閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


福岡市中心部

中央区

演伎座/新演伎座
所在地 : 福岡県福岡市春吉三光町350(1960年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
「昭和30年頃の渡辺通り界隈地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.131。
ゆには映劇/福岡ゆには劇場
所在地 : 福岡県福岡市清川1-4街区9(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
六本松東映/六本松東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市草香江2-2-12(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
TA朝日会館/朝日会館/福岡朝日会館
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神2-8(1973年)
開館年 : 1954年12月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
みなみ東映/福岡みなみ東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市高砂1-1街区23(1969年)、福岡県福岡市高砂1-1-23(1973年・1975年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
福岡市における東映の直営2号館。後のキャバレー・ミナミ。跡地は「福岡東映ホテル」。「昭和30年頃の渡辺通り界隈地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.131。p.61に1971年の写真あり。
赤坂日活/赤坂日活映劇/赤坂劇場/赤坂映画劇場/福岡赤坂映劇
所在地 : 福岡県福岡市中央区赤坂1-5-23(1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
天神映劇/福岡天神映劇
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神2-13-18(1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
福岡にっかつ劇場
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神3-3-7(1985年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
中央映劇/天神中央映画劇場/福岡天神中央映劇/福岡天神中央劇場
所在地 : 福岡県福岡市下名島町(1963年)、福岡県福岡市中央区天神3-5-5(1985年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
天神キノ1・2
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神2-4-24(1990年)
開館年 : 1985年以後1990年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
KBCシネマ北天神
所在地 : 福岡県福岡市中央区長浜1-1-34(1990年)
開館年 : 1987年
閉館年 : 1998年5月
80席。後継館はKBCシネマ1・2。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
天神中央ホール/シネテリエ天神/天神シネマ
所在地 : 福岡県福岡市中央区長浜1-1-34(2000年)、福岡県福岡市中央区長浜1-1-34 馬場ビル地下1階(閉館時)
開館年 : 1983年
閉館年 : 2010年10月29日
60席。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
Wikipedia : シネテリエ天神

2010年10月29日をもって、福岡市中央区天神の親富孝通りにある映画館「天神シネマ」が閉館する。60席1スクリーン。前身の「シネテリエ天神」は九州におけるミニシアターの草分け的存在だったが、2009年10月に天神シネマに改称して成人映画専門館となった。毎週水曜日18時以降を女性とカップルのみの入場とするなどの工夫も行っていた。1980年代初頭に開館し、1988年に有楽興行の経営となってシネテリエ天神に改称した。*1
ユナイテッド・シネマ福岡
所在地 : 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1 ホークスタウン2階(2010年)
開館年 : 2000年4月
閉館年 : 2016年3月31日
10スクリーンのシネコン。後継施設はユナイテッド・シネマ福岡ももち。
天神東宝/TOHOシネマズ天神本館
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神2-6-27(2010年)
開館年 : 1997年3月15日(天神東宝)、2012年1月21日(TOHOシネマズ天神)
閉館年 : 2017年3月31日
6スクリーンのシネコン。

1997年3月15日、福岡市の天神に東宝が経営する「天神東宝ビル」の開館を前にして女優の水野美紀らがテープカットを行った。東宝の石田敏彦社長は記者会見で、3年ほど前から天神への移転を検討していたと語った。地上8階・地下1階建。東宝系6館が入り、3階・5階・7階に2スクリーンずつある。座席数は73席から406席までさまざまである。毎週金曜日には洋画を中心に深夜上映を行う。3月16日には『ドラえもん』に出演する大山のぶ代などが舞台挨拶を行う。*2

1997年3月15日、福岡市中央区天神に東宝が経営する「天神東宝ビル」が開館した。博多区中洲にある東宝系の「福岡宝塚会館」(5館)が、スクリーン数を6館に増やして天神に移転する形となる。天神東宝は午前9時の『ドラえもん』で幕を開け、母親や幼児らの行列ができた。1996年春には博多区住吉のキャナルシティ博多に国内最大のシネコンが開館したばかりであり、福岡市の映画館地図がまた塗り替わった。天神の映画館は11館、中洲は11館、住吉は13館と、福岡市に計39館ある映画館の立地は3極化している。*3

2017年3月末をもって、福岡市の天神にある映画館「TOHOシネマズ天神 本館」が閉館する。東宝が天神東宝ビルの建て替えを検討しているため。1997年3月に「天神東宝」として開館し、2012年1月に近くのソラリアプラザの映画館を引き継いだ際に「TOHOシネマズ天神 本館」に改称した。「TOHOシネマズ天神 ソラリア館」の営業は継続する。*4
センターシネマ/ソラリアシネマ1・2・3/TOHOシネマズ天神ソラリア館1・2・3/TOHOシネマズ天神1・2・3
所在地 : 福岡県福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ7階(2020年)
開館年 : 1956年4月11日(センターシネマ)、1989年3月24日(ソラリアシネマ)、2012年1月21日(TOHOシネマズソラリア館)
閉館年 : 2011年11月30日(ソラリアシネマ)、営業中
3スクリーン。

2012年1月21日、福岡市中央区天神に東宝による映画館「TOHOシネマズ天神 ソラリア館」が開館した。西日本鉄道が2011年秋まで営業していた「ソラリアシネマ」を改修・改称した。近くの「天神東宝」は「TOHOシネマズ天神 本館」に改称し、2施設で計9スクリーン1473席を持つ天神地区初のシネコンとなった。ソラリア館のオープニング作品は『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』など。*5
KBCシネマ1・2
所在地 : 福岡県福岡市中央区那の津1-3-21(2020年)
開館年 : 1988年
閉館年 : 営業中
前身館はKBCシネマ北天神。
ユナイテッド・シネマ福岡ももち
所在地 : 福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1 MARK IS 福岡ももち4階(2020年)
開館年 : 2018年7月
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。前身館は同一地点にあったユナイテッド・シネマ福岡。

博多区(中洲)

有楽映劇/福岡有楽映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市東中洲245(1960年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 1960年以後1963年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
博多日活/博多日活映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市東中洲272(1960年)、福岡県福岡市東中洲273(1963年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1963年以後1966年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
中洲映劇/福岡中洲映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市東中洲195(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
ハリウッド映劇/福岡ハリウッド映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市東中洲芳町172(1960年)、福岡県福岡市東中洲172(1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
タマヤシネマ/タマヤ ホール/福岡タマヤホール
所在地 : 福岡県福岡市東中洲235(1960年・1963年)、福岡県福岡市東中洲235-1(1966年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1966年以後1969年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
福岡日活/福岡日活劇場
所在地 : 福岡県福岡市中洲5-3-4(1969年)
開館年 : 1946年1月、1954年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
9階建の日活博多会館にあった。後の城山ホテル。博多日活劇場に次ぐ福岡市での日活直営2号館。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。p.57に1961年の写真あり。
松竹座/SY松竹座/福岡松竹座
所在地 : 福岡県福岡市中洲2-4-1(1969年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
テアトル川丈/福岡テアトル川丈
所在地 : 福岡県福岡市中洲3-1-8(1969年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
福岡東宝/福岡東宝劇場
所在地 : 福岡県福岡市中洲4-6-22(1973年・1975年)、福岡県福岡市博多区中洲4-6-12(1985年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1985年以後1990年以前

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
中洲シネプラザ
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲3-6-12(1990年)
開館年 : 1985年以後1990年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
中洲新東宝劇場
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲4-7-21(1990年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡東宝シネマ・福岡東宝名画座/福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡東宝シネマ1・2/福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡シネマ1・2・3/福岡宝塚会館1・2・3・4・5
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲5-5-1(1990年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1997年
建物名は福岡宝塚会館。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡福岡大映劇場/福岡松竹ピカデリー1・2/福岡松竹劇場・福岡松竹ピカデリー
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲5-4-5(1990年)
開館年 : 1949年
閉館年 : 1998年4月5日
254席・420席。

1998年4月5日をもって、福岡市博多区中洲の松竹直営映画館「福岡松竹」と「福岡ピカデリー」が閉館する。主な理由は施設の老朽化。建物は1949年に「福岡金星映劇」として開館し、「公楽劇場」や「福岡大映」に改称した後、70年代に松竹が買収して松竹直営館となった。420席の福岡松竹では邦画を、254席の福岡ピカデリーでは洋画を上映している。1996年に外資系シネコン「AMCキャナルシティ13」が開館したことや、中洲の福岡宝塚会館が天神に移転して天神東宝となったことで、中洲の映画館客数が減少していた。4月6日から松竹作品は「中洲大洋」で上映する予定。*6

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
栄楽舎/明治座/福博座/帝キネクラブ/大衆座/第二民衆クラブ/博多演舞場/博多演芸館/多門映劇/多門日活/博多にっかつ劇場/ロッポニカ博多/シネロマン博多/シネ リーブル博多
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲3-4-6。多門ビル7階(2000年)
開館年 : 明治期、1951年6月、1998年8月1日(シネ リーブル)
閉館年 : 2000年

1998年8月1日、福岡市中洲にある日活経営の成人映画館「シネロマン博多」がミニシアター「シネ・リーブル博多」に改称する。福岡市で3館目のアート系ミニシアターである。にっかつ時代の1983年に開館した。1997年には日活が一般映画の映画を再開したため、福岡市での上映館にするとともにアート系までジャンルを広げた。8月1日から8月7日には、崔洋一監督作『犬、走る』と相米慎二監督作『あ、春』などを日替わりで上映する。8月8日には本格的な上映を開始し、大林宣彦監督作『風の歌が聴きたい』を、22日からはインド映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』を上映する。*7

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡グランド劇場/博多東映グランド劇場/福岡松竹
所在地 : 福岡県福岡県福岡市東中洲272(1966年)、福岡市福岡市博多区中洲4-7-8(1990年・2000年)
開館年 : 1963年以後1966年以前、1998年8月8日(福岡松竹)
閉館年 : 2000年2月28日

1998年8月8日、福岡市博多区中洲の映画館「東映グランド」が「福岡松竹」の名称となる。福岡松竹は4月に閉館したが、430席の東映グランドを借りて営業を再開する。松竹の人気作品である『釣りバカ日誌10』がオープニング作品。東映が経営する東映グランドは洋画系を上映していたが、他の映画館でも洋画の上映が可能と判断した。*8

2000年2月末をもって、福岡市博多区中洲4の映画館「福岡松竹」が閉館する。1998年8月、中洲から東映系列の映画館を借りる形で現在地に移転した。賃借契約が切れることが閉館の理由。移転前の福岡松竹は1971年に開館したが、1998年4月に閉館して解体された。その後、松竹は「東映グランド」を借りて福岡松竹に改称し、営業を続けていた。『釣りバカ日誌』が最終上映作品。*9

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡東映劇場・福岡東映地下劇場/福岡東映劇場・福岡東映パラス/福岡東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲4-3-18(2000年)
開館年 : 1955年、1994年6月(建て替え)
閉館年 : 2003年9月30日
Wikipedia : 福岡東映
福岡東映プラザは現存。

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。p.61に1971年の写真あり。

2003年9月いっぱいで、福岡市博多区中洲の映画館「福岡東映」が閉館する。東宝の直営館。1950年代後半の中洲には20館以上の劇場があったが、邦画直営館が消えることとなり、洋画中心の「中洲大洋」(4スクリーン)と成人映画館「オークラ劇場」(2スクリーン)のみとなる。福岡東映は1955年に開館した。1960年代後半には網走番外地シリーズが人気であり、任侠映画のオールナイト上映には筑豊からも客が来て立ち見も出た。1994年に改装し、商業ビルの地下に約300席を有していた。2000年の『長崎ぶらぶら節』や2001年の『ホタル』は年配客を集めた。1996年にはキャナルシティ博多に13スクリーンのシネコンが開館し、東宝や松竹の直営館が相次いで撤退していた。東映作品のシェアもシネコンに流れ、福岡東映のシェアは2割弱に過ぎなかった。最後のプログラムは『青春ばかちん料理塾』と『17才 旅立ちのふたり』の2本立てだったが、9月20日夕方の観客は母娘の2人だけだった。*10
文化劇場/文化映劇/福岡文化映画劇場/福岡文化オークラ映画劇場/福岡文化オークラ映劇/福岡オークラ劇場1・2
所在地 : 福岡県福岡市東中洲268(1960年・1963年)、福岡県福岡市中洲5-4-1(1969年)、福岡県福岡市博多区中洲5-4-1(1973年・1980年・1985年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1952年12月(文化劇場)、1971年(オークラ劇場)、1981年(建て替え)
閉館年 : 2006年5月28日
1960年の映画館名簿では「文化劇場」。1963年の映画館名簿では「文化映劇」。1969年の映画館名簿では「福岡文化映画劇場」。1973年の映画館名簿では「福岡文化オークラ映画劇場」。1980年の映画館名簿では「福岡文化オークラ映劇」。1985年・1990年・2000年・2005年の映画館名簿では「福岡オークラ劇場1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。70席と90席。ゲイ専門成人映画館。

2006年5月28日をもって、福岡市博多区中洲の映画館「福岡オークラ劇場」が閉館する。主として薔薇族映画と呼ばれる男性同性愛の作品を上映している。マジックミラーの扉の向こうには薄暗いロビーに受付がある。1971年、二番館だった「文化劇場」を大蔵映画が買収して成人映画専門館となった。1981年には現在の鉄骨造2階建てのビルを新築した。薔薇族映画とピンク映画を上映するが、約7割は薔薇族の客である。1971年の開館当時、男性同性愛者が知り合う場所は成人映画館くらいしかなく、オールナイト上映を行う土曜日には、長崎県・大分県・広島県などからも観客が訪れる。出会いの場がバーやインターネットに変化し、オークラ劇場では観客の高齢化が進んだ。2005年度の観客数は約3万5000人であり、10年前の約半分である。*11

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
大洋劇場・ニュー大洋1・ニュー大洋2・大洋シネサロン/福岡中洲大洋1・2・3・4
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲4-6-18(2020年)
開館年 : 1946年4月3日、1952年12月3日(ビル化)、1978年(2館化)、1980年(3館化)、1989年(4館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 大洋映画劇場

『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.69に1962年の写真あり。

博多区(中洲以外)

シネマパレス
所在地 : 福岡県福岡市明治町2-6-1(1969年)
開館年 : 1963年以後1969年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
大博名画座/大博劇場・大博名画座
所在地 : 福岡県福岡市上呉服町11(1969年)
開館年 : 1920年12月12日
閉館年 : 1972年3月20日
跡地はマンション「コアマンションルネス呉服町」。
Wikipedia : 大博劇場
筑紫東映/筑紫東映劇場/筑紫中央劇場
所在地 : 福岡県福岡市博多区竹丘町2丁目(1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
店屋富士映画劇場/富士映画劇場/富士映劇
所在地 : 福岡県福岡市博多区店屋町1-2(1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前
ステーションシネマ/福岡博多ステーションシネマ/博多ステーションシネマ(旧)
所在地 : 福岡県福岡市三社町博多駅構内(1966年)、福岡県福岡市三社町25 ステーションビル(1969年)、福岡県福岡市博多区博多駅中央街1(1980年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1980年以後1985年以前(移転)
日活公楽劇場/福岡日活公楽劇場/福岡日活公楽
所在地 : 福岡県福岡市博多区銀天町2-2-18(1985年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
サンハクト映劇/博多ステーションシネマ(新)
所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-3(1985年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
筑紫映劇/筑紫映画劇場/福岡筑紫映劇・福岡筑紫東映劇場/筑紫セントラル・筑紫映劇
所在地 : 福岡県福岡市博多区銀天町3-1-27(1990年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
福岡駅前東映劇場/福岡駅前東映劇場/駅前パレス・駅前にっかつ/駅前シネマ
所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅前1-14-3(1990年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
シネ リーブル博多駅1・2
所在地 : 福岡県博多駅中央街2-1 福岡交通センタービル7階(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1999年5月1日
閉館年 : 2011年5月13日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「シネ・リーブル博多駅1・2」(2館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。建物の博多バスターミナルは現存。

2011年5月13日をもって、福岡市のJR博多駅の隣にある映画館「シネ・リーブル博多駅」が閉館する。1999年に開館し、アート系作品を中心に上映していた。80席と57席のミニシアター。現在の収支は黒字だが、3月にJR博多駅に福岡県最大級のシネコンが開館したことで撤退を決めた。*12

2011年5月13日をもって、福岡市博多区のミニシアター「シネ・リーブル博多駅」が閉館する。3月3日、隣接するJR博多駅ビルに11スクリーンのシネコン「T・ジョイ博多」が進出することなどが理由。1999年5月に開館した。80席と57席の2スクリーンを有し、2001年のフランス映画『アメリ』や2004年の邦画『誰も知らない』などのヒット作を上映した。もともとミニシアター「シネテリエ天神」だった成人映画館「天神シネマ」は2010年10月に閉館し、ミニシアターは3スクリーンの「ソラリアシネマ」と2スクリーンの「KBCシネマ」の5スクリーンのみとなった。*13
福岡博多駅前ロマン/駅前ロマン/駅前パレス・駅前ロマン
所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅前1-11-12(2020年)
開館年 : 1973年以後1975年以前
閉館年 : 営業中
成人映画館。
AMCキャナルシティ13/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
所在地 : 福岡県福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティ博多内(2020年)
開館年 : 1996年4月20日
閉館年 : 営業中
13スクリーンのシネコン。
T・ジョイ博多
所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ内9階(2020年)
開館年 : 2011年3月3日
閉館年 : 営業中
11スクリーンのシネコン。

福岡市周縁部

東区

千代町東映/千代町日活映画劇場/千代日活劇場
所在地 : 福岡県福岡市東区千代町3(1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
セントラル映劇/香椎セントラル映画劇場/福岡香椎セントラル劇場
所在地 : 福岡県福岡市東区香椎駅前1-10-10(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
箱崎東映/箱崎東映劇場/福岡箱崎東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市東区箱崎1-33-11(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前

西区

ドライブインシアターマリノア
所在地 : 福岡県福岡市西区小戸2丁目2704-7(1995年)
開館年 : 1990年以後1995年以前
閉館年 : 1995年以後2000年以前
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の映画館名簿では「ドライブインシアターマリノア」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

早良区

光映劇/西新光映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市西新町601(1969年)
開館年 : 1952年3月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
西新東宝劇場
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町5-2(1973年)
開館年 : 1960年以後1969年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
西新文化/西新文化映画劇場
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町1-23(1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
西新東映/西新東映劇場/福岡西新東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町1-52(1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
福岡てあとる西新
所在地 : 福岡県福岡市早良区西新1-8-1(1985年)
開館年 : 1980年以後1985年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「福岡てあとる西新」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
中央日活/西新中央日活劇場/福岡中央日活劇場/西新アカデミー
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町1-28(1973年)、福岡県福岡市西区西新町1-7-28(1980年)、福岡県福岡市早良区西新1-7-8(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1960年以前、1977年9月(西新アカデミー)
閉館年 : 1999年9月15日
1980年・1985年の映画館名簿では「福岡西新アカデミー」。1990年・1995年の映画館名簿では「西新アカデミー」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。

1999年9月15日、福岡市の映画館「西新アカデミー」が閉館する。副都心である西新地区には昭和30年代に約7館があったが、現在は西新アカデミーが唯一の映画館だった。1977年9月、オレンジ通り商店街にある7階建てマンションの1階部分に西新アカデミーが開館。180席の1スクリーン。1996年4月にはキャナルシティ博多に13スクリーンのシネコンが開館し、最近は天神地区や近隣地にも新映画館が開館していた。最終上映作品は『ポケットモンスター』。*14
シネサロン パヴェリア
所在地 : 福岡県福岡市早良区百道浜2-4-35(2000年)
開館年 : 1996年
閉館年 : 2007年3月31日
TNC放送会館3階。

南区

野間東映/野間東映劇場
所在地 : 福岡県福岡市野間本町26(1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

城南区

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます