閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


和歌山市

和歌山市は和歌山市の映画館を参照。

和歌山県北部

海南市

海南市の映画館
かつて海南市域には、「朝日座」、「大映」、「海映」、「新富座」(東映)、「オリオン座」、「中央劇場」、「弥生座」、「加茂郷劇場」の8館の映画館があった。もともと黒江北丁の朝日座、黒江坂の末広座、芝居小屋の柳館が転換した太陽館などがあり、戦後には中心市街地に大映が開館した。国鉄海南駅付近には内海劇場、新富座、オリオン座、中央劇場などがあった。下津の国鉄下津駅付近には芝居小屋の宝来座が転換した弥生座があり、旧役場の東側には加茂郷劇場があった。*1
加茂郷劇場
所在地 : 和歌山県海草郡下津町大字黒田(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「加茂郷劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
末広座/海南セントラル劇場/オリオン座
所在地 : 和歌山県海南市名高47(1955年・1960年)
開館年 : 1945年以前、1950年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年4月開館。1950年の映画館名簿では「海南セントラル劇場」。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「オリオン座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

明治大正期、海南地方の娯楽演芸館は「朝日座」と「末広座」の2館のみだった。朝日座は黒江北ノ丁にあり、末広座は日方にあった。末広座は旧熊野街道から少し入った黒江坂の峠道にあり、大正中期の入場料は10銭だった。昼間は興行せず夜間のみであり、毎夜ほぼ満員で繁昌した。大正期から昭和初期にかけて、チンドン屋が末広座で上映される映画の宣伝を行った。*2

戦前の海南にあった「末広座」は、戦後に洋画を上映する「海南セントラル劇場」に改称した。やがて海南駅前に移り、「オリオン座」に改称した。*3
弥生座/下津弥生座
所在地 : 和歌山県海草郡下津町(1953年・1955年・1960年・1963年)、和歌山県海草郡下津町下津790(1966年・1969年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「弥生座」。1966年・1969年の映画館名簿では「下津弥生座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日座映画劇場/旭映画劇場/朝日座/朝映/朝日映画劇場/海南朝日映画劇場
所在地 : 和歌山県海南市船尾186(1955年)、和歌山県海南市東浜(1960年)、和歌山県海南市船尾町186(1963年)、和歌山県海南市東浜186(1966年・1969年)
開館年 : 大正期(黒江北ノ丁で旭座として開館)、1933年9月(東浜に移転して朝日座に改称)
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1933年9月開館。1950年の映画館名簿では「朝日座映画劇場」。1953年の映画館名簿では「旭映画劇場」。1955年の映画館名簿では「朝映」。1960年の映画館名簿では「朝日映画劇場」。1963年の映画館名簿では「朝日映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「海南朝日映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「倉橋内科」。跡地は「倉橋内科」廃墟。

明治大正期、海南地方の娯楽演芸館は「朝日座」と「末広座」の2館のみだった。朝日座は黒江北ノ丁にあり、末広座は日方にあった。朝日座は明治時代から黒江北ノ丁旧熊野街道にあった。昭和初期に東浜に移築され、海南地方随一の映画館となった。戦後もこの地域随一の娯楽場として人気があった。1938年の朝日座の写真あり。*4

1938年の「朝日座」の写真あり。朝日座は明治時代からあったが、昭和初期に移転改築した。*5

昭和30年代の「朝日座」の写真あり。戦後の海南市の劇場・映画館は6館まで増加した。東浜の朝日座では映画の上映も演劇の上演も行われた。*6

1956年頃の「朝日座」の写真あり。もともとは黒江北ノ丁にあった「旭座」(※朝日座ではない)が、昭和初期に東浜に移転して「朝日座」(※旭座ではない)と改称した。実演と映画で話題を呼び、特に岡晴夫や近江俊郎の実演が人気だった。映画は日活系作品を上映し、昭和30年代には石原裕次郎や小林旭などのスターが人気だった。「朝映」の文字が見える。*7

1956年の海南市船尾(東浜)にあった「朝日座」の写真あり。太陽族ブームを巻き起こした『太陽の季節』の看板が見える。海南有数の演芸場であり、戦後には映画館となった。昭和40年代には子供向けの怪獣映画やマンガ映画も上映された。*8
中央劇場/海南中央劇場
所在地 : 和歌山県海南市日方(1960年)、和歌山県海南市日方町1166(1963年)、和歌山県海南市井松原1166(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「海南中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和40年代の「中央劇場」の写真あり。日方の県道沿いに開館した中央劇場は洋画専門館であり、「セントラル劇場」とも呼ばれた。『史上最大の作戦』の看板が見える。*9

海南市の「中央劇場」は、野上電気鉄道から海南駅寄りの東側にあった。*10

1962年の海南市日方にあった国道42号(現・国道370号)の写真あり。市内電車の軌道が見える。左の「中央劇場」には『史上最大の作戦』の看板が見える。中央劇場では主に洋画が上映された。*11
新富座/海南東映/海南東映劇場
所在地 : 和歌山県海南市日方1186(1955年)、和歌山県海南市日方新富町(1960年)、和歌山県海南市日方町1168(1963年)、和歌山県海南市新富街1168(1966年・1969年)
開館年 : 1935年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1935年11月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「新富座」。1960年・1963年の映画館名簿では「海南東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「海南東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

海南市の「新富座」は前面に櫓がある本格派の劇場であり、戦後には邦画専門館として東映作品を上映した。*12

昭和30年代の海南市日方にあった「新富座」の写真あり。「SINTOMIZA」「THEATRE SINTOMI」の文字が見える。芝居や浪曲を行う演芸場として親しまれた。高度経済成長期には映画館となり、「東映」と呼ばれて任侠ものなどを上映した。昭和40年代には海南市の映画館が相次いで閉館し、東映の跡地はパチンコ店となった。*13
海南大映
所在地 : 和歌山県海南市東浜(1960年)、和歌山県海南市船尾町194(1963年)、和歌山県海南市東浜194(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「海南大映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

海南市の東浜の歓楽街の一角には「大映」があった。最近までピンク映画館として上映を続けていたが閉館となった。大映通りの写真あり。*14

海南大映は東浜から新地にちょっと入ったところにあった。*15
海南映劇/海南映画劇場
所在地 : 和歌山県海南市日方282(1955年)、和歌山県海南市日方(1960年)、和歌山県海南市船尾町283(1960年)、和歌山県海南市日方282(1966年・1969年)、和歌山県海南市日方283(1973年・1977年)
開館年 : 1950年5月
閉館年 : 1977年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「海南映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「海南映劇」。1973年・1977年の映画館名簿では「海南映画劇場」。1977年のゼンリン住宅地図では「海映ビル 2階邦画劇場海映」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「OAビル 玉井事務機 玉井OAホール」があると思われる。

1953年頃に『君の名は』を上映した際の「海映」の写真あり。*16

海南市の「海映」では『君の名は』が上映され、海南の映画史上に残る大ヒットとなった。*17

1953年の海南市日方にあった「海映」(かいえい)の写真あり。ストールの巻き方が社会現象を巻き起こした『君の名は』の看板が見える。日方にある電車通りの城山南交差点付近、茶屋浜の楠の隣にあった。海映の閉館後にも屋台のラーメン店は営業を続けた。*18

紀の川市

朝日座/朝映劇場
所在地 : 和歌山県那賀郡打田町(1958年)、和歌山県那賀郡打田町北大井(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「朝日座」。1960年の映画館名簿では「朝映劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大国座/打田新劇
所在地 : 和歌山県那賀郡打田町(1958年)、和歌山県那賀郡打田町久留壁(1960年・1962年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大国座」。1960年・1962年の映画館名簿では「打田新劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「打田駅」北北西90mにある建物。最寄駅はJR和歌山線打田駅。

1958年(昭和33年)の打田町にあった「打田新劇」の写真あり。*19
粉河日劇
所在地 : 和歌山県那賀郡粉河町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「粉河日劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
名洋劇場/名手東劇
所在地 : 和歌山県那賀郡那賀町名手西野(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1963年頃
1955年・1959年の映画館名簿では「名洋劇場」。1960年・1962年の映画館名簿では「名手東劇」。1963年の映画館名簿では「名手東劇 休館中」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
白水座
所在地 : 和歌山県那賀郡粉河町(1953年)、和歌山県那賀郡粉河町天福町(1955年)、和歌山県那賀郡粉河町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1914年10月1日、1950年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「白水座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1900年には粉河駅が開業し、駅前には旅館や料理屋が増えた。1914年10月1日、粉河町の置屋組合が「白水座」を開業させた。組合員は男女合わせて12人だった。*20
中央劇場/名手中央劇場
所在地 : 和歌山県那賀郡名手町(1953年・1955年)、和歌山県那賀郡那賀町名手市場(1960年・1963年)、和歌山県那賀郡那賀町大字名手市場69(1966年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「名手中央劇場」。1960年の映画館名簿では「中央劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「名手中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

岩出市

宮川座
所在地 : 和歌山県那賀郡岩出町(1953年・1955年)、和歌山県那賀郡岩出町331(1958年)、和歌山県那賀郡岩出町清水(1960年・1963年)
開館年 : 1913年8月、1950年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮川座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1913年8月、清水の中村常吉によって資本金5500円で「宮川座」の前身である岩出演劇株式会社が設立された。この劇場では1か月に1回か2回の頻度で活動写真や芝居が興行された。やがて会社が解散して個人経営となり、戦後には常設映画館となって毎日映画を上映していたが、カラーテレビが普及したことで観客数が減少し、閉館となった。(※戦後の記述が宮川座であるのかどうかは曖昧である)*21

1980年の岩出町にあった「宮川座」の写真あり。「宮川座」の文字が見える。岩出町は那賀郡における政治・経済・文化の中心地であり、娯楽施設として宮川座があった。無声映画や漫才が毎晩興行された。*22

橋本市

高野口座/高野口劇場
所在地 : 和歌山県伊都郡高野口町(1955年)、和歌山県伊都郡高野口町名倉(1960年)
開館年 : 1930年8月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1930年8月開館。1950年の映画館名簿では「高野口座」。1953年・1960年の映画館名簿では「高野口劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「紀陽銀行高野口支店」東側の駐車場。最寄駅はJR和歌山線高野口駅。
都映画劇場/都映/橋本東映
所在地 : 和歌山県伊都郡橋本町(1955年)、和歌山県橋本市古佐田(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1939年9月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』では1939年9月開館。1933年の大日本職業別明細図では「明治座」。1955年の映画館名簿では「都映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「都映」。1963年の映画館名簿では「橋本東映」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「●●東映」。1994年の住宅地図では跡地に「スーパートーエイ橋本ショッピングセンター」。「橋本駅」南南東100mにある「スーパートーエイ橋本ショッピングセンター」廃墟。最寄駅はJR和歌山線橋本駅。
葵座
所在地 : 和歌山県伊都郡高野口町小田(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年・1953年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「葵座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八千代座
所在地 : 和歌山県伊都郡岸上村(1953年)、和歌山県伊都郡岸上村370(1955年)、和歌山県橋本市岸上370(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「八千代座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
橋本映劇/橋本劇場/橋本日活
所在地 : 和歌山県橋本市東家(1958年・1960年)、和歌山県橋本市東家216(1963年)、和歌山県橋本市東家4-4(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「橋本映劇」。1960年の映画館名簿では「橋本劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「橋本日活」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1994年の住宅地図では跡地に「土生駐車場」。跡地は「橋本簡易裁判所」北東90mにある駐車場。最寄駅はJR和歌山線橋本駅。

1970年の橋本劇場の写真あり。橋本市東家にある御殿橋の西側、国道24号の北側には橋本劇場があった。『太陽の季節』『狂った果実』『戦争と人間』『幕末』『家族』『木の群』など日活系の作品が多く上映された。生徒の映画鑑賞会も行われた。橋本劇場から北東に伸びる路地の両側はスナック街となっていた。2004年現在では映画館の建物は取り壊されて車庫が建ち、その手前の広場は駐車場となっている。*23

国道24号の脇には映画館「橋本日活」があり、橋本日活から北に50mほど続く路地には10数軒の居酒屋・バー・スナックなどがひしめいていた。この路地を「浮世小路」と呼び、橋本・伊都地方では一番の歓楽街だった。*24
高野口平和劇場/平和劇場
所在地 : 和歌山県伊都郡高野口町名倉(1990年・1992年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1992年頃
1960年・1963年の映画館名簿では「平和劇場」。1966年・1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「高野口平和劇場」。1990年・1992年の映画館名簿では「平和劇場」。1992年の映画館名簿では鉄筋造2階、323席、経営会社が岸田興業株式会社、経営者・支配人ともに岸田功、邦画・洋画を上映。1993年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はファミリーマートとなり、現在の跡地は国道24号「名倉」交差点北東角の「葬祭会館東京屋」。最寄駅はJR和歌山線高野口駅。

伊都郡かつらぎ町

日の出劇場/妙映/妙劇
所在地 : 和歌山県伊都郡妙寺町(1953年・1955年)、和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺(1960年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1951年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「日の出劇場」。1955年の映画館名簿では「妙映」。1960年の映画館名簿では「妙劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
桜映画劇場
所在地 : 和歌山県伊都郡笠田町(1953年)、和歌山県伊都郡かつらぎ町笠田東(1960年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年の映画館名簿では「桜映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

伊都郡高野町

高野山劇場
所在地 : 和歌山県伊都郡高野町高野山438(1960年)、和歌山県伊都郡高野町高野山(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「高野山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

伊都郡九度山町

映画館名簿によると九度山町に映画館は存在しなかったと思われる。

海草郡紀美野町

野上座
所在地 : 和歌山県海草郡東野上町(1953年・1955年)、和歌山県海草郡野上町字小畑(1960年・1963年)
開館年 : 1945年1月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1945年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「野上座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

和歌山県中部

有田市

永楽座
所在地 : 和歌山県有田郡箕島町(1950年・1953年・1955年)、和歌山県有田市箕島町701(1958年・1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「永楽座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

箕島にあった「永楽座」のイラストあり。二度の火災を経て3代目の建物となった永楽座では、芝居も活動写真も行われた。*25
有田会館
所在地 : 和歌山県有田市箕島(1958年)、和歌山県有田市箕島841(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有田会館」。1959年の映画館名簿では経営者が大川安男、支配人が佐原宏、鉄筋コンクリート造平屋建冷暖房付、304席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿では経営者が太陽企業、鉄筋コンクリート造平屋建冷暖房付、300席、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和映画劇場/有田箕島昭和映画劇場/箕島昭和映画劇場
所在地 : 和歌山県有田市箕島町885-2(1958年)、和歌山県有田市箕島(1960年)、和歌山県有田市箕島町885(1973年・1976年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭和映画劇場」。1966年の映画館名簿では「有田箕島昭和映画劇場」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「箕島昭和映画劇場」。1978年のゼンリン住宅地図では「昭和映劇」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケットとなったがこれも1982年閉店。「有田劇場」や「昭映」とも。跡地は「コーナン箕島店」西側の分譲住宅地。最寄駅はJR紀勢本線箕島駅。

昭和20年代の「昭映」の写真あり。箕島駅前には昭映があり、東宝系や大映系の作品が上映されていた。昭和40年代には東宝の『ゴジラ』シリーズ、大映の『ガメラ』シリーズが大ヒットした。閉館後には1991年の江口洋介主演の映画『真夏の少年』に1シーンだけ建物が登場した。*26
箕島映画劇場/箕島東映/有田箕島映劇/箕島映劇
所在地 : 和歌山県有田郡箕島町(1953年)、和歌山県有田郡箕島町469(1955年)、和歌山県有田市箕島469(1960年)、和歌山県有田市本町2(1963年)、和歌山県有田市箕島町469(1966年・1973年・1980年・1982年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年9月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「箕島映画劇場」。1955年の映画館名簿では経営者が小川由松、支配人が小川稔、木造平屋建、186席、上映作品は混合。1959年の映画館名簿では経営者が小川稔、木造2階建、400席、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「箕島東映」。1963年の映画館名簿で経営者が小川平次、支配人が小川稔、木造2階建、500席、邦画を上映。1966年の映画館名簿では「有田箕島映劇」。1969年・1973年・1980年・1982年の映画館名簿では「箕島映劇」。1978年のゼンリン住宅地図では「箕島映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。「箕映」とも。跡地は「きのくに信用金庫箕島支店」の西100mの駐車場。最寄駅はJR紀勢本線箕島駅。

有田市の箕島市街地の映画館としては、駅前の「昭映」、本町の「箕映」、蓮池のほとりの「永楽座」、辰ヶ浜の「浜映」などがあった。箕映には2階に畳席があり、寝転びながら映画を観ることができた。*27

御坊市

御坊市の映画館
戦後には映画が手ごろな娯楽だった。戦後まもなく「老松座」と「日吉座」が営業再開し、さらにシネマスコープ上映館として松原通りに「グランド劇場」が、洋画専門館として中町2丁目に「中央劇場」が開館した。やがて経営不振で閉館が相次ぎ、1978年(昭和53年)末にはグランド劇場の1館のみとなった。*28
朝日座
所在地 : 和歌山県御坊市春日町248(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「朝日座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

御坊市の東町には仮設的な劇場として「朝日座」があった。1955年(昭和30年)頃から約10年に渡って芝居や映画の興行を行っていた。*29
日吉座/御坊日吉座
所在地 : 和歌山県日高郡御坊町(1950年・1953年)、和歌山県御坊市御坊町(1955年)、和歌山県御坊市薗164(1960年・1963年)、和歌山県御坊市薗166-1(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1923年、1950年9月
閉館年 : 1971年
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年の映画館名簿では「御坊日吉座」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「御坊日吉座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

1923年(大正12年)、日高郡御坊町の石橋通に「日吉座」が開館した。戦後の一時期は「セントラル劇場」と改称して洋画を上映したが、後に日活直営館となった。1969年(昭和44年)10月には1200席を320席に縮小してリニューアル開館したが、2年後の1971年(昭和46年)に閉館した。*30
中央劇場/御坊中央劇場
所在地 : 和歌山県御坊市中町2-67(1960年・1963年)、和歌山県御坊市中町2(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1956年6月
閉館年 : 1976年11月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「御坊中央劇場」。1979年のゼンリン住宅地図では「中央劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。跡地は「御坊市地内町会館」の東側にある「カラオケ喫茶未来」(※閉店済)専用駐車場。

1956年(昭和31年)6月、中町2丁目に洋画専門館として「中央劇場」が開館した。1956年末の『十戒』、1965年初頭の『ベン・ハー』などは学生や若者の人気を得た。1976年(昭和51年)11月に閉館した。*31
老松座/御坊老松座
所在地 : 和歌山県日高郡御坊町(1950年・1953年)、和歌山県御坊市御坊町319(1955年)、和歌山県御坊市薗219(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1905年7月
閉館年 : 1978年10月
『全国映画館総覧 1955』では1905年7月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「老松座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「御坊老松座」。1979年のゼンリン住宅地図では「老松座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「天性寺」北北東70mの駐車場。

1902年(明治35年)、元町に「老松座」が開館して芝居を上演した。後に映画館となったが、1978年(昭和53年)10月に閉館した。座席数は約300席。*32
東映グランド劇場/御坊東映グランド劇場/御坊グランド劇場/グランド劇場
所在地 : 和歌山県御坊市薗489(1960年)、和歌山県御坊市松原通(1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)、和歌山県御坊市松原通510(1990年・1992年)
開館年 : 1955年9月
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「グランド劇場」。1963年の映画館名簿では「東映グランド劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「御坊東映グランド劇場」。1979年のゼンリン住宅地図では「東映グランド劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「御坊グランド劇場」。1985年のゼンリン住宅地図では「御坊グランド劇場」。1990年・1992年の映画館名簿では「グランド劇場」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「高辻内科胃腸科」専用駐車場と「三ツ星薬局御坊店」。

1955年(昭和30年)9月、松原通に「グランド劇場」が開館した。東映系の時代劇が盛況だったが、漫画映画、文学作品の映画化作品(『伊豆の踊子』『絶唱』)なども人気だった。*33
ジストシネマ御坊
所在地 : 和歌山県御坊市湯川町財部181 ロマンシティ御坊3階(2010年)
開館年 : 1999年11月27日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「ジストシネマ御坊1・2・3」(3館)。

有田郡湯浅町

湯浅東映/湯浅会館
所在地 : 和歌山県有田郡湯浅町(1953年)、和歌山県有田郡湯浅町395(1955年)、和歌山県有田郡湯浅町湯浅(1960年)、和歌山県有田郡湯浅町(1963年)、和歌山県有田郡湯浅町湯浅(1966年・1969年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1949年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「湯浅会館」。1963年の映画館名簿では「湯浅東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「湯浅会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の住宅地図では「湯浅会館(映劇)」。跡地は「真楽寺」北西50mにある月極駐車場「薮田駐車場供廖最寄駅はJR紀勢本線湯浅駅。

1949年(昭和24年)には湯浅町浜町に映画館として「湯浅会館」が開館した。*34
旭劇場/湯浅旭劇場
所在地 : 和歌山県有田郡湯浅町(1950年・1953年)、和歌山県有田郡湯浅町1291(1955年)、和歌山県有田郡湯浅町湯浅(1960年)、和歌山県有田郡湯浅町湯浅129(1966年)、和歌山県有田郡湯浅町湯浅1291(1969年)
開館年 : 1929年? 1930年?
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「湯浅旭劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

国鉄紀勢本線が和歌山駅から延伸される際、市街地に拡張の余地がなかった湯浅では、島之内地域の水田を埋め立てて市街地を拡張した。1930年(昭和5年)にはこの埋立地にいち早く「旭劇場」が建設された。戦後の映画人気にこたえて、1948年(昭和23年)には畳敷きだった旭劇場が腰掛式座席となった。*35

昭和30年代の湯浅町にあった「旭座」の写真あり。*36

昭和30年代の旭劇場の写真あり。1929年(昭和4年)には湯浅町の島之内に「旭劇場」が開館した。旭劇場のおかげで湯浅町や広川町で映画が人気となり、両町にライバル館が続々と開館した。*37

有田郡広川町

広映画劇場
所在地 : 和歌山県有田郡広川町広町491(1955年)、和歌山県有田郡広川町(1960年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「広映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の映画人気にこたえて、1948年(昭和23年)には畳敷きだった湯浅町の「旭劇場」が腰掛式座席となった。次いで湯浅町に隣接する広川町に映画館の「広映」が開館し、湯浅町と広川町に計3館の映画館が鼎立した。*38

有田郡有田川町

金屋東映
所在地 : 和歌山県有田郡吉備町大字庄(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「金屋東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
金屋口劇場
所在地 : 和歌山県有田郡吉備町徳田(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「金屋口劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1979年の有田川町徳田にあった金屋口青果市場の写真あり。金屋口は奥有田の玄関口として栄え、「金屋口劇場」「中央会館」の2館の映画館もあった。*39
橘座
所在地 : 和歌山県有田郡藤並村下津野(1955年)、和歌山県有田郡吉備町下津野(1960年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1949年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「橘座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
天満映画劇場
所在地 : 和歌山県有田郡金屋町中井原(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「天満映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
清水東宝カネタマル劇場
所在地 : 和歌山県有田郡清水町325(1966年・1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「清水東宝カネタマル劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

日高郡由良町

由良劇場
所在地 : 和歌山県日高郡由良町横浜(1966年)
開館年 : 1940年6月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1940年6月開館。1950年・1953年・1960年・1966年の映画館名簿では「由良劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

日高郡印南町

朝日館/朝日座/印南朝日座
所在地 : 和歌山県日高郡印南町印南(1960年・1963年)、和歌山県日高郡印南町2295(1966年)
開館年 : 1920年5月
閉館年 : 1961年9月16日
『全国映画館総覧 1955』によると1920年5月開館。1953年の映画館名簿では「朝日館」。1960年・1963年の映画館名簿では「朝日座」。1966年の映画館名簿では「印南朝日座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和初期の印南には「朝日座」が開館して映画が人気となった。当初は洲崎楠五郎が経営者であり、やがて久保為二や酒井長助が引き継いだ。切目や稲原などからも観客を集めた。1961年(昭和36年)9月16日の第2室戸台風で倒壊して閉館した。*40

日高郡みなべ町

千歳座/千歳劇場/南部千歳劇場
所在地 : 和歌山県日高郡南部町北道(1960年)、和歌山県日高郡南部町(1963年)、和歌山県日高郡南部町北道195(1966年・1969年)
開館年 : 1932年、1939年8月
閉館年 : 1971年
『全国映画館総覧 1955』によると1939年8月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「千歳座」。1960年の映画館名簿では「千歳劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「南部千歳劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「メガネの松原」や「松寿司本店」の裏側にある駐車場。

1933年には南部町に「千歳座」ができ、映画の上映や芝居の上演を行った。*41

1931年(昭和6年)に北道の高見共同墓地が移転して広い空地ができたため、1932年(昭和7年)には株式組織で「千歳座」が開館した。当時は「墓地跡は繁昌する」と言われていたのである。千歳座の開館によって、南道の稲荷神社北隣にあった「三共座」が閉館している。1943年(昭和18年)には「千歳劇場」に改称して映画の常設館となった。1971年(昭和46年)には千歳劇場が閉館し、1992年(平成4年)に建物が取り壊された。時期不明の千歳劇場の写真あり。1971年3月16日の『梅洋新聞』に掲載された最後の映画広告には、勝新太郎&藤田弓子主演の『どでかい奴』と高橋英樹&和泉雅子主演の『風の天狗』が掲載されている。*42

昭和末期から平成初期の南部町北道にあった映画館「千歳座」廃墟の写真あり。1931年にみなべ町まで鉄道が敷設されたことで、1932年に高見共同墓地跡地の空き地に千歳座が開館した。1943年には千歳劇場に改称して常設映画館となった。『東京オリンピック』や『黒部の太陽』は学校鑑賞の対象となった。1971年に閉館し、1992年に建物が取り壊された。*43

日高郡美浜町

映画館名簿によると美浜町に映画館は存在しなかったと思われる。

日高郡日高町

映画館名簿によると日高町に映画館は存在しなかったと思われる。

日高郡日高川町

映画館名簿によると日高川町に映画館は存在しなかったと思われる。

和歌山県南部

田辺市

葵映画劇場/田辺葵映画劇場
所在地 : 和歌山県田辺市下屋敷町1-1(1955年・1960年・1963年)、和歌山県田辺市下屋敷町1(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「葵映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「田辺葵映画劇場」。1972年のゼンリン住宅地図では「葵映劇場」。1978年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「奨楽写真館」。

1952年の田辺市にあった「葵映画劇場」の写真あり。下屋敷町のアオイ通りにあった。昭和30年代の田辺市には、「常磐座」「住吉座」「錦輝館」「葵映画劇場」「ハリウッド劇場」の5館の映画館があった。*44
田辺東映ハリウッド劇場/ハリウッド劇場/田辺東映/田辺ハリウッド劇場/田辺東映劇場/田辺ハリウッド
所在地 : 和歌山県田辺市湊655(1955年)、和歌山県田辺市湊町655(1960年・1963年)、和歌山県田辺市湊655(1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1950年7月
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1957年の映画館名簿では「ハリウッド劇場」。1959年の映画館名簿では「田辺東映ハリウッド劇場」。1960年の映画館名簿では「ハリウッド劇場」。1963年の映画館名簿では「田辺東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「田辺ハリウッド劇場」。1972年のゼンリン住宅地図では「ハリウッド劇場」。1973年の映画館名簿では「田辺東映劇場」。1978年のゼンリン住宅地図では「ハリウッド劇場」。1980年の映画館名簿では「田辺ハリウッド」。1982年・1984年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東京海上日動火災保険田辺支社」。

昭和30年代の田辺市の宮地通り商店街の写真あり。現在のホテルニュータナベ付近から仮庵山を望んでいる。中央奥には闘鶏神社の鳥居が見え、右奥には映画館「ハリウッド劇場」が見えている。*45
錦輝館/田辺錦輝館
所在地 : 和歌山県田辺市湊1695(1955年)、和歌山県田辺市湊町1695(1960年・1963年)、和歌山県田辺市湊1695(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1927年5月10日
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「錦輝館」。1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「田辺錦輝館」。1972年のゼンリン住宅地図では「錦輝館(映劇)」。1978年・1984年のゼンリン住宅地図では「錦輝館」。1986年・1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「田辺市民総合センター」南西の「西川医院」。

1927年(昭和2年)2月20日に建設中の「錦輝館」を写した写真あり。同年5月10日に開館日の錦輝館に並ぶ人々の写真あり。錦輝館は開館当初から活動写真の常設館だった。*46

昭和初期の「錦輝館」の写真あり。1927年(昭和2年)5月、浄行寺の近くに錦輝館が開館した。*47

1927年5月10日の開館当日の「錦輝館」の写真あり。*48
住吉座/田辺住吉座
所在地 : 和歌山県田辺市紺屋町68(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、和歌山県田辺市紺屋町62(1980年)、和歌山県田辺市紺屋町68(1985年・1986年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1986年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「住吉座」。1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「田辺住吉座」。1972年のゼンリン住宅地図では「住吉座(映劇)」。1978年・1984年のゼンリン住宅地図では「住吉座」。1986年の映画館名簿では「住吉座」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「稲荷神社」西側で「紺屋町屋」東側の三角地帯。
田辺大映/田辺常盤座/常盤座/トキワ座
所在地 : 和歌山県田辺市上屋敷町33(1960年・1963年・1966年)、和歌山県田辺市上屋敷町(1969年)、和歌山県田辺市上屋敷町33(1973年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1995年頃
1950年・1953年の映画館名簿では「常盤座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「田辺大映」。1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「田辺常盤座」。1972年のゼンリン住宅地図では「常盤座(映劇)」。1978年・1984年のゼンリン住宅地図では「常磐座」(盤ではない)。1990年の映画館名簿では「常盤座」。1995年の映画館名簿では「トキワ座」。1996年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2018年開所の高齢者介護施設「アネックス生翔」。

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「田辺トキワ座」に関する随筆が掲載されている。*49
ジストシネマ田辺1・2・3
所在地 : 和歌山県田辺市稲成町新江原3229 パビリオンシティ田辺C館3階(2010年)
開館年 : 1996年
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「ジストシネマ田辺1・2・3」(3館)。

新宮市

くまの座/熊野座
所在地 : 和歌山県新宮市三輪崎(1953年)、和歌山県新宮市三輪崎827(1955年)、和歌山県新宮市三輪崎町13(1958年)、和歌山県新宮市三輪崎827(1960年)、和歌山県新宮市三輪崎35(1963年)
開館年 : 1938年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年8月開館。1953年の映画館名簿では「熊野座」。1955年の映画館名簿では「くまの座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「熊野座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
新宮日の出映画劇場/南芳劇場/南芳映画劇場/新宮松竹
所在地 : 和歌山県新宮市馬町525(1950年)、和歌山県新宮市日の出通(1953年)、和歌山県新宮市日之出通(1955年)、和歌山県新宮市馬町2-3(1958年)、和歌山県新宮市新宮馬町2-3-1(1960年)、和歌山県新宮市新宮505(1963年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』では1949年3月開館。1950年の映画館名簿では「新宮日の出映画劇場」。1953年の映画館名簿では「南芳劇場」。1955年の映画館名簿では「南芳映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宮松竹」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
新宮東宝映画劇場/新宮東宝/新宮東宝劇場
所在地 : 和歌山県新宮市新宮(1953年・1955年)、和歌山県新宮市仲之町7-1(1958年)、和歌山県新宮市新宮407-1(1960年)、和歌山県新宮市横町2-1-5(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』では1950年10月開館。1950年の映画館名簿では「新宮東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「新宮東宝」。1958年の映画館名簿では「新宮東宝劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「新宮東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「新宮東宝劇場」。1970年のゼンリン住宅地図では「新宮東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年のゼンリン住宅地図では跡地に「東宝駐車場」。現在の跡地は「新宮東宝駐車場」。

新宮市の横町には「東宝映画館」があり、『ゴジラ』などが上映された。昭和30年代の東宝映画館の写真あり。1970年の火災後に閉館し、跡地にはボウリング場を建てる計画もあったが、駐車場用地が確保できなかったため計画倒れに終わった。熊野地方初の東宝ボウリング場は鴻田に開店している(新宮東宝ボウル)。2004年現在の跡地は東宝駐車場となっている。*50
新宮大映/新宮東映/新宮東映劇場
所在地 : 和歌山県新宮市馬町2-3(1958年)、和歌山県新宮市新宮馬町2-3-17(1960年・1963年)、和歌山県新宮市馬場2-3-17(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1985年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「新宮大映」。1960年・1963年の映画館名簿では「新宮東映」。1966年・1969年・1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宮東映劇場」。1970年・1977年のゼンリン住宅地図では「新宮東映」。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「パチンコ21世紀シアターしんぐう」立体駐車場。
新宮映画館/アオイ劇場/新宮葵劇場/新宮葵映画劇場
所在地 : 和歌山県新宮市谷王寺通(1955年)、和歌山県新宮市谷王寺町3-3(1960年)、和歌山県新宮市谷王寺3-3(1963年)、和歌山県新宮市谷王寺町3-3(1966年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1948年10月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』では1948年10月開館。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「新宮映画館」。1963年の映画館名簿では「アオイ劇場」。1966年の映画館名簿では「新宮葵劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていないが理由は不明。1970年のゼンリン住宅地図では「葵劇場」。1973年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宮葵映画劇場」。1977年のゼンリン住宅地図では「アオイ映画館」。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「カラオケハウス ファミリー」。
ファミリーシアターA・B/新宮ファミリーシアターA・B/ジストシネマ新宮1・2
所在地 : 和歌山県新宮市谷王子418-1 ペアシティオークワ(1990年・1995年・2000年・2005年)、和歌山県新宮市谷王子418番地1号 オークワ新宮仲之町店(2010年)
開館年 : 1988年
閉館年 : 2008年10月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「ファミリーシアターA・B」(2館)。1995年の映画館名簿では「新宮ファミリーシアターA・B」(2館)。2000年・2005年の映画館名簿では「ジストシネマ新宮1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。後継施設はジストシネマ南紀。オークワ新宮仲之町店は現存。
ジストシネマ南紀1・2・3・4
所在地 : 和歌山県新宮市佐野3-11-19(2010年・2015年)、和歌山県新宮市佐野3-11-19 スーパーセンターオークワ南紀店(現在)
開館年 : 2005年3月5日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「ジストシネマ南紀1・2・3・4」(4館)。前身館はジストシネマ新宮。

西牟婁郡白浜町

日の出座/日乃出座/日之出座
所在地 : 和歌山県西牟婁郡日置町(1953年)、和歌山県西牟婁郡日置町93(1955年)、和歌山県西牟婁郡日置川町(1960年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1953年の映画館名簿では「日の出座」。1955年の映画館名簿では「日乃出座」。1960年の映画館名簿では「日之出座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
白浜座/白浜映画劇場
所在地 : 和歌山県西牟婁郡白浜町(1953年・1955年・1960年・1963年)、和歌山県西牟婁郡白浜町白浜1109-2(1966年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1950年9月開館。1950年の映画館名簿では「白浜座」。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「白浜映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

西牟婁郡上富田町

映画館名簿によると上富田町に映画館は存在なかったと思われる。

西牟婁郡すさみ町

グランド劇場
所在地 : 和歌山県西牟婁郡すさみ町(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「グランド劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
周参見映画劇場
所在地 : 和歌山県西牟婁郡すさみ町(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「周参見映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

東牟婁郡太地町

平和劇場/太地平和劇場
所在地 : 和歌山県東牟婁郡太地町3107(1955年)、和歌山県東牟婁郡太地町(1960年・1963年)、和歌山県東牟婁郡太地町3107(1966年・1969年)
開館年 : 1948年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1948年1月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「太地劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「太地平和劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

東牟婁郡那智勝浦町

三菱妙法会館
所在地 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町井関(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「寿座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
那智映画劇場/那智映劇
所在地 : 和歌山県東牟婁郡那智町(1955年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町井関(1960年・1963年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1964年9月1日
『全国映画館総覧 1955』では1953年10月開館。1955年の映画館名簿では「那智映劇」。1960年の映画館名簿では「那智映画劇場」。1963年の映画館名簿では「那智映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年(昭和28年)4月から1964年(昭和39年)9月1日まで、那智勝浦町井関には「那智映劇」があった。定員は350人。寿座と姉妹関係にあった。*51
下里映画劇場
所在地 : 和歌山県東牟婁郡下里町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1957年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には下里町下里に1938年5月開館で経営者が北山清明で420席の「いろは座」が掲載されている。1957年の映画館名簿では「下里映画劇場」。1957年の映画館名簿では経営者が後藤萌、木造2階建、200席、邦画を上映。1960年の映画館名簿では「大里映画劇場」。1963年の映画館名簿では「下里映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
寿座/勝浦寿座
所在地 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町井関(1960年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1181(1963年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1181(1966年・1969年)
開館年 : 1917年7月
閉館年 : 1970年6月
『全国映画館総覧 1955』では1947年3月開館。1950年・1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿座」。1966年・1969年の映画館名簿では「勝浦寿座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「いろは寿司」などが入る「寿ビル」。最寄駅はJR紀勢本線紀伊勝浦駅。

那智勝浦町には劇場として「寿座」があった。鈴木魚吉が創設し、鈴木悌二が経営した。1917年(大正6年)7月にこけら落とし公演を行ったが、1927年(昭和2年)に火災で焼失し、その後再建されている。1970年6月まで興行を行った。当初の定員は500人だったが、改装後は727人となった。改装前は一部2階建ての畳敷きであり、桟敷席や花道もある古風な劇場だった。著名俳優の高田浩吉や鶴田浩二も訪れたことがあるという。1927年の建設中の寿座の写真あり。*52

1917年(大正6年)の那智勝浦にあった劇場「寿座」の写真あり。1917年(大正6年)に500人収容の劇場として開館した。この際の建物は大正末期に焼失したが、1927年(昭和2年)に2階建て727人収容の建物が再建された。やがて劇場から映画館に転換し、1955年(昭和30年)過ぎまで盛況だった。1970年(昭和45年)6月に閉館した。1971年(昭和46年)の写真あり。「KOTOBUKI」の文字が見える。2004年(平成16年)現在の写真あり。建物には数軒の飲食店が入っている。映画館時代と建物は異なると思われるが、「KOTOBUKI」の文字が見える。*53
勝浦映劇/勝浦映画劇場
所在地 : 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地(1960年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1181(1963年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地5-2-6(1966年・1969年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦281(1973年)、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町281(1980年)
開館年 : 1953年5月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「勝浦映画劇場」。1973年の映画館名簿では「勝浦映劇」。1979年のゼンリン住宅地図では「勝映」。1980年・1982年の映画館名簿では「勝浦映画劇場」。1982年の映画館名簿では経営者が鈴木悌二、支配人が東猛、300席、木造平屋、邦画・成人映画を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホテルシャルモント」正面の「久原理容所」や「タイ風居酒屋BAIBOA」。最寄駅はJR紀勢本線紀伊勝浦駅。

1953年(昭和28年)5月から1980年(昭和55年)現在まで営業している映画館に「勝浦映画劇場」(勝映)があり、現在の那智勝浦町唯一の映画館である。当初は鈴木悌二が経営し、1976年(昭和51年)から東孟が経営している。*54

東牟婁郡串本町

田並劇場
所在地 : 和歌山県東牟婁郡串本町田並1547-1(現在)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1965年頃
公式サイト : 田並劇場
2018年(平成30年)7月、東牟婁郡串本町のJR田並駅前にあった映画館「田並劇場」が半世紀ぶりに復活した。7月と8月には1967年の怪獣映画『大怪獣ガッパ』など昭和時代の邦画が上映された。林憲昭(48)は東京芸術大学油絵科出身の現代美術家であり、2008年に田辺市中辺路町で熊野古道をテーマとする活動を展開したことをきっかけとして、串本町田並上に移り住んでいた。田並劇場の中2階には、林が所有する書籍を集めた田並文庫という本棚も設置されている。*55

東牟婁郡串本町のJR田並駅の傍らには、芝居や映画の興行を行う文化拠点だった「田並劇場」がある。廃墟となっていた田並劇場の再生プロジェクトが現在進行形で進められており、現代美術家の夫妻がほぼ独力で改修した。ステージや映写機があった中2階、売店のボックスといった遺構を残しながらも、2015年10月10日にギャラリーカフェとしてオープンを予定している。田並1547-1。*56
築地映画劇場/串本築地映画劇場
所在地 : 和歌山県西牟婁郡串本町(1953年・1955年・1960年・1963年)、和歌山県西牟婁郡串本町1705(1966年)
開館年 : 1914年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1914年9月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「築地映画劇場」。1966年の映画館名簿では「串本築地映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
古座老松座/古座映劇/古座映画劇場
所在地 : 和歌山県東牟婁郡古座町(1960年・1963年)、和歌山県東牟婁郡古座町中湊462-1(1966年・1969年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1949年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「古座老松座」。1960年・1963年の映画館名簿では「古座映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「古座映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和20年代の「老松座」の写真あり。1994年(平成6年)現在の東牟婁郡古座川町高池にあった。大正初期の木造建築であり、収容人員は300人余りだった。戦後には映画の興行だけでなく、政治家の講演会、地域青年団体の発表会なども開催された。*57

昭和20年代後半の開館時の「古座映劇」の写真あり。古座町中湊にあった。老松座が老朽化したために古座映劇が開館した。*58
熊野タイムス会館/熊野タイムス/串本タイムス/串本タイムズ
所在地 : 和歌山県西牟婁郡串本町(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年・1975年・1976年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』では1947年8月開館。1955年の映画館名簿では「熊野タイムス」。1960年の映画館名簿では「熊野タイムス会館」。1963年の映画館名簿では「柏木タイムス」(※誤字の可能性が高い)。1966年の映画館名簿では「熊野タイムス」。1969年・1973年の映画館名簿では「串本タイムス」。1974年・1975年・1976年の映画館名簿では「串本タイムズ」(※スではなくズ)。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

東牟婁郡古座川町

映画館名簿によると古座川町に映画館は存在しなかったと思われる。

東牟婁郡北山村

映画館名簿によると北山村に映画館は存在しなかったと思われる。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます