日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。


青森市

錦座
所在地 : 青森県青森市油川町字浪返(1953年)、青森県青森市油川町浪返(1955年)
開館年 : 1945年6月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1945年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「錦座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
油川文化劇場
所在地 : 青森県青森市油川町油川大浜(1955年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「油川文化劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
浪岡劇場/浪岡映画劇場
所在地 : 青森県南津軽郡浪岡町(1953年・1955年)、青森県南津軽郡浪岡町135(1958年)
開館年 : 1937年12月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1937年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「浪岡劇場」。1958年の映画館名簿では「浪岡映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
文芸座
所在地 : 青森県青森市造道字浪打331(1955年)、青森県青森市古茶屋町(1958年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年1月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「文芸座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
浪岡文化映画劇場/浪岡文映
所在地 : 青森県南津軽郡浪岡町浪岡(1955年)、青森県南津軽郡浪岡町若松51(1958年)、青森県南津軽郡浪岡町若松(1960年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「浪岡文化映画劇場」。1960年の映画館名簿では「浪岡文映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
浅虫映画劇場
所在地 : 青森県東津軽郡野内村浅虫(1958年)、青森県東津軽郡野内村浅虫温泉(1960年)
開館年 : 1956年6月17日
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「浅虫映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1956年6月17日、東津軽郡野内村浅虫温泉にシネスコ館「浅虫映画劇場」が開館した。木造2階建て、建坪104坪。椅子席200。収容人員約500。経営は八戸市でロマンス劇場を経営する松林経吉。*1
日ノ出劇場/日之出劇場/シネマ東部
所在地 : 青森県青森市造道字浪打(1953年)、青森県青森市造道字浪打110(1955年)、青森県青森市浪打111(1958年・1960年)
開館年 : 1951年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「日之出劇場」。1955年の映画館名簿では「日ノ出劇場」。1958年の映画館名簿では「日之出劇場」。1960年の映画館名簿では「シネマ東部」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
北斗映画劇場/遊楽館
所在地 : 青森県青森市上古川163(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「北斗映画劇場」。1960年の映画館名簿では「遊楽館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
青森駅前小劇場
所在地 : 青森県青森市新町18(1958年)、青森県青森市古川柳川17(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「青森駅前小劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年8月第1週から、青森市新町19の洋画上映館「青森駅前小劇場」は邦画二番館に転向した。系統は東宝と松竹。経営者は木村錦一。*2

1960年3月第1週、青森市新町の「青森駅前小劇場」は第二東映上映館に転向した。経営は木村錦一。*3

1960年12月26日午後8時10分頃、青森市新町17の「新町駅前小劇場」ボイラー室から出火して劇場を含む3棟が全焼した。原因はボイラーの過熱。*4

1963年8月1日、青森市夜店通りの「青森小劇場」の経営者が木村錦一社長の大洋興業から沢野房子代表取締役の沢野興行社に交代した。*5
ロマンス座(新)
所在地 : 青森県青森市長島17(1958年)、青森県青森市長島国道通(1960年)
開館年 : 1955年12月14日
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「ロマンス座」。1959年住宅地図では「ロマンス座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「朝日生命保険相互会社青森営業所」が入る「朝日生命青森ビル」。

1955年12月14日、青森市長島国道通りに洋画シネスコ専門館「ロマンス座」が新築開館した。木造2階建て。定員500人。支配人は鳴海敏雄。古川美法には従来のロマンス座があるが、経営者の佐藤義男から所有者の村上重吉に返還され、「青森宝塚劇場」に改称して東宝封切館となった。*6
日江劇場
所在地 : 青森県青森市沖館千刈163(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「日江劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
浅虫中央劇場
所在地 : 青森県東津軽郡野内村浅虫温泉(1958年・1960年)、青森県青森市野内浅虫(1963年)、青森県青森市浅虫温泉(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「浅虫中央劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1961年1月1日午前3時頃、東津軽郡野内村浅虫の「浅虫中央劇場」に隣接する旅館から出火し、映画館が類焼して全焼した。損害は約300万円。経営は米田良吉。*7
青森小劇場
所在地 : 青森県青森市古川美法4(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年の映画館名簿では「青森小劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
高栄劇場/東部東映高栄劇場/青森高栄劇場
所在地 : 青森県青森市合浦町455(1953年)、青森県青森市造道字浦町455(1955年)、青森県青森市合浦町455(1958年)、青森県青森市栄町(1960年)、青森県青森市合浦町455(1963年)、青森県青森市合浦町(1966年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「高栄劇場」。1960年の映画館名簿では「東部東映高栄劇場」。1963年の映画館名簿では「高栄劇場」。1966年の映画館名簿では「青森高栄劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
歌舞伎座/青森歌舞伎座
所在地 : 青森県青森市塩町48(1936年)、青森県青森市塩町(1943年・1947年)、青森県青森市古川町(1950年)、青森県青森市塩町48(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1930年以後1936年以前、1946年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1950年の映画館名簿では「青森歌舞伎座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1966年の映画館名簿では「青森歌舞伎座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
大勝館/青森大勝館
所在地 : 青森県青森市沖舘町篠田20(1958年)、青森県青森市沖舘字篠田20(1960年)、青森県青森市沖舘篠田20(1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大勝館」。1966年の映画館名簿では「青森大勝館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
青森日活映画劇場/青森日活(旧)/青森銀映劇場/青森銀映
所在地 : 青森県青森市長島15(1958年・1960年・1963年)、青森県青森市長島(1966年)
開館年 : 1958年12月3日
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「青森日活映画劇場」。1959年住宅地図では「青森日活」。1960年の映画館名簿では「青森日活」。1963年の映画館名簿では「青森銀映劇場」。1966年の映画館名簿では「青森銀映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場「パラカ青森市古川第5駐車場」。

1958年12月3日、青森市に「青森日活映画劇場」が移転開館した。木造平屋建て。定員450人。小倉よし社長。*8
第一劇場/青森第一劇場
所在地 : 青森県青森市長島18(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1950年6月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「第一劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「青森第一劇場」。1959年住宅地図では「青森第一劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サンデュエル青森県庁前」。

『青森・東津軽今昔写真帖』郷土出版社、2010年、p.92に掲載されている。
名画座/青森名画座
所在地 : 青森県青森市新町19(1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市新町1-11-17(1969年)
開館年 : 1955年9月20日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「名画座」。1966年・1969年の映画館名簿では「青森名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年9月20日、青森市新町にニュース専門館「名画座」が開館した。館主は成田藤一郎。定員は100人。料金は20円均一。青森市の常設館は14館となった。*9
オデオン座/青森オデオン座/青森中央劇場
所在地 : 青森県青森市堤町(1953年・1955年)、青森県青森市堤町番外地(1958年・1960年)、青森県青森市堤町57(1963年・1966年)、青森県青森市青柳町2-10-5(1969年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「オデオン座」。1958年の映画館名簿では「青森オデオン座」。1960年の映画館名簿では「オデオン座」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「青森中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年12月の青森市にあった「オデオン座」の写真あり。堤川沿いにあった二番館である。*10

1960年3月第1週、青森市堤町の「青森オデオン座」が日活と新東宝の上映館に転向した。経営は金原五隆。*11
新興映画劇場/新興劇場/青森大映新興劇場
所在地 : 青森県青森市古川美法町(1950年)、青森県青森市古川美法30(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市新町1-7-8(1969年)
開館年 : 1946年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年2月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「新興映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「新興劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「青森大映新興劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年10月、青森市古川美法30の「新興劇場」を大映興行が5年間契約で賃借し、「青森大映新興劇場」に改称した。半鉄筋造、平屋建て。座席数716。*12
青森東部劇場/国際劇場/青森国際劇場・青森国際セントラル/青森国際劇場・青森セントラル劇場/青森国際劇場
所在地 : 青森県青森市浦町字野脇60(1950年・1953年・1955年)、青森県青森市浦町野脇60(1958年)、青森県青森市浦町野脇(1960年)、青森県青森市浦町野脇60(1963年)、青森県青森市浦町、浦町野脇(1966年)、青森県青森市堤町1-10(1969年・1973年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1973年以後1975年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「青森東部劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「国際劇場」。1966年の映画館名簿では「青森国際劇場・青森国際セントラル」(2館)。1969年の映画館名簿では「青森国際劇場・青森セントラル劇場」(2館)。1973年の映画館名簿では「青森国際劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
浪岡中央映画劇場/浪岡中央劇場
所在地 : 青森県南津軽郡浪岡町細田(1960年)、青森県南津軽郡浪岡町細田195(1963年)、青森県南津軽郡浪岡町仲町(1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「浪岡中央劇場」。1966年の映画館名簿では「浪岡中央映画劇場」。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「浪岡中央劇場」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
東宝青森映画劇場/青森映画劇場/青森東宝劇場/青森東宝劇場・青森東宝シネマ
所在地 : 青森県青森市寺町(1943年)、青森県青森市寺町81(1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市本町2-4-7(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1938年8月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年8月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「青森映画劇場」。1955年の映画館名簿では「東宝青森映画劇場」。1958年の映画館名簿では「青森映画劇場」。1960年の映画館名簿では「青森東宝劇場」。1963年の映画館名簿では「青森映画劇場」。1966年の映画館名簿では「青森東宝劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「青森東宝劇場・青森東宝シネマ」(2館)。1978年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年10月1日、青森市の「青森映画劇場」が「テアトル日活」に改称し、青森市唯一の日活封切館となる。オープニングは『赤い波止場』と『東京は恋人』。経営は田沼敬三。これまで青森映画劇場とともに封切館だった「青森日活」は日活二番館に転向する。。*13

1959年2月4日、青森市寺町81の「テアトル日活」が「青森東宝劇場」に改称して東宝封切館に転向した。経営は田沼敬三。今後の日活作品は青森市長島の「青森日活劇場」で封切られる。青森市の東宝封切館は「宝塚劇場」とともに2館となった。*14

『青森・東津軽今昔写真帖』郷土出版社、2010年、p.91に掲載されている。
スバル座/青森スバル座
所在地 : 青森県青森市合浦町450(1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市栄町2-7-20(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「スバル座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「青森スバル座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
青森松竹映画劇場/青森松竹劇場/青森松竹劇場・青森松竹1F劇場/青森松竹1・2
所在地 : 青森県青森市古川町美法(1950年)、青森県青森市古川美法30(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市古川1-14-5(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1946年9月、1982年以後1985年以前(2館化)
閉館年 : 2003年1月26日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年9月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「青森松竹映画劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「青森松竹劇場」。1975年の映画館名簿では「青森松竹」。1978年・1980年の映画館名簿では「青森松竹劇場」。1985年の映画館名簿では「青森松竹劇場・青森松竹1F劇場」(2館)。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「青森松竹1・2」(2館)。1996年の映画館名簿では経営会社が明治屋興業、経営者が山崎均、支配人は山崎喬、1が鉄筋造1階で100席で邦画・洋画を上映、2が鉄筋造2階で250席で洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物はBLACK BOXビルとして現存。

『青森・東津軽今昔写真帖』郷土出版社、2010年、p.93に掲載されている。
新興ロマン/青森新興ロマン
所在地 : 青森県青森市安方1-4-4(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿では「青森新興ロマン」。1975年・1978年の映画館名簿では「新興ロマン」。1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「青森新興ロマン」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
ロマンス座(旧)/青森宝塚劇場/青森日活劇場/青森日活地下劇場/青森松竹地下劇場・青森テアトル東宝/青森松竹地下劇場
所在地 : 青森県青森市古川美法3(1953年・1955年)、青森県青森市古川美法3(1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市古川2-20-20(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1990年以後1992年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「ロマンス座」。1958年・1960年の映画館名簿では「青森宝塚劇場」。1959年住宅地図では「宝塚劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「青森日活劇場」。1973年の映画館名簿では「青森日活地下劇場」。1975年の映画館名簿では「青森松竹地下劇場」。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「青森松竹地下劇場・青森テアトル東宝」(2館)。1990年の映画館名簿では「青森松竹地下劇場」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年12月14日、青森市長島国道通りに洋画シネスコ専門館「ロマンス座」が新築開館した。木造2階建て。定員500人。支配人は鳴海敏雄。古川美法には従来のロマンス座があるが、経営者の佐藤義男から所有者の村上重吉に返還され、「青森宝塚劇場」に改称して東宝封切館となった。*15

1959年4月1日、青森市古川美法3の東宝封切館「青森宝塚劇場」が洋画封切館に転向した。2月下旬には東宝から「東宝映画劇場」(旧テアトル日活)との掛け持ち封切りを迫られていた。青森市に19館ある映画館のうち、洋画封切館は青森宝塚劇場、「青森ロマンス座」、「青森歌舞伎座」の3館となった。*16

1960年6月1日、青森市美法3の「青森宝塚劇場」の経営が和光商事有限会社に変わり、洋画封切館に転向した。*17

1961年8月1日、青森市古川美法3の「青森宝塚劇場」が日活に買収され、傍系の太陽企業の直営となった。これによって日活の直営館は68館となった。*18

1969年12月、賃借館「青森日活」が総合ビルの地下1階で営業を再開する予定。*19
青森スカラ座
所在地 : 青森県青森市中新町2-6-25(1975年)、青森県青森市新町2-6-25(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1973年以後1975年以前
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「青森スカラ座」。1994年の映画館名簿には掲載されていない。
青森東映奈良屋映画劇場/青森奈良屋東映/青森奈良屋劇場/奈良屋東映劇場/奈良屋劇場
所在地 : 青森県青森市長島16(1958年・1960年・1963年)、青森県青森市長島本町16(1966年)、青森県青森市古川1-21-18(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1996年)
開館年 : 1954年12月19日
閉館年 : 1996年
Wikipedia : シネマディクト
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「奈良屋劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「奈良屋東映」。1966年の映画館名簿では「青森東映奈良屋映画劇場」。1969年の映画館名簿では「青森奈良屋東映」。1973年の映画館名簿では「青森奈良屋劇場」。1975年の映画館名簿では「奈良屋東映劇場」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1996年の映画館名簿では「奈良屋劇場」。1996年の映画館名簿では経営会社が奈良屋劇場、経営者・支配人ともに谷田恵一、木造1階、400席、成人映画を上映。後継館はシネマディクト。

1962年10月21日午後6時45分頃、青森市長島の「奈良屋東映劇場」映写室天井付近から出火して全焼した。約400人の観客は全員無事だった。館主は国口献次郎。*20
青森みゆき座・青森ミラノ
所在地 : 青森県青森市古川1-19-9(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1996年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1996年以後1998年以前
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1996年の映画館名簿では「青森みゆき座・青森ミラノ」。1996年の映画館名簿では経営会社が明治屋興業、経営者が山崎均、支配人は山崎喬、みゆき座が鉄筋造3階で200席で洋画を上映、ミラノ座が鉄筋造1階で200席で洋画を上映。1998年の映画館名簿には掲載されていない。
東洋劇場/青森東映劇場/青森東映シネマ1・2/青森東映シネマ1・2・3
所在地 : 青森県青森市古川美法15(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、青森県青森市新町1-8-10(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1952年7月(東洋劇場)、1958年8月11日(青森東映劇場)、1985年頃(ビル化)
閉館年 : 2005年4月15日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「東洋劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「青森東映劇場」。1984年の映画館名簿では経営会社が東映、経営者が岡田茂、支配人は朝妻潔、鉄筋造1階、610席、東映を上映。1986年・1990年の映画館名簿では「青森東映シネマ1・2」(2館)。1986年の映画館名簿では経営会社が東映、経営者が岡田茂、支配人は朝妻潔、1が鉄筋造4階で270席で東映を上映、2が鉄筋造6階で270席で洋画を上映。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「青森東映シネマ1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。建物の青森東映プラザは現存。

1958年8月11日、青森市の東映直営館「青森東映」が新装開館する。3月から改築中だった。*21

1958年8月11日、青森市に「青森東映」が開館した。地上4階・地下1階建て。鉄骨鉄筋コンクリート造。3階までは観客席、4階が映写室。建坪405坪。収容人員1200人。*22

2005年4月15日をもって、青森市新町1の映画館「青森東映シネマ」が閉館する予定。1957年に開館し、大手映画会社の東映が直轄で運営していた。1986年には地上7階・地下2階建ての東映プラザを建設し、以後は3スクリーンで上映していた。2001年には青森市郊外に8スクリーンのシネコン「青森コロナワールド」が開館し、収支が悪化していった。青森東映シネマの閉館後も東映プラザは存続し、映画館が入っていた3階・4階・6階は改装する。石川渉支配人。*23

2005年4月15日をもって、青森市新町1の映画館「青森東映シネマ」が48年の歴史に幕を下ろす。1957年、現在地にモダンな自社ビルを建てて開館した。ホールは1階から3階までの吹き抜けであり、スクリーンの前には700-800席が斜面のように並んでいた。1986年には立て直して3スクリーンの東映プラザとなったが、直前には弘前市の「弘前東映劇場」が閉館している。2001年には青森市郊外に8スクリーンのシネコンが開館し、売上がめっきり減った。*24

『青森・東津軽今昔写真帖』郷土出版社、2010年、p.90に掲載されている。
青森コロナシネマワールド/青森コロナワールド
所在地 : 青森県青森市三好1-15-8 コロナ2階(2002年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2001年3月1日
閉館年 : 2021年8月29日
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年・2010年の映画館名簿では「青森コロナワールド1-8」(8館)。2015年の映画館名簿では「青森コロナシネマワールド1-8」(8館)。2020年の映画館名簿では「青森コロナワールド1-8」(8館)。2022年の映画館名簿には掲載されていない。

2001年3月1日、青森市石江に大型アミューズメント施設「青森コロナワールド」がグランドオープンする。2000年6月に開業した大型ショッピングセンターのハイパーモールジョイシティの敷地内。コロナグループによる8スクリーン計約1500席のシネマコンプレックスが東北に初進出する。青森県では初めて、金曜・土曜・祝日前日にオールナイト上映を行う。*25

2021年8月末までに、青森市にある複合娯楽施設「青森コロナワールド」が閉館する予定。7月25日にはパチンコ・ゲームセンター・カラオケ施設が、8月29日には映画館が閉館する。2001年に東北初のコロナワールドとして開館した。映画館は8スクリーン計約1400席があり、青森県では最大級の映画館である。建物の賃貸借の延長を目指したが調整がつかず、賃貸借期間の満了とともに閉館する。*26
シネマディクトルージュ・ノアール
所在地 : 青森県青森市古川1-21-18(2000年)、青森県青森市古川1-21-18 NARAYAビル3階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1997年3月15日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマディクト
前身館は奈良屋劇場。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマディクトルージュ・シネマディクトノアール」(2館)。2002年の映画館名簿では経営会社が奈良屋劇場、経営者・支配人ともに谷田恵一、いずれも鉄筋造3階、ルージュが150席で洋画を上映、ノアールが55席で洋画を上映。

1997年3月15日、11か月前に閉館した奈良屋劇場跡地をそのまま使用した映画館「シネマディクト」が開館した。シネマディクトとは「映画中毒者」を意味する。150席の「ルージュ」、55席の「ノアール」の2スクリーン。それぞれ赤色と黒色の座席はフランスから買い付けた。最新式のデジタル音響設備も導入した。*27

2005年正月、青森市古川の映画館「シネマディクト」が開館50周年記念興行を行う。青森県唯一の個人経営の映画館であり、現在の館主は3代目の谷田恵一(43)。150席と55席の2スクリーンを有する。メジャー系作品に加えてアート系作品も上映する。1954年12月19日、谷田恵一の祖父が「奈良屋劇場」として開館させ、二番館として営業した。当時の青森市には約20館の映画館があった。2代目は谷田美津夫。1962年には火災で焼失したが、すぐに改築された。約30年前には初代が死去し、10年前には2代目も死去した。谷田恵一は3年がかりで4階建てビルに建て替えた。*28

「シネマディクト ルージュ・シネマディクト ノアール」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*29
青森松竹アムゼ1・2・3
所在地 : 青森県青森市緑3-9-2 サンロードアムゼ内(2000年)、青森県青森市緑3-9-2 サンロード青森アムゼ内(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1997年3月、1998年7月(3館化)
閉館年 : 営業中
1996年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「青森松竹アムゼ1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では経営会社がシネマセンター、経営者・支配人ともに野村央、いずれも地下1階、1が161席で洋画を上映、2が100席で洋画を上映、3が74席で洋画を上映。

2020年4月30日から6月17日まで、青森市の映画館「青森松竹アムゼ」とつがる市のシネコン「シネマヴィレッジ8・イオン柏」でクラウドファンディングが実施されている。目標金額は2000万円。いずれも経営は有限会社シネマセンター。新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業自粛の影響により、両館は存続の危機に陥っている。*30

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます