閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


熊本市

中央区

光音座
所在地 : 熊本県熊本市三年坂町(1950年)、熊本県熊本市下通町116(1953年・1955年)、熊本県熊本市下通町2(1960年)
開館年 : 1945年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年7月開館。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「光音座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
歌舞伎座
所在地 : 熊本県熊本市練兵町27(1953年・1955年)、熊本県熊本市練兵町(1960年)
開館年 : 1951年9月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館/富士松竹
所在地 : 熊本県熊本市新市街(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「富士館」。1960年の映画館名簿では「富士松竹」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日館/熊本日活劇場
所在地 : 熊本県熊本市花畑町(1950年)、熊本県熊本市花畑町2(1953年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「朝日館」。1955年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「熊本日活劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
幸楽映劇/本荘映劇
所在地 : 熊本県熊本市本荘町40(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「幸楽映劇」。1963年の映画館名簿では「本荘映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和館/昭栄館
所在地 : 熊本県熊本市春竹町(1955年)、熊本県熊本市春竹町1037(1960年)、熊本県熊本市春竹町(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「昭和館(旧熊劇)」。1960年・1963年の映画館名簿では「昭栄館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
京映
所在地 : 熊本県熊本市京町98(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「京映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第二富士松竹/第二富士館
所在地 : 熊本県熊本市大江町大江(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「第二富士松竹」。1963年の映画館名簿では「第二富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
緑星映劇
所在地 : 熊本県熊本市川尻町133(1955年)、熊本県熊本市川尻町(1960年・1963年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「緑星映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
公園劇場
所在地 : 熊本県熊本市出水町今587(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「公園劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
花月劇場/熊本東映/熊本東映劇場
所在地 : 熊本県熊本市紺屋町(1950年)、熊本県熊本市鷹匠町54(1953年・1955年・1960年・1963年)、熊本県熊本市新市街8-10(1966年・1969年)
開館年 : 1947年6月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年6月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「花月劇場」。1960年の映画館名簿では「熊本東映」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「熊本東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
子飼東映/子飼東映劇場/熊本子飼東映劇場/熊本子飼シネマ
所在地 : 熊本県熊本市七軒町2(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「子飼東映」。1963年の映画館名簿では「子飼東映劇場」。1966年の映画館名簿では「熊本子飼東映劇場」。1969年の映画館名簿では「熊本子飼シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は熊本県道337号「西子飼町交差点」すぐ北のマンション「ライオンアネックス」。
東雲劇場/東雲東映/熊本東雲東映/熊本東雲劇場
所在地 : 熊本県熊本市紺屋町(1950年)、熊本県熊本市阿弥陀寺町(1953年)、熊本県熊本市紺屋阿弥陀寺町10(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「東雲劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東雲東映」。1966年の映画館名簿では「熊本東雲東映」。1969年の映画館名簿では「熊本東雲劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ」すぐ東にある「千里殖産ビル」。

1955年頃の熊本市にあった「東雲映劇」の写真あり。『白き神々の座』の看板が見える。*1
中央映劇/熊本中央映画劇場
所在地 : 熊本県熊本市辛島町(1960年・1963年)、熊本県熊本市辛島町92(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「中央映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本中央映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
中央地下劇場/熊本中央地下劇場
所在地 : 熊本県熊本市辛島町(1960年・1963年)、熊本県熊本市辛島町8-23(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「中央地下劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本中央地下劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
熊本名画座
所在地 : 熊本県熊本市城東町(1966年・1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
通り町東映劇場/熊本通町東映パラス劇場/熊本グランド劇場
所在地 : 熊本県熊本市城東町6(1963年)、熊本県熊本市城東町2-14(1966年・1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「通り町東映劇場」。1966年の映画館名簿では「熊本通町東映パラス劇場」。1969年の映画館名簿では「熊本グランド劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「熊本城東郵便局」西南西70mにある「ファミリーマート熊本城東町店」が入るビル「アンピールパーキング上通り」。
新世界/熊本新世界映画劇場
所在地 : 熊本県熊本市手取本町52(1950年)、熊本県熊本市手取本町(1953年)、熊本県熊本市手取本町52(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1947年6月、1961年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「新世界」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本新世界映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「新世界会館」建物東側。
ニューデンキ/熊本ニューデンキ館
所在地 : 熊本県熊本市出水町今517(1960年・1963年・1966年・1969年)、熊本県熊本市出水町1-3(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「ニューデンキ」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本ニューデンキ館」。1975年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。
水前寺富士館/水前寺日映/水前寺日映館/熊本水前寺日映
所在地 :熊本県熊本市西水前寺町50(1960年)、熊本県熊本市西水前寺町(1963年)、熊本県熊本市西水前寺町50(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「水前寺富士館」。1963年の映画館名簿では「水前寺日映」。1966年・1969年の映画館名簿では「水前寺日映館」。1975年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトルデンキ/熊本テアトルデンキ館
所在地 : 熊本県熊本市浄行寺町(1963年)、熊本県熊本市妙体寺町103(1966年・1969年)、熊本県熊本市妙体寺町102(1980年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「テアトルデンキ」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本テアトルデンキ館」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「桜間脳神経外科」。
文化劇場/熊本文化劇場/熊本センターシネマ
所在地 : 熊本県熊本市花畑町77(1960年・1963年・1966年・1969年)、熊本県熊本市花畑町7-3(1985年・1988年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「文化劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本文化劇場」。1985年・1988年の映画館名簿では「熊本センターシネマ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は工事中の「花畑広場」北側。
全映座/熊本全映座/熊本宝塚劇場
所在地 : 熊本県熊本市上通町(1950年)、熊本県熊本市上通町5-45(1953年)、熊本県熊本市上通町5(1955年・1960年)、熊本県熊本市上通町5丁目(1963年)、熊本県熊本市上通町1-19(1966年・1969年・1985年・1988年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1988年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「全映座」。1966年の映画館名簿では「熊本全映座」。1969年・1985年・1988年の映画館名簿では「熊本宝塚劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はドラッグストア「サンドラッグ熊本上通り店」が入る「大進第7ビル」。
大洋映画劇場/大洋劇場/熊本大洋映画劇場/熊本大劇
所在地 : 熊本県熊本市手取本町61(1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、熊本県熊本市手取本町4-1(1980年・1990年)
開館年 : 1947年1月、1961年7月
閉館年 : 1992年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年1月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「大洋映画劇場」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「大洋劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本大洋映画劇場」。1993年・1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。大劇会館は現存。
パルコルナホール/熊本パルコルナホール
所在地 : 熊本県熊本市手取本町5-1(1988年・1990年・1992年・1993年)
開館年 : 1986年以後1988年以前
閉館年 : 1993年頃
1985年・1986年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年の映画館名簿では「パルコルナホール」。1988年の映画館名簿では経営会社がパルコ、経営者が増田通二、支配人が記載なし、鉄筋造8階、140席、邦画・洋画を上映。1992年・1993年の映画館名簿では「熊本パルコルナホール」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。2020年閉店の熊本パルコが入っていた新世界会館は現存。
くまなんサンリブシアター/サンリブシアターくまなん
所在地 : 熊本県熊本市平成町3-23-30 サンリブシティくまなん3階(2000年)、熊本県熊本市平成町3-23-30 サンリブシティくまなん(2002年)
開館年 : 1994年頃
閉館年 : 2002年以後2005年以前
1990年・1994年の映画館名簿には掲載されていない。2002年の映画館名簿では「サンリブシアターくまなん」。2002年の映画館名簿では経営会社が中津丸食、経営者が山田政男、支配人が都留孝之、鉄筋造3階、130席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。サンリブシティくまなんは現存。
熊本大映劇場・オリオンズ劇場/熊本大映劇場・熊本オリオンズ劇場/熊本東宝プラザ・熊本オリオン座/熊本東宝プラザ1・2
所在地 : 熊本県熊本市鷹匠町53(1963年)、熊本県熊本市新市街3-25(1966年・1969年・2000年)
開館年 : 1961年
閉館年 : 2003年9月15日
1963年の映画館名簿では「熊本大映劇場・オリオンズ劇場」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本大映劇場・熊本オリオンズ劇場」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はビジネスホテル「東横イン熊本新市街」。

2003年5月16日の『熊本日日新聞』には「東宝プラザ1・2」が9月15日をもって閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*2
東映セントラル会館/熊本セントラシネマ/熊本シネラックス1・2/熊本シネラックス1-5
所在地 : 熊本県熊本市新市街8-7(1990年)、熊本県熊本市新市街8-7 CKCビル(1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1958年12月
閉館年 : 2006年3月5日
1990年の映画館名簿では「熊本セントラル・熊本オスカー・シネクール熊本・シネラックス熊本」(4館)。1995年の映画館名簿では「熊本セントラル劇場・熊本セントラル1・熊本シネラックス1・2」(4館)。2000年の映画館名簿では「熊本東映劇場・熊本セントラシネマ1・2・3・4」(5館)。2005年の映画館名簿では「熊本シネラックス1-5」(5館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。かつての建物名は東映セントラル会館。

2006年3月8日の『熊本日日新聞』には「シネラックス」が閉館して自己破産を申し立てるという記事が掲載されている。現物は未確認。*3

2006年3月5日の上映を最後に、熊本市新市街の映画館「熊本シネラックス」が閉館していたことがわかった。運営会社のシネラックスは事業を停止し、熊本地方裁判所に自己破産申請する準備に入った。負債総額は約1億3000万円。5スクリーン、計1031席。*4

2006年4月4日の『熊本日日新聞』には閉館した「シネラックス」が自己破産を申し立てたという記事が掲載されている。現物は未確認。*5
東宝銀映/熊本東宝劇場/熊本東宝劇場1・2/熊本東宝1・2/熊本東宝プラザ3・4
所在地 : 熊本県熊本市鷹匠町39(1950年・1953年)、熊本県熊本市新市街(1955年・1960年)、熊本県熊本市鷹匠町39(1963年)、熊本県熊本市新市街6-16(1966年・1969年・2005年)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 2006年3月
『全国映画館総覧 1955』によると1950年11月開館。1950年の映画館名簿では「東宝銀映座」。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「東宝銀映」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「熊本東宝劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はホテル「リッチモンドホテル熊本新市街」。

2005年12月24日の『熊本日日新聞』には「東宝プラザ3・4」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*6
シネパラダイス
所在地 : 熊本県熊本市新市街1-36 サンロードフジビル(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1999年
閉館年 : 2010年1月31日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「シネパラダイス」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。サンロードフジビルは現存。

山家靖郎(70)は1955年に東映に入社し、関西支社映像事業部長、東映ビデオ企画制作部長などを経て、1984年から東映九州支社長を務めた。1999年5月には熊本市の商店街に映画館「シネパラダイス」を開館させたのは、人口に対して映画館数が少ない熊本の映画館事情を知っていたためである。熊本市には約10年前から成人映画館がなかったため、山家は2005年11月に成人映画館の「桃天劇場」も開館させた。桃天劇場の内装は白色で統一し、座席の間隔を広く取り、映写機は最新の設備を導入した。2005年現在の山家は熊本県興行生活衛生同業組合長を務めている。*7

2007年9月30日、熊本市の「シネパラダイス」と「桃天劇場」の支配人を務める内田康司(58)が死去した。死因は心筋梗塞。福岡県大牟田市に生まれ、映画配給会社の三和文化企業(Denkikan)に入社した。1997年から熊本県興行生活衛生同業組合事務局長を務めた。2006年には熊本県生活衛生功労者に選ばれた。*8

2009年12月3日の『熊本日日新聞』には「シネパラダイス」が2010年1月末で閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*9

2010年1月末をもって、熊本市新市街の独立系映画館「シネパラダイス」が閉館する。入居するビルから退去することになったためであり、市内中心部で移転先を探しているが難航している。1999年に1スクリーン75席で開館し、これまでに546本を上映した。2004年6月には熊本県立劇場で、県内中学校・高校生1500人に向けて『ドラムライン』を上映した。*10

2010年1月31日をもって、熊本市新市街の独立系映画館「シネパラダイス」が11年の歴史に幕を下ろして閉館した。最終上映作品は『戦場でワルツを』。入居するビルから退去することになったためであり、市内中心部で移転先を探している。近隣の「Denkikan」とは共通の日程表やポイントカードを発行していた。*11

2010年12月11日、元東映取締役の山家靖郎(やまがやすろう)が骨髄異形成症候群のために死去した。75歳。*12

2010年12月11日、元東映取締役九州支社長の山家靖郎(やまがやすろう)が骨髄異形成症候群のために死去した。75歳。1955年に東映に入社し、関西支社映像事業部長などを歴任した。1999年には熊本市新市街に映画館「シネパラダイス」を開館させ、大手配給会社に属さない独立系作品を上映した。熊本市下通2丁目には成人映画館「桃天劇場」も開館させた。2010年1月末にはテナントビルから立ち退くためにシネパラダイスを閉館させ、秋頃までは移転策を模索していた。関係者によると、山家が死去したことで「再開の予定はなくなった」という。*13

2010年1月31日に熊本市新市街の映画館「シネパラダイス」が閉館してから1年が経った。2010年12月11日、山家靖郎社長(75)が死去した。シネパラダイスは1999年に開館し、約550本を上映した。開館時には日替わりで500円で上映したり、レストランを題材とする作品の上映時には軽食とワインを付けた。山家は印象に残った上映作品として『ドラムライン』を挙げている。2004年頃からシネコンの影響で苦戦したが、仁侠映画のシニア向け上映や韓流映画の上映で客離れを防いだ。テナントビルからの退却が決定し、移転先が見つからなかったことからいったん閉館して再開を目指していた。12月には山家社長が骨髄異形成症候群で入院し、5日後の12月11日に死去した。*14
熊本電気館・熊本松竹劇場・熊本地下デンキ館・熊本名画デンキ館/熊本電気館・熊本松竹・熊本シネロマン1・2/Denkikan・熊本松竹1・2/Denkikan1・2・3
所在地 : 熊本県熊本市鷹匠町、下追廻田畑町6(1950年)、熊本県熊本市下追廻田畑町6(1953年)、熊本県熊本市新市街(1955年・1960年・1963年)、熊本県熊本市新市街8-2(1966年・1969年)、熊本県熊本市中央区新市街8-2(2020年)
開館年 : 1911年、1914年1月1日(移転)、1928年(建て替え)、1995年12月(ビル化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : Denkikan
『全国映画館総覧 1955』によると1910年3月開館。1950年の映画館名簿では「電気館・地下劇場」(2館)。1953年の映画館名簿では「電気館・電気館地下映劇」(2館)。1955年の映画館名簿では「電気館・地下劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「電気館・電気館地下映劇」(2館)。1963年の映画館名簿では「電気館・地下デンキ」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本電気館・熊本地下デンキ館」(2館)。

「Denkikan」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*15
シネプレックス熊本/ユナイテッド・シネマ熊本
所在地 : 熊本県熊本市大江4-2-65 グランパレッタ熊本内(2005年・2010年)、熊本県熊本市中央区大江4-2-65 グランパレッタ熊本内(2015年・2020年)
開館年 : 2004年12月23日(シネプレックス)、2016年11月23日(ユナイテッド・シネマ)
閉館年 : 営業中
2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「シネプレックス熊本1-10」(10館)。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ熊本1-10」(10館)。

2016年11月23日、熊本市中央区大江4丁目の映画館「シネプレックス熊本」が「ユナイテッド・シネマ熊本」に改称して営業を再開する。4月14日の熊本地震で被災して休業していた。12月16日には熊本県で初めて「4DX」を導入する。熊本県内の映画館では嘉島町の「イオンシネマ熊本」と熊本市南区の「TOHOシネマズはません」は休業を続けている。*16
桃天劇場/桃劇場
所在地 : 熊本県熊本市中央区下通り2-3-6 双栄ビル地下1階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2005年11月19日
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : 桃劇場
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「桃天劇場」。2015年・2020年の映画館名簿では「桃劇場」。成人映画館。
TOHOシネマズ熊本サクラマチ
所在地 : 熊本県熊本市中央区桜町3-10 サクラマチクマモト4階(2020年)
開館年 : 2019年9月14日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。9スクリーンのシネコン。

東区

第二曙映劇
所在地 : 熊本県熊本市健軍町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「第二曙映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
曙映劇/熊本曙映画劇場
所在地 : 熊本県熊本市若葉町(1960年)、熊本県熊本市若葉町39-5(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「曙映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「熊本曙映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
オートラブ シアター
所在地 : 熊本県熊本市御領町
開館年 : 1985年12月21日
閉館年 : 不明
1985年12月21日、熊本市御領町のオートラブ敷地内にドライブインシアター「オートラブ・シアター」が開館する。オートラブはニコニコ堂の車両部門店舗。自動車で見る屋外映画施設は中国地方以西では初。1回目が18時30分から、2回目が20時30分から上映する。12月21日から1986年1月2日までは『ランボー2 怒りの脱出』、1月3日から1月14日までは『フラッシュダンス』を上映する。*17

南区

田崎東映
所在地 : 熊本県熊本市田崎町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「田崎東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
銀杏座/隈庄銀星映画劇場
所在地 : 熊本県下益城郡城南町隈庄(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
川尻映劇/川尻映画劇場
所在地 : 熊本県熊本市川尻町(1960年・1963年)、熊本県熊本市川尻町岡町133(1966年)、熊本県熊本市川尻町岡町13(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「川尻映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「川尻映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズはません
所在地 : 熊本県熊本市南区田井島1-2-1 ゆめタウンはません内(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2005年4月
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズはません1-9」(9館)。

2005年3月11日、熊本市田井島1丁目のショッピングセンター「ゆめタウンはません」にシネコン「TOHOシネマズはません」が開館する。9スクリーン計約1600席。全席完全指定制。前後110センチ、左右60センチのゆったりした座席を採用。豊かな低音で臨場感のある4wayスピーカーを設置したスクリーンもある。*18

2016年9月下旬から、熊本市南区の大型店舗「ゆめタウンはません」が営業を再開する。3階建て店舗の1階の大部分で営業を再開する。4月14日の熊本地震後には熊本県に9店舗あるゆめタウンのうち6店舗が休業していたが、すべて再開することになる。9月13日には、「ゆめタウン光の森」の「TOHOシネマズ光の森」が営業を再開する。(※TOHOシネマズはませんの営業については言及なし)*19

西区

南街映画劇場/南街映劇
所在地 : 熊本県熊本市春日町736(1950年)、熊本県熊本市春日町駅前(1953年)、熊本県熊本市春日町763(1955年・1960年)
開館年 : 1945年11月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年11月開館。1950年の映画館名簿では「南街映画劇場」。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「南街映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
松島銀星
所在地 : 熊本県熊本市小島町624(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「松島銀星」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
本妙寺映劇
所在地 : 熊本県熊本市池田町156(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「本妙寺映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
熊本ピカデリー
所在地 : 熊本県熊本市西区春日3-15-26 アミュプラザくまもと7階(開館時)
開館年 : 2021年4月23日
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。

2021年4月17日、熊本市西区のJR熊本駅ビルの大型商業施設「アミュプラザくまもと」7階に入るシネコン「熊本ピカデリー」の内覧会が開催された。4月23日から3面ライブスクリーンで公開される歌舞伎『今昔饗宴千本桜2020夏』に出演する中村獅童が舞台挨拶を行った。アミュプラザくまもとは4月23日に開業する。10スクリーン計1316席を有する。国内初の3面ライブスクリーンを備えている。運営は松竹マルチプレックスシアターズ。*20

北区

昭栄館
所在地 : 熊本県鹿本郡植木町(1950年・1953年・1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭栄館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
清水映劇
所在地 : 熊本県熊本市清水町八景水谷(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「清水映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

熊本通町東映パラス劇場/熊本グランド劇場
名称不明の商業ビル名は『アンピールパーキング上通り』と言います。

0
Posted by きまぐれ★オレンジロード 2021年06月18日(金) 22:27:06 返信数(1) 返信

ありがとうございます。熊本通町東映パラス劇場/熊本グランド劇場の欄に反映させました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年06月21日(月) 16:31:44

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます