閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


秋田県

秋田市

シネマパレ
所在地 : 秋田県秋田市千秋久保田町4番2号 秋田フォーラス8階(現・秋田オーパ)
開館年 : 1985年11月30日
閉館年 : 2017年2月26日
Wikipedia : 秋田オーパ
1985年11月30日に開館。当初は東宝の封切館であり、『千と千尋の神隠し』を上映していた時には年商が1億円を超えていた。郊外にシネコンができたりして客数が減少。2003年に川口豊が運営にかかわると、ミニシアター系の作品を上映したり、名画座形態に変更したりした。近年は1カ月当たりの客数が300人にとどまっていた。2017年2月26日に31年の歴史に幕を閉じて閉館した。最終上映は『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』。座席数は150席。*1

秋田フォーラスのビルに改装に伴って、最上階のシネマパレが閉館する。客席は傾斜が少なく、座席は赤い別珍であり、扉は革張り風である。*2
イオン秋田 TOHOシネタウン/TOHOシネマズ秋田
所在地 : 秋田県秋田市御所野地蔵田一丁目1番1号 イオンモール秋田内
開館年 : 2001年12月22日
閉館年 : 営業中
2001年12月下旬、秋田市御所野地蔵田のイオン秋田ショッピングセンターに秋田県初のシネコン「TOHOシネタウン」が開館する。映画館棟はメイン棟の西側に建設され、連絡通路でつながっている。8スクリーン計1681席。428席のシネマ2が最大。秋田県初のシネコンであり、2001年現在で東北最大級のシネコンとされる。*3

大館市

御成座
所在地 : 秋田県大館市御成町1-11-22
開館年 : 1952年
閉館年 : 2005年(第一次閉館)、営業中
Wikipedia : 御成座
『映画と映画館の本 ジャックと豆の木』シネマ・ジャック&ベティ、2017年、第4号には「映画館探訪 御成座」が掲載されている。*4

大仙市

月岡映画劇場/大曲月岡映画劇場/大曲月岡映劇/月岡シネマ1・2/大曲月岡シネマ1・2
所在地 : 秋田県大曲市通町3-13(1990年)
開館年 : 1947年12月
閉館年 : 2006年10月9日
1960年の映画館名簿では「月岡映画劇場」。1969年の映画館名簿では「大曲月岡映画劇場」。1980年の映画館名簿では「大曲月岡映劇」。1990年の映画館名簿では「月岡シネマ1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では「大曲月岡シネマ1・2」(2館)。

2006年10月9日、大仙市大曲通町の映画館「月岡シネマ」が閉館する。秋田県南部唯一の常設映画館だった。月岡シネマを運営する月岡映画劇場は1947年12月に設立された。JR大曲駅近くの花火通り商店街の一角にある。150席と350席の2スクリーンを有する。閉館日まで『ゲド戦記』と『日本沈没』を上映する。*5

由利郡金浦町

金浦港映劇/金浦港映画劇場
所在地 : 秋田県由利郡金浦町字金浦374-1(1990年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1990年5月
1980年の映画館名簿では「金浦港映劇」。1990年の映画館名簿では「金浦港映画劇場」。

1999年3月20日と3月21日、金浦町で映画祭が開催される。『砂の器』や『レオン』などが上映され、石井輝男監督のトークショーなども開催される。。会場は金浦町唯一の映画館だった金浦港映画劇場。1957年、酒田市出身の高橋久雄が開館させ、146席の映画館は漁師や地元住民で満席だった。1980年代には赤字となり、1990年5月に閉館した。*6

鹿角郡小坂町

康楽館
所在地 : 秋田県鹿角郡小坂町(1950年・1953年)、秋田県鹿角郡小坂町松ノ下(1960年)
開館年 : 1910年8月16日、1986年
閉館年 : 1970年、営業中
Wikipedia : 康楽館
1950年・1953年・1960年の映画館名簿では「康楽館」。1986年秋田県有形文化財指定。2002年重要文化財指定。基本的には映画館ではなく劇場。

「康楽館」に言及している書籍として、伊藤隆之『看板建築・モダンビル・レトロアパート』グラフィック社、2014年がある。*7
小坂花園館
所在地 : 秋田県鹿角郡小坂町(1950年・1953年)、秋田県鹿角郡小坂町1-1(1960年)、秋田県鹿角郡小坂町尾樽部1-1(1969年・1980年・2000年)、秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字尾樽部1-1(2010年)
開館年 : 1905年、1937年
閉館年 : 2013年3月2日
1950年の映画館名簿では「花園座」(館ではなく座)。1953年・1960年の映画館名簿では「花園館」。1969年・1980年・1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「小坂花園館」。

小坂町には映画館「花園館」がある。1905年に開館した。*8

2013年3月2日をもって、小坂町の「花園館」が休館した。防火設備がないため。*9

2013年3月初頭、小坂町の「花園館」は消防法が定める防火設備が整っていないことから休館を決意した。*10

明治末期の小坂町尾樽部には観光場という土産物売り場があった。1915年から1916年頃、山口与助は観光場を改装して「花園館」という貸し小屋とした。1937年には不況のために全面改築した。*11

「花園館」に言及している書籍として、日本建築学会『日本近代建築総覧 各地に遺る明治大正昭和の建物』技報堂出版、1980年がある。現物は未確認。*12

「花園館」に言及している書籍として、『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 大館』国書刊行会、1979年がある。現物は未確認。*13

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「小坂花園館」に関する随筆が掲載されている。*14

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます