閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


船橋市

中山銀映座
所在地 : 千葉県船橋市小栗原町112(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中山銀映座」。1958年の映画館名簿では経営者が昭和興行、支配人が山内俊英、木造1階、定員300、上映系統は記載なし。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
船橋映画劇場/船橋日活
所在地 : 千葉県船橋市宮本町3-604(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年8月開館。1955年の映画館名簿では「船橋映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「船橋日活」。1958年の映画館名簿では支配人が渡辺吉治、木造2階、定員270、日活・新東宝・東宝を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
中央会館/船橋日活中央/船橋日活中央劇場
所在地 : 千葉県船橋市湊町3-2319(1953年)、千葉県船橋市湊町3-2321(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央会館」。1963年の映画館名簿では「船橋日活中央」。1966年の映画館名簿では「船橋日活中央劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が柴田興業社、支配人が寺岡司郎、木造2階冷暖房付、定員302、日活・混合を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中山コニー劇場/中山映画劇場・中山東映コニー劇場/中山映画劇場・中山コニー劇場/中山映画劇場
所在地 : 千葉県船橋市小栗原1-157(1953年)、千葉県船橋市小栗原町1-156(1955年)、千葉県船橋市小栗原町2-122(1958年)、千葉県船橋市小栗原町2-112(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1947年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「中山映画劇場」。1958年の映画館名簿では「中山コニー劇場」。1960年の映画館名簿では「中山映画劇場・中山東映コニー劇場」(2館)。1963年の映画館名簿では「中山映画劇場・中山コニー劇場」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「中山映画劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が晃国興業、支配人が菅原恒雄、木造1階冷暖房付、定員308、日活・混合を上映。1968年の住宅地図では「中山映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「中山ビリヤード」。跡地はマンション「パークホームズ下総中山ステーションコンフォート」。
宮下館/船橋宮下館/船橋松竹/船橋松竹宮下館/船橋日活劇場/船橋日活
所在地 : 千葉県船橋市宮本町252(1953年)、千葉県船橋市宮本町1-1915(1955年)、千葉県船橋市宮本町1-195(1958年)、千葉県船橋市宮本町1-1915(1960年・1963年)、千葉県船橋市宮本町1915(1966年・1969年)、千葉県船橋市宮本町1-19-10(1973年・1975年)
開館年 : 1924年、1936年9月
閉館年 : 1975年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年9月開館。1953年の映画館名簿では「宮下館」。1955年の映画館名簿では「船橋宮下館」。1958年の映画館名簿では「船橋松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「船橋松竹」。1963年・1966年の映画館名簿では「船橋松竹宮下館」。1968年の住宅地図では「船橋日活」。1969年の映画館名簿では「船橋日活劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「船橋日活」。1975年の映画館名簿では経営会社が太陽企業、経営者が村上覚、支配人が岩田暢夫、木造1階冷暖房付、303席、日活・洋画を上映。1977年・1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「みつひき青果 ランジェリーショップクミ 鮮魚みづの オキナ堂」。跡地は焼肉店「兄弟カルビ」や「東城商店」やレストラン「ビストロふぉーなう」などが入る建物。最寄駅は京成本線大神宮下駅。

1954年(昭和29年)頃の船橋市にあった宮下館通りの写真あり。1924年(大正13年)に開館した「宮下館」にちなんだ名前である。宮下館通りには映画館、旅館、銭湯、薬屋、菓子家、食堂、寿司屋、傘屋、写真館、仏具店などがあり、京成電鉄の踏切を挟んで海老川までにぎわった。船橋市には宮下館のほかに、「船橋国際劇場」、「船橋東映」、「船橋名画座」などがあった。*1

1969年(昭和44年)の船橋市にあった映画館「宮下館」の写真あり。『野良猫ロック』や『ハレンチ学園』のポスターが見える。左側に入る道は宮下館通りであり、万代橋(よろずよばし)を渡ると御殿通りとなる。宮下館は1924年(大正13年)に開館し、松竹系の作品を上映していたが、後に日活系となった。*2
蓬莱座/船橋新興館/船橋新興映劇/船橋東映劇場/船橋東映
所在地 : 千葉県船橋市本町4-1798(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町3-5-29(1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1944年
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1944年開館。1953年の映画館名簿では「船橋新興館」。1955年の映画館名簿では「船橋新興映画劇場」。1958年の映画館名簿では「新興映画劇場」。1960年の映画館名簿では「船橋新興映劇」。1963年の映画館名簿では「船橋東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「船橋東映劇場」。1968年の住宅地図では「船橋東映劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「船橋東映」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の住宅地図では跡地に「リズ船橋」。跡地は1991年竣工のマンション「グレイスコート船橋」。最寄駅は京成本線京成船橋駅。

1954年(昭和29年)の船橋市にあった映画館「新興」の広告ポスターの写真あり。『母恋人形』や『国定忠治』などのポスターが見える。船橋市には「船橋日活」、「新興映画劇場」、「船橋大映」、「船橋宮下館」、「中山銀映座」、「中山昭和座」、「船橋中央会館」、「名画座」の8館の映画館があった。*3

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋東映」の写真あり。「船橋東映」「毎週土曜日オールナイト」の文字が見える。本町通りの南側にあった。大正期から続く演芸場であり、戦後に「新興館」に改称して映画館化、後に船橋東映に改称した。本町通りにはこのほかに、松川亭や柏亭などの寄席があった。2007年(平成19年)現在の跡地にはマンションが建っている。*4

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋東映」の写真あり。「船橋東映」「毎週土曜日オールナイト」の文字が見える。船橋市には8館の映画館があった。*5
名画座/船橋名画座
所在地 : 千葉県船橋市本町1-1188(1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町1-31-25(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「船橋名画座」。1968年・1980年の住宅地図では「船橋名画座」。1986年の映画館名簿では経営会社が小泉興行、経営者・支配人ともに菅原静枝、鉄筋造1階、105席、にっかつを上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の住宅地図では跡地に「パチンコ林屋」。跡地はゲームセンター「アドアーズ船橋店」。最寄駅はJR総武本線船橋駅または京成本線京成船橋駅。

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋名画座」の写真あり。「船橋名画座」「東宝」の文字が見える。『巨人の星 大リーグボール』、『アタックNo.1』、『やさしいライオン』、『キングコングvsゴジラ』のポスターが見える。西武百貨店の南側にあった。戦後に開館した名画座は東宝系の映画館だった。*6
コミュニティシアターCT船橋/コミュニティシアター船橋
所在地 : 千葉県船橋市本町7-6-1(1985年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1983年4月29日
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「コミュニティシアターCT船橋」。1990年・1995年の映画館名簿では「コミュニティシアター船橋」。1992年の住宅地図では「船橋ツインビル東館(イトーヨーカドー船橋店東館)5階コミュニティシアター船橋」。1998年の映画館名簿では鉄筋造5階、100席、経営会社がイトーヨーカ堂、経営者が鈴木敏文、支配人が伊藤吉弘、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。日本初のビデオシアター。船橋ツインビル東館は現存。最寄駅はJR総武本線船橋駅。
船橋大映/船橋国際劇場/船橋国際
所在地 : 千葉県船橋市本町2丁目(1953年)、千葉県船橋市本町2-1176(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町4-1-15(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 2002年12月
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「船橋大映」。1963年の映画館名簿では「船橋国際」。1966年の映画館名簿では「船橋国際映画劇場」。1968年の住宅地図では「船橋大映」。1969年の映画館名簿では「船橋国際劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「船橋国際」。1980年・1992年の住宅地図では「船橋国際ビル 4階船橋国際映画劇場」。跡地は「快美壱番館」。最寄駅はJR総武本線船橋駅または京成本線京成船橋駅。

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋国際劇場」の写真あり。「船橋国際」の文字が見える。洋画中心だった。船橋駅南口の路地を左に曲がり、山口横丁に至る途中にあった。後に「船橋大映」に改称した。2007年(平成19年)現在は遊戯場となっている。*7
Cine FiららぽーとPit/ららぽーとドライブインシアター/ムービックスららぽーと1・2/ららぽーとドライブインシアタープラウド1・2
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1(1985年・1990年・1995年)、千葉県船橋市浜町2-16-6(2000年)、千葉県船橋市浜町2-16-6 湾岸南駐車場(2005年)
開館年 : 1981年、1993年3月13日(2館化)
閉館年 : 2007年10月31日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「Cine FiららぽーとPit」。1990年の映画館名簿では「ららぽーとドライブインシアター」。1992年の住宅地図では「ららぽーと駐車場(お車で観る映画館)ららぽーとドライブインシアター」。1995年・2000年の映画館名簿では「ムービックスららぽーと1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では「ららぽーとドライブインシアタープラウド1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。日本初のドライブインシアター。跡地は「ららぽーと第10駐車場」。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。

1983年4月、船橋市のイトーヨーカ堂船橋店に日本初のビデオ劇場が開館した。1984年4月には千葉市高洲の扇屋ジャスコマリンピア店に3館が開館した。千葉県に7館、新潟県柏崎市に1館、沖縄県浦添市に1館があり、1985年9月現在では全国に9館のビデオ劇場がある。東京都多摩市、群馬県富岡市、神奈川県相模原市、岐阜県各務原市、奈良県橿原市にも開館が決定している。一般的には座席数50-100席のミニ映画館。縦1.5メートル×横3.5メートル程度のスクリーンにプロジェクターで映像を映す。*8

1981年には船橋市に「ムービックス・ららぽーと」が開設された。ショッピングセンター内にあり、200台を収容する。現在全国にあるドライブインシアターの中では最も古い。*9

1993年3月13日、船橋市に180台収容のドライブインシアター「ムービックスららぽーと2」が開館した。隣接地には1月16日開館で250台収容の「ムービックスららぽーと1」があり、日本最大のツインドライブインシアターとなった。1981年に「ららぽーとピット」の名称で開館し、商業施設の拡大に伴って三度移転している。1987年には商業施設の建物内に5スクリーンの映画館も開館している。*10

若いカップルやニューファミリー層に人気のドライブインシアターの草分けと言えば、1981年に船橋市浜町2-16-6に開館した「ムービックスららぽーと」である。ショッピングセンターの駐車場を利用。1993年には隣接地に「ムービックスららぽーと2」を開館させ、2館合わせた収容台数が430台と日本最大のツインシアターとなった。*11
津田沼Let'sシネパークレッドスポット・グリーンスポット/津田沼テアトルシネパークレッドスポット・グリーンスポット
所在地 : 千葉県船橋市前原西2-19-1(1990年・1995年)、千葉県船橋市前原西2-18-1(2000年)、千葉県船橋市前原西2-18-1 津田沼パルコB館6階(2005年・2010年)
開館年 : 1985年11月
閉館年 : 2010年2月28日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年の映画館名簿では「津田沼Let'sシネパークレッドスポット・グリーンスポット」(2館)。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「津田沼テアトルシネパークレッドスポット・グリーンスポット」(2館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR総武本線津田沼駅。津田沼パルコB館は現存。

2010年2月28日をもって、船橋市の津田沼パルコB館6階にある映画館「津田沼テアトルシネパーク」が閉館する。2月27日と28日には『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映する。これによって繁華街の津田沼から映画館がなくなる。1985年11月に開館し、170席と145席の2スクリーンを有する。構造上の制約によって観客席の後ろから映写する方法をとれず、スクリーンの後ろから映写して鏡に反射させる珍しい方法をとっている。1994年12月からはパルコに変わって東京テアトルが運営していた。*12
船橋ららぽーとシネマ/TOHOシネマズ船橋ららぽーと
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1(1990年・1995年)、千葉県船橋市浜町2-1-1-4510、浜町2-1-1-4490(2000年)、千葉県船橋市浜町2-1-1-4512(2005年)、千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY南館3階(2010年)
開館年 : 1988年3月25日
閉館年 : 2013年11月
1988年3月25日に6スクリーンで開館。1990年の映画館名簿では「船橋ららぽーと東宝・船橋ららぽーとプラザ・船橋ららぽーとスカラ・ららぽーと松竹・ららぽーとセントラル1・ららぽーとセントラル2」(6館)。1992年の住宅地図では「ららぽーと東宝 ららぽーとプラザ ららぽーとスカラ ららぽーと松竹 ららぽーとセントラル1・2」。1992年以後1995以前8スクリーン化。1995年の映画館名簿では「ららぽーと東宝・ららぽーとプラザ・ららぽーとスカラ・ららぽーと松竹・ららぽーとセントラル1・ららぽーとセントラル2・ららぽーと東映・ららぽーとミラノ」(8館)。1995年以後2000年以前10スクリーン化。2000年の映画館名簿では「ららぽーと東宝・ららぽーとプラザ・ららぽーとスカラ・ららぽーとシネ1・ららぽーとシネ2・ららぽーと松竹・ららぽーとセントラル1・ららぽーとセントラル2・ららぽーと東映・ららぽーとミラノ」(10館)。2004年7月16日TOHOシネマズ船橋ららぽーと改称。2005年の映画館名簿では「TOHOシネマズ船橋ららぽーと1-8・family screen・プレミアスクリーン」(10館)。2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ船橋ららぽーと1-9・プレミアスクリーン」(10館)。2013年11月に同一施設西館に移転して閉館。後継館はTOHOシネマズららぽーと船橋。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。
TOHOシネマズららぽーと船橋
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY西館3階(2015年・2020年)
開館年 : 2013年11月22日
閉館年 : 営業中
前身館は同一施設南館にあった船橋ららぽーと。2013年11月22日に南館から西館に移転して開館。2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズららぽーと船橋1-10」(10館)。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます