日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



千葉市

千葉市は千葉市の映画館を参照。

船橋市

船橋市は船橋市の映画館を参照。

千葉県中央地域

市原市

ほてい座/五井ほてい館/五井ホテイ館/五井宝袋館
所在地 : 千葉県市原郡五井町(1947年・1950年)、千葉県市原郡五井町1510(1955年)、千葉県市原郡五井町五井(1960年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿では「ほてい座」。1950年の映画館名簿では「五井ほてい館」。1955年の映画館名簿では「五井ホテイ館」。1960年の映画館名簿では「五井宝袋館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
牛久大映
所在地 : 千葉県市原郡南総町897(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「牛久大映」。1964年の映画館名簿では「牛久大映(休館)」。1964年の映画館名簿では経営者が大村鉄三郎、支配人が記載なし、構造が記載なし、定員が記載なし、上映系統が記載なし。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
五井映劇
所在地 : 千葉県市原郡五井町下新道2269(1963年・1965年)
開館年 : 1961年10月
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「五井映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の映画館名簿では「五井映劇」。1965年の映画館名簿では経営者が八洲興行、支配人が長沼繁男、木造2階暖房付、定員338、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年10月下旬、五井町五井字中新道2328-2の農地に新映画館が開館する予定。転用許可を待って9月中旬に着工する。木造平屋建て。定員370。工費400万円。安房郡鋸南町の「山野井座」の館主である山野井四郎が経営。*1
サンシネマ/市原サンシネマ
所在地 : 千葉県市原市五井1447-7(1996年)、千葉県市原市五井1447-7 サンプラザ市原内(1998年)、千葉県市原市五井中央西1-1-25 サンプラザ市原内(2005年)
開館年 : 1995年頃
閉館年 : 2006年
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年・1998年・2000年の映画館名簿では「サンシネマ」。1996年の映画館名簿では経営会社が財団法人市原市都市開発公社、経営者が白鳥一夫、支配人が伊藤富夫、鉄筋造1階、98席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿では「市原サンシネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
シネマックスちはら台/USシネマちはら台
所在地 : 千葉県市原市ちはら台西3-4 ユニモちはら台3階(2020年)
開館年 : 2007年9月8日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2007年9月8日シネマックスちはら台開館。2010年の映画館名簿では「シネマックスちはら台1-10」(10館)。2015年11月28日USシネマちはら台改称。2020年の映画館名簿では「USシネマちはら台1-10」(10館)。
TOHOシネマズ市原
所在地 : 千葉県市原市更級4-3-2 アリオ市原2階(2020年)
開館年 : 2013年11月28日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ市原1-10」(10館)。

佐倉市

大量館
所在地 : 千葉県印旛郡佐倉町(1936年)
開館年 : 1913年10月
閉館年 : 1936年以後1945年以前?
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「大量館」。1969年の佐倉市動態図鑑では跡地に「ブラザーミシン」。跡地は「佐倉新町郵便局」北西20mにある「おかやま食堂駐車場」。

現在のおかやま食堂駐車場には、かつてブラザーミシン佐倉店があった。そして、さらに昔には映画館「大量館」があった。明治時代のこの地点には料理屋の水戸屋などがあったが、1896年2月の大火で焼失して空き地となった。1913年10月には千葉市吾妻町の羽衣館の館主がこの場所で常設映画館の営業を始めた。1918年には大木屋の店主である大野量助が映画館を買い取って「大量館」に改称した。映画の上映だけでなく、政談演説の会場、芝居や浪曲の興行にも用いられた。*2

1930年の『大日本職業別明細図 第201号』には、「大量館」が描かれている。*3
佐倉第二銀映
所在地 : 千葉県佐倉市内新町163(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「佐倉第二銀映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
佐倉銀映/佐倉第一銀映
所在地 : 千葉県佐倉市新町(1955年)、千葉県佐倉市内新町203(1960年)、千葉県佐倉市新町203(1969年)、千葉県佐倉市新町303(1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1951年9月
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年9月開館。1955年の映画館名簿では「佐倉銀映」。1960年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「佐倉第一銀映」。1976年の映画館名簿では「佐倉第一銀映(休館中)」。1969年佐倉市動態図鑑では「銀映」。1976年の映画館名簿では経営会社が旭興業、経営者が富塚四郎、支配人が佐久間和夫、木造1階冷暖房付、300席。1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「メゾン新町」。
ファミリーシアター/ジャスコファミリーシアターウスイ
所在地 : 千葉県佐倉市王子台1-23(1985年)、千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ3階(1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1984年3月10日
閉館年 : 1995年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「ファミリーシアター」。1990年・1995年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシアターウスイ」。1992年の映画館名簿では鉄筋造3階、48席、経営会社が扇屋ジャスコ株式会社、邦画・洋画・特選を上映。1996年・1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。
しづマインシアター1・2
所在地 : 千葉県佐倉市上志津1663-9 しづマイン4階(1992年・2000年)
開館年 : 1990年
閉館年 : 2005年1月30日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の映画館名簿では鉄筋造4階、132席と132席、経営会社が東武ストア株式会社、洋画・邦画を上映。2000年の映画館名簿では「しづマインシアター1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ・ユーカリが丘/イオンシネマ ユーカリが丘/シネマサンシャインユーカリが丘
所在地 : 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-14 ユーカリが丘サティ2番街(2000年)、千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-4 ユーカリプラザ5階(2010年・2020年)
開館年 : 1999年3月6日(WMC)、2018年6月15日(シネマサンシャイン)
閉館年 : 2018年5月31日(イオンシネマ)、営業中
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ・ユーカリが丘1-8」(8館)。2020年の映画館名簿では「シネマサンシャインユーカリが丘1-8」(8館)。

1999年3月6日、佐倉市ユーカリが丘4丁目に「ユーカリが丘サティ2番街」が開業する。流通業界大手のマイカルが建設した。6階には8スクリーン計1494席を有する複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズユーカリが丘」がある。商圏は佐倉市のほかに千葉市北部、船橋市、成田市などを含む約50万人を見込んでおり、年商25億円を目指す。*4

習志野市

習志野映劇/習志野映画劇場
所在地 : 千葉県習志野市大久保町1-335(1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県習志野市大久保町1-3335(1973年)、千葉県習志野市本大久保5-1-6(1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1984年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「習志野映劇」。1966年・1969年・1973年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「習志野映画劇場」。1984年の映画館名簿では経営会社が株式会社習志野映画劇場、経営者が神山要、支配人が横川忠太郎、木造1階、224席、邦画・洋画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。少なくとも1991年まで建物が現存。跡地は「京成大久保駅前交番」や駐輪場「京成大久保駅南口第2自転車駐車場」。最寄駅は京成本線京成大久保駅。

1956年の習志野市の大久保駅南口にあった「習志野映画劇場」の写真あり。通称は「ならげき」。踏切脇にあったが、大久保駅の工事に伴って道路が東側に移動し、映画館跡地はロータリーの一部となった。*5

八千代市

テアトルアピア
所在地 : 千葉県八千代市八千代台北1-1(1985年・1986年・1988年・1990年)
開館年 : 1984年頃
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1984年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「テアトルピア」。1985年の映画館名簿では経営会社が株式会社八千代デパート、経営者・支配人ともに加藤堯、鉄筋造7階、85席、洋画・特選を上映。1986年・1988年・1990年の映画館名簿では「テアトルアピア」。1992年の住宅地図には掲載されていない。1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズ八千代緑が丘
所在地 : 千葉県八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ(2010年)、千葉県八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ2階(2020年)
開館年 : 2006年3月17日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ八千代緑が丘1-10」(10館)。

四街道市

四街道映劇
所在地 : 千葉県印旛郡四街道町四街道1523(1960年)、千葉県印旛郡四街道町1523(1963年)
開館年 : 1956年7月6日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「四街道映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年7月6日、印旛郡四街道町1523に「四街道映劇」が開館した。オープニングは『雑居家族』と『ジャンケン娘』。椅子席240。上映系統は東宝と日活。資本金500万円。社長は製菓業で四街道町議会議員の福島武。支配人は中尾勝。*6

八街市

中央劇場
所在地 : 千葉県印旛郡八街町ほ240(1953年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「中央劇場」。1953年の映画館名簿では経営者・支配人ともに鈴木順、木造2階、定員400、混合を上映。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
八街銀映・八街第二銀映/八街第一銀映・八街第二銀映/八街第二銀映/八街銀映
所在地 : 千葉県印旛郡八街町八街に119、八街町(1953年)、千葉県印旛郡八街町八街に119(1955年)、千葉県印旛郡八街町に119、八街町119(1958年)、千葉県印旛郡八街町八街(1960年)、千葉県印旛郡八街町八街119(1963年)、千葉県印旛郡八街町ロ119(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、千葉県印旛郡八街町ニ119(1980年・1982年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1982年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「八街銀映・八街第二銀映」(2館)。1953年の映画館名簿では経営者が斎藤仲司、支配人が井上達雄、木造2階、定員380、混合を上映。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「八街第一銀映・八街第二銀映」(2館)。1958年の映画館名簿では経営者が斎藤興業、支配人が倉野兼治、いずれも木造2階、360席と440席、いずれも邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿では「八街第二銀映」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「八街銀映」。1969年の映画館名簿では経営者が旭興業、支配人が和田博、木造1階暖房付、450席、邦画・成人映画を上映。1982年の映画館名簿では経営会社が旭興業、経営者が富塚真義、支配人が和田博、木造1階、350席、邦画・洋画を上映。1983年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物が現存。

昭和30年代の八街市にあった「第一銀映・第二銀映」の写真あり。夜間には「銀映」のネオンサインが光った。昭和30年代から50年代の繁華街の賑わいを形成した。*7

東金市

東金銀映
所在地 : 千葉県東金市新宿(1955年)、千葉県東金市東金1037(1960年・1963年)
開館年 : 1954年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年10月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「東金銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東金ダイヤモンド劇場/東金ダイヤ
所在地 : 千葉県山武郡東金町(1950年)、千葉県東金市谷1682(1955年)、千葉県東金市東金1682(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1955年の映画館名簿では「東金ダイヤモンド劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東金ダイヤ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東金映劇/東金映画劇場
所在地 : 千葉県東金市東金1196-4(1955年)、千葉県東金市東金1196(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年の映画館名簿では「東金映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東金映劇」。1966年の映画館名簿では「東金映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
シネマコレクション東金0・1・2・3/シネマコレクション東金1・2・3
所在地 : 千葉県東金市東岩崎8-10 サンピア3階(2010年)
開館年 : 1998年3月21日
閉館年 : 2013年4月7日
2000年・2010年の映画館名簿では「シネマコレクション東金1・2・3」(3館)。

大網白里市

大網文化劇場/大網映画劇場/大網映劇
所在地 : 千葉県山武郡大網町366(1953年)、千葉県山武郡大網白里町366(1958年)、千葉県山武郡大網白里町大網366(1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿では「大網文化劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大網映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大網映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年8月12日午前1時40分頃、山武郡大網町の「大網映画劇場」から出火して建物が全焼した。館主は大津英吉。映画館のほかに5世帯を焼いている。観客のタバコの火が原因とみられている。損害は約500万円。*8

千葉県西地域

市川市

市川映画館/市川日活館(旧)
所在地 : 千葉県市川市市川新田(1943年)、千葉県市川市(1947年)、千葉県市川市市川新田(1950年)
開館年 :
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1943年の映画館名簿では「市川映画館」。1947年・1950年の映画館名簿では「市川日活館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
市川松竹館/市川東宝映劇/市川東宝映画劇場
所在地 : 千葉県市川市新田(1936年)、千葉県市川市市川新田(1943年)、千葉県市川市新田165(1947年)、千葉県市川市市川新田(1950年)、千葉県市川市市川新田165(1953年)、千葉県市川市新田町165(1955年・1960年・1963年)、千葉県市川市新田町3-165(1966年)
開館年 : 1943年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
Wikipedia : 市川東宝映画劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1943年9月開館。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「市川松竹館」。1955年の映画館名簿では「市川東宝映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「市川東宝映劇」。1966年の映画館名簿では「市川東宝映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「新田春日神社」社殿南南西50mにある工事用地。
三松館/市川日活館(新)/市川OP劇場/市川オークラ劇場
所在地 : 千葉県東葛飾郡市川町三本松(1930年)、千葉県市川市三本松(1936年)、千葉県市川市市川(1943年)、千葉県市川市市川1072(1947年)、千葉県市川市市川新田(1950年)、千葉県市川市市川1072(1953年・1955年)、千葉県市川市市川5-1072(1960年)、千葉県市川市市川1-6-19(1969年・1980年・1985年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1985年
Wikipedia : 市川オークラ劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1943年9月開館。1923年三松館開館。1930年・1936年の映画館名簿では「三松館」。1943年・1947年の映画館名簿では「東宝三松館」。1950年の映画館名簿では「市川日活三松館」。1952年市川日活館改称。1953年の映画館名簿では「市川日活館」。1955年の映画館名簿では「市川日活」。1960年の映画館名簿では「市川日活館」。1969年の映画館名簿では「市川OP劇場」。1970年頃市川オークラ劇場改称。1980年・1985年の映画館名簿では「市川オークラ劇場」。1985年閉館。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「野村證券市川支店」。

1930年に刊行された『大日本職業別明細図 第203号 千葉県』「市川町」には「市川館」と「三松館」が描かれている。*9

1952年(昭和27年)の市川市にあった映画館「市川日活館」の写真あり。「市川日活館」「nikkatu」の文字が見える。1935年(昭和10年)頃の市川には、市川橋手前の「市川館」(後の本八幡ハタシネマ)、三本松正面の「三松館」(後の市川オークラ劇場)、新田の「市川松竹館」(後の市川東宝映画劇場)の3館の映画館があった。三松館は後に日活と契約して市川日活館に改称した。三松館があった場所は野村證券市川支店となっている。*10
市川館/八幡映画劇場/八幡映画劇場・八幡文化劇場/八幡映劇・八幡文化/八幡文化劇場・八幡スカラ座・八幡シネマ1・2
所在地 : 千葉県市川市八幡132(1953年)、千葉県市川市八幡町3-132(1955年・1960年)、千葉県市川市八幡2-16-6(1980年・1985年・1990年・2000年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 2001年
Wikipedia : 本八幡ハタシネマ
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1949年八幡映画劇場開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1953年までに八幡文化劇場増築。1955年の映画館名簿では「八幡映画劇場・八幡文化劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「八幡映劇・八幡文化」(2館)。1969年休館。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年ビル化。1980年・1985年・1990年・2000年の映画館名簿では「八幡文化劇場・八幡スカラ座・八幡シネマ1・2」(4館)。1992年の住宅地図では「ハタビル 2階八幡シネマ1 八幡シネマ2 3階文化劇場 八幡スカラ座」。2001年閉館。

1930年に刊行された『大日本職業別明細図 第203号 千葉県』「市川町」には「市川館」と「三松館」が描かれている。*11

2001年10月下旬、市川市の映画館「本八幡スカラ座」が閉館した。1949年12月、木造2階建の映画館「八幡映画劇場」として開館。1970年にはボウリング場やスーパーなどを備えた6階建複合レジャービルに建て替えた。1975年には現在の「本八幡スカラ座」「本八幡文化」「本八幡シネマ1」「本八幡シネマ2」の4館計約1200席体制となった。595席の本八幡スカラ座は全自動映写機を備えていた。最終上映作品は『千と千尋の神隠し』だった。*12
ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典/イオンシネマ市川妙典
所在地 : 千葉県市川市妙典4-1-1 イオン市川妙典2番街3階(2020年)
開館年 : 1999年4月1日
閉館年 : 営業中
2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典1-9」(9館)。2020年の映画館名簿では「イオンシネマ市川妙典1-9」(9館)。
ヴァージンシネマズ市川コルトンプラザ/TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
所在地 : 千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケコルトンプラザウエストモール3階(2020年)
開館年 : 1999年11月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿では「ヴァージンシネマズ市川コルトンプラザ1-9」(9館)。2010年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ市川コルトンプラザ1-9」(9館)。

浦安市

恵比寿館
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町堀江(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「恵比寿館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽座
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町堀江(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「喜楽座」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
浦安館
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町(1936年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1936年の映画館名簿では「浦安館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
浦安亭
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町堀江185番地
開館年 : 1910年
閉館年 : 1965年
映画館ではなく寄席小屋。

1910年9月、浦安町堀江185番地に熊川三五郎が寄席「浦安亭」を新築した。間口は5間、奥行は8間、定員は350人。浦安亭も演技館も城内は畳敷きだった。大正初期に電灯が使われるようになるまで、浦安亭ではランプ、演技館ではガスが用いられた。浦安亭で不如帰の『逗子の海岸』を映写したのが浦安町における活動写真の始まりである。1927年には映写機が2台となり、連続した映写が可能となった。*13*14

かつて浦安町堀江の銀座には浦安亭と演技館という2館の常設劇場があった。1910年には浦安亭のこけら落とし公演が行われた。演技館の落成は浦安亭よりも早く、1911年に演技館に改称した。これらの劇場では浪花節や寄席の公演、映画の上映が行われた。*15

かつてフラワー通りは浦安銀座通りと呼ばれていた。境橋のそばには寄席小屋「浦安亭」がある。大正末期から昭和初期には山本周五郎が浦安に滞在しており、浦安亭はこの時期が最盛期だった。山本周五郎の『青べか物語』には浦粕亭として登場する。1910年、魚の行商である熊川三五郎が通りの東端に浦安亭を建てた。間口5間、奥行8間、2階建て畳敷きであり、当時としては立派な建物だった。千葉県から認可された第1号の寄席小屋である。浦安町の住民はもちろん、東京の葛西、市川の一之江、市川の行徳からも観客が訪れた。芝居小屋としてだけではなく、選挙演説会、結婚式、講演会、予防接種、小学校の臨時校舎、成人式などでも用いられた。桃中軒雲右衛門、東家楽燕、寿々木米若、広沢虎造、浜田梅吉、二葉百合子など、一流の芸人が訪れた。定員は200人だったが、400人を入れた興行もあった。電話番号は役場が1番であり、浦安亭が2番だった。向かいには日本橋の魚河岸に店舗を構える魚介仲卸業の丸辰があった。熊川三五郎の息子の熊川竹松は、1929年に丸辰の娘であるときと結婚している。浦安亭は1965年に取り壊された。*16
堀川亭/演技館/浦安映画劇場(旧)/浦安映劇(旧)/浦安シネマ
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町(1943年)、千葉県東葛飾郡浦安町堀江23(1947年)、千葉県東葛飾郡浦安町(1950年・1953年)、千葉県東葛飾郡浦安町堀江23(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1911年12月、1938年6月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年6月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「浦安映画劇場」。1955年の映画館名簿では「浦安映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「浦安シネマ」。1963年の映画館名簿では経営者が山崎清太郎、支配人が大槻孝夫、木造2階、314席、邦画・洋画を上映。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の浦安町住宅案内図では跡地に「パチンコ大宝」。跡地は「旧濱野医院」西隣の「堀江三丁目自治会集会所」。最寄駅は東京メトロ東西線浦安駅。

浦安町堀江22番地には寄席「堀川亭」があった。浴場を改装した寄席だったが、正式な許可を受けたものではなかった。1911年12月、堀川亭の跡地に株式会社組織の寄席「演技館」が新築された。間口は5間半、奥行は11間、定員は600人。浦安亭も演技館も城内は畳敷きだった。大正初期に電灯が使われるようになるまで、浦安亭ではランプ、演技館ではガスが用いられた。1928年には演技館が火災で焼失し、その後再建されたものの、経営者が3度変わって浦安映画館となった。*17

かつて浦安町堀江の銀座には浦安亭と演技館という2館の常設劇場があった。1910年には浦安亭のこけら落とし公演が行われた。演技館の落成は浦安亭よりも早く、1911年に演技館に改称した。これらの劇場では浪花節や寄席の公演、映画の上映が行われた。*18

浦安銀座(フラワー通り)には映画館が2館あり、突き当りには演芸場の浦安亭があった。浦安町だけでなく江戸川区葛西からも観客が訪れた。*19
浦安映劇(新)/浦安映画劇場(新)
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町堀江108(1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1974年3月
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「浦安映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「浦安映劇」。1963年の映画館名簿では経営者が山崎清太郎、支配人が大槻孝夫、木造2階冷暖房付、364席、邦画・洋画を上映。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「浦安映画劇場」。1969年の浦安町住宅案内図では「浦安映画劇場」。1971年の住宅地図では「浦安映画劇場」。1974年の映画館名簿では経営会社が新興商事、経営者が山崎敬生、支配人が大槻孝夫、鉄筋造2階冷暖房付、300席、邦画・成人映画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「スーパー木田屋」。跡地は2007年竣工のマンション「FREA堀江」。最寄駅は東京メトロ東西線浦安駅。

1974年3月、浦安町のフラワー通りにあった「浦安映画劇場」が閉館した。1960年から1961年頃までの映画は娯楽の王様だったが、1959年の皇太子御成婚を機にテレビが普及し、映画は斜陽化していた。*20

昭和30年代(※おそらく誤り)の浦安町堀江にあった「浦安映画劇場」の写真あり。1967年公開の『座頭市血煙り街道』の文字が見える。1955年から1974年まで、浦安町堀江のフラワー通りには映画館「浦安映画劇場」があった。年末には怪獣映画が上映された。*21
浦安ポケットシネマ1・2
所在地 : 千葉県浦安市入船1-4-1(1992年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1990年7月2日
閉館年 : 2006年3月31日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「浦安ポケットシネマ1・2」(2館)。1992年の映画館名簿では経営会社が財団法人浦安市施設利用振興公社、経営者が金川義雄、支配人が鈴木修典、鉄筋3階、92席と92席、1が東宝を上映、2が洋画を上映。2005年の映画館名簿では経営会社が財団法人浦安市施設利用振興公社、経営者が泉沢利明、支配人が米倉敏明、鉄筋3階、92席と92席、1が東宝を上映、2が邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前の大型商業ビル4階に2館のビデオシアターが開館する。東宝が運営を委託され、洋画系の第一弾作品は7月6日からの『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』。ハリウッドの人気作品がビデオシアターで同時公開されるのは珍しい。*22

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前のコミュニティ会館「Wave101」にビデオシアター「ポケットシネマ1・2」が開館した。浦安市が全額出資する浦安市施設利用振興公社が運営し、全国で初めて自治体が開館させた常設映画館として注目されている。開館から9週間にわたって上映した『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』は1200万円の興行収入を上げた。6年前にソニーなどが中心となって設立したシネマチック・ジャパンがビデオシアターに機材を販売している。シネマチック・ジャパンはすでに44館に機材を販売しており、今年7月には松下電器産業と松竹もビデオシアター事業に乗り出し、千葉県船橋市に1館を有している。ビデオシアターは上映機材が安く、35ミリフィルムのような映写室も必要としない。操作も単純であり映写技師もいらない。フィルム用機器と比べて導入コストは半分の千数百万円とされる。ビデオシアターは節電効果も高く、ランニングコストも安いという。ビデオシアターの画質は35ミリフィルムと比べるとやや暗いとされる。*23

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前のショッパーズプラザ新浦安にビデオシアター「ポケットシネマ」2館が開館した。運営は東宝の関係会社である東宝東部興行であり、東宝系の封切り作品を上映している。まずは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『タスマニア物語』を上映した。*24

1998年の浦安市堀江の市民プラザWave101にあるビデオシアター「ポケットシネマ」の写真あり。『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』のポスターが見える。封切映画が上映されている。*25

2006年3月末、浦安市の映画館「ポケットシネマ」が閉館する。JR新浦安駅開業2年後の1990年7月、全国初の公営常設映画館として商業ビル「ショッパーズプラザ新浦安」4階の市民プラザWave101にあった。オープニング作品は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。最新のビデオシアター形式を採用。150インチのスクリーンを持つ2スクリーンがあり、各150席だった。浦安市が100%出資する浦安市施設利用振興公社が管理運営を行っていた。ピーク時の1997年には観客数が6万9000人となった。1999年以降にはJR舞浜駅前や市川市などにシネコンが開業し、2004年には1万4000人にまで落ち込んだ。2005年春には、ビデオシアターのソフトをほぼ独占的に製作していた上映システム製作会社がソフトの生産終了を決定した。ポケットシネマはこれまでに約350作品を上映し、延べ約65万人が入場した。*26
AMCイクスピアリ16/シネマイクスピアリ
所在地 : 千葉県浦安市舞浜1-4-270 イクスピアリ(2001年・2002年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年7月8日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年7月8日AMCイクスピアリ開館。2001年・2002年・2005年の映画館名簿では「AMCイクスピアリ16シアター1-16」(16館)。2005年の映画館名簿では経営会社が株式会社日本AMCシアターズ、経営者が石川幹雄、支配人が葛西寛恭、鉄筋2階。2005年9月1日シネマイクスピアリ改称。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマイクスピアリ1-16」(16館)。

2000年7月8日、浦安市のJR舞浜駅前に複合商業施設「イクスピアリ」が開業し、16スクリーン計約3500席のシネコンが開館した。運営はAMCエンターテイメント・インターナショナル・インク。同社は首都圏への初進出となる。*27

鎌ケ谷市

映画館名簿によると鎌ケ谷市に映画館は存在しなかったと思われる。

松戸市

松戸映画劇場/松戸東映劇場
所在地 : 千葉県松戸市松戸1264(1953年)、千葉県松戸市松戸1-1264(1955年)、千葉県松戸市松戸1264(1960年)、千葉県松戸市松戸1-1264(1963年)、千葉県松戸市1-1264(1966年・1969年)
開館年 : 1933年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
Wikipedia : 松戸映画劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1933年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「松戸映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松戸東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
常盤館/松戸常盤館
所在地 : 千葉県松戸市松戸1-195(1953年)、千葉県松戸市松戸1-1957(1955年)、千葉県松戸市松戸1957(1960年・1963年)、千葉県松戸市松戸1-1957(1966年)、千葉県松戸市松戸1-1959(1969年・1973年)、千葉県松戸市本町16-4(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1992年8月28日
Wikipedia : 松戸常盤館
『全国映画館総覧 1955』によると1925年開館。1953年の映画館名簿では「常盤館」。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「松戸常盤館」。1984年の住宅地図では「常盤館(松戸東映)森本興業(株)」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「藤和シティコープ松戸本町」。
松戸サンリオ劇場/松戸サンリオ劇場1・2
所在地 : 千葉県松戸市根本14-2 アーバンヒル内(1985年)、千葉県松戸市根本14-2(1990年)
開館年 : 1980年10月、1988年(2館化)
閉館年 : 1993年(移転)
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では「三越アーバンヒル・モール 1階サンリオ劇場」。1985年の映画館名簿では「松戸サンリオ劇場」。1990年の映画館名簿では「松戸サンリオ劇場1・2」(2館)。後継館は松戸サンリオシアター1-4。跡地は2001年竣工のマンション「パークスカイタワー松戸」。

1980年のこのほど、松戸市根本14-2のアーバンビル松戸に「サンリオ劇場」が開館した。経営はサンリオ。座席数282。*28
松戸京葉劇場・松戸弁天劇場/松戸京葉劇場
所在地 : 千葉県松戸市根本461(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1971年頃(2館)
閉館年 : 1982年(弁天劇場)、2000年(京葉劇場)
Wikipedia : 松戸京葉劇場
1973年・1980年の映画館名簿では「松戸京葉劇場・松戸弁天劇場」(2館)。1984年の住宅地図では「京葉センター 弁天会館」。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「松戸京葉劇場」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。開館時から閉館時まで成人映画館。弁天会館ビルは現存。
松戸大映・バンビ劇場/輝竜会館松戸大映・輝竜会館松戸バンビ/輝竜会館・バンビ劇場/輝竜会館シネマ1・2・3
所在地 : 千葉県松戸市松戸1823(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1959年4月
閉館年 : 2000年4月14日
Wikipedia : 松戸輝竜会館
1960年・1963年の映画館名簿では「松戸大映・バンビ劇場」(2館)。1966年の映画館名簿では「輝竜会館松戸大映劇場・輝竜会館松戸バンビ劇場」(2館)。1969年・1973年の映画館名簿では「輝竜会館松戸大映・輝竜会館松戸バンビ」(2館)。1971年の住宅地図では「輝竜会館」。1980年・1985年の映画館名簿では「輝竜会館・バンビ劇場」(2館)。1984年の住宅地図では「松戸輝竜会館 バンビ劇場」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「輝竜会館シネマ1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「パークホームズ松戸シティフロント」。
松戸サンリオシアター1-3/松戸サンリオシアター1-4
所在地 : 千葉県松戸市本町21-2(1994年・1995年・1998年・2000年・2005年)
開館年 : 1993年3月20日(移転)
閉館年 : 2006年
前身館は松戸サンリオ劇場1・2。1994年・1995年・1998年の映画館名簿では「松戸サンリオシアター1-3」(3館)。2000年・2005年の映画館名簿では「松戸サンリオシアター1-4」(4館)。2006年4月1日に同一ビル内にある松戸シネマサンシャイン1-3に引き継がれた。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

1993年3月20日、松戸市の松戸市土地組合ビルに2施設計6館が開館した。佐々木興業が直営する3館のビデオシアター、サンリオが直営する3館の映画館が開館した。*29
松戸シネマサンシャイン1-3/シネマサンシャイン松戸1-7
所在地 : 千葉県松戸市本町21-2(1994年・1995年・1998年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1993年3月13日(3館)、2006年4月1日(7館化)
閉館年 : 2013年1月31日
1993年3月13日に3館で開館。1994年・1995年・1998年・2000年・2005年の映画館名簿では「松戸シネマサンシャイン1-3」(3館)。2006年4月1日に同一ビル内にある松戸サンリオシアターの4館を引き継いで7館化。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン松戸1-7」(7館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。都市綜合第3ビル 3階・4階・6階。7スクリーンのシネコン。

1993年3月20日、千葉県松戸市にビデオシアター「松戸シネマサンシャイン1・2・3」が開館した。運営は中堅興行会社の佐々木興業。1983年、千葉県船橋市に日本初のビデオシアターが開館し、現在は全国で66スクリーンがある。東宝では1991年の配給収入の内0.9%がビデオシアターだったが、1992年には1.3%に増えている。*30

1993年3月、松戸市本町21-2の既存のビルを改造して「松戸シネマサンシャイン」が開館した。3館すべてがビデオシアターである。ビデオシアターはさほど天井高を必要としないことから、スーパーやデパートに併設する形で急増している。*31

1993年3月20日、松戸市の松戸市土地組合ビルに2施設計6館が開館した。佐々木興業が直営する3館のビデオシアター、サンリオが直営する3館の映画館が開館した。*32
ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸
所在地 : 千葉県松戸市八ヶ崎2-8-1 テラスモール松戸内(2020年)
開館年 : 2019年10月25日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸1-11」(11館)。

柏市

柏館
所在地 : 千葉県東葛飾郡柏町15(1953年)、千葉県柏市柏町15(1955年)、千葉県柏市柏15(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「柏館」。1959年の柏市動態図鑑では「柏館」。1964年の柏市商工図鑑では「柏館」。1966年の柏市動態図鑑では「柏館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イトーヨーカドー柏店」建物中央部。最寄駅はJR常磐線・東武野田線柏駅。
富士館/柏富士館
所在地 : 千葉県柏市柏町33(1955年)、千葉県柏市柏34(1960年)、千葉県柏市柏2-7-2(1969年・1973年)
開館年 : 1953年12月30日
閉館年 : 1973年2月13日
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年の映画館名簿では「富士館」。1959年の柏市動態図鑑では「柏館」。1960年の映画館名簿では「富士館」。1963年の映画館名簿では「富士館」。1964年の柏市商工図鑑では「柏館」。1966年の柏市動態図鑑では「柏館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「柏富士館」。1975年・1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「藤和柏コープ」。最寄駅はJR常磐線・東武野田線柏駅。

1953年12月30日、「富士館」が開館した。*33

1973年2月13日、柏市唯一の映画館だった「富士館」が閉館した。*34
柏シネマ・柏シネマ名画ホール/柏シネマ
所在地 : 千葉県柏市柏1-2-11(1985年・1988年・1990年)
開館年 : 1977年12月3日
閉館年 : 1993年頃
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「柏シネマ」。1988年の映画館名簿では「柏シネマ・柏シネマ名画ホール」(2館)。1988年の映画館名簿では経営会社が東日本ヘラルド、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、いずれも鉄筋造3階、柏シネマが168席で柏シネマ名画ホールが70席、いずれも邦画・洋画を上映。1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「柏シネマ」。1992年の映画館名簿では経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、鉄筋造3階、168席、邦画・洋画を上映。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はドラッグストア「マツモトキヨシ柏二番街店」。最寄駅はJR常磐線・東武野田線柏駅。

1977年12月3日、「柏シネマ」が開館した。*35
柏松竹1・2・3
所在地 : 千葉県柏市柏4-3-1(1995年・2002年)、千葉県柏市柏4-3-1 ホテルサンガーデン柏地下1階(2005年)
開館年 : 1994年4月29日
閉館年 : 2006年2月3日
1990年・1992年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2002年・2005年の映画館名簿では「柏松竹1・2・3」(3館)。1995年の映画館名簿では経営会社が東日本松竹興行、経営者が星野輝夫、支配人が鈴木弘訓、鉄筋造地下、166席と117席と114席、1が洋画・2が松竹・3が洋画を上映。2002年の映画館名簿では経営会社が東日本松竹興行、鉄筋造地下、166席と117席と114席、いずれも洋画を上映。2005年の映画館名簿では経営会社が松竹シネマエンタープライズ、経営者が花岡満寿雄、支配人が竹内優、鉄筋造地下、164席と117席と114席、いずれも洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR常磐線・東武野田線柏駅。

1994年4月29日、東日本松竹によって柏市に166席の「柏松竹」、117席の「柏松竹2」、114席の「柏松竹3」が開館した。*36
柏シネアート1・2/柏シネマアート1・2/柏シネマサンシャイン一番館・二番館
所在地 : 千葉県柏市柏3-843(1989年・1990年・1992年)、千葉県柏市柏3-2-22(1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1988年頃(シネマアート)、1993年12月5日(シネマサンシャイン)
閉館年 : 1992年頃(シネマアート)、2008年1月18日(シネマサンシャイン)
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1989年の映画館名簿では「柏シネアート1・2」(2館)。1990年・1992年の映画館名簿では「柏シネマアート1・2」(2館)。1992年の映画館名簿では鉄筋造3階、210席と210席、経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、いずれも洋画を上映。1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「柏シネマサンシャイン一番館・二番館」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造3階、210席と210席、経営会社が佐々木興業、佐々木良一、笠井勇、いずれも洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はライブハウス「柏パルーザ」。最寄駅はJR常磐線・東武野田線柏駅。
シネスクープかしわ沼南1・2・3
所在地 : 千葉県東葛飾郡沼南町風早1-3-13 スーパーオートバックス沼南町店2階(2000年・2002年)
開館年 : 1999年頃
閉館年 : 2008年2月29日
1999年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2002年の映画館名簿では「シネスクープかしわ沼南1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、119席・67席・88席、経営会社が株式会社オートバックスセブン、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
MOVIX柏の葉
所在地 : 千葉県柏市若柴175 ららぽーと柏の葉内(2020年)
開館年 : 2006年11月22日
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。
柏ステーションシアター1・2・3/キネマ旬報シアター1・2・3
所在地 : 千葉県柏市末広町1-1(1995年・2000年・2005年・2010年)、千葉県柏市末広町1-1 柏高島屋ステーションモールS館隣(2015年・2020年)
開館年 : 1992年4月23日(ステーション)、2013年2月(キネマ旬報)
閉館年 : 2012年3月(ステーション)、営業中(キネマ旬報)
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年柏ステーションシアター開館。1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「柏ステーションシアター1・2・3」(3館)。2012年3月柏ステーションシアター閉館。2013年2月TKPシアター柏 supported by KINEJUN開館。2014年6月キネマ旬報シアター改称。2015年・2020年の映画館名簿では「キネマ旬報シアター1・2・3」(3館)。

1992年4月23日、柏市の柏高島屋ステーションモールに映画館「柏ステーション シアター1・2・3」が開館する。赤色の座席のシアター1が230席、紫色の座席のシアター2が200席、緑色の座席のシアター3が200席。最新の音響設備であるドルビーSRを導入している。オープニング番組は『フリージャック』、『ツイン・ドラゴン』、『奇跡の山』であり、4月23日には『奇跡の山』の主演女優である中江有里によるテープカットが行われる。現在の日本で複数の映画館を有する施設は珍しいが、4年前には船橋市のららぽーとに6館を有する映画館が誕生している。*37

1992年4月23日、柏市末広町1-1の柏高島屋ステーションモールに「柏ステーションシアター1・2・3」が開館した。東武柏駅ビル1階。1が230席、2が200席、3が200席。経営は万和産業と東宝。*38

2013年2月、柏市の柏駅前にキネマ旬報社が運営する「TKPシアター柏」(仮称)が開館する。2012年3月に閉館した「柏ステーションシアター」跡地を衣替えする。貸会議室大手のティーケーピーが東武鉄道から柏ステーションシアターを借り、キネマ旬報社が3スクリーンの映画館を運営する。柏市周辺にはつくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅前や流山おおたかの森駅前にシネコンがある。かつて柏駅周辺には「柏松竹」など3館の映画館があった。*39

2013年3月、柏市に「TKPシアター柏 supported by KINEJUN」(仮称)が開館する。貸会議室大手のティーケーピーが「柏ステーションシアター」を東武鉄道から貸借し、映画雑誌会社のキネマ旬報社が運営する。2012年1月にサービスを開始した映画ライフログサイト「KINENOTE」で得たデータをマーケティングに活用する方針である。*40
TOHOシネマズ柏
所在地 : 千葉県柏市大島田1丁目6-1 セブンパークアリオ柏内3階(2020年)
開館年 : 2016年4月25日
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

我孫子市

アビコ銀映/我孫子銀映
所在地 : 千葉県東葛飾郡我孫子町(1955年)、千葉県東葛飾郡我孫子町2342(1960年・1963年)
開館年 : 1954年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1955年の映画館名簿では「アビコ銀映」。1960年・1963年の映画館名簿では「我孫子銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

流山市

TOHOシネマズ流山おおたかの森
所在地 : 千葉県流山市おおたかの森南1-5-1 流山おおたかの森S.C本館3階(2020年)
開館年 : 2007年3月12日
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。

野田市

共楽館/野田共楽館
所在地 : 千葉県東葛飾郡野田町(1950年)、千葉県野田市上花輪1546(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1930年以前、1938年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「野田共楽館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「共楽館」。1966年の映画館名簿では「野田共楽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「共楽館食堂」。跡地は月極駐車場「共楽駐車場」。

『目で見る野田・流山の100年』郷土出版社、2005年には「共楽館」が掲載されている。現物は未確認。*41

1930年の『大日本職業別明細図 第201号』には、「共楽館」「万盛館」が描かれている。*42
野田映画劇場/野田銀座映画劇場/野田銀映劇場/野田銀映
所在地 : 千葉県東葛飾郡野田町(1950年)、千葉県野田市中野台182(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1979年)
開館年 : 1949年1月
閉館年 : 1979年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年1月開館。1950年の映画館名簿では「野田映画劇場」。1953年の映画館名簿では「野田銀座映画劇場」。1955年の映画館名簿では「野田銀映劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「野田銀映」。1971年の住宅地図では「野田銀映」。1979年の映画館名簿では経営者・支配人ともに広田秀一、木造1階冷暖房付、250席、東宝・松竹・洋画を上映。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は月極駐車場「日光商事駐車場」。
桜映画劇場/野田東映劇場/野田東映
所在地 : 千葉県野田市中野台440(1960年・1963年)、千葉県野田市中野台440-1(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1975年頃? 1983年頃?
1960年の映画館名簿では「桜映画劇場」。1963年の映画館名簿では「野田東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「野田東映劇場」。1971年の住宅地図では「野田東映」。1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年の映画館名簿では「野田東映」。1982年の映画館名簿では経営者・支配人ともに大川四郎、木造1階、204席、東映・にっかつ・洋画・成人映画を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。野田市最後の従来型映画館。跡地は仏壇店「金宝堂」。

1965年(昭和40年)頃の野田市にあった映画館「野田東映」の写真あり。1958年(昭和33年)に開館した。1975年(昭和50年)頃に閉館した。*43
ジャスコドライブインシアター野田
所在地 : 千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコ駐車場隣接(1990年)、千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1989年3月25日
閉館年 : 2007年8月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「ジャスコドライブインシアター野田」。2005年の映画館名簿では経営会社がイオン、経営者が岡田元也、支配人が椎名富夫、120台収容、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ドライブインシアター。

1989年3月25日、野田市の扇屋ジャスコNOA店に264席の「シネマ1」と168席の「シネマ2」が、またドライブインシアターが開館した。経営はジャスコ株式会社スポーツ&レジャー事業部。*44
ジャスコファミリーシアターシネマ1・2/ジャスコファミリー野田シネマ1・2/ジャスコスペースシネマ野田1・2/イオンスペースシネマ野田1・2
所在地 : 千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(1990年・1995年・2000年)、千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(2005年)、千葉県野田市中根36-1 ジャスコNOA店(2010年)、千葉県野田市中根36-1 イオンNOA店(2015年)、千葉県野田市中根36-1 イオンNOA店3階(2020年)
開館年 : 1989年3月25日
閉館年 : 営業中
1989年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシアターシネマ1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシネマ野田1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では「ジャスコスペースシネマ野田1・2」(2館)。2010年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシネマ野田1・2」(2館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンスペースシネマ野田1・2」(2館)。

1989年3月25日、野田市の扇屋ジャスコNOA店に264席の「シネマ1」と168席の「シネマ2」が、またドライブインシアターが開館した。経営はジャスコ株式会社スポーツ&レジャー事業部。*45

成田市

丸平館
所在地 : 千葉県成田市三里塚(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「丸平館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東清劇場/成田東劇/成田映劇/成田映画劇場
所在地 : 千葉県印旛郡成田町(1950年)、千葉県印旛郡成田町成田(1953年)、千葉県成田市成田857(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年3月末
1953年の映画館名簿では「東清劇場」。1953年の映画館名簿では「成田東劇」。1955年の映画館名簿では「成田映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「成田映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「成田映画劇場」。1967年の成田市動態図鑑では「成田映劇」。1969年3月末閉館。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「成田市生涯学習会館」北西40mにある道路上。最寄駅はJR成田線成田駅・京成電鉄京成本線成田駅。
成田新映
所在地 : 千葉県成田市成田857(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1969年3月末
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「成田新映」。1967年の成田市動態図鑑では「新映」。1969年3月末閉館。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「成田市生涯学習会館」西北西50mにある道路上。最寄駅はJR成田線成田駅・京成電鉄京成本線成田駅。

撮影年不明の成田市花崎町にあった映画館「成田映劇」の写真あり。マルエツの場所にあった。1946年に「成田東清劇場」として開館し、こけら落としとして水の江瀧子一行のショーが行われた。当初は映画とショーの二本立ての興行だったが、1951年に興行主が交代すると成田映劇に改称して映画専門館となった。成田市には1955年12月に右脇に開館した「成田新映」もあったが、1969年、成田映劇と成田新映はそろって閉館し、成田映劇の跡地はボウリング場となった。*46
成田HUMAXシネマズ
所在地 : 千葉県成田市ウイング土屋80 ヒューマックスパビリオン成田2階(2020年)
開館年 : 2002年3月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「成田HUMAXシネマズ1-8」(8館)。2012年8月には日本初の独立棟かつ国内最大級のIMAXデジタルシアターが開館。2017年4月には全座席がペアシートのフタリウムが開館。2020年の映画館名簿では「成田HUMAXシネマズ1-10」(10館)。

JR成田駅前にあった映画館は約30年前に閉館した。その後の成田市には映画館が存在せず、成田市の映画ファンは千葉市や船橋市の映画館まで足を運ぶ必要がある。レジャーサービス会社のヒューマックスは、成田市土屋に建設予定のイオン成田ショッピングセンターの隣にシネコンを建設する計画を練っている。1997年5月には千葉市に5スクリーンのシネマックス千葉が、7月には茂原市に6スクリーンの茂原シネマサンシャインが、12月には千葉市に4スクリーンの京成ウエストが開館している。*47

白井市

映画館名簿によると白井市に映画館は存在しなかったと思われる。

印西市

木下松竹館/木下松竹劇場
所在地 : 千葉県印旛郡印西町大森4357(1969年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「木下松竹館」。1969年の映画館名簿では「木下松竹劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
Movix千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市武西馬橋台1388-1(1998年・2000年)
開館年 : 1995年3月11日
閉館年 : 2001年2月28日
1998年・2000年の映画館名簿では「Movix千葉ニュータウン」。1998年の映画館名簿では140台、経営会社が株式会社松竹シネファイジャパン、邦画・洋画を上映。千葉ニュータウン中央駅前第一駐車場にあったドライブインシアター。

1995年3月11日、千葉県印西町の千葉ニュータウンにドライブインシアター「MOVIX千葉ニュータウン」が開館する。140台を収容する。毎日19時30分から2回上映する。造成途中の千葉ニュータウンの人口は約6万人だが、5年後には25万人になる予定。多摩ニュータウンの「MOVIX多摩」も1984年の開館当時は千葉ニュータウンと同様の状況だったが、現在は年間11万人以上を集客している。*48
シネリーブル千葉ニュータウン/シネマックス千葉ニュータウン/USシネマ千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市牧の原2-2(2020年)
開館年 : 2005年8月6日
閉館年 : 営業中
2005年8月6日シネリーブルが開館。2011年3月11日東日本大震災で被災して休館。2011年7月9日シネマックスに改称して再開館。2015年6月26日USシネマに改称。10スクリーンのシネコン。
Wikipedia : シネマックス千葉ニュータウン
ワーナー・マイカル・シネマズ千葉ニュータウン/イオンシネマ千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市中央北3-2 イオンモール千葉ニュータウン3階(2020年)
開館年 : 2006年4月15日
閉館年 : 営業中
2006年4月15日WMC開館。2013年7月イオンシネマ改称。8スクリーンのシネコン。

印旛郡酒々井町

映画館名簿によると印旛郡酒々井町に映画館は存在しなかったと思われる。

印旛郡栄町

大和座
所在地 : 千葉県印旛郡栄町安食3687(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大和座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

千葉県東地域

銚子市

銚盛館
所在地 : 千葉県海上郡銚子町(1925年・1927年・1930年)、千葉県銚子市観音境内(1936年)、千葉県銚子市馬場町(1943年)、千葉県銚子市馬場町170(1947年)、千葉県銚子市馬場町(1950年)、千葉県銚子市馬場町170(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1925年以前、1946年2月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年2月開館。1925年・1927年の映画館名簿では「銚盛座」。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「銚盛館」。1947年の映画館名簿では「銚盛座」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「銚盛館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「圓福寺・飯沼観音参拝者駐車場」中央部東側。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。

1930年の『大日本職業別明細図 第201号』には、「銚楽座」「銚子座」「銚盛館」が描かれている。*49
演芸館/銚子演芸館/銚子スカラ座
所在地 : 千葉県銚子市飯沼町(1943年)、千葉県銚子市新生町(1947年・1950年)、千葉県銚子市新生1-53(1953年・1955年)、千葉県銚子市新生町1-53(1958年)、千葉県銚子市新生1-53(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1936年以後1943年以前、1946年3月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年3月開館。1943年の映画館名簿では「銚子演芸館」。1947年の映画館名簿では「演芸館」。1950年の映画館名簿では「銚子演芸館」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「演芸館」。1960年の映画館名簿では「銚子演芸館」。1963年の映画館名簿では「演芸館」。1966年の映画館名簿では「銚子演芸館」。1969年・1973年の映画館名簿では「銚子スカラ座」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大川干魚店」と南隣の駐車場。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子大映/銚子大映劇場/銚子大暎劇場/銚子大暎
所在地 : 千葉県銚子市馬場町288(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、千葉県銚子市馬場町3-18(1985年・1986年)
開館年 : 1958年9月1日
閉館年 : 1986年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「銚子大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「銚子大映劇場」。1975年・1985年の住宅地図では「銚子大映」。1973年・1975年の映画館名簿では「銚子大暎劇場」。1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「銚子大暎」。1985年の映画館名簿では経営会社が株式会社大暎興行、経営者が柴谷わか、支配人が畔上キヨ子、木造1階、440席、日活・成人映画を上映。1987年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「パチンコ国際ホール専用駐車場」。跡地はアパート「メゾンブリエA棟」。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。

1958年9月1日、大映興行は池袋駅東口に「池袋大映」と「池袋大映名画座」を新築する。地上3階・地下1階建てであり、池袋大映名画座は地下に入る。同日には兵庫県明石市錦江町の既存館「明石平和」を賃借して「明石大映」とし、千葉県銚子市馬場町の既存館を賃借して「銚子大映」とする。これにより、大映興行の直営館は全国で32館となる。*50
銚子座/銚子日活/銚子日活劇場/テアトル銚子
所在地 : 千葉県海上郡銚子町(1925年・1927年)、千葉県海上郡銚子町154(1930年)、千葉県銚子市馬場町(1936年・1943年)、千葉県銚子市馬場町154(1947年)、千葉県銚子市馬場町(1950年)、千葉県銚子市馬場町154(1953年・1955年)、千葉県銚子市馬場町143(1958年・1960年)、千葉県銚子市馬場町154(1963年・1966年・1969年)、千葉県銚子市馬場町288(1973年・1975年)、千葉県銚子市馬場町154(1978年・1980年)、千葉県銚子市陣屋町2-17(1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1925年以前、1945年12月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1925年の映画館名簿では「銚子館」。1927年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「銚子座」。1960年・1963年の映画館名簿では「銚子日活」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「銚子日活劇場」。1975年の住宅地図では「銚子日活」。1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「テアトル銚子」。1985年の住宅地図では「テアトル銚子」。1987年の映画館名簿では経営会社が柏木興行、経営者が柏木正雄、支配人が佐野平二、鉄筋造2階、309席、東宝を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「駐車場」。跡地は千葉県道244号・254号馬場町交差点北西40mの月極駐車場。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。

1930年の『大日本職業別明細図 第201号』には、「銚楽座」「銚子座」「銚盛館」が描かれている。*51
銚子映劇/銚子東宝映画劇場/銚子映画劇場/銚子エイゲキ
所在地 : 千葉県銚子市陣屋町128(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、千葉県銚子市陣屋町2-20(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 2006年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「銚子映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「銚子映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「銚子東宝映画劇場」。1973年・1975年・1985年の住宅地図では「銚子映画劇場」。1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「銚子映画劇場」。1995年の住宅地図では「銚子エイゲキ」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「銚子エイゲキ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は千葉県道244号・254号馬場町交差点西北西70mの民家。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。

1952年12月のこのほど、銚子市陣屋町に洋画専門館「銚子映画劇場」が開館した。オープニングは『ヴァージニアの決闘』。館主は柏木正雄。木造平屋建てモルタル塗り、80坪。椅子席280。銚子市初の洋画館であり、銚子市の映画館は4館となった。*52
銚子富士館
所在地 : 千葉県銚子市東町285(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1953年2月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「銚子富士館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「島田病院食者 パティオS」。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。

1953年4月16日から、銚子市東町の「富士館」は『最後の無法者』『アナタハン島の真相』の2本とともに立体映画『メトロスコピックス』を上映している。立体映画に対する関心が少ないのと宣伝が不十分なため、成績は低迷している。入場料は70円であり、眼鏡は10円の保証金を取って貸している。*53
銚子東映劇場/銚子東映/銚子マリン1・2
所在地 : 千葉県銚子市東町285(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、千葉県銚子市東町3-1(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 2006年2月
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「銚子東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「銚子東映劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「銚子東映」。1975年・1985年の住宅地図では「銚子東映」。1995年の住宅地図では「銚子マリン1・2」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「銚子マリン1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場「天金専用駐車場」・「高津医院専用駐車場」。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子中央映画劇場/銚子セントラル劇場/銚子セントラル
所在地 : 千葉県銚子市末広町4-281(1958年)、千葉県銚子市末広町(1960年)、千葉県銚子市末広町4-281(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、千葉県銚子市末広町5-12(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 2007年2月2日
Wikipedia : 銚子セントラル
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「銚子中央映画劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「銚子セントラル」。1969年の映画館名簿では「銚子セントラル劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「銚子セントラル」。1985年の住宅地図では「セントラル劇場」。1995年の住宅地図では「銚子セントラル劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。銚子市最後の従来型映画館。跡地は「銚子信用金庫本店」南東120mの月極駐車場。最寄駅はJR総武本線銚子駅または銚子電気鉄道線仲ノ町駅。

1960年6月10日、銚子市末広町4-281の「銚子セントラル劇場」隣家から出火し、スクリーンや天井など約400平方メートルが半焼した。怪我人はいない。損害額は約300万円。経営は柏木正雄。*54

1960年7月10日、銚子市の「銚子セントラル」が類焼によって半焼した。*55

2007年2月2日、銚子市末広町の映画館「銚子セントラル劇場」が閉館する。かつて銚子市には8館の映画館があったが、銚子セントラル劇場の閉館でシネコン以外の単独映画館はすべて消えることとなる。2006年2月には「銚子マリン1・2」と「銚子映劇」も閉館していた。1958年には洋画専門館「中劇」が開館。その後中劇は銚子セントラル劇場に改称し、洋画・邦画問わず上映するようになった。銚子セントラル劇場では『タイタニック』と『千と千尋の神隠し』が大ヒットとなった。最終日まで『大奥』を上映している。閉館後の2月4日にはファン感謝デーが開催され、最後の無料上映会が行われる。*56
イオンシネマ銚子
所在地 : 千葉県銚子市三崎町2-2660-1 イオンモール銚子2階(2015年・2020年)
開館年 : 2010年3月16日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ銚子シネマ1-5」(5館)。最寄駅はJR総武本線松岸駅。

旭市

旭町富士館/旭富士館/富士館
所在地 : 千葉県旭市旭町ロ645(1955年・1960年)、千葉県旭市旭町ロ1656(1963年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年の映画館名簿では「旭町富士館」。1960年の映画館名簿では「旭富士館」。1963年の映画館名簿では「富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭東映弘楽館/弘楽館
所在地 : 千葉県海上郡旭町(1950年)、千葉県旭市旭町ロ898(1953年)、千葉県旭市旭町ロ区898(1955年)、千葉県旭市旭町ロ898(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「弘楽館」。1960年の映画館名簿では「旭東映弘楽館」。1963年の映画館名簿では「弘楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
飯岡公会堂/飯岡映劇/飯岡映画劇場
所在地 : 千葉県海上郡飯岡町(1953年)、千葉県海上郡飯岡町飯岡2155(1955年)、千葉県海上郡飯岡町2155(1958年)、千葉県海上郡飯岡町本町2155(1960年)、千葉県海上郡飯岡町飯岡2155(1963年)、千葉県海上郡飯岡町2155(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「飯岡公会堂」。1958年の映画館名簿では「飯岡映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「飯岡映劇」。1966年の映画館名簿では「飯岡映画劇場」。
旭銀映/旭松竹/旭松竹映画劇場/旭松竹映劇
所在地 : 千葉県旭市旭町ロ898(1960年・1963年)、千葉県旭市ロ1898(1966年・1969年)、千葉県旭市旭町ロ898(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2001年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 2001年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「旭松竹映画劇場」。1973年・1980年の映画館名簿では「旭松竹」。1985年・1990年の映画館名簿では「旭松竹映画劇場」。1995年・2000年・2001年の映画館名簿では「旭松竹映劇」。2001年の映画館名簿では経営会社が有限会社旭松竹映劇、経営者・支配人ともに西村弘子、鉄筋造3階、200席、邦画・洋画を上映。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。
旭サンモールシネマ
所在地 : 千葉県旭市イ2676-1 ショッピングセンター「サンモール」3階(2010年)、千葉県旭市イ-2676-1 S.Cサンモール3階(2015年・2020年)
開館年 : 2008年4月29日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「旭サンモールシネマ1-6」(6館)。

2008年4月29日、旭市のショッピングセンター「サンモール」にシネコン「サンモールシネマ」が開館した。旭市の常設映画館は20年前に閉館し、2007年には銚子市からも映画館が閉館したことで、東総地域から映画館がなくなっていた。67席から310席の計759席を有している。館内では銚子市名物のぬれ煎餅が販売される。*57

富里市

映画館名簿によると富里市に映画館は存在しなかったと思われる。

香取市

佐原東宝劇場/東宝劇場
所在地 : 千葉県佐原市本町本川岸3869(1953年)、千葉県佐原市佐原イ3869(1955年・1958年・1960年)、千葉県佐原市本川岸3869(1961年)、千葉県佐原市佐原イ3869(1962年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「東宝劇場」。1955年の映画館名簿では「佐原東宝劇場」。1958年の映画館名簿では「東宝劇場」。1960年の映画館名簿では「佐原東宝劇場」。1961年の映画館名簿では「東宝劇場」。1961年の映画館名簿では経営者が香取芳郎、支配人が香取晃、木造1階、300席、東宝・新東宝・東映を上映。1962年の映画館名簿では「東宝劇場(休館)」。1962年の映画館名簿では経営者が香取芳郎、支配人が香取晃、木造1階、300席。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「東海産業社宅」。跡地は「本川岸区公会堂」東北東60mにある駐車場。最寄駅はJR成田線佐原駅。
大黒座
所在地 : 千葉県香取郡小見川町945(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1963年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大黒座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
佐原松竹館
所在地 : 千葉県香取郡佐原町横川岸(1936年)、千葉県香取郡佐原町(1943年)、千葉県香取郡佐原町佐原イ517(1947年)、千葉県香取郡佐原町(1950年)、千葉県佐原市佐原517(1953年)、千葉県佐原市佐原イ102(1955年)、千葉県佐原市佐原イ517(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1934年
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1934年開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「佐原松竹館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「パチンコリボン 牧歌」。跡地は「香取生花店」。最寄駅はJR成田線佐原駅。

1930年の松井天山による鳥観図「千葉県佐原町鳥瞰」には、後の松竹館の場所に「寿座」が、さらに「坂本座」が描かれている。*58
宮本座/小見川宮本座
所在地 : 千葉県香取郡小見川町(1927年)、千葉県香取郡小見川町新田199(1955年・1956年)、千葉県香取郡小見川町199(1957年・1958年)、千葉県香取郡小見川町新田(1960年)、千葉県香取郡小見川町小見川(1963年)、千葉県香取郡小見川町199(1964年)
開館年 : 1923年11月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1923年11月開館。1927年の映画館名簿では「宮本座」。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「小見川宮本座」。1956年の映画館名簿では「宮本座」。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「小見川宮本座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
小見川映劇/小見川映画劇場
所在地 : 千葉県香取郡小見川町1295(1957年)、千葉県香取郡小見川町1294(1958年)、千葉県香取郡小見川町南八軒町(1960年)、千葉県香取郡小見川町小見川1295(1963年)、千葉県香取郡小見川町1250(1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1977年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1977年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小見川映劇」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「小見川映画劇場」。1976年の映画館名簿では「小見川映画劇場(休館中)」。1977年の映画館名簿では「小見川映画劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
オデオン座/佐原オデオン座
所在地 : 千葉県佐原市佐原イ531(1957年・1958年・1960年)、千葉県佐原市佐原531(1963年)、千葉県佐原市佐原イ531(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 2002年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「オデオン座」。1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「佐原オデオン座」。1971年・2000年の住宅地図では「オデオン座」。2002年の映画館名簿では経営会社が有限会社オデオン座、経営者・支配人ともにが坂本麗吉、木造1階、180席、邦画・洋画を上映。2003年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「佐原関戸郵便局」北東70mにある駐車場。最寄駅はJR成田線佐原駅。
坂本座/佐原坂本座
所在地 : 千葉県香取郡佐原町(1925年・1927年)、千葉県香取郡佐原町東関戸町(1936年)、千葉県香取郡佐原町(1943年)、千葉県香取郡佐原町佐原イ711(1947年)、千葉県香取郡佐原町(1950年)、千葉県佐原市佐原711(1953年)、千葉県佐原市佐原イ711(1955年)、千葉県佐原市佐原町711(1958年)、千葉県佐原市佐原イ711(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2004年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 2004年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1913年開館。1925年・1927年の映画館名簿では「坂本座」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「坂本座」。1950年の映画館名簿では「佐原坂本座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「坂本座」。1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2004年の映画館名簿では「佐原坂本座」。1971年の住宅地図では「シアターさかもと」。2000年の住宅地図では「坂本座」。2002年の映画館名簿では経営会社が有限会社坂本座、経営者・支配人ともに坂本仁吾、鉄筋造3階、130席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。佐倉市最後の映画館。跡地は「慈眼寺」西60mにある駐車場。最寄駅はJR成田線佐原駅。

1930年の松井天山による鳥観図「千葉県佐原町鳥瞰」には、後の松竹館の場所に「寿座」が、さらに「坂本座」が描かれている。*59

1930年の『大日本職業別明細図 第201号』には、「坂本座」が描かれている。*60

匝瑳市

自由館/八日市場自由館
所在地 : 千葉県八日市場市八日市場町イ2876(1955年)、千葉県八日市場市八日市場イ2876(1958年)、千葉県八日市場市田町イ2876(1960年)、千葉県八日市場市横町イ2876(1963年)
開館年 : 1920年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年10月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「自由館」。1960年・1963年の映画館名簿では「八日市場自由館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八日市場松竹劇場/八日市場松竹
所在地 : 千葉県八日市場市田町イ2360(1960年・1963年)、千葉県八日市場市イ2360(1966年・1969年)、千葉県八日市場市八日市場イ2360(1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1976年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「八日市場松竹」。1966年・1969年の映画館名簿では「八日市場松竹劇場」。1972年の住宅地図では「松竹劇場」。1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「八日市場松竹」。1975年の映画館名簿では経営者が大木満、支配人が平野吉男、木造1階、350席、東宝・洋画・成人映画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「八日市場東照宮」南西120mにある民家2軒。
八日市場公会堂
所在地 : 千葉県匝瑳郡八日市場町(1950年)、千葉県八日市場市八日市場町万町(1955年)、千葉県八日市場市万町(1958年)、千葉県八日市場市万町2444(1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県八日市場市八日市場イ2448(1973年・1975年)、千葉県八日市場市八日市場イ2444(1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1950年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1982年の映画館名簿では「八日市場公会堂」。1972年の住宅地図では「公会堂映画館」。1975年の映画館名簿では経営会社が西村興業、経営者が西村久夫、支配人が西村昭二、木造2階、295席、東映・日活・洋画・成人映画を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「八日市場万町郵便局」西80mにある空き地。

香取郡神崎町

神映館/神崎神映館
所在地 : 千葉県香取郡神崎町神崎本宿2064(1958年)、千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「神映館」。1960年・1963年の映画館名簿では「神崎神映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

香取郡多古町

多古文化劇場
所在地 : 千葉県香取郡多古町田町(1955年)、千葉県香取郡多古町569(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年9月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「多古文化劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
多古新映
所在地 : 千葉県香取郡多古町2604(1958年)、千葉県香取郡多古町2602(1960年・1963年・1966年)、千葉県香取郡多古町2604(1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1976年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「多古新映」。1976年の映画館名簿では経営者が山崎英二、支配人が平山幸夫、木造1階、280席、邦画・成人映画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。

香取郡東庄町

映画館名簿によると香取郡東庄町に映画館は存在しなかったと思われる。

千葉県南地域

木更津市

橘館
所在地 : 千葉県木更津市弁天町(1958年)、千葉県木更津市弁天町1765(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「橘館」。1959年の木更津市動態図鑑では「橘館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「木更津税務署」北40mにある飲食店数軒。
エビス館/木更津日活劇場/木更津日活/木更津ムービーランド
所在地 : 千葉県木更津市木町1527(1955年・1958年)、千葉県木更津市木更津1527(1960年・1963年)、千葉県木更津市木更津字本町1527(1966年)、千葉県木更津市中央2-8-4(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、千葉県木更津市中央2-1-4(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1938年
閉館年 : 2007年10月9日
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「エビス館」。1959年木更津市動態図鑑では「エビス館」。1963年の映画館名簿では「木更津日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「木更津日活劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「木更津日活」。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「木更津ムービーランド」。2000年の住宅地図では「木更津ムービーランド」。2002年の映画館名簿では木造1階、165席、経営会社が中央興業有限会社、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「千葉銀行木更津支店」南西60mにある有料駐車場。最寄駅はJR内房線木更津駅。

日活直営劇場の動きを見ると、1975年8月には「福島日活」が開館、10月には「木更津日活」が開館、12月には「岡山日活」が開館、1976年1月には「梅新日活」が開館、3月には「船橋日活」が閉館、4月には「高松日活」が開館した。*61
木更津銀映座/木更津東映劇場/木更津東映
所在地 : 千葉県木更津市南片町1468(1955年・1958年・1960年)、千葉県木更津市南片町1468(1963年・1966年)、千葉県木更津市中央3-4-40(1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 2009年1月16日
港町キネマ通り : 木更津東映
『全国映画館総覧 1955』によると1939年開館。1955年の映画館名簿では「木更津銀映座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「木更津東映」。1959年木更津市動態図鑑では「木更津東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「木更津東映劇場」。1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「木更津東映」。2000年の住宅地図では「木更津東映」。2002年の映画館名簿では木造1階、217席、経営会社が中央興業有限会社、成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ヴェルビュ木更津」西100mの民家。最寄駅はJR内房線木更津駅。

「木更津東映」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*62
富士館/木更津富士館
所在地 : 千葉県木更津市本町1511(1958年・1960年)、千葉県木更津市本町2365(1963年)、千葉県木更津市本町1511(1966年)、千葉県木更津市中央2-1-3(1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 2010年9月24日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「富士館」。1959年木更津市動態図鑑では「富士館」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「木更津富士館」。2000年の住宅地図では「木更津富士館」。2002年の映画館名簿では木造1階、186席、経営会社が中央興業有限会社、邦画・洋画を上映。2011年取り壊し。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「千葉銀行木更津支店」北西80mにある駐車場「ラケル木更津店モカ駐車場」。最寄駅はJR内房線木更津駅。

「木更津富士館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*63
弁天座/木更津セントラル/セントラル劇場・セントラルシネマ/セントラルシネマ
所在地 : 千葉県木更津市弁天町1765(1960年)、千葉県木更津市弁天町1763(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、千葉県木更津市富士見2-3-11(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、千葉県木更津市富士見台2-3-11 木更津セントラルビル(2005年)、千葉県木更津市富士見2-3-11 木更津セントラルビル(2010年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 2012年1月13日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「弁天座」。1959年木更津市動態図鑑では「弁天座」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「木更津セントラル」。1975年再開館。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「セントラル劇場・セントラルシネマ」(2館)。2000年の住宅地図では「2階セントラル劇場 セントラルシネマ 3階セントラルボウル」。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、200席と217席、経営会社が有限会社木更津セントラル、いずれも洋画を上映。2006年5月セントラル劇場閉館。2010年の映画館名簿では「セントラルシネマ」。2012年1月13日完全閉館。2015年の映画館名簿には掲載されていない。2018年以前に取り壊し。跡地は「木更津税務署」北西100mにあるマンション「デュオヒルズ木更津」。最寄駅はJR内房線木更津駅。

1960年2月16日、木更津市弁天町の「弁天座」を房総観光開発会社映画部が買収し、「木更津セントラル」に改称して洋画上映館に転向した。*64
USシネマ木更津
所在地 : 千葉県木更津市築地1-4 イオンモール木更津2階(2015年・2020年)
開館年 : 2014年10月18日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「USシネマ木更津1-10」(10館)。最寄駅はJR内房線木更津駅。

2014年秋、イオンモールが木更津市築地地区に南房総地域唯一となる映画館の開館を計画している。2012年1月には木更津市最後の映画館が、2012年9月には茂原市最後の映画館が閉館し、南房総地域から映画館がなくなった。現在の千葉県で最も南にある映画館は市原市の「シネマックスちはら台」であり、南房総地域の映画ファンは千葉市や神奈川県川崎市まで向かう必要がある。*65

館山市

館山市の映画館
館山駅前に降り立つと「館山中央劇場」の看板が見える。新東宝や日活系であり、時々封切館となる。シネスコや立体音響を完備している。両側にスズラン燈が並ぶ竹沢チェーンストリートには、手前から洋画専門館「竹沢映画劇場」、隣に邦画専門館「竹沢銀映」、一番奥に「東映北条キネマ」がある。竹沢映画劇場はシネスコや立体音響を完備しており、月に1-2本はベストテン級の作品を上映している。竹沢銀映も安定して高級な作品を上映しており、2階は追加料金20円のネオロマンティックシートである。竹沢チェーンは盛り場から外れた場所で「館山映画劇場」や「船形クラブ」も経営している。*66
末広映画劇場/末広劇場
所在地 : 千葉県館山市布良町1330(1958年)、千葉県館山市大神254(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「末広映画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が神田吉也、支配人が黒川嘉七、木造2階、定員300、邦画・洋画を上映。1960年の映画館名簿では「末広劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
館山映画劇場/館山劇場
所在地 : 千葉県館山市館山926(1953年)、千葉県館山市仲町926(1955年)、千葉県館山市館山926(1960年)、千葉県館山市館山924(1963年)
開館年 : 1941年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1941年6月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「館山映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「館山映画劇場」。1960年館山市動態図鑑では「館山映画劇場」。1963年の映画館名簿では「館山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「城山​グリーン​ハイツ」。
船形クラブ
所在地 : 千葉県館山市船形871(1958年)、千葉県館山市船形871(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「船形クラブ」。1963年の映画館名簿では経営者が竹沢興行、支配人が鶴岡保吉、木造2階、定員380、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
館山中劇/館山中央劇場
所在地 : 千葉県館山市北条1880-4(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「館山中劇」。1960年館山市動態図鑑では「中央劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「館山中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「サカモト百貨店」。跡地は「千葉興業銀行館山支店」西隣の「房州第一ビル」。
東映北条キネマ/北条キネマ/館山日活(北条1815)
所在地 : 千葉県館山市北条1771(1953年)、千葉県館山市北条町1815(1955年)、千葉県館山市北条1815(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1942年12月
閉館年 : 1979年8月
『全国映画館総覧 1955』によると1942年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「北条キネマ」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「東映北条キネマ」。1960年館山市動態図鑑では「北條キネマ」。1969年の映画館名簿では「北条キネマ」。1972年の住宅地図では「北條キネマ館」。1973年・1975年・1977年の映画館名簿では「館山日活」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「安房信用組合」。跡地は「君津信用組合館山支店」。最寄駅はJR内房線館山駅。

1979年8月、にっかつ直営館「館山にっかつ」が閉館した。*67
館山銀映劇場/館山日活(初代)/館山日活劇場/館山銀映
所在地 : 千葉県館山市北条1771(1953年)、千葉県館山市北条町1771(1955年)、千葉県館山市北条1772(1960年・1963年)、千葉県館山市北条字大軒町1772(1966年)、千葉県館山市北条1772(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1943年6月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年6月開館。1953年の映画館名簿では「館山銀映」。1955年の映画館名簿では「館山銀映劇場」。1960年の映画館名簿では「館山銀映」。1960年館山市動態図鑑では「銀映」。1963年の映画館名簿では「館山日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「館山日活劇場」。1972年の住宅地図では「銀映」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「館山銀映」。1980年の住宅地図では「館山銀映(竹沢興行KK)」。1985年の映画館名簿では経営会社が竹沢興行、支配人が明石作紘、鉄筋コンクリート造平屋建て、東映・松竹・東宝・洋画を上映。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ミモザガーデン」駐車場部分。最寄駅はJR内房線館山駅。

1961年7月26日、館山市北条1772の「館山銀映」が「館山日活劇場」に改称した。経営は太陽企業。日活の直営館は25館、傍系の太陽企業の経営館は35館、九州興行の経営館は7館となった。鉄筋造2階建て、定員420。*68
館山竹映劇場/館山松竹映画劇場/館山竹映/館山竹映日活/館山日活(3代)
所在地 : 千葉県館山市北条町1772(1955年)、千葉県館山市北条1772(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「館山竹映劇場」。1960年の映画館名簿では「館山松竹映画劇場」。1960年の館山市動態図鑑では「竹映」。1963年の映画館名簿では「館山竹映」。1966年の映画館名簿では「中山竹映」。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「館山竹映」。1972年の住宅地図では「竹映劇場」。1978年の映画館名簿では「館山竹映日活」。1980年・1985年の映画館名簿では「館山日活」。1980年の住宅地図では「竹映日活」。1985年の映画館名簿では経営会社が竹沢興行、支配人が明石作紘、鉄筋コンクリート造平屋建て、にっかつ・成人映画を上映。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ミモザガーデン」建物部分。最寄駅はJR内房線館山駅。

1965年(昭和40年)の館山市にあったキネマ通りの写真あり。最盛期には3館の映画館が並んでいた。*69

勝浦市

有楽館
所在地 : 千葉県勝浦市仲本町54(1960年)、千葉県勝浦市仲町54(1963年)
開館年 : 1954年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
室山公会堂
所在地 : 千葉県勝浦市興津2515(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「室山公会堂」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
山本座/東海座/公楽館/勝浦公楽館
所在地 : 千葉県夷隅郡勝浦町(1950年)、千葉県夷隅郡勝浦町勝浦10(1955年)、千葉県勝浦市勝浦13(1960年)、千葉県勝浦市勝浦10(1963年・1966年)、千葉県勝浦市勝浦1-13(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 大正時代以前
閉館年 : 1982年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「勝浦公楽館」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「公楽館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「勝浦公楽館」。1978年の住宅地図では「公楽館」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「勝浦市立図書館」南南東100mにあるパチンコ店「ニューカツウラ」(1995年開店-2019年12月31日閉店)の廃墟やその南の数軒の建物。最寄駅はJR外房線勝浦駅。

1913年(大正2年)の鉄道開通以前、勝浦の繁華街は岩切地区だった。勝浦市街地と漁港がある豊浜地区を結ぶ場所にあり、また勝浦市街地と大原を結ぶ場所にもあった。岩切地区には3階建ての旅館の幸前楼があり、近くには劇場の「山本座」が、山本座に隣接して旅館の山本楼もあった。山本座や山本楼は博徒の親分である山本勝五郎が経営していた。1925年(大正14年)3月頃に出火して焼失し(※焼失したのが山本座なのか山本楼なのは不明。おそらく両者)、一時は「東海座」という名称となり、1972年(昭和47年)現在は「公楽館」となっている。*70

勝浦市立図書館の規模は公民館図書室と同等で、訪問時には2人の職員がいた。2016年にフジテレビが放送したテレビドラマ「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」で勝浦市立図書館がロケ地の一部になったらしく、カウンター上には土屋太鳳と門脇麦のサイン色紙が飾られていた。

茂原市

太洋会館
所在地 : 千葉県長生郡本納町1836(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1953年の映画館名簿では「太洋会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
茂原日活/茂原日活劇場
所在地 : 千葉県茂原市千代田町1-9(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「茂原日活」。1966年の映画館名簿では「茂原日活劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
茂原銀映
所在地 : 千葉県茂原市高師(1958年)、千葉県茂原市高師828(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「茂原銀映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年2月28日午前11時頃、茂原市高師828の「茂原銀映」が全焼した。経営者は鳥海定吉。木造モルタル平屋建て。*71
茂原東宝館/茂原東宝映画劇場/茂原東宝映画館/茂原東宝・茂原東映/茂原東宝
所在地 : 千葉県長生郡茂原町(1950年)、千葉県茂原市袋町(1953年)、千葉県茂原市茂原365(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1938年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1950年の映画館名簿では「茂原東宝館」。1953年の映画館名簿では「茂原東宝映画劇場」。1955年の映画館名簿では「茂原東宝映画館」。1958年の映画館名簿では「茂原東宝映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「茂原東宝・茂原東映」(2館)。1966年の映画館名簿では「茂原東宝映画劇場」。1968年の茂原市動態図鑑では「茂原東宝」。1969年の映画館名簿では「茂原東宝」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「千葉銀行茂原支店」南東40mにある月極駐車場「ヤマヨ第1パーキング」など。
茂原劇場/茂原東映
所在地 : 千葉県茂原市袋町(1953年)、千葉県茂原市茂原471(1955年)、千葉県茂原市茂原町471-2(1958年)、千葉県茂原市茂原471-2(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1946年1月、1961年12月(建て替え)
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「茂原劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「茂原東映」。1975年の映画館名簿では経営者が吉崎亮、支配人が天野槐郎、鉄筋造2階冷暖房付、380席、東映・松竹・日活・洋画・成人映画を上映。1976年の映画館名簿には掲載されていない。茂原市最後の従来型映画館。

1961年12月、茂原市茂原471-2にある「茂原劇場」は隣接地に建設中のビルに移転予定。ビルの2階と3階に映画館が入り、1階は貸店舗となる。椅子席495。現行館は移転と同時に取り壊される。経営は吉崎亮三。*72
茂原そごうシネマサロン/そごうシネマサロン
所在地 : 千葉県茂原市千代田町1-6 茂原そごう7階(1993年・1995年・1998年・1999年)
開館年 : 1992年頃
閉館年 : 1999年頃
1992年の映画館名簿には掲載されていない。1993年の映画館名簿では「茂原そごうシネマサロン」。1995年・1998年の映画館名簿では「そごうシネマサロン」。1999年の映画館名簿では「そごうシネサロン」。1999年の映画館名簿では経営会社が株式会社茂原そごう、経営者が安蒜嘉栄、支配人が古川正幸、鉄筋造7階、104席、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
茂原シネマサンシャイン/シネマサンシャイン茂原
所在地 : 千葉県茂原市高師1735 ショッピングセンターアスモ2階(2010年)
開館年 : 1997年
閉館年 : 2012年9月2日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「茂原シネマサンシャイン1-6」(6館)。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン茂原1-6」(6館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

1997年7月12日、茂原市高師のショッピングプラザ アスモに映画館「茂原シネマサンシャイン」が開館する。かつて茂原市には5館の映画館があったが、現在はビデオシアター1館のみである。1996年3月に閉鎖されたアイススケート場跡地が映画館となる。*73

1997年7月12日、茂原市高師のショッピングプラザ アスモに映画館「茂原シネマサンシャイン」が開館した。これによって茂原市に21年ぶりに映画館が復活した。*74

2013年1月、茂原市の「茂原ショッピングプラザ アスモ」2階に多目的ホール「ASMO劇場」がオープンした。2012年9月に閉館した映画館6館のうち1館をリニューアルした。座席数は113席。*75

山武市

新興映画劇場/松尾新興映画劇場/松尾新興映劇/松尾東映
所在地 : 千葉県山武郡松尾町大堤5(1953年)、千葉県山武郡松尾町大堤(1955年)、千葉県山武郡松尾町大堤52(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「松尾新興映画劇場」。1958年の映画館名簿では「松尾新興映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「松尾新興映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
緑海銀映
所在地 : 千葉県山武郡成東町872(1958年)、千葉県山武郡成東町小松872(1960年)、千葉県山武郡成東町2044(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「緑海銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
不二心館映画劇場/不二館映劇/不二館/成東不二館
所在地 : 千葉県山武郡成東町津辺231(1953年・1955年)、千葉県山武郡成東町231(1958年)、千葉県山武郡成東町津辺331(1960年・1963年)、千葉県山武郡成東町津辺231(1966年)、千葉県山武郡成東町津辺23(1969年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「不二心館映画劇場」。1958年の映画館名簿では「不二館映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「不二館」。1966年・1969年の映画館名簿では「成東不二館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
成東シネフェスタ1・2
所在地 : 千葉県山武郡成東町成東769-1(1999年・2000年・2002年・2005年)
開館年 : 1998年頃
閉館年 : 2005年頃
1998年の映画館名簿には掲載されていない。1999年・2000年・2002年・2005年の映画館名簿では「成東シネフェスタ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では経営会社がプレビ株式会社、経営者が梶修明、支配人が仕黒高士、鉄筋造2階、115席と78席、邦画・洋画を上映。2006年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は屋内サバイバルゲームフィールド「ユニオンワールド」廃墟。最寄駅はJR総武本線・東金線成東駅。

いすみ市

公映劇場/大原富士館
所在地 : 千葉県夷隅郡大原町大原(1958年)、千葉県夷隅郡大原町8695(1960年・1963年)
開館年 : 1958年7月20日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「公映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大原富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年7月20日、夷隅郡大原町仲町8695に「大原富士館」が開館した。オープニングは『かんざし小判』と『旅笠道中』と『母つばめ』の三本立。座席数250。工費1100万円。千葉県の映画館は123館となった。*76
大原館
所在地 : 千葉県夷隅郡大原町8656(1955年・1958年)、千葉県夷隅郡大原町(1960年)、千葉県夷隅郡大原町8695(1963年)、千葉県夷隅郡大原町8656(1966年・1969年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大原館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

鴨川市

鴨川銀星
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町横渚931(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鴨川銀星」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小湊映劇
所在地 : 千葉県安房郡天津小湊町97(1958年)、千葉県安房郡天津小湊町小湊79(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小湊映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
天津館/天津東映
所在地 : 千葉県安房郡天津小湊町小湊987(1960年)、千葉県安房郡天津小湊町1202(1963年)、千葉県安房郡天津小湊町天津1202(1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「天津館」。1963年・1966年の映画館名簿では「天津東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
スバル映画劇場/鴨川スバル劇場/スバル映劇/鴨川スバル映画劇場/鴨川スバル/鴨川スバル座
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町横渚892(1953年・1955年・1958年)、千葉県安房郡鴨川町横渚891(1960年・1963年)、千葉県安房郡鴨川町横渚89(1966年)、千葉県鴨川市横渚819(1973年)
開館年 : 1930年、1941年4月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1941年4月開館。1953年の映画館名簿では「鴨川スバル映画劇場」。1955年の映画館名簿では「鴨川スバル」。1958年の映画館名簿では「スバル映画劇場」。1960年の映画館名簿では「鴨川スバル劇場」。1963年の映画館名簿では「スバル映劇」。1966年の映画館名簿では「鴨川スバル映画劇場」。1969年の映画館名簿では「鴨川スバル」。1973年の映画館名簿では「鴨川スバル座」。1974年の住宅地図では「スバル映画場」。1974年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「厳島神社」北西20mにある建物。

1975年(昭和50年)頃の鴨川市にあった映画館「スバル映画劇場」の写真あり。「スバル映画劇場」の文字が見える。1930年(昭和5年)に鴨川横渚(よこすか)の繭市場に開館すると、東京・新宿の武蔵野館に次ぐほどのにぎわいを見せた。戦後にはスバル映画劇場に改称し、洋画専門の映画館となった。歌手の岡晴夫が来館して公演したこともあった。*77
鴨川キネマ
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町(1953年)、千葉県安房郡鴨川町前原51(1955年)、千葉県安房郡鴨川町新町通216(1958年)、千葉県安房郡鴨川町前原216(1960年・1963年)、千葉県安房郡鴨川町横渚19-2(1966年)、千葉県安房郡鴨川町横渚619-2(1969年)、千葉県鴨川市横渚619-2(1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1932年2月
閉館年 : 1984年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1932年2月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「鴨川キネマ」。1974年の住宅地図では「鴨川キネマ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は中華料理店「宝祥菜館」西側の建物など。鴨川市最後の映画館。

1956年1月20日午前2時10分頃、安房郡鴨川町前原213の「鴨川キネマ」の裏手から出火し、木造2階建て150坪が全焼した。経営者は田島大治。損害や原因は調査中。*78

君津市

映画館名簿によると君津市に映画館は存在しなかったと思われる。

富津市

大貫劇場
所在地 : 千葉県君津郡大佐和町岩瀬876(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「大貫劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
青堀座
所在地 : 千葉県君津郡富津町20(1958年)、千葉県君津郡富津町青堀20(1960年)
開館年 : 1953年6月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年6月開館。1958年・1960年の映画館名簿では「青堀座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
末広館/大佐和映劇
所在地 : 千葉県君津郡大貫町小久保(1950年)、千葉県君津郡大貫町小久保2865(1955年)、千葉県君津郡大佐和町2865(1958年・1960年)、千葉県君津郡大佐和町小久保2865(1963年)
開館年 : 1935年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年8月開館。1950年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「末広館」。1963年の映画館名簿では「大佐和映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
天羽映劇
所在地 : 千葉県君津郡天羽町湊344(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「天羽映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大正館/富津大正館
所在地 : 千葉県君津郡富津町富津2014(1955年)、千葉県君津郡富津町2041(1958年)、千葉県君津郡富津町富津2014(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、千葉県富津市富津2014(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1920年11月
閉館年 : 1982年頃? 1985年? 1990年4月4日?
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「大正館」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「富津大正館」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「摩尼山医光寺」西北西240mにある駐車場。最寄駅はJR内房線青堀駅。

1920年11月、富津町に「富津大正館」が開館した。当初は芝居小屋であり、昭和初期に映画館とった。1952年12月、富津大正館が改修された。1990年4月4日、富津大正館が閉館した。*79

1920年、地元の網元4人によって芝居小屋の「大正館」が創建された。昭和初期には映画上映設備を追加し、主に映画館として営業していた。1985年の芝居の公演を最後に閉館した。2階は畳敷きであり、1階には270の座席がある。当初の1階は畳敷きの桝席だった。木造2階建て。建築面積278.6m2。*80

『キネマ旬報』1976年8月上旬号、688号には「われらの映画館 107回 富津大正館」が掲載されている。*81

袖ケ浦市

映画館名簿によると袖ケ浦市に映画館は存在しなかったと思われる。

南房総市

岩井劇場
所在地 : 千葉県安房郡富山町高崎1226(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「岩井劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
千倉松川座/松川座
所在地 : 千葉県安房郡千倉町(1950年)、千葉県安房郡千倉町南朝夷(1953年)、千葉県安房郡千倉町南朝実1317(1955年)、千葉県安房郡千倉町南朝夷1317(1958年・1960年)
開館年 : 1936年2月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年2月開館。1950年の映画館名簿では「千倉松川座」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「松川座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
富浦映画劇場/富浦映劇
所在地 : 千葉県安房郡富浦町原岡974(1958年)、千葉県安房郡富浦町原岡461(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「富浦映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「富浦映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
平群劇場
所在地 : 千葉県安房郡富山町平久里中406(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「平群劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
千倉大漁館/大漁館
所在地 : 千葉県安房郡千倉町(1950年)、千葉県安房郡千倉町316(1958年)、千葉県安房郡千倉町北朝夷2816(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿では「大漁館」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「千倉大漁館」。1960年・1963年の映画館名簿では「大漁館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
白浜公会堂
所在地 : 千葉県安房郡白浜町白浜(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「白浜公会堂」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
和田青年会館
所在地 : 千葉県安房郡和田町和田522(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「和田青年会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

山武郡九十九里町

豊海劇場
所在地 : 千葉県山武郡豊海町1960(1953年)、千葉県山武郡豊海町西野1790(1955年)
開館年 : 1937年5月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1937年5月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「豊海劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
片貝劇場/片貝映画劇場/片貝映劇
所在地 : 千葉県山武郡片貝町(1950年・1953年)、千葉県山武郡片貝町西の下(1955年)、千葉県山武郡九十九里町3708(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年開館。1950年の映画館名簿では「片貝劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「片貝映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「片貝映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
片貝トキワ館
所在地 : 千葉県山武郡九十九里町6799(1960年・1963年)、千葉県山武郡九十九里町片貝6799(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1988年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「片貝トキワ館」。1972年の大網白里町九十九里町動態図鑑では「トキワ館」。1985年の映画館名簿では経営会社が有限会社トキワ館、経営者・支配人ともに古川公清、木造1階、214席、邦画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「九十九里鉄道片貝車庫」南東190mにある建物。

山武郡横芝光町

横芝第一銀映
所在地 : 千葉県山武郡横芝町上町446(1955年)、千葉県山武郡横芝町上町664(1958年)、千葉県山武郡横芝町224(1960年)、千葉県山武郡横芝町横芝664(1963年)
開館年 : 1952年11月15日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「横芝第一銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年11月15日、山武郡横芝町に「横芝銀映」が開館した。モルタル塗り平屋建て。定員450人。系統は各社選抜。館主は「八街銀映」の斎藤伸司、支配人は八街銀映の井上某が兼務。*82
横芝第二銀映/横芝銀映
所在地 : 千葉県山武郡横芝町東町(1955年)、千葉県山武郡横芝町東町1384(1958年)、千葉県山武郡横芝町224(1960年)、千葉県山武郡横芝町横芝1382(1963年)、千葉県山武郡横芝町横芝1383(1966年・1969年)、千葉県山武郡横芝町横芝(1973年・1975年)、千葉県山武郡横芝町横芝383(1978年)、千葉県山武郡横芝町横芝1383(1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1986年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「横芝第二銀映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「横芝銀映」。1980年の住宅地図では「横芝銀映」。1985年の映画館名簿では経営会社が有限会社横芝銀映、経営者・支配人ともに白井広嘉、木造1階、224席、邦画を上映。1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は美容院「みゅうみゅう横芝店」。

1953年10月10日、山武郡横芝町東町に「横芝東映」が開館した。オープニングは新東宝『憲兵』とRKO『ターザン魔法の泉』。経営者は栗原久仁、支配人は石井允。映写機はローラー、発声器は小野研。定員380人。*83

山武郡芝山町

映画館名簿によると山武郡芝山町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡一宮町

一宮平和館/平和館
所在地 : 千葉県長生郡一宮町(1950年・1953年)、千葉県長生郡一宮町宮原662(1955年)、千葉県長生郡一宮町宮原662(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「一宮平和館」。1953年の映画館名簿では「一の宮平和館」。1955年の映画館名簿では「一ノ宮平和館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「平和館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
一宮富士館/富士館
所在地 : 千葉県長生郡一宮町9913(1958年)、千葉県長生郡一宮町宮原9913(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「一宮富士館」。1963年の映画館名簿では「富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。一宮町最後の映画館。

長生郡長南町

長南オリオン座
所在地 : 千葉県長生郡長南町(1950年・1953年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
190年・1953年の映画館名簿では「長南オリオン座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

長生郡睦沢町

映画館名簿によると長生郡睦沢町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡白子町

映画館名簿によると長生郡白子町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡長柄町

映画館名簿によると長生郡長柄町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡長生村

映画館名簿によると長生郡長生村に映画館は存在しなかったと思われる。

夷隅郡大多喜町

中央劇場/大多喜中劇
所在地 : 千葉県夷隅郡大多喜町(1958年)、千葉県夷隅郡大多喜町久保119(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中央劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「大多喜中劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大多喜館
所在地 : 千葉県夷隅郡大多喜町猿稲143(1955年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲132(1958年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲143(1960年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲182(1963年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲128-1(1966年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲183(1969年・1973年・1975年・1978年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲143(1980年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲182-1(1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1955年・1958年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「大多喜館」。1985年の映画館名簿では経営会社が有限会社伊妻興行、経営者・支配人ともに伊妻胖、木造1階、340席、邦画を上映。1985年の住宅地図では「大多喜館」。1987年の映画館名簿では経営会社が有限会社伊妻興行、経営者・支配人ともに伊妻胖、木造1階、304席、にっかつ・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大多喜駅入口交差点」西南西60mにある空き地。

夷隅郡御宿町

映画館名簿によると夷隅郡御宿町に映画館は存在しなかったと思われる。

安房郡鋸南町

保田銀映
所在地 : 千葉県安房郡保田町本郷254(1960年)、千葉県安房郡鋸南町4137(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「保田銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
山野井座
所在地 : 千葉県安房郡勝山町下佐久間3633(1958年)、千葉県安房郡鋸南町下佐久間3633(1960年)、千葉県安房郡鋸南町3632(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「山野井座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

返信が遅くなり過ぎまして、誠に申し訳ありません。
俺の言葉足らずや言い回しが可笑しかったですね。
名画座/船橋名画座の跡地はアドアーズ船橋店で間違いないのですが、アドアーズ船橋店はパチンコ店ではありません。
アドアーズはゲームセンターです。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2021年06月20日(日) 20:05:49 返信数(1) 返信

アドアーズについて修正しました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年06月28日(月) 17:13:38

名画座/船橋名画座の跡地はパチンコ店『アドアーズ船橋店』ですが、アドアーズは太古の昔からゲームセンターです。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2020年11月20日(金) 10:18:17 返信数(1) 返信

コメントありがとうございます。
>「船橋名画座の跡地はアドアーズの場所ではない」という意味でしょうか?

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年11月20日(金) 16:05:15

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます