日本の映画館の総合データベースです。


高松市

高松市は高松市の映画館を参照。

丸亀市

丸亀市は丸亀市の映画館を参照。

坂出市

坂出市は坂出市の映画館を参照。

東讃地域

さぬき市

第二旭座
所在地 : 香川県大川郡長尾町(1960年・1962年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「第二旭座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
一楽座/一楽館
所在地 : 香川県大川郡大川村2182(1958年)、香川県大川郡大川村(1960年・1963年)、香川県大川郡大川町(1965年)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年10月開館。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「一楽座」。1963年・1965年の映画館名簿では「一楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
王子座
所在地 : 香川県大川郡松尾村(1953年・1955年)、香川県大川郡大川村松尾(1958年)、香川県大川郡大川村松尾104(1960年)、香川県大川郡大川村(1963年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1965年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「王子座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年頃の松尾村の映画館「王子座」界隈の写真あり。通りに架かるアーチに「明るいスクリーン 楽しい王子座」の文字が見える。1928年に藤目寛一によって設立された。畳敷きであり、収容人員は約230人だった。1937年頃には活動写真のほかに、浪花節、歌舞伎、漫才、芝居、剣劇、奇術などの興行が行われた。戦後には毎日映画の上映が行われたが、テレビの影響で1965年に閉館した。*1
浮世座
所在地 : 香川県大川郡津田町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、香川県大川郡津田町津田1012(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「浮世座」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
昭栄座
所在地 : 香川県大川郡志度町439(1956年・1958年・1960年)、香川県大川郡志度町(1963年)、香川県大川郡志度町493(1966年・1967年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1967年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「昭栄座」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
旭座/長尾旭座
所在地 : 香川県大川郡長尾町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、香川県大川郡長尾町字西951(1966年)、香川県大川郡長尾町74(1969年・1973年・1976年)、香川県大川郡長尾町西951(1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1929年5月18日
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「旭座」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「長尾旭座」。1981年の住宅地図では「旭座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。さぬき市最後の映画館。跡地は「百十四銀行長尾支店」南西40mにある月極駐車場。最寄駅はことでん長尾線長尾駅。

1927年、金藤コツネによって後の「旭座」の敷地に半小屋が建てられた。1929年5月18日にはこの場所に旭座が建てられ、畳敷きの観客席で無声映画・剣劇芝居・浪曲・漫才・歌舞伎などの興行が行われた。1950年には観客席が椅子席に替えられた。1960年には荒神に「第二旭座」が建てられたが、第二旭座は約3年しか営業しなかった。*2

東かがわ市

三本松東宝/三本松東映
所在地 : 香川県大川郡大内町三本松(1956年)、香川県大川郡大内町三本松93(1958年)、香川県大川郡大内町三本松(1960年・1961年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「三本松東宝」。1960年・1961年の映画館名簿では「三本松東映」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
引田中央劇場
所在地 : 香川県大川郡引田町(1962年・1963年)、香川県大川郡引田町駅前(1966年・1967年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1967年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「引田中央劇場」。1967年の映画館名簿では経営者・支配人ともに野網数一、木造1階、定員250、邦画・洋画を上映。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日座
所在地 : 香川県大川郡引田町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、香川県大川郡引田町字池田(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「朝日座」。1955年の映画館名簿では経営者が井上政吉と中島又一、支配人が河野実、木造1階、定員550、混合を上映。1968年の映画館名簿では経営者が井上むね、支配人が瀬部幸男、木造2階冷暖房付、定員240、邦画・洋画を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「萬生寺」北東40mの建物数軒。最寄駅はJR高徳線引田駅。

引田町に常設の演芸場を建設する機運が高まったため、1917年に有志によって資本金4000円で朝日演芸株式会社が設立された。その後は約2年の空白期間があったが、高松市の「玉藻座」が改築される際に建物を買収し、萬生寺前の空き地に移築した。朝日座が営業を開始したのは1922年である。興行師の井上政吉は朝日座の裏に居を構え、こけら落としに上方青年歌舞伎を招くと、その後も歌舞伎・浪曲・漫才・新派・歌謡曲など様々な演芸の興行を行った。横山エンタツ、花菱アチャコ、浪曲の吉田奈良丸、歌謡曲の笠置シズ子、小畑実、松平晃、霧島昇、島倉千代子などが来館している。1945年に井上政吉が死去すると、娘の井上初美によって経営が続けられた。戦後は映画館に転換したが、1970年に閉鎖された。映画館に模様替えした際の写真あり。1962年公開の『寛美の我こそは一等社員』や1963年公開の『つむじ風』が見える。*3

1940年頃の引田町にあった「朝日座」で行われた素人芝居の写真あり。1922年に営業を開始し、歌舞伎・歌謡曲・漫才などの演芸を興行した。1970年に閉鎖された。*4

1962年頃の引田町にあった映画館「朝日座」の写真あり。藤山寛美主演作『我こそは一等社員』の看板が見える。1919年に引田町の有志によって朝日演劇株式会社が設立され、株式会社によって朝日座が経営された。素人芝居や保育園の発表会なども行われた。*5
白鳥座
所在地 : 香川県大川郡白鳥本町(1953年・1955年)、香川県大川郡白鳥町杉原35(1958年)、香川県大川郡白鳥町松原(1960年)、香川県大川郡白鳥町白鳥本町(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1930年? 1933年?
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1933年開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「白鳥座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年頃の白鳥本町(現・東かがわ市松原)にあった映画看板の写真あり。1930年、白鳥神社の西側の芝居町に芝居小屋「白鳥座」が落成した。楽屋・花道・廻り舞台があった本格的な芝居小屋であり、上方歌舞伎や地芝居が上演された。のちに改装して映画館となった。*6

昭和初期の白鳥本町にあった「白鳥座」(しろとりざ)の写真あり。座主の工藤溜吉、町長、役者などが写っている。1931年に建築された。木造2階建て、800人収容。廻り舞台・枡席・花道・櫓太鼓・役者部屋を備えていた。春日八郎や島倉千代子なども舞台に上がったことがあり、最後の演者は西郷輝彦だった。1995年に取り壊された。*7

1932年の白鳥本町(現・東かがわ市松原)における「白鳥座」の新築工事の写真あり。1930年に町長の橋本巧が中心となり、川野正五郎・六車千太郎・坂口恒三郎・永栄政吉などが発起人となって劇場の建設が進められた。廻り舞台、桝席、花道、櫓太鼓、役者部屋を備え、800人を収容した。1995年に取り壊された。*8
三本松映劇
所在地 : 香川県大川郡大内町三本松(1956年・1958年・1960年)、香川県大川郡大内町(1963年)、香川県大川郡大内町三本松305(1966年)、香川県大川郡大内町三本松(1967年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1967年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「三本松映劇」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
OS劇場/三本松大劇/三本松大映
所在地 : 香川県大川郡大内町三本松(1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)、香川県大川郡大内町三本松248-2(1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1955年12月
閉館年 : 1974年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「OS劇場」。1960年の映画館名簿では「三本松大劇」。1963年・1966年・1968年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「三本松大映」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。東かがわ市最後の映画館。

1955年12月、大川郡大内町に「OS劇場」が開館した。洋画・松竹系。総工費550万円。木造平屋建て、85坪。定員250人。支配人は細井正雄。*9

香川郡直島町

直島劇場
所在地 : 香川県香川郡直島町(1956年・1957年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「直島劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が三菱金属、支配人が円尾松太郎、木造2階、定員600、上映系統が記載なし。11959年の映画館名簿には掲載されていない。
菱和会館/直島文化会館/文化会館
所在地 : 香川県香川郡直島村(1952年・1953年・1954年・1955年)、香川県香川郡直島町(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1954年・1955年の映画館名簿では「菱和会館」。1954年の映画館名簿では経営者が三菱鉱業、支配人が中条二三郎、木造2階、定員1100、混合を上映。1956年・1957年・1958年・1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「直島文化会館」。1958年の映画館名簿では経営者が三菱金属鉱業、支配人が桜井惇弥、木造2階冷房付、定員800、邦画を上映。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「文化会館」。1970年の映画館名簿では経営者が三菱金属、支配人が三宅謙吾、木造2階冷暖房付、定員650、邦画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。精錬所内。

木田郡三木町

松栄館/メトロ映画劇場
所在地 : 香川県木田郡井戸村4076-1(1956年)、香川県木田郡三木町井戸4076(1958年)、香川県木田郡三木町井戸(1960年・1961年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「松栄館」。1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「メトロ映画劇場」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
日新座
所在地 : 香川県木田郡平井町平木(1953年)、香川県木田郡平井町池戸(1955年)、香川県木田郡三木町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「日新座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
平木松竹/松竹座
所在地 : 香川県木田郡平井町(1953年)、香川県木田郡平井町平木(1955年)、香川県木田郡三木町(1958年)、香川県木田郡三木町平木(1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1951年2月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年2月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹座」。1958年の映画館名簿では「平木松竹」。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「松竹座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

小豆郡土庄町

延齢閣/ひじり映劇/オリーブ劇場
所在地 : 香川県小豆郡淵崎村(1941年・1953年・1955年)、香川県小豆郡土庄町(1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1929年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1929年2月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「延齢閣」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1956年・1957年の映画館名簿では「延齢閣」。1958年・1960年の映画館名簿では「ひじり映劇」。1963年・1965年の映画館名簿では「オリーブ劇場」。1965年の映画館名簿では経営者が堀本文治、支配人が笠井勤、木造1階冷房付、定員540、邦画・邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「高松信用金庫土庄支店」東南東20mにあるパチンコ店廃墟。最寄港は土庄港。

小豆島における演芸場の始まりは、1883年4月15日に土庄町の西光寺で行われた第1回小豆郡物産共進会である。1928年に延齢閣株式会社が設立され、1929年旧正月元旦の大歌舞伎がこけら落としとなった。建物は木造2階建、建坪は192坪。館内には桝席があり、2階には触れ太鼓用の櫓があった。開館時には営業顧問として松竹の高橋氏が招かれた。東西歌舞伎、地元農村歌舞伎、舞踊会、実演、歌謡、浪曲、漫才、邦画や洋画の上映、芸能文化祭など、多様な催しに用いられた。1957年に「ヒジリ劇場」に改称し、やがて「オリーブ劇場」に改称した。1967年、『東京オリンピック』を最後に閉館した。*10

1943年頃の小豆郡土庄町要鉄にあった「延齢閣」の写真あり。1927年に発足した。枡席がある娯楽の殿堂であり、芝居・演劇・映画・実演などが行われた。戦後には「ひじり劇場」や「オリーブ劇場」に改称した。1960年頃に廃業した。*11

1957年7月2日、「延齢閣」が「ひじり劇場」に改称した。1967年、ひじり劇場が閉館した。*12
セントシネマ/小豆島東映/小豆島東映劇場
所在地 : 香川県小豆郡土庄町(1958年・1960年・1963年)、香川県小豆郡土庄町610-2(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「セント・シネマ」。1960年・1963年の映画館名簿では「小豆島東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「小豆島東映劇場」。1970年の映画館名簿では経営者・支配人ともに笠井克悦、木造1階冷暖房付、定員300、邦画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「百十四銀行土庄支店」西北西70mにある駐車場。最寄港は土庄港。

1955年の小豆郡土庄町にあった映画館「小豆島東映」の写真あり。小豆島には4館の常設映画館があった。小豆島東映は掛条付近にあった。*13

小豆郡小豆島町

菫座/弁天座
所在地 : 香川県小豆郡苗羽村(1930年・1936年)
開館年 : 1929年10月11日
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿では「菫座」。1936年の映画館名簿では「弁天座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「小豆島町商工会」。最寄港は内海港。

1929年、苗羽村馬木に映画常設館「すみれ座」が創立した。経営不振のために椅子席を座席に改装し、「弁天座」に改称して営業を続けた。戦後には安田公民館に売却された。1995年現在の商工会館の場所である。*14

1933年頃、苗羽村に木骨造洋館で椅子席の映画専門館「すみれ館」が誕生した。田舎だったため経営が苦しく、やがて椅子席から畳敷きとして「弁天座」に改称した。1949年に安田公民館に身売りした。1995年現在の商工会館の場所である。*15

1929年10月11日、苗羽村に映画館「すみれ座」が創立落成した。*16
守田公民館
所在地 : 香川県小豆郡内海町本町(1955年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「守田公民館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
池田劇場
所在地 : 香川県小豆郡池田町(1953年・1955年・1958年・1959年・1960年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1959年・1960年の映画館名簿では「池田劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が向井品蔵、支配人が記載なし、木造2階、定員615、邦画を上映。1961年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「池田の桟敷」北西100mにある「城山観光月極有料駐車場」。最寄港は池田港。

1955年頃の小豆郡池田町にあった「池田劇場」の写真あり。1939年、池田の桟敷近くに竣工した。入母屋造で2階建てであり、屋根の下に櫓を有していた。枡席や花道があり、買い芝居、中山歌舞伎などの地芝居、小学校の演劇大会などに使用された。映画では高峰秀子主演の『二十四の瞳』が大人気だった。1971年に取り壊され、2010年現在の跡地は駐車場となっている。*17

1934年には池田劇場株式会社が組織され、岡山県倉敷市の劇場を移築しようとしたが、工事中の同年9月に起こった室戸台風で倒壊した。1935年から1936年、城山土地株式会社によって劇場が建設され、地元の中山芝居や旅回りの一座などによる興行が行われた。映画の全盛期には映画も上映され、『二十四の瞳』の上映時には連日超満員となった。テレビの普及により、1971年から1972年頃に閉鎖された。*18

明治中期には高松市に「歓楽座」が建てられ、1918年には歓楽座が倉敷市に移築されて「倉敷劇場」となった。1937年には池田町に移築されることとなり、同年9月の台風で倒壊したが、柱や梁などの長くて太い部材は再利用して1939年秋に「池田劇場」が完成した。廻り舞台も有していた。地芝居、中山芝居による浄瑠璃なども上演された。嵐寛寿郎が訪れたこともある。映画全盛期には映画も上映されるようになり、『二十四の瞳』の上映時には長蛇の列ができた。やがて観客が減少し、1971年に解体された。池田劇場の傍らには村井戸があった。*19

西和夫「小豆島に劇場があった 池田劇場の再現」『歴史と民俗』2008年という雑誌論文がある。現物は未確認。*20
八幡映画劇場/八幡映劇
所在地 : 香川県小豆郡内海町(1953年・1955年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「八幡映画劇場」。1960年・1962年の映画館名簿では「八幡映劇」。1962年の映画館名簿では経営者が高田博、支配人が酒井虎三郎、木造2階、定員850、松竹・東宝を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「田中電気工事株式会社倉庫」。最寄港は内海港。

1908年7月6日、苗羽村に「八幡座」が着工した。1909年2月4日に竣工して落成式が行われた。*21

1909年1月、苗羽村に「八幡座」が建てられた。世話人は植松の笠井嘉吉(八百力)、福井武与門(ぶよもん)、藤井重太郎(ちょうちん屋)、草壁の高田誠一などだった。明治時代から昭和初期にかけては主として歌舞伎を上演した。昭和に入ると映画・芝居・現代劇・連鎖劇などが興行されるようになった。1940年の紀元2600年奉祝行事として行われた青年団演芸の写真あり。*22

1909年、苗羽村に映画や芝居を行う「植松八幡座」が落成した。芝居の開演前にはチンドン屋が地区をまわって宣伝した。映画の上映前にはオープンカーに楽団が乗って宣伝することもあった。1930年には映写室から出火して観客数人が負傷した。*23

1908年7月6日、苗羽村に「八幡座」が着工した。1909年2月4日に竣工して落成式が行われた。1930年9月9日、八幡座の映写室から出火して観客数人が負傷した。1952年6月22日から6月23日、内海町の「八幡映画劇場」で壷井栄原作の映画『母のない子と子のない母と』が上映された。*24

中讃地域

善通寺市

第二富士見座/第二フジミ座/富士見座(新)
所在地 : 香川県仲多度郡善通寺町京町(1953年)、香川県善通寺市富士見町(1955年)、香川県善通寺市善通寺町(1957年・1958年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1953年の映画館名簿では「第二富士見座」。1955年の映画館名簿では「第二フジミ座」。1957年・1958年の映画館名簿では「富士見座」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に「パチンコ一兆」。跡地は「中島医院」南西90mの建物。最寄駅はJR土讃線善通寺駅。

往時の善通寺市には、「ライオン館」、「オリオン座」、「富士見座」(キリン劇場)、「第二富士見座」、「世界館」の5館の映画館があった。善通寺市の映画館には自衛隊割引もあり、特に休日には自衛隊員が映画館を訪れた。昭和30年代から40年代にはライオン館、オリオン座、第二富士見座の3館が閉館した。2021年現在の第二富士見座の跡地は民家である。*25
ライオン館
所在地 : 香川県善通寺市中通町(1957年・1958年・1960年)、香川県善通寺市中通(1961年・1962年)、香川県善通寺市善通寺町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年・1962年・1963年・1964年の映画館名簿では「ライオン館」。1964年の映画館名簿では経営者が大川行光、支配人が秋田幸恵、木造2階、定員450、日活・松竹を上映。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「香川銀行善通寺支店」北東20mの駐車場。最寄駅はJR土讃線善通寺駅。

往時の善通寺市には、「ライオン館」、「オリオン座」、「富士見座」(キリン劇場)、「第二富士見座」、「世界館」の5館の映画館があった。善通寺市の映画館には自衛隊割引もあり、特に休日には自衛隊員が映画館を訪れた。昭和30年代から40年代にはライオン館、オリオン座、第二富士見座の3館が閉館した。ライオン館は閉館後にライオンスーパーとなり、2021年現在は香川銀行善通寺支店が建っている。*26
オリオン座/善通寺映劇
所在地 : 香川県善通寺市本郷通(1955年)、香川県善通寺市善通寺町(1958年・1960年)、香川県善通寺市上吉田町(1963年・1964年・1965年)、香川県善通寺市上吉田町900(1966年)
開館年 : 1952年2月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「オリオン座」。1965年の映画館名簿では経営者が西本勝太郎、支配人が豊島綾信、木造1階、定員300。1966年の映画館名簿では「善通寺映劇」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に駐車場。1984年の住宅地図では跡地に「魚七専用駐車場」。跡地は日本料理店「魚七」駐車場。最寄駅はJR土讃線善通寺駅。

市制施行要件には「病院、診療所、劇場、映画館等の施設の相当数設けられていること」という項目がある。1954年の仲多度郡善通寺町には「世界館」「キリン館」「オリオン座」「第二富士見座」の4館の映画館があった。*27

往時の善通寺市には、「ライオン館」、「オリオン座」、「富士見座」(キリン劇場)、「第二富士見座」、「世界館」の5館の映画館があった。善通寺市の映画館には自衛隊割引もあり、特に休日には自衛隊員が映画館を訪れた。昭和30年代から40年代にはライオン館、オリオン座、第二富士見座の3館が閉館した。オリオン座は洋画専門館であり、魚七の西側の駐車場が跡地である。*28
世界館/善通寺世界館
所在地 : 香川県仲多度郡善通寺町(1925年)、香川県仲多度郡善通寺町赤門前(1927年)、香川県仲多度郡善通寺町(1930年)、香川県仲多度郡善通寺町鎌倉町(1936年)、香川県仲多度郡善通寺町(1943年)、香川県仲多度郡善通寺町鎌倉町(1947年)、香川県仲多度郡善通寺町(1950年)、香川県仲多度郡善通寺町鎌倉町(1953年)、香川県善通寺市鎌倉町(1955年)、香川県善通寺市善通寺町300(1958年・1960年)、香川県善通寺市善通寺町(1963年)、香川県善通寺市善通寺町300(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1984年・1985年)
開館年 : 1922年11月
閉館年 : 1985年9月
『全国映画館総覧 1955』によると1924年10月開館。1921年11月7日開館。1921年11月21日全焼。1922年再開館。1925年・1927年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「世界館」。1965年の映画館名簿では経営者が岸田秀、支配人が記載なし、木造2階、定員620。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1984年・1985年の映画館名簿では「善通寺世界館」。1972年・1973年・1984年の住宅地図では「世界館」。1984年の映画館名簿では経営者が森尚子、支配人が鎌田大五郎、木造1階、300席、松竹・にっかつ・成人映画を上映。1986年の映画館名簿には掲載されていない。1988年閉館。1992年取り壊し。跡地は「荒魂神社」北西の「わたやふとん店」など。最寄駅はJR土讃線善通寺駅。

1921年には仲多度郡善通寺町に「世界館」が建設されたが、興行20日目に火災で焼失し、1922年に建物が再建された。再建された世界館の棟札の写真あり。*29

市制施行要件には「病院、診療所、劇場、映画館等の施設の相当数設けられていること」という項目がある。1954年の仲多度郡善通寺町には「世界館」「キリン館」「オリオン座」「第二富士見座」の4館の映画館があった。*30

善通寺市の映画館「世界館」は心理学者の岸田秀の実家である。父親の死後には岸田秀自身も経営に携わっていた。なお、岸田家は浅草六区の「世界館」の経営者でもあった。善通寺の商店街のはずれにあった。1921年に完成した建物にはセセッションスタイルのデザインが用いられている。*31

1921年10月7日、善通寺に映画専門館「世界館」が開館した。開館間もない1921年11月21日に全焼したが、1922年春にはもう再建された。建物は2階建てのモルタル塗りであり、正面両側に塔を配置したアール・デコ調の洋風建築だった。1962年時点の善通寺市には、世界館、「キリン劇場」、「第二富士見座」、「ライオン館」、「オリオン座」の5館があった。世界館が閉館した後には保存運動も行われたが、1992年に取り壊された。*32

善通寺市善通寺町6-2-8には「世界館」があった。設計者・施工者は不詳。構造は木造。1921年竣工、1994年頃解体。フランス系のネオ・バロック建築の要素を持ち、外観正面上部の左右には円形の花房飾りがあり、内部のプロセニアム上部中央には楯形のメダリオンがある。スクリーン幕には「世界館」の3文字が入っている。心理学者の岸田秀は世界館のオーナーの息子である。*33

年不明の善通寺市善通寺町にあった映画館「世界館」の写真あり。名称はドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」に由来する。1921年11月に開館したが、2週間後に全焼した。1922年11月にアール・デコ様式の2代目が再建された。戦前の仲多度郡では最も大きな映画館だった。1988年に閉館し、1992年に取り壊された。*34

往時の善通寺市には、「ライオン館」、「オリオン座」、「富士見座」(キリン劇場)、「第二富士見座」、「世界館」の5館の映画館があった。善通寺市の映画館には自衛隊割引もあり、特に休日には自衛隊員が映画館を訪れた。昭和30年代から40年代にはライオン館、オリオン座、第二富士見座の3館が閉館した。1985年9月には世界館が閉館し、1992年にはキリン劇場も閉館したことで、善通寺市から映画館がなくなった。*35

善通寺市の映画館「世界館」の経営者は、1965年から1985年9月に閉館するまで鎌田一也の伯母だった。売店ではうどんやお好み焼きも販売しており、映画を鑑賞しながら食べることもできた。年に一度、世界館は四国少年院の子供を招待していた。*36

1920年、善通寺町の赤門付近に映画館「世界館」が開館した。名称はドヴォルザークの交響曲「新世界より」に由来するとされる。すぐに火災で焼失したが、1922年2月に再建され、主として芝居や演劇の興行を行う劇場として営業再開した。建物はアール・デコ調の洋館であり、2階建てで延床面積は約960m2。俳優の高田浩吉や鶴田浩二、手品師の松旭斎天勝も来館したことがある。1985年、建物の所有者である岸田秀は閉館後の解体を計画していたが、香川県最古の映画館建築であることから保存再建運動が起こった。1988年には「芸能フェスティバルin世界館」が開催され、劇団や俳優が招かれて演劇公演や講演会が行われた。建築史家の藤森照信が実地調査を行い、芸能フェスティバルで講演も行っている。しかし結局は1992年に建物が取り壊された。跡地は赤門筋の荒魂神社北側であり、2021年現在はわたやふとん店と駐車場になっている。*37
富士見座(旧)/善通寺キリン劇場
所在地 : 香川県仲多度郡善通寺町(1927年・1930年)、香川県仲多度郡善通寺町富士見町(1936年)、香川県仲多度郡善通寺町(1943年)、香川県仲多度郡善通寺町富士見町(1947年)、香川県仲多度郡善通寺町(1950年)、香川県仲多度郡善通寺町富士見町(1953年)、香川県善通寺市富士見町(1955年)、香川県善通寺市善通寺町204(1957年・1958年)、香川県善通寺市善通寺町(1962年・1963年)、香川県善通寺市善通寺町204-2(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)、香川県善通寺市善通寺町6-5-2(1990年・1992年)
開館年 : 1889年10月1日(富士見座)、1959年12月12日(建て替え)
閉館年 : 1994年
1927年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「富士見座」。1955年の映画館名簿では「キリンカン」。1957年・1958年の映画館名簿では「キリン館」。1960年・1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年・1965年の映画館名簿では「キリン劇場」。1965年の映画館名簿では経営者が岸田秀、支配人が記載なし、木造1階、定員320。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「善通寺キリン劇場」。1972年・1973年・1984年の住宅地図では「キリン劇場」。1992年の映画館名簿では経営会社がキリン劇場有限会社、経営者が秋山貴久実、支配人が大野重美、木造1階、265席、邦画・洋画を上映。1994年の映画館名簿には掲載されていない。善通寺市最後の映画館。跡地はアパート「シエロ・ガーデン善通寺」。最寄駅はJR土讃線善通寺駅。

1898年には仲多度郡善通寺町に「富士見座」が建設された。1898年に建設された建物の写真あり。富士見座は1922年に火災で焼失したが、その後再建された。*38

市制施行要件には「病院、診療所、劇場、映画館等の施設の相当数設けられていること」という項目がある。1954年の仲多度郡善通寺町には「世界館」「キリン館」「オリオン座」「第二富士見座」の4館の映画館があった。*39

1959年7月17日、善通寺市善通寺町の「松竹キリン館」が全焼した。原因は不明。*40

1959年12月12日、善通寺市富士見町の「キリン館」は「キリン劇場」に改称して開館した。系統は松竹・大映の封切。1959年に焼失していた。*41

善通寺市の富士見通りには1898年創業の芝居小屋「富士見座」があり、やがて映画館の「キリン館」となった。キリン館は約25年前に閉館し、跡地はキリン駐車場となっている。キリン館東側のキリン横町は夜の飲食街としてにぎわった。*42

善通寺市にあった「富士見座」(キリン劇場)は、善通寺市の5館の中で最後まで営業していた映画館である。跡地にはアパートが建っている。*43

綾歌郡綾川町

綾上劇場
所在地 : 香川県綾歌郡綾上村(1959年・1960年)、香川県綾歌郡綾上町(1963年・1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「綾上劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
寿劇場(綾南町)
所在地 : 香川県綾歌郡滝宮村(1953年・1955年)、香川県綾歌郡綾南町(1958年・1960年)、香川県綾歌郡綾南町滝宮(1963年・1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「寿劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中座
所在地 : 香川県綾歌郡久万玉村(1959年・1960年)、香川県綾歌郡綾南町(1963年・1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
綾南劇場
所在地 : 香川県綾歌郡綾南町陶(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1957年4月1日
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「綾南劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年4月1日、綾歌郡綾南町陶に「綾南劇場」が開館した。大映と洋画の上映館。工費500万円。定員500人。ワンスロープ式の客席を持ち、シネスコ設備を有する。*44
巽劇場
所在地 : 香川県綾歌郡綾南町(1959年・1960年)、香川県綾歌郡綾南町滝宮(1963年)、香川県綾歌郡綾南町滝宮1369(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「巽劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ綾川/イオンシネマ綾川
所在地 : 香川県綾歌郡綾川町萱原822-1 イオン綾川ショッピングセンター3階(2010年)、香川県綾歌郡綾川町萱原822-1 イオンモール綾川3階(2015年・2020年)
開館年 : 2008年7月23日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ綾川1-9」(9館)。2013年7月1日改称。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ綾川1-9」(9館)。最寄駅は高松琴平電気鉄道琴平線綾川駅。

綾歌郡宇多津町

新映館
所在地 : 香川県綾歌郡宇多津町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「新映館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
ゴールドタワードライブインシアタースターライト
所在地 : 香川県綾歌郡宇多津町5番町4街区ゴールドタワー駐車場(1992年・1994年)
開館年 : 1990年3月17日
閉館年 : 1994年2月
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1994年の映画館名簿では「ゴールドタワードライブインシアタースターライト」。1992年の映画館名簿では経営会社がタダノ産業株式会社、150台収容、洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は結婚式場「シェルエメール」。最寄駅はJR予讃線・瀬戸大橋線宇多津駅。

1990年3月、香川県に四国初のドライブインシアターが開館した。*45

1992年10月現在の全国のドライブイン・シアターは以下の通り。「新さっぽろPIT1、同2」(北海道札幌市)、「ムービックス太田」(群馬県太田市)、「鹿沼モナミ ドライブイン・シアター」(栃木県鹿沼市)、「こてさし ドライブイン・シアター」(埼玉県所沢市)、「ジャスコ ドライブイン・シアター」(千葉県野田市)、「ムービックスららぽーと」(千葉県船橋市)、「ムービックス多摩」(東京都多摩市)、「ムービックス軽井沢」(長野県軽井沢町 ※夏季のみ)、「金沢セイモア ドライブイン・シアター」(石川県石川郡河内村 ※夏季のみ)、「ツインカムくるま座」(愛知県愛知郡日進町)、「ザ・モール春日井」(愛知県春日井市)、「スターダスト千里、同2」(大阪府吹田市)、「ゴールドタワー・ドライブイン・シアター」(香川県綾歌郡宇多津町)。このほかに埼玉県入間郡三芳町でも「町おこし事業」として不定期にドライブイン・シアターを開催している。*46

1994年2月をもって、トラッククレーン大手のタダノは宇多津町で運営していたドライブインシアター「スターライト」を閉館させる。事業多角化の一環として運営していたが、平均入場台数が計画を大幅に下回っていた。また、1995年春に宇多津ビブレに開館予定のシネコンとの競合も懸念されるほかに、タダノの業績が落ち込んでいたことも理由である。1990年3月17日、大型レジャー施設のゴールドタワーの隣接地に開設され、子会社のタダノ産業が運営を手掛けている。開設当初は中国・四国地方唯一のドライブインシアターだった。幅16メートル×高さ8メートルのスクリーンがある。165台を収容するが、開館から現在までの一日平均入場台数は25台であり、計画の40-45台を大きく下回っていた。1993年度は約1000万円の赤字となる予定であり、開館以来の累積でも約2300万円の赤字となっている。*47
ワーナー・マイカル・シネマズ宇多津/イオンシネマ宇多津
所在地 : 香川県綾歌郡宇多津町浜2-16(1995年・1998年・2000年・2005年・2010年)、香川県綾歌郡宇多津町浜2-16 宇多津ビブレ内(2012年・2014年)、香川県綾歌郡宇多津町浜2-16 イオンタウン宇多津内(2016年・2020年)
開館年 : 1994年3月20日(ビブレ時代)、2015年10月(イオンタウン時代)
閉館年 : 2014年3月16日(ビブレ時代)、営業中
1994年の映画館名簿には掲載されていない。1994年3月20日開館。1995年の映画館名簿では「ワーナーマイカルシネマズ宇多津1-7」(7館)。1995年の映画館名簿では経営会社がワーナーマイカル、経営者がミラードオックス、支配人が石田孝文、鉄筋造2階。1998年・2000年・2010年・2012年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ宇多津1-7」(7館)。2013年7月1日改称。2014年の映画館名簿では「イオンシネマ宇多津1-7」(7館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。2016年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ宇多津1-7」(7館)。日本で4番目のシネコンであり中国四国地方初のシネコン。最寄駅はJR予讃線・瀬戸大橋線宇多津駅。

2014年2月28日をもって、宇多津町の大型商業施設「宇多津ビブレ」が閉店した。映画館は3月16日に閉館する。運営するイオンリテールは新たな商業施設として再開する意向を示している。*48

仲多度郡琴平町

金丸座
所在地 : 香川県仲多度郡琴平町(1930年・1950年)、香川県仲多度郡琴平町小松町(1953年)、香川県仲多度郡琴平町758(1955年・1958年・1960年)、香川県仲多度郡琴平町(1962年)
開館年 : 1835年10月9日
閉館年 : 1962年頃
Wikipedia : 旧金毘羅大芝居
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「金丸座」。1960年の映画館名簿では経営者が西本勝太郎、支配人が松島吾一、木造2階、定員950、東映を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1970年重要文化財指定。1976年現在地移築。最寄駅は高松琴平電気鉄道琴平線琴電琴平駅。

1835年9月には「旧金毘羅大芝居」が上棟され、10月9日の大祭の日に初興行が行われた。1896年頃には「稲荷座」、1899年には「金山寺千歳座」、1902年には「金丸座」、1920年には「琴平座」、その後再び金丸座に改称した。1970年には重要文化財に指定され、指定を機に山手に移築保存されている。*49

「金毘羅大芝居」に言及している雑誌記事として、「全国芝居小屋巡り」『サライ』1995年9月21日がある。現物は未確認。呉服座、康楽館、内子座、肥土山の舞台、黒森歌舞伎、秋川歌舞伎、村国座、秩父夜祭舞台歌舞伎にも言及している。*50

琴平町の旧金比羅大芝居(金丸座)は戦後に映画館となった。1950年代前半には重要文化財の候補となっていたが、1958年には廃屋化しており、重要文化財指定が見送られた。*51

1956年12月の琴平町金山寺町にあった「金丸座」の写真あり。移築前。名称は「旧金毘羅大芝居」とも。1835年の建築であり、香川県に現存する最古の芝居小屋である。1953年には香川県有形文化財に指定されたが、その後も映画館などとして使用されたことで建物の傷みがひどく、1964年には県文化財から除外された。その後移築され、1970年に重要文化財に指定された。2007年現在は琴平町が所有している。*52

琴平町には江戸時代末期に建てられた重要文化財の芝居小屋「旧金比羅大芝居」がある。日本に現存する古い芝居小屋としては、秋田県小坂町の「康楽館」、愛媛県内子町の「内子座」、熊本県山鹿市の「八千代座」などがあるが、いずれも明治時代以降に建てられたものであり、江戸時代に建てられた本格的劇場は旧金比羅大芝居のみである。明治以降には相次いで所有者が交代し、昭和初期には桝席が椅子席に替えられると、1939年からは映画館として使用されていた。1960年には映画館としての営業を終了し、建物は荒れ果てた。1970年には重要文化財に指定され、1972年には町の中心部から移築された。*53
寿劇場/寿座
所在地 : 香川県仲多度郡榎井村端岡(1953年・1955年)、香川県仲多度郡琴平町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「寿座」。1958年・1960年の映画館名簿では「寿劇場」。1963年・1964年の映画館名簿では「寿座」。1964年の映画館名簿では経営者が西本信子、支配人が横関美智子、木造2階、定員360、邦画を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中国銀行琴平支店」東北東80mにある民家2軒。最寄駅は高松琴平電気鉄道琴平線榎井駅。
日本館
所在地 : 香川県仲多度郡琴平町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日本館」。1964年の映画館名簿では経営者が西本勝太郎、支配人が豊島綾信、木造2階、定員400、邦画を上映。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
金陵座/希望館/琴平東映/琴平希望館
所在地 : 香川県仲多度郡琴平町(1950年)、香川県仲多度郡琴平町新地(1953年・1955年)、香川県仲多度郡琴平町266(1958年・1960年・1963年)、香川県仲多度郡琴平町(1965年)、香川県仲多度郡琴平町266(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1913年8月? 1913年12月?
閉館年 : 1970年9月
『全国映画館総覧 1955』によると1913年8月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「希望館」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「琴平東映」。1964年の映画館名簿では経営者が詫間勝市、支配人が山路正雄、木造2階、定員450、東宝・大映を上映。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「琴平希望館」。1970年の映画館名簿では経営者が詫間勝市、支配人が山路正雄、木造2階冷暖房付、定員320、大映・日活・松竹を上映。1972年の住宅地図では跡地に「琴平中央駐車場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ことでん琴平線琴平駅」南南東140mにある駐車場。最寄駅は高松琴平電気鉄道琴平線琴電琴平駅。

1913年12月には琴平町に「金陵座」が建てられ、戦後には「希望館」に改称した。1970年9月に閉館した。1962年の琴平町には希望館、「金丸座」、「常盤座」、「日本館」、「寿座」の5映画館があった。*54

JR琴平駅から約300mの富士見町通りには、赤い鳥居が並ぶ栄稲荷がある。栄稲荷の東隣には明治末期創立の映画館「金陵座」があったが、名称は芝居小屋「金丸座」を模したものである。1955年には公募によって「希望館」に改称した。田中絹代・上原謙主演の『愛染かつら』も上映された。希望館は1971年に閉館し、跡地は駐車場や住宅となった。王子の琴平町には5館の映画館があった。*55
琴平松竹
所在地 : 香川県仲多度郡琴平町(1958年・1960年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「琴平松竹」。1964年の映画館名簿では経営者が詫間勝市、支配人が詫間徳助、木造1階冷暖房付、定員300、日活・大映を上映。1970年の映画館名簿では経営者・支配人ともに詫間勝市、木造1階冷暖房付、定員300、東宝・東映・成人映画を上映。1972年の住宅地図では跡地に倉庫とアキチ。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は金倉川沿いの「琴平リバーサイドホテル」。最寄駅は高松琴平電気鉄道琴平線琴電琴平駅。

仲多度郡多度津町

多度津映劇
所在地 : 香川県仲多度郡多度津町(1959年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「多度津映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1933年の金子常光『観光の多度津港』多度津町役場には「劇場」が描かれている。*56
桃陵倶楽部/桃陵クラブ/多度津桃陵クラブ
所在地 : 香川県仲多度郡多度津町大通(1955年)、香川県仲多度郡多度津町(1958年・1960年・1963年)、香川県仲多度郡多度津町甲998(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1934年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1934年の多度津町住宅明細地図では「桃陵クラブ」(善通寺市立図書館所蔵)。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「桃陵倶楽部」。1953年の映画館名簿では「桃陵クラブ」。1955年の映画館名簿では「桃陵倶楽部」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「桃陵クラブ」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「多度津桃陵クラブ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

仲多度郡まんのう町

新生館
所在地 : 香川県仲多度郡満濃町(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「新生館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

西讃地域

観音寺市

山中座
所在地 : 香川県三豊郡大野原村(1953年・1955年)、香川県三豊郡大野原町大野原(1958年)、香川県三豊郡大野原町(1959年)、香川県三豊郡大野原町大野原1220(1966年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1959年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1959年の映画館名簿では「山中座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
第一豊劇/豊劇
所在地 : 香川県三豊郡豊浜町中ノ町(1953年・1955年)、香川県三豊郡豊浜町1354(1958年・1960年)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「豊浜劇場」。1955年の映画館名簿では「第一豊劇」。1958年・1960年の映画館名簿では「豊劇」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年正月の豊浜町にあった「豊和館」と「豊劇」の映画ポスター掲示板の写真あり。豊和館では『紫頭巾』『捨てうり勘兵衛』『太閤記』『彼奴は誰だツ』、豊劇では『無法松の一生』『弥次喜多道中記』『絶唱』『鰯雲』を上映している。*57
伊吹映画劇場/伊吹映劇
所在地 : 香川県観音寺市伊吹町(1957年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「伊吹映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「伊吹映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。瀬戸内海の伊吹島。
日の出座/日之出館/日之出座
所在地 : 香川県三豊郡伊吹村(1953年・1955年)、香川県観音寺市伊吹町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「日の出座」。1958年の映画館名簿では「日之出館」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「日之出座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は観音寺市伊吹公民館。瀬戸内海の伊吹島。

戦後の伊吹島にあった映画館「日の出館」の写真あり。2000年現在の公民館の場所にあった。琴平町の金丸座に似た構造であり、戦前の漁閑期には素人芝居などが行われた。*58
第二豊劇/豊浜銀映
所在地 : 香川県三豊郡豊浜町姫浜(1955年)、香川県三豊郡豊浜町(1958年)、香川県三豊郡豊浜町姫浜(1960年・1963年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「第二豊劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「豊浜銀映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
豊和館/東映豊和館
所在地 : 香川県三豊郡豊浜町(1956年・1958年)、香川県三豊郡豊浜町和田(1960年)、香川県三豊郡豊浜町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「豊和館」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「東映豊和館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年正月の豊浜町にあった「豊和館」と「豊劇」の映画ポスター掲示板の写真あり。豊和館では『紫頭巾』『捨てうり勘兵衛』『太閤記』『彼奴は誰だツ』、豊劇では『無法松の一生』『弥次喜多道中記』『絶唱』『鰯雲』を上映している。*59
東宝観音寺劇場/観音寺劇場
所在地 : 香川県観音寺市春日町(1957年・1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「東宝観音寺劇場」。1963年・1965年の映画館名簿では「観音寺劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「松下住設」と「観音寺パブハワイ」。映画館の建物は「乗蓮寺」南東30mに飲食店ビルとして現存。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。
琴弾劇場/琴弾館
所在地 : 香川県三豊郡観音寺町(1930年)、香川県三豊郡観音寺町中州(1936年)、香川県三豊郡観音寺町(1943年)、香川県三豊郡観音寺町中州(1947年)、香川県三豊郡観音寺町(1950年)、香川県三豊郡観音寺町中州町(1953年)、香川県三豊郡観音寺町中州(1955年)、香川県観音寺市中州町2918(1960年)、香川県観音寺市観音寺町(1963年・1964年)
開館年 : 1930年以前、1941年10月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1941年10月開館。1930年の映画館名簿では「琴弾劇場」。1936年の映画館名簿では「琴弾座」。1943年・1947年の映画館名簿では「琴弾劇場」。1934年の「観音寺住宅明細地図」では「琴弾劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「琴弾館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「ショッピングセンターママ」。1980年の住宅地図では跡地に「観音寺ショッパーズプラザダイエー」。跡地は跡地は「JA香川県観音寺町支店」西100mにある「冨士クリニックデイサービスセンター 冨士グループホームほほえみ専用駐車場」。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。

金子常光『観音寺町鳥瞰図絵』香川県観音町商工会、1930年には「琴弾座」が描かれている。*60

1952年の観音寺市にあった「琴弾座」(※館ではなく座)の写真あり。多数の花輪が見える。長唄演奏会が行われている。芝居や歌謡ショーなども行われた。明治期には高松、丸亀、多度津に次いで観音寺にも常設の芝居小屋が開館し、その芝居小屋がやがて「琴弾館」(※座ではなく館、使い分けの理由は不明)に改称して映画も上映するようになった。*61
丸美映画劇場/観音寺丸美映劇/丸美映劇
所在地 : 香川県三豊郡観音寺町七間橋通(1953年・1955年)、香川県観音寺市七間橋296(1958年)、香川県観音寺市七間橋2965(1960年)、香川県観音寺市七間橋(1963年・1966年・1969年)、香川県観音寺市七間橋町(1978年)、香川県観音寺市観音寺町甲2965(1980年・1981年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1981年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「丸美映劇」。1955年の映画館名簿では「丸美映画劇場」。1958年の映画館名簿では「丸美映画」。1960年・1963年の映画館名簿では「丸美映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「観音寺丸美映劇」。1972年・1980年の住宅地図では「1階丸美屋タンス店 2階丸美映画館」。1973年・1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1981年の映画館名簿では「丸美映劇」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「観音寺市民会館」南西130mにある建物など。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。

1955年11月の観音寺市にあった「新映館」の立て看板の写真あり。「実演と映画」「東京名物花電車 アッ見えたデショウ」などの文字が見える。1955年頃の観音寺市には、「琴弾館」、「喜楽座」、「平和館」、新映館の4館の映画館があった。*62
新映館/観音寺OS劇場
所在地 : 香川県三豊郡観音寺町七間橋通(1955年)、香川県観音寺市七間橋296(1958年)、香川県観音寺市七間橋2965(1960年)、香川県観音寺市七間橋(1963年・1966年・1969年・1973年)、香川県観音寺市七間町(1975年・1976年)、香川県観音寺市七間橋町(1978年)、香川県観音寺市観音寺町甲2965(1980年・1982年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新映館」。1966年・1969年の映画館名簿では「観音寺OS劇場」。1972年・1980年の住宅地図では「OS映画館」。1973年・1975年・1976年・1978年・1980年・1982年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「観音寺OS劇場」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「金剛禅総本山少林寺琴弾道院」西隣の建物。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。

1955年11月の観音寺市にあった「新映館」の立て看板の写真あり。「実演と映画」「東京名物花電車 アッ見えたデショウ」などの文字が見える。1955年頃の観音寺市には、「琴弾館」、「喜楽座」、「平和館」、新映館の4館の映画館があった。*63
東映メトロ劇場/観音寺東映/東映劇場/観音寺メトロ劇場
所在地 : 香川県観音寺市青柳町(1957年・1958年・1960年・1963年)、香川県観音寺市青柳町2994(1966年・1969年・1973年)、香川県観音寺市青柳町2955(1975年・1976年)、香川県観音寺市青柳町(1978年)、香川県観音寺市観音寺町甲2994-11(1980年・1985年・1988年)、香川県観音寺市観音寺町2994-11(1989年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1989年頃
1934年の「観音寺住宅明細地図」では後の映画館の場所に「畑」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「東映メトロ劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「観音寺東映」。1963年の映画館名簿では「東映劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「観音寺メトロ劇場」。1972年・1980年の住宅地図では「メトロ劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社が東映劇場株式会社、鉄筋1階、189席、東映・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA香川県観音寺町支店」北北東80mにあるアパート「フリーデ喜楽2」駐車場部分。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。
喜楽館/松竹喜楽館/観音寺喜楽館/観音寺キラクカン
所在地 : 香川県三豊郡観音寺町(1930年・1936年・1943年・1947年・1950年)、香川県三豊郡観音寺町青柳町(1953年・1955年)、香川県観音寺市観音寺町(1958年)、香川県観音寺市青柳町(1960年・1963年)、香川県観音寺市青柳町2955(1966年・1969年)、香川県観音寺市青柳町2994(1973年)、香川県観音寺市青柳町2955(1975年・1976年)、香川県観音寺市青柳町(1978年)、香川県観音寺市観音寺町甲2994-11(1980年・1985年)、香川県観音寺市観音寺町甲2995(1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1925年以後1930年以前
閉館年 : 1998年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿には掲載されていない。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「喜楽館」。1934年の「観音寺住宅明細地図」では「喜楽館」。1960年の映画館名簿では「松竹喜楽館」。1963年の映画館名簿では「喜楽館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「観音寺喜楽館」。1980年の住宅地図ではこの場所に「パチンコホームラン」。1995年・1998年の映画館名簿では「観音寺キラクカン」。1998年の映画館名簿では経営会社が東映劇場株式会社、鉄筋1階、120席、邦画・洋画を上映。1999年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA香川県観音寺町支店」北80mにあるアパート「フリーデ喜楽2」建物部分。最寄駅はJR予讃線観音寺駅。

三豊市

みやこ倶楽部
所在地 : 香川県三豊郡下高瀬村(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「みやこ倶楽部」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
中央座
所在地 : 香川県三豊郡財田村(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「中央座」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
盟朗館
所在地 : 香川県三豊郡詫間町(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「盟朗館」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
金子座
所在地 : 香川県三豊郡財田大野村(1953年・1955年)、香川県三豊郡山本町(1958年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1947年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「金子座」。1965年の映画館名簿では経営者が金子信義、支配人が金子文枝、木造1階冷暖房付、定員350、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「高井医院」東北東130mに現存。最寄駅はJR予讃線本山駅。

1957年頃の山本町にあった「金子座」の写真あり。1947年頃に劇場として開館し、こけら落としとして歌手の東海林太郎の公演が行われた。映画のほかにはのど自慢大会や芝居の興行も行われた。*64

時期不明の山本町にあった「金子座」の写真あり。1930年には上高瀬村新名に「松竹座」が設立された。終戦直前には財田村に「中央座」が建てられた。1950年には消防法が改正され、仮設の興行場で映画を上映することが困難になったため、この頃には常設映画館が相次いで建設された。三豊市域で戦後に開館した劇場としては、山本町の「金子座」、粟島の「新生館」が挙げられる。*65
豊中映劇
所在地 : 香川県三豊郡豊中村本山(1958年)、香川県三豊郡豊中町本山(1960年)、香川県三豊郡豊中町(1963年)、香川県三豊郡豊中町本山(1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「豊中映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
祇園館
所在地 : 香川県三豊郡高瀬町(1959年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「祇園館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年頃の現・三豊市高瀬町新名にあった映画館「祇園館」の写真あり。高瀬町には松竹座と祇園館があった。名称は祇園通りの祇園神社の向かいにあったため。開館時期は不明。1968年には跡地に観音寺信用金庫高瀬支店が建設されており、この年までに閉館している。*66
松栄座
所在地 : 香川県三豊郡仁尾町(1953年・1955年)、香川県三豊郡仁尾町890(1958年・1960年)、香川県三豊郡仁尾町980(1963年)、香川県三豊郡仁尾町(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「松栄座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
神詫館
所在地 : 香川県三豊郡詫間町(1953年・1955年)、香川県三豊郡詫間町2076-3(1958年)、香川県三豊郡詫間町(1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「神詫館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹座/高瀬東映/高瀬松竹
所在地 : 香川県三豊郡上高瀬村(1953年・1955年)、香川県三豊郡高瀬町273(1958年・1960年)、香川県三豊郡高瀬町(1963年)、香川県三豊郡高瀬町新名(1966年・1969年)
開館年 : 1930年8月
閉館年 : 1976年
『全国映画館総覧 1955』によると1930年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「松竹座」。1960年・1963年の映画館名簿では「高瀬東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「高瀬松竹」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では「松竹座(アト)」。三豊市最後の映画館。跡地は香川県道23号高瀬町新名交差点西角にある衣料品スーパー「なんば」廃墟。最寄駅はJR予讃線高瀬駅。

時期不明の高瀬町新名にあった「松竹座」の写真あり。「映画は楽しい松竹座」の文字が見える。1930年には上高瀬村新名に「松竹座」が設立された。終戦直前には財田村に「中央座」が建てられた。1950年には消防法が改正され、仮設の興行場で映画を上映することが困難になったため、この頃には常設映画館が相次いで建設された。三豊市域で戦後に開館した劇場としては、山本町の「金子座」、粟島の「新生館」が挙げられる。*67

昭和30年代の現・三豊市高瀬町上高瀬にあった映画館「松竹座」の写真あり。「映画は 楽しい 松竹座」の看板が見える。1930年に開館し、戦前は芝居や浪花節などの興行を行った。戦後は映画が主となって「高瀬東映」に改称した。加山雄三の若大将シリーズ、小林旭の渡り鳥シリーズなどが上映された。1976年に閉館した。*68

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます