日本の映画館の総合データベースです。


佐賀市

佐賀市は佐賀市の映画館を参照。

唐津市

唐津市は唐津市の映画館を参照。

佐賀地域

多久市

産業報国会館
所在地 : 佐賀県小城郡砥川村東杵島炭鉱(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「産業報国会館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
藤原劇場
所在地 : 佐賀県小城郡多久村(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「藤原劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
信和会館
所在地 : 佐賀県小城郡北多久町(1953年)、佐賀県多久市北多久町(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「信和会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
家族館
所在地 : 佐賀県小城郡東多久村(1953年)、佐賀県多久市東多久町(1955年)、佐賀県多久市東多久町別府(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「家族館」。1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「家族館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
莇原劇場/多久映画劇場
所在地 : 佐賀県小城郡北多久町(1953年)、佐賀県多久市北多久町(1955年・1958年・1960年)、佐賀県多久市北多久町別府(1963年・1964年)
開館年 : 1948年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「莇原劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「多久映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

大正中期には炭鉱が再開発され、鉱夫の娯楽場として「別府劇場」や「莇原劇場」が開館した。戦後の1948年頃には別府劇場と莇原劇場が常設映画館となり、また映画専門館も開館した。1958年頃の多久映劇場(莇原劇場)の写真あり。*1
東多久東映
所在地 : 佐賀県多久市東多久町3122(1960年)、佐賀県多久市東多久町別府(1963年・1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「東多久東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
明佐館
所在地 : 佐賀県多久市多久町1071(1959年)、佐賀県多久市多久町(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「明佐館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
多久古賀山会館
所在地 : 佐賀県多久市北多久町(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1968年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「多久古賀山会館」。1966年の映画館名簿では経営者が三菱古賀山鉱業所。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
多久東映映劇/多久東映/多久東映劇場
所在地 : 佐賀県多久市北多久町(1958年・1960年・1963年)、佐賀県多久市砂原町(1966年・1968年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「多久東映映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「多久東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「多久東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
別府劇場/多久別府映画劇場
所在地 : 佐賀県小城郡東多久村(1953年)、佐賀県多久市東多久町(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「別府劇場」。1966年の映画館名簿では「多久別府映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
多久昭映館/多久昭映/多久昭和館
所在地 : 佐賀県多久市北多久町小侍(1955年)、佐賀県多久市北多久町(1958年・1960年・1963年)、佐賀県多久市多久莇原(1966年・1969年)、佐賀県多久市北多久町莇原(1970年・1971年・1972年)
開館年 : 1954年3月
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年3月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「昭映館」。1960年の映画館名簿では「多久昭映館」。1963年の映画館名簿では「多久昭映」。1966年の映画館名簿では「多久昭和館」。1969年の映画館名簿では「多久昭映」。1970年・1971年・1972年の映画館名簿では「多久昭和館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

小城市

昭和館
所在地 : 佐賀県小城郡牛津町(1936年・1943年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「昭和館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
牛津座/牛津映画劇場
所在地 : 佐賀県小城郡牛津町(1953年・1955年・1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「牛津座」。1958年の映画館名簿では「牛津映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
牛津東映
所在地 : 佐賀県小城郡牛津町駅前(1958年・1960年)、佐賀県小城郡牛津町(1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「牛津東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
ロマン映劇/牛津ロマン映劇/ロマン/牛津ロマン映画劇場
所在地 : 佐賀県小城郡牛津町(1955年)、佐賀県小城郡牛津町83(1958年・1960年)、佐賀県小城郡牛津町(1963年)、佐賀県小城郡牛津町820(1965年・1966年・1967年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「ロマン映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「牛津ロマン映劇」。1965年の映画館名簿では「ロマン」。1966年・1967年の映画館名簿では「牛津ロマン映画劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
小城映画劇場/小城映劇/小城東映/小城東映劇場
所在地 : 佐賀県小城郡小城町(1953年・1955年・1958年)、佐賀県小城郡小城町新小路(1960年)、佐賀県小城郡小城町本町(1963年)、佐賀県小城郡小城町279(1966年)、佐賀県小城郡小城町本町279(1968年)
開館年 : 1950年頃
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「小城映画劇場」。1955年の映画館名簿では「小城映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小城東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「小城東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「相川薬局」やその北側の建物。最寄駅はJR唐津線小城駅。

1956年頃の小城町本町にあった「東映映画館」の写真あり。1950年に岡町の「桜座」が廃業した際、移転して開館したのが東映映画館である。1977年から1978年頃に廃業した。2012年の東映映画館跡地の写真あり。相川薬局などが見える。*2
昭和館/小城昭和館
所在地 : 佐賀県小城郡小城町(1930年)、佐賀県小城郡小城町新小路(1936年)、佐賀県小城郡小城町(1943年・1950年・1953年)、佐賀県小城郡小城町163(1955年・1958年・1960年)、佐賀県小城郡小城町(1963年)、佐賀県小城郡小城町160(1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1930年以前、1953年3月
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「昭和館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「昭和館」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「小城昭和館」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
小城巡映
所在地 : 佐賀県小城郡小城町(1980年・1985年)
開館年 : 1979年頃
閉館年 : 1985年頃
1979年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年の映画館名簿では「小城巡映」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。小城市最後の映画館。

唐津地域

東松浦郡玄海町

松竹館/有明松竹館
所在地 : 佐賀県東松浦郡玄海町諸浦(1960年・1963年)、佐賀県東松浦郡玄海町(1966年・1969年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1969年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「松竹館」。1963年・1973年の住宅地図では「松竹館」が描かれているが地図の精度が低いため正確な跡地が不明。1966年・1969年の映画館名簿では「有明松竹館」。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。
玄海町のドライブインシアター
所在地 : 佐賀県東松浦郡玄海町
開館年 : 1997年9月
閉館年 : 不明
1997年9月以降の毎週土曜日、東松浦郡玄海町有浦のいこいの広場にドライブインシアターが開館する。『インデペンデンス・デイ』など最近のヒット作を上映する予定。1995年に結成された玄海町青年団が企画した。1997年2月には唐津市と東松浦郡で唯一営業していた映画館が閉館し、映画を観るためには片道約2時間かけて福岡市や佐賀市周辺を訪れる必要があった。本格的なレンタルビデオ店は唐津市や呼子町にしかなく、ドライブインシアターの開館を決定した。玄海町から200万円の助成を受け、フィルム・スクリーン・えいしゃきなどをじゅんびした。130台分の駐車場があり、入場料は車1台につき1500円。9月6日は『インデペンデンス・デイ』、13日は『ウルトラマン・ゼアス』、20日は『ロミオ+ジュリエット』、27日は『セブン』を上映する。18時30分に開場し、19時に上映開始する。*3

東部地域

鳥栖市

第二銀星映画劇場/第二銀映
所在地 : 佐賀県鳥栖市藤ノ木780(1959年)、佐賀県鳥栖市京町780(1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「第二銀星映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「第二銀映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
平和館/鳥栖映画劇場/鳥栖東映/鳥栖東映劇場
所在地 : 佐賀県三養基郡鳥栖町(1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年)、佐賀県鳥栖市鳥栖町860(1955年)、佐賀県鳥栖市藤ノ木町860(1958年)、佐賀県鳥栖市本通1丁目860(1960年)、佐賀県鳥栖市本町通(1963年)、佐賀県鳥栖市本通町680(1966年・1969年)、佐賀県鳥栖市本通町1-860(1970年)
開館年 : 1930年以前、1947年5月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年5月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「正和館」。1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「平和館」。1958年の映画館名簿では「鳥栖映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「鳥栖東映」。1966年・1970年の映画館名簿では「鳥栖東映劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「鳥栖カトリック幼稚園」北40mにある建物。最寄駅はJR鹿児島本線・長崎本線鳥栖駅。

1955年の『日本商工業別明細之内 鳥栖市』には「銀映」(後の鳥栖銀星映劇)と「平和館」(後の鳥栖東映劇場)と「新星劇場」(※どの映画館なのか不明)が描かれている。*4
銀星映劇/鳥栖銀星映画劇場/鳥栖銀星映劇
所在地 : 佐賀県鳥栖市鳥栖町小原川(1955年)、佐賀県鳥栖市鳥栖町784(1958年)、佐賀県鳥栖市京町784(1960年・1963年・1966年・1973年)、佐賀県鳥栖市京町(1980年・1982年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1982年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「銀星映劇」。1963年の映画館名簿では「銀映」。1966年の映画館名簿では「鳥栖銀星映画劇場」。1972年の住宅地図では「銀映」。1980年・1982年の映画館名簿では「鳥栖銀星映劇」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。鳥栖市最後の映画館。跡地は「サンホテル鳥栖」西南西60mにある「銀映ビル」。最寄駅はJR鹿児島本線・長崎本線鳥栖駅。

1955年の『日本商工業別明細之内 鳥栖市』には「銀映」(後の鳥栖銀星映劇)と「平和館」(後の鳥栖東映劇場)と「新星劇場」(※どの映画館なのか不明)が描かれている。*5

2015年5月16日『佐賀新聞』「きやぶ百景 銀星映画館(鳥栖市京町)」は「銀星映画館」に言及している。現物は未確認。*6

神埼市

曙座
所在地 : 佐賀県神埼郡神埼町(1943年・1953年)、佐賀県神埼郡神埼町3丁目(1955年・1958年・1960年)、佐賀県神埼郡神埼町2丁目(1963年・1964年)
開館年 : 1941年以後1943年以前、1954年9月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年9月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「曙座」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「曙座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
神埼映画劇場/神埼映劇
所在地 : 佐賀県神埼郡神埼町402-1(1955年)、佐賀県神埼郡神埼町402(1958年・1960年)、佐賀県神埼郡神埼町駅通(1963年)、佐賀県神埼郡神埼町(1965年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「神埼映劇」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「神埼映画劇場」。1963年の住宅地図では「神埼映劇」。1965年の映画館名簿では「神埼映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「Kマートスーパー」。跡地は「佐賀東信用組合神埼支店」北西30mにある「山崎不動産管理駐車場」。最寄駅はJR長崎本線神埼駅。
新世界/新世界映劇/神埼新世界映画劇場/神埼新世界映劇/神埼新世界映画劇場/神埼シネマパレス
所在地 : 佐賀県神埼郡神埼町駅通(1955年・1958年・1960年・1963年)、佐賀県神埼郡神埼町2225(1966年)、佐賀県神埼郡神埼町(1969年)、佐賀県神埼郡神埼町2225(1970年・1971年・1972年)
開館年 : 1953年2月
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「新世界」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新世界映劇」。1963年の住宅地図では「新世界映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「神埼新世界映画劇場」。1970年の映画館名簿では「神埼新世界映劇」。1971年の映画館名簿では「神埼新世界映画劇場」。1972年の映画館名簿では「神埼シネマパレス」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「神埼外科病院」。跡地はデイサービスセンター「愛夢かんざきデイサービス」駐車場。最寄駅はJR長崎本線神埼駅。

三養基郡上峰町

ワーナー・マイカル・シネマズ上峰
所在地 : 佐賀県三養基郡上峰町大字坊所1539-1(2000年・2010年)
開館年 : 1996年9月28日
閉館年 : 2010年2月28日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰1-7」(7館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。佐賀県初のシネコン。跡地はパチンコ店「ダイナム佐賀上峰店ゆったり館」。最寄駅はJR長崎本線吉野ケ里公園駅。

1996年9月28日、三養基郡上峰町大字坊所1587 上峰SATYに「ワーナーマイカルシネマズ上峰」が開館した。7スクリーンを有する。経営はワーナーマイカルであり、九州地区初の直営館である。*7

このほど、佐賀県上峰町の「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰」が開館1周年を迎えた。1997年9月28日までの入館者は40万65人であり、目標の40万人を超えた。うち2割近くは福岡県久留米市からであり、筑後地区だけで38.4%を占めている。1日当たりの平均入館者数は平日が約500人、土日祝日が約2000人、夏休みの週末が約4000人だった。入館者の居住地は久留米市が17.8%、鳥栖市が9.8%、佐賀市が8.5%、筑後市が4%、八女市が3.1%、大川市が2.5%、八女郡が2.3%、柳川市が1.7%、唐津市が1.3%、鹿島市が0.9%などだった。マイカー利用者が89.3%だった。*8

2009年12月24日の『佐賀新聞』には「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰」が2010年2月に閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*9

2010年2月28日、佐賀県上峰町の映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ上峰」が閉館した。施設の老朽化や、商圏への相次ぐシネコンの進出が影響した。1996年9月、大型ショッピングセンターの上峰サティに佐賀県初のシネコンとして開館した。7スクリーン計1559席。1997年には『タイタニック』や『もののけ姫』などのヒット作が公開され、一家の娯楽としてシネコンでの映画鑑賞が定着したという。佐賀県と福岡県の2件にまたがる、20-30km圏内を商圏に見込んでいたが、2001年と2006年には佐賀市にシネコンが開館し、2004年には久留米市に(ティ・ジョイ久留米)、2008年には筑紫野市に(ワーナー・マイカル・シネマズ筑紫野)シネコンが開館し、スクリーン数で上回るシネコン4施設に囲まれる形となっていた。*10

三養基郡基山町

銀星
所在地 : 佐賀県三養基郡基山町(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「銀星」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

三養基郡みやき町

江見映劇/江見劇場
所在地 : 佐賀県三養基郡三根村(1959年)、佐賀県三養基郡三根村江見(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「江見映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「江見劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

神埼郡吉野ヶ里町

目達原館/目達原映劇/目達原映画
所在地 : 佐賀県神埼郡三田川村(1959年)、佐賀県神埼郡三田川村目達原(1960年・1963年)、佐賀県神埼郡三田川村(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「目達原館」。1960年の映画館名簿では「目達原映劇」。1963年の映画館名簿では「目達原映画」。1965年の映画館名簿では「目達原館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

伊万里地域

伊万里市

伊万里市の映画館
1933年から伊万里町浜町の「喜楽館」で活動写真が上映された。浜町にあった芝居劇場「大正座」は、戦後の1950年に「永楽座」に改称して映画館に転向した。東新町の角地には市場があったが、市場の跡地には洋画館「大洋映画劇場」が開館した。1952年には浜町の喜楽館の向かいに洋画専門館「国際映画劇場」が開館し、伊万里町の映画館は4館となった。その後、国際映画劇場の並びに小規模なニュース館「銀映」が開館した。1989年4月16日には東宝喜楽が閉館し、伊万里市から映画館がなくなった。*11
大正座/永楽座
所在地 : 佐賀県西松浦郡伊万里町(1941年・1950年・1953年)、佐賀県伊万里市伊万里町(1955年)
開館年 : 1936年以後1941年以前、1950年(永楽座)
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「大正座」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「大正座」。1953年・1955年の映画館名簿では「永楽座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。

伊万里町浜町にあった芝居劇場「大正座」は、戦後の1950年に「永楽座」に改称して映画館に転向した。*12
大川国際
所在地 : 佐賀県伊万里市松浦町桃川(1963年・1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1965年の映画館名簿では「大川国際」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大川映劇/大川野映劇
所在地 : 佐賀県西松浦郡大川村(1953年)、佐賀県伊万里市大川町(1955年・1958年)、佐賀県伊万里市大川町中ノ辻(1960年・1963年)、佐賀県伊万里市大川野(1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「大川映劇」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「大川野映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
立川座
所在地 : 佐賀県西松浦郡大川村(1953年)、佐賀県伊万里市大川町(1955年・1958年)、佐賀県伊万里市大川町立川(1960年・1963年)、佐賀県伊万里市大川野(1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「立川座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
親栄館
所在地 : 佐賀県伊万里市山代町大久保(1963年)、佐賀県伊万里市楠久(1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1965年の映画館名簿では「親栄館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
山代クラブ
所在地 : 佐賀県西松浦郡山代町(1953年)、佐賀県伊万里市山代町(1955年・1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「山代クラブ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第五寿館
所在地 : 佐賀県伊万里市久原町(1958年)、佐賀県伊万里市山代町久原(1960年)、佐賀県伊万里市山代町2947(1963年)、佐賀県伊万里市久原(1965年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「第五寿館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
山代映画劇場/山代映劇/山代座
所在地 : 佐賀県西松浦郡山代町楠久(1953年)、佐賀県伊万里市山代町楠久(1955年・1958年・1960年)、伊万里市山代町楠久607(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「山代映劇」。1955年の映画館名簿では「山代映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「山代座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の伊万里地域は炭鉱で栄え、山代町楠久、山代町久原、山代町浦ノ崎にはそれぞれ常設映画館があった。立川炭鉱があった大川町には2館の映画館があった。1963年頃には炭鉱が相次いで閉山となり、楠久の「山代座」は1964年頃に、浦ノ崎の映画館は1967年頃に閉館した。*13
浦之崎演芸館/演芸館
所在地 : 佐賀県西松浦郡山代町浦ノ崎(1953年)、佐賀県伊万里市山代町浦ノ崎(1955年・1958年・1960年)、佐賀県伊万里市山代町浦の崎(1963年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「浦之崎演芸館」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「演芸館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の伊万里地域は炭鉱で栄え、山代町楠久、山代町久原、山代町浦ノ崎にはそれぞれ常設映画館があった。立川炭鉱があった大川町には2館の映画館があった。1963年頃には炭鉱が相次いで閉山となり、楠久の「山代座」は1964年頃に、浦ノ崎の映画館は1967年頃に閉館した。*14
大洋映画劇場/ニュー大洋/伊万里ニュー大洋映画劇場
所在地 : 佐賀県西松浦郡伊万里町(1953年)、賀県伊万里市東新町57(1955年)、佐賀県伊万里市東新町57(1958年・1960年)、佐賀県伊万里市東新町76(1963年)、佐賀県伊万里市東新町甲273(1966年・1967年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「大洋映劇」。1958年・1960年の映画館名簿では「大洋映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が曽我武昌、支配人が東島義信、木造1階、定員400、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿では「ニュー大洋」。1966年・1967年の映画館名簿では「伊万里ニュー大洋映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が国際映画劇場、支配人が曽我昌憲、木造1階暖房付、定員300、洋画を上映。1968年の映画館名簿には掲載されていない。

伊万里町東新町の角地には市場があったが、市場の跡地には洋画館「大洋映画劇場」が開館した。*15
伊万里大映/伊万里大映映画劇場/伊万里大映劇場
所在地 : 佐賀県伊万里市伊万里町浜(1960年)、佐賀県伊万里市浜(1963年)、佐賀県伊万里市伊万里町甲413(1966年・1969年・1970年)、佐賀県伊万里市伊万里町413(1971年)
開館年 : 1958年12月中旬
閉館年 : 1971年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「伊万里大映」。1960年の映画館名簿では経営者が曽我武昌、支配人が古場幹生、木造1階冷暖房付、定員400、大映・日活を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「伊万里大映映画劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が国際映画劇場、支配人が古場幹生、木造1階冷暖房付、定員380、松竹・東映・大映・日活を上映。1970年・1971年の映画館名簿では「伊万里大映劇場」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年12月中旬、伊万里市浜町に「伊万里大映」が開館する。社長は曽我武昌。支配人は東島義信。*16
喜楽館/伊万里東映/伊万里喜楽館/伊万里東宝喜楽/伊万里東宝喜楽館
所在地 : 佐賀県西松浦郡伊万里町(1927年)、佐賀県西松浦郡伊万里町洛町(1930年)、佐賀県西松浦郡伊万里町(1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年)、佐賀県伊万里市伊万里町甲545(1955年)、佐賀県伊万里市伊万里542(1958年)、佐賀県伊万里市伊万里町浜(1960年・1963年)、佐賀県伊万里市浜町(1966年・1969年)、佐賀県伊万里市伊万里町(1973年・1975年・1978年)、佐賀県伊万里市浜町甲503(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1927年以前
閉館年 : 1989年4月16日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1927年・1930年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「喜楽館」。1960年・1963年の映画館名簿では「伊万里東映」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに永島好美、木造2階、定員550、東映を上映。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「伊万里東宝喜楽館」。1966年の映画館名簿では経営者が九州共栄興行、支配人が永島好美、木造2階冷暖房付、定員500、東宝・洋画を上映。1973年の住宅地図では「東宝喜楽」。1978年の映画館名簿では「伊万里喜楽館」。1980年の映画館名簿では「伊万里東宝喜楽館」。1985年の映画館名簿では「伊万里東宝喜楽」。1986年の住宅地図では「東宝喜楽」。1988年の映画館名簿では「伊万里東宝喜楽館」。1988年の映画館名簿では経営者が永島好美、支配人が永島健一、鉄筋造2階、150席、邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国道204号浜町交差点」南西60mにある雑居ビル。最寄駅はJR筑肥線・松浦鉄道西九州線伊万里駅。

1933年から伊万里町浜町の「喜楽館」で活動写真が上映された。浜町にあった芝居劇場「大正座」は、戦後の1950年に「永楽座」に改称して映画館に転向した。東新町の角地には市場があったが、市場の跡地には洋画館「大洋映画劇場」が開館した。1952年には浜町の喜楽館の向かいに洋画専門館「国際映画劇場」が開館し、伊万里町の映画館は4館となった。その後、国際映画劇場の並びに小規模なニュース館「銀映」が開館した。1989年4月16日には東宝喜楽が閉館し、伊万里市から映画館がなくなった。*17
銀映劇場/銀映映劇/伊万里銀映/伊万里銀映映画劇場/伊万里銀映劇場/伊万里国際第2映劇/伊万里第二国際
所在地 : 佐賀県伊万里市伊万里町甲541(1958年・1960年)、佐賀県伊万里市浜(1963年)、佐賀県伊万里市伊万里町甲541(1966年・1969年)、佐賀県伊万里市伊万里町541(1973年・1975年)、佐賀県伊万里市伊万里町(1978年)、佐賀県伊万里市浜町甲541(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1988年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「銀映劇場」。1960年の映画館名簿では「銀映映劇」。1960年の映画館名簿では経営者が曽我武昌、支配人が木場幹生、木造1階、定員125、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「伊万里銀映」。1966年・1969年の映画館名簿では「伊万里銀映映画劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が国際映画劇場、支配人が古場幹生、鉄筋造1階冷暖房付、定員136、東宝・混合を上映。1973年の住宅地図では「銀映」。1973年・1975年の映画館名簿では「伊万里銀映劇場」。1978年の映画館名簿では「伊万里国際第2映劇」。1980年の映画館名簿では「伊万里第二国際映劇」。1985年・1988年の映画館名簿では「伊万里第二国際」。1986年の住宅地図では「国際映劇2」。1988年の映画館名簿では経営会社が国際映劇、経営者が曽我文雄、支配人が記載なし、木造1階、84席、にっかつを上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「浜町交差点」南西40mにあるビル。最寄駅はJR筑肥線・松浦鉄道西九州線伊万里駅。

1952年には伊万里町浜町の「喜楽館」の向かいに洋画専門館「国際映画劇場」が開館し、伊万里町の映画館は4館となった。その後、国際映画劇場の並びに小規模なニュース館「銀映」が開館した。*18
国際映劇/伊万里国際映画劇場/伊万里国際映劇/伊万里国際劇場
所在地 : 佐賀県西松浦郡伊万里町(1953年)、佐賀県伊万里市伊万里町甲545(1955年・1958年・1960年)、佐賀県伊万里市浜(1963年)、佐賀県伊万里市伊万里町甲545(1966年・1969年)、佐賀県伊万里市伊万里甲545(1973年)、佐賀県伊万里市伊万里町545(1975年)、佐賀県伊万里市伊万里町(1978年)、佐賀県伊万里市浜町甲545(1980年・1988年・1990年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国際映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「伊万里国際映画劇場」。1966年の映画館名簿では経営者が国際映画劇場、支配人が曽我文雄、木造2階冷暖房付、定員420、松竹・大映・東映・日活を上映。1973年の住宅地図では「国際映劇」。1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「伊万里国際映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年の住宅地図では「国際映劇1」。1988年・1990年の映画館名簿では「伊万里国際劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社が国際映劇、経営者が曽我文雄、支配人が記載なし、木造1階、268席、東映を上映。1991年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「国道204号浜町交差点」西南西60mにある駐車場。最寄駅はJR筑肥線・松浦鉄道西九州線伊万里駅。

1952年には伊万里町浜町の「喜楽館」の向かいに洋画専門館「国際映画劇場」が開館し、伊万里町の映画館は4館となった。その後、国際映画劇場の並びに小規模なニュース館「銀映」が開館した。*19

西松浦郡有田町

大鶴座
所在地 : 佐賀県西松浦郡有田村鶴牧(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「大鶴座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
外尾映劇/有田劇場/有田映劇
所在地 : 佐賀県西松浦郡有田村(1943年)、佐賀県西松浦郡有田町(1950年)、佐賀県西松浦郡有田町駅前(1953年)、佐賀県西松浦郡有田町1495(1955年・1956年・1957年)、佐賀県西松浦郡有田町145(1958年)
開館年 : 1920年4月21日、1952年10月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「有田劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「有田劇場」。1953年の映画館名簿では「外尾映劇」。1955年・1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「有田映劇」。1956年の映画館名簿では経営者が松村清、支配人が松本久吾、木造1階、定員220、邦画を上映。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

明治末期の有田村外尾には仮設の芝居小屋があった。1912年6月15日午前7時頃、この仮小屋で火事が起こって約20分で焼失した。損害額は300円。乞食が煙草の吸殻を散らかしたことが原因。*20*21

1920年4月21日、有田町975番地に有田劇場株式会社が設立された。資本金3万円、1株50円。取締役は蒲池駒作、深川栄左衛門、深川忠次、古賀米助、青木幸平、城島岩太郎、久保祐一郎。1925年1月20日午前1時30分、有田劇場から出火して付近の民家3軒が焼失した。損害額は約1万6000円。1952年1月19日夜9時頃、有田劇場の映写室から出火して山積みのフィルムを焼き、劇場東側の食堂や劇場西側の商家に延焼した。劇場の観客は商家の家財道具の運び出しに協力したが、商家の幼児が大火傷で死亡した。昭和30年代に入るとテレビが普及して映画の観客数は減少した。有田劇場は1969年に廃業してスーパーセブンに生まれ変わったが、スーパーも1982年3月に閉店した。*22
日新館/曲川日新館/蔵宿日新館
所在地 : 佐賀県西松浦郡有田町西外尾(1953年・1955年)、佐賀県西松浦郡西有田村(1956年・1957年)、佐賀県西松浦郡西有田村蔵宿(1959年)、佐賀県西松浦郡西有田村(1960年)、佐賀県西松浦郡西有田村蔵宿(1962年・1963年)、佐賀県西松浦郡有田町蔵宿町(1966年・1969年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1969年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「日親館」。1955年・1956年の映画館名簿では「日新館」。1957年・1958年の映画館名簿では「蔵宿日新館」。1959年の映画館名簿では「曲川日新館」。1960年の映画館名簿では「蔵宿日新館」。1962年・1963年の映画館名簿では「曲川日新館」。1962年の映画館名簿では経営者が松瀬定次、支配人が松瀬昭男、木造1階、定員450、邦画を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「蔵宿日新館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
日新館/有田日新館/有田東映劇場
所在地 : 佐賀県西松浦郡有田町本町(1955年)、佐賀県西松浦郡有田町丙999(1956年・1957年・1958年)、佐賀県西松浦郡有田町本町(1959年)、佐賀県西松浦郡有田町丙999(1960年)、佐賀県西松浦郡有田町中央区本町(1962年・1963年)、佐賀県西松浦郡有田町本町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1956年・1957年・1958年・1959年・1960年の映画館名簿では「有田日新館」。1956年の映画館名簿では経営者が松瀬岳陽、支配人が松瀬明男、木造2階、定員500、邦画を上映。1962年・1963年の映画館名簿では「有田東映」。1962年の映画館名簿では経営者が日新映劇、支配人が松瀬明男、木造2階暖房付、定員が記載なし、邦画を上映。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「有田東映劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。
有田昭映館/有田昭映/有田昭和館
所在地 : 佐賀県西松浦郡有田町本幸町(1959年)、佐賀県西松浦郡有田町145(1960年)、佐賀県西松浦郡有田町(1962年・1963年)、佐賀県西松浦郡有田町上有田(1966年・1967年・1968年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1971年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「有田昭映」。1960年・1962年・1963年の映画館名簿では「有田昭映館」。1962年の映画館名簿では経営者が深川定幸、支配人が村山繁馬、木造2階、定員540、邦画・洋画を上映。1966年・1967年の映画館名簿では「有田昭和館」。1968年・1969年の映画館名簿では「有田昭映」。1970年・1971年の映画館名簿では「有田昭和館」。1970年の映画館名簿では経営者が深川貞夫、支配人が記載なし、木造1階、定員240、邦画・洋画・成人映画を上映。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

有田村には映画館「有田昭映」があった。1958年5月27日午前4時30分、スクリーン裏側から出火した。原因は漏電。損害額500万円。*23

杵藤地域

武雄市

武雄館/帝国映画劇場
所在地 : 佐賀県杵島郡武雄町温泉通り(1941年)、佐賀県杵島郡武雄町(1943年・1947年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「武雄館」。1943年・1947年の映画館名簿では「帝国映画劇場」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
北方会館
所在地 : 佐賀県杵島郡北方町志久(1950年・1953年)、佐賀県杵島郡北方町大字志久890(1955年)、佐賀県杵島郡北方町大字志久(1958年)、佐賀県杵島郡北方町890-1(1960年)、佐賀県杵島郡北方町北方(1963年・1964年)
開館年 : 1948年9月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年9月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「北方会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館
所在地 : 佐賀県杵島郡武雄町(1950年)、佐賀県杵島郡武雄町温泉通(1953年)、佐賀県武雄市武雄町富岡(1955年・1958年)、佐賀県武雄市松原町(1960年)、佐賀県武雄市武雄町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1941年12月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1941年12月開館。1950年の映画館名簿では「富士映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「富士館」。1964年の住宅地図では「富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は旅館「大正浪漫の宿 京都屋」南東30mにある京都屋駐車場。最寄駅はJR長崎新幹線・佐世保線武雄温泉駅。
西杵館/北方西杵館
所在地 : 佐賀県杵島郡北方町大崎(1950年・1953年・1955年・1960年・1963年)、佐賀県杵島郡北方町大崎西杵(1966年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1966年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「西杵館」。1953年の映画館名簿では「西杵座」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「西杵館」。1964年の住宅地図では「西杵会館」。1966年の映画館名簿では「北方西杵館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート北方大崎店」北東120mにある民家数軒。最寄駅はJR佐世保線北方駅。
蓬莱映劇/蓬莱映画劇場/武雄東映(新)/武雄東映劇場
所在地 : 佐賀県杵島郡武雄町松原(1953年)、佐賀県武雄市武雄町富岡(1955年)、佐賀県武雄市武雄町(1958年)、佐賀県武雄市武雄町十間堀(1960年)、佐賀県武雄市松原町十間堀(1963年)、佐賀県武雄市松原町(1966年・1968年)
開館年 : 1948年6月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「蓬莱映劇」。1958年・1960年の映画館名簿では「蓬莱映画劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「武雄東映」。1964年の住宅地図では「武雄東映」。1968年の映画館名簿では「武雄東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は旅館「大正浪漫の宿 京都屋」南西40mにある「蓬莱駐車場」。最寄駅はJR長崎新幹線・佐世保線武雄温泉駅。
武雄東映(旧)/日活銀映/武雄日活銀映劇場
所在地 : 佐賀県武雄市武雄町(1958年)、佐賀県武雄市松原町(1960年・1963年)、佐賀県武雄市武雄町大字富岡(1966年・1969年)、佐賀県武雄市武雄町大字富岡7845(1970年)、佐賀県武雄市武雄町大字富岡4285(1971年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1971年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「武雄東映」。1963年の映画館名簿では「日活銀映」。1964年の住宅地図では「武雄日活」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「武雄日活銀映劇場」。1971年の映画館名簿では経営会社が瀬尾興行、経営者が瀬尾博昭、支配人が記載なし、木造2階冷暖房付、定員175、松竹・ダイニチ・東宝・成人映画を上映。1972年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「佐賀共栄銀行武雄支店」南西80mにある駐車場。最寄駅はJR長崎新幹線・佐世保線武雄温泉駅。
武雄映劇/武雄大映/武雄大洋映画劇場/武雄大洋映劇/武雄大洋
所在地 : 佐賀県武雄市武雄町(1958年)、佐賀県武雄市松原町(1960年・1963年)、佐賀県武雄市武雄町松原町(1966年・1969年)、、佐賀県武雄市武雄町大字富岡7845(1971年・1972年)佐賀県武雄市松原町(1980年)、佐賀県武雄市松原町3丁目(1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1995年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「武雄映劇」。1963年の映画館名簿では「武雄大映」。1964年の住宅地図では「武雄大洋」。1966年・1969年・1971年・1972年の映画館名簿では「武雄大洋映画劇場」。1971年の映画館名簿では経営会社が武雄大洋、経営者が村上又次郎、支配人が記載なし、木造2階冷暖房付、定員200、東映・ダイニチ・洋画を上映。1980年・1990年・1992年の映画館名簿では「武雄大洋映劇」。1985年の住宅地図では「大陽シネマ」。1992年の映画館名簿では鉄筋造2階建、68席、経営者が村上又次郎、支配人は記載なし、邦画・洋画を上映。1995年の映画館名簿では「武雄大洋」。1996年の映画館名簿には掲載されていない。武雄市最後の映画館。跡地は精肉店「肉のなかしま」など。最寄駅はJR長崎新幹線・佐世保線武雄温泉駅。

鹿島市

七浦劇場/鹿島七浦劇場
所在地 : 佐賀県鹿島市七浦大字音成(1960年・1963年)、佐賀県鹿島市大字音成(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1968年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「七浦劇場」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「鹿島七浦劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
鹿陽館/鹿陽東映/第二マコト映劇/鹿島第二マコト映画劇場/鹿島マコト映劇(3198)
所在地 : 佐賀県藤津郡鹿島町高津原(1936年)、佐賀県藤津郡鹿島町(1943年・1947年・1950年・1953年)、佐賀県鹿島市鹿島町(1955年)、佐賀県鹿島市中牟田(1960年・1963年)、佐賀県鹿島市大字高津原3198(1966年)、佐賀県鹿島市大字高津原3198-3(1969年)、佐賀県鹿島市大字高津原3198(1973年・1975年・1977年)
開館年 : 1933年1月
閉館年 : 1977年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「鹿陽館」。1960年の映画館名簿では「鹿陽東映」。1963年の映画館名簿では「第二マコト映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「鹿島第二マコト映画劇場」。1975年・1977年の映画館名簿では「鹿島マコト映劇」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。建物は「兼茂ショールーム」として現存していると思われる。最寄駅はJR長崎本線肥前鹿島駅。

1933年1月、鹿島に常設映画館「鹿陽館」(ろくようかん)が開館した。開館時の鹿陽館のイラストあり。経営者は弁士も兼ねる村上氏だった。1939年にはトーキー専門館になったとされる。鹿陽館の場所は1982年現在の郵便局の向かい側であり、今はギフトセンター兼茂の建物となっている。*24

1953年頃の鹿島市にあった映画館「鹿陽館」の写真あり。*25

鹿島市史編纂委員会『鹿島市史』鹿島市、1974年は「鹿陽館」に言及している。現物は未確認。*26

『目で見る 武雄・鹿島・杵島・藤津の100年』郷土出版社、2003年は「鹿陽館」に言及している。現物は未確認。*27
マコト映劇/鹿島マコト映画劇場/鹿島マコト映劇(3804-1)
所在地 : 佐賀県鹿島市鹿島町寿通(1958年)、佐賀県鹿島市西牟田(1960年・1963年)、佐賀県鹿島市大字高津原3804(1966年)、佐賀県鹿島市大字高津原3804-1(1969年)、佐賀県鹿島市大字高津原(1978年)、佐賀県鹿島市大字高津原3804-1(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1988年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「マコト映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「鹿島マコト映画劇場」。1973年・1975年・1977年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では「第一マコト映劇」。1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「鹿島マコト映劇」。1978年の映画館名簿では経営者・支配人ともに松田仲義、鉄筋造1階冷暖房付、160席、邦画・洋画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。鹿島市最後の映画館。跡地は「十八親和銀行鹿島支店」南西110mにある駐車場。最寄駅はJR長崎本線肥前鹿島駅。

嬉野市

塩田劇場/塩田映劇
所在地 : 佐賀県藤津郡塩田村(1953年)、佐賀県藤津郡塩田町(1955年・1958年)、佐賀県藤津郡塩田町原(1960年・1963年)、佐賀県藤津郡塩田町(1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「塩田劇場」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「塩田映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
嬉野東映/嬉野東映劇場
所在地 : 佐賀県藤津郡嬉野町元湯通(1959年)、佐賀県藤津郡嬉野町嬉野(1960年・1963年)、佐賀県藤津郡嬉野町大字下宿(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「嬉野東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「嬉野東映劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。
嬉野映劇/嬉野劇場/嬉野映画劇場
所在地 : 佐賀県藤津郡嬉野町嬉野温泉(1943年)、佐賀県藤津郡嬉野町大字下宿571-2(1950年)、佐賀県藤津郡嬉野町(1953年・1955年・1958年)、佐賀県藤津郡嬉野町嬉野(1960年・1963年)、佐賀県藤津郡嬉野町大字下宿(1966年・1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「嬉野劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「嬉野劇場」。1958年の映画館名簿では「嬉野映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「嬉野劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「嬉野映画劇場」。1975年の住宅地図では「嬉野映劇」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。嬉野市最後の映画館。跡地は旅館「和多屋別荘」北60mにある建物。最寄駅はJR長崎新幹線嬉野温泉駅。

杵島郡白石町

新世界映劇/新世映劇
所在地 : 佐賀県杵島郡有明村大字戸刈(1958年)、佐賀県杵島郡有明村戸ケ里(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「新世映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の住宅地図では「新生映劇」。跡地は「有島病院」建物北端部。最寄駅はJR長崎本線肥前竜王駅。
白石劇場
所在地 : 佐賀県杵島郡白石町(1955年・1958年)、佐賀県杵島郡白石町福田(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「白石劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
有明映劇
所在地 : 佐賀県杵島郡有明村戸ケ里(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「有明映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
白石中央映劇/白石中央映画劇場
所在地 : 佐賀県杵島郡白石町大字福田(1959年)、佐賀県杵島郡白石町福田(1960年)、佐賀県杵島郡白石町(1963年)、佐賀県杵島郡白石町大字福田(1966年・1968年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1968年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「白石中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「白石中央映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「白石中央映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

杵島郡大町町

大福座
所在地 : 佐賀県杵島郡大町村(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「大福館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
大黒館
所在地 : 佐賀県杵島郡大町村(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「大黒館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
親和館
所在地 : 佐賀県杵島郡大町町2405(1941年)、佐賀県杵島郡大町町(1943年・1947年)、佐賀県杵島郡大町町福母(1950年・1953年)、佐賀県杵島郡大町町福母2405(1955年)、佐賀県杵島郡大町町福母(1960年・1963年・1964年)、佐賀県杵島郡大町町(1965年)
開館年 : 1935年11月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年11月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「親和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大町東映/大町映画劇場
所在地 : 佐賀県杵島郡大町町福母(1960年・1963年)、佐賀県杵島郡大町町大字福母410(1966年・1968年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1968年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「大町東映」。1964年の住宅地図では「大町東映」。1966年の映画館名簿では「大町映画劇場」。1968年の映画館名簿では「大町東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大町郵便局」。最寄駅はJR佐世保線北方駅。

杵島郡江北町

大和館
所在地 : 佐賀県杵島郡江北町(1953年・1955年)、佐賀県杵島郡江北町上小田2247(1958年)、佐賀県杵島郡江北町上小田(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「大和館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
杵島東映
所在地 : 佐賀県杵島郡江北町上小田(1960年・1963年)、佐賀県杵島郡江北町(1965年)
開館年 : 1959年7月11日
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「杵島東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年7月11日、杵島郡江北町上小田に「杵島東映」が開館した。木造一部鉄筋造平屋建て。建坪560平方メートル。定員700人。東映と大映の二番館。社長は家田熊男。支配人は山岸美典。*28

藤津郡太良町

太良劇場
所在地 : 佐賀県藤津郡太良町(1963年・1964年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「太良劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

ネットで収集した佐賀県の映画館情報です。

つみたね氏のブログ「SAGA佐賀マニア〜佐賀のマニアックな情報発掘」によると、佐賀県興行組合が発行した「SAMOMA」の「佐賀の映画館の今昔ものがたり」という記事の中に、当時の佐賀東宝(昭和32年)、佐賀日活(昭和35年)、佐賀東映(昭和35年)、朝日館(昭和35年)の写真が掲載されている模様です。
詳細は下記に。
http://saga-mania.info/archives/10808465.html

また「佐賀市 平和劇場」でbingの画像検索をかけると、昭和35年の平劇(平和劇場)の画像が出てきます(画像のリンク先は閉鎖)。「騎兵隊」の横断幕の奥にある鳥居は、映画館のあった新馬場通りの突き当りにある松原神社と思われます。

0
Posted by 名無し(ID:/+VGspmbvg) 2021年04月27日(火) 23:46:16 返信数(1) 返信

情報ありがとうございます。「佐賀の映画館の今昔ものがたり」に写真が掲載されているという情報を反映させました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年04月29日(木) 15:49:51

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます