閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


福岡市

中央区

演伎座/新演伎座
1945年12月開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市春吉三光町350。「昭和30年頃の渡辺通り界隈地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.131。
みなみ東映/福岡みなみ東映劇場
1956年開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年の所在地は福岡市高砂1-1街区23。1973年の所在地は福岡市高砂1-1-23。福岡市における東映の直営2号館。後のキャバレー・ミナミ。跡地は「福岡東映ホテル」。「昭和30年頃の渡辺通り界隈地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.131。p.61に1971年の写真あり。
福岡にっかつ劇場
1973年以後1980年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市中央区天神3-3-7。
天神中央映画劇場/福岡天神中央映劇/福岡天神中央劇場
1969年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市中央区天神3-5-5。
天神キノ1・2
1985年以後1990年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市中央区天神2-4-24。
KBCシネマ北天神
1987年開館。1998年5月閉館。1990年の所在地は福岡市中央区長浜1-1-34。80席。後継館はKBCシネマ1・2。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
天神中央ホール/シネテリエ天神/天神シネマ
1983年開館。2010年10月29日閉館。2000年の所在地は福岡市中央区天神3-6-18。馬場ビル地下1階。60席。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
Wikipedia : シネテリエ天神

2010年10月29日をもって、福岡市中央区天神の親富孝通りにある映画館「天神シネマ」が閉館する。60席1スクリーン。前身の「シネテリエ天神」は九州におけるミニシアターの草分け的存在だったが、2009年10月に天神シネマに改称して成人映画専門館となった。毎週水曜日18時以降を女性とカップルのみの入場とするなどの工夫も行っていた。1980年代初頭に開館し、1988年に有楽興行の経営となってシネテリエ天神に改称した。*1
ユナイテッド・シネマ福岡
2000年4月開館。2016年3月31日閉館。所在地は福岡市中央区地行浜2-2-1 ホークスタウン2階。10スクリーンのシネコン。後継施設はユナイテッド・シネマ福岡ももち。
天神東宝/TOHOシネマズ天神本館
1997年3月15日天神東宝開館。2012年1月21日TOHOシネマズ天神改称。2017年3月31日閉館。2010年の所在地は福岡市中央区天神2-6-27。6スクリーンのシネコン。

2017年3月末をもって、福岡市の天神にある映画館「TOHOシネマズ天神 本館」が閉館する。東宝が天神東宝ビルの建て替えを検討しているため。1997年3月に「天神東宝」として開館し、2012年1月に近くのソラリアプラザの映画館を引き継いだ際に「TOHOシネマズ天神 本館」に改称した。「TOHOシネマズ天神 ソラリア館」の営業は継続する。*2
センターシネマ/ソラリアシネマ1・2・3/TOHOシネマズ天神ソラリア館/TOHOシネマズ天神
1956年4月11日センターシネマ開館。1989年3月24日ソラリアシネマ開館。2011年11月30日ソラリアシネマ閉館。2012年1月21日TOHOシネマズ ソラリア館営業再開。営業中。2020年の所在地は福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ7階。3スクリーン。

2012年1月21日、福岡市中央区天神に東宝による映画館「TOHOシネマズ天神 ソラリア館」が開館した。西日本鉄道が2011年秋まで営業していた「ソラリアシネマ」を改修・改称した。近くの「天神東宝」は「TOHOシネマズ天神 本館」に改称し、2施設で計9スクリーン1473席を持つ天神地区初のシネコンとなった。ソラリア館のオープニング作品は『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』など。*3
KBCシネマ1・2
1988年開館。営業中。2020年の所在地は福岡市中央区那の津1-3-21。前身館はKBCシネマ北天神。
ユナイテッド・シネマ福岡ももち
2018年7月開館。営業中。2020年の所在地は福岡市中央区地行浜2-2-1 MARK IS 福岡ももち4階。11スクリーンのシネコン。前身館は同一地点にあったユナイテッド・シネマ福岡。

博多区中州

中洲映劇
1955年以後1958年以前開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市東中洲195。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
ハリウッド映劇
1955年以後1958年以前開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市東中洲芳町172。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
タマヤシネマ/タマヤ ホール
1950年12月開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市東中洲235。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
博多日活/博多日活映画劇場
1946年1月開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市東中洲272。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
有楽映劇/福岡有楽映画劇場
1954年1月開館。1960年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は福岡市東中洲245。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
福岡日活/福岡日活劇場
1946年1月開館。1954年開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は福岡市中洲5-3-4。9階建の日活博多会館にあった。後の城山ホテル。博多日活劇場に次ぐ福岡市での日活直営2号館。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。p.57に1961年の写真あり。
松竹座/SY松竹座/福岡松竹座
1952年12月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は福岡市中洲2-4-1。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
テアトル川丈/福岡テアトル川丈
1950年10月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は福岡市中洲3-1-8。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
福岡東宝/福岡東宝劇場
1951年12月開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は福岡市中洲4-6-22。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
中洲シネプラザ
1985年以後1990年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区中洲3-6-12。
中洲新東宝劇場
1980年以後1985年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区中洲4-7-21。
福岡福岡大映劇場/福岡松竹ピカデリー1・2/福岡松竹劇場・福岡松竹ピカデリー
1955年開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区中洲5-4-5。254席・420席。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡東宝シネマ・福岡東宝名画座/福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡東宝シネマ1・2/福岡宝塚劇場・福岡スカラ座・福岡シネマ1・2・3/福岡宝塚会館1・2・3・4・5
1957年開館。1997年閉館。1990年の所在地は福岡市博多区中洲5-5-1。建物名は福岡宝塚会館。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
栄楽舎/明治座/福博座/帝キネクラブ/大衆座/第二民衆クラブ/博多演舞場/博多演芸館/多門映劇/多門日活/博多にっかつ劇場/ロッポニカ博多/シネロマン博多/シネ リーブル博多
明治期開館。1951年6月再開館。2000年閉館。2000年の所在地は福岡市博多区中洲3-4-6。多門ビル7階。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡松竹映画劇場/福岡松竹
1955年以後1958年以前開館。2000年以後2005年以前閉館。2000年の所在地は福岡市博多区中洲4-7-8。

「昭和33年映画最盛期中洲映画館地図」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.65。
福岡グランド劇場/博多東映グランド劇場/福岡松竹
1960年以前1969年以前開館。2000年以後2005年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区中洲4-7-8。482席。

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
福岡東映劇場・福岡東映地下劇場/福岡東映劇場・福岡東映パラス/福岡東映劇場
1955年開館。1994年6月建て替え。2003年9月30日閉館。2000年の所在地は福岡市博多区中洲4-3-18。福岡東映プラザは現存。
Wikipedia : 福岡東映

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。p.61に1971年の写真あり。
文化劇場/福岡文化映画劇場/福岡文化オークラ映劇/福岡オークラ劇場1・2
1952年12月文化劇場開館。1971年オークラ劇場改称。1981年建て替え。2006年5月28日閉館。2005年の所在地は福岡市博多区中洲5-4-1。70席と90席。ゲイ専門成人映画館。

「福岡市内映画館MAP」『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)。
大洋劇場・ニュー大洋1・ニュー大洋2・大洋シネサロン/福岡中洲大洋1・2・3・4
1946年4月3日開館。1952年12月3日ビル化。1978年2スクリーン化。1980年3スクリーン化。1989年4スクリーン化。営業中。2020年の所在地は福岡市博多区中洲4-6-18。
Wikipedia : 大洋映画劇場

『福岡市の映画と映画館100年の歩み』(1995)、p.69に1962年の写真あり。

博多区(中州以外)

ステーション シネマ/福岡博多ステーションシネマ/博多ステーションシネマ(旧)
1960年以後1969年以前開館。1980年以後1985年以前移転。1969年の所在地は福岡市三社町25 ステーションビル。1980年の所在地は福岡市博多区博多駅中央街1。
日活公楽劇場/福岡日活公楽劇場/福岡日活公楽
1969年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市博多区銀天町2-2-18。
サンハクト映劇/博多ステーションシネマ(新)
1973年以後1980年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市博多区博多駅中央街5-3。
筑紫映劇/筑紫映画劇場/福岡筑紫映劇・福岡筑紫東映劇場/筑紫セントラル・筑紫映劇
1955年以後1960年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区銀天町3-1-27。
福岡駅前東映劇場/福岡駅前東映劇場/駅前パレス・駅前にっかつ/駅前シネマ
1969年以後1973年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は福岡市博多区博多駅前1-14-3。
シネ リーブル博多駅1・2
1999年5月1日開館。2011年5月13日閉館。2010年の所在地は福岡市博多区博多駅中央街2-1 福岡交通センタービル7階。建物の博多バスターミナルは現存。
福岡博多駅前ロマン/駅前ロマン/駅前パレス・駅前ロマン
1973年以後1980年以前開館。営業中。2020年の所在地は福岡市博多区博多駅前1-11-12。成人映画館。
AMCキャナルシティ13/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
1996年4月20日開館。営業中。2020年の所在地は福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティ博多内。13スクリーンのシネコン。
T・ジョイ博多
2011年3月3日開館。営業中。2020年の所在地は福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ内9階。11スクリーンのシネコン。
福岡東映
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲
開館年 : 1955年
閉館年 : 2003年9月30日
2003年9月いっぱいで、福岡市博多区中洲の映画館「福岡東映」が閉館する。東宝の直営館。1950年代後半の中洲には20館以上の劇場があったが、邦画直営館が消えることとなり、洋画中心の「中洲大洋」(4スクリーン)と成人映画館「オークラ劇場」(2スクリーン)のみとなる。福岡東映は1955年に開館した。1960年代後半には網走番外地シリーズが人気であり、任侠映画のオールナイト上映には筑豊からも客が来て立ち見も出た。1994年に改装し、商業ビルの地下に約300席を有していた。2000年の『長崎ぶらぶら節』や2001年の『ホタル』は年配客を集めた。1996年にはキャナルシティ博多に13スクリーンのシネコンが開館し、東宝や松竹の直営館が相次いで撤退していた。東映作品のシェアもシネコンに流れ、福岡東映のシェアは2割弱に過ぎなかった。最後のプログラムは『青春ばかちん料理塾』と『17才 旅立ちのふたり』の2本立てだったが、9月20日夕方の観客は母娘の2人だけだった。*4
福岡オークラ劇場
所在地 : 福岡県福岡市博多区中洲
開館年 : 1971年
閉館年 : 2006年5月28日
2006年5月28日をもって、福岡市博多区中洲の映画館「福岡オークラ劇場」が閉館する。主として薔薇族映画と呼ばれる男性同性愛の作品を上映している。マジックミラーの扉の向こうには薄暗いロビーに受付がある。1971年、二番館だった「文化劇場」を大蔵映画が買収して成人映画専門館となった。1981年には現在の鉄骨造2階建てのビルを新築した。薔薇族映画とピンク映画を上映するが、約7割は薔薇族の客である。1971年の開館当時、男性同性愛者が知り合う場所は成人映画館くらいしかなく、オールナイト上映を行う土曜日には、長崎県・大分県・広島県などからも観客が訪れる。出会いの場がバーやインターネットに変化し、オークラ劇場では観客の高齢化が進んだ。2005年度の観客数は約3万5000人であり、10年前の約半分である。*5
シネ リーブル博多駅
2011年5月13日をもって、福岡市のJR博多駅の隣にある映画館「シネ・リーブル博多駅」が閉館する。1999年に開館し、アート系作品を中心に上映していた。80席と57席のミニシアター。現在の収支は黒字だが、3月にJR博多駅に福岡県最大級のシネコンが開館したことで撤退を決めた。*6

東区

セントラル映劇/香椎セントラル映画劇場/福岡香椎セントラル劇場
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市東区香椎駅前1-10-10。
箱崎東映/箱崎東映劇場/福岡箱崎東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市東区箱崎1-33-11。

西区・南区・城南区・早良区

福岡てあとる西新
1980年以後1985年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は福岡市早良区西新1-8-1。
西新アカデミー
所在地 : 福岡県福岡市西区西新町1-7-28(1980年)、福岡県福岡市早良区西新1-7-8(1990年)
開館年 : 1977年9月
閉館年 : 1999年9月15日
1999年9月15日、福岡市の映画館「西新アカデミー」が閉館する。副都心である西新地区には昭和30年代に約7館があったが、現在は西新アカデミーが唯一の映画館だった。1977年9月、オレンジ通り商店街にある7階建てマンションの1階部分に西新アカデミーが開館。180席の1スクリーン。1996年4月にはキャナルシティ博多に13スクリーンのシネコンが開館し、最近は天神地区や近隣地にも新映画館が開館していた。最終上映作品は『ポケットモンスター』。*7
シネサロン パヴェリア
1996年開館。2007年3月31日閉館。2000年の所在地は福岡市早良区百道浜2-4-35。TNC放送会館3階。

福岡地域

筑紫野市

二日市キネマ/二日市シネマ
1935年4月開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は筑紫野市二日市町1023-1。
筑紫野とうきゅうシネマ1・2
1993年5月18日開館。2005年以後2010年以前閉館。2005年の所在地は筑紫野市美しが丘南1-12-1。筑紫野とうきゅう内。ビデオシアター。

春日市

大野城市

ドリームシアター
1987年4月10日開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は大野城市下大利1-9-30。下大利えびすショッピングセンター(後のイオン下大利店)。ビデオシアター。
ワーナー・マイカル・シネマズ大野城/イオンシネマ大野城
1998年11月14日開館。営業中。2020年の所在地は大野城市錦町4-1-1 イオン大野城4階。8スクリーンのシネコン。

宗像市

司座
1953年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は宗像郡宗像町赤間。1963年の所在地は宗像郡宗像町。
泉座/泉座映劇
1945年1月開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は宗像郡宗像町大字東郷。1963年の所在地は宗像郡宗像町。

太宰府市

太宰府映劇
1955年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は筑紫郡太宰府町2364。1963年の所在地は筑紫郡太宰府町。

古賀市

古賀東映/古賀東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は糟屋郡古賀町。
サンリブシアター古賀
1992年11月21日開館。2000年以後2005年以前閉館。2000年の所在地は古賀市天神2-5-1。サンリブ古賀店2階。ビデオシアター。

福津市

エンゼル館
1955年以後1960年以前開館。1960年以後1963年以前閉館。1960年の所在地は宗像郡福間町大字大和。
福新座
1955年以前開館。1960年以後1963年以前閉館。1960年の所在地は宗像郡福間町4147。
恵比須座/津屋崎映劇
大正時代開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は宗像郡津屋崎町大字津屋崎。1963年の所在地は宗像郡津屋崎町。
TOHOシネマズ福津
2012年4月26日開館。営業中。2020年の所在地は福津市日蒔野6-16-1 イオンモール福津3階。10スクリーンのシネコン。

朝倉市

甘木日活公楽劇場
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は甘木市馬場町。
甘木映画劇場
1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は甘木市三福町1158。
甘木東宝公楽劇場/甘木公楽劇場
1969年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は甘木市馬場町732。朝倉市最後の映画館。

糸島市

福吉映劇
1955年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は糸島郡二丈村福吉。1963年の所在地は糸島郡二丈村。
旭屋映劇
1955年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は糸島郡周船寺村306。1963年の所在地は糸島郡周船寺町。
前原東映・前原太陽/前原東映・太陽映劇/前原太陽映画劇場
1955年以後1960年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1966年の所在地は糸島郡前原町1204。
日之出館/日之出映劇/日之出映画劇場/前原日之出館
1953年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は糸島郡前原町201-3。

那珂川市

糟屋郡宇美町

糟屋郡篠栗町

糟屋郡志免町

志免映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町
開館年 : 1984年12月
閉館年 : 1993年1月15日
1993年1月15日をもって、福岡県糟屋郡志免町(しめまち)の映画館「志免映劇」が閉館する。1984年12月に開館。132席。経営者の八尋新は故郷の須恵町に映写機やスクリーンや音響装置などの機材一式を寄贈する予定であり、須恵町は1994年開館を目指している文化会館に設置する予定である。*8

糟屋郡須恵町

糟屋郡久山町

ヴァージンシネマズ久山/TOHOシネマズトリアス久山/ユナイテッド・シネマ トリアス久山
1999年4月ヴァージンシネマズ開館。2004年TOHOシネマズ改称。2012年8月31日TOHOシネマズ閉館。2013年3月ユナイテッド・シネマ開館。営業中。2020年の所在地は糟屋郡久山町大字山田1044-2 トリアス エンターテイメントプレイス。12スクリーンのシネコン。

糟屋郡粕屋町

ワーナー・マイカル・シネマズ福岡ルクル/イオンシネマ福岡
2004年6月4日開館。営業中。2020年の所在地は糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1-2064 イオンモール福岡2階。9スクリーンのシネコン。

糟屋郡新宮町

朝倉郡筑前町

朝倉郡東峰村

北九州市

小倉北区・小倉南区

木町松竹/小倉木町東映劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市小倉区木町1丁目。
小倉東宝富士館
1960年以後1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市小倉区三萩野町853。
第一中央映劇・第三中央映劇/小倉中央大劇・小倉第三中央劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は小倉市大門町85。1969年の所在地は北九州市小倉区大門町85。
小倉中央シネマ
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市小倉区栄町4丁目。
三萩野大映/三萩野大映劇場/小倉三萩野大映劇場
1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1960年の所在地は小倉市黄金町4-102。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区黄金町4丁目。
小倉大洋映画劇場・小倉大洋東映映画劇場/小倉大洋劇場・小倉大洋東映劇場
1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区馬借町6-33-1。
小倉中央グランド
1960年以後1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区室町2丁目。
勝山映劇/小倉勝山東映劇場
1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区西本町2丁目。
小倉東映パラス
1973年以後1980年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は北九州市小倉北区室町2-132-4。跡地は「中央室町立体駐車場」。
小倉サンコーシネマ
1973年以後1980年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は北九州市小倉北区船場町2-30。
小倉喜楽館/東宝喜楽館/喜楽館/小倉日活劇場/小倉にっかつ/小倉にっかつ劇場/小倉ロッポニカ劇場
1950年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区船頭21。1980年の所在地は北九州市小倉北区船頭21。1985年・1990年の所在地は北九州市小倉北区船頭2-34。跡地は有料駐車場「駐太郎パーク」。
小倉東宝・小倉大映/小倉東宝劇場・小倉大映劇場/小倉東宝劇場・小倉プラザ劇場/小倉東宝劇場・小倉東宝プラザ
1960年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1973年・1980年・1985年の所在地は北九州市小倉北区船頭町37。1990年の所在地は北九州市小倉北区船頭2-25、2-26。跡地は立体有料駐車場「APパーク小倉駅前」。
小倉松竹劇場・小倉ロマン座
1973年以後1980年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1985年の所在地は北九州市小倉北区京町1-141。1990年の所在地は北九州市小倉北区京町1-5-22。跡地は立体駐車場「中村パーキングプラザ」。
小倉文化大劇/小倉松竹文化劇場/小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉松竹文化
1960年以前開館。2000年7月31日閉館。1973年の所在地は北九州市小倉区室町2-132-1。1980年・1985年・1990年・2000年の所在地は北九州市小倉北区室町2-6-1。跡地は「福岡中央銀行小倉支店」。

1997年12月4日、北九州市の「小倉SY文化」と「小倉ピカデリー」はアナログ音響用機器を更新した。*9
常盤映劇/小倉ときわ映画劇場/小倉ときわ映劇/小倉トキワ映劇
1960年以前開館。2000年以後2005年以前閉館。1990年の所在地は北九州市小倉北区京町1-6-2。跡地はマンション「フルール・ド・パリス」。
中央会館/小倉中央会館
所在地 : 福岡県北九州市小倉区平和通(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区大阪町45(1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭1-5-14(1990年)、福岡県北九州市小倉北区魚町1-5-14(2000年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 2002年9月16日
1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「小倉中央会館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ダイワロイネットホテル小倉駅前」。

1997年11月29日、北九州市のJR小倉駅南口にある映画館「中央会館」が改装オープンし、デジタル音響設備と大型座席を導入した。1997年5月には『スター・ウォーズ』のリバイバル上映で再生ができず、7月には『もののけ姫』でせりふが聞き取れない事態となっていた。床と壁も張り替えている。*10

2002年9月16日をもって、北九州市のJR小倉駅前にあるロードショー映画館「小倉中央会館」が閉館し、44年の歴史に幕を下ろした。11月末をめどに、大型アミューズメント施設に生まれ変わる。546席の客席数は九州地方最大であり、大スクリーンや小倉駅前という立地の良さがあったが、シネコンに観客が流れた。*11
小倉有楽映劇/小倉有楽映画劇場/小倉有楽劇場/小倉有楽100・小倉有楽150/小倉シネシティ有楽1・2・3
1960年以前小倉有楽映画劇場開館。1987年7月小倉有楽100・小倉有楽150改称。1997年7月5日シネシティ有楽1・2・3改称。2003年8月31日閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区大正町1丁目。1990年の所在地は北九州市小倉北区馬借町1-2-8。2000年の所在地は北九州市小倉北区馬借町1-2-1。1997年7月5日開業の東京第一ホテル小倉(現・ホテルクラウンパレス小倉)地下。開館当初から全席全回指定席制だったミニシアター。
小倉東映劇場/小倉東映シネマ1・2/小倉東映劇場・小倉東宝劇場
1961年開館。1980年以後1985年以前2館化。2003年6月閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市小倉区大阪町1-28。2000年の所在地は北九州市小倉北区船場町2-6。建物名は小倉東映会館。跡地は「オリエントキャピタルタワー」。

2004年9月末をもって北九州市小倉北区船場街の複合商業ビル「小倉東映会館」が閉館する。1961年11月、東映が東京と大阪に続く会館として建設した。地下2階・地上6階建て。*12
小倉昭和館/小倉昭和館1・2
1939年開館。1982年2館化。営業中。1969年の所在地は北九州市小倉区紺屋町1丁目。2020年の所在地は北九州市小倉北区魚町4-2-9。
Wikipedia : 小倉昭和館
小倉名画座/小倉名画座1・2
1973年以後1980年以前開館。1985年以後1990年以前2館化。営業中。2020年の所在地は北九州市小倉北区京町2-5-6。
Wikipedia : 小倉名画座
シネプレックス小倉
2000年11月開館。営業中。2020年の所在地は北九州市小倉北区砂津3-1-1 チャチャタウン小倉内。10スクリーンのシネコン。
T・ジョイリバーウォーク北九州
2003年4月19日開館。営業中。2020年の所在地は北九州市小倉北区室町1-1-1-7100 リバーウォーク北九州デコシティ4階。8スクリーンのシネコン。
小倉コロナシネマワールド
2008年4月開館。営業中。2020年の所在地は北九州市小倉北区西港町27-5。10スクリーンのシネコン。

八幡西区

折尾中央映劇/折尾中央映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡西区大字折尾1371。
黒崎銀座映劇/黒崎銀座映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区黒崎町1丁目。
黒崎ニュー東映劇場
1960年以後1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区黒崎町2丁目。
黒崎日活/黒崎日活劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区西通町5丁目。
黒崎名劇/黒崎名画劇場
1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は北九州市八幡区黒崎町3丁目。
黒崎東映劇場/黒崎映画劇場
1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は北九州市八幡区黒崎1丁目1-16。
黒崎光洋映劇
1969年以後1973年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は北九州市八幡西区黒崎3丁目。
黒崎にっかつ
1973年以後1980年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は北九州市八幡西区黒崎町1丁目。
黒崎ロマン座
1980年以後1985年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は北九州市八幡西区黒崎1-13-17。ナイトビル黒崎1階。ナイトビル黒崎は現存。
黒崎スカラ座
1973年以後1980年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1980年・1985年の所在地は北九州市八幡西区熊手町2丁目。1990年の所在地は北九州市八幡西区熊手2-1-24。吉野ビル3階。跡地は有料駐車場「エルザパーク熊手栄町通り」。
黒崎銀座映画劇場/黒崎銀座映劇・黒崎松竹映画劇場/黒崎銀座映画劇場・黒崎松竹映劇/黒崎銀座映劇・黒崎松竹劇場
1963年以後1966年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は北九州市八幡西区黒崎1-8-7。黒崎銀映ビルの銀映が3階で松竹が4階。黒崎銀映ビルは現存。
黒崎東宝劇場/クロサキ東宝1・2/黒崎東宝1・2
1969年以前開館。2003年5月31日閉館。1973年の所在地は北九州市八幡区黒崎町3丁目。1980年・1985年の所在地は北九州市八幡西区黒崎町2丁目。1990年の所在地は北九州市八幡西区黒崎2-1-15。2000年の所在地は北九州市八幡西区黒崎2-1-10。跡地は有料駐車場「エルザパーク黒崎駅前供廖
八幡中央大劇/八幡中央大劇・黒崎第二中央劇場・黒崎中央劇場/黒崎八幡中央大劇/黒崎八幡中央大劇・黒崎第二中央劇場・黒崎中央映画劇場/黒崎八幡中央大劇・黒崎東映パラス/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場1・2/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場
所在地 : 福岡県北九州市黒崎町1丁目(1969年・1980年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-22(1990年・2000年)
開館年 : 1960年以後1969年以前
閉館年 : 2003年6月6日
1969年の映画館名簿では「黒崎中央劇場」。1980年の映画館名簿では「黒崎八幡中央大劇」。1990年・2000年の映画館名簿では「黒崎中央大劇」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2003年6月6日をもって、北九州市八幡西区黒崎1にある映画館「黒崎中央大劇」と「シネ・ワールド黒崎」が閉館した。黒崎中央大劇の最終上映作品は『戦場のピアニスト』。1998年に中間市に開館したシネコンの影響で、2002年まで4館が相次いで閉館していた。2002年には黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎も椅子を改修するなどして対抗したが、観客数は従来の1割にまで落ち込んでいた。黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎より2週間早く、「黒崎東宝」も閉館している。黒崎東宝は2002年から、ロードショーではなく名作を企画形式で上映していた。かつて黒崎には約30の映画館があったが、これによってすべて閉館した。*13

2010年10月9日、北九州市八幡西区黒崎で黒崎シネマチャレンジと題した上映イベントが始まった。開場は2003年に閉館した映画館「黒崎中央大劇」跡の「きてみて館2」。『おくりびと』や八幡製鉄所が舞台の木下恵介監督作『この天の虹』などが上映される。黒崎は九州有数の映画館街だったが、2005年に最後の映画館が閉館した。*14
黒崎ロキシー劇場/黒崎ロキシー
1969年以後1973年以前開館。2005年4月29日閉館。1973年の所在地は北九州市八幡区西通り5丁目。1980年の所在地は北九州市八幡西区藤田3丁目。1985年・1990年・2000年・2005年の所在地は北九州市八幡西区藤田3-3-26。跡地は「太陽会館」。

2003年9月6日、北九州市八幡西区のJR黒崎駅前にあった映画館「黒崎ロキシー」が3年ぶりに営業を再開する。6月6日には「中央大劇」など2館が相次いで閉館し、黒崎から一時的に映画館が消えていた。黒崎ロキシーはもともと松竹系洋画封切館であり、中間市や戸畑区に開館したシネコンの影響などで2000年3月に閉館していた。*15

2005年4月29日をもって、北九州市八幡西区の黒崎にある映画館「黒崎ロキシー」が閉館する。2000年3月に閉館したが、2003年9月に再上映館として営業を再開していた。1300人を超す支援会員を集め、黒崎商店組合連合会もシネマ委員会を発足させて貸し切り上映会を開くなどしていた。これによって黒崎から映画館が姿を消す。*16

八幡東区

枝光東映/枝光文化映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区諏訪町1丁目。
八幡東宝/八幡東宝劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区中央町2丁目。
民衆楽映劇/八幡民衆楽映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市八幡区東通8丁目。
八幡東映/八幡東映劇場
1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は北九州市八幡区中央町2丁目。
八幡中央映画劇場/八幡中央映劇
1949年3月開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は北九州市八幡東区尾倉605。
八幡小劇場/八幡ロマン座
1960年以後1969年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は北九州市八幡東区中央町2丁目。1985年の経営者は福島武鶴、木造平屋建、120席、成人映画を上映。
八幡名画座
1955年以後1960年以前開館。2000年以後2005年以前閉館。2000年の所在地は北九州市八幡東区中央町2-16-15。
有楽映画劇場/有楽映劇/八幡有楽映画劇場/八幡有楽映劇/八幡有楽劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区前田町805(1980年)、福岡県北九州市八幡東区前田2-5-1(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 2019年6月27日
Wikipedia : 有楽映画劇場
1969年・1980年の映画館名簿では「八幡有楽映画劇場」。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「八幡有楽劇場」。

2019年6月27日、北九州市八幡東区前田2丁目の成人映画館「有楽映画劇場」が閉館する。所在地の地名から「前田有楽」とも呼ばれる。高度経済成長期初期の1954年に一般映画館として開館し、八幡製鉄所の工員などが詰めかけて盛況だった。映画離れに加えて製鉄業の低迷もあり、1970年代に成人映画館に転換した。近年は10年以上にわたって赤字が続いていた。2005年公開の映画『カーテンコール』、2007年公開の映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』ではロケ地としても使用された。閉館後の6月29日には有志によって「さよなら前田有楽まつり」が開催され、館内や映写室内の見学会や、倖田李梨主演作『スモーキング・エイリアンズ』の上映、倖田李梨によるアフタートークなどが開催される。建物は近いうちに取り壊される予定。*17

門司区

有楽映画劇場/有楽映劇/門司有楽映画劇場
1931年4月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市門司区錦町8-26。
銀座映画劇場/門司銀座映画劇場(旧)
1947年7月開館。1969年以後1973年以前移転? 1969年の所在地は北九州市門司区東本町2-1-24。
テアトル金星/門司テアトル金星
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市門司区東本町2-2-25。
新世界映劇/門司新世界映画劇場/門司銀座映劇(新)
1955年以後1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は北九州市門司区東本町2-5-25。
若草映画劇場/若草映劇/門司大里若草映画劇場/門司若草映劇
1931年5月開館。1980年以後1985年以前閉館。1973年の所在地は北九州市門司区大里柳町2-3-6。1980年の所在地は北九州市門司区大里柳町2丁目。跡地は「門司典礼会館」建物北東側。門司区最後の映画館。

戸畑区

戸畑天神大映
1960年以後1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市戸畑区天神町2丁目。
大丸映劇/戸畑大丸映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市戸畑区明治町8-21。
戸畑国際東宝劇場
1960年以後1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市戸畑区浅生町3-13-12。
戸畑朝日館
1960年以後1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市戸畑区中原西町2。
中原映劇/戸畑中原映画劇場
1960年以後1963年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市戸畑区中原西町2-3。
戸畑スカラ座
1966年以後1969年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市戸畑区明治町9-7。
戸畑東映/戸畑東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市戸畑区中本町1-5。
戸畑名画座
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1969年・1973年の所在地は北九州市戸畑区昭和通4丁目。1980年・1985年の所在地は北九州市戸畑区浅生町3-32。戸畑区最後の従来型映画館。
ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑/イオンシネマ戸畑
1999年3月1日開館。2013年7月改称。営業中。2020年の所在地は北九州市戸畑区汐井町2-2 イオン戸畑S.C 4階。8スクリーンのシネコン。

若松区

栄楽映劇/若松栄楽映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は若松市栄盛川町。1969年の所在地は北九州市若松区栄盛川8-29。
若松秀瑛松竹劇場
1960年以後1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は北九州市若松区桜町6-27。
第一秀瑛映劇/若松秀瑛映画劇場
1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は若松市中川通2丁目。1969年の所在地は北九州市若松区本町2丁目。
旭座/若松大映旭座/若松旭座
1942年開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は北九州市若松区本町3-5-3。跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物北側。
平和館/若松平和キネマ
1960年以後1963年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1973年の所在地は北九州市若松区中川通り1-3。1980年の所在地は北九州市若松区中川町1-3。平和ビル3階。平和ビルは現存。
若松東映/若松東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1969年・1973年・1980年の所在地は北九州市若松区本町3-5-5。跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物中央部。
若松クラブ/若松東宝劇場
1924年開館。1994年閉館。1990年の所在地は北九州市若松区中川町12-24。若松地区最後の映画館。跡地は「FORE中川店」。

北九州地域

行橋市

旭館/行橋旭館
1929年開館。1964年閉館? 1973年以後1980年以前閉館? 1973年の所在地は行橋市宮市434。跡地はまずスーパーマーケットに。
栄文化映劇/行橋栄文化映画劇場/行橋栄文化劇場
1955年以後1960年以前開館。1986年閉館。1985年の所在地は行橋市大橋3-10-1。行橋市最後の映画館。

豊前市

東洋映劇/東洋映画劇場/八屋東洋映劇/豊前東洋映劇
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は豊前市赤熊1343-5。

中間市

毎日館/中間毎日館
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は中間市栄町7450。
AMCなかま16/ユナイテッド・シネマなかま16
1998年11月20日開館。2005年改称。営業中。2020年の所在地は中間市上蓮花寺3-1-1 イオンショッパーズモールなかまモール館4階。16スクリーンのシネコン。開館時のスクリーン数は日本最多。

遠賀郡芦屋町

オリオン座/芦屋オリオン座
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は遠賀郡芦屋町字船頭町9-14。
芦屋中央映劇/芦屋中央映画劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は遠賀郡芦屋町字船頭町8-2。

遠賀郡水巻町

遠賀郡岡垣町

遠賀郡遠賀町

京都郡苅田町

京都郡みやこ町

築上郡吉富町

築上郡上毛町

築上郡築上町

オアシス映劇
1955年以後1960年以前開館。1960年以後1963年以前閉館。1960年の所在地は築上郡築城町。
築城中央映劇/築城中央館
1955年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は築上郡築城町大字八津田。1963年の所在地は築上郡築城町。

筑後地域

久留米市

筑映館/田主丸筑映館
1960年以後1963年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1966年の所在地は浮羽郡田主丸町272-1。
田主丸映画劇場/田主丸劇場/田主丸映劇
1950年以前開館。1963年閉館。1963年の所在地は浮羽郡田主丸町。

2006年5月14日まで、久留米市立草野歴史資料館で田主丸町にあった映画館「田主丸映劇」のポスター43点が展示されている。田主丸町の中心部にあった映画館であり、封切りからまもない作品2-3本を同時上映していた。テレビの普及などで1964年に閉館した。
*18
城島劇場/城島映劇/城島映画劇場
1946年10月開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は三潴郡城島町494。1969年の所在地は三潴郡城島町。
大勝館/久留米大勝館
1949年8月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は久留米市西町1582。
文化会堂/日活文化/久留米日活新文化
1950年5月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は久留米市日吉町1-31。
久留米映画劇場/久留米映劇/久留米グランド映画劇場
1954年8月開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は久留米市東町584。1969年の所在地は久留米市東町広又584。
久留米大映/久留米大映劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は久留米市東町453-2。
シネ ロイリー/久留米シネマロイリー
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は久留米市東町561。1969年の所在地は久留米市東町。
有楽座・久留米東映/久留米有楽座・久留米東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は久留米市西町1606。
久留米有楽座
1980年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は久留米市六ツ門町3-58。
久留米東映パラス/久留米東映劇場(新)
1980年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は久留米市六ツ門町7-9。跡地に久留米東映劇場の看板がある建物が現存。
久留米ロマン映劇/久留米ロマン劇場/久留米東宝ロマン
1955年以後1960年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は久留米市東町33-2。
久留米松竹劇場/久留米松竹映劇/久留米松竹劇場・1・2/久留米セントラル1・2・3
1969年以前開館。2005年以後2010年以前閉館。2005年の所在地は久留米市東町34-32。
久留米スカラ座・久留米シネプラザ・久留米オスカー/久留米スカラ座1・2
1980年以前開館。2006年6月休館。2007年3月21日NPO法人で営業再開。2008年3月1日閉館。2005年の所在地は久留米市東町33-24。

2008年3月1日から、久留米市東町の映画館「久留米スカラ座」が休館している。1957年に開館し、1980年代から1990年代には賑わったが、レンタルビデオの普及やシネコンの登場が理由で2006年6月に閉館した。2007年3月にはNPO法人カーテンコールが借り受け、名画上映を中心にライブや田中麗奈を招いた映画祭などを開催した。
*19
久留米スバル座
1980年以後1985年以前開館。2014年10月14日閉館。2010年の所在地は久留米市東町33-24。閉館時は成人映画館。
T・ジョイ久留米
2004年12月25日開館。営業中。2020年の所在地は久留米市新合川2-7-10 久留米アミューズメントビル2階。10スクリーンのシネコン。

大牟田市

大牟田日活劇場
1963年以後1966年以前開館。1969年以後閉館。1969年の所在地は大牟田市大正町2丁目。
宇宙館/大牟田宇宙館
1952年12月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は大牟田市一の浦町109。
シネマセンター/大牟田パレス
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は大牟田市常盤町24。
旭映画劇場/旭映劇/大牟田旭館
1954年9月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は大牟田市旭町1-15。
中央映劇/大牟田中央松竹劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は大牟田市大正町2-24。
大牟田東映/大牟田東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1960年の所在地は大牟田市東新町4-38。1973年の所在地は大牟田市古町7-1。
大天地映劇/大牟田中央松竹劇場/大牟田大天地松竹・大牟田大天地国際劇場/大牟田大天地松竹・大牟田大天地国際
1946年8月開館。1987年閉館。1985年の所在地は大牟田市大正町1-25。跡地は「西銀座街有料駐車場」。
太陽館/大牟田太陽館
1915年開館。1940年4月再開館。1989年閉館。2002年取り壊し。1985年の所在地は大牟田市大正町1-20。跡地は「ケンタッキーフライドチキン 大牟田店」。
セントラル映劇/大牟田大映セントラル・大牟田スカラ座・大牟田ミュージックホール/大牟田セントラル・大牟田スカラ座・大牟田オスカー・大牟田日活・大牟田東映/大牟田セントラル劇場・大牟田セントラルシネマ1・2/大牟田セントラル劇場・大牟田セントラルシネマ1・2・3
1952年8月開館。2006年1月閉館。2005年の所在地は大牟田市大正町1-8-3。1階セントラル劇場と日活セントラル会館、2階オスカーと大牟田東映、3階スカラ座。跡地に建物が現存。
セントラルシネマ大牟田
2011年3月18日開館。営業中。2020年の所在地は大牟田市岬町3-4 イオンモール大牟田1階。7スクリーンのシネコン。

柳川市

大和東映/中島公楽映画劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は山門郡大和町中島。
スバル座/柳川スバル東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は柳川市筑紫通。1969年の所在地は柳川市片原町。
白秋座/柳川白秋座
戦前に柳川座開館。1954年9月白秋座開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は柳川市立花通高畑公園前。1969年の所在地は柳川市三橋町藤吉。跡地はパチンコ店となったが2007年閉店。
柳川映画劇場/柳川映劇/柳川東宝劇場
1951年3月開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は柳川市横山町6-1。
テアトル公楽/柳川日活公楽/柳川日活公楽劇場/柳川公楽劇場
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は柳川市本町3-2。柳川市最後の映画館。

八女市

京座/八女京座
1941年11月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は八女市大字本町179。
福島映劇/福島映画劇場
1947年6月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は八女市大字本町1-270。跡地は「堀川バス」本社南東30mの駐車場。
黒木劇場/黒木映劇/黒木映画劇場
1950年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は八女郡黒木町。
八女リューコーシネマ
1980年以後1985年以前開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は八女市蒲原93。

筑後市

筑後ニュー富士館
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は筑後市藤島町。

大川市

快楽座
1897年1月開館。1966年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は大川市榎津799。
天国館/大川天国館
1943年1月開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は大川市向島町。
大川東映/大川東映センター/大川東映劇場
1955年以後1958年以前開館。1978年以後1980年以前閉館。1969年の所在地は大川市榎津栄町366。1973年の所在地は大川市榎津栄町。
松竹文化劇場/文化松竹/文化映劇/文化劇場/大川東宝文化劇場/大川文化劇場
1954年8月開館。1982年以後1984年以前閉館。1982年の所在地は大川市榎津東町。大川市最後の従来型映画館。
大川シネマホール
所在地 : 福岡県大川市酒見215-1
開館年 : 2015年10月11日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 大川シネマホール

2015年(平成27年)10月11日、福岡県大川市に映画館の大川シネマホールが開館した。運営は国際医療福祉大学などを運営する高邦会グループ。2015年4月にオープンした同グループの複合施設「おおかわ交流プラザ」4階に設置される。370席。スクリーンは高さ6.3メートル、幅14.5メートル。かつて大川市には4館の映画館があったが、1975年(昭和50年)頃までにすべて閉館している。*20

小郡市

小山映劇
1955年以後1960年以前開館。1960年以後1963年以前閉館。1960年の所在地は三井郡小郡町1101。
小郡東映
1955年以後1960年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は三井郡小郡町小板井324。1963年の所在地は三井郡小郡町。

うきは市

紀念館
1950年以後1953年以前開館。1963年以後1966年以前閉館。1960年の所在地は浮羽郡吉井町1239。1963年の所在地は浮羽郡吉井町。
千足劇場/千足映劇/千足映画劇場
1950年以後1953年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は浮羽郡浮羽町大字朝日348。1966年の所在地は浮羽郡浮羽町千足。

みやま市

山門館/山門映画館/山門映画劇場
1955年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は山門郡瀬高町下庄1659。1969年の所在地は山門郡瀬高町。

八女郡広川町

三井郡大刀洗町

三潴郡大木町

筑豊地域

直方市

文化映劇/直方文化映画劇場
1960年以後1963年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1963年の所在地は直方市中央通。1969年の所在地は直方市西町。
開月座/直方開月館
1914年開館。1937年5月再開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は直方市朝日町238。1969年の所在地は直方市須崎町2-26。跡地は2016年閉店のスーパーマーケット「サンリブ直方」の後に有料駐車場。小説家の林芙美子も通った。
グランド劇場/グランド映劇/直方グランド劇場
1953年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は直方市古町13-1。
ロマン座/直方ロマン座
1955年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は直方市古町12-17。
直方東宝国際映画劇場/直方東宝国際劇場/直方東宝国際
1969年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は直方市古町15-24。直方市最後の従来型映画館。
TOHOシネマズ直方
2005年4月5日開館。営業中。2020年の所在地は直方市湯野原2-1-1 イオンモール直方内。9スクリーンのシネコン。

飯塚市

第二正栄映劇/鯰田第二正栄映画劇場
1955年以後1960年以前開館。1966年以後1969年以前閉館。1960年の所在地は飯塚市鯰田1380。1966年の所在地は飯塚市鯰田簀子町1380。
二瀬正栄映画劇場
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は飯塚市伊岐須298。
飯塚文化劇場
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は飯塚市西町1962。
第二永楽館/飯塚第二永楽館
1955年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は飯塚市東町149。1969年の所在地は飯塚市東町。
飯塚大洋東映劇場/飯塚大洋映画劇場
1963年以後1966年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は飯塚市穂波町。
飯塚松竹劇場/飯塚松竹映劇
1955年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は飯塚市飯塚3-20。
飯塚大映/飯塚大映劇場
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は飯塚市吉原町8-41。
飯塚東映/飯塚東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1985年以後1990年以前閉館。1985年の所在地は飯塚市吉原町8-48。
永楽館/飯塚永楽館
1928年開館。1990年以後2000年以前閉館。1990年の所在地は飯塚市永楽町。
飯塚セントラル/飯塚セントラル映画劇場/セントラル映劇・スカラ座・飯塚日活/飯塚セントラル1・2・飯塚スカラ座・飯塚東映劇場/飯塚シネマセントラル1-5/飯塚シネマセントラル1-4
所在地 : 福岡県飯塚市吉原町8-48(1990年・2000年)、福岡県飯塚市吉原町8-48 セントラルビル(2010年)
開館年 : 1956年12月、1979年(ビル化)
閉館年 : 2015年3月26日
1960年の映画館名簿では「飯塚セントラル」。1969年の映画館名簿では「飯塚セントラル映画劇場」。1980年の映画館名簿では「セントラル映劇・スカラ座・飯塚日活」(3館)。1990年の映画館名簿では「飯塚セントラル1・2・飯塚スカラ座・飯塚東映劇場」(4館)。2000年の映画館名簿では「飯塚シネマセントラル1-5」(5館)。2010年の映画館名簿では「飯塚シネマセントラル1-4」(4館)。跡地のビルは大衆演劇場「飯塚セントラル劇場」として現存。

2008年4月11日をもって、飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が閉館する。筑豊地区唯一の個人経営の映画館である。3月22日から4月11日まで、山田洋二監督作『キネマの天地』を上映する。1979年、同じ場所で約20年続いた映画館の後を受けて開館した。5スクリーンを有し、洋画を中心に上映していた。2007年9月には地元商店街とともに初めて映画祭を開催し、その後も名作や旧作を上映するなど独自色を打ち出していた。*21

2008年4月11日に閉館する予定だった飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が、当面は営業を続けることとなった。2週間の休館期間を経て4月26日から営業を再開する。ビルの管理会社の配慮だという。*22

2008年秋以降の存続が不透明だった飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が、東京都の経営コンサルタント会社である未来事業が設立する新会社に譲渡されて営業を続けることとなった。飯塚市の不動産会社であるデュー・エステートが入居するビルを購入し、映画館存続に対して強い意向を示した。10月11日から休館し、売店をサロン風に改装、5スクリーンを4スクリーンに縮小したうえで、名称を変えずに再出発する。*23

2008年10月に新会社で存続する予定だった飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が、急遽10月10日で閉館することとなった。東京都の不動産コンサルタント会社が急遽撤退を決めたため。映画館が入居するビルを購入したデュー・エステートが存続を希望している。*24

2009年3月1日、飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が営業を再開することとなった。2008年10月に閉館していた。運営は福岡県に申請中のNPO法人もっといいづかが担う。ビルを所有する不動産会社の三木拓裕オーナー(45)が営業再開に向けて奔走した。入会金500円・月額1200円の会費によって運営を安定させる意向であり、個人会員は3000人を目標としている。会員は映画鑑賞料金が無料となり、同伴者には割引料金が適用される。準新作を中心に10作品を上映し、3週間ごとに上映作品を入れ替える。*25

飯塚市吉原町の映画館「飯塚シネマセントラル」が営業を再開して約7か月が経つが、会員数は目標の半分程度と苦戦している。2009年3月以降には月間観客数が3100人から4700人に増えたが、会員数は目標の3000人に対して約1700人にとどまり、毎月約120万円の赤字が出ている。入会金500円・月額1200円の会員になると何度でも無料で映画が観られるユニークな方式を導入している。*26

2008年10月には飯塚市の映画館「飯塚シネマセントラル」が閉館したが、2009年3月にはNPO法人もっといいづかの運営で営業を再開した。月額1200円で会員になると映画を見放題であり、再開当初に900人だった会員は6月に1700人台にまで増えたが、7月以降は頭打ちで退会者も出ているという。運営費を会費収入に頼っており、3000人に達しないと人件費・フィルム代・光熱費などが賄えないという。現在はビルの所有者が不足分を補填しているが、2010年3月には補填が打ち切られるという。飯塚市唯一の映画館であり、4スクリーン計519席を有する。封切りから2か月程度たった準新作を中心に上映しており、会員は入館無料、同伴者4人までは大人500人・中学生以下300円で入館できる。*27

2015年3月26日をもって、飯塚市の映画館「飯塚シネマセントラル」が閉館する。これによって飯塚市から映画館が姿を消す。2008年にいったん閉館したが、2009年にはNPO法人もっといいづかが運営を引き継いだ。個人会員になれば月額1200円で見放題だった。法人・団体会員や個人会員の合計は990であり、目標の3000を大きく下回っていた。かつてはビル全体が映画館であり、地下にもスクリーンがあったという。最終上映作品は『GODZILLA』と『西遊記 はじまりのはじまり』。*28

2019年12月24日、飯塚市吉原町の大衆演劇場「飯塚セントラル劇場」は2017年九州北部豪雨被災地義援金として13万4388円を飯塚市に寄託した。1956年から50年以上に渡って映画館として営業し、2017年12月に大衆演劇場として新装オープンした。2周年を記念して、11月21日に「九州北部豪雨チャリティ」と題した座長大会を開催していた。*29

田川市

朝陽映劇/田川朝陽映画劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1960年の所在地は田川市西区平松町。1969年の所在地は田川市西区本町。
東陽劇場/田川東陽映画劇場/田川東陽映劇
1955年以後1960年以前開館。1980年以後1985年以前閉館。1980年の所在地は田川市日の出町7-24。
ターミナル会館/田川ターミナル会館
1959年開館。1988年8月閉館。1985年の所在地は田川市宮尾町3-8。田川市最後の映画館。ターミナル会館の建物は現存するが2016年閉鎖。

宮若市

宮田東映/宮田東映劇場
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は鞍手郡宮田町宮田4887。

嘉麻市

山田松竹劇場
1969年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は山田市上山田町大橋。
古河鉱業浩々館/下山田浩々館
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は山田市下山田。
三井山野会館/山野会館/稲築山野会館
1955年以後1960年以前開館。1973年以後1980年以前閉館。1973年の所在地は嘉穂郡稲築町鴨生。

鞍手郡小竹町

鞍手郡鞍手町

嘉穂郡桂川町

平山信和会館
1960年以後1963年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は嘉穂郡桂川町土師2343。

田川郡香春町

田川郡添田町

田川郡糸田町

田川郡川崎町

第一昭和館/川崎昭和館
1955年以後1960年以前開館。1969年以後1973年以前閉館。1969年の所在地は田川郡川崎町川崎403。

田川郡大任町

田川郡福智町

田川郡赤村

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます