日本の映画館の総合データベースです。



伊勢市

伊勢市の映画館
1968年の『伊勢市史』には「現存する映画館」として、「伊勢東映」(曽祢町)、「帝国座」(一之木町)、「ひかり座」(一之木町)、「伊勢シネマ」(一之木町)、「世界館」(一之木町)、「パール劇場」(一之木町)、「いすず東映」(一之木町)の7館が挙げられている。主な閉館した映画館として、「平和松竹」(宮町)、「伊勢劇場」(宮後町)、「有楽座」(大世古町)の3館が挙げられている。*1
松竹館
所在地 : 三重県宇治山田市
開館年 : 1925年頃
閉館年 : 1935年以前
1925年・1927年・1930年・1934年・1936年の映画館名簿には掲載されていない。

伊勢で3番目に開館した常設映画館として「松竹館」があった。1925年頃に開館したとされ、現在の宮町にあったとされるが、正確な場所は不明である。経営者は活動弁士の甲斐清風と小林信治であり、両者は津市の「松竹館」(後の共楽館)や松阪の「神楽館」なども経営していた。松竹キネマの専門館だったと推測され、牛原虚彦監督作品や栗島すみ子主演作品などが上映された。1935年の三重県の常設映画館一覧には掲載されておらず、長くとも10年の営業期間だったとされる。*2
映画教室
所在地 : 三重県宇治山田市駅前(1947年)、三重県宇治山田市宮後町山田駅裏口前(1949年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1949年頃
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1949年の映画館名簿では「映画教室」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
第二世界館
所在地 : 三重県宇治山田市北町349(1930年)、三重県宇治山田市一ノ木町349(1936年)、三重県宇治山田市一ノ木町(1941年・1943年)、三重県宇治山田市一ノ木前(1947年)、三重県宇治山田市一ノ木町(1949年)
開館年 : 1929年
閉館年 : 1954年
1927年の映画館名簿には掲載されていない。1930年の映画館名簿では「第二世界館」。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年・1943年・1947年・1949年の映画館名簿では「第二世界館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。

「世界館」を経営していた中村亥三郎は、1929年に芝居と映画の「第二世界館」を開館させた。1931年4月には初代中村雁治郎一座を招いた歌舞伎の興行を行った。1946年1月には早くも復興したが、1954年にはパチンコ店に鞍替えした。*3
共楽館
所在地 : 三重県伊勢市宮後町(1957年・1958年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「共楽館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は洋服店「アトラクト」や進学塾「アイル」や婦人服店「FLAVOR」などが入る建物。最寄駅はJR・近鉄伊勢市駅。

伊勢市の映画館「共楽館」の正確な開館年は不明だが、「遷宮奉祝映画」と書かれた共楽館のチラシがあり、第59回遷宮があった1953年には営業していたと思われる。当初は新東宝と東映の二番館だったが、後に東宝専門の二番館となった。1958年の第29回伊勢地区統一メーデー協賛映画館チラシにも共楽館が掲載されている。1962年10月の映画案内チラシでは共楽館の名前は確認できない。*4
宮川座
所在地 : 三重県度会郡小俣町2954(1959年・1960年)、三重県度会郡小俣町(1963年)、三重県度会郡小俣町2954(1964年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「宮川座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
トキワ劇場
所在地 : 三重県伊勢市曽弥町471(1963年・1964年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1964年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「トキワ劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「伊勢進富座」建物南側。最寄駅は近鉄山田線宮町駅。

伊勢市の映画館「伊勢東映」に隣接して「トキワ劇場」があった。営業を開始したのは1960年頃とされる。この年には映画製作会社として第二東映株式会社(1961年にニュー東映に改称)が設立されており、東映系列の廃旧作品数が増加することが予想されたため、伊勢東映がトキワ劇場を設立した。1961年12月にはニュー東映との契約が解消され、それ以後は洋画を中心に上映した。*5
白鳥座/伊勢大映白鳥座
所在地 : 三重県宇治山田市吹上町7(1955年)、三重県伊勢市吹上町7(1958年)、三重県伊勢市吹上町(1960年)、三重県伊勢市吹上町7(1963年・1964年)
開館年 : 1954年4月1日
閉館年 : 1965年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1954年3月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「白鳥座」。1964年の映画館名簿では「伊勢大映白鳥座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2018年開業の「コンフォートホテル伊勢」。最寄駅はJR・近鉄伊勢市駅。

1954年4月1日、宇治山田市吹上町に「白鳥座」が開館した。オープニング作品はコロムビア製作でリタ・ヘイワース主演の『情炎の女サロメ』、ユニバーサル製作でジェームズ・スチュワート主演の『雷名の湾』。館主は三重石炭の社長を辞めてまで映画館を建てた井坂栄一である。小津安二郎とは旧制宇治山田中学校の同級生であり、松阪の「神楽座」で一緒に映画を観ていた仲、映画館の建設時には小津も協力している。後に「伊勢大映」となったが、1965年5月に閉館した。*6

JR・近鉄伊勢市駅に近い現在の吹上1丁目には映画館「白鳥座」があった。世木神社に隣接していた。1954年4月に開館。三重県で初めて冷暖房を完備した映画館だった。経営者の井阪栄一(坂ではなく阪)は旧制宇治山田中学校で小津安二郎と同級生だった。開館当初は洋画の封切館であり、西部劇やアクション映画を上映、時には日活作品を上映した。遅くとも1956年には松竹の封切館となり、小津の作品も上映した。その後は大映の封切館となって「伊勢大映白鳥座」に改称し、勝新太郎主演作品などを上映した。1965年に閉館した。*7
平和座/平和松竹
所在地 : 三重県宇治山田市宮町133(1953年・1955年)、三重県伊勢市宮町133(1958年)、三重県伊勢市宮町(1960年)、三重県伊勢市宮町133(1963年・1964年)
開館年 : 1946年、1950年9月
閉館年 : 1966年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「平和座」。1963年・1964年の映画館名簿では「平和松竹」。1964年の住宅地図では「平和座映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「専用駐車場」。跡地は「伊勢高柳商店街振興組合駐車場」。最寄駅は近鉄山田線宮町駅。

昭和20年代の「平和座」の写真あり。伊勢市宮町。1949年のアメリカ映画『暴力行為』の看板が見える。戦災で焼失した奥文本館の跡地に洋画専門館として開館したのが平和座である。*8

1946年、宇治山田市宮町に演芸や演劇の専門館として「平和座」が開館した。1951年に洋画専門の映画館となり、アメリカ映画のブームに乗った。1954年夏の『ローマの休日』は劇場を二回りするほどの観客が詰めかけた。しかし伊勢市に3館も洋画系映画館があったため、1958年10月末には自主経営をやめて「平和松竹」(平和劇場)に改称した。館主の小久保久吉は1947年に宇治山田市議会議員となり、1951年に三重県議会議員となり、1960年に三重県議会議長となっている。1965年4月に小久保久吉が亡くなると、その1年後に閉館した。*9

1946年には芝居小屋として「平和座」が開館したが、後に常設映画館となった。基本的には洋画上映館であり、エリア・カザン監督やアルフレッド・ヒッチコック監督の作品が上映されたが、新東宝の作品を上映することもあった。後に自主経営から貸館となり、1960年には松竹の封切館となって「平和松竹」に改称した。「平和劇場」と呼ばれた時代もあった。1966年に閉館した。跡地は宮町1丁目にある高柳商店街の駐車場である。*10

昭和20年代の「松竹館」の写真あり。伊勢市宮町。1950年に松竹が製作した美空ひばり主演作品『とんぼ帰り道中』の看板が見える。(※松竹館が映画館名簿におけるどの映画館か定かでない)*11
いすず劇場/いすず東映劇場/伊勢いすず東映劇場/伊勢いすず東映
所在地 : 三重県伊勢市一之木町378(1958年)、三重県伊勢市一之木町(1960年・1963年)、三重県伊勢市一之木町378(1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「いすず東映」。1960年の映画館名簿では「いすず劇場」。1963年の映画館名簿では「いすず東映劇場」。1966年の映画館名簿では「伊勢いすず東映劇場」。1969年の映画館名簿では「伊勢いすず東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一之木ふれあいセンター」南東140mの民家2軒。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

伊勢市新天地には松井克巳による映画館「伊勢シネマ」と「パール劇場」があったが、「いすず劇場」(後のいすず東映、伊勢日活)も開館して3館となった。いすず劇場の館主は寺田光郎であり、伊勢東映の館主だった水野きみの弟である。やがて松井の経営に代わり、1969年に閉館した。*12
山田帝国座/帝国座/伊勢帝国座
所在地 : 三重県宇治山田市一之木町(1925年・1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年・1949年・1950年)、三重県宇治山田市一之木町354(1953年)、三重県宇治山田市一之木町345(1955年)、三重県伊勢市一之木町354(1958年)、三重県伊勢市一之木町(1960年)、三重県伊勢市一之木町354(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1911年10月(帝国座)、1920年(建て替え)
閉館年 : 1972年9月3日
『全国映画館総覧 1955』によると1935年10月開館。1925年の映画館名簿では「帝国座」。1927年の映画館名簿では「帝国館」。1930年の映画館名簿では「帝国座」。1934年の映画館名簿では「帝国館」。1936年の映画館名簿では「帝国座」。1941年の映画館名簿では「帝国館」。1943年の映画館名簿では「帝国座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1949年の映画館名簿では「帝国館」。1950年の映画館名簿では「山田帝国座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「帝国座」。1966年・1969年の映画館名簿では「伊勢帝国座」。1970年のゼンリン住宅地図では「帝国座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年のゼンリン住宅地図では跡地に「三県商事KK」。1983年・1990年のゼンリン住宅地図では跡地に「三県ビル」。跡地は「三県ビル」。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

1915年には宇治山田市初の映画館として「帝国館」が開館した。建物は洋風だった。昭和20年代の帝国館の写真あり。*13

1906年に市制施行して宇治山田市が発足した際、一之木町の現在地には「新北座」があった。1911年10月にはその跡地に「帝国座」が開館し、芝居などの興行を行った。1920年には洋風に改築し、日活直営の映画館となった。*14

1911年、宇治山田市一之木町の「新北座」が改築して「帝国座」となった。1915年には三重県で3番目の活動写真常設館となったが、芝居や演芸の興行も行った。経営者は名古屋市の岡佐商会。1920年に改築して洋風建築となった。太平洋戦争時に焼失したが復興し、「帝国館」と呼ばれた時期もあった。1972年9月3日に閉館した。*15

伊勢で初の常設映画館は「帝国座」である。1892年に開館した芝居小屋の「新北座」が前身であり、1915年には三重県3番目の常設映画館として生まれ変わった。経営者は佐藤太郎と岡崎常太郎が経営する岡佐商会である。当初は日活・帝国キネマ・東亜キネマの専門館であり、サイレント時代には溝口健二作品や阪東妻三郎・大河内伝次郎主演作品などが上映された。1930年の火災で焼失したが、復興すると浦部粂子や入江たか子らの日活スターも来館した。1945年の伊勢空襲でも焼失したが、戦後まもなく復興して東宝の封切館となり、日活や新東宝の作品が上映されることもあった。1972年に閉館した。跡地は一之木2丁目の雑居ビルである。*16
伊勢新東宝/松竹ひかり座/伊勢大映劇場/伊勢ひかり座/ひかり座
所在地 : 三重県伊勢市一之木町(1960年)、三重県伊勢市一之木町378(1963年・1966年)、三重県伊勢市一之木町378(1969年)、三重県伊勢市一之木2-16-17(1973年・1976年・1977年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1977年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「伊勢新東宝」。1960年の映画館名簿では「松竹ひかり座」。1963年の映画館名簿では「ひかり座」。1966年の映画館名簿では「伊勢ひかり座」。1969年の映画館名簿では「伊勢大映劇場」。1970年のゼンリン住宅地図では「伊勢にっかつ・ひかり座」。1973年の映画館名簿では「伊勢ひかり座」。1976年・1977年の映画館名簿では「ひかり座」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一之木ふれあいセンター」南東140mの民家2軒。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

松本清張の小説『砂の器』には「旭館」という映画館が登場する。1974年には映画版『砂の器』が製作され、ひかり座でもロケが行われた。映画中でもひかり座として登場し、渥美清がひかり座の支配人に扮している。野村芳太郎監督や丹波哲郎らがひかり座のロケに参加している。*17

北新地には「ひかり座」もあったが、1982年にはひかり座が取り壊された。*18
つばめ座/伊勢シネマ
所在地 : 三重県伊勢市一之木町(1958年・1960年・1963年)、三重県伊勢市一之木町387(1966年)、三重県伊勢市一之木町378(1969年)、三重県伊勢市一之木2-16-17(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1955年12月4日(つばめ座)、1959年(伊勢シネマ)
閉館年 : 1987年4月5日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「つばめ座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「伊勢シネマ」。1970年・1976年・1983年のゼンリン住宅地図では「伊勢シネマ」。1980年の映画館名簿では木造平屋建110席、経営者・支配人ともに松井克己、にっかつ・成人映画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一之木ふれあいセンター」東南東150mの民家。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

志摩半島の和具で船大工をしていた松井克巳は、宇治山田市一之木町北新地の遊郭街のそばに寄席小屋「つばめ座」を開館させた。つばめ座は1959年に「伊勢シネマ」となっている。さらに1954年5月1日、つばめ座の隣接地に「山田パール劇場」(伊勢パール劇場)を開館させ、ジョージ・モンゴメリー『タイコンデロガの砦』ほか3本立がオープニング作品となった。8月13日には三重県初のシネマスコープ作品『聖衣』を上映している。後に松井は津市・四日市市・松阪市にも進出している。

1955年12月4日、伊勢市に「ツバメ座」が開館した。東映と新東宝の再映館。木造平屋建、80坪、座席定員135人。*19
山田パール劇場/伊勢パール劇場/パール劇場/パール劇場/伊勢パール1
所在地 : 三重県宇治山田市一ノ木町384(1955年)、三重県伊勢市一ノ木町384(1958年)、三重県伊勢市一之木町(1963年)、三重県伊勢市一之木町378(1966年・1969年)、三重県伊勢市一之木2-16-17(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1954年5月1日
閉館年 : 1990年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「山田パール劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「パール劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「伊勢パール劇場」。1970年・1976年・1983年のゼンリン住宅地図では「パール劇場」。1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「パール劇場」。1980年の映画館名簿では経営者・支配人ともに松井克己、木造1階、320席、洋画を上映。1988年・1990年の映画館名簿では「伊勢パール1」。1990年の映画館名簿では経営者・支配人ともに松井美代子、木造1階、150席、松竹・洋画を上映。1990年のゼンリン住宅地図では「伊勢パール1・2・3」。1991年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一之木ふれあいセンター」東南東150mの民家。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。映画版『砂の器』のロケ地。

1954年5月1日、宇治山田市一之木町に「山田パール劇場」が開館した。経営者は松井克己。スクリーンは横35尺。定員380人。*20

志摩半島の和具で船大工をしていた松井克巳は、宇治山田市一之木町北新地の遊郭街のそばに寄席小屋「つばめ座」を開館させた。つばめ座は1959年に「伊勢シネマ」となっている。さらに1954年5月1日、つばめ座の隣接地に「山田パール劇場」(伊勢パール劇場)を開館させ、ジョージ・モンゴメリー『タイコンデロガの砦』ほか3本立がオープニング作品となった。8月13日には三重県初のシネマスコープ作品『聖衣』を上映している。後に松井は津市・四日市市・松阪市にも進出している。松井克巳はいすず劇場とひかり座の跡地に2スクリーンの「伊勢パール1・2」(100席と80席)を建て、1987年4月29日に開館した。*21
伊勢パール2・3
所在地 : 三重県伊勢市一之木2-16-17(1988年・1990年)
開館年 : 1987年4月29日
閉館年 : 1990年頃
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年の映画館名簿では「伊勢パール2・3」(2館)。1990年の映画館名簿では経営者・支配人ともに松井美代子、鉄筋造1階、2が100席、3が80席、いずれも洋画・成人映画を上映。1991年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「一之木ふれあいセンター」南東140mの民家2軒。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

1987年4月29日、松井克巳はいすず劇場とひかり座の跡地に2スクリーンの「伊勢パール1・2」(100席と80席)を建てて開館させた。オープニング作品は『プラトーン』。旧パール劇場は「伊勢パール3」に改称して存続させた。1987年4月5日には「伊勢シネマ」を閉館させた。*22
第一世界館/伊勢第一世界館/伊勢世界館/世界館/世界館・第二世界館/世界館1・2
所在地 : 三重県宇治山田市(1925年)、三重県宇治山田市一之木町北町(1927年)、三重県宇治山田市北町(1930年)、三重県宇治山田市一之木町(1934年)、三重県宇治山田市一之木町237(1936年)、三重県宇治山田市一之木町(1941年・1943年)、三重県宇治山田市(1947年)、三重県宇治山田市一之木町(1949年・1950年)、三重県宇治山田市一之木町350(1953年・1955年)、三重県伊勢市一之木町350(1958年)、三重県伊勢市一之木町(1960年)、三重県伊勢市一之木町350(1963年・1966年・1969年)、三重県伊勢市一之木2-9-2(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1916年9月、1968年8月3日(ビル化)
閉館年 : 2003年
Wikipedia : 世界館 (伊勢市)
『全国映画館総覧 1955』によると1916年9月開館。1925年・1927年の映画館名簿では「世界館」。1930年の映画館名簿では「第一世界館」。1934年の映画館名簿では「世界館」。1936年・1941年・1943年・1947年・1949年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第一世界館」。1966年の映画館名簿では「伊勢第一世界館」。1969年・1973年の映画館名簿では「伊勢世界館」。1970年の住宅地図では「世界館 紙工場」。1976年の映画館名簿では「世界館」。1976年・1983年・1990年のゼンリン住宅地図では「映画 世界館」。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分400席と100席、経営会社は世界館、経営者・支配人ともに中村比呂誌、世界館は松竹・東宝・洋画を上映、第二世界館は邦画・洋画を上映。1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「世界館・第二世界館」(2スクリーン)。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「世界館1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造3階部分350席と130席、経営会社はいずれも世界館、経営者はいずれも中村比呂誌、支配人はいずれも中村元彦、いずれも邦画と洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は近鉄山田線・JR参宮線伊勢市駅。

1917年に世界館が開館し、1929年に第二世界館が開館した。戦後は松竹や大映の封切館として人気があった。昭和20年代の世界館の写真あり。1950年の衣笠貞之助監督作品『紅蝙蝠』の看板が見える。*23

かつては浪曲寄席の「蛭子座」があったが、活動写真ブームが到来すると改築して映画館となった。1919年から1920年にはさらに改築し、「世界館」に改称した。1929年2月には新道に「第二世界館」を開館させ、オリジナルは「第一世界館」に改称した。第一世界館・第二世界館ともに、1945年には太平洋戦争の空襲で焼失した。*24

宇治山田市一之木町には「蛭座」(えびすざ)があり、明治中期に材木商の中村六次郎(中村比呂誌の祖父)が買収した。1916年には「世界館」に改称し、1929年には「第一世界館」となった。息子の中村亥三郎の時代になると宇治山田市で一番の映画館に君臨した。漫談家の徳川夢声もここで演じている。中村亥三郎は「新鋭機器を導入した三重県初の映画館」と主張する。戦後は大映や松竹の作品を上映した。1968年8月3日、世界館は鉄筋コンクリート造3階建てのビルに改築した。1階は娯楽センター、2階と3階は映画館であり、映画館は1000人を収容する三重県一の大劇場となった。オープニング作品は石原裕次郎主演の『黒部の太陽』。1968年の写真あり。四日市の「弥生館」とともに、老舗として三重県を代表する映画館のひとつである。*25

後に映画監督となる小津安二郎は、1916年から宇治山田市(現・伊勢市)に下宿して三重県立第四中学校(現・三重県立宇治山田高校)に通った。同年に開館した映画館「世界館」に通ううちに映画に魅了された。小津の出身地である松阪市には、まだ映画館が存在しなかった。*26
進富映画劇場/伊勢東映新富劇場/伊勢東映劇場/伊勢東映劇場・伊勢ロマン劇場/伊勢レック1・2/伊勢エクラン1・2/進富座/進富座1・2
所在地 : 三重県宇治山田市曽祢町471(1955年)、三重県伊勢市曽祢町471(1958年)、三重県伊勢市曽祢町(1960年)、三重県伊勢市曽祢町471(1963年・1966年・1969年)、三重県伊勢市曽祢2-8-7(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)、三重県伊勢市曽祢2-8-27(1995年)、三重県伊勢市曽祢2-8-7(2000年)、三重県伊勢市曽祢2-8-27(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1927年(芝居小屋として)、1953年3月(映画館として)、1980年12月20日(建て替え)、2002年7月6日(進富座)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 伊勢進富座
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「進富映画劇場」。1958年の映画館名簿では「伊勢東映新富劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「伊勢東映劇場」。1970年・1976年・1983年のゼンリン住宅地図では「伊勢東映劇場」。1980年の映画館名簿では木造1階部分390席、経営者は水野きみ、支配人は土村建平、東映を上映。1982年には本館横に伊勢ロマン劇場を開館して2スクリーン化。1983年にはレックに改称。1985年・1990年の映画館名簿では「伊勢レック機Ν供廖2館)。1990年のゼンリン住宅地図では「伊勢東映劇場・レック1・2」。1995年の映画館名簿では「伊勢レック1・2」(2館)。1997年には伊勢エクランに改称。2000年の映画館名簿では「伊勢エクラン1・2」(2館)。2000年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分156席と80席、経営会社はいずれも世界館、経営者はいずれも中村比呂誌、支配人はいずれも中村元彦、いずれも邦画と洋画を上映。2002年7月6日に本館のみ進富座として営業を開始。2005年の映画館名簿では「進富座」。2006年4月1日に進富座別館の営業を開始。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「進富座本館・別館」(2館)。最寄駅は近鉄山田線宮町駅。

1906年の曽祢町(現・新町)には新福座があったが、1909年1月に焼失した。跡地に新富座を開館させ、芝居の興行を行っていたが、1945年には太平洋戦争の空襲で焼失した。1953年3月には進富映画劇場として再建し、主として映画を上映する劇場となった。後に伊勢東映に改称し、『伊勢市史』が刊行された1968年時点では伊勢東映として営業中。*27

「伊勢進富座」を主題とする書籍として、水野昌光・登重樹『シネマ・スクエア・レックをもう一度』新風舎、2002年がある。

「伊勢進富座」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*28

「進富座」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*29

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます