日本の映画館の総合データベースです。



岡谷市

演芸館/岡谷演芸館
所在地 : 長野県諏訪郡平野村(1930年・1934年)、長野県諏訪郡平野村中央通(1936年)
開館年 : 1927年以後1930年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1927年の映画館名簿には掲載されていない。1930年・1934年の映画館名簿では「演芸館」。1936年の映画館名簿では「岡谷演芸館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
岡谷座
所在地 : 長野県諏訪郡平野村岡谷(1925年)、長野県岡谷市駅前(1941年)
開館年 : 1910年
閉館年 : 1946年
1925年の映画館名簿では「岡谷座」。1927年・1930年・1934年・1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「岡谷座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。映画館ではなく劇場。跡地は介護施設「ツクイ岡谷」付近。最寄駅はJR中央本線岡谷駅。

1928年の『大日本職業別明細図之内』には「岡谷座」と「電気館」が描かれている。*1

1937年の吉田初三郎による鳥観図『岡谷市』には「岡谷座」と「岡谷キネマ」と「電気館」が描かれている。*2

1910年の開館直後の岡谷座の写真あり。諏訪郡平野村(現在の岡谷市御倉町)に寄席として創設された。1913年に改築されて劇場となり、製糸業の従業員の娯楽施設として人気があった。*3

1910年5月30日、平野村の御倉町に林玉六によって寄席の常設小屋「岡谷座」が建設された。1913年に改築し、同年8月6日に劇場への変更が認可されると、阪東鶴之助一座による開場興行が行われた。1918年3月には有力製糸家の後援を受けてさらに改築されている。1935年頃の岡谷座の写真あり。1946年には川崎忠之が建物を購入し、中央通りに移築して「中央劇場」とした。軍司令部の許可が下りなかったことから、約2年間は岡谷市の公民館として使用され、その後川崎の個人経営となった。*4

1910年5月30日、林玉六が御倉町に寄席の「岡谷座」を創立した。1913年に改築して8月6日に劇場への変更認可を受け、坂東鶴之助一座を招いて開場披露興行を行った。有力製糸家の支援を受けて1918年3月にも大改築を行っている。芝居の興行前には役者が人力車に乗って町内を回り、太鼓や三味線で人寄せを行った。主に芝居を興行したが、昭和に入ると映画を上映したこともあった。ただし太平洋戦争終戦後にはしばらく映画館として営業し、1946年に廃業した。岡谷座の建物は中央通りに移築されて岡谷中央劇場となった。*5

平野村岡谷御倉町の「岡谷座」。1910年5月に林玉六によって創立され、5月30日に寄席として許可された。当初の建坪は97坪であり、定員は585人だった。1913年に改築し、8月6日に劇場への変更が認可された。これによって建坪は119坪となり、定員は700人となった。1918年3月にさらに改築し、定員は935人となった。*6

岡谷市中央の「岡谷座」。1910年に建築され、1946年に閉鎖された。1913年時点の収容人員は700人。洋風木造2階建て。廻り舞台と両花道を有していた。*7
岡宝劇場/岡谷宝座/宝座/岡谷映画劇場/岡宝映画劇場
所在地 : 長野県岡谷市中央通り(1941年)、長野県岡谷市中央通(1943年)、長野県岡谷市中央通4889(1947年)、長野県岡谷市小尾口3945(1950年・1953年)、長野県岡谷市中央通3(1955年)、長野県岡谷市中央通3945(1958年)、長野県岡谷市中央通(1960年・1963年)
開館年 : 1936年以後1941年以前、1953年9月
閉館年 : 1964年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「岡宝劇場」。1943年の映画館名簿では「宝座」。1947年の映画館名簿では「岡谷宝座」。1950年の映画館名簿では「宝座」。1953年の映画館名簿では「岡谷映画劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「岡宝映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岡谷美術考古館」北東70mの茶葉販売店「茶小泉」など。最寄駅はJR中央本線岡谷駅。

平野村字関塚の「宝劇場」。製糸業の従業員の慰安施設が求められたことから、主要な製糸家などが出資して1917年5月に起工、同年11月に宝劇場組合が設立され、同年12月に竣工した。定員695人。1928年12月には活動常設館となった。*8

戦時中、岡谷市の映画館は「岡谷キネマ」以外はすべて閉館していた。1946年には川崎忠之によって岡谷中央劇場(岡谷中劇)が建設され、営業許可を受けられずに空き家の状態となっていたため、岡谷市が中央公民館として利用した。1948年12月30日、この建物を利用して岡谷市営のアメリカ映画専門館「セントラル座」が開館した。やがて岡谷市は建物などを川崎忠之に移管して個人経営の映画館となり、しばらくして「岡谷中劇」の名称に戻った。昭和30年代の岡谷市には、岡谷キネマ、岡谷中劇、「岡宝」(旧・宝劇場)、「岡谷東映」(旧・電気館)の4館があり、1962年には「スカラ座」が開館した。1964年には岡宝が閉館し、1967年には岡谷東映が閉館した。1970年にはスカラ座の2号館が開館した。*9

1950年4月、岡谷市営の「セントラル座」は川崎忠之に返還されて個人経営の許可が下りた。川崎は岡宝も経営していたが、岡宝は1953年に火災に遭っており、再建後には洋画を上映した。1955年3月、セントラル座は邦画封切館「中劇」として新発足した。1964年2月、川崎は岡宝を閉館させ、中劇を大型映画を上映可能な映画館とし、洋画も上映するようになった。1982年現在は日活専門館である。*10

岡宝映画劇場は1963年に閉館した。*11
電気館/岡谷電気館/岡谷松竹/岡谷東映/岡谷東映劇場
所在地 : 長野県諏訪郡平野村(1925年・1927年)、長野県諏訪郡平野村岡谷町(1930年)、長野県諏訪郡平野村(1934年・1936年)、長野県岡谷市中央通り(1941年・1943年)、長野県岡谷市小尾口3945(1947年)、長野県岡谷市中央通り(1950年・1953年)、長野県岡谷市上浜5016(1955年)、長野県岡谷市中央通5016(1958年)、長野県岡谷市中央通5(1960年・1963年)、長野県岡谷市中央町3-6-21(1966年)
開館年 : 1919年1月
閉館年 : 1967年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「電気館」。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「岡谷電気館」。1955年の映画館名簿では「岡谷松竹」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「岡谷東映」。1966年の映画館名簿では「岡谷東映劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

平野村上浜の「電気館」。1918年に藤森義衛によって建築され、1919年1月に営業を開始した。建坪は79坪であり、定員は763人。種別は寄席であるが、実際には活動常設館として経営されている。1932年2月に焼失し、直ちに再建に着手されている。*12

戦時中、岡谷市の映画館は「岡谷キネマ」以外はすべて閉館していた。1946年には川崎忠之によって岡谷中央劇場(岡谷中劇)が建設され、営業許可を受けられずに空き家の状態となっていたため、岡谷市が中央公民館として利用した。1948年12月30日、この建物を利用して岡谷市営のアメリカ映画専門館「セントラル座」が開館した。やがて岡谷市は建物などを川崎忠之に移管して個人経営の映画館となり、しばらくして「岡谷中劇」の名称に戻った。昭和30年代の岡谷市には、岡谷キネマ、岡谷中劇、「岡宝」(旧・宝劇場)、「岡谷東映」(旧・電気館)の4館があり、1962年には「スカラ座」が開館した。1964年には岡宝が閉館し、1967年には岡谷東映が閉館した。1970年にはスカラ座の2号館が開館した。*13

1919年1月、平野村の上浜に藤森義衛によって寄席「電気館」が設立されたが、実際には活動常設館として営業していた。1932年2月に焼失したが、すぐに再建されて同年5月28日には営業を再開している。1943年頃には和田良峯が施設を借り受けて「岡谷松竹」に改称したが、戦時統制が強化されたことで休館となり、戦時中は丸千造機工業の倉庫となった。戦後には再び映画館となり、1951年7月まで和田が経営した。その後は「岡谷キネマ」の支配人である小松広保が短期間のみ経営した。1955年12月、諏訪市の「オデオン座」の飯田実治によって上映を再開し、やがて藤森義衛の息子である藤森基弘が経営者となったが、1966年に営業を終了した。記録に残る最後の入場券は1966年8月18日である。*14
岡谷セントラル劇場/岡谷中央劇場
所在地 : 長野県岡谷市中央通り(1950年)、長野県岡谷市中央通り4丁目(1953年)、長野県岡谷市中央通4(1955年・1958年・1960年・1963年)、長野県岡谷市中央町2-4-20(1966年)、長野県岡谷市中央町2-4(1969年)、長野県岡谷市中央町204(1973年)、長野県岡谷市中央町4-20(1976年・1980年)、長野県岡谷市中央2-4-20(1981年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1981年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1950年の映画館名簿では「岡谷セントラルシネマ」。1953年の映画館名簿では「岡谷セントラル」。1955年の映画館名簿では「岡谷セントラル劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1981年の映画館名簿では「岡谷中央劇場」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「岡谷スカラ座」南。最寄駅はJR中央本線岡谷駅。

1946年に「岡谷座」が廃業すると、上浜の川崎忠之が岡谷座の建物を買い取って、中央通りに移築して「岡谷中央劇場」とした。アメリカ映画専門館としての申請を行ったが、認可を得られなかったため、約2年間は岡谷市公民館として使用され、その後映画専門館としての営業を開始した。*15

1950年4月、岡谷市営の「セントラル座」は川崎忠之に返還されて個人経営の許可が下りた。川崎は岡宝も経営していたが、岡宝は1953年に火災に遭っており、再建後には洋画を上映した。1955年3月、セントラル座は邦画封切館「中劇」として新発足した。1964年2月、川崎は岡宝を閉館させ、中劇を大型映画を上映可能な映画館とし、洋画も上映するようになった。1982年現在は日活専門館である。*16
岡谷キネマ
所在地 : 長野県諏訪郡平野村(1927年)、長野県諏訪郡平野村岡谷町(1930年)、長野県諏訪郡平野村(1934年・1936年)、長野県岡谷市(1941年)、長野県岡谷市キネマ通り(1943年)、長野県岡谷市キネマ通4809(1947年)、長野県岡谷市キネマ通り(1950年)、長野県岡谷市新屋敷4809(1953年・1955年)、長野県岡谷市新屋敷区4847(1958年)、長野県岡谷市新屋敷4747(1960年・1963年・1966年)、長野県岡谷市本町4-12-13(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1926年8月
閉館年 : 1988年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿には掲載されていない。1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「岡谷キネマ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「コスモ石油岡谷SS」東。最寄駅はJR中央本線岡谷駅。

1930年1月6日午前1時10分、岡谷市の活動常設館「岡谷キネマ」2階から出火し、38戸16棟が全焼、10戸6棟が半焼した。負傷者3人。損害額約30万円。こたつの火の不始末が原因とみられる。*17

平野村長塚の「岡谷キネマ」。1926年8月、野口螳譴砲茲辰瞳築されて開館した。建坪は140坪であり、定員は880人。1930年1月に焼失した後、同年8月には組合組織が設立され、定員635人の建物が再建された。種別は寄席であるが、実際には活動常設館として経営され、日活や松竹の作品を上映している。*18

1937年の吉田初三郎による鳥観図『岡谷市』には「岡谷座」「岡谷キネマ」「電気館」が描かれている。*19

戦時中、岡谷市の映画館は「岡谷キネマ」以外はすべて閉館していた。1946年には川崎忠之によって岡谷中央劇場(岡谷中劇)が建設され、営業許可を受けられずに空き家の状態となっていたため、岡谷市が中央公民館として利用した。1948年12月30日、この建物を利用して岡谷市営のアメリカ映画専門館「セントラル座」が開館した。やがて岡谷市は建物などを川崎忠之に移管して個人経営の映画館となり、しばらくして「岡谷中劇」の名称に戻った。昭和30年代の岡谷市には、岡谷キネマ、岡谷中劇、「岡宝」(旧・宝劇場)、「岡谷東映」(旧・電気館)の4館があり、1962年には「スカラ座」が開館した。1964年には岡宝が閉館し、1967年には岡谷東映が閉館した。1970年にはスカラ座の2号館が開館した。*20

大正時代に日活と松竹の活動写真の常設館として設立された。1930年には火災で焼失して再建されている。太平洋戦争末期には映画館も統制の対象となったが、岡谷では岡谷キネマのみが営業を許された。1926年の外観の写真あり。*21

終戦直後の岡谷市で営業していた映画館は、松竹・東宝系作品を上映する「岡谷キネマ」のみだった。1965年11月に岡谷市街や諏訪湖などでロケが行われた東宝喜劇『駅前弁天』は、1966年1月に東京と岡谷キネマで同時封切され、連日満員となった。1968年には館内を改装し、収容人数500人を300人に縮小した。1970年には東映とも契約した。1982年現在の経営者は野口えい、支配人は長谷川充男である。*22

1926年8月、平野村の長塚に野口螳譴砲茲辰篤活・松竹系上映館「岡谷キネマ」が設立された。種別は寄席だったが当初から活動常設館として営業している。1930年1月に焼失した跡には、有志が組合を組織して再建を行い、同年12月に営業を再開した。戦時中に戦時統制が強まった際には、警察の指示によって岡谷キネマのみが営業の継続を許可されている。*23

1956年の「岡谷キネマ」の写真あり。1926年に設立され、日活と松竹の作品を上映した。1930年に建物が焼失し、同年に再建されている。第二次世界大戦時には同館のみが上映を許された。かつての岡谷市には岡谷キネマ、「中央劇場」、「岡宝」、「電気館」もあったが、2002年現在は「岡谷スカラ座」のみ。2002年現在の岡谷キネマの跡地は駐車場となっている。*24

スターの三浦恍一が公演。1956年の岡谷キネマの写真あり。『人妻椿』や『妻の心』などのポスターが見える。*25

1930年5月1日には「岡谷キネマ」で火災が発生し、金松山敬念寺も類焼した。*26

建設会社である岡谷組の野口会長が、1926年8月に岡谷キネマを開館させた。岡谷市内に4万人近くいた製糸関連従業者などでにぎわい、映画館の前には商店街ができたほどだった。1927年8月と9月には女工らが労働組合を結成して山一林組労働争議を起こしたが、女工らが岡谷キネマを訪れた隙に経営者が工場を封鎖した、というエピソードもある。1930年には火災で焼失したが、有志らによる組合組織で再建して営業を再開した。木造であり壁面はモルタル、ハイカラな外観だった。戦時中には岡谷キネマのみが営業を許可された。戦後には映画館前の通りがキネマ通りと呼ばれた。テレビの普及にともなって観客数が減少し、1988年に閉館した。建物の老朽化が進んだことから、1996年2月1日から建物が取り壊された。*27

岡谷キネマで支配人を務めていた長谷川充男さん(2008年時点?で75歳)は、甥が経営するパン屋でパン職人となり、ガンの闘病をしながらパン作りを行っている。*28
岡谷スカラ座
所在地 : 長野県岡谷市新屋敷5449(1963年)、長野県岡谷市中央町2(1966年・1969年・1973年)、長野県岡谷市中央町2-4-14(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1962年10月
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 岡谷スカラ座
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「岡谷スカラ座」。1973年の映画館名簿では「岡谷スカラ座第1号館・第2号館」(2館)。1976年の映画館名簿では「岡谷スカラ座第1号館・第2号名作劇場」(2館)。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1号館・2号館」(2館)。1995年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1号館-3号館」(3館)。2000年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1号館-4号館」(4館)。2005年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1号館-6号館」(6館)。2010年・2015年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1号館-7号館」(7館)。2020年の映画館名簿では「岡谷スカラ座1-7」(7館)。最寄駅はJR中央本線岡谷駅。

1962年10月、岡谷市に松下一男が経営する洋画専門館「スカラ座」が開館した。アメリカ系5社・ヨーロッパ系3社の計8社と契約していたが、年間200本物配給作品を消化しきれなかったため、1970年8月には隣接地に2号館を開館させた。*29

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます