日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。

藤枝市

岡部座
所在地 : 静岡県志太郡岡部町
開館年 : 1926年春
閉館年 : 1935年頃
映画館名簿には掲載されていない。

1926年春、岡部町内谷の顔役10人によって芝居小屋「岡部座」が建てられた。花道や廻り舞台を有する立派な劇場であり、しばしば活弁時代の無声映画も上映された。青年団の総会なども行われた。小規模な町なので経営がうまくいかず、1935年頃に身売りされて姿を消した。*1

1928年頃の志太郡岡部町にあった「岡部劇場」で上映された「河西訓導」のチラシ、同じく1928年に岡部劇場で興行された新春歌舞伎公演のポスターの写真あり。岡部劇場は「岡部座」とも呼ばれた。藤相鉄道(後の静岡鉄道駿遠線)駿河岡部駅の駅前にあった。花道や回り舞台を備えた華やかな劇場だったが、1935年過ぎには姿を消した。*2
藤枝文化映画館
所在地 : 静岡県藤枝市
開館年 : 1956年7月10日
閉館年 : 1957年5月頃
1955年・1957年・1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年7月10日、藤枝市の静岡鉄道駿遠線(軽便)大手駅の駅前に「藤枝文化映画館」が開館した。開館当時の写真あり。「藤枝文化」「七月十日落成開館」の文字が見える。当時の藤枝市には6館の映画館があり、映画館の黄金期を迎えていた。しかし競争の激化などが理由で、1957年にはもう閉館した。*3
東海劇場
所在地 : 静岡県志太郡青島町青木(1943年)、静岡県志太郡青島町青木51-2(1953年)、静岡県藤枝市青島町青木51(1955年・1958年)
開館年 : 1927年3月
閉館年 : 1957年
『全国映画館総覧 1955』によると1927年3月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「東海劇場 休館中」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「東海劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が斎藤薫、支配人が岩根芳平、木造2階、定員782。1958年の藤枝市明細図では発見できず。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1990年現在の藤枝市前島にあった「東海倶楽部」の昭和初期の写真あり。当初は東海蚕木株式会社の従業員の慰安施設であり、島田の「みのる座」を参考に建設された。現在の藤枝市域では「旭光座」と並ぶ劇場だったが、1957年に解体されて吉田町に移築された。「部楽倶海東」の文字が見える。*4
旭光座/藤枝旭光座/藤枝東映旭光座
所在地 : 静岡県志太郡藤枝町(1927年)、静岡県志太郡藤枝町千歳(1930年)、静岡県志太郡藤枝町上伝馬(1936年)、静岡県志太郡藤枝町栄区(1947年)、静岡県志太郡藤枝町(1949年・1950年)、静岡県志太郡藤枝町上伝馬(1953年)、静岡県藤枝市上伝馬(1955年)、静岡県藤枝市鬼岩寺220(1958年)、静岡県藤枝市鬼岩寺221-1(1960年)、静岡県藤枝市鬼岩寺(1963年)、静岡県藤枝市上伝馬(1966年)
開館年 : 1923年、1930年8月
閉館年 : 1967年
『全国映画館総覧 1955』によると1930年8月開館。1925年の映画館名簿には掲載されていない。1927年の映画館名簿では「旭光館」。1930年・1936年の映画館名簿では「旭光座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「藤枝旭光座」。1949年・1950年の映画館名簿では「旭光座」。1953年・1955年の映画館名簿では「藤枝旭光座」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「藤枝東映旭光座」。1958年の映画館名簿では経営者が江崎千代吉、支配人が日野久彦、木造2階、定員622。1958年の藤枝市明細図では「藤枝東映旭光座」。1961年の藤枝市住宅明細図では「藤枝東映旭光座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤枝警察署上伝馬交番」北西隣にある月極駐車場「江崎パーキング」。最寄駅はJR東海道本線藤枝駅。

藤枝町の上伝馬の問屋場跡に建てられたとされる「嬉春座」は、1892年の大風で倒壊した。その後「藤枝座」が新築され、日露戦争後の1906年には「戦捷座」に改称した。1919年には「吾妻座」に改称し、芝居と活動写真の連鎖劇などを興行した。吾妻座が旭光座の前身とされる。1923年に「旭光座」が新築され、こけら落としで東西合同大歌舞伎が上演された。東は松本幸四郎、西は中村雁治郎である。花道・回り舞台・枡席を備える本格的な劇場だった。その後、旭光座は江崎浮山によって経営され、1967年に閉館するまで藤枝市の中心的な劇場だった。*5

1939年、江崎浮山は「旭光座」の経営を開始し、本格的に興行事業に乗り出した。1991年には旭光座だった建物を解体した。2008年、藤枝市郷土博物館・文学館で「懐かしの旭光座・江浮山併立写真展」を開催した。*6

戦時中の藤枝にあった映画館「旭光座」(きょっこうざ)の写真あり。上伝馬にあった。タイル張りの外壁が白く輝いていたが、敵機の攻撃対象にならないようにコールタールが塗られた。*7

戦時中の藤枝にあった「旭光座」の写真あり。上伝馬の「嬉春座」が変遷を重ね、1923年に本格的劇場として旭光座が開館した。芝居も映画も興行した。戦時中であるため外壁にはコールタールが塗られている。*8

戦後の藤枝市藤枝にあった映画館「旭光座」の写真あり。「市川少女歌舞伎」の看板が見える。一般に上伝馬と呼ばれる旧東海道沿いにあった。1967年に閉館した。*9

昭和30年代の藤枝市にあった「旭光座」の写真あり。上伝馬の問屋場跡地にあった。回り舞台・花道・枡席などがある立派な劇場だった。1923年にあったこけら落としでは東西合同大歌舞伎が上演され、東は松本幸四郎、西は中村雁治郎の千両役者が出演した。1955年頃の数年間には全国で活動していた少女歌舞伎も上演された。藤枝市の娯楽の中心的存在だったが、1966年に閉館した。*10

1960年1月1日の藤枝市にあった映画館「旭光座」の写真あり。ファサードには「座光旭」と右書きの館名が書かれている。1959年12月6日公開の『べらんめえ芸者』、1960年1月15日公開の『丹下左膳 妖刀濡れ燕』などの看板が見える。当時は3本立てが基本であり、チャンバラ映画などが人気があった。映画以外には芝居やレビューなども興行していた。回り舞台や花道があった。*11

昭和30年代の藤枝市にあった「旭光座」の写真あり。ファサードには「座光旭」と右書きの館名が書かれている。「市川少女歌舞伎」の看板が見える。上伝馬の問屋場跡地にあり、回り舞台・花道・枡席などがある本格的な劇場だった。1923年にあったこけら落としでは東西合同大歌舞伎が上演され、東は松本幸四郎、西は中村雁治郎の千両役者が出演した。1955年頃の数年間には全国で活動していた少女歌舞伎も上演された。*12

1906年には藤枝町に劇場「戦捷座」が新築され、1908年には活動写真を上映している。1919年頃には「吾妻座」に改称し、映画常設館として連夜の興行を行った。1924年には「旭光座」(きょっこうざ)が上棟式を行った。1932年10月13日、旭光座で国防思想講演会が開催され、山本寿美静岡連隊区司令官の講演などが行われた。旭光座については『市史だより』8号が詳しい。*13
岡部毎日会館
所在地 : 静岡県志太郡岡部町6-32(1959年)、静岡県志太郡岡部町内谷(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1957年12月29日
閉館年 : 1965年頃? 1970年?
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「岡部毎日会館」。1959年の映画館名簿では経営者が江崎武男、支配人が増井活司、構造が記載なし、定員300、邦画・洋画を上映。1965年の映画館名簿では経営者が江崎武男、支配人が鈴木和雄、木造1階冷暖房付、定員300、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の藤枝市住宅明細図では「岡部毎映劇場」。跡地は「しずおか焼津信用金庫岡部支店」南南東30mのバレエ教室「Studio Steps」。最寄駅はJR東海道本線焼津駅。

1957年、有限会社テアトル毎日によって岡部町に「岡部毎日」が開館した。1971年には岡部毎日が閉館し、跡地は貸店舗となった。*14

1957年12月29日に志太郡岡部町に開館した際の「岡部毎日会館」の写真あり。開館記念の花輪が見える。『有楽町で逢いましょう』と『青い山脈』が上映され、勝新太郎・船越英二・若尾文子が舞台挨拶を行った。1970年に閉館し、2007年現在の跡地にはコンビニが建っている。*15
テアトル毎日/藤枝テアトル毎日
所在地 : 静岡県藤枝市下伝馬町1062(1957年・1958年)、静岡県藤枝市本町1062(1960年)、静岡県藤枝市下伝馬(1963年・1966年・1969年)、静岡県藤枝市藤枝1-4-12(1973年)
開館年 : 1956年8月11日
閉館年 : 1972年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「テアトル毎日」。1958年の映画館名簿では経営者が江崎武男、支配人が服部愛智、木造1階冷暖房付、定員350。1958年の藤枝市明細図では「テアトル毎日映画館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「藤枝テアトル毎日」。1972年のゼンリン住宅地図では「テアトル毎日」。1973年の映画館名簿では経営者・支配人ともに江崎友次郎、木造1階冷暖房付、400席、松竹・東宝を上映。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「養命寺」北東50mにある月極駐車場「契約駐車場テアトル毎日」。最寄駅はJR東海道本線藤枝駅。

1956年、江崎浮山は有限会社テアトル毎日を設立し、藤枝市下伝馬に「テアトル毎日」を開館させた。1972年にはテアトル毎日が閉館し、跡地は貸店舗となった。*16

1956年の藤枝市にあった映画館「テアトル毎日」の写真あり。開館記念の花輪や『花嫁募集中』の看板が見える。1956年8月11日に開館し、開館時には石原裕次郎が、1957年には小林旭が訪れている。2007年現在の下伝馬にあり、周辺に静岡県立藤枝東高校、藤枝北高校、藤枝西高校があったことから、学生の観客でにぎわった。*17
毎日映画劇場/藤枝毎日映画劇場
所在地 : 静岡県藤枝市喜多町(1957年)、静岡県藤枝市喜多町2978(1958年)、静岡県藤枝市喜多2578(1960年)、静岡県藤枝市喜多町(1963年)、静岡県藤枝市青島喜多町(1966年・1969年)、静岡県藤枝市喜多町(1973年・1974年)
開館年 : 1954年8月1日
閉館年 : 1972年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「毎日映画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が江崎友次郎、支配人が下村浅次郎、木造1階、定員279。1958年の藤枝市明細図では「毎映座」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「藤枝毎日映画劇場」。1972年のゼンリン住宅地図では「毎日映画」。1974年の映画館名簿では経営者・支配人ともに江崎友次郎、木造1階冷暖房付、342席、松竹・東宝・東映・洋画・成人映画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「SBS学苑藤枝校」。最寄駅はJR東海道本線藤枝駅。

1954年8月1日、藤枝市喜多町に「毎日映画劇場」(毎日映劇)が開館する。オープニングは『浅草の夜』と『股旅しぐれ』に加えて宮城まり子の実演。定員270人。経営は江崎友次郎代表取締役の有限会社毎日映画劇場。支配人は大村浅次郎。*18

1954年の藤枝市にあった映画館「毎日映画劇場」の写真あり。花輪がある。『浅草の夜』の看板が見える。現在の藤枝駅前3丁目にあった。通称は「毎映」。1972年に閉館した。*19

1954年、江崎浮山は有限会社毎日映画劇場を設立し、「毎映」を開館させた。現在の藤枝駅前3丁目である。1973年には毎映が閉館し、一部は新聞販売店に、残りは貸店舗となった。1983年には毎映の跡地に毎栄ビルが完成した。*20

1954年8月1日の藤枝市に開館した際の「毎日映画劇場」の写真あり。『浅草の夜』の大型立体看板が見える。「毎映」とも呼ばれた。2007年現在の藤枝市駅前3丁目、藤枝市文化センターから西に100mほどの場所である。近隣市町村からも観客が訪れた。なお、6町村が合併して藤枝市が発足したのは1954年3月31日のことである。*21

1954年の藤枝市に開館した際の「毎日映画劇場」の写真あり。『浅草の夜』の大型立体看板が見える。通称は「毎映」。1972年に閉館した。*22
寿館/松竹館/藤枝松竹館/藤枝松竹映画劇場/藤枝大毎映画劇場/藤枝大毎劇場/シネマゴール/藤枝シネマゴール
所在地 : 静岡県志太郡藤枝町(1930年)、静岡県志太郡藤枝町千歳(1936年・1943年)、静岡県志太郡藤枝町(1947年・1949年・1950年)、静岡県志太郡藤枝町若王寺(1953年)、静岡県藤枝市若王子(1955年)、静岡県藤枝市若王子54(1958年)、静岡県藤枝市若王子54-1(1960年)、静岡県藤枝市千歳町(1963年)、静岡県藤枝市若王寺(1966年)、静岡県藤枝市千才区若王寺(1969年)、静岡県藤枝市若王寺(1973年・1974年)、静岡県藤枝市藤枝5-9(1975年・1976年・1978年)
開館年 : 大正時代、1939年8月
閉館年 : 1977年
『全国映画館総覧 1955』によると1939年8月開館。1930年の映画館名簿では「寿座」。1936年・1943年の映画館名簿では「松竹館」。1947年の映画館名簿では「藤枝松竹館」。1949年の映画館名簿では「松竹館」。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「藤枝松竹館」。1958年の映画館名簿では経営者が江崎千代吉、支配人が平野種雄、木造1階、定員388。1958年の藤枝市明細図では「松竹館」。1960年の映画館名簿では「藤枝松竹映画劇場」。1961年の藤枝市住宅明細図では「松竹館」。1963年の映画館名簿では「藤枝大毎劇場」。1966年の映画館名簿では「藤枝大毎映画劇場」。1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「藤枝大毎劇場」。1972年のゼンリン住宅地図では「大毎」。1974年の映画館名簿では経営者が江崎千代吉、支配人が平野雅雄、木造1階冷暖房付、468席、松竹・東宝・東映・洋画・成人映画を上映。1975年・1976年の映画館名簿では「シネマ・ゴール」。1975年の映画館名簿では経営者が江崎千代吉、支配人が平野雅雄、木造1階冷暖房付、122席、邦画・洋画を上映。1978年の映画館名簿では「藤枝シネマ・ゴール」。1978年の映画館名簿では経営者が江崎千代吉、支配人が記載なし、木造1階冷暖房付、122席、邦画・洋画を上映。1979年の映画館名簿には掲載されていない。建物は1990年焼失。跡地は「千歳公園」西北西50mにある「洞雲寺駐車場」。藤枝市最後の従来型映画館。最寄駅はJR東海道本線藤枝駅。

1940年、江崎浮山は藤枝市藤枝にある「松竹館」の経営を開始した。1969年、「シネマ・ゴール」の隣に喫茶店兼レストランのグリル・ゴールを開店させた。1975年にはシネマ・ゴールを閉館させ、江崎新聞店は映画事業から全面的に撤退した。1990年にはシネマ・ゴールだった建物が原因不明の火災で焼失した。*23

戦後の藤枝市にあった映画館「松竹館」の写真あり。ファサードに「松竹館」の文字が見える。現在の藤枝5丁目、洞雲寺の前にあった。設立当初は「寿館」という名称だった。1975年に閉鎖された。*24

1956年の藤枝市にあった映画館「松竹館」の写真あり。ファサードに「松竹館」の文字が見える。前身は大正時代に開館した劇場「寿館」であり、無声映画の時代から映画も上映していた。松竹館の後は、「大毎映画劇場」、「シネマゴール」と改称したが、1977年に閉館した。シネマゴールが閉館したことで藤枝市から映画館がなくなった。*25

1938年の藤枝には演劇の「旭光座」と映画の「松竹館」があったが、併立写真家の江崎浮山は両方を買い取って映画館とした。戦後の映画黄金期にはさらに「毎映」と「テアトル毎日」の2館を建設し、藤枝の映画興行界を独占していた。その後は息子である江崎友次郎が経営を引き継いだが、1970年には古い旭光座を閉館させ、次いでテアトル毎日と毎映も閉館させた。1974年7月7日の七夕豪雨では松竹館の裏手の河川が決壊して浸水したが、改築して映画館を存続させることとし、350席を122席に減らしたうえに、「シネマ・ゴール」に改称した。藤枝市はサッカーが盛んな町であり、江崎友次郎も藤枝市サッカー友の会の会員だっていたことが名称の理由である。スポーツが盛んな健康な町であるということで、シネマ・ゴールではピンク映画もポルノ映画も上映しない方針がある。*26

1995年のこのほど、藤枝市郷土博物館で「なつかしの映画館」展が開催されている。藤枝市には最盛期に6館の映画館があったが、1977年にシネマ・ゴール(旧・松竹館)が閉館したことで、すべての映画館が姿を消した。1956年に開館した藤枝文化は10か月しか続かなかった。江崎新聞店の経営者である江崎浮山は、最盛期には藤枝市内で4館を経営した。*27
藤枝シネ・プレーゴ
所在地 : 静岡県藤枝市前島1-7-10 BiVi藤枝4階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2009年2月28日
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : 藤枝シネ・プレーゴ
2009年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「藤枝シネ・プレーゴ シアター1-7」(7館)。2010年の映画館名簿では経営会社が日映、経営者が森岡映二、支配人が水元信行。最寄駅はJR東海道本線藤枝駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます