閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


千葉市

千葉市は千葉市の映画館を参照。

千葉県中央地域

市原市

五井ホテイ館/五井宝袋館
所在地 : 千葉県市原郡五井町1510(1955年)、千葉県市原郡五井町五井(1960年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「五井ホテイ館」。1960年の映画館名簿では「五井宝袋館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
牛久大映
所在地 : 千葉県市原郡南総町897(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「牛久大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
五井映劇
所在地 : 千葉県市原郡五井町町下新道2269(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「五井映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
サンシネマ/市原サンシネマ
所在地 : 千葉県市原市五井1447-7 サンプラザ市原内(1998年)、千葉県市原市五井中央西1-1-25 サンプラザ市原内(2005年)
開館年 : 1995年以後1998年以前
閉館年 : 2006年
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1998年・2000年の映画館名簿では「サンシネマ」。1998年の映画館名簿では鉄筋造1階、98席、経営会社が財団法人市原市都市開発公社、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿では「市原サンシネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
シネマックスちはら台/USシネマちはら台
所在地 : 千葉県市原市ちはら台西3-4 ユニモちはら台3階(2020年)
開館年 : 2007年9月8日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2007年9月8日シネマックスちはら台開館。2010年の映画館名簿では「シネマックスちはら台1-10」(10館)。2015年11月28日USシネマちはら台改称。2020年の映画館名簿では「USシネマちはら台1-10」(10館)。
TOHOシネマズ市原
所在地 : 千葉県市原市更級4-3-2 アリオ市原2階(2020年)
開館年 : 2013年11月28日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ市原1-10」(10館)。

佐倉市

佐倉第二銀映
所在地 : 千葉県佐倉市内新町163(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「佐倉第二銀映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
佐倉銀映/佐倉第一銀映
所在地 : 千葉県佐倉市新町(1955年)、千葉県佐倉市内新町203(1960年)、千葉県佐倉市新町203(1969年)、千葉県佐倉市新町303(1973年・1975年)
開館年 : 1951年9月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年9月開館。1955年の映画館名簿では「佐倉銀映」。1960年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「佐倉第一銀映」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。
ファミリーシアター/ジャスコファミリーシアターウスイ
所在地 : 千葉県佐倉市王子台1-23(1985年)、千葉県佐倉市王子台1-23 レイクピアウスイ3階(1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1984年3月10日
閉館年 : 1995年以後1998年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「ファミリーシアター」。1990年・1995年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシアターウスイ」。1992年の映画館名簿では鉄筋造3階、48席、経営会社が扇屋ジャスコ株式会社、邦画・洋画・特選を上映。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。
しづマインシアター1・2
所在地 : 千葉県佐倉市上志津1663-9 しづマイン4階(1992年・2000年)
開館年 : 1990年
閉館年 : 2005年1月30日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の映画館名簿では鉄筋造4階、132席と132席、経営会社が東武ストア株式会社、洋画・邦画を上映。2000年の映画館名簿では「しづマインシアター1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ・ユーカリが丘/イオンシネマ ユーカリが丘/シネマサンシャインユーカリが丘
所在地 : 千葉県佐倉市ユーカリが丘4-14 ユーカリが丘サティ2番街(2000年)、千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1-4 ユーカリプラザ5階(2010年・2020年)
開館年 : 1999年3月6日(WMC)、2018年6月15日(シネマサンシャイン)
閉館年 : 2018年5月31日(イオンシネマ)、営業中
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ・ユーカリが丘1-8」(8館)。2020年の映画館名簿では「シネマサンシャインユーカリが丘1-8」(8館)。

1999年3月6日、佐倉市ユーカリが丘4丁目に「ユーカリが丘サティ2番街」が開業する。流通業界大手のマイカルが建設した。6階には8スクリーン計1494席を有する複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズユーカリが丘」がある。商圏は佐倉市のほかに千葉市北部、船橋市、成田市などを含む約50万人を見込んでおり、年商25億円を目指す。*1

習志野市

習志野映劇/習志野映画劇場
所在地 : 千葉県習志野市大久保町1-335(1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県習志野市大久保町1-3335(1973年)、千葉県習志野市本大久保5-1-6(1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1984年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「習志野映劇」。1966年・1969年・1973年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「習志野映画劇場」。1984年の映画館名簿では経営会社が株式会社習志野映画劇場、経営者が神山要、支配人が横川忠太郎、木造1階、224席、邦画・洋画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。少なくとも1991年まで建物が現存。

『写真アルバム 習志野・八千代の昭和』いき出版、2017年には1956年の「習志野映画劇場」の写真が掲載されている。現物は未確認。*2

八千代市

テアトルアピア
所在地 : 千葉県八千代市八千代台北1-1(1985年・1990年)
開館年 : 1982年以後1985年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1982年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「テアトルピア」。1990年の映画館名簿では「テアトルアピア」。1992年の住宅地図には掲載されていない。1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズ八千代緑が丘
所在地 : 千葉県八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ(2010年)、千葉県八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ2階(2020年)
開館年 : 2006年3月17日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ八千代緑が丘1-10」(10館)。

四街道市

四街道映劇
所在地 : 千葉県印旛郡四街道町四街道1523(1960年)、千葉県印旛郡四街道町1523(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「四街道映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

八街市

中央劇場
所在地 : 千葉県印旛郡八街町ほ240(1953年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「中央劇場」。1953年の映画館名簿では経営者・支配人ともに鈴木順、木造2階、定員400、混合を上映。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
八街銀映・八街第二銀映/八街第一銀映・八街第二銀映/八街第二銀映/八街銀映
所在地 : 千葉県印旛郡八街町八街に119、八街町(1953年)、千葉県印旛郡八街町八街に119(1955年)、千葉県印旛郡八街町に119、八街町119(1958年)、千葉県印旛郡八街町八街(1960年)、千葉県印旛郡八街町八街119(1963年)、千葉県印旛郡八街町ロ119(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、千葉県印旛郡八街町ニ119(1980年・1982年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1982年以後1984年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「八街銀映・八街第二銀映」(2館)。1953年の映画館名簿では経営者が斎藤仲司、支配人が井上達雄、木造2階、定員380、混合を上映。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「八街第一銀映・八街第二銀映」(2館)。1958年の映画館名簿では経営者が斎藤興業、支配人が倉野兼治、いずれも木造2階、360席と440席、いずれも邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿では「八街第二銀映」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「八街銀映」。1969年の映画館名簿では経営者が旭興業、支配人が和田博、木造1階暖房付、450席、邦画・成人映画を上映。1982年の映画館名簿では経営会社が旭興業、経営者が富塚真義、支配人が和田博、木造1階、350席、邦画・洋画を上映。1984年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物が現存。

東金市

東金銀映
所在地 : 千葉県東金市新宿(1955年)、千葉県東金市東金1037(1960年・1963年)
開館年 : 1954年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年10月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「東金銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東金ダイヤモンド劇場/東金ダイヤ
所在地 : 千葉県東金市谷1682(1955年)、千葉県東金市東金1682(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「東金ダイヤモンド劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東金ダイヤ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東金映劇/東金映画劇場
所在地 : 千葉県東金市東金1196-4(1955年)、千葉県東金市東金1196(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年の映画館名簿では「東金映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東金映劇」。1966年の映画館名簿では「東金映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
シネマコレクション東金0・1・2・3/シネマコレクション東金1・2・3
所在地 : 千葉県東金市東岩崎8-10 サンピア3階(2010年)
開館年 : 1998年3月21日
閉館年 : 2013年4月7日
2000年・2010年の映画館名簿では「シネマコレクション東金1・2・3」(3館)。

大網白里市

大網文化劇場/大網映劇
所在地 : 千葉県山武郡大網町366(1960年)、千葉県山武郡大網白里町大網366(1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿では「大網文化劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「大網映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

千葉県西地域

船橋市

中央会館/船橋日活中央/船橋日活中央劇場
所在地 : 千葉県船橋市湊町3-2319(1953年)、千葉県船橋市湊町3-2321(1955年・1950年・1963年・1966年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「中央会館」。1963年の映画館名簿では「船橋日活中央」。1966年の映画館名簿では「船橋日活中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中山映画劇場・中山東映コニー劇場/中山映画劇場・中山コニー劇場/中山映画劇場
所在地 : 千葉県船橋市小栗原1-157(1953年)、千葉県船橋市小栗原町1-156(1955年)、千葉県船橋市小栗原町2-112(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1947年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「中山映画劇場」。1960年の映画館名簿では「中山映画劇場・中山東映コニー劇場」(2館)。1963年の映画館名簿では「中山映画劇場・中山コニー劇場」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「中山映画劇場」。1968年の住宅地図では「中山映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「中山ビリヤード」。跡地はマンション「パークホームズ下総中山ステーションコンフォート」。
宮下館/船橋宮下館/船橋松竹/船橋松竹宮下館/船橋日活劇場/船橋日活
所在地 : 千葉県船橋市宮本町252(1953年)、千葉県船橋市宮本町1-1915(1955年・1960年・1963年)、千葉県船橋市宮本町1915(1966年・1969年)、千葉県船橋市宮本町1-19-10(1973年・1975年)
開館年 : 1924年、1936年9月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年9月開館。1953年の映画館名簿では「宮下館」。1955年の映画館名簿では「船橋宮下館」。1960年の映画館名簿では「船橋松竹」。1963年・1966年の映画館名簿では「船橋松竹宮下館」。1968年の住宅地図では「船橋日活」。1969年の映画館名簿では「船橋日活劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「船橋日活」。1975年の映画館名簿では経営会社が太陽企業、経営者が村上覚、支配人が岩田暢夫、木造1階冷暖房付、303席、日活・洋画を上映。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「みつひき青果 ランジェリーショップクミ 鮮魚みづの オキナ堂」。跡地は焼肉店「兄弟カルビ」や「東城商店」やレストラン「ビストロふぉーなう」などが入る建物。最寄駅は京成本線大神宮下駅。

1954年(昭和29年)頃の船橋市にあった宮下館通りの写真あり。1924年(大正13年)に開館した「宮下館」にちなんだ名前である。宮下館通りには映画館、旅館、銭湯、薬屋、菓子家、食堂、寿司屋、傘屋、写真館、仏具店などがあり、京成電鉄の踏切を挟んで海老川までにぎわった。船橋市には宮下館のほかに、「船橋国際劇場」、「船橋東映」、「船橋名画座」などがあった。*3

1969年(昭和44年)の船橋市にあった映画館「宮下館」の写真あり。『野良猫ロック』や『ハレンチ学園』のポスターが見える。左側に入る道は宮下館通りであり、万代橋(よろずよばし)を渡ると御殿通りとなる。宮下館は1924年(大正13年)に開館し、松竹系の作品を上映していたが、後に日活系となった。*4
蓬莱座/船橋新興館/船橋新興映劇/船橋東映劇場/船橋東映
所在地 : 千葉県船橋市本町4-1798(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町3-5-29(1973年・1980年)
開館年 : 1944年
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1944年開館。1953年の映画館名簿では「船橋新興館」。1955年の映画館名簿では「船橋新興映画劇場」。1960年の映画館名簿では「船橋新興映劇」。1963年の映画館名簿では「船橋東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「船橋東映劇場」。1968年の住宅地図では「船橋東映劇場」。1973年・1980年の住宅地図では「船橋東映」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の住宅地図では跡地に「リズ船橋」。跡地は1991年竣工のマンション「グレイスコート船橋」。最寄駅は京成本線京成船橋駅。

1954年(昭和29年)の船橋市にあった映画館「新興」の広告ポスターの写真あり。『母恋人形』や『国定忠治』などのポスターが見える。船橋市には「船橋日活」、「新興映画劇場」、「船橋大映」、「船橋宮下館」、「中山銀映座」、「中山昭和座」、「船橋中央会館」、「名画座」の8館の映画館があった。*5

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋東映」の写真あり。「船橋東映」「毎週土曜日オールナイト」の文字が見える。本町通りの南側にあった。大正期から続く演芸場であり、戦後に「新興館」に改称して映画館化、後に船橋東映に改称した。本町通りにはこのほかに、松川亭や柏亭などの寄席があった。2007年(平成19年)現在の跡地にはマンションが建っている。*6

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋東映」の写真あり。「船橋東映」「毎週土曜日オールナイト」の文字が見える。船橋市には8館の映画館があった。*7
名画座/船橋名画座
所在地 : 千葉県船橋市本町1-1188(1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町1-31-25(1973年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「船橋名画座」。1968年・1980年の住宅地図では「船橋名画座」。1986年の映画館名簿では経営会社が小泉興行、経営者・支配人ともに菅原静枝、鉄筋造1階、105席、にっかつを上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の住宅地図では跡地に「パチンコ林屋」。跡地はゲームセンター「アドアーズ船橋店」。最寄駅はJR総武本線船橋駅または京成本線京成船橋駅。

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋名画座」の写真あり。「船橋名画座」「東宝」の文字が見える。『巨人の星 大リーグボール』、『アタックNo.1』、『やさしいライオン』、『キングコングvsゴジラ』のポスターが見える。西武百貨店の南側にあった。戦後に開館した名画座は東宝系の映画館だった。*8
コミュニティシアターCT船橋/コミュニティシアター船橋
所在地 : 千葉県船橋市本町7-6-1(1985年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1983年4月29日
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「コミュニティシアターCT船橋」。1990年・1995年の映画館名簿では「コミュニティシアター船橋」。1992年の住宅地図では「船橋ツインビル東館(イトーヨーカドー船橋店東館)5階コミュニティシアター船橋」。1998年の映画館名簿では鉄筋造5階、100席、経営会社がイトーヨーカ堂、経営者が鈴木敏文、支配人が伊藤吉弘、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。日本初のビデオシアター。船橋ツインビル東館は現存。最寄駅はJR総武本線船橋駅。
船橋大映/船橋国際劇場/船橋国際
所在地 : 千葉県船橋市本町2丁目(1953年)、千葉県船橋市本町2-1176(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、千葉県船橋市本町4-1-15(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 2002年12月
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「船橋大映」。1963年の映画館名簿では「船橋国際」。1966年の映画館名簿では「船橋国際映画劇場」。1968年の住宅地図では「船橋大映」。1969年の映画館名簿では「船橋国際劇場」。1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「船橋国際」。1980年・1992年の住宅地図では「船橋国際ビル 4階船橋国際映画劇場」。跡地は「快美壱番館」。最寄駅はJR総武本線船橋駅または京成本線京成船橋駅。

1970年(昭和45年)の船橋市にあった映画館「船橋国際劇場」の写真あり。「船橋国際」の文字が見える。洋画中心だった。船橋駅南口の路地を左に曲がり、山口横丁に至る途中にあった。後に「船橋大映」に改称した。2007年(平成19年)現在は遊戯場となっている。*9
Cine FiららぽーとPit/ららぽーとドライブインシアター/ムービックスららぽーと1・2/ららぽーとドライブインシアタープラウド1・2
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1(1985年・1990年・1995年)、千葉県船橋市浜町2-16-6(2000年)、千葉県船橋市浜町2-16-6 湾岸南駐車場(2005年)
開館年 : 1981年、1993年3月13日(2館化)
閉館年 : 2007年10月31日
1985年の映画館名簿では「Cine FiららぽーとPit」。1990年の映画館名簿では「ららぽーとドライブインシアター」。1992年の住宅地図では「ららぽーと駐車場(お車で観る映画館)ららぽーとドライブインシアター」。1995年・2000年の映画館名簿では「ムービックスららぽーと1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では「ららぽーとドライブインシアタープラウド1・2」(2館)。日本初のドライブインシアター。跡地は「ららぽーと第10駐車場」。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。

1983年4月、船橋市のイトーヨーカ堂船橋店に日本初のビデオ劇場が開館した。1984年4月には千葉市高洲の扇屋ジャスコマリンピア店に3館が開館した。千葉県に7館、新潟県柏崎市に1館、沖縄県浦添市に1館があり、1985年9月現在では全国に9館のビデオ劇場がある。東京都多摩市、群馬県富岡市、神奈川県相模原市、岐阜県各務原市、奈良県橿原市にも開館が決定している。一般的には座席数50-100席のミニ映画館。縦1.5メートル×横3.5メートル程度のスクリーンにプロジェクターで映像を映す。*10

1981年には船橋市に「ムービックス・ららぽーと」が開設された。ショッピングセンター内にあり、200台を収容する。現在全国にあるドライブインシアターの中では最も古い。*11

1993年3月13日、船橋市に180台収容のドライブインシアター「ムービックスららぽーと2」が開館した。隣接地には1月16日開館で250台収容の「ムービックスららぽーと1」があり、日本最大のツインドライブインシアターとなった。1981年に「ららぽーとピット」の名称で開館し、商業施設の拡大に伴って三度移転している。1987年には商業施設の建物内に5スクリーンの映画館も開館している。*12

若いカップルやニューファミリー層に人気のドライブインシアターの草分けと言えば、1981年に船橋市浜町2-16-6に開館した「ムービックスららぽーと」である。ショッピングセンターの駐車場を利用。1993年には隣接地に「ムービックスららぽーと2」を開館させ、2館合わせた収容台数が430台と日本最大のツインシアターとなった。*13
津田沼Let'sシネパークレッドスポット・グリーンスポット/津田沼テアトルシネパークレッドスポット・グリーンスポット
所在地 : 千葉県船橋市前原西2-19-1(1990年)、千葉県船橋市前原西2-18-1(2000年)、千葉県船橋市前原西2-18-1 津田沼パルコB館6階(2010年)
開館年 : 1985年11月
閉館年 : 2010年2月28日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「津田沼Let'sシネパークレッドスポット・グリーンスポット」(2館)。2000年・2010年の映画館名簿では「津田沼テアトルシネパークレッドスポット・グリーンスポット」(2館)。2020年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR総武本線津田沼駅。津田沼パルコB館は現存。

2010年2月28日をもって、船橋市の津田沼パルコB館6階にある映画館「津田沼テアトルシネパーク」が閉館する。2月27日と28日には『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映する。これによって繁華街の津田沼から映画館がなくなる。1985年11月に開館し、170席と145席の2スクリーンを有する。構造上の制約によって観客席の後ろから映写する方法をとれず、スクリーンの後ろから映写して鏡に反射させる珍しい方法をとっている。1994年12月からはパルコに変わって東京テアトルが運営していた。*14
船橋ららぽーと1-6/船橋ららぽーとシネマ10/TOHOシネマズ船橋ららぽーと
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY南館3階(2010年)
開館年 : 1988年3月25日
閉館年 : 2013年11月
1988年3月25日に6スクリーンで開館。1992年の住宅地図では「ららぽーと東宝 ららぽーとプラザ ららぽーとスカラ ららぽーと松竹 ららぽーとセントラル1・2」。1992年以後2000年以前10スクリーン化。2004年7月16日TOHOシネマズ船橋ららぽーと改称。2013年11月に同一施設西館に移転して閉館。後継館はTOHOシネマズららぽーと船橋。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。
TOHOシネマズららぽーと船橋
所在地 : 千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY西館3階(2020年)
開館年 : 2013年11月22日
閉館年 : 営業中
前身館は同一施設南館にあった船橋ららぽーと。2013年11月22日に南館から西館に移転して開館。10スクリーンのシネコン。最寄駅はJR京葉線南船橋駅。

市川市

市川松竹館/市川東宝映劇/市川東宝映画劇場
所在地 : 千葉県市川市市川新田165(1953年)、千葉県市川市新田町165(1955年・1960年・1963年)、千葉県市川市新田町3-165(1966年)
開館年 : 1943年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年9月開館。1953年の映画館名簿では「市川松竹館」。1955年の映画館名簿では「市川東宝映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「市川東宝映劇」。1966年の映画館名簿では「市川東宝映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
三松館/市川日活館/市川OP劇場/市川オークラ劇場
所在地 : 千葉県市川市市川1072(1953年・1955年)、千葉県市川市市川5-1072(1960年)、千葉県市川市市川1-6-19(1969年・1980年・1985年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1985年
『全国映画館総覧 1955』によると1943年9月開館。1923年三松館開館。1952年市川日活館改称。1953年の映画館名簿では「市川日活館」。1955年の映画館名簿では「市川日活」。1960年の映画館名簿では「市川日活館」。1969年の映画館名簿では「市川OP劇場」。1970年頃市川オークラ劇場改称。1980年・1985年の映画館名簿では「市川オークラ劇場」。1985年閉館。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「野村證券市川支店」。
Wikipedia : 市川オークラ劇場

1952年(昭和27年)の市川市にあった映画館「市川日活館」の写真あり。「市川日活館」「nikkatu」の文字が見える。1935年(昭和10年)頃の市川には、市川橋手前の「市川館」(後の本八幡ハタシネマ)、三本松正面の「三松館」(後の市川オークラ劇場)、新田の「市川松竹館」(後の市川東宝映画劇場)の3館の映画館があった。三松館は後に日活と契約して市川日活館に改称した。三松館があった場所は野村證券市川支店となっている。*15
市川館/八幡映画劇場/八幡映画劇場・八幡文化劇場/八幡映劇・八幡文化/八幡文化劇場・八幡スカラ座・八幡シネマ1・2
所在地 : 千葉県市川市八幡132(1953年)、千葉県市川市八幡町3-132(1955年・1960年)、千葉県市川市八幡2-16-6(1980年・1985年・1990年・2000年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 2001年
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1949年八幡映画劇場開館。1953年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1953年までに八幡文化劇場増築。1955年の映画館名簿では「八幡映画劇場・八幡文化劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「八幡映劇・八幡文化」(2館)。1969年休館。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年ビル化。1980年・1985年・1990年・2000年の映画館名簿では「八幡文化劇場・八幡スカラ座・八幡シネマ1・2」(4館)。1992年の住宅地図では「ハタビル 2階八幡シネマ1 八幡シネマ2 3階文化劇場 八幡スカラ座」。2001年閉館。
Wikipedia : 本八幡ハタシネマ

2001年10月下旬、市川市の映画館「本八幡スカラ座」が閉館した。1949年12月、木造2階建の映画館「八幡映画劇場」として開館。1970年にはボウリング場やスーパーなどを備えた6階建複合レジャービルに建て替えた。1975年には現在の「本八幡スカラ座」「本八幡文化」「本八幡シネマ1」「本八幡シネマ2」の4館計約1200席体制となった。595席の本八幡スカラ座は全自動映写機を備えていた。最終上映作品は『千と千尋の神隠し』だった。*16
ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典/イオンシネマ市川妙典
所在地 : 千葉県市川市妙典4-1-1 イオン市川妙典2番街3階(2020年)
開館年 : 1999年4月1日
閉館年 : 営業中
2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典1-9」(9館)。2020年の映画館名簿では「イオンシネマ市川妙典1-9」(9館)。
ヴァージンシネマズ市川コルトンプラザ/TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
所在地 : 千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケコルトンプラザウエストモール3階(2020年)
開館年 : 1999年11月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿では「ヴァージンシネマズ市川コルトンプラザ1-9」(9館)。2010年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ市川コルトンプラザ1-9」(9館)。

浦安市

浦安シネマ
浦安映画劇場(初代)/浦安映劇/浦安シネマ
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町(1953年)、千葉県東葛飾郡浦安町堀江23(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1938年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年6月開館。1953年の映画館名簿では「浦安映画劇場」。1955年の映画館名簿では「浦安映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「浦安シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
浦安映劇/浦安映画劇場(2代)
所在地 : 千葉県東葛飾郡浦安町堀江108(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前(移転開館)
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「浦安映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「浦安映画劇場」。1975年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。
浦安ポケットシネマ1・2
所在地 : 千葉県浦安市入船1-4-1(2000年・2005年)
開館年 : 1990年7月2日
閉館年 : 2006年3月31日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年の映画館名簿では「浦安ポケットシネマ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前の大型商業ビル4階に2館のビデオシアターが開館する。東宝が運営を委託され、洋画系の第一弾作品は7月6日からの『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』。ハリウッドの人気作品がビデオシアターで同時公開されるのは珍しい。*17

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前のコミュニティ会館「Wave101」にビデオシアター「ポケットシネマ1・2」が開館した。浦安市が全額出資する浦安市施設利用振興公社が運営し、全国で初めて自治体が開館させた常設映画館として注目されている。開館から9週間にわたって上映した『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』は1200万円の興行収入を上げた。6年前にソニーなどが中心となって設立したシネマチック・ジャパンがビデオシアターに機材を販売している。シネマチック・ジャパンはすでに44館に機材を販売しており、今年7月には松下電器産業と松竹もビデオシアター事業に乗り出し、千葉県船橋市に1館を有している。ビデオシアターは上映機材が安く、35ミリフィルムのような映写室も必要としない。操作も単純であり映写技師もいらない。フィルム用機器と比べて導入コストは半分の千数百万円とされる。ビデオシアターは節電効果も高く、ランニングコストも安いという。ビデオシアターの画質は35ミリフィルムと比べるとやや暗いとされる。*18

1990年7月、浦安市のJR新浦安駅前のショッパーズプラザ新浦安にビデオシアター「ポケットシネマ」2館が開館した。運営は東宝の関係会社である東宝東部興行であり、東宝系の封切り作品を上映している。まずは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『タスマニア物語』を上映した。*19

2006年3月末、浦安市の映画館「ポケットシネマ」が閉館する。JR新浦安駅開業2年後の1990年7月、全国初の公営常設映画館として商業ビル「ショッパーズプラザ新浦安」4階の市民プラザWave101にあった。オープニング作品は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。最新のビデオシアター形式を採用。150インチのスクリーンを持つ2スクリーンがあり、各150席だった。浦安市が100%出資する浦安市施設利用振興公社が管理運営を行っていた。ピーク時の1997年には観客数が6万9000人となった。1999年以降にはJR舞浜駅前や市川市などにシネコンが開業し、2004年には1万4000人にまで落ち込んだ。2005年春には、ビデオシアターのソフトをほぼ独占的に製作していた上映システム製作会社がソフトの生産終了を決定した。ポケットシネマはこれまでに約350作品を上映し、延べ約65万人が入場した。*20
AMCイクスピアリ16/シネマイクスピアリ
所在地 : 千葉県浦安市舞浜1-4-270 イクスピアリ(2020年)
開館年 : 2000年7月7日
閉館年 : 営業中
2000年7月7日AMCイクスピアリ開館。2005年9月1日シネマイクスピアリ改称。16スクリーンのシネコン。

鎌ケ谷市

映画館名簿によると鎌ケ谷市に映画館は存在しなかったと思われる。

松戸市

松戸映画劇場/松戸東映劇場
所在地 : 千葉県松戸市松戸1264(1953年)、千葉県松戸市松戸1-1264(1955年)、千葉県松戸市松戸1264(1960年)、千葉県松戸市松戸1-1264(1963年)、千葉県松戸市1-1264(1966年・1969年)
開館年 : 1933年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
Wikipedia : 松戸映画劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1933年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「松戸映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松戸東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
常盤館/松戸常盤館
所在地 : 千葉県松戸市松戸1-195(1953年)、千葉県松戸市松戸1-1957(1955年)、千葉県松戸市松戸1957(1960年・1963年)、千葉県松戸市松戸1-1957(1966年)、千葉県松戸市松戸1-1959(1969年・1973年)、千葉県松戸市本町16-4(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1992年8月28日
Wikipedia : 松戸常盤館
『全国映画館総覧 1955』によると1925年開館。1953年の映画館名簿では「常盤館」。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「松戸常盤館」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「藤和シティコープ松戸本町」。
松戸サンリオ劇場/松戸サンリオ劇場1・2
所在地 : 千葉県松戸市根本14-2 アーバンヒル内(1985年)、千葉県松戸市根本14-2(1990年)
開館年 : 1980年10月、1988年(2館化)
閉館年 : 1993年(移転)
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「松戸サンリオ劇場」。1990年の映画館名簿では「松戸サンリオ劇場1・2」(2館)。後継館は松戸サンリオシアター1-4。跡地は2001年竣工のマンション「パークスカイタワー松戸」。
松戸京葉劇場・松戸弁天劇場/松戸京葉劇場
所在地 : 千葉県松戸市根本461(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1971年頃(2館)
閉館年 : 1982年(弁天劇場)、2000年(京葉劇場)
Wikipedia : 松戸京葉劇場
1973年・1980年の映画館名簿では「松戸京葉劇場・松戸弁天劇場」(2館)。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「松戸京葉劇場」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。開館時から閉館時まで成人映画館。弁天会館ビルは現存。
松戸大映・バンビ劇場/輝竜会館松戸大映・輝竜会館松戸バンビ/輝竜会館・バンビ劇場/輝竜会館シネマ1・2・3
所在地 : 千葉県松戸市松戸1823(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1959年4月
閉館年 : 2000年4月14日
Wikipedia : 松戸輝竜会館
1960年・1963年の映画館名簿では「松戸大映・バンビ劇場」(2館)。1966年の映画館名簿では「輝竜会館松戸大映劇場・輝竜会館松戸バンビ劇場」(2館)。1969年・1973年の映画館名簿では「輝竜会館松戸大映・輝竜会館松戸バンビ」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「輝竜会館・バンビ劇場」(2館)。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「輝竜会館シネマ1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「パークホームズ松戸シティフロント」。
松戸サンリオシアター1-4
所在地 : 千葉県松戸市本町21-2(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1993年(移転)
閉館年 : 2006年
前身館は松戸サンリオ劇場1・2。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「松戸サンリオシアター1-4」(4館)。2006年4月1日に同一ビル内にある松戸シネマサンシャイン1-3に引き継がれた。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
松戸シネマサンシャイン1-3/シネマサンシャイン松戸1-7
所在地 : 千葉県松戸市本町21-2(1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1993年3月13日(3館)、2006年4月1日(7館化)
閉館年 : 2013年1月31日
1993年3月13日に3館で開館。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「松戸シネマサンシャイン1-3」(3館)。2006年4月1日に同一ビル内にある松戸サンリオシアターの4館を引き継いで7館化。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン松戸1-7」(7館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。都市綜合第3ビル 3階・4階・6階。7スクリーンのシネコン。

1993年3月20日、千葉県松戸市にビデオシアター「松戸シネマサンシャイン1・2・3」が開館した。運営は中堅興行会社の佐々木興業。1983年、千葉県船橋市に日本初のビデオシアターが開館し、現在は全国で66スクリーンがある。東宝では1991年の配給収入の内0.9%がビデオシアターだったが、1992年には1.3%に増えている。*21

1993年3月、松戸市本町21-2の既存のビルを改造して「松戸シネマサンシャイン」が開館した。3館すべてがビデオシアターである。ビデオシアターはさほど天井高を必要としないことから、スーパーやデパートに併設する形で急増している。*22
ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸
所在地 : 千葉県松戸市八ヶ崎2-8-1 テラスモール松戸内(2020年)
開館年 : 2019年10月25日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ テラスモール松戸1-11」(11館)。

柏市

柏館
所在地 : 千葉県東葛飾郡柏町15(1953年)、千葉県柏市柏町15(1955年)、千葉県柏市柏15(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「柏館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館/柏富士館
所在地 : 千葉県柏市柏町33(1955年)、千葉県柏市柏34(1960年)、千葉県柏市柏2-7-2(1969年・1973年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年の映画館名簿では「富士館」。1960年の映画館名簿では「富士館」。1963年の映画館名簿では「富士館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「柏富士館」。1975年・1977年の映画館名簿には掲載されていない。
柏シネマ・柏シネマ名画ホール/柏シネマ
所在地 : 千葉県柏市柏1-2-11(1985年・1988年・1990年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1993年以後1995年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「柏シネマ」。1988年の映画館名簿では「柏シネマ・柏シネマ名画ホール」(2館)。1988年の映画館名簿では経営会社が東日本ヘラルド、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、いずれも鉄筋造3階、柏シネマが168席で柏シネマ名画ホールが70席、いずれも邦画・洋画を上映。1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「柏シネマ」。1992年の映画館名簿では経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、鉄筋造3階、168席、邦画・洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
柏松竹1・2・3
所在地 : 千葉県柏市柏4-3-1(1995年・2002年)、千葉県柏市柏4-3-1 ホテルサンガーデン柏地下1階(2005年)
開館年 : 1994年
閉館年 : 2006年2月3日
1990年・1992年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2002年・2005年の映画館名簿では「柏松竹1・2・3」(3館)。1995年の映画館名簿では経営会社が東日本松竹興行、経営者が星野輝夫、支配人が鈴木弘訓、鉄筋造地下、166席と117席と114席、1が洋画・2が松竹・3が洋画を上映。2002年の映画館名簿では経営会社が東日本松竹興行、鉄筋造地下、166席と117席と114席、いずれも洋画を上映。2005年の映画館名簿では経営会社が松竹シネマエンタープライズ、経営者が花岡満寿雄、支配人が竹内優、鉄筋造地下、164席と117席と114席、いずれも洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
柏シネマアート1・2/柏シネマサンシャイン一番館・二番館
所在地 : 千葉県柏市柏3-843(1990年・1992年)、千葉県柏市柏3-2-22(1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1988年以後1990年以前(シネマアート)、1993年12月5日(シネマサンシャイン)
閉館年 : 1992年頃(シネマアート)、2008年1月18日(シネマサンシャイン)
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1992年の映画館名簿では「柏シネマアート1・2」(2館)。1992年の映画館名簿では鉄筋造3階、210席と210席、経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、いずれも洋画を上映。1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「柏シネマサンシャイン一番館・二番館」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造3階、210席と210席、経営会社が佐々木興業、佐々木良一、笠井勇、いずれも洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はライブハウス「柏パルーザ」。
シネスクープかしわ沼南1・2・3
所在地 : 千葉県東葛飾郡沼南町風早1-3-13 スーパーオートバックス沼南町店2階(2000年・2002年)
開館年 : 1998年以後2000年以前
閉館年 : 2008年2月29日
1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2002年の映画館名簿では「シネスクープかしわ沼南1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、119席・67席・88席、経営会社が株式会社オートバックスセブン、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
MOVIX柏の葉
所在地 : 千葉県柏市若柴175 ららぽーと柏の葉内(2020年)
開館年 : 2006年11月22日
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。
柏ステーションシアター1・2・3/キネマ旬報シアター1・2・3
所在地 : 千葉県柏市末広町1-1(1995年・2000年・2005年・2010年)、千葉県柏市末広町1-1 柏高島屋ステーションモールS館隣(2015年・2020年)
開館年 : 1992年(ステーション)、2013年2月(キネマ旬報)
閉館年 : 2012年3月(ステーション)、営業中(キネマ旬報)
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年柏ステーションシアター開館。1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「柏ステーションシアター1・2・3」(3館)。2012年3月柏ステーションシアター閉館。2013年2月キネマ旬報シアター開館。2015年・2020年の映画館名簿では「キネマ旬報シアター1・2・3」(3館)。

1992年4月23日、柏市の柏高島屋ステーションモールに映画館「柏ステーション シアター1・2・3」が開館する。赤色の座席のシアター1が230席、紫色の座席のシアター2が200席、緑色の座席のシアター3が200席。最新の音響設備であるドルビーSRを導入している。オープニング番組は『フリージャック』、『ツイン・ドラゴン』、『奇跡の山』であり、4月23日には『奇跡の山』の主演女優である中江有里によるテープカットが行われる。現在の日本で複数の映画館を有する施設は珍しいが、4年前には船橋市のららぽーとに6館を有する映画館が誕生している。*23

2013年2月、柏市の柏駅前にキネマ旬報社が運営する「TKPシアター柏」(仮称)が開館する。2012年3月に閉館した「柏ステーションシアター」跡地を衣替えする。貸会議室大手のティーケーピーが東武鉄道から柏ステーションシアターを借り、キネマ旬報社が3スクリーンの映画館を運営する。柏市周辺にはつくばエクスプレスの柏の葉キャンパス駅前や流山おおたかの森駅前にシネコンがある。かつて柏駅周辺には「柏松竹」など3館の映画館があった。*24
TOHOシネマズ柏
所在地 : 千葉県柏市大島田1丁目6-1 セブンパークアリオ柏内3階(2020年)
開館年 : 2016年4月25日
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

我孫子市

アビコ銀映/我孫子銀映
所在地 : 千葉県東葛飾郡我孫子町(1955年)、千葉県東葛飾郡我孫子町2342(1960年・1963年)
開館年 : 1954年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1955年の映画館名簿では「アビコ銀映」。1960年・1963年の映画館名簿では「我孫子銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

流山市

TOHOシネマズ流山おおたかの森
所在地 : 千葉県流山市おおたかの森南1-5-1 流山おおたかの森S.C本館3階(2020年)
開館年 : 2007年3月12日
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。

野田市

共楽館/野田共楽館
所在地 : 千葉県野田市上花輪1546(1966年)
開館年 : 1938年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1955年の映画館名簿では「野田共楽館」。1960年の映画館名簿では「共栄館」。1963年の映画館名簿では「共楽館」。1966年の映画館名簿では「野田共楽館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は月極駐車場「共楽駐車場」。

『目で見る野田・流山の100年』郷土出版社、2005年には「共楽館」が掲載されている。現物は未確認。*25
野田銀映劇場/野田銀映
所在地 : 千葉県野田市中野台182(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1949年1月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年1月開館。1955年の映画館名簿では「野田銀映劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「野田銀映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は月極駐車場「日光商事駐車場」。
桜映画劇場/野田東映劇場/野田東映
所在地 : 千葉県野田市中野台440(1960年・1963年)、千葉県野田市中野台440-1(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1975年頃? 1982年以後1985年以前?
1960年の映画館名簿では「桜映画劇場」。1963年の映画館名簿では「野田東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「野田東映劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「野田東映」。1982年の映画館名簿では経営者・支配人ともに大川四郎、木造1階、204席、東映・にっかつ・洋画・成人映画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。野田市最後の従来型映画館。

1965年(昭和40年)頃の野田市にあった映画館「野田東映」の写真あり。1958年(昭和33年)に開館した。1975年(昭和50年)頃に閉館した。*26
ジャスコドライブインシアター野田
所在地 : 千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコ駐車場隣接(1990年)、千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1989年
閉館年 : 2007年8月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「ジャスコドライブインシアター野田」。2005年の映画館名簿では経営会社がイオン、経営者が岡田元也、支配人が椎名富夫、120台収容、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ドライブインシアター。
ジャスコファミリーシアターシネマ1・2/ジャスコファミリー野田シネマ1・2/ジャスコスペースシネマ野田1・2/イオンスペースシネマ野田1・2
所在地 : 千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(1990年・1995年・2000年)、千葉県野田市中根36-1 扇屋ジャスコNOA店(2005年)、千葉県野田市中根36-1 ジャスコNOA店(2010年)、千葉県野田市中根36-1 イオンNOA店(2015年)、千葉県野田市中根36-1 イオンNOA店3階(2020年)
開館年 : 1988年以後1990年以前
閉館年 : 営業中
1985年・1988年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシアターシネマ1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシネマ野田1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では「ジャスコスペースシネマ野田1・2」(2館)。2010年の映画館名簿では「ジャスコファミリーシネマ野田1・2」(2館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンスペースシネマ野田1・2」(2館)。

成田市

丸平館
所在地 : 千葉県成田市三里塚(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「丸平館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
成田映劇/成田映画劇場
所在地 : 千葉県成田市成田857(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年3月末
1955年の映画館名簿では「成田映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「成田映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「成田映画劇場」。1969年3月末閉館。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はバー「noname」やクラブ「ダイヤモンド」など。最寄駅はJR成田線成田駅・京成電鉄京成本線成田駅。
成田新映
所在地 : 千葉県成田市成田857(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1969年3月末
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「成田新映」。1969年3月末閉館。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はレストラン「今宵、成田で世界の肉料理とごほうびワインを」。最寄駅はJR成田線成田駅・京成電鉄京成本線成田駅。

撮影年不明の成田市花崎町にあった映画館「成田映劇」の写真あり。マルエツの場所にあった。1946年に「成田東清劇場」として開館し、こけら落としとして水の江瀧子一行のショーが行われた。当初は映画とショーの二本立ての興行だったが、1951年に興行主が交代すると成田映劇に改称して映画専門館となった。成田市には1955年12月に右脇に開館した「成田新映」もあったが、1969年、成田映劇と成田新映はそろって閉館し、成田映劇の跡地はボウリング場となった。*27
成田HUMAXシネマズ
所在地 : 千葉県成田市ウイング土屋80 ヒューマックスパビリオン成田2階(2020年)
開館年 : 2002年3月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「成田HUMAXシネマズ1-8」(8館)。2012年8月には日本初の独立棟かつ国内最大級のIMAXデジタルシアターが開館。2017年4月には全座席がペアシートのフタリウムが開館。2020年の映画館名簿では「成田HUMAXシネマズ1-10」(10館)。

JR成田駅前にあった映画館は約30年前に閉館した。その後の成田市には映画館が存在せず、成田市の映画ファンは千葉市や船橋市の映画館まで足を運ぶ必要がある。レジャーサービス会社のヒューマックスは、成田市土屋に建設予定のイオン成田ショッピングセンターの隣にシネコンを建設する計画を練っている。1997年5月には千葉市に5スクリーンのシネマックス千葉が、7月には茂原市に6スクリーンの茂原シネマサンシャインが、12月には千葉市に4スクリーンの京成ウエストが開館している。*28

白井市

映画館名簿によると白井市に映画館は存在しなかったと思われる。

印西市

木下松竹館/木下松竹劇場
所在地 : 千葉県印旛郡印西町大森4357(1969年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「木下松竹館」。1969年の映画館名簿では「木下松竹劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
Movix千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市武西馬橋台1388-1(1998年・2000年)
開館年 : 1995年3月11日
閉館年 : 2001年2月28日
1998年・2000年の映画館名簿では「Movix千葉ニュータウン」。1998年の映画館名簿では140台、経営会社が株式会社松竹シネファイジャパン、邦画・洋画を上映。千葉ニュータウン中央駅前第一駐車場にあったドライブインシアター。

1995年3月11日、千葉県印西町の千葉ニュータウンにドライブインシアター「MOVIX千葉ニュータウン」が開館する。140台を収容する。毎日19時30分から2回上映する。造成途中の千葉ニュータウンの人口は約6万人だが、5年後には25万人になる予定。多摩ニュータウンの「MOVIX多摩」も1984年の開館当時は千葉ニュータウンと同様の状況だったが、現在は年間11万人以上を集客している。*29
シネリーブル千葉ニュータウン/シネマックス千葉ニュータウン/USシネマ千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市牧の原2-2(2020年)
開館年 : 2005年8月6日
閉館年 : 営業中
2005年8月6日シネリーブルが開館。2011年3月11日東日本大震災で被災して休館。2011年7月9日シネマックスに改称して再開館。2015年6月26日USシネマに改称。10スクリーンのシネコン。
Wikipedia : シネマックス千葉ニュータウン
ワーナー・マイカル・シネマズ千葉ニュータウン/イオンシネマ千葉ニュータウン
所在地 : 千葉県印西市中央北3-2 イオンモール千葉ニュータウン3階(2020年)
開館年 : 2006年4月15日
閉館年 : 営業中
2006年4月15日WMC開館。2013年7月イオンシネマ改称。8スクリーンのシネコン。

印旛郡酒々井町

映画館名簿によると印旛郡酒々井町に映画館は存在しなかったと思われる。

印旛郡栄町

大和座
所在地 : 千葉県印旛郡栄町安食3687(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大和座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

千葉県東地域

銚子市

銚盛館
所在地 : 千葉県銚子市馬場町170(1953年・1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1946年2月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年2月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「銚盛館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
演芸館/銚子演芸館/銚子スカラ座
所在地 : 千葉県銚子市新生1-53(1953年・1955年・1960年・1969年・1973年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1973年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年3月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「演芸館」。1960年の映画館名簿では「銚子演芸館」。1969年・1973年の映画館名簿では「銚子スカラ座」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。
銚子大映劇場/銚子大映
所在地 : 千葉県銚子市馬場町288(1960年・1969年・1980年)、千葉県銚子市馬場町3-18(1986年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「銚子大映」。1969年の映画館名簿では「銚子大映劇場」。1975年・1985年の住宅地図では「銚子大映」。1980年の映画館名簿では「銚子大映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「パチンコ国際ホール専用駐車場」。跡地はアパート「メゾンブリエA棟」。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子座/銚子日活/銚子日活劇場/テアトル銚子
所在地 : 千葉県銚子市馬場町154(1953年・1955年)、千葉県銚子市馬場町143(1960年)、千葉県銚子市馬場町154(1969年・1980年)、千葉県銚子市陣屋町2-17(1986年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「銚子座」。1960年の映画館名簿では「銚子日活」。1969年・1980年の映画館名簿では「銚子日活劇場」。1975年の住宅地図では「銚子日活」。1985年・1986年の映画館名簿では「テアトル銚子」。1985年の住宅地図では「テアトル銚子」。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「駐車場」。跡地は千葉県道244号・254号馬場町交差点北西40mの月極駐車場。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子映劇/銚子東宝映画劇場/銚子映画劇場/銚子エイゲキ
所在地 : 千葉県銚子市陣屋町128(1955年・1960年・1969年・1980年)、千葉県銚子市陣屋町2-20(1990年・2000年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 2006年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「銚子映画劇場」。1960年の映画館名簿では「銚子映劇」。1969年の映画館名簿では「銚子東宝映画劇場」。1975年・1985年の住宅地図では「銚子映画劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「銚子映画劇場」。1995年の住宅地図では「銚子エイゲキ」。2000年の映画館名簿では「銚子エイゲキ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は千葉県道244号・254号馬場町交差点西北西70mの民家。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子富士館/銚子東映・銚子富士館/銚子東映劇場・銚子富士館/銚子東映/銚子マリン1・2
所在地 : 千葉県銚子市東町285(1955年・1960年・1969年・1980年)、千葉県銚子市東町3-1(1990年・2000年)
開館年 : 1953年2月
閉館年 : 2006年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「銚子富士館」。1960年の映画館名簿では「銚子東映・銚子富士館」(2館)。1969年の映画館名簿では「銚子東映劇場・銚子富士館」(2館)。1975年・1985年の住宅地図では「銚子東映」。1980年・1990年の映画館名簿では「銚子東映」。1995年の住宅地図では「銚子マリン1・2」。2000年の映画館名簿では「銚子マリン1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場「天金専用駐車場」・「高津医院専用駐車場」。最寄駅は銚子電気鉄道線観音駅。
銚子中央映画劇場/銚子セントラル劇場/銚子セントラル
所在地 : 千葉県銚子市末広町(1960年)、千葉県銚子市末広町4-281(1969年・1980年)、千葉県銚子市末広町5-12(1990年・2000年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 2007年2月2日
Wikipedia : 銚子セントラル
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「銚子中央映画劇場」。1969年の映画館名簿では「銚子セントラル劇場」。1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「銚子セントラル」。1985年の住宅地図では「セントラル劇場」。1995年の住宅地図では「銚子セントラル劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。銚子市最後の従来型映画館。跡地は「銚子信用金庫本店」南東120mの月極駐車場。最寄駅はJR総武本線銚子駅または銚子電気鉄道線仲ノ町駅。

2007年2月2日、銚子市末広町の映画館「銚子セントラル劇場」が閉館する。かつて銚子市には8館の映画館があったが、銚子セントラル劇場の閉館でシネコン以外の単独映画館はすべて消えることとなる。2006年2月には「銚子マリン1・2」と「銚子映劇」も閉館していた。1958年には洋画専門館「中劇」が開館。その後中劇は銚子セントラル劇場に改称し、洋画・邦画問わず上映するようになった。銚子セントラル劇場では『タイタニック』と『千と千尋の神隠し』が大ヒットとなった。最終日まで『大奥』を上映している。閉館後の2月4日にはファン感謝デーが開催され、最後の無料上映会が行われる。*30
イオンシネマ銚子
所在地 : 千葉県銚子市三崎町2-2660-1 イオンモール銚子2階(2020年)
開館年 : 2010年3月16日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「イオンシネマ銚子シネマ1-5」(5館)。最寄駅はJR総武本線松岸駅。

旭市

旭町富士館/旭富士館/富士館
所在地 : 千葉県旭市旭町ロ645(1955年・1960年)、千葉県旭市旭町ロ1656(1963年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年の映画館名簿では「旭町富士館」。1960年の映画館名簿では「旭富士館」。1963年の映画館名簿では「富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭東映弘楽館/弘楽館
所在地 : 千葉県旭市旭町ロ区898(1955年)、千葉県旭市旭町ロ898(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「弘楽館」。1960年の映画館名簿では「旭東映弘楽館」。1963年の映画館名簿では「弘楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭銀映/旭松竹/旭松竹映画劇場/旭松竹映劇
所在地 : 千葉県旭市旭町ロ898(1960年・1963年)、千葉県旭市ロ1898(1966年・1969年)、千葉県旭市旭町ロ898(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 2000年以後2002年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「旭松竹映画劇場」。1973年・1980年の映画館名簿では「旭松竹」。1985年・1990年の映画館名簿では「旭松竹映画劇場」。1995年・2000年の映画館名簿では「旭松竹映劇」。1998年の映画館名簿では鉄筋造3階、200席、経営会社が有限会社旭松竹映劇、邦画・洋画を上映。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。
旭サンモールシネマ
所在地 : 千葉県旭市イ2676-1 ショッピングセンター「サンモール」3階(2010年)、千葉県旭市イ-2676-1 S.Cサンモール3階(2015年・2020年)
開館年 : 2008年4月29日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「旭サンモールシネマ1-6」(6館)。

2008年4月29日、旭市のショッピングセンター「サンモール」にシネコン「サンモールシネマ」が開館した。旭市の常設映画館は20年前に閉館し、2007年には銚子市からも映画館が閉館したことで、東総地域から映画館がなくなっていた。67席から310席の計759席を有している。館内では銚子市名物のぬれ煎餅が販売される。*31

富里市

映画館名簿によると富里市に映画館は存在しなかったと思われる。

香取市

小見川宮本座
所在地 : 千葉県香取郡小見川町新田199(1955年)、千葉県香取郡小見川町新田(1960年)、千葉県香取郡小見川町小見川(1963年)
開館年 : 1923年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年11月開館。
大黒座
所在地 : 千葉県香取郡小見川町945(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
小見川映劇/小見川映画劇場
所在地 : 千葉県香取郡小見川町1250(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1977年以後1980年以前
オデオン座/佐原オデオン座
所在地 : 千葉県佐原市佐原イ531(2000年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2002年以後2004年以前
2000年・2002年の映画館名簿では「佐原オデオン座」。2002年の映画館名簿では木造1階、180席、経営会社が有限会社オデオン座、経営者・支配人ともにが坂本麗吉邦画・洋画を上映。2004年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。
坂本座/佐原坂本座
所在地 : 千葉県佐原市佐原イ711(2000年・2004年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 2004年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1913年開館。
2000年・2002年・2004年の映画館名簿では「佐原坂本座」。2002年の映画館名簿では鉄筋造3階、130席、経営会社が有限会社坂本座、経営者・支配人ともに坂本仁吾、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。佐倉市最後の映画館。

匝瑳市

八日市場公会堂
所在地 : 千葉県八日市場市八日市場イ2444(1980年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1980年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。

香取郡神崎町

神崎神映館
所在地 : 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

香取郡多古町

多古文化劇場
所在地 : 千葉県香取郡多古町569(1960年・1963年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年9月開館。
多古新映
所在地 : 千葉県香取郡多古町2604(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前

香取郡東庄町

映画館名簿によると香取郡東庄町に映画館は存在しなかったと思われる。

千葉県南地域

木更津市

木更津日活劇場/木更津日活/木更津ムービーランド
所在地 : 千葉県木更津市中央2-8-4(1969年・1980年)、千葉県木更津市中央2-1-4(1990年・2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2007年10月9日
1969年の映画館名簿では「木更津日活劇場」。1980年の映画館名簿では「木更津日活」。1990年・2000年の映画館名簿では「木更津ムービーランド」。2002年の映画館名簿では木造1階、165席、経営会社が中央興業有限会社、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「千葉銀行木更津支店」南西60mにある有料駐車場。最寄駅はJR内房線木更津駅。
木更津銀映座/木更津東映劇場/木更津東映
所在地 : 千葉県木更津市南片町1468(1955年・1960年)、千葉県木更津市中央3-4-40(1969年・1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 2009年1月16日
港町キネマ通り : 木更津東映
『全国映画館総覧 1955』によると1939年開館。1955年の映画館名簿では「木更津銀映座」。1960年の映画館名簿では「木更津東映」。1969年の映画館名簿では「木更津東映劇場」。1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「木更津東映」。2002年の映画館名簿では木造1階、217席、経営会社が中央興業有限会社、成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ヴェルビュ木更津」西100mの民家。最寄駅はJR内房線木更津駅。

「木更津東映」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*32
木更津富士館
所在地 : 千葉県木更津市本町1511(1960年)、千葉県木更津市中央2-1-3(1969年・1980年・1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2010年9月24日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1969年・1980年・1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「木更津富士館」。2002年の映画館名簿では木造1階、186席、経営会社が中央興業有限会社、邦画・洋画を上映。2011年取り壊し。2020年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「千葉銀行木更津支店」北西80mにある駐車場「ラケル木更津店モカ駐車場」。最寄駅はJR内房線木更津駅。

「木更津富士館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*33
橘館/木更津セントラル/セントラル劇場・セントラルシネマ/セントラルシネマ
所在地 : 千葉県木更津市弁天町1765(1960年)、千葉県木更津市弁天町1763(1969年)、千葉県木更津市富士見2-3-11(1980年)、千葉県木更津市富士見台2-3-11(1990年)、千葉県木更津市富士見2-3-11(2000年)、千葉県木更津市富士見2-3-11 木更津セントラルビル(2010年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 2012年1月13日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年の映画館名簿では「弁天座」。1960年の映画館名簿では「橘館」。1969年の映画館名簿では「木更津セントラル」。1975年再開館。1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「セントラル劇場・セントラルシネマ」(2館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、200席と217席、経営会社が有限会社木更津セントラル、いずれも洋画を上映。2006年5月セントラル劇場閉館。2010年の映画館名簿では「セントラルシネマ」。2012年1月13日完全閉館。2018年以前に取り壊し。2020年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「木更津税務署」北西100mにある更地。最寄駅はJR内房線木更津駅。
USシネマ木更津
所在地 : 千葉県木更津市築地1-4 イオンモール木更津2階
開館年 : 2014年10月18日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「USシネマ木更津1-10」(10館)。最寄駅はJR内房線木更津駅。

2014年秋、イオンモールが木更津市築地地区に南房総地域唯一となる映画館の開館を計画している。2012年1月には木更津市最後の映画館が、2012年9月には茂原市最後の映画館が閉館し、南房総地域から映画館がなくなった。現在の千葉県で最も南にある映画館は市原市の「シネマックスちはら台」であり、南房総地域の映画ファンは千葉市や神奈川県川崎市まで向かう必要がある。*34

館山市

館山市の映画館
館山駅前に降り立つと「館山中央劇場」の看板が見える。新東宝や日活系であり、時々封切館となる。シネスコや立体音響を完備している。両側にスズラン燈が並ぶ竹沢チェーンストリートには、手前から洋画専門館「竹沢映画劇場」、隣に邦画専門館「竹沢銀映」、一番奥に「東映北条キネマ」がある。竹沢映画劇場はシネスコや立体音響を完備しており、月に1-2本はベストテン級の作品を上映している。竹沢銀映も安定して高級な作品を上映しており、2階は追加料金20円のネオロマンティックシートである。竹沢チェーンは盛り場から外れた場所で「館山映画劇場」や「船形クラブ」も経営している。*35
末広劇場
所在地 : 千葉県館山市大神254(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「末広劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
船形クラブ
所在地 : 千葉県館山市船形871(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「船形クラブ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
館山映画劇場
所在地 : 千葉県館山市館山926(1953年)、千葉県館山市仲町926(1955年)、千葉県館山市館山926(1960年)、千葉県館山市館山924(1963年)
開館年 : 1941年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1941年6月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「館山映画劇場」。1963年の映画館名簿では「館山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
館山中劇/館山中央劇場
所在地 : 千葉県館山市北条1880-4(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「館山中劇」。1963年・1966年の映画館名簿では「館山中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
東映北条キネマ/北条キネマ/館山日活(2代)
所在地 : 千葉県館山市北条1771(1953年)、千葉県館山市北条町1815(1955年)、千葉県館山市北条1815(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1942年12月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1942年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「北条キネマ」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「東映北条キネマ」。1969年の映画館名簿では「北条キネマ」。1972年の住宅地図では「北條キネマ館」。1973年・1975年の映画館名簿では「館山日活」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「安房信用組合」。跡地は「君津信用組合館山支店」。最寄駅はJR内房線館山駅。
館山銀映劇場/館山日活(初代)/館山日活劇場/館山銀映
所在地 : 千葉県館山市北条1771(1953年)、千葉県館山市北条町1771(1955年)、千葉県館山市北条1772(1960年・1963年)、千葉県館山市北条字大軒町1772(1966年)、千葉県館山市北条1772(1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1943年6月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年6月開館。1953年の映画館名簿では「館山銀映」。1955年の映画館名簿では「館山銀映劇場」。1960年の映画館名簿では「館山銀映」。1963年の映画館名簿では「館山日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「館山日活劇場」。1972年の住宅地図では「銀映」。1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「館山銀映」。1980年の住宅地図では「館山銀映(竹沢興行KK)」。1985年の映画館名簿では経営会社が竹沢興行、支配人が明石作紘、鉄筋コンクリート造平屋建て、東映・松竹・東宝・洋画を上映。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ミモザガーデン」駐車場部分。最寄駅はJR内房線館山駅。
館山竹映劇場/館山松竹映画劇場/館山竹映/館山日活(3代)
所在地 : 千葉県館山市北条町1772(1955年)、千葉県館山市北条1772(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「館山竹映劇場」。1960年の映画館名簿では「館山松竹映画劇場」。1963年の映画館名簿では「館山竹映」。1966年の映画館名簿では「中山竹映」。1969年・1973年の映画館名簿では「館山竹映」。1972年の住宅地図では「竹映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「館山日活」。1980年の住宅地図では「竹映日活」。1985年の映画館名簿では経営会社が竹沢興行、支配人が明石作紘、鉄筋コンクリート造平屋建て、にっかつ・成人映画を上映。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ミモザガーデン」建物部分。最寄駅はJR内房線館山駅。

1965年(昭和40年)の館山市にあったキネマ通りの写真あり。最盛期には3館の映画館が並んでいた。*36

勝浦市

有楽館
所在地 : 千葉県勝浦市仲本町54(1960年)、千葉県勝浦市仲町54(1963年)
開館年 : 1954年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
室山公会堂
所在地 : 千葉県勝浦市興津2515(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「室山公会堂」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
山本座/東海座/公楽館/勝浦公楽館
所在地 : 千葉県夷隅郡勝浦町勝浦10(1955年)、千葉県勝浦市勝浦13(1960年)、千葉県勝浦市勝浦10(1963年・1966年)、千葉県勝浦市勝浦1-13(1969年・1973年・1980年)
開館年 : 大正時代以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「公楽館」。1966年・1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「勝浦公楽館」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「勝浦市立図書館」南南東100mにあるパチンコ店「ニューカツウラ」(1995年開店-2019年12月31日閉店)の廃墟。最寄駅はJR外房線勝浦駅。

1913年(大正2年)の鉄道開通以前、勝浦の繁華街は岩切地区だった。勝浦市街地と漁港がある豊浜地区を結ぶ場所にあり、また勝浦市街地と大原を結ぶ場所にもあった。岩切地区には3階建ての旅館の幸前楼があり、近くには劇場の「山本座」が、山本座に隣接して旅館の山本楼もあった。山本座や山本楼は博徒の親分である山本勝五郎が経営していた。1925年(大正14年)3月頃に出火して焼失し(※焼失したのが山本座なのか山本楼なのは不明。おそらく両者)、一時は「東海座」という名称となり、1972年(昭和47年)現在は「公楽館」となっている。*37

勝浦市立図書館の規模は公民館図書室と同等で、訪問時には2人の職員がいた。2016年にフジテレビが放送したテレビドラマ「女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘」で勝浦市立図書館がロケ地の一部になったらしく、カウンター上には土屋太鳳と門脇麦のサイン色紙が飾られていた。

茂原市

茂原東宝映画劇場/茂原東宝・茂原東映/茂原東宝
所在地 : 千葉県茂原市茂原365(1969年)
開館年 : 1938年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1955年の映画館名簿では「茂原東宝映画館」。
茂原劇場/茂原東映
所在地 : 千葉県茂原市茂原471-2(1973年・1975年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1973年・1975年の映画館名簿では「茂原東映」。1975年の映画館名簿では経営者が吉崎亮、支配人が天野槐郎、鉄筋造2階冷暖房付、380席、東映・松竹・日活・洋画・成人映画を上映。1978年の映画館名簿には掲載されていない。茂原市最後の従来型映画館。
茂原そごうシネマサロン/そごうシネマサロン
所在地 : 千葉県茂原市千代田町1-6 茂原そごう7階(1993年)
開館年 : 1992年頃
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1993年の映画館名簿では「茂原そごうシネマサロン」。1998年の映画館名簿では鉄筋造7階、104席、経営会社が株式会社茂原そごう、邦画・洋画を上映。
茂原シネマサンシャイン
所在地 : 千葉県茂原市高師1735 ショッピングセンターアスモ2階(2010年)
開館年 : 1997年
閉館年 : 2012年9月2日

1997年7月12日、茂原市高師のショッピングプラザ アスモに映画館「茂原シネマサンシャイン」が開館する。かつて茂原市には5館の映画館があったが、現在はビデオシアター1館のみである。1996年3月に閉鎖されたアイススケート場跡地が映画館となる。*38

1997年7月12日、茂原市高師のショッピングプラザ アスモに映画館「茂原シネマサンシャイン」が開館した。これによって茂原市に21年ぶりに映画館が復活した。*39

2013年1月、茂原市の「茂原ショッピングプラザ アスモ」2階に多目的ホール「ASMO劇場」がオープンした。2012年9月に閉館した映画館6館のうち1館をリニューアルした。座席数は113席。*40

山武市

不二心館映画劇場/成東不二館
所在地 : 千葉県山武郡成東町津辺23(1969年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。
成東シネフェスタ1・2
所在地 : 千葉県山武郡成東町成東769-1(2000年・2002年)
開館年 : 1998年以後2000年以前
閉館年 : 2005年以後2008年以前
2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、115席と78席、経営会社がプレビ株式会社、邦画・洋画を上映。

いすみ市

大原館
所在地 : 千葉県夷隅郡大原町8656(1969年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1923年開館。

鴨川市

鴨川銀星
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町横渚931(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
小湊映劇
所在地 : 千葉県安房郡天津小湊町小湊79(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1969年以前
天津館/天津東映
所在地 : 千葉県安房郡天津小湊町小湊987(1960年)、千葉県安房郡天津小湊町天津1202(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
鴨川スバル映画劇場/鴨川スバル/鴨川スバル座
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町横渚819(1973年)
開館年 : 1941年4月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1941年4月開館。1973年の映画館名簿では「鴨川スバル座」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。

1975年(昭和50年)頃の鴨川市にあった映画館「スバル映画劇場」の写真あり。「スバル映画劇場」の文字が見える。1930年(昭和5年)に鴨川横渚(よこすか)の繭市場に開館すると、東京・新宿の武蔵野館に次ぐほどのにぎわいを見せた。戦後にはスバル映画劇場に改称し、洋画専門の映画館となった。歌手の岡晴夫が来館して公演したこともあった。*41
鴨川キネマ
所在地 : 千葉県安房郡鴨川町横渚619-2(1969年)、千葉県鴨川市横渚619-2(1980年)
開館年 : 1932年2月
閉館年 : 1980年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1932年2月開館。1974年の住宅地図では「鴨川キネマ」。当時からある宝祥菜館の奥。鴨川市最後の映画館。

君津市

映画館名簿によると君津市に映画館は存在しなかったと思われる。

富津市

大貫劇場
所在地 : 千葉県君津郡大佐和町岩瀬876(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
青堀座
所在地 : 千葉県君津郡富津町青堀20(1960年)
開館年 : 1953年6月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年6月開館。
末広館/大佐和映劇
所在地 : 千葉県君津郡大佐和町2865(1960年)、千葉県君津郡大佐和町小久保2865(1963年)
開館年 : 1935年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年8月開館。
天羽映劇
所在地 : 千葉県君津郡天羽町湊344(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
大正館/富津大正館
所在地 : 千葉県君津郡富津町富津2014(1955年)、千葉県富津市富津2014(1980年)
開館年 : 1920年
閉館年 : 1985年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1990年に取り壊された。

袖ケ浦市

映画館名簿によると袖ケ浦市に映画館は存在しなかったと思われる。

南房総市

岩井劇場
所在地 : 千葉県安房郡富山町高崎1226(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
松川座
所在地 : 千葉県安房郡千倉町南朝夷1317(1960年)
開館年 : 1936年2月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年2月開館。
富浦映劇
所在地 : 千葉県安房郡富浦町原岡461(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
平群劇場
所在地 : 千葉県安房郡富山町平久里中406(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
大漁館
所在地 : 千葉県安房郡千倉町北朝夷2816(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
白浜公会堂
所在地 : 千葉県安房郡白浜町白浜(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
和田青年会館
所在地 : 千葉県安房郡和田町和田522(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

山武郡九十九里町

片貝映画劇場/片貝映劇
所在地 : 千葉県山武郡片貝町西の下(1955年)、千葉県山武郡九十九里町3708(1963年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年開館。
片貝トキワ館
所在地 : 千葉県山武郡九十九里町片貝6799(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1985年・1988年の映画館名簿では「片貝トキワ館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地には映画館の建物が現存している可能性がある。

山武郡芝山町

映画館名簿によると山武郡芝山町に映画館は存在しなかったと思われる。

山武郡横芝光町

横芝第一銀映/横芝銀映
所在地 : 千葉県山武郡横芝町横芝1383(1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1985年・1986年の映画館名簿では「横芝銀映」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。

長生郡一宮町

一ノ宮平和館/平和館
所在地 : 千葉県長生郡長生村宮原662(1955年)、千葉県長生郡一宮町宮原662(1960年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。
一宮富士館/富士館
所在地 : 千葉県長生郡一宮町宮原9913(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
一宮町最後の映画館。

長生郡睦沢町

映画館名簿によると長生郡睦沢町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡白子町

映画館名簿によると長生郡白子町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡長柄町

映画館名簿によると長生郡長柄町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡長南町

映画館名簿によると長生郡長南町に映画館は存在しなかったと思われる。

長生郡長生村

映画館名簿によると長生郡長生村に映画館は存在しなかったと思われる。

夷隅郡大多喜町

大多喜中劇
所在地 : 千葉県夷隅郡大多喜町久保119(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
大多喜館
所在地 : 千葉県夷隅郡大多喜町猿稲143(1955年・1960年)、千葉県夷隅郡大多喜町猿稲182-1(1985年・1986年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1985年・1986年の映画館名簿では「大多喜館」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。

夷隅郡御宿町

映画館名簿によると夷隅郡御宿町に映画館は存在しなかったと思われる。

安房郡鋸南町

保田銀映
所在地 : 千葉県安房郡保田町本郷254(1960年)、千葉県安房郡鋸南町4137(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
山野井座
所在地 : 千葉県安房郡鋸南町下佐久間3633(1960年)、千葉県安房郡鋸南町3632(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

このページへのコメント

返信が遅くなり過ぎまして、誠に申し訳ありません。
俺の言葉足らずや言い回しが可笑しかったですね。
名画座/船橋名画座の跡地はアドアーズ船橋店で間違いないのですが、アドアーズ船橋店はパチンコ店ではありません。
アドアーズはゲームセンターです。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2021年06月20日(日) 20:05:49 返信数(1) 返信

アドアーズについて修正しました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年06月28日(月) 17:13:38

名画座/船橋名画座の跡地はパチンコ店『アドアーズ船橋店』ですが、アドアーズは太古の昔からゲームセンターです。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2020年11月20日(金) 10:18:17 返信数(1) 返信

コメントありがとうございます。
>「船橋名画座の跡地はアドアーズの場所ではない」という意味でしょうか?

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年11月20日(金) 16:05:15

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます