閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


横浜市

横浜市は横浜市の映画館を参照。

川崎市

川崎市は川崎市の映画館を参照。

相模原市

相模原市は相模原市の映画館を参照。

横須賀市

横須賀市は横須賀市の映画館を参照。

横須賀三浦地域

鎌倉市

鎌倉松竹映画劇場/鎌倉劇場/鎌倉シネマ
所在地 : 神奈川県鎌倉市大町290(1953年・1955年・1960年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1961年
1953年・1955年の映画館名簿では「鎌倉松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鎌倉シネマ」。1961年に焼失して閉館。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は由比ヶ浜大通り沿いのマンション「ラヴィドール鎌倉笹目」。最寄駅は江ノ島電鉄和田塚駅。
鎌倉市民座
所在地 : 神奈川県鎌倉市小町305(1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1948年7月
閉館年 : 1964年
1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「鎌倉市民座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スルガ銀行鎌倉支店」。最寄駅はJR・江ノ島電鉄鎌倉駅。

1953年頃の鎌倉市にあった洋画専門映画館「鎌倉市民座」の写真あり。半円形のファサードに「KAMAKURA SHI●」(※●以降の文字は隠れて見えない)の文字が見える。1950年の開館当初は鎌倉市民会館と呼ばれていたが、やがて鎌倉市民座となった。*1
鎌倉常設館/鎌倉日活館/鎌倉東映/鎌倉名画座
所在地 : 神奈川県鎌倉市雪ノ下1084(1955年・1958年・1960年・1966年)、神奈川県鎌倉市小町2-8-20(1969年)
開館年 : 1924年
閉館年 : 1969年
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「鎌倉名画座」。1958年の映画館名簿では「鎌倉東映」。1960年・1966年・1969年の映画館名簿では「鎌倉名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「鶴ヶ岡会館第2ビル」。最寄駅はJR・江ノ島電鉄鎌倉駅。

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「常設館」が描かれている。*2

1961年の鎌倉市にあった横道の写真あり。若宮大路と小町通りを東西に繋いでおり、手前が若宮大路である。右手前は都築写真館である。左奥に見える「東映」の文字の建物は「名画座」である。当初は日活を上映し、やがて東映を上映するようになった。*3
鎌倉劇場/鎌倉日活
所在地 : 神奈川県鎌倉市大町久保123(1960年)、神奈川県鎌倉市由比ケ浜1-2-1(1966年)、神奈川県鎌倉市由比ケ浜2-1-2(1969年)
開館年 : 1956年7月
閉館年 : 1970年
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「鎌倉劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「鎌倉日活」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「御成中学校入口」交差点南東70mの民家。最寄駅はJR・江ノ島電鉄鎌倉駅。
テアトル鎌倉
所在地 : 神奈川県鎌倉市雪ノ下1084(1953年)、神奈川県鎌倉市鎌倉駅西口前(1955年)、神奈川県鎌倉市大町803(1958年・1960年)、神奈川県鎌倉市御成町11-5(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1953年12月29日
閉館年 : 1988年4月
1953年・1955年・1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「テアトル鎌倉」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アルス鎌倉御成町」。最寄駅はJR・江ノ島電鉄鎌倉駅。

1955年正月の鎌倉市にあった「テアトル鎌倉」の写真あり。「THEATRE KAMAKURA」の文字が見える。花輪が見える。「賀正」の文字の下に、三船敏郎と鶴田浩二が出演した『男性No.1』、青山京子主演の『やんちゃ娘』の看板が見える。1954年に開館した。鎌倉市内には10館以上の映画館があった。*4

1966年の鎌倉市にあった水道路バス停の写真あり。映画館「テアトル鎌倉」と「鎌倉市民座」の看板が設置されている。テアトル鎌倉の看板には『ただひとりの人』、鎌倉市民座の看板は『愛欲と戦場』のポスターが貼られている。昭和30年代から40年代の鎌倉市には、「松竹映画劇場」、「名画座」、「大船オデオン座」などもあった。*5

昭和50年代の御成通り入口の写真あり。右手には映画館「テアトル鎌倉」が見え、『ルパン3世』の看板が見える。テアトル鎌倉の建物にはテアトルゲームセンターの文字も見える。テアトル鎌倉は1988年4月に閉館した。左手には江ノ電名店街がある。*6

1988年(昭和63年)4月末、鎌倉市の旧鎌倉地区唯一の映画館だった「テアトル鎌倉」が閉館した。閉館後には市民グループが署名活動を行って存続を訴えていたが、経営元の東京テアトルは存続が不可能であると判断した。*7

1988年9月30日の『神奈川新聞』には「テアトル鎌倉」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*8
大船オデオン/大船オデオン座
所在地 : 神奈川県鎌倉市大船100(1958年)、神奈川県鎌倉市大船町100(1960年)、神奈川県鎌倉市大船100(1966年)、神奈川県鎌倉市大船1-9-10(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1994年
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿で大船台町17に掲載されている「大船館」との関係は不明。1958年の映画館名簿では「大船オデオン座」。1960年の映画館名簿では「大船オデオン」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「大船オデオン座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。鎌倉市最後の映画館。跡地は「サンドラッグ大船仲通り店」がある「イリュウ大船ビル」。最寄駅はJR・湘南モノレール大船駅。
鎌倉サテライトシアター
所在地 : 神奈川県鎌倉市大船6-1-1(1998年)
開館年 : 1995年10月10日
閉館年 : 1998年12月15日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1998年の映画館名簿では「鎌倉サテライトシアター」。1998年の映画館名簿では鉄筋造4階、79席、経営会社が松竹、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。鎌倉シネマワールド屋上。鎌倉シネマワールドの跡地は「鎌倉女子大学大船キャンパス」。

逗子市

逗子市の映画館
1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「逗子常設館」が描かれている。*9
逗子銀映座
所在地 : 神奈川県三浦郡逗子町桜山1000(1953年)、神奈川県逗子市逗子1000(1955年・1960年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「逗子銀映座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「逗子銀映座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「オークラボーリングセンター」。1978年から2012年まで跡地はスーパーマーケット「逗子キングストア」。

昭和30年代の逗子にあった「逗子銀映座」の写真あり。『金色の狼』や『喧嘩太鼓』の看板が見える。1952年、逗子銀座通りに開館した。2005年現在の跡地にはキングストアーがある。1956年から1962年までの逗子にはなぎさ通りに「逗子名画座」もあり、さらに「逗子東映」、名称不明の映画館と、計4館の映画館があった。1973年に逗子東映が閉館したことで逗子市から映画館がなくなった。*10
逗子名画座
所在地 : 神奈川県逗子市逗子262(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「逗子名画座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では逗子262に「パチンコニューヨーク」。
逗子民映/逗子日活劇場
所在地 : 神奈川県逗子市逗子262(1969年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「逗子民映」。1966年の住宅地図では「日活劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「逗子日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「オークマンション逗子」建物南東部。
逗子映画劇場/逗子東映劇場/逗子東映
所在地 : 神奈川県三浦郡逗子町桜山1658(1953年)、神奈川県逗子市桜山1658(1955年・1958年・1960年)、神奈川県逗子市逗子5-10-26(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1950年? 1951年?
閉館年 : 1973年1月
1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「逗子映画劇場」。1966年の住宅地図では「逗子東映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「逗子東映劇場」。1973年の映画館名簿では「逗子東映」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年の逗子市にあった「逗子映画劇場」の写真あり。三角屋根のファサードに「逗子映画劇場」の文字が見える。高田浩吉主演作『お役者変化』や鶴田浩二主演作『蛮から社員』の看板が見える。当時は松竹の上映館だった。*11

昭和30年代の逗子にあった「逗子映画劇場」の写真あり。三角屋根のファサードに「逗子映画劇場」の文字が見える。『蛮から社員』の看板が見える。1951年には京急逗子会館駅前に逗子映画劇場が開館し、後に「逗子東映」に改称した。1973年に閉館した。*12

昭和40年代の航空写真あり。逗子東映と京急逗子海岸駅が見える。*13

1950年(昭和25年)には逗子海岸駅の隣に「逗子映画劇場」が開館した。後に「逗子東映」に改称している。逗子市には1952年(昭和27年)に銀座通りに開館した「逗子銀映座」、昭和30年代になぎさ通りに開館した「逗子民映」、また「逗子名画座」の4館の映画館があった。「逗子東映」は1973年(昭和48年)に閉館した。*14
シネマ アミーゴ
所在地 : 神奈川県逗子市新宿1-5-14
開館年 : 2009年
閉館年 : 営業中
JR逗子駅から徒歩15分の住宅街には「シネマ・アミーゴ」がある。約50平方メートルの館省スペースには21の座席があり、「日本一小さい映画館」を自称している。館内にはアンティーク調の木製テーブルが置かれ、バーカウンターではアルコールが販売される。シネコンでは観られないドキュメンタリー作品などを多く上映している。料金は1ドリンク付きで大人1500円。館長の長島源(38)はミュージシャンやモデルとして活動していた人物である。*15

2019年8月、逗子市のカフェ「シネマアミーゴ」が開館10周年を迎えた。興行組合に加盟していないため取引できる配給会社が限られており、番組編成には苦労が多い。9月にはパリを舞台とするアニメ『ディリリとパリの時間旅行』、ジャズピアニストのドキュメンタリー『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』などを上映する。初回上映は午前10時であり、1日5作品を上映する。最終回や週末はイベントやバー営業になるときもある。1か月で約8作品を上映している。昼間は年配者、食のドキュメンタリーには主婦と、作品によって客層が変わる。*16

逗子市にある「シネマ・アミーゴ」は、映画を鑑賞しながら食事ができるカフェである。一軒家の扉を開けると、バーカウンターやアンティーク調の椅子が並んでいる。2009年に長島源(41)が地域活性化を目的として開館させた。1日に3回から5回の上映を行い、休日には遠方からも客が来るという。カフェでは地元産食材を用いた料理を出し、音楽イベントも開催している。隣接地には宿泊施設も開業した。*17

シネマアミーゴに言及している雑誌記事として、「銀幕の小宇宙ミニシアターを止めるな!」『週刊文春』2020年7月16日がある。上田映劇、深谷シネマ、シネマノヴィチェント、高田世界館、元町映画館にも言及している。*18

シネマアミーゴに言及している雑誌記事として、「OZの女子旅 日本のよりみち案内 神奈川県逗子市・葉山町 心がゆるりと和む海街カルチャー旅」『OZmagazine』2020年1月がある。現物は未確認。*19

シネマアミーゴに言及している雑誌記事として、「鎌倉、湘南に暮らす 長島紘一さん、キャサリンさん、源さん 暮らした家を逗子カルチャーの発信地に」『ミセス』2015年6月がある。現物は未確認。*20

三浦市

新生座
所在地 : 神奈川県三浦郡三崎町宮城104(1955年)、神奈川県三浦市三崎町宮城104(1960年・1963年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1955年の映画館名簿では「新生座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図には跡地に「新生ビル」。跡地はマンション「THE OCEAN VIEW」。最寄駅は京急久里浜線三崎口駅。
三崎東映/三崎東映劇場/三崎東映映画劇場
所在地 : 神奈川県三浦市向ケ崎町3-19(1976年・1977年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1977年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では「三崎東映劇場」。1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「向ヶ崎諏訪神社」社殿西40mの駐車場。最寄駅は京急久里浜線三崎口駅。
三崎松竹/三崎映画劇場/三崎松竹映画劇場
所在地 : 神奈川県三浦郡三崎町仲崎133(1955年)、神奈川県三浦市三崎2-14-1(1978年・1980年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1955年の映画館名簿では「三崎映画劇場」。1976年の住宅地図では「三崎松竹映画劇場」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。三浦市最後の映画館。跡地は「猿田彦神社」南西70mの駐車場。最寄駅は京急久里浜線三崎口駅。

1951年頃の三崎町にあった「三崎映画劇場」の写真あり。阪東妻三郎主演『大江戸五人男』の看板が見える。三崎町には3館の映画館があった。*21

三浦郡葉山町

映画館名簿によると三浦郡葉山町に映画館は存在しなかったと思われる。

県央地域

厚木市

厚木キネマ(旧)
所在地 : 神奈川県愛甲郡厚木町本町(1930年・1936年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 不明
1930年・1936年の映画館名簿では「厚木キネマ」。1930年の映画館名簿では経営者が小島庄吉、支配人が高井浅吉、定員は記載なし。1936年の映画館名簿では興業主が梅沢太郎、松竹を上映。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

厚木町の上町(現・厚木市東町)、相模川沿いのミイソ材木店の場所には寄席「材木座」があった。厚木町の天王町(現・厚木市厚木町)の料理旅館である古久屋の主人だった仁藤佐兵衛によって、1921年(大正10年)には材木座跡地に映画館「厚木キネマ」が開館した。*22

1892年には小島庄吉による個人経営の建設会社として小島組が発足した。小島庄吉は同時に厚木製氷所も設立し、さらに副業として「厚木キネマ館」も経営していた。*23

1953年3月6日、厚木市立厚木中学校は「厚木キネマ館」で校歌制定発表会を開催した。*24

1960年の厚木市にあった本町通り商店街の写真あり。「厚木銀座本町商栄会」の街灯がある。右手前には厚木キネマ入口とある看板があり、『禁男の砂』の看板が見える。*25

『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年には、時期不明の「厚木キネマ」の写真が掲載されている。*26

『目で見る厚木・愛甲の100年』郷土出版社、1991年、p.119には「厚木キネマ」が掲載されている。現物は未確認。*27
厚木会館
所在地 : 神奈川県愛甲郡厚木町2040(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1950年の映画館名簿では「厚木会館」。1950年の映画館名簿では経営者が難波組、木造1階、定員は記載なし、東映・外国映画、セントラル映画を上映。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
厚木映画劇場
所在地 : 神奈川県愛甲郡厚木町(1950年)、神奈川県愛甲郡厚木町2531(1953年・1955年)、神奈川県厚木市本町3531(1960年・1963年)
開館年 : 1943年1月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年1月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「厚木映画劇場」。1955年の映画館名簿では経営者・支配人ともに飯島策司、木造2階、定員363、混合を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「厚木映画劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が飯島庸介、支配人が関屋由雄、木造2階、定員500、大映・新東宝を上映。1965年の厚木市明細地図では発見できなかった。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
厚木東映劇場/厚木中央劇場
所在地 : 神奈川県厚木市大手町1843(1958年・1960年・1963年)、神奈川県厚木市厚木1843(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「厚木中央劇場」。1960年の映画館名簿では「厚木東映劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「厚木中央劇場」。1965年の厚木市明細地図では「厚木中央劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が関屋ツル、支配人が関屋勲、木造1階冷暖房付、定員355、松竹・東宝・大映・東映を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では跡地に「スーパーせきや」建物北側。跡地は「朝日本厚木マンション」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。

『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年には、時期不明の「中央劇場」の写真が掲載されている。*28

『目で見る厚木・愛甲の100年』郷土出版社、1991年、p.119には「中央劇場」が掲載されている。現物は未確認。*29
厚木キネマ(新)/厚木セントラル劇場/厚木セントラル
所在地 : 神奈川県厚木市厚木駅前通(1958年)、神奈川県厚木市厚木879(1960年)、神奈川県厚木市厚木駅前通(1963年)、神奈川県厚木市厚木1843(1966年)、神奈川県厚木市中町2-5-19(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1975年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「厚木セントラル劇場」。1965年の厚木市明細地図では「セントラル劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が関屋ツル、支配人が関屋勲、木造1階冷暖房付、定員315、洋画を上映。1972年の住宅地図では「厚木セントラル劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「厚木セントラル」。1975年の映画館名簿では経営会社が関屋映画興行、経営者が関屋光子、支配人が山口隼太、木造1階冷暖房付、182席、松竹・東映・東宝を上映。1976年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「厚木セントラルビル(建設中)」。跡地は「厚木市立中央図書館」西70mにある「ミナミビル」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。
厚木東宝/厚木日活/厚木日活劇場/厚木プラザ劇場
所在地 : 神奈川県愛甲郡厚木町2652(1953年・1955年)、神奈川県厚木市厚木2652(1958年・1960年・1963年・1966年)、神奈川県厚木市幸町10-17(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1950年2月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年2月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「厚木東宝」。1955年の映画館名簿では経営者・支配人ともに宮田昌彦、木造1階、定員200、混合を上映。1958年・1960年の映画館名簿では「厚木日活」。1963年の映画館名簿では「厚木東宝」。1965年の厚木市明細地図では「厚木日活劇場」。1966年の映画館名簿では経営者・支配人ともに佐藤峯雄、木造1階冷暖房付、定員250、日活・洋画を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「厚木日活劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「厚木プラザ劇場」。1975年の映画館名簿では経営会社が佐藤商事、経営者が佐藤峯雄、支配人が佐藤満雄、鉄筋造2階冷暖房付、108席、日活・洋画を上映。1976年の住宅地図では「厚木プラザ劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が佐藤商事、経営者が佐藤峯雄、支配人が佐藤満雄、鉄筋造2階、108席、にっかつ・成人映画を上映。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「宝安寺」東90mにある数軒分の民家。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。

『キネマ旬報』1976年9月下旬号、691号には、「われらの映画館 110回 厚木プラザ劇場」が掲載されている。*30

『より豊かなひろがりを』厚木市役所、1975年には、時期不明の「厚木東宝」の写真が掲載されている。*31

1964年頃の小田急小田原線本厚木駅北口から東を向いた写真あり。高架化する前の線路脇に「厚木日活」「セントラル劇場」「中央劇場」の映画看板が見える。*32
厚木ミリオン座
所在地 : 神奈川県厚木市中町3-12-4(1992年・1994年)
開館年 : 1990年以後1992年以前
閉館年 : 1994年頃
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1994年の映画館名簿では「厚木ミリオン座」。1992年の映画館名簿では経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が黒多孝、鉄筋造地下、100席、洋画を上映。1993年の住宅地図では「山口歯科ビル 1階ミリオン座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年の住宅地図では跡地に「山口歯科ビル 1階ブックマン」。建物の山口歯科ビルは現存。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。
厚木スバル座・厚木ミラノ座
所在地 : 神奈川県厚木市仲町3-6(1977年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1976年頃
閉館年 : 1994年頃
1970年の住宅地図ではのちの映画館の場所に「神奈中厚木ボウル」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1977年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「厚木スバル座・厚木ミラノ座」(2館)。1991年の住宅地図では「神奈中ビル 厚木レジャーセンター 2階厚木ミラノ座・厚木スバル座」。1992年の映画館名簿では経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が黒多孝、鉄筋造2階、200席と200席、スバル座が邦画、ミラノ座が洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホットヨガスタジオLAVA本厚木店」などが入る「MIRAIビル」。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。
厚木シネマミロード1・2・3
所在地 : 神奈川県厚木市中町2-2-1(1994年・1995年)、神奈川県厚木市中町2-2-1 ミロード2 7階(2000年)、神奈川県厚木市中町2-2-1 小田急本厚木ミロード2 7階(2005年)
開館年 : 1993年11月4日
閉館年 : 2005年5月18日
1990年・1992年の映画館名簿には掲載されていない。1994年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「厚木シネマミロード1・2・3」(3館)。1994年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が岡田茂、支配人が巖谷忠一、鉄筋造7階、1が126席、2が98席、3が126席、いずれも邦画・洋画を上映。2004年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が長谷川勝弥、支配人が服部啓介、鉄筋造7階、1が126席、2が99席、3が126席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。大規模商業施設「厚木ミロード」は営業中。最寄駅は小田急小田原線本厚木駅。
厚木テアトルシネパーク1・2・3
所在地 : 神奈川県厚木市中町2-12-15(1995年・2000年)、神奈川県厚木市中町2-12-15 厚木パルコ本館9階(2005年・2008年)
開館年 : 1994年
閉館年 : 2008年2月24日
1990年・1994年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「厚木テアトルシネパーク1・2・3」(3館)。2008年の映画館名簿では経営会社が東京テアトル、経営者が松下晴彦、支配人が熊木清、鉄筋造9階、150席・174席・59席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2008年2月24日、厚木市の厚木パルコの閉店に伴って、厚木市唯一の映画館「厚木テアトルシネパーク」が閉館する。昭和時代に閉館した映画館を題材にした『オリヲン座からの招待状』を上映し、初日の2月16日には三枝健起監督・主演の宮沢りえ・加瀬亮が舞台挨拶を行う。1994年の厚木パルコの開店と同時に厚木テアトルシネパークも開館した。封切り作品を上映するほか、東京都内の単館系映画館でしか観られない作品の中から観客投票をもとに上映作を決める「シネマセレクション」という企画を行ってきた。2006年秋には厚木パルコが閉店を発表し、厚木テアトルシネパークはパルコ閉店後も同じ場所で営業できないか模索したが断念した。*33

2008年2月17日の『神奈川新聞』には「厚木テアトルシネパーク」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*34
アミューあつぎ映画.comシネマ1・2/アミューあつぎ映画.comシネマ1・2・3/あつぎのえいがかんkiki 1・2・3
所在地 : 神奈川県厚木市中町2-12-15 アミューあつぎ9階(2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2014年4月26日(映画.com)、2018年12月15日(kiki)
閉館年 : 2018年11月9日(映画.com)、営業中
厚木テアトルシネパークの跡地に開館。2015年の映画館名簿では「アミューあつぎ映画.comシネマ1・2」(2館)。2018年の映画館名簿では「アミューあつぎ映画.comシネマ1・2・3」(3館)。2018年の映画館名簿では経営会社がシーズオブウイッシュ、経営者が青山大蔵、支配人が林田義行、174席・58席・112席。2020年の映画館名簿では「あつぎのえいがかんkiki 1・2・3」(3館)。2020年の映画館名簿では経営会社が映像機器システム社、経営者が武仲清一、支配人が神山綾、154席・58席・112席。

2014年4月26日、厚木市の小田急線本厚木駅近くにある商業文化施設「アミューあつぎ」に「映画.comシネマ」が開館する。厚木市に常設映画館が6年ぶりに復活する。厚木市と民間が共同運営するコミュニティシネマとされる。2008年までは同じビルで映画館が営業していたが、厚木パルコの閉店に伴って映画館も閉館した。2012年11月、厚木市は厚木パルコが入っていたビルを取得し、整備方針を定めた。市民へのアンケート調査では3分の2が9階の用途として映画館を希望し、2013年3月には厚木市がデジタルプラスを運営会社に選定した。174席と58席の2スクリーンとなる。*35

2014年4月26日、厚木市の複合施設「アミューあつぎ」が開業する。厚木市は旧厚木パルコの施設と土地を8億5000万円で買い取り、全面改装なども含めて計26億5000万円を投じた。公設民営型のショッピングセンターであり、5階から8階には公共施設が集約されている。*36

厚木市中町2丁目の社員は1人、アルバイトは15人。運営は大阪市の映像機器システム社。アミューあつぎ9階には「あつぎのえいがかんkiki」がある。2008年にはこのビルから厚木パルコが撤退し、ビル自体が閉館したことで映画館も閉館となった。2018年11月には経営難などが原因で閉館したが、1か月後にリニューアルオープンした。支配人の神山綾(34)は新宿や横須賀の映画館に勤務し、葉の矯正器具メーカーに転職して営業を学んだ後、映画配給会社に移った。2016年にはkikiの前身の映画館に加わり、編成担当や副支配人を任された。2018年の閉館時、経営者を除くスタッフ全員が新しい映画館に移った。*37

大和市

ヤマト大映
所在地 : 神奈川県高座郡大和町下草柳515(1955年)、神奈川県大和市下草柳515(1960年)、神奈川県大和市515(1963年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「ヤマト大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
鶴間名画座
所在地 : 神奈川県大和市西鶴間3195(1969年)、神奈川県大和市鶴間2-1-4(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1967年の住宅地図では「名画座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「クレアーレ」。最寄駅は小田急江ノ島線鶴間駅。
つばめ座/大和つばめ座
所在地 : 神奈川県高座郡大和町深見2686(1955年)、神奈川県大和市深見町1104(1969年)、神奈川県大和市大和南2-2-1(1973年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1973年以後1976年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「つばめ座」。1967年の住宅地図では「つばめ座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「2階 大和ミュージック劇場」。跡地はストリップ劇場「大和ミュージック劇場」。最寄駅は相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅。
大和日活劇場/大和日活(旧)
所在地 : 神奈川県大和市深見2512(1960年・1963年)、神奈川県大和市深見町2512(1966年・1969年)、神奈川県大和市大和東3-1-7(1973年・1976年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1984年頃(移転)
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大和日活」。1967年の住宅地図では「大和日活」。1973年の映画館名簿では「大和日活劇場」。1976年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「大和日活」。1982年の映画館名簿では経営会社が大和東映株式会社、経営者が中吉誠也、支配人が七里嘉一、木造2階、250席、にっかつ・成人映画を上映、電話が61-0255。1985年の住宅地図では跡地に空地。跡地はマンション「サンクレイドル大和中央通り」。最寄駅は相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅。
大和東映劇場/大和東映(旧)
所在地 : 神奈川県大和市深見2783(1960年)、神奈川県大和市深見町2783(1966年・1969年)、神奈川県大和市大和南2-2-3(1973年・1976年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1984年頃(移転)
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大和東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1967年の住宅地図では「大和東映劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大和東映劇場」。1976年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「大和東映」。1982年の映画館名簿では経営会社が大和東映株式会社、経営者が中吉誠也、支配人が七里嘉一、木造2階、200席、東映・松竹・東宝・洋画を上映、電話が61-0366。跡地はマンション「イニシア大和南」。最寄駅は相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅。
大和日活・大和東映
所在地 : 神奈川県大和市大和南1-4-14(1985年)、神奈川県大和市大和東1-4-14(1988年)
開館年 : 1984年頃
閉館年 : 1988年頃
1985年・1988年の映画館名簿では「大和日活・大和東映」(2館)。1985年の映画館名簿では経営会社が大和東映株式会社、経営者が中吉誠也、支配人が七里嘉一、鉄筋造2階、大和日活が106席、大和東映が96席、大和日活が邦画・洋画を上映、大和東映がにっかつ・成人映画を上映、電話がいずれも61-0255。1985年の住宅地図では「大和日活」。1989年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「カラオケデイトリッパー」が入る「甘太郎ビル」。最寄駅は相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅。
ワーナー・マイカル・シネマズつきみ野/イオンシネマつきみ野
所在地 : 神奈川県大和市つきみ野1-6-1 つきみ野サティ4階(2010年)
開館年 : 2000年11月9日
閉館年 : 2018年2月28日
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿には掲載されていない。

海老名市

相模座
所在地 : 神奈川県高座郡海老名村中新田(1930年)、神奈川県高座郡海老名村河原口347(1936年)
開館年 : 1926年11月頃
閉館年 : 1933年または1934年頃
1930年・1936年の映画館名簿では「相模座」。1930年の映画館名簿では経営者・支配人ともに清水光雄、定員は記載なし。1936年の映画館名簿では興業主・支配人ともに石川たけ、上映系統は記載なし。

1926年には神中鉄道(現在の相模鉄道)と相模鉄道(現在のJR相模線)が共同で使用する厚木駅が開業し、厚木駅周辺は「東厚木」と呼ばれるほど厚木町との経済圏の一体化が進んだ。厚木駅前に商店の進出が進んだことで、1926年11月頃、河原口字に下長沢347番地に「相模座」が開館した。敷地面積約600平方メートル、建坪594平方メートル。木造2階建てモルタル塗りであり、客席は椅子席ではなく畳敷きだった。主に無声映画が上映され、東京から訪れた歌舞伎一座が公演を行うこともあった。1931年頃にはトーキー映画に切り替わって観客が増えたが、他地域にも劇場や映画館が開館したことで、相模座は1933年または1934年頃に閉館した。*38

「相模座」に言及している雑誌論文として、飯田孝「昭和初期における海老名市河原口の変貌 『東厚木』の呼称と劇場『相模座』を中心に」『えびなの歴史』、2005年、第15号がある。現物は未確認。*39
大塚劇場
所在地 : 神奈川県海老名市(1973年・1974年・1975年・1976年)※市制施行後であるが文献では高座郡海老名町と誤記されている。
開館年 : 1970年以後1973年以前
閉館年 : 1976年頃
1969年・1970年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1974年・1975年・1976年の映画館名簿では「大塚劇場」。1975年の映画館名簿では経営者・支配人ともに小金井伝次郎、木造1階、260席、邦画を上映。1977年・1978年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「平塚信用金庫海老名支店」。最寄駅は相鉄本線さがみ野駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ海老名/イオンシネマ海老名
所在地 : 神奈川県海老名市中央2-4-1 海老名サティ内(1995年・2000年・2005年)、神奈川県海老名市中央2-4-1 海老名サティ2階(2010年)、神奈川県海老名市中央2-4-1 イオン海老名店2階(2015年・2020年)
開館年 : 1993年4月24日
閉館年 : 営業中
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ海老名1-7」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ海老名1-7」(7館)。

1993年4月24日、海老名市中央2丁目に完成した「海老名サティ」 内に、日米合弁の映画館運営会社「ワーナー・マイカル」による日本初のマルチプレックス・ムービーシアター(複合映画館)が開館する。量販店のニチイ海老名店が衣替えして開店するのに合わせた。一人の経営者が興行によって全7館を自由に運営する。旧二チイ海老名店の2階と3階にあったスケートリンクを映画館に改築している。2階に「シネマズ・海老名」の名称でスクリーン1からスクリーン6があり、2階と3階を合わせた部分にスクリーン7がある。座席数は150席から632席であり、計1972席。全スクリーンがスタジアム方式であり、最新の音響設備が設置されている。映写技師は7館全体で1人または2人である。全スクリーンで一斉に同じ映画を上映することもできる。開館当日の上映作品はロードショー作品の洋画『許されざる者』、『天使にラブ・ソングを』、『ロボコップ3』、『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』、邦画の『まあだだよ』、『結婚』、子ども向けの「東映スーパーヒーローフェア」の7作品。5月29日からは吉永小百合主演で第43回ベルリン国際映画祭正式招待作品『夢の女』も上映される。*40

1993年、日本初の本格的シネ・コンとして海老名市中央2-4-1に「ワーナー・マイカル・シネマズ海老名」が開館した。7スクリーンを有し、「映画のデパート」をキャッチフレーズとする。駐車場は1600台分もあり、「車で行ける映画館」である。発券状況をコンピュータで管理し、客入りを観ながら柔軟に番組を組み替えている。ホールはスタジアム形式を採用し、音響は最新のデジタル方式である。*41
TOHOシネマズ海老名
所在地 : 神奈川県海老名市中央1-8-1(2005年)、神奈川県海老名市中央1-18-1(2010年)、神奈川県海老名市中央1-18-1 ビナウォーク内(2015年・2020年)
開館年 : 2002年4月19日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ海老名1-10(10館)。

座間市

イオンシネマ座間
所在地 : 神奈川県座間市広野台2-10-2 イオンモール座間別棟
開館年 : 2020年3月27日
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。

綾瀬市

映画館名簿によると綾瀬市に映画館は存在しなかったと思われる。

愛甲郡愛川町

半原映画館/半原映画劇場
所在地 : 愛甲郡愛川町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿では「半原映画劇場」。1960年の映画館名簿では「半原映画館」。1963年の映画館名簿では「半原映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

愛川町文化財調査報告書第23集『故影拾遺2』愛川町、2018年に掲載されている。現物は未確認。*42

愛甲郡清川村

映画館名簿によると愛甲郡清川村には映画館が存在しなかったと思われる。

湘南地域

藤沢市

藤沢市の映画館
東館
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町相生町1054(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「東館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年の藤沢にあった「あずま館」の写真あり。藤沢における映画の殿堂と呼ばれた。*43
藤沢キネマ
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町藤見町530(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「藤沢劇場」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年の藤沢にあった映画専門館「藤沢キネマ」の写真あり。*44
長後文化劇場
所在地 : 神奈川県藤沢市長後宿件740(1958年)、神奈川県藤沢市長後町宿件740(1960年)、神奈川県藤沢市長後町宿仲740(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長後文化劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
藤沢第一劇場/藤沢東映劇場(藤沢460)
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢460(1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1960年の映画館名簿では「藤沢第一劇場」。1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「パチンコトーエイ」。跡地は「日高屋藤沢北口店」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
湘南映画劇場/ツジドウ東映/辻堂東映/ツジドウ東映劇場
所在地 : 辻堂若松町2233(1955年)、神奈川県藤沢市辻堂2233(1958年・1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1969年頃
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「湘南映画劇場」。1958年の映画館名簿では「ツジドウ東映」。1960年の映画館名簿では「辻堂東映」。1966年の住宅地図では発見できず。1966年・1969年の映画館名簿では「ツジドウ東映劇場」。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。
藤沢文化/藤沢日活劇場
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢484(1960年)、神奈川県藤沢市銀座通384(1963年)、神奈川県藤沢市東横須賀484(1966年)、神奈川県藤沢市銀座通384(1969年・1970年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「藤沢文化」。1965年の住宅地図では「藤沢日活劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「藤沢日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート藤沢駅北口店などが入る「藤沢アンバービル」建物南側。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢中央映画劇場/藤沢中央劇場/フジサワ中央劇場(旧)
所在地 : 神奈川県藤沢市(1953年)、神奈川県藤沢市藤沢420(1960年・1969年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1972年
Wikipedia : フジサワ中央
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1953年の映画館名簿では「藤沢中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では「藤沢中央劇場」。1966年の住宅地図では「藤沢中央劇場」。1969年の映画館名簿では「フジサワ中央劇場」。1973年の住宅地図では「藤沢中央劇場」。1972年閉館。1978年以後1980年以前にフジサワ東映劇場の場所に移転。跡地は「小田急百貨店ふじさわ」建物南東部。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1972年の藤沢市にあった「藤沢中央劇場」の写真あり。「フジサワ中央」の文字が見える。『新 猿の惑星』や『バニシングポイント』の看板が見える。藤沢駅南口にあった。娯楽が少なかった1950年に開館した。江ノ電百貨店建設のために1972年に閉館した。*45
藤沢劇場/藤沢松竹映画劇場/藤沢映画劇場/藤沢ニューオデオン座
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢223(1953年・1955年)、神奈川県藤沢市遊行通223(1958年・1960年)、神奈川県藤沢市藤沢遊行通223(1963年)、神奈川県藤沢市遊行通233(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年・1985年)
開館年 : 1930年以後1932年以前、1947年7月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1953年の映画館名簿では「藤沢劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「藤沢映画劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「藤沢松竹映画劇場」。1980年・1982年の映画館名簿では「藤沢映画劇場」。1982年の住宅地図では「藤沢映画劇場」。1985年の映画館名簿では「藤沢ニューオデオン座」。1986年・1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤沢ビル1」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1932年の藤沢にあった「藤沢劇場」の写真あり。ファサードに「場劇沢藤」の文字が見える。もともと旅役者出身の人物が芝居小屋として開館させ、後には芝居と映画を交互に興行していた。*46

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「藤沢劇場」が描かれている。*47

『写真集 映画黄金期小屋と名作の風景 上巻』国書刊行会、1989年には「藤沢オデオン座」と「藤沢劇場」が掲載されている。*48
藤沢みゆき座
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢325(1974年・1976年・1978年・1980年・1990年・1992年)、神奈川県藤沢市南藤沢8-6 地下1階(1994年)
開館年 : 1973年頃
閉館年 : 1994年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年・1976年・1978年・1980年・1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「藤沢みゆき座」。1982年の住宅地図では「魚万会館」地下1階に「藤沢みゆき座」。1992年の映画館名簿では鉄筋造地下、130席、経営会社が横浜興行、経営者が福田豊、支配人が木村唯義、洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「藤沢ガーデンハウス」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
シネマ中央/藤沢シネマ中央/フジサワシネマ中央
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢576-1(1985年・1990年・1995年・1996年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 1996年以後1998年以前
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に「みどりや呉服店」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の住宅地図では「シネマ中央 3階麻雀グリーン」。1985年・1990年の映画館名簿では「シネマ中央」。1989年の住宅地図では「シネマ中央 ナイトパブコミック 麻雀あざみ野」。1995年の映画館名簿では「藤沢シネマ中央」。1996年の映画館名簿では「フジサワシネマ中央」。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「クリオ藤沢壱番館」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢テアトル大丸/藤沢スカラ座
所在地 : 神奈川県藤沢市鵠沼1960-7(1982年)、神奈川県藤沢市南藤沢22-8(1985年・1990年・1995年・1998年・2000年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に空き地。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「藤沢テアトル大丸」。1989年の住宅地図では「西湘鉱産ビル」の地下1階に「藤沢テアトル大丸」。1998年・2000年の映画館名簿では「藤沢スカラ座」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西湘鉱産ビル」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
藤沢オデオン1番館・2番館
所在地 : 神奈川県藤沢市南藤沢22-16(1986年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1985年頃
閉館年 : 2005年以後2007年以前
1973年の住宅地図では後の映画館の場所に「貸車庫」(ガレージ)。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「藤沢オデオン1番館・2番館」(2館)。1989年の住宅地図では「オデオンビル」の3階・4階に「オデオン1番館」、5階〜7階に「オデオン2番館」。2008年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はホテル「相鉄フレッサイン藤沢駅南口」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。
オデオン座/藤沢オデオン座/藤沢オデオン座三番館/藤沢オデオン座・藤沢キネマ88
所在地 : 神奈川県高座郡藤沢町辻堂(1936年)、神奈川県藤沢市南仲通1(1943年)、神奈川県藤沢市(1953年)、神奈川県藤沢市南仲通1-1011(1960年)、神奈川県藤沢市南仲通1011(1966年)、神奈川県藤沢市仲通1011(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)、神奈川県藤沢市藤沢1011(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1935年7月、1989年2月
閉館年 : 2007年4月1日
『全国映画館総覧 1955』によると1935年7月開館。1936年の映画館名簿では「オデオン座」。1943年・1953年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「藤沢オデオン座」。1966年の住宅地図では「オデオン映画館」。1973年・1982年の住宅地図では「映画館 オデオン座」。1986年の映画館名簿では「藤沢オデオン座三番館」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。1989年の住宅地図では「(仮)オデオン銀座ビル」。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「藤沢オデオン座・藤沢キネマ88」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2011年に建物解体。跡地はマンション「湘南藤沢ミッドレジデンス」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

1940年の藤沢にあった「藤沢オデオン座」の写真あり。昭和初期の藤沢には藤沢オデオン座のほかに、寿町に「藤沢劇場」、富士見町に「藤沢キネマ」、相生町に「東館」があった。東館の映写技師が独立して藤沢オデオン座を開館させた。名称は横浜のオデオン座に因んでいる。*49

1986年12月23日、横浜市の映画館「オデヲン」は藤沢市などで「藤沢オデヲン」「大船オデヲン」などを経営する野内映画を相手取り、「オデオン」の名称使用と広告宣伝の差し止めを求める訴えを横浜地方裁判所に起こした。横浜市のオデヲンは1911年に設立され、1923年に先代社長に引き継がれると、1952年頃にオデヲンを商標登録している。1954年にオデヲンが木造から鉄筋造に建て替えられた際、建物を譲り受手開館したのが藤沢オデヲンだという。野内映画によると、この際に名称と女神のシンボルマークを使ってよいとする約束をしたという。*50

1989年2月26日、藤沢駅北口の銀座通りに260席の「藤沢オデヲン」と166席の「藤沢キネマ88」が開館した。野内フク(83)が社長を務める野内映画会社は、旧「藤沢オデヲン座」を改築して2館が入るビルを建てた。*51

2006年3月末まで、JR藤沢駅北口の映画館「藤沢オデヲン座」の正面入り口が『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』をイメージした装飾で飾られている。経営する湘南オデヲンは1935年12月に開業し、2005年に70周年を迎えた。湘南オデヲンは「藤沢キネマ88」と「オデヲン1番館」も経営している。*52

『写真集 映画黄金期小屋と名作の風景 上巻』国書刊行会、1989年には「藤沢オデオン座」と「藤沢劇場」が掲載されている。*53
藤沢東映劇場(藤沢93)/フジサワ東映劇場/フジサワ中央劇場(新)/フジサワ中央/フジサワ中央・フジサワ中央スカラ/フジサワ中央1・2
所在地 : 神奈川県藤沢市藤沢93(1960年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 2010年8月31日
Wikipedia : フジサワ中央1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「藤沢東映劇場」。1973年の映画館名簿では「フジサワ東映劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「フジサワ中央劇場」。1982年の住宅地図では「フジサワ中央 藤沢映画興業(株)」。1985年の映画館名簿では「フジサワ中央」。1989年の住宅地図では「藤沢中央ビル」。1990年・1995年の映画館名簿では「フジサワ中央・フジサワ中央スカラ」(2館)。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「フジサワ中央1・2」(2館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国際新堀芸術学院ライブ館」。最寄駅はJR東海道本線・小田急江ノ島線藤沢駅。

藤沢市最後の映画館だったフジサワ中央が2010年8月31日をもって閉館する。1950年4月に現在地に開業した。JR藤沢駅北口から徒歩5分。大小の2スクリーンがある。2007年に4スクリーンがあった湘南オデオンが閉館すると藤沢市最後の映画館となった。座席には背もたれもカップホルダーもなかく、興行収入はこの5年で3割も減少していた。*54

2010年8月31日をもって、藤沢市唯一の映画館「フジサワ中央」が閉館する。茅ヶ崎市や海老名市のシネコンに押されて観客数が激減していた。1950年4月に開館。207席の1と126席の2の2スクリーンを有し、邦画を中心に上映していた。観客動員記録を持つのは2001年の『千と千尋の神隠し』であり、45週間で4万8500人を集めた。ここ3年から4年は興行収入が前年比20%減となっており、リーマンショックの影響でテナント収入も激減していた。最終上映作品は1が『借りぐらしのアリエッティ』であり、2が『ポケットモンスター』と『ねこタクシー』。*55

2010年8月いっぱいで、藤沢市の映画館「フジサワ中央」が閉館する。経営は藤沢映画興行。湘南地域では最後の独立系映画館だった。フジサワ中央の閉館によって、一般映画を上映する神奈川県の映画館は横浜市の5館6スクリーンのみとなる。1950年4月開館。映画黄金期には国鉄藤沢駅から400mも観客が行列を作ったこともあり、忙しさにチケット販売員が泣き出したこともあったという。1986年の『子猫物語』、2001年の『千と千尋の神隠し』などの上映時には立ち見も出た。シネコン時代になると、シネコンで上映されないような名画や社会は作品を積極的に上映した。現在は3階・4階に207席の1号館があり、地下1階に126席の2号館がある。この3-4年で観客数が3割減少し、リーマンショック後には映画事業の不振を補う不動産収入も激減した。2011年には藤沢市内にもシネコンが開館予定であり、閉館を余儀なくされた。*56

2013年8月25日、藤沢市の映画館「フジサワ中央」が1日限定の上映会を開催する。2010年8月に60年の歴史の幕を閉じて新堀ギターとなったが、約150席のホールはそのまま残っている。『男はつらいよ 寅次郎の青春』を上映する。*57
109シネマズ湘南
所在地 : 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1 テラスモール湘南4階(2015年・2020年)
開館年 : 2011年11月11日
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「109シネマズ湘南1-10」(10館)。
シネコヤ
所在地 : 神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-4-6
開館年 : 2017年4月8日
閉館年 : 営業中
2014年5月16日、藤沢市鵠沼地区の有志が映画の定期上映会「鵠沼シネマ」をスタートさせた。藤沢市内で自主上映会を開催している任意団体「シネコヤ」(竹中翔子代表)が、コミュニティスペースを運営する「アイビーハウス」(さとうさちこ管理人)を共同で企画した。アイビーハウスに120インチのスクリーンとプロジェクターを設置し、毎月第3金曜・土曜に旧作・名作映画を上映する。初回の5月16日と17日にはジャン・コクトー監督のフランス映画『オルフェ』を上映した。6月20日・21日にはコクトー監督の『美女と野獣』を上映する。*58

2015年11月1日から8日、JR藤沢駅前の飲食店など11会場で「第1回藤沢国際映画祭」が開催される。かつて藤沢駅前には複数の映画館があったが、2010年までにすべて閉館した。2011年には隣の辻堂駅前にシネコンが開館している。地域情報誌「フジマニ」を発行する三浦悠介(32)が、藤沢駅南口にカフェ兼共用オフィスをオープンさせ、プロジェクターや大型スクリーンを設置して映画上映を模索した。2014年から鵠沼海岸で自主上映会を開催する「シネコヤ」代表の竹中翔子(31)、藤沢駅北口の鮮魚店主かつ食堂を改修して「さかな屋キネマ」を開設した平木高広(52)なども加わり、複数会場を使った映画祭が企画された。『英国王のスピーチ』、魚市場が舞台の『アナタの白子に戻り鰹』、藤沢市出身の竹内里紗の初監督作『みちていく』、『ギターマダガスカル』、『ゾンビーノ』、『ジャック・タチ短編集』、『ストックホルムでワルツを』、『善き人のためのソナタ』など、洋画8作品と邦画4作品が上映される。*59

2016年6月17日から26日、JR藤沢駅前のレストランやギャラリーなど14会場で「第2回藤沢国際映画祭」が開催される。第1回映画祭は11会場で12作品が上映され、約700人が来場した。第2回はフェデリコ・フェリーニ監督作『道』や河鹹照監督作『あん』など、洋画10本・邦画3本が上映される。第1回の開催を機に、自主上映団体「シネコヤ」は常設ミニシアター開館のために、インターネットで開館資金を募る寄付プロジェクトを開始し、鵠沼海岸の元写真館の建物で今夏から今秋の開館を目指している。*60

藤沢市に住む竹内翔子(31)は、6年前に映画館の開館を思い立った。高校や大学時代には地元の映画館で切符もぎりのアルバイトを行い、大学では映像を勉強して映画監督を志した。そのころにアルバイト先の映画館が閉館し、藤沢市から常設映画館がなくなった。住宅街で週末の自主上映会を開催し、閉館した写真館の建物を改修することを決めた。小学4年の娘も応援している。*61

竹中翔子(32)が代表を務める「シネコヤ」は、藤沢市内のレンタルスペースで定期的に自主上映会を開催してきた。2017年4月8日、小田急線鵠沼海岸駅(くげぬまかいがんえき)の近くに常設のミニシアターを開館させる。竹中は高校と大学時代には藤沢駅前の映画館でアルバイトをしており、映画館の魅力に惹かれていた。2010年までに藤沢駅前の名画座2館が相次いで閉館し、2013年から自主上映会「シネコヤ」の活動を本格的に開始した。シネマの「シネ」、寺子屋の「コヤ」が由来。2016年2月には常設映画館の開館準備に取り掛かり、鵠沼海岸駅から徒歩3分の商店街にある元写真館にほれ込んだ。インターネットで資金を募るプロジェクトや、金融機関からの融資で開館にこぎつけた。建物は写真館時代の看板建築を活かしたデザイン。「映画と本とパンの店」がコンセプトである。1階にはイートインスペースがある自家製パン店があり、映画関係など様々な本が並ぶコーナーを設けた。2階は飲食可能な25席のミニシアターであり、サイドテーブルがあるソファ席を設けた。入館は一日中出入り自由。名画座スタイルの上映方式であり、2本立てを各2回上映する。2週間ごとに作品を入れ替える。8日からのオープニング作品は『シーモアさんと、大人のための人生入門』など。*62

ベーカリーと読書スペースを併設した小規模映画館「シネコヤ」が開館。25席ある館内。竹中翔子社長(32歳)が2016年9月に起業し手準備を進めた。竹中は藤沢市内の他の映画館で働いたり、上映会を企画した。2007年と2010年には藤沢氏内の老舗映画館が相次いで閉館。*63

シネコヤに言及している雑誌記事として、「TEMPO スクリーン カチンコ閻魔帳 鵠沼海岸駅から徒歩3分」『週刊新潮』2018年12月27日がある。現物は未確認。*64

シネコヤに言及している雑誌記事として、「ひとり映画さんぽ 町に残したいものを集めた1本の映画のような場所へ『シネコヤ』居心地抜群の部屋で映画と本とパンに浸って」『OZmagazine』2018年2月がある。現物は未確認。*65

平塚市

湘南キネマ/平塚東宝映劇/平塚東宝映画劇場/平塚文化劇場
所在地 : 神奈川県中郡平塚町新宿1129(1930年)、神奈川県平塚市新宿1129(1936年)、神奈川県平塚市新宿(1943年)、神奈川県平塚市新宿1130(1955年)、神奈川県平塚市新宿1129(1960年)
開館年 : 1923年以後1925年以前、1945年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1930年・1936年の映画館名簿では「湘南キネマ」。1943年の映画館名簿では「平塚東宝映劇」。1955年の映画館名簿では「平塚東宝映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「平塚文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「プライムスクエアー湘南平塚」。

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「湘南キネマ」、「劇場」(平塚劇場)が描かれている。*66

1916年(大正5年)頃には、平塚町初の映画常設館として「旭座」(後の平塚旭劇場)が開館した。1925年(大正14年)の平塚町案内図には、映画館として「旭座」、「湘南キネマ」、「平塚劇場」が掲載されている。*67

1923年の関東大震災後、平塚町の東海道筋に映画館「湘南キネマ」が開館した。1939年の『平塚市勢要覧』にも湘南キネマが掲載されている。*68
平塚セントラル映画劇場/平塚セントラル劇場
所在地 : 神奈川県平塚市新宿1491(1955年・1958年・1960年・1966年)、神奈川県平塚市宝町5-27(1969年・1970年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「平塚セントラル劇場」。1960年の映画館名簿では「平塚セントラル映画劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「平塚セントラル劇場」。1969年の住宅地図では「平塚セントラル劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
平塚名画座
所在地 : 神奈川県平塚市札場町2-14(1966年)、神奈川県平塚市札場町12-14(1969年・1973年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1973年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「平塚名画座」。1969年の住宅地図では「名画座」。1974年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「平塚信用金庫須賀支店」駐車場。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。
旭座/平塚東映旭劇場/東映旭劇場/平塚東宝旭劇場
所在地 : 神奈川県中郡平塚町平塚町(1930年)、神奈川県平塚市新宿887(1955年)、神奈川県平塚市新宿886(1958年・1960年・1963年・1966年)、神奈川県平塚市明石町21-32(1969年・1973年)
開館年 : 1916年頃、1946年1月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1930年の映画館名簿では「旭座」。1955年・1958年の映画館名簿では「平塚東映旭劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東映旭劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「平塚東宝旭劇場」。1969年の住宅地図では「平塚東宝旭劇場」。1974年・1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「オーセンティアタワー平塚」。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。

1916年(大正5年)頃には、平塚町初の映画常設館として「旭座」(後の平塚旭劇場)が開館した。1925年(大正14年)の平塚町案内図には、映画館として「旭座」、「湘南キネマ」、「平塚劇場」が掲載されている。*69
平塚大映/平塚大映中央劇場/平塚中央劇場/平塚オデオン座
所在地 : 神奈川県平塚市新宿939(1958年・1960年・1966年)、神奈川県平塚市明石町26-10(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「平塚大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「平塚大映中央劇場」。1969年の住宅地図では「平塚大映中央劇場」。1973年・1976年の映画館名簿では「平塚中央劇場」。1980年の映画館名簿では「平塚オデオン座」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「マイキャッスル平塚ロイヤルステージ」。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。
平塚松竹映画劇場/平塚スカラ座/平塚エトアール・平塚有楽座・平塚東映劇場・平塚スカラ座/平塚プラザ・平塚有楽座・平塚みゆき座・平塚明宝劇場・平塚スカラ座/平塚プラザ・平塚有楽座・平塚フラッシュ・平塚明宝劇場・平塚スカラ座
所在地 : 神奈川県平塚市新宿1168(1955年・1960年・1966年)、神奈川県平塚市錦町2-8(1969年)、神奈川県平塚市錦町2-9(1973年・1976年・1980年)、神奈川県平塚市錦町2-20(1985年・1990年)
開館年 : 1924年9月、1963年
閉館年 : 1991年9月6日
『全国映画館総覧 1955』によると1924年9月開館。1955年の映画館名簿では「平塚松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「平塚松竹映画劇場」。1966年の映画館名簿では「平塚スカラ座」。1969年の映画館名簿では「平塚エトアール・平塚有楽座・平塚東映劇場・平塚スカラ座」(4館)。1969年の住宅地図では「スカラ座 平塚東映 エトアール劇場」。1973年の映画館名簿では「平塚プラザ・平塚有楽座・平塚エトアール」(3館)。1976年の映画館名簿では「平塚プラザ・平塚日活有楽座・平塚シネサロン・平塚スカラ座・平塚明宝劇場」(5館)。1979年の住宅地図では「明宝劇場 有楽座 プラザ スカラ座 みゆき座」。1980年の映画館名簿では「平塚プラザ・平塚有楽座・平塚みゆき座・平塚明宝劇場・平塚スカラ座」(5館)。1985年・1990年の映画館名簿では「平塚プラザ・平塚有楽座・平塚フラッシュ・平塚明宝劇場・平塚スカラ座」(5館)。1995年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。

1991年9月6日をもって、平塚市錦町にある明宝グループの映画館5館が休館した。平塚市に残る映画館は2館となった。1963年に地元の人から明宝株式会社が映画館運営を引き継いだ。当初は1館のみだったが、1965年には隣接地に新しい建物を建設して順次規模を拡大させ、やがて洋画3館・邦画2館の計5館の体制となった。3年前から急激に観客数が減少していたが、まだ営業を継続できるレベルではあった。しかし、敷地の約半分を占めていた借地を地主に返却する必要に迫られたことで休館となった。*70
平塚劇場/紅谷座映画劇場/平塚紅谷座/平塚松竹・平塚日活/平塚松竹紅谷座・平塚東映紅谷座/平塚にっかつ紅谷座・平塚東映紅谷座/平塚紅谷座1・2
所在地 : 神奈川県中郡平塚町平塚町(1930年)、神奈川県平塚市(1936年)、神奈川県平塚市新宿1293-2(1958年)、神奈川県平塚市新宿1293(1960年)、神奈川県平塚市新宿1293-2(1966年)、神奈川県平塚市紅谷町13-12(1969年)、神奈川県平塚市紅谷町13-13(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1930年・1936年の映画館名簿では「平塚劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「平塚紅谷座」。1960年の映画館名簿では「紅谷座映画劇場」。1966年の映画館名簿では「平塚紅谷座」。1969年の映画館名簿では「平塚松竹・平塚日活」。1969年の住宅地図では「紅谷ビル 紅谷座」。1973年・1976年の映画館名簿では「平塚松竹紅谷座・平塚東映紅谷座」(2館)。1979年の住宅地図では「紅谷町ビル 地下東映 2階にっかつ」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「平塚にっかつ紅谷座・平塚東映紅谷座」(2館)。2000年の映画館名簿では「平塚紅谷座1・2」(2館)。2002年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「平塚紅谷座ビル」。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「湘南キネマ」、「劇場」(平塚劇場)が描かれている。*71

1916年(大正5年)頃には、平塚町初の映画常設館として「旭座」(後の平塚旭劇場)が開館した。1925年(大正14年)の平塚町案内図には、映画館として「旭座」、「湘南キネマ」、「平塚劇場」が掲載されている。平塚劇場は後に「平塚松竹劇場」に改称し、松竹作品を上映した。2003年(平成15年)現在の跡地はマンションと駐車場になっている。*72
シネプレックス8平塚/シネプレックス平塚
所在地 : 神奈川県平塚市代官町33-1 オリンピックシティ湘南内(2000年)、神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ内(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1999年4月
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「シネプレックス8平塚1-8」(8館)。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネプレックス平塚1-8」(8館)。シネプレックスの第1号店。最寄駅はJR東海道本線平塚駅。

茅ヶ崎市

茅ヶ崎座
所在地 : 神奈川県高座郡茅ヶ崎町(1943年)、神奈川県茅ヶ崎市西名704(1953年・1955年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1945年以前?
1922年には株式会社茅ヶ崎座が設立され、芝居の興業・演奏会・映画上映などを行った。茅ヶ崎町長を務めた伊藤里之助も発起人に名を連ねている。*73

1933年に刊行された『大日本職業別明細図 第320号 神奈川県』には「茅ヶ崎座」「日之出座」が描かれている。*74
大黒館
所在地 : 神奈川県高座郡茅ヶ崎町(1930年)、神奈川県高座郡茅ヶ崎町新町(1936年)、神奈川県高座郡茅ヶ崎町(1943年)、神奈川県茅ヶ崎市西名704(1953年・1955年)
開館年 : 1930年以前、1951年3月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1930年・1936年・1943年・1953年・1955年の映画館名簿では「大黒館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
茅ヶ崎国際劇場
所在地 : 神奈川県茅ヶ崎市新町5699(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「茅ヶ崎国際劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
茅ヶ崎東映/茅ヶ崎東映劇場
所在地 : 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎630(1958年・1966年・1969年)、神奈川県茅ヶ崎市幸町1-22(1973年・1976年・1980年・1982年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1958年の映画館名簿では「茅ヶ崎東映」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年の映画館名簿では「茅ヶ崎東映劇場」。1978年の住宅地図では「茅ヶ崎東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR茅ヶ崎駅。
茅ヶ崎劇場/茅ヶ崎新生/茅ヶ崎新生劇場/チガサキ新生劇場
所在地 : 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎5819(1953年・1955年・1958年)、神奈川県茅ヶ崎市新町(1960年)、神奈川県茅ヶ崎市新町5819(1966年・1969年)、神奈川県茅ヶ崎市元町3-25(1973年・1976年・1980年・1982年・1985年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1985年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年の映画館名簿では「茅ヶ崎劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「茅ヶ崎新生」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「茅ヶ崎新生劇場」。1976年の住宅地図では「茅ヶ崎新生映画劇場」。1980年・1982年・1985年の映画館名簿では「チガサキ新生劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「GAUDI湘南茅ヶ崎」。最寄駅はJR茅ヶ崎駅。

1957年の「茅ヶ崎劇場」に並ぶ観客の写真あり。茅ヶ崎市の映画館は「茅ヶ崎国際劇場」と「茅ヶ崎新生」の2館体制の時期が長いが、1963年頃は「茅ヶ崎東映」も加わって3館だった。1980年代には茅ヶ崎市から映画館が姿を消したが、1995年3月には6スクリーンを有する「ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎」が開館した。全国でも早い時期に開館したシネコンである。*75
ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎/イオンシネマ茅ヶ崎
所在地 : 神奈川県茅ヶ崎市茅ケ崎2-7-71(2000年・2005年・2010年)、神奈川県茅ヶ崎市茅ケ崎2-7-71 イオン茅ヶ崎店内(2015年)、神奈川県茅ヶ崎市茅ケ崎2-7-71 イオンスタイル湘南茅ヶ崎内(2020年)
開館年 : 1995年3月1日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ茅ヶ崎1-6」(6館)。2013年7月改称。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ茅ヶ崎1-6」(6館)。

秦野市

秦野新生/ハタノ新生/秦野新生座
所在地 : 神奈川県秦野市今川町133(1958年)、神奈川県秦野市今川町1-33(1960年)、神奈川県秦野市今川町133(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「秦野新生」。1958年の映画館名簿では「秦野新生座」。1960年の映画館名簿では「ハタノ新生」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「秦野新生座」。1967年の住宅地図では「ハタノ新生劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「小田急小田原線秦野駅」北口160mにある工事用地と駐車場。最寄駅は小田急小田原線秦野駅。
初音館/秦野初音館/はたの名画座/秦野名画座
所在地 : 神奈川県秦野市曽屋2674(1958年・1960年・1963年・1966年)、神奈川県秦野市本町2-2-7(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 2005年3月31日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「初音館」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「秦野初音館」。1967年の住宅地図では「初音館」。1980年・1985年の映画館名簿では「秦野名画座」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「はたの名画座」。2005年の映画館名簿では「秦野名画座」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2008年竣工のマンション「D'クラディア秦野本町」北東側。秦野市最後の映画館。跡地はマンション「D'クラディア秦野本町」建物北東部。最寄駅は小田急小田原線秦野駅。

『キネマ旬報』1976年9月上旬号、690号には、「われらの映画館 109回 秦野初音館」が掲載されている。*76

2013年10月26日、秦野駅前通り商店街が主催する「映画上映会」が開催され、『レ・ミゼラブル』が上映される。秦野駅北口にある秦野駅前通り商店街には、かつて映画館「秦野名画座」があった。昭和初期に「初音館」として開館し、秦野市唯一の映画館として親しまれた。観客数の減少や秦野駅前再開発事業にともなって、2005年3月に閉館した。*77

伊勢原市

池田会館
所在地 : 神奈川県中郡伊勢原町東大竹347(1955年・1960年)
開館年 : 1953年3月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「池田会館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「池田会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
伊勢原キネマ
所在地 : 神奈川県中郡伊勢原町板戸390(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「伊勢原キネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

『伊勢原市史 通史編 近現代』伊勢原市、2015年は「第8章 関東大震災の発生と復興」の「第3節 震災後の交通と文化」で「伊勢原キネマ」に言及している。現物は未確認。*78

『保存版 秦野・伊勢原今昔写真帖』郷土出版社、2005年は「伊勢原キネマ付近で出征を祝う」写真が掲載されている。現物は未確認。*79

高座郡寒川町

映画館名簿によると高座郡寒川町には映画館が存在しなかったと思われる。

中郡大磯町

大磯座
所在地 : 神奈川県中郡大磯町
開館年 : 1909年7月5日
閉館年 : 1945年以前?
1909年7月5日に市川久米八を招いて杮落としした劇場。1910年には大磯町で初めて活動写真を上映した。伊藤博文の国葬の映画だった。大磯町出身の重田哲三が随筆『阿波多羅』で大磯座に触れ、松井須磨子や山本安英などが来演したと伝えている。「国道1号から大雲寺に入る道の右側」。
大磯キネマ
所在地 : 神奈川県中郡大磯町南本町
開館年 : 1925年8月11日
閉館年 : 1937年
大磯町初の常設映画館。

大磯町南本町1304番地の宮代喜代治は、南本町1104番地の199坪の敷地に活動常設館「大磯キネマ」を開館させた。1925年8月11日に新築落成式が挙行されている。1930年時点の大磯町には、活動写真館として大磯キネマと「大磯座」があった。大磯キネマは定員400名、所在地南本町、経営者宮代喜代治だった。大磯座は定員300名、所在地北本町、経営者簑島弁之助だった。歌舞伎役者の6代目中村歌右衛門は幼少時に大磯町を避寒地としていたが、大磯シネマの2階桟敷席で『バクダッドの盗賊』を観ている。1937年に国道が付け替えられたときに廃館となった。南本町1104番地は愛松苑で死去した新島襄の記念碑があるところである。戦後に大磯町議会議員・大磯町議会議長・大磯町初代教育長などを務めた宮代は「ひげのおじいさん」として親しまれた。*80
大磯会館
所在地 : 神奈川県中郡大磯町1133(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大磯会館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
Movix大磯/大磯ドライブインシアター
所在地 : 神奈川県中郡大磯町国府本郷546
開館年 : 1993年10月9日
閉館年 : 2010年10月11日
2007年10月31日に千葉県船橋市の「ドライブインシアタープラウド」が閉館したことで、2007年11月1日から2010年10月11日まで「日本最後のドライブインシアター」だった。

1993年10月9日、大磯町の大磯プリンスホテル駐車場にドライブインシアターが開館する。運営は松竹シネ・ファイジャパン。「海の見えるドライブイン・シアター」が売り物。140台を収容。毎日19時から2回上映する。10月9日から10月29日までは『幸福の条件』を、10月29日から11月19日までは『アラジン』を上映する。*81

1993年(平成5年)10月には大磯プリンスホテルの駐車場に、神奈川県内唯一のドライブインシアターがオープンした。*82

2007年8月末には千葉県野田市にあったドライブインシアターが閉館し、2007年10月末には千葉県船橋市にあった「ドライブインシアター・プラウド」の閉館も決定している。プラウドは1981年に開館した国内初のドライブインシアターである。これによって、国内の常設ドライブインシアターはドライブインシアター大磯のみとなる。大磯プリンスホテルにあるドライブインシアター大磯は、上映の合間の待ち時間に子供が遊べるスペースと道具が設置されており、売店では映画にちなんだ菓子を販売している。*83

大磯ドライブインシアターは日本で唯一となったドライブインシアターである。8,400m2の駐車場の両端に、8m×16mの巨大スクリーンと映写用トレーラーが置かれている。最大で200台が視聴可能。目の前には相模湾がひろがり、隣には大磯ロングビーチがある。このような立地からサーフィン映画は人気であり、最近ではウィンドサーフィンを題材とする『Life 天国で君に逢えたら』がヒットしたが、時代劇『武士の一分』はさっぱりだった。日本初のドライブインシアターは1981年にオープンした千葉県船橋市のものとされる。1993年10月にはドライブドライブインシアターMOVIX大磯(現・大磯ドライブインシアター)がオープンした。現在は東洋建装が大磯プリンスホテルの委託を受けて運営しており、又木宏和(64)と息子の又木隆志(24)らによる家族経営である。一時期は全国で30館ほどのドライブインシアターがあったが、シネコンの台頭で相次いで閉館するようになった。2007年には船橋市のドライブインシアターが閉館したことで、大磯が日本唯一のドライブインシアターとなった。入場料は1人なら1台1700円、2人以上なら何人でも1台3400円。セダンは前方、ワゴン車は後方に駐車してもらっている。入口では飲み物やポップコーンなどのメニュー表も手渡され、上映中に携帯電話で注文すればスタッフがスケボーで運んでくれるほか、近隣のデニーズからもデリバリー可能である。*84

大磯プリンスホテルは情報誌を発行しており、1993年10月1日発行の第7号に「ドライブイン・シアター MOVIX IN 大磯」、1993年12月1日発行の第9号に「紙上再現」、1994年2月1日発行の第11号「車の前にBIGなスクリーン ドライブイン・シアター」、1994年7月1日発行の第16号「編集後記」にドライブインシアターに関する記事が掲載されている。

「ドライブインシアター大磯」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*85

中郡二宮町

二宮劇場
所在地 : 神奈川県中郡二宮町899(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「二宮劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

県西地域

小田原市

福音館
所在地 : 神奈川県小田原市曽我原558(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「福音館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
国府津ロマンス座
所在地 : 神奈川県小田原市国府津1258(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国府津ロマンス座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小田原ロマンス座
所在地 : 神奈川県小田原市緑町1-6(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小田原ロマンス座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小田原東宝館(旧)/小田原銀映座
所在地 : 神奈川県小田原市緑町1-49(1953年・1955年・1958年・1960年・1966年)、神奈川県小田原市栄町2-8-17(1969年)
開館年 : 1937年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1937年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「小田原東宝館」。1958年・1960年・1966年・1969年の映画館名簿では「小田原銀映座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
小田原みゆき座/小田原御幸座
所在地 : 神奈川県小田原市新王町2-245(1966年)、神奈川県小田原市浜町1-5-35(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1960年(映画館化)
閉館年 : 1984年
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「小田原みゆき座」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「小田原御幸座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年の住宅地図では「小田原御幸座」。

小田原市浜松1丁目には御幸座という芝居小屋があったが、1960年(昭和35年)に映画館に転換した。1984年(昭和59年)に閉館した。「御幸座」の文字が見える1962年(昭和37年)の写真あり。*86
復興館/国際劇場/小田原日活/小田原日活国際劇場/小田原松竹国際劇場・小田原日活ロマン劇場/小田原国際劇場・小田原にっかつ劇場
所在地 : 神奈川県小田原市万年4-660(1960年)、神奈川県小田原市本町2-5-4(1969年・1976年・1980年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1955年の映画館名簿では「国際劇場」。1960年の映画館名簿では「小田原国際劇場」。1969年の映画館名簿では「小田原日活国際劇場」。1976年の映画館名簿では「小田原松竹国際劇場・小田原日活ロマン劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「小田原国際劇場・小田原にっかつ劇場」(2館)。1982年・1985年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。1988年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は葬儀場「ファミリーホール小田原」。

1923年(大正12年)9月1日の関東大震災からの復興を願って、同年に日活作品の上映館として「復興館」が開館した。1953年(昭和28年)には建物を建て替え、「国際劇場」に改称して大映と東映作品の上映館となった。1960年(昭和35年)には「小田原日活」に改称して再び日活作品の上映館となった。小田原東映と同じく2000年(平成12年)に閉館した。東海道と青物町商店街が交わる国際通り交差点の角にあった。1967年の写真あり。当時の青物町商店街の入口にはアーチが架けられており、現在の東海道に架かる歩道橋はまだないように見える。*87
小田原オークラ劇場
所在地 : 神奈川県小田原市栄町1-14-4(1977年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1976年頃
閉館年 : 1989年頃
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1977年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「小田原オークラ劇場」。1978年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階部分120席、経営者は大蔵映画、支配人は大倉貢、支配人は藤井義信、成人映画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「音羽プラーザビル」北側の駐車場。
シネサロン ネムレ/にっかつロマンネムレ
所在地 : 神奈川県小田原市栄町2-4-1(1976年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1973年以後1976年以前
閉館年 : 1989年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1978年・1980年の映画館名簿では「シネサロン ネムレ」。1978年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造4階部分48席、経営会社は石井商会、経営者は石井康之助、支配人は川口啓介、洋画を上映。1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「にっかつロマンネムレ」。1988年の住宅地図では「杉田ビル」4階の「にっかつロマンネムレ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スナックユリ」や「パブクラブアンアン」などがある名称不明のビル。映画館があった時代と同一の建物と思われる。
小田原中央劇場/小田原中央劇場1・2
所在地 : 神奈川県小田原市幸1-179(1958年・1960年・1966年)、神奈川県小田原市本町2-9-27(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1956年4月24日
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「中央劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「小田原中央劇場」。1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「小田原中央劇場1・2」(2館)。1988年の住宅地図では「小田原中央劇場」。1994年・1995年・1998年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「さがみ信用金庫本店」北側の駐車場。

1956年4月24日、小田原市幸1丁目179にシネスコ劇場「中央劇場」が開館した。会長は増井慶太郎、社長は渡辺重光。*88

小田原市の国道1号沿いには、小田原東映と同じく1956年(昭和31年)に開館した中央劇場があった。西湘地区唯一の「洋画封切り劇場」がうたい文句であり、『太陽がいっぱい』『ベン・ハー』『慕情』などを上映した。2003年に閉館した。1967年頃の写真あり。『カレードマン 大胆不敵』などの看板が見え、「Chuo Theatre」の文字が見える。*89
小田原東映劇場/小田原東映
所在地 : 神奈川県小田原市幸1-185(1958年・1960年・1966年)、神奈川県小田原市本町2-7-5(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 2000年3月31日
Wikipedia : 小田原東映劇場
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「小田原東映劇場」。1988年の住宅地図では「小田原東映劇場」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「小田原東映」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はどら焼き店「菜の花あん工房」。

国道1号の小田原市民会館交差点の近くには、1956年(昭和31年)に開館した小田原東映劇場があった。東映作品の専門館であり、「東映まんがまつり」は人気が高かった。2000年(平成12年)に閉館した。「小田原東映」の文字が見える1967年(昭和42年)の写真あり。『一心太助 江戸っ子祭り』、『網走番外地 決斗零下30度』の看板が見える。*90
オリオン座/小田原松竹オリオン座/小田原オリオン座/小田原オリオン座レッドホール・イエローホール・ブルーホール
所在地 : 神奈川県小田原市幸2-286(1953年・1955年・1958年・1960年・1966年)、神奈川県小田原市本町3-11-20(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 2003年8月20日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「オリオン座」。1958年の映画館名簿では「小田原オリオン座」。1960年の映画館名簿では「小田原松竹オリオン座」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「小田原オリオン座」。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「小田原オリオン座レッドホール・イエローホール・ブルーホール」(3館)。1988年の住宅地図では「オリオン座ビル」の「1階レッドホール 2階イエローホール 3階ブルーホール」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2005年竣工のマンション「レアージュ小田原本町」。

戦争からの復興途中の1946年(昭和21年)9月、小田原市にオリオン座が開館した。『わが生涯の輝ける日』の看板が見える昭和20年代の写真あり。オリオン座は松竹の直営館だった。最盛期の小田原市街地には9館の映画館があったが、テレビやビデオの普及、娯楽の多様化などが理由で相次いで閉館していった。平成に入って中央劇場と東映劇場も閉館し、2003年(平成15年)現在は東宝館とオリオン座の2施設のみとなっている。松竹の直営館だったオリオン座は洋画も上映する映画館となり、3スクリーンに増やして営業している。「THEATER ORION」の看板が見える2003年の写真あり。*91

2003年8月号の『小田原史談』には「オリオン座と東宝館の閉館に際し映画館特集号」という記事が掲載されている。現物は未確認。*92
小田原東宝館/小田原東宝劇場/小田原東宝
所在地 : 神奈川県小田原市緑町1-6(1958年)、神奈川県小田原市緑町1-49(1960年・1966年)、神奈川県小田原市栄町2-8-18(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 2003年8月29日
1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「小田原東宝劇場」。1988年の住宅地図では「サンバード長崎屋小田原店」の地下。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「小田原東宝」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ドン・キホーテ小田原店」などがある「山崎商事ビル」。

戦前の1939年(昭和14年)、足柄下郡小田原町緑1丁目(現・栄町2丁目)に「東宝館」が開館した。「東宝館」(※東宝劇場ではない)の文字が見える。当時の小田原には東宝館のほかに、日活系の復興館と松竹系の富貴座もあった。東宝館は1945年(昭和20年)8月15日の小田原空襲を免れ、戦後まもなく営業を再開したことで、映画館前の通りは東宝館通りと呼ばれるようになった。1962年には隣接地に長崎屋小田原店が開店。長崎屋小田原店の店舗改修時には東宝館が地下に入り、東宝館通りはダイヤ街に名を変えている。かつての東宝館通りは飲食店が中心だったが、現在は大型店やアパレル店・日用雑貨店なども多く、小田原市街地の繁華街となっている。*93

2003年8月号の『小田原史談』には「オリオン座と東宝館の閉館に際し映画館特集号」という記事が掲載されている。現物は未確認。*94
ヴァージンシネマズ小田原/TOHOシネマズ小田原
所在地 : 神奈川県小田原市中里313-12(2010年)、神奈川県小田原市中里313-12 ダイナシティウォーク(現在)
開館年 : 2002年12月、2004年2月(改称)
閉館年 : 営業中
2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ小田原1-8・プレミアスクリーン」(9館)。
小田原コロナシネマワールド
所在地 : 神奈川県小田原市前川219-4(2010年)
開館年 : 2003年12月
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿では「小田原コロナシネマワールド1-10」(10館)。

2014年8月2日、小田原市の「小田原コロナシネマワールド」のシネコンに「4DX」映画館がオープンする。国内5番目。10スクリーンのうち1スクリーンを改造し、216席が112席となった。1700円の通常料金に加えて1000円〜1300円が必要。8月2日と8月3日には『パシフィック・リム』と『アナと雪の女王』を上映する。*95

南足柄市

足柄劇場
所在地 : 神奈川県足柄上郡南足柄町関本468(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年1月28日
閉館年 : 1963年7月23日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「足柄劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は大型商業施設「ヴェルミ2」。最寄駅は伊豆箱根鉄道大雄山線大雄山駅。

かつて南足柄市には映画館「足柄劇場」、松田町には「金時座」、山北町には「山北劇場」と「山北中央劇場」があった。南足柄市初の映画館は「娯楽館」であり、昭和初期に現在のさがみ信用金庫関本支店付近に建てられたが、太平洋戦争中に閉館した。戦後まもなく「足柄劇場」が開館し、跡地は呉地一清が店主を務める時計店などが入るビルとなっている。*96

2020年10月から11月29日にかけて、南足柄市郷土資料館で秋期特別展「昭和の銀幕回顧展」が開催されている。ポスター・パンフレット・チラシ・台本・ロビーカードなどが展示されているほか、かつて南足柄市・小田原市・松田町・山北町・秦野市にあった映画館について紹介するコーナーもある。1926年4月14日、現在のさがみ信用金庫関本支店付近に映画館「娯楽館」が開館。現在の南足柄市域初の映画館であり、映画上映のほかに芝居興行や講演なども行われたが、戦争の激化とともに閉館した。1955年1月28日、大雄山駅前の現在のヴェルミ2付近に「足柄劇場」が開館した。1963年7月23日に閉館した。*97

足柄下郡箱根町

映画館名簿によると足柄下郡箱根町に映画館は存在しなかったと思われる。

足柄下郡湯河原町

湯河原キネマ
所在地 : 神奈川県足柄下郡湯河原町(1930年)、神奈川県足柄下郡湯河原町宮上450(1953年・1955年・1958年・1960年・1966年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「湯河原キネマ」。1969年の住宅地図では「湯河原キネマ」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アデニウム湯河原」建物北西部。最寄駅はJR東海道本線湯河原駅。
コデン座/湯河原コデン座
所在地 : 神奈川県足柄下郡湯河原町城堀176(1958年・1960年・1966年)、神奈川県足柄下郡湯河原町城堀(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「コデン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「湯河原コデン座」。1969年の住宅地図では「コデン座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スーパーうちだ温泉場本店」北西の建物。最寄駅はJR東海道本線湯河原駅。

足柄下郡真鶴町

真鶴映画劇場
所在地 : 神奈川県足柄下郡真鶴町幸路坂(1953年・1955年)、神奈川県足柄下郡真鶴町431(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1947年2月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年2月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「真鶴映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図では発見できず。

足柄上郡中井町

映画館名簿によると足柄上郡中井町に映画館は存在しなかったと思われる。

足柄上郡大井町

映画館名簿によると足柄上郡大井町に映画館は存在しなかったと思われる。

足柄上郡松田町

金時座/松田金時座
所在地 : 神奈川県足柄上郡松田町惣領1245(1953年・1955年)、神奈川県足柄上郡松田町惣領1247(1958年)、神奈川県足柄上郡松田町惣領347(1960年)、神奈川県足柄上郡松田町1247(1966年・1969年)、神奈川県足柄上郡松田町惣領1247(1973年・1976年)
開館年 : 1946年5月
閉館年 : 1978年
『全国映画館総覧 1955』によると1946年5月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「金時座」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松田金時座」。1974年の住宅地図では「金時座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR御殿場線松田駅」東130mにある駐車場。最寄駅はJR御殿場線松田駅。

『キネマ旬報』1976年6月下旬号、685号には、「われらの映画館 104回 松田金時座」が掲載されている。*98

かつて南足柄市には映画館「足柄劇場」、松田町には「金時座」、山北町には「山北劇場」と「山北中央劇場」があった。松田駅に近い仲町商店街はかつて「金時座通り」と呼ばれていた。戦時中は倉庫だった芝居小屋を使って1946年に開館し、1965年頃までは芝居の興行も行っていた。日活や大映などを上映し、石原裕次郎などが人気だった。1978年、『八甲田山』を最後に閉館した。*99

1946年には松田町の中心部に町唯一の映画館「金時座」が開館した。座席は800あり、1200人が詰めかけたこともあった。金時座は1977年頃に閉館し、2018年現在の跡地は駐車場となっている。2018年1月からつなぐみらいまつだラボが主催して、松田町民文化センターの一室で月1回程度の連続上映会が開催されている。*100

足柄上郡山北町

山北劇場
所在地 : 神奈川県足柄上郡山北町2639(1953年・1955年)
開館年 : 1940年8月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1940年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「山北劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
山北中央劇場
所在地 : 神奈川県足柄上郡山北町山北1889(1958年・1960年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年・1969年の映画館名簿では「山北中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では発見できず。
山北セントラル劇場
所在地 : 神奈川県足柄上郡山北町(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「山北セントラル劇場」。1974年の住宅地図では「セントラル劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR御殿場線山北駅」北口から西南西420mにある駐車場。最寄駅はJR御殿場線山北駅

足柄上郡開成町

映画館名簿によると足柄上郡開成町に映画館は存在しなかったと思われる。

このページへのコメント

横須賀国際劇場と横須賀第一劇場は同じ住所ですが、隣同士で映画館が存在したと言う事ですか?

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2021年06月20日(日) 07:35:36 返信数(1) 返信

映画館名簿では同じ住所なのですが、1964年の住宅地図を見ると現在のセントラルホテルの場所に異なる建物として描かれていました。
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1GLisVwuWuVYOoJYMMvmygCmMopAfjtiC&ll=35.27960542570136%2C139.66920928399202&z=18

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年06月21日(月) 16:28:05

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます