閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


旧浦和市

浦和区

浦和東宝劇場/浦和東宝映劇/浦和東宝映画劇場
所在地 : 埼玉県浦和市岸町7丁目(1950年)、埼玉県浦和市岸町7-20(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「浦和東宝劇場」。1958年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1960年の映画館名簿では「浦和東宝映劇」。1963年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
浦和東映劇場/浦和宝塚劇場
所在地 : 埼玉県浦和市高砂町3-24(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「浦和東映劇場」。1966年の映画館名簿では「浦和宝塚劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
北浦和映画劇場/北浦和劇場
所在地 : 埼玉県浦和市北浦和(1953年)、埼玉県浦和市北浦和1-30(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「北浦和劇場」。1958年の映画館名簿では「北浦和映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「北浦和劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「さいたま市立北浦和図書館」。
浦和劇場
所在地 : 埼玉県浦和市岸町(1950年)、埼玉県浦和市仲町2-128(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「浦和劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
浦和オリンピア劇場/浦和オリンピア
所在地 : 埼玉県浦和市高砂町1-149(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、埼玉県浦和市高砂1-18(1977年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「浦和オリンピア劇場」。1973年・1978年の映画館名簿では「浦和オリンピア」。1978年の映画館名簿では経営会社が不二興業、経営者が西沢敏雄、支配人が永井貞男、鉄筋造3階冷暖房付、550席、洋画を上映。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
浦和新劇場/浦和パレス/浦和パレス座
所在地 : 埼玉県浦和市仲町1-107(1950年)、埼玉県浦和市仲町1(1953年・1955年)、埼玉県浦和市仲町1-107(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、埼玉県浦和市仲町1-9-10(1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「浦和新劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「浦和パレス座」。1966年・1969年・1973年・1978年・1980年の映画館名簿では「浦和パレス」。1978年の映画館名簿では経営会社が三葉興業、経営者が小林真賛雄、支配人が柴田一郎、木造1階冷暖房付、200席、日活・成人映画を上映。1985年の映画館名簿では「浦和パレス座」。1986年・1988年の映画館名簿には掲載されていない。
浦和シネマ1・2・3
所在地 : 埼玉県浦和市仲町1-10-7(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1984年
閉館年 : 2000年11月24日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「浦和シネマ1・2・3」(3館)。2000年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、鉄筋造2階・3階・4階、148席・164席・178席、いずれも邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2007年竣工のマンション「Poram Urawa」。

2000年(平成12年)11月24日をもって、浦和市仲町1丁目の映画館「浦和シネマ」が閉館した。1984年に開館した。経営は福島県郡山市の東日本映画。最大のヒット作は約3万人を動員した『タイタニック』であり、1998年(平成10年)12月から1999年(平成11年)4月まで上映した。*1
浦和ヴェルデ東宝1・2・3
所在地 : 埼玉県浦和市高砂2-5-14(1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市浦和区高砂2-5-14(2005年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2007年7月13日
Wikipedia : 浦和ヴェルデ東宝
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「浦和ヴェルデ東宝シネマ1・シネマ2・シネマ3」(3館)。2000年・2005年の映画館名簿では「浦和ヴェルデ東宝1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿では経営会社が東宝東日本興行、経営者が小川喜庸、支配人が関根伸二、鉄筋造5階・4階・2階、153席・74席・128席、1が東宝、2が洋画、3が洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2014年竣工のマンション「シティハウス浦和高砂」。
ユナイテッド・シネマ浦和
所在地 : 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコ6階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年10月10日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ浦和1-9」(9館)。

緑区

ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園/イオンシネマ浦和美園
所在地 : 埼玉県さいたま市緑区大字大門3710 イオン浦和美園ショッピングセンター3階(2010年)、埼玉県さいたま市緑区大字大門3710 イオンモール浦和美園3階(2015年)、埼玉県さいたま市緑区美園5-50-1 イオンモール浦和美園3階(2020年)
開館年 : 2006年4月21日
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園1-11」(11館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ浦和美園1-11」(11館)。

南区

桜区

旧大宮市

大宮区

スター映画劇場/大宮スター映画劇場
所在地 : 埼玉県大宮市桜木町6-912(1955年)、埼玉県大宮市桜木町2-368(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「スター映画劇場」。1963年の映画館名簿では「大宮スター映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大宮武蔵野館
所在地 : 埼玉県大宮市大門町1-4041(1953年・1955年)、埼玉県大宮市大門町1-54(1958年)、埼玉県大宮市大門町1-56(1960年)、埼玉県大宮市大門町2-56(1963年)、埼玉県大宮市大門町1-56(1966年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「大宮武蔵野館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
野口興業大宮座/松竹大宮座
所在地 : 埼玉県大宮市大門町1-4063(1953年・1955年)、埼玉県大宮市大門町1-3(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1920年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年1月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「松竹大宮座」。1960年の映画館名簿では「野口興業大宮座」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松竹大宮座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
大宮セントラル/大宮セントラル劇場
所在地 : 埼玉県大宮市大門町2-41(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「大宮セントラル」。1985年・1990年の映画館名簿では「大宮セントラル劇場」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」工事用地北東部。最寄駅はJR大宮駅。
大宮東映劇場/大宮東映/大宮マリオン
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-40(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大宮東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「大宮東映劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「大宮東映」。1992年の映画館名簿では「大宮マリオン」。1992年の映画館名簿では鉄筋造1階、376席、経営会社が株式会社松山会館、洋画を上映。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「埼玉県信用金庫大宮支店」北西の「三益ビル」。最寄駅はJR大宮駅。
大宮オリンピヤ劇場/大宮オリンピア劇場/大宮オリンピア
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-24(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大宮オリンピヤ劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大宮オリンピア劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「オリンピア劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「大宮オリンピア」。1998年の映画館名簿では鉄筋造地下、289席、経営会社が不二商事株式会社、洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。建物のオリンピアビルは現存。最寄駅はJR大宮駅。
白鳥座/大宮松竹白鳥座・白鳥地下劇場/大宮東宝白鳥座/大宮東宝白鳥座・大宮東宝スカラ座
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-575(1953年・1955年)、埼玉県大宮市仲町1-15(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 2004年9月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年1月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「白鳥座」。1958年の映画館名簿では「白鳥座・白鳥座地下劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「大宮松竹白鳥座・白鳥地下劇場」(2館)。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座」。1973年の映画館名簿では「東宝白鳥座」。1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座・大宮東宝スカラ座」(2館)。2002年の映画館名簿では白鳥座が鉄筋造3階でスカラ座が鉄筋造5階、白鳥座が300席でスカラ座も300席、経営会社が東宝東部興行株式会社、白鳥座が東宝を上映、スカラ座が洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物の大宮東宝会館は現存。最寄駅はJR大宮駅。
Wikipedia : 大宮東宝会館
銀映座/大宮銀映座/日活銀映劇場/日活大宮銀映座/日活大宮銀映/日活名画座・松竹ロキシー/大宮にっかつ劇場・大宮松竹ロキシー/ロッポニカ大宮・松竹大宮ロキシー/大宮東映オスカー・松竹大宮ロキシー/大宮シネマリゾート1・2
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-4014(1953年・1955年)、埼玉県大宮市仲町1-80(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市大宮区仲町1-80 三和ビル3階・4階(2005年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 2005年5月15日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「銀映座」。1958年・1960年の映画館名簿では「大宮銀映座」。1963年の映画館名簿では「日活銀映劇場」。1966年の映画館名簿では「日活大宮銀映座」。1969年の映画館名簿では「日活大宮銀映」。1970年11月日活名画座開館。1973年・1975年の映画館名簿では「日活名画座・松竹ロキシー」(2館)。1978年の映画館名簿では「大宮日活名画座・大宮松竹ロキシー」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「大宮にっかつ劇場・大宮松竹ロキシー」(2館)。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ大宮・松竹大宮ロキシー」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「大宮東映オスカー・松竹大宮ロキシー」(2館)。2003年8月31日大宮東映オスカー閉館。2003年12月20日シネマリゾート開館。2005年の映画館名簿では「大宮シネマリゾート・大宮シネマリゾート2」(2館)。2005年の映画館名簿では経営会社が三和ビル、経営者が竹内教文、支配人が岩谷修、鉄筋造4階と鉄筋造3階、216席と220席、いずれも邦画・洋画を上映。2005年5月15日シネマリゾート閉館。2002年の映画館名簿では大宮東映オスカーが鉄筋造4階で松竹大宮ロキシーが鉄筋造3階、大宮東映オスカーが240席で松竹大宮ロキシーも240席、経営会社は大宮東映オスカーが日活で松竹大宮ロキシーが東日本松竹興行、大宮東映オスカーが東映を上映、松竹大宮ロキシーが洋画を上映。跡地は「埼玉県信用金庫大宮支店」南西の「三和ビル」。最寄駅はJR大宮駅。

2003年8月いっぱいで、さいたま市大宮区の南銀座通りにある映画館「大宮東映オスカー」が閉館する。1970年11月に「日活名画座」として開館し、「大宮にっかつ劇場」や「ロッポニカ大宮」という名前の時代もあった。8月末には埼玉県を題材とする映画を上映し、埼玉県立川越高校水泳部がモデルの『ウォーター・ボーイズ』、川口市が舞台となった『キューポラのある街』などが上映される。*2

2003年12月20日、映画館「大宮シネマリゾート」が開館した。8月に閉館した「大宮東映オスカー」の跡地。入居する商業ビルのオーナーは竹内教文。竹内の母は1945年に「大宮銀映座」をビル化させ、東映と松竹が1館ずつ入居していた。この3年間で浦和シネマ、シネマセゾン所沢、大宮オリンピア、大宮東映オスカーが閉館した。*3
大宮ハタシネマ1・2・ハタプラザ
所在地 : 埼玉県大宮市下町3-7(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 2006年6月18日
1973年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「大宮ハタシネマ1・2・大宮ハタプラザ」(3館)。2005年の映画館名簿では経営会社が簱興行、経営者が簱功泰、支配人が北村外男、鉄筋造2階、280席・280席・500席、ハタシネマ1が洋画、ハタシネマ2が邦画・洋画、ハタプラザが洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2011年竣工のマンション「グランドミッドタワーズ大宮」。
ムービー大宮/大宮オークラ劇場/大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場
所在地 : 埼玉県大宮市宮町1-4099(1953年・1955年)、埼玉県大宮市宮町105(1958年)、埼玉県大宮市宮町1-105(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県大宮市宮町1-105と宮町1-80(1978年)、埼玉県大宮市宮町1-105(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市大宮区宮町1-105(2005年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 2008年2月17日
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ムービー大宮」。1966年・1969年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場」。1973年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場」(2館)。1975年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場」(2館)。2005年の映画館名簿では経営会社が大蔵映画、経営者が大蔵満彦、支配人が佐々木正、鉄筋造2階と鉄筋造1階、170席と90席、いずれも成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「総合学園ヒューマンアカデミー大宮校」西の有料駐車場「ジーエスパーク大宮駅前」。最寄駅はJR大宮駅。
MOVIXさいたま
所在地 : 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-267-2 コクーン新都心2階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2004年9月17日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「MOVIXさいたま」(12館)。

北区

ワーナー・マイカル・シネマズ大宮/イオンシネマ大宮
所在地 : 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 大宮サティ4階(2005年・2010年)、埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 イオン大宮店4階(2015年・2020年)
開館年 : 2000年10月21日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ大宮1-8」(8館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ大宮1-8」(8館)。

西区

見沼区

旧与野市・旧岩槻市

中央区

与野文化劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡与野町下落合1039(1953年・1955年・1958年)、埼玉県与野市下落合1029(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「与野文化劇場」。1974年の映画館名簿では経営者が八木修、支配人が細野義夫、木造1階、390席、邦画・成人映画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。

与野市下落合の与野駅前にあった映画館「与野文化劇場」(与野国際)の写真あり。入場料は大人55円、学割40円、子供30円だった。*4

『レンズがとらえた昔の与野』与野市教育委員会、1993年は与野駅前にあった映画館について言及している。現物は未確認。*5

岩槻区

住吉劇場
所在地 : 埼玉県岩槻市岩槻(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「住吉劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
岩槻映劇/岩槻会館
所在地 : 埼玉県南埼玉郡岩槻町(1953年)、埼玉県岩槻市岩槻町2884(1955年・1958年)、埼玉県岩槻市岩槻2488(1960年・1963年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「岩槻会館」。1958年の映画館名簿では「岩槻映劇」。1958年の映画館名簿では経営者が藤木二幸、支配人が荒川泰治、木造2階、定員400、邦画・洋画を上映。1960年・1963年の映画館名簿では「岩槻会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
岩槻銀映/岩槻銀映劇場
所在地 : 埼玉県岩槻市銀映通(1958年)、埼玉県岩槻市岩槻2157(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「岩槻銀映」。1958年の映画館名簿では経営者が藤木二幸、支配人が荒川泰治、鉄筋造2階、定員300、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「岩槻銀映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。『埼玉ふるさと散歩』によると「栄町通りの灰文商店向かい側路地奥」。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます