日本の映画館の総合データベースです。



大分市

大分市は大分市の映画館を参照。

別府市

別府市は別府市の映画館を参照。

中津市

中津市は中津市の映画館を参照。

日田市

日田市は日田市の映画館を参照。

北部地域

豊後高田市

第二東天紅/名画座/高田名画座(旧)
所在地 : 大分県豊後高田市高田町(1956年・1957年・1958年)、大分県豊後高田市宮町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年の映画館名簿では「第二東天紅」。1958年・1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年の映画館名簿では「高田名画座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
三浦映劇/香々地東映
所在地 : 大分県西国東郡香々地町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「三浦映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「香々地東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
東天紅/第一東天紅/高田東映/高田東映映画劇場/高田名画座(新)
所在地 : 大分県西国東郡高田町中之島(1936年)、大分県西国東郡高田町(1943年・1947年・1950年・1953年)、大分県豊後高田市(1955年)、大分県豊後高田市高田町(1956年・1957年)、大分県豊後高田市玉津町(1958年)、大分県豊後高田市玉津中島(1960年)、大分県豊後高田市玉津区(1963年)、大分県豊後高田市大字玉津中の島21-1(1966年)、大分県豊後高田市大字玉津中の島(1969年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「東天紅」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「東天紅」。1956年・1957年の映画館名簿では「第一東天紅」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「高田東映」。1966年の映画館名簿では「高田東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「高田名画座」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「中之島旅館」。跡地は「中之島旅館」西館。最寄駅はJR日豊本線宇佐駅。

豊後高田市における本格的な映画館としては、1933年に建てられた「東天紅」があった。1941年の台風による大水害では東天紅も流出したが、すぐに復活した。中之島温泉と東天紅の写真あり。*1

高田町にあった「東天紅」の広告あり。「郡内唯一の封切映画館 東天紅 高田町中之島」。現物は未確認。*2

1941年の台風被害後の「東天紅」の写真あり。中之島の街並みの最も上手にあったが、桂川の本流に流された。*3

昭和30年代の豊後高田市高田町御玉にあった「東天紅」と中之島温泉の写真あり。1933年、高田町に本格的な映画館として東天紅が建てられた。1941年の水害で流出したがすぐに再建された。昭和40年代に廃業したとされる。2017年、同名のミニシアターが開館した。*4
玉津東天紅
所在地 : 大分県豊後高田市玉津380-2(2020年・2022年)
開館年 : 2017年4月29日
閉館年 : 営業中
2018年の映画館名簿には掲載されていない。2020年・2022年の映画館名簿では「玉津東天紅」。2022年の映画館名簿では経営会社が玉津プラチナプロジェクト、経営者・支配人ともに市川誠、30席。最寄駅はJR日豊本線宇佐駅。

2017年4月、豊後高田市の商店街「玉津プラチナ通り」にミニシアター「玉津東天紅」(たまつとうてんこう)が開館した。大分県北部唯一の映画館である。閉店したパン工場を改修。1933年に開館して昭和40年代に閉館した映画館「東天紅」が名称の由来。隔週の金曜・土曜・日曜のみ開館し、それ以外の期間はカラオケルームとして使用されている。鑑賞量は一般が1800円、60歳以上が1000円。現在は約450人の会員がおり、一般会員は1300円、60歳以上会員は500円。開業に際しての資金1500万円は、大分県と豊後高田市の補助金も入っており、行政が補助しながら運営する独特のスタイルの映画館である。大分市でシネマ5を運営する田井肇が作品選定に協力している。*5

宇佐市

魁座/魁映劇
所在地 : 大分県宇佐郡長洲町(1934年・1936年・1953年・1955年・1956年)、大分県宇佐郡長洲町3715(1957年)
開館年 : 明治中期
閉館年 : 1957年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年の映画館名簿では「魁座」。1941年・1943年・1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「魁座」。1955年・1956年・1957年の映画館名簿では「魁映劇」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。

宇佐郡長洲町には「魁座」があった。明治中期、朝鮮半島で富を得た長洲出身の中村俊松によって、港町の魚市場跡地に常設芝居小屋の魁座が建てられた。映画館や劇場として1960年まで営業した。*6
旭座
所在地 : 大分県宇佐郡安心院町2038(1956年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「旭座」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
北馬城劇場
所在地 : 大分県宇佐郡宇佐町(1956年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「北馬城劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
太平館
所在地 : 大分県宇佐郡宇佐町(1950年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1962年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「太平館」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「太平館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
長洲東映
所在地 : 大分県宇佐郡長洲町(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1962年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「長洲東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大勝館
所在地 : 大分県宇佐郡宇佐町(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「大勝館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
四日市映劇
所在地 : 大分県宇佐郡四日市町(1953年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1952年頃
閉館年 : 1963年頃
1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「四日市映劇」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「四日市映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では「映劇」。跡地は「ワタナベ薬局本店」北北東50mの更地。最寄駅はJR日豊本線柳ケ浦駅。
安心院映劇
所在地 : 大分県宇佐郡安心院町2032(1956年・1957年)、大分県宇佐郡安心院町2001(1958年)、大分県宇佐郡安心院町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「安心院映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
長洲劇場/長洲館/宇佐長洲館
所在地 : 大分県宇佐郡長洲町(1936年・1941年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、大分県宇佐郡長洲町4215(1966年)、大分県宇佐市長洲町4215(1969年・1973年)、大分県宇佐市長洲町4213(1974年)
開館年 : 1934年以後1936年以前、1941年
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「長洲館」。1941年の映画館名簿では「長洲劇場」。1943年の映画館名簿では「長洲館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長洲館」。1974年の映画館名簿では「宇佐長洲館」。1974年の住宅地図では発見できず。1975年の映画館名簿には掲載されていない。

1941年頃の宇佐郡長洲町にあった「長洲館」の写真あり。永松敬三が建てた旧館は桟敷席があったが、1940年に焼失し、椅子席の劇場に建て替えられた。1965年頃まで営業が行われた。*7

1941年頃の宇佐郡長洲町にあった「長洲館」の写真あり。*8
春海映劇/春海座/四日市春海座/宇佐春海座
所在地 : 大分県宇佐郡四日市町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、大分県宇佐市四日市町(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1914年
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「春海映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「春海座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「四日市春海座」。1966年・1974年の住宅地図では「春海座」。1975年の映画館名簿では「宇佐春海座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「宮原医院」。最寄駅はJR日豊本線柳ケ浦駅。

時期不明の「春海座」の写真あり。左端には桜ケ丘神社の「おかりや」がみえる。1914年に竣工し、芝居・映画・催物などが行われた。昭和40年代中頃まで営業した。*9

1924年頃の「春海座」の緞帳の写真あり。「祝十周年記念」とあり、半島商会、池田洋服店、写真は岩田、山中三ツ井、加登屋醤油醸造場、別府製菓、角本製作所、溝口呉服店などの広告が掲載されている。*10

昭和初期の宇佐にあった「春海座」の写真あり。*11

大正期から昭和初期の四日市町にあった劇場「春海座」の写真あり。1914年に完成し、芝居・映画・音楽会などが催された。昭和40年代中頃まで営業した。2018年現在の跡地には病院が建っている。*12

中部地域

臼杵市

銀杏座/銀杏館
所在地 : 大分県北海部郡臼杵町(1930年・1934年・1936年、1943年、1950年)、大分県臼杵市(1951年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1951年頃
1930年の映画館名簿では「銀杏座」。1934年の映画館名簿では「銀杏館」。1936年の映画館名簿では「銀杏座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「銀杏座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1951年の映画館名簿では「銀杏館」。1952年の映画館名簿には掲載されていない。
臼杵劇場/臼杵映画劇場/臼杵宝塚映劇/臼杵宝塚
所在地 : 大分県北海部郡臼杵町大字臼杵92(1950年)、大分県臼杵市臼杵町(1953年)、大分県臼杵市祇洲(1955年)、大分県臼杵市祇園洲(1958年)、大分県臼杵市祇園町(1960年)、大分県臼杵市祇園洲(1963年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「臼杵劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「臼杵映画劇場」。1958年の映画館名簿では「臼杵宝塚映劇」。1960年の映画館名簿では「臼杵宝塚」。1963年の映画館名簿では「宝塚映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
臼杵大映/臼杵東映
所在地 : 大分県臼杵市田町(1957年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「臼杵大映」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「臼杵東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
遊楽館/臼杵遊楽館
所在地 : 大分県北海部郡臼杵町(1930年)、大分県北海部郡臼杵町本町(1936年)、大分県北海部郡臼杵町(1943年・1947年)、大分県北海部郡臼杵町大字臼杵185-2(1950年)、大分県臼杵市臼杵町(1953年)、大分県臼杵市本町(1955年)、大分県臼杵市臼杵町(1958年)、大分県臼杵市本町(1960年・1963年)、大分県臼杵市本町184-3(1966年・1969年)、大分県臼杵市本町184(1973年)、大分県臼杵市本町184-2(1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1980年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「遊楽館」。1936年の映画館名簿では「遊楽座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「遊楽館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「臼杵遊楽館」。1972年の住宅地図では「遊楽館」。1981年の映画館名簿には掲載されていない。
第二宝塚/臼杵祇園遊楽館・臼杵アート遊楽館/臼杵祇園遊楽
所在地 : 大分県臼杵市祇園町(1960年)、大分県臼杵市祇園洲(1963年)、大分県臼杵市祇園町343(1966年・1969年・1973年)、大分県臼杵市祇園洲(1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1982年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「第二宝塚」。1966年の映画館名簿では「臼杵祇園遊楽館・臼杵アート遊戯館」(2館)。1969年・1973年の映画館名簿では「臼杵祇園遊楽館・臼杵アート遊楽館」(2館)。1972年の住宅地図では発見できず。1975年の映画館名簿では「臼杵祇園遊楽・臼杵アート遊楽」(2館)。1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「臼杵祇園遊楽」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「臼杵簡易裁判所」南西70mの建物。最寄駅はJR日豊本線臼杵駅。

津久見市

ツクミ大映/津久見大映
所在地 : 大分県北海部郡津久見町(1950年・1951年)、大分県津久見市港町(1952年・1953年)、大分県津久見市八幡(1955年)、大分県津久見市八幡通(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1951年・1952年の映画館名簿では「蓬莱館」。1953年の映画館名簿では「津久見大映」。1955年の映画館名簿では「ツクミ大映」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「津久見大映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
公楽部/公楽映劇/公楽劇場/公楽館
所在地 : 大分県北海部郡津久見町(1943年)、大分県津久見市港町(1953年)、大分県津久見市徳浦(1955年)、大分県津久見市港町(1958年)、大分県津久見市徳浦(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「公楽部」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「公楽劇場」。1955年の映画館名簿では「公楽映劇」。1958年の映画館名簿では「公楽劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「公楽館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
水晶館/ツクミ水晶/津久見水晶館
所在地 : 大分県北海部郡津久見町下青江4141(1941年)、大分県北海部郡津久見町(1943年・1950年)、大分県津久見市港町(1953年)、大分県津久見市下青江(1955年)、大分県津久見市下青江142-75(1958年)、大分県津久見市港町(1960年・1963年)、大分県津久見市下青江4142(1966年・1969年)、大分県津久見市港町(1970年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「水晶館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「水晶館」。1955年の映画館名簿では「ツクミ水晶」。1958年の映画館名簿では「水晶館」。1960年の映画館名簿では「津久見東映」。1963年の映画館名簿では「水晶館」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「津久見水晶館」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では発見できず。
中央館/ふじ映劇/津久見富士館/津久見ふじ映劇
所在地 : 大分県津久見市セメント町(1959年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、大分県津久見市セメント町14-12(1975年・1976年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1976年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「中央館」。1963年の映画館名簿では「ふじ映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「津久見富士館」。1972年の住宅地図では「ふじ映劇」。1975年・1976年の映画館名簿では「津久見ふじ映劇」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「蓮照寺」北東90mの「山本工業」敷地。
みなと映劇/みなと東映/津久見みなと東映映画劇場/津久見みなと東映劇場/津久見みなと映劇
所在地 : 大分県津久見市港町(1953年)、大分県津久見市駅前(1955年)、大分県津久見市本町(1958年・1960年・1963年)、大分県津久見市本町759(1966年)、大分県津久見市中央町8-22(1969年)、大分県津久見市本町759(1973年・1975年)、大分県津久見市中央町8-22(1978年)
開館年 : 1952年頃
閉館年 : 1978年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「みなと映劇」。1963年の映画館名簿では「みなと東映」。1966年の映画館名簿では「津久見みなと東映映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「津久見みなと東映劇場」。1973年の住宅地図では「みなと東映」。1975年・1978年の映画館名簿では「津久見みなと映劇」。1979年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物はスナック「奏」や居酒屋「いさり火」が入る建物として現存。最寄駅はJR日豊本線津久見駅。

由布市

由布劇場
所在地 : 大分県大分郡湯布院町(1956年)、大分県大分郡湯布院町101(1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「由布劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
庄内劇場
所在地 : 大分県大分郡庄内町(1956年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「庄内劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
小野屋会館
所在地 : 大分県大分郡庄内町小野屋町(1956年)、大分県大分郡庄内町476(1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「小野屋会館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
由布トキハ館/由布院トキワ館
所在地 : 大分県大分郡湯布院町(1958年・1959年・1960年・1963年)、大分県大分郡湯布院町3049(1966年・1969年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1969年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「由布トキハ館」。1966年・1969年の映画館名簿では「由布院トキワ館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

東部地域

杵築市

中映劇場/やまが中映
所在地 : 大分県速見郡山香町中山香(1956年・1957年・1958年)、大分県速見郡山香町(1960年・1961年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1961年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「中映劇場」。1957年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「やまが中映」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
山香東映
所在地 : 大分県速見郡山香町(1959年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「山香東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
グロリア映劇
所在地 : 大分県速見郡杵築町(1954年・1955年)、大分県杵築市錦城町(1958年・1960年)、大分県杵築市駅前通(1963年)、大分県杵築市城内(1965年)
開館年 : 1953年
閉館年 : 1965年5月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「グロリア映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1994年の住宅地図では跡地に「日本生命杵築支部」と「福吉アパート 1階炉端焼と々喜」。跡地は「明治安田生命杵築営業所」北20mの「日本生命」廃墟と「福吉アパート」。最寄駅はJR日豊本線杵築駅。

1887年、杵築町の錦城に劇場「衆楽観」(※「館」ではなく「観」なのは原文ママ)が建った。大分市の劇場と肩を並べるほどの収容員数を有していた。花道、廻り舞台、楽屋、役者の宿泊部屋などがあり、大阪から大歌舞伎の一座が来演した。浪曲、軍談、歌謡、演劇、政談演説会、集会などにも用いられた。1917年には株式会社組織となり、1918年には松井須磨子が来演して「復活」を演じた。昭和に入ると杵築在住歴があるオペラ歌手の藤原義江、チェロ奏者の小沢弘なども来演した。1953年には衆楽観が「グロリア映劇」に改称し、1965年5月に閉館した。*13
杵築館/杵築東映/杵築東映劇場
所在地 : 大分県速見郡杵築町(1943年・1950年・1953年・1955年)、大分県杵築市弓町(1958年・1960年)、大分県杵築市天満橋(1963年)、大分県杵築市弓町300(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1917年
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「杵築館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「杵築館」。1960年・1963年の映画館名簿では「杵築東映」。1966年の映画館名簿では「杵築東映映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「杵築東映劇場」。1974年の映画館名簿では「杵築東映」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1994年の住宅地図では跡地に「富岡イツ子 橋本道男」。跡地は「杵築市商工会」北東100mの民家。最寄駅はJR日豊本線杵築駅。

1917年、杵築町弓町に「杵築館」が開館した。衆楽観と比べると手ごろな規模の劇場であり、戦後の1948年には映画専門館に改造した。やがて「杵築東映」に改称し、1968年現在は富岡正一が経営している。*14

国東市

深栄館
所在地 : 大分県東国東郡国東町田深(1957年・1958年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1958年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「深栄館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
富来館
所在地 : 大分県東国東郡国東町富来浦(1956年)、大分県東国東郡国東町字富来浦(1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「富来館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
豊国館
所在地 : 大分県東国東郡国東町(1956年・1958年)
開館年 : 1902年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「豊国館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

1902年頃、鶴川高等小学校が廃校となった際、岩武惣吉が跡地に「豊国館」を開館させた。豊国館は200坪の劇場であり、芝居や映画の興行、政談演説会や各種集会に利用された。岩武は料亭いろはの経営者でもあり、実際の運営は寺川一雄が担当した。1958年頃には豊国館の老朽化が進み、岩武は映画館「国東大映」を建てた。*15
双峰映劇/双峯映劇
所在地 : 大分県東国東郡国東町(1954年・1955年・1958年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「双峰映劇」。1955年・1958年の映画館名簿では「双峯映劇」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
映劇まるは館
所在地 : 大分県東国東郡国見町(1957年)、大分県東国東郡国見町大字櫛来(1958年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1958年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「まるは館」。1958年の映画館名簿では「映劇まるは館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
ムサシ大映
所在地 : 大分県東国東郡武蔵町(1960年)、大分県東国東郡国東町(1962年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「ムサシ大映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年現在、武蔵町には劇場として「山口館」「武蔵劇場」「武蔵大映」がある。*16
えびす館
所在地 : 大分県東国東郡安岐町(1958年・1963年・1964年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1964年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「えびす館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「えびす館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
西安岐クラブ/西安岐東映
所在地 : 大分県東国東郡安岐町(1956年・1958年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「西安岐クラブ」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「西安岐東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
日豊東映
所在地 : 大分県東国東郡竹田津町(1963年・1964年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1964年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「日豊東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
第一山口館/山口館
所在地 : 大分県東国東郡武蔵町(1954年・1955年)、大分県東国東郡武蔵町63-1(1958年)、大分県東国東郡武蔵町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「第一山口館」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「山口館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年現在、武蔵町には劇場として「山口館」「武蔵劇場」「武蔵大映」がある。*17
第二山口館/山口東映/国東山口東映映画劇場/国東山口東映劇場
所在地 : 大分県東国東郡国東町(1954年・1955年)、大分県東国東郡国東町725-1(1958年)、大分県東国東郡国東町(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「第二山口館」。1963年の映画館名簿では「山口東映」。1966年の映画館名簿では「国東山口東映映画劇場」。1969年・1970年の映画館名簿では「国東山口東映劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。
国東大映映画劇場/国東大映劇場/国東大映
所在地 : 大分県東国東郡国東町(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1978年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「国東大映劇場」。1963年の映画館名簿では「国東大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「国東大映映画劇場」。1973年の映画館名簿では「国東大映劇場」。1973年の住宅地図では現在の「鶴川商店街周辺観光・交流拠点施設」南東40mの「カオリ化粧品店」の場所にガレージがあり、航空写真には巨大な建物が写っている。1975年・1978年の映画館名簿では「国東大映」。1979年の映画館名簿には掲載されていない。

1902年頃、鶴川高等小学校が廃校となった際、岩武惣吉が跡地に「豊国館」を開館させた。豊国館は200坪の劇場であり、芝居や映画の興行、政談演説会や各種集会に利用された。岩武は料亭いろはの経営者でもあり、実際の運営は寺川一雄が担当した。1958年頃には豊国館の老朽化が進み、岩武は映画館「国東大映」を建てた。*18

速見郡日出町

暘谷館/日出松竹座(旧)/松竹映劇
所在地 : 大分県速見郡日出町(1955年・1956年・1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1923年頃
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1956年の映画館名簿では「暘谷館」。1958年の映画館名簿では「日出松竹座」。1960年・1962年の映画館名簿では「松竹映劇」。1962年の別府市住宅地図附日出豊岡では 「松竹座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では跡地に「大石内科医院」。跡地は「二階堂酒造」西南西30mの「大石内科」。最寄駅はJR日豊本線暘谷駅。

1921年頃の「日出町中心街商家配置図」には「常設館 暘谷館」が描かれている。*19

大正初期、日出町下町に芝居小屋「暘谷館」(ようこくかん)が建てられ、アンペラ館とも呼ばれた。1923年頃に新築して株式会社となり、昭和に入ると映画の上映も行われた。戦時中には軍需工場に転用され、1950年頃に「松竹座」に改称して常設映画館となった。1965年頃に廃館となった。中町には廻り舞台を有する芝居小屋「階楽館」もあった。1953年頃には映画館「日映館」が開館した。テレビの普及や娯楽施設の増加とともに観客が減り、日映館は1963年に閉館した。*20
日出日劇/日映劇場/日映/日出東映/日出松竹(新)
所在地 : 大分県速見郡日出町(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1963年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「日出日劇」。1958年の映画館名簿では「日映劇場」。1960年の映画館名簿では「日映」。1962年の別府市住宅地図附日出豊岡では 「日映」。1963年・1964年の映画館名簿では「日出東映」。1965年の映画館名簿では「日出松竹」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1984年の住宅地図では跡地に「たちばな仏壇日出支店」や「御食事たかの」。跡地は1984年竣工のアパート「第2臼杵コーポ」。最寄駅はJR日豊本線暘谷駅。

大正初期、日出町下町に芝居小屋「暘谷館」(ようこくかん)が建てられ、アンペラ館とも呼ばれた。1923年頃に新築して株式会社となり、昭和に入ると映画の上映も行われた。戦時中には軍需工場に転用され、1950年頃に「松竹座」に改称して常設映画館となった。1965年頃に廃館となった。中町には廻り舞台を有する芝居小屋「階楽館」もあった。1953年頃には映画館「日映館」が開館した。テレビの普及や娯楽施設の増加とともに観客が減り、日映館は1963年に閉館した。*21

東国東郡姫島村

海友館
所在地 : 大分県東国東郡姫島村
開館年 : 1954年
閉館年 : 1967年以後1970年以前?
各年版の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大帯八幡社」社殿北東60mの「ホテル」廃墟。最寄港は西浦漁港。

1954年には姫島に「海友館」が開館し、1955年には「姫島劇場」が開館した。両館がにぎわった時代には『無法松の一生』や『砂漠は生きている』などの名作も上映された。小学校で学芸会が行われる際には、海友館が楽屋として、姫島劇場が舞台として使用された。ラジオやテレビの普及した昭和40年代には映画が衰退し、1967年から1970年の間に両館とも閉館した。海友館の跡地にはホテル黒耀が建った。姫島劇場は1986年現在も廃屋として残っている。*22
姫島東映
所在地 : 大分県東国東郡姫島村(1963年・1964年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1962年3月29日? 1967年以後1970年以前?
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「姫島東映」。1964年の映画館名簿では経営者が中城富美人、支配人が記載なし、構造が記載なし、定員が記載なし、東映を上映。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年には姫島に「海友館」が開館し、1955年には「姫島劇場」が開館した。両館がにぎわった時代には『無法松の一生』や『砂漠は生きている』などの名作も上映された。小学校で学芸会が行われる際には、海友館が楽屋として、姫島劇場が舞台として使用された。ラジオやテレビの普及した昭和40年代には映画が衰退し、1967年から1970年の間に両館とも閉館した。海友館の跡地にはホテル黒耀が建った。姫島劇場は1986年現在も廃屋として残っている。*23

1955年1月頃、中城富美人は姫島村に帰郷して「姫劇場」の経営者となった。姫島村出身で姫島小学校を卒業後、両親とともに別府市に転居して別府市で育っていた。弟の中城寿美男は別府市出身であり、兄を頼って姫劇場横に喫茶店を開店させた。兄の富美人は傷害・住居侵入・暴行などの前科二犯、弟の寿美男は傷害・暴行・暴力行為等処罰に関する法律違反などの前科三犯であり、警察は中城兄弟を暴力常習者として監視していた。姫島の西浦集落には旧海軍軍人の海友会が経営する興行場「海友館」があり、日活・松竹・東宝・大映の映画を上映していたが、中城兄弟に上映権を奪われて松竹のみの上映となっていた。1962年3月16日、海友館で桂須磨子一座の歌謡ショーが開催されたため、この日は姫劇場が不入りとなり、中城兄弟は青年団員に暴言を吐いたり暴行を働いた。中城兄弟の横暴なふるまいによって島民の不満が高まっており、同日午後11時30分頃、青年団員ら38人は中城兄弟を滅多打ちにして殺害した。中城兄弟の横暴なふるまいは姫島だけでなく本土の国東町や国見町でも知られていたため、青年団員らの団結力やその行為を称賛する声もあり、多くの減刑嘆願書が提出された。*24

1962年3月29日午後11時、姫島村で映画館経営者の中城富美人と弟の中城寿美男が島民39人にリンチされて殺害された。中城兄弟は長らく住んでいた別府市から姫島に戻り、姫島唯一の映画館「姫島劇場」を開館させた。中城兄弟の叔父は姫島村会議員を務める有力者であり、中城寿美男の妻の父は姫島村会議長だった。被害者は日ごろから暴力をふるう荒くれ物であり、島中の嫌われ者だったため、島を挙げての加害者39人の減刑嘆願運動さえ起こった。39人のうち15人が傷害致死罪で起訴され、首謀者1人が懲役2年の実刑、15人が執行猶予付きの有罪判決が下された。大分地方裁判所は「被害者側にも事件責任の一端があった」と述べた。*25

南部地域

佐伯市

公楽映劇
所在地 : 大分県佐伯市西中区(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「公楽映劇」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年後半のこのほど、佐伯市西中区の東宝封切館「公楽映画劇場」は債権者の高瀬印刷所から差し押さえ処分を受けていたが、さらに宮崎相互銀行佐伯支店からも差し押さえ予告を受けた。支配人は小崎和集。*26
佐伯大映
所在地 : 大分県佐伯市神明通(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「佐伯大映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
一鈴館
所在地 : 大分県南海部郡蒲江町(1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1951年8月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1951年8月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「一鈴館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
中央館
所在地 : 大分県佐伯市駅前区(1952年・1953年)、大分県佐伯市駅前通り(1955年)、大分県佐伯市常盤区1583(1958年)、大分県佐伯市常盤通(1960年)、大分県佐伯市常盤区(1963年・1964年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中央館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
片岡座/佐伯片岡座
所在地 : 大分県南海部郡海崎村(1941年)、大分県佐伯市海崎町(1943年・1950年・1955年)、大分県佐伯市大字戸穴(1958年)、大分県佐伯市折戸区(1960年・1963年)、大分県佐伯市大字戸穴205(1966年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「片岡座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「片岡座」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「片岡座」。1966年の映画館名簿では「佐伯片岡座」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
住吉館/佐伯住吉館
所在地 : 大分県南海部郡佐伯町船頭町(1934年・1936年・1941年)、大分県佐伯市住吉町1(1943年)、大分県佐伯市住吉町(1947年)、大分県佐伯市船頭町(1950年)、大分県佐伯市西船頭町(1953年)、大分県佐伯市船頭町(1955年)、大分県佐伯市西船頭町232-1(1958年)、大分県佐伯市船頭町(1960年・1963年)、大分県佐伯市船頭町232-1(1966年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「住吉館」。1966年の映画館名簿では「佐伯住吉館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
佐伯館/佐伯第二シネマ/セントラルシネマ/佐伯東宝セントラル劇場/佐伯東宝セントラル
所在地 : 大分県南海部郡佐伯町新道通(1930年・1934年・1936年・1941年)、大分県佐伯市新道通り(1943年)、大分県佐伯市新道本通(1947年)、大分県佐伯市中央区新道157-2(1950年)、大分県佐伯市中央区新道(1953年)、大分県佐伯市中央区(1955年)、大分県佐伯市中央区157-2(1958年)、大分県佐伯市中央区(1960年・1963年)、大分県佐伯市中央区157(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1930年以前、1957年10月21日(佐伯第二シネマ)
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1934年・1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「佐伯館」。1960年の映画館名簿では「佐伯第二シネマ」。1963年の映画館名簿では「セントラルシネマ」。1966年・1969年の映画館名簿では「佐伯東宝セントラル劇場」。1973年の映画館名簿では「佐伯東宝セントラル」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「やつか眼科」。最寄駅はJR日豊本線佐伯駅。

1957年10月21日、佐伯市に洋画封切館「佐伯第二シネマ」が開館した。河村清が「佐伯館」を買収し、場内外を改造していた。収容能力約300人。*27

1953年の佐伯市大手前の通りの写真あり。右側は映画館「佐伯館」であり、中央奥は城山である。2011年現在の同一地点の写真あり。やつか眼科が写っている。*28
佐伯第一シネマ/佐伯シネマ
所在地 : 大分県佐伯市駅前(1958年)、大分県佐伯市駅前通(1960年・1963年・1966年・1969年)、大分県佐伯市駅前区(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1985年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「佐伯シネマ」。1960年の映画館名簿では「佐伯第一シネマ」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「佐伯シネマ」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では「1階マルミヤストアー 2階佐伯シネマ」。跡地は「ホテル金水苑」。最寄駅はJR日豊本線佐伯駅。
佐伯松竹/佐伯松竹映劇/東宝サンケイ・日活サンケイ/佐伯サンケイ会館・佐伯日活サンケイ会館/佐伯サンケイ会館1・2/佐伯サンケイ1
所在地 : 大分県佐伯市大手区128(1957年・1958年)、大分県佐伯市大手町(1960年)、大分県佐伯市大手区(1963年)、大分県佐伯市大手区128-1(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1989年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「佐伯松竹」。1958年・1960年の映画館名簿では「佐伯松竹映劇」。1963年の映画館名簿では「東宝サンケイ・日活サンケイ」(2館)。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「佐伯サンケイ会館・佐伯日活サンケイ会館」(2館)。1975年の映画館名簿では「佐伯サンケイ会館1・2」(2館)。1978年の映画館名簿では「サンケイ1・2」(2館)。1979年の住宅地図では「サンケー機廖1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「佐伯サンケイ1」。1988年の映画館名簿では経営会社が越名興業、経営者が越名紘、支配人が記載なし、鉄筋造1階、200席、邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「佐伯市歴史資料館」南西190mの建物。最寄駅はJR日豊本線佐伯駅。
佐伯東映/佐伯東映劇場/佐伯サンケイ2(新)
所在地 : 大分県佐伯市大平区1093(1958年)、大分県佐伯市大平区(1960年・1963年)、大分県佐伯市大平区1093(1966年)、大分県佐伯市大手区1093(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)、大分県佐伯市向島2-11-29(1990年)
開館年 : 1956年8月1日
閉館年 : 1990年9月頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「佐伯東映」。1966年の映画館名簿では「佐伯東映映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「佐伯東映劇場」。1975年・1978年の映画館名簿では「佐伯東映」。1979年の住宅地図では「佐伯東映」。1980年・1985年・1988年・1990年の映画館名簿では「佐伯サンケイ2」。1988年の映画館名簿では経営会社が越名興業、経営者が越名紘、支配人が記載なし、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「佐伯セントラルホテル」南西30mの駐車場。最寄駅はJR日豊本線佐伯駅。

1956年8月1日、佐伯市に「佐伯東映」が開館した。総工費650万円。建坪150坪。固定座席300。経営は越名初一社長の越名興行株式会社。これに伴い、越名興行は傘下の映画館の上映系統を変更。松竹封切館だった「佐伯松竹」は洋画専門館となり、東映封切館だった「住吉館」は松竹・新東宝上映館となる。*29

1990年9月18日の『大分合同新聞』には、大分県南地域最後の映画館だった佐伯市の「サンケイ2」が閉館する/したという記事が掲載されている。現物は未確認。*30

西部地域

玖珠郡玖珠町

平和館
所在地 : 大分県玖珠郡森町(1953年・1955年)、大分県玖珠郡玖珠町昭和町(1958年)、大分県玖珠郡玖珠町(1960年・1963年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1964年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「平和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年頃の玖珠町帆足にあった映画館「平和館」の写真あり。スーツの男性が雨宿りしている。*31

1959年の玖珠町帆足にあった映画館「平和館」の写真あり。花輪が見える。1952年、豊後森駅の駅前通りに開館した。2年後には大スクリーンを設置して再開館した。*32

1960年頃の玖珠町帆足にあった映画館「平和館」前で撮った記念写真あり。若尾文子主演作『花の大障碍』の看板が見える。*33

1964年まで、玖珠郡玖珠町昭和町には「平和館」という映画館があった。戦後に公募で決めた館名であり、1950年には河津笑夫が支配人に就任した。「文楽館」は洋画が多かったが、平和館は日活や東映の作品が中心であり、小林旭の渡り鳥シリーズなどが人気があった。1964年には東京オリンピックを契機にテレビが普及し、河津は平和館を閉館させた。*34
玖珠館/森玖珠館
所在地 : 大分県玖珠郡玖珠町(1952年・1953年・1955年)、大分県玖珠郡玖珠町塚脇(1958年)、大分県玖珠郡玖珠町(1960年・1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1950年頃
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「玖珠館」。1966年・1967年の映画館名簿では「森玖珠館」。1967年の映画館名簿では経営者が松山八文治、支配人が記載なし、木造2階、定員700、邦画・洋画を上映、電話が玖珠620。1968年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「衣料のフタバ」。後継館は森文楽映画劇場。跡地は「大分信用金庫玖珠支店」駐車場。最寄駅はJR久大本線豊後森駅。

かつて玖珠町商工会が玖珠館を経営していたが、1946年3月に火災で焼失した。1949年9月13日、玖珠町の「玖珠館」跡地に「町営玖珠映画館」が開館した。オープニングは『どぶろくの辰』など二本立であり、娯楽に飢えた農民らで超満員となった。別府市は競輪場、中津市と長洲町は競馬場で町財政を潤す"アルバイト"をしていたが、町営映画館というのは奇抜なアイデアだった。玖珠町の計画を隣接する森町が嗅ぎつけ、建設省の認可を得るために激論を交わした。建設費は430万円。フィルムが品不足で回ってこなくなるなどし、1950年に入ると経営に行き詰ったことで、個人に貸して賃料を取る施設となった。*35

昭和20年代の玖珠町塚脇にあった映画館「玖珠館」で開催された敬老会の記念写真あり。松竹作品『自由学校』の看板が見える。2022年現在の大分県信用組合玖珠支店付近にあった。*36
森文楽映劇/森文楽映画劇場/玖珠文楽館
所在地 : 大分県玖珠郡玖珠町(1968年・1969年・1973年)、大分県玖珠郡玖珠町241-11(1975年・1978年・1980年)、大分県玖珠郡玖珠町大字帆足241-11(1985年)、大分県玖珠郡玖珠町大字帆足昭和町2(1988年)
開館年 : 1966年
閉館年 : 1988年12月
前身館は森玖珠館。1967年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の映画館名簿では「森文楽映劇」。1969年の映画館名簿では「森文楽映画劇場」。1969年の映画館名簿では「森文楽映画劇場」。1969年の映画館名簿では経営者が松山八文治、支配人が記載なし、鉄筋造2階冷暖房付、定員150、邦画・洋画・成人映画を上映。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「玖珠文楽館」。1972年の住宅地図では発見できず。1972年の住宅地図では豊後森駅北西100mの場所に「パチンコ平和会館」があるが関係は不明。1988年の映画館名簿では経営者が松山八文治、支配人が記載なし、鉄筋造1階、150席、邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

1988年暮れ、玖珠郡玖珠町昭和町の映画館「文楽館」が閉館した。経営者だった松山八文治は閉館の1年後に死去した。昭和町大火の直後、1966年に文楽館が開館した。週4本の頻度で年間200本近い作品を上映した。1985年にはサリドマイドの薬禍を克服した女性を描いた『典子は今』を上映した。600万円の興行収入があったが、フィルム代を引いた240万円のうち経費を除く150万円を玖珠町と九重町の社会福祉協議会に寄付した。松山八文治の娘の松山京子(41)は童話の里こども映画祭の実行委員である。*37

玖珠郡九重町

映画館名簿によると玖珠郡九重町に映画館は存在しなかったと思われる。

豊肥地域

竹田市

都オリオン
所在地 : 大分県直入郡久住町(1960年・1962年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「都オリオン」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の竹田市豊後荻町直入町久住町住宅地図では「オリオン映劇」。跡地は「竹田市消防本部久住分署」東北東80m付近。最寄駅はJR久大本線豊後竹田駅。
湯原館/長湯大映/長湯映劇/長湯オリオン
所在地 : 大分県直入郡直入町8005(1957年・1958年)、大分県直入郡直入町(1959年・1960年・1962年)
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「長湯大映」。1959年の映画館名簿では「長湯映劇」。1960年・1962年の映画館名簿では「長湯オリオン」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の竹田市豊後荻町直入町久住町住宅地図では「映画館」。跡地は「長湯タクシー」。最寄駅はJR久大本線朝地駅。

1930年頃まで、直入町を訪れた旅回りの一座は神社の境内か田んぼの小屋掛けで講演を行っていた。その後、湯原の上組(かさぐみ)に政友会員による劇場「湯原館」が、やや遅れて下組(しもぐみ)に民政党員による「長湯館」が開館し、政党色を帯びた2館の常設館が誕生した。湯原館は酒蔵だった建物の材木を利用した頑強な建物であり、2階席も有していた。芝居のほかには浪曲、手品、映画などの興行が行われ、戦時中には繭などの収納場や倉庫として使用された。戦後に劇場としての営業が再開されたが、映画の斜陽化とともに閉館した。湯原館は1991年現在の長湯タクシーの場所であり、長湯館は1991年現在の直入タクシーの場所である。*38
喜楽映劇/喜楽館
所在地 : 大分県竹田市竹田町(1960年)、大分県竹田市東古町(1963年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1963年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の竹田市住宅案内図では「喜楽館」。1958年・1960年の映画館名簿では「喜楽映劇」。1963年の映画館名簿では「喜楽館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の竹田市豊後荻町直入町久住町住宅地図では記載なし。1973年の住宅地図では跡地に「中央タクシーガレージ」。跡地は「福田寺」東南東80mの空き地。最寄駅はJR豊肥本線豊後竹田駅。

竹田市には映画館「有楽映画劇場」「クラブ映画館」「喜楽館」があった。明治時代の「洗心館」の写真あり。有楽劇場の前身である。*39
洗心館/第二大師館/竹田劇場/有楽映劇/竹田有楽映画劇場/竹田有楽映劇
所在地 : 大分県直入郡竹田町(1934年)、大分県直入郡竹田町上町(1936年)、大分県直入郡竹田町(1941年・1943年・1947年)、大分県直入郡竹田町上町(1950年)、、大分県直入郡竹田町(1953年)、大分県竹田市(1955年)、大分県竹田市上町(1960年)、大分県竹田市上田(1963年)、大分県竹田市上町2013(1966年・1969年・1970年・1971年)、大分県竹田市上田2013(1972年)
開館年 : 大正初期
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年の映画館名簿では「竹田劇場」。1941年の映画館名簿では「第二大師館」。1943年・1947年・1950年の映画館名簿では「竹田劇場」。1953年・1954年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「有楽映劇」。1957年の竹田市住宅案内図では「有楽劇場」。1964年の竹田市豊後荻町直入町久住町住宅地図では「有楽館 映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「竹田有楽映画劇場」。1970年・1971年・1972年の映画館名簿では「竹田有楽映劇」。1970年の映画館名簿では経営者が伊豆丸キクエ、支配人が山本恵敬、木造2階冷暖房付、定員350、大映・東宝・日活・洋画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に「倉庫」。映画館の建物は「竹田郵便局」南東30mに「唐橋商店倉庫」として現存。最寄駅はJR豊肥本線豊後竹田駅。

1926年に竹田町の「洗心館」で開催された筝曲演奏会(琴演奏会)の写真あり。竹田では伝統的な芸事が盛んだった。*40

時期不明の竹田町にあった「洗心館」の写真あり。上町通りから弥五兵衛坂にかかる場所に芝居の常設場があり、大正初期には改築されて洗心館と呼ばれた。館内には畳敷きの桝席があり、芝居や映画の興行が行われた。1935年頃には館内が土間と椅子席に改造され、松竹の直営館となった。やがて「竹田劇場」に改称したが、その後も洗心館と呼ばれた。*41

竹田市には映画館「有楽映画劇場」「クラブ映画館」「喜楽館」があった。明治時代の「洗心館」の写真あり。有楽劇場の前身である。*42
竹田クラブ映画劇場/竹田クラブ/竹田クラブ映劇
所在地 : 大分県直入郡竹田町(1951年・1952年・1953年)、大分県竹田市(1955年)、大分県竹田市竹田町(1958年・1960年)、大分県竹田市古町(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、大分県竹田市慶順町1881-2(1976年)
開館年 : 1950年頃
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1951年・1952年・1953年・1954年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「竹田クラブ」。1957年の竹田市住宅案内図では「クラブ映画」。1964年の竹田市豊後荻町直入町久住町住宅地図では「竹田東映クラブ(宮崎)」。1966年・1969年の映画館名簿では「竹田クラブ映画劇場」。1973年の映画館名簿では「竹田クラブ映劇」。1975年の映画館名簿では「竹田クラブ」。1976年の映画館名簿では「竹田クラブ映劇」。1976年の映画館名簿では経営者が宮崎義一、支配人が記載なし、鉄筋造2階冷暖房付、370席、邦画・洋画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では「クラブエイゲキ」。跡地は「宇都宮整骨院」。最寄駅はJR豊肥本線豊後竹田駅。

竹田市には映画館「有楽映画劇場」「クラブ映画館」「喜楽館」があった。明治時代の「洗心館」の写真あり。有楽劇場の前身である。*43

1965年1月11日午後1時15分頃、竹田市古町の「竹田クラブ映劇」から出火し、木造モルタル2階建ての劇場が全焼した。原因はストーブの過熱とみられる。*44

時期不明の竹田市にあった映画館の写真あり(※館名は不明)。1954年公開の『どぶ』の看板が見える。竹田市には映画館として「クラブ」「有楽」「喜楽」があった。*45

豊後大野市

緒方会館
所在地 : 大分県大野郡緒方町(1956年・1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1958年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「緒方会館」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
日活映劇/三重日活
所在地 : 大分県大野郡三重町(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1962年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「日活映劇」。1960年・1962年の映画館名簿では「三重日活」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
三栄館
所在地 : 大分県大野郡三重町(1936年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1934年以後1936年以前
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「三栄館」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大分県信用組合三重支店」北西40mの「佐藤産婦人科病院」。最寄駅はJR豊肥本線三重町駅。
文化劇場
所在地 : 大分県大野郡大野町(1959年・1960年・1961年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1961年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1961年の映画館名簿では「文化劇場」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
ニュー宝塚
所在地 : 大分県大野郡三重町(1963年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1963年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「ニュー宝塚」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
翠紅館/新栄館/犬飼映劇
所在地 : 大分県大野郡犬飼町3785(1956年・1958年)、大分県大野郡犬飼町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年の映画館名簿では「翠紅館」。1960年の映画館名簿では「新栄館」。1963年・1964年の映画館名簿では「犬飼映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

犬飼町唯一の劇場として「翠紅館」があり、村芝居や小学校の学芸会なども催されていた。その後建物は倉庫に転用されたが、1968年4月2日の大火で焼失した。*46
三重宝塚/宝塚映劇/三重宝塚映画劇場/三重宝塚劇場
所在地 : 大分県大野郡三重町(1958年・1960年・1963年)、大分県大野郡三重町市場五区259(1966年・1969年)、大分県大野郡三重町市場五区(1970年・1971年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1971年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「三重宝塚劇場」。1960年の映画館名簿では「三重宝塚」。1963年の映画館名簿では「宝塚映劇」。1966年の映画館名簿では「三重宝塚映画劇場」。1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「三重宝塚劇場」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます