日本の映画館の総合データベースです。



盛岡市

盛岡市は盛岡市の映画館を参照。

盛岡広域振興局

八幡平市

老松会館
所在地 : 岩手県岩手郡松尾村松尾鉱山内(1955年)、岩手県岩手郡松尾村松尾鉱業所(1958年)
開館年 : 1951年8月1日
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年開館。1955年・1958年の映画館名簿では「老松会館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

標高約1000mの高所にある松尾鉱山は福利厚生・文化施設が充実しており、小都市といえる内容である。1961年現在の従業員数は4132人である。松尾鉱業所元山の全景写真あり。8番が「老松会館(映画館)」である。*1
文化ホール
所在地 : 岩手県二戸郡安代町荒屋新町127(1959年)、岩手県二戸郡安代町荒屋新町(1960年・1962年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1962年の映画館名簿では「文化ホール」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
新映館
所在地 : 岩手県二戸郡安代町荒屋新町(1960年・1961年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1961年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1961年の映画館名簿では「新映館」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
丸伊会館
所在地 : 岩手県二戸郡安代町131-3(1960年)、岩手県二戸郡安代町赤坂田(1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「丸伊会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
新町中央劇場
所在地 : 岩手県二戸郡安代町荒屋新町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「新町中央劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
寺田映画劇場
所在地 : 岩手県岩手郡西根村寺田(1960年)、岩手県岩手郡西根町寺田(1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「寺田映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
大更劇場
所在地 : 岩手県岩手郡西根村大更(1959年・1960年)、岩手県岩手郡西根町大更(1963年)、岩手県岩手郡西根町大更25-66(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「大更劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
田山映画劇場/田山東映劇場
所在地 : 岩手県二戸郡安代町下川原(1959年)、岩手県二戸郡安代町字下モ川原(1960年)、岩手県二戸郡安代町下モ川原44(1963年)、岩手県二戸郡安代町字下川原44(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「田山映画劇場」。1965年の映画館名簿では「田山東映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
平舘中央劇場
所在地 : 岩手県岩手郡平舘村(1957年)、岩手県岩手郡西根村平舘(1958年・1960年)、岩手県岩手郡西根町字平舘(1969年・1973年・1975年)、岩手県岩手郡西根町平舘(1978年・1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1987年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「平舘中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「平舘中央劇場」。1986年の映画館名簿では経営者が米沢芳郎、支配人が記載なし、木造1階、200席、邦画・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。

滝沢市

映画館名簿によると滝沢市には映画館が存在しなかったと思われる。

岩手郡雫石町

雫石映画劇場/雫石劇場
所在地 : 岩手県岩手郡雫石町(1958年・1960年)、岩手県岩手郡雫石町仲町(1963年)、岩手県岩手郡雫石町(1966年)
開館年 : 1956年9月11日
閉館年 : 1966年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「雫石映画劇場」。1966年の映画館名簿では「雫石劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年9月11日、雫石町に「雫石映画劇場」が開館した。定員230人。邦洋混映。館主は新興キネマの元スターである久慈行子。*2
鶯映館/雫石鶯映館
所在地 : 岩手県岩手郡雫石町字鶯宿(1959年・1960年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「鶯映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1970年の映画館名簿では「雫石鶯映館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
盛興館/雫石盛興館
所在地 : 岩手県岩手郡雫石町(1954年・1955年)、岩手県岩手郡雫石町仲町(1960年)、岩手県岩手郡雫石町(1963年)、岩手県岩手郡雫石町仲町(1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「盛興館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「盛興館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「雫石盛興館」。1976年の映画館名簿では経営者が吉田佐助、支配人が藤野吉郎、木造1階暖房付、200席、邦画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では発見できず。

岩手郡葛巻町

葛巻映画劇場/葛巻劇場
所在地 : 岩手県岩手郡葛巻町新町(1957年・1958年)、岩手県岩手郡葛巻町(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年の映画館名簿では「葛巻映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「葛巻劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

岩手郡岩手町

自治会館
所在地 : 岩手県岩手郡沼宮内町(1954年・1955年)、岩手県岩手郡岩手町沼宮内(1958年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「自治会館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
高盛館/沼宮内映画劇場
所在地 : 岩手県岩手郡沼宮内町(1954年・1955年)、岩手県岩手郡岩手町沼宮内(1960年・1963年)、岩手県岩手郡岩手町沼宮内7-32(1966年)、岩手県岩手郡岩手町沼宮内(1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「高盛館」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「沼宮内映画劇場」。1976年の映画館名簿では経営者が山口清一郎、支配人が記載なし、木造1階暖房付、200席、邦画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。

紫波郡紫波町

農民館
所在地 : 岩手県紫波郡佐比内村(1954年・1955年)、岩手県紫波郡紫波町佐比内(1958年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「農民館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
白梅館
所在地 : 岩手県紫波郡日詰町(1954年・1955年)、岩手県紫波郡紫波町(1956年)、岩手県紫波郡紫波町日詰(1957年・1958年)
開館年 : 1925年10月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「白梅館」。1957年の映画館名簿では経営者が平井直衛、支配人が長井昇力、木造2階、定員500、邦画を上映。1959年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「盛岡信用金庫紫波支店」東70mの民家。最寄駅はJR東北本線紫波中央駅。

1925年10月には平井直衛によって「白梅館」(はくばいかん)が開館した。星山小学校が解体された際の旧校舎の木材によって建てられた。平井直衛は金田一京助の実弟であり、金田一家から平井家に養子に入ると、東京大学を出て旧制盛岡中学校などで英語の教員をしていた。平井直衛の義理の父である平井長吉は造り酒屋「平長」を経営しており、平長の銘柄「白梅」(しらうめ)が白梅館の名称の由来である。鈴勝商店と近藤靴店の間の路地を入った突き当りにあった。玄関は西側であり、東側に花道付きの舞台があった。当初は1階が桝席であり、その背後に立見席があったが、やがて桝席は外された。2階にも客席があり、2階には映写室やバルコニーもあった。毎年金田一京助の公演会が開催された。映画の上映、歌謡ショー、芝居、郷土芸能、青年会や婦人会の催しなどが開催された。建物の老朽化などが理由で、白梅館は1963年頃に取り壊され、廃材は日詰小学校の校舎に再利用された。白梅館が使われなくなった後、1958年には映画館「紫波中央劇場」が開館し、1961年には「紫波東映」が開館した。2006年現在の白梅館跡地には照井さんの家が建っており、紫波中央劇場の跡地には福龍が建っており、紫波東映の跡地には堀田さんの家が建っている。*3

平井(金田一)直衛(ひらい なおえ)。1893年6月3日生、1967年9月15日没。紫波町郡山駅226在住。教員・酒造業。日詰町会議員、日詰町会議長。金田一京助は実兄。1916年に紫波郡日詰町の平長酒造店の婿養子となった。1925年には芝居小屋の建設を計画し、星山小学校の旧校舎を移築して「白梅館」(はくばいかん)を開館させた。名称は平長酒造店の銘柄「白梅」(しらうめ)に由来する。劇場の管理や興行は長井治作が担った。1950年頃に兄の金田一京助が日詰町を訪れた際には、白梅館で講演会を開催した。*4

2006年に紫波みらい研究所が刊行した『わが心の郡山駅』には紫波町の日詰商店街にあった主要な施設を示した「聞き取りマップ大正〜昭和」が掲載されている。「白梅館」、「紫波中劇」、「東映」も描かれている。*5
正直館
所在地 : 岩手県紫波郡紫波町(1959年)、岩手県紫波郡紫波町上平沢(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「正直館」。1970年の映画館名簿では経営者が野村正一、支配人が記載なし、木造1階暖房付、300席、松竹・洋画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
紫波中央映画劇場/紫波中央劇場
所在地 : 岩手県紫波郡紫波町日詰(1958年)、岩手県紫波郡紫波町字郡山(1960年)、岩手県紫波郡紫波町187(1961年・1962年)、岩手県紫波郡紫波町日詰(1963年)
開館年 : 1957年8月21日
閉館年 : 1963年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「紫波中央映画劇場」。1962年の映画館名簿では経営者が鷹木嘉右衛門、支配人が谷地松夫、木造2階暖房付、定員350、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「紫波中央劇場」。1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに谷地松夫、木造2階暖房付、定員450、邦画を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は中華料理店「満腹工房福龍」。最寄駅はJR東北本線紫波中央駅。

1957年8月21日、紫波町に「紫波中央映画劇場」(紫波中央劇場)が開館した。オープニングは『朱雀門』。木造モルタル平屋建て。定員500人。大映・東宝系。代表は鷹木嘉右衛門、支配人は谷地松夫。*6

2006年に紫波みらい研究所が刊行した『わが心の郡山駅』には紫波町の日詰商店街にあった主要な施設を示した「聞き取りマップ大正〜昭和」が掲載されている。「白梅館」、「紫波中劇」、「東映」も描かれている。*7
紫波東映劇場
所在地 : 岩手県紫波郡紫波町日詰(1964年)、岩手県紫波郡紫波町日詰52(1965年)、岩手県紫波郡紫波町日詰(1966年・1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1963年頃
閉館年 : 1976年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年・1965年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「紫波東映劇場」。1964年の映画館名簿では経営者が堀田欣一、支配人が堀田勝久、木造1階暖房付、定員339、邦画を上映。1976年の映画館名簿では経営者が堀田欣一、支配人が堀田勝久、木造1階暖房付、250席、邦画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「平井医院」南西20mの民家。最寄駅はJR東北本線紫波中央駅。

昭和40年代の紫波町役場から北を望んだ写真あり。中央に「紫波東映劇場」が見える。*8

昭和のアルバム編集室『昭和のアルバム盛岡・岩手・紫波』電波社、2015年には1961年の「紫波東映」が掲載されている。現物は未確認。*9

2006年に紫波みらい研究所が刊行した『わが心の郡山駅』には紫波町の日詰商店街にあった主要な施設を示した「聞き取りマップ大正〜昭和」が掲載されている。「白梅館」、「紫波中劇」、「東映」も描かれている。*10

紫波郡矢巾町

矢巾映画劇場
所在地 : 岩手県紫波郡矢巾村(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「矢巾映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

県南広域振興局

奥州市

演芸館
所在地 : 岩手県胆沢郡水沢町50(1930年)、岩手県胆沢郡水沢町(1936年)
開館年 : 1914年12月
閉館年 : 1932年頃
1930年・1936年の映画館名簿では「演芸館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1914年12月、水沢町大町の東裏に「水沢演芸館」が建設された。大町川の北岸であり、工事費は1250円。水沢駅通りに入口が設けられた。2階には水沢町初の喫茶店が開店している。外観と内部の写真あり。1927年頃には弁士の杉山喜一が経営者となり、「みその東映」に改称して映画専門館とした。建物の老朽化によって1932年頃に廃館となった。*11
前進座
所在地 : 岩手県胆沢郡前沢町61(1953年)、岩手県胆沢郡前沢町七日町裏(1954年)
開館年 : 1938年7月
閉館年 : 1954年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1938年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「前進座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年4月1日、胆沢郡前沢町に「前進座」が開館した。経営者は小形吉雄。大映と新東宝の封切館。木造2階建て。定員500人。*12
胆沢文化キネマ
所在地 : 岩手県胆沢郡胆沢村小山(1958年・1960年・1963年)、岩手県胆沢郡胆沢村(1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「胆沢文化キネマ」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
南座
所在地 : 岩手県江刺市江刺町岩谷堂(1960年)、岩手県江刺市岩谷堂町字百ノ口(1963年)、岩手県江刺市岩谷堂町(1964年)
開館年 : 1929年10月17日
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「南座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1929年9月頃の江刺にあった劇場「南座」の写真あり。1929年10月17日に開館し、東京歌舞伎の中村芝寛・市川新十郎・嵐雷三郎などがこけら落とし公演を行った。木造3階建て。*13
水沢中央劇場/みその東宝
所在地 : 岩手県水沢市南町8(1958年)、岩手県水沢市中央通(1960年・1963年)、岩手県水沢市中央通4-5(1964年)、岩手県水沢市中央通(1965年)
開館年 : 1955年9月1日
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「水沢中央劇場」。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「みその東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年9月1日、水沢市中央通りに「水沢中央映劇」が開館した。経営者は安達正三。洋画・邦画の二番館。木造モルタル2階建て。定員340人。*14

戦後、杉山喜一は水沢町の中央通に「みその東映」別館の「みその東宝」を開館させ、みその東映とみその東宝の両者を合わせて「みその座」と呼んだ。みその東宝は約3年間で閉館となった。*15
当立座/水沢映画/水沢映画劇場/水沢松竹映画劇場
所在地 : 岩手県胆沢郡水沢町(1936年・1947年・1950年)、岩手県水沢市水沢町(1953年)、岩手県水沢市水沢町駅前通り(1955年)、岩手県水沢市東町23(1958年)、岩手県水沢市水沢町東町(1960年)、岩手県水沢市東町22(1963年・1965年)
開館年 : 1906年2月、1946年1月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「当立座」。1941年・1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「水沢映画」。1950年の映画館名簿では「水沢映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「水沢松竹映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「パチンコアトム クラブアトム」。跡地は「バンビの森水沢店」が入るビル。最寄駅はJR東北本線水沢駅。

1880年4月、水沢町立町の有志によって劇場「当立座」が建設された。建設費は500円であり、代官役所跡地に建てられた。収容人員は約1000人。1902年12月には豪雪で倒壊した。1906年2月、川原小路に劇場が再建され、歌舞伎の尾上一座がこけら落としを行った。建設費は1000円。川原小路の当立座の写真あり。戦後には「水沢劇場」に改称された。*16

1947年の水沢町裏町(現・東町)にあった「水沢映画劇場」の開館記念写真あり。花輪が見える。お茶の多々良園文化部が事業の一環として開館させた映画館であり、沼倉氏が経営者となった。後に松竹系の作品を上映して「水沢松竹」とも呼ばれた。*17

1955年12月11日午後11時30分頃、水沢市の「水沢松竹映画劇場」舞台裏から出火して全焼した。原因は暖房の不始末とみられる。損害額は約600万円。館主は沼倉直人。*18
岩谷堂中央劇場/岩谷堂中央映画劇場
所在地 : 岩手県江刺郡岩谷堂町字町浦7-1(1953年)、岩手県江刺郡岩谷堂町六日町99(1955年)、岩手県江刺市岩谷堂(1960年)、岩手県江刺市岩谷堂町字町浦(1963年)、岩手県江刺市六日町7-17(1966年)
開館年 : 1951年8月7日
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「岩谷堂中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では「岩谷堂中央劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「岩谷堂中央映画劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年8月の江刺にあった映画館「岩谷堂中央映画劇場」(中映)の写真あり。かつて江刺の映画館は「南座」のみであり、南座は芝居と映画の双方の興行を行っていた。岩谷堂町高野興行部の経営によって、1951年8月7日に映画常設館の岩谷堂中央映画劇場が開館した。中映と呼ばれた。*19
中央映画劇場/前沢中央劇場/前沢徳映劇場
所在地 : 岩手県胆沢郡前沢町七日町裏15(1955年)、岩手県胆沢郡前沢町(1960年・1963年)、岩手県胆沢郡前沢町七日町裏15(1966年・1967年)
開館年 : 1938年7月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年7月開館。1955年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「前沢中央劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「前沢徳映劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
御園映画劇場/みその東映/みその東映劇場/水沢みその東映劇場/水沢みその東映/水沢みその映劇
所在地 : 岩手県胆沢郡水沢町文化通り角(1936年)、岩手県胆沢郡水沢町(1943年・1947年・1950年)、岩手県水沢市水沢町(1953年)、岩手県水沢市水沢町春日町31(1955年)、岩手県水沢市春日野町31(1960年)、岩手県水沢市寺小路31(1963年)、岩手県水沢市春日町31(1966年・1969年)、岩手県水沢市字寺小路(1973年)、岩手県水沢市字寺小路31(1975年)、岩手県水沢市春日町31(1978年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1934年
閉館年 : 1984年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1939年4月開館。1936年の映画館名簿では「御園座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「御園映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「みその東映」。1966年の映画館名簿では「水沢みその東映劇場」。1969年の映画館名簿では「みその東映劇場」。1973年の映画館名簿では「水沢みその東映劇場」。1975年の映画館名簿では「水沢みその東映」。1977年の住宅地図では「みその東映」。1978年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「水沢みその映劇」。1984年の映画館名簿では経営会社が株式会社みその映画劇場、経営者・支配人ともに杉山章、木造1階、350席、東映・東宝・成人映画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「増長寺」北60mの3階建ビル。最寄駅はJR東北本線水沢駅。

1955年頃の水沢市春日町にあった「みその座」の写真あり。1934年に建物が落成し、弁士の杉山某が経営者となって開館した。2階は畳敷きだった。*20

1934年4月、水沢町の春日町に「みその東映」の新館が開館した。戦後には中央通に別館の「みその東宝」を開館させ、みその東映とみその東宝の両者を合わせて「みその座」と呼んだ。みその東宝は約3年間で閉館となった。*21

昭和40年代の水沢市にあった映画館「御園座」の写真あり。多彩な邦画・洋画を上映した。2006年現在の御園座跡地の写真あり。跡地には民間の貸しビルが建っている。*22
SYロマンス/水沢SYロマンス/水沢ロマンス
所在地 : 岩手県水沢市水沢町東町23(1955年)、岩手県水沢市中央通22(1958年)、岩手県水沢市中央通(1960年)、岩手県水沢市中町23(1963年)、岩手県水沢市中町22(1966年)、岩手県水沢市中町23-68(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2001年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 2001年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「S・Yロマンス」。1963年の映画館名簿では「SYロマンス」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「水沢SYロマンス」。1977年の住宅地図では「S・Yロマンス」。1990年・1995年・2000年・2001年の映画館名簿では「水沢ロマンス」。2002年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「大安寺」南南東70mに現存。最寄駅はJR東北本線水沢駅。

昭和30年代の水沢市にあった映画館「松竹ロマンス」の写真あり。「Romance」の文字が見える。松竹系作品を中心に上映した。2006年現在の松竹ロマンス跡地の写真あり。映画館の建物は取り壊され、跡地には飲食店のビルが建っている。*23

2010年8月7日、奥州市水沢区の映画館「水沢ロマンス」が1日限りで復活する。1953年に洋画専門館として開館した。「水沢松竹」の姉妹館であり、沼倉彰慶社長(49)の祖父が創業者である。1990年代にはビデオやDVDの影響で観客数が激減した。北上市へのシネコンの進出が追い打ちをかけ、2001年に閉館した。2009年12月には音響設備を整え、イベントホールとして再スタートを切っていた。*24

一関市

関守座
所在地 : 岩手県西磐井郡一関町地主町(1936年)
開館年 : 1907年10月30日
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「関守座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年現在の一関市の娯楽機関としては、下街の「一関映画劇場」、新大町の「オリオン座」、中街の「新星映画劇場」、下街の「文化劇場」、地主町の「関守座」があった。一関映画劇場の開館日数は365日、入場人員は123,691人。オリオン座の開館日数は365日、入場人員は69,353人。新星映画劇場の開館日数は365日、入場人員は68,713人。文化映画劇場の開館日数は153日、入場人員は22,308人。関守座の開館日数は51日、入場人員は5,697人。*25

1907年10月30日の一関町にあった「関守座」のこけら落としの写真あり。東京の市村座の歌舞伎舞台の設計をそのまま用いており、廻り舞台、中央の桝席、両側の桟敷席、西側の花道、2階の総観覧席などがあった。定員300人。芝居・浪曲・活動写真などの興行が行われた。経営者は千葉清治、斎藤幸一郎、山内安蔵と移り、1969年に取り壊された。*26

1918年10月9日の一関町にあった「関守座」のチラシの写真あり。「欧州大戦争戦線内実写活動写真」と書かれており、第一次世界大戦の映画が上映された。*27

1907年10月の一関町にあった「関守座」のこけら落としの写真あり。芝居を主とし、浪曲や活動写真などの興行も行われた。定員は300人であり、東京の市村座の舞台をモデルとして建てられた。1969年に取り壊された。*28
小松館
所在地 : 岩手県西磐井郡一関町(1930年・1936年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年・1936年の映画館名簿では「小松館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
錦座
所在地 : 岩手県西磐井郡一関町錦町(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「錦座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
商友館
所在地 : 岩手県東磐井郡藤沢町(1954年・1955年・1958年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1958年頃
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「商友館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
黄海劇場
所在地 : 岩手県東磐井郡黄海村(1954年・1955年)、岩手県東磐井郡藤沢町黄海(1958年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1958年頃
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「黄海劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
東山劇場
所在地 : 岩手県東磐井郡東山村154(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「東山劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
一関中央映画劇場/一関日活劇場
所在地 : 岩手県一関市大町33(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1954年7月
閉館年 : 1960年8月18日
『全国映画館総覧 1955』によると1954年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「一関中央映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「一関日活劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年7月18日、一関市の「一関日活」が全焼した。*29

1960年8月18日午前3時30分頃、一関市大街31の「一関日活劇場」から出火し、88平方メートルが全焼した。館主は須藤敏彦。館内で寝ていた須藤の妻の須藤文子(54歳)、姪の太田章子(9歳)、従業員の熊谷弘子(24歳)が焼死した。原因は調査中。損害額は約300万円。*30
新星映画劇場/一関東映劇場(旧)/新星劇場
所在地 : 岩手県一関市中街(1953年)、岩手県一関市中街14(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「新星映画劇場」。1960年の映画館名簿では「一関東映劇場」。1963年の映画館名簿では「新星劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1949年には世嬉の一酒造の商品倉庫を改修し、映画館「新星映画劇場」が開館した。この頃には井上ひさしとその家族が世嬉の一酒造の蔵に住んでおり、井上ひさしは新星映画劇場で切符もぎりのアルバイトをしていた。*31

1952年現在の一関市の娯楽機関としては、下街の「一関映画劇場」、新大町の「オリオン座」、中街の「新星映画劇場」、下街の「文化劇場」、地主町の「関守座」があった。一関映画劇場の開館日数は365日、入場人員は123,691人。オリオン座の開館日数は365日、入場人員は69,353人。新星映画劇場の開館日数は365日、入場人員は68,713人。文化映画劇場の開館日数は153日、入場人員は22,308人。関守座の開館日数は51日、入場人員は5,697人。*32
花泉興行場/花泉映画劇場
所在地 : 岩手県西磐井郡花泉町(1956年・1957年・1958年)、岩手県西磐井郡花泉町深井沢36-2(1960年)、岩手県西磐井郡花泉町字深井沢(1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「花泉興行場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「花泉映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年の花泉町にあった「花泉映画劇場」の前で取られた美容師の記念写真あり。道路の手前側に美容室があり、美容師らも映画館に通った。*33

昭和30年代の花泉町にあった「花泉映画館」前での仮装行列の記念写真あり。天満社の秋の例祭の際である。*34
千厩ニュースター映画ホール/千厩公民館映画ホール/センマヤ東映
所在地 : 岩手県東磐井郡千厩町北方(1953年)、岩手県東磐井郡千厩町北方16(1955年)、岩手県東磐井郡千厩町北方(1960年・1963年)、岩手県東磐井郡千厩町(1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「千厩ニュースター映画ホール」。1955年の映画館名簿では「千厩公民館映画ホール」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「センマヤ東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
大東劇場
所在地 : 岩手県東磐井郡大東町大原(1959年・1960年・1963年)、岩手県東磐井郡大東町大原字立町83(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「大東劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東光劇場
所在地 : 岩手県東磐井郡大東町鳥海(1959年・1960年・1963年)、岩手県東磐井郡大東町鳥海字古戸前43-3(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「東光劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
摺沢シネマ/スリサワシネマ/スリサワ銀映/摺沢劇場
所在地 : 岩手県東磐井郡摺沢町(1954年・1955年)、岩手県東磐井郡大東町摺沢(1958年・1960年・1963年・1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「摺沢シネマ」。1958年・1960年の映画館名簿では「スリサワ・シネマ」。1963年の映画館名簿では「スリサワ銀映」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「摺沢劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岩手銀行摺沢支店」。最寄駅はJR大船渡線摺沢駅。

1965年の大東町の中央通りにあった映画館「えびすや」前での記念写真あり。八幡神社の祭礼に樽ばやしを出した若者らの写真である。*35
千厩テアトル東都/テアトル東都/東愛ホール
所在地 : 岩手県東磐井郡千厩町北方(1956年・1958年)、岩手県東磐井郡千厩町17(1960年・1963年・1966年)、岩手県東磐井郡千厩町字北方153(1969年)、岩手県東磐井郡千厩町(1973年)
開館年 : 1955年7月14日
閉館年 : 1973年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「テアトル東都」。1966年の映画館名簿では「千厩テアトル東都」。1969年の映画館名簿では「テアトル東都」。1973年の映画館名簿では「東愛ホール」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年7月14日の千厩町本町に開館した映画館「テアトル東都」の記念写真あり。花輪が見える。「テアトル東都」「THEATRE」の文字が見える。『修善寺物語』ののぼりが見える。この時の千厩町には映画館「千厩劇場」もあった。*36
オリオン座/一関オリオン座
所在地 : 岩手県一関市新大町(1953年)、岩手県一関市新大町81(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「オリオン座」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年の映画館名簿では「一関オリオン座」。1977年の住宅地図では「オリオン座」。1982年の映画館名簿では経営者が伊藤貞郎、支配人が記載なし、木造1階、150席、洋画を上映。1984年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一関信用金庫駅前支店」駐車場。最寄駅はJR東北本線・大船渡線一ノ関駅。

1952年現在の一関市の娯楽機関としては、下街の「一関映画劇場」、新大町の「オリオン座」、中街の「新星映画劇場」、下街の「文化劇場」、地主町の「関守座」があった。一関映画劇場の開館日数は365日、入場人員は123,691人。オリオン座の開館日数は365日、入場人員は69,353人。新星映画劇場の開館日数は365日、入場人員は68,713人。文化映画劇場の開館日数は153日、入場人員は22,308人。関守座の開館日数は51日、入場人員は5,697人。*37

時期不明の一関市にあった「オリオン座」「新星映画館」「文映」「有楽座」の写真あり。新星映画劇場において『白昼の決闘』が上映された際の広告あり。新星映画劇場において1946年公開のアメリカ映画『白昼の決闘』が上映された際の広告あり。一関映画劇場において1952年公開の映画『阿波狸屋敷』と『蕃地の怒涛』が上映された際の広告あり。*38

昭和50年代の一関市新大町にあった「オリオン座」の写真あり。1950年公開のアメリカ映画『氷上円舞曲』の看板が見える。オリオン座は主として洋画を上映していた。*39

昭和50年代の一関市新大町にあった「オリオン座」の写真あり。1950年公開のアメリカ映画『氷上円舞曲』の看板が見える。オリオン座は主として洋画を上映していた。*40
一関映画劇場/一関東映/一関東映映画劇場/一関東映劇場(新)
所在地 : 岩手県西磐井郡一関町(1943年・1947年)、岩手県一関市地主街(1950年)、岩手県一関市下街(1953年)、岩手県一関市下街26(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、岩手県一関市磐井町2-13(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1941年2月、1954年6月10日
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1941年2月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「一関映画劇場」。1963年の映画館名簿では「一関東映」。1966年の映画館名簿では「一関東映劇場」。1969年の映画館名簿では「一関東映映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「一関東映劇場」。1977年の住宅地図では「一関東映」。1984年の映画館名簿では経営者が松本長蔵、支配人が松本健樹、木造1階、300席、東映を上映。1990年の映画館名簿では経営者・支配人ともに松本健樹、木造1階、240席、東映・洋画を上映。後継館は一関シネプラザ。跡地は「一関シネプラザ」。最寄駅はJR東北本線・大船渡線一ノ関駅。

1952年現在の一関市の娯楽機関としては、下街の「一関映画劇場」、新大町の「オリオン座」、中街の「新星映画劇場」、下街の「文化劇場」、地主町の「関守座」があった。一関映画劇場の開館日数は365日、入場人員は123,691人。オリオン座の開館日数は365日、入場人員は69,353人。新星映画劇場の開館日数は365日、入場人員は68,713人。文化映画劇場の開館日数は153日、入場人員は22,308人。関守座の開館日数は51日、入場人員は5,697人。*41

1954年6月10日、一関市大町30番地に「一関映画劇場」が開館する予定。オープニングは『七人の侍』となる予定。定員360人。大船渡市の大船渡映画劇場が酒醸造倉庫を借り受けて改築中である。一関市の常設館は5館となる。*42

1975年頃の一関市にあった夜の「東映劇場」の写真あり。「TOEIGEKIJO」の文字が見える。一関一高通りである。*43

一関市磐井町2-13の有限会社一関東映劇場。1975年6月設立。資本金200万円。松本長蔵代表。*44
有楽座/一関日活劇場/一関日活有楽座/一関有楽座
所在地 : 岩手県一関市下街5(1959年)、岩手県一関市下街1-7(1960年・1963年・1966年)、岩手県一関市磐井町2-15(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1958年9月
閉館年 : 1989年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1966年の映画館名簿では「一関有楽座」1969年の映画館名簿では「一関日活劇場」。1973年の映画館名簿では「一関日活有楽座」。1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「一関有楽座」。1977年の住宅地図では「一関日活」。1988年の映画館名簿では経営会社が有限会社有楽座、経営者が井原菊子、支配人が記載なし、木造1階、214席、松竹・にっかつ・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一関シネプラザ」北北東20mにある1989年竣工のアパート「ベルメゾンYURAKU」。最寄駅はJR東北本線・大船渡線一ノ関駅。

一関市磐井町2-15の有限会社映画劇場有楽座。1958年9月設立。資本金849万円。井原菊子代表。*45
文化映画劇場/一関文化劇場/一関文化映画劇場
所在地 : 岩手県一関市下街5(1953年・1955年・1958年)、岩手県一関市下街1-7(1960年・1963年・1966年)、岩手県一関市磐井町3-27(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1993年)
開館年 : 1951年8月
閉館年 : 1993年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年8月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「一関文化映画劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「一関文化劇場」。1977年の住宅地図では「文化映画劇場」。1980年・1985年・1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「一関文化映画劇場」。1992年の映画館名簿では経営者が寺崎邦男、支配人が記載なし、木造1階、250席、東宝・洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一関シネプラザ」北北西50mのマンション「ドミール文映」。最寄駅はJR東北本線・大船渡線一ノ関駅。

1952年現在の一関市の娯楽機関としては、下街の「一関映画劇場」、新大町の「オリオン座」、中街の「新星映画劇場」、下街の「文化劇場」、地主町の「関守座」があった。一関映画劇場の開館日数は365日、入場人員は123,691人。オリオン座の開館日数は365日、入場人員は69,353人。新星映画劇場の開館日数は365日、入場人員は68,713人。文化映画劇場の開館日数は153日、入場人員は22,308人。関守座の開館日数は51日、入場人員は5,697人。*46
一関シネプラザ/一関シネプラザ1・2
所在地 : 岩手県一関市磐井町2-13(1992年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1990年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 一関シネプラザ
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1995年の映画館名簿では「一関シネプラザ」。1992年の映画館名簿では経営会社が有限会社一ノ関東映劇場、経営者・支配人ともに松本健樹、鉄筋造2階、154席、東映・洋画を上映。1995年の映画館名簿では経営会社が有限会社一ノ関東映劇場、経営者・支配人ともに松本健樹、鉄筋造2階、154席、邦画・洋画を上映。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「一関シネプラザ1・2」(2館)。最寄駅はJR東北本線・大船渡線一ノ関駅。

1990年現在の一関市にある「一関シネプラザ」の写真あり。旧「一関東映劇場」である。岩手県立一関第一高校の前にある。*47

「一関シネプラザ1・2」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*48

「一関シネプラザ1・2」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*49

花巻市

花陽館
所在地 : 岩手県稗貫郡花巻町川口町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「花陽館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日キネマ/朝日座
所在地 : 岩手県稗貫郡花巻町裏町(1930年・1936年・1943年)
開館年 : 1923年頃
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1930年の映画館名簿では「朝日キネマ」。1936年・1943年の映画館名簿では「朝日座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
土沢公会堂
所在地 : 岩手県和賀郡土沢町(1953年・1955年)、岩手県和賀郡東和町土沢(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年は掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「土沢公会堂」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
花巻文化/文化劇場/花巻文化映画劇場/花巻文化劇場
所在地 : 岩手県稗貫郡花巻町(1947年・1950年・1953年)、岩手県花巻市花巻町文化通(1955年)、岩手県花巻市双葉町36(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1946年9月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年9月開館。1947年の映画館名簿では「花巻文化」。1950年の映画館名簿では「文化劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「花巻文化映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「花巻文化劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1946年5月現在の花巻町には1館の映画常設館があるが、8月上旬までに「花巻文化劇場」が竣工予定であり、秋までに「花巻東宝映画劇場」が開館予定である。*50
栄楽座
所在地 : 岩手県稗貫郡石鳥谷町好地(1954年・1955年)、岩手県稗貫郡石鳥谷町16-46(1958年)、岩手県稗貫郡石鳥谷町(1960年)、岩手県稗貫郡石鳥谷町好地(1966年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「栄楽座」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
旭座/大迫旭座
所在地 : 岩手県稗貫郡大迫町(1953年・1955年・1958年・1960年・1966年・1968年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「旭座」。1966年・1968年の映画館名簿では「大迫旭座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
花巻座
所在地 : 岩手県稗貫郡花巻町末広町(1930年・1936年)、岩手県稗貫郡花巻町(1943年・1947年・1950年・1953年)、岩手県花巻市花巻町末広町(1955年)、岩手県花巻市末広町144(1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1927年開館。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年の映画館名簿では「花巻座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
花巻パラス劇場
所在地 : 岩手県花巻市末広町6-144(1974年・1975年)、岩手県花巻市末広町6-14(1978年・1980年)、岩手県花巻市末広町6-16(1982年・1984年)
開館年 : 1973年頃
閉館年 : 1984年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「花巻パラス劇場」。1977年の住宅地図では「花巻東宝 花巻パラス」。1982年の映画館名簿では経営会社が佐藤興行、経営者が佐藤修三、支配人が佐藤晴巳、木造2階、120席、洋画・にっかつ・成人映画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「花巻信用金庫本店」西北西130mの「三井電子東北事業所」。最寄駅はJR東北本線花巻駅。
花巻中央映画劇場/花巻中央劇場
所在地 : 岩手県花巻市相生町(1957年・1958年)、岩手県花巻市相生町39(1960年・1963年)、岩手県花巻市相生町(1966年)、岩手県花巻市大通り2-1-26(1969年・1973年・1975年)、岩手県花巻市大通2-1-2(1978年・1980年・1985年)、岩手県花巻市大通2-1-25(1990年・1992年・1993年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1993年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「花巻中央映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1993年の映画館名簿では「花巻中央劇場」。1977年の住宅地図では「中央劇場」。1992年の映画館名簿では経営者が三田ぁ∋拉杰佑記載なし、木造1階、400席、洋画・成人映画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岩手日報社花巻支局」西隣の駐車場。最寄駅はJR東北本線花巻駅。
東宝映画劇場/花巻セントラル劇場/花巻東宝/花巻東宝映画劇場/花巻東宝劇場
所在地 : 岩手県稗貫郡花巻町(1947年・1950年・1953年)、岩手県花巻市花巻町末広町(1955年)、岩手県花巻市花巻町末広町178(1958年)、岩手県花巻市末広町144(1960年・1963年・1966年)、岩手県花巻市末広町6-144(1969年・1973年・1975年)、岩手県花巻市末広町6-14(1978年・1980年)、岩手県花巻市末広町6-16(1982年・1984年・1985年・1990年・1995年・1998年・1999年)
開館年 : 1947年、1984年頃(建て替え)
閉館年 : 1999年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年開館。1947年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1950年の映画館名簿では「花巻セントラル劇場」。1953年の映画館名簿では「花巻東宝」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「花巻東宝映画劇場」。1963年の映画館名簿では「花巻東宝劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「花巻東宝映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年・1999年の映画館名簿では「花巻東宝劇場」。1977年の住宅地図では「花巻東宝 花巻パラス」。1984年の映画館名簿では経営会社が佐藤興行、経営者が佐藤修三、支配人が佐藤昌宏、木造1階、250席、邦画を上映。1985年の映画館名簿では経営会社が佐藤興行、経営者が佐藤修三、支配人が佐藤昌宏、鉄筋造2階、80席、邦画を上映。1998年の映画館名簿では経営会社が南部興行、経営者が小暮信人、支配人が中西栄三、鉄筋造2階、100席、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。花巻市最後の映画館。「花巻信用金庫本店」西北西130mに「三井電子東北事業所」として建物が現存。最寄駅はJR東北本線花巻駅。

1946年5月現在の花巻町には1館の映画常設館があるが、8月上旬までに「花巻文化劇場」が竣工予定であり、秋までに「花巻東宝映画劇場」が開館予定である。*51

1955年の花巻市にあった「花巻東宝劇場」の写真あり。花巻市末広町には映画館「花巻座」があったが、1947年には花巻座の隣に「花巻セントラル劇場」が開館し、後に花巻東宝劇場となった。近くにはラーメン屋や駄菓子屋があった。*52

北上市

横黒館
所在地 : 岩手県和賀郡横川目村(1954年・1955年)、岩手県和賀郡和賀町横川目(1958年)、岩手県和賀郡和賀町横川目12(1960年)、岩手県和賀郡和賀町横川目(1963年・1964年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「横黒館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
北上中央映画劇場/北上中央劇場
所在地 : 岩手県北上市諏訪町179(1956年・1957年・1958年)、岩手県北上市黒沢尻町諏訪町179(1960年)、岩手県北上市諏訪町179(1963年・1966年)、岩手県北上市諏訪町2-4-41(1969年・1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「北上中央映画劇場」。1969年・1970年の映画館名簿では「北上中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では諏訪町2-4-41付近に「トップフード」。跡地は「有料駐車場ひらの」。最寄駅はJR東北本線・北上線北上駅。

1954年には公民館の「文化ホール」が映画館となった。昭和30年代前半になると、諏訪町の黒沢尻町役場跡地には「中央映画劇場」が開館し、新開地の中央通りには「北上映画劇場」が開館した。その後、文化ホールが「文化映劇」に改称して移転し、北上には松竹・東宝・日活・東映の系列館4館がある状態となった。昭和40年代には4館のうち2館が閉館した。寿座と文化ホールと中央映画劇場と北上映画劇場の写真あり。*53
北上映画劇場/テアトル北上
所在地 : 岩手県北上市黒沢尻町(1959年)、岩手県北上市黒沢尻町中央通(1960年)、岩手県北上市黒沢尻町(1963年)、岩手県北上市中央通(1966年)、岩手県北上市青柳町2-5-26(1969年・1970年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「北上映画劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「テアトル北上」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では青柳町2-5-26に「北上スーパー青柳店」。跡地は宅配ピザ店「ストロベリーコーンズ北上店」。最寄駅はJR東北本線・北上線北上駅。

1954年には公民館の「文化ホール」が映画館となった。昭和30年代前半になると、諏訪町の黒沢尻町役場跡地には「中央映画劇場」が開館し、新開地の中央通りには「北上映画劇場」が開館した。その後、文化ホールが「文化映劇」に改称して移転し、北上には松竹・東宝・日活・東映の系列館4館がある状態となった。昭和40年代には4館のうち2館が閉館した。寿座と文化ホールと中央映画劇場と北上映画劇場の写真あり。*54
黒沢尻ホール文化/文化ホール/文化映画劇場/北上文化映画劇場/北上文化劇場
所在地 : 岩手県和賀郡黒沢尻町(1950年・1953年)、岩手県北上市黒沢尻町(1960年・1963年)、岩手県北上市新富町(1966年)、岩手県北上市花園町2-1(1969年・1973年・1975年)、岩手県北上市花園町2-1-3(1978年・1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1948年3月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年3月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「黒沢尻ホール文化」。1953年・1955年の映画館名簿では「文化ホール」。1960年・1963年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「北上文化映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「北上文化劇場」。1976年の住宅地図では「文化映画劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が床源興行、経営者が富沢三忠、支配人が記載なし、鉄筋造1階、375席、東映・松竹・洋画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「アパホテル北上駅西」。最寄駅はJR東北本線・北上線北上駅。

1957年11月6日、北上市に定員700人の「文化ホール」が開館した。同館の隣接地にあった旧・文化ホールは「文化映画劇場」に改称した。*55

1954年には公民館の「文化ホール」が映画館となった。昭和30年代前半になると、諏訪町の黒沢尻町役場跡地には「中央映画劇場」が開館し、新開地の中央通りには「北上映画劇場」が開館した。その後、文化ホールが「文化映劇」に改称して移転し、北上には松竹・東宝・日活・東映の系列館4館がある状態となった。1953年に『君の名は』がブームとなった際には、寿座と文化映劇の2館で昼夜を通して上映された。昭和40年代には4館のうち2館が閉館した。寿座と文化ホールと中央映画劇場と北上映画劇場の写真あり。*56
寿座/東映寿座/北上寿座/北上東映寿座
所在地 : 岩手県和賀郡黒沢尻町(1943年・1947年・1950年・1953年)、岩手県北上市黒沢尻町芳町(1955年)、岩手県北上市黒沢尻町(1958年・1960年)、岩手県北上市黒沢尻町字町分(1963年)、岩手県北上市芳町(1966年)、岩手県北上市黒沢尻町字町分11-23-3(1969年)、岩手県北上市黒沢尻町字町分11-23(1973年・1975年)、岩手県北上市芳町(1978年)、岩手県北上市新穀町1-2-12(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1912年7月3日
閉館年 : 1988年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1912年12月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「寿座」。1960年の映画館名簿では「北上東映寿座」。1963年の映画館名簿では「東映寿座」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「北上東映寿座」。1976年の住宅地図では「寿座」。1978年・1980年の映画館名簿では「北上寿座」。1985年の映画館名簿では「北上東映寿座」。1988年の映画館名簿では「北上寿座」。1988年の映画館名簿では経営会社が床源興行、経営者が富沢三忠、支配人が記載なし、木造1階、330席、にっかつ・洋画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北日本銀行北上支店」北西100mのアパート。最寄駅はJR東北本線・北上線北上駅。

1912年7月3日、黒沢尻町に「寿座」が開館した。資本金3750円の株式会社だった。当初は芝居の興行が主だった。1932年から1933年には初めて映画が上映され、1939年から1940年頃には映画常設館となった。1953年に『君の名は』がブームとなった際には、寿座と「文化映劇」の2館で昼夜を通して上映された。寿座と文化ホールと中央映画劇場と北上映画劇場の写真あり。*57

1971年11月、北上市の「寿座」で「寺山修司の講演と映画の会」が開催された。寺山による原作・監督の映画『書を捨てよ町へ出よう』が上映され、寺山による講演も行われた。*58
ワーナー・マイカル・シネマズ北上/イオンシネマ北上
所在地 : 岩手県北上市本通り2-2-1 北上ビブレ5階(2002年)、岩手県北上市本通り2-2-1 さくら野百貨店5階(2005年・2010年・2012年・2015年)、岩手県北上市本通り2-2-1 さくら野百貨店北上店5階(2020年)
開館年 : 2000年3月3日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ北上1-7」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ北上1-7」(7館)。最寄駅はJR東北本線・北上線北上駅。

2000年3月3日、北上市の中心市街地再開発の核となる商業ビルに映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ北上」が開館する。7スクリーン計1317席を有する、岩手県初のシネコンである。北上市では10年以上前に「寿座」が閉館し、映画館の空白地帯となったため、映画ファンは約50km離れた盛岡市まで足を運ぶ必要があった。寿座の閉館から2年後には映画上映サークル「北上シネマパラダイス」が結成され、8年間で40作品以上を上映してきたが、「シネコンを応援したい」として自主上映活動をやめるとしている。*59

2000年3月1日、北上市本通り2-2-1 北上ビブレ5階に「ワーナー・マイカル・シネマズ北上」が開館した。7スクリーンを有する。*60

遠野市

公会館/遠野公会館
所在地 : 岩手県上閉伊郡遠野町(1947年・1950年・1953年)
開館年 : 1935年頃
閉館年 : 1953年12月
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「公会館」。1950年・1953年の映画館名簿では「遠野公会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「遠野郵便局」。最寄駅はJR釜石線遠野駅。

昭和初期の遠野町にあった「公会館」で行われた芸能祭の際の館内の写真あり。*61

1935年頃、遠野町の仲町(現在の遠野郵便局の場所)に「遠野公会館」が開館した。建物は東京の歌舞伎座をモデルとしており、1300人を収容する立派な劇場だった。戦前には無声映画を上映し、戦後には本格的な映画館となった。歌手の岡晴夫や近江俊郎も来演し、歌謡ショーや踊りの公演なども行われた。1953年12月、遠野公会館は火災で焼失した。*62
多賀座/遠野多賀館
所在地 : 岩手県上閉伊郡遠野町(1953年・1955年)、岩手県遠野市遠野町(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「多賀座」。1960年・1963年の映画館名簿では「遠野多賀館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

撮影年不明の遠野市にあった「多賀座」の写真あり。第3回山林会の総会の際の写真であり、林業活動写真も上映された。*63

昭和30年代の遠野市には「中央映画劇場」、「遠野ホール」、「多賀座」の3館があった。中央映画劇場では東宝や日活の作品が上映され、遠野ホールでは松竹の、多賀座では東映の作品が上映された。*64

昭和30年代末には「多賀座」が閉館し、昭和40年代前半には中央映画劇場と遠野ホールが閉館した。1983年には唯一の映画館となっていた遠野東映も高倉健主演作『南極物語』を最後に閉館した。*65
宮守文化
所在地 : 岩手県上閉伊郡宮守村(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「宮守文化」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
楽知館
所在地 : 岩手県遠野市附馬牛町上柳(1960年)、岩手県遠野市附馬牛町(1963年・1964年)、岩手県遠野市附馬牛町13-14(1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「楽知館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
遠野ホール
所在地 : 岩手県上閉伊郡遠野町(1955年)、岩手県遠野市遠野町15-67(1958年・1960年)、岩手県遠野市遠野町15(1963年)、岩手県遠野市市役所前(1964年)、岩手県遠野市中央通7-17(1965年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「遠野ホール」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の遠野市には「中央映画劇場」、「遠野ホール」、「多賀座」の3館があった。中央映画劇場では東宝や日活の作品が上映され、遠野ホールでは松竹の、多賀座では東映の作品が上映された。*66

1954年以後、遠野市の中央通りにある吉野座跡地に「遠野ホール」が開館し、仲町に「中央映画劇場」(中劇)が開館した。遠野ホールは松竹や大映の作品を上映し、『君の名は』が大ヒットを記録した。中央映画劇場は現在の日本生命保険会社の場所にあり、日活や東宝の作品を上映した。1958年には新穀町に「遠野東映」が開館した。遠野東映は現在の遠野歯科クリニックなどの場所にあり、遠野東映は東映や新東宝の作品を上映した。テレビの普及によって映画が衰退し、昭和30年代末には「多賀座」が閉館し、昭和40年代前半には中央映画劇場と遠野ホールが閉館した。1983年には唯一の映画館となっていた遠野東映も高倉健主演作『南極物語』を最後に閉館した。*67
遠野中央映画劇場/中央映画劇場/遠野中央劇場
所在地 : 岩手県上閉伊郡遠野町(1955年)、岩手県遠野市遠野町13-78(1958年・1960年)、岩手県遠野市遠野町仲町13-78(1963年)、岩手県遠野市遠野町4-38(1966年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「遠野中央映画劇場」。1958年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では「遠野中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1966年の映画館名簿では「遠野中央劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東北銀行遠野支店」北東100mの「日本生命保険遠野営業所」。最寄駅はJR釜石線遠野駅。

昭和30年代の遠野市の仲町通りにあった「中央映画劇場」の写真あり。2017年現在の日本生命社屋付近である。同時期の遠野市には中央映画劇場、「遠野ホール」、「多賀座」の3館があった。中央映画劇場では東宝や日活の作品が上映され、遠野ホールでは松竹の、多賀座では東映の作品が上映された。*68

1954年以後、遠野市の中央通りにある吉野座跡地に「遠野ホール」が開館し、仲町に「中央映画劇場」(中劇)が開館した。遠野ホールは松竹や大映の作品を上映し、『君の名は』が大ヒットを記録した。中央映画劇場は現在の日本生命保険会社の場所にあり、日活や東宝の作品を上映した。1958年には新穀町に「遠野東映」が開館した。遠野東映は現在の遠野歯科クリニックなどの場所にあり、遠野東映は東映や新東宝の作品を上映した。テレビの普及によって映画が衰退し、昭和30年代末には「多賀座」が閉館し、昭和40年代前半には中央映画劇場と遠野ホールが閉館した。1983年には唯一の映画館となっていた遠野東映も高倉健主演作『南極物語』を最後に閉館した。*69
遠野東映映画劇場/遠野映劇/遠野東映劇場
所在地 : 岩手県遠野市遠野町12-45(1959年)、岩手県遠野市新穀町12-45(1960年・1963年)、岩手県遠野市新穀町2-9(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1958年7月
閉館年 : 1983年? 1987年頃?
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「遠野東映劇場」。1969年の映画館名簿では「遠野東映映画劇場」。1973年の映画館名簿では「遠野映劇」。1975年・1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「遠野東映劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が有限会社遠野東映劇場、経営者が荒田吉郎、支配人が佐藤和彦、木造1階、250席、邦画・洋画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「遠野歯科クリニック」。最寄駅はJR釜石線遠野駅。

遠野市新穀町2-9の有限会社遠野東映映画劇場。1958年7月設立。資本金130万円。荒田吉郎社長。*70

1954年以後、遠野市の中央通りにある吉野座跡地に「遠野ホール」が開館し、仲町に「中央映画劇場」(中劇)が開館した。遠野ホールは松竹や大映の作品を上映し、『君の名は』が大ヒットを記録した。中央映画劇場は現在の日本生命保険会社の場所にあり、日活や東宝の作品を上映した。1958年には新穀町に「遠野東映」が開館した。遠野東映は現在の遠野歯科クリニックなどの場所にあり、遠野東映は東映や新東宝の作品を上映した。テレビの普及によって映画が衰退し、昭和30年代末には「多賀座」が閉館し、昭和40年代前半には中央映画劇場と遠野ホールが閉館した。1983年には唯一の映画館となっていた遠野東映も高倉健主演作『南極物語』を最後に閉館した。*71

1940年代から50年代の遠野市には、「多賀座」、「遠野ホール」、「中央劇場」、「遠野東映」の4館の映画館があった。1983年には最後の遠野東映が閉館した。映画館に行く場合は車で約1時間かかる「イオンシネマ北上」に行く必要がある。*72

2020年1月26日まで、遠野市の遠野市立博物館で「遠野なつかしの映画チラシ展」が開催されている。2019年5月に市民から寄贈されたものの一部。昭和時代の遠野市街地には数館の映画館があったが、1983年には最後まで残った「遠野東映」が閉館した。*73

2020年1月26日まで、遠野市の遠野市立博物館で「遠野なつかしの映画チラシ展」が開催されている。昭和30年代の遠野市街地には「多賀座」「遠野ホール」「中央劇場」「遠野東映」などの映画館があった。映画チラシ、映画入場券、映写機など約240点が展示されている。*74

胆沢郡金ケ崎町

金ケ崎会館/金ケ崎映画劇場
所在地 : 岩手県胆沢郡金ケ崎町本町35(1953年)、岩手県胆沢郡金ケ崎町(1955年)、岩手県胆沢郡金ケ崎町72(1958年)、岩手県胆沢郡金ケ崎町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「金ケ崎会館」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「金ケ崎映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

西磐井郡平泉町

平泉会館
所在地 : 岩手県西磐井郡平泉町(1954年・1955年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「平泉会館」。1955年の映画館名簿では木造1階、定員300、混合を上映、電話が平泉12。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
平泉映画劇場
所在地 : 岩手県西磐井郡平泉町(1956年)、岩手県西磐井郡平泉町柳之御所(1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「平泉映画劇場」。1956年の映画館名簿では経営者が滝沢福次郎、支配人が滝沢武志、木造2階暖房付、定員350、邦画を上映、電話が平泉51。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

和賀郡西和賀町

湯本公会堂
所在地 : 岩手県和賀郡湯田村(1953年)、岩手県和賀郡湯田村湯本温泉(1954年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1954年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「湯本公会堂」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

沿岸広域振興局

釜石市

寿館
所在地 : 岩手県上閉伊郡釜石町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「寿館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
緑館
所在地 : 岩手県上閉伊郡釜石町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「緑館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
港盛座
所在地 : 岩手県上閉伊郡釜石町(1936年)、岩手県釜石市大渡3丁目(1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「港盛座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館(旧)
所在地 : 岩手県上閉伊郡釜石町只越(1936年)、岩手県釜石市只越町(1941年)、岩手県釜石市只越町2(1943年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「富士館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
釜石東宝映劇
所在地 : 岩手県釜石市大渡り3(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「釜石東宝映劇」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
釜石鉱山会館
所在地 : 岩手県上閉伊郡甲子村大橋釜石鉱業所内(1953年)、岩手県上閉伊郡甲子村釜石鉱業所内(1954年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1954年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「釜石鉱山会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
第二錦館/中妻錦館
所在地 : 岩手県釜石市中妻町(1943年・1947年)、岩手県釜石市中妻岩井町(1950年)、岩手県釜石市中妻(1953年・1955年)、岩手県釜石市岩井町(1960年)
開館年 : 1938年10月
閉館年 : 1961年4月4日
『全国映画館総覧 1955』によると1938年10月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「第二錦館」。1947年・1950年の映画館名簿では「釜石第二錦館」。1953年・1955年の映画館名簿では「第二錦館」。1960年の映画館名簿では「中妻錦館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年4月4日午後2時頃、釜石市中妻町の「中妻錦館」2階天井裏付近から出火し、木造2階建てが全焼した。観客は全員避難したため怪我人はいない。経営者は石川勘吉。損害額約1300万円。*75
文化映画劇場/文化劇場/釜石文化劇場
所在地 : 岩手県上閉伊郡甲子村小佐野(1953年)、岩手県釜石市小佐野町(1958年)、岩手県釜石市甲子町小佐野(1960年)、岩手県釜石市甲子町小佐野町(1963年)、岩手県釜石市小佐野(1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「文化劇場」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「釜石文化劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第一錦館/大渡第一錦館/錦館
所在地 : 岩手県上閉伊郡釜石町(1925年・1930年・1936年)、岩手県釜石市大渡(1950年)、岩手県釜石市大渡り(1953年)、岩手県釜石市大渡り3丁目(1955年)、岩手県釜石市大渡町459(1956年・1957年・1958年)、岩手県釜石市大渡町3丁目(1960年)、岩手県釜石市大渡町(1963年)、岩手県釜石市大町1-44(1965年)
開館年 : 1925年以前、1946年8月、1955年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年8月開館。1925年・1930年・1936年の映画館名簿では「錦館」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「錦館」。1953年・1955年・1956年・1957年の映画館名簿では「第一錦館」。1958年の映画館名簿では「大渡第一錦館」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「錦館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「釜石市民会館 市立図書館」。跡地はビジネスホテル「サンルート釜石」。最寄駅はJR釜石線・三陸鉄道リアス線釜石駅。

1976年の釜石市にあった市民会館前の交差点の写真あり。1940年には大町に映画館「錦館」が建設されたが、戦時中の艦砲射撃で焼失した。1946年にはこの交差点の場所に錦館が再建された。1967年に釜石市が買収し、1977年まで市民会館として利用した。*76
シネマセンター/釜石シネマセンター
所在地 : 岩手県釜石市大渡町459(1958年)、岩手県釜石市大渡町3丁目(1960年)、岩手県釜石市大渡町(1963年)、岩手県釜石市大町(1966年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1967年3月
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「シネマ・センター」。1966年の映画館名簿では「釜石シネマセンター」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
釜石日活劇場
所在地 : 岩手県釜石市大町2-3-2(1965年・1966年・1967年)
開館年 : 1964年頃
閉館年 : 1967年頃
1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年・1966年・1967年の映画館名簿では「釜石日活劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
釜石東宝劇場
所在地 : 岩手県釜石市大渡町1-10(1970年)、岩手県釜石市大渡町1-1-10(1973年・1974年)
開館年 : 1969年頃
閉館年 : 1974年頃
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年・1973年・1974年の映画館名簿では「釜石東宝劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
釜石国際映画劇場/釜石国際劇場
所在地 : 岩手県釜石市只越町45(1958年・1960年)、岩手県釜石市大町2-45(1963年)、岩手県釜石市大町2-5(1966年)、岩手県釜石市大町2-5-14(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1956年10月
閉館年 : 1985年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「釜石国際劇場」。1960年の映画館名簿では「釜石国際映画劇場」。1963年の映画館名簿では「東映釜石国際映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「釜石国際映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「釜石国際劇場」。1977年の住宅地図では「国際劇場 喫茶ニュー国際」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホテルルートイン釜石」。最寄駅はJR釜石線・三陸鉄道リアス線釜石駅。

釜石市大町2丁目5の国際映画劇場株式会社。1956年10月設立。資本金1800万円。大久保惣四郎社長。*77
釜石富士館(新)
所在地 : 岩手県釜石市栄町2(1967年)、岩手県釜石市栄町2丁目(1969年)、岩手県釜石市栄町2-1-2(1973年・1975年)、岩手県釜石市中妻町2丁目(1978年・1980年)、岩手県釜石市中妻町2-1-2(1985年・1986年)
開館年 : 1966年頃
閉館年 : 1986年頃
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「釜石富士館」。1986年の映画館名簿では経営者・支配人ともに中畑文一、鉄筋造地下、200席、にっかつ・成人映画を上映。1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「かっぱ寿司釜石店」。最寄駅はJR釜石線・三陸鉄道リアス線釜石駅。
釜石中央映画劇場/釜石大映第一劇場/釜石東映第一劇場/釜石第一劇場
所在地 : 岩手県釜石市只越(1953年・1955年)、岩手県釜石市只越町(1958年)、岩手県釜石市只越町56(1960年)、岩手県釜石市只越町1-5(1961年・1962年)、岩手県釜石市只越1-5(1963年)、岩手県釜石市只越1-1(1966年)、岩手県釜石市只越町1-1-23(1969年・1973年)、岩手県釜石市只越町1-23(1975年)、岩手県釜石市只越町1-1(1978年・1980年・1985年・1988年・1990年)
開館年 : 1950年8月(中央映画劇場)、1960年4月27日(第一劇場)
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「釜石中央映画劇場」。1961年・1962年・1963年・1966年の映画館名簿では「釜石第一劇場」。1969年の映画館名簿では「釜石大映第一劇場」。1973年の映画館名簿では「釜石東映第一劇場」。1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1990年の映画館名簿では「釜石第一劇場」。1977年の住宅地図では「第一劇場」。1991年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「回転ずしずいほう」。最寄駅はJR釜石線・三陸鉄道リアス線釜石駅。

1959年10月2日午後11時頃、釜石市只越町の「釜石中央映画劇場」舞台裏から出火し、約830平方メートルが全焼した。ナイトショーの上映中だった。死傷者はいない。原因は漏電とみられる。経営者は山上宗平。*78

1959年10月2日、釜石市只越町の「釜石中央」が全焼した。原因は不明。*79

1960年4月27日、釜石市只越町56に「釜石第一映画劇場」が開館した。1959年10月に焼失した「中央劇場」跡地。鉄筋コンクリート造、2階建て。客席545。総工費3000万円。経営は東海興業。*80

昭和30年代の釜石市只越町にあった「中劇」が「第一劇場」として新装オープンした時の写真あり。手前にはバーのローマ、その向かいには釜石ラーメン発祥地の新華園がある。通りの奥の巨大な建物は釜石製鉄所中番庫倉庫である。*81

宮古市

有楽座
所在地 : 岩手県下閉伊郡鍬ケ崎町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「有楽座」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
田老中央会館/中央会館
所在地 : 岩手県下閉伊郡田老町田老鉱業所内(1953年・1955年)、岩手県下閉伊郡田老町未前8-13(1958年)
開館年 : 1947年10月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「田老中央会館」。1958年の映画館名簿では「中央会館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
リラホール
所在地 : 岩手県宮古市末広町21(1959年)、岩手県宮古市末広町(1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「リラ・ホール」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年から1956年にかけて、宮古市には「宮古国際劇場」、「宮古東映劇場」、「リラホール」の3館が相次いで開館し、既存の「第一常盤座」、「宮古館」、「第二常盤座」を合わせて6館となった。リラホールは末広町の服部時計店の角から大通に抜ける路地にあった。経営者は新町で写真館を経営する城内良亮である。1956年5月には『復讐の二連銃』と『山河遥かなり』の二本立てを上映した。目立たない場所にある小規模な映画館であり、わずか10年ほどで閉館した。*82

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*83
川井公会館
所在地 : 岩手県下閉伊郡川井村(1960年)、岩手県下閉伊郡川井村川井(1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「川井公会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
田老映画劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡田老町(1960年)、岩手県下閉伊郡田老町川向(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1965年
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「田老映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

田老町には「田老映画劇場」があった。2002年現在の宮古信用金庫田老支店の裏辺りである。昭和初期から田老町役場近くにあった「田老館」を買収し、移転新築して1957年に開館した。収容人員約150人の小規模な映画館であり、酒屋を営む箱石哲平が経営していた。『明治天皇と日露大戦争』、石原裕次郎主演の映画などがヒットした。開館から8年後の1965年に閉館した。*84
宮古太洋映画劇場/宮古太洋劇場
所在地 : 岩手県宮古市鍬ヶ崎(1963年)、岩手県宮古市鍬ヶ崎町(1966年)、岩手県宮古市鍬ヶ崎町上町(1969年・1970年)
開館年 : 1960年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「宮古太洋映画劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「宮古太洋劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年頃の宮古市鍬ヶ崎にあった「太洋映画劇場」の開館記念写真あり。花輪が見える。*85

1959年には宮古市に株式会社宮古太洋映画劇場が設立され、1960年に鍬ヶ崎上町「宮古太洋映画劇場」が開館した。宮古市における最後発の映画館であり、鍬ヶ崎においては戦前の「有楽座」以来の映画館だった。経営者は漁業と旅館業の船木真平であり、1951年に漁業から撤退すると、1954年に旅館業に乗り出している。1962年に「宮古東映」の経営が行き詰まると、株式会社宮古太洋映画劇場は宮古東映の施設を借り受けて営業を続けた。*86

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*87
宮古東映/宮古東映映画劇場/宮古東映劇場
所在地 : 岩手県宮古市保久田3(1958年・1960年)、岩手県宮古市駅前(1966年)、岩手県宮古市和見1-1(1969年・1970年)
開館年 : 1956年2月10日
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「宮古東映」。1966年の映画館名簿では「宮古東映劇場」。1969年の映画館名簿では「宮古東映映画劇場」。1970年の映画館名簿では「宮古東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では「宮ビルフードセンター 長崎屋サニバード」。別名として第一映画劇場。跡地は「ローソン宮古和見町店」。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

1956年2月10日、宮古市保久田3番地に新築中だった「宮古東映」が開館した。熊谷善四郎社長の株式会社宮古第一映画劇場が経営。鉄筋コンクリート造ブロック2階建て。客席定員510人。*88

1955年から1956年にかけて、宮古市には「宮古国際劇場」、「宮古東映劇場」、「リラホール」の3館が相次いで開館し、既存の「第一常盤座」、「宮古館」、「第二常盤座」を合わせて6館となった。

1955年12月に開館した「宮古国際劇場」から3か月後、1956年1月には「宮古東映」が開館した。オープニング作品は『雄呂血の秘宝』と『多羅尾伴内 戦慄の七仮面』であり、東映から安宅淳子、宮田悦子、高木二郎が舞台挨拶を行った。商店主らが出資した株式会社組織であり、宮古市議会議長を務めた熊谷善四郎が社長に就任した。宮古東映が建った場所は熊谷家の所有地だった。善四郎の兄の熊谷平助は岩手経済界の著名人であり、宮古銀行頭取、熊谷証券社長、岩手銀行常務取締役などを務めた。やはり善四郎の兄の熊谷巌は政友会所属の衆議院議員である。もともと「第一常盤座」が東映作品を上映していたが、宮古東映の開館によって東映作品の上映館が移った。*89

時期不明の宮古市にあった宮古東映劇場の写真あり。「封切館 宮古東映」の文字が見える。1956年1月に開館した。現在の跡地にはフードセンターがある。*90

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*91
常盤座/宮古松竹映画劇場/第一常盤座/宮古第一常盤座
所在地 : 岩手県下閉伊郡宮古町(1925年・1930年)、岩手県下閉伊郡宮古町旧館(1936年)、岩手県宮古市宮古(1943年)、岩手県宮古市旧館(1947年)、岩手県宮古市光岸地1(1950年)、岩手県宮古市光岸地(1953年・1955年)、岩手県宮古市第十四地割字沢田47(1958年)、岩手県宮古市沢田(1960年)、岩手県宮古市沢田47(1966年)、岩手県宮古市築地2-8-11(1969年)
開館年 : 1892年3月22日、1917年(映画館化)
閉館年 : 1971年秋
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1930年の映画館名簿では「常盤館」。1936年の映画館名簿では「常盤座」。1943年の映画館名簿では「第一常盤座」。1947年の映画館名簿では「第一常盤館」。1950年の映画館名簿では「宮古松竹映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「第一常盤座」。1966年・1969年の映画館名簿では「宮古第一常盤座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「駐車場」。跡地は「宮古漁業協同組合」東南東150mの駐車場。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

宮古町の「常盤座」が芝居小屋から活動常設館に転向したのは1917年頃とされる。なお、岩手県初の活動常設館は、1915年11月23日に開館した盛岡市の「紀念館」とされる。1918年の『都桑案内』には宮古町の劇場として常盤座のみが掲載されており、日活直営の活動常設館として紹介されている。1971年秋には第一常盤座が閉館した。*92

時期不明の宮古市にあった「第一常盤座」の写真あり。*93

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*94
宮古館
所在地 : 岩手県下閉伊郡宮古町(1925年・1930年・1936年)、岩手県宮古市向町(1943年)、岩手県宮古市中町(1947年)、岩手県宮古市向町(1950年・1953年)、岩手県宮古市向町1(1955年・1958年)、岩手県宮古市仲瀬1-1(1960年)、岩手県宮古市新川町2-13(1966年)、岩手県宮古市新川町3-17(1969年・1973年)
開館年 : 1921年8月
閉館年 : 1973年夏
『全国映画館総覧 1955』によると1921年8月開館。1925年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「宮古館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「ダイワ会館」。跡地はゲームセンター「アミューズメントスペースバギバギ」が入る「MSビル」。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

1961年頃の宮古市にあった「宮古館」の前で取られた記念写真あり。大映作品『幼馴染みというだけさ』の宮古ロケで訪れた田宮二郎や高松英郎が写っている。*95

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*96
第二常盤座/宮古第二常盤座
所在地 : 岩手県下閉伊郡宮古町八幡沖(1936年)、岩手県宮古市八幡沖(1943年)、岩手県宮古市八幡町(1947年)、岩手県宮古市八幡沖町(1950年)、岩手県宮古市八幡沖(1953年)、岩手県宮古市八幡沖6(1955年・1958年)、岩手県宮古市八幡沖(1960年)、岩手県宮古市八幡沖五地割6(1966年)、岩手県宮古市大通4-2-1(1969年・1973年・1975年)、岩手県宮古市大通4-11-1(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1933年8月18日
閉館年 : 1982年6月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1933年8月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「第二常盤座」。1947年・1950年の映画館名簿では「第二常盤館」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「第二常盤座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「宮古第二常盤座」。1977年の住宅地図では「第二トキワ座」。1982年の映画館名簿では経営者が中居善助、支配人が中居広志、木造1階、300席、邦画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「トキワザ駐車場」。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

1982年の宮古市にあった「第二常盤座」の写真あり。同年公開の映画『ロングラン』と『刑事物語』の看板が見える。大通りの末広町駐車場の隣にあった。1982年に第二常盤座が閉館し、宮古市の映画館は「国際劇場」のみとなったが、国際劇場も1991年に閉館している。1997年には生協方式の「みやこシネマリーン」が開館したが、シネマリーンも2016年に閉館した。*97

1982年の宮古市大通りにあった「第二常盤座」の写真あり。1933年に開館した際は周辺が田んぼだった。1934年に山田線宮古駅が開業したことで周辺の開発が進み、宮古市の繁華街となった。第二常盤座は1982年に閉館し、2018年現在の跡地はトキワザ駐車場となっている。*98

時期不明の宮古市にあった「第二常盤座」の写真あり。『ロングラン』と『刑事物語』の看板が見える。第二常盤座は日活専門館だったが、「宮古東映」が閉館した後は東映作品も上映した。*99

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*100
宮古国際映画劇場/宮古東宝国際劇場/宮古国際劇場
所在地 : 岩手県宮古市八幡沖49(1958年)、岩手県宮古市八幡沖(1960年・1966年)、岩手県宮古市大通2-5-10(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1956年2月5日
閉館年 : 1991年6月21日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「宮古国際映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「宮古東宝国際劇場」。1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「宮古国際劇場」。1977年の住宅地図では「宮古国際映画劇場」。1985年の映画館名簿では「宮古国際映画劇場」。1990年の映画館名簿では「宮古国際劇場」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ザ・パーク岩手宮古大通二丁目」。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

1956年2月5日、宮古市八幡沖49に「宮古国際映画劇場」が開館した。木造平屋建て。定員356人。洋画・邦画の混映。経営者は宮古第一常盤座を経営する中居善助。支配人は駒井雅三。*101

1955年から1956年にかけて、宮古市には「宮古国際劇場」、「宮古東映劇場」、「リラホール」の3館が相次いで開館し、既存の「第一常盤座」、「宮古館」、「第二常盤座」を合わせて6館となった。宮古市における戦後初の映画館は、1955年12月に洋画専門館として開館した宮古国際劇場であり、大通りから南に入った場所に建てられた。オープニング作品は西部劇『暴力の谷』などである。主導したのは常盤座グループを経営する中居善助であり、設立当初は市内の名士に呼びかけた株式会社として、やがて中居善助による有限会社となった。*102

時期不明の宮古市にあった宮古国際劇場の写真あり。花輪が見える。「秋田郷土料理 きりたんぽ鍋」の看板が見える。1955年12月に開館した。*103

1970年代にはテレビの普及や娯楽の多様化によって映画業界が斜陽化した。1991年6月、宮古市に最後まで残っていた「宮古国際映画劇場」が閉館した。*104

1991年6月21日、宮古市の「宮古国際映画劇場」が36年の歴史に幕を閉じた。最終上映作品はデミ・ムーア主演の『ゴースト ニューヨークの幻』と松坂慶子主演の『グッバイママ』。大正時代に開館した宮古初の活動常設館「常盤座」の流れを汲んでいる。1955年12月に宮古国際映画劇場が開館し、主として洋画を上映していた。戦後の宮古市には「リラホール」、「太洋映画劇場」、「第一常盤座」、「宮古東映劇場」、「宮古館」、「第二常盤座」もあったがすべて閉館しており、宮古国際映画劇場の閉館によって宮古市から映画館がなくなった。*105

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*106
宮古シネマリーン1・2/みやこシネマリーン1・2
所在地 : 岩手県宮古市小山田2-2-1(1998年・2000年)、岩手県宮古市小山田2-2-1 マリンコープDORA 2階(2005年・2010年・2015年・2016年)
開館年 : 1997年4月26日
閉館年 : 2016年9月末
Wikipedia : みやこシネマリーン
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1998年・2000年・2005年の映画館名簿では「宮古シネマリーン1・2」(2館)。1998年の映画館名簿では経営会社がみやこ映画生活協同組合、経営者が佐藤勝一、支配人が岩間和彦、鉄筋造2階、1が85席、2が62席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年・2015年
・2016年の映画館名簿では「みやこシネマリーン1・2」(2館)。2016年の映画館名簿では経営会社がみやこ映画生活協同組合、経営者が小野寺正光、支配人が櫛桁一則、1が85席、2が62席。2020年の映画館名簿には掲載されていない。建物のマリンコープDORAは現存。最寄駅はJR山田線・三陸鉄道リアス線宮古駅。

1997年4月26日、宮古市小山田のいわて生協ショッピングセンター「マリンコープDORA」内に映画館が開館する。全国初の生協方式による映画館であり、85席と62席のスクリーンを有する。1991年には宮古市最後の映画館が閉館し、映画ファンが常設映画館の開館を目指していた。1口1000円で2口以上を条件に、2000人を目標として組合員を募っている。*107

1997年4月26日、宮古市に生協映画館「シネマリーン」が開館した。全国で初めて市民から出資金を募って運営する方式の映画館。昭和30年代の宮古市には7館の映画館があったが、6年前には最後の1館が閉館し、その後は映画同好会による自主上映会のみとなっていた。*108

1997年4月に宮古市に開館した「みやこ映画生活協同組合」(シネマリーン1・2)が好調である。約3000人が出資した全国初の生協方式による映画館である。組合員は目標の5000人を突破し、1998年1月10日時点で8445人となっている。これまでに1か月平均3500人が入場している。漁業が盛んだったころの宮古市には7館の映画館があったが、1991年6月には最後の1館が閉館した。映画館で映画を見るには盛岡市まで出る必要があった。組合員は久慈市や釜石市などの沿岸部に多く、漁協・会社・自治体などで団体加入していることも多い。*109

1970年代にはテレビの普及や娯楽の多様化によって映画業界が斜陽化した。1991年6月、宮古市に最後まで残っていた「宮古国際映画劇場」が閉館した。1993年には市民有志によってみやこシネマクラブが設立され、宮古市民文化会館で自主上映会を開催した。常設館を求める機運が高まり、みやこ映画生活協同組合が発足。岩間和彦が宮古市役所を退職して支配人となり、1997年4月には生協が運営する「シネマリーン」が開館した。『もののけ姫』や『タイタニック』などがヒットし、2006年度には約1万7000人もの組合員を抱えていたが、2011年の東日本大震災後には観客数が震災前の7割に落ち込んだ。2005年には櫛桁一則が支配人を務めており、仮設住宅での無料上映会も開催している。*110

2016年6月12日、宮古市のみやこ映画生活協同組合で映画館「シネマリーン」の閉館が提案される。1997年にマリンコープDORAの2階に開館し、2スクリーン計147席で幅広いジャンルの作品を上映していた。ピークの2001年度には5万人以上の観客を集めたが、2005年度には3万人を下回り、2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災でさらに減少した。東日本大震災以後は毎年度約1000万円の赤字を出し、累積赤字は約4000万円にまで膨らんでいる。*111

2016年9月末をもって、宮古市にある岩手県沿岸部唯一の常設映画館「シネマリーン」が閉館する。みやこ映画生活協同組合における採決の結果、賛成60、反対18で閉館が承認された。1997年に市民が出資する生協方式の映画館として開館した。ピークの2001年度には5万人以上の観客を集めたが、近年は1万7000人から1万8000人台で推移し、累積赤字は約4100万円にも上っていた。*112

2016年9月末をもって、宮古市の映画館「みやこシネマリーン」が閉館する。市民出資で設立された全国唯一の映画生協「みやこ映画生活協同組合」が運営。1997年に開館し、2001年度には観客数が5万人を超えた。2011年3月11日の東日本大震災では宮古市中心部も壊滅的な被害を受けたが、震災後2週間で営業を再開した。しかし震災後は観客数が2万人を割り、毎年約900万円の事業損失を出していた。2013年には全国から約1600万円の寄付を集めてデジタル映写機を購入したが、観客数の回復のめどが立たなかった。みやこ映画生活協同組合自体は存続し、2台のデジタル映写機を用いて宮古市と釜石市で移動上映会を開催する。*113

2016年9月をもって、宮古市にあった岩手県沿岸部唯一の映画館「みやこシネマリーン」が閉館した。同年11月のこのほど、宮古市立図書館で企画展「あの頃、映画は娯楽の王様だった」が開催されている。大正初期に芝居小屋「常盤座」で上映されたのが宮古における映画の始まりである。昭和30年代の旧宮古市には7館の映画館があり、また旧田老町や旧新里村(成田座)にも映画館があった。*114

雑誌『月刊みやこわが町』2009年10月号、372号には「特集 わがまち映画館物語」が掲載されており、「常磐座」、「宮古館」、「第二常磐座」、「宮古国際劇場」、「宮古東映」、「大洋映画劇場」、「リラホール」、「シネマリーン」などの映画館が言及されている。現物は未確認。*115

「シネマリーン1・2」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*116

大船渡市

盛館
所在地 : 岩手県下閉伊郡盛町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「盛館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1940年頃の盛町にあった劇場「盛座」の館内の写真あり。踊りの催しを行っている。*117
細浦映画劇場
所在地 : 岩手県大船渡市末崎(1953年)、岩手県大船渡市末崎町細浦(1955年)、岩手県大船渡市末崎町内田(1958年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「細浦映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年時点の大船渡市には「大盛館」、「大船渡映画劇場」、「細浦映画劇場」の3館があった。1960年時点の大船渡市には、盛町に大盛館と1960年開館の「盛東映劇場」があり、大船渡町に大船渡映画劇場、1956年開館の「大船渡東映劇場」、名画座があり、末崎町に細浦映画劇場があり、計6館となっていた。テレビの出現などによって映画観客数が減少し、1973年時点では大船渡東映と大船渡映画劇場の2館となっていた。*118

昭和初期には大船渡町に日活・松竹系映画館「大船渡映画劇場」が開館した。別名はタイガーである。戦前には盛町に「大盛座」もあった。戦後には盛町に「盛東映」が開館し、大船渡町には「大船渡東映」と「名画座」が開館し、末崎町には「細浦劇場」が開館した。1973年には大船渡東映と大船渡映画劇場が閉館し、1979年には大船渡東映も閉館した(※大船渡東映が二度出てくるが原文ママ)。*119
綾里劇場
所在地 : 岩手県気仙郡三陸村綾里(1959年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「綾里劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
名画座
所在地 : 岩手県大船渡市大船渡町(1959年・1960年)、岩手県大船渡市大船渡町野々田(1963年)、岩手県大船渡市大船渡町10-7(1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「名画座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年時点の大船渡市には、盛町に「大盛館」と1960年開館の「盛東映劇場」があり、大船渡町に「大船渡映画劇場」、1956年開館の「大船渡東映劇場」、「名画座」があり、末崎町に細浦映画劇場があり、計6館となっていた。テレビの出現などによって映画観客数が減少し、1973年時点では大船渡東映と大船渡映画劇場の2館となっていた。*120

昭和初期には大船渡町に日活・松竹系映画館「大船渡映画劇場」が開館した。別名はタイガーである。戦前には盛町に「大盛座」もあった。戦後には盛町に「盛東映」が開館し、大船渡町には「大船渡東映」と「名画座」が開館し、末崎町には「細浦劇場」が開館した。1973年には大船渡東映と大船渡映画劇場が閉館し、1979年には大船渡東映も閉館した(※大船渡東映が二度出てくるが原文ママ)。*121
大盛館/盛東映
所在地 : 岩手県大船渡市盛町(1953年・1955年・1958年・1960年)、岩手県大船渡市盛町木町71(1963年)、岩手県大船渡市盛町(1965年)
開館年 : 1909年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1909年開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大盛座」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「大盛館」。1963年の映画館名簿では「盛東映」。1965年の映画館名簿では「大盛館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の映画館としては、盛町に大正時代開館の「大盛館」、大船渡町に昭和初期頃開館の「大船渡映画劇場」があった。1952年時点の大船渡市には大盛館、大船渡映画劇場、「細浦映画劇場」の3館があった。1960年時点の大船渡市には、盛町に大盛館と1960年開館の「盛東映劇場」があり、大船渡町に大船渡映画劇場、1956年開館の「大船渡東映劇場」、名画座があり、末崎町に細浦映画劇場があり、計6館となっていた。テレビの出現などによって映画観客数が減少し、1973年時点では大船渡東映と大船渡映画劇場の2館となっていた。*122

大船渡市盛には映画館「大盛館」があり、主として松竹の作品を上映した。1909年に劇場の建設運動が起こり、鈴木正治郎らによる株式会社組織で設立された。間口は7間、奥行は14間半という立派な劇場だった。跡地は2002年現在のサンリアの前付近である。*123

1950年頃の大船渡市盛町にあった映画館「大盛館」の写真あり。大正時代から存在した。*124
大船渡座/大船渡映劇/大船渡映画劇場
所在地 : 岩手県気仙郡大船渡町(1941年・1943年・1947年・1950年)、岩手県大船渡市大船渡町須崎(1953年・1955年)、岩手県大船渡市大船渡町(1958年・1960年)、岩手県大船渡市大船渡町野々田(1963年)、岩手県大船渡市大船渡町10-8(1966年・1969年・1973年)、岩手県大船渡市大船渡町野々田(1974年)
開館年 : 昭和初期、1948年8月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「大船渡座」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大船渡映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「大船渡映劇」。1973年・1974年の映画館名簿では「大船渡映画劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の映画館としては、盛町に大正時代開館の「大盛館」、大船渡町に昭和初期頃開館の「大船渡映画劇場」があった。1952年時点の大船渡市には大盛館、大船渡映画劇場、「細浦映画劇場」の3館があった。1960年時点の大船渡市には、盛町に大盛館と1960年開館の「盛東映劇場」があり、大船渡町に大船渡映画劇場、1956年開館の「大船渡東映劇場」、名画座があり、末崎町に細浦映画劇場があり、計6館となっていた。テレビの出現などによって映画観客数が減少し、1973年時点では大船渡東映と大船渡映画劇場の2館となっていた。1979年に大船渡東映が閉館したことで、大船渡市から映画館がなくなった。*125

昭和初期には大船渡町に日活・松竹系映画館「大船渡映画劇場」が開館した。別名はタイガーである。戦前には盛町に「大盛座」もあった。戦後には盛町に「盛東映」が開館し、大船渡町には「大船渡東映」と「名画座」が開館し、末崎町には「細浦劇場」が開館した。1973年には大船渡東映と大船渡映画劇場が閉館し、1979年には大船渡東映も閉館した(※大船渡東映が二度出てくるが原文ママ)。*126
大船渡東映劇場/大船渡東映
所在地 : 岩手県大船渡市茶屋前99(1958年・1960年・1963年・1966年)、岩手県大船渡市茶屋前99-1(1969年・1973年・1975年・1978年・1979年)
開館年 : 1956年10月
閉館年 : 1979年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「大船渡東映劇場」。1977年の住宅地図では「大船渡東映劇場」。1978年・1979年の映画館名簿では「大船渡東映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「かもめテラス三陸菓匠さいとう総本店」東80m付近。最寄駅はJR大船渡線BRT大船渡駅。

大船渡市茶屋前99の株式会社中央映画劇場。1956年10月設立。資本金500万円。米谷淳社長。*127

1960年時点の大船渡市には、盛町に「大盛館」と1960年開館の「盛東映劇場」があり、大船渡町に大船渡映画劇場、1956年開館の「大船渡東映劇場」、名画座があり、末崎町に細浦映画劇場があり、計6館となっていた。テレビの出現などによって映画観客数が減少し、1973年時点では大船渡東映と大船渡映画劇場の2館となっていた。1979年に大船渡東映が閉館したことで、大船渡市から映画館がなくなった。*128

昭和初期には大船渡町に日活・松竹系映画館「大船渡映画劇場」が開館した。別名はタイガーである。戦前には盛町に「大盛座」もあった。戦後には盛町に「盛東映」が開館し、大船渡町には「大船渡東映」と「名画座」が開館し、末崎町には「細浦劇場」が開館した。1973年には大船渡東映と大船渡映画劇場が閉館し、1979年には大船渡東映も閉館した(※大船渡東映が二度出てくるが原文ママ)。*129

陸前高田市

高田セントラル劇場
所在地 : 岩手県陸前高田市高田町館の沖2-6(1966年)、岩手県陸前高田市高田町館ノ沖2-6(1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「高田セントラル劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

陸前高田市には新沼定雄が経営する「高田公友館」と「東映劇場」のほかに、日活系の「セントラル映画館」もあったが、セントラル映画館はすぐに閉館した。*130
高田中央劇場/高田東映劇場
所在地 : 岩手県陸前高田市高田町(1958年・1960年・1963年・1966年)、岩手県陸前高田市高田町荒町(1969年・1970年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「高田中央劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「高田東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

陸前高田市の映画館「高田公友館」の経営者である新沼定雄は、陸前高田市内で「東映劇場」も経営していた。*131
高田公友館
所在地 : 岩手県気仙郡高田町(1953年)、岩手県気仙郡高田町荒町58(1955年)、岩手県気仙郡高田町58(1958年)、岩手県陸前高田市高田町(1960年・1963年・1966年)、岩手県陸前高田市高田町館ノ沖15(1969年)、岩手県陸前高田市高田町館ノ沖15(1973年)、岩手県陸前高田市高田町館の沖15(1975年)、岩手県陸前高田市高田町館の沖(1978年)、岩手県陸前高田市高田町館の沖15(1980年・1985年)、岩手県陸前高田市館の沖21-1(1990年・1995年・2000年・2004年)
開館年 : 1912年2月、1947年頃、1962年頃(建て替え)
閉館年 : 2004年10月22日
『全国映画館総覧 1955』によると1912年2月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2004年の映画館名簿では「高田公友館」。1977年の住宅地図では「公友館」。2004年の映画館名簿では経営者・支配人ともに新沼暁、木造1階、221席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「アバッセたかた」敷地南東部。最寄駅はJR大船渡線BRT陸前高田駅。

1961年7月31日午前0時30分頃、陸前高田市高田町館の沖の「公友館」スクリーン付近から出火し、木造平屋建ての劇場が全焼した。原因は調査中。館主は熊谷善吉。*132

戦前から営業を続けている岩手県沿岸部唯一の映画館は「高田公友館」である。経営者は新沼定雄であり、死後は息子の新沼暁が経営を継いだ。昭和初期に地元の有志によって開館し、1961年に建物が焼失したが再建された。新沼定雄が公友館の土地と建物を買収して経営者となった。新沼定雄は「東映劇場」の経営者でもあった。2002年現在、公友館の観客の半数は宮城県気仙沼市の観客が占めている。*133

昭和40年代の陸前高田市にあった映画館「公友館」の写真あり。半世紀以上に渡って営業していたが、テレビやビデオデッキの普及で客足が遠のき、2004年に閉館した。2009年現在の跡地はみつわ飯店専用駐車場となっている。*134

2004年10月22日をもって、陸前高田市の映画館「高田公友館」が閉館する。220席。気仙地域唯一の映画館だった。観客数の減少や建物の老朽化が理由。終戦頃に演劇場として開館し、1947年頃に映画館となった。1962年には漏電が理由の火災で焼失したが、すぐに再建された。*135

2004年10月22日をもって、陸前高田市の映画館「高田公友館」が閉館する。岩手県沿岸部では唯一の映画館だった。昭和初期、地元有志らによって芝居小屋「公友館」が開館した。1950年頃には新沼定雄が銀映社を設立して公友館を借り受けた。1961年に火災で焼失したが再建され、新沼定雄が買い取った。1984年には息子の新沼暁(49)が映画館を手伝うようになり、新沼定雄が死去した1994年には新沼満(42)も映写技師として手伝うようになった。以後は兄弟で経営していた。観客の半分は宮城県気仙沼市から訪れていた。10月16日から22日までは『タイタニック』を上映する。*136

気仙郡住田町

世田米産業会館
所在地 : 岩手県気仙郡住田町世田米(1966年・1968年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1968年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1968年の映画館名簿では「世田米産業会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

上閉伊郡大槌町

曙館
所在地 : 岩手県上閉伊郡大槌町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「曙館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
蓬莱館
所在地 : 岩手県上閉伊郡大槌町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「蓬莱館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の大槌町の大槌駅前には劇場「蓬莱館」があった。大正時代からあった劇場とされ、1926年版の『映画事業総覧』には日活系と記載されている。1937年2月18日には蓬莱館で大槌町軍友会の創立発会式が開催された。*137
吉里吉里映画劇場
所在地 : 岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「吉里吉里映画劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

大槌町吉里吉里には2館の映画館があり、それぞれ造船所の経営者、製材所の経営者が経営していた。*138
大槌国際映画劇場/大槌国際劇場
所在地 : 岩手県上閉伊郡大槌町(1959年)、岩手県上閉伊郡大槌町19(1960年)、岩手県上閉伊郡大槌町(1963年)、岩手県上閉伊郡大槌町末広町(1966年・1969年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1969年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「大槌国際映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大槌国際劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年には大槌町に「大槌国際劇場」が開館し、大映と東映の上映館が「大槌映画劇場」から移った。*139
大和館/大槌映画劇場
所在地 : 岩手県上閉伊郡大槌町(1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年)、岩手県上閉伊郡大槌町20-25(1958年)、岩手県上閉伊郡大槌町(1960年・1963年)、岩手県上閉伊郡大槌町大町(1966年)、岩手県上閉伊郡大槌町大槌(1969年・1973年)
開館年 : 1930年以後1936年以前、1949年12月
閉館年 : 1974年
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1936年・1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「大和館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大槌映画劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前から大槌町須賀町には映画館「大和館」があった。初代の建物はJR山田線のすぐ海側にあり、大工の中村悦三らの共同経営だった。1933年の昭和三陸地震の際の三陸大津波で浸水して建物が傷んでいたため、1947年頃には観客の重さで2階の床が落ちたこともあった。1952年頃、国道45号沿いに移転新築し、「大槌映画劇場」に改称した。2002年現在の大槌町役場の入口近くであり、現在は跡地にパチンコ店が建っている。中村悦三の長男である中村邦夫が経営を継いだが、大槌町漁協への就職を機に1974年に閉館した。*140

下閉伊郡山田町

山田町豊間根の映画館
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町豊間根
開館年 : 昭和20年代
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていないと思われる。

山田町には「山田映画劇場」、「山田みひろ映画劇場」、「山田国際映画劇場」があった。山田町豊間根にも映画館があり、昭和20年代末頃に開館したとされる。豊間根の映画館は2002年現在も建物が現存している。*141
高砂座
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町南町(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「高砂座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。

山田町には「山田映画劇場」、「山田みひろ映画劇場」、「山田国際映画劇場」があった。山田映画劇場の前身は芝居小屋の「高砂座」である。山田映画劇場はJR山田駅前にあり、洋品店となっている建物の高い屋根が映画館の面影を伝えている。*142
山田映画劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町(1953年)、岩手県下閉伊郡山田町飯岡(1955年・1959年・1960年・1963年)、岩手県下閉伊郡山田町遊楽(1965年)
開館年 : 1950年7月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年7月開館。1953年・1955年・1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「山田映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

山田町には「山田映画劇場」、「山田みひろ映画劇場」、「山田国際映画劇場」があった。山田映画劇場の前身は芝居小屋の「高砂座」である。山田映画劇場はJR山田駅前にあり、洋品店となっている建物の高い屋根が映画館の面影を伝えている。*143
鎌田劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町田の浜(1966年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1966年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「鎌田劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
山田東映国際劇場/山田国際劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町飯岡12-21(1960年)、岩手県下閉伊郡山田町(1963年)、岩手県下閉伊郡山田町中央町(1966年・1969年)、岩手県下閉伊郡山田町中央(1973年・1975年)、岩手県下閉伊郡山田町(1976年・1977年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1977年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「山田東映国際劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1977年の映画館名簿では「山田国際劇場」。1976年の映画館名簿では経営者が中居善助、支配人が中居広志、木造1階暖房付、340席、東映・日活・東宝を上映。1978年の映画館名簿には掲載されていない。

山田町には「山田映画劇場」、「山田みひろ映画劇場」、「山田国際映画劇場」があった。国際劇場は東映と東宝を上映していた。初代のみひろ劇場の近くにあった。*144
みひろ映画劇場/山田みひろ映画劇場/山田みひろ劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡山田町(1959年・1960年・1963年)、岩手県下閉伊郡山田町中央町(1966年・1969年)、岩手県下閉伊郡山田町境田(1973年・1975年)、岩手県下閉伊郡山田町(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1982年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「みひろ映画劇場」。1969年の映画館名簿では「山田みひろ映画劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「山田みひろ劇場」。1976年の映画館名簿では「山田ひろみ劇場」。1976年の映画館名簿では経営者が沼崎順吉、支配人が記載なし、木造1階暖房付、200席、松竹・成人映画を上映。1978年の映画館名簿では「山田みひろ劇場」。1980年・1982年の映画館名簿では「山田ひろみ劇場」。1982年の映画館名簿では経営者が米沢芳郎、支配人が記載なし、木造1階、200席、邦画・成人映画を上映。1983年の映画館名簿には掲載されていない。

山田町には「山田映画劇場」、「山田みひろ映画劇場」、「山田国際映画劇場」があった。山田みひろ映画劇場は1950年から1951年頃の開館とされる。館主は食料雑貨店を経営していた沼崎正治であり、妻の名前がみよ、長男の嫁の名前がひろだったことでみひろ劇場となった。日活・松竹・洋画を上映し、ナイトショーも開催した。当初は2002年現在のスーパーのびはんプラザ前野国道45号に面した場所にあった。その後、やはり国道沿いの境田町に新築して移転した。沼崎正治の二男の沼崎順吉が映写技師の資格を取得していたが、1965年頃に順吉が死去したことで閉館した。*145

下閉伊郡岩泉町

岩泉劇場/岩泉映画劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡岩泉町大字岩泉65(1963年)、岩手県下閉伊郡岩泉町大字岩泉(1964年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1964年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「岩泉劇場」。1964年の映画館名簿では「岩泉映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
小本中央映画劇場
所在地 : 岩手県下閉伊郡岩泉町小本(1959年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「小本中央映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
栄座/岩泉栄座
所在地 : 岩手県下閉伊郡岩泉町大字岩泉48(1963年)、岩手県下閉伊郡岩泉町(1966年・1969年)、岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉(1970年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年の映画館名簿では「栄座」。1969年・1970年の映画館名簿では「岩泉栄座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「清水川クリーニング」として現存。最寄駅は三陸鉄道リアス線岩泉小本駅。

1966年頃の岩泉町の栄橋通りにあった映画館「サカエ座」前を通る鈴木善幸の写真あり。2009年現在のサカエ座の建物はクリーニング店となっている。*146

下閉伊郡田野畑村

映画館名簿によると下閉伊郡田野畑村に映画館は存在しなかったと思われる。

県北広域振興局

久慈市

錦館
所在地 : 岩手県九戸郡久慈町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1930年以前
1925年の映画館名簿では「錦館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。
山形劇場
所在地 : 岩手県九戸郡山形村川井10(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「山形劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
久慈劇場/久慈映画劇場/久慈東映
所在地 : 岩手県九戸郡久慈町(1953年・1955年)、岩手県久慈市巽町(1960年・1963年)、岩手県久慈市巽町5-35(1965年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「久慈劇場」。1960年の映画館名簿では「久慈映画劇場」。1963年・1965年の映画館名簿では「久慈東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
久慈中央/久慈中央映画劇場/久慈中央劇場
所在地 : 岩手県久慈市駅前1-19(1958年・1960年・1963年)、岩手県久慈市駅前1-19-2(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「久慈中央映画劇場」。1966年の映画館名簿では「久慈中央」。1969年の映画館名簿では「久慈中央映画劇場」。1970年の映画館名簿では「久慈中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では跡地に「中村家具店」。跡地は「久慈第一ホテル」東20mの「あまちゃんハウス」廃墟。最寄駅はJR八戸線久慈駅。
新映館/久慈新映館
所在地 : 岩手県九戸郡久慈町(1953年・1955年)、岩手県久慈市新町(1958年・1960年)、岩手県久慈市新町5-3(1963年)、岩手県久慈市新町(1966年)、岩手県久慈市新町5-10(1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年9月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新映館」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「久慈新映館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
久慈ファミリー劇場/久慈シネマ劇場/久慈シネマ
所在地 : 岩手県久慈市表町1-67-5(1981年)、岩手県久慈市川崎町1-67-5(1982年)、岩手県久慈市表町1-67-5(1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1980年頃
閉館年 : 1987年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の映画館名簿では「久慈ファミリー劇場」。1981年の映画館名簿では経営会社がベアー商事、経営者が熊谷平治、支配人が秋本豊、鉄筋造3階、99席、洋画特選を上映。1982年の映画館名簿では「久慈シネマ劇場」。1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「久慈シネマ」。1986年の映画館名簿では経営会社が有限会社三興、経営者が鹿糖光男、支配人が記載なし、鉄筋造3階、99席、邦画・洋画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は久慈サウナなどが入って現存。最寄駅はJR八戸線久慈駅。

二戸市

下斗米公会堂
所在地 : 岩手県二戸郡斗米村(1954年・1955年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「下斗米公会堂」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
金竜館
所在地 : 岩手県二戸郡金田一村(1953年・1955年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1915年開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「金竜館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
浄法寺公会堂
所在地 : 岩手県二戸郡浄法寺町(1954年・1955年)、岩手県二戸郡浄法寺町(1960年・1962年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「浄法寺公会堂」。1956年・1958年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「浄法寺公会堂」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の浄法寺町にあった「公会堂」の写真あり。会議や講演会に加えて、映画の上映や芝居の興行も行われた。1967年まで使用された。*147
浄法寺中央劇場/中央劇場/浄法寺映画劇場
所在地 : 岩手県二戸郡浄法寺町(1958年・1960年)、岩手県二戸郡浄法寺町千代小路(1963年)、岩手県二戸郡浄法寺町(1964年)、岩手県二戸郡浄法寺町10-5(1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「浄法寺中央劇場」。1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1964年の映画館名簿では「浄法寺中央劇場」。1965年の映画館名簿では「浄法寺映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
金田一映画劇場
所在地 : 岩手県二戸郡金田一村(1965年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1964年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「金田一映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
福岡映画劇場
所在地 : 岩手県二戸郡福岡町(1953年・1955年・1958年)、岩手県二戸郡福岡町橋場6(1960年・1966年・1969年)、岩手県二戸市福岡町橋場6(1973年・1975年・1976年)、岩手県二戸市福岡町橋場(1978年)
開館年 : 1930年4月
閉館年 : 1978年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1930年4月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1978年の映画館名簿では「福岡映画劇場」。1976年の映画館名簿では経営者が田代勇、支配人が記載なし、木造1階暖房付、350席、東映・東宝・洋画を上映。1979年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では発見できず。
福岡福栄館/福栄館
所在地 : 岩手県二戸郡福岡町(1953年・1955年)、岩手県二戸郡福岡町字田中(1958年)、岩手県二戸郡福岡町田町(1960年)、岩手県二戸郡福岡町田町36(1966年・1969年)、岩手県二戸市福岡町田町(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1909年
閉館年 : 1986年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1909年開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「福栄館」。1969年の映画館名簿では「福岡福栄館」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「福栄館」。1981年の住宅地図では「福栄館」。1986年の映画館名簿では経営者が玉川善一郎、支配人が記載なし、木造1階、200席、松竹・洋画を上映。1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「二戸シティホテル」北160mの建物。最寄駅はIGRいわて銀河鉄道線斗米駅。

二戸郡一戸町

小鳥谷映画劇場
所在地 : 岩手県二戸郡小鳥谷村(1954年・1955年)、岩手県二戸郡一戸町小鳥谷(1958年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「小鳥谷映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
萬代館/一戸萬代館
所在地 : 岩手県二戸郡一戸町(1953年・1955年)、岩手県二戸郡一戸町本町49(1958年)、岩手県二戸郡一戸町(1960年・1966年・1969年・1973年・1975年)、岩手県二戸郡一戸町本町(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年・1999年)
開館年 : 1909年(創業)、1913年5月、1956年(建て替え)
閉館年 : 1999年頃、2007年末
『全国映画館総覧 1955』によると1913年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1966年の映画館名簿では「萬代館」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年・1999年の映画館名簿では「一戸萬代館」。1981年の住宅地図では「萬代館」。1998年の映画館名簿では経営者・支配人ともに山火徳次郎、木造1階、250席、邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。登録有形文化財。文化財登録名称は「萬代舘」("館"ではなく"舘")。最寄駅はIGRいわて銀河鉄道線一戸駅。

2007年末には一戸町の映画館「萬代館」が閉館した。盛岡市以北では岩手県唯一の映画館だった。1909年に芝居小屋として開館し、大正時代に映画館化した。1950年代から60年代の映画全盛期には連日満員となった。1982年には一戸機関区が廃止され、一戸丁の人口は減少していった。1994年以降には大物俳優らを招待するカシオペア映画祭を開催した。2001年には2代目館主の山火徳次郎が死去し、妻の光子(88)が経営を引き継いだ。2007年9月までは毎月1回のアニメ上映を行っていたが、高齢のために興行の廃止を決めた。*148

岩手県二戸郡一戸町一戸字本町49の登録有形文化財「萬代舘」(ばんだいかん)。1956年竣工、2008年改修。2016年8月1日登録。木造平屋一部2階建。建築面積374m2。一戸町のメインストリートの突きあたりにある。正面の下部はタイル貼り、上部はモルタル塗り。*149

1958年版のキネマ旬報社『全日本映画館録』に掲載され、かつ2017年現在も現存する東北地方の芝居小屋として、「萬代館」(岩手県二戸郡一戸町)、「朝日座」(福島県南相馬市)、「本宮映画劇場」(福島県本宮市)、「浅川座」(福島県石川郡浅川町)、「海盛座」(福島県いわき市)がある。萬代館は1909年に建設され、1956年に映画館化され、2008年に一戸町に譲渡された。*150

「萬代館」に言及している書籍として、岩手県教育委員会『岩手県の近代和風建築 岩手県近代和風建築総合調査報告書』岩手県教育委員会、2007年がある。現物は未確認。*151

「萬代館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*152

九戸郡軽米町

観音林映画劇場
所在地 : 岩手県九戸郡軽米町晴山26-129(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「観音林映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
高栄館
所在地 : 岩手県九戸郡軽米町(1953年・1955年・1956年・1957年・1960年・1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1956年・1957年・1960年・1966年の映画館名簿では「高栄館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
軽米映画劇場/軽米劇場
所在地 : 岩手県九戸郡軽米町8-24(1958年)、岩手県九戸郡軽米町(1960年・1966年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1966年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「軽米映画劇場」。1966年の映画館名簿では「軽米劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

九戸郡九戸村

松横館
所在地 : 岩手県九戸郡九戸村伊保内(1958年)、岩手県九戸郡九戸村(1960年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1960年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「松横館」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
伊保内劇場
所在地 : 岩手県九戸郡九戸村伊保内(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「伊保内劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

九戸郡野田村

野田中央劇場
所在地 : 岩手県九戸郡野田村(1954年・1955年)、岩手県九戸郡野田村26-10(1958年)、岩手県九戸郡野田村(1960年・1963年)、岩手県九戸郡野田町(1965年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「野田中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

九戸郡洋野町

大野映劇
所在地 : 岩手県九戸郡大野村
開館年 : 不明
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「帯島郵便局」南南西160mに現存。最寄駅はJR八戸線侍浜駅。
善映館
所在地 : 岩手県九戸郡大野村
開館年 : 1954年
閉館年 : 1962年頃
映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「帯島郵便局」南南西160mに現存。最寄駅はJR八戸線侍浜駅。

2023年9月10日、九戸郡洋野町阿子木13-37-4の旧善映館で『人生フルーツ』と『物語を紡ぐ町 ひろの』が上映される。「ひろのの栞」による第1弾上映会である。木造の建物は1954年に建てられた。*153

下閉伊郡普代村

映画館名簿によると下閉伊郡普代村に映画館は存在しなかったと思われる。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます