仲740(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長後文化劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「アキ家(旧文化劇場)」。跡地は「平豊材木店」。最寄駅は小田急江ノ島線長後駅。
藤沢第一劇場/藤沢東映劇場(藤沢460)
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢460(1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1960年の映画館名簿では「藤沢第一劇場」。1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「パチンコトーエイ」。跡地は「日高屋藤沢北口店」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
湘南映画劇場/辻堂東映/辻堂東映劇場/ツジドウ東映/ツジドウ東映劇場
所在地 : 神奈川県藤沢市辻堂若松町2233(1954年・1955年)、神奈川県藤沢市辻堂町1917(1956年)、神奈川県藤沢市辻堂若松2233(1957年・1958年・1959年)、神奈川県藤沢市辻堂2233(1960年)、神奈川県藤沢市辻堂若松2233(1961年・1962年)、神奈川県藤沢市辻堂2233(1963年・1964年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「湘南映画劇場」。1959年・1960年の映画館名簿では「辻堂東映」。1961年・1962年の映画館名簿では「辻堂東映劇場」。1964年の映画館名簿では「ツジドウ東映」。1966年の住宅地図では「辻堂東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「ツジドウ東映劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤沢市消防局南消防署明治出張所」南東220mの更地。最寄駅はJR東海道本線辻堂駅。
藤沢文化/藤沢日活劇場
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢484(1960年)、神奈川県藤沢市銀座通384(1963年)、神奈川県藤沢市東横須賀484(1966年)、神奈川県藤沢市銀座通384(1969年・1970年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「藤沢文化」。1965年の住宅地図では「藤沢日活劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「藤沢日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート藤沢駅北口店などが入る「藤沢アンバービル」建物南側。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢中央映画劇場/藤沢中央劇場/フジサワ中央劇場(旧)
所在地 : 神奈川県藤沢市(1953年)、神奈川県藤沢市藤沢420(1960年・1969年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1972年
Wikipedia : フジサワ中央
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1953年の映画館名簿では「藤沢中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では「藤沢中央劇場」。1966年の住宅地図では「藤沢中央劇場」。1969年の映画館名簿では「フジサワ中央劇場」。1973年の住宅地図では「藤沢中央劇場」。1972年閉館。1978年頃にフジサワ東映劇場の場所に移転。跡地は「小田急百貨店ふじさわ」建物南東部。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1972年の藤沢市にあった「藤沢中央劇場」の写真あり。「フジサワ中央」の文字が見える。『新 猿の惑星』や『バニシングポイント』の看板が見える。藤沢駅南口にあった。娯楽が少なかった1950年に開館した。江ノ電百貨店建設のために1972年に閉館した。*3
藤沢劇場/藤沢松竹映画劇場/藤沢映画劇場/藤沢ニューオデオン座
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢223(1953年・1955年)、神奈川県藤沢市遊行通223(1958年・1960年)、神奈川県藤沢市藤沢遊行通223(1963年)、神奈川県藤沢市遊行通233(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年・1985年)
開館年 : 1930年以後1932年以前、1947年7月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1953年の映画館名簿では「藤沢劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「藤沢映画劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「藤沢松竹映画劇場」。1980年・1982年の映画館名簿では「藤沢映画劇場」。1982年の住宅地図では「藤沢映画劇場」。1985年の映画館名簿では「藤沢ニューオデオン座」。1986年・1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤沢ビル1」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1932年の藤沢にあった「藤沢劇場」の写真あり。ファサードに「場劇沢藤」の文字が見える。もともと旅役者出身の人物が芝居小屋として開館させ、後には芝居と映画を交互に興行していた。*4

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「藤沢劇場」が描かれている。*5

『写真集 映画黄金期小屋と名作の風景 上巻』国書刊行会、1989年には「藤沢オデオン座」と「藤沢劇場」が掲載されている。*6
オデオン座/藤沢オデオン座三番館/藤沢オデオン座(旧)
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町辻堂(1936年)、神奈川県藤沢市南仲通1(1943年)、神奈川県藤沢市(1953年)、神奈川県藤沢市南仲通1-1011(1960年)、神奈川県藤沢市南仲通1011(1966年)、神奈川県藤沢市仲通1011(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)、神奈川県藤沢市藤沢1011(1986年・1987年)
開館年 : 1935年7月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年7月開館。1936年の映画館名簿では「オデオン座」。1943年・1953年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「藤沢オデオン座」。1966年の住宅地図では「オデオン映画館」。1973年・1982年の住宅地図では「映画館 オデオン座」。1986年の映画館名簿では「藤沢オデオン座三番館」。1987年の映画館名簿では「藤沢オデオン座」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。後継館は藤沢オデオン座・藤沢キネマ88。跡地はマンション「湘南藤沢ミッドレジデンス」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1940年の藤沢にあった「藤沢オデオン座」の写真あり。昭和初期の藤沢には藤沢オデオン座のほかに、寿町に「藤沢劇場」、富士見町に「藤沢キネマ」、相生町に「東館」があった。東館の映写技師が独立して藤沢オデオン座を開館させた。名称は横浜のオデオン座に因んでいる。*7

1986年12月23日、横浜市の映画館「オデヲン」は藤沢市などで「藤沢オデヲン」「大船オデヲン」などを経営する野内映画を相手取り、「オデオン」の名称使用と広告宣伝の差し止めを求める訴えを横浜地方裁判所に起こした。横浜市のオデヲンは1911年に設立され、1923年に先代社長に引き継がれると、1952年頃にオデヲンを商標登録している。1954年にオデヲンが木造から鉄筋造に建て替えられた際、建物を譲り受けて開館したのが藤沢オデヲンだという。野内映画によると、この際に名称と女神のシンボルマークを使ってよいとする約束をしたという。*8
藤沢みゆき座
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢325(1974年・1976年・1978年・1980年・1990年・1992年)、神奈川県藤沢市南藤沢8-6 地下1階(1994年)
開館年 : 1973年頃
閉館年 : 1994年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年・1976年・1978年・1980年・1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「藤沢みゆき座」。1982年の住宅地図では「魚万会館」地下1階に「藤沢みゆき座」。1992年の映画館名簿では鉄筋造地下、130席、経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が木村唯義、洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤沢ガーデンハウス」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
シネマ中央/藤沢シネマ中央/フジサワシネマ中央
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢576-1(1981年・1985年・1990年・1995年・1996年・1997年)
開館年 : 1980年頃
閉館年 : 1997年頃
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に「みどりや呉服店」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の住宅地図では「シネマ中央 3階麻雀グリーン」。1981年・1985年・1990年の映画館名簿では「シネマ中央」。1989年の住宅地図では「シネマ中央 ナイトパブコミック 麻雀あざみ野」。1995年の映画館名簿では「藤沢シネマ中央」。1996年・1997年の映画館名簿では「フジサワシネマ中央」。1998年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「クリオ藤沢壱番館」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢テアトル大丸/藤沢スカラ座
所在地 : 神奈川県藤沢市鵠沼1960-7(1982年)、神奈川県藤沢市南藤沢22-8(1985年・1990年・1995年・1998年・2000年)
開館年 : 1981年頃
閉館年 : 2000年頃
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に空き地。1981年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「藤沢テアトル大丸」。1989年の住宅地図では「西湘鉱産ビル」の地下1階に「藤沢テアトル大丸」。1998年・2000年の映画館名簿では「藤沢スカラ座」。2001年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西湘鉱産ビル」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢オデオン1番館・2番館
所在地 : 神奈川県藤沢市南藤沢22-16(1986年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年・2007年)
開館年 : 1985年頃
閉館年 : 2007年頃
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に「貸車庫」(ガレージ)。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年・2007年の映画館名簿では「藤沢オデオン1番館・2番館」(2館)。1989年の住宅地図では「オデオンビル」の3階・4階に「オデオン1番館」、5階〜7階に「オデオン2番館」。2008年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はホテル「相鉄フレッサイン藤沢駅南口」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢オデオン座・藤沢キネマ88
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢1011(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1989年2月
閉館年 : 2007年4月1日
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1989年の住宅地図では「(仮)オデオン銀座ビル」。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「藤沢オデオン座・藤沢キネマ88」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2011年に建物解体。跡地はマンション「湘南藤沢ミッドレジデンス」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1989年2月25日、野内映画が運営する藤沢オデオンビルが竣工し、260席の「藤沢オデオン座」と166席の「藤沢キネマ88」が開館した。旧藤沢オデオン座跡地。*9

1989年2月26日、藤沢駅北口の銀座通りに260席の「藤沢オデヲン」と166席の「藤沢キネマ88」が開館した。野内フク(83)が社長を務める野内映画会社は、旧「藤沢オデヲン座」を改築して2館が入るビルを建てた。*10

2006年3月末まで、JR藤沢駅北口の映画館「藤沢オデヲン座」の正面入り口が『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』をイメージした装飾で飾られている。経営する湘南オデヲンは1935年12月に開業し、2005年に70周年を迎えた。湘南オデヲンは「藤沢キネマ88」と「オデヲン1番館」も経営している。*11

『写真集 映画黄金期小屋と名作の風景 上巻』国書刊行会、1989年には「藤沢オデオン座」と「藤沢劇場」が掲載されている。*12
藤沢東映劇場(藤沢93)/フジサワ東映劇場/フジサワ中央劇場(新)/フジサワ中央/フジサワ中央・フジサワ中央スカラ/フジサワ中央1・2
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢93(1960年・1969年・1973年・1979年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 2010年8月31日
Wikipedia : フジサワ中央1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1973年の映画館名簿では「フジサワ東映劇場」。1976年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1979年・1980年の映画館名簿では「フジサワ中央劇場」。1982年の住宅地図では「フジサワ中央 藤沢映画興業(株)」。1985年の映画館名簿では「フジサワ中央」。1989年の住宅地図では「藤沢中央ビル」。1990年・1995年の映画館名簿では「フジサワ中央・フジサワ中央スカラ」(2館)。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「フジサワ中央1・2」(2館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国際新堀芸術学院ライブ館」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

藤沢市最後の映画館だったフジサワ中央が2010年8月31日をもって閉館する。1950年4月に現在地に開業した。JR藤沢駅北口から徒歩5分。大小の2スクリーンがある。2007年に4スクリーンがあった湘南オデオンが閉館すると藤沢市最後の映画館となった。座席には背もたれもカップホルダーもなかく、興行収入はこの5年で3割も減少していた。*13

2010年8月31日をもって、藤沢市唯一の映画館「フジサワ中央」が閉館する。茅ヶ崎市や海老名市のシネコンに押されて観客数が激減していた。1950年4月に開館。207席の1と126席の2の2スクリーンを有し、邦画を中心に上映していた。観客動員記録を持つのは2001年の『千と千尋の神隠し』であり、45週間で4万8500人を集めた。ここ3年から4年は興行収入が前年比20%減となっており、リーマンショックの影響でテナント収入も激減していた。最終上映作品は1が『借りぐらしのアリエッティ』であり、2が『ポケットモンスター』と『ねこタクシー』。*14

2010年8月いっぱいで、藤沢市の映画館「フジサワ中央」が閉館する。経営は藤沢映画興行。湘南地域では最後の独立系映画館だった。フジサワ中央の閉館によって、一般映画を上映する神奈川県の映画館は横浜市の5館6スクリーンのみとなる。1950年4月開館。映画黄金期には国鉄藤沢駅から400mも観客が行列を作ったこともあり、忙しさにチケット販売員が泣き出したこともあったという。1986年の『子猫物語』、2001年の『千と千尋の神隠し』などの上映時には立ち見も出た。シネコン時代になると、シネコンで上映されないような名画や社会は作品を積極的に上映した。現在は3階・4階に207席の1号館があり、地下1階に126席の2号館がある。この3-4年で観客数が3割減少し、リーマンショック後には映画事業の不振を補う不動産収入も激減した。2011年には藤沢市内にもシネコンが開館予定であり、閉館を余儀なくされた。*15

2013年8月25日、藤沢市の映画館「フジサワ中央」が1日限定の上映会を開催する。2010年8月に60年の歴史の幕を閉じて新堀ギターとなったが、約150席のホールはそのまま残っている。『男はつらいよ 寅次郎の青春』を上映する。*16
109シネマズ湘南
所在地 : 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 テラスモール湘南4階(2015年・2020年)
開館年 : 2011年11月11日
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「109シネマズ湘南1-10」(10館)。
シネコヤ
所在地 : 神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-4-6
開館年 : 2017年4月8日
閉館年 : 営業中
2014年5月16日、藤沢市鵠沼地区の有志が映画の定期上映会「鵠沼シネマ」をスタートさせた。藤沢市内で自主上映会を開催している任意団体「シネコヤ」(竹中翔子代表)が、コミュニティスペースを運営する「アイビーハウス」(さとうさちこ管理人)を共同で企画した。アイビーハウスに120インチのスクリーンとプロジェクターを設置し、毎月第3金曜・土曜に旧作・名作映画を上映する。初回の5月16日と17日にはジャン・コクトー監督のフランス映画『オルフェ』を上映した。6月20日・21日にはコクトー監督の『美女と野獣』を上映する。*17

2015年11月1日から8日、JR藤沢駅前の飲食店など11会場で「第1回藤沢国際映画祭」が開催される。かつて藤沢駅前には複数の映画館があったが、2010年までにすべて閉館した。2011年には隣の辻堂駅前にシネコンが開館している。地域情報誌「フジマニ」を発行する三浦悠介(32)が、藤沢駅南口にカフェ兼共用オフィスをオープンさせ、プロジェクターや大型スクリーンを設置して映画上映を模索した。2014年から鵠沼海岸で自主上映会を開催する「シネコヤ」代表の竹中翔子(31)、藤沢駅北口の鮮魚店主かつ食堂を改修して「さかな屋キネマ」を開設した平木高広(52)なども加わり、複数会場を使った映画祭が企画された。『英国王のスピーチ』、魚市場が舞台の『アナタの白子に戻り鰹』、藤沢市出身の竹内里紗の初監督作『みちていく』、『ギターマダガスカル』、『ゾンビーノ』、『ジャック・タチ短編集』、『ストックホルムでワルツを』、『善き人のためのソナタ』など、洋画8作品と邦画4作品が上映される。*18

2016年6月17日から26日、JR藤沢駅前のレストランやギャラリーなど14会場で「第2回藤沢国際映画祭」が開催される。第1回映画祭は11会場で12作品が上映され、約700人が来場した。第2回はフェデリコ・フェリーニ監督作『道』や河鹹照監督作『あん』など、洋画10本・邦画3本が上映される。第1回の開催を機に、自主上映団体「シネコヤ」は常設ミニシアター開館のために、インターネットで開館資金を募る寄付プロジェクトを開始し、鵠沼海岸の元写真館の建物で今夏から今秋の開館を目指している。*19

藤沢市に住む竹内翔子(31)は、6年前に映画館の開館を思い立った。高校や大学時代には地元の映画館で切符もぎりのアルバイトを行い、大学では映像を勉強して映画監督を志した。そのころにアルバイト先の映画館が閉館し、藤沢市から常設映画館がなくなった。住宅街で週末の自主上映会を開催し、閉館した写真館の建物を改修することを決めた。小学4年の娘も応援している。*20

竹中翔子(32)が代表を務める「シネコヤ」は、藤沢市内のレンタルスペースで定期的に自主上映会を開催してきた。2017年4月8日、小田急線鵠沼海岸駅(くげぬまかいがんえき)の近くに常設のミニシアターを開館させる。竹中は高校と大学時代には藤沢駅前の映画館でアルバイトをしており、映画館の魅力に惹かれていた。2010年までに藤沢駅前の名画座2館が相次いで閉館し、2013年から自主上映会「シネコヤ」の活動を本格的に開始した。シネマの「シネ」、寺子屋の「コヤ」が由来。2016年2月には常設映画館の開館準備に取り掛かり、鵠沼海岸駅から徒歩3分の商店街にある元写真館にほれ込んだ。インターネットで資金を募るプロジェクトや、金融機関からの融資で開館にこぎつけた。建物は写真館時代の看板建築を活かしたデザイン。「映画と本とパンの店」がコンセプトである。1階にはイートインスペースがある自家製パン店があり、映画関係など様々な本が並ぶコーナーを設けた。2階は飲食可能な25席のミニシアターであり、サイドテーブルがあるソファ席を設けた。入館は一日中出入り自由。名画座スタイルの上映方式であり、2本立てを各2回上映する。2週間ごとに作品を入れ替える。8日からのオープニング作品は『シーモアさんと、大人のための人生入門』など。*21

ベーカリーと読書スペースを併設した小規模映画館「シネコヤ」が開館。25席ある館内。竹中翔子社長(32歳)が2016年9月に起業して準備を進めた。竹中は藤沢市内の他の映画館で働いたり、上映会を企画した。2007年と2010年には藤沢氏内の老舗映画館が相次いで閉館。*22

シネコヤに言及している雑誌記事として、「TEMPO スクリーン カチンコ閻魔帳 鵠沼海岸駅から徒歩3分」『週刊新潮』2018年12月27日がある。現物は未確認。*23

シネコヤに言及している雑誌記事として、「ひとり映画さんぽ 町に残したいものを集めた1本の映画のような場所へ『シネコヤ』居心地抜群の部屋で映画と本とパンに浸って」『OZmagazine』2018年2月がある。現物は未確認。*24

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます