日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。

新宿区

新星館/新宿新星館
所在地 : 東京都淀橋区角筈1-827(1947年)、東京都新宿区新宿1丁目(1950年)、東京都新宿区角筈1(1953年)、東京都新宿区角筈1-27(1955年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年3月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「新星館」。1955年の映画館名簿では「新宿新星館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿オデオン座
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町879(1953年・1955年・1958年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「新宿オデオン座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
十二社文化劇場
所在地 : 東京都新宿区淀橋334(1956年・1958年・1960年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年の映画館名簿では「十二社文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿コマ劇場・コマシネマ/コマシネマ
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町879(1958年・1960年)
開館年 : 1956年12月28日
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「コマ東宝劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「コマ東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

東京・新宿の「コマ・スタジアム」の写真あり。「Koma Stadium」「新宿コマ コマ東宝 コマシネマ」の文字が見える。設計・施工は竹中工務店。*1
内外ニュース劇場
所在地 : 東京都新宿区新宿2-78(1955年・1958年)、東京都新宿区角筈2-78(1960年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「内外ニュース劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
牛込中央劇場・牛込名画座/牛込中央・牛込名画座
所在地 : 東京都新宿区原町1-10(1957年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「牛込中央劇場・牛込名画座」(2館)。1960年・1963年の映画館名簿では「牛込中央・牛込名画座」(2館)。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年9月から1963年9月までに、東京都ではテアトル三原橋(中央区)、銀座東映(中央区)、牛込名画座(新宿区)、墨田大成館(墨田区)、自由ヶ丘松竹(目黒区)、帝都座(大田区)、コンパル映劇(葛飾区)、新小岩名画座(葛飾区)の8館が休館となった。同期間中には32館が廃館となっている。*2
全線座/早稲田全線座
所在地 : 東京市淀橋区戸塚町1-577(1936年)、東京市淀橋区戸塚町1(1943年)、東京都淀橋区戸塚1-578(1947年)、東京都新宿区戸塚町1-576(1950年)、東京都新宿区戸塚町1(1953年)、東京都新宿区戸塚町1-577(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1936年12月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「全線座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「早稲田全線座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2017年竣工の「早稲田大学29号館」。最寄駅は東京メトロ東西線早稲田駅。
神楽坂メトロ映画劇場/神楽坂メトロ映劇/神楽坂東映
所在地 : 東京都新宿区神楽坂2-10(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「神楽坂メトロ映画劇場」。1958年の映画館名簿では「神楽坂メトロ映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「神楽坂東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「カグラヒルズ」。最寄駅はJR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅。

1962年9月から1963年9月までに、東京都では神田東映(千代田区)、高輪映画(港区)、神楽坂東映(新宿区)、松竹座(台東区)、入谷金美(台東区)、石原ミリオン(墨田区)、白髭映劇(墨田区)、千田シネマ(江東区)、娯楽館(品川区)、大井映画(品川区)、ユニオン座(目黒区)、久ヶ原ロマン座(大田区)、長原映劇(大田区)、蒲田映劇(大田区)、蒲田銀映(大田区)、蒲田名画座(大田区)、沼袋映劇(中野区)、テアトル中野(中野区)、北映座(豊島区)、巣鴨映劇(豊島区)、巣鴨日活(豊島区)、三島館(荒川区)、荒川大映(荒川区)、志村大映(板橋区)、高砂文化(葛飾区)、新小岩銀映(葛飾区)、平井東映(江戸川区)、八光館(八王子市)、青梅セントラル(青梅市)、調布銀映(調布市)、町田東映(町田市)、月光館(目黒区、演芸場転向)の32館が廃館となった。*3
四谷ライオン座
所在地 : 東京都新宿区四谷愛住町5(1956年・1957年)、東京都新宿区愛住町5(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「四谷ライオン座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
アイシス劇場
所在地 : 東京都新宿区戸塚町3-5(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1953年7月
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「アイシス劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
ヒカリ座/新宿ヒカリ座
所在地 : 東京都新宿区角筈1(1953年)、東京都新宿区角筈1-1(1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区角筈町1-1(1966年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「ヒカリ座」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「新宿ヒカリ座」。1967年の映画館名簿では経営者が東映、支配人が尾石晃一、木造2階冷暖房付、定員495、洋画特選を上映。1968年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「セントラルホテル東京」。
武蔵野館地下映画劇場/武蔵野地下劇場/推理劇場
所在地 : 東京都新宿区角筈1-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)、東京都新宿区角筈町1-1(1966年・1967年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1967年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「武蔵野館地下映画劇場」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「武蔵野地下劇場」。1965年・1966年・1967年の映画館名簿では「推理劇場」。1967年の映画館名簿では経営者が武蔵野興行、支配人が阿部隆、鉄筋造地下1階冷暖房付、定員481、洋画特選を上映。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
武蔵野館/新宿武蔵野館(旧)
所在地 : 東京市淀橋区角筈町1-1(1936年)、東京市淀橋区新宿角筈1(1943年)、東京都淀橋区新宿角筈1-1(1947年)、東京都新宿区新宿角筈(1950年)、東京都新宿区角筈1-1(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区角筈町1-1(1966年・1967年)
開館年 : 1928年12月14日
閉館年 : 1968年頃
Wikipedia : 新宿武蔵野館
『全国映画館総覧 1955』によると1920年5月開館。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「武蔵野館」。1958年の映画館名簿では「新宿武蔵野館」。1960年・1963年の映画館名簿では「武蔵野館」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「新宿武蔵野館」。1967年の映画館名簿では経営者が武蔵野映劇、支配人が穂本繁久、鉄筋造3階冷暖房付、定員1115、TY紅系を上映。1968年12月建て替え。
成子不二館/成子松竹館/成子映劇/成子映画劇場
所在地 : 東京府豊多摩郡淀橋町柏木191(1930年)、東京市淀橋区柏木町1-191(1936年)、東京市淀橋区柏木1(1943年)、東京都淀橋区柏木1-191(1947年)、東京都新宿区柏木1-191(1950年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1915年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
Wikipedia : 成子映画劇場
1930年・1936年の映画館名簿では「成子不二館」。1939年成子松竹改称。1943年の映画館名簿では「成子松竹映劇」。1947年の映画館名簿では「成子松竹館」。1950年の映画館名簿では「成子映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「成子映劇」。1966年の映画館名簿では「成子坂映画劇場」。1969年・1970年の映画館名簿では「成子映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西新宿TKビル」。最寄駅は東京メトロ丸ノ内線西新宿駅。
戸塚映画劇場
所在地 : 東京都新宿区戸塚町(1953年)、東京都新宿区戸塚町2-90(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1950年6月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「戸塚劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「戸塚映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1962年1月22日、新宿区戸塚町2-90の「戸塚劇場」が全焼した。原因は石油ストーブの不始末。*4
帝都座/新宿日活映画劇場・日活名画座/新宿日活劇場・新宿日活名画座
所在地 : 東京市四谷区新宿3-33(1936年)、東京市四谷区新宿3(1943年)、東京都四谷区新宿3-33(1947年)、東京都新宿区新宿3(1953年)、東京都新宿区新宿3-33(1955年)、東京都新宿区新宿3-23(1958年)、東京都新宿区角筈3-23(1960年)、東京都新宿区新宿3-23(1963年)、東京都新宿区新宿3-33(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1931年5月1日(帝都座)、1950年7月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
Wikipedia : 帝都座
『全国映画館総覧 1955』によると1950年7月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「帝都座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新宿日活映画劇場・日活名画座」(2館)。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿日活・新宿日活名画座」(2館)。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「新宿日活劇場・新宿日活名画座」(2館)。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「新宿マルイ本館」。
新宿劇場
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町879(1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町20(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「新宿劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

東京・新宿の「新宿劇場」の写真あり。『奥様ご用心』『アダムとイヴ』の看板が見える。設計は日建設計工務。施工は熊谷組。*5
新宿ニュース劇場/シネマ新宿
所在地 : 東京都新宿区新宿3-25(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「新宿ニュース劇場」。1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「シネマ新宿」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿セントラル/新宿スカラ座
所在地 : 東京都新宿区新宿3-25(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1954年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿セントラル」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「新宿スカラ座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
新東地下劇場/新宿地下劇場/新宿メトロ劇場
所在地 : 東京都新宿区新宿3-21(1950年)、東京都新宿区新宿3(1953年)、東京都新宿区新宿3-25(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1948年6月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新東地下劇場」。1955年の映画館名簿では「新宿地下劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「新東地下劇場」。1969年の映画館名簿では「新宿地下劇場」。1970年の映画館名簿では「新宿メトロ劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿東宝映画劇場/新宿東宝/新宿東宝劇場
所在地 : 東京市四谷区新宿3(1943年)、東京都四谷区新宿3-21(1947年)、東京都新宿区新宿3-21(1950年)、東京都新宿区新宿3(1953年)、東京都新宿区新宿3-25(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1948年11月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年11月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1947年・1950年の映画館名簿では「新宿東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「新宿東宝劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿東宝」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「新宿東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿アートシアター/新宿文化劇場/新宿文化劇場・新宿蠍座
所在地 : 東京都四谷区新宿(1947年)、東京都新宿区新宿3-21(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区新宿3-23(1966年)、東京都新宿区新宿3-21(1969年)、東京都新宿区新宿3-21、新宿3-22(1973年・1975年)、東京都新宿区新宿3-13-3(1978年)
開館年 : 1948年11月、1962年
閉館年 : 1974年
『全国映画館総覧 1955』によると1948年11月開館。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「新宿文化劇場」。1963年の映画館名簿では「新宿アートシアター」。1966年・1969年の映画館名簿では「新宿文化劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「新宿文化劇場・新宿蠍座」(2館)。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
神楽坂銀鈴座/神楽坂銀鈴ホール
所在地 : 東京都新宿区神楽坂2-19(1955年・1958年・1963年)、東京都新宿区神楽坂1-19(1966年・1969年)、東京都新宿区神楽坂2-19(1973年)
開館年 : 1953年1月
閉館年 : 1974年頃
Wikipedia : ギンレイホール
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「神楽坂銀映座」。1958年の映画館名簿では「神楽坂銀鈴座」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「銀鈴ホール」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「神楽坂銀鈴ホール」。後継館はギンレイホール。最寄駅はJR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅。

1957年から映画館の増加のペースが低下しており、転廃業した館もある。1958年9月から1959年8月までの1年間に東京都で転廃業した映画館は以下の通り。神田南明座(倉庫に転業)、銀座映画劇場(廃館)、神楽坂銀鈴座(焼失)、新宿グランド(パチンコ屋に転業)、銀座全線座(ダンスホールに転業)、渋谷全線座(貸ホールに転業)、シネマ西荻(廃館)、池袋日活(焼失)、池袋文化映画(パチンコ屋に転業)、弁天座(廃館)、文芸坐(廃館)、文芸地下(廃館)、人生坐(廃館)、大山映画劇場(廃館)、町田中央(廃館)。*6
神楽坂武蔵野館
所在地 : 東京都新宿区神楽坂6-518(1957年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区神楽坂6-11(1966年・1969年)、東京都新宿区神楽坂6-14(1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1976年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「神楽坂武蔵野館」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパー「よしや SainE 神楽坂店」。最寄駅は東京メトロ東西線神楽坂駅。
パレス座/新宿パレス座
所在地 : 東京都新宿区角筈2(1953年)、東京都新宿区角筈2-72(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都新宿区西新宿1-5-11(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1986年
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「パレス座」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「新宿パレス座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「新宿パレス座」。1986年の映画館名簿では経営会社が三葉興業、経営者が小林真賛雄、支配人が小野寺文夫、鉄筋造1階、294席、邦画・洋画特選を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿京王・京王名画座/新宿京王劇場・新宿京王名画座/新宿京王劇場・新宿京王地下/新宿京王1・2
所在地 : 東京都新宿区新宿3-48(1958年)、東京都新宿区角筈3-48(1960年)、東京都新宿区新宿3-48(1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都新宿区新宿3-1-24(1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1988年3月11日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿京王・京王名画座」(2館)。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「新宿京王劇場・新宿京王名画座」(2館)。1978年・1980年の映画館名簿では「新宿京王劇場・新宿京王地下」(2館)。1985年・1988年の映画館名簿では「新宿京王1・2」(2館)。1988年の映画館名簿では経営会社が京王映画、経営者が北徹、支配人が遠藤昌邦、1が鉄筋造1階で687席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造地下で285席で洋画ロードショーを上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

1988年3月11日、新宿区の映画館「新宿京王1」「新宿京王2」が閉館した。1957年に開館した映画館である。*7
佳作座/神楽坂佳作座
所在地 : 東京都新宿区神楽坂2-11(1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区神楽坂1-12(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1957年10月
閉館年 : 1988年4月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「佳作座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「神楽坂佳作座」。1988年の映画館名簿では経営会社が熊谷興業、経営者が熊谷新、支配人が岡田京子、鉄筋造1階、256席、邦画・洋画特選を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパチンコ店「オアシス飯田橋」。最寄駅はJR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅。
ローヤル劇場/新宿ローヤル劇場
所在地 : 東京都新宿区角筈1-832(1958年)、東京都新宿区角筈1-83(1960年)、東京都新宿区角筈1-1(1963年)、東京都新宿区角筈町1-831(1966年)、東京都新宿区角筈1-832(1969年)、東京都新宿区角筈1-802(1973年)、東京都新宿区新宿3-18-5(1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1988年11月28日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ローヤル劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「新宿ローヤル劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社が猪山興行、経営者が猪山正登、支配人が中野世志雄、鉄筋造地下、256席、洋画特選を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「猪山興業ビル」。
新宿大映劇場/新宿大映/新宿ロマン劇場
所在地 : 東京都新宿区新宿3-25(1950年)、東京都新宿区新宿3(1953年)、東京都新宿区新宿3-25(1955年)、東京都新宿区新宿3-33(1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区新宿3-25(1966年・1969年・1973年・1975年)、東京都新宿区新宿3-5-6(1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1948年11月16日(新宿大映)、1971年(ロマン劇場)
閉館年 : 1989年
Wikipedia : 新宿ロマン劇場
『全国映画館総覧 1955』によると1925年3月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿大映」。1966年の映画館名簿では「新宿大映劇場」。1969年の映画館名簿では「新宿大映」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「新宿ロマン劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野勝雄、支配人が宗田博文、鉄筋造地下、624席、洋画ロードショーを上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

新宿ロマン座に言及している雑誌記事として、「建築時評 『新宿ロマン座』の閉館」『東京人』1989年4月がある。現物は未確認。*8
パール座/高田馬場日活/高田馬場日劇場/高田馬場パール座
所在地 : 東京都新宿区戸塚町3(1953年)、東京都新宿区戸塚町3-167(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、東京都新宿区高田馬場3-3-8(1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 1989年6月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「パール座」。1963年の映画館名簿では「高田馬場日活」。1966年の映画館名簿では「高田馬場日劇場」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「高田馬場パール座」。1988年の映画館名簿では経営会社が有限会社パール座、経営者が佐藤國子、支配人が大倉宗一、鉄筋造地下、184席、邦画・洋画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。西友高田馬場店地下。跡地は「みずほ銀行高田馬場支店」南西30mの工事用地。最寄駅はJR山手線・東京メトロ東西線高田馬場駅。

1962年9月2日、日活直営館「高田馬場日活劇場」が開館した。*9

新宿区の高田馬場にあった名画座「パール座」の写真あり。3月上映番組として『ナイトホークス』『針の眼』『白日夢』『北斎漫画』『007 ユア・アイズ・オンリー』『アメリカン・バイオレンス』『ルパン三世 カリオストロの城』『ブラックホール』とある。*10
新宿にっかつ劇場/ロッポニカ新宿/シネマアルゴ新宿
所在地 : 東京都新宿区新宿3-35-8(1982年・1985年・1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1980年10月3日
閉館年 : 1995年
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1985年の映画館名簿では「新宿にっかつ劇場」。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ新宿」。1992年・1995年の映画館名簿では「シネマアルゴ新宿」。1992年の映画館名簿では経営会社がにっかつ中央興業、経営者が若松正雄、支配人が木寺豊、鉄筋造地下、184席、邦画特選を上映。1998年の映画館名簿には掲載されていない。

1980年10月3日、新宿区新宿3-109-7に「新宿にっかつ」が開館した。経営はにっかつ。椅子席180。*11
高田馬場東映劇場・高田馬場東映パラス劇場
所在地 : 東京都新宿区高田馬場2-18-11(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1975年10月4日
閉館年 : 1997年9月23日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「高田馬場東映劇場・高田馬場東映パラス劇場」(2館)。1980年の映画館名簿では「高田馬場東映劇場・高田馬場東映パラス」(2館)。1985年・1990年・1992年・1995年の映画館名簿では「高田馬場東映・高田馬場東映パラス」(2館)。1992年の映画館名簿では経営会社が東映、経営者が岡田茂、支配人が湯浅孝二治、いずれも鉄筋造4階、東映が268席で東映を上映、東映パラスが132席で邦画・洋画特選を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。建物の稲門ビルは現存。最寄駅はJR山手線・東京メトロ東西線高田馬場駅。
牛込文化映劇/牛込文化/牛込文化劇場/牛込文化映画劇場
所在地 : 東京都新宿区山吹町298(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1998年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「牛込文化映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「牛込文化」。1966年・1969年の映画館名簿では「牛込文化映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「牛込文化劇場」。1985年・1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「牛込文化映画劇場」。1998年の映画館名簿では経営会社が関東興業、経営者・支配人ともに上田正幸、木造1階、120席、成人映画を上映。1999年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ザ・パークハウス山吹神楽坂」。最寄駅は東京メトロ有楽町線江戸川橋駅。
ACTミニシアター
所在地 : 東京都新宿区西早稲田3-14-2(1992年・1995年・1998年・2000年)
開館年 : 1970年代
閉館年 : 2000年頃
Wikipedia : ACTミニ・シアター
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1995年・1998年・2000年の映画館名簿では「ACTミニ・シアター」。1992年の映画館名簿では経営会社が有限会社アクト、経営者・支配人ともに沢健司、鉄筋造2階、40席、邦画・洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は東京メトロ副都心線西早稲田駅。
新宿昭和館/新宿昭和館・新宿昭和館地下劇場
所在地 : 東京都新宿区角筈1(1953年)、東京都新宿区角筈1-1(1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区角筈町1-1(1966年)、東京都新宿区角筈1-1(1969年)、東京都新宿区新宿1-3-13(1973年)、東京都新宿区新宿3-35-13(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1951年7月、1960年9月19日
閉館年 : 2004年1月9日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「昭和館」。1955年の映画館名簿では「新宿昭和館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「新宿昭和館・昭和館地下劇場」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「新宿昭和館・新宿昭和館地下劇場」(2館)。1973年・1975年の映画館名簿では「新宿昭和館・新宿昭和館地下」(2館)。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宿昭和館・新宿昭和館地下劇場」(2館)。1990年・1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「新宿昭和館・新宿昭和館地下」(2館)。2002年の映画館名簿では経営会社が昭和興業、経営者が飯塚浩一郎、支配人が飯塚耕司、昭和館が鉄筋造1階で291席、地下劇場が鉄筋造地下で212席、いずれも成人映画を上映。2004年の映画館名簿には掲載されていない。
歌舞伎町シネマ1・2/新宿ジョイシネマ2・3/新宿ジョイシネマ1
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町1-20-1(1985年・1990年・1995年・2000年)、東京都新宿区歌舞伎町1-21-7(2002年)
開館年 : 1984年1月
閉館年 : 2004年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の映画館名簿では「歌舞伎町シネマ1・2」。1995年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ2・3」。2000年・2002年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ1」。2002年の映画館名簿では経営会社がヒューマックスピクチャーズ、経営者が林瑞峰、支配人が中村秋雄、鉄筋造地下、400席、洋画ロードショーを上映。2004年の映画館名簿では経営会社がヒューマックスシネマ、経営者が林瑞峰、支配人が中村秋雄、鉄筋造地下、400席、洋画ロードショーを上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

1984年正月、ジョイパックシネマによって「歌舞伎町シネマ1・2」が開場した。シネマ1は144席、シネマ2は132席。*12
新宿東映会館
所在地 : 東京都新宿区新宿3(1953年)、東京都新宿区新宿3-50(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都新宿区新宿3-1-26(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1946年11月、1960年9月19日
閉館年 : 2004年1月9日
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1953年の映画館名簿では「新宿東映劇場」。1955年の映画館名簿では「新宿東映」。1958年・1960年の映画館名簿では「新宿東映・新宿東映地下」(2館)。1963年の映画館名簿では「新宿東映・新宿東映パラス」(2館)。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿東映パラス劇場」(2館)。1975年・1978年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿日活劇場・新宿東映パラス劇場」(3館)。1980年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿日活劇場・新宿東映ホール・新宿東映パラス」(4館)。1985年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿東映ホール1・2・新宿東映パラス」(4館)。1990年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿東映パラス1・2・3」(4館)。1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「新宿東映劇場・新宿東映パラス・新宿東映パラス2・3」(4館)。2002年の映画館名簿では経営会社が東映、経営者が高岩淡、支配人が丸岡稔和。2005年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿松竹会館
所在地 : 東京都新宿区角筈1-1(1950年)、東京都新宿区角筈1(1953年)、東京都新宿区角筈1-1(1955年・1958年)、東京都新宿区新宿角筈駅前(1960年)、東京都新宿区新宿3-16(1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都新宿区新宿3-15-15(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年)
開館年 : 1947年12月、1958年10月28日
閉館年 : 2006年5月14日
Wikipedia : 新宿ピカデリー
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「新宿松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿では「新宿松竹座」。1960年の映画館名簿では「新宿松竹映画劇場・新宿松竹名画座・新宿松竹スター座」(3館)。1963年の映画館名簿では「新宿松竹映画劇場・新宿松竹ピカデリー」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「新宿松竹映画劇場・新宿ピカデリー」(2館)。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宿松竹劇場・新宿ピカデリー」(2館)。1990年・1995年の映画館名簿では「新宿松竹・新宿ピカデリー1・2・3」(4館)。2000年・2002年・2005年の映画館名簿では「新宿ピカデリー1-4」(4館)。2002年の映画館名簿では経営会社が松竹第一興行、経営者が大谷信義、支配人が近藤元。後継館はシネコンの新宿ピカデリー。

東京・新宿の「松竹映画劇場」の写真あり。地下・1階・2階・3階の平面図あり。「SHOCHIKU」の文字が見える。1階と2階は松竹映画劇場、地下は松竹文化演芸場と名画座である。設計は網戸建築設計事務所。施工は矢島建設。*13

1988年12月24日、松竹第一興行が経営する「新宿松竹」が「新宿松竹」と「新宿ピカデリー2」の2館に分割された。新宿松竹が506席、新宿ピカデリー2が226席。*14
新宿スカラ座・新宿ビレッジ1・2/新宿スカラ座・新宿東宝ビレッジ1・新宿ビレッジ2/新宿スカラ1・2・3
所在地 : 東京都新宿区新宿3-5-4(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年)
開館年 : 1973年
閉館年 : 2007年2月8日
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年の映画館名簿では「新宿スカラ座・新宿ビレッジ機新宿ビレッジ供廖3館)。1980年の映画館名簿では「新宿スカラ座・新宿東宝ビレッジ1・新宿ビレッジ2」(3館)。1985年の映画館名簿では「新宿スカラ座・新宿東宝ビレッジ1・2」(3館)。1990年・1995年の映画館名簿では「新宿スカラ座・新宿東宝ビレッジ1・新宿ビレッジ2」(3館)。2000年の映画館名簿では「新宿スカラ座・新宿東宝ビレッジ1・新宿ビレッジ2」(3館)。2002年・2005年の映画館名簿では「新宿スカラ1・2・3」(3館)。2002年の映画館名簿では経営会社が三和興行、経営者が吉村将夫、支配人が関輝明、1が鉄筋造3階で620席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造地下で286席で東宝を上映、3が鉄筋造地下で252席で洋画ロードショーを上映。2008年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿プラザ/新宿プラザ劇場
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町19(1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-19-2(1980年・1985年・1990年・1995年)、東京都新宿区歌舞伎町1-19-1(2000年・2005年)、東京都新宿区歌舞伎町1-19-2(2008年)
開館年 : 1969年10月31日
閉館年 : 2008年11月7日
Wikipedia : 新宿プラザ劇場
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年の映画館名簿では「新宿プラザ」。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「新宿プラザ劇場」。2008年の映画館名簿では経営会社がTOHOシネマズ、経営者が村上主税、支配人が田中俊郎、鉄筋造1階、1044席、洋画ロードショーを上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
コマ東宝劇場/コマ東宝/新宿コマ東宝劇場/新宿コマ東宝劇場・シアターアプル
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町879(1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町19(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-19-1(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1956年12月28日、1982年(2館化)
閉館年 : 2008年12月31日
Wikipedia : 新宿コマ東宝
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「コマ東宝劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「コマ東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「新宿コマ東宝劇場」。1973年・1975年の映画館名簿では「新宿コマ東宝」。1978年・1980年の映画館名簿では「新宿コマ東宝劇場」。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「新宿コマ東宝劇場・シアターアプル」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社がコマ・プロダクション、経営者が依田豊隆、支配人が大貫勇次、いずれも鉄筋造地下、コマ東宝が586席で東宝を上映、アプルが702席で邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

東京・新宿の「コマ・スタジアム」の写真あり。「Koma Stadium」「新宿コマ コマ東宝 コマシネマ」の文字が見える。設計・施工は竹中工務店。*15
歌舞伎町東映・歌舞伎町日活/歌舞伎町東映・歌舞伎町トーア1・2/新宿トーア
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町21(1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-21-1(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1969年4月
閉館年 : 2009年4月17日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年の映画館名簿では「歌舞伎町東映」。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「歌舞伎町東映・歌舞伎町日活」(2館)。1990年・1995年の映画館名簿では「歌舞伎町東映・歌舞伎町トーア1・2」(3館)。2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「新宿トーア」。2008年の映画館名簿では経営会社が東亜興行、経営者が大谷晴通、支配人が長浜孝俊、鉄筋造地下、355席、東映を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿名画座/新宿シネパトス/新宿ジョイシネマ5/新宿ジョイシネマ3
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町511(1958年)、東京都新宿区歌舞伎町52(1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町27-2(1966年)、東京都新宿区歌舞伎町27(1969年・1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-27-5(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1956年3月、1971年10月
閉館年 : 2009年5月31日
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宿名画座」。1990年・1995年の映画館名簿では「新宿シネパトス」。2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ3」。2008年の映画館名簿では経営会社がヒューマックスシネマ、経営者が林瑞峰、支配人が青柳定夫、鉄筋造1階、300席、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
地球座/新宿地球座/新宿地球座・新宿座/歌舞伎町松竹・新宿ジョイシネマ/新宿ジョイシネマ/新宿ジョイシネマ2/新宿ジョイシネマ1・2
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町1-753(1950年)、東京都新宿区歌舞伎町(1953年)、東京都新宿区歌舞伎町753(1955年・1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町21-3(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-21-7(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1947年12月、1958年12月
閉館年 : 2009年5月31日
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「地球座」。1955年・1958年の映画館名簿では「新宿地球座」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「新宿地球座・新宿座」(2館)。1985年の映画館名簿では「歌舞伎町松竹・新宿ジョイシネマ」(2館)。1990年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ1・2」(2館)。1995年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ」。2000年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ2」。2005年・2008年の映画館名簿では「新宿ジョイシネマ1・2」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社がヒューマックスシネマ、経営者が林瑞峰、支配人が青柳定夫、1が鉄筋造地下で400席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造4階で305席で洋画ロードショーを上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

東京・新宿の「地球座」の写真あり。設計は創建築設計事務所。施工は熊谷組。*16
第一東亜会館
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町511(1958年)、東京都新宿区歌舞伎町2(1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町20(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-20-2(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1955年12月、1975年12月
閉館年 : 2009年11月30日
Wikipedia : 新宿オデヲン座
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「グランド・オデオン座」と「ニュー・オデオン座」(2館)。1960年・1963年の映画館名簿では「新宿グランド・新宿オデオン座」(2館)。1966年の映画館名簿では「新宿グランドオデオン・東映新宿オデオン座」(2館)。1969年の映画館名簿では「新宿グランド・オデオン」と「新宿東映オデオン座」(2館)。1973年の映画館名簿では「新宿グランド・オデオン」と「新宿オデオン座」(2館)。1975年の映画館名簿では「新宿グランドオデオン座・新宿オデオン座」(2館)。1978年・1980年の映画館名簿では「新宿グランドオデオン座・新宿アカデミー劇場・新宿オデオン座」(3館)。1985年の映画館名簿では「新宿グランドオデオン・新宿オスカー劇場・新宿アカデミー・新宿オデオン座」(4館)。1990年・1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「新宿グランドオデオン座・新宿オスカー・新宿アカデミー・新宿オデオン座」(4館)。2008年の映画館名簿では経営会社が東亜興行、経営者が大谷晴通、支配人が長浜孝俊、グランドオデオン座が鉄筋造地下で406席で洋画ロードショーを上映、オスカーが鉄筋造5階で325席で洋画ロードショーを上映、アカデミーが鉄筋造2階で420席で洋画ロードショーを上映、オデオン座が鉄筋造地下で360席で洋画ロードショーを上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿国際劇場・新宿国際名画座
所在地 : 東京都新宿区角筈1-1(1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区角筈町1-1(1966年)、東京都新宿区角筈1-1(1969年・1973年)、東京都新宿区新宿3-36-16(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)、東京都新宿区新宿3-35-16(1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 2012年9月9日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「新宿国際劇場・新宿国際名画座」(2館)。2012年の映画館名簿では経営会社が国際マンション株式会社、経営者・支配人ともに有賀万希子、国際劇場が鉄筋造2階で198席で洋画を上映、国際名画座が鉄筋造地下で160席で成人映画を上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。
新宿ミラノ座・新宿東急/新宿ミラノ座・名画座ミラノ・新宿東急/新宿ミラノ座・シネマミラノ・新宿東急/新宿ミラノ1・2・3
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町748(1958年・1960年・1963年)、東京都新宿区歌舞伎町29(1966年・1969年・1973年)、東京都新宿区歌舞伎町29-1(1975年・1978年)、東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 2014年12月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ミラノ座・新宿東急」(2館)。1966年・1969年の映画館名簿では「新宿ミラノ座・新宿東急」(2館)。1973年の映画館名簿では「新宿ミラノ座・名画座ミラノ・新宿東急」(3館)。1975年の映画館名簿では「新宿ミラノ座・名画座ミラノ座・新宿東急」(3館)。1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「新宿ミラノ座・名画座ミラノ・新宿東急」(3館)。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「新宿ミラノ座・シネマミラノ・新宿東急」(3館)。2010年・2012年の映画館名簿では「新宿ミラノ1・2・3」(3館)。2012年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が佐藤仁、支配人が横田浩司、1が鉄筋造1階で1064席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造地下で683席で洋画ロードショーを上映、3が鉄筋造4階で216席で洋画ロードショーを上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

東京・新宿の「ミラノ座」の写真あり。「MILANOZA」の文字が見える。設計は久米建築事務所。施工は清水建設。*17
シネマスクエアとうきゅう
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年)
開館年 : 1981年12月11日
閉館年 : 2014年12月31日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年の映画館名簿では「シネマスクエアとうきゅう」。2012年の映画館名簿では経営会社が東急レクリエーション、経営者が佐藤仁、支配人が横田浩司、鉄筋造3階、224席、洋画ロードショーを上映。2015年の映画館名簿には掲載されていない。

1981年12月11日、東急レクリエーションは新宿東急文化会館に「シネマスクエアとうきゅう」を開館させた。オープニングはヘラルド作品『ジェラシー』。自由定員制。毎作品が金曜初日。*18
飯田橋クララ劇場/飯田橋クララ/飯田橋くらら劇場
所在地 : 東京都新宿区揚場町8(1952年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、東京都新宿区神楽坂1-19(1969年)、東京都新宿区神楽坂2-19(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年・2015年)
開館年 : 1951年頃
閉館年 : 2016年5月31日
1951年の映画館名簿には掲載されていない。1952年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「飯田橋クララ劇場」。1960年の映画館名簿では「飯田橋クラブ」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「飯田橋クララ」。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2012年・2015年の映画館名簿では「飯田橋くらら劇場」。2012年の映画館名簿では経営会社が正栄地所、経営者・支配人ともに渡辺正、鉄筋造地下、80席、成人映画を上映。2018年の映画館名簿には掲載されていない。銀鈴会館地下1階。建物の銀鈴会館は現存。最寄駅はJR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅。
ギンレイホール
所在地 : 東京都新宿区神楽坂2-19(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1974年
閉館年 : 2022年11月27日
Wikipedia : ギンレイホール
前身館は神楽坂銀鈴ホール。1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「ギンレイホール」。2018年の映画館名簿では経営会社がギンレイシネマックス、経営者が加藤忠、支配人が久保田芳未、202席。建物名は銀鈴会館。建物の銀鈴会館は現存。最寄駅はJR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅。

1958年12月22日、新宿区神楽坂2-19の「銀鈴座」が全焼した。原因は暖房用バーナーの過熱。*19

不動産業や出版業をしていた加藤忠は、1996年に飯田橋のギンレイホールの社長に就任した。閉館した全国野映画館からフィルム映写機を引き取り、2012年頃には千葉県成田市に資料館の成田映画センターを開設した。成田映画センターには映写機のほかに、手書き看板やポスターなども保管されている。*20
早稲田松竹映画劇場/早稲田松竹
所在地 : 東京都新宿区戸塚町296(1953年)、東京都新宿区戸塚町2-96(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、東京都新宿区高田馬場1-5-16(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1951年12月21日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 早稲田松竹
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「早稲田松竹映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「早稲田松竹」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「早稲田松竹映画劇場」。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「早稲田松竹」。2018年の映画館名簿では経営会社が松竹映画劇場株式会社、経営者が迫本栄二、支配人が菊田真弓、153席。最寄駅はJR山手線・東京メトロ東西線高田馬場駅。

新宿区の高田馬場にある名画座「早稲田松竹」の写真あり。1999年時点の東京に現存する数少ない名画座である。*21
新宿武蔵野館(新)/新宿武蔵野館・シネマカリテ1・2・3/新宿武蔵野館1・2・3・4/新宿武蔵野館1・2・3
所在地 : 東京都新宿区角筈1-1(1969年)、東京都新宿区角筈1-11-8(1973年)、東京都新宿区新宿1-27-10(1975年)、東京都新宿区新宿3-27-10(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1968年12月、1994年10月3日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 新宿武蔵野館
1968年12月建て替え。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「新宿武蔵野館」。1994年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野勝雄、支配人が石井保、鉄筋造7階、500席、洋画ロードショーを上映。1995年・1998年・2000年の映画館名簿では「新宿武蔵野館・シネマカリテ1・2・3」(4館)。1998年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野勝雄、支配人が石井保、1が鉄筋造7階で500席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造3階で84席で洋画を上映、3が鉄筋造3階で84席で洋画を上映、4が鉄筋造3階で82席で洋画を上映。2002年の映画館名簿では「新宿武蔵野館1・2・3・4」(4館)。2002年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野勝雄、支配人が池上弘昭、1が鉄筋造7階で334席で洋画ロードショーを上映、2が鉄筋造3階で133席で洋画を上映、3が鉄筋造3階で84席で洋画を上映、4が鉄筋造3階で84席で洋画を上映。2005年・2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「新宿武蔵野館1・2・3」(3館)。2020年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野義勝、支配人が記載なし、1が129席、2が84席、3が86席。

1994年10月3日、武蔵野興業によって新宿武蔵野館ビルに「シネマ・カリテ1・2・3」が開館した。1が84席、2が84席、3が82席。同日には武蔵野シルクロード美術館も開館している。*22
テアトル新宿
所在地 : 東京都新宿区(1958年)、東京都新宿区新宿3-8(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、東京都新宿区新宿3-14-20(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 営業中
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「テアトル新宿」。1966年の映画館名簿では経営者が東京テアトル、支配人が森田五郎、鉄筋造地下1階冷暖房付、定員330、邦画を上映。1969年の映画館名簿では経営者が東京テアトル、支配人が羽武戸春彦、鉄筋造地下2階冷暖房付、定員328、邦画を上映。2018年の映画館名簿では経営会社が東京テアトル、経営者が太田和宏、支配人が小島英伸、218席。新宿テアトルビル。
新宿文化シネマ1/新宿文化シネマ1・4/角川シネマ新宿1・2/EJアニメシアター新宿
所在地 : 東京都新宿区新宿3-13-3(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル内(2008年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1974年
閉館年 : 営業中
1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「新宿文化シネマ1」。2000年・2005年の映画館名簿では「新宿文化シネマ1・4」(2館)。2008年の映画館名簿では「新宿ガーデンシネマ1・2」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社が角川シネプレックス、経営者が安藤皇、支配人が石田孝文、1が鉄筋造4階で300席、2が鉄筋造5階で56席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年・2015年・2018年の映画館名簿では「角川シネマ新宿1・2」(2館)。2020年の映画館名簿では「EJアニメシアター新宿」。2018年の映画館名簿では経営会社がKADOKAWA、経営者が松原真樹、支配人が蛯名栄治、1が300席、2が56席。
新宿文化シネマ2/新宿文化シネマ2・3/シネマート新宿1・2
所在地 : 東京都新宿区新宿3-13-3(2000年・2005年)、東京都新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル内(2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 1974年、2006年12月9日(シネマート)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマート新宿
1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「新宿文化シネマ2」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「新宿文化シネマ2・3」(2館)。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマート新宿1・2」(2館)。2018年の映画館名簿では経営会社が株式会社エスピーオー、経営者が香月淑晴、支配人が中根春樹、335席と62席。

1993年7月17日、新宿文化ビルに62席の「新宿文化シネマ3」が開館した。経営は三和興行。*23
K's cinema
所在地 : 東京都新宿区新宿3-35-13 SHOWAKAN-BLD 3階(2005年・2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2004年3月6日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : K's cinema
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「K's cinema」。2018年の映画館名簿では経営会社が昭和興業、経営者が飯塚浩一郎、支配人が酒井正史。
新宿バルト9
所在地 : 東京都新宿区新宿3-1-26 新宿三丁目イーストビル9階(2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2007年2月9日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「新宿バルト9シアター1-9」(9館)。
新宿ピカデリー(新)
所在地 : 東京都新宿区新宿3-15-15(2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2008年7月19日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 新宿ピカデリー
前身館は新宿松竹会館。2010年・2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「新宿ピカデリー1-10」(10館)。
シネマカリテ1・2(新)
所在地 : 東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル地下1階(2010年・2015年・2018年・2020年)
開館年 : 2012年12月22日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : シネマカリテ
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2018年・2020年の映画館名簿では「シネマカリテ1・2」(2館)。2018年の映画館名簿では経営会社が武蔵野興業、経営者が河野義勝、支配人が諸井征彦。
TOHOシネマズ新宿
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町1-19-1 新宿東宝ビル3階(2018年・2020年)
開館年 : 2015年4月17日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2018年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ新宿1-12」(12館)。
109シネマズプレミアム新宿
所在地 : 東京都新宿区歌舞伎町1-29-1 東急歌舞伎町タワー
開館年 : 2023年4月14日(予定)
閉館年 : 開館前

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます