日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。


旧浦和市

浦和区

松鶴座/浦和日活館
所在地 : 埼玉県浦和市仲町(1936年)
開館年 : 1928年以前
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「浦和日活館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
調宮劇場/浦和東宝劇場/浦和東宝映劇/浦和東宝映画劇場
所在地 : 埼玉県浦和市岸町(1930年・1936年)、埼玉県浦和市岸町7丁目(1943年・1950年)、埼玉県浦和市岸町7-20(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1928年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前(ストリップ劇場転換)
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「調宮劇場」。1943年の映画館名簿では「浦和東宝映劇」。1950年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「浦和東宝劇場」。1958年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1958年版浦和市動態図鑑では「東宝劇場」。1960年の映画館名簿では「浦和東宝映劇」。1963年の映画館名簿では「浦和東宝映画劇場」。1963年以後1966年以前ストリップ劇場転換。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1967年の住宅地図では跡地に「スター」。1977年4月7日焼失。跡地は「調神社」社殿の北西150mにあるマンション「クレドール」。

1928年の『大日本職業別明細図之内 埼玉県』には「浦和劇場」と「調宮劇場」が描かれている。*1

『街にキネマがあったころ』さいたま市立博物館、2009年は旧浦和市や旧大宮市の映画館を主題としている。1932年に刊行された『最新浦和町案内全図』には、浦和駅西口に「松鶴座」(※のちの浦和新劇場の場所と思われる)と「浦和劇場」と「調宮劇場」、浦和駅東口に「高砂館」の計4館が描かれている。*2
浦和東映劇場/浦和宝塚劇場
所在地 : 埼玉県浦和市高砂町3-24(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年版浦和市動態図鑑では「浦和東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「浦和東映劇場」。1966年の映画館名簿では「浦和宝塚劇場」。1967年の住宅地図では「東宝浦和宝塚」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地はマンション「浦和パークハウス」。
北浦和映画劇場/北浦和劇場
所在地 : 埼玉県浦和市北浦和(1953年)、埼玉県浦和市北浦和1-30(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「北浦和劇場」。1958年の映画館名簿では「北浦和映画劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「北浦和劇場」。1967年の住宅地図では「北浦和劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「市立図書館」。跡地は「さいたま市立北浦和図書館」。
共楽座/浦劇松竹館/浦和劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡浦和町仲町(1930年)、埼玉県北足立郡浦和町仲町2(1943年)、埼玉県浦和市岸町(1950年)、埼玉県浦和市仲町2-128(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1928年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「浦和劇場」。1958年版浦和市動態図鑑では「浦和劇場」。1967年の住宅地図では「浦和劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「浦和パレス ボーリング」。1995年の住宅地図では跡地に「月極駐車場」。

「浦和劇場」を主題とした文献として山嵜廣『近代浦和文化小史 浦和劇場(共楽座)の歴史』 山嵜廣、2000年がある。現物は未確認。

1928年の『大日本職業別明細図之内 埼玉県』には「浦和劇場」と「調宮劇場」が描かれている。*3

『街にキネマがあったころ』さいたま市立博物館、2009年は旧浦和市や旧大宮市の映画館を主題としている。1932年に刊行された『最新浦和町案内全図』には、浦和駅西口に「松鶴座」(※のちの浦和新劇場の場所と思われる)と「浦和劇場」と「調宮劇場」、浦和駅東口に「高砂館」の計4館が描かれている。*4
浦和オリンピア劇場/浦和オリンピア
所在地 : 埼玉県浦和市高砂町1-149(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、埼玉県浦和市高砂1-18(1977年・1978年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「浦和オリンピア劇場」。1958年版浦和市動態図鑑では「オリンピア劇場」。1967年の住宅地図では「オリンピア劇場」。1973年・1978年の映画館名簿では「浦和オリンピア」。1978年の映画館名簿では経営会社が不二興業、経営者が西沢敏雄、支配人が永井貞男、鉄筋造3階冷暖房付、550席、洋画を上映。1979年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「工事中」。1995年の住宅地図では跡地に「伊勢丹浦和店」。跡地は「伊勢丹浦和店」建物北東角。
浦和新劇場/浦和パレス/浦和パレス座
所在地 : 埼玉県浦和市仲町1-107(1950年)、埼玉県浦和市仲町1(1953年・1955年)、埼玉県浦和市仲町1-107(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、埼玉県浦和市仲町1-9-10(1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「浦和新劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「浦和パレス座」。1958年版浦和市動態図鑑では「パレス座」。1966年・1969年・1973年・1978年・1980年の映画館名簿では「浦和パレス」。1967年の住宅地図では「パレス座」。1973年の映画館名簿では経営会社が三葉興業、経営者が小林真賛雄、支配人が柴田一郎、木造2階冷暖房付、256席、日活・東映を上映。1978年の映画館名簿では経営会社が三葉興業、経営者が小林真賛雄、支配人が柴田一郎、木造1階冷暖房付、200席、日活・成人映画を上映。1980年の住宅地図では「浦和パレス」。1985年の映画館名簿では「浦和パレス座」。1986年・1988年の映画館名簿には掲載されていない。

『街にキネマがあったころ』さいたま市立博物館、2009年は旧浦和市や旧大宮市の映画館を主題としている。1932年に刊行された『最新浦和町案内全図』には、浦和駅西口に「松鶴座」(※のちの浦和新劇場の場所と思われる)と「浦和劇場」と「調宮劇場」、浦和駅東口に「高砂館」の計4館が描かれている。*5
浦和シネマ1・2・3
所在地 : 埼玉県浦和市仲町1-10-7(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1984年4月2日
閉館年 : 2000年11月24日
1980年の住宅地図では後の映画館の場所に「ニチイ浦和店」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「浦和シネマ1・2・3」(3館)。1995年の住宅地図では「浦和シネマビル 2・3階シネマ1 4・5階シネマ2 6・7階シネマ3」。2000年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が先川原克彦、鉄筋造2階・3階・4階、148席・164席・178席、いずれも邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2003年竣工の「牛角浦和店」などが入る「尾張屋第1ビル」。

1983年11月10日の『埼玉新聞』には1984年春に浦和市に5スクリーンの映画館が開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*6

1984年4月2日、浦和市仲町1-10-7 浦和シネマビルに東日本ヘラルドによって「浦和シネマ1・2・3」が開場した。シネマ1は130席、シネマ2は150席、シネマ3は150席。*7

1984年4月21日の『埼玉新聞』には浦和市に5スクリーンの映画館が開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*8

2000年11月21日の『埼玉新聞』には「浦和シネマ」が11月24日をもって閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*9

2000年(平成12年)11月24日をもって、浦和市仲町1丁目の映画館「浦和シネマ」が閉館した。1984年に開館した。経営は福島県郡山市の東日本映画。最大のヒット作は約3万人を動員した『タイタニック』であり、1998年(平成10年)12月から1999年(平成11年)4月まで上映した。*10
浦和ヴェルデ東宝1・2・3
所在地 : 埼玉県浦和市高砂2-5-14(1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市浦和区高砂2-5-14(2005年)
開館年 : 1984年3月24日
閉館年 : 2007年7月13日
Wikipedia : 浦和ヴェルデ東宝
1980年の住宅地図では後の映画館の場所に「ヴェルデ浦和 1階マクドナルド」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「浦和ヴェルデ東宝シネマ1・シネマ2・シネマ3」(3館)。1995年の住宅地図では「ヴェルデ浦和 新ヴェルデ(株)」。2000年・2005年の映画館名簿では「浦和ヴェルデ東宝1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿では経営会社が東宝東日本興行、経営者が小川喜庸、支配人が関根伸二、鉄筋造5階・4階・2階、153席・74席・128席、1が東宝、2が洋画、3が洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2014年竣工のマンション「シティハウス浦和高砂」。

1984年3月24日、浦和市高砂2-5-14 ヴェルデビル4階に東宝東部興行によって「ヴェルデ東宝シネマ1・2」が開場した。シネマ1は255席、シネマ2は110席。*11

1989年10月2日、浦和市高砂2丁目のファッションビル「ヴェルデ浦和」に手工芸品販売大手のユザワヤが進出する予定。ビルの3分の1が同社の売り場となる。ヴェルデ浦和は浦和市有数の商業ビルとされたこともあったが、近年にはテナントが相次いで撤退し、一部の映画館や飲食店を除いて休業状態となっていた。1978年10月、地元の地権者が旧中山道沿いにヴェルデ浦和を建てた。地上4階・地下1階、延由香面積6665平方メートル。1981年には浦和駅西口の再開発で伊勢丹が開店したこともあり、浦和駅からやや離れているヴェルデ浦和からは徐々にテナントが撤退し、所有者は貸しビル業の銀2土地に変わった。現在は飲食店4店舗と映画館しか入居していない。*12

2007年7月14日の『埼玉新聞』には「浦和ヴェルデ東宝」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*13
ユナイテッド・シネマ浦和
所在地 : 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコ6階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年10月10日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ浦和1-9」(9館)。

緑区

ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園/イオンシネマ浦和美園
所在地 : 埼玉県さいたま市緑区大字大門3710 イオン浦和美園ショッピングセンター3階(2010年)、埼玉県さいたま市緑区大字大門3710 イオンモール浦和美園3階(2015年)、埼玉県さいたま市緑区美園5-50-1 イオンモール浦和美園3階(2020年)
開館年 : 2006年4月21日
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ浦和美園1-11」(11館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ浦和美園1-11」(11館)。

南区

映画館名簿によると南区に映画館は存在しなかったと思われる。

桜区

映画館名簿によると桜区に映画館は存在しなかったと思われる。

旧大宮市

大宮区

国際映画劇場
所在地 : 埼玉県大宮市桜木町(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「国際映画劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
スター映画劇場/大宮スター映画劇場
所在地 : 埼玉県大宮市桜木町6-912(1955年)、埼玉県大宮市桜木町2-368(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「スター映画劇場」。1963年の映画館名簿では「大宮スター映画劇場」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「スター劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
武蔵野館/東宝武蔵野館/大宮武蔵野館
所在地 : 埼玉県北足立郡大宮町大門町(1936年)、埼玉県大宮市大門町(1943年)、埼玉県大宮市大門町1丁目(1950年)、埼玉県大宮市大門町1-4041(1953年・1955年)、埼玉県大宮市大門町1-54(1958年)、埼玉県大宮市大門町1-56(1960年)、埼玉県大宮市大門町2-56(1963年)、埼玉県大宮市大門町1-56(1966年)
開館年 : 1934年以前、1946年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「武蔵野館」。1943年の映画館名簿では「東宝武蔵野館」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「大宮武蔵野館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1934年に刊行された『大宮商工並ニ名勝案内地図』には、大宮駅東口に「大宮座」と「武蔵野館」と「吾妻座」と「新興館」、大宮駅西口に「桜盛館」の計5館が描かれている。戦前の武蔵野館は現在の「大宮駅東口入口」と「大宮区役所(北)」交差点の中間付近にあった。この地点の大通りはまだ未開通だった。*14

1955年1月、東京都新宿区で新宿武蔵野館などを経営する武蔵野興業株式会社は、大宮市にあった映画館を買収して「大宮武蔵野館」を開館させた。1970年7月、武蔵野興業は大宮武蔵野館を取り壊し、跡地に地上8階・地下3階建の賃貸ビルを建設して大宮高島屋に賃貸した。*15
大宮座/野口興業大宮座/松竹大宮座
所在地 : 埼玉県北足立郡大宮町(1930年)、埼玉県北足立郡大宮町大門町(1936年)、埼玉県大宮市大門町(1943年)、埼玉県大宮市大門町1-4063(1950年・1953年・1955年)、埼玉県大宮市大門町1-3(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1920年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年1月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「大宮座」。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「松竹大宮座」。1960年の映画館名簿では「野口興業大宮座」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松竹大宮座」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「大宮座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の住宅地図では跡地に「オスカービル」。跡地は「オスカービル」。

1928年の『大日本職業別明細図之内 埼玉県』には「大宮座」が描かれている。*16

1934年に刊行された『大宮商工並ニ名勝案内地図』には、大宮駅東口に「大宮座」と「武蔵野館」と「吾妻座」と「新興館」、大宮駅西口に「桜盛館」の計5館が描かれている。*17

1959年12月25日、大宮市大門町1-3の松竹二番館「大宮座」は邦画封切館に転向した。従来は野口和彦の経営だったが、柴谷隆一郎社長の大暎興行の経営となった。*18

1962年4月29日、大宮市大門町1-3の東映封切館「大宮座」は松竹封切館に転向して「松竹大宮座」に改称した。経営は柴谷隆一郎社長の大映興行。*19
大宮セントラル/大宮セントラル劇場
所在地 : 埼玉県大宮市大門町2-41(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「大宮セントラル」。1985年・1990年の映画館名簿では「大宮セントラル劇場」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業」工事用地北東部。最寄駅はJR大宮駅。
大宮東映劇場/大宮東映/大宮マリオン
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-40(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1956年2月12日
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大宮東映」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「大宮東映劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「大宮東映」。1990年の住宅地図では「大宮東映」。1992年の映画館名簿では「大宮マリオン」。1992年の映画館名簿では鉄筋造1階、376席、経営会社が株式会社松山会館、洋画を上映。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の住宅地図では跡地に「大宮マリオン パーラーラッキー 美神」。跡地は「埼玉県信用金庫大宮支店」北西の「三益ビル」。最寄駅はJR大宮駅。

1956年2月12日、大宮市仲町1-40に「大宮東映」が開館した。総工費は2500万円。1955年に浦和市に開館した「オリンピア劇場」に次いで埼玉県2館目の鉄筋造2階建て映画館である。完全冷暖房設備を有している。客席450。社長は伊沢惣次郎。*20
大宮オリンピヤ劇場/大宮オリンピア劇場/大宮オリンピア
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-24(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年12月
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大宮オリンピヤ劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大宮オリンピア劇場」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「オリンピア劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「オリンピア劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「大宮オリンピア」。1990年・1997年の住宅地図では「オリンピアビル 地下1階オリンピア劇場」。1998年の映画館名簿では鉄筋造地下、289席、経営会社が不二商事株式会社、洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。建物のオリンピアビルは現存。最寄駅はJR大宮駅。

1956年12月30日の『埼玉新聞』には大宮市に「蒼青会館」と「大宮オリンピア劇場」の2館が開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*21
白鳥座/大宮松竹白鳥座・白鳥地下劇場/大宮東宝白鳥座/大宮東宝白鳥座・大宮東宝スカラ座
所在地 : 埼玉県大宮市仲町1-575(1953年・1955年)、埼玉県大宮市仲町1-15(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 2004年9月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年1月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「白鳥座」。1958年の映画館名簿では「白鳥座・白鳥座地下劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では「大宮松竹白鳥座・白鳥地下劇場」(2館)。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「白鳥座」。1973年の映画館名簿では「東宝白鳥座」。1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「大宮東宝白鳥座・大宮東宝スカラ座」(2館)。1990年・1997年の住宅地図では「大宮東宝会館 3階大宮東宝白鳥座 5階東宝スカラ座」。2002年の映画館名簿では白鳥座が鉄筋造3階でスカラ座が鉄筋造5階、白鳥座が300席でスカラ座も300席、経営会社が東宝東部興行株式会社、白鳥座が東宝を上映、スカラ座が洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物の大宮東宝会館は現存。最寄駅はJR大宮駅。
Wikipedia : 大宮東宝会館

1958年の大宮市にあった映画看板の写真あり。この頃の大宮市には「武蔵野館」「大宮銀映座」「大宮東映」「白鳥座」「大宮オリンピア」「ムービー大宮」などの映画館があった。*22
銀映座/大宮銀映座/日活銀映劇場/日活大宮銀映座/日活大宮銀映/日活名画座・松竹ロキシー/大宮にっかつ劇場・大宮松竹ロキシー/ロッポニカ大宮・松竹大宮ロキシー/大宮東映オスカー・松竹大宮ロキシー/大宮シネマリゾート1・2
所在地 : 埼玉県大宮市仲町2(1950年)、埼玉県大宮市仲町1-4014(1953年・1955年)、埼玉県大宮市仲町1-80(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市大宮区仲町1-80 三和ビル3階・4階(2005年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 2005年5月15日
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「大宮銀映座」。1953年・1955年の映画館名簿では「銀映座」。1958年・1960年の映画館名簿では「大宮銀映座」。1963年の映画館名簿では「日活銀映劇場」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「日活銀映座」。1966年の映画館名簿では「日活大宮銀映座」。1969年の映画館名簿では「日活大宮銀映」。1970年11月日活名画座開館。1973年・1975年の映画館名簿では「日活名画座・松竹ロキシー」(2館)。1978年の映画館名簿では「大宮日活名画座・大宮松竹ロキシー」(2館)。1980年・1985年の映画館名簿では「大宮にっかつ劇場・大宮松竹ロキシー」(2館)。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ大宮・松竹大宮ロキシー」(2館)。1990年の住宅地図では「三和ビル 3階松竹大宮ロキシー 4階ロッポニカ大宮」。1995年・2000年の映画館名簿では「大宮東映オスカー・松竹大宮ロキシー」(2館)。1997年の住宅地図では「三和ビル 3階松竹大宮ロキシー 4階大宮東映オスカー」。2003年8月31日大宮東映オスカー閉館。2003年12月20日シネマリゾート開館。2005年の映画館名簿では「大宮シネマリゾート・大宮シネマリゾート2」(2館)。2005年の映画館名簿では経営会社が三和ビル、経営者が竹内教文、支配人が岩谷修、鉄筋造4階と鉄筋造3階、216席と220席、いずれも邦画・洋画を上映。2005年5月15日シネマリゾート閉館。2002年の映画館名簿では大宮東映オスカーが鉄筋造4階で松竹大宮ロキシーが鉄筋造3階、大宮東映オスカーが240席で松竹大宮ロキシーも240席、経営会社は大宮東映オスカーが日活で松竹大宮ロキシーが東日本松竹興行、大宮東映オスカーが東映を上映、松竹大宮ロキシーが洋画を上映。跡地は「埼玉県信用金庫大宮支店」南西の「三和ビル」。最寄駅はJR大宮駅。

2003年8月いっぱいで、さいたま市大宮区の南銀座通りにある映画館「大宮東映オスカー」が閉館する。1970年11月に「日活名画座」として開館し、「大宮にっかつ劇場」や「ロッポニカ大宮」という名前の時代もあった。8月末には埼玉県を題材とする映画を上映し、埼玉県立川越高校水泳部がモデルの『ウォーター・ボーイズ』、川口市が舞台となった『キューポラのある街』などが上映される。*23

2003年8月28日の『埼玉新聞』には「大宮オスカー」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*24

2003年12月20日、映画館「大宮シネマリゾート」が開館した。8月に閉館した「大宮東映オスカー」の跡地。入居する商業ビルのオーナーは竹内教文。竹内の母は1945年に「大宮銀映座」をビル化させ、東映と松竹が1館ずつ入居していた。この3年間で浦和シネマ、シネマセゾン所沢、大宮オリンピア、大宮東映オスカーが閉館した。*25
大宮ハタシネマ1・2・ハタプラザ
所在地 : 埼玉県大宮市下町3-7(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1976年11月26日
閉館年 : 2006年6月18日
1973年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「大宮ハタシネマ1・2・大宮ハタプラザ」(3館)。1990年の住宅地図では「大宮ハタプラザ 1階オールド ロッコ ハタクラシックカー博物館 2階プラザ劇場 シネマ1 シネマ2 ハタボウル」。2005年の映画館名簿では経営会社が簱興行、経営者が簱功泰、支配人が北村外男、鉄筋造2階、280席・280席・500席、ハタシネマ1が洋画、ハタシネマ2が邦画・洋画、ハタプラザが洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2011年竣工のマンション「グランドミッドタワーズ大宮」。

1976年11月26日、大宮市の大宮ハタ・ボウリングセンター跡地に「大宮プラザ」が営業を開始した。映画館3館、ビリヤード場、卓球場、ゲームセンターなどがある。映画館のうち「プラザ」と「シネマ1」は東宝との業務提携。経営はハタ興行。*26

2006年6月18日をもって、さいたま市大宮区の映画館「大宮ハタプラザ ハタシネマ」が閉館する。6月18日までさよなら特別上映が行われ、『世界の中心で、愛をさけぶ』が900円で上映されている。施設の老朽化とシネコンに進出が理由。大宮区からシネコン以外の映画館が消える。1976年11月に開館し、「東京と同時封切り」のうたい文句で人気があった。2001年の『千と千尋の神隠し』では満員となることもあった。4年前には大宮にシネコンが進出し、大宮駅東口の「東宝スカラ座・白鳥座」「松竹ロキシー」などが相次いで閉館していた。*27
ムービー大宮/大宮オークラ劇場/大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場
所在地 : 埼玉県大宮市宮町1-4099(1953年・1955年)、埼玉県大宮市宮町105(1958年)、埼玉県大宮市宮町1-105(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県大宮市宮町1-105と宮町1-80(1978年)、埼玉県大宮市宮町1-105(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、埼玉県さいたま市大宮区宮町1-105(2005年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 2008年2月17日
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ムービー大宮」。1964年の浦和市与野市大宮市住宅案内では「大宮ムービー劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場」。1973年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場」(2館)。1975年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「大宮オークラ劇場・大宮オークラ小劇場」(2館)。1997年の住宅地図では「オークラ小劇場 大宮劇場」。2005年の映画館名簿では経営会社が大蔵映画、経営者が大蔵満彦、支配人が佐々木正、鉄筋造2階と鉄筋造1階、170席と90席、いずれも成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「総合学園ヒューマンアカデミー大宮校」西の有料駐車場「ジーエスパーク大宮駅前」。最寄駅はJR大宮駅。
MOVIXさいたま
所在地 : 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-267-2 コクーン新都心2階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2004年9月17日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「MOVIXさいたま」(12館)。

北区

ワーナー・マイカル・シネマズ大宮/イオンシネマ大宮
所在地 : 埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 大宮サティ4階(2005年・2010年)、埼玉県さいたま市北区櫛引町2-574-1 イオン大宮店4階(2015年・2020年)
開館年 : 2000年10月21日
閉館年 : 営業中
1997年の住宅地図では後の映画館の場所に「東急車輛製造(株)埼玉製作所」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ大宮1-8」(8館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ大宮1-8」(8館)。

2000年10月21日、大宮市櫛引町2丁目に大型複合商業施設「大宮サティ」が開店した。最初の週末には2日間で約10万人の人出があり、周囲の道路が1キロ以上にわたって渋滞した。4階と5階には8スクリーン計1770席を有する複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ大宮」が入っている。*28

西区

映画館名簿によると西区に映画館は存在しなかったと思われる。

見沼区

映画館名簿によると見沼区に映画館は存在しなかったと思われる。

旧与野市・旧岩槻市

中央区

与野会館/与野文化劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡与野町(1950年)、埼玉県北足立郡与野町下落合1039(1953年・1955年・1958年)、埼玉県与野市下落合1029(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「与野会館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「与野文化劇場」。1973年の住宅地図では「与野文化(アキ)」。1974年の映画館名簿では経営者が八木修、支配人が細野義夫、木造1階、390席、邦画・成人映画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「与野ショッピングプラザ」建物南西部。最寄駅はJR京浜東北線与野駅。

与野市下落合の与野駅前にあった映画館「与野文化劇場」(与野国際)の写真あり。入場料は大人55円、学割40円、子供30円だった。*29

『レンズがとらえた昔の与野』与野市教育委員会、1993年は与野駅前にあった映画館について言及している。現物は未確認。*30

岩槻区

住吉劇場
所在地 : 埼玉県岩槻市岩槻(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「住吉劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
岩槻映劇/岩槻会館
所在地 : 埼玉県南埼玉郡岩槻町(1953年)、埼玉県岩槻市岩槻町2884(1955年・1958年)、埼玉県岩槻市岩槻2488(1960年・1963年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「岩槻会館」。1958年の映画館名簿では「岩槻映劇」。1958年の映画館名簿では経営者が藤木二幸、支配人が荒川泰治、木造2階、定員400、邦画・洋画を上映。1960年・1963年の映画館名簿では「岩槻会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
岩槻銀映/岩槻銀映劇場
所在地 : 埼玉県岩槻市銀映通(1958年)、埼玉県岩槻市岩槻2157(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「岩槻銀映」。1958年の映画館名簿では経営者が藤木二幸、支配人が荒川泰治、鉄筋造2階、定員300、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「岩槻銀映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。『埼玉ふるさと散歩』によると「栄町通りの灰文商店向かい側路地奥」。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます