日本の映画館の総合データベースです。



山形市

山形市は山形市の映画館を参照。

米沢市

米沢市は米沢市の映画館を参照。

村山地方

寒河江市

寒河江常盤館/常盤館
所在地 : 山形県西村山郡寒河江町(1936年・1947年・1950年)
開館年 : 1934年以後1936年以前
閉館年 : 1950年頃
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「常盤館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「寒河江常盤館」。1950年の映画館名簿では「常盤館」。1951年の映画館名簿には掲載されていない。
寒河江銀映劇場/寒河江銀映
所在地 : 山形県寒河江市六供町(1960年)、山形県寒河江市六供町340(1963年)
開館年 : 1956年9月10日
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「寒河江銀映劇場」。1963年の映画館名簿では「寒河江銀映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年9月9日には村山市に「シネマ村山」が、9月10日には寒河江市に「サガエ銀映」が開館した。いずれも木造2階建てを新築した。経営は山形市の宮崎合名社であり、シネマ村山は村山商工会と、サガエ銀映は玉羽惣一と共同で経営する。宮崎合名社の社長は宮崎健。*1

宇井啓『さがえ風土記』寒河江地域史研究会、2010年は寒河江銀映に言及している。現物は未確認。*2
白岩映画劇場
所在地 : 山形県寒河江市大字白岩254(1960年)、山形県寒河江市白岩254(1963年)、山形県寒河江市白岩134(1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「白岩映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
寒河江映画劇場/寒河江映劇
所在地 : 山形県西村山郡寒河江町(1950年・1953年)、山形県寒河江市道場小路(1955年)、山形県寒河江市細小路町(1958年)、山形県寒河江市南町270(1960年)、山形県寒河江市道場小路270(1963年)、山形県寒河江市寒河江甲2778-1(1966年)、山形県寒河江市寒河江甲2777-1(1969年)、山形県寒河江市本町2-34(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、山形県寒河江市本町2-1-34(2005年・2006年)
開館年 : 1931年8月
閉館年 : 2006年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1931年8月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「寒河江映劇」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「寒河江映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「寒河江映劇」。2006年の映画館名簿では経営者・支配人ともに武田光蔵、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。2007年の映画館名簿には掲載されていない。「寒映」や「KANEI」の表記がなされていた。2015年以後2018年以前建物解体。跡地は「本願寺」東南東60mの駐車場。最寄駅はJR左沢線寒河江駅。

1930年5月、寒河江町に「昭和クラブ」が開設された。後の「寒河江映画劇場」である。*3

1930年5月、寒河江町に「昭和クラブ」が開設された。後の「寒河江映画劇場」である。*4

1955年頃の寒河江市の道場小路には「寒河江映画劇場」や本願寺があった。*5

『寒河江市史 民俗・生活編』寒河江市、2016年は「寒河江映画劇場」と「白岩映画館」に言及している。現物は未確認。*6

村山市

シネマ村山
所在地 : 山形県村山市楯岡4691(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1956年9月9日
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「シネマ村山」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年9月9日には村山市に「シネマ村山」が、9月10日には寒河江市に「サガエ銀映」が開館した。いずれも木造2階建てを新築した。経営は山形市の宮崎合名社であり、シネマ村山は村山商工会と、サガエ銀映は玉羽惣一と共同で経営する。宮崎合名社の社長は宮崎健。*7
楯岡劇場/楯岡座/市民座/楯岡市民座
所在地 : 山形県北村山郡楯岡町(1950年・1953年・1955年)、山形県村山市楯岡1266(1960年・1963年)、山形県村山市楯岡(1969年)、山形県村山市楯岡晦日町4691(1973年)、山形県村山市大字楯岡1266-1(1975年)、山形県村山市楯岡晦日町4691(1978年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1978年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「楯岡劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「楯岡座」。1960年・1963年の映画館名簿では「市民座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「楯岡市民座」。1979年の映画館名簿には掲載されていない。

上山市

松竹館/日活館
所在地 : 山形県南村山郡上山町沢丁(1934年)、山形県南村山郡上山町二日町(1936年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年の映画館名簿では「松竹館」。1936年の映画館名簿では「日活館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
常盤館/第五常盤館
所在地 : 山形県南村山郡上山町矢来町(1934年・1936年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年の映画館名簿では「常盤館」。1936年の映画館名簿では「第五常盤館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
春日館
所在地 : 山形県南村山郡上山町駅前(1941年)、山形県南村山郡上山町(1943年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「春日館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
オリオン座
所在地 : 山形県南村山郡上山町(1947年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「オリオン座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
上の山国際劇場/国際劇場/上山国際劇場
所在地 : 山形県南村山郡上山町(1950年)、山形県南村山郡上山町駅前(1953年)、山形県南村山郡上山町(1955年)、山形県上山市北町田中1215(1960年)、山形県上山市北町1218(1963年)、山形県上山市北町田中1215(1966年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「上の山国際劇場」。1955年の映画館名簿では「国際劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「上山国際劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
隆盛座/松竹常盤館/常盤館/トキワ館/上山常盤館/上山トキワ館
所在地 : 山形県南村山郡上山町(1930年)、山形県南村山郡上山町矢来町(1934年)、山形県南村山郡上山町上山温泉沢町(1936年)、山形県南村山郡上山町上山温泉鶴脛町242(1941年)、山形県南村山郡上山町(1943年・1947年・1950年・1953年・1955年)、山形県上山市鶴脛町423(1958年)、山形県上山市新湯通423(1960年)、山形県上山市鶴脛町423(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、山形県上山市沢丁2-20(1985年・1990年・1995年・1996年)
開館年 : 1921年頃、1933年10月
閉館年 : 1996年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1933年10月開館。1930年の映画館名簿には「隆盛座」。1934年の映画館名簿では「常盤館」。1936年・1941年の映画館名簿では「松竹常盤館」。1943年・1947年の映画館名簿では「常盤館」。1950年の映画館名簿では「上ノ山常盤館」。1953年の映画館名簿では「上の山常盤館」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「常盤館」。1963年の映画館名簿では「トキワ館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「上山常盤館」。1990年・1995年・1996年の映画館名簿では「上山トキワ館」。1996年の映画館名簿では経営者・支配人ともに伊藤徹、木造1階、350席、邦画・洋画を上映。1997年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「二日町プラザ」北西90mに現存。最寄駅はJR山形新幹線・奥羽本線かみのやま温泉駅。

1921年には上山町の城南沢丁に新湯が開削され、十日町から親湯に至る新道に活動写真館「隆盛座」が建てられた。昭和初期に経営者が変わり、「常盤館」に改称して松竹作品の上映館となった。*8

天童市

藤野キネマ
所在地 : 山形県東村山郡天童町(1936年)
開館年 : 1934年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「藤野キネマ」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
文化劇場
所在地 : 山形県天童市本町甲850(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「文化劇場」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
天童自由館/自由館
所在地 : 山形県東村山郡天童町(1950年・1953年・1955年)、山形県東村山郡天童町甲850(1958年)、山形県天童市甲850(1959年・1960年)、山形県天童市天童甲850(1963年)、山形県天童市本町850(1964年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「天童自由館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「自由館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
天童劇場
所在地 : 山形県東村山郡天童町(1953年・1955年)、山形県東村山郡天童町甲822(1958年)、山形県天童市本町822(1960年)、山形県天童市本町甲822(1963年)、山形県天童市天童甲822(1966年・1969年・1973年)、山形県天童市甲822(1975年)、山形県天童市天童甲822(1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「天童劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社が有限会社天童劇場、経営者が井上サエ、支配人が井上千枝、鉄筋造1階、126席、邦画・洋画・成人映画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 天童』国書刊行会、1984年には昭和初期の「天童劇場」の写真が掲載されている。現物は未確認。*9

1922年、無声映画を上映する「天童劇場」が開館した。*10
イオンシネマ天童
所在地 : 山形県天童市芳賀土地区画整理事業地内34街区 イオンモール天童2階(2015年)、山形県天童市北4-1-1 イオンモール天童2階(2015年・2020年)
開館年 : 2014年3月21日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ天童1-9」(9館)。最寄駅はJR奥羽本線天童南駅。

東根市

第二神映
所在地 : 山形県東根市大字若木9088-47(1961年・1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年の映画館名簿では「第二神映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
東映劇場/東根映画劇場
所在地 : 山形県北村山郡東根町(1947年・1953年・1955年・1958年)、山形県東根市東根町(1960年)、山形県東根市東根3969-1(1963年)、山形県東根市東根69-1(1964年)
開館年 : 1947年2月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年2月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「東映劇場」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東映劇場」。1964年の映画館名簿では「東根映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
国際神映
所在地 : 山形県北村山郡東根町字神町(1955年)、山形県北村山郡東根町神町(1958年)、山形県東根市神町74(1960年・1963年)、山形県東根市神町84(1966年・1969年)、山形県東根市神町74(1973年・1975年・1978年・1980年)、山形県東根市神町中央1-9-5(1985年・1986年)、山形県東根市神町84(1987年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「国際神映」。1986年の映画館名簿では経営者が小野作之助、支配人が小野甲之助、木造1階、250席、邦画・洋画・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。

『保存版 西・北村山今昔写真帖』郷土出版社、2005年には東根市の「神映」前を更新するアメリカ軍楽隊の写真あり。現物は未確認。*11
フォーラム東根
所在地 : 山形県東根市大字蟹沢字縄目1797-1(2015年・2020年)
開館年 : 2010年11月
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「フォーラム東根1-8」(8館)。最寄駅はJR奥羽本線さくらんぼ東根駅。

尾花沢市

正厳中央劇場
所在地 : 山形県尾花沢市正厳(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「正厳中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
六沢真養館
所在地 : 山形県尾花沢市六沢(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「六沢真養館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
延沢トキワ館
所在地 : 山形県尾花沢市延沢(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「延沢トキワ館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
演芸館/尾花沢演芸館
所在地 : 山形県北村山郡尾花沢町(1952年・1953年・1955年)、山形県尾花沢市尾花沢町3645(1960年)、山形県尾花沢市梺下町3645(1963年)、山形県尾花沢市梺町3604(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年の映画館名簿では「尾花沢演芸館」。1955年の映画館名簿では「演芸館」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「尾花沢演芸館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
尾花沢ミリオンホール
所在地 : 山形県尾花沢市中新田(1980年・1985年・1986年・1988年)
開館年 : 1979年頃
閉館年 : 1988年頃
1979年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年・1986年・1988年の映画館名簿では「尾花沢ミリオンホール」。1988年の映画館名簿では経営者・支配人ともに黒山則夫、木造1階、77席、邦画・洋画・成人映画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。

東村山郡山辺町

映画館名簿によると東村山郡山辺町に映画館は存在しなかったと思われる。

東村山郡中山町

映画館名簿によると東村山郡中山町に映画館は存在しなかったと思われる。

西村山郡西川町

海味座
所在地 : 山形県西村山郡西川町海味80-1(1960年・1963年)、山形県西村山郡西川町海味80(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1968年頃? 1974年11月?
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「海味座」。1968年の映画館名簿では経営者・支配人ともに後藤武志、木造2階暖房付、定員300、邦画を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山竹商店」。最寄駅はJR左沢線羽前高松駅。

西川町海味(かいしゅう)の食品・酒販売店である山竹商店の前には、「海味座」の映写機が置かれている。1947年に山竹商店に併設して創業し、山竹商店の後藤武雄がオーナーとなった。木造2階建て、490席。三山電鉄海味駅の駅前にあり、鉱山労働者などでにぎわった。最も観客数が多かったのは嵐寛寿郎主演の『明治天皇と日露大戦争』。1968年には近くの中学生が映画教室でセシル・B・デミル監督の『十戒』を鑑賞した。1960年代から70年代には周囲の鉱山が閉山となり、三山電鉄も廃線となった。1974年11月に閉館し、2004年には建物も取り壊された。映写機のうち1台は西川町歴史文化資料館に貸し出し、もう1台は山竹商店の前に置かれた。*12

西村山郡河北町

千代田館
所在地 : 山形県西村山郡谷地町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「千代田館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹館
所在地 : 山形県西村山郡谷地町(1934年・1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年・1941年の映画館名簿では「松竹館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
谷地クラブ
所在地 : 山形県西村山郡谷地町(1950年・1953年・1955年)、山形県西村山郡河北町谷地(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「谷地クラブ」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
谷地劇場/谷地映画劇場
所在地 : 山形県西村山郡谷地町(1950年・1953年・1955年)、山形県西村山郡河北町谷地町(1958年)、山形県西村山郡河北町谷地(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1947年4月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「谷地映画劇場」。1958年の映画館名簿では「谷地劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「谷地映画劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年11月1日、西村山郡河北町の「谷地映画劇場」が宮崎合名社の経営となった。山形県で宮崎合名社が経営する映画館は15館となった。*13

西村山郡朝日町

宮宿映画劇場
所在地 : 山形県西村山郡宮宿町(1953年・1955年)、山形県西村山郡朝日町宮宿(1957年)
開館年 : 1952年頃
閉館年 : 1957年頃
1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1957年の映画館名簿では「宮宿映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
大町キネマ
所在地 : 山形県西村山郡宮宿町(1955年)、山形県西村山郡朝日町宮宿(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「大町キネマ」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
あさひ映画劇場
所在地 : 山形県西村山郡朝日町常盤口1(1958年)、山形県西村山郡朝日町常盤(1960年)、山形県西村山郡朝日町常盤に1(1963年)、山形県西村山郡朝日町水口(1966年・1968年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1968年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「あさひ映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

西村山郡大江町

左沢クラブ
所在地 : 山形県西村山郡左沢町(1950年・1953年・1955年)、山形県西村山郡左沢町1030(1958年)、山形県西村山郡大江町左沢1030(1960年・1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「左沢クラブ」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。

北村山郡大石田町

大石田劇場
所在地 : 山形県北村山郡大石田町(1952年・1953年・1955年・1958年)、山形県北村山郡大石田町乙690-6(1960年・1963年)、山形県北村山郡大石田町乙690(1964年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「大石田劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

置賜地方

長井市

長井演芸館
所在地 : 山形県西置賜郡長井町
開館年 : 1917年頃
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく演劇場。1974年取り壊し。

1917年の長井にあった芝居専門の劇場「演芸館」の写真あり。1916年に山形市で開催された奥羽六県連合共進会の娯楽演芸館の払い下げを受け、長井のつつじ公園に移築された。*14
長井映画劇場
所在地 : 山形県西置賜郡長井町(1954年・1955年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「長井映画劇場」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
菊水館/長井菊水館
所在地 : 山形県西置賜郡長井町(1930年)、山形県西置賜郡長井町駅前(1936年)、山形県西置賜郡長井町(1943年・1947年・1950年)、山形県西置賜郡長井町大字宮(1953年)、山形県西置賜郡長井町(1955年)、山形県長井市栄町大字宮1182(1958年)、山形県長井市三宮1182(1960年)、山形県長井市宮町1182(1963年)、山形県長井市宮1182(1966年)、山形県長井市宮1183(1969年・1973年)
開館年 : 1923年12月
閉館年 : 1974年5月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1923年12月開館。1930年・1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「菊水館」。1950年の映画館名簿では「長井菊水館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「菊水館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長井菊水館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は長井駅東北東80mの「日本生命長井支店」廃墟。最寄駅は山形鉄道フラワー長井線長井駅。
第七常盤館/長井常盤館/常盤館/長井トキワ館
所在地 : 山形県西置賜郡長井町(1936年)、山形県西置賜郡長井町小田(1943年)、山形県西置賜郡長井町(1947年・1950年)、山形県西置賜郡長井町小出(1953年)、山形県西置賜郡長井町(1955年)、山形県長井市本町(1958年)、山形県長井市小出2160(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1928年7月
閉館年 : 1987年8月
『全国映画館総覧 1955』によると1928年7月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「第七常盤館」。1943年・1947年の映画館名簿では「常盤館」。1950年の映画館名簿では「長井常盤館」。1953年の映画館名簿では「常盤館」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「長井トキワ館」。1986年の映画館名簿では経営者・支配人ともに小林崇宏、木造1階、350席、邦画・洋画・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はドラッグストア「ウエルシア長井本町店」敷地南東部。最寄駅は山形鉄道フラワー長井線長井駅。

南陽市

双松館/文化映画劇場/文化劇場/宮内文化映画劇場/トキワ銀映
所在地 : 山形県東置賜郡宮内町(1930年・1934年・1936年・1943年・1947年・1950年)、山形県東置賜郡宮内町宮町(1953年)、山形県東置賜郡宮内町(1955年)、山形県東置賜郡宮内町3459(1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1928年10月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1928年10月開館。1930年・1934年・1936年の映画館名簿では「双松館」。1943年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1947年・1950年の映画館名簿では「文化劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1960年の映画館名簿では「宮内文化映画劇場」。1961年・1962年の映画館名簿では「トキワ銀映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
赤湯商工会館
所在地 : 山形県東置賜郡赤湯町(1958年)、山形県東置賜郡赤湯町825(1960年・1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1963年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「赤湯商工会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
松風座/宮内松風座
所在地 : 山形県東置賜郡宮内町(1936年・1947年・1950年)、山形県東置賜郡宮内町柳町(1953年)、山形県東置賜郡宮内町(1955年・1958年)、山形県東置賜郡宮内町大字宮内3127(1960年・1963年)、山形県東置賜郡宮内町3127(1966年)、山形県南陽市赤宮内町3127(1969年)
開館年 : 1853年(創立)、1934年以後1936年以前
閉館年 : 1971年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「松風座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松風座」。1966年・1969年の映画館名簿では「宮内松風座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

宮内町の中央部には十字路があり、南は本町、西は新町、東は横町、北は宮町に行く。西の柳町には佐藤製糸場や劇場「松風座」がある。*15

1919年の『宮内町案内』に掲載された地図には「劇場」が描かれている。*16
第三赤湯常盤館/赤湯常盤館/常盤館/赤湯トキワ館
所在地 : 山形県東置賜郡赤湯町栄(1936年)、山形県東置賜郡赤湯町(1950年・1953年・1955年・1958年)、山形県東置賜郡赤湯町421(1960年・1963年)、山形県東置賜郡赤湯町森先(1966年)、山形県南陽市赤湯中町421(1969年・1973年)
開館年 : 1925年9月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1925年9月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「第三赤湯常盤館」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「赤湯常盤館」。1953年の映画館名簿では「常盤館」。1955年の映画館名簿では「赤湯トキワ館」。1958年の映画館名簿では「赤湯トキワ座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「赤湯トキワ館」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年12月、「赤湯常盤館」の開館40周年、「長井常盤館」の開館35周年、「高畠トキワ銀映」の開館7周年記念特別興行が行われた。*17
シネマエイムス
所在地 : 山形県南陽市新田850-1(1990年)
開館年 : 1989年頃
閉館年 : 1990年頃
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「シネマエイムス」。1990年の映画館名簿では経営者が三ケ山修一、支配人が海野茂昌、鉄筋造1階、156席、邦画・洋画を上映。1991年の映画館名簿には掲載されていない。

東置賜郡高畠町

照高館
所在地 : 山形県東置賜郡高畠町(1934年・1936年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年の映画館名簿では「照高館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
高畠文化会館/文化会館
所在地 : 山形県東置賜郡高畠町幸町(1952年・1953年)、山形県東置賜郡高畠町(1954年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1954年頃
1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年の映画館名簿では「高畠文化会館」。1954年の映画館名簿では「文化会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
高盛館/高盛座
所在地 : 山形県東置賜郡高畠町(1936年)、山形県東置賜郡高畠町2300(1953年・1955年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1934年以後1936年以前、1950年8月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「高盛館」。1943年・1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「高盛座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
和田映画劇場
所在地 : 山形県東置賜郡社郷町字和田村(1955年)、山形県東置賜郡高畠町和田(1958年)、山形県東置賜郡高畠町和田馬頭(1960年・1962年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「和田映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
糠野目座
所在地 : 山形県東置賜郡糠野目村(1955年)、山形県東置賜郡高畠町糠ノ目(1958年)、山形県東置賜郡高畠町糠野目2192(1960年)、山形県東置賜郡高畠町糠野目(1963年・1964年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「糠野目座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
トキワ映画劇場
所在地 : 山形県東置賜郡高畠町北目(1963年・1965年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1965年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1965年の映画館名簿では「トキワ映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
トキワ銀映/高畠トキワ銀映
所在地 : 山形県東置賜郡高畠町(1955年・1958年・1960年)、山形県東置賜郡高畠町246(1963年)、山形県東置賜郡高畠町幸町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1952年の映画館名簿では「高畠トキワ銀映」。1958年・1960年の映画館名簿では「トキワ銀映」。1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「高畠トキワ銀映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年12月、「赤湯常盤館」の開館40周年、「長井常盤館」の開館35周年、「高畠トキワ銀映」の開館7周年記念特別興行が行われた。高畠トキワ銀映が開館した際の写真あり。*18

東置賜郡川西町

小松座
所在地 : 山形県東置賜郡小松町上小松(1952年・1953年)、山形県東置賜郡小松町(1955年)、山形県東置賜郡川西町小松(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小松座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
吉田館
所在地 : 山形県東置賜郡吉島村吉田(1955年)、山形県東置賜郡川西町吉田(1958年)、山形県東置賜郡川西町吉田3562(1960年・1963年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「吉田館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

西置賜郡小国町

小国映画劇場
所在地 : 山形県西置賜郡小国町(1943年・1947年・1950年・1953年・1955年)、山形県西置賜郡小国町129(1958年)
開館年 : 1939年4月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「小国映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
小国中央映画劇場/小国中央劇場
所在地 : 山形県西置賜郡小国町(1959年・1960年)、山形県西置賜郡小国町栄町(1963年)、山形県西置賜郡小国町(1966年)
開館年 : 1954年12月28日
閉館年 : 1966年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「小国中央劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年12月28日、西置賜郡小国町に「小国中央映画劇場」が開館した。木造2階。ワイドスクリーンを完備。定員300人。*19

西置賜郡白鷹町

東館
1924年の白鷹町にあった「東館」の落成時の写真あり。芝居、歌舞伎、映画などの興行を行った。*20
鮎貝座
所在地 : 山形県西置賜郡白鷹町字鮎貝(1955年)、山形県西置賜郡白鷹町鮎貝(1958年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1913年開館。1955年・1958年の映画館名簿では「鮎貝座」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
荒砥劇場
所在地 : 山形県西置賜郡荒砥町(1953年・1955年)、山形県西置賜郡白鷹町荒砥(1958年・1960年・1963年)、山形県西置賜郡白鷹町荒砥976(1965年)
開館年 : 1952年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「荒砥劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「荒砥劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

西置賜郡飯豊町

椿劇場
所在地 : 山形県西置賜郡豊原村(1955年)、山形県西置賜郡飯豊町椿(1958年)、山形県西置賜郡飯豊町椿6(1960年)、山形県西置賜郡飯豊町椿(1963年・1964年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「椿劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

庄内地方

鶴岡市

鶴岡劇場
所在地 : 山形県西田川郡鶴岡町
開館年 : 1917年
閉館年 : 不明
各年版の映画館名簿には掲載されていない。

1917年の鶴岡町の南町にあった「鶴岡劇場」の写真あり。同年に諏訪尚太郎によって創設された。*21

大正中期の鶴岡町にあった「鶴岡劇場」の写真あり。1917年に建設され、東京などから相次いで芸能人が来演した。鶴岡で初めて歌劇やレビューダンスが公演された劇場である。*22

1917年には鶴岡町の南町に「鶴岡劇場」が創設され、8月3日から沢村宗十郎を招いてこけら落としを行った。創立者は西田川郡上郷村の地主である諏訪尚太郎であり、1912年に早稲田大学を卒業後、帰郷して肥料店の丸八商店を経営していた人物である。1918年時点の鶴岡町における劇場は、鶴岡劇場、鶴岡座、千歳座の3館があった。鶴岡劇場の写真あり。*23

1931年の『大日本職業別明細図 鶴岡市』には「鶴岡座」「鶴岡劇場」が描かれている。*24
大泉映画劇場
所在地 : 山形県東田川郡朝日村(1955年)、山形県東田川郡朝日村上田沢(1958年)
開館年 : 1954年4月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「大泉映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
大山会館
所在地 : 山形県西田川郡大山町(1955年・1958年)、山形県西田川郡大山町大工町(1960年・1963年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大山会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
湯野浜映画劇場/湯野浜会館
所在地 : 山形県鶴岡市湯野浜町57-3(1958年)、山形県鶴岡市大字湯野浜57-3(1960年)、山形県鶴岡市湯野浜57-3(1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「湯野浜映画劇場」。1963年の映画館名簿では「湯野浜会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
藤島映画劇場
所在地 : 山形県東田川郡藤島町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「藤島映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
海洋会館/鼠ヶ関海洋会館
所在地 : 山形県西田川郡温海町鼠ヶ関乙82(1959年・1960年・1963年)、山形県西田川郡温海町鼠ヶ関(1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「鼠ヶ関海洋会館」。1960年の映画館名簿では「海洋会館」。1963年・1964年の映画館名簿では「鼠ヶ関海洋会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
温海会館
所在地 : 山形県西田川郡温海町(1955年)、山形県西田川郡温海町温海温泉(1958年)、山形県西田川郡温海町(1960年・1963年)、山形県西田川郡温海町大字湯温海(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「温海会館」。1958年・の映画館名簿では「映劇温海会館」。1960年・1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「温海会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
文化映画劇場/鶴岡文化映画劇場/鶴岡文化劇場
所在地 : 山形県鶴岡市三日市町16(1953年)、山形県鶴岡市三日町16(1955年・1958年・1960年・1963年)、山形県鶴岡市三日町(1966年・1968年)
開館年 : 1949年5月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鶴岡文化映画劇場」。1966年・1968年の映画館名簿では「鶴岡文化劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年1月2日午前2時50分頃、鶴岡市三日町の「鶴岡文化映画劇場」ボイラー室付近から出火して同館が全焼した。ボイラーの不始末が原因とみられる。損害額は約2000万円。上映中だった『帰らざる河』と『いらっしゃいませ』のフィルムは焼失前に搬出された。経営はシバタ興行。支配人は宮腰富次。*25

1952年現在、鶴岡市の映画館として「鶴岡演芸株式会社鶴岡座」「鶴岡東宝映画劇場」「株式会社中央劇場」「シバタ文化興業株式会社 鶴岡文化映画劇場」がある。鶴岡文化映画劇場の所在地は三日町16、代表者は宮越富治、定員は550人、上映系統は東宝・東映・洋画。*26
鶴岡東宝映劇/鶴岡東宝映画劇場/鶴岡東宝/鶴岡東宝劇場/鶴岡スカラ座
所在地 : 山形県鶴岡市与力町(1943年・1947年)、山形県鶴岡市与力町甲5(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、山形県鶴岡市山王町15-54(1966年・1969年・1973年・1975年・1977年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1977年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1928年開館。1943年・1947年の映画館名簿では「鶴岡東宝映劇」。1950年の映画館名簿では「鶴岡東宝映画劇場」。1953年の映画館名簿では「鶴岡東宝」。1955年の映画館名簿では「鶴岡東宝劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1977年の映画館名簿では「鶴岡スカラ座」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。2009年12月23日倒壊。

1952年現在、鶴岡市の映画館として「鶴岡演芸株式会社鶴岡座」「鶴岡東宝映画劇場」「株式会社中央劇場」「シバタ文化興業株式会社 鶴岡文化映画劇場」がある。鶴岡東宝映画劇場の所在地は与力町甲5、代表者は村山恒治、定員は750人、上映系統は新東宝・洋画。*27
鶴岡松竹館/千歳座/中央劇場/鶴岡中央劇場
所在地 : 山形県西田川郡鶴岡町(1925年)、山形県鶴岡市十日町(1930年)、山形県鶴岡市五日町(1936年・1941年)、山形県鶴岡市(1947年)、山形県鶴岡市五日市(1950年)、山形県鶴岡市五日市98(1953年)、山形県鶴岡市与力町甲5(1955年)、山形県鶴岡市五日市98(1958年・1960年)、山形県鶴岡市音町98番地(1963年)、山形県鶴岡市五日市98(1966年・1969年)、山形県鶴岡市昭和町23-3(1973年・1975年・1978年・1979年)
開館年 : 1916年以前、1947年2月
閉館年 : 1979年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年2月開館。1925年の映画館名簿では「千歳館」。1930年の映画館名簿では「千歳座」。1936年の映画館名簿では「鶴岡松竹館」。1941年の映画館名簿では「千歳座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「中央劇場」。1950年の映画館名簿では「鶴岡中央劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「鶴岡中央劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

大正時代頃、鶴岡町には活動写真館として「千歳座」(現在の中劇)と「鶴岡座」の2館があった。1922年6月14日から16日まで、鶴岡座では『電話の声』全15編30巻すべてを上映する活劇大会が開催された。*28

1952年現在、鶴岡市の映画館として「鶴岡演芸株式会社鶴岡座」「鶴岡東宝映画劇場」「株式会社中央劇場」「シバタ文化興業株式会社 鶴岡文化映画劇場」がある。中央劇場の所在地は五日町98、代表者は石川省吾、定員は400人、上映系統は大映・洋画。*29
鶴岡東映劇場
所在地 : 山形県鶴岡市本町1-7-18(1973年・1975年・1978年・1979年)
開館年 : 1970年以後1973年以前
閉館年 : 1979年頃
1970年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「鶴岡東映劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
鶴岡銀映/鶴岡銀座映画劇場/鶴岡銀座劇場/鶴岡銀映劇場
所在地 : 山形県鶴岡市三日市(1957年)、山形県鶴岡市三日市16(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、山形県鶴岡市本町1-7-32(1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1982年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「鶴岡銀映」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「鶴岡銀座映画劇場」。1973年の映画館名簿では「鶴岡銀座劇場」。1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「鶴岡銀映劇場」。1982年の映画館名簿では経営会社が株式会社文興、経営者が長谷川文清、支配人が後藤正巳、鉄筋造2階、70席、成人映画を上映。1983年の映画館名簿には掲載されていない。
鶴岡座/鶴岡座大劇場・鶴岡座名画劇場・鶴岡中央劇場
所在地 : 山形県西田川郡鶴岡町(1925年)、山形県鶴岡市十日町(1930年・1936年・1943年)、山形県鶴岡市七日町(1947年)、山形県鶴岡市十日町(1950年)、山形県鶴岡市十日町27(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、山形県鶴岡市昭和町12-49(1973年)、山形県鶴岡市昭和町12-48(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1996年・1997年)
開館年 : 1922年1月
閉館年 : 1997年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1922年1月開館。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「鶴岡座」。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「鶴岡座大劇場・鶴岡座名画劇場・鶴岡中央劇場」(3館)。1995年・1996年・1997年の映画館名簿では「鶴岡座大劇場・鶴岡座名画劇場・鶴岡座中央劇場」(3館)。1996年の映画館名簿では経営会社が株式会社鶴岡座、経営者・支配人ともに佐藤孝二郎、いずれも鉄筋造1階、大劇場が208席、名画劇場が124席、中央劇場が72席、いずれも邦画・洋画を上映。1998年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「洞泉院」東隣の駐車場。

1903年には鶴岡町の十日町東に劇場「鶴岡座」が建てられた。収容人数は約800人であり、座主は上田安政だった。*30

大正時代頃、鶴岡町には活動写真館として「千歳座」(現在の中劇)と「鶴岡座」の2館があった。1922年6月14日から16日まで、鶴岡座では『電話の声』全15編30巻すべてを上映する活劇大会が開催された。*31

1931年の『大日本職業別明細図 鶴岡市』には「鶴岡座」「鶴岡劇場」が描かれている。*32

1952年現在、鶴岡市の映画館として「鶴岡演芸株式会社鶴岡座」「鶴岡東宝映画劇場」「株式会社中央劇場」「シバタ文化興業株式会社 鶴岡文化映画劇場」がある。鶴岡座の所在地は十日町27、代表者は諏訪尚太郎、定員は460人、上映系統は松竹・洋画。*33
鶴岡シネマ旭/鶴岡シネマ旭1・2・3
所在地 : 山形県鶴岡市本町2-1-6(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1974年
閉館年 : 2002年4月14日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「鶴岡シネマ旭」。1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「鶴岡シネマ旭1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では経営会社がライジングサンエンタープライズ、経営者が宮崎互、支配人が大友章、鉄筋造2階、1が158席、2が77席、3が56席、いずれも邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山形銀行鶴岡支店」北北東60m。最寄駅はJR羽越本線鶴岡駅。

2002年4月14日、鶴岡市の映画館「鶴岡シネマ旭」と酒田市の映画館「酒田シネマ旭」が揃って閉館する。両館の経営は山形市の宮崎合名社。2001年8月に三川町に開館したシネコンに観客が流れたため。宮崎合名社は2002年1月に酒田市の「酒田港座」も閉館させている。2館の閉館によって山形県庄内地方の従来型映画館は姿を消す。2館とも1974年に開館しており、鶴岡シネマ旭はボウリング場を併設していた。*34
鶴岡まちなかキネマ1-4/鶴岡まちなかキネマ3・4
所在地 : 山形県鶴岡市山王町13-36(2012年・2015年・2020年・2024年)
開館年 : 2010年5月
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2012年・2015年・2020年の映画館名簿では「鶴岡まちなかキネマ1-4」(4館)。2012年の映画館名簿では経営会社が株式会社まちづくり鶴岡、経営者が小林好雄、支配人が畠山将司、166席と153席と81席と41席。2020年の映画館名簿では経営会社が株式会社まちづくり鶴岡、経営者が木戸祐、支配人が畠山将司、166席と153席と81席と41席。2020年5月休館。2022年の映画館名簿には掲載されていない。2023年3月25日営業再開。2024年の映画館名簿では「鶴岡まちなかキネマ3・4」(2館)。2024年の映画館名簿では経営会社が山王まちづくり株式会社、経営者が三浦新、支配人が齋藤卓也、3が80席、4が40席。最寄駅はJR羽越本線鶴岡駅。

2009年11月13日、経済産業省は鶴岡市の「まちづくり鶴岡」によるまちなか映画館整備事業に対して補助事業採択を決定した。松文産業鶴岡工場の跡地の一部を取得し、大正末期から昭和初期に建築された木造平屋建ての2棟を映画館に改修する。*35

2010年5月22日をもって、鶴岡市の映画館「鶴岡まちなかキネマ」が閉館する。新型コロナウイルスの影響による営業自粛などが響いた。4スクリーン計437席を有する。年間入場者数は平均7万8000人にとどまり赤字経営だった。*36

2020年5月には鶴岡市山王町の映画館「鶴岡まちなかキネマ」が閉館したが、映画の上映ができる交流スペースとして活用する方針がまとまり、2022年12月頃に再オープンする予定である。鶴岡市社会福祉協議会が鶴岡まちなかキネマの土地と建物を取得予定であり、鶴岡市社会福祉協議会、交流スペースの運営を担う「山王まちづくり」、鶴岡市の3者が協定を結んだ。鶴岡市社会福祉協議会は4スクリーンのうち2スクリーンを残し、山王まちづくりが無償で借り受けて映画を上映する。鶴岡市は国の地方創生交付金を活用して改修費など計3300万円を支援する。*37

かつて鶴岡市には複数の映画館があったが、2002年に「鶴岡シネマ旭」が閉館して映画館がなくなった。鶴岡商工会議所に加盟する32社が出資して「まちづくり鶴岡」が設立され、2010年5月に絹織物工場跡地に「鶴岡まちなかキネマ」が開館した。映画上映のみならず、落語会、ミニコンサート、シンポジウムなども開催された。隣町に大型商業施設併設の映画館が開館し、新型コロナウイルスの影響下で休館したことも響き、2020年5月に閉館した。閉館翌月には山形大学農学部の菊池俊一准教授が発起人になり、鶴岡まちなかキネマを存続させるための署名活動が行われると、1か月半で1万筆以上の署名が集まった。「山王まちづくり会社」が運営に名乗り出て、2023年春の営業再開を目指して改築中である。*38

2023年3月25日、鶴岡市の映画館「鶴岡まちなかキネマ」が映画上映のできる交流スペースとして再オープンする予定。2020年5月に閉館していた。建物に移転する鶴岡市社会福祉協議会に対して、鶴岡市が改修費などを補助して交流スペースを整備する。*39

酒田市

大正館
所在地 : 山形県飽海郡酒田町上内匠町
開館年 : 1915年5月9日
閉館年 : 1921年9月

大正中期の酒田の上内匠町にあった常設映画館「大正館」の写真あり。1912年に「大正亭」として開館し、芝居や浪曲などの興行を行ったが、すぐに大正館に改称して常設映画館に転向した。*40

1915年5月9日、酒田の上内匠町76番地に「大正館」が開館した。酒田初の常設映画館であり、経営者は渡部仁七だった。もとは1912年開館の演芸館「大正亭」があった場所であり、現在の居酒屋兵六玉付近である。上内匠町に相次いで開館した常設映画館の過当競争の結果、大正館は1921年9月に営業を終了した。*41

後の映画館「中央座」の奥の場所には、活動写真や浪花節の興行を行う芝居小屋「大正館」があった。後に通りに面した場所に中央座が建てられた。*42
松山館
昭和初期の飽海郡松山町にあった映画館「松山館」の写真あり。大正末期に建設された松山町初の映画館である。昭和初期には『高田ノ馬場の仇うち』などが人気だった。*43
電気館
所在地 : 山形県酒田市下内匠町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1934年以前
1930年の映画館名簿では「電気館」。1934年の映画館名簿には掲載されていない。
新興旭館
所在地 : 山形県酒田市駅前(1936年)
開館年 : 1934年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「新興旭館(休館中)」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
千歳館/千歳座
所在地 : 山形県飽海郡松山町松山領新町(1958年)、山形県飽海郡松山町松嶺(1960年・1963年)、山形県飽海郡松山町新町(1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「千歳館」。1963年・1964年の映画館名簿では「千歳座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹館/酒田館/酒田映画劇場/酒田劇場/日活酒田劇場/酒田日活劇場
所在地 : 山形県飽海郡酒田町(1925年)、山形県酒田市下内匠町(1930年・1934年)、山形県酒田市下内匠町31(1936年)、山形県酒田市下内匠町(1943年・1947年)、山形県酒田市内庄町(1950年)、山形県酒田市下内匠町31(1953年・1955年・1958年)、山形県酒田市下内匠町(1960年)、山形県酒田市下内匠31(1963年)、山形県酒田市下内匠町31(1966年)
開館年 : 1916年、1925年、1937年9月(建て替え)、1952年末(建て替え)
閉館年 : 1967年11月14日
『全国映画館総覧 1955』によると1925年開館。1925年・1930年の映画館名簿では「酒田館」。1934年の映画館名簿では「松竹館」。1936年の映画館名簿では「酒田館」。1936年の映画館名簿では「酒田映画劇場」。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「酒田劇場」。1955年の映画館名簿では「酒田日活劇場」。1958年の映画館名簿では「日活酒田劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「酒田日活劇場」。1961年の酒田市住宅明細図では「酒田日活劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が太陽企業、支配人が沢田喜代一、木造2階暖房付、定員450。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「酒田市交流ひろば」北西30mの「北村ビル」。最寄駅はJR羽越本線酒田駅。

1931年の『大日本職業別明細図 酒田港』には「酒田館」と「中央座」が描かれている。*44

官庁街の本町通り、繁華街の仲町銀座、娯楽街の内匠町通りの3本の通りが酒田市の中心部をなしており、1956年現在の5映画館のうち4館がある。「日活酒田劇場」、「シバタ映劇」、「中央座」、「グリーンハウス」、「港座」の写真あり。1955年11月には松竹作品中心だった「酒田劇場」が日活直営館となり、日活酒田劇場に改称した。改称後半年間のヒット作は『続 警察日記』や『乳房よ永遠なれ』がある。中央座と日活酒田劇場の間にはパチンコ店・飲食店・蕎麦屋などが多数あり、娯楽街の様相を呈している。*45

1916年には酒田の下内匠町に「酒田館」が開館した。現在のパイレーツビルの向かいである。『酒田市史 下巻 改訂版』は酒田館の開館年を1913年としているが誤りだと思われる。1924年7月には宮崎合名社が経営者となり、この頃には松竹や日活作品を主として洋画も上映していた。1926年春から1928年までは「電気館」という名称だった。1932年7月には佐藤吉兵衛と松竹の共同経営となり、松竹と新興キネマ作品を上映していた。1935年7月には松竹スターの田中絹代が舞台挨拶を行っている。1937年9月には工費7000円で大規模な改築を行い、「酒田劇場」に改称した。この改築によって酒田で初めて長椅子が導入されている。1939年12月には東宝の直営館となり、「東宝酒田劇場」に改称したが、1941年11月には松竹の直営館に戻った。1952年末には再び改築し、1955年11月には「酒田日活劇場」に改称した。1967年11月14日をもって閉館した。最終上映作品は吉永小百合主演の『斜陽のおもかげ』と舟木一夫主演の『夕笛』である。*46
酒田大映シバタ映画劇場/シバタ映画劇場/酒田シバタ映画劇場
所在地 : 山形県酒田市上内匠町(1960年)、山形県酒田市上内匠96(1963年)、山形県酒田市上内匠町96(1966年・1967年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年7月23日
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「シバタ映画劇場」。1961年の酒田市住宅明細図では「シバタ映画劇場」。1963年の映画館名簿では「酒田大映シバタ映画劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「シバタ映画劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が長谷川美恵子、支配人が田代弘、鉄筋造2階冷暖房付、定員320、電話が2341。1969年の映画館名簿では「酒田シバタ映画劇場」と「酒田大映」。1969年の映画館名簿では経営者が長谷川文清、支配人が吉田稔、鉄筋造1階冷暖房付、定員200、成人映画を上映。1970年の映画館名簿では「酒田シバタ映画劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が大一興行、支配人が越田栄一、鉄筋造2階冷暖房付、定員320、大映・洋画を上映、電話が2341。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「愛宕神社」北西40mの駐車場。最寄駅はJR羽越本線酒田駅。

1955年7月23日、酒田市に「シバタ映劇」が開館した。シネスコ専門館。鉄筋コンクリート造、地上3階・地下1階建て。総坪数290坪。工費5000万円。椅子席600、総収容数1000。経営は新潟県新発田市の新発田文化興業。*47

官庁街の本町通り、繁華街の仲町銀座、娯楽街の内匠町通りの3本の通りが酒田市の中心部をなしており、1956年現在の5映画館のうち4館がある。「日活酒田劇場」、「シバタ映劇」、「中央座」、「グリーンハウス」、「港座」の写真あり。内匠町の東には「シバタ映画劇場」(シバタ映劇)がある。山形県で最初にシネスコ設備を設置し、洋画を新東宝や独立系の邦画と併映している。近年には『帰らざる河』や『足ながおじさん』がヒットした。*48
酒田大映(新)
所在地 : 山形県酒田市中町1-1-10(1973年・1975年)
開館年 : 1969年頃
閉館年 : 1976年10月29日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年の映画館名簿では「酒田大映」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
グリーンハウス
所在地 : 山形県酒田市本町4-13(1953年・1955年)、山形県酒田市本町4-11(1958年)、山形県酒田市本町4-12(1960年・1963年・1966年)、山形県酒田市中町2-5-33(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1949年5月17日
閉館年 : 1976年10月29日
Wikipedia : 「グリーンハウス
『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「グリン・ハウス」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「グリーン・ハウス」。1961年の酒田市住宅明細図では「グリーンハウス」。1966年の映画館名簿では「グリーンハウス」。1966年の映画館名簿では経営者がグリーンハウス、支配人が吉岡泰三、木造2階冷暖房付、定員350。1969年の映画館名簿では「グリーン・ハウス」。1973年・1975年の映画館名簿では「グリーンハウス」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は百貨店「マリーン5清水屋」廃墟南西角。最寄駅はJR羽越本線酒田駅。

官庁街の本町通り、繁華街の仲町銀座、娯楽街の内匠町通りの3本の通りが酒田市の中心部をなしており、1956年現在の5映画館のうち4館がある。「日活酒田劇場」、「シバタ映劇」、「中央座」、「グリーンハウス」、「港座」の写真あり。本町と仲町に挟まれたダンスホールを買い受けて建て直した洋画専門館グリーンハウスは柳小路にある。グリーンハウスはシネスコ設備を有し、知識層を中心とする青年層から人気がある。*49

1962年6月上旬、酒田市の洋画専門館「グリーン・ハウス」は館内に定員10人の「シネ・サロン」を設置した。東北初の実験劇場とされる。床面積は約20平方メートル、客席はわずか10席。スクリーンは縦90センチ、横120センチ。芸術性の高い作品を上映する予定。経営者は佐藤久一。*50

1976年10月29日の酒田大火で燃える映画館「グリーン・ハウス」の写真あり。10月29日午後5時50分頃、グリーン・ハウスのボイラー室から出火した。瞬間最大風速35メートルの強風によって商店街を火が覆いつくした。*51
中央館/酒田中央座/中央座/酒田東映中央座
所在地 : 山形県飽海郡酒田町(1925年)、山形県酒田市上内匠町(1930年・1934年・1936年・1943年・1947年)、山形県酒田市上内匠町75(1950年・1953年・1955年・1958年)、山形県酒田市上内匠町95(1960年・1963年・1966年・1969年)、山形県酒田市中町2-1-9(1973年・1975年)
開館年 : 1921年4月
閉館年 : 1976年10月29日
『全国映画館総覧 1955』によると1921年4月開館。1925年・1930年・1934年・1936年・1943年の映画館名簿では「中央座」。1947年の映画館名簿では「中央館」。1950年の映画館名簿では「酒田中央座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央座」。1961年の酒田市住宅明細図では「中央座」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「酒田東映中央座」。1966年の映画館名簿では経営者・支配人ともに渡部暢夫、木造2階冷暖房付、定員500。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は居酒屋「兵六玉」。最寄駅はJR羽越本線酒田駅。

1931年の『大日本職業別明細図 酒田港』には「酒田館」と「中央座」が描かれている。*52

官庁街の本町通り、繁華街の仲町銀座、娯楽街の内匠町通りの3本の通りが酒田市の中心部をなしており、1956年現在の5映画館のうち4館がある。「日活酒田劇場」、「シバタ映劇」、「中央座」、「グリーンハウス」、「港座」の写真あり。内匠町を下ると2つ目の角に老舗の中央座があり、大映や東映の作品を上映している。シバタ映劇が開館するまでは酒田駅から最も近く、近郷の観客も多く集めていた。『新・平家物語』は1万人もの観客を集めた。*53

1965年12月、東映直営館「酒田東映」が開館した。*54

1976年10月29日に酒田市で発生した酒田大火では、火元となった映画館「グリーンハウス」に加えて、木造の映画館「中央座」も焼失した。*55

1976年10月29日には酒田市で酒田大火が発生した。17時40分頃に映画館「グリーンハウス」から出火し、21時頃には旧内匠町に延焼して映画館「中央座」に入った。*56

1976年10月29日に酒田市で発生した酒田大火では、火元となった映画館「グリーンハウス」に加えて、「中央座」も焼失した。*57
テアトル酒田1・2
所在地 : 山形県酒田市幸町2-10-12(1980年)、山形県酒田市幸町2-10-2(1985年・1986年)、山形県酒田市幸町2-10-12(1987年)
開館年 : 1979年頃
閉館年 : 1987年頃
1979年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「テアトル酒田機Ν供廖2館)。1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「テアトル酒田1・2」(2館)。1986年の映画館名簿では経営会社が酒田中央水産、経営者・支配人ともに高橋忠、いずれも鉄筋造2階、1が200席、2が100席、いずれも東宝・松竹・洋画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。
港座/酒田港座/酒田港座・酒田港座小劇場/酒田港座大劇場・酒田港座中劇場・酒田港座小劇場/酒田港座劇場1・2・3/酒田港座1・2・3
所在地 : 山形県酒田市上台町(1943年・1947年)、山形県酒田市上台町123(1950年)、山形県酒田市上台町772(1953年・1955年)、山形県酒田市上台町122(1958年・1960年・1963年)、山形県酒田市日吉町1-6-9(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1887年、1941年9月、1954年5月(建て替え)
閉館年 : 2002年1月14日
Wikipedia : 酒田港座
『全国映画館総覧 1955』によると1941年9月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「港座」。1953年の映画館名簿では「酒田港座」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「港座」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「酒田港座」。1978年の映画館名簿では「酒田港座・酒田港座小劇場」(2館)。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「酒田港座大劇場・酒田港座中劇場・酒田港座小劇場」(3館)。1995年の映画館名簿では「酒田港座劇場1・2・3」(3館)。2000年の映画館名簿では「酒田港座1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「光国寺」西60mにスナック街「ミナトニュータウン」が入る雑居ビルとして現存。最寄駅はJR羽越本線酒田駅。

大正時代の酒田にあった芝居小屋「港座」の写真あり。1887年に下台町に建設された。190坪の建物であり、廻り舞台、迫り上げ、花道などがあった。1000人の観客を収容でき、東北一の劇場と言われた。*58

官庁街の本町通り、繁華街の仲町銀座、娯楽街の内匠町通りの3本の通りが酒田市の中心部をなしており、1956年現在の5映画館のうち4館がある。「日活酒田劇場」、「シバタ映劇」、「中央座」、「グリーンハウス」、「港座」の写真あり。日和山公園に向かう坂の手前で右に曲がると港座がある。火災による焼失後、1954年5月に新装開店した。800という定員は1956年3月現在の酒田市で最多であり、新劇の公演などにも利用されている。港座は松竹や東宝作品を上映し、1956年正月の『ジャンケン娘』と『二等兵』では1万3000人もの観客を集めた。*59

2001年12月19日の『山形新聞』には2002年1月14日をもって「酒田港座」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*60

「酒田港座 大劇場・中劇場・小劇場」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*61
酒田シネマ旭/酒田シネマ旭1・2
所在地 : 山形県酒田市中町3-3-1(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1974年
閉館年 : 2002年4月14日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「酒田シネマ旭」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「酒田シネマ旭1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年4月14日、鶴岡市の映画館「鶴岡シネマ旭」と酒田市の映画館「酒田シネマ旭」が揃って閉館する。両館の経営は山形市の宮崎合名社。2001年8月に三川町に開館したシネコンに観客が流れたため。宮崎合名社は2002年1月に酒田市の「酒田港座」も閉館させている。2館の閉館によって山形県庄内地方の従来型映画館は姿を消す。2館とも1974年に開館しており、鶴岡シネマ旭はボウリング場を併設していた。*62

東田川郡三川町

イオンシネマ三川
所在地 : 山形県東田川郡三川町大字猪子字和田庫128-1(2005年・2010年)、山形県東田川郡三川町大字猪子字和田庫128-1 イオンモール三川2階(2015年・2020年)
開館年 : 2001年8月11日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ三川 シネマ1-7」(7館)。最寄駅はJR羽越本線西袋駅。

東田川郡庄内町

寿恵広座
所在地 : 山形県東田川郡余目町(1950年)、山形県東田川郡余目町上猿田(1953年)、山形県東田川郡余目町(1955年)、山形県東田川郡余目町猿田15(1958年)、山形県東田川郡余目町(1960年)、山形県東田川郡余目町上猿田15(1963年・1964年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「寿恵広座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
ムービーパレス/余目ムービーパレス
所在地 : 山形県東田川郡余目町(1955年)、山形県東田川郡余目町猿田15(1958年)、山形県東田川郡余目町(1960年)、山形県東田川郡余目町上猿田15(1963年・1966年・1969年)、山形県東田川郡余目町上猿田415(1970年)
開館年 : 1954年4月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年4月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「ムービー・パレス」。1960年・1963年の映画館名簿では「ムービーパレス」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「余目ムービーパレス」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

花森安治『花森安治選集 2』暮しの手帖社、2020年はムービーパレスに言及している。現物は未確認。*63

飽海郡遊佐町

中央劇場/遊佐中央劇場
所在地 : 山形県飽海郡遊佐町(1952年・1953年・1955年)、山形県飽海郡遊佐町舞鶴135(1960年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年の映画館名簿では「遊佐中央劇場」。1955年の映画館名簿では「中央劇場」。1960年の映画館名簿では「遊佐中央劇場」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
遊佐劇場
所在地 : 山形県飽海郡遊佐町八日町(1952年・1953年)、山形県飽海郡遊佐町(1955年・1958年)、山形県飽海郡遊佐町京田(1960年)、山形県飽海郡遊佐町(1963年・1964年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「遊佐劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

最上地方

新庄市

平和館/新庄平和館
所在地 : 山形県最上郡新庄町(1925年・1930年)、山形県最上郡新庄町北本町(1934年・1936年)
開館年 : 1922年9月
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1925年・1930年・1934年の映画館名簿では「平和館」。1936年の映画館名簿では「新庄平和館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1922年9月、新庄町に活動写真館「平和館」が建てられた。1962年現在の信用金庫裏側の広場の場所である。*64

1922年9月、新庄町に活動写真館「平和館」が建てられた。1981年現在の信用金庫裏側の広場の場所である。*65

1928年1月、新庄町の「平和館」で代議士の松岡俊三による雪害の講演会が行われた。松岡は山形県における雪害救済運動に取り組んだ。*66

1940年の新庄町にあった劇場「三吉座」の写真あり。三吉座は1912年に建てられ、芝居や浪曲の興行を主としていた。その後1920年には活動写真を主とする「平和館」が、1925年には「新庄キネマ」も建てられた。*67
東宝映画劇場/新庄東宝
所在地 : 山形県新庄市金沢駅前(1953年・1955年)、山形県新庄市金沢1028(1958年)、山形県新庄市金沢1027(1960年)、山形県新庄市金沢1026(1963年)、山形県新庄市金沢1028(1965年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「新庄東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年、新庄市に映画館「新庄東宝」が開設された。*68
新庄セントラル劇場
所在地 : 山形県新庄市北紙漉駅前(1958年)、山形県新庄市金沢909(1960年)、山形県新庄市駅前(1963年・1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「新庄セントラル劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
新庄キネマ/新庄松竹館/新庄映画劇場/新庄映劇/新庄映画劇場/新庄東映/新庄東映劇場
所在地 : 山形県最上郡新庄町(1930年)、山形県最上郡新庄町十日町(1934年・1936年・1941年)、山形県最上郡新庄町(1943年・1947年)、山形県新庄市十日町(1950年)、山形県新庄市十日町136(1953年・1955年)、山形県新庄市十日町230(1958年・1960年・1963年)、山形県新庄市北本町230(1966年・1969年)、山形県新庄市本町4-29(1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1928年8月
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「新庄キネマ」。1934年の映画館名簿では「松竹館」。1936年の映画館名簿では「新庄松竹館」。1941年・1943年の映画館名簿では「新庄映画劇場」。1947年の映画館名簿では「新庄映劇」。1950年の映画館名簿では「新庄映画劇場」。1953年の映画館名簿では「新庄東映映画劇場」。1955年の映画館名簿では「新庄東映劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新庄東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年の映画館名簿では「新庄東映劇場」。1982年の映画館名簿では経営会社が株式会社三映、経営者が稲川進、支配人が稲川辰也、木造1階、324席、にっかつ・成人映画を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年8月、新庄税務署裏の空き地に「新庄キネマ」が建てられた。1962年現在の「東映劇場」である。入口には銀河という名前のカフェがあった。*69

1928年8月、新庄税務署裏の空き地に「新庄キネマ」が建てられた。1981年現在の「東映劇場」である。入口には銀河という名前のカフェがあった。*70

1928年、税務署裏に「新庄キネマ映画館」が建てられ、近くにカフェ 銀河も開店した。1930年には北本町の表通りに移転して経営者も交代した。「新庄東映」の前身である。*71

1940年の新庄町にあった劇場「三吉座」の写真あり。三吉座は1912年に建てられ、芝居や浪曲の興行を主としていた。その後1920年には活動写真を主とする「平和館」が、1925年には「新庄キネマ」も建てられた。*72
新庄日活/新庄日活劇場
所在地 : 山形県新庄市若葉町1-22(1966年・1969年)、山形県新庄市沖ノ町3-7(1973年・1975年・1978年)、山形県新庄市沖の町3-7(1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1986年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「新庄日活」。1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「新庄日活劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が株式会社三映、経営者・支配人ともに稲川進、木造1階、317席、洋画特選を上映。1987年の映画館名簿には掲載されていない。
三吉館/日活三吉座/三吉座/新庄三吉座/新庄三吉座1・2・3
所在地 : 山形県最上郡新庄町(1925年)、山形県最上郡新庄町北本町(1934年)、山形県最上郡新庄町駅前通(1936年)、山形県最上郡新庄町(1943年・1947年)、山形県新庄市倉沢1047(1950年)、山形県新庄市金沢1047(1953年・1955年)、山形県新庄市金沢沖ノ町1047(1958年)、山形県新庄市金沢1074(1960年)、山形県新庄市金沢1047(1963年・1966年・1969年)、山形県新庄市沖ノ町6-6(1973年・1975年・1978年)、山形県新庄市沖の町6-6(1980年・1985年・1986年・1988年・1989年)
開館年 : 1914年
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿では「三吉館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年の映画館名簿では「日活館」。1936年の映画館名簿では「日活三吉座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三吉座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「新庄三吉座」。1980年の映画館名簿では「三吉座」。1985年・1986年の映画館名簿では「新庄三吉座」。1986年の映画館名簿では経営会社が株式会社三映、経営者・支配人ともに稲川進、木造1階、489席、邦画・洋画を上映。1986年・1988年・1989年の映画館名簿では「新庄三吉座1・2・3」(3館)。1988年の映画館名簿では経営会社が株式会社三吉座、経営者・支配人ともに稲川進、いずれも鉄筋造1階、1が150席、2が105席、3が48席、いずれも邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

1935年に新庄町の「三吉座劇場」で行われた新庄町青年団ハーモニカバンドの発表会の写真あり。*73

1940年の新庄町にあった劇場「三吉座」の写真あり。三吉座は1912年に建てられ、芝居や浪曲の興行を主としていた。その後1920年には活動写真を主とする「平和館」が、1925年には「新庄キネマ」も建てられた。*74

1912年1月、五十嵐菊太郎は娯楽施設「三吉座」の建築に取り掛かったが、5月25日の大火で新築したばかりの建物が焼失した。五十嵐はすぐに再建に取り掛かり、11月25日に三吉座が開館した。*75

新庄市『新庄市史 第4巻 近現代 上』新庄市、1996年は「三吉座」で1921年9月30日から3日間興行された歌舞伎に言及している。*76
シネマアベージュ
所在地 : 山形県新庄市多門町1-2(2000年・2002年・2005年・2006年)
開館年 : 1999年
閉館年 : 2006年3月
1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「シネマアベージュ」。2002年・2005年・2006年の映画館名簿では「シネマ・アベージュ」。2006年の映画館名簿では経営会社が最上広域市町村圏事務組合、経営者が高橋栄一郎、支配人が東谷重友、鉄筋造2階、103席、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

1999年、新庄市多門町にビデオシアター「シネマ・アベージュ」が開館した。運営は最上市町村圏事務組合。経営自体は黒字だったが、国内唯一のビデオ提供会社が事業から撤退したため、2006年3月に閉館した。6月17日には多目的ホール「ホール・アベージュ」に生まれ変わった。座席数は93席。*77

最上郡金山町

合資金映/金山映画劇場
所在地 : 山形県最上郡金山町(1955年・1958年)、山形県最上郡金山町七日町(1960年)、山形県最上郡金山町309(1963年)、山形県最上郡金山町(1966年・1969年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「金山映画劇場」。1963年の映画館名簿では「合資金映」。1966年・1969年の映画館名簿では「金山映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡最上町

娯楽館
所在地 : 山形県最上郡最上町赤倉温泉(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1963年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「娯楽館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
最上シネマ
所在地 : 山形県最上郡最上町大字向町577(1959年・1960年)、山形県最上郡最上町577(1963年)、山形県最上郡最上町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「最上シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡舟形町

舟形映画劇場
所在地 : 山形県最上郡舟形町舟形281-5(1958年)、山形県最上郡舟形町281-5(1960年・1963年)、山形県最上郡舟形町舟形281(1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「舟形映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡真室川町

アヂロ劇場/安楽城劇場
所在地 : 山形県最上郡安楽城村(1955年)、山形県最上郡真室川町安楽城(1960年)、山形県最上郡真室川町砂子沢(1963年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「安城劇場」。1960年の映画館名簿では「アヂロ劇場」。1963年の映画館名簿では「安楽城劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
真室川劇場
所在地 : 山形県最上郡真室川町(1950年・1953年・1955年)、山形県最上郡真室川町144(1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「真室川劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡大蔵村

清水文化劇場/文化劇場/清水大蔵文化劇場
所在地 : 山形県最上郡大蔵村字清水(1955年)、山形県最上郡大蔵村清水(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「清水文化劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「文化劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「清水大蔵文化劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡鮭川村

豊里劇場
所在地 : 山形県最上郡鮭川村豊里21-2(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「豊里劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

最上郡戸沢村

映画館名簿によると最上郡戸沢村に映画館は存在しなかったと思われる。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます