日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



佐賀市

佐賀市の映画館
明治10年代には佐賀県にも常設劇場が設けられた。1881年から1882年に佐賀市与賀馬場に創設された「喜楽舎」が佐賀県初の劇場とされる。大正初期には喜楽舎が「喜楽座」に改称し、戦後の昭和30年代まで親しまれた。1884年には佐賀市松原町新馬場に「新栄座」が開館し、1924年には活動写真常設館となった。創刊当初の佐賀新聞には「新馬場劇場」という名前で登場する。現在は「平和劇場」が経っている場所に新栄座があった。*1

佐賀市の昭和館は1945年2月から休館していたが、1947年の正月興行には日本国憲法にあやかった「平和劇場」という名称でみられる。1949年の正月興行における佐賀市の映画館を見ると、かつての世界館が「さが松竹」を称し、東宝封切館として「東宝館」があり、「朝日館」は大映をやめて洋画専門館となり、朝日館の代わりに「平劇」(平和劇場)が大映上映館となっていた。桟敷席がある「佐賀劇場」は変わらず実演専門館であり、「喜楽座」は佐賀県初のヌード劇場となっていた。*2

1951年の正月興行には初めて「若草映画劇場」の名前が見え、各社フリー上映の二番館であった。1954年11月には唐人町に昭和バスの資本による「昭和映劇」が開館した。1954年12月末には鉄筋造3階建ての新東宝封切館「有楽」が開館した。1955年には昭和館が「佐賀東映」に改称して東映封切館となった。1955年4月には有楽が新東宝とともに日活も上映するようになった。1955年内には中央通りに「中央映画劇場」が、佐賀駅前に「佐賀第一映劇」が、いずれも二番館として開館した。1956年には片田江に大映直営館が開館した。1957年には東映直営館「佐賀東映」が開館し、また八幡小路に「第二東映」が開館した。1958年正月には若草劇場の隣に「若草東映」が新装開館し、佐賀市の東映系映画館は3館となった。1958年内には松原4丁目の通り小路に「スバル」が開館した。1959年には日活直営館の「佐賀日活」が開館し、1960年には「大洋」が開館した。1961年正月の佐賀市には14館もの映画館があった。*3

1960年頃の佐賀市近郊を見ると、大和町には「春日東映」、川副町早津江には「東映」、神埼町には「神映」と「新世界」、小城町には「昭和」と「東映」、多久町には「多久東映」と「東多久東映」、牛津町には「ロマン」、大町町には「東映」と「新和」、白石町には「白石日活」があった。唐津市には「新世界」「東宝大劇」「センターシネマ」「日の出」「世界館」などがあった。*4

1915年には水ケ江新道に活動写真館「朝日館」が開館し、1920年頃には白山町土橋に「宇宙館」が開館し、1922年頃には伊勢屋町に「日ノ出館」が開館し、1924年には新栄座が「昭和館」に改称した。1939年には松原町の佐賀警察署跡地に「東宝映画劇場」が開館した。その後日ノ出館が東宝映画劇場の南側に移転して松竹系上映館「世界館」となった。戦後の松原町界隈には、「佐賀東映」、「日活」、「佐賀有楽」があった。唐人町平和通りの角には「昭和東映」があり、通り小路に「スバル映画劇場」があり、新馬場にあった昭和館が「平和劇場」に改称して洋画中心となった。*5
日の出館/日ノ出館
所在地 : 佐賀県佐賀市伊勢屋町(1930年)、佐賀県佐賀市伊勢屋町3(1936年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿では「日の出館」。1936年の映画館名簿では「日ノ出館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和館
所在地 : 佐賀県佐賀市松原通新馬場(1930年)、佐賀県佐賀市松原通新馬場通(1936年)、佐賀県佐賀市松原町(1943年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1943年以後1950年以前
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「昭和館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
宇宙館
所在地 : 佐賀県佐賀市白山町(1930年・1936年・1943年)
開館年 : 1921年頃
閉館年 : 1945年
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「宇宙館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年の『大日本職業別明細図之内 佐賀県』には「宇宙館」が描かれている。*6

1938年の佐賀市白山町土橋にあった「宇宙館」の写真あり。1921年頃、柳町の松本功によって建設され、やがて宮崎荘太郎の経営に移った。宇宙館を含めて4館の常設館があった。戦時中に建物疎開で取り壊された。*7
佐賀公楽劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市八幡小路120(1963年)
開館年 : 1961年7月
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「佐賀公楽劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が中島末彦、支配人が荒槙貞雄、木造2階建冷暖房付、定員600、日活を上映。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年7月中旬、佐賀市八幡小路にニュー東映封切館「佐賀ニュー東映劇場」が開館する。佐賀市で3館を経営する中島末彦が建設に着手。木造1階一部鉄筋造2階建、冷暖房完備。客席350。人口7万8000人の佐賀市に映画館が13館となる。*8
早津江映劇/早津江東映
所在地 : 佐賀県佐賀郡川副町早津江(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「早津江映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「早津江東映」。1963年の住宅地図では「早津江劇場」。1964年の映画館名簿では経営者が鵜池保二、支配人は記載なし、木造1階建冷暖房付、定員400、東映を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「佐野記念公園」南側のグラウンド付近。
有明座/有明東映
所在地 : 佐賀県佐賀郡南川副村(1943年・1953年)、佐賀県佐賀郡南川副町(1955年)、佐賀県佐賀郡川副町(1958年)、佐賀県佐賀郡川副町犬井道(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「有明座」。1953年の映画館名簿では「有明館」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「有明座」。1963年の映画館名簿では「有明東映」。1963年の住宅地図では「有明座」。1964年の映画館名簿では「有明座」。1964年の映画館名簿では経営者が池田悟、支配人は記載なし、木造1階建、定員450、邦画を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に「佐賀クボタ農機販売KK」。跡地は「海童神社」北90mにある「田中金物店」。
大和館
所在地 : 佐賀県佐賀郡大和町尼寺(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「大和館」。1964年の映画館名簿では経営者が相川惣三、支配人は記載なし、木造1階建冷暖房付、定員300、邦画・洋画を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
蓮池映劇
所在地 : 佐賀県佐賀市蓮池町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「蓮池映劇」。1964年の映画館名簿では経営者が池田舜文、支配人が池田俊郎、木造1階建冷暖房付、定員360、東映・大映を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
川久保映劇
所在地 : 佐賀県佐賀市久保泉川久保(1963年・1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「川久保映劇」。1963年の映画館名簿では経営者が鵜池定規、支配人は記載なし、木造1階建冷暖房付、定員は記載なし、東映・大映を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の映画館名簿では「川久保映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市材木町一ノ橋
開館年 : 1916年頃
閉館年 : 1966年6月
跡地は「佐賀柳町郵便局」西側の建物など。映画館ではなく劇場。

1955年頃の佐賀市材木町一ノ橋にあった芝居小屋「佐賀劇場」の写真あり。1916年頃、福岡市にあった九州沖縄八県連合共進会の「演芸館」が材木町のこの地に移された。当初は「改良座」を名乗っていたが、1933年に「佐賀劇場」に改称した。1966年6月、筑紫美主子の「佐賀にわか」を最後の興行として取り壊された。*9
春日映劇/春日東映/春日東映劇場
所在地 : 佐賀県佐賀郡大和町尼寺(1960年・1963年)、佐賀県佐賀郡大和町字春日(1966年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「春日映劇」。1963年の映画館名簿では「春日東映」。1963年の映画館名簿では経営者が池田熊一、支配人は記載なし、木造1階建冷暖房付、定員は記載なし、邦画を上映。1966年の映画館名簿では「春日東映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
佐賀東映映劇/佐賀東映劇場(初代)/佐賀第二東映/昭和東映映画劇場/佐賀昭和東映劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市唐人町39(1956年・1957年)、佐賀県佐賀市唐人町39-2(1960年)、佐賀県佐賀市唐人町39(1963年)、佐賀県佐賀市唐人町39-2(1966年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「佐賀東映映劇」。1957年の映画館名簿では「佐賀東映劇場」。1960年の映画館名簿では「佐賀第二東映」。1963年の映画館名簿では「昭和東映映画劇場」。1963年の住宅地図では「昭和東映」。1966年の映画館名簿では「佐賀昭和東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1995年・2005年の住宅地図では跡地に「村岡総本舗」。跡地は和菓子店「村岡総本舗」。

1960年4月1日、佐賀市唐人町39の「佐賀第二東映」は「昭和東映」に改称した。支配人は古場訂一。新たに「駅前第二東映」が開館したことによる。*10
第一映画劇場/駅前映劇/佐賀駅前映画劇場/佐賀名画座
所在地 : 佐賀県佐賀市神野町駅西通(1956年・1957年・1958年・1960年)、佐賀県佐賀市神野町588(1963年・1966年)、佐賀県佐賀市天神2-2-34(1969年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「第一映画劇場」。1963年の映画館名簿では「駅前映劇」。1963年の住宅地図では「駅前東映」。1966年の映画館名簿では「佐賀駅前映画劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「若草映劇」。1969年の映画館名簿では「佐賀名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ナイトパレス赤玉」。1995年の住宅地図では跡地に「大蔵ビル佐賀」。2005年の住宅地図では跡地に「松尾天神ビル」。跡地は「松尾天神ビル」。

1960年3月9日、佐賀市神野町の「佐賀第一映画劇場」は「駅前東映」に改称して第二東映上映館に転向した。経営は三S興業。*11
若草映劇/若草映画劇場・新若草東映/若草映劇・新若草/佐賀若草映画劇場・佐賀新若草東映劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市神野町818(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年)、佐賀県佐賀市天神2-5-10(1969年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年の映画館名簿では「若草映画劇場」。1955年の映画館名簿では「若草映劇」。1960年の映画館名簿では「若草映画劇場・新若草東映」(2館)。1963年の映画館名簿では「若草映劇・新若草」(2館)。1963年の住宅地図では「新若草映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀若草映画劇場・佐賀新若草東映劇場」(2館)。1967年の佐賀市住居表示案内図では「若草映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1995年・2005年の住宅地図では跡地に「若草ビル」。跡地は「若草ビル」。
佐賀大映/佐賀大映劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市水ケ江町274(1957年・1958年・1960年・1963年)、佐賀県佐賀市水ケ江町片田江小路274(1966年)、佐賀県佐賀市水ヶ江1-2-33(1969年)
開館年 : 1956年4月28日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「佐賀大映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「佐賀大映」。1963年の住宅地図では「佐賀大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀大映劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「大映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1995年の住宅地図では跡地に「日本火災海上保険佐賀支社」。跡地は「福岡商店」。

1956年4月28日、佐賀市水ケ江町江小路274-3に「佐賀大映」が開館した。鉄骨鉄筋コンクリート造3階建て。建築面積330.61坪。椅子席707。スクリーンは27尺×20尺。経営は大映興行であり、大映は全国直営館網の拡大に努めている。*12

佐賀市水ケ江町の貫通道路沿いにあった「佐賀大映映画館」の写真あり。「佐賀大映」の文字が見える。生命保険会社や銀行が多いエリアであり、佐賀最古の映画館「朝日館」にも近かった。*13
中央映劇/中央映画劇場/大洋映画劇場/佐賀大洋映画劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市神野町中央通(1956年・1957年・1958年・1960年)、佐賀県佐賀市神野町一本松4-16(1963年・1966年)、佐賀県佐賀市大財町1-3-21(1969年)、佐賀県佐賀市大財1-3-21(1973年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「中央映劇」。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「大洋映画劇場」。1963年の住宅地図では「大洋映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「佐賀大洋映画劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ダイヤモンドハワイ」。1995年の住宅地図では跡地に「クラブダイヤモンドハワイ」や「シルクロード」。2005年の住宅地図では跡地に「サンセットマリーナ」や「シルクロード」。跡地は「正福寺」北西60mにある有料駐車場「愛敬一丁目パーキング」。

1960年9月1日、佐賀市神野町中央通の「中央映画劇場」は佐賀スバルの経営となって「太洋映画劇場」に改称した。新東宝封切、邦洋各社上映館。これまでの経営は川善映画。*14
佐賀有楽オスカー
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町2-2-6(1973年)、佐賀県佐賀市松原2-11-6(1975年・1980年・1985年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1985年頃
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1980年・1985年の映画館名簿では「佐賀有楽オスカー」。1985年の映画館名簿では経営会社が有楽商事、経営者・支配人ともに迎勝彦、鉄筋造1階、120席、洋画を上映。1985年の住宅地図では跡地に「(建)」。後継施設はセントラル会館。跡地は「セントラル会館」。
有楽映劇/佐賀文化劇場/佐賀有楽映画劇場/佐賀有楽会館
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町52(1956年・1957年1958年・1960年・1963年・1966年)、佐賀県佐賀市松原2-11-6(1969年)、佐賀県佐賀市松原町2-2-6(1973年)、佐賀県佐賀市松原2-11-6(1975年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1985年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「有楽映劇」。1957年の映画館名簿では「佐賀文化劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「佐賀有楽映劇」。1963年の映画館名簿では「有楽映画劇場」。1963年の住宅地図では「有楽映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀有楽映画劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「有楽」。1973年・1975年の映画館名簿では「佐賀有楽映画劇場・佐賀有楽オスカー」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「佐賀有楽会館・佐賀有楽オスカー」(2館)。1985年の映画館名簿では経営会社が三和興行、経営者が力武里彦と野中康宏、支配人が迎勝彦、鉄筋造2階、495席、洋画を上映。1985年の住宅地図では跡地に「(建)」。後継施設はセントラル会館。跡地は「セントラル会館」。
佐賀東映劇場(旧)
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町52(1958年・1960年・1963年)、佐賀県佐賀市松原町松原小路52(1966年)、佐賀県佐賀市松原2-11-10(1969年・1980年・1985年)
開館年 : 1957年2月28日
閉館年 : 1986年(移転)
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「佐賀東映劇場」。1963年の住宅地図では「佐賀東映」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「東映」。1985年の住宅地図では「佐賀東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「セントラル駐車場」。2005年の住宅地図では跡地にマンション「グレイス松原川通り」。跡地はマンション「グレイス松原川通り」。

1957年2月28日、佐賀市に「佐賀東映」が開館した。鉄筋コンクリート造2階建て、冷暖房完備、シネスコ設備を有する。館内はワンスロープ式である。椅子席669。*15

1957年2月28日、佐賀市松原町松原小路52に「佐賀東映劇場」が開館した。とうえいは直営館の建設を進めており、新潟と小田原に次いで33番目の直営館である。鉄筋造3階建、延床面積398坪87。館内はワンスロープシステムであり、シネスコ設備や冷暖房設備を完備している。定員1000人。喫茶バーを併設している。*16

1960年の佐賀市松原町にあった「佐賀東映映画劇場」の写真あり。時代劇が中心だった。*17

大歯雄司「佐賀の映画館の今昔ものがたり」『SAMOMA』佐賀県興行生活衛生同業組合には、1960年の佐賀市にあった「東映」の写真が掲載されている。*18
松竹世界館/佐賀松竹世界館/佐賀松竹/佐賀松竹映画劇場/佐賀松竹劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町(1943年)、佐賀県佐賀市松原町52(1950年)、佐賀県佐賀市松原町新天地(1953年)、佐賀県佐賀市松原町新天地52(1955年・1960年)、佐賀県佐賀市松原町52(1966年)、佐賀県佐賀市松原2-13-18(1969年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1940年6月
閉館年 : 1989年
『全国映画館総覧 1955』によると1940年6月開館。1943年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「松竹世界館」。1958年の映画館名簿では「佐賀松竹世界館」。1960年の映画館名簿では「佐賀松竹」。1963年の住宅地図では「佐賀松竹映劇」。1966年・1969年・1980年の映画館名簿では「佐賀松竹映画劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「松竹」。1985年・1988年の映画館名簿では「佐賀松竹劇場」。1985年の住宅地図では「佐賀日活」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「セントラル駐車場」。2005年の住宅地図では跡地に「松原セントラル駐車場」。跡地は「松原セントラル駐車場」。

1955年頃の佐賀市にあった「松竹世界館」の写真あり。*19

1955年の佐賀市松原町にあった「松竹世界館」の写真あり。『力道山に挑む木村』などの看板が見える。「東宝映画館」の南に「日ノ出館」として建設された。後に松竹映画が中心となった。*20

1958年8月1日、佐賀市に松竹直営館「佐賀松竹」が開館する。開館披露興行はOSSK一行であり、「寿三番宗松竹世界館/佐賀松竹世界館/佐賀松竹/佐賀松竹映画劇場/佐賀松竹劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町(1943年)、佐賀県佐賀市松原町52(1950年)、佐賀県佐賀市松原町新天地(1953年)、佐賀県佐賀市松原町新天地52(1955年・1960年)、佐賀県佐賀市松原町52(1966年)、佐賀県佐賀市松原2-13-18(1969年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1940年6月、1958年8月1日
閉館年 : 1989年
『全国映画館総覧 1955』によると1940年6月開館。1943年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「松竹世界館」。1958年の映画館名簿では「佐賀松竹世界館」。1960年の映画館名簿では「佐賀松竹」。1963年の住宅地図では「佐賀松竹映劇」。1966年・1969年・1980年の映画館名簿では「佐賀松竹映画劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「松竹」。1985年・1988年の映画館名簿では「佐賀松竹劇場」。1985年の住宅地図では「佐賀日活」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「セントラル駐車場」。2005年の住宅地図では跡地に「松原セントラル駐車場」。跡地は「松原セントラル駐車場」。

1955年頃の佐賀市にあった「松竹世界館」の写真あり。*21

1955年の佐賀市松原町にあった「松竹世界館」の写真あり。『力道山に挑む木村』などの看板が見える。「東宝映画館」の南に「日ノ出館」として建設された。後に松竹映画が中心となった。*22

1958年8月1日、佐賀市に松竹直営館「佐賀松竹」が開館する。開館披露興行はOSSK一行であり、「寿三番叟」と「踊り絵巻」の実演、『ろまん化粧』と『女ざむらい只今参上』の二本立。*23
平和劇場/佐賀平和劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町新馬場(1950年・1953年)、佐賀県佐賀市松原町新馬場60(1955年・1958年)、佐賀県佐賀市松原町28(1960年・1963年・1966年)、佐賀県佐賀市松原3-3-39(1980年・1985年・1986年・1988年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1989年
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「平和劇場」。1963年の住宅地図では「1階平劇 2階桃仙閣」。1966年・1969年・1980年・1985年・1986年・1988年の映画館名簿では「佐賀平和劇場」。1985年の住宅地図では「平劇」。1986年の映画館名簿では経営会社が三和興行、鉄筋造2階、320席、洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2005年の住宅地図では跡地に「バルーン駐車場」。跡地は「平和ビル」北側の駐車場。

1948年の『最新佐賀市内地図 附佐賀市商工案内』には「映画 朝日館」「平和劇場」「映画 東宝 松竹」が描かれている。*24

1960年の佐賀市松原町新馬場にあった「平和劇場」の写真あり。ジョン・ウェイン主演作『騎兵隊』の看板と道路上の横断幕が見える。中央奥には鳥居が見える。洋画が中心であり若い観客が多かった。*25

1962年12月27日、佐賀市の「佐賀平和劇場」の経営が福岡市の有楽興行となって再発足した。*26

1962年12月27日、佐賀市松原の「平和劇場」が再開した。オープニングは『荒野の3軍曹』。これまで1000席の座席は1階と2階に分かれていたが、600席のワンスロープ式となった。客席下の空間は400台のパチンコ台が置かれて遊戯場となった。改装費は700万円。改装を機に映画館は有楽興行に、パチンコ場は個人に賃借された。*27
スバル映劇/佐賀グランド映画劇場/佐賀グランド劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町通小路(1960年・1963年・1966年)、佐賀県佐賀市松原4-5-29(1969年・1980年・1990年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1990年9月24日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「スバル映劇」。1963年の住宅地図では「スバル映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀グランド映画劇場」。1980年・1990年の映画館名簿では「佐賀グランド劇場」。1985年の住宅地図では「グランド劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が有楽商事、木造1階、280席、洋画を上映。1992年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「月極駐車場」。2005年の住宅地図では跡地に「造成中」。跡地は「境野病院」北30mにあるアパート「グランツェーレ」。

1959年9月1日、佐賀市松原町の「スバル映画劇場」(スバル映劇)が洋画二番館から邦画二番館(大映・松竹・東宝)に転向した。経営は塩本康夫。*28

1990年9月24日をもって、佐賀市松原4丁目の映画館「佐賀グランド劇場」が32年の歴史に幕を閉じて閉館する。経営者は迎勝彦社長。1989年には「平和劇場」と「佐賀松竹」も閉館している。映画黄金期の1958年に「スバル」として開館し、1964年に佐賀グランド劇場に改称した。最盛期には十数人の従業員がおり、通路まで立ち見の観客であふれた時代もあった。9月22日からは『ニュー・シネマ・パラダイス』など2本を特別料金800円で上映している。*29
朝日映劇/佐賀朝日映画劇場/佐賀朝日館/佐賀シネマ朝日
所在地 : 佐賀県佐賀市水ケ江町新道(1930年・1936年)、佐賀県佐賀市水ケ江町(1943年)、佐賀県佐賀市水ケ江町264(1950年)、佐賀県佐賀市水ケ江町新道(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、佐賀県佐賀市水ケ江町271(1966年)、佐賀県佐賀市水ケ江1-5-5(1969年・1980年・1990年・1995年)
開館年 : 1914年3月
閉館年 : 1995年
『全国映画館総覧 1955』によると1914年3月開館。1930年・1936年・1943年・1950年・1953年の映画館名簿では「朝日館」。1955年・1958年の映画館名簿では「朝日映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「朝日映画劇場」。1963年の住宅地図では「朝日映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀朝日映画劇場」。1980年の映画館名簿では「佐賀朝日館」。1985年・1995年の住宅地図では「2階シネマ朝日」。1990年・1992年・1995年の映画館名簿では「佐賀シネマ朝日」。1995年の映画館名簿では経営会社が有楽商事、経営者が迎勝彦、支配人が長尾征之、木造1階、220席、成人映画を上映。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の住宅地図では跡地に2階が空白の建物。2015年取り壊し。跡地は「宗龍寺」南東50mにある駐車場「トヨタシェア水ケ江新道ステーション」。

1948年の『最新佐賀市内地図 附佐賀市商工案内』には「映画 朝日館」「平和劇場」「映画 東宝 松竹」が描かれている。*30

1983年9月23日、佐賀市水ケ江の成人映画館「朝日劇場」が「シネマ朝日」に改称し、名画座に転換する。220席。改称後のこけら落としはアカデミー賞受賞作『ガンジー』。現在の佐賀市には9館の映画館があるが、名画座は「有楽オスカー」以来18年ぶりに復活する。朝日劇場は有楽商事の系列館であるが、佐賀市には成人映画専門館が3館もあることから転換に踏み切った。*31

1983年9月23日、佐賀市水ケ江1丁目の成人映画専門館「朝日館」が「シネマ朝日」に改称し、名作劇場に転換した。経営は有楽商事。戦後間もなく開館し、佐賀県における洋画館の草分け的存在だった。1965年頃に有楽商事の経営となって成人映画路線に転換したが、近年にはビデオの普及とともに観客が減少していた。9月23日から10月14日までは『ガンジー』を上映し、10月15日から10月28日までは『フィツカラルド』と『オータムストーリー』の2本立、10月29日から11月4日までは『追憶』『タクシードライバー』『オータムストーリー』の三本立となる。*32

佐賀市水ケ江1丁目には映画館「朝日館」があった。1950年代後半の佐賀県には100館以上の映画館があったが、次第に数を減らしていった。朝日館は成人映画館や再映館となり、4年前まで上映していた。跡地のビルの1階には切符売り場が残っている。*33

大歯雄司「佐賀の映画館の今昔ものがたり」『SAMOMA』佐賀県興行生活衛生同業組合には、1960年の佐賀市にあった「朝日館」の写真が掲載されている。*34
東宝映画劇場/佐賀東宝映劇/佐賀東宝映画劇場/佐賀東宝劇場(旧)/佐賀セントラル劇場
所在地 : 佐賀県佐賀市松原町(1943年・1950年)、佐賀県佐賀市松原町新天地(1953年)、佐賀県佐賀市松原町新天地42(1955年)、佐賀県佐賀市松原町新天地52(1958年)、佐賀県佐賀市松原町新天地(1960年)、佐賀県佐賀市松原町52(1963年)、佐賀県佐賀市松原新天地52(1966年)、佐賀県佐賀市松原2-14-6(1969年・1973年)、佐賀県佐賀市松原2-14-16(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1939年10月
閉館年 : 1996年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1939年10月開館。1943年・1950年・1953年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「佐賀東宝映劇」。1963年の住宅地図では「佐賀東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐賀東宝映画劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「東宝」。1973年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「佐賀東宝劇場」。1985年の住宅地図では「佐賀東宝」。1990年の映画館名簿では経営会社が九州共栄興行、鉄筋造1階、252席、東宝を上映。1995年の映画館名簿では「佐賀セントラル劇場」。1995年の映画館名簿では経営会社が有楽商事、鉄筋造1階、252席、洋画を上映。1995年の住宅地図では「セントラル劇場」。後継施設はセントラルプラザ。

1948年の『最新佐賀市内地図 附佐賀市商工案内』には「映画 朝日館」「平和劇場」「映画 東宝 松竹」が描かれている。*35

1955年の佐賀市松原町にあった「佐賀東宝映画館」の写真あり。1957年の佐賀市松原町にあった「佐賀東宝映画館」の写真あり。1939年に新築された。戦後には三船敏郎、美空ひばりなどが主演する作品が上映された。*36

1961年12月1日、東宝の直営館「佐賀東宝」が直営契約を解約された。*37

大歯雄司「佐賀の映画館の今昔ものがたり」『SAMOMA』佐賀県興行生活衛生同業組合には、1957年の佐賀市にあった「東宝」の写真が掲載されている。「佐賀東宝」の文字が見える。*38
佐賀日活/佐賀日活劇場/佐賀にっかつ/ロッポニカ佐賀/佐賀セントラルシネマ
所在地 : 佐賀県佐賀市東魚町1(1960年・1963年・1966年)、佐賀県佐賀市中央本町10-1(1969年・1973年・1980年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1959年3月15日
閉館年 : 2000年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「佐賀日活」。1963年の住宅地図では「佐賀日活」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「佐賀日活劇場」。1967年の佐賀市住居表示案内図では「日活」。1980年の映画館名簿では「佐賀にっかつ」。1985年の住宅地図では「佐賀日活」。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ佐賀」。1995年・2000年の映画館名簿では「佐賀セントラルシネマ」。1995年の映画館名簿では経営者が有楽商事、鉄筋造1階、170席、邦画・洋画を上映。1995年の住宅地図では「セントラルシネマ」。2001年・2002年の映画館名簿には掲載されていない。建物名はセントラルパレス。跡地は商業ビル「セントラルパレス」。

1959年3月15日、佐賀市東魚町に「佐賀日活」が開館した。オープニング作品は『今日に生きる』と『実いまだ青し』。博多興業の直営。鉄筋造、ワンスロープ式、冷暖房設備完備。椅子席400、定員800。*39

1960年の佐賀市松原町にあった「佐賀日活劇場」の写真あり。「佐賀日活」の文字が見え、「1960 賀正」の文字が見える。いずれも日活作品『鉄火場の風』と『口笛が流れる港町』の看板が見える。「東宝映画館」の北側にあった。*40

大歯雄司「佐賀の映画館の今昔ものがたり」『SAMOMA』佐賀県興行生活衛生同業組合には、1960年の佐賀市にあった「日活」の写真が掲載されている。「佐賀日活」の文字が見える。*41
セントラル会館
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-11-6(1986年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2006年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2006年8月31日
1985年の住宅地図では後の映画館の場所に「(建)」。1986年の映画館名簿では「佐賀有楽会館・佐賀オスカー・佐賀スカラ座・佐賀セントラル劇場」(4館)。1990年の映画館名簿では「佐賀東映劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀セントラル劇場」(4館)。1995年の映画館名簿では「佐賀東映劇場・佐賀東宝劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座」(4館)。1995年の住宅地図では「セントラル会館 1階佐賀東宝 3階佐賀東映 5階スカラ座 7階有楽劇場」。2000年・2002年の映画館名簿では「佐賀東宝劇場・佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀スカラ座2」(4館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造1階から4階、230席・234席・270席・300席、経営会社が有楽商事、経営者が迎勝彦、支配人が迎啓二郎。2005年・2006年の映画館名簿では「佐賀有楽劇場・佐賀スカラ座・佐賀スカラ座2」(3館)。2005年の住宅地図では「セントラル会館 1階スカラ座3 5階スカラ座1 7階有楽劇場」。2008年・2010年の映画館名簿には掲載されていない。建物名はセントラル会館。建物のセントラル会館は現存。

1960年の佐賀市松原町にあった「佐賀有楽劇場」の写真あり。「有楽」の文字が見える。『ターザンの激斗』の看板が見える。松原通の角にあり、洋画が中心だった。*42

1999年3月31日をもって、佐賀市松原の映画館「佐賀東映」が閉館する。佐賀県内では松竹に続いて東映も直営映画館が撤退となる。東映は1957年に佐賀市に進出し、1986年からは佐賀セントラル会館内の1スクリーンを賃借して上映していた。1997年6月に封切られた『失楽園』以降にはめぼしいヒット作がなく、5-6年前から年間700-800万円の赤字が続いていた。佐賀東映のスクリーンは「スカラ座2」に改称し、建物を管理する有楽グループが上映を引き継ぐ。*43

2006年9月3日をもって、佐賀市松原の映画館「佐賀セントラル」が21年の歴史に幕を閉じて閉館する。郊外にシネコンが増えて入場者数が減少したことが理由。これによって佐賀市中心市街地から映画館がなくなる。1985年に前身の有楽劇場を建て替え、前身館の2スクリーンを4スクリーンとして開館した。1990年前後が最も入場者数が多かった。1989年12月公開の『男はつらいよ ぼくの伯父さん』は一日約150人が入館した。1996年には上峰町にシネコン「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰」が開館し、2001年には佐賀市大和町に「イオンシネマ佐賀大和」が開館したことで、観客数が徐々に減少した。2006年11月にはモラージュ佐賀にもシネコンが開館予定であり、迎勝彦社長(69)は閉館を決意した。9月1日から3日には映画でつくる佐賀実行委員会が主催し、佐賀を舞台とする『次郎物語』の上映会が開催される。*44

2006年8月末をもって、佐賀市松原2の映画館「佐賀セントラル」と「セントラルプラザ」が閉館する。佐賀セントラルの前身は1959年開館の「有楽劇場」であり、1984年に迎勝彦社長が経営を引き継ぐと、1985年には映画館ビルに建て替えた。1996年には閉館した映画館を買い取ってセントラルプラザを開館させた。両施設で計7スクリーンあり、現在は6スクリーンを使用している。*45

2006年9月3日をもって、佐賀市の映画館「佐賀セントラル」が閉館した。9月3日には「映画でつくる佐賀実行委員会」が『次郎物語』と『クレイマークレイマー』を上映し、映画ファンら90人が観賞した。2004年10月から、「映画でつくる佐賀実行委員会」はスクリーンを借りて上映会を開催しており、12月3日にも上映会と講演会を開催する予定。*46
セントラルプラザ
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-14-16(1998年・2000年・2005年)
開館年 : 1996年7月
閉館年 : 2006年8月31日
1998年・2000年・2002年・2005年の映画館名簿では「佐賀セントラル1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では経営会社が有楽商事、経営者が迎勝彦、支配人が迎啓二郎、いずれも鉄筋造3階、1が125席で洋画を上映、2が125席で洋画を上映、3が80席で邦画・洋画を上映。2005年の住宅地図では「セントラルプラザ 1階十徳屋 2階カラオケセントラルパーク 3階セントラル」。建物のセントラルプラザはシアター シエマとして現存。

1985年7月、佐賀市に4スクリーンを有する映画館ビルのセントラル会館がオープンした。セントラル会館は2006年4月まで続いた。1996年7月には「セントラル1・2・3」が開館し、2006年9月まで続いた。*47

2006年8月末をもって、佐賀市松原2の映画館「佐賀セントラル」と「セントラルプラザ」が閉館する。佐賀セントラルの前身は1959年開館の「有楽劇場」であり、1984年に迎勝彦社長が経営を引き継ぐと、1985年には映画館ビルに建て替えた。1996年には閉館した映画館を買い取ってセントラルプラザを開館させた。両施設で計7スクリーンあり、現在は6スクリーンを使用している。*48
イオンシネマ佐賀大和
所在地 : 佐賀県佐賀郡大和町大字尼寺2965(2002年・2005年)、佐賀県佐賀市大和町尼寺2965(2010年)、佐賀県佐賀市大和町尼寺2965番 イオンモール佐賀大和内(2015年・2020年)
開館年 : 2001年7月20日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年・2010年の映画館名簿では「イオンシネマ佐賀大和1-8」(8館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ佐賀大和 シネマ1-8」(8館)。
109シネマズ佐賀
所在地 : 佐賀県佐賀市巨勢町牛島771 モラージュ佐賀2階(2008年)、佐賀県佐賀市巨勢町牛島717 モラージュ佐賀2階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2006年11月
閉館年 : 営業中
1995年の住宅地図では後のモラージュ佐賀南館の場所に水田。2005年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の住宅地図では後のモラージュ佐賀南館の場所に駐車場。2008年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「109シネマズ佐賀1-10」(10館)。
シアター シエマ1・2
所在地 : 佐賀県佐賀市松原2-14-16 セントラルプラザ3階(2008年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年12月15日
閉館年 : 営業中
2008年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シアター・シエマ1・2」(2館)。2008年の映画館名簿では鉄筋造3階、110席と72席、経営会社が69'ersFILM、経営者が芳賀英行、支配人が重松恵梨子、邦画・洋画を上映。

2011年の佐賀市にある「セントラルプラザ」の写真あり。旧日活系の映画館が各社の作品を上映している。*49

2007年12月15日、佐賀市松原にミニシアター「CIEMA」(シエマ)が開館する。2006年8月末に閉館した「セントラルプラザ」の跡地。上映イベントなどを手がける福岡市の69’nersFILM(シックスナイナーズフィルム)が運営。芳賀英行代表。館内にはカフェ、映画関連の書籍、絵本の展示スペースなどが設置される。空を意味するスペイン語のCIEROと映画館を意味する英語のCINEMAを組み合わせた造語である。72席と110席の2スクリーンを有し、単館系の名作や新作を上映する。*50

2007年12月15日、佐賀市松原2丁目にカフェや読書室を併設した映画館「シエマ」が開館する。2006年9月に閉館した「佐賀セントラル」がミニシアターとしてよみがえる。佐賀セントラルは1985年に開館し、1990年頃には多くの観客でにぎわったが、2001年と2006年には郊外にシネコンが相次いで開館し、観客数が減少した。市民有志は「街なかキネマさが」を設立して自主上映会やシンポジウムを開催し、福岡市の'69ners FILMが運営に手を挙げた。佐賀セントラルの3階を改装し、80席と125席の2スクリーンを設ける。オープニング作品はカンヌ国際映画祭で最優秀脚本賞と女優賞を受賞した『ボルベール』、河鹹照監督作『殯の森』など6作品。*51

2007年12月15日、佐賀市に映画館「CIEMA」(シエマ)が開館する。12月12日から14日にはプレイベントが開催され、12日にはおやこでみるチェコアニメ上映会、13日には『ニュー・シネマ・パラダイス』の上映、14日には山田広野のライブと『バサラ人間』の先行上映が行われる。*52

2007年12月15日、佐賀市松原のセントラルプラザに映画館「シアター・シエマ」が開館する。1996年に開館した映画館が2006年9月に閉館していたセントラルプラザの跡地。2スクリーン、95席と72席。運営は市民団体「まちなかキネマさが」。12月12日にはプレイベントが開催され、13日には『ニュー・シネマ・パラダイス』の上映会が、14日には『バサラ人間』の上映会が開催された。正式オープン日の12月15日には『ボルベール』、『もがりの森』などを上映する。1985年に開館した佐賀セントラルも2006年9月に閉館している。*53

2007年12月15日、佐賀市松原地区に映画館「シアター・シエマ」が開館する。松原地区にはかつて複数の映画館があったが、佐賀市郊外にシネコンが進出した影響もあり、約1年前に最後の映画館が閉館した。運営はシックスナイナーズフィルム。2006年8月に閉館したセントラルプラザの跡地を改装し、110席と72席の2スクリーンを有する。改装前の座席の一部はソファと入れ替えた。上映作品は名画や単館系作品が中心であり、開館当初はスペイン映画『ボルベール 帰郷』や河鹹照監督の『もがりの森』を上映する。2007年末には佐賀や吉野ケ里を舞台とする『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(1989年)を上映する。かつてスクリーンだった空間をカフェに改装し、映画館の観客以外でも利用できるようにした。コーヒー・アルコール・軽食などを販売し、本棚には映画関連書籍や絵本を並べた。正式開館前の12月13日には『ニュー・シネマ・パラダイス』を上映し、12月14日には活弁映画を上映する。*54

2007年12月15日、佐賀市松原2丁目にカフェや読書室を併設したミニシアター「シエマ」が開館した。1年3か月前に閉館した「佐賀セントラル」の跡地を利用した。佐賀セントラルの閉館を惜しんだ市民らが中心となって上映活動を続け、福岡の企画会社が運営に乗り出した。95席と72席の2スクリーン。ホールには通常席の他にソファ席やペア席があり、ロビーにはカフェや交流スペースもある。上映作品はミニシアター系作品が中心であり、開館日の12月15日にはスペイン映画『ボルベール 帰郷』などを上映した。*55

佐賀市の閉館した映画館を使用して、2007年12月15日に「シアター・シエマ」が開館。2スクリーンに計165席。ランチが食べれるカフェもある。10年間で上映した作品数は約1700作品。2008・2009年頃にはデジタル化に際して約1000万円かかる機材の導入に頭を悩ませたが、募金で1200万円超が集まり、2014年末に1スクリーンで新しい映写機を導入できた。2014年以降には上映された作品についてカフェで語り合う催しを開催。2017年12月10日にはファン投票による歴代上映作ベスト10を発表。*56

芳賀英行(33歳)はシアター・シエマを運営するシックスナイナーズフィルムの社長を務めている。20代の頃にバーや喫茶店で自主上映会「移動映画館」を始めた。後に有名になった監督のデビュー前の作品を上映したり、ウナギ店で邦画を上映したこともあった。自ら厳選した作品のみを上映し、自主上映会は好評を博した。2006年9月には佐賀市中心部で最後の映画館が閉館し、やがてシアター・シエマの開館につながった。*57

2008年2月23日未明にかけて、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」がキャバレーに変貌した。東京・新宿のゴールデン街を拠点とするシャンソン歌手のソワレが来館し、電子ピアノに合わせて『サントワマミー』や『バラ色の人生』などを歌った。シアター・シエマでは小規模な演奏会などを行っているが、本格的に歌手を招いたライブは初めて。*58

2008年4月27日、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」で「シエマスクール 昭和レトロ編」が開催される。40年以上の渡って手描き看板を描いてきた絵師の豊福久義が講師。カフェスペースをアトリエ代わりとし、アクリル絵の具で『男はつらいよ』シリーズの寅さんを描く。2008年1月にシアター・シエマが『男はつらいよ ぼくの伯父さん』を上映した際、シアター・シエマが豊福に手描き看板の製作を依頼したことがきっかけ。手描き看板は1980年代まで映画館の顔だったが、平成になると印刷物のポスターで代用され、目にする機会がめっきり減っていた。*59

2008年12月10日、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」の開館1周年記念イベントとして、フランス人歌手・俳優のピエール・バルーのライブが行われる。映画『男と女』に出演して主題歌も歌い、「シャバダバダ〜」のスキャットで人気を博した。*60

2008年12月15日、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」が開館1周年を迎える。開館後1年間で『靖国』や『いのちの食べ方』など135本を上映し、最大のヒット作はリリー・フランキー主演の『ぐるりのこと。』だった。支配人の重松恵梨子(25)は「シエマが県内のほかの映画館でも見られる作品を上映しないのは、作品選びの幅を広げたいから」と語る。カフェには軽食用のソファや絵本棚が並び、読み聞かせ会・絵画教室・音楽ライブなどを月3回程度開催している。運営するシックスナイナーズフィルムの芳賀英行社長(33)は「スクリーンもカフェも含めたサロンのような“空間”として発信したい」と語る。開館後1年間の入場者数は約1万2000人であり、目標の半分程度だった。年間会員は約250人であり、目標の300人には届いていない。*61

2009年1月24日、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」で『天使のいた屋上』の上映が始まり、高木聡監督による舞台挨拶が行われた。伊万里市の敬徳高校や長崎市で撮影が行われた作品である。*62

2009年4月11日から九州4県の映画館で、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』が先行上映される。2006年にも映画化されているが、今回は島田が自ら監督した。2008年夏に鹿島市でロケが行われた。佐賀県内ではシアター・シエマ、イオンシネマ佐賀大和、109シネマズ佐賀、ワーナー・マイカル・シネマズ上峰で上映される。*63

2007年末に開館した佐賀市の映画館「シアター・シエマ」の売りは映画鑑賞だけではない。カフェスペースには人形などの雑貨・書籍・CDなどが並ぶ。DJブースではヒップホップのレコードを回す若者がおり、子ども連れの母親はカフェでおしゃべりする。絵本の読み聞かせや音楽ライブが開催される日もある。劇場の座席は半分がソファ席であり、カフェから自由に飲食物を持ち込める。映画以外の要素で観客を呼ぶことには映画業界から否定的な意見もあるが、映画ファンを掘り起こそうと努力を続けている。経営者の芳賀英行(34)は大分県日田市の「日田シネマテーク・リベルテ」にもプロデューサーとしてかかわり、休館していた映画館を2009年6月末に再開させる。*64

2009年8月下旬、佐賀市の単館系映画館「シアター・シエマ」で月1階の読み聞かせの会が開催された。2007年12月、シエマは閉館から1年3月ぶりに改装オープンした。3あったホールのうち1つをフリースペースとし、カフェを設けたほか、スクリーンと客席の段差を利用して書籍や雑貨などの販売も行っている。2つ残したスクリーンは、片方が30席減らした95席に、もう片方が8席減らした72席とし、座席を削減した部分にはソファやテーブルを置いた。*65

2010年6月5日、佐賀市松原の「シアター・シエマ」で俳優の菅原文太と古川康知事のトークセッションが開催された。佐賀市で開催される第5回食育推進全国大会のプレイベント。韓国のドキュメンタリー映画『牛の鈴音』が上映され、題字を書いた菅原文太が招かれた。*66

2011年2月から、佐賀市松原の映画館「シアター・シエマ」で「午前十時の映画祭」が開催される。佐賀県内ではシアター・シエマのみ。*67

2011年9月10日、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」で映画字幕翻訳者の戸田奈津子のトークイベントがあった。古川康佐賀県知事も出演した。本来は3月に開催予定だったが、東日本大震災の影響で延期されていた。*68

2012年3月3日から、佐賀市松原の映画館「シアター・シエマ」で「午前十時の映画祭」の第2弾「青のシリーズ」の上映が開始される。2011年2月から2012年1月には第1弾「赤のシリーズ」を上映。全国の上映館25館のうち第6位となる1万6307人が観賞し、人口比では第1位を記録した。*69

2012年6月、佐賀市松原のミニシアター「シアター・シエマ」で若松孝二による舞台挨拶が行われた。自身のトークそっちのけで来場者に質問を促すなどして観客と交流した。*70

2012年11月17日から11月23日、福島県南相馬市を撮影したドキュメンタリー「相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶」が佐賀市の「シアター・シエマ」で上映される。初日には福岡県大川市出身の松林要樹監督の舞台挨拶もある。*71

佐賀市松原の映画館「シアター・シエマ」のデジタル化に向けた機材購入のために、常連客らが1000万円を目標とする募金活動を開始した。近年には新作映画の大半はデジタルデータで配信されるが、シアター・シエマはフィルム上映用の機材しか保有しておらず、フィルムからデジタルへの移行期用の臨時システムを使用している。デジタル化のためには専用のサーバやプロジェクターが必要であり、2スクリーンのうち片方をデジタル化するためには約1000万円かかる。毎月の観客数は採算ラインの約1200人程度であり、機材を更新する資金がないため存続が危ぶまれている。2013年12月に常連客が数十万円を寄付したことがきっかけで、映画ファン11人が発起人となって募金活動をお行うことを決めた。*72

2007年12月には佐賀市に映画館「シアター・シエマ」が開館。2014年3月には「シエマでいろんな映画をずっと見たいからシエマのデジタル化に協力する会」(シエデジ会)が発足し、約1000万円かかる新型映写機の導入に取り組んでいる。*73*74

2014年12月27日から、佐賀市の映画館「シアター・シエマ」はデジタル上映を開始する。4月に常連客が開始した募金は目標額の1000万円を超え、12月21日には報告会が開催された。近年には35ミリフィルム映写機では上映できないデジタルデータの映画配信が増え、機材の切り替えが映画館存続の課題となっていた。3月には常連客によって「シエマでいろんな映画をずっと見たいからシエマのデジタル化に協力する会」(シエデジ会)が結成され、飲食店など佐賀県内100ヵ所に募金箱を設置、チャリティコンサートを企画するなどして寄付を募り、12月20日までに1236万6384円を集めた。*75

2014年3月には「シエマでいろんな映画をずっと見たいからシエマのデジタル化に協力する会」(シエデジ会)が発足。シエデジ会を継承する形で「シエマでずっといろんな映画を観たいからシエマをサポートする会」(シエサポ会)が設立され、月1回のトークイベントなどを行っている。*76

2015年10月から、佐賀市松原の映画館「シアター・シエマ」の支援団体「シエサポ会」は、月2回の講座を開く「かっぱカレッジ」を始める。10月18日には三根楽器店の代表らを講師とする「癒しの和楽器時間」を開催し、10月24日には陶芸家を講師とする「金継風 器の補修ワークショップ」を開催する。2016年3月まで。*77

佐賀市の松原神社の裏手には歓楽街が広がっており、雑居ビルの3階には映画館「シアター・シエマ」がある。2007年12月に映像制作会社の69'ners FILMによって開館した。旧館時代には3スクリーンがあったが、シエマは2スクリーンを上映用とし、残る1スクリーンはカフェとフリースペースとした。2012年頃には約1000万円を必要とするデジタルシネマ化に直面したが、2014年春には観客有志によってシエデジ会が結成された。街灯募金やクラウドファンディングなどを活用し、募金開始から8か月で約1200万円が集まった。観客と運営側の距離が近い映画館とされ、月1回の頻度で作品の感想を語り合う催しが開かれる。*78

2017年12月、佐賀市松原2の映画館「シアター・シエマ」が開館10周年を迎えた。佐賀県唯一のミニシアターである。2007年12月15日、閉館した映画館を活用して開館した。2スクリーンに計165席があり、ランチを提供するカフェも有する。2008年から2009年頃には映画のデジタル化に伴って約1000万円の機材を導入する必要があり、上映継続が危ぶまれたが、募金活動で1200万円超が集まるなどして乗り越えた。2014年末には1スクリーンで新しい映写機を導入した。2014年以降には常連客らと協力して、毎月1回の頻度で上映作品についてカフェで語り合う催しを開催している。2017年12月10日には、来場者らの投票で決めた上映作ベスト10を発表した。10年間で上映した作品は新旧合わせて約1700作品にのぼる。*79

「シアター・シエマ」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*80

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます