日本の映画館の総合データベースです。



松本市

民衆館
所在地 : 長野県松本市新町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1934年以前
1927年の映画館名簿には掲載されていない。1930年の映画館名簿では「民衆館」。1934年の映画館名簿には掲載されていない。
松本キネマ
所在地 : 長野県松本市新町(1927年・1934年・1936年)
開館年 : 1923年6月
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1927年の映画館名簿では「松本キネマ」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年の映画館名簿では「松本キネマ館」。1936年の映画館名簿では「松本キネマ」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1923年6月、松本市新町に活動写真館「松本キネマ」が開館した。株式会社組織であり、資本金は3万円である。発起人は宮坂芳一、小林唯一、菊地宇太郎、吉川弥三郎、酒井涛治ら。主に活動写真の上映を行っている。*1

1923年6月、松本市に株式組織の活動写真館「松本キネマ」が開業した。活動写真に加えて芝居の上演も行われたが、間もなく廃館となった。*2

1923年6月、松本市新町に映画館「松本キネマ」が開業した。*3
平和館
所在地 : 長野県松本市新伊勢町(1927年)、長野県松本市新伊勢町駅前(1930年)、長野県松本市新伊勢町(1934年)、長野県松本市新伊勢町186(1936年)
開館年 : 1922年11月
閉館年 : 1932年頃
1927年・1930年・1934年・1936年の映画館名簿では「平和館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1922年11月、松本市新伊勢町に活動写真館「平和館」が開館した。株式組織であり、資本金は3万円である。1933年現在の社長は上條信である。*4

1922年11月、松本市新伊勢町に株式組織の映画館「平和館」が開館した。1932年頃に廃館となった。*5

1922年11月、松本市新伊勢町に映画館「平和館」が開業した。*6
キナパーク/キナパーク館
所在地 : 長野県松本市長沢町(1927年)、長野県松本市長沢町深志公園(1930年)、長野県松本市東長浜町(1934年)、長野県松本市長沢町深志公園(1936年)
開館年 : 1911年8月
閉館年 : 1932年頃
1927年・1930年・1934年の映画館名簿では「キナパーク」。1936年の映画館名簿では「キナパーク館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1911年8月、松本市の深志公園に活動写真館「キナパーク」が開業した。1株3円であり、株主は入場無料だった。1933年現在の社長は西条重市である。*7

1911年8月、松本市の深志公園に「キナパーク」が開館し、昼夜映画を上映した。松本市を含む東筑摩地域における映画館の先駆けである。1932年頃に廃館となった。*8

1911年8月、松本市の深志公園に活動写真館「キナパーク」が開業し、昼夜活動写真を上映した。松本市における常設活動写真館の先駆けである。*9
大都信濃劇場
所在地 : 長野県松本市桜町(1941年)
開館年 : 1923年10月
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「大都信濃劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。

1923年10月、松本市女鳥羽町に劇場「女鳥羽座」が開業した。1926年には株式組織となって「信濃劇場」に改称した。1927年7月には大修理を行い、東京の中村竹三郎・市川新之助一座を招いて舞台開きを行った。*10

1923年10月、松本市女鳥羽町に劇場「女鳥羽座」が開業した。1926年、女鳥羽座が「信濃劇場」に改称した。*11
興亜館
所在地 : 長野県松本市東長沢町995(1941年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「興亜館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
建国座/大都建国座
所在地 : 長野県松本市小池町(1936年・1941年)
開館年 : 1928年11月
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「建国座」。1941年の映画館名簿では「大都建国座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年11月、松本市小池町に劇場「建国座」が開館した。株式組織であり、資本金は15万円。社長は三沢啓一郎。東京の吾妻藤蔵、吾妻市之丞一座が舞台開きを行った。*12

1928年11月、松本市宮村町に株式組織で劇場「建国座」が開業した。舞台開きには東京歌舞伎の吾妻藤蔵と吾妻市之丞が招かれている。*13

1928年11月、松本市宮村町に劇場「建国座」が開業した。*14
松本銀映座(旧)/銀映座
所在地 : 長野県松本市本町110(1957年・1958年)、長野県松本市本町4-110(1960年・1961年・1962年・1963年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1963年(移転)
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「松本銀映座」。1960年の松本市住宅案内図では「銀映座(映画)」。1962年・1963年の映画館名簿では「銀映座」。1963年頃移転。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はガソリンスタンド「出光松本SS」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1955年、松本市本町に「松本銀映座」が創設され、邦画と洋画を上映した。松本銀映座は1963年に閉館した。*15

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*16

1913年に下伊那郡上飯田町に生まれた鈴木俊平は、1947年に鈴木建築設計事務所を設立した。鈴木建築設計事務所が設計した劇場・映画館・遊戯場としては、飯田市の「常盤劇場」(1960年以前、木造、現存せず)、駒ケ根市の「赤穂キネマ」(1960年、木造、現存せず)、松本市の「松本銀映座」(1960年、RC造、所在不明)、伊那市の「中央劇場」(1960年、RC造、現存せず)、伊那市の「伊那映画劇場」(1960年、RC造、現存)、飯田市の「中央劇場」(1964年、RC造、現存)がある。*17
池原劇場
所在地 : 長野県南安曇郡安曇村字稲核(1966年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1966年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「池原劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
開明座/松本松竹映画劇場/松本開明座/松本松竹開明座
所在地 : 長野県松本市上土町218(1936年)、長野県松本市上土町281(1941年)、長野県松本市上土町(1943年)、長野県松本市218(1947年)、長野県松本市上土町218(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年・1963年)、長野県松本市大手4-4-3(1966年・1969年・1973年)、長野県松本市大手4-7-3(1976年・1980年)、長野県松本市大手4-7-2(1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1896年4月(芝居小屋)、1934年(映画館化)
閉館年 : 1992年6月15日
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1894年9月。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「開明座」。1947年・1950年の映画館名簿では「松本開明座」。1953年・1955年の映画館名簿では「開明座」。1958年の映画館名簿では「松本開明座」。1960年の映画館名簿では「松本松竹映画劇場」。1960年の松本市住宅案内図では「松本松竹」。1961年の映画館名簿では「松本松竹」。1962年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松本松竹開明座」。1963年の映画館名簿では経営者が丸山銀松、支配人が細川健次、木造2階冷暖房付、定員1088、松竹を上映。1964年の松本市住宅案内図では「松本開明座映画館」。1973年・1976年の映画館名簿では「松本開明座」。1977年の住宅地図では「松本開明座」。1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「松本松竹開明座」。1980年の映画館名簿では経営会社が開明座、経営者が丸山銀松、支配人が近藤茂、木造1階、定員520、松竹を上映。1992年の映画館名簿では経営会社が有限会社開明座、経営者・支配人ともに丸山銀松、木造2階、定員528、松竹を上映。1993年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「上土商店街駐車場」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1896年4月、松本町に劇場「開明座」が開館し、東京の中村芝翫や尾上多賀之丞や守田勘彌ら合併大一座が舞台開きを行った。資本主は三原文七や大野豊太郎であり、大和八郎や興玉吉らが経営した。同年8月には新派の川上音次郎や高田実や藤沢浅二郎一座が招かれた。1904年には百瀬啓次郎や望月彦太郎が開明座を買収し、関庄三郎が経営した。1911年11月には株式会社組織となり、資本金を増やして大修繕を行った。1933年現在の社長は小松政雄であり、降旗惣太郎が経営している。*18

1942年、松本市上土町に映画館「開明座」が開館した。当初は松竹系作品を、やがて大映系作品も上映した。後に「松竹開明座」に改称した。*19

松本市大手の「開明座」。1896年に建築された。収容人員は600人。木造2階建て、切妻。モーター回転式の廻り舞台、片花道を有していた。*20

1953年8月末、松本市の「開明座」は松竹との直営契約を解除した。開明座は松竹ストの際に組合のストに参加せず、組合は館主兼支配人の丸山銀松を除名。このため松竹は退職勧告せざるを得なくなった。*21

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*22

1976年の松本市上土にあった「松本開明座」の写真あり。「松竹映画」の文字が見える。軽井沢でもロケが行われた『遺書 白い少女』の看板が見える。後の「松本ピカデリー」である。*23

1990年頃の「松本開明座」の写真あり。『釣りバカ日誌2』『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(いずれも1989年・松竹)の看板が見える。*24

1992年6月15日、松本市の上土商店街にある映画館「松本開明座」が閉館し、全面改装に入る。7月に築106年を迎える建物を解体し、2年後から3年後には映画館を核とする複合施設が開館する。邦画専門館であり、580席を有する。1886年に建設され、芝居・浪曲・歌舞伎などを上演していた。1934年に映画館に転換し、商店街の中心的な施設となっていた。最近は一日の入場者数が10人を切る日も出てきたため、全面改装に踏み切った。隣接地で松本開明座が経営する洋画専門館「松本ピカデリー」は営業を続ける。*25

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「松本開明座」に関する随筆が掲載されている。*26
松本ニュー大映/松本ピカデリー劇場/松本ピカデリー
所在地 : 長野県松本市上土町219(1962年・1963年・1966年)、長野県松本市大手4-9-21(1969年・1973年)、長野県松本市大手4-7-2(1976年・1978年・1980年・1982年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1960年12月下旬
閉館年 : 1998年
1960年の松本市住宅案内図では発見できず。1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「松本ニュー大映」。1963年の映画館名簿では経営者が大映興行、支配人が神崎晴之、鉄筋造3階冷暖房付、定員524、大映を上映。1964年の松本市住宅案内図では「松本ピカデリー映画館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「松本ピカデリー劇場」。1976年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「松本ピカデリー」。1977年の住宅地図では「松本ピカデリー」。1980年の映画館名簿では経営会社が中劇ピカデリー、経営者が藤本徳次、支配人が牧久雄、鉄筋造3階冷暖房付、495席、洋画を上映。1982年の映画館名簿では経営会社が有限会社開明座、経営者が丸山銀松、支配人が牧久雄、鉄筋造3階、514席、洋画を上映。1992年の映画館名簿では経営会社が有限会社開明座、経営者・支配人ともに丸山銀松、鉄筋造3階、定員514、洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は映画館の建物を転用した演劇場「上土劇場」(ピカデリーホール)。映画館の建物が現存。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1960年12月、松本市上土町に映画館「ニュー大映」が開館した。1963年には「ピカデリー」に改称し、「中央劇場」の姉妹館として洋画を上映している。*27

1960年12月上旬、松本市の「松本開明座」隣接地に新館が開館する。館名は未定。鉄筋造3階建て。ワンスロープ式。館主は丸山銀松。*28

1961年12月15日、松本市の大映直営館「松本ニュー大映」は大映封切館から洋画封切館に転向する。大映興行と経営者の丸山銀松との賃借契約が満了したため。1960年に丸山銀松が建設して大映興行に貸与し、長野県唯一の大映直営館として営業していた。これによって大映作品は「開明座」で上映される。*29
松本駅前メトロシアター
所在地 : 長野県松本市深志1-2-22 江原ビル地下(1985年・1990年)、長野県松本市深志1-2-15 江原ビル地下(1995年・2000年・2002年・2003年)
開館年 : 1981年頃
閉館年 : 2003年頃
Wikipedia : 大手 (松本市)
1981年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2003年の映画館名簿では「松本駅前メトロシアター」。1982年の映画館名簿では経営会社がTY企画、経営者が藤本豊久と平形芳朗、支配人が記載なし、鉄筋造地下、108席、洋画特選を上映。2003年の映画館名簿では経営会社が平形興行、経営者・支配人ともに平形芳朗、鉄筋造地下、120席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「CENTURY MAXIMビル」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。
中央劇場/松本中央劇場/松本中劇・中劇シネサロン/松本中央劇場・松本中劇シネサロン
所在地 : 長野県松本市縄手通77(1947年)、長野県松本市縄手通り(1950年)、長野県松本市縄手通77(1953年)、長野県松本市縄手通(1955年)、長野県松本市縄手町77(1958年)、長野県松本市縄手通77(1960年)、長野県松本市縄手町77(1963年)、長野県松本市縄手通77(1966年)、長野県松本市大手4-1-13(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1946年、1960年8月12日
閉館年 : 2004年2月15日
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1947年10月。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「中央劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「松本中央劇場」。1960年の松本市住宅案内図では「中劇」。1963年の映画館名簿では「松本中劇・中劇シネサロン」(2館)。1964年の松本市住宅案内図では「松本中劇」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「松本中央劇場・松本中劇シネサロン」(2館)。1977年の住宅地図では「松本中央劇場 越中屋 2階グレコ」。2002年の映画館名簿では経営会社が株式会社中央劇場、経営者が藤本徳次、支配人が藤本豊久、中央劇場が鉄筋造1階で450席で洋画を上映、シネサロンが鉄筋造2階で50席で洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「リヴァージュ松本縄手」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1946年、松本市の縄手通りに「中央劇場」が創設された。主として東宝作品を上映していたが、1948年には東宝系洋画専門館となった。*30

1946年10月1日、松本市に東宝を上映する「中劇」が開館した。物資が少ない時代だったため古材を用いたバラック建てだった。経営者の藤本徳次は戦時中に宮田製作所文化部に所属し、芝居・音楽・映画による慰問を行う仕事をしていた。藤本は中劇とピカデリーの社長を務めた人物である。*31

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*32

1960年8月12日、松本市繩手77の「中央劇場」が開館した。旧劇場を取り壊して新築中だった。テッココンクリート造。椅子席700。35人収容の応接室の小劇場を設置しており、未封切の作品の紹介や、芸術映画の上映などを行う。経営は藤本徳次。*33

1960年8月中旬、松本市に「松本中劇」と「中劇シネサロン」が開館した。中劇シネサロンは「客間で映画を」をキャッチフレーズとする35人収容の豆劇場であり、ゆったりとしたソファ席が設置されている。上映作品はすべて芸術映画や委嘱作品の一本立であり、入場料は100円。第1週は『お熱いのがお好き』、第2週は『私は死にたくない』、第3週は『カルメン』(2週間上映)、第4週は『熱い手』、第5週は『カジノ・ド・パリ』を上映した。藤本徳次社長。*34

「中央劇場」の大文字があり、「中劇」の文字もある。『ダニー・ケイの牛乳屋』(アメリカ、日本では1953年上映)、『巴里千一夜』(1953年)、『復讐二連銃』(アメリカ、日本では1953年上映)の看板が見える。撮影年は「昭和30年代」(1955年-1964年)とあるが、1953年の誤りか?*35

松本市大手4丁目の「松本中劇」「シネサロン」などを経営する中央劇場は、2004年2月16日に地裁松本支部に自己破産を申請し、映画館を封鎖した。負債総額は約1億9700万円。1913年に同所で始めた呉服店が同社の前身であり、その後デパートに。1945年に同社を設立し、1946年に映画館の運営を開始した。洋画中心の老舗で、15日まで『ラスト・サムライ』などを上映していた。2002年3月期の年収入高は1億500万円だったが、2003年同期は8500万円に。*36

2004年2月16日、松本市の映画館「松本中劇」を経営する中央劇場(藤本徳次社長、資本金1千万円)は長野地方裁判所松本支部に自己破産を申請した。負債総額は約1億9700万円。*37

2年前に倒産した松本市の映画館「松本中劇」を主な会場として、宮崎義文は約25年間にわたって名画の自主上映会を行ってきた。2006年にはNPO法人「コミュニティシネマ松本CINEMAセレクト」を立ち上げ、映画の街・松本の再生をめざしている。宮崎は寺院の跡取りだったが、映画に触れていたくて松本中劇に就職。もぎりや売店の仕事をこなしながら、年に数回は自身が観たい映画を自主上映した。1987年には任意団体の「松本CINEMAセレクト」を1人で結成。上映本数は年100本を超え、監督をゲストに迎えるイベントなども手掛けるようになった。実家の寺が忙しくなり、1991年に松本中劇を退社するが、僧侶の仕事を終えた後の夜には松本中劇で映画鑑賞を行っていた。2004年2月に松本中劇が倒産するまでに公開した作品は、アジア映画・東欧映画・中南米映画など約500本に上る。松本中劇の閉館後は、松本市美術館などを会場に活動を続けている。大都市と地方との「上映格差」をなくそうという「コミュニティシネマ運動」にも参画し、「CINEMAセレクト」をNPO化して運動を本格化することにした。*38
松本宝塚劇場/松本セントラル劇場/松本セントラル座/松本東宝セントラル/松本東宝セントラル1・2
所在地 : 長野県松本市西堀町314(1941年)、長野県松本市白板(1943年)、長野県松本市西堀町314(1947年)、長野県松本市西堀町(1950年)、長野県松本市西堀町341(1953年)、長野県松本市西堀町(1955年)、長野県松本市西堀町314(1958年・1960年・1963年)、長野県松本市大手2-9-23(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1936年以後1941年以前、1947年4月
閉館年 : 2004年10月24日
Wikipedia : 大手 (松本市)
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1947年4月。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「松本宝塚劇場」。1950年の映画館名簿では「松本セントラル劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「セントラル座」。1958年の映画館名簿では「松本セントラル座」。1960年の映画館名簿では「松本セントラル」。1960年の松本市住宅案内図では「セントラル座」。1963年の映画館名簿では「セントラル座」。1966年・1969年の映画館名簿では「松本セントラル」。1973年の映画館名簿では「松本セントラル座」。1976年の映画館名簿では「松本セントラル」。1977年の住宅地図では「東宝セントラル」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「松本東宝セントラル」。1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「松本東宝セントラル1・2」(2館)。2002年の映画館名簿では経営会社が株式会社松本宝塚劇場、経営者・支配人ともに宮坂高尚、木造1階、212席と49席、いずれも洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は複合福祉施設「セントラル・ビオス」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*39

1927年、松本市西堀町に劇場「松竹」が開設された。やがて「宝塚セントラル」に改称して映画館となり、その後「セントラル座」に改称した。1965年現在は大映・東宝・東映・日活の再映館である。*40

1975年頃の松本市にあった「東宝セントラル」の写真あり。*41

2003年6月21日、長野県松本深志高校に住みついて授業や職員会議に出た野良犬の物語を映画化した『さよなら、クロ』の上映が長野県内8カ所の映画館で始まった。撮影にも使われた映画館「松本東宝セントラル」では、松岡錠司監督や主演の妻夫木聡さんが舞台挨拶を行った。*42

2004年10月24日、松本市の映画館「東宝セントラル」と旅館「信州会館」が閉館する。運営は松本宝塚劇場。跡地には2006年9月までに福祉施設が建設される。映画館単独の売上高は2000年4月期の1億3900万円がピークであり、2004年4月期には8000万円を下回ったとされる。JR松本駅付近に安価なビジネスホテルが多数建設されたことで、信州会館は1993年をピークに売上高が半減していた。*43

2004年10月24日、松本市の老舗映画館「松本東宝セントラル」が半世紀余りの歴史の幕を閉じる。今年2月の「松本中劇」に続く閉館であり、松本市内の映画館は3館に減る。シネマコンプレックスが台頭し、全国の地方都市で従来型の映画館が姿を消している。こうした中、「まちなかの映画館の灯を残したい」と、市民の間に署名活動や自主上映の動きも広がっている。*44

2004年10月24日、映画館と旅館を経営する松本宝塚劇場は「松本東宝セントラル」を閉館させる。松本東宝セントラルと信州会館は福祉施設に生まれ変わる。1927年に芝居小屋の松筑座として開館し、1947年に洋画の封切館となった。1953年から1959年頃には1日7-8回の上映で3000-4000人が入館した。立ち見はもちろんのこと、通路や2-3階席にも人があふれたという。「映画から夢が広がった」をテーマに閉館記念企画を実施し、『E.T.』『大脱走』『タイタニック』などを上映する。*45

このほど、2004年10月に閉館した松本市の老舗映画館「松本東宝セントラル」のロビーに飾られていたシャンデリア3基が松本市民芸術館に寄贈された。1975年の改装時に計180万円で購入した6基のうちの3基。販売した照明器具会社「ヤマギワ」によると、フランスのベルサイユ宮殿にある1740年製のシャンデリアと同じデザインである。*46

雑誌『松本の本 本と街を楽しむ雑誌』2020年、第2号には「映画と街」という記事が掲載されている。現物は未確認。*47
松本劇場/松本大映/スカラ座/松本銀映座(新)/松本銀映座・松本小劇場/松本テアトル銀映・松本小劇場/松本テアトル銀映1・2
所在地 : 長野県松本市(1950年)、長野県松本市片端町181(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年・1966年)、長野県松本市城東1-1-4(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年)
開館年 : 1870年(松本劇場)、1914年(現在地移転)、1963年(テアトル銀映)
閉館年 : 2008年10月
Wikipedia : 松本テアトル銀映
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1947年9月。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「松本大映」。1960年の松本市住宅案内図では「松本大映」。1963年の映画館名簿では「スカラ座」。1964年の映画館名簿では「松本スカラ座」。1964年の松本市住宅案内図では「松本銀映座」。1965年・1966年の映画館名簿では「松本銀映座」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松本銀映座・松本小劇場」(2館)。1977年の住宅地図では「小劇場 銀映座」。1980年の映画館名簿では「松本テアトル銀映・松本小劇場」(2館)。1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年の映画館名簿では「松本テアトル銀映1・2」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社が松本興行、経営者が北原廣子、支配人が記載なし、1が木造1階で203席で邦画・洋画を上映、2が木造2階で85席で邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「菅沼青果店」や「菅沼稲荷神社」東側の駐車場。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1914年3月、松本市に劇場「松本座」が建築された。株式会社組織であり、建築費は1万8000円、工費は2万5000円である。長谷川與五郎が社長に就任し、小林臨作が主任を務めた。大阪の市川眼玉、嵐佳昇、荒太郎、荒五郎らの大一座が舞台開きを行った。同年8月には東京の中村歌右衛門一座が招かれ、1919年8月には大阪の中村雁治郎一座が招かれた。1924年には資本金を3万円に増やして改修した。*48

1948年には松本市片端町の「松本座」が「松本大映」に改称し、洋画と大映作品を上映する常設映画館となった。1960年12月には「スカラ座」に改称し、1963年には「銀映座」に改称した。*49

1870年、松本の片端町に劇場「松本座」が開設された。1886年の松本大火で焼失したが、1914年に再建された。*50

1960年12月15日、松本市の「松本大映」が東宝関東興行の傘下に入って「スカラ座」に改称した。支配人は緒方浩。洋画封切館。*51

1960年11月2日、松本市片端町181の「松本大映」を大映が賃借して大映直営館となった。同年12月中旬には「松本ニュー大映」も開館する。*52

1957年の松本市にあった「松本大映」前で撮られた松本県ヶ丘高校映画研究会の記念写真あり。文化祭で松本大映を貸し切って『ハムレット』などを上映した。後の「松本テアトル銀映」である。*53

1993年の写真あり。「テアトル銀映」「GINEI」の文字が見える。*54

松本市街地で最古の映画館「テアトル銀映」は2008年10月24日をもって営業を終了。経営者の松本興行が今冬にシネコンを開館させるため。1870年に開館した筑摩県最初の常設劇場「松本劇場」が前身。1914年に現在の城東1丁目に移転。この大正期の建物を残しており、天井には豪華な木彫刻が施されている。1963年にはテアトル銀映に改称し、70ミリフィルム対応の巨大スクリーンを上映。主に洋画を上映した。施設の老朽化、駐車場がない立地などから観客数が低迷し、1回に1人も入らないこともあった。*55

戦前の同館では歌舞伎が上演されていた。1950年には松本大映が開館し、一時はスカラ座に改称したが、1963年には銀映で定着した。松本市郊外の東筑摩郡山形村にシネコンが開館した影響などもあり、2008年10月24日に閉館した。*56
電気館/松本電気館/松本オリオン座/松本東映劇場/松本東映/松本エンギザファイブ/松本エンギザ5・6/上土シネマ
所在地 : 長野県松本市上土町(1930年)、長野県松本市上土町163(1936年)、長野県松本市上土町(1941年・1943年)、長野県松本市上土町163(1947年)、長野県松本市上土町(1950年)、長野県松本市上土町163(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、長野県松本市大手4-10-12(1966年・1969年・1973年・1976年・1985年・1990年・1992年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年)
開館年 : 1917年、1936年4月
閉館年 : 2008年11月14日
Wikipedia : 上土シネマ
『全国映画館総覧 1955』によると開館は1936年4月。1930年の映画館名簿では「電気館」。1936年・1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「松本電気館」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「松本オリオン座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松本東映」。1960年・1964年の松本市住宅案内図では「松本東映」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松本東映劇場」。1977年の住宅地図では「1階松本東映 2階グランドコンパ」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「松本東映」。1992年頃松本エンギザファイブ改称。1993年・1994年・1995年の映画館名簿では「松本エンギザファイブ」。2000年・2002年の映画館名簿では「松本エンギザ5・6」(2館)。2002年の映画館名簿では経営会社が平形興行、経営者・支配人ともに平形芳朗、5が木造1階で200席で邦画・洋画を上映、6が木造1階で70席で邦画・洋画を上映。2002年上土シネマ改称。2005年・2008年の映画館名簿では「上土シネマ」。2008年の映画館名簿では経営会社が平形興行、経営者が平形芳朗、支配人が平形友宏、鉄筋造1階、198席、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「松本メディアセンター」の東30mの建物。映画館時代の建物が現存。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1917年、松本市に株式組織の活動写真館「松本電気館」が建設された。当初の資本金は1万円である。1933年現在の資本金は1万4500円であり、現在の社長は三沢啓一郎である。*57

1917年、松本市上土町に映画館「松本電気館」が開設された。後に「オリオン座」、「松本東映」に改称した。*58

1917年、松本市上土町に映画館「松本電気館」が開設された。1949年に改築して「オリオン座」に改称し、その後「松本東映」に改称した。*59

大正末期、松本の上土には日活専門の活動写真館「電気館」があった。電気館は1982年現在の「東映」である。当時の松本には4館の活動写真館があり、電気館以外は深志公園の「キナパーク」、駅前の「平和館」、緑町の「演技座」である。キナパークの歴史は古く、主として東和キネマが配給する洋画を上映していた。平和館は帝国キネマ専門館だった。演技座の前身は松玉座という寄席小屋であり、松竹作品を上映していた。当時の「開明座」は芝居小屋であり、映画館化したのは1937年である。1982年現在の「銀映」の場所には「松本座」という芝居小屋もあった。岡島秀響の証言である。*60

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*61

1990年の松本東映の写真あり。「現上土シネマ」とある。『公園通りの猫たち』(1989年・東映)の看板が見える。*62

2008年11月14日、松本市大手の映画館「上土シネマ」が閉館した。11月22日から3日間は閉館記念特別上映が行われ、『宮本武蔵』から『鉄道員』間で東映の10作品を上映する。大正時代に松本電気館として開館。1968年に改築され、1スクリーン200席となった。*63

2008年10月には松本市街地で最も歴史が古かった「松本テアトル銀映」が閉館。諏訪市では2005年に「花松館」、2007年に「シネマレイク」が閉館して市街地から映画館がなくなった。2008年11月下旬、「上土シネマ」の最終日には『緋牡丹博徒 花札勝負』を上映。最後の上映作品は「不採算を理由に廃止が決まったローカル線の駅をめぐる人間ドラマ」『鉄道員』であり、映画館の姿と重なった。*64

2008年11月14日をもって、平形興行は松本市大手4丁目の「上土シネマ」を閉館させる。経営資源を大手4丁目の「エンギザ」に集中させるため。大正時代から続くとされるミニシアター。市街地の有志が出資して営業。*65

1917年頃に松本に「松本電気館」が開館した。後に「上土シネマ」と改称し、2008年11月に閉館した。大正時代竣工の擬洋風の建物はそのまま残されており、2014年頃からは商店街振興組合が築100年の建物の活用の検討を始め、2016年からは松本大学観光ホスピタリティ学科の教授や学生も加わって構想づくりを開始した。*66

2023年9月27日、松本市大手4の旧上土シネマ(旧松本電気館)で旧松本電気館再生会議が結成された。2008年に閉館した旧上土シネマの建物の保存や利用を目的としている。1917年に「松本電気館」として開館し、「オリオン座」、「松本東映」、「上土シネマ」と改称した。2021年10月、上土大正ロマンのまちづくり協議会が松本斉産土地から建物を賃借した。2022年冬にはマツモト建築芸術祭の会場となった。*67
松本演伎座/松本演伎座東宝・松本演伎座日活/松本エンギザ1・2・松本エンギザニューホール/松本エンギザ1・2・3/松本エンギザ1・2/松本エンギザ1-5
所在地 : 長野県松本市小柳町(1930年)、長野県松本市小柳町83(1936年・1941年)、長野県松本市小柳町(1943年)、長野県松本市小柳町83(1947年・1950年)、長野県松本市小柳町(1953年)、長野県松本市小柳町83(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、長野県松本市大手4-9-21(1967年・1969年)、長野県松本市大手4-9-2(1973年)、長野県松本市大手4-9-21(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年・2010年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 2010年6月27日
Wikipedia : 松本エンギザ
『全国映画館総覧 1955』によると1936年4月開館。1930年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「演伎座」。1947年・1950年の映画館名簿では「松本演伎座」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「演伎座」。1960年の松本市住宅案内図では「演技座」。1963年の映画館名簿では「演伎座東宝・演伎座日活」(2館)。1964年の松本市住宅案内図では西側に「日活演技座」で東側に「東宝演技座」。1966年・1967年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松本演伎座東宝・松本演伎座日活」(2館)。1977年の住宅地図では「演技座」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「松本エンギザ1・2・松本エンギザニューホール」(3館)。1995年の映画館名簿では「松本エンギザ1・2・3」(3館)。2000年・2002年の映画館名簿では「松本エンギザ1・2」(2館)。2002年の映画館名簿では経営会社が平形興行、経営者・支配人ともに平形芳朗、鉄筋造3階、1が160席で邦画・洋画を上映、2が120席で邦画・洋画を上映。2005年・2008年・2010年の映画館名簿では「松本エンギザ1-5」(5館)。2008年の映画館名簿では経営会社が平形興行、経営者が平形芳朗、支配人が平形友宏、1が鉄筋造3階で160席、2が鉄筋造3階で120席、3が鉄筋造2階で90席、4が鉄筋造2階で180席、5が鉄筋造2階で120席、いずれも邦画・洋画を上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2014年竣工のマンション「プレシス松本城公園」。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

1889年、松本町に松前屋玉五郎によって寄席「松玉亭」が創業した。1913年に赤羽幸重が買収して「大正座」に改称した。1916年には株式会社として大池米作が社長に就任し、「演技座」に改称して主に活動写真を上映した。*68

1916年、松本市の大正座が「演伎座」に改称した。*69

1916年、松本市緑町の大正座が「演伎座」に改称し、主として活動写真を上映した。1922年には個人経営となったが、1937年には株式組織に変わった。1960年には東宝と日活の映画を上映することとなり、「演伎座東宝」と「演伎座日活」の2館に分割された。*70

1960年の『松本市住宅案内図』には「松本映画館御案内!」として「演伎座 電話396」「上土町218 松竹開明座 電話181・490」「銀映座 本町4丁目 電話902・3836」「西堀町314 セントラル座 電話1592」「中劇 繩手通77 電話834」「松本東映 上土町163 電話289番」の6館の広告が掲載されている。*71

1960年11月中旬、松本市小柳町の「演技座」隣接地に新館が開館する。鉄筋造3階建て。ワンスロープ式。経営は平形興行。*72

昭和30年代の松本市緑町付近の写真あり。屋根の向こうに映画館「エンギザ」が見える。周辺には映画館が集中していた。2010年にはこの付近で最後まで残ったエンギザも閉館した。*73

1997年11月8日、松本市大手4丁目のエンギザはミニシアター風劇場を2館備えた映画館を新装オープンする。明るい色の壁、障碍者用トイレを設置した映画館は、長野県屈指の映画館密集地である松本市でも珍しい。鉄筋コンクリート造4階建。1階と2階には飲食店、3階に120席と160席の映画館。エンギザは1921年に演技座として開館し、戦後に盛り上がりを見せたが、テレビやビデオ映画の普及で入場者が減少した。*74
松本シネマライツ8
所在地 : 長野県松本市高宮中116-2(2010年)、長野県松本市高宮中116-2 イトーヨーカドー南松本店敷地内(2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2008年12月
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマライツ8
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「松本シネマライツ1-8」(8館)。最寄駅はJR篠ノ井線南松本駅。

松本興行はイトーヨーカドー南松本店の駐車場の一角に県内最大級のシネコンを建設する予定。8館1374席。商圏は半径60劼鯀枋蝓G間売上高は約6億円を見込む。松本都市圏では2000年に東筑摩郡山形村に6館のアイシティシネマが開館。2004年には市街地の老舗映画館2館が相次いで閉館した。松本興行は松本市城東1丁目のテアトル銀映(2館)や長野市の千石劇場(3館)も経営。*75

松本市の中心市街地で映画館を経営している松本興行は、松本市高宮中の「イトーヨーカドー南松本店」駐車場に複合映画館(シネコン)を建設する。松本興行の完全小会社である北原が、イトーヨーカドーを経営するセブン&アイと調整している。2008年5月に着工し、11月下旬に開館予定である。収容人数は1374人であり、長野県最大級の映画館となる。最大のスクリーンは縦5.8m×横13.7mとなる。年間観客数は約50万人、年間売上高は約6億円を見込んでいる。これにともなって、松本興行が運営する松本テアトル銀映は閉館となる予定。2000年には山形村に、松本市周辺では初となるシネコン「アイシティシネマ」が開館し、好調な経営を続けているという。一方で松本市街地では映画館の閉館が相次いでいる。*76

2008年12月にも、松本市に長野県最大級のシネコン「松本シネマコンプレックス」(仮称)が開館する。2008年6月に着工する。運営は松本興行であり、100%小会社の北原が開発を手掛ける。イトーヨーカドー南松本店の駐車場の一角。バリアフリーの観点から1階に8つのスクリーンを集中させる。半径60kmを商圏と見込んでおり、年間50万人の集客を見込んでいる。シネコンの開館に伴なって、松本市中心部で営業中の「テアトル銀映」は閉館する予定。*77

2010年7月10日、松本市高宮中の映画館「シネマライツ8」が3D上映を開始した。8スクリーンのうち1スクリーンを3D専用とし、『トイ・ストーリー3』を上映している。2008年12月に開館。2010年6月末には松本市中心市街地の「松本エンギザ」が閉館し、松本市唯一の映画館となっている。かつて松本市には10館以上の映画館があり「映画の町」と呼ばれていたが、近年には「松本中劇」や「テアトル銀映」などの老舗映画館が閉館し、エンギザも自己破産により突如閉館した。*78
イオンシネマ松本
所在地 : 長野県松本市中央4-9-51 イオンモール松本空庭2階(2018年・2020年)
開館年 : 2017年9月21日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2018年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ松本1-8」(8館)。長野県初のイオンシネマ。最寄駅はJR篠ノ井線・大糸線松本駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます