日本の映画館の総合データベースです。


福岡市

福岡市は福岡市の映画館を参照。

北九州市

北九州市は北九州市の映画館を参照。

久留米市

久留米市は久留米市の映画館を参照。

飯塚市

飯塚市は飯塚市の映画館を参照。

大牟田市

大牟田市は大牟田市の映画館を参照。

福岡地域

筑紫野市

温泉映劇/二日市東映
所在地 : 福岡県筑紫郡二日市町次田871-4(1955年)、福岡県筑紫郡筑紫野町次田87(1960年)、福岡県筑紫郡筑紫野町二日市次田町(1963年)
開館年 : 1953年3月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年3月開館。1955年の映画館名簿では「温泉映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「二日市東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
二日市キネマ/二日市シネマ
所在地 : 福岡県筑紫郡二日市町駅前(1936年)、福岡県筑紫郡二日市町(1943年・1950年)、福岡県筑紫郡二日市町1023-1(1955年)、福岡県筑紫郡筑紫野町二日市(1958年・1960年)、福岡県筑紫郡筑紫野町栄町(1963年・1966年)、福岡県筑紫郡筑紫野町二日市(1969年)、福岡県筑紫野市二日市町(1973年)、福岡県筑紫野市二日市町1023-1(1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1935年4月
閉館年 : 1987年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年4月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1950年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「二日市キネマ」。1969年・1973年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「二日市シネマ」。1982年の住宅地図では「久栄ビル 二日市キネマ」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1989年竣工のアパート「サンアメニティ」。最寄駅はJR鹿児島本線二日市駅。
筑紫野とうきゅうシネマ1・2
所在地 : 福岡県筑紫野市美しが丘南1-12-1(1995年・2000年・2005年・2006年)
開館年 : 1993年5月18日
閉館年 : 2006年頃
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「筑紫野とうきゅうシネマ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿では経営会社がマインズ、経営者が高橋一郎、支配人が榎本隆廣、いずれも鉄筋造地階、92席・133席、いずれも邦画・洋画を上映。2007年の映画館名簿には掲載されていない。筑紫野とうきゅう内。ビデオシアター。建物の筑紫野とうきゅうは「筑紫野ベレッサ」として現存。最寄駅はJR鹿児島本線原田駅。

春日市

映画館名簿によると春日市に映画館は存在しなかったと思われる。

大野城市

春日原映劇/春日映劇
所在地 : 福岡県筑紫郡大野町春日原(1953年)、福岡県筑紫郡大野町春日原(1955年)、福岡県筑紫郡大野町下筒井(1958年)、福岡県筑紫郡大野町860-2(1960年)、福岡県筑紫郡大野町(1961年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1953年の映画館名簿では「春日原映劇」。1955年の映画館名簿では「春日映劇」。1958年の映画館名簿では「春日映画劇場」。1960年・1961年の映画館名簿では「春日映劇」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
ドリームシアター/下大利ドリームシアター
所在地 : 福岡県大野城市下大利1-9-30(1988年・1990年)、福岡県大野城市下大利1-21-1(1992年・1994年)
開館年 : 1987年4月10日
閉館年 : 1994年頃
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年の映画館名簿では「ドリームシアター」。1992年・1994年の映画館名簿では「下大利ドリームシアター」。1992年の映画館名簿では経営会社がえびす協同組合、経営者が山崎雅弘、鉄筋造2階、88席、邦画・特選を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。下大利えびすショッピングセンター(後のイオン下大利店)。ビデオシアター。建物は「イオン下大利店」として現存。最寄駅はJR鹿児島本線水城駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ大野城/イオンシネマ大野城
所在地 : 福岡県大野城市錦町大野城サティ内(2000年・2005年)、福岡県大野城市錦町4-1-1 大野城サティ4階(2010年)、福岡県大野城市錦町4-1-1 イオン大野城4階(2015年・2020年)
開館年 : 1998年11月12日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナーマイカルシネマズ大野城1-8」(8館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ大野城1-8」(8館)。最寄駅は西鉄天神大牟田線春日原駅。

1977年9月23日、大野城市錦町4丁目1番の博多織工場群跡地にニチイの大型店舗が開店した。1998年11月12日、店舗を拡張して百貨店に近い売り場づくりを行い、サティ大野城店としてリニューアルした。この際には8スクリーンを有する映画館も開館している。*1

1998年11月17日、大野城市の大野城サティに「ワーナー・マイカル・シネマズ大野城」が開館した。8スクリーンを有する。*2

宗像市

東宝館
所在地 : 福岡県宗像郡東郷町(1941年・1943年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「東宝館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
泉座映劇/泉座
所在地 : 福岡県宗像郡宗像町東郷(1955年)、福岡県宗像郡宗像町東郷町505(1958年)、福岡県宗像郡宗像町大字東郷(1960年)、福岡県宗像郡宗像町(1963年)
開館年 : 1945年1月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1945年1月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「泉座」。1960年の映画館名簿では「泉座映劇」。1963年の映画館名簿では「泉座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
大和座
所在地 : 福岡県宗像郡岬村鐘町(1955年)、福岡県宗像郡玄海町大字鐘崎530(1960年)、福岡県宗像郡玄海町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「大和座」。1956年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「大和座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
司座/司映画劇場
所在地 : 福岡県宗像郡赤間町(1953年・1955年)、福岡県宗像郡宗像町赤間町(1958年)、福岡県宗像郡宗像町赤間(1960年)、福岡県宗像郡宗像町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「司座」。1964年・1965年の映画館名簿では「司映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東郷センター映劇/中央映劇/東郷中央映画劇場
所在地 : 福岡県宗像郡宗像町(1957年・1958年・1963年)、福岡県宗像郡宗像町東郷(1966年・1968年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1968年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「東郷センター映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「中央映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「東郷中央映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

太宰府市

太宰府映画劇場/太宰府映劇/太宰府東映
所在地 : 福岡県筑紫郡太宰府町(1956年・1958年)、福岡県筑紫郡太宰府町2364(1960年)、福岡県筑紫郡太宰府町(1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「太宰府映劇」。1958年の映画館名簿では「太宰府映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「太宰府映劇」。1964年の映画館名簿では「太宰府東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

古賀市

古賀富士館
昭和30年代の古賀町にあった「古賀富士館」の開館時の写真あり。『居酒屋』と『海底二万浬』の看板が見える。*3
古賀旭映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡古賀町748(1953年・1955年)、福岡県糟屋郡古賀町847(1958年)、福岡県糟屋郡古賀町748(1960年)、福岡県糟屋郡古賀町(1963年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「古賀旭映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
古賀東映/古賀東映劇場
所在地 : 福岡県糟屋郡古賀町748(1960年)、福岡県糟屋郡古賀町(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「古賀東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「古賀東映劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は古賀駅西口南西180mにある駐車場「天神セントラルパーキング」。最寄駅はJR鹿児島本線古賀駅。

1958年の古賀町にあった「古賀東映劇場」の写真あり。「古賀東映劇場」「特別興行」の文字が見える。古賀町初の映画館である。その後古賀市には2館増えたが、やがて閉館した。*4

1958年の古賀町にあった「古賀東映劇場」の写真あり。花輪が見えるため会館当日と思われる。駅通り商店街(現・新町商店街)から横道に入った場所にあり、2010年現在の跡地は駐車場となっている。*5
サンリブシアター古賀
所在地 : 福岡県糟屋郡古賀町大字古賀1250(1995年)、福岡県古賀市天神2-5-1(2000年・2001年)
開館年 : 1994年9月15日
閉館年 : 2001年頃
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2001年の映画館名簿では「サンリブシアター古賀」。2002年の映画館名簿には掲載されていない。サンリブ古賀店2階。ビデオシアター。建物の「サンリブ古賀」は現存。最寄駅はJR鹿児島本線古賀駅。

1994年9月15日、糟屋郡古賀町古賀のスーパーマーケットであるサンリブ古賀店2階にビデオシアターが開館した。座席数は88席。子供連れの買い物客を対象とし、店休日以外は毎日上映する。35ミリフィルムの映画館とは異なり、ビデオカセットとプロジェクターを使用する。9月15日から10月21日まではアニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』が上映される。日曜・祝日は一日4階、平日・土曜は一日3回上映する。大人1700円、高校生1400円、中学生1200円、小学生1000円、幼稚園900円。全国各地のショッピングセンターなどでビデオシアターの開館が相次いでおり、九州では熊本市や福岡県筑紫野市に開館している。*6

福津市

福新座
所在地 : 福岡県宗像郡福間町(1955年)、福岡県宗像郡福間町4741(1958年)、福岡県宗像郡福間町4147(1960年)、福岡県宗像郡福間町4741(1961年)、福岡県宗像郡福間町(1962年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「福新座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
エンゼル館/福間東映
所在地 : 福岡県宗像郡福間町(1956年・1958年)、福岡県宗像郡福間町大字大和(1960年)、福岡県宗像郡福間町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「エンゼル館」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「福間東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
恵比須座/津屋崎映劇
所在地 : 福岡県宗像郡津屋崎町(1953年)、福岡県宗像郡津屋崎町津屋崎(1955年)、福岡県宗像郡津屋崎町3200(1958年)、福岡県宗像郡津屋崎町大字津屋崎(1960年)、福岡県宗像郡津屋崎町(1963年・1964年)
開館年 : 大正時代
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「恵比須座」。1963年・1964年の映画館名簿では「津屋崎映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズ福津
所在地 : 福岡県福津市日蒔野6-16-1 イオンモール福津3階(2015年・2020年)
開館年 : 2012年4月26日
閉館年 : 営業中
2012年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ福津1-10」(10館)。最寄駅はJR鹿児島本線福間駅。

朝倉市

昭和キネマ
所在地 : 福岡県朝倉郡甘木町(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「昭和キネマ」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
恵比須座/エビス映劇/甘木センター映劇
所在地 : 福岡県甘木市(1955年)、福岡県甘木市三福町(1956年・1957年・1958年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「恵比須座」。1956年・1957年の映画館名簿では「エビス映劇」。1958年の映画館名簿では「甘木センター映劇」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の甘木市には、甘木に「朝日座」(東映)や「甘木映画劇場」、馬場町に「昭和キネマ」(※1981年現在のフードセンター)や「ニュー富士」(現在の甘木公楽)、三福町に「えびす座」と、5館の映画館があった。*7
甘木松竹/甘木東宝
所在地 : 福岡県甘木市大字甘木(1960年)、福岡県甘木市馬場町(1961年・1962年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「甘木松竹」。1961年・1962年の映画館名簿では「甘木東宝」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
杷木映画劇場/杷木映劇
所在地 : 福岡県朝倉郡杷木町648(1955年)、福岡県朝倉郡杷木町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「杷木映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「杷木映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
新天映画劇場/新天大映
所在地 : 福岡県甘木市馬場町1798(1957年・1958年)、福岡県甘木市高原町1798(1960年)、福岡県甘木市高原町(1962年)、福岡県甘木市甘木(1963年・1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「新天映画劇場」。1960年・1962年・1963年・1965年の映画館名簿では「新天大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
七福館/杷木七福館
所在地 : 福岡県朝倉郡杷木町(1936年・1943年・1950年・1955年)、福岡県朝倉郡杷木町758(1958年)、福岡県朝倉郡杷木町(1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1930年12月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1930年12月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1950年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「七福館」。1966年・1968年の映画館名簿では「杷木七福館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館/甘木日活公楽/甘木日活公楽劇場
所在地 : 福岡県朝倉郡甘木町(1943年・1950年)、福岡県甘木市馬場町(1955年)、福岡県甘木市馬場町732(1958年)、福岡県甘木市大字甘木736(1960年)、福岡県甘木市馬場町(1962年)、福岡県甘木市甘木(1963年)、福岡県甘木市馬場町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1941年以後1943年以前、1952年3月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年3月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1950年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「富士館」。1963年の映画館名簿では「甘木日活公楽」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「甘木日活公楽劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年の甘木市にあった映画館「甘木富士館」の写真あり。1952年に開館し、当初は洋画の上映が主だったが、やがて洋画と邦画を交互に上映するようになった。*8

1955年の甘木市にあった「甘木ニュー富士館」の写真あり。1954年に洋画専門館として開館した。全盛期の甘木市には5館の映画館があったが、テレビが普及すると観客も減少し、昭和後期には5館とも閉館した。(※甘木ニュー富士館が映画館名簿のどの映画館に当たるのか不明)*9
甘木東映劇場/甘木東映/甘木映画劇場
所在地 : 福岡県朝倉郡甘木町(1943年・1950年)、福岡県甘木市甘木1158(1955年)、福岡県甘木市三福町(1958年)、福岡県甘木市甘木町(1960年)、福岡県甘木市三福町(1962年)、福岡県甘木市甘木(1963年)、福岡県甘木市三福町1158(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1950年・1955年の映画館名簿では「甘木映画劇場」。1958年の映画館名簿では「甘木東映劇場」。1960年・1962年・1963年の映画館名簿では「甘木東映」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「甘木映画劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年の甘木市にあった「甘木映画劇場」の写真あり。丸くなった建物の角に「甘木映画劇場」の文字が見える。1930年に馬場町に建設されたが、1939年10月に焼失した。その後再建された。*10

昭和30年代の甘木市には、甘木に「朝日座」(東映)や「甘木映画劇場」、馬場町に「昭和キネマ」(※1981年現在のフードセンター)や「ニュー富士」(現在の甘木公楽)、三福町に「えびす座」と、5館の映画館があった。*11
ニュー富士/甘木名画座/名画座/甘木東宝公楽/甘木東宝公楽劇場/甘木公楽劇場
所在地 : 福岡県甘木市馬場町732(1957年・1958年)、福岡県甘木市大字甘木(1960年)、福岡県甘木市三福町(1962年)、福岡県甘木市甘木(1963年)、福岡県甘木市馬場町732(1966年・1969年・1985年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1985年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「ニュー富士」。1958年の映画館名簿では「甘木名画座」。1960年・1962年の映画館名簿では「名画座」。1963年の映画館名簿では「甘木東宝公楽」。1966年・1969年の映画館名簿では「甘木東宝公楽劇場」。1981年の住宅地図では「公楽」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。朝倉市最後の映画館。跡地はマンション「エディフィシオ甘木」。最寄駅は西鉄甘木線甘木駅。

昭和30年代の甘木市には、甘木に「朝日座」(東映)や「甘木映画劇場」、馬場町に「昭和キネマ」(※1981年現在のフードセンター)や「ニュー富士」(現在の甘木公楽)、三福町に「えびす座」と、5館の映画館があった。*12

糸島市

福栄館
所在地 : 福岡県糸島郡福吉村吉井4087(1955年)、福岡県糸島郡二丈村吉井(1958年)
開館年 : 1951年2月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年2月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「福栄館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
新生館/新生映劇
所在地 : 福岡県糸島郡福吉村字吉井(1955年)、福岡県糸島郡二丈村(1963年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「新生館」。1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「新生映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
旭座/旭屋映劇
所在地 : 福岡県糸島郡周船寺村(1956年・1958年)、福岡県糸島郡周船寺村306(1960年)、福岡県糸島郡周船寺町(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「旭座」。1960年・1963年の映画館名簿では「旭屋映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
福吉映劇
所在地 : 福岡県糸島郡二丈村福吉(1958年・1960年)、福岡県糸島郡二丈村(1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「福吉映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
太陽映劇/前原東映・太陽映劇/前原東映・前原太陽/前原太陽映画劇場
所在地 : 福岡県糸島郡前原町1204(1956年・1957年・1958年・1960年)、福岡県糸島郡前原町(1963年)、福岡県糸島郡前原町1204(1966年・1967年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1967年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「太陽映劇」。1957年・1958年の映画館名簿では「前原東映・太陽映劇」(2館)。1960年・1963年の映画館名簿では「前原東映・前原太陽」(2館)。1966年・1967年の映画館名簿では「前原太陽映画劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
日の出館/日之出館/日之出映劇/日之出映画劇場/前原日之出館
所在地 : 福岡県糸島郡前原町(1930年)、福岡県糸島郡前原町204-3(1936年)、福岡県糸島郡前原町前原(1943年)、福岡県糸島郡前原町(1950年)、福岡県糸島郡前原町大字前原(1958年)、福岡県糸島郡前原町204(1960年)、福岡県糸島郡前原町(1963年)、福岡県糸島郡前原町201-3(1966年・1969年・1980年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1980年
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「日の出館」。1950年の映画館名簿では「日之出館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「日之出館」。1960年の映画館名簿では「日之出映劇」。1963年の映画館名簿では「日之出館」。1966年・1969年の映画館名簿では「前原日之出映画劇場」。1981年の住宅地図では発見できず。1982年の映画館名簿には掲載されていない。

1926年、前原町に株式組織で「日之出館」が建設された。1975年現在の常務取締役は吉浦嘉平。定員は階上が131人、階下が140人。*13

1925年には前原町に常設活動写真館「日の出館」が開館し、1960年頃の糸島郡には7館の映画館があった。戦後には糸島郡の映画館が相次いで閉館し、1980年には日の出館も閉館した。2017年6月、糸島市立志摩歴史資料館で「懐かしき愛しの映画たちよ 糸島娯楽文化事情」が開催され、田浦真義が収集した映画ポスター280枚を核として、糸島地域の映画館の歴史、『海賊八幡船』のロケが行われた際の様子などが展示されている。*14

那珂川市

映画館名簿によると那珂川市に映画館は存在しなかったと思われる。

糟屋郡宇美町

第三永楽館
所在地 : 福岡県糟屋郡宇美町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「第三永楽館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
子安座
所在地 : 福岡県糟屋郡宇美町4162(1953年)、福岡県糟屋郡宇美町4200(1955年)、福岡県糟屋郡宇美町宇美4200(1958年)、福岡県糟屋郡宇美町大字宇美(1959年)
開館年 : 1917年6月
閉館年 : 1959年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1917年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1959年の映画館名簿では「子安座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
宇美映劇/相知会館
所在地 : 福岡県糟屋郡宇美町(1956年・1957年・1958年)、福岡県糟屋郡宇美町大字炭焼(1960年)、福岡県糟屋郡宇美町(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「宇美映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「相知会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

宇美町議会議員や宇美町助役を務めた吉原源吾は、宇美映劇株式会社を設立して映画館経営にも関与していた。吉原源吾の息子の吉原雅一郎は宇美映劇のほかに、筑紫郡志免町に1館、筑紫郡古賀町に1館、筑紫郡大野町雑餉隈に3館、筑紫郡春日町春日原に1館の計7館を経営しており、福岡市近郊に吉原ブロックチェーンを築いている。*15
千日座
所在地 : 福岡県糟屋郡宇美町宇美3176(1936年)、福岡県糟屋郡宇美町(1943年・1950年)、福岡県糟屋郡宇美町3716(1953年・1955年)、福岡県糟屋郡宇美町3617(1958年)、福岡県糟屋郡宇美町3716(1960年)、福岡県糟屋郡宇美町(1963年)
開館年 : 1920年10月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1920年10月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「千日座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和30年代の宇美町にあった「千日座映画館」の写真あり。2001年現在の寿屋の場所にあり、宇美駅に近かった。昭和40年代以後には閉館する映画館が増えた。*16

糟屋郡篠栗町

富士館
所在地 : 福岡県糟屋郡篠栗町(1943年・1947年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1943年・1947年の映画館名簿では「富士館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
昌和館
所在地 : 福岡県糟屋郡篠栗町(1950年・1953年)、福岡県糟屋郡篠栗町4857(1955年・1958年・1960年)、福岡県糟屋郡篠栗町(1963年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年8月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「昌和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
信和館/信和会館
所在地 : 福岡県糟屋郡篠栗町(1950年)、福岡県糟屋郡勢門村大字田中416(1955年)、福岡県糟屋郡篠栗町大字田中(1960年)、福岡県糟屋郡篠栗町(1963年)
開館年 : 1946年4月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年4月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1955年の映画館名簿では「信和会館」。1960年の映画館名簿では「信和館」。1963年・1965年の映画館名簿では「信和会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

糟屋郡志免町

鵜亀療/亀山劇場/亀山映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町亀山本坑(1943年)、福岡県糟屋郡志免町別府(1955年)、福岡県糟屋郡志免町858(1958年)、福岡県糟屋郡志免町大字別府854(1960年)、福岡県糟屋郡志免町(1963年・1965年)
開館年 : 1935年6月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年6月開館。1943年の映画館名簿では「鵜亀療」。1955年の映画館名簿では「亀山劇場」。1958年の映画館名簿では「亀山映劇」。1960年の映画館名簿では「亀山劇場」。1963年・1965年の映画館名簿では「亀山映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
志免会館/志鉱会館
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町五坑(1953年)、福岡県糟屋郡志免町(1955年)、福岡県糟屋郡志免町立花(1958年・1960年)、福岡県糟屋郡志免町(1963年・1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「志免会館」。1958年の映画館名簿では「志鉱会館」。1960年の映画館名簿では「志免会館」。1963年の映画館名簿では「志鉱会館」。1965年の映画館名簿では「志免会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
旭映劇/志免旭映劇/志免旭映画劇場
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町(1943年・1947年・1950年・1953年)、福岡県糟屋郡志免町上志免(1955年)、福岡県糟屋郡志免町(1958年)、福岡県糟屋郡志免町大字志免(1960年)、福岡県糟屋郡志免町(1963年・1965年・1966年)
開館年 : 1936年7月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1936年7月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「旭映画劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「旭映劇」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「志免旭映劇」。1966年の映画館名簿では「志免旭映画劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
志免映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡志免町南里455-4(1988年・1990年・1992年)
開館年 : 1984年12月
閉館年 : 1993年1月15日
1986年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1992年の映画館名簿では「志免映劇」。1988年の住宅地図では「志免映劇」。1992年の映画館名簿では経営者が八尋新、支配人が倉重正和、鉄筋造1階、132席、邦画・洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ドラッグストアモリ南里店」敷地北西部。最寄駅はJR福北ゆたか線原町駅。

1993年1月15日をもって、福岡県糟屋郡志免町南里の映画館「志免映劇」が閉館する。糟屋郡唯一の映画館だった。1984年に無類の映画好きだった八尋社長(75)が132席の映画館を開館させた。当初から経営は楽ではなかったが、近年はテレビビデオや衛星放送にも押されており、赤字経営となっていた。1994年3月には八尋社長の出身地である須恵町に文化会館が完成予定であり、映写機・スクリーン・音響装置などは文化会館に寄贈される予定。*17

1993年1月15日をもって、福岡県糟屋郡志免町(しめまち)の映画館「志免映劇」が閉館する。1984年12月に開館。132席。経営者の八尋新は故郷の須恵町に映写機やスクリーンや音響装置などの機材一式を寄贈する予定であり、須恵町は1994年開館を目指している文化会館に設置する予定である。*18

1993年1月15日をもって、福岡県糟屋郡志免町南里の映画館「志免映劇」が閉館した。糟屋郡唯一の映画館だった。経営は八尋新社長。1月16日と17日には無料の「さよなら映画会」を開催し、『ドラえもん』と『ドラゴンボールZ』を上映する。*19

糟屋郡須恵町

須恵劇場/須恵映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡須恵町飛越(1955年)、福岡県糟屋郡須恵町(1958年)、福岡県糟屋郡須恵町大字飛越360(1960年)、福岡県糟屋郡須恵町(1963年・1965年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「須恵映劇」。1960年の映画館名簿では「須恵劇場」。1963年・1965年の映画館名簿では「須恵映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

糟屋郡久山町

ヴァージンシネマズトリアス久山/TOHOシネマズトリアス久山/ユナイテッド・シネマ トリアス久山
所在地 : 福岡県糟屋郡久山町大字山田1111(2000年)、福岡県糟屋郡久山町大字山田1044-2(2005年)、福岡県糟屋郡久山町大字山田1044-2 エンジョイタウントリアス内(2010年・2012年)、福岡県糟屋郡久山町大字山田1044-2 トリアス エンターテイメントプレイス(2015年・2020年)
開館年 : 1999年4月23日(VC)、2004年(TOHOシネマズ)、2013年3月1日(UC)
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「ヴァージンシネマズトリアス久山1-14」(14館)。2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「TOHOシネマズトリアス久山1-13・プレミアスクリーン」(14館)。2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ トリアス久山1-12」(12館)。最寄駅はJR香椎線土井駅。

1999年4月23日、糟屋郡久山町大字山田1111に「ヴァージンシネマズトリアス久山」が開館した。14スクリーンを有する。料金2400円の94席のプレミアスクリーンがある。*20

2012年8月31日、糟屋郡久山町の複合商業施設トリアスにある映画館「TOHOシネマズトリアス久山」が閉館する。賃貸契約の満了や建物の老朽化が理由。1994年4月、ヴァージンシネマズの1号店として開館した。開館当初は14スクリーン計約2400席を有し、九州最大級の映画館だった。2004年には東宝がヴァージン・シネマズ・ジャパン社を買収したことで解消した。近年は観客数が落ち込んでいた。2012年3月末までの13年間の総観客数は約857万人。*21

2013年春、糟屋郡久山町の大型商業施設トリアスに映画館「ユナイテッド・シネマ」が開館する予定。2012年8月末に閉館した「TOHOシネマズ」を改装して開館する。スクリーン数は閉館前と同じ14スクリーンを予定している。ユナイテッド・シネマはキャナルシティ博多やホークスタウンモールなどに次いで九州5サイト目。*22

2013年3月1日、糟屋郡久山町の大型商業施設トリアスに映画館「ユナイテッド・シネマ トリアス久山」が開館する。2012年8月末に閉館した「TOHOシネマズ」を改装した。ユナイテッド・シネマとしては全国で初めて、通常シートより幅が20センチ広いビッグシート(幅75センチ)を全席に採用し、ペアシート(幅160センチ)やファミリーシート(幅220センチ)も備えた。座席数は12スクリーンで計1644席。*23

糟屋郡粕屋町

原町劇場/原町映劇/原町東映
所在地 : 福岡県糟屋郡粕屋町原町(1958年)、福岡県糟屋郡粕屋町原町204(1960年)、福岡県糟屋郡粕屋町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「原町映劇」。1960年の映画館名簿では「原町劇場」。1963年の映画館名簿では「原町映劇」。1964年の映画館名簿では「原町東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ福岡東
所在地 : 福岡県糟屋郡粕屋町大字仲原2574-1(2002年・2004年)
開館年 : 2000年12月8日
閉館年 : 2004年3月28日
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2004年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ福岡東1-8」(8館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。福岡東サティ隣接地。後継施設はワーナー・マイカル・シネマズ福岡ルクル。最寄駅はJR香椎線柚須駅。

2000年12月8日、糟屋郡粕屋町大字仲原2574-1 福岡東サティに「ワーナー・マイカル・シネマズ福岡東」が開館した。8スクリーンを有する。*24
ワーナー・マイカル・シネマズ福岡ルクル/イオンシネマ福岡
所在地 : 福岡県糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-2064 ダイアモンドシティルクル2階(2005年)、福岡県糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-2064 イオンモール福岡ルクル2階(2010年)、福岡県糟屋郡粕屋町大字酒殿字老ノ木192-1-2064 イオンモール福岡2階(2015年・2020年)
開館年 : 2004年6月4日
閉館年 : 営業中
2004年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ福岡ルクル1-9」(9館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ福岡1-9」(9館)。最寄駅はJR香椎線酒殿駅。

糟屋郡新宮町

新宮劇場/新宮映劇
所在地 : 福岡県糟屋郡新宮村下府(1955年)、福岡県糟屋郡新宮町下府1086(1960年)、福岡県糟屋郡新宮町(1962年)
開館年 : 1953年10月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年10月開館。1955年の映画館名簿では「新宮劇場」。1960年・1962年の映画館名簿では「新宮映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

朝倉郡筑前町

新町劇場
所在地 : 福岡県朝倉郡三輪村字依井506(1955年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1955年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「新町劇場」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。

朝倉郡東峰村

宝珠山劇場/宝珠山映劇
所在地 : 福岡県朝倉郡宝珠山村(1943年)、福岡県朝倉郡宝珠山村宝珠山(1955年)、福岡県朝倉郡宝珠山村(1963年・1964年)
開館年 : 1943年以前、1946年4月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年4月開館。1943年の映画館名簿では「宝珠山劇場」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「宝珠山劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「宝珠山映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

北九州地域

行橋市

都座
所在地 : 福岡県京都郡行橋町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「都座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
名画座
所在地 : 福岡県行橋市行橋町大字行橋(1956年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1956年2月10日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「名画座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年2月10日午前6時20分頃、行橋市の駅前にある「名画座」の屋根裏付近から出火し、木造コンクリート3階建ての同館と隣接する4戸を焼いた。損害額は2000万円。経営者は角田国平。*25
京映館
所在地 : 福岡県京都郡行橋町神田町(1955年)、福岡県行橋市行橋町大橋町479(1958年)、福岡県行橋市大橋町479(1960年)、福岡県行橋市行橋町大正(1962年)
開館年 : 1952年6月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「京映館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
行橋映画劇場/行橋日活/行橋映劇
所在地 : 福岡県行橋市大正町481(1957年・1958年)、福岡県行橋市行橋大正町(1960年)、福岡県行橋市大橋(1963年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1963年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「行橋映画劇場」。1960年の映画館名簿では「行橋日活」。1963年の映画館名簿では「行橋映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
祇園座/祇園東映/行橋東映
所在地 : 福岡県京都郡行橋町大橋(1955年)、福岡県京都郡行橋町大字大橋541(1956年)、福岡県行橋市行橋町大橋541(1958年)、福岡県行橋市行橋田町(1960年)、福岡県行橋市大橋(1963年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「祇園座」。1956年の映画館名簿では「祇園東映」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「行橋東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
富士館
所在地 : 福岡県京都郡行橋町(1936年)、福岡県京都郡行橋町434(1941年)、福岡県京都郡行橋町(1943年)、福岡県京都郡行橋町宮市437(1953年)、福岡県京都郡行橋町宮市(1955年)、福岡県行橋市行橋町宮市(1958年)、福岡県行橋市行橋宮市434(1960年)、福岡県行橋市宮市(1963年)
開館年 : 1931年
閉館年 : 1964年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「富士館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「富士館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年の行橋市にあった「富士館」の写真あり。1931年に「豊昇館」跡地に開館し、2階は畳敷きだった。1955年の改装で2階席が椅子席に変わった。魚町の「旭館」の裏にあった。経営者は山路広作であり、旭館、富士館、駅前の「名画座」、田町の「祇園座」、大正町の「行橋映劇」の5館を経営していた。1981年の富士館跡地は旭館跡地とともにショッピングデパート相互となっている。*26

1928年の行橋にあった「豊昇館」の写真あり。豊昇館は行橋初の映画館である。1928年に全焼し、1931年に「富士館」として再建された。1963年に「旭館」が閉館したのと同じ頃、富士館も閉館した。*27

大正時代には行橋初の活動写真館として、宮市町8番15号に「豊昇館」が開館したが、1928年8月に全焼した。1929年、宮市町8番21号に「旭館」が開館した。1931年には豊昇館が「富士館」として生まれ変わっている。旭館と富士館はいずれも山路広作によって開館した映画館であり、1964年には富士館が閉館して相互ストアになった。この際には旭館が相互ストアの西側に写ったが、1975年2月に閉館して駐車場となった。*28
旭館/行橋旭館
所在地 : 福岡県京都郡行橋町(1930年)、福岡県京都郡行橋町宮市(1936年)、福岡県京都郡行橋町434(1941年)、福岡県京都郡行橋町(1943年・1947年・1950年・1953年・1955年)、福岡県行橋市行橋町宮市434(1958年)、福岡県行橋市行橋宮市434(1960年)、福岡県行橋市宮市(1963年)、福岡県行橋市宮市434(1966年・1969年・1973年)、福岡県行橋市宮市433-3(1975年)
開館年 : 1929年
閉館年 : 1975年2月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭館」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「行橋旭館」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では福岡中央銀行行橋支店北西40mに「パートショッピングKK相互ストア」があるが関係は不明。

1929年の行橋町に開館した当時の「旭館」の写真あり。行橋初の活動写真館である「豊昇館」が焼失した後、田んぼだった場所に建てられた。昭和30年代前半まで、行橋には旭館、「富士館」、「京映館」、「名画座」、「祇園座」、「行橋映劇」、「栄館」の7館の映画館があった。1963年には旭館が閉館し、跡地にはビルが建ったが、1981年現在はショッピングデパート相互が建っている。1981年現在の行橋市にある映画館は「栄文化」のみである。*29

1971年の行橋市にあった「旭館」の写真あり。「旭館」「Asahi」の文字が見える。もともと旭館は魚町にあったが、裏側の「富士館」とともに1965年に閉館し、取り壊されてビルが建てられた。1965年には旭館が相互ストアーの西側に移り、1975年まで営業を続けた。2代目旭館の跡地は駐車場となった。*30

大正時代には行橋初の活動写真館として、宮市町8番15号に「豊昇館」が開館したが、1928年8月に全焼した。1929年、宮市町8番21号に「旭館」が開館した。1931年には豊昇館が「富士館」として生まれ変わっている。旭館と富士館はいずれも山路広作によって開館した映画館であり、1964年には富士館が閉館して相互ストアになった。この際には旭館が相互ストアの西側に写ったが、1975年2月に閉館して駐車場となった。*31

1955年頃の行橋市の街並みの写真あり。右側には劇場「旭館」が写っている。*32

1929年の行橋にあった「旭館」の写真あり。1929年に開館したが、1963年に閉館した。*33

1929年には松竹や大映の封切館である「旭館」が開館し、福岡や小倉に次いで新しい映画が上映された。うどん1杯30円の時代に映画の入場料は130円だった。1964年には「旭館」が閉館し、スーパーマーケットになった。1986年には行橋市最後の「栄館」が閉館した。*34
栄館/栄文化映劇/行橋栄文化映画劇場/行橋栄文化劇場
所在地 : 福岡県行橋市西町(1959年・1960年)、福岡県行橋市大橋(1963年)、福岡県行橋市西町(1966年・1969年・1973年)、福岡県行橋市西町2863(1975年・1978年・1980年)、福岡県行橋市大橋3-10-1(1985年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1986年
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「栄館」。1960年・1963年の映画館名簿では「栄文化映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「行橋栄文化映画劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「行橋栄文化劇場」。1978年の映画館名簿では「栄文化映画劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「行橋栄文化劇場」。1981年の住宅地図では「栄文化」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。行橋市最後の映画館。跡地は「行橋大橋郵便局」南西30mにある駐車場。最寄駅はJR日豊本線行橋駅。

1929年には松竹や大映の封切館である「旭館」が開館し、福岡や小倉に次いで新しい映画が上映された。うどん1杯30円の時代に映画の入場料は130円だった。1964年には「旭館」が閉館し、スーパーマーケットになった。1986年には行橋市最後の「栄館」が閉館した。*35

豊前市

世界館
所在地 : 福岡県築上郡宇島町(1930年)、福岡県築上郡八屋町赤熊(1936年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年・1936年の映画館名簿では「世界館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
宝栄館
所在地 : 福岡県築上郡八屋町八屋(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「宝栄館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹館
所在地 : 福岡県築上郡八屋町宇島(1941年・1943年)、福岡県築上郡八屋町(1947年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「松竹館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
日活館
所在地 : 福岡県築上郡八屋町(1943年・1947年)、福岡県築上郡八屋町1670(1950年)、福岡県築上郡八屋町(1953年)、福岡県築上郡八屋町167(1955年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1955年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「日活館」。1956年の映画館名簿には掲載されていない。
八屋中央
所在地 : 福岡県豊前市八屋町(1956年・1957年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年の映画館名簿では「八屋中央」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
平和映画劇場
所在地 : 福岡県築上郡八屋町(1953年)、福岡県豊前市八屋町(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「平和映画劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「平和映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
八屋東映/八尋東映/豊前東映
所在地 : 福岡県豊前市八屋町(1956年・1957年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「豊前東映」。1957年の映画館名簿では「八屋東映」。1958年の映画館名簿では「豊前東映」。1960年の映画館名簿では「八尋東映」。1962年の映画館名簿では「豊前東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
宇島東映
所在地 : 福岡県豊前市宇島町93(1959年・1960年)、福岡県豊前市宇島町(1963年・1964年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「宇島東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

豊前市議会議員の長野廣行。かねいわ建設社長。1921年1月8日に生まれ、1939年に陸軍憲兵学校を卒業後に入隊した。1945年に復員して大清和工業の常務となり、1950年にかねいわ建設を設立した。さらに「宇島東映」も創立して現在に至っている。*36
東宝パレス/東宝シネマ
所在地 : 福岡県豊前市宇島町(1960年)、福岡県豊前市赤熊1343-5(1961年)、福岡県豊前市赤熊(1963年・1965年)
開館年 : 1958年12月25日
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「東宝パレス」。1961年・1963年・1965年の映画館名簿では「東宝シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年12月25日、豊前市に「東宝パレス」が開館した。木造平屋建て、定員350人。東宝を上映。代表は渡辺寛。*37
東洋映劇/東洋映画劇場/八屋東洋映劇/豊前東洋映劇
所在地 : 福岡県築上郡八屋町宅島(1953年)、福岡県築上郡八屋町(1955年)、福岡県豊前市八屋町(1958年)、福岡県豊前市赤熊1343(1960年)、福岡県豊前市赤熊(1963年)、福岡県豊前市赤熊1343-5(1966年・1969年)、福岡県豊前市赤熊1343(1973年・1975年)、、福岡県豊前市赤熊1343-5(1978年)、、福岡県豊前市赤熊1343(1980年)、福岡県豊前市赤熊1343-5(1985年・1986年)
開館年 : 1938年9月
閉館年 : 1986年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「東洋映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東洋映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「豊前東洋映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「八屋東洋映劇」。1981年の住宅地図では「東洋映画劇場」。1985年の映画館名簿では「豊前東洋映劇」。1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「豊前市昭和町交差点」北西角にある空き地。最寄駅はJR日豊本線宇島駅。

豊前市赤熊1343-5の映画館「東洋映画劇場」。創立は1946年。代表は渡辺仁道。*38

中間市

中間大映
所在地 : 福岡県中間市栄町5(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中間大映」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
中間東宝
所在地 : 福岡県中間市栄町(1963年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1963年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「中間東宝」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
中間映劇/名画座
所在地 : 福岡県遠賀郡中間町本町(1956年)、福岡県遠賀郡中間町中間(1957年・1958年)、福岡県中間市中間(1960年)、福岡県中間市栄町(1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年の映画館名簿では「中間映劇」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「名画座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年3月、中間町の「中間劇場」が映画が主体となって「名画座」に改称した。*39

時期不明の中間市にあった映画館「名画座」の写真あり。劇場「弁天座」跡地に創設され、戦時中に映画館に転向した。戦後の中間市には「東洋映劇」、「毎日館」、「セントラル」、「中間東映」などがあり、共倒れとなって閉館した。*40
東洋館/第一東洋館/第一東洋映劇/日活東洋映劇
所在地 : 福岡県遠賀郡中間町(1936年・1943年・1947年・1950年・1953年)、福岡県遠賀郡中間町昭和町(1958年)、福岡県中間市昭和町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1931年
閉館年 : 1963年10月17日
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「東洋館」。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「第一東洋館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「第一東洋映劇」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「日活東洋映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1931年、中間町昭和町に松本紫男吉によって劇場兼映画館「東洋館」が開館した。昭和初期には落語家の柳家金語楼や歌手の田端義夫も来演して泊まっている。東洋館は1963年頃に閉館した。*41

1963年10月17日、中間市の映画館「東洋館」が閉鎖された。*42

1952年頃の中間にあった「東洋映画劇場」の写真あり。「NAKAMA TOYO EIGEKI」の文字が見える。「弁天座」が移転して「東洋館」に改称し、1931年に改築された。1949年には東洋映画劇場に改称した。*43

俳優の高倉健は中間町出身であり、少年時代には映画館「毎日館」や「東洋館」を遊び場としていた。昭和初期に開館したのが「第二毎日館」であり、1941年には毎日館に改称し、1959年には「中間大映」と「中間松竹」の2館に分かれた。東洋館は1932年に開館した映画館である。最盛期の中間町にはこの他に「日活東洋映画館」「セントラル映劇」「中間東映」「名画座」「第二東映」などの映画館があった。炭鉱の閉山に合わせて、1967年には中間東映などが閉館した。中間松竹は最後まで残っていたが、1972年に閉館したことで中間市から映画館がなくなった。*44
セントラル映劇/中間セントラル映劇
所在地 : 福岡県遠賀郡中間町中間(1958年)、福岡県中間市中間(1960年)、福岡県中間市栄町(1963年)、福岡県中間市本町(1964年・1965年)
開館年 : 1955年3月1日
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「セントラル映劇」。1964年・1965年の映画館名簿では「中間セントラル映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年3月1日、中間市に映画館「セントラル映劇」が開館した。1967年5月30日、中間市の映画館「中間東映」とセントラル映劇が閉鎖された。*45
中間東映/中間東映劇場
所在地 : 福岡県遠賀郡中間町大字中間(1958年)、福岡県中間市中間(1960年)、福岡県中間市栄町(1963年)、福岡県中間市昭和町(1966年)
開館年 : 1956年11月14日
閉館年 : 1967年5月30日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中間東映」。1966年の映画館名簿では「中間東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年11月14日、中間市に映画館「中間東映」が開館した。1967年5月30日、中間東映と「セントラル映劇」が閉鎖された。*46

俳優の高倉健は中間町出身であり、少年時代には映画館「毎日館」や「東洋館」を遊び場としていた。昭和初期に開館したのが「第二毎日館」であり、1941年には毎日館に改称し、1959年には「中間大映」と「中間松竹」の2館に分かれた。東洋館は1932年に開館した映画館である。最盛期の中間町にはこの他に「日活東洋映画館」「セントラル映劇」「中間東映」「名画座」「第二東映」などの映画館があった。炭鉱の閉山に合わせて、1967年には中間東映などが閉館した。中間松竹は最後まで残っていたが、1972年に閉館したことで中間市から映画館がなくなった。*47
第二毎日館/毎日館/中間毎日館
所在地 : 福岡県遠賀郡中間町(1930年)、福岡県遠賀郡中間町片峯(1936年)、福岡県遠賀郡中間町(1943年・1947年・1950年)、福岡県遠賀郡中間町大字中間町(1953年)、福岡県遠賀郡中間町7450(1958年)、福岡県中間市中間(1960年)、福岡県中間市栄町7450(1966年・1969年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1972年2月24日
1930年・1936年の映画館名簿では「第二毎日館」。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「毎日館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「毎日館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「中間毎日館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1972年2月24日、中間市の映画館「毎日館」が閉鎖された。*48

俳優の高倉健は中間町出身であり、少年時代には映画館「毎日館」や「東洋館」を遊び場としていた。昭和初期に開館したのが「第二毎日館」であり、1941年には毎日館に改称し、1959年には「中間大映」と「中間松竹」の2館に分かれた。東洋館は1932年に開館した映画館である。最盛期の中間町にはこの他に「日活東洋映画館」「セントラル映劇」「中間東映」「名画座」「第二東映」などの映画館があった。炭鉱の閉山に合わせて、1967年には中間東映などが閉館した。中間松竹は最後まで残っていたが、1972年に閉館したことで中間市から映画館がなくなった。*49
AMC NAKAMA 16/AMCなかま16/ユナイテッド・シネマなかま16
所在地 : 福岡県中間市上蓮花寺3-11-1(2000年)、福岡県中間市上蓮花寺3-1-1(2005年・2010年)、福岡県中間市上蓮花寺3-1-1 ショッパーズモールなかまモール館4階(2015年)、福岡県中間市上蓮花寺3-1-1 イオンショッパーズモールなかまモール館4階(2020年)
開館年 : 1998年11月20日(AMC)、2005年(UC)
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「AMC NAKAMA 16 スクリーンno.1-no.16」(16館)。2005年の映画館名簿では「AMCなかま16 スクリーンNO1-NO16」(16館)。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマなかま16 No.1-No.16」(16館)。開館時のスクリーン数は日本最多。最寄駅は筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線通谷駅。

1998年11月20日、中間市上蓮花寺3丁目のショッパーズモール専門店街に複合映画館(シネコン)「AMCナカマ16シアターズ」が開館する。日本国内最多の16スクリーンを有し、98席から345席まで計2663席がある。アメリカ合衆国の映画興行会社であるAMCエンターテインメントが運営する。前後の客席の段差は50センチ近くあり、前の人の頭が気にならない。飲み物ホルダー付きのひじ掛けは折り畳み式であり、カップルが寄り添える配慮をしている。料金は既存館と同じ1800円だが、土曜日を除く午後9時以降は1000円。洋画・邦画とも全国一斉公開の封切り作品を上映する。リバイバル作品やマイナー作品も観客のニーズを見た上で見当する。成人映画は上映しない。中間市は北九州市・遠賀郡・筑豊地域と接しており、都市高速道路や国道3号などで交通の便の良い都市である。*50

1998年11月21日、中間市上蓮花寺3-1-1 ショッパーズモール中間専門店街に「AMC NAKAMA 16」が開館した。16スクリーンを有する。経営はAMCであり、キャナルシティに次ぐ第2号館である。*51

遠賀郡芦屋町

大国座
所在地 : 福岡県遠賀郡芦屋町(1943年)、福岡県遠賀郡芦屋町芦屋(1958年)
開館年 : 1900年9月下旬、1948年3月(再建)
閉館年 : 1944年3月21日(焼失)、1958年頃
1943年の映画館名簿では「大国座」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「大国座」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「幸町区公民館」と「幸町公園」。最寄駅はJR鹿児島本線遠賀川駅。

遠賀地方の文化の殿堂として「大国座」があった。1899年5月、桑原永次郎、中西清八、吉田徳三が発起人となって劇場の建設が計画された。資本金7000円で合資会社を設立し、幸町の土地が買収された。1900年春に上棟式が行われ、同年8月21日に福岡県から定劇場としての設置許可が下りると、同年9月下旬に建物が完成した。資本金15000円の株式組織として株式会社大国座が設立された。こけら落としには東京歌舞伎の市川市十郎一座が来演した。その後、川上音二郎一座、松井須磨子一座なども来演している。1944年3月21日夜、広沢虎造の浪曲の公演中に火災で焼失した。戦後の1948年3月、長野政八の出資によって再建された。木造2階建て、定員500人であり、戦前の建物よりやや縮小された。1966年8月、芦屋町が敷地と建物を買収し、その後解体された。*52

1900年から1944年までの大国座の建物は、木造2階建て、敷地面積1907.4平方メートル、建物面積947.1平方メートル。定員は階下が560人、階上が260人であり、立見席を含めると収容人員は1000人を超えた。建物は熊本県の東雲座を参考にしており、廻り舞台、花道、楽屋、役者宿屋、中茶屋、売店、表木戸、下足場などを備えていた。歌舞伎、浪曲、奇術、筑前琵琶、活動写真などが行われ、映画と芝居を組み合わせた連鎖劇は人気を博した。*53
ロキシー座/ロキシー東映
所在地 : 福岡県遠賀郡芦屋町正門通(1956年・1958年)、福岡県遠賀郡芦屋町(1960年・1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には遠賀郡が掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「ロキシー座」。1960年・1962年の映画館名簿では「ロキシー東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
オリオン座/芦屋オリオン座
所在地 : 福岡県遠賀郡芦屋町(1953年・1954年)、福岡県遠賀郡芦屋町芦屋(1958年)、福岡県遠賀郡芦屋町(1960年・1963年)、福岡県遠賀郡芦屋町字船頭町9-14(1969年・1970年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「オリオン座」。1955年の映画館名簿には遠賀郡が掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「オリオン座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1970年の映画館名簿では「芦屋オリオン座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「秦哲邸」と「秦富五郎邸」。跡地は「禅寿寺」北東80mにある民家。最寄駅はJR鹿児島本線遠賀川駅。
芦屋中央映劇/芦屋中央映画劇場
所在地 : 福岡県遠賀郡芦屋町本町(1956年)、福岡県遠賀郡芦屋町(1958年・1960年・1963年)、福岡県遠賀郡芦屋町字船頭町(1966年)、福岡県遠賀郡芦屋町字船頭町8-2(1969年・1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「中央映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「芦屋中央映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「芦屋中央映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「スーパーしんえい衣料部」。跡地は「芦屋町町民会館」南西40mにある数軒分の民家。最寄駅はJR鹿児島本線遠賀川駅。

遠賀郡水巻町

ダイヤ映画劇場
所在地 : 福岡県遠賀郡水巻町
開館年 : 不明
閉館年 : 1960年2月1日
映画館名簿には掲載されていない。

1960年2月1日午前1時30分頃、遠賀郡水巻町の「ダイヤ映画劇場」から出火し、木造モルタル平屋建て約400平方メートルが全焼した。損害額は約800万円。経営は西田喜代子。*54

1960年2月1日午前1時30分頃、遠賀郡水巻町の「ダイヤ劇場」から出火し、木造モルタル平屋建て約400平方メートルが全焼した。*55

1960年2月1日、遠賀郡の「ダイヤ映劇」が全焼した。*56
第二東洋館/第二東洋映劇/第二日活東洋館
所在地 : 福岡県遠賀郡水巻町(1941年・1943年)、福岡県遠賀郡水巻町頃末(1947年)、福岡県遠賀郡水巻町(1950年・1953年)、福岡県遠賀郡水巻町頃末(1958年)、福岡県遠賀郡水巻町832(1960年)、福岡県遠賀郡水巻町(1962年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1962年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「第二東洋館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「第二東洋映劇」。1960年の映画館名簿では「第二日活東洋館」。1962年の映画館名簿では「第二東洋映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
頃末東映
所在地 : 福岡県遠賀郡水巻町(1963年・1964年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1964年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「頃末東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
第一高松会館/水巻第一高松会館
所在地 : 福岡県遠賀郡水巻町(1950年・1953年)、福岡県遠賀郡水巻町吉田(1958年・1960年)、福岡県遠賀郡水巻町(1963年)、福岡県遠賀郡水巻町吉田(1966年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1966年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「第一高松会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第一高松会館」。1966年の映画館名簿では「水巻第一高松会館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
第二高松会館/水巻第二高松会館
所在地 : 福岡県遠賀郡水巻町頃松(1950年)、福岡県遠賀郡水巻町(1953年)、福岡県遠賀郡水巻町古賀(1958年・1960年)、福岡県遠賀郡水巻町(1963年)、福岡県遠賀郡水巻町古賀(1966年)、福岡県遠賀郡水巻町字古賀(1968年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1968年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「第二高松会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二高松会館」。1966年の映画館名簿では「水巻第二高松会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

遠賀郡岡垣町

海老津映劇/海老津座
所在地 : 福岡県遠賀郡岡垣村海老津2001(1957年)、福岡県遠賀郡岡垣村海老津200(1958年)、福岡県遠賀郡岡垣村海老津(1960年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1960年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「海老津映劇」。1960年の映画館名簿では「海老津座」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
海老津第一映劇/エビツ第一映劇
所在地 : 福岡県遠賀郡岡垣村海老津(1959年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「海老津第一映劇」。1961年・1962年の映画館名簿では「エビツ第一映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
海老津東映/エビツ東映
所在地 : 福岡県遠賀郡岡垣村海老津(1961年・1962年)、福岡県遠賀郡岡垣町(1963年・1964年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「海老津東映」。1963年・1964年の映画館名簿では「エビツ東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

遠賀郡遠賀町

映画館名簿によると遠賀郡遠賀町に映画館は存在しなかったと思われる。

京都郡苅田町

永楽座/苅田東映
所在地 : 福岡県京都郡苅田町(1953年・1955年・1956年)、福岡県京都郡苅田町1771-1(1957年)、福岡県京都郡苅田町浜(1958年)、福岡県京都郡苅田町(1960年)、福岡県京都郡苅田町浜(1962年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1956年・1957年の映画館名簿では「永楽座」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「苅田東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
苅田中央/苅田中央館
所在地 : 福岡県京都郡苅田町大字馬場浜町(1959年)、福岡県京都郡苅田町(1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「苅田中央」。1963年の映画館名簿では「苅田中央館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
新星座/新星館/苅田新生館
所在地 : 福岡県京都郡苅田町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、福岡県京都郡苅田町京町(1966年・1968年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新星座」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新星館」。1966年・1968年の映画館名簿では「苅田新生館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。新星と新生のどちらの表記が正しいのか不明。

京都郡みやこ町

映画館名簿によると京都郡みやこ町に映画館は存在しなかったと思われる。

築上郡築上町

椎田劇場/椎田映劇
所在地 : 福岡県築上郡椎田町椎田(1953年)、福岡県築上郡椎田町長者1034(1955年)、福岡県築上郡椎田町1034(1958年)、福岡県築上郡椎田町(1960年・1962年)
開館年 : 1943年5月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「椎田劇場」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「椎田映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
オアシス映劇
所在地 : 福岡県築上郡築城町駅前(1957年・1958年)、福岡県築上郡築城町(1960年・1962年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「オアシス映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
築城中央映劇/築城中央館
所在地 : 福岡県築上郡築城町駅前通り(1953年)、福岡県築上郡築城町築城(1958年)、福岡県築上郡築城町大字八津田(1960年)、福岡県築上郡築城町(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「築城中央館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「築城中央館」。1960年の映画館名簿では「築城中央映劇」。1963年の映画館名簿では「築城中央館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
寿館/寿映劇
所在地 : 福岡県築上郡椎田町西町(1957年・1958年)、福岡県築上郡椎田町椎田(1960年)、福岡県築上郡椎田町(1963年・1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「寿館」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「寿映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

築上郡吉富町

吉富映劇
所在地 : 福岡県築上郡吉富町
開館年 : 1953年7月1日
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。

1953年7月1日、築上郡吉富町に「吉富映劇」が落成した。吉富町初の常設館である。総工費600万円。建坪230坪。モルタル塗り平屋建て。椅子席470。経営者は椎田町の永楽座の館主である石丸高治。*57

築上郡上毛町

映画館名簿によると築上郡上毛町に映画館は存在しなかったと思われる。

筑後地域

柳川市

松竹座
所在地 : 福岡県山門郡柳河町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「松竹座」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
大勝館
所在地 : 福岡県山門郡大和町中島(1961年・1962年)、福岡県山門郡大和町(1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「大勝館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
沖ノ端/沖端映劇/沖端座/柳川沖端座
所在地 : 福岡県山門郡沖端村(1952年)、福岡県柳川市矢留本町3(1958年)、福岡県柳川市沖端矢留本町4(1960年)、福岡県柳川市矢留本町(1963年)、福岡県柳川市矢留本町21(1966年)
開館年 : 1931年以前
閉館年 : 1966年頃
1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年の映画館名簿では「沖ノ端」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「沖端座」。1958年の映画館名簿では経営者が東清、支配人が須藤栄、木造2階、定員347、邦画・洋画を上映。1960年の映画館名簿では「沖端映劇」。1963年の映画館名簿では「沖端座」。1966年の映画館名簿では「柳川沖端座」。1966年の映画館名簿では経営者が東コヨ、支配人が須藤栄、木造1階暖房付、396席、松竹・東宝・大映・東映を上映。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
大和映劇/大和座/大和東映/中島大和東映劇場/中島公楽映画劇場
所在地 : 福岡県山門郡大和町中島(1956年・1957年・1958年)、福岡県山門郡大和町大字中島(1960年・1963年)、福岡県山門郡大和町(1964年・1965年)、福岡県山門郡大和町中島(1966年・1969年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「大和映劇」。1957年・1958年の映画館名簿では「大和座」。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「大和東映」。1966年の映画館名簿では「中島大和東映劇場」。1969年の映画館名簿では「中島公楽映画劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が公楽興行、支配人が記載なし、木造1階冷暖房付、365席、東宝・東映・日活・洋画を上映。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
国際劇場/柳川国際劇場/スバル座/柳川東映/柳川スバル東映劇場
所在地 : 福岡県山門郡柳河町(1952年)、福岡県柳川市筑紫通(1953年・1955年)、福岡県柳川市片原町9(1958年)、福岡県柳川市筑紫通(1960年・1963年)、福岡県柳川市片原町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年の映画館名簿では「国際映画劇場」。1953年の映画館名簿では「国際劇場」。1955年の映画館名簿では「柳川国際劇場」。1958年の映画館名簿では「柳川スバル東映」。1958年の映画館名簿では経営者が竜清、支配人が竜清俊、木造1階冷暖房付、定員400、邦画・洋画を上映。1960年の映画館名簿では「スバル座」。1963年の映画館名簿では「柳川東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「柳川スバル東映劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が竜久仁子、支配人が記載なし、木造2階冷暖房付、480席、東映・洋画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は洋菓子店「ケーキのカトウ」や青果店「広川屋」を含む数軒分の敷地。最寄駅は西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅。

昭和20年代の柳川市片原町にあった映画館「柳川国際劇場」の写真あり。「KOKUSAI」の文字が見える。1953年公開の映画『伊豆の佐太郎』や『半処女』の看板が見える。戦後に柳川市辻町から西にむかって新道が開通し、それとともに柳川国際劇場も開館した。昭和30年代初期には火災に遭い、それ以後は洋画館に転向して「スバル座」に改称した。*58

敦坂酒店の店主(60代?)。京町の通りを辻町の信号から少し西に行った場所には「スバル座」があった。閉館後に敷地が分割されて売却され、現在は青果店の広川屋やケーキのカトウが建っている。奥行きは広川屋の脇の小路の突き当りまでである。火事や台風で客が減り、テレビの影響もあって閉館した。私が高校生の頃には柳川市に4軒の映画館があった。敦坂酒店の裏通りには「公楽」があった。現在は映画館の家主の土地であり、ゴルフの練習ができるようになっている。
柳河座/大天地/白秋座/柳川白秋座
所在地 : 福岡県山門郡柳河町国道筋(1930年)、福岡県山門郡柳河町公園前(1936年)、福岡県山門郡柳河町(1943年)、福岡県山門郡柳河町三橋(1950年)、福岡県山門郡三橋村(1951年)、福岡県山門郡三橋村藤吉529(1952年)、福岡県柳川市三橋町藤吉529(1955年)、福岡県柳川市立花通高畑公園前(1960年)、福岡県柳川市立花通(1963年)、福岡県柳川市三橋町藤吉(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1930年以前(柳河座)、1954年9月(白秋座)
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年9月開館。1930年の映画館名簿では「柳河館」。1936年・1943年の映画館名簿では「柳河座」。1950年・1951年の映画館名簿では「大天地」。1952年の映画館名簿では「柳河大天地」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「白秋座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「白秋座」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「柳川白秋座」。1969年の映画館名簿では経営者が大橋茂、支配人が園田邦子、木造1階冷暖房付、480席、松竹・大映・洋画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「リブレックス柳川」。最寄駅は西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅。

柳川市の立花通りにあった「柳河館」の写真あり。右側には旭屋の建物が見えている。*59
柳河映画劇場/柳川映画劇場/柳河劇場/柳川映劇/柳川東宝映劇/柳川東宝劇場
所在地 : 福岡県山門郡柳河町(1950年・1951年・1952年)、福岡県柳川市(1953年)、福岡県柳川市横山町6-1(1955年・1958年・1960年)、福岡県柳川市横山町(1963年)、福岡県柳川市横山町6-1(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1950年・1951年の映画館名簿では「柳河映画劇場」。1952年の映画館名簿では「柳河映劇」。1953年の映画館名簿では「柳川映劇」。1955年の映画館名簿では「柳川映画劇場」。1958年の映画館名簿では「柳川劇場」。1958年の映画館名簿では経営者・支配人ともに村上彦一、木造2階、定員記載なし、邦画を上映。1960年の映画館名簿では「柳川映劇」。1963年の映画館名簿では「柳川東宝映劇」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「柳川東宝劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が九州共栄興行、支配人が田口正光、木造2階冷暖房付、400席、東宝・洋画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアパート「フォルツァ​弐​番​館」。最寄駅は西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅。
テアトル公楽/柳川日活公楽/柳川日活公楽劇場/柳川公楽劇場
所在地 : 福岡県柳川市本町3-2(1959年・1960年)、福岡県柳川市本町(1963年・1966年・1969年・1973年)、福岡県柳川市本町3-2(1975年・1980年・1985年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1985年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「柳川公楽」。1960年の映画館名簿では「テアトル公楽」。1963年の映画館名簿では「柳川公楽」。1966年・1969年の映画館名簿では「柳川日活公楽」。1969年の映画館名簿では経営者が公楽興行、支配人が坂本康一、木造2階冷暖房付、400席、日活・洋画・成人映画を上映。1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「柳川日活公楽劇場」。1982年の住宅地図では「公楽映画館」。1985年の映画館名簿では「柳川公楽劇場」。1985年の映画館名簿では経営会社が有限会社公楽興業、経営者が佐々木義一、支配人が佐々木隆、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。1986年の映画館名簿には掲載されていない。柳川市最後の映画館。跡地は「柳川よかもん館」南40mにある空き地。最寄駅は西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅。

八女市

福島ロマン/福島ロマン映劇/ロマン映劇
所在地 : 福岡県八女市福島区本町(1956年)、福岡県八女市本町(1957年・1958年)、福岡県八女市大字平塚1-245(1960年)、福岡県八女市本町(1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年の映画館名簿では「福島ロマン」。1958年の映画館名簿では「福島ロマン映劇」。1960年・1962年の映画館名簿では「ロマン映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
黒木東宝映画劇場/黒木東宝映劇/黒木宇宙館
所在地 : 福岡県八女郡黒木町165(1957年・1958年)、福岡県八女郡黒木町(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「黒木東宝映画劇場」。1958年の映画館名簿では「黒木東宝映劇」。1960年の映画館名簿では「黒木宇宙館」。1963年の映画館名簿では「黒木宇宙」。1965年の映画館名簿では「黒木宇宙館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
福島劇場/福島映劇/福島映画劇場
所在地 : 福岡県八女郡福島町(1930年)、福岡県八女郡福島町本町(1936年・1943年)、福岡県八女郡福島町(1950年)、福岡県八女市福島区本町1-270(1955年)、福岡県八女市福島町1-270(1958年)、福岡県八女市福島区土橋1270(1960年)、福岡県八女市福島本町(1963年)、福岡県八女市大字本町1-270(1966年・1969年)
開館年 : 1915年、1947年6月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年6月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「福島劇場」。1950年・1955年・1958年の映画館名簿では「福島映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「福島映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「福島映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「堀川バス」本社南東30mの駐車場。最寄駅はJR鹿児島本線羽犬塚駅。

1915年には八女郡福島町に「福岡劇場」が創設された。資本金は1万2000円であり、設立発起人代表は橋本清三。劇場と映画館を兼ねた建物だった。福島劇場の建物と内部の写真あり。*60

八女市の土橋商店街内にある市有地に、八女市が定期借地権付き分譲マンションを誘致する構想を打ち出している。市有地は映画館跡地の約2200平方メートルであり、近くには西鉄バスや堀川バスの乗り場がある。1992年に八女市土地開発公社が約4億8000万円で購入したが、再開発自体を断念して金利が膨らむ一方だったため、八女市が約6億600万円で買い取った。現在は暫定的に土橋商店街の駐車場として使用されている。*61
京座/八女京座
所在地 : 福岡県八女郡福島町(1930年・1934年)、福岡県八女郡福島町京町(1936年)、福岡県八女郡福島町(1943年・1947年・1950年)、福岡県八女郡福島町大字本町179(1953年)、福岡県八女市福島区179(1955年)、福岡県八女市福島町179(1958年)、福岡県八女市福島区京町(1960年)、福岡県八女市京町(1963年)、福岡県八女市大字本町179(1966年・1969年)、福岡県八女市本町179(1970年)
開館年 : 1922年10月15日、1941年11月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1941年11月開館。1930年・1934年・1936年の映画館名簿では「京座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「京座」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「八女京座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1922年10月15日、八女郡福島町で京座創設総会が開催された。「福島劇場」と同じく劇場と映画館を兼ねた建物だった。商号は株式会社京座であり、本社は福島町本町174番地、資本金は3万円だった。1926年10月時点の筑後地方郡郡(三潴郡・三門郡・八女郡・浮羽郡)には、活動常設館として大川町の「中央館」と「キネマ快楽」、柳河町の「柳河座」、福島町の「福島劇場」と「南筑キネマ」(京座)、羽犬塚町の「記念館」の6館があった。*62
福島映劇/福島映画劇場/福島東映/福島東映劇場
所在地 : 福岡県八女市福島区日の出町(1956年)、福岡県八女市本町1-270(1957年・1958年)、福岡県八女市福島区土橋1270(1960年)、福岡県八女市福島本町(1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「福島映劇」。1957年の映画館名簿では「福島映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「福島東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「福島東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒木劇場/黒木映劇/黒木東映/黒木映画劇場
所在地 : 福岡県八女郡黒木町(1943年・1950年)、福岡県八女郡黒木町大字桑原136(1953年・1955年)、福岡県八女郡黒木町136(1958年)、福岡県八女郡黒木町(1960年・1963年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1943年5月、1946年11月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「黒木劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「黒木劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「黒木映画劇場」。1960年の映画館名簿では「黒木映劇」。1963年の映画館名簿では「黒木東映」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「黒木映画劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。

1943年5月、八女郡黒木町に「黒木映画劇場」が開設された。経営者は安達嘉一。*63
八女リューコーシネマ
所在地 : 福岡県八女市蒲原93(1981年・1982年・1990年・1991年)
開館年 : 1980年頃
閉館年 : 1991年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1981年・1982年・1990年・1991年の映画館名簿では「八女リューコーシネマ」。1985年の住宅地図では「リューコーシネマ リューコーパチンコ」。1991年の映画館名簿では経営者が記載なし、支配人が柳川在祐、木造1階、150席、邦画・洋画を上映。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「八女中央青果市場」南西280mにある9軒分の民家。最寄駅はJR鹿児島本線羽犬塚駅。

筑後市

記念館
所在地 : 福岡県八女郡羽犬塚町(1930年・1936年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年・1936年の映画館名簿では「記念館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
船小屋映劇
所在地 : 福岡県筑後市船小屋(1955年・1958年)、福岡県筑後市大字北長田812(1960年)、福岡県筑後市船小屋町(1962年)
開館年 : 1950年5月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「船小屋映画劇場」。1960年の映画館名簿では「船小屋映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
映画トキワ/常盤館
所在地 : 福岡県八女郡羽犬塚町(1943年・1947年・1950年)、福岡県八女郡羽犬塚町大字山ノ井21(1953年)、福岡県筑後市羽犬塚町山ノ井21(1955年)、福岡県筑後市羽犬塚町29(1958年)、福岡県筑後市大字山の井20(1960年)、福岡県筑後市羽犬塚町9(1962年)
開館年 : 1949年9月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年9月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年の映画館名簿では「映画トキワ」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「常盤館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
羽犬塚劇場/羽犬塚映劇
所在地 : 福岡県筑後市羽犬塚町山ノ井21(1955年)、福岡県筑後市羽犬塚町15(1958年)、福岡県筑後市大字山の井15(1960年)、福岡県筑後市羽犬塚町(1963年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「羽犬塚劇場」。1963年の映画館名簿では「羽犬塚映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
羽犬塚東映劇場/羽犬塚東映
所在地 : 福岡県筑後市和泉字花田223(1958年)、福岡県筑後市大字和泉223(1960年)、福岡県筑後市羽犬塚町(1963年・1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「羽犬塚東映劇場」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「羽犬塚東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
富士映劇/筑後ニュー富士館
所在地 : 福岡県筑後市大字山の井205(1958年)、福岡県筑後市大字山の井20(1960年)、福岡県筑後市羽犬塚町(1963年)、福岡県筑後市藤島町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「富士映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「筑後ニュー富士館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

大川市

快楽座/大川快楽座
所在地 : 福岡県三潴郡大川町榎津(1930年・1936年・1943年・1947年)、福岡県三潴郡大川町(1950年)、福岡県三潴郡大川町榎津799-1(1953年)、福岡県大川市榎津82-1(1955年)、福岡県大川市大字榎津799-1(1958年)、福岡県大川市榎津799(1960年)、福岡県大川市榎津(1963年)、福岡県大川市榎津町(1966年・1968年)
開館年 : 1897年1月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1897年1月開館。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「快楽座」。1966年・1968年の映画館名簿では「大川快楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

時期不明の大川市にあった「快楽座」の写真あり。『キング・コング』の看板が見える。大川で最も古い劇場・映画館である。1889年に溝田吉次によって創業され、当初は芝居の興行が主だった。貸し布団や火鉢が準備され、幕間にはおせんやキャラメルの売り子が場内を回った。2代目の溝田定次郎、3代目の溝田広次が経営を引き継ぎ、戦時中には戦争映画を上映した。戦後には映画の黄金時代が到来したが、テレビの普及によって1970年に閉館した。*64
中央館/キネマ天国/天国館/大川天国館
所在地 : 福岡県三潴郡大川町若津(1930年・1936年)、福岡県三潴郡大川町榎津(1943年)、福岡県三潴郡大川町若津(1947年・1950年)、福岡県大川市向島1953(1955年・1958年・1960年)、福岡県大川市向島町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1943年1月
閉館年 : 1970年
『全国映画館総覧 1955』によると1943年1月開館。1930年の映画館名簿では「中央館」。1936年・1943年の映画館名簿では「キネマ天国」。1947年の映画館名簿では「大黒館」。1950年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天国館」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「大川天国館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1924年、大川町に横尾卯三郎によって「中央館」が創業された。横尾卯三郎が死去すると実弟の横尾勝一が継いで「キネマ天国」に改称した。敵性語追放が行われた1941年にはキネマの三文字を削って「天国館」に改称した。1970年、記録映画『東京オリンピック』を最後に閉館した。*65

1924年、大川町の若津新道に丸山繁によって映画館「中央館」が開館した。後に「キネマ天国」に改称し、1941年に「天国館」に改称したが、1945年2月には休館に追い込まれた。戦前の大川町には榎津の「キネマ快楽」もあった。戦後の1945年12月には天国館と快楽座が揃って営業を再開した。当時の映画料金は4円99銭であり、「床屋と同じ」とされて安くはなかったが、家具職人の憩いの場となっていた。天国館と快楽座は1970年の盆興行を最後に閉館した。その後には「東映センター」と「東宝文化劇場」も閉館し、1990年現在の大川市に映画専門館はない。*66
大川シネマセンター/大川東映センター/大川東映劇場
所在地 : 福岡県大川市栄町366-4(1957年)、福岡県大川市栄町366(1960年)、福岡県大川市榎津栄町(1963年)、福岡県大川市榎津栄町366(1966年・1969年)、福岡県大川市榎津栄町(1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1978年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「大川シネマセンター」。1960年・1963年の映画館名簿では「大川東映センター」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「大川東映劇場」。1979年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「アキ」。跡地はアパート「アルハンブラ一番館」。最寄駅は西鉄天神大牟田線八丁牟田駅。

1956年、大川市に中村要によって「東映センター」が開館した。1980年現在は閉館している。*67
松竹文化劇場/文化松竹/文化映劇/文化劇場/大川東宝文化劇場/大川文化劇場
所在地 : 福岡県大川市榎津京町309-1-1(1955年)、福岡県大川市榎津東309(1960年)、福岡県大川市榎津(1963年)、福岡県大川市榎津東町(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1955年の映画館名簿では「文化劇場」。1960年の映画館名簿では「松竹文化劇場」。1963年の映画館名簿では「文化劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「大川東宝文化劇場」。1978年の映画館名簿では「大川文化」。1981年の住宅地図では「東宝文化映劇」。1980年・1983年の映画館名簿では「大川文化劇場」。1984年の映画館名簿には掲載されていない。大川市最後の従来型映画館。跡地は「大川信用金庫本店」。最寄駅は西鉄天神大牟田線八丁牟田駅。

1962年12月23日、大川市榎津町の「文化映画劇場」暖房室付近から出火して全焼した。*68

1928年、大川町に中田栽資によって「旭東座」が開館し、浪曲・漫才・講談・奇術の興行などを行った。1954年に映画専門館化して「文化劇場」に改称した。1962年に火災で全焼したがすぐに再建された。映画産業の斜陽化に合わせて1966年に閉館したが、その後福岡市の興行主が経営者となり、1980年現在は「東宝文化映劇」として経営されている。*69
大川シネマホール
所在地 : 福岡県大川市酒見215-1 おおかわ交流プラザ4階(2018年・2020年)
開館年 : 2015年10月11日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 大川シネマホール
2017年の映画館名簿には掲載されていない。2018年・2020年の映画館名簿では「大川シネマホール」。2018年の映画館名簿では経営会社が医療福祉運営機構、経営者が武井徳司、支配人が野口秀樹、370席。最寄駅は西鉄天神大牟田線八丁牟田駅。

2015年10月11日、福岡県大川市に映画館の大川シネマホールが開館した。運営は国際医療福祉大学などを運営する高邦会グループ。2015年4月にオープンした同グループの複合施設「おおかわ交流プラザ」4階に設置される。370席。スクリーンは高さ6.3メートル、幅14.5メートル。かつて大川市には4館の映画館があったが、1975年頃までにすべて閉館している。*70

小郡市

小山映劇
所在地 : 福岡県三井郡小郡町1101-1(1956年)、福岡県三井郡小郡町110-1(1958年)、福岡県三井郡小郡町1101(1960年・1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「小山映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

『小郡市史 第三巻 通史編 現代・民俗・地名』の「昭和28年ごろの小郡商店街」には2館の「劇場」が描かれている。*71
小郡東映
所在地 : 福岡県三井郡小郡町小坂井324-7(1957年)、福岡県三井郡小郡町30(1958年)、福岡県三井郡小郡町小板井324(1960年)、福岡県三井郡小郡町(1963年・1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「小郡東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

『小郡市史 第三巻 通史編 現代・民俗・地名』の「昭和28年ごろの小郡商店街」には2館の「劇場」が描かれている。*72

うきは市

吉井映画劇場/吉井劇場/吉井映劇
所在地 : 福岡県浮羽郡吉井町33(1941年)、福岡県浮羽郡吉井町(1943年・1950年・1953年)、福岡県浮羽郡吉井町33(1955年)、福岡県浮羽郡吉井町(1958年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1958年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「吉井映画劇場」。1943年の映画館名簿では「吉井劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「吉井映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「吉井劇場」。1958年の映画館名簿では「吉井映劇」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
映劇記念館/紀念館
所在地 : 福岡県浮羽郡吉井町59(1955年)、福岡県浮羽郡吉井町1239(1960年)、福岡県浮羽郡吉井町(1963年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「映劇記念館」。1960年・1963年の映画館名簿では「紀念館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
千足劇場/千足映劇/千足映画劇場
所在地 : 福岡県浮羽郡千足町(1943年)、福岡県浮羽郡浮羽町大字朝日348(1955年)、福岡県浮羽郡浮羽町千足(1958年)、福岡県浮羽郡浮羽町大字朝日348(1960年)、福岡県浮羽郡浮羽町(1963年)、福岡県浮羽郡浮羽町千足(1966年)
開館年 : 1941年以後1943年以前、1950年3月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年3月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「千足劇場」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「千足劇場」。1958年の映画館名簿では「千足映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「千足映劇」。1966年の映画館名簿では「千足映画劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

みやま市

瀬高映画劇場/瀬高映劇
所在地 : 福岡県山門郡瀬高町(1950年)、福岡県山門郡瀬高町栄町(1955年)、福岡県山門郡瀬高町1433-2(1960年)、福岡県山門郡瀬高町1433(1962年)
開館年 : 1949年2月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年2月開館。1950年・1955年の映画館名簿では「瀬高映画劇場」。1960年・1962年の映画館名簿では「瀬高映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
セタカ東映館/セタカ東映/瀬高東映
所在地 : 福岡県山門郡瀬高町217(1957年)、福岡県山門郡瀬高町2179(1958年・1960年)、福岡県山門郡瀬高町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「セタカ東映館」。1960年の映画館名簿では「セタカ東映」。1963年・1964年の映画館名簿では「瀬高東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
山門館/山門映画館/山門映画劇場
所在地 : 福岡県山門郡瀬高町(1947年・1950年)、福岡県山門郡瀬高町下庄1659(1955年・1958年・1960年)、福岡県山門郡瀬高町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年の映画館名簿では「山門映画館」。1955年の映画館名簿では「山門館」。1958年・1960年の映画館名簿では「山門映画館」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「山門映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

八女郡広川町

映画館名簿によると八女郡広川町に映画館は存在しなかったと思われる。

三井郡大刀洗町

映画館名簿によると三井郡大刀洗町に映画館は存在しなかったと思われる。

三潴郡大木町

大木劇場
所在地 : 福岡県三潴郡大木町八丁年田248(1958年)、福岡県三潴郡大木町八丁牟田(1960年)、福岡県三潴郡大木町八牟田(1962年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1962年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「大木劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

筑豊地域

直方市

多賀劇場/多賀映画劇場/多賀映劇
所在地 : 福岡県直方市平和町(1953年・1955年)、福岡県直方市平和町632(1958年)、福岡県直方市大字直方632(1960年)、福岡県直方市平和町(1962年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1958年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「多賀劇場」。1958年の映画館名簿では「多賀映画劇場」。1960年・1962年の映画館名簿では「多賀映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年には直方市南部から「寿館」(グランド劇場)が移転しており、同年には多賀神社下の栄町に既存の建物を改修して「多賀劇場」が開館した。経営者は船越六朔。高田浩吉、宮城まり子、三木のり平、文楽人形芝居、美空ひばりなどの流行歌手の公演が行われた。やがて映画も上映するようになり、『戦艦ポチョムキン』『真昼の暴動』などの異色作を上映していた。1958年に廃館となり、その後建物が取り壊された。*73
改正座映劇/改正座/元町東映
所在地 : 福岡県直方市元町2-4823(1953年)、福岡県直方市下境町4822(1955年)、福岡県直方市元町4823(1958年)、福岡県直方市大字下境4822(1960年)、福岡県直方市元町2丁目(1961年)、福岡県直方市元町(1963年)
開館年 : 明治末期
閉館年 : 1963年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「改正座」。1958年の映画館名簿では「改正座映劇」。1960年の映画館名簿では「改正座」。1961年・1963年の映画館名簿では「元町東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

明治末期には直方町の元町(現・溝堀3丁目)に、下境方面の定劇場「改正座」が開館した。尾上興行部が経営していたが、1950年には映画の上映を開始し、1955年には再映館となって「元町東映」に改称した。1963年に廃館となった。建物は元町東映そのままに、1978年現在は家具製造工場となっている。*74
日若座/日吉座/直方東映
所在地 : 福岡県直方市西町775(1941年)、福岡県直方市字西町(1943年・1947年)、福岡県直方市字西町775(1950年)、福岡県直方市西町2(1953年・1955年)、福岡県直方市西町775(1958年・1960年)、福岡県直方市西町(1963年・1964年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「日若座」。1953年・1955年の映画館名簿では「日吉座」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「直方東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

明治40年代の直方町には「日若座」と「寿座」という2館の劇場があり、日若座の経営者は柳屋末吉だった。大正時代の日若座は定劇場だったが、映写室があって移動映写機を用いることができた。1938年には演劇場から映画館に転向し、邦画は東宝系作品を、洋画は東和系作品を上映した。戦後の日若座は東宝系作品の上映館だったが、1955年には東映作品の上映館となって「直方東映」に改称した。直方東映は1963年に閉館し、跡地には直方信用金庫が建てられた。*75

1960年、直方市の「直方東映」の姉妹館として隣接地に「直方第二東映」が開館し、東映第二会社の作品を上映した。日若座芝居茶屋の跡地である。直方東映の廃館後には平野興行部の経営となって「ニュー東映」に改称した。1966年に廃館となった。跡地には直方信用金庫が建てられた。*76
直方正栄映画劇場/正栄館/新知東映
所在地 : 福岡県直方市大正町(1957年)、福岡県直方市新知町(1958年)、福岡県直方市大字直方新知(1960年)、福岡県直方市新知町(1963年・1965年)
開館年 : 1953年
閉館年 : 1963年
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「直方正栄映画劇場」。1960年の映画館名簿では「正栄館」。1963年・1965年の映画館名簿では「新知東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年、直方市北部地区の発展を期して、小松芳夫の小松興行部によって邦画再映館「正栄館」が開館した。1978年現在の新知町7である。1960年には「元町東映」を経営する尾上興行部に経営が委託され、「新知東映」に改称した。1963年には元町東映とともに廃館となった。跡地にはスーパーマーケットが建てられた。*77
文化映劇/直方文化映画劇場
所在地 : 福岡県直方市中央通(1963年)、福岡県直方市西町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「文化映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「直方文化映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
開月館/直方開月館
所在地 : 福岡県鞍手郡直方町(1925年・1927年)、福岡県鞍手郡直方町朝日町(1930年)、福岡県直方市朝日町(1934年・1936年)、福岡県直方市朝日町238-13(1941年)、福岡県直方市朝日町(1943年・1947年・1950年)、福岡県直方市朝日町238-3(1953年・1955年)、福岡県直方市朝日町238(1958年・1960年)、福岡県直方市朝日町(1963年)、福岡県直方市朝日町338(1966年)、福岡県直方市須崎町2-26(1969年)
開館年 : 1914年、1937年5月(再開館)
閉館年 : 1971年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年5月開館。1925年・1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「開月館」。1958年の映画館名簿では「開月座」。1960年・1963年の映画館名簿では「開月館」。1966年・1969年の映画館名簿では「直方開月館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「北九州マルショク直方店(サンリブ)」。跡地は2016年閉店のスーパーマーケット「サンリブ直方」の後に有料駐車場。小跡地は「須崎町公園」北西40mにある有料駐車場「直方くきのうみパーキング」。最寄駅はJR福北ゆたか線・平成筑豊鉄道伊田線直方駅。

1910年には鞍手郡直方町の直方駅が現在地に移転し、駅前の開発が進められることとなった。これに応じて1914年、「寿座」の平野伊之吉社長は駅前に活動常設館「開月館」を開館させた。落成時の開月館の写真あり。1915年夏には一世を風靡した『カチューシャ』が上映されている。寿館では尾上松之助主演作品が人気だったが、開月館では大活系の市川莚十郎・沢村四郎五郎主演作品が人気だった。1935年には開月館でトーキー映画が上映されるようになり、1937年には建物を改築した。戦後には大映や松竹系の上映館となり、「直方東映」の閉館後には東映作品も上映した。1971年に廃館となり、跡地には大型スーパーマーケットが建てられた。*78

1916年頃の直方にあった「開月館」の写真あり。1914年に日活系で開館し、のちに帝国キネマ系となった。戦後には改築されたが、1971年に閉館した。*79

1956年現在、平野晴美は直方市で映画館「グランド劇場」、「ロマン座」、「開月館」の3館を経営している。1933年に旧制福岡県立鞍手中学校を卒業し、東京の早稲田大学で学んだ。戦前には父親の平野伊之吉が直方町殿町で「寿座」を経営していた。*80

小説家の林芙美子は『放浪記』において、12歳の頃に直方で毎日のように映画館に通ったと綴っている。開月館は1914年竣工の常設の活動写真館であり、1915年時点の直方にあった活動写真館は開月館だけだったことから、林芙美子が通った映画館は開月館であるとされる。*81
寿館/グランド劇場/グランド映劇/直方グランド劇場
所在地 : 福岡県鞍手郡直方町(1925年・1927年・1930年)、福岡県直方市殿町(1936年・1943年・1947年・1950年・1953年)、福岡県直方市西町748(1955年)、福岡県直方市西町(1958年)、福岡県直方市有楽町(1960年)、福岡県直方市西町(1963年)、福岡県直方市有楽町(1966年)、福岡県直方市古町13-1(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1910年5月、1950年(移転)
閉館年 : 1980年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1927年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「寿館」。1947年の映画館名簿では「直方グランド劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「グランド劇場」。1960年の映画館名簿では「グランド映劇」。1963年の映画館名簿では「グランド劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「直方グランド劇場」。1981年の住宅地図では跡地に「グランド有料駐車場」。1981年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「福岡ひびき信用金庫直方支店」西北西60mにある有料駐車場「グランド駐車場」。最寄駅はJR福北ゆたか線・平成筑豊鉄道伊田線直方駅。

1909年5月には直方町の「寿座」が焼失したが、1910年5月に新築されて演芸場として再開し、同年8月には株式会社寿座が設立されると、1911年3月には演芸場から活動常設館に転向した。1921年には「平野興行部寿館」に改称し、その後は日活作品とともに東亜やマキノの作品も上映した。大正末期の寿館ではチャンバラ作品やミステリーが好評であり、人情物は不評だった。戦後には洋画専門館となって「グランド劇場」に改称した。1950年には有楽町(現・古町13)に移転して新築開館した。旧所在地の寿館の建物は取り壊されてタクシー会社の車庫となった。その後グランド劇場は邦画上映館となり、1978年現在も営業中である。*82

1956年現在、平野晴美は直方市で映画館「グランド劇場」、「ロマン座」、「開月館」の3館を経営している。1933年に旧制福岡県立鞍手中学校を卒業し、東京の早稲田大学で学んだ。戦前には父親の平野伊之吉が直方町殿町で「寿座」を経営していた。*83
ロマン座/直方ロマン座
所在地 : 福岡県直方市西町748(1955年)、福岡県直方市西町(1958年)、福岡県直方市有楽町(1960年)、福岡県直方市西町(1963年)、福岡県直方市有楽町(1966年)、福岡県直方市古町12-17(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ロマン座」。1966年・1969年の映画館名簿では「直方ロマン座」。1973年の映画館名簿では「直方ロマン映劇」。1975年・1978年・1980年・1983年の映画館名簿では「直方ロマン座」。1981年の住宅地図では「邦洋画のロマン」。1984年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「福岡ひびき信用金庫直方支店」北西60mにある駐車場。最寄駅はJR福北ゆたか線・平成筑豊鉄道伊田線直方駅。

1950年に直方市の洋画館「グランド劇場」が有楽町に移転開館すると、1951年には隣接地に姉妹館の「ロマン座」が開館し、日活・新東宝系の映画館として営業した。その後グランド劇場が邦画館となると、ロマン座は洋画館に転向して1978年現在も営業している。*84

1956年現在、平野晴美は直方市で映画館「グランド劇場」、「ロマン座」、「開月館」の3館を経営している。1933年に旧制福岡県立鞍手中学校を卒業し、東京の早稲田大学で学んだ。戦前には父親の平野伊之吉が直方町殿町で「寿座」を経営していた。*85
国際劇場/国際映劇/直方東宝国際映画劇場/直方東宝国際劇場/直方東宝国際
所在地 : 福岡県直方市原田町273(1959年・1960年)、福岡県直方市原田町(1963年)、福岡県直方市有楽町273(1966年)、福岡県直方市古町15-24(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1985年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「国際劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「国際映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「直方東宝国際映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「直方東宝国際劇場」。1981年の住宅地図では「東宝国際」。1985年の映画館名簿では「直方東宝国際」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。直方市最後の従来型映画館。跡地は有料駐車場「直方ダイイチパーク」。最寄駅はJR福北ゆたか線・平成筑豊鉄道伊田線直方駅。

戦後の直方市では東宝系作品の上映館がなかったが、1955年には有楽町(現・古町15)に「東宝国際劇場」が開館した。当初の経営者は宮崎興行だったが、後に地元有志の経営となって1978年現在も営業を続けている。*86
TOHOシネマズ直方
所在地 : 福岡県直方市湯野原2-1-1 イオンモール直方内(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2005年4月5日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ直方1-9」(9館)。最寄駅は筑豊電気鉄道筑豊電気鉄道線遠賀野駅。

田川市

日の出館
所在地 : 福岡県田川郡後藤寺町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1927年以前
1925年の映画館名簿では「日の出館」。1927年の映画館名簿には掲載されていない。
大和館
所在地 : 福岡県田川郡後藤寺町(1925年)
開館年 : 1925年以前
閉館年 : 1925年以後1927年以前
1925年の映画館名簿では「大和館」。1927年の映画館名簿には掲載されていない。
春日座
所在地 : 福岡県田川郡後藤寺町(1930年)
開館年 : 1908年
閉館年 : 1931年3月18日
1927年の映画館名簿には掲載されていない。1930年の映画館名簿では「春日座」。1934年の映画館名簿には掲載されていない。

田川市域初の常設劇場は、1908年に後藤寺春日町に開館した「春日座」である。1915年4月には関西歌舞伎が来演して活況だった。当初は麻生国吉による個人経営だったが、1918年には有志らが株式組織を設立して麻生から買収した。1929年には「世界館」の丸山繁が春日座を借り受けて活動常設館に改修した。1931年3月18日午前3時30分頃、春日座から出火して焼失し、後藤田町から劇場がなくなった。*87
典寿館/典寿映画劇場
所在地 : 福岡県田川郡伊田町本町(1930年・1934年・1936年)、福岡県田川郡伊田町南大通り(1941年)、福岡県田川郡伊田町(1943年・1947年)、福岡県田川市大宮伊田2007(1950年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1930年・1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「典寿館」。1947年・1950年の映画館名簿では「典寿映画劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。

1915年、伊田町に活動常設館「太陽館」が開館し、やがて「典寿館」に改称して日活系上映館となった。1916年7月、後藤田町本町に角銅朝太郎によって「朝陽館」が開館した。*88

田川市の「典寿館」の写真あり。*89
世界館
所在地 : 福岡県田川郡伊田町(1925年・1927年・1930年・1934年)、福岡県田川郡伊田町魚町(1936年)、福岡県田川郡伊田町(1941年・1943年)、福岡県田川市伊田町大宮(1950年)、福岡県田川市東区魚町(1953年)、福岡県田川市東区魚町2167(1954年)、福岡県田川市東区伊田(1958年)
開館年 : 1919年
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1925年・1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「世界館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「世界館」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年の映画館名簿では「世界館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1919年に株式会社として「世界館」が開館し、開館当時は松竹系上映館だった。戦後には洋画専門館だったこともあるが、1954年現在は邦画館となっている。*90

1915年、伊田町に活動常設館「太陽館」が開館し、やがて「典寿館」に改称して日活系上映館となった。1916年7月、後藤田町本町に角銅朝太郎によって「朝陽館」が開館した。1920年には伊田町魚町に松竹系上映館「世界館」が開館した。経営者は原田岩太郎。シンボルとしてライオン像があったため「ライオン館」という名前でも知られた。1920年10月末、朝陽館の日野富三によって後藤田町平松に「松竹館」が開館した。*91
丸山劇場/丸山東映
所在地 : 福岡県田川市西区桜町(1953年・1954年・1958年)、福岡県田川市西区平松町(1960年)、福岡県田川市西区桜町(1962年)
開館年 : 1936年、1950年11月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1950年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「丸山劇場」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「丸山東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1936年、遠賀の松尾三蔵によって「丸山劇場」が建設され、こけら落としには東京大歌舞伎が来演した。「春日座」の廃館後には田川で唯一の劇場となった。戦後には映画館に転向したが、現在も劇団や芸人が訪れる。*92

1931年3月18日、後藤寺町の「春日座」が焼失して後藤寺町から劇場がなくなった。1936年、後藤寺町桜町に「丸山劇場」が開館し、こけら落としとして東京大歌舞伎の丸本幸四郎一行が来演した。経営者は遠賀郡の松尾三蔵であり、松尾は後に代議士に就任している。*93

1953年頃の田川市にあった「丸山映画劇場」の写真あり。「丸山映画劇場」の文字が見える。2009年現在の田川市桜町にあるボウリング場の場所である。1936年に松尾三蔵によって「丸山劇場」として開館した。やがて丸山映画劇場に改称し、猪口正太郎が経営者となった。1970年頃に閉館した。*94
鉱土館/三井鉱土館
所在地 : 福岡県田川市東区南大通(1953年・1954年)、福岡県田川市東区西大通(1958年)、福岡県田川市東区伊田(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「鉱土館」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「三井鉱土館」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
繁栄座/田川劇場
所在地 : 福岡県田川市東区伊田町(1963年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「田川劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1915年、伊田町栄町岩峠に株式会社として劇場「繁栄座」が設立された。戦後には「田川劇場」に改称し、1954年現在も演芸のみの興行を行っている。*95

1915年、伊田町栄町岩峠に株式組織の「繁栄座」(通称はさかえ座)が開館した。「富喜座」、「帝国座」を含めて、1915年だけで伊田町に3館の劇場が開館しており、過当競争が生じる結果となった。*96
松竹館/松竹映画劇場/田川松竹館/田川松竹映劇/田川中央劇場
所在地 : 福岡県田川郡後藤寺町(1925年・1927年・1930年・1934年)、福岡県田川郡後藤寺町平松2丁目(1936年)、福岡県田川郡後藤寺町(1941年・1943年)、福岡県田川市後藤寺町(1947年・1950年)、福岡県田川市西区平松(1953年)、福岡県田川市東区栄町3170(1954年)、福岡県田川市西区平松1797(1958年)、福岡県田川市西区平松町1797(1960年)、福岡県田川市西区平松町(1963年)
開館年 : 1920年10月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1925年・1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「松竹館」。1950年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1953年・1954年の映画館名簿では「田川松竹館」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年の映画館名簿では「田川松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「田川松竹映劇」。1963年の映画館名簿では「田川中央劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1920年10月、株式組織で日活上映館「松竹映画劇場」が開館した。その後松竹も上映するようになり、やがて松竹専門館となった。1953年に建物を新築した。*97

1915年、伊田町に活動常設館「太陽館」が開館し、やがて「典寿館」に改称して日活系上映館となった。1916年7月、後藤田町本町に角銅朝太郎によって「朝陽館」が開館した。1920年には伊田町魚町に松竹系上映館「世界館」が開館した。経営者は原田岩太郎。シンボルとしてライオン像があったため「ライオン館」という名前でも知られた。1920年10月末、朝陽館の日野富三によって後藤田町平松に「松竹館」が開館した。*98
クラウン劇場/クラウン映劇
所在地 : 福岡県田川市東区西大通(1956年)、福岡県田川市伊田町西大通(1958年)、福岡県田川市東区伊田(1960年)、福岡県田川市東区伊田町(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1956年の映画館名簿では「クラウン劇場」。1958年の映画館名簿では「クラウン映画劇場」。1960年の映画館名簿では「クラウン劇場」。1963年の映画館名簿では「クラウン映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
第一プリンセス/プリンセス映劇/プリンス映劇
所在地 : 福岡県田川市東区南大通(1953年)、福岡県田川市東区伊田町字清水町(1954年)、福岡県田川市伊田町236(1958年)、福岡県田川市東区伊田3081(1960年)、福岡県田川市東区伊田町(1963年)、福岡県田川市東区南大通(1964年)
開館年 : 1922年1月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1922年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「プリンセス映劇」。1954年の映画館名簿では「第一プリンセス」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「プリンセス映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「プリンス映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1915年には東区寺町に日活系上映館「太陽館」が開館し、やがて「典寿館」に改称した。1940年に移転し、戦後には「プリンセス映画劇場」に改称した。*99
帝国座/田川東映/田川東映劇場
所在地 : 福岡県田川市東区魚町(1953年)、福岡県田川市東区大字伊田2145(1954年)、福岡県田川市東区伊田(1956年)、福岡県田川市東区魚町(1958年)、福岡県田川市東区伊田2142(1960年)、福岡県田川市東区伊田町(1963年)、福岡県田川市東区伊田2142(1966年)
開館年 : 1915年1月18日、1949年9月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1949年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「帝国座」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1956年の映画館名簿では「田川東映」。1958年の映画館名簿では「田川東映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「田川東映」。1966年の映画館名簿では「田川東映劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

1914年8月、伊田町の彦山川の河畔に「帝国座」が起工し、1915年1月18日に開場式が行われ、1月19日に大阪音羽家若手俳優一座旧派大演劇のこけら落とし興行が行われた。伊田町有志の出資による株式組織だった。*100

1956年現在、田川市議会の議長は映画館主の山田幸四郎である。*101
朝陽館/朝陽映画劇場/朝陽映劇/田川朝陽映画劇場
所在地 : 福岡県田川郡後藤寺町(1925年・1927年・1930年)、福岡県田川郡後藤寺町本町(1936年)、福岡県田川郡後藤寺町(1943年)、福岡県田川市(1947年)、福岡県田川市本町1826(1950年)、福岡県田川市本町1(1953年)、福岡県田川市西区本町1(1954年)、福岡県田川市西区本町1826(1958年)、福岡県田川市西区平松町(1960年)、福岡県田川市西区本町(1963年・1966年・1969年)、福岡県田川市本町2-14(1970年)
開館年 : 1917年、1950年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1954』によると1917年開館。1925年・1927年・1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「朝陽館」。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「朝陽映画劇場」。1954年の映画館名簿では「朝陽映劇」。1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年の映画館名簿では「朝陽映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「朝陽映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「田川朝陽映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1916年7月、後藤寺町に日活や帝国キネマの上映館「朝陽館」が開館した。1923年に改築して日活の上映館となった。戦後の1950年にふたたび改築して「朝陽映画劇場」に改称した。1954年現在は田川市唯一の洋画専門館である。*102

1915年、伊田町に活動常設館「太陽館」が開館し、やがて「典寿館」に改称して日活系上映館となった。1916年7月、後藤田町本町に角銅朝太郎によって「朝陽館」が開館した。1920年には伊田町魚町に「世界館」が開館した。*103
東陽劇場/田川東陽映画劇場/田川東陽映劇
所在地 : 福岡県田川市東区(1958年)、福岡県田川市東区日之出町(1960年・1963年・1966年・1969年)、福岡県田川市日の出町7-24(1973年・1975年・1980年)
開館年 : 1957年5月14日、1974年4月(建て替え)
閉館年 : 1984年
1955年の映画館名簿に田川市は掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「東陽劇場」。1963年の映画館名簿では「東陽映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「田川東陽映画劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「田川東陽映劇」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「田川東陽映劇」。1981年の住宅地図では「東陽劇場」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「田川信用金庫東支店」北の「サンコー調剤東田川薬局」など。最寄駅はJR日田彦山線・平成筑豊鉄道田川伊田駅。

1957年5月14日、田川市に「東洋劇場」(※東陽ではなく東洋)が開館した。オープニングは『柳生武芸帳』と『残月講道館』の二本立。大映スターの山本富士子、船越英二らが舞台挨拶を行った。鉄筋造2階建、定員520人。館主は上田猿之介。*104

1974年頃の田川市にあった「東陽劇場」の写真あり。1957年に開館し、館主は上田尊之助だった。1973年に閉館し、1974年4月に建て替えられた。1984年に閉館した。田川市日の出町の田川信用金庫東支店付近にあった。*105
ターミナル会館/田川ターミナル会館
所在地 : 福岡県田川市大字奈良795(1960年)、福岡県田川市西区本町(1963年・1966年・1969年)、福岡県田川市宮尾町3-8(1973年・1975年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1959年9月15日
閉館年 : 1988年8月30日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「ターミナル会館」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「田川ターミナル会館」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「田川ターミナル会館」。1981年の住宅地図では「西鉄バスターミナル 2階レストランターミナル 映画 ハンバーガーショップ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。田川市最後の映画館。建物名は2016年閉鎖のターミナル会館。ターミナル会館は「福岡銀行後藤寺支店」北北東50mに現存。最寄駅はJR後藤寺線・日田彦山線田川後藤寺駅。

1959年9月15日、田川市東区桜町に「ターミナル会館」が開館した。鉄筋造4階建て。2階と3階がワンスロープ式の映画館。座席数664。上映系統は東宝と大映。代表者は上田尊之助。*106

1961年頃の田川市にあった「田川ターミナル会館」の写真あり。1959年10月、朝映観光株式会社の上田尊之助によって開館した。バスターミナルの2階にあり、食堂も併設されていた。田川地区最後の映画館だったが、1988年8月30日に閉館した。2009年現在も後藤寺バスセンターの建物として現存している。映写機は田川市石炭・歴史博物館に展示されている。*107

2006年11月20日から26日まで、田川市石炭・歴史博物館で「産炭地と映像文化」が開催される。1988年に閉館した田川市最後の映画館「田川ターミナル会館」(西鉄後藤寺バスセンター2階)で使われていた映写機やポスター、田川地区での映画ロケの写真などが展示される。田川地区には約10館の常設映画館があったが、炭鉱の衰退とともに相次いで閉館し、田川ターミナル会館の閉館によって映画館が亡くなった。この2006年夏に田川ターミナル会館の設備が撤去された際、映画ファンが映写機を博物館に無償譲渡する橋渡しをした。*108

2006年11月26日まで、田川市石炭・歴史博物館で「産炭地と映像文化」が開催されている。田川市最後の映画館「田川ターミナル会館」で使われていた映写機やポスターが集められている。1960年頃には約10館の映画館があったが、鉱山の閉山やテレビの普及などが理由で相次いで閉館した。1988年には田川ターミナル会館も閉館したが、そのまま残っていた映写機を所有者が博物館に寄贈した。*109

全盛期の田川地区(田川市・田川郡)には25の映画館があった。1988年8月には田川地区最後の映画館「ターミナル会館」が閉館した。2007年2月、田川地区の映画ファンが集まって田川映画愛好会が結成された。2012年5月2日、田川市弓削田の炭都劇場内に田川映画資料館が開館し、『男はつらいよ』や『花と龍』など映画の手書き看板、田川地区で撮影された『青春の門』や『筑豊のこどもたち』などのロケ風景の写真、映画ポスターなどが展示されている。*110

1960年の田川地区(田川市・田川郡)には25の映画館があった。1988年8月には田川地区最後の映画館「ターミナル会館」が閉館した。2007年2月には田川映画愛好会が結成され、定期的な映画上映会の開催や映画資料の収集を続けている。2012年5月には田川市弓削田の炭都劇場1階に田川映画資料館が開館したが、2013年6月末で炭都劇場が閉鎖を余儀なくされされ、田川映画愛好会は資料を常設展示できる場所を探している。*111

2013年7月下旬、田川市の伊田商店街に田川映画愛好会によって「1日限りの田川映画ミュージアム」がお目見えした。田川映画愛好会は資料を田川市内の大衆劇場の一角で展示していたが、この大衆劇場は2013年6月に閉鎖されていた。JR田川伊田駅の西側にある伊田商店街は、1895年の田川伊田駅開業に伴って店が集積し、炭鉱の発展と伴って栄えた。50年前には450メートルのアーケードが完成したが、現在は約4割が空き店舗である。1960年には5館の映画館があったが、約30年前までにすべて閉館した。*112

2015年3月現在も田川市の後藤寺地区には「ターミナル会館」の建物が現存し、バスターミナルとして使用されている。昭和末期まで映画館が営業していた。地下と2階にはレストランがあり、複合商業ビルの先駆けとされる。往時の田川地区には25館もの映画館があったが、それを伝える風景はターミナル会館のみとなった。*113

1975年1月には田川市を舞台とする東宝作品『青春の門』が公開され、「ターミナル会館」が全国封切りの場となったことで、出演した田中健と吉永小百合が満員の観客の前で舞台挨拶を行った。田川地区(田川市・田川郡)にはかつて25館の映画館があったが、1976年に筑豊から炭鉱が消えたことで景気が低迷した。1988年にはターミナル会館も閉館し、田川地区から映画館がなくなった。*114

宮若市

第二金春館
所在地 : 福岡県鞍手郡宮田町(1947年)、福岡県鞍手郡宮田町48(1950年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年の映画館名簿では「第二金春館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
桃山東映
所在地 : 福岡県鞍手郡宮田町大字本城(1959年・1960年)、福岡県鞍手郡宮田町(1962年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1962年の映画館名簿では「桃山東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
東亜劇場/東亜映劇
所在地 : 宮田町菅牟田(1947年)、福岡県鞍手郡宮田町磯光1323(1950年)、福岡県鞍手郡宮田町(1953年・1954年)、福岡県鞍手郡宮田町磯光(1956年・1958年・1960年)、福岡県鞍手郡宮田町(1963年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1963年頃
1943年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「東亜劇場」。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「東亜劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東亜映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
大生館
所在地 : 福岡県鞍手郡宮田町(1930年)、福岡県鞍手郡宮田町中ノ島(1936年)、福岡県鞍手郡宮田町中島(1943年)、福岡県鞍手郡宮田町(1953年)、福岡県鞍手郡宮田町宮田(1958年)、福岡県鞍手郡宮田町大字宮田(1960年)、福岡県鞍手郡宮田町(1963年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1963年頃
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「大生館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大生館」。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大生館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
福丸映劇
所在地 : 福岡県鞍手郡宮若町福丸(1958年)、福岡県鞍手郡宮若町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「福丸映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「福丸映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
文化映劇/東町東映/宮田東町東映劇場
所在地 : 福岡県鞍手郡宮田町大字鶴田1974(1959年)、福岡県鞍手郡宮田町東町1974(1960年)、福岡県鞍手郡宮田町(1963年)、福岡県鞍手郡宮田町東町(1966年・1967年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1967年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「文化映劇」。1963年の映画館名簿では「東町東映」。1966年・1967年の映画館名簿では「宮田東町東映劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
宮田東映/宮田東映劇場
所在地 : 福岡県鞍手郡宮田町宮田(1956年・1958年)、福岡県鞍手郡宮田町4887(1960年)、福岡県鞍手郡宮田町(1963年)、福岡県鞍手郡宮田町宮田4887(1966年・1967年・1968年・1969年)、福岡県鞍手郡宮田町4887(1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮田東映」。1966年・1967年・1968年・1969年・1970年の映画館名簿では「宮田東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

嘉麻市

世界館
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築村鴨生(1930年)、福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1936年・1943年)、福岡県嘉穂郡稲築町鴨生352(1950年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1930年・1936年・1943年・1950年の映画館名簿では「世界館」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和倶楽部
所在地 : 福岡県嘉穂郡山田町大橋(1936年・1943年・1950年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1950年の映画館名簿では「昭和倶楽部」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
山嘉座
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1947年・1950年)、福岡県嘉穂郡稲築町(1953年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1953年頃
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「山嘉座」。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。
山野鉱業会館/三井山野鉱業所会館
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町三井鉱業所(1950年)、福岡県嘉穂郡稲築町(1953年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1953年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「山野鉱業会館」。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。
永楽館
所在地 : 福岡県嘉穂郡上山田町(1930年)、福岡県嘉穂郡山田町上山田町(1936年)、福岡県嘉穂郡山田町(1943年)、福岡県嘉穂郡山田町字上山田1917(1950年)、福岡県嘉穂郡山田町(1953年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1953年頃
1930年・1936年・1943年・1950年・1953年の映画館名簿では「永楽館」。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。
大衆館
所在地 : 福岡県嘉穂郡大隅町(1950年)、福岡県嘉穂郡大隅町大字大隅(1953年)、福岡県嘉穂郡大隅町312(1954年)、福岡県嘉穂郡嘉穂町大隅上町(1956年・1958年)、福岡県嘉穂郡嘉穂町大隅(1959年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1959年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「大衆館」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1959年の映画館名簿では「大衆館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
碓井館
所在地 : 福岡県嘉穂郡碓井町(1943年・1953年)、福岡県嘉穂郡碓井町飯田152(1954年)、福岡県嘉穂郡碓井町飯田275(1956年・1958年)、福岡県嘉穂郡碓井町飯田(1960年・1962年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿では「碓井館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「碓井館」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「碓井館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
碓井東映
所在地 : 福岡県嘉穂郡碓井町飯田(1959年・1960年・1962年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1962年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1962年の映画館名簿では「碓井東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
赤坂映劇
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1956年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「赤坂映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
三菱協和会館/協和会館
所在地 : 福岡県嘉穂郡山田町(1953年)、福岡県嘉穂郡山田町三菱上山田鉱業所(1954年)、福岡県山田市上山田町(1956年・1958年)、福岡県山田市上山田(1960年)、福岡県山田市上山田町(1961年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「三菱協和会館」。1954年の映画館名簿では「協和会館」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「協和会館」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
常盤館
所在地 : 福岡県嘉穂郡山田町(1953年)、福岡県嘉穂郡山田町大字上山田(1954年)、福岡県山田市上山田町大橋(1956年・1958年)、福岡県山田市上山田(1960年)、福岡県山田市上山田町(1962年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「常盤館」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「常盤館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映映画劇場/銀映映劇/銀映劇場
所在地 : 福岡県山田市上山田町(1958年)、福岡県山田市上山田(1960年)、福岡県山田市上山田町(1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「銀映座」。1958年の映画館名簿では「銀映映画劇場」。1960年の映画館名簿では「銀映映劇」。1962年の映画館名簿では「銀映劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
日吉座/日吉映劇
所在地 : 福岡県嘉穂郡山田町下山田(1953年)、福岡県嘉穂郡山田町大字下山田431(1954年)、福岡県山田市下山田町(1956年・1958年)、福岡県山田市下山田(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「日吉映劇」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「日吉座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日吉映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映座/第一銀映/銀映
所在地 : 福岡県嘉穂郡山田町大橋(1954年)、福岡県山田市大橋町(1956年・1958年・1960年)、福岡県山田市上山田大橋(1963年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「銀映座」。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「第一銀映」。1963年の映画館名簿では「銀映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
宝栄館
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町緑ケ丘(1959年・1960年)、福岡県嘉穂郡稲築町(1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「宝栄館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
金星映劇/第一金星映劇/第一金星
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町351(1956年・1958年)、福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1960年)、福岡県嘉穂郡稲築町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「金星映劇」。1960年の映画館名簿では「第一金星映劇」。1963年の映画館名簿では「第一金星」。1964年の映画館名簿では「第一金星映劇」。1965年の映画館名簿では「金星映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
下山田コンパル東映/下山田コンパル/コンパル東映
所在地 : 福岡県山田市下山田町(1961年・1962年)、福岡県山田市下山田(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「下山田コンパル東映」。1963年・1964年の映画館名簿では「下山田コンパル」。1965年の映画館名簿では「コンパル東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第二銀映映画劇場/第二銀映/銀映劇場
所在地 : 福岡県山田市上山田町(1956年・1958年)、福岡県山田市上山田(1960年)、福岡県山田市上山田町本町(1963年)、福岡県山田市上山田本町(1964年)、福岡県山田市上山田(1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「第二銀映」。1958年の映画館名簿では「第二銀映映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「第二銀映」。1965年の映画館名簿では「銀映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
日東映劇/碓井日映/碓井日東映劇
所在地 : 福岡県嘉穂郡碓井町(1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1967年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「日東映劇」。1966年の映画館名簿では「碓井日映」。1967年の映画館名簿では「碓井日東映劇」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
第二金星/稲築第二金星映画劇場
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町(1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1967年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「第二金星」。1966年・1967年の映画館名簿では「稲築第二金星映画劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
稲築東映/稲築東映劇場
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1956年・1958年・1960年)、福岡県嘉穂郡稲築町(1963年)、福岡県嘉穂郡稲築町鴨生191(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「稲築東映」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「稲築東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
山田東映/山田東映劇場
所在地 : 福岡県山田市上山田町本町(1956年・1958年)、福岡県山田市上山田(1960年・1963年)、福岡県山田市上山田町1417(1966年・1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「山田東映」。1958年の映画館名簿では「山田東映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「山田東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「山田東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
山田映劇/山田松竹/山田松竹劇場
所在地 : 福岡県山田市上山田大橋(1963年)、福岡県山田市上山田町大橋436(1966年)、福岡県山田市上山田町大橋(1969年)、福岡県山田市上山田町大橋436(1970年)
開館年 : 1958年5月14日
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「山田映劇」。1963年の映画館名簿では「山田松竹」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「山田松竹劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年5月14日、山田市大橋に「山田映劇」が開館した。オープニングは『忠臣蔵』と『二等兵物語 死んだら神様の巻』。館主は鶴賀衛。建坪135坪。鉄筋造ブロック3階建て。冷暖房完備。定員500人。客席はアルプススタンド式。*115
浩々館/古河鉱業浩々館/下山田浩々館
所在地 : 福岡県山田市下山田町(1956年)、福岡県山田市下山田町554(1958年)、福岡県山田市下山田(1960年)、福岡県山田市下山田町(1966年)、福岡県山田市下山田(1969年)、福岡県山田市下山田554-2(1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には嘉穂郡が掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「浩々館」。1960年の映画館名簿では「古河鉱業浩々館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「下山田浩々館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
三井山野会館/山野会館/稲築山野会館
所在地 : 福岡県嘉穂郡稲築町鴨生(1960年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1957年後半
閉館年 : 1973年
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「三井山野会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「山野会館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1994年解体。

1957年後半のこのほど、嘉穂郡稲築町に三井鉱山山野鉱業所による映画館が開館した。東宝系の筑豊第一封切館。従業員と家族の厚生施設。集会所を兼ねている。鉄筋造3階建て。客席はワンスロープ式で定員700人。総工費3700万円。*116

1994年12月中にも、嘉穂郡稲築町の旧三井鉱山山野鉱業所が経営していた映画館「三井山野総合会館」(山野会館)が取り壊される。閉館から約20年間は利用されずにいた。1957年に三井鉱山の福利厚生施設として開館し、邦画や洋画などの映画の上映、浪曲や歌謡ショーの公演などが行われた。山野会館は福利厚生施設であることから、料金は10円から20円と安価であり、炭鉱労働者やその家族であふれた時代もあった。1973年に炭鉱が閉山するのと同時に山野会館も閉館した。1994年11月には稲築町が三井鉱山から土地約2700平方メートルを約2700万円で購入し、山野会館を取り壊して公園として整備する計画を立てている。*117

鞍手郡鞍手町

鞍手協和会館
所在地 : 福岡県鞍手郡鞍手町大字古門600(1959年・1960年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1960年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「鞍手協和会館」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
寿劇場
所在地 : 福岡県鞍手郡鞍手町大字永谷(1958年)、福岡県鞍手郡鞍手町大字永谷36(1960年)、福岡県鞍手郡鞍手町(1963年)
開館年 : 1956年以後1958年以前
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「寿劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
西川会館
所在地 : 福岡県鞍手郡鞍手町(1961年・1962年・1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「西川会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
協和会館/三菱新入協和会館
所在地 : 福岡県鞍手郡剣村新入(1950年)、福岡県鞍手郡剣村中山(1953年)、福岡県鞍手郡鞍手町古門(1956年)、福岡県鞍手郡鞍手町中山2451(1958年)、福岡県鞍手郡鞍手町大字中山2451(1960年)、福岡県鞍手郡鞍手町(1963年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1963年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「協和会館」。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「新入協和会館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三菱新入協和会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日館/朝日座/朝日東映/朝日名画座/剣町朝日名画座
所在地 : 福岡県鞍手郡剣村字中山(1943年・1950年)、福岡県鞍手郡剣村(1953年)、福岡県鞍手郡鞍手町中山2347(1958年・1960年)、福岡県鞍手郡鞍手町(1963年)、福岡県鞍手郡鞍手町中山(1966年・1967年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1967年頃
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「朝日館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「朝日座」。1953年の映画館名簿では「旭館」。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1958年の映画館名簿では「朝日座」。1960年の映画館名簿では「朝日東映」。1963年の映画館名簿では「朝日名画座」。1966年・1967年の映画館名簿では「剣町朝日名画座」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。

鞍手郡小竹町

小竹劇場/小竹映画劇場/小竹映劇
所在地 : 福岡県鞍手郡小竹町勝野(1953年・1954年・1956年)、福岡県鞍手郡小竹町3472(1958年)、福岡県鞍手郡小竹町大字勝野(1960年)、福岡県鞍手郡小竹町(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
1950年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1953年・1954年の映画館名簿では「小竹映劇」。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1956年の映画館名簿では「小竹劇場」。1958年の映画館名簿では「小竹映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「小竹映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
目尾会館
所在地 : 福岡県鞍手郡小竹町新多1381(1956年・1958年)、福岡県鞍手郡小竹町新多138(1960年)、福岡県鞍手郡小竹町(1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿には鞍手郡が掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「目尾会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

嘉穂郡桂川町

桂川毎日館
所在地 : 福岡県嘉穂郡桂川町土師(1956年・1958年・1960年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1960年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「桂川毎日館」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
平山信和/平山信和会館
所在地 : 福岡県嘉穂郡桂川町土師2343(1956年)、福岡県嘉穂郡桂川町土師2341(1958年)、福岡県嘉穂郡桂川町(1963年)、福岡県嘉穂郡桂川町土師2343(1966年・1969年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1969年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「平山信和会館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「平山信和会館」。1966年の映画館名簿では「平山信和」。1969年の映画館名簿では「平山信和会館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

田川郡添田町

添田劇場/添田東映映劇
所在地 : 福岡県田川郡添田町(1950年・1953年)、福岡県田川郡添田町字庄195(1954年)、福岡県田川郡添田町(1958年)、福岡県田川郡添田町大字庄195(1959年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1959年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「添田劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「添田劇場」。1959年の映画館名簿では「添田東映映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
峰地会館
所在地 : 福岡県田川郡添田町159(1956年・1958年・1959年)、福岡県田川郡添田町大字庄195(1960年)、福岡県田川郡添田町(1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1959年・1960年・1962年の映画館名簿では「峰池会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
添田東映
所在地 : 福岡県田川郡添田町(1958年)、福岡県田川郡添田町大字庄159(1960年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「添田東映」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「添田東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年頃の添田町にあった「添田東映」の写真あり。「添田東映」の文字が見える。『丹下左膳』ののぼりが見える。1956年頃に開館し、1962年頃に閉館した。館主は中川金平だった。添田町大正町の大田原電器店付近にあった。*118
九州館/添田九州館
所在地 : 福岡県田川郡添田町(1943年・1947年・1950年・1953年)、福岡県田川郡添田町畑川(1954年・1958年)、福岡県田川郡添田町大字畑川1172(1960年)、福岡県田川郡添田町(1963年)、福岡県田川郡添田町畑川1270(1966年)
開館年 : 1936年頃
閉館年 : 1968年4月29日
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「九州館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「九州館」。1966年の映画館名簿では「添田九州館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の添田町にあった「九州館」の写真あり。「KUSHUKAN」の文字が見える。1936年頃に開館した。名称は山田市出身の関取である九州山が名称の由来である。1955年頃に館主の中川良一によって改装された。1968年4月29日に閉館した。添田町畑川の中川商店の隣にあった。*119

田川郡糸田町

豊国館/糸田有楽/有楽映劇
所在地 : 福岡県田川郡糸田町(1930年)、福岡県田川郡糸田町字宮床(1936年)、福岡県田川郡糸田町(1943年)、福岡県田川郡糸田町宮床(1947年)、福岡県田川郡糸田町字宮床1924(1950年)、福岡県田川郡糸田町(1953年・1954年)、福岡県田川郡糸田町1924(1958年・1960年)、福岡県田川郡糸田町(1961年・1962年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「豊国館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「豊国館」。1960年の映画館名簿では「糸田有楽」。1961年・1962年の映画館名簿では「有楽映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
東洋映劇/糸田東映/糸田東映劇場
所在地 : 福岡県田川郡糸田町(1954年・1958年・1960年・1963年)、福岡県田川郡糸田町宮川3219(1966年・1967年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「東洋映劇」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「糸田東映」。1966年・1967年の映画館名簿では「糸田東映劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。

田川郡川崎町

大峯会館/大峰会館
所在地 : 福岡県田川郡川崎町131(1956年・1958年・1960年)、福岡県田川郡川崎町(1961年・1962年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1962年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「大峯会館」。1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「大峰会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
第二昭和館/川崎第二昭和館
所在地 : 福岡県田川郡川崎町(1960年・1963年)、福岡県田川郡川崎町川崎403(1966年・1968年)
開館年 : 1958年5月3日
閉館年 : 1968年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「第二昭和館」。1966年・1968年の映画館名簿では「川崎第二昭和館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年5月3日、田川郡川崎町の「第二昭和館」が開館した。オープニングは『大当り狸御殿』と『江戸っ子祭』の二本立。総鉄筋造、3階建て。建坪240坪。冷暖房完備。定席441。ワンスロープ式。工費約5000万円。施工は竹中工務店。*120

1958年6月15日、田川郡川崎町の「第一昭和館」が改装工事を終えて営業を再開した。オープニングは『オンボロ人生』と『水戸漫遊記』。旧称は「昭和館」。4月3日に開館した「第二昭和館」の姉妹館である。そう建坪約120坪。鉄筋造一部木造、2階建て。スクリーンは25尺×11尺のシネスコ用。定員350。客席はワンスロープ式。上映系統は松竹・東宝・日活・新東宝。*121
川崎東映/川崎東映劇場
所在地 : 福岡県田川郡川崎町(1956年・1958年)、福岡県田川郡川崎町191(1960年)、福岡県田川郡川崎町(1963年)、福岡県田川郡川崎町川崎192(1966年)、福岡県田川郡川崎町川崎191(1968年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「川崎東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「川崎東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和館/第一昭和館/川崎昭和館
所在地 : 福岡県田川郡川崎村(1930年)、福岡県田川郡川崎町駅前(1936年)、福岡県田川郡川崎町(1943年・1947年)、福岡県田川郡川崎町420(1950年)、福岡県田川郡川崎町(1953年・1954年)、福岡県田川郡川崎町410(1958年)、福岡県田川郡川崎町(1960年・1963年)、福岡県田川郡川崎町川崎403(1969年・1970年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「昭和館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「昭和館」。1960年・1963年の映画館名簿では「第一昭和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1970年の映画館名簿では「川崎昭和館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年6月15日、田川郡川崎町の「第一昭和館」が改装工事を終えて営業を再開した。オープニングは『オンボロ人生』と『水戸漫遊記』。旧称は「昭和館」。4月3日に開館した「第二昭和館」の姉妹館である。総建坪約120坪。鉄筋造一部木造、2階建て。スクリーンは25尺×11尺のシネスコ用。定員350。客席はワンスロープ式。上映系統は松竹・東宝・日活・新東宝。*122

1963年3月7日、川崎町の「第一昭和館」2階から出火し、スレート葺き2階建ての劇場が焼失した。*123

田川郡福智町

宝城キネマ
所在地 : 福岡県田川郡方城町(1930年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1930年以後1936年以前
1930年の映画館名簿では「宝城キネマ」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。
鳳鳴館/晃映
所在地 : 福岡県田川郡上野村赤池(1930年)、福岡県田川郡赤池町稲荷町(1936年)、福岡県田川郡赤池町(1943年・1947年)、福岡県田川郡赤池町271(1950年)、福岡県田川郡赤池町(1953年・1954年)、福岡県田川郡赤池町271(1956年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1956年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「鳳鳴館」。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1956年の映画館名簿では「晃映」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
方城協和会館/協和会館/三菱協和会館
所在地 : 福岡県田川郡方城村伊万(1950年)、福岡県田川郡方城町4674(1958年・1960年)、福岡県田川郡方城町(1962年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1962年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「方城協和会館」。1953年・1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1958年の映画館名簿では「三菱協和会館」。1960年の映画館名簿では「協和会館」。1962年の映画館名簿では「三菱協和会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
赤池大映/赤池大劇
所在地 : 福岡県田川郡赤池町128(1958年)、福岡県田川郡赤池町291(1960年)、福岡県田川郡赤池町(1962年)
開館年 : 1956年以後1958年以前
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「赤池大映」。1960年・1962年の映画館名簿では「赤池大劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
敷島座/金田豊映
所在地 : 福岡県田川郡金田町653(1956年・1958年)、福岡県田川郡金田町大字金田563(1960年)、福岡県田川郡金田町(1963年)
開館年 : 1954年以後1956年以前
閉館年 : 1963年頃
1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1956年・1958年の映画館名簿では「敷島座」。1960年・1963年の映画館名簿では「金田豊映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
大和館/金田東映
所在地 : 福岡県田川郡金田町(1930年・1936年・1943年)、福岡県田川郡金田町942(1950年)、福岡県田川郡金田町(1953年)、福岡県田川郡金田町924(1954年・1958年)、福岡県田川郡金田町大字金田924(1960年)、福岡県田川郡金田町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1920年7月16日
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年・1943年・1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「大和館」。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1958年・1960年の映画館名簿では「大和館」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「金田東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西日本シティ銀行金田支店」南南西60mにある駐車場。

1920年頃の金田町にあった「大和館」の写真あり。「館和大」の文字が見える。1920年7月16日に大和館興業によって開館した。1964年頃に閉館した。金田町新町のひまわり化粧品の前にあり、2009年現在は駐車場になっている。*124
労映映画劇場/労映館/労映劇場/赤池労映/赤池労映劇場
所在地 : 福岡県田川郡赤池町(1950年・1953年)、福岡県田川郡赤池町432(1954年)、福岡県田川郡赤池町(1958年)、福岡県田川郡赤池町432(1960年)、福岡県田川郡赤池町(1963年)、福岡県田川郡赤池町赤池432(1966年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1954』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「労映映画劇場」。1953年・1954年の映画館名簿では「労映館」。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1958年の映画館名簿では「労映劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「赤池労映」。1966年の映画館名簿では「赤池労映劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。

田川郡香春町

第二プリンセス/第二プリンセス映劇/プリンセス映劇
所在地 : 福岡県田川郡勾金村(1953年)、福岡県田川郡香春町下高野(1958年)、福岡県田川郡香春町大字高野(1960年)、福岡県田川郡香春町(1963年・1964年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「第二プリンセス」。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1958年・1960年の映画館名簿では「第二プリンセス映劇」。1963年の映画館名簿では「プリンセス映劇」。1964年の映画館名簿では「第二プリンセス映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
電気館/月光館
所在地 : 福岡県田川郡香春町(1941年・1943年・1947年・1950年・1953年)、福岡県田川郡香春町新町(1958年)、福岡県田川郡香春町大字香春(1960年)、福岡県田川郡香春町(1963年・1964年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1964年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「電気館」。1955年の映画館名簿では田川郡が掲載漏れしている。1958年・1960年の映画館名簿では「電気館」。1963年・1964年の映画館名簿では「月光館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

田川郡大任町

映画館名簿によると田川郡大任町に映画館は存在しなかったと思われる。

田川郡赤村

映画館名簿によると田川郡赤村に映画館は存在しなかったと思われる。

このページへのコメント

「有明望嶽庵」にて、大牟田市の昔の映画館情報が掲載されています。
一応、リンクフリーという事ですので記載させて頂きます。
http://bougaku.fc2web.com/theater.htm

0
Posted by 名無し(ID:/+VGspmbvg) 2021年04月18日(日) 01:12:02 返信数(1) 返信

貴重な情報ありがとうございます!

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2021年04月20日(火) 23:36:29

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます