日本の映画館の総合データベースです。

板橋区

志村東宝映画劇場/志村松竹映画劇場
所在地 : 東京市板橋区志村小豆沢町(1943年)、東京都板橋区志村小豆沢164(1947年)、東京都板橋区志村小豆沢1-4(1950年・1953年・1955年)、東京都板橋区志村小豆沢町1-4(1958年)、東京都板橋区小豆沢町1-4(1960年・1962年)
開館年 : 1938年12月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年12月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「東宝志村映劇」。1947年・1950年の映画館名簿では「志村東宝映画劇場」。1953年の映画館名簿では「志村東宝映劇」。1955年の映画館名簿では「志村東宝映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「志村東宝映画劇場」。1962年の映画館名簿では「志村松竹映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
志村劇場/志村大映劇場
所在地 : 東京都板橋区志村町1-13(1947年)、東京都板橋区志村町1-13-2(1950年)、東京都板橋区志村町1-13(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1946年6月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年6月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「志村劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「志村大映劇場」。1962年の全住宅明細図帳では「志村大映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「コンサートホール志村店」。最寄駅は都営地下鉄三田線志村坂上駅。

1962年9月から1963年9月までに、東京都では神田東映(千代田区)、高輪映画(港区)、神楽坂東映(新宿区)、松竹座(台東区)、入谷金美(台東区)、石原ミリオン(墨田区)、白髭映劇(墨田区)、千田シネマ(江東区)、娯楽館(品川区)、大井映画(品川区)、ユニオン座(目黒区)、久ヶ原ロマン座(大田区)、長原映劇(大田区)、蒲田映劇(大田区)、蒲田銀映(大田区)、蒲田名画座(大田区)、沼袋映劇(中野区)、テアトル中野(中野区)、北映座(豊島区)、巣鴨映劇(豊島区)、巣鴨日活(豊島区)、三島館(荒川区)、荒川大映(荒川区)、志村大映(板橋区)、高砂文化(葛飾区)、新小岩銀映(葛飾区)、平井東映(江戸川区)、八光館(八王子市)、青梅セントラル(青梅市)、調布銀映(調布市)、町田東映(町田市)、月光館(目黒区、演芸場転向)の32館が廃館となった。*1
常盤映画劇場
所在地 : 東京都板橋区志村町前ノ町1072(1947年)、東京都板橋区志村前野町1070(1950年)、東京都板橋区志村前野1072(1953年)、東京都板橋区志村前野町1070(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「常盤映画劇場」。1962年の全住宅明細図帳では「トキワ映画」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大東京信用組合常盤台支店」。最寄駅は東武東上線ときわ台駅。
中板橋映画劇場/中板映画劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町9-2340(1957年)、東京都板橋区中板橋町20(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1969年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「中板橋映画劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「中板映画劇場」。1962年の全住宅明細図帳では「中板映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は中板橋駅北口北東90mの和菓子屋「大和屋」など。最寄駅は東武東上線中板橋駅。
清水映画劇場(志村清水町230)/志村東宝映画劇場/清水東映(志村清水町230)/清水大映劇場
所在地 : 東京都板橋区志村清水町230(1956年・1957年・1958年・1960年・1961年)、東京都板橋区志村清水町43(1963年)、東京都板橋区清水町44(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「清水映画劇場」。1957年・1958年の映画館名簿では「清水東映」。1960年の映画館名簿では「志村東宝映画劇場」。1961年の映画館名簿では「清水東映」。1962年の全住宅明細図帳では「清水映画劇場」。1970年の映画館名簿では「清水大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「Nステージ板橋本町アジールコート」。最寄駅は都営地下鉄三田線板橋本町駅。
板橋大都劇場/板橋松竹映画劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町1-2480(1957年・1958年・1960年)、東京都板橋区板橋町1-280(1963年)、東京都板橋区板橋町1-33-8(1966年)、東京都板橋区板橋1-33-8(1969年・1970年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「板橋大都劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「板橋松竹映画劇場」。1970年の全住宅案内図帳では「板橋松竹」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ラティエラ板橋」。最寄駅は都営地下鉄三田線新板橋駅。
板橋ピース/ピース映画劇場/板橋ピース映画劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町5-1049(1947年・1953年・1950年・1955年・1958年・1960年)、東京都板橋区大山東町30(1963年・1966年・1969年)、東京都板橋区大山東町30-3(1973年)
開館年 : 1946年4月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年4月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「ピース映画劇場」。1950年の映画館名簿では「板橋ピース」。1953年の映画館名簿では「ピース映画劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「板橋ピース映画劇場」。1963年の映画館名簿では「ピース映画劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「板橋ピース映画劇場」。1970年の全住宅案内図帳では「ピース映画劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三田大山コーポ」。最寄駅は東武東上線大山駅。
志村オリンピア/志村オリンピア劇場
所在地 : 東京都板橋区志村町2-9(1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都板橋区志村2-8-2(1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1974年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「志村オリンピア劇場」。1962年の全住宅明細図帳では「志村オリンピア劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「志村オリンピア」。1973年・1974年の映画館名簿では「志村オリンピア劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「コンチネンタルハイツ志村坂上」。最寄駅は都営地下鉄三田線志村坂上駅。
大山文化劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町5-1067(1956年・1958年・1960年)、東京都板橋区大山東町19(1963年・1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1974年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「大山文化劇場」。1970年の全住宅案内図帳では「大山文化」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマート大山駅北店」。最寄駅は東武東上線大山駅。
長後映画劇場
所在地 : 東京都板橋区長後町2-5(1960年・1963年・1966年)、東京都板橋区坂下3-2-5(1969年・1973年・1975年・1976年・1977年)
開館年 : 1959年9月頃
閉館年 : 1977年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年・1977年の映画館名簿では「長後映画劇場」。1962年の全住宅案内図帳では「長後映画」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は都営地下鉄三田線蓮根駅。

1959年9月下旬、板橋区長後町2-5に「長後映画劇場」が開館する予定。木造モルタル、2階建て。座席数230。系統は未定。経営は柏木進。*2
清水東映(志村清水町225)/清水映画劇場
所在地 : 東京都板橋区志村清水町227(1957年)、東京都板橋区志村清水町225(1958年・1960年・1961年)、東京都板橋区志村清水町43(1963年)、東京都板橋区清水町43(1966年・1969年)、東京都板橋区清水町44-10(1973年・1975年・1977年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1977年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「清水映画劇場」。1960年の映画館名簿では「清水東映」。1961年の映画館名簿では「清水映画劇場」。1962年の全住宅明細図帳では「清水映劇」。1963年の映画館名簿では「清水映画劇場」。1966年の映画館名簿では「板橋清水映画劇場」。1969年・1973年・1975年・1977年の映画館名簿では「清水映画劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アクサス板橋本町3」。最寄駅は都営地下鉄三田線板橋本町駅。
板橋劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町5-1028(1956年・1958年・1960年)、東京都板橋区大山東町44(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、東京都板橋区大山東町44-8(1978年・1980年・1981年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1981年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1981年の映画館名簿では「板橋劇場」。1970年の全住宅案内図帳では「板橋劇場」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東京板橋都税事務所」建物中央南部。最寄駅は東武東上線大山駅。
上板東映/上板東映劇場
所在地 : 東京都板橋区常盤台4-25(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、東京都板橋区常盤台4-25-10(1982年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1983年12月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「上板東映劇場」。1963年の映画館名簿では「上板東映劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「上板東映劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イムス記念病院」。最寄駅は東武東上線上板橋駅。

1983年いっぱいで、板橋区常盤台4-25-10の映画館「上板東映劇場」が閉館する。社長は小林紘。「カミイタ」の愛称で親しまれていた。1957年に封切館として開館し、その後名画座に転向した。1977年には東京都で初めて独立プロダクションや自主制作グループの作品の上映を始めた。毎月ファンを集めた討論会を企画するなどし、若い映画製作者らに発表の場を与えた。映画監督の大島渚は「自主製作映画は大手の大作映画と張り合うまでに成長しているが、これは、陰で支えてきた小林さんに負うところが大きい」「こうした映画館が消えることは大変寂しい」と評価している。*3
武蔵野映画劇場/武蔵野キネマ
所在地 : 東京都板橋区上板橋(1947年)、東京都板橋区上板橋町2丁目(1950年)、東京都板橋区上板橋町2-6392(1953年・1955年・1958年・1960年)、東京都板橋区南常盤台1-26(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)、東京都板橋区南常盤台1-26-13(1982年・1983年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1983年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1947年の映画館名簿では「武蔵野映画劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1983年の映画館名簿では「武蔵野キネマ」。1962年の全住宅明細図帳では「武蔵野キネマ」。1984年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三菱UFJ銀行池袋支店ときわ台駅前出張所」東30mの「小藤田ビル」。最寄駅は東武東上線ときわ台駅。
板橋名画座
所在地 : 東京都板橋区板橋町5-1028(1957年・1958年・1960年)、東京都板橋区大山東町44(1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都板橋区大山東町44-11(1975年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1985年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「板橋名画座」。1970年の全住宅案内図帳では「板橋名画座」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東京板橋都税事務所」建物北西部。最寄駅は東武東上線大山駅。
大山映画劇場/大山東映/大山東映劇場
所在地 : 東京都板橋区板橋町4-1103(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年)、東京都板橋区大山東町20(1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都板橋区大山東町20-4(1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1948年5月
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年5月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「大山映画劇場」。1960年の映画館名簿では「大山東映」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「大山東映劇場」。1970年の全住宅案内図帳では「大山東映劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大山オーシャンビル」。最寄駅は東武東上線大山駅。

1958年12月27日、板橋区板橋町4-1103の「大山劇場」が全焼した。放火の疑いあり。*4

1957年から映画館の増加のペースが低下しており、転廃業した館もある。1958年9月から1959年8月までの1年間に東京都で転廃業した映画館は以下の通り。神田南明座(倉庫に転業)、銀座映画劇場(廃館)、神楽坂銀鈴座(焼失)、新宿グランド(パチンコ屋に転業)、銀座全線座(ダンスホールに転業)、渋谷全線座(貸ホールに転業)、シネマ西荻(廃館)、池袋日活(焼失)、池袋文化映画(パチンコ屋に転業)、弁天座(廃館)、文芸坐(廃館)、文芸地下(廃館)、人生坐(廃館)、大山映画劇場(廃館)、町田中央(廃館)。*5
成増東映/成増東映劇場
所在地 : 東京都板橋区成増町302(1959年・1960年)、東京都板橋区成増町307(1963年・1966年・1969年)、東京都板橋区成増3-26-4(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)、東京都板橋区成増2-26-4(1988年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1988年5月
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「成増メトロ映画劇場」。1960年の映画館名簿では「成増東映」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「成増東映劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「セブンイレブン板橋成増3丁目店」。最寄駅は東武東上線成増駅。
成増国際映画劇場/成増国際劇場/成増8番館
所在地 : 東京都板橋区成増町2093(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、東京都板橋区成増町2-19-15(1973年)、東京都板橋区成増2-19-10(1975年・1978年・1980年・1985年・1987年・1990年・1991年)
開館年 : 1956年2月
閉館年 : 1991年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「成増国際映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1987年の映画館名簿では「成増国際劇場」。1990年・1991年の映画館名簿では「成増8番館」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。板橋区最後の従来型映画館。跡地はパチンコ店「成増会館B館」。最寄駅は東武東上線成増駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋/イオンシネマ板橋
所在地 : 東京都板橋区徳丸2-6-1 板橋サティ5階(2005年・2010年)、東京都板橋区徳丸2-6-1 イオン板橋S.C 5階(2015年・2020年)
開館年 : 2000年5月25日(WMC)、2013年7月(イオンシネマ)
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ板橋1-12」(12館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ板橋1-12」(12館)。最寄駅は東武東上線東武練馬駅。

2000年5月25日、板橋区徳丸2-6-1 板橋サティ5階に「ワーナー・マイカル・シネマズ板橋」が開館した。12スクリーンを有する。*6

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます