閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


東京都区部

東京都区部(東京23区)は東京都区部の映画館を参照。

多摩北部

立川市

立川市の映画館
1950年代の立川市には10館の映画館があり、立川市は「映画の街」と呼ばれた。JR立川駅の北側には「シネマ通り」があり、高松町3丁目の駐車場の隅には「立川シネマ発祥の地」がある。1925年に開館した立川市初の映画館「立川キネマ」(後の立川シネマ)の跡地である。立川飛行場が開設されると、兵士や従業員の娯楽の場として立川シネマが開館した。戦後には立川飛行場がアメリカ軍に接収され、東映、松竹、日活などの映画館も開館した。東映は立川駅南側にあるWINS立川の場所に、日活はスーパーいなげやの場所にあった。1969年には立川シネマが閉館し、また土地区画整理事業で南口の映画館が姿を消すと、1980年代半ばには松竹、中央、セントラルの「北口3館」だけになった。現在の立川シネマシティ・シネマワン付近である。1992年には北口の再開発のために揃って閉館し、以後の2年間は立川市から映画館がなくなった。1994年には6スクリーンの立川シネマシティが開館し、2004年には立川シネマシティ・シネマツーが開館した。シネマツーの開館時には音響設備だけで一般的な映画館の10倍以上の投資を行い、音楽ライブ用のスピーカーを導入したほか、著名な音響家が臨場感あふれる音響システムを構築した。2009年にはマイケル・ジャクソンのライブ映画『This is It』が大ヒットし、さらに初めてマサラ上映(ライブスタイル上映)を行ったことで、SNSなどで良質な音響が知られるようになった。2014年の『Godzilla ゴジラ』の上映の際には重低音を再現できるスピーカーを導入し、現在の音響システムが完成した。今日では全国に会員が広がっている。*1

立川市の映画館に言及している雑誌記事として、「立川と映画館」『多摩ら・び』2005年3月がある。*2
立川日活映画劇場/立川日活映劇
所在地 : 東京都立川市(1950年)、東京都立川市柴崎町(1953年)、東京都立川市柴崎町1-189(1955年)、東京都立川市柴崎町2-184(1958年)、東京都立川市柴崎町2-89(1960年)、東京都立川市柴崎町2-11-1(1966年)、東京都立川市柴崎町2-12-1(1969年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1969年以後1971年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「立川日活映画劇場」。1969年の映画館名簿では「立川日活映劇」。1971年の全航空住宅地図帳では跡地に「南立川駐車場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「いなげやESBI立川南口店」などが入る「エム・ケー立川南ビル」。
シネマ立川
所在地 : 東京都立川市(1950年)、東京都立川市高松町(1953年)、東京都立川市高松町3-96(1955年・1958年・1960年)、東京都立川市高松町3-26-3(1969年・1973年・1976年・1977年)
開館年 : 1925年? 1926年?
閉館年 : 1977年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1926年開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1969年・1973年・1976年・1977年の映画館名簿では「シネマ立川」。1971年の全航空住宅地図帳では「シネマ立川」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「タイムズ立川高松町第6」。跡地に看板あり。立川市初の映画館。「立川シネマ」や「立川キネマ」とも。シネマ通り商店街の名に残る。

立川は「映画の街」と呼ばれ、1950年代には10館の映画館があった。立川駅から北に向かうと「Cinema St.」(シネマ通り)と書かれたアーケードがあり、裏道に入った駐車場の隅に「立川シネマ発祥の地」と書かれた碑がある。この場所には1925年に開館した立川初の映画館「立川キネマ」(のちに立川シネマに改称)があった。*3
立川東宝劇場
所在地 : 東京都立川市錦町2-87(1958年・1960年・1966年)、東京都立川市錦町2-1-1(1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「立川東宝劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
立川演芸館/立川映画劇場/立川松竹映画劇場(柴崎町)/立川名画座
所在地 : 東京都立川市(1950年)、東京都立川市柴崎町2-203(1953年・1955年・1958年・1960年)、東京都立川市柴崎町2-2-13(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1925年? 1930年?
閉館年 : 1986年4月
『全国映画館総覧1955』によると1930年開館。1950年・1953年の映画館名簿では「立川映画劇場」。1955年の映画館名簿では「立川松竹映画劇場」。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「立川名画座」。1971年の全航空住宅地図帳では「立川名画座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「柴崎中央公園」北東の道路用地。道路が新設されるなどしているため場所は参考程度に。

1925年(大正14年)9月には立川駅南口に、芝居などを上映する立川演芸館が開館。1935年頃から映画の上映を始め、やがて立川名画座に改称した。勝て立川駅周辺には最大10館の映画館がひしめいていた。立川名画座は1986年4月に閉館した。*4
立川映南座/東映立川南座
所在地 : 東京都立川市錦町1-16(1958年・1960年・1966年)、東京都立川市錦町1-3-18(1969年)、東京都立川市錦町1-3-17(1973年)、東京都立川市錦町1-3-18(1976年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1982年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「立川東映南座」。1960年の映画館名簿では「立川映南座」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「東映立川南座」。1971年の全航空住宅地図帳では「立川南座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ウインズ立川B館」。
立川大映劇場(初代)/立川新東宝劇場/立川新東宝/立川錦座
所在地 : 東京都立川市錦町1-20(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都立川市錦町1-4-6(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1947年12月
閉館年 : 1981年以後1983年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1955年の映画館名簿では「立川大映劇場」。1958年の映画館名簿では「立川新東宝」。1960年の映画館名簿では「立川新東宝劇場」。1963年の映画館名簿では「立川新東宝」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「立川錦座」。1971年の全航空住宅地図帳では「立川錦座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。閉館時は成人映画館。跡地は「立川マイホーム」。
立川大映(新)/立川大映劇場
所在地 : 東京都立川市錦町1-38(1958年・1960年・1966年)、東京都立川市錦町1-7-3(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1981年以後1983年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「立川大映」。1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「立川大映劇場」。1971年の全航空住宅地図帳では「立川大映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「シティハイツ」。
立川松竹映画劇場
所在地 : 東京都立川市曙町2-74(1958年・1960年・1966年)、東京都立川市曙町2-8-3(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1992年8月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「立川松竹映画劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は群馬銀行立川支店などが入る「新鈴春ビル」中央部。

『立川の風景 昭和色アルバム』には立川駅北口の3館が並んだ写真がある。*5
立川セントラル劇場
所在地 : 東京都立川市曙町(1953年)、東京都立川市曙町2-79(1955年・1958年・1960年・1966年)、東京都立川市曙町2-8-5(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1992年8月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「立川セントラル劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は群馬銀行立川支店などが入る「新鈴春ビル」西側。

『立川の風景 昭和色アルバム』には立川駅北口の3館が並んだ写真がある。*6
立川中央映画劇場/立川中央映劇/立川中央劇場
所在地 : 東京都立川市曙町2-81(1958年・1960年・1966年)、東京都立川市曙町2-8-6(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1992年8月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「立川中央映画劇場」。1969年の映画館名簿では「立川中央映劇」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「立川中央劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立川シネマシティが入る「シネマシティビル」。

『立川の風景 昭和色アルバム』には立川駅北口の3館が並んだ写真がある。*7
シネマシティ シネマワン
所在地 : 東京都立川市曙町2-8-5(1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1994年10月4日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマシティ
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「シネマシティ1-6」(6館)。2010年の映画館名簿では「CINEMA CITY 1-6」(6館)。2015年・2020年の映画館名簿では「立川シネマシティf・g・h・i・j・k」(6館)。

昭和30年代の立川市には10館の映画館があったが、1992年にはすべての映画館が姿を消した。1994年には6スクリーンの立川シネマシティが開館し、2005年現在は年間観客数が100万人を超える人気映画館となった。2004年には5スクリーンのシネマ2を開館させ、微妙に湾曲したスクリーン、リアルさを追求した音響システム、フットレス付シートなどの設備でファンを引き付けている。*8

1951年、洋画専門館「立川セントラル劇場」が開館。当時は立川市に米軍立川基地があり、大勢のアメリカ兵の観客もあったことから、立川市には最大で10館の映画館があった。2013年現在は立川セントラル劇場を継いだ「シネマシティ」のみである。東京郊外にある同館が年間100万人近くの入場者数を維持できるのは、近年のアニメブームの影響もあるが、音響へのこだわりが大きい。上映作品に応じて臨場感のある音を作り出す独自の音響設備を導入し、「極上音響映画祭」として上映されるミュージカル映画には関東各県からも耳の肥えた映画ファンが訪れる。*9
シネマシティ シネマツー
所在地 : 東京都立川市曙町2-42-26(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2004年7月
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマシティ
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「シネマシティ2 A-E」(5館)。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「CINEMA TWO A-E」(5館)。
kino cinema 立川高島屋S.C.館1・2・3
所在地 : 東京都立川市曙町2-39-3 立川眦膕哀轡腑奪團鵐哀札鵐拭8階
開館年 : 2019年6月28日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「kino cinema 立川高島屋S.C.館1・2・3」(3館)。

2019年6月28日、立川市曙町の立川高島屋8階に「キノシネマ」が開館した。運営は木下グループ傘下のキノシネマ。JR立川駅北口に新映画館が開館するのは15年ぶり。87席、87席、25席の3スクリーンを有し、初日にはキノフィルムズが配給する『空母いぶき』『凪待ち』など5作品を上映する。1960年頃の立川市には10の映画館があり、北口にはシネマ通りがあるなど、「映画の街」と呼ばれた。1992年には立川駅北口のセントラル、中央、松竹の3館が閉館し、一時的に映画館がなくなった。1994年には地元資本のシネマシティが6スクリーンで開館し、2004年には5スクリーンを増設していた。なお、2020年中にはららぽーと立川立飛にも映画館が開館する計画がある。*10
TOHOシネマズ立川立飛
所在地 : 東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛
開館年 : 2020年9月10日
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

武蔵野市

境中央劇場
所在地 : 東京都武蔵野市境2-855(1958年)、東京都武蔵野市境855(1960年)、東京都武蔵野市境南町2-855(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「境中央劇場」。1960年の映画館名簿では「三鷹サンヨー劇場」。1963年の映画館名簿では「三鷹東映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
井の頭会館/井の頭松竹
所在地 : 東京都武蔵野市(1950年)、東京都武蔵野市吉祥寺2047(1953年・1955年・1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2047(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1(1966年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1937年開館。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「井の頭会館」。1960年の映画館名簿では「井の頭松竹」。1966年の映画館名簿では「井の頭会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「河合塾吉祥寺現役館」。

『吉祥寺今昔写真集』p.113。
境映画劇場
所在地 : 東京都武蔵野市境町1-235(1958年)、東京都武蔵野市境235(1960年)、東京都武蔵野市境1-235(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年の映画館名簿では「境映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
吉祥寺スバル座
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2700(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2700(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-1(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1956年12月
閉館年 : 1974年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「吉祥寺スバル座」。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年には吉祥寺スバルビル竣工。跡地は「吉祥寺スバルビル」。
吉祥寺映画劇場/吉祥寺東宝劇場(旧)/吉祥寺東宝(旧)
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺2103(1953年・1955年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2103(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2103(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-17-2(1966年・1969年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-17-1(1973年・1974年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1974年頃(移転)
『全国映画館総覧 1955』によると1952年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「吉祥寺映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「吉祥寺東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「吉祥寺東宝劇場」。1973年・1974年の映画館名簿では「吉祥寺東宝」。1974年頃移転。跡地は「三菱UFJ信託銀行吉祥寺支店」西すぐの道路用地。

鈴木育男『うつりゆく吉祥寺』ぶんしん出版、2014年、p.4。
吉祥寺大映/吉祥寺スカラ座
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2048(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2500(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-4(1966年・1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「吉祥寺大映」。1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「吉祥寺スカラ座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

鈴木育男『うつりゆく吉祥寺』ぶんしん出版、2014年、p.4。
吉祥寺日活/吉祥寺日活劇場/吉祥寺松竹
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺2047(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2048(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-5(1966年・1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「吉祥寺日活劇場」。1960年の映画館名簿では「吉祥寺日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「吉祥寺日活劇場」。1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「吉祥寺松竹」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
吉祥寺東宝劇場(新)/吉祥寺東宝(新)/吉祥寺ロマン劇場
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-1(1975年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1974年頃(移転)
閉館年 : 1989年3月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「吉祥寺映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「吉祥寺東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「吉祥寺東宝劇場」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「吉祥寺東宝」。1985年の映画館名簿では「吉祥寺ロマン劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
吉祥寺名画座/テアトル吉祥寺/吉祥寺松竹/吉祥寺ピカデリー
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2199(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2199(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-10(1966年・1969年・1973年・1976年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-3(1985年・1990年・1995年・2000年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-3 吉祥寺パーキングプラザ地下1階(閉館時)
開館年 : 1955年以後1958年以前、1980年12月(テアトル吉祥寺)
閉館年 : 2000年5月21日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「吉祥寺名画座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「テアトル吉祥寺」。1999年6月12日吉祥寺ピカデリー改称。2000年の映画館名簿では「吉祥寺ピカデリー」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「吉祥寺パーキングプラザ」地下1階の「CLUB SEATA」。
武蔵野映画劇場/吉祥寺武蔵野映劇/吉祥寺ムサシノ映画/吉祥寺ムサシノ/吉祥寺バウスシアター
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺(1953年)、東京都武蔵野市吉祥寺2061(1955年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2061(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2061(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-23(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1950年6月? 1951年?(武蔵野映画劇場)、1984年3月1日(バウスシアター)
閉館年 : 2014年6月10日
Wikipedia : 吉祥寺バウスシアター
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1953年の映画館名簿では「武蔵野映画劇場」。1955年の映画館名簿では「武蔵野映画」。1958年・1960年の映画館名簿では「武蔵野映画劇場」。1966年の映画館名簿では「吉祥寺武蔵野映画劇場」。1969年の映画館名簿では「吉祥寺武蔵野映劇」。1973年の映画館名簿では「吉祥寺ムサシノ」。1976年の映画館名簿では「吉祥寺ムサシノ映画」。1980年の映画館名簿では「吉祥寺ムサシノ」。1985年の映画館名簿では「吉祥寺バウスシアター・吉祥寺ジャブ」(2館)。1990年・1995年の映画館名簿では「吉祥寺バウスシアター・吉祥寺ジャブ50ミニホール」(2館)。2000年の映画館名簿では「吉祥寺バウスシアター・2JAV」(2館)。2005年・2010年の映画館名簿では「吉祥寺バウスシアター・2・3」(3館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

『うつりゆく吉祥寺』では1961年頃の地図に「武蔵野映画劇場」とある。*11

「吉祥寺バウスシアター」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*12
オデオン座/吉祥寺オデオン座/吉祥寺東亜会館
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺2112(1955年)、東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2112(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2112(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺南町2-3-16(1966年・1969年・1976年・1980年・1990年・2000年・2010年・2015年・2020年)、東京都武蔵野市吉祥寺南町2-3-16 吉祥寺東亜会館(現在)
開館年 : 1954年7月、1978年10月(建て替え)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 吉祥寺オデヲン
『全国映画館総覧 1955』によると1954年7月開館。1955年の映画館名簿では「オデオン座」。1958年・1960年・1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「吉祥寺オデオン座」。1980年の映画館名簿では「吉祥寺松竹オデオン座・吉祥寺スカラ座・吉祥寺セントラル・吉祥寺アカデミー」(4館)。1985年の映画館名簿では「吉祥寺松竹・吉祥寺スカラ座・吉祥寺セントラル・吉祥寺東映」(4館)。1990年の映画館名簿では「吉祥寺松竹・吉祥寺スカラ座・吉祥寺セントラル・吉祥寺東宝」(4館)。1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「吉祥寺オデオン座・吉祥寺スカラ座・吉祥寺セントラル・吉祥寺東宝」(4館)。2012年1月21日改称。2015年・2020年の映画館名簿では「吉祥寺オデオン1・2・3」(3館)。正式には「吉祥寺オデヲン」。建物名は吉祥寺東亜会館。
吉祥寺東映/吉祥寺東映劇場/吉祥寺プラザ
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2061(1958年)、東京都武蔵野市吉祥寺2061(1960年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11(1966年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)、東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19 東興ビル
開館年 : 1955年以後1958年以前(吉祥寺東映)、1978年(吉祥寺プラザ)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 吉祥寺プラザ
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「吉祥寺東映劇場」。1960年の映画館名簿では「吉祥寺東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「吉祥寺東映劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「吉祥寺東映」。1990年・1995年の映画館名簿では「吉祥寺東映劇場」。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「吉祥寺プラザ」。

『うつりゆく吉祥寺』では1961年頃の地図に「吉祥寺東映」とある。*13
アップリンク吉祥寺パルコ1-5
所在地 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコ地下2階(2020年)
開館年 : 2018年12月14日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「アップリンク吉祥寺パルコ1-5」(5館)。

三鷹市

三鷹サンヨー劇場/三鷹東映劇場(旧)
所在地 : 東京都三鷹市下連雀282(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿では「三鷹東映劇場」。1960年の映画館名簿では「三鷹サンヨー劇場」。1963年の映画館名簿では「三鷹東映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
三鷹文化映画劇場/三鷹文化劇場
所在地 : 東京都三鷹市下連雀230(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都三鷹市下連雀3-21-36(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1954年7月
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』によると1954年7月開館。1955年の映画館名簿では「三鷹文化映画劇場」。1958年の映画館名簿では「三鷹文化劇場」。1960年の映画館名簿では「三鷹文化映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「三鷹文化劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「タイムズさくら通り駐車場」。最寄駅はJR中央本線三鷹駅。
三鷹大映劇場/三鷹大映/三鷹東映/三鷹オスカー
所在地 : 東京都三鷹市下連雀256(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都三鷹市下連雀3-35-5(1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1946年6月(三鷹大映)、1977年(三鷹オスカー)
閉館年 : 1990年12月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年6月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三鷹大映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「三鷹大映」。1973年・1976年の映画館名簿では「三鷹東映」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「三鷹オスカー」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。三鷹市最後の映画館。跡地は商業施設「三鷹コラル」建物南側。最寄駅はJR中央本線三鷹駅。

府中市

府中コニー劇場
所在地 : 東京都府中市並木通9315(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「府中コニー劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
府中文化劇場/府中東映劇場/府中東映
所在地 : 東京都府中市府中町新宿9096(1955年)、東京都府中市府中9096(1958年・1963年)、東京都府中市宮町1-20-5(1966年・1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1940年開館。1955年の映画館名簿では「府中文化劇場」。1958年の映画館名簿では「府中東映劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「府中東映劇場」。1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「府中東映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート府中宮町店」。最寄駅は京王線府中駅。
府中国際劇場
所在地 : 東京都府中市府中町9315(1955年)、東京都府中市宮西町1-16(1958年)、東京都府中市本町9315(1960年)、東京都府中市宮西町1-16(1963年)、東京都府中市宮西町1-16-2(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「府中国際劇場」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「府中グリーンハイツ」。最寄駅は京王線府中駅。
新映座/府中新映座
所在地 : 東京都府中市宮西町5-25(1958年)、東京都府中市本町3-5622(1960年)、東京都府中市宮西町5-25(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)、東京都府中市宮西町5(1985年)、東京都府中市宮西町5-25(1986年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「府中新映座」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。府中市最後の従来型映画館。跡地はマンション「ボヌール府中」。最寄駅は京王線府中駅。
TOHOシネマズ府中
所在地 : 東京都府中市宮町1-50 くるる5階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2005年3月17日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ府中1-8・プレミアスクリーン」(9館)。

2005年3月17日、府中市宮町にシネコン「TOHOシネマズ府中」が開館した。9スクリーン。開業日の3月17日には『ローレライ』の舞台挨拶が行われ、主演の役所広司や樋口真嗣監督らが挨拶した。1960年代の府中市には市役所前などに3館の映画館があったが、1970年代後半までに相次いで閉館し、これまで20年以上も常設映画館が存在しなかった。なお、隣接する多摩市の多摩センター駅前には、11月にシネコン「ワーナー・マイカル・シネマズ多摩センター」が開館する予定であり、周辺地域のスクリーン数が一気に増加する。*14

昭島市

昭島文化/昭島東映劇場
所在地 : 東京都昭島市昭和町福島827(1955年)、東京都昭島市福島827(1960年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。跡地は「昭島市立玉川会館」北東40mの民家。最寄駅はJR青梅線東中神駅。
昭島武蔵野館
所在地 : 東京都昭島市築地270(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
拝島映劇/拝島映画劇場
所在地 : 東京都昭島市松原町5-2-21 拝島ビル2階(2010年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2010年以後2012年以前
2008年の映画館名簿では鉄筋造3階、117席、経営会社が株式会社拝島映画、邦画・洋画を上映。建物は2018年頃に取り壊された。

「拝島映画劇場」に言及している雑誌記事として、「われらの映画館 112回 拝島映画劇場」『キネマ旬報』1976年10月、第693号がある。*15

「拝島映画劇場」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*16
MOVIX昭島
所在地 : 東京都昭島市田中町573-1-1モリタウン内
開館年 : 2006年3月15日
閉館年 : 営業中
12スクリーンのシネコン。

調布市

調布銀映座/調布銀映
所在地 : 東京都北多摩郡調布町布田小島分180(1955年)、東京都調布市小島町180(1958年・1960年)、東京都調布市小島町1-34-1(閉館時)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1955年の映画館名簿では「調布銀映座」。1958年・1960年の映画館名簿では「調布銀映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「エクレール調布」。最寄駅は京王電鉄京王線・京王相模原線調布駅。

調布市にあった2館の映画館の片方が「調布銀映」である。1955年(昭和30年)以後に開館し、1963年(昭和38年)以前に閉館した。調布銀座商店街の旧甲州街道側の入口角にあり、現在の映画館跡地にはビルが建っている。当時は映画館とパチンコ店が娯楽の中心であり、集団就職で東京重機工業に就職した若者らは、日曜日に調布銀映映画を観てパチンコで遊んだという。*17
調布劇場/調布映画劇場
所在地 : 東京都北多摩郡調布町下布田999(1955年)、東京都調布市下布田町999(1958年・1960年・1966年・1969年)、東京都調布市布田2-21(閉館時)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1970年頃
1955年・1958年・1960年・1966年・1969年の映画館名簿では「調布映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1972年竣工のマンション「シュロス調布」。最寄駅は京王電鉄京王線・京王相模原線調布駅。

調布市にあった2館の映画館の片方が「調布映画劇場」である。前身は大正期に開館した劇場「調布劇場」である。旧甲州街道の布田駅前交差点から調布駅に向かって約200mの場所にあった。調布映画劇場は1970年(昭和45年)に閉館したとされ、跡地には1972年(昭和47年)竣工のマンション「調布シュロス」が建っている。*18
パルコ調布キネマ
所在地 : 東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ6階(1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1989年5月
閉館年 : 2011年9月11日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「パルコ調布キネマ」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。「調布パルコ」は現在も営業中。最寄駅は京王電鉄京王線・京王相模原線調布駅。

2011年9月11日、調布市の映画館「パルコ調布キネマ」が閉館する。かつて角川大映撮影所があった調布市は「映画のまち」を標榜しているが、市内唯一の映画館が姿を消すこととなる。1989年5月、調布パルコの開店に合わせて6階でパルコ調布キネマが開館。1993年10月には東京テアトルが運営を引き継いだ。2003年から2004年の最盛期には年間7万人以上を集客したが、近年は約4万人に落ち込んでいた。*19
イオンシネマシアタス調布
所在地 : 東京都調布市小島町2-61−1 トリエ京王調布C館内(2020年)
開館年 : 2017年9月29日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「イオンシネマシアタス調布1-11」(11館)。最寄駅は京王電鉄京王線・京王相模原線調布駅。

2017年度には京王調布駅の駅前広場の西側に建設する商業施設に、イオンシネマが開館する予定。11スクリーンで計約2100席。うち一つは500席超の大型スクリーンとなる。2011年9月に調布駅前のパルコ調布キネマが閉館してから、「映画のまち調布」をPRしているにもかかわらず映画館がなかった。*20

小金井市

小金井映画劇場/小金井映劇
所在地 : 東京都北多摩郡小金井町(1953年)、東京都北多摩郡小金井町1780(1955年)、東京都小金井市小金井1780(1960年)
開館年 : 1952年2月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年2月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「小金井映画劇場」。1960年の映画館名簿では「小金井映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
小金井セントラル
所在地 : 東京都小金井市小金井本町1-18(1958年)、東京都小金井市小金井1865(1960年)、東京都小金井市小金井本町1-18(1963年)、東京都小金井市本町1-1865(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「小金井セントラル」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スカイラーク小金井」。
小金井名画座
所在地 : 東京都小金井市小金井2704(1958年・1960年・1963年)、東京都小金井市小金井2-2704(1966年)、東京都小金井市本町2-19-4(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1989年7月30日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「小金井名画座」。1972年の住宅地図では「小金井名画座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「パークジャパン武蔵小金井第6」小金井市最後の映画館。

小平市

映画館名簿によると小平市に映画館は存在しなかったと思われる。

東村山市

久米川若草映画劇場/久米川文化劇場/久米川若草劇場/若草映画劇場
所在地 : 東京都北多摩郡東村山町久米川132(1958年・1960年・1963年)、東京都東村山市久米川133(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「久米川若草映画劇場」。1960年の映画館名簿では「久米川文化劇場」。1963年の映画館名簿では「久米川若草劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「若草映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

国分寺市

国分寺名画座
所在地 : 東京都北多摩郡国分寺町本町1-332(1958年・1960年・1963年)、東京都国分寺市本町1-332(1966年)、東京都国分寺市本町2-9-2(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「国分寺名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
国分寺映画劇場/国分寺東映劇場/国分寺東映
所在地 : 東京都北多摩郡国分寺町(1950年)、東京都北多摩郡国分寺町本町4-347(1955年・1958年・1963年)、東京都北多摩郡国分寺町347(1960年)、東京都北多摩郡国分寺町本町4-347(1963年)、東京都国分寺市本町4-347(1966年)、東京都国分寺市本町2-24-2(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画化総覧 1955』によると1945年開館。1950年・1955年の映画館名簿では「国分寺映画劇場」。1958年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「国分寺東映劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「国分寺東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アメニティ国分寺」。最寄駅はJR中央線・西武多摩湖線国分寺駅。
国分寺国際劇場
所在地 : 東京都北多摩郡国分寺町本町2-3836(1958年)、東京都北多摩郡国分寺町本町2-836(1960年)、東京都北多摩郡国分寺町本町2-3836(1963年)、東京都国分寺市本町2-3836(1966年)、東京都国分寺市本町3-8-12(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「国分寺国際劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート国分寺本町三丁目店」がある「エクシードビル」。最寄駅はJR中央線・西武多摩湖線国分寺駅。

国立市

国立コニー劇場/国立コニー/国立スカラ座
所在地 : 東京都北多摩郡国立町東区22(1958年・1960年・1963年)、東京都国立市国立字東区2208(1969年)、東京都国立市東1-15-29(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1986年? 1987年?
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「国立コニー劇場」。1960年の映画館名簿では「国立コニー」。1963年の映画館名簿では「国立コニー劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「国立スカラ座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「マイキャッスル国立」。最寄駅はJR中央本線国立駅。

1955年(昭和30年)には「国立コニー劇場」という映画館が開館したが、1962年(昭和37年)に閉館した。しかし1967年(昭和42年)には国立コニー劇場跡地を改装して「国立スカラ座」が開館した。1987年(昭和62年)に閉館した。国立コニー劇場/国立スカラ座は国立市にあった唯一の映画館である。*21

2019年10月5日から10日間、国立市に映画館を設置することを目標とする映画祭「くにたち映画館」(※映画祭ではなく映画館)が開催される。JR国立駅から南東に延びる旭通り沿いには、1986年まで国立市唯一の映画館「国立スカラ座」があった。*22

約30年前に映画館が閉館した国立市で、2019年10月5日から市民団体によって「くにたち映画祭」が開催される。1986年には国立市唯一の映画館「国立スカラ座」が閉館し、国立市の映画ファンはJR立川駅前や京王府中駅前の映画館まで足を運ぶ必要がある。2018年秋には国立市への映画館の誘致をもくろむ「くにたちに映画館をふたたび実行委員会」が結成され、同年12月には初の上映会を開催していた。*23

『保存版 国分寺・国立今昔写真帖』郷土出版社、2009年に掲載されている。現物は未確認。*24

西東京市

田無文化劇場
所在地 : 東京都北多摩郡田無町(1958年)、東京都北多摩郡田無町383(1960年)、東京都北多摩郡田無町(1963年)、東京都北多摩郡田無町383(1966年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「田無文化劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ラ・ベルドゥーレ田無」。最寄駅は西武新宿線田無駅。
田無館/田無映画劇場/田無東映劇場/田無東映
所在地 : 東京都北多摩郡田無町(1950年)、東京都北多摩郡田無町620(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都田無市本町3-11(1969年)
開館年 : 1928年、1946年11月
閉館年 : 1966年8月? 1969年以後1973年以前?
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1950年・1955年の映画館名簿では「田無映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「田無東映」。1966年の映画館名簿では「田無東映劇場」。1969年の映画館名簿では「田無東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イトーヨーカドー田無店」が入る大型商業施設「田無アスタ」。最寄駅は西武新宿線田無駅。

1927年(昭和2年)の田無館の写真あり。田無館は北多摩郡田無町初の映画館だった。1966年(昭和41年)に閉館し、跡地はイトーヨーカドーとなった。*25

昭和初期の映画館「田無館」の写真あり。田無初の映画館である。現在の住所は西東京市田無町2丁目3番。*26

田無初の映画館は1928年(昭和3年)開館の「田無館」である。現在のアスタ田無の北端部にあったが、映画館があったのは北口再開発前である。佐々病院の初代院長である佐々正達が有志から出資を募って田無館を開館させた。その後酒井平太郎が田無館を買い取り、「田無東映」に改称した。田無東映は1966年(昭和41年)8月に閉館し、跡地にはイトーヨーカ堂が建設された。*27
田無銀映座
所在地 : 東京都北多摩郡田無町(1958年)、東京都北多摩郡田無町402(1960年)、東京都北多摩郡田無町(1963年)、東京都北多摩郡田無町402(1966年)、東京都田無市本町4-29-14(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「田無銀映座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は青梅街道「田無駅北口」交差点すぐ南の道路用地。最寄駅は西武新宿線田無駅。

1960年の北多摩郡田無町にあった「田無銀映」の写真あり。昭和30年代の田無町には、西武新宿線田無駅北側に「田無館」・「田無文化」・「田無銀映」の3つの映画館があった。田無町の住民だけでなく、近隣自治体からも観客がやってきた。*28

『目で見る西東京・東久留米・清瀬の100年』p.123には「田無銀映」が掲載されている。*29

武蔵村山市

ワーナー・マイカル・シネマズむさし野ミュー/イオンシネマむさし村山
所在地 : 東京都武蔵村山市榎1-1-3 イオンモールむさし村山ミュー3階(2010年)、東京都武蔵村山市榎1-1-3 イオンモールむさし村山3階(2015年・2020年)
開館年 : 2006年11月14日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズむさし野ミュー1-12」(12館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマむさし村山」(12館)。

清瀬市

清瀬映画劇場
所在地 : 東京都北多摩郡清瀬町下清戸986(1958年・1960年・1963年)、東京都北多摩郡清瀬町松山1-12(1966年・1969年)、東京都清瀬市清瀬町松山1-12(1973年・1976年・1980年)、東京都清瀬市松山1-12-13(1985年・1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1993年2月11日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「清瀬映画劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「倉田歯科クリニック」などが入る1994年竣工のマンション「シャルマン清瀬」。清瀬市唯一の映画館。最寄駅は西武池袋線清瀬駅。

東大和市

映画館名簿によると東大和市に映画館は存在しなかったと思われる。

東久留米市

映画館名簿によると東久留米市に映画館は存在しなかったと思われる。

狛江市

映画館名簿によると狛江市に映画館は存在しなかったと思われる。

多摩南部

八王子市

シアター八王子/たつみ映画劇場
所在地 : 東京都八王子市寺町(1953年)、東京都八王子市寺町51(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「シアター八王子」。1955年の映画館名簿では「シアター八王子 休館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「たつみ映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八王子葵座/八王子東映劇場(旧)/八王子あおい座
所在地 : 東京都八王子市大横町5(1955年・1958年・1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1952年6月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年6月開館。1955年の映画館名簿では「八王子東映劇場」。1958年の映画館名簿では「八王子葵座」。1960年の映画館名簿では「八王子東映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「八王子あおい座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
八光座/八光館/八光館・八光館名画座/八光名画座/八王子名画座
所在地 : 東京都八王子市(1950年)、東京都八王子市八幡町(1953年)、東京都八王子市八幡町80(1955年・1958年・1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1950年の映画館名簿では「八光館」。1953年の映画館名簿では「八光座」。1955年の映画館名簿では「八光館」。1958年・1960年の映画館名簿では「八光館・八光館名画座」(2館)。1966年の映画館名簿では「八光名画座」。1969年の映画館名簿では「八王子名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
八王子日活映画劇場/八王子日活劇場/八王子日活/八王子にっかつ
所在地 : 東京都八王子市元横山町4-5(1958年)、東京都八王子市元横山町4(1960年)、東京都八王子市元横山町425(1969年)、東京都八王子市元横山町2-15-3(1976年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1986年3月24日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「八王子日活」。1960年の映画館名簿では「八王子日活映画劇場」。1969年の映画館名簿では「八王子日活劇場」。1976年の映画館名簿では「八王子日活」。1980年の映画館名簿では「八王子にっかつ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ライオンズシティ八王子」。最寄駅はJR中央本線八王子駅。
東映会館第一東映・東映会館ニュー東映/八幡会館/八王子大映劇場/八王子東映劇場(新)/東映会館八王子東映・東映会館八王子松竹/八王子東映・八王子松竹
所在地 : 東京都八王子市元横山町7(1958年・1960年・1966年・1969年)、東京都八王子市元横山町2-15-14(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1986年4月
1958年の映画館名簿では「東映会館第一東映・東映会館ニュー東映」(2館)。1960年の映画館名簿では「八幡会館」。1966年の映画館名簿では「八王子大映劇場」。1969年の映画館名簿では「八王子東映劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「東映会館八王子東映・東映会館八王子松竹」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「八王子東映・八王子松竹」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サクシード八王子」。最寄駅はJR中央本線八王子駅。
八王子東宝映画劇場/八王子東宝劇場/八王子東宝/ニュー八王子シネマ3
所在地 : 東京都八王子市(1950年)、東京都八王子市本町(1953年)、東京都八王子市本町36(1955年)、東京都八王子市本町56(1958年・1960年・1966年・1969年)、東京都八王子市本町19-6(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1946年2月
閉館年 : 2003年12月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年2月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「八王子東宝映画劇場」。1966年の映画館名簿では「八王子東宝劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「八王子東宝」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「タイムズ八王子本町第5」。最寄駅はJR中央本線八王子駅。
ニュー八王子/ニュー八王子・あんぐら劇場/ニュー八王子映劇・あんぐら劇場/ニュー八王子映画劇場・あんぐら劇場/ニュー八王子映画劇場/ニュー八王子シネマ1・2/ニュー八王子シネマ1・2・3・4
所在地 : 東京都八王子市(1950年)、東京都八王子市横山町(1953年)、東京都八王子市横山町66(1955年・1958年・1960年)、東京都八王子市横山町2-65(1966年)、東京都八王子市横山町96-2(1969年)、東京都八王子市横山町13-4(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 2017年1月31日
Wikipedia : ニュー八王子シネマ
『全国映画館総覧 1955』によると1947年5月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「ニュー八王子」。1969年・1973年の映画館名簿では「ニュー八王子・あんぐら劇場」(2館)。1976年の映画館名簿では「ニュー八王子映劇・あんぐら劇場」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「ニュー八王子映画劇場・あんぐら劇場」(2館)。1990年・1995年の映画館名簿では「ニュー八王子映画劇場」。2000年の映画館名簿では「ニュー八王子シネマ1・2」(2館)。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「ニュー八王子シネマ1・2・3・4」(4館)。最寄駅はJR中央本線八王子駅。

1947年頃の文献から「ニュー八王子」の名前が登場する。1950年代の八王子駅周辺には6館の映画館があった。1964年に現在のニュー八王子ビルに移り、4階で1スクリーンだった。1992年に現在の運営会社が引き継ぎ、3階から5階の4スクリーンに増やした。ビルの建て替えに伴い、2017年1月31日で閉館する。*30

2017年1月いっぱいで八王子市の映画館「ニュー八王子シネマ」が閉館する。1月14日から1月30日まで「ありがとう! 上映」が行われる。JR八王子駅北口から徒歩約10分、ニュー八王子ビルの3階から5階にあり、4スクリーン計約430席を有する。1947年に別の場所で開館し、1964年に現在のビルに移転した。最盛期の八王子市には6館の映画館があったが、郊外にシネコンが進出したことで客足が減り、相次いで閉館していた。ニュー八王子シネマでは大作映画だけではなく独立系作品の上映にも力を入れていたが、最盛期に10万人を超えていた年間観客数は7万人にまで減少した。築50年を超えたビルの老朽化もあって閉館を決定した。*31

2017年1月末をもって、八王子市横山町の映画館「ニュー八王子シネマ」が閉館する。八王子市の中心市街地唯一の映画館だった。入居するビルが老朽化で建て替えられるため。1947年頃に開館した「ニュー八王子」がルーツであり、1964年に現在のビルに移転した。1956年頃の八王子市には少なくとも6館の映画館があったとされる。1992年以降はビルの所有会社が映画館の運営も行っており、1990年代には年間数十万人の観客数があったが、現在は7万人ほどに減少した。4スクリーン計431席を有している。*32
ヴァージンシネマズ南大沢/TOHOシネマズ南大沢
所在地 : 東京都八王子市南大沢2-3(2005年・2010年)、東京都八王子市南大沢2-3 fab南大沢4階(2015年・2020年)
開館年 : 2001年12月22日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「TOHOシネマズ南大沢1-8・プレミア」(9館)。2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ南大沢1-8・プレミアスクリーン」(9館)。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ南大沢1-8・プレミア」(9館)。

2001年12月22日、多摩ニュータウンに商業娯楽施設「ファブ南大沢」が開業した。9スクリーン約2000席のシネコンが核となる。*33

2001年12月、八王子市南大沢に多摩地方最大級のシネコン「ヴァージンシネマズ南大沢」が開館した。名古屋や大阪に次いで6サイト目のヴァージンシネマズである。ニュータウンに合わせて白色を基調とするデザインであり、9スクリーン計約2000席を有する。5km圏内に約35万人が住んでいるが、京王相模原線調布駅=橋本駅間にはシネコンがなかった。シネコンは郊外型であることが多いが、京王相模原線南大沢駅前にある本サイトは駅前型を標榜している。9スクリーンのうち1スクリーンはプレミアスクリーンであり、一般スクリーンより鑑賞料金が600円高いものの、座席は通常シートの1.5倍であり、さらにリクライニングシートである。グループ企業であるヴァージンアトランティック航空のサービスを取り入れており、インターネット上で座席予約が可能である。*34

町田市

町田東映
所在地 : 東京都町田市原町田386(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「町田東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「河合塾町田校」建物南側。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。
町田エトアール劇場/町田エトワール劇場
所在地 : 東京都町田市原町田778(1958年)、東京都町田市原町田八号778(1960年)、東京都町田市原町田778(1963年)、東京都町田市原町田6-1-15(1966年・1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「町田エトアール劇場」。1976年・1978年の映画館名簿では「町田エトワール劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「町田マルイ」建物中央部。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。
町田日活/町田日活館/ロマン映画劇場/町田ロマン/町田ロマン映画劇場/町田ロマン会館
所在地 : 東京都南多摩郡町田町(1950年)、東京都南多摩郡町田町原町田165(1953年・1955年)、東京都町田市原町田134(1958年・1960年・1963年)、東京都町田市原町田4-15-16(1966年・1969年・1973年・1976年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 2000年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1940年開館。1950年の映画館名簿では「町田日活館」。1953年の映画館名簿では「町田日活」。1955年の映画館名簿では「町田日活館」。1958年の映画館名簿では「ロマン映画劇場」。1960年の映画館名簿では「町田ロマン」。1963年の映画館名簿では「ロマン映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「町田ロマン映画劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「町田ロマン」。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「町田ロマン会館」。1998年の映画館名簿では鉄筋造2階、360席、経営会社が株式会社ロマン、成人映画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はビジネスホテル「アパホテル町田駅東」。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。

『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 町田』国書刊行会、1985年に掲載されている。現物は未確認。*35
まちだ東急ル シネマ
所在地 : 東京都町田市原町田6-9-7(1985年・1990年・1995年・2000年)、東京都町田市原町田6-9-7 中央通り東急ビル(閉館時)
開館年 : 1984年頃
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1984年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「まちだ東急ル シネマ」。1998年の映画館名簿では鉄筋造2階、172席、経営会社が株式会社東急百貨店、洋画ロードショーを上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工の商業ビル「アエタ町田」。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。
ぱるるプラザ町田1・2・3
所在地 : 東京都町田市原町田4-1-4 ぱるるプラザ町田4階(2005年)
開館年 : 2000年
閉館年 : 2006年3月31日
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年の映画館名簿では「ぱるるプラザ町田1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造4階、99席と118席と80席、経営会社が郵便貯金地域文化活動支援施設、邦画と洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ぱるるシネマとも。建物の「プラザ町田ビル」は現存。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。
町田映画/町田映画劇場/町田映画劇場・ニュー町映/町映ローズ劇場・町映グリーン劇場/まちえいローズ劇場・まちえいグリーン劇場
所在地 : 東京都南多摩郡町田町(1950年)、東京都南多摩郡町田町原町田783(1953年・1955年)、東京都町田市原町田783(1958年)、東京都町田市原町田775(1960年)、東京都町田市原町田783(1963年)、東京都町田市原町田6-3-3(1966年・1969年・1973年・1976年)、東京都町田市原町田6-3-4(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1949年12月、1973年(ビル化)
閉館年 : 2006年12月15日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1950年の映画館名簿では「町田映画劇場」。1953年の映画館名簿では「町田映画」。1955年の映画館名簿では「町田映画劇場」。1958年の映画館名簿では「町田映画・ニュー町映」(2館)。1960年の映画館名簿では「町田映画劇場・ニュー町映」(2館)。1963年の映画館名簿では「町田映画・ニュー町映」(2館)。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「町田映画劇場・ニュー町映」(2館)。1976年の映画館名簿では「町田グリーン劇場・町田ローズ劇場」(2館)。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「町映グリーン劇場・町映ローズ劇場」(2館)。2002年・2005年の映画館名簿では「まちえいローズ劇場・まちえいグリーン劇場」(2館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造地下、107席と107席、経営会社が町田映画劇場有限会社、邦画と洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。建物の商業ビル「町映ビル」は現存。最寄駅は小田急小田原線町田駅・JR横浜線町田駅。
109シネマズグランベリーモール/109シネマズグランベリーパーク
所在地 : 東京都町田市鶴間3-4-1 グランベリーモール内(2010年・2015年)、東京都町田市鶴間3-4-1 グランベリーパーク内(2020年)
開館年 : 2006年3月(モール)、2019年11月13日(パーク)
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「109シネマズグランベリーモール1-10」(10館)。2020年の映画館名簿では「109シネマズグランベリーパーク1-10」(10館)。最寄駅は東急田園都市線南町田グランベリーパーク駅。

日野市

日野映画劇場
所在地 : 東京都南多摩郡日野町日野台(1958年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「日野映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「日野映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

多摩市

多摩ニュータウンPit/ドライブインシアターMOVIX TAMA
所在地 : 東京都多摩市落合字長久保1719(1990年)、東京都多摩市落合2-1831(1992年・1995年)
開館年 : 1984年7月14日
閉館年 : 1995年頃
1990年の映画館名簿では「多摩ニュータウンPit」。1992年・1995年の映画館名簿では「ドライブインシアターMOVIX TAMA」。1992年の映画館名簿では120台、経営会社が株式会社松竹シネファイジャパン、邦画・洋画を上映。ドライブインシアター。1996年・1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ベネッセコーポレーション東京本部」。

多摩ニュータウンの多摩市落合2-1831にはドライブインシアター「ムービックス多摩」がある。観客は20代のカップルが圧倒的であり、休日前夜には120台収容の施設がほぼ満車となる。*36
多摩カリヨンシアター
所在地 : 東京都多摩市落合1-39-1 多摩カリヨン館8階(2000年・2002年)
開館年 : 1993年3月27日
閉館年 : 2002年以後2004年以前
2000年・2002年の映画館名簿では「多摩カリヨンシアター」。2002年の映画館名簿では鉄筋造8階、95席、経営会社が株式会社玉シネプレックス、邦画と洋画を上映。2004年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。5スクリーンのビデオシアター。跡地は「マグレブイーストビル」。

1993年3月27日、多摩市の小田急多摩センター駅前に多摩カリヨン館が開店する。地上9階・地下2階建てで、延床面積は1万8532平方メートル。8階には約100人を収容するビデオシアターが5館入る。*37

1993年3月27日、多摩センター駅前の多摩カリヨン館8階にビデオシアター「カリヨンシアター1・2・3・4・5」が開館した。大型商業施設を中心に増えてきたビデオシアターだが、5スクリーンを有する施設は全国初である。東急レクリエーションと松竹第一興行の合弁会社である多摩シネプレックスが運営している。通常のビルのワンフロアを利用することから、高い天井高を必要としないビデオシアターが選択された。1983年、千葉県船橋市に日本初のビデオシアターが開館し、現在は全国で66スクリーンがある。東宝では1991年の配給収入の内0.9%がビデオシアターだったが、1992年には1.3%に増えている。*38

多摩市にある複合型ビデオシアター「多摩カリヨンシアター」は、5館合計で482席の規模である。5館で約7億円が投じられており、うち1館には衛星放送を受信できるシステムを備えている。1993年には皇太子ご成婚の際にハイビジョン映像を無料で放映した。開館から現在までに約15万5000人を動員しており、まずまず成功している。*39
せいせきシネマックス1・2/せいせきシネサイト1・2・3
所在地 : 東京都多摩市関戸321-3 京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターA館(1990年)、東京都多摩市関戸1-11-1 京王聖蹟桜ヶ丘SC A館7階(1995年)、東京都多摩市関戸1-11-1 京王聖蹟桜ヶ丘SC A館6階(2000年・2002年・2004年)
開館年 : 1986年3月下旬
閉館年 : 2004年9月
1990年・1995年の映画館名簿では「せいせきシネマックス1・2」(2館)。2000年・2002年・2004年の映画館名簿では「せいせきシネサイト1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造7階、101席と82席と99席、経営会社がソニー・シネマチック株式会社、邦画と洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。

1986年3月下旬、京王電鉄は聖蹟桜ヶ丘駅をはさんで京王聖蹟桜ヶ丘SCのA館とB館を建設した。京王百貨店、京王ストア、ファッションなどの専門店に加えて、洋画専門のビデオシアター2館、多目的ホールも入っている。ビデオシアターは日本初の施設であり、洋画専門の封切館である。*40
ワーナー・マイカル・シネマズ多摩センター/イオンシネマ多摩センター
所在地 : 東京都多摩市落合1-45-2 丘の上パティオ2階(2010年)
開館年 : 2005年11月15日
閉館年 : 営業中
8スクリーンのシネコン。

稲城市

映画館名簿によると稲城市に映画館は存在しなかったと思われる。

多摩西部

青梅市

青梅セントラル/青梅セントラル劇場
所在地 : 東京都青梅市東青梅(1953年)、東京都青梅市青梅42(1955年)、東京都青梅市勝沼9(1958年)、東京都青梅市勝沼8(1960年)、東京都青梅市勝沼9(1963年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年開館。1953年の映画館名簿では「青梅セントラル」。1955年の映画館名簿では「青梅セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では「青梅セントラル」。1960年の映画館名簿では「青梅セントラル劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
青梅キネマ
所在地 : 東京都青梅市住江町47(1953年)、東京都青梅市勝沼町8(1955年)、東京都青梅市住江町42(1958年)、東京都青梅市青梅42(1960年)、東京都青梅市住江町42(1966年)
開館年 : 1926年頃、1945年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「青梅キネマ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1926年1月20日、青梅の「墨江座」が火災で焼失し、跡地には映画常設館「青梅キネマ」が開館した。「青梅大映」に関する記述もある。現物は未確認。*41
初音座/青梅大映劇場/青梅大映/青梅映画
所在地 : 東京都青梅市青梅120(1953年・1955年)、東京都青梅市本町120(1958年)、東京都青梅市青梅120(1960年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1884年頃(初音座)、1950年(青梅大映)
閉館年 : 1973年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1953年の映画館名簿では「青梅大映」。1955年の映画館名簿では「青梅大映劇場」。1958年の映画館名簿では「青梅大映」。1960年の映画館名簿では「青梅大映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「青梅大映」。1973年の映画館名簿では「青梅映画」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は月極駐車場「川窪駐車場」。最寄駅はJR青梅線青梅駅。青梅市最後の映画館。

1970年頃には郊外型大型店の影響などで、青梅市の住江町商店街が寂れ始めた。1973年には青梅から映画館がなくなった。*42

1952年の青梅市にあった「青梅大映」、「青梅セントラル」、「青梅キネマ」の写真あり。1973年には青梅から映画館がなくなった。現物は未確認。*43
シネマネコ青梅
所在地 : 東京都青梅市西分町3-123 青梅織物工業協同組合
開館年 : 2021年6月4日
閉館年 : 営業中
2020年の映画館名簿には掲載されていない。

2021年6月4日、青梅市にミニシアター「シネマネコ」が開館する。オープニング作品はスタジオジブリの『猫の恩返し』。JR青梅駅と東青梅駅の間にある、旧都立繊維試験場(登録有形文化財)を改修した建物に入居する。座席数は63席であり、最新の音響設備を導入する。改修費用などに約1億円がかかったが、半分は経済産業省の助成金を活用しており、またクラウドファウンディングで540万円を集めた。かつて青梅市には3館の映画館があったが、1973年までにすべての映画館が閉館した。近年の青梅市の商店街は、手書きの映画看板を掲げて昭和レトロな雰囲気を演出している。*44

2021年6月4日、青梅市にミニシアター「シネマネコ」が開館する。当初は5月2日の開館を予定していたが、4月25日に緊急事態宣言が発令されたことで開館を延期していた。代表は青梅市内で飲食店を経営する菊池康弘。1935年に建設された旧都立繊維試験場を約2年がかりで改修した。2018年に閉館した新潟県の「十日町シネマパラダイス」からキネット社製の椅子を譲り受けた。ロビーには地元の映画愛好家から寄贈された古い映画パンフレットや、スタッフがセレクトした映画本を並べている。オープニング作品は2002年のアニメ作品『猫の恩返し』であり、スタジオジブリに直談判して上映が実現した。*45

福生市

テアトル福生
所在地 : 東京都西多摩郡福生町志茂215(1953年・1955年)、東京都西多摩郡福生町志茂(1958年)、東京都西多摩郡福生町215(1960年)、東京都西多摩郡福生町志茂(1963年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1964年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「テアトル福生」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
福生セントラル/ニュー福生
所在地 : 東京都西多摩郡福生町志茂218(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年2月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「福生セントラル」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ニュー福生」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

羽村市

錦亀館
所在地 : 東京都西多摩郡西多摩村(1953年・1955年)、東京都西多摩郡羽村町145(1960年)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1965年
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「錦亀館」。1955年の映画館名簿では「錦亀館(移動劇場)」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「錦亀館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

2021年6月5日から8月22日、羽村市郷土博物館で企画展「錦亀館 はむらの映画館」が開催された。錦亀館(きんきかん)は西多摩村(現・羽村市)唯一の映画館である。1930年に開館し、ニュース映画や娯楽映画の上映、演劇や浪曲の上演、野外での映画上映会、青年団などのイベントに活用された。1965年に建物が改築され、羽村町(現・羽村市)の町民集会所となった。*46

あきる野市

五日市劇場
所在地 : 東京都西多摩郡五日市町五日市138(1953年・1955年)、東京都西多摩郡五日市町138(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1945年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「五日市劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。建物は1977年に取り壊された。跡地は「西武信用金庫五日市支店」北北西30mの民家。

『五日市の百年 合併40周年記念写真集』五日市町、1995年に掲載されている。現物は未確認。*47
ドライブインシアターサマーランド
所在地 : 東京都あきる野市上代継白岩600 東京サマーランド西駐車場(1996年・1998年・2000年・2002年)
開館年 : 1994年
閉館年 : 2002年
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年・1998年・2000年・2002年の映画館名簿では「ドライブインシアターサマーランド」。2002年の映画館名簿では200台、経営会社が有限会社メディアステーション、洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。ドライブインシアター。

西多摩郡瑞穂町

瑞穂パレス/みづほ劇場
所在地 : 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎5-187(1955年)、東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎2338(1958年)、東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎(1960年)、東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎2338(1963年)、
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「みづほ劇場 休館」。1958年の映画館名簿では「瑞穂パレス」。1960年の映画館名簿では「みづほ劇場」。1963年の映画館名簿では「瑞穂パレス」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

2018年10月14日まで、西多摩郡瑞穂町の瑞穂町郷土資料館けやき館で「コレクション展 昭和のオモチャと映画ポスター」が開催されている。1950年代から1960年代には、瑞穂町に「昭和館」と「みづほパレス」という映画館2館があり、みづほパレスの木製看板も展示している。*48

西多摩郡日の出町

ワーナー・マイカル・シネマズ日の出/イオンシネマ日の出
所在地 : 東京都西多摩郡日の出町大字平井字三吉野桜木557(2010年)、東京都西多摩郡日の出町大字平井237-3 イオンモール日の出内(2015年・2020年)
開館年 : 2007年11月23日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ日の出1-9」(9館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ日の出1-9」(9館)。

西多摩郡奥多摩町

氷川会館/奥多摩会館
所在地 : 東京都西多摩郡氷川町1419(1954年)、東京都西多摩郡奥多摩町1419(1957年)、東京都西多摩郡奥多摩町氷川1419(1958年)、東京都西多摩郡奥多摩町1419(1960年・1961年)、東京都西多摩郡奥多摩町氷川1413(1962年)、東京都西多摩郡奥多摩町氷川1419(1963年・1965年)
開館年 : 1954年以前、1959年12月
閉館年 : 1965年頃
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「氷川会館(休館)」。1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「氷川会館」。1958年の映画館名簿では「奥多摩会館」。1960年の映画館名簿では「氷川会館」。1961年・1962年・1963年・1965年の映画館名簿では「奥多摩会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年12月、映画館「奥多摩会館」が開館した。*49

西多摩郡檜原村

映画館名簿によると西多摩郡檜原村に映画館は存在しなかったと思われる。

東京都島嶼部

大島

阿久津キネマ/大島映画劇場
所在地 : 東京都元村25(1953年)、東京都大島町元町25(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿では「阿久津キネマ」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「阿久津キネマ」。1963年の映画館名簿では「大島映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大島昭和館
所在地 : 東京都中央区大島波浮港6(1950年)、東京都波浮港村(1953年)、東京都大島町波浮港17(1958年)、東京都大島町波浮港(1960年・1966年・1969年)、東京都大島町元町(1973年・1976年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1976年以後1978年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「大島昭和館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「大島昭和館」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。

八丈島

共映劇場/共映会館/八丈島共同映画
所在地 : 東京都八丈町字三根(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1972年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「共栄劇場」。1960年の映画館名簿では「共映劇場」。1963年の映画館名簿では「共栄劇場」。1966年の映画館名簿では「共映劇場」。1969年の映画館名簿では「共映会館」。1973年・1976年の映画館名簿では「八丈島共同映画」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。浅丘ルリ子・山本陽子・泉雅子の3人は共映会館を訪れて舞台挨拶を行ったことがあるという。

1957年(昭和32年)には八丈島の八丈町三根に映画館「共映会館」が開館した。内部は日比谷の映画館と同じ設計だった。昼夜の2本立てであり、洋画の上映も多かった。1972年に閉館した。時期不明の写真あり。*50
八丈島会館
所在地 : 東京都八丈町字三根宮の平(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年)、東京都八丈町三根(1978年)、東京都八丈町三根1930-1(1980年・1985年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1983年
1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「八丈島会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「八丈島会館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「七島信用組合八丈島支店」。東京都島嶼部最後の映画館。

1956年(昭和31年)には八丈町に映画館「八丈島会館」が開館した。座席数は320席。火災で全焼した後に小規模な映画館を再建したが、1983年(昭和58年)に閉館した。1956年の開館当時の写真あり。*51

神津島

南島館
所在地 : 東京都神津島村神津5(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「南島館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
平和映画劇場/平和劇場
所在地 : 東京都神津島村神津8(1958年・1960年・1963年)、東京都神津島村8(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「平和映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

新島

大沼座
所在地 : 東京都新島本村新島7(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「大沼座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

新宿区神楽坂に存在した成人映画館の『クララ劇場』の記載がありません。
更新予定はありますか?

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2020年11月27日(金) 08:56:25 返信数(1) 返信

東京23区については優先順位が高くないので、新宿区の映画館についてはだいぶ先になるかもしれません。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年12月01日(火) 23:05:15

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます