日本の映画館の総合データベースです。



盛岡市

盛岡劇場/谷村文化センター
所在地 : 岩手県盛岡市新馬町
開館年 : 1913年9月23日、1957年7月21日
閉館年 : 1983年
Wikipedia : 盛岡劇場
映画館ではなく芝居小屋。映画館名簿には掲載されていない。

1913年には盛岡市新馬町の「盛岡劇場」の株式が募集され、1913年9月23日に松本幸四郎一行をこけら落としとして盛岡劇場が開館した。資本金は3万円であり、初代社長は菊池美尚である。建物は3階建てであり、2階と3階部分に桟敷席がある本格的な劇場だった。設計は葛西萬司。盛岡劇場の建物と館内の写真あり。1914年8月、開館1周年を記念して合同新派劇の公演が開催され、川上貞奴や藤沢浅次郎らが来演した。1923年2月15日には里見や久米正雄を招いて文芸講演会が開催された。*1

1913年、盛岡市新馬町に「盛岡劇場」が開設された。資本金3万円の株式組織であり、社長は菊池美尚。収容人数は2500人であり、東北一の大劇場と称された。毎年必ず東京や大阪から大名題一行を招いた大芝居が行われ、活動写真も上映された。*2

大正末期の盛岡市にあった「盛岡劇場」の写真あり。1913年1月28日、有力者の出資によって盛岡劇場株式会社が創立された。同年9月22日に木造3階建ての劇場が落成し、9月23日に開場式が行われた。こけら落としは松本幸四郎一座であり、後に中村歌右衛門、市川左団次、尾上菊五郎なども来演した。。手動の廻り舞台などを有していた。*3

明治20年代初頭には劇場「内丸座」や「藤沢座」があり、盛岡には中村歌右衛門などの人気役者が来演した。大正時代には「盛岡劇場」が開館し、松本幸四郎、川上貞奴、尾上梅幸などが毎年来演した。内丸座や、藤沢座(→「帝国館」→「衆楽座」→「国民劇場」)は活動専門館となった。*4

時期不明の盛岡市にあった「盛岡劇場」の写真あり。1923年9月に落成し、松本幸四郎一行の「勧進帳」がこけら落としだった。建物は1984年に取り壊された。*5

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*6

戦後には盛岡市の「盛岡劇場」が復活したものの赤字続きだった。1957年には谷村貞治に売却されて「谷村文化センター」に改称した。1957年7月21日に谷村文化センターが開館する際の広告あり。1983年3月20日、「旧盛岡劇場お別れ会の集い」が開催された。解体直前の旧盛岡劇場の写真あり。*7

1977年に盛岡市にあった「谷村文化センター」の写真あり。1913年に開館した演劇専門館「盛岡劇場」(盛劇)の建物を、1957年に谷村貞治(やむらていじ)が改装して谷村文化センターとなった。1968年に谷村貞治が死去すると同年に閉館し、1982年には建物が取り壊された。1990年には財団が運営する2代目盛岡劇場が建設された。*8
第一紀念館/盛岡日活館/第一日活館
所在地 : 岩手県盛岡市生姜町(1925年・1930年)、岩手県盛岡市生姜町42(1936年・1941年)、岩手県盛岡市生姜町(1943年・1947年)
開館年 : 1915年11月23日
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1925年・1930年の映画館名簿では「第一紀念館」。1936年の映画館名簿では「盛岡日活館」。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「第一日活館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。

1914年、盛岡市生姜町に活動常設館「紀念館」が建設された。2階建ての洋館であり、日活と特約していたため「日活館」とも呼ばれた。*9

1915年11月23日、盛岡市生姜町に儀俄正によって日活上映館「紀念館」が開館した。岩手県初の活動常設館である。*10

1915年、盛岡市生姜町に東華音楽会長の儀俄正によって日活上映館「紀念館」が開館した。その後長町には「第二紀念館」(後に「銀映座」)が開館した。*11

1923年頃の盛岡市にあった「記念館」(※紀念ではなく記念)の写真あり。「館念紀」の文字が見える。盛岡市における活動常設館の先駆けである。*12

1923年の盛岡市生姜町(現・南大通)にあった「紀念館」の写真あり。「館念紀」の文字が見える。1915年に開館した岩手県初の活動常設館であり、日活系作品を上映した。1924年には日活スターの尾上松之助が舞台挨拶を行った。建物は2階建てであり、定員は700人だった。*13

1937年頃の盛岡市にあった「第一日活館」の写真あり。大都映画『忠臣蔵』の看板が見える。1935年頃に「第一紀念館」が第一日活館に改称した。戦時中には軍需品の倉庫となり、戦後には「第二東宝」として営業を再開したが、その後休館した。*14
青山映画劇場
所在地 : 岩手県盛岡市青山町(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「青山映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年3月20日、盛岡市青山町の「青山東映劇場」が類焼によって全焼した。*15
御園座/シネマミソノ/盛岡御園座
所在地 : 岩手県盛岡市生姜町(1930年・1936年・1941年・1943年・1950年)、岩手県盛岡市生姜町43(1953年・1955年・1958年・1960年)、岩手県盛岡市生姜町42(1962年)
開館年 : 1929年11月
閉館年 : 1962年9月10日
『全国映画館総覧 1955』によると1929年11月開館。1930年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「御園座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「シネマ・ミソノ」。1953年の映画館名簿では「シネマミソノ」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「シネマ・ミソノ」。1962年の映画館名簿では「盛岡御園座」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「御園座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はシーエフシー管理「月決め専用駐車場」。最寄駅はJR東北本線仙北町駅。

1925年、盛岡市に「帝国館」が開館した。後の「御園座」である。*16

昭和10年代前半の盛岡市生姜町にあった「御園座」の写真あり。1925年に「帝国館」として開館し、1927年に御園座に改称した。東亜キネマやマキノ映画を上映する二番館だった。戦時中には靴工場として使われたが、戦後に「シネマ・ミソノ」として営業を再開し、1962年まで営業を続けた。*17

昭和に入ると盛岡市大通・菜園地区が開発され、新たな繁華街が形成された。この地区には「中央映画劇場」と「第一映画劇場」が開館し、河南地区には「御園座」と「三笠映画劇場」が開館した。*18

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*19

1962年9月10日をもって、盛岡市生姜町2の「盛岡御園座」が実演・ストリップ専門劇場に転向して「劇場ムーラン・みその」に改称した。経営は野坂種彦。盛岡市の映画館は16館となった。*20
好摩劇場
所在地 : 岩手県岩手郡玉山村好摩駅前(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「好摩劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
青葉映画劇場
所在地 : 岩手県盛岡市青山町(1958年・1960年)、岩手県盛岡市青山町3丁目(1963年)
開館年 : 1956年6月
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「青葉映画劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「青山東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サンコーポあおば」。最寄駅はIGRいわて銀河鉄道線青山駅。

1956年6月のこのほど、盛岡市青山町に「青葉映画劇場」(青葉劇場)が開館した。オープニングは『幻の馬』と『踊り子行状記』。木造モルタル塗、平屋建。客席定員154。経営は有限会社青葉映劇。*21
三笠映画劇場/名画館/盛岡名画館/盛岡セントラル劇場
所在地 : 岩手県盛岡市八幡町(1936年)、岩手県盛岡市新馬町(1941年)、岩手県盛岡市新馬町43(1955年)、岩手県盛岡市新馬場町52(1958年)、岩手県盛岡市松尾前32-21(1960年)、岩手県盛岡市新馬町52(1963年)、岩手県盛岡市松尾町(1966年)
開館年 : 1934年12月(三笠映画劇場)、1954年5月2日(名画館)
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「三笠映画劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「名画館」。1958年の映画館名簿では「盛岡名画館」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「盛岡セントラル劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「セントラル劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「みちのくコカコーラボトリング南営業所」など。跡地は「盛岡市河南公民館」建物北西端部やその北側の建物。跡地は「盛岡市河南公民館」建物北西端部やその北側の建物。最寄駅はJR東北本線仙北町駅。

1935年の盛岡市松尾町にあった「三笠映画劇場」の写真あり。1934年12月に開館し、盛岡市で初めて映画劇場という名前を用いた。1935年には「中劇」が開館したことで客足が落ち、開館からわずか2年後の1936年8月に閉館した。戦後に「盛岡名画座」として営業再開し、1959年には盛岡セントラル劇場に改称した。1966年に営業を終えた。*22

昭和に入ると盛岡市大通・菜園地区が開発され、新たな繁華街が形成された。この地区には「中央映画劇場」と「第一映画劇場」が開館し、河南地区には「御園座」と「三笠映画劇場」が開館した。*23

時期不明の盛岡市にあった「三笠映画劇場」の写真あり。「盛岡劇場」の東隣にあった。*24

1954年5月2日、盛岡市の「三笠ダンスホール」が「名画館」として開館した。定員300人。各社の洋画を上映。支配人は伊藤重弘。*25

1957年秋のこのほど、盛岡市新馬町の「名画座」が身売りし、「盛岡セントラル映画劇場」に改称して新発足した。11月1日から改造費250万円で建物の改造に着手し、11月15日から洋画専門館として開館した。高橋茂吉社長。*26

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*27
夕顔瀬東映/盛岡夕顔瀬東映劇場
所在地 : 岩手県盛岡市片原86-5(1962年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1968年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「夕顔瀬東映」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「夕顔瀬東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「盛岡夕顔瀬東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「夕顔瀬スカイコーポラス」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。
シスター文化映劇/シスター文化劇場/シスター日活
所在地 : 岩手県盛岡市多賀72(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「シスター文化映劇」。1960年の映画館名簿では「シスター文化劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「シスター日活」。1963年の映画館名簿では「シスター日活」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岩手県民共済会館」南西30mの駐車場。最寄駅はJR東北本線仙北町駅。

時期不明の盛岡市明治橋通りの「文化映画劇場」の株式募集広告の写真あり。多賀の田んぼ埋め立て地に建設された。隣接地には「シスター文化」があり、1992年現在の跡地は岩手県交通車庫となっている。*28
盛岡文化映画劇場
所在地 : 岩手県盛岡市多賀町72(1955年)、岩手県盛岡市多賀72(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「盛岡文化映画劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「文化映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「マンション多賀」。最寄駅はJR東北本線仙北町駅。

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*29

時期不明の盛岡市明治橋通りの「文化映画劇場」の株式募集広告の写真あり。多賀の田んぼ埋め立て地に建設された。隣接地には「シスター文化」があり、1992年現在の跡地は岩手県交通車庫となっている。*30
第二紀念館/第二日活館/銀映座/盛岡銀映座
所在地 : 岩手県盛岡市長町(1925年・1930年)、岩手県盛岡市長町276(1936年)、岩手県盛岡市長町(1943年・1947年・1950年)、岩手県盛岡市長町276(1953年・1955年)、岩手県盛岡市長町267(1958年)、岩手県盛岡市長町276(1960年・1963年・1966年)、岩手県盛岡市長田町2-20(1969年・1970年)
開館年 : 1925年以前、1935年7月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1935年7月開館。1925年・1930年の映画館名簿では「第二紀念館」。1936年・1943年の映画館名簿では「第二日活館」。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「銀映座」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「銀映座」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「盛岡銀映座」。1972年の住宅地図では「銀映座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では跡地に「銀栄荘」(※銀映荘ではなく銀栄荘)。跡地は1989年竣工の「日本ハウスホールディングス盛岡ビル」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1915年には東華音楽会長の儀俄正によって生姜町に日活上映館「紀念館」が開館した。その後長町には「第二紀念館」(後に「銀映座」)が開館した。*31

1913年、盛岡市長町に「第二紀念館」が開館した。1972年現在の「銀映座」である。*32

戦後の盛岡市にあった「銀映座」(旧第二紀念館)の写真あり。第二紀念館は1921年7月に開館した。*33

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*34

1972年の盛岡市長町(現・長田町)にあった「銀映座」の写真あり。1921年に「第二紀念館」として開館し、まず「第二日活館」に、その後銀映座に改称した。封切作品を数週間から数年遅れで上映する二番館だったが、後に成人映画専門館となった。1972年6月に閉館した。*35
盛岡日活劇場(旧)
所在地 : 岩手県盛岡市菜園13(1957年・1958年・1960年・1963年)、岩手県盛岡市大通2-4-22(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1973年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「盛岡日活劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「日活劇場」。1972年の住宅地図では「日活劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアートフォーラムが入る「ニッカツゴールデンビル」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*36
国民映画劇場/国民劇場/盛岡国民劇場/盛岡日活劇場(紺屋町)
所在地 : 岩手県盛岡市紺屋町(1943年)、岩手県盛岡市紺屋町124(1947年)、岩手県盛岡市紺屋町(1950年)、岩手県盛岡市紺屋町124(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、岩手県盛岡市紺屋町3-10(1966年・1969年・1973年・1975年・1977年)
開館年 : 1937年、1943年12月
閉館年 : 1977年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年12月開館。1943年の映画館名簿では「盛岡国民映劇」。1947年の映画館名簿では「国民劇場」。1950年の映画館名簿では「盛岡国民劇場」。1953年の映画館名簿では「国民映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国民劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「国民劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「盛岡国民劇場」。1972年の住宅地図では「国民劇場」。1975年の映画館名簿では「盛岡日活国民劇場」。1977年の映画館名簿では「盛岡日活劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では跡地に「紺屋町グランドパーキングセンター」。跡地は「ライオンズマンション紺屋町」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

盛岡市紺屋町には「藤沢座」があった。経営者は消防組頭の藤沢三治。1930年、古今松旅館の火災で類焼した。1972年の「国劇」の場所である。*37

時期不明の盛岡市にあった「藤沢座」の写真あり。藤沢座は1888年に開業した。経営者は藤沢三治(1847年11月生〜1923年3月没)。明治前期には藤沢三治が鍛治町で曲三亭を経営していたが、1888年には紺屋町に移り、1894年11月には新たな藤沢座を設立して座主となった。藤沢三治は盛岡消防組頭取などを歴任している。*38

1928年頃の盛岡市紺屋町にあった芝居小屋「藤沢座」の写真あり。「座沢藤」の文字が見える。やがて「衆楽座」に改称し、その後映画館「国劇」となった。1984年現在はもうない。*39

1937年の盛岡市紺屋町にあった「衆楽座」の開場記念興行の写真あり。東京の歌舞伎座を模した東北最大級の劇場であり、芝居小屋「藤沢座」の跡地に建てられた。1930年に映画館に転向した藤沢座は天候から4か月半後に焼失し、半年後に再建して営業を再開したものの、1934年に姿を消していた。*40

時期不明の盛岡市紺屋町にあった「衆楽座」の写真あり。1934年に建った。1972年現在の「国劇」の場所である。*41

1894年には盛岡市に「藤沢座」が開館し、寄席や芝居の興行を行った。1917年10月1日、藤沢座は「盛岡帝国館」に改称して映画常設館となった。1930年に焼失したが、1937年に再建されて「衆楽座」が開館し、やがて「国民劇場」に改称した。*42

1937年、盛岡市紺屋町の「藤沢座」跡地に「衆楽座」が開館した。その後、同じ地点に「国民映画劇場」ができた。1992年現在の跡地は駐車場となっている。*43

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*44

1964年の盛岡市にあった「国民劇場」の写真あり。芝居小屋「衆楽座」として開館し、「第八新興閣」や「新興キネマ」という名称だったこともある。1941年に洋画封切館「国民劇場」となり、1964年には「盛岡国民劇場」に改称した。2015年現在の跡地にはライオンズマンションが建っている。*45

時期不明の盛岡市紺屋町の角にあった番やの写真あり。右上は「国劇」である。*46
盛岡映画劇場/盛岡みなみ東映劇場/盛岡みなみ東映
所在地 : 岩手県盛岡市餌差裏79(1957年・1958年・1960年・1963年)、岩手県盛岡市南大通1-9-12(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1981年)
開館年 : 1955年9月10日
閉館年 : 1981年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「盛岡映画劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「盛岡みなみ東映劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「みなみ東映」。1972年の住宅地図では「みなみ東映」。1973年・1975年・1978年・1980年・1981年の映画館名簿では「盛岡みなみ東映」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では跡地に「ますだ有料駐車場」。跡地は有料駐車場「ダイヤパーク南大通3」敷地東側。最寄駅はJR東北本線仙北町駅。

1955年9月10日、盛岡市餌差裏79番地に「盛岡映画劇場」が開館した。洋画・邦画の二番館。工費1000万円。木造モルタル2階建て。定員360人。*47

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*48
盛岡松竹映画劇場/盛岡松竹/盛岡松竹劇場(旧)
所在地 : 岩手県盛岡市日影門外小路124(1959年・1960年・1963年)、岩手県盛岡市中央通1-8-9(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1982年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「盛岡松竹映画劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「中央会館 盛岡松竹」。1966年の映画館名簿では「盛岡松竹」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「盛岡松竹劇場」。1972年の住宅地図では「中央会館 松竹映画劇場」。1982年の映画館名簿では経営会社が東日本松竹興行、経営者が大谷隆三、支配人が沼倉忠、鉄筋造1階、768席、松竹を上映。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「三井のリパーク盛岡映画館通り第2駐車場」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1959年の盛岡市にあった映画館通りや「盛岡松竹」の写真あり。『人間の條件』の看板が見える。昭和20年代後半から昭和30年代の大通りには「中央ホール」「盛岡日活」「盛岡東宝」「盛岡松竹」などが相次いで開館した。昭和10年代には「中劇」や「第一映画劇場」が開館しており、邦画各社の直営館が集中する映画館通りが生まれた。*49
中央ホール/盛岡中央ホール(旧)
所在地 : 岩手県盛岡市日影町外小路(1950年)、岩手県盛岡市日影門外小路150(1953年)、岩手県盛岡市中劇通り(1955年)、岩手県盛岡市日影門外小路150(1958年・1960年・1963年)、岩手県盛岡市中央通り1-11-23(1966年)、岩手県盛岡市中央通り1-2-23(1969年・1973年)、岩手県盛岡市大通り1-2-23(1975年)、岩手県盛岡市中央通1-2-23(1978年)、岩手県盛岡市大通1-2-23(1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1950年5月
閉館年 : 1984年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年5月開館。1950年の映画館名簿では「盛岡中央ホール」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央ホール」。1960年の映画館名簿では経営者が中央映画劇場、支配人が今野環、木造2階冷暖房付、定員450、大映を上映。1962年の盛岡市住宅詳細図では「大映(中央ホール)」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「盛岡中央ホール」。1969年の映画館名簿では経営者が三田道忠、支配人が鈴木実、木造2階暖房付、定員576、大映を上映。1972年の住宅地図では「中央ホール」。1984年の映画館名簿では経営会社が中央映画、経営者が盛内政志、支配人が鈴木実、鉄筋造2階、198席、洋画を上映。1984年の住宅地図では跡地に空白。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「三井のリパーク盛岡映画館通り第2駐車場」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*50
東宝第一映画劇場/盛岡第一劇場/盛岡東宝第一劇場
所在地 : 岩手県盛岡市元園町(1943年・1947年)、岩手県盛岡市元園町10(1950年・1953年)、岩手県盛岡市菜園10(1955年・1958年)、岩手県盛岡市菜園元園町10(1960年)、岩手県盛岡市菜園町10(1963年)、岩手県盛岡市大通1-9-13(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1993年)
開館年 : 1938年8月8日
閉館年 : 1993年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年9月開館。1943年・1947年の映画館名簿では「第一映画劇場」。1950年の映画館名簿では「盛岡第一映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「第一映画劇場」。1958年の映画館名簿では「盛岡第一映画劇場」。1960年の映画館名簿では「東宝第一映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が東部興行、支配人が金子貞正、木造2階暖房付、定員600、東宝を上映。1962年の盛岡市住宅詳細図では「第一映画劇場」。1963年の映画館名簿では「盛岡東宝第一映画劇場」。1966年の映画館名簿では「盛岡第一映画劇場」。1969年の映画館名簿では「盛岡第一劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が東宝東部興行、支配人が緒方浩、木造2階冷暖房付、定員520、東宝を上映。1972年の住宅地図では「第一映画劇場」。1973年の映画館名簿では「盛岡第一映画劇場」。1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「盛岡東宝第一劇場」。1984年の住宅地図では「東宝第一映画劇場」。1992年の映画館名簿では経営会社が東宝東部興行、経営者が栗田良三、支配人が豊島満彦、木造1階、405席、東宝を上映。1994年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中央映画劇場」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

昭和に入ると盛岡市大通・菜園地区が開発され、新たな繁華街が形成された。この地区には「中央映画劇場」と「第一映画劇場」が開館し、河南地区には「御園座」と「三笠映画劇場」が開館した。*51

時期不明の盛岡市にあった「中央劇場」と「第一映画劇場」の写真あり。中劇は1935年8月15日に開館し、第一は1938年8月8日に開館した。*52

1945年頃の盛岡市にあった「第一映画劇場」の写真あり。黒澤明監督作『姿三四郎』の看板が見える。1935年に開館した「中央映画劇場」の3年後、1938年に中央映画劇場の隣接地に開館した。*53

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*54
内丸座/松竹内丸座/盛岡SY内丸座/SY内丸座/SY内丸劇場/盛岡SY内丸
所在地 : 岩手県盛岡市内丸町(1925年・1930年)、岩手県盛岡市内丸大手先(1936年・1943年)、岩手県盛岡市内丸(1947年)、岩手県盛岡市内丸大手先(1950年・1953年)、岩手県盛岡市内丸大手先73(1955年)、岩手県盛岡市内丸大手先72(1958年)、岩手県盛岡市内丸大手先75(1960年・1963年)、岩手県盛岡市内丸17-33(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1995年・1996年)
開館年 : 1922年9月12日、1937年3月
閉館年 : 1996年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1937年3月開館。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「内丸座」。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「松竹内丸座」。1960年の映画館名簿では「盛岡SY内丸座」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「内丸座」。1963年の映画館名簿では「内丸座」。1966年の映画館名簿では「SY内丸」。1969年の映画館名簿では「SY内丸座」。1972年・1984年の住宅地図では「SY内丸」。1973年の映画館名簿では「SY内丸」。1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「SY内丸劇場」。1985年・1990年・1992年・1995年・1996年の映画館名簿では「盛岡SY内丸」。1996年の映画館名簿では経営会社が南部興行、経営者が小暮信人、支配人が船越いく、木造1階、480席、洋画を上映。1998年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「トーカンジェネラス内丸」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

盛岡市にあった「内丸座」は古い常舞台を活動常設館に改めたものであり、天活の特約だった。*55

盛岡市の劇場「内丸座」では明治時代から歌舞伎や芝居の興行が行われていたが、1913年に「盛岡劇場」が開館すると活動写真を上映するようになった。1922年9月12日、内丸座は新装改築して活動常設館となった。改築落成披露大興行として『涙の唄』『無敵の猛撃』『天竺徳兵衛』『西部の若者』が上映されている。*56

明治20年代初頭には劇場「内丸座」や「藤沢座」があり、盛岡には中村歌右衛門などの人気役者が来演した。大正時代には「盛岡劇場」が開館し、松本幸四郎、川上貞奴、尾上梅幸などが毎年来演した。内丸座や、藤沢座(→「帝国館」→「衆楽座」→「国民劇場」)は活動専門館となった。*57

1925年頃の盛岡市内丸大手先にあった「内丸座」の写真あり。1925年のアメリカ製無声映画『ロスト・ワールド』の看板が見える。建物は1922年に建設された。*58

昭和初期の盛岡市にあった「内丸座」の写真あり。当初の内丸座は芝居小屋だったが、1916年頃に無声映画を上映する活動写真館となった。1931年に土橋式トーキー設備を導入し、盛岡市では初めてトーキー映画を上映した。1996年に閉館した。*59

昭和になって新築された3代目の「内丸座」の写真あり。*60

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*61

1959年5月末、盛岡市内丸のSY系封切館「SY内丸座」が洋画二番館に転向した。支配人は北村幹夫。*62

1960年6月29日、盛岡市内丸大手先75の洋画封切館「内丸座」が第二東映と新東宝の封切館に転向した。経営は高村潔。*63

1962年10月1日、盛岡市内丸大手先の「内丸座」内に南部興行株式会社が発足する。東北映画の小暮重信代表取締役が設立した。資本金100万円。*64

昭和40年代の盛岡市大手先にあった映画館「内丸座」の写真あり。1973年のイタリア映画『ビッグ・ガン』の看板が見える。その後、テレビの普及によって映画離れが進んだ。2007年現在の跡地には高層マンションが建っている。*65

1981年の盛岡市内丸大手先にあった映画館「SY内丸」の写真あり。『テラー・トレイン』と『オーメン 最後の闘争』のポスターが見える。前身は芝居小屋「内丸座」である。昭和40年代にはSY内丸に改称して松竹洋画系上映館となった。1996年に閉館し、2015年現在の跡地にはマンションが建っている。*66

1996年5月6日、盛岡市の「SY内丸」が79年の歴史に幕を閉じて閉館した。『ワイアット・アープ』が見える写真あり。*67

1996年5月に閉館した盛岡市内丸の洋画上映館「SY内丸」のスクリーンが、花巻市の市民サークルの手で蘇る。1916年、芝居の上演と映画の上映を行う劇場として開館した。全国的に映画館が小型化しており、SY内丸の縦4.2メートル×横7メートルのスクリーンは岩手県最大だった。*68
中央観光ホテルニュース映画劇場/盛岡駅前日活/盛岡駅前地下劇場/盛岡駅前地下
所在地 : 岩手県盛岡市平戸13(1961年・1962年・1963年・1966年・1968年)、岩手県盛岡市駅前通3-40(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1995年・1998年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1998年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の映画館名簿では「中央観光ホテルニュース映画劇場」。1962年の映画館名簿では「中央観光ニュース映画劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では発見できず。1963年の映画館名簿では「中央観光ホールニュース映画劇場」。1966年・1968年の映画館名簿では「盛岡駅前日活」。1968年の映画館名簿では経営者が岩手中央観光、支配人が大野末三、鉄筋造地下1階冷暖房付、定員120、日活・東映を上映。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「盛岡駅前地下劇場」。1972年の住宅地図では「映画駅前日活」。1984年の住宅地図では「岩手興業ビル 地下駅前地下劇場」。1995年・1998年の映画館名簿では「盛岡駅前地下」。1998年の映画館名簿では経営会社が中央観光、経営者が前川甚太郎、支配人が川村広明、鉄筋造地下、130席、成人映画を上映。1999年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「盛岡駅前広場駐車場」南東部。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。
盛岡東映劇場/盛岡東映劇場・盛岡東映パラス/盛岡東映劇場・盛岡東映2
所在地 : 岩手県盛岡市菜園23(1958年)、岩手県盛岡市菜園町23(1960年・1963年)、岩手県盛岡市大通2-1-23(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2004年)
開館年 : 1956年9月14日、1972年12月(2館化)
閉館年 : 2004年1月9日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「盛岡東映劇場」。1962年の盛岡市住宅詳細図では「盛岡東映」。1972年の住宅地図では「盛岡東映 ミスター」。1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「盛岡東映劇場・盛岡東映パラス」(2館)。1984年の住宅地図では「盛岡東映 東映パラス」。1995年・2000年・2002年・2004年の映画館名簿では「盛岡東映劇場・盛岡東映2」(2館)。2004年の映画館名簿では経営会社が東映、経営者が岡田裕介、支配人が荒金博行、1が鉄筋造1階で298席で東映を上映、2が鉄筋造2階で189席で洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物のサンクイーンビルは現存。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1956年9月14日、盛岡市菜園に「盛岡東映劇場」が開館した。東映の大川社長も来館して開館式が行われた。3階建て。定員800人。*69

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*70

東映の直営館を見ると、1972年12月に「金沢東映パラス」と「横浜東映」と「盛岡東映パラス」が開館し、1973年3月に「小倉東映パラス」と「黒崎東映パラス」が開館し、5月に「新宿名画座」が開館し、6月に「福岡グランド」と「浅草名画座」が開館し、7月に「富山東映パラス」が開館した。1972年7月には「鹿児島東映」が閉館し、1973年1月には「岩見沢東映」が閉館し、2月には「八幡東映」が閉館し、3月には「関西東映・関西小劇場」が閉館した。*71

2004年1月9日をもって、盛岡市にある老舗映画館「盛岡東映劇場」が閉館する。1956年に開館した東映の直営館であり、1階では東映作品、2階では洋画を上映していた。1960年代と比べると入場者が半分以下となり、赤字経営が続いていた。中央通と大通を結ぶ"映画館通り"の映画館数は14館から12館に減る。*72

2004年1月9日をもって、盛岡市中心部にある東映邦画封切館「盛岡東映劇場」(298席)と洋画系「盛岡東映2」(189席)の2館が閉館する。1956年に開館して親しまれていたが、この10年間は赤字続きであり、建物の老朽化も進行していた。北上市のシネコンに観客を奪われたことも閉館の理由である。かつて東映は約100館の映画館を抱えていたが、現在は36館にまで減少している。「映画館通り」の映画館数は14館から12館に減る。*73

2004年1月9日の『河北新報』には「盛岡東映劇場」が1月9日限りで閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*74

2004年1月9日をもって、盛岡市にある老舗映画館「盛岡東映劇場」が閉館した。1960年代と比べると入場者が半分以下となり、赤字経営が続いていた。跡地は7階建ての商業ビルに生まれ変わる予定であり、1階と2階には物販店、3階と4階にはエステやカルチャースクール、5階と6階には直営飲食店が入る予定。*75

2004年1月9日をもって、盛岡市の「映画館通り」にある「盛岡東映」の2館が47年の歴史に幕を閉じて閉館した。最終日には約270人の観客を集めた。2005年には跡地に6階建てビルが開業する予定。*76
盛岡松竹映画劇場(新)/盛岡フォーラム1・2/盛岡フォーラム1・2・3
所在地 : 岩手県盛岡市中央通1-11-8(1985年)、岩手県盛岡市大通1-11-8(1990年)、岩手県盛岡市大通1-11-9(1992年)、岩手県盛岡市大通1-11-8(1995年・1998年・2000年・2002年・2005年・2006年)
開館年 : 1982年(盛岡松竹)、1993年8月8日(フォーラム)
閉館年 : 2006年12月
1982年の映画館名簿には掲載されていない。1983年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「盛岡松竹映画劇場」。1984年の住宅地図では「ヒグチビル 盛岡松竹」。1992年の映画館名簿では経営会社がサンキュウ商事、経営者が高村賢治、支配人が吉谷地保、鉄筋造地下、180席、洋画を上映。1995年の映画館名簿では「盛岡フォーラム・盛岡フォーラム2」(2館)。1998年・2000年・2002年・2005年・2006年の映画館名簿では「盛岡フォーラム1・2・3」(3館)。2006年の映画館名簿では経営会社がフォーラム運営委員会、経営者が長澤裕二、支配人が藤田秀夫、1が鉄筋造地下で160席、2が鉄筋造2階で48席、3が鉄筋造3階で60席、いずれも邦画・洋画を上映。後継館は「フォーラム盛岡1-7」。建物名はヒグチビル。「セブンイレブン盛岡映画館通店」が入るヒグチビルは現存。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1982年の盛岡市大通1丁目のヒグチビルにあった藤崎百貨店の開店時の写真あり。「B1 B2 盛岡松竹 シネ・ブティック松竹」の文字が見える。地下に松竹系の映画館があった。2015年現在のヒグチビルには岩手競馬場発券所などが入っている。*77

1982年9月4日に盛岡市大通1丁目のヒグチビルに藤崎百貨店が開店した時の写真あり。「B1 B2 盛岡松竹 シネ・ブティック松竹」の文字が見える。1階にはハナエモリのブティック、2階には外商サロンや貸衣装室などがあった。*78

1993年8月8日、株式会社サンキュウ商事が経営する「盛岡シネマ」を株式会社フォーラム運営委員会が引き継ぎ、「盛岡フォーラム」に改称して開館した。*79

1995年5月13日、盛岡市大通1-11-8に48席の「盛岡フォーラム3」が開館した。経営はフォーラム運営委員会。*80

2006年12月をもって、盛岡市大通にある映画館「盛岡フォーラム」が閉館する予定。1993年に開館し、地下1階と地上2階と地上3階に計3スクリーンがある。1997年のピーク時には約20万人の入場者がいたが、2005年には約10万人にまで減少していた。運営はフォーラム委員会。フォーラム運営委員会はダイエー盛岡店跡地に開業する商業ビルの中にシネコンを開館させる予定であり、シネコン開館の翌日に盛岡フォーラムが閉館する予定。*81
中央映画劇場/盛岡中央劇場/盛岡中央劇場/盛岡中央映画劇場・盛岡中央ホール(新)/盛岡中央劇場1・盛岡東宝/盛岡中央映画劇場1・盛岡東宝
所在地 : 岩手県盛岡市元園町(1936年・1943年)、岩手県盛岡市元園町10(1947年・1950年・1953年)、岩手県盛岡市菜園10(1955年)、岩手県盛岡市菜園元園町10(1958年)、岩手県盛岡市元園町(1960年)、岩手県盛岡市菜園町10-32(1963年)、岩手県盛岡市大通1-8-9(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、岩手県盛岡市中央通1-8-9(1980年)、岩手県盛岡市大通1-8-9(1983年・1984年)、岩手県盛岡市中央通1-8-9(1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年・2010年・2012年)
開館年 : 1935年8月15日、1960年7月20日
閉館年 : 2012年4月3日
『全国映画館総覧 1955』によると1935年8月開館。1936年の映画館名簿では「中央劇場」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が中央映画劇場、支配人が津田辰夫、木造2階冷暖房付、定員600、洋画を上映。1962年の盛岡市住宅詳細図では「中央会館 盛岡松竹」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1983年・1984年の映画館名簿では「盛岡中央劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が三田道忠、支配人が盛内政志、木造2階暖房付、定員771、洋画を上映。1972年の住宅地図では「中央会館 松竹映画劇場」。1984年の住宅地図では「中央劇場 中央ホール カネボウ書店 東高電機商会」。1985年の映画館名簿では「盛岡中央映画劇場・盛岡中央ホール」(2館)。1990年の映画館名簿では「中央映画劇場・中央ホール」(2館)。1995年の映画館名簿では「盛岡中央劇場・盛岡東宝」(4館)。2000年・2002年の映画館名簿では「盛岡中央劇場1・盛岡東宝」(4館)。2005年・2008年・2010年・2012年の映画館名簿では「盛岡中央映画劇場1・盛岡東宝」(2館)。2012年の映画館名簿では経営会社が中央映画劇場、経営者・支配人ともに幾田和実、1が鉄筋造3階で176席で邦画・洋画を上映、東宝が鉄筋造3階で159席で東宝を上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「三井のリパーク盛岡映画館通り第2駐車場」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

昭和に入ると盛岡市大通・菜園地区が開発され、新たな繁華街が形成された。この地区には「中央映画劇場」と「第一映画劇場」が開館し、河南地区には「御園座」と「三笠映画劇場」が開館した。*82

時期不明の盛岡市にあった「中央映画劇場」(中央劇場、中劇)と「第一映画劇場」の写真あり。中央映画劇場は1935年8月15日に開館し、第一は1938年8月8日に開館した。中央映画劇場は1階席500席、2階席250席の全椅子席であり、冷暖房を完備していた。*83

1939年頃の盛岡市にあった「中央映画劇場」の写真あり。1935年に大通商店街の集客を目的とした映画館「大通映画劇場」として開館した。当初からトーキー設備を完備しており、盛岡市初の近代的映画館とされる。その後公募によって中央映画劇場に改称し、「中劇」の愛称を有した。1955年12月7日には創立20周年記念謝恩大興行が行われ、三遊亭円歌の落語、一竜斎貞山の講談などが行われた。2011年3月、77年の歴史に幕を下ろした。*84

1946年頃の盛岡市にあった映画館通りの写真あり。映画館に行列ができている。*85

1958年の『盛岡市 日本全国各地商工業別明細地図』(岩手県立図書館所蔵)。盛岡映画館通りには「中央劇場」、「中央ホール」、「日活」、「東宝」、「東映」が描かれている。その他の地域には「銀映座」、「松竹」(※内丸座)、「国民劇場」、「文化劇場」、「みその座」、「南東劇場」、「セントラル」、「谷村文化センター」が描かれている。*86

1960年7月20日、盛岡市菜園10番地の「盛岡中央劇場」の改装が完成し、株式会社中央映画劇場の事務所が劇場内に移転した。*87

昭和30年代の盛岡映画館通りの写真あり。左手前は界隈を造成した南部土地株式会社の社屋、中央は「中央映画劇場」、右奥は「第一映画劇場」である。1955年以降のこの通りには10館以上の映画館が並んで映画館通りと呼ばれた。2007年現在も6館から7館の映画館が営業している。*88

1981年の盛岡市の映画館通りにあった中央会館の写真あり。戦前から映画館「第一劇場」があった場所に建設され、「中央映画劇場」が入った。『男はつらいよ 寅次郎紙風船』、松竹のアニメ映画『シュンマオ物語 タオタオ』の看板が見える。最盛期の映画館通りには10館以上の映画館があった。中央会館は2012年に取り壊された。*89

2012年3月末をもって、盛岡市中心部の映画館通りにある中央会館が閉館する。映画館「中劇」と「盛岡東宝」が入居している。経営は中央映画劇場。1958年に「盛岡松竹」として開館し、1984年に松竹が撤退したことで中劇として再開館した。2005年6月から2006年5月の観客数は約15万人だったが、2010年6月から2011年5月の観客数は約6万人にまで減少していた。施設の老朽化で修繕や維持管理に多額の費用が掛かることもあって閉館を決定した。現在は9スクリーンある映画館通りは7スクリーンとなる。*90

「中央映画劇場・盛岡東宝」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*91
盛岡日活劇場(新)/盛岡名画劇場・盛岡にっかつ劇場/盛岡名劇・ロッポニカ盛岡/盛岡名劇・盛岡名劇2/アートフォーラム1・2
所在地 : 岩手県盛岡市大通2-4-22(1978年・1980年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1975年6月
閉館年 : 2023年4月20日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「盛岡日活劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「盛岡名画劇場・盛岡にっかつ劇場」(2館)。1984年の住宅地図では「盛岡日活ビル 5階盛岡日活劇場 盛岡名画劇場」。1990年の映画館名簿では「盛岡名劇・ロッポニカ盛岡」(2館)。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「盛岡名劇・盛岡名劇2」(2館)。2009年1月31日盛岡名劇・盛岡名劇2閉館。2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「フォーラム盛岡8番館・9番館」(2館)。2018年の映画館名簿では経営会社がフォーラム運営委員会、経営者が長澤裕二、支配人が藤田秀夫、1が75席、2が44席。通称はアートフォーラム。建物名は「ニッカツゴールデンビル」。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1975年6月、日活直営館の「盛岡日活」が休館を終えて再開館した。*92

2009年1月いっぱいで、盛岡市の「映画館通り」にある南部興行の映画館「盛岡ピカデリー」と「盛岡名劇1・2」の3館が閉館する。盛岡ピカデリーは1969年に開館し、松竹系の話題作を中心に上映していた。近年には北上市や盛岡市にシネコンが開館し、観客数が減少していた。映画全盛期の昭和30年代の盛岡市には16館の映画館があったが、これによって6館となる。南部興行は「盛岡ルミエール1・2」も経営している。*93

2009年7月31日、盛岡市中心部の盛岡名劇跡地に「アートフォーラム」が開館する。山形市のフォーラム運営委員会が進出する。2006年、フォーラム運営委員会はMOSSビルに7スクリーンのの「盛岡フォーラム」を開館させたが、新たにアートフォーラムの2スクリーンを確保した。計9スクリーンで年間40万人の集客を目指している。オープニング作品は1950年の『羅生門』と1989年の『ニュー・シネマ・パラダイス』の予定。*94

2009年7月31日、盛岡市大通2丁目の盛岡サンライズタウンビル6階に「アートフォーラム」が開館する。フォーラム運営委員会が「盛岡名劇1・2」を約1億円で改装し、75席と45席の2スクリーンとした。「映画館通り」では「盛岡ピカデリー」の復活に続くニュースである。*95

「盛岡名劇1・2」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*96
盛岡ピカデリ劇場/盛岡ピカデリー劇場/盛岡ピカデリー
所在地 : 岩手県盛岡市中央通り1-9-9(1973年・1975年)、岩手県盛岡市中央通1-8-13(1978年・1980年)、岩手県盛岡市中央通1-9-13(1985年)、岩手県盛岡市中央通1-8-13(1990年・1995年)、岩手県盛岡市中央通1-8-9(1998年・2000年・2002年・2005年)、岩手県盛岡市中央通1-8-13(2008年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1969年
閉館年 : 営業中
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では「中央ビル 地下ピカデリー」。1973年の映画館名簿では「盛岡ピカデリ劇場」。1975年の映画館名簿では「盛岡ピカデリー劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年・2000年・2002年・2005年・2008年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「盛岡ピカデリー」。1984年の住宅地図では「中央ビル ピカデリー」。2018年の映画館名簿では経営会社が南部興行、経営者が小暮信人、支配人が中西栄三、176席。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

2009年1月末をもって、盛岡市の「映画館通り」にある南部興行の映画館「盛岡ピカデリー」(176席)と「盛岡名劇1・2」(各110席)の3館が閉館する。施設の老朽化や、2006年に近隣に開館したシネコンが理由。これによって映画館通りの映画館は6館となる。*97

2009年1月いっぱいで、盛岡市の「映画館通り」にある南部興行の映画館「盛岡ピカデリー」と「盛岡名劇1・2」の3館が閉館する。盛岡ピカデリーは1969年に開館し、松竹系の話題作を中心に上映していた。近年には北上市や盛岡市にシネコンが開館し、観客数が減少していた。映画全盛期の昭和30年代の盛岡市には16館の映画館があったが、これによって6館となる。南部興行は「盛岡ルミエール1・2」も経営している。*98

2009年2月26日から、盛岡市中央通1丁目の「盛岡ピカデリー」で『おくりびと』が上映されている。同館は1月末に閉館していたが、「盛岡ルミエール」での上映は80席が常に満席状態となったため、190席の盛岡ピカデリーを復活させることとした。『おくりびと』は日本作品として初めてアカデミー外国語映画賞を受賞していた。*99

「盛岡ピカデリー」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*100
盛岡ルミエール1・2
所在地 : 岩手県盛岡市菜園2-2-2(1988年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1987年7月25日
閉館年 : 営業中
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「盛岡ルミエール1・2」(2館)。1988年の映画館名簿では経営会社が南部興行、経営者が小暮重信、支配人が中西栄三、1が鉄筋造3階で80席で洋画を上映、2が鉄筋造5階で72席で洋画を上映。2018年の映画館名簿では経営会社が南部興行、経営者が小暮信人、支配人が中西栄三、1が78席、2が69席。建物名は藤田ビル。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1987年7月25日、盛岡市菜園の藤田ビル3階から6階に「ルミエール1・2」が開館した。いずれも80席。経営は南部興行。*101

「盛岡ルミエール1・2」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*102
盛岡中央劇場2・3/盛岡中央映画劇場2・3
所在地 : 岩手県盛岡市大通1-9-12 第八大通ビル5階(1998年)、岩手県盛岡市中央通1-8-9(2000年)、岩手県盛岡市中央通1-9-12(2002年)、岩手県盛岡市大通1-9-12(2005年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1997年12月
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 盛岡中劇
1996年の映画館名簿には掲載されていない。1998年・2000年の映画館名簿では「盛岡中央劇場2・3」(2館)。1998年の映画館名簿では経営会社が中央映画、経営者が高橋利男、支配人が稲葉繁夫、いずれも鉄筋造5階、2が190席で洋画を上映、3が78席で洋画を上映。2002年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「盛岡中央映画劇場2・3」(2館)。2015年・2018年の映画館名簿では「盛岡中央映画劇場1・2」(2館)。2018年の映画館名簿では経営会社が中央映画劇場、経営者・支配人ともに幾田和実、1が173席、2が74席。2020年の映画館名簿では「盛岡中央映画劇場2・3」(2館)。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

1997年12月、盛岡市大通の娯楽ビルに2映画館が開館する。「中劇」を経営する中央映画劇場が運営し、洋画を中心に上映する。5階と6階にあり、座席数は190席と76席になる予定。1938年にはこの場所に「第一映画劇場」が開館したが、1993年に閉館してからは空き地となっていた。現在の盛岡市には13館があるが、14館の仙台市を抜いて東北一の映画館数となる。*103

盛岡市中央通1-8-9 中央会館の「中央映画劇場/盛岡東宝」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*104

盛岡市中央通1-9-12 第8大通ビル5階の「中央映画劇場 中劇2・3」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*105
フォーラム盛岡1-7
所在地 : 岩手県盛岡市大通2-8-14 MOSSビル5階(2007年・2008年・2010年・2012年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2006年
閉館年 : 営業中
前身館は盛岡フォーラム1・2・3。2007年・2008年の映画館名簿では「盛岡フォーラム1-7」(7館)。2007年の映画館名簿では経営会社がフォーラム運営委員会、経営者が長澤裕二、支配人が藤田秀夫、いずれも鉄筋造5階。2010年・2012年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「フォーラム盛岡1-7」(7館)。最寄駅はJR・いわて銀河鉄道盛岡駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます