閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


新潟市

新潟市は新潟市の映画館を参照。

下越地方

新発田市

新発田劇場/新発田松竹映画劇場/松竹映画劇場/シバタ松竹映画劇場/東映シバタ映画劇場
所在地 : 新潟県新発田市(1950年)、新潟県新発田市中町甲470(1953年・1955年・1958年)、新潟県新発田市中町(1960年)
開館年 : 1938年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年12月開館。1950年の映画館名簿では「新発田松竹映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿では「シバタ松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「東映シバタ映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1937年(昭和12年)の「新発田劇場」の写真あり。「場劇田発新」の文字が見える。アール・デコ調の建築であり、入口右手に切符売り場があった。*1

1939年(昭和14年)正月の新発田にあった「シバタ松竹映画劇場」の写真あり。「シバタ興業本社直営」の文字が見える。1938年(昭和13年)公開の『怪猫謎の三味線』の看板が見える。1938年(昭和13年)、長岡市に本社があるシバタ興業は新発田の「新発田劇場」を買い取って「シバタ松竹映画劇場」に改称した。*2
新発田銀映/シバタ銀座映画劇場/新発田銀座映画劇場
所在地 : 新潟県新発田市中央町4-8-14(1980年・1985年)
開館年 : 1948年3月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」新発田市付近
『全国映画館総覧 1955』によると1948年3月開館。1950年の映画館名簿では「新発田銀映」。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「シバタ銀座映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「新発田銀座映画劇場」。1979年の新発田市住宅明細図では「銀映」。跡地は「新発田市役所別館」の南にある民家。「新発田市立歴史図書館」の南東100m。最寄駅はJR新発田駅。

シバタ文化劇場/シバタ文化映画劇場/新発田文化映画劇場
所在地 : 新潟県新発田市中央町3-7-4(1990年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 2005年春
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」新発田市付近
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1950年の映画館名簿では「新発田文化劇場」。1953年の映画館名簿では「シバタ文化劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「シバタ文化映画劇場」。1966年の映画館名簿では「新発田文化劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「新発田文化映画劇場」。1979年の新発田市住宅明細図では「レジャー会館」2階に「シバタ文映」があった。1階にはパチンコ店、3階には文化興業本社、4階・5階にはボウリング場、6階にはカラオケ店があった。新発田市最後の映画館。2019年4月時点でシバタレジャー会館の建物は現存。「石川小路」交差点の東側、屋上のボウリングピンが目印の建物。最寄駅はJR新発田駅。

1934年(昭和9年)の新発田にあった「電気館」の写真あり。旧中町にあった。*3

昭和初期の新発田の中町通りの写真あり。右前の高い建物は映画館の「電気館」であり、1982年(昭和57年)現在はレジャー会館が建っている。*4

村上市

村上市の映画館
大正後期の村上にあった「都館」の写真あり。村上初の活動写真の常設館である。尾上松之助、栗島すみ子、川田芳子、チャップリンなどが出演する映画を上映した。*5
村上松竹座/村上松竹館/村上中央映画劇場
所在地 : 新潟県岩船郡村上町(1950年・1953年)、新潟県村上市寺町(1955年)、新潟県村上市寺町1410(1958年)、新潟県村上市寺町(1960年)
開館年 : 1934年6月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1934年6月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「村上松竹館」。1955年の映画館名簿では「村上松竹座」。1958年の映画館名簿では「村上松竹館」。1960年の映画館名簿では「村上中央映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
村上文化映劇/村上文化劇場/村上文化映画劇場
所在地 : 新潟県岩船郡村上町(1953年)、新潟県村上市大通(1955年)、新潟県村上市大字村上1520(1958年)、新潟県村上市大町(1960年・1963年)、新潟県村上市寺町(1966年)、新潟県村上市大町1521-2(1969年)、新潟県村上市大町1520(1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1980年以後1982年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1953年の映画館名簿では「村上文化映画劇場」。1955年・1958年の映画館名簿では「村上文化劇場」。1960年の映画館名簿では「村上文化映画劇場」。1963年の映画館名簿では「村上文化映劇」。1966年の映画館名簿では「村上文化劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「村上文化映画劇場」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。
村上銀映/村上銀座映画劇場
所在地 : 新潟県村上市大字村上1593(1958年)、新潟県村上市小国町(1960年・1963年)、新潟県村上市大字村上1593(1966年)、新潟県村上市鍛冶町(1969年)、新潟県村上市寺町1410(1973年・1976年・1980年)、新潟県村上市寺町3-32(1985年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「村上銀映」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「村上銀座映画劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

燕市

小池映画劇場
所在地 : 新潟県燕市小池町2882(1958年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「小池映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
燕銀座映画劇場/銀映
所在地 : 新潟県西蒲原郡燕町(1953年)、新潟県燕市(1955年)、新潟県燕市仲町(1958年)
開館年 : 1949年10月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「燕銀座映画劇場」。1955年・1958年の映画館名簿では「銀映」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
吉田劇場
所在地 : 新潟県西蒲原郡吉田町(1950年・1953年・1955年)、新潟県西蒲原郡吉田町422(1958年)、新潟県西蒲原郡吉田町43(1960年・1963年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年7月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「吉田劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「新潟縣信用組合吉田支店」。最寄駅はJR越後線・弥彦線吉田駅。

1955年(昭和30年)頃の吉田町にあった「吉田劇場」の写真あり。「YOSIDA THEATER」「吉劇」の文字が見える。映画・芝居・歌謡ショーなどが行われ、「吉劇」と呼ばれて親しまれた。テレビの普及などによって衰退し、1963年(昭和38年)頃に閉館した。1981年(昭和56年)現在の堤町の新潟縣信用組合吉田支店の場所にあった。*6
横田銀映劇場
所在地 : 新潟県西蒲原郡島上村(1953年・1955年)、新潟県西蒲原郡分水町横田(1958年)
開館年 : 1948年11月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「横田銀映劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
新栄屋チェン横田文化/横田文化
所在地 : 新潟県西蒲原郡分水町横田(1957年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1957年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「新栄屋チェン横田文化」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「横田文化」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
地蔵堂富士映画劇場
所在地 : 新潟県西蒲原郡分水町(1966年)
開館年 : 1964年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年・1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「地蔵堂富士映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
新栄座/新栄座映画劇場/地蔵堂新栄座
所在地 : 新潟県西蒲原郡地蔵堂町(1953年・1955年)、新潟県西蒲原郡分水町地蔵堂(1958年・1960年)、新潟県西蒲原郡分水町(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1921年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「新栄座」。1963年の映画館名簿では「新栄座映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「地蔵堂新栄座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
有楽館/燕有楽館
所在地 : 新潟県西蒲原郡燕町(1930年・1950年・1953年)、新潟県燕市学校町(1955年)、新潟県燕市学校町3080(1958年・1960年・1963年)、新潟県燕市学校町(1966年)、新潟県燕市学校町3080(1969年)
開館年 : 1930年以前、1947年4月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1930年の映画館名簿では「有楽館」。1950年の映画館名簿では「燕有楽館」。1953年・1955年の映画館名簿では「有楽館」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「燕有楽館」。1961年・1964年・1967年の住宅地図では「シバタ映劇」。1969年の住宅地図では「有楽館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大原整骨院」やその北側の民家。最寄駅はJR弥彦線燕駅。

1920年の燕町に開館した際の映画常設館「有楽館」の写真あり。こけら落とし興行として佐渡おけさの組み踊りが行われている。学校町の燕町役場浦野道路に面していた。1970年に閉館し、1981年現在は跡地に小林家具店がある。*7

昭和初期の燕町にあった「有楽館」の写真あり。開館当時の写真である。燕町には「有楽館」と「燕館」の2館があった。*8
富士映画劇場/吉田富士映画劇場/吉田富士館
所在地 : 新潟県西蒲原郡吉田町字吉田(1980年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1984年頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」燕市吉田地区付近
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「富士映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「吉田富士映画劇場」。1976年・1980年の映画館名簿では「吉田富士館」。1982年の住宅地図では「吉田富士映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR越後線・弥彦線吉田駅」の西100mにある「山源呉服店」。。最寄駅はJR越後線・弥彦線吉田駅。

燕映画劇場
所在地 : 新潟県燕市穀町3757(1958年・1960年・1963年)、新潟県燕市穀町(1966年)、新潟県燕市穀町3035(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1984年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「燕映画劇場」。1961年・1964年の住宅地図では「燕映画劇場」。1967年・1969年・1975年の住宅地図では「燕映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。燕市最後の従来型映画館。跡地は「北越銀行燕支店」東60mにある「つばめ接骨院」。最寄駅はJR弥彦線燕駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ県央/イオンシネマ県央
所在地 : 新潟県燕市井土巻3-148 県央サティ横(2000年・2005年・2010年)、新潟県燕市井土巻3-148 イオン県央店隣(2015年)
開館年 : 1997年9月27日
閉館年 : 営業中
1997年9月にワーナー・マイカル・シネマズ県央として開館。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ県央1-7」(7館)。2013年7月にイオンシネマ県央に改称。2015年の映画館名簿では「イオンシネマ県央1-7」(7館)。新潟県初のシネコン。

1997年9月27日、燕市の大型スーパー敷地内に「ワーナー・マイカル・シネマズ県央」が開館する。総座席数1367は新潟県最多。本施設と同様の施設は神奈川県海老名市などにも建設されており、全国で10カ所目である。*9

1997年9月、新潟県初のシネコンとして燕市に「ワーナー・マイカル・シネマズ県央」が開館した。上越新幹線燕三条駅前にある大型ショッピングセンターの脇にある。開館1か月時点では、観客の40-50%は燕市・三条市・西蒲原郡から、7-8%は長岡市から、12-13%は新潟市から訪れている。*10

五泉市

五泉市の映画館
明治時代に開館した林座は、1928年(昭和3年)8月の中町大火で焼失した。大火後に劇場が再建されると、五泉劇場という名称で芝居の上演や映画の上映を行った。1936年(昭和11年)には改修を行って「五泉キネマ」に改称し、五泉町初の映画常設館となった。1928年の中町大火後には劇場の富士館も開館しており、戦後には「五泉東映」の呼び名で映画常設館となった。*11
テアトル五泉
所在地 : 新潟県五泉市五泉町(1958年)、新潟県五泉市宮小路(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「テアトル五泉」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
村松映画劇場
所在地 : 新潟県中蒲原郡村松町(1953年・1955年)、新潟県中蒲原郡村松町2369-3(1958年)、新潟県中蒲原郡村松町甲2369-3(1960年・1963年)、新潟県中蒲原郡村松町(1966年・1969年)
開館年 : 1948年9月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「村松映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
五泉映劇/五泉映画劇場
所在地 : 新潟県中蒲原郡五泉町(1950年・1953年・1955年)、新潟県五泉市五泉町3681(1958年)、新潟県五泉市馬場町(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1938年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1938年4月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「五泉映画劇場」。1963年の映画館名簿では「五泉映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「五泉映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
富士座/五泉富士館/富士館/五泉東映/五泉東映劇場
所在地 : 新潟県中蒲原郡五泉町(1950年・1953年・1955年)、新潟県五泉市馬場町5369(1958年)、新潟県五泉市馬場町5453(1960年)、新潟県五泉市馬場町5369(1963年)、新潟県五泉市馬場町(1966年・1969年)、新潟県五泉市馬場町1-1-23(1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1929年4月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」五泉市付近
『全国映画館総覧 1955』によると1929年4月開館。1950年の映画館名簿では「五泉富士館」。1953年の映画館名簿では「富士館」。1955年の映画館名簿では「富士座」。1958年・1960年の映画館名簿では「五泉東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「五泉東映劇場」。1984年の住宅地図では「1階五泉東映 2階スナックトーエー」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。五泉市最後の映画館。跡地は懐石料理店「文福」西側の民家。居酒屋「炉ばた焼 杉」東側。

『保存版 五泉・村松・東蒲今昔写真帖』郷土出版社、2002年に掲載されている。現物は未確認。*12

阿賀野市

安田映画劇場/安田文化映画劇場/安田文化映劇
所在地 : 新潟県北蒲原郡安田村字安田(1953年)、新潟県北蒲原郡安田村保田1781(1955年・1958年・1960年)、新潟県北蒲原郡安田町(1963年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「安田映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「安田文化映画劇場」。1963年の映画館名簿では「安田文化映劇」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
水原劇場
所在地 : 新潟県北蒲原郡水原町(1953年・1955年)、新潟県北蒲原郡水原町大字水原4271(1958年)、新潟県北蒲原郡水原町2741(1960年)、新潟県北蒲原郡水原町上町(1963年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「水原劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1932年(昭和7年)8月1日の北蒲原郡水原町にあった「水原館」の写真あり。五所平之助監督の松竹作品『天国に結ぶ恋』の上映記念写真である。この際の入場料は大人20銭だった。(※水原館が水原劇場のことを指すのかどうかは不明)*13
水原文映/水原文化映画劇場/水原文化映劇/水原文化劇場
所在地 : 新潟県北蒲原郡水原町(1958年)、新潟県北蒲原郡水原町3627-4(1960年)、新潟県北蒲原郡水原町下町(1963年)、新潟県北蒲原郡水原町(1966年)、新潟県北蒲原郡水原町町裏(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「水原文映」。1960年の映画館名簿では「水原文化映画劇場」。1963年の映画館名簿では「水原文化映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「水原文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

胎内市

中条座/中条文映/中条文化映画劇場/中条文化映劇/中条文化劇場
所在地 : 新潟県北蒲原郡中条町(1969年)
開館年 : 1933年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」胎内市付近
『全国映画館総覧 1955』によると1933年10月開館。1955年の映画館名簿では「中条座」。1958年の映画館名簿では「中条文映」。1960年の映画館名簿では「中条文化映画劇場」。1963年の映画館名簿では「中条文化映劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「中条文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の新発田市住宅明細図では「中条文化映画劇場」。跡地は「日本料理 竹善」や「志ま津食堂」など。「熊野若宮神社」南西50m。柴橋川沿い。最寄駅はJR羽越本線中条駅。

北蒲原郡聖籠町

映画館名簿によると聖籠町に映画館は存在しなかったと思われる。

西蒲原郡弥彦村

映画館名簿によると弥彦村に映画館は存在しなかったと思われる。

東蒲原郡阿賀町

鹿ノ瀬昭和電工会館/電工会館
所在地 : 新潟県東蒲原郡両鹿瀬村(1950年・1953年)、新潟県東蒲原郡鹿ノ瀬村(1955年)、新潟県東蒲原郡鹿瀬町(1958年)、新潟県東蒲原郡鹿瀬町1994(1960年)、新潟県東蒲原郡鹿瀬町1747(1963年)
開館年 : 1947年12月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1950年の映画館名簿では「鹿ノ瀬昭和電工会館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「電工会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
津川東亜劇場/津川映画劇場
所在地 : 新潟県東蒲原郡津川町3577(1955年・1958年・1960年)、新潟県東蒲原郡津川町(1963年・1966年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「津川東亜劇場」。1966年の映画館名簿では「津川映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

岩船郡関川村

映画館名簿によると関川村に映画館は存在しなかったと思われる。

岩船郡粟島浦村

映画館名簿によると粟島浦村に映画館は存在しなかったと思われる。

中越地方

長岡市

長岡電気館
所在地 : 新潟県長岡市
開館年 : 1907年頃
閉館年 : 1945年
1914年(大正3年)の写真あり。長岡初の活動写真常設館は「長岡電気館」である。曲り新道(現・呉服町)にあり、当時としてはしゃれた建物だった。太平洋戦争の戦災で焼失した。*14

長岡に初めて開館した活動写真館は「長岡電気館」であり、1907年頃に間の道(呉服町)に開館した。次いで柳原町の「平潟館」(後の美やこ館)、文治町の「いしごろ館」と「長盛座」(後に演劇場)、劇場から映画館に転換した渡里町の「長岡座」などが開館した。1935年頃には坂之上町に、日本海側随一の施設を持つ「富士館」が開館し、東宝作品を上映した。東坂之上町に長岡映画劇場(長映)と長岡銀座映画劇場(銀映)が開館して松竹作品を上映し、長岡電気館は日活系、美やこ館は新興キネマ系、長岡座は大都映画系と、それぞれの系列作品を上映した。戦前の長岡電気館、いしごろ館、長岡座、長盛座の写真あり。*15
平潟館
所在地 : 新潟県長岡市
開館年 : 1917年以前
閉館年 : 1945年
1917年(大正6年)頃の写真あり。柳原町には活動写真常設館「平潟館」があった。太平洋戦争の戦災で焼失した。*16
いしごろ館
所在地 : 新潟県長岡市
開館年 : 1917年以前
閉館年 : 1945年
1917年(大正6年)頃の写真あり。柳原町には活動写真常設館「いしごろ館」があった。太平洋戦争の戦災で焼失した。*17
長岡座
所在地 : 新潟県長岡市
開館年 : 1917年以前
閉館年 : 1945年
1917年(大正6年)の写真あり。渡里町には劇場「長岡座」があった。1933年(昭和8年)頃から映画の上映が多くなり、劇場から映画館となった。太平洋戦争の戦災で焼失した。*18
寺泊座
所在地 : 新潟県三島郡寺泊町(1953年・1955年)、新潟県三島郡寺泊町7599(1960年)
開館年 : 1928年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「寺泊座」。1960年の映画館名簿では経営者は小野田カヨ、支配人は小野田六郎、木造2階建て450席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「稲荷神社」の西70mの駐車場。

1928年(昭和3年)3月、長岡鉄道は「寺泊座」で国鉄への移管を求める決議大会を開催した。*19

2010年1月頃には劇場・映画館「寺泊座」の建物が取り壊された。寺泊荒町にあり、閉館後は家具屋などに使用された。『寺泊町史』には1935年の寺泊座で行われた「寺泊小唄 甚句発表会」の写真が掲載されている。*20

寺戸町町荒町の金十郎魚屋や久我床屋の前には「寺泊座」があった。ひときわ目を引く建物であり、2階建てで街並みを見下ろしていた。2003年現在も寺泊座の建物は残っており、別の用途で使用されているようである。回り舞台・桟敷席・花道などがある本格的な劇場だったようである。*21
関原映画劇場
所在地 : 新潟県長岡市関原町3(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「関原映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は北越映画興業社、支配人は山宮補三郎、木造2階建て342席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
和島中央映画劇場/和島中央劇場
所在地 : 新潟県三島郡和島村島崎(1960年)、新潟県三島郡和島村325(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1960年の映画館名簿では「和島中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は北越映画興業社、支配人は山宮富也、木造平屋建て330席、邦画・洋画を上映。1963年・1964年の映画館名簿では「和島中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
脇野町劇場
所在地 : 新潟県三島郡脇野町(1955年)、新潟県三島郡三島町(1960年)、新潟県三島郡三島町吉崎(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「脇野町劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は阿岸由太郎、支配人は本間由衛、木造2階建て385席、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
脇野町銀座映画劇場/脇野町銀映
所在地 : 新潟県三島郡三島町脇野町(1960年)、新潟県三島郡三島町(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1960年の映画館名簿では「脇野町銀座映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者は柴田興業、支配人は志水隆夫、木造平屋建て300席、邦画・洋画を上映。1963年・1964年の映画館名簿では「脇野町銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
川口文化劇場
所在地 : 新潟県北魚沼郡川口町川口637(1960年)、新潟県北魚沼郡川口町637(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「川口文化劇場」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに星野輝政、木造2階建て350席、邦画・洋画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
長岡エメラルド劇場/エメラルド劇場
所在地 : 新潟県長岡市坂之上町1-723-1(1960年)、新潟県長岡市坂之上町1丁目(1963年)
開館年 : 1955年7月
閉館年 : 1964年
1960年の映画館名簿では「長岡エメラルド劇場」。1960年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階部分冷暖房付き、500席、洋画を上映。1963年の映画館名簿では「エメラルド劇場」。1963年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階部分冷暖房付き、500席、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は駐車場「さくら中央パーキング」。
長岡東宝富士館/長岡東宝館/長岡東映映画劇場/長岡東映劇場
所在地 : 新潟県長岡市坂之上町2(1953年)、新潟県長岡市東坂之上町2(1955年)、新潟県長岡市坂之上町2-737(1960年)、新潟県長岡市坂之上町2丁目(1963年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1964年
1950年の映画館名簿では「長岡東宝富士館」。1953年・1955年の映画館名簿では「長岡東宝館」。1960年の映画館名簿では「長岡東映映画劇場」。1960年の映画館名簿では木造2階部分冷暖房付き、450席、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「長岡東映劇場」。1963年の映画館名簿では木造1階部分暖房付き、200席、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「長陵第二ビル」。
長岡映画劇場/長岡映画劇場・長岡銀座映画劇場/長岡シバタ映画劇場・長岡銀座映画劇場/長岡銀座映画劇場
所在地 : 新潟県長岡市坂之上町2-甲737-9(1960年)、新潟県長岡市坂之上町2(1963年)
開館年 : 1937年(長岡映画劇場)、1946年5月(長岡銀座映画劇場)
閉館年 : 1964年12月(長岡シバタ映画劇場)、1973年3月(長岡銀座映画劇場)
1950年の映画館名簿では「長岡シバタ映画劇場」と「長岡銀座映画劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「長岡シバタ映画劇場・長岡銀座映画劇場」(2館)。1960年の映画館名簿では長岡シバタ映画劇場が木造2階部分暖房付き、650席、邦画・洋画を上映、長岡銀座映画劇場が木造1階部分、500席、邦画・洋画を上映。1960年の映画館名簿では長岡シバタ映画劇場が木造2階部分暖房付き、650席、邦画を上映、長岡銀座映画劇場が木造2階部分、500席、邦画を上映。1964年12月には長岡シバタ映画劇場が長岡観光会館に移転。1973年3月にはビルを建て替えて長岡銀座映画劇場が隣接する長岡観光会館に併合された。跡地は「大樹生命長岡ビル」。

1962年(昭和37年)頃の長岡市にあった「シバタ映画劇場」付近の写真あり。昭和30年代には三六豪雪や三八豪雪など毎年のように大雪に覆われた。*22

1945年8月1日の長岡空襲では、長岡市にあった6館の映画館がすべて焼失した。1946年5月には東坂之上町に萌芽も洋画も上映する「長岡銀座映画劇場」(銀映)が開館し、建物の移転などがあった後、1990年2月に親会社の廃業で閉館した。*23

1955年頃の長岡市にあった映画館「長岡映画劇場」の写真あり。戦後の娯楽と言えばまず映画であり、昭和30年代に全盛期を迎えた。*24
長岡ニュー銀座映画劇場/長岡ニュー銀座劇場
所在地 : 新潟県長岡市坂之上町2丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1973年3月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年11月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「長岡ニュー銀座映画劇場」。1960年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造3階部分冷暖房付き、800席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造3階部分冷暖房付き、800席、邦画を上映。1973年3月にはビルを建て替えて隣接する長岡観光会館に併合された。
栃尾映画劇場/栃尾劇場
所在地 : 新潟県栃尾市(1955年)、新潟県栃尾市東町(1960年・1963年・1966年)、新潟県栃尾市東町丁255(1969年)、新潟県栃尾市東町丁255(1973年)、新潟県栃尾市東町1-255(1976年)
開館年 : 1931年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1955年の映画館名簿では「栃尾劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「栃尾映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「栃尾劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。長岡市立中央図書館に対して行ったレファレンスによると、跡地は衣料品製造業の「ロン・リバイス」。同レファレンスによると、1970年の新潟県中越地区電話帳には掲載されているが、1975年の新潟県中越地区電話帳には掲載されていない。現物は未確認。

1931年(昭和6年)の栃尾町にあった「栃尾劇場」の写真あり。「場劇尾栃」の文字が見える。大谷内小路(常舞台小路)の突き当りにあり、栃尾町唯一の娯楽施設だった。常設ではなく貸小屋だったが、常舞台と呼ばれて親しまれた。1981年(昭和56年)現在の跡地は株式会社栃尾物産。*25

長岡観光会館
所在地 : 新潟県長岡市東坂之上2丁目(1966年)、新潟県長岡市坂之上町2-3-11(1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1964年12月24日
閉館年 : 1990年2月
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」長岡市中心部

1965年に長岡観光会館が竣工。1966年・1969年の映画館名簿では「長岡グランド劇場・長岡映画劇場・長岡銀座映画劇場・長岡ニュー銀座劇場」(4館)。1973年の映画館名簿では「長岡グランド劇場・長岡映画劇場」(2館)であり長岡銀座劇場は〈改装中1972年12月開場〉とある。1976年の映画館名簿では「長岡グランド劇場・長岡映画劇場・長岡銀座劇場・長岡ニュー銀座劇場」(4館)。1980年・1985年の映画館名簿では「長岡グランド劇場・長岡映画劇場・長岡銀座劇場・長岡エメラルド劇場・長岡ニュー銀座劇場」(5館)。1990年の映画館名簿では「長岡グランド劇場・長岡映画劇場・長岡銀座劇場・長岡エメラルド劇場・長岡ニュー銀座」(5館)。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北越銀行本店」第2駐車場。

1963年7月、柴田観光株式会社は北陸地方随一の総合レジャービルの建設に着手した。1964年6月16日には株式会社柴田観光に商号を変更し、同年12月24日のクリスマスイブに、長岡市坂之上に丁目3-11に長岡観光会館がオープンした。鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、延床面積1万51平方メートル。地下1階と1階にはボウリング場と純喫茶「エレクトーン」、2階と3階は長岡グランド劇場と長岡シバタ映画劇場(長映)、4階と5階はスケート場、6階は電気室と自家発電機室、屋上は1965年春オープンの遊園地。長岡グランド劇場は70ミリ上映館かつ定員636人の大劇場であり、『クレオパトラ』がオープニング作品だった。長岡シバタ映画劇場は定員424人の邦画封切館であり、坂之上から移転してきた。1973年にはニュー銀座ビルが同一地点で立て直され、長岡観光会館に併合された。ニュー銀座ビルの2階には長岡ニュー銀座が、3階には坂之上町1から移転してきた長岡銀座映画劇場(銀映)が入った。坂之上町1の長岡銀座映画劇場の跡地はパチンコ店になった。1985年には名称が長岡観光会館からシネマビルに変更された。1990年2月18日で営業を終了し、跡地は北越銀行の駐車場となった。*26

長岡観光会館(とその併合施設)にあった映画館は、1964年のオープン時は2館(長岡グランド劇場、長岡シバタ映画劇場)だったが、1972年に4館(+ニュー銀座、長岡銀座映画劇場)となり、1977年に5館(+エメラルド劇場)となった。*27

1991年(平成3年)4月17日、北越銀行は長岡市の本店に隣接する旧長岡シネマビル跡地を買収したことを明かした。手狭になった本店機能の拡大に活用する予定。長岡シネマビル内の映画館は1990年2月に閉館し、現在は建物の取り壊し中である。*28

スズラン通りの写真あり。手前はフジヤマ果実店であり、その奥が長岡銀映である。*29

長岡マリオン1・2
所在地 : 新潟県長岡市要町1-8-50(1995年・2000年)
開館年 : 1993年12月25日
閉館年 : 2000年4月30日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」長岡市付近
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年の映画館名簿では「長岡マリオン1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

1993年12月25日、長岡市要町1-8-50に三条東映ムービル「長岡マリオン」が開館した。長岡市で約3年ぶりの常設映画館である。2スクリーン計260席。2000年4月、長岡マリオンが閉館し、再び長岡市から常設映画館がなくなった。*30

2000年4月末をもって長岡市唯一の映画館「長岡マリオン」が閉館した。1990年頃には長岡市の映画館がほとんど閉館したことから、1994年に長岡市要町1丁目に開館していた。これにより、市民有志が施設を引き継いだうえでシネマチャオに改称し、2000年6月3日のオープンを目標に進めている。*31

与板高島座
所在地 : 新潟県三島郡与板町(1980年)、新潟県三島郡与板町415(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、新潟県長岡市与板415(2010年)
開館年 : 明治末期
閉館年 : 2009年
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」旧与板町付近
1953年・1955年の映画館名簿では「高島座」。1960年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「与板高島座」。1973年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「与板高島座」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「CYB学習教室与板校」。この学習塾は映画館時代の高島座の建物の一部を使用している。

1960年には「高島座」が三島郡与板町舟戸から与板町中町に移転した。『目で見る三島郡の100年』郷土出版社、2003年、p.132に掲載されている。現物は未確認。*32

近年の与板高島座は休館状態であり、長岡市民の有志が年1回の上映会を開催していたが、2011年に高島座が廃業届を提出し、最近になって最後の上映会を行った。*33

長岡市立中央図書館に対して行ったレファレンスによると、2010年のゼンリン住宅地図には「高島座 CYB学習教室」と掲載されている。現物は未確認。

シネマチャオ1・2・3
所在地 : 新潟県長岡市要町1-8-50(2005年)
開館年 : 2000年6月3日
閉館年 : 2007年11月30日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」長岡市付近
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「シネマチャオ1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2000年6月3日、「長岡シネマチャオ」が開館した。3スクリーン。「長岡マリオン」跡地を市民有志が引き継ぎ、一部改装して開館にこぎつけた。2003年11月、市民主体による長岡シネマチャオが閉館したが、長岡シネマ技研が名称と設備を引き継いで再開した。12月、長岡シネマチャオが休館した。*34

2000年4月末をもって長岡市唯一の映画館「長岡マリオン」が閉館した。1990年頃には長岡市の映画館がほとんど閉館したことから、1994年に長岡市要町1丁目に開館していた。これにより、市民有志が施設を引き継いだうえでシネマチャオに改称し、2000年6月3日のオープンを目標に進めている。*35

2000年6月3日、長岡市に映画館「シネマチャオ」が開館する。長岡市唯一の映画館「長岡マリオン」が4月末で閉館したため、市民有志らが映画会社を設立して営業再開に乗り出している。1990年頃から1994年の長岡市には映画館がなかったが、1994年に長岡マリオンが開館していた。長岡市民10人と新潟市の「シネ・ウインド」が出資し、有限会社長岡シネマ技研が設立された。*36

2007年11月23日、長岡市に初めてシネコンが開館する。2000年6月にシネマチャオが開館し、2003年11月には新潟市で配給会社の社長をしていた島田映一が引き継いだ。三条市にシネコンがあるため観客数は苦戦が続いたが、人件費がかかるレイトショーをほとんどやらない、他の閉館した映画館から座席や映写機を安価で購入するなど工夫を重ねた。中学生や留学生は1000円。シネマチャオでしかやらない作品を求めて新潟市や長野県など遠方からも観客が来たという。*37

2007年12月1日から、長岡市の映画館「長岡シネマチャオ」が休館する。11月23日に長岡市内にシネコンが開館するため。自主製作映画の上映会や音楽の演奏会に使う貸しホールへの転用で施設を活用するという。*38

2007年11月23日、長岡市千秋にシネコン「T・ジョイ長岡」が開館する。新潟県最大の10スクリーンを有し、総座席数は1813席。これにともなって11月末、長岡市唯一の映画館「シネマチャオ」が休館する。2000年6月には閉館した映画館を市民有志が買い取って開館し、2003年11月には新潟市で映画配給会社を経営していた島田映一が引き継いだ。*39

T・ジョイ長岡
所在地 : 新潟県長岡市千秋2-1087-1(2010年)、新潟県長岡市千秋2-1087-1 千秋通り2 3階(2015年)
開館年 : 2007年11月23日
閉館年 : 営業中
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」長岡市付近
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「T・ジョイ長岡1-10」(10館)。

2007年4月20日、長岡市千秋が原に大型ショッピングセンター「リバーサイド千秋」が開店する。スーパーマーケット「アピタ長岡」を核に、120の専門店が入る。11月下旬にはシネコン「ティ・ジョイ」も開館予定である。*40

2007年11月23日、長岡市千秋2丁目に長岡市初のシネコン「ティ・ジョイ長岡」が開館する。10スクリーン・1813席を有し、「エコシネマ」をテーマとする。3スクリーンでデジタルシネマを採用している。売店では紙コップを用いず、ガラス製コップで再利用を促進しており、観客が持参したコップも利用できる。紙コップをなくすのは全国のシネコンで初だという。*41

2007年11月23日、信濃川西岸の千秋が原にシネコン「ティ・ジョイ長岡」が開館する。10スクリーン・1813席を有し、うち242席はNASAが開発した素材を元にした「テンピュール」を用いている。「テンピュール」は低反発枕の素材として知られ、映画館の座席に使用するのは日本初。*42

三条市

三条市の映画館
大正期の「常盤館」の写真あり。三条で最も古い活動写真の常設館である。常盤橋の四日町側にあり、三角屋根が珍しい外観である。*43

大正期の「旭館」の写真あり。活動写真の常設館である。入場料は10銭から20銭だった。*44
三条座
所在地 : 新潟県三条市
開館年 : 1896年
閉館年 : 1955年頃
演劇場であり映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR弥彦線北三条駅。

1897年(明治30年)、三条初の本格的劇場として極楽寺裏に「三条座」が落成した。こけら落としは中央歌舞伎だった。*45

戦前の三条にあった演劇場「三条座」の館内の写真あり。明治・大正・昭和にわたって、「三条座」は三条市で唯一の本格的な芝居小屋だった。跡地は1992年(平成4年)現在の三条ロイヤルホテル。*46

1896年(明治29年)には三条に劇場「三条座」が建てられ、歌舞伎・歌謡・芝居などの公演が行われた。1955年(昭和30年)頃まで建っていた。本町三丁目(一ノ町)には三条座小路という路地がある。*47
三条銀映劇場/三条銀座映画劇場
所在地 : 新潟県三条市四日町(1953年・1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「三条銀映劇場」。1959年の住宅地図では「銀映」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「三条銀座映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「冨田理容」やその北側の駐車場。最寄駅はJR信越本線三条駅。
三条パレス映画劇場/三条パレス劇場/三条テアトルタワー
所在地 : 新潟県三条市一ノ木戸仲町1945(1960年)、新潟県三条市一ノ木戸仲ノ町(1963年)、新潟県三条市一ノ木戸仲ノ町1945(1966年・1969年)、新潟県三条市一ノ木戸仲町1945(1973年)、新潟県三条市一の木戸仲町1945(1976年)、新潟県三条市一ノ木戸町仲の町1944(1980年)、新潟県三条市一ノ木戸仲の町1944(1985年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 1985年以後1990年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」三条市付近
1959年の住宅地図では「三条パレス劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「三条パレス映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「三条パレス劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「三条テアトルタワー」。1983年の住宅地図では「タワービル 1階パチンコサロンタワー 2階三条テアトルタワー レストラン塔 3階割烹 4階大宴会場 6階サウナサロンタワー 屋上ビアガーデンブルースカイタワー」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三条信用金庫一ノ木戸支店」。最寄駅はJR弥彦線北三条駅。

1964年の三条市にあった映画館「三条パレス」の写真あり。『パームスプリングの週末』と『春のめざめ』の看板が見える。1959年(昭和34年)に一ノ木戸商店街に開館した洋画専門館である。2011年(平成23年)現在の三条信用金庫一ノ木戸支店の場所である。*48

1959年7月4日には三条パレス映画劇場が開館した。1972年11月8日には建物の取り壊し工事が始まり、1973年12月22日には同一地点にパレスビルが開業。1973年から1977年までパレス劇場として営業した。1階にはパチンコ、2階にはレストランなど、3階にはパレス劇場、4階には喫茶店、5階にはビジネスホテル、6階にはサウナ、7階にはラウンジ、屋上には庭園があるビルだった。閉館日は定かでないが、1976年末頃とされる。*49

三条東亜劇場/東亜劇場/テアトル三条/東王劇場/三条東王劇場
所在地 : 新潟県三条市旭町(1953年・1955年・1960年・1963年)、新潟県三条市旭町350(1966年)、新潟県三条市旭町35-3(1969年・1973年)、新潟県三条市旭町1484(1976年)、新潟県三条市旭町350-3(1980年)
開館年 : 1942年頃
閉館年 : 1984年4月30日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」三条市付近
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「東亜劇場」。1959年の住宅地図では「東劇」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「三条東亜劇場」。1969年の映画館名簿では「東亜劇場」。1973年の映画館名簿では「テアトル三条」。1976年の映画館名簿では「東王劇場」。1980年の映画館名簿では「三条東王劇場」。1983年の住宅地図では「三条アメリカ東王劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三條信用組合中央支店」。最寄駅はJR弥彦線北三条駅。

1956年(昭和31年)頃の三条市にあった「旭館」の写真あり。アメリカ映画『四十人の女盗賊』と市川崑監督作『処刑の部屋』の看板が見える。田町の通りから北に曲がると電軌会社があり、その通りに旭館があった。旭館は「東亜劇場」に改称し、さらに縮めて「東劇」とした。*50

1985年(昭和60年)頃の三条市にあった「東王劇場」の写真あり。左隣に三条信用組合中央支店が見えている。1919年(大正8年)、三条の旭町の通りに活動写真の常設館として開館し、やがて「東亜劇場」に改称して「東劇」と呼ばれた。その後「東王劇場」に改称し、閉館してからはサロンなどとなった。*51

1942年(昭和17年)頃、三条市の旭町に「東亜劇場」が開館した。1965年(昭和40年)頃に「三条東宝」に改称したとされるが詳細は不明。1966年(昭和41年)の三条市には再び「東亜劇場」があった。1971年(昭和46年)には「東亜劇場」が閉館し、同一地点に「テアトル三条」が開館。1971年(昭和46年)から1973年(昭和48年)には「テアトル三条」が閉館した。1974年(昭和49年)には以前の「東亜劇場」とは別地点に「東王劇場」が開館し、1984年(昭和59年)4月30日に閉館した。*52

三条東映劇場/三条東映劇場・三条プラザ/三条東映・三条プラザ・三条みゆき座/三条東映・三条プラザ・三条みゆき座・三条ライフ/三条東映
所在地 : 新潟県三条市上町350(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)、新潟県三条市本町1-9-6(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1998年
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」三条市付近
1959年の住宅地図では「東映劇場」。1960年の映画館名簿では「三条東映」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「三条東映劇場」。1973年の映画館名簿では「三条東映劇場・三条プラザ劇場」(2館)。1976年の映画館名簿では「三条東映劇場・三条プラザ」(2館)。1980年の映画館名簿では「三条東映・三条プラザ・三条みゆき座」(3館)。1983年の住宅地図では「東映ムービル 1階三条ライフ 喫茶ティファニー 2階三条みゆき座 3階三条東映 5階三条プラザ」。1985年の映画館名簿では「三条東映・三条プラザ・三条みゆき座・三条ライフ」(4館)。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「三条東映」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。三条市最後の映画館。建物は現存。最寄駅はJR弥彦線北三条駅。

1937年(昭和12年)頃の三条にあった「松竹館」の写真あり。前身は大正時代から続く「敷島館」。1932年(昭和7年)に火災に遭っている。公演は18時に開演し、終了は24時頃だった。*53

1949年(昭和24年)頃の三条にあった「松竹館」の写真あり。もとは大正時代に建てられた映画館であり、昭和に入って「松竹館」となると、戦後の一時期は洋画専門館だった。アメリカ映画『我等の生涯の最良の年』の看板が見える。1946年(昭和21年)のアカデミー賞で7部門を受賞し、日本では1948年(昭和23年)に公開された。昭和30年代には松竹から東映系列となって「三条東映」に改称した。やがて複数の劇場を有する「東映ムービル」のビルが建てられた。2006年現在の「東映ムービル」のビルの写真あり。ビル内には居酒屋などもある。*54

1965年(昭和40年)の三条市にあった「三条東映」の写真あり。三船敏郎主演の『赤ひげ』の看板が見える。「新潟井関製作所創立3周年記念」の垂れ幕が見える。大正中期、三条の上町(現・本町1丁目)に活動写真の常設館として開館し、「敷島館」、「中央館」、「松竹館」と改称して続いた。昭和30年代には「三条東映」(東映ムービル)に改称した。近年は演劇場となっていたが、平成末期に姿を消した。*55

1958年(昭和33年)に三条市に「三条東映」が開館。「松竹館」から改称された可能性が高いとされる。1973年(昭和48年)には「三条東映」と「三条プラザ」が、複合ビル「東映ムービル」に開館した。1977年(昭和52年)には東映ムービルのビルに「三条みゆき座」が追加され、1980年(昭和55年)には「三条ライフ」も追加された。1984年(昭和59年)には「三条ライフ」が閉館し、1985年(昭和60年)には「三条みゆき座」が閉館している。1988年(昭和63年)からは「三条東映ムービル」の1スクリーンとなり、1998年(平成10年)10月31日に閉館した。最終上映作品は『釣りバカ日誌10』と『ラブレター』。1997年(平成9年)には燕市にシネコンの「ワーナー・マイカル・シネマズ県央」が開館していた。跡地には2002年(平成14年)に「大衆演劇場 三条東映」が開館し、現存している。*56

シネマカフェ「キネマ・カンテツ座」
2013年10月、三条市の三条中央商店街にシアターカフェ「キネマ・カンテツ座」が開店した。地元で居酒屋を経営する関本秀次郎(40)が開店させた。15席と130インチのスクリーンがある。若手作家が製作した15分から60分のショートムービーのみを上映している。*57

柏崎市

中越劇場
所在地 : 新潟県刈羽郡西山町別山(1960年・1963年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中越劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
岡野町映劇
所在地 : 新潟県刈羽郡高柳町岡野町176-1(1960年)、新潟県刈羽郡高柳町1862(1963年)、新潟県刈羽郡岡野町1862(1964年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「岡野町映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
柏崎座/柏崎文化劇場(初代)
所在地 : 新潟県柏崎市島町728(1950年)、新潟県柏崎市島町728(1953年・1955年)、新潟県柏崎市島町727(1960年)、新潟県柏崎市島町728(1963年)、新潟県柏崎市島町(1964年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1950年・1953年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「柏崎文化劇場」。1964年以後1966年以前に「柏崎松竹映画劇場/柏崎スカラ座」跡地に移転したと思われる。

1950年の柏崎市にあった映画館「文化劇場」の写真あり。戦前には「柏崎座」という名称だった。右手の看板には「場劇化文」と右書きの文字が見える。*58
柏崎松竹映画劇場/柏崎スカラ座/柏崎文化劇場(2代)
所在地 : 新潟県柏崎市新花町5-1846(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿では「柏崎松竹映画劇場」。1963年の映画館名簿では「柏崎スカラ座」。1966年の映画館名簿では「柏崎文化劇場」。1967年11月11日柏崎東劇開館。1969年の映画館名簿では「柏崎東劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年12月19日、柏崎市新花町の映画館「柏崎松竹」が休館した。*59

1967年8月31日、柏崎市新花町の映画館「文化劇場」が閉館。1967年11月11日には「柏崎東劇」として営業を再開した。*60
柏崎東映/柏崎東映劇場/柏崎セントラル
所在地 : 新潟県柏崎市駅前通(1960年・1963年・1966年)、新潟県柏崎市駅前通2-5(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1959年8月7日(柏崎東映として)、1967年4月29日(柏崎セントラルとして)
閉館年 : 1980年11月22日
1960年の映画館名簿では「柏崎東映劇場」。1963年の映画館名簿では「柏崎東映」。1966年の映画館名簿では「柏崎東映劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「柏崎セントラル」。1981年の住宅地図では場所を確認できなかった。1985年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年8月7日に柏崎市駅前一丁目にシバタ興行の「柏崎東映」が開館。*61

1967年1月21日には「柏崎東映」が全焼。*62

1967年4月29日には映画館が再建され、「柏崎東映」から「柏崎セントラル劇場」に改称して営業を再開した。*63

1980年11月22日に「柏崎セントラル劇場」が閉館した。
コミュニティシアター柏崎
所在地 : 新潟県柏崎市駅前通丸大(1982年・1985年・1990年)、新潟県柏崎市駅前通 イトーヨーカドー丸大柏崎店5階(閉館時)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の映画館名簿では経営会社が株式会社丸大、鉄筋造5階、108席。1982年・1985年・1990年の映画館名簿では「コミュニティシアター柏崎」。1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアターだと思われる。
東宝柏盛座/柏盛座/柏崎柏盛座/柏崎柏盛座・柏崎みゆき座
所在地 : 新潟県柏崎市本町7丁目(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)、新潟県柏崎市東本町2-7-4(1973年・1976年・1980年)、新潟県柏崎市東本町2-7-70(1985年)、新潟県柏崎市東本町2-7-40(1990年・1995年)
開館年 : 1912年
閉館年 : 1999年10月31日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」柏崎市付近
Wikipedia : 柏盛座
1953年・1955年の映画館名簿では「東宝柏盛座」。1960年・1963年の映画館名簿では「柏盛座」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「柏崎柏盛座」。1980年の住宅地図では「柏盛座・みゆき座」であるが建物は別々である可能性がある。1980年・1990年・1995年の映画館名簿では「柏崎柏盛座・柏崎みゆき座」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。柏崎市最後の従来型映画館。読みは「はくせいざ」。

柏崎シネマ1・2
所在地 : 新潟県柏崎市東本町1-6-12 モーリエ3(2005年)
開館年 : 2000年4月28日
閉館年 : 2005年9月30日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」柏崎市付近
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「柏崎シネマ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ビデオシアター。

小千谷市

銀世界館/小千谷東映劇場/小千谷東劇/小千谷東映
所在地 : 新潟県小千谷市(1955年)、新潟県小千谷市東本町(1958年)、新潟県小千谷市稗生乙(1960年)、新潟県小千谷市東大通(1963年・1964年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「銀世界館」。1958年の映画館名簿では「小千谷東映劇場」。1960年の映画館名簿では「小千谷東劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「小千谷東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

小千谷市の東大通りには映画館「銀世界」があった。戦後に閉館した。撮影年不明の写真あり。「銀世界」の文字が見える。*64

1950年(昭和25年)の小千谷市にあった映画館「東劇」の写真あり。「銀世界」という別名があり、「銀世界」の文字が見える。1926年(大正15年)、東大通りに東劇が開館し、芝居の興行なども行われた。戦後には成人式会場などにもなっている。新潟県立小千谷高校の近くにあったため、観客には大勢の高校生がいた。小千谷駅前の交差点を旭橋方向に向かい、「東栄2丁目」交差点左手の空き地が東劇の跡地である。*65

昭和30年代の小千谷市にあった映画館「銀世界」の写真あり。東大通りにあった。この頃の小千谷市には「明治座」、「中央劇場」、「銀世界」の3館の映画館があった。*66
中央映画劇場/小千谷中央映画劇場
所在地 : 新潟県小千谷市362(1955年)、新潟県小千谷町中央街362(1958年)、新潟県小千谷市住吉町(1960年)、新潟県小千谷市住吉町362(1963年)、新潟県小千谷市住吉町(1966年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1965年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1966年の映画館名簿では「小千谷中央映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1992年のゼンリン住宅地図では跡地に「新潟県信用組合小千谷支店」。現在の跡地は「コーポたかの」。

1951年(昭和26年)(※1954年の誤りだと思われる)の小千谷市住吉町にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。「中劇」の文字が見える。『太平洋の鷲』や『青春三羽烏』のポスターが見える。テレビが普及したことなどが理由で、昭和30年代に閉館した。1981年(昭和56年)現在の跡地は新潟県信用組合小千谷支店となっている。*67

1955年(昭和30年)の小千谷市にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。四軒小路にあった。小千谷市だけではなく隣接町村からも観客を集めた。*68

昭和30年代の小千谷市にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。「中劇」の文字が見える。四軒小路(現・本町)には中央映画劇場があり、学校授業の一環として鑑賞する文部省推薦映画の上映もあった。スクランブル交差点を十日町方向に進んだ場所が中央映画劇場の跡地であり、2001年(平成13年)現在はビルの建設中である。*69

1954年(昭和29年)の小千谷市にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。本町にあり、中劇と呼ばれていた。戦後初めて太平洋戦争を本格的に取り上げた邦画『太平洋の鷲』のポスターが見える。*70

1954年(昭和29年)の小千谷市本町にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。2016年(平成28年)現在の跡地の写真あり。*71

1952年(昭和27年)から1965年(昭和40年)までは小千谷の四軒小路に「中央映画劇場」(中劇)があった。本町のスクランブル交差点から山本方面に50メートル進んだ右側であり、現在のコーポたかのの場所である。隣接する喫茶店のモン・プチは観客や若者のデートでにぎわった。*72
明治座/小千谷明治座
所在地 : 新潟県北魚沼郡小千谷町(1953年)、新潟県小千谷市(1955年)、新潟県小千谷市小千谷町(1958年)、新潟県小千谷市孫八郎(1966年・1969年)、新潟県小千谷市孫八町127(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1985年8月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「明治座」。1955年の映画館名簿では経営者が佐藤フネ、支配人が佐藤吉次、木造平屋、定員400、混合を上映。1960年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「小千谷明治座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年のゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「いろは寿司」北側の駐車場。

1951年(昭和26年)の小千谷市にあった映画館「明治座」の写真あり。1981年(昭和56年)現在は小千谷市唯一の映画館として健在である。*73

『目で見る十日町・小千谷・魚沼の100年』郷土出版社、1992年、p.52に掲載されている。*74

昭和30年代の「明治座」の写真あり。1887年(明治20年)には孫八町(現・平成)に劇場「茂松座」が開館し、小千谷唯一の劇場だった。1922年(大正11年)には同一地点に「明治座」が新築され、内部は桟敷席で花道もあった。戦後の映画黄金期には椅子席となり、芝居だけでなく映画も上映するようになった。2001年(平成13年)現在の跡地は駐車場になっている。茶郷川を挟んで向かいには「にしき鯉の里」や「サンプラザ」がある。*75

1874年(明治7年)には小千谷初の法人である機会社が設立された。1887年(明治20年)、機会社の建物は小千谷唯一の劇場「明治座」として生まれ変わった。1967年(昭和42年)現在の明治座の写真あり。*76

1947年8月、小千谷町の劇場「明治座」で初めてストリップが公開され、町民は目をむいて驚いた。*77

1944年(昭和19年)生まれの筆者は小学1年生の時に初めて「明治座」に入り、2階席で『ビルマの竪琴』を鑑賞した。原爆映画『ヒロシマ』が上映された際には、学校から児童全員で歩いて観に行った。中学生の時にはよく友人と一緒に明治座に行ったが、その頃には1階も2階も椅子席になっていた。*78

1985年(昭和60年)8月、小千谷市唯一の映画館「明治座」が閉館し、すぐに建物が取り壊された。*79

加茂市

加茂セントラル/加茂セントラル劇場
所在地 : 新潟県加茂市上条町3513(1960年・1963年)、新潟県加茂市根古屋(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「加茂セントラル」。1966年の映画館名簿では「加茂セントラル劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の三条市・燕市・加茂市住宅明細図では発見できず。
加茂東映/加茂東映劇場
所在地 : 新潟県加茂市加茂町(1960年)、新潟県加茂市仲町755(1963年)、新潟県加茂市仲町(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「加茂東映」。1966年の映画館名簿では「加茂東映劇場」。1969年の三条市・燕市・加茂市住宅明細図では「加茂東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北越銀行加茂中央支店」北北東80mにあるスーパー「サンゴマート」の廃墟。最寄駅はJR信越本線加茂駅。

1960年(昭和35年)から1963年(昭和38年)頃に撮影された、加茂市の仲町通りにあった「加茂東映」の写真あり。加茂東映の社長は渡辺正一。加茂東映の閉館後、スーパーマーケットのサンゴマートが移り、2020年(令和2年)現在も建物が残っている。*80
加茂劇場
所在地 : 新潟県加茂市本町土手(1955年)、新潟県加茂市加茂町(1960年)、新潟県加茂市加茂町845(1963年)、新潟県加茂市大字加茂(1966年)、新潟県加茂市加茂845(1973年・1976年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1976年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「加茂劇場」。1967年・1969年の三条市・燕市・加茂市住宅明細図では「加茂劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「加茂信用金庫本店」北西90mにある道路用地や河川敷。新潟県道9号穀町交差点東すぐ。最寄駅はJR信越本線加茂駅。

1939年頃の「加茂劇場」の写真あり。1935年5月の大火で「加茂座」が焼失し、1939年には加茂座跡地付近に加茂劇場が新築された。映画の興行を主とし、時には演劇の興行も行った。1955年頃の加茂劇場の写真あり。1955年には劇場前を大改修し、上部に喫茶店を開店させた。改修記念で大河内伝次郎主演の『忠臣蔵』を上映した。*81

1977年(昭和52年)5月の加茂市にあった映画館「加茂劇場」の写真あり。「加茂劇場」「Kamo Theater」の文字が見える。加茂劇場は1939年(昭和14年)に新築され、歌舞伎座のような瓦屋根が特徴だった。道路から見ると建物の右に加茂劇場の入口があり、左に喫茶店のパーラー高原の入口があった。1970年(昭和45年)には加茂川の河川改修が開始され、1978年(昭和53年)に改修が終了した。加茂劇場は河川改修の障害として取り壊され、跡地は道路や河川敷となっている。*82

1961年(昭和36年)頃の加茂市にあった「加茂劇場」の写真あり。加茂川に架かる葵橋のたもとにあった。加茂劇場で上映されたフィルムは車に積み込まれ、新町にあった姉妹劇場の「加茂セントラル」に運ばれた。1962年(昭和37年)頃の12月に撮影された加茂劇場の写真あり。『忠臣蔵』の看板が見える。*83
加茂シネマ1・2
所在地 : 新潟県加茂市加茂本町762-9(1980年)、新潟県加茂市本町2-11(1985年)
開館年 : 1976年以後1980年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年の映画館名簿では「加茂シネマ1・2」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北越中央銀行加茂支店」北東30mにあるピンク色の3階建てビル。跡地に映画館時代の建物が現存。最寄駅はJR信越本線加茂駅。

十日町市

土市劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡水沢村土市(1953年・1955年)、新潟県中魚沼郡水沢村馬場1-1452(1958年・1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「土市劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
渡清館
所在地 : 新潟県中魚沼郡下条村字上組(1953年・1955年)、新潟県十日町市下条上組785-2(1958年・1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「渡清館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
千手劇場/千手町映劇/千手映劇
所在地 : 新潟県中魚沼郡千手町(1953年・1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「千手劇場」。1960年の映画館名簿では「千手町映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「千手映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大映劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡中里村131-1(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「大映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
田沢劇場/田沢映劇/田沢映画劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡田沢村字田中(1953年・1955年)、新潟県中魚沼郡中里村(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「田沢劇場」。1960年の映画館名簿では「田沢映画劇場」。1963年の映画館名簿では「田沢映劇」。1966年の映画館名簿では「田沢映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
十日町映劇/十日町映画劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡十日町(1950年・1953年)、新潟県十日町市(1955年)、新潟県十日町市加賀町寅甲108(1960年)、新潟県十日町市加賀町108(1963年)、新潟県十日町市寅甲108(1966年・1969年)、新潟県十日町市加賀町寅甲108(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1930年10月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1930年10月開館。1950年の映画館名簿では「十日町映劇」。1953年・1955年の映画館名簿では「十日町映画劇場」。1960年の映画館名簿では「十日町映劇」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「十日町映画劇場」。1969年の十日町市住宅明細図では「映劇」。跡地は「十日町市民交流センター分じろう」の北西100mにある空き地。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
旬街座/旬街劇場/十日町松映/十日町松竹
所在地 : 新潟県中魚沼郡十日町(1950年・1953年)、新潟県十日町市五ノ丁(1955年)、新潟県十日町市本町5丁目(1960年・1963年・1966年)、新潟県十日町市本町5丁目(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、新潟県十日町市本町5-39-6 十日町娯楽会館1階(閉館時)
開館年 : 大正時代以前(旬街座)、1941年9月(旬街劇場)、1953年9月(十日町松映)、1968年12月30日(ビル化)
閉館年 : 2004年10月23日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」十日町市付近
Wikipedia : 十日町松竹
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「旬街劇場」。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「十日町松映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の十日町市住宅明細図では後の十日町娯楽会館の場所に「工事中」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「十日町松竹」。2004年の中越地震で被災して休館(事実上の閉館)となった。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

大正期の十日町にあった「旬街座」の写真あり。中条出身の岩田鹿蔵が興行師を務めた。1953年(昭和28年)3月に焼失した。*84

1938年(昭和13年)1月1日、中魚沼郡十日町五ノ町岩田の映画館「旬街座」の屋根が積雪1メートルの重さに耐えかねて落下し、約700人の満員の観客のうち69人が死亡、1人が行方不明、22人が重傷、38人が軽傷となった。*85

1941年(昭和16年)9月には十日町に常設映画館の「旬街劇場」が開館した。喫煙室や非常口などがあり、1階は(長椅子ではなく)1人1脚だった。戦時中の慰安会と思われる写真あり。*86

昭和20年代の十日町にあった「旬街劇場」の写真あり。「本日正午開場」の文字が見える。1893年(明治26年)に開館した「旬街座」は戦後に「旬街劇場」に改称した。1968年(昭和43年)2月、旬街劇場は「十日町娯楽会館」に名を改めた。「十日町娯楽会館」「ゲーム&ビリヤード」などの文字が見える。2002年現在の「十日町娯楽会館」の写真あり。*87

1953年(昭和28年)3月7日、中魚沼郡十日町五ノ町の映画館「旬街劇場」の暖房用ボイラー室から出火し、映画館の建物が全焼した。約700人の観客がおり、うち10数人が逃げる際に軽傷を負った。この映画館では1937年1月1日に建物が倒壊して死者80人の大災害を出したことがある。*88

1953年(昭和28年)3月7日には十日町の「旬街劇場」が焼失し、同年9月に「十日町松映」が開館した。松映は1968年(昭和43年)6月までその建物で営業し、12月30日に「十日町娯楽会館」の建物が竣工した。撮影年不明の十日町松映の写真あり。花輪が見える。*89

十日町シネマパラダイス
所在地 : 新潟県十日町市本町6-1(2010年・2015年)、新潟県十日町市本町六の一丁目381番地1(閉館時)
開館年 : 2007年12月15日
閉館年 : 2018年3月11日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」十日町市付近
Wikipedia : 十日町シネマパラダイス
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「十日町シネマパラダイス」。

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。

見附市

開盛座
所在地 : 新潟県南蒲原郡見附町(1953年)、新潟県見附市見附町(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「開盛座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「開盛座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

大正初期の見附にあった芝居小屋「開盛座」の写真あり。「座盛開」の文字が見える。1913年(大正2年)に開館し、中越地方では長岡の「長盛座」に次ぐ設備の立派さだった。こけら落としには六代目尾上菊五郎を招いている。1965年(昭和40年)過ぎに積雪で建物が倒壊した。*90
今町東亜劇場/今町銀映
所在地 : 新潟県見附市今町(1960年)、新潟県見附市今町1599(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「今町東亜劇場」。1963年・1964年の映画館名簿では「今町銀映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
見附映画劇場
所在地 : 新潟県南蒲原郡見附町(1953年)、新潟県見附市新町(1955年・1958年)、新潟県見附市新町257(1960年・1963年)、新潟県見附市新町(1966年)、新潟県見附市新町1-17-25(1969年)
開館年 : 1925年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1925年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「見附映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

魚沼市

昭和館
所在地 : 新潟県北魚沼郡小出町
開館年 : 1941年以前
閉館年 : 不明
映画館名簿には掲載されていない。

1941年頃の「昭和館」の写真あり。北魚沼郡小出町の横町(旧・扇町)には劇場の昭和館があった。映画の上映や、旅回り一座の公演などが行われ、近隣町村からも観客を集めた。小出町には「柳生館」という映画館もあった。*91

戦前の北魚沼郡小出町の横町には劇場「昭和館」があり、旅回りの一座の芝居の興行や、映画の上映などを行っていた。柳原の「柳生館」が台頭したことで昭和館は閉館した。*92
新映館
所在地 : 新潟県北魚沼郡守門村(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「新映館」。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに高橋博、木造2階建て420席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
只見映画劇場/只見映劇
所在地 : 新潟県北魚沼郡入広瀬村(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「只見映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに遠山吉平、木造2階建て250席、邦画・洋画を上映。1963年・1964年の映画館名簿では「只見映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽座/堀之内喜楽座
所在地 : 新潟県北魚沼郡堀之内町(1955年)、新潟県北魚沼郡堀之内町345(1960年)、新潟県北魚沼郡堀之内町(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「喜楽座」。1960年の映画館名簿では経営者は渡辺ハルノ、支配人は渡辺功、木造2階建て350席、邦画・洋画を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「堀之内喜楽座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「皇大神宮」の北東。

堀之内町にあった「喜楽座」は1982年に取り壊された。古めかしい建物の竣工年は定かでないが、江戸時代に旅屋だった建物とされ、閉館時点で築150年以上だったとされる。1950年に渡辺昇が建物を購入し、映画・演劇の劇場「喜楽座」を開館させた。*93
柳生館/小出柳生館(旧)
所在地 : 新潟県北魚沼郡小出町(1950年・1953年)、新潟県北魚沼郡小出町430(1958年)、新潟県北魚沼郡小出町小出島480(1960年)、新潟県北魚沼郡小出町柳原1(1963年)、新潟県北魚沼郡小出町(1966年)、新潟県北魚沼郡小出町柳原(1969年・1973年)、新潟県北魚沼郡小出町柳原428(1976年・1978年・1980年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1950年の映画館名簿では「小出柳生館」。1953年の映画館名簿では「柳生館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「柳生館」。1960年の映画館名簿では経営者は東亜興業、支配人は沢井保、木造2階建て450席、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿では木造2階部分700席、経営者は長谷川英吉、支配人は弦巻昭治、邦画と洋画を上映。1966年の映画館名簿では経営者は東亜興業、支配人は青島幸雄、木造2階、250席、邦画・洋画を上映。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「小出柳生館」。1969年の映画館名簿では木造2階、250席、経営者・支配人ともに中村吉次郎、邦画と洋画を上映。1973年の映画館名簿では木造2階、200席、経営者・支配人ともに中村吉次郎、邦画と洋画を上映。1978年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分200席、経営者は鈴木富士、支配人は深沢作一、邦画と洋画を上映。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分200席、経営者・支配人ともに中村吉次郎、邦画と洋画を上映。1970年代以後の魚野川改修工事と区画整理事業によって1980年以後1982年以前に柳原から南本町に移転。

戦前の北魚沼郡小出町の横町には劇場「昭和館」があり、旅回りの一座の芝居の興行や、映画の上映などを行っていた。柳原の「柳生館」が台頭したことで昭和館は閉館した。昭和50年代までは柳生館が小出町唯一の映画上映館だったが、テレビの普及で観客数が激減したことで閉館した。*94

小出柳生館(新)
所在地 : 新潟県北魚沼郡小出町南本町3(1982年・1985年・1990年・1992年)、新潟県北魚沼郡小出町小出島124-28(2000年)、新潟県魚沼市小出島124-28(2005年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 2007年以後2008年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」魚沼市付近
1970年代以後の魚野川改修工事と区画整理事業によって1980年以後1982年以前に柳原から南本町に移転。1982年・1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「小出柳生館」。1992年の映画館名簿では鉄筋造1階、96席、経営者が中村吉次郎、邦画・洋画を上映。1995年・1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では鉄筋造1階、66席、経営会社は柳生館、経営者・支配人ともに中村高志、邦画と洋画を上映、DS/DSR/DDを設置。2000年・2005年の映画館名簿では「小出柳生館」。2004年の住宅地図では「柳生館 中村高志」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「柳原寺」南東60mにある民家。2020年までの「魚沼市役所」の東80m。2010年代まで映画館建物が存在していた。読みは「やぎゅうかん」ではなく「りゅうせいかん」。

南魚沼市

昭和座/昭和館
所在地 : 新潟県南魚沼郡大巻村五日市(1953年・1955年)、新潟県南魚沼郡六日町大巻(1958年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「昭和座」。1958年の映画館名簿では「昭和館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
偕楽座
所在地 : 新潟県南魚沼郡石打村(1953年・1955年・1957年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1957年以後1958年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1957年の映画館名簿では「偕楽座」。1957年の映画館名簿では経営者が森下房次郎、木造平屋建、180席、邦画を上映。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
塩沢映劇/塩沢映画劇場
所在地 : 新潟県南魚沼郡塩沢町(1953年・1955年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1950年の映画館名簿では「塩沢映劇」。1953年・1955年の映画館名簿では「塩沢映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
東映寺座
所在地 : 新潟県南魚沼郡六日町(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「東映寺座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
大崎映画劇場/大崎映劇
所在地 : 新潟県南魚沼郡大崎村(1955年)、新潟県南魚沼郡大和村大崎(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「大崎映画劇場」。1960年の映画館名簿では「大崎映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
多聞座/多聞劇場
所在地 : 新潟県南魚沼郡浦佐村(1953年・1955年)、新潟県南魚沼郡大和村浦佐(1958年)、新潟県南魚沼郡大和町浦佐(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「多聞座」。1958年の映画館名簿では「多聞劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「多聞劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。
栄盛館/栄盛座
所在地 : 新潟県南魚沼郡塩沢町(1953年・1955年)、新潟県南魚沼郡塩沢町268(1960年)、新潟県南魚沼郡塩沢町関(1963年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「栄盛館」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「栄盛座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
石打劇場
所在地 : 新潟県南魚沼郡塩沢町石打172(1960年)、新潟県南魚沼郡塩沢町関(1963年)
開館年 : 1957年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年・1957年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「石打劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が関口利夫、支配人が関口茂雄、木造2階建、200席、邦画・洋画を上映。1962年の南魚沼郡住宅明細地図では「石打劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「石打舞子駐在所」北北東100mにある民家。最寄駅はJR上越線石打駅。
六日町末広小劇場/六日町末広座小劇場
所在地 : 新潟県南魚沼郡六日町(1969年・1973年)、新潟県南魚沼郡六日町大字六日町1478(1976年・1980年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1985年頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」南魚沼市付近
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「六日町末広小劇場」。1980年の映画館名簿では「六日町末広座小劇場」。1980年・1983年・1985年のゼンリン住宅地図では「末広座」の南側に「末広小劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。1989年のゼンリン住宅地図では跡地に「アキヤ」。1994年の住宅地図では跡地に「ダイヤパレス六日町」。現在の跡地は1992年竣工のマンション「ダイアパレス六日町」建物南側。
末広座/六日町末広座
所在地 : 新潟県南魚沼郡六日町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、新潟県南魚沼郡六日町大字六日町1479(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1989年頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」南魚沼市付近
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「末広座」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「六日町末広座」。1980年・1983年・1985年・1986年・1989年のゼンリン住宅地図では「末広座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1994年の住宅地図では跡地に「ダイヤパレス六日町」。現在の跡地は1992年竣工のマンション「ダイアパレス六日町」建物北側。

昭和初期の六日町にあった「末広座」の写真あり。「婦人席」や「同伴席」などの文字が見える。1960年(昭和35年)頃の末広座の写真あり。富士見通りにあり、映画や芝居を楽しむことができた。2001年(平成13年)現在の末広座の跡地の写真あり。1992年に建設されたマンションが建っている。*95

村松友視は『黄昏のムービー・パレス』で、17ページにわたって六日町末広座についてのエッセイを書いている。1928年に映画も興行する劇場「開扇座」として開館し、やがて末広座に改称した。かつて末広座の建物は合掌造りであり、天井には絵が描かれていたが、村松が訪れる20年ほど前に改修している。2階席にはこたつが用意されており、こたつ代は300円だった。『ベン・ハー』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『南極物語』、『日本沈没』、『タワーリング・インフェルノ』、『燃えよドラゴン』、『野麦峠』、『典子は今』などの客入りがよかった。*96

塩沢中央劇場/塩沢中央
塩沢中央 CC BY-SA yoshi s
所在地 : 新潟県南魚沼郡塩沢町塩沢1325(1966年・1969年)、新潟県南魚沼郡塩沢町塩沢1325(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1964年以後1966年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1963年・1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では経営者・支配人ともに荒井正治、木造2階建て400席、東宝・大映・東映・日活を上映。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「塩沢中央劇場」。1973年・1978年の映画館名簿では経営会社は荒井興行、経営者・支配人ともに荒井正治、木造2階建て300席、邦画と成人映画を上映。1980年の映画館名簿では「塩沢中央」。1983年・1986年・1989年の住宅地図では「塩沢中央劇場」。1985年の映画館名簿では「塩沢中央劇場」。1990年の映画館名簿では「塩沢中央」。1994年の住宅地図では「塩沢中央劇場(荒井)」。1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地に建物が現存。美容院「ヘアールームSNiP」の東隣。最寄駅はJR上越線塩沢駅。

昭和30年代の「山田映画館」(※塩沢のどの映画館のことか不明)前で撮影された写真あり。塩沢町商工会の人々が仮装しており、清水の次郎長一行、西遊記の一行などの姿が見える。*97

地図 : 「消えた映画館の記憶地図」南魚沼市付近
六日町シネマ
所在地 : 新潟県南魚沼郡六日町余川3079(2000年)、新潟県南魚沼市大字余川3079(2005年)
開館年 : 1996年12月16日
閉館年 : 2006年5月28日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」南魚沼市付近
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「六日町シネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

1996年12月16日、新潟県南魚沼郡六日町にこたつ席付きの映画館が開館した。椅子席150席とスクリーンの間の床部分にカーペットなどを指揮、1メートル四方の電気こたつ4個を並べている。初日は手違いで電気が入っていなかったが、若者が寝転がって鑑賞していた。特別料金は必要ない。十日町には10年ほど前までもこたつ席のある劇場があり、その伝統を受け継いだ。*98

関越自動車道の六日町インターチェンジ近くにはジャスコを核とするショッピングセンターがあり、ジャスコの脇にあるテナント19店舗が入居するコロンバスには、こたつ席付きの映画館がある。*99

南蒲原郡田上町

映画館名簿によると田上町に映画館は存在しなかったと思われる。

三島郡出雲崎町

映画館名簿によると出雲崎町に映画館は存在しなかったと思われる。

南魚沼郡湯沢町

湯沢東映/湯沢東映劇場
所在地 : 新潟県南魚沼郡湯沢町(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1962年の南魚沼郡住宅明細地図では「東映」。1963年の映画館名簿では「湯沢東映」。1966年の映画館名簿では「湯沢東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の住宅地図では跡地に「旅館食堂保よし」。現在の跡地はレストラン「保よし」。最寄駅はJR上越新幹線・上越線越後湯沢駅。
旭座/湯沢旭座
所在地 : 新潟県南魚沼郡湯沢村(1953年・1955年)、新潟県南魚沼郡湯沢町2875(1958年)、新潟県南魚沼郡湯沢町2873(1960年)、新潟県南魚沼郡湯沢町(1963年・1969年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「旭座」。1962年の南魚沼郡住宅明細地図では発見できず。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「湯沢旭座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

中魚沼郡津南町

大割野劇場/津南劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡下船渡村(1953年・1955年)、新潟県中魚沼郡津南町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が記載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「大割野劇場」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「津南劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
津南映劇/津南映画劇場
所在地 : 新潟県中魚沼郡津南町大割野(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「津南映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「津南映画劇場」。1969年の十日町市住宅明細図では「映劇」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「津南町役場」北西100mの駐車場。最寄駅はJR飯山線津南駅。

刈羽郡刈羽村

映画館名簿によると刈羽村に映画館は存在しなかったと思われる。

上越地方

上越市

上越市の映画館
1948年(昭和23年)時点の高田市には、本町6丁目の松竹館、本町2丁目の高田シネマ、仲町3丁目の高田中央劇場、大町2丁目の文化劇場と、4館の映画館があった。1956年(昭和31年)末には高田中央劇場の向かいに高田東映劇場が開館した。1957年(昭和32年)には本町5丁目のいずも屋百貨店にいずも屋劇場が開館し、松竹作品の上映を引き継いだため、松竹館は高田大映に改称し、のちに高田日活に改称した。*100

1948年(昭和23年)時点の中頸城郡直江津町には、中央3丁目の直江津座、中央3丁目の越後座と、2館の映画館があった。1951年(昭和26年)には直江津座が直江津第一劇場に改称し、越後座が直江津銀座劇場に改称した。1956年(昭和31年)には住吉町に直江津東映劇場が開館した。*101
いずも屋劇場
所在地 : 新潟県高田市本町5丁目 いずも屋百貨店内
開館年 : 1957年1月1日
閉館年 : 1962年8月28日
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市高田地区付近
映画館名簿には掲載されていない。いずも屋百貨店は1987年に取り壊された。跡地には1993年(平成5年)に「上越ワシントンホテル」が開業し、その後幾度もの改名を経て「ホテルラングウッド上越」となっている。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅。

1957年から1962年まで、高田本町5丁目にあったデパートのいずも屋百貨店には映画館「いずも屋劇場」が併設されていた。いずも屋百貨店は高田市唯一のデパートであり、駅前通りと本町通りの交差点北西角にあった。*102

1957年1月1日、映画館「いずも屋劇場」が開館した。*103

1962年8月28日、いずも屋百貨店は映画館を廃業した。*104

柿崎平和館/平和館
所在地 : 新潟県中頸城郡柿崎町(1955年)、新潟県中頸城郡柿崎町6480(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「柿崎平和館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「柿崎平和館」。1964年の映画館名簿では「平和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
高田文化劇場
所在地 : 新潟県高田市大町2丁目(1953年・1955年)、新潟県高田市大町3丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1941年2月
閉館年 : 1963年頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市高田地区付近
1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「高田文化劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅。

1941年(昭和16年)2月、「大漁座」の経営者が交代し、常設映画館の「文化劇場」となった。1948年には大町2丁目に文化劇場の新館が新築され、仲町3丁目の旧館は「高田中央劇場」となった。これによって4館の常設映画館ができた。1954年(昭和29年)現在の高田市の映画館は、松竹館(松竹)、高田シネマ(東宝・新東宝)、文化劇場(大映)、中劇(東映)の4館である。*105
越後座/銀座映画劇場/直江津銀座映画劇場/直江津銀座劇場
所在地 : 新潟県直江津市中島区1066(1955年)、新潟県直江津市天王町1066(1960年・1963年)、新潟県直江津市天王町1128(1966年)、新潟県直江津市天王町(1969年)
開館年 : 1932年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市直江津地区付近
『全国映画館総覧 1955』によると1932年8月開館。1955年・1960年の映画館名簿では「直江津銀座劇場」。1963年の映画館名簿では「銀座映画劇場」。1966年の映画館名簿では「直江津銀座映画劇場」。1969年の映画館名簿では「直江津銀座劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。直江津第一劇場の通りを北に向かうと右手にあったらしい。最寄駅はJR信越本線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン直江津駅。
電気館/松竹館/高田シネマ/高田シネマ・高田ムービータイム
所在地 : 新潟県高田市本町2-82(1953年・1955年)、新潟県高田市本町2丁目(1960年・1963年)、新潟県高田市本町3丁目(1966年)、新潟県高田市本町2-82(1969年)、新潟県上越市本町2-2-27(1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1936年(松竹館)、1946年(高田シネマ)
閉館年 : 1985年以後1990年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市高田地区付近
1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「高田シネマ」。1980年・1985年の映画館名簿では「高田シネマ・高田ムービータイム」(2館)。1984年の住宅地図では「高田シネマムービータイム」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1993年竣工の「ライオンズマンション高田」。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅。

1936年(昭和11年)には「電気館」が「松竹館」に改称して松竹系統となった。1946年(昭和21年)には松竹館が「高田シネマ」に改称し、東宝系統となって1954年現在に至っている。経営者は齋藤武。*106

直江津東映劇場/直江津東映
所在地 : 新潟県直江津市住吉町115(1960年・1963年)、新潟県直江津市住吉町115(1966年)、新潟県直江津市住吉町115(1969年)、新潟県上越市住吉町115(1973年・1976年・1980年)、新潟県上越市住吉町2-11(1985年・1990年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1990年以後1993年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市直江津地区付近
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「直江津東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「直江津東映劇場」。1984年の住宅地図では「直江津東映劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「直江津東映」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「小林医院」「すみよし調剤薬局」から道路を挟んで北側、直江津郵便局敷地内?にある倉庫のような建物。最寄駅はJR信越本線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン直江津駅。

直江津座/第一劇場/直江津日活第一劇場/直江津第一劇場
所在地 : 新潟県直江津市中島区1166(1955年)、新潟県直江津市天王町1166(1960年・1963年)、新潟県直江津市天王町(1966年・1969年)、新潟県上越市中央3-1106(1973年)、新潟県上越市中央3-1-6(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 2002年以後2005年以前
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市直江津地区付近
1955年・1960年の映画館名簿では「直江津第一劇場」。1963年の映画館名簿では「第一劇場」。1966年の映画館名簿では「直江津日活第一劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「直江津第一劇場」。2002年の映画館名簿では鉄筋3階、250席、経営会社が株式会社第一娯楽センター、経営者・支配人ともに中島裕司、成人映画を上映。1984年の住宅地図では「第一娯楽センター」とあり、1階は焼き鳥店、2階は劇場、3階は麻雀店。2013年に建物が取り壊された。2005年の映画館名簿には掲載されていない。晩年は成人映画館。跡地は2014年3月竣工のアパート「ラ・ルジュ・アン」。最寄駅はJR信越本線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン直江津駅。

高田中央劇場/高田中央劇場・高田東映/高田中央劇場・高田東映劇場/高田中劇1・2
所在地 : 新潟県高田市仲町3丁目(1955年・1960年・1963年・1966年)、新潟県高田市仲町3-236(1969年・1973年)、新潟県上越市仲町3-5-12(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 2006年9月
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市高田地区付近
1955年の映画館名簿では「高田中央劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では仲町3丁目に「高田中央劇場」と「高田東映劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では仲町3-234に「高田東映劇場」で仲町3-236に「高田中央劇場」。1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「高田中央劇場・高田東映劇場」。1984年の住宅地図では中劇会館とあり、1階は中劇東映、2階は会議室、3階は中央ボウル。1990年の映画館名簿では「高田中央劇場・高田東映」。1995年の映画館名簿では「高田中央劇場・高田東映劇場」。2000年の映画館名簿では「高田中劇1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。2013年末から2014年初頭に高田中劇会館が取り壊され、2018年時点で跡地は空き地。高田中央劇場を運営していた金子興業は、2004年に上越地方初のシネコンである「JMAX THEATER 上越」を開館させており、また2016年には「JMAX THEATER とやま」を開館させて県外進出している。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅。

2012年8月現在、新潟県上越市仲町3の高田中劇会館跡に5階建ての温浴複合施設を建設する計画が暗礁に乗り上げている。事業主体の中心となる金子興業は、富山市にシネコンのジェイマックスシアター富山を建設する予定であり、富山市での事業が進捗するまでは上越市の事業に着手できないという。また、2013年度に予定していた国の補助金がなくなることも決まっていた。*107

高田松竹館/高田大映/高田映画劇場/テアトル高田/高田日活/高田世界館
所在地 : 新潟県高田市本町6丁目(1953年・1955年)、新潟県高田市本町6-51(1960年)、新潟県高田市本町6丁目(1963年・1966年)、新潟県高田市本町6-51(1969年・1973年)、新潟県上越市本町6-4-21(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1911年11月
閉館年 : 営業中
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」上越市高田地区付近
Wikipedia : 高田世界館
1953年頃に高田松竹館に改称。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「高田松竹館」。1962年に高田映画劇場に改称。1963年・1966年の映画館名簿では「高田映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「テアトル高田」。1975年に高田日活に改称。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「高田日活」。2009年3月31日に高田日活としては閉館。2009年6月24日に高田世界館として営業再開。2015年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅。

1933年(昭和8年)には「世界館」が「高田東宝映画劇場」に改称した。戦後の1946年(昭和21年)には「高田セントラルシネマ」に改称して洋画専門館になった。1948年(昭和23年)12月には松竹映画会社の系統となり、「松竹館」に改称して1954年(昭和29年)現在に至っている。経営者は熊谷兼市。*108

西尾劇場、高田日活、豊岡劇場の記事として高田京子「human INTEREST レトロを訪ねる 映画館編」『週刊新潮』2007年3月15日号がある。現物は未確認。*109

高田世界館の記事として「ローカルキャリアのつくり方 試みは高田の文化・歴史の更新、そして再定義 日本最古級の減益映画館『高田世界館』の支配人」『ソトコト』2018年6月号がある。現物は未確認。*110

高田世界館の記事として「知られざるニッポンの風景 18回 高田世界館」『ノジュール』2013年4月号がある。現物は未確認。*111

高田世界館の記事として門田恭子「ぶらりわが街 大人の散歩 294回 上越 100年の歴史を刻んだ映画館」『週刊文春』2009年3月19日号がある。現物は未確認。*112

J-MAXシアター
所在地 : 新潟県上越市富岡3524(2005年・2010年・2015年)
開館年 : 2004年6月26日
閉館年 : 営業中
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」JMAX THEATER 上越付近
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「J-MAXシアター1-8」(8館)。上越地方初のシネコン。最寄駅はえちごトキめき鉄道妙高はねうまライン春日山駅。

2004年6月26日、上越市富岡に「J-MAXシアター」が開館する。8スクリーンを有し、座席数は最大で312席。上越地方初のシネコンであり、新潟県では5施設目のシネコンである。経営は上越市の金子興業。長野県や富山県の一部、柏崎市も商圏に見込んでいる。*113

糸魚川市

糸魚川市の映画館
明治末期から大正期には西頸城郡にも相次いで劇場や芝居小屋が建設された。下早川村(現・糸魚川市)新町には新富座、大和川村(現・糸魚川市)梶屋敷には大平座が開館。1913年(大正2年)には糸魚川町大町に金楽座が、1923年(大正12年)には同じく糸魚川町大町に糸魚川劇場が開館した。
ひかり劇場
所在地 : 新潟県糸魚川市中央区(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「ひかり劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が中央興行、支配人が樋口正雄、木造2階冷暖房付、定員277、邦画・洋画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
北斗座
所在地 : 新潟県西頚城郡青海町(1953年・1955年・1958年)、新潟県西頚城郡青海町1010(1960年)、新潟県西頚城郡青海町(1963年・1966年)
開館年 : 1952年11月23日
閉館年 : 1972年3月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「北斗座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年(昭和27年)の西頚城郡青海町にあった劇場「北斗座」の開館記念公演の写真あり。電気化学工業(デンカ)はそれまであった劇場「北斗座」を取り壊し、1952年11月に鉄筋コンクリート造で新築した。屋上には電気化学工業のシンボルである軍配印のネオンが輝いている。1952年11月23日から26日まで、ブルースの女王と呼ばれた淡谷のり子の公演が行われた。電気化学工業の劇場だった。民謡歌手の鈴木正夫なども来館している。歌謡・日本舞踊・漫才などの公演が行われ、映画の上映も行われた。1972年(昭和47年)3月に劇場から体育館に改修された。2014年(平成26年)11月、老朽化のために取り壊された。*114
糸魚川劇場/糸魚川映画劇場/糸魚川東映劇場
所在地 : 新潟県西頸城郡糸魚川町(1950年・1953年)、新潟県糸魚川市大町(1955年)、新潟県糸魚川市大町127(1960年・1963年)、新潟県糸魚川市大町(1966年)、新潟県糸魚川市大町198-1(1969年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1968年?
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」糸魚川市付近
1950年の映画館名簿では「糸魚川劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「糸魚川映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年(昭和3年)5月には「糸魚川劇場」で初めてトーキー映画が上映された。糸魚川劇場はやがて「糸魚川映画劇場」、「糸魚川東映劇場」に改称した。1968年閉館とされる。*115
糸魚川銀座映画劇場
所在地 : 新潟県糸魚川市大町135(1966年・1969年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 1972年頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」糸魚川市付近
1960年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「糸魚川銀座映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年(昭和34年)の糸魚川市にあった映画館「糸魚川銀座映画劇場」の写真あり。1959年の開館間もない時期の写真。「銀映」と呼ばれた。当時は映画黄金期であり、糸魚川市には銀映のほかに「糸魚川映画劇場」、「中央映画劇場」、「ひかり劇場」があった。*116

1972年5月20日時点で糸魚川市の映画館「糸魚川銀座映画劇場」は「みいちゃん通り」に存在した。*117

『糸魚川市史 昭和編3』には開館時の記念写真が掲載されている。*118
中央映画劇場/糸魚川中央映劇/糸魚川中央映画劇場/糸魚川中央劇場/糸魚川中央
所在地 : 新潟県糸魚川市中央区(1960年・1963年)、新潟県糸魚川市新屋(1966年)、新潟県糸魚川市中央区(1969年・1973年)、新潟県糸魚川市大町237-27(1976年・1980年)、新潟県糸魚川市大町1-1-21(1985年・1990年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1989年5月?
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」糸魚川市付近
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年の映画館名簿では経営者が中央興行、支配人が須藤彰、木造2階暖房付、定員350、大映・東宝・新東宝を上映。1963年の映画館名簿では「糸魚川中央映劇」。1966年の映画館名簿では「糸魚川中央映画劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「糸魚川中央劇場」。1980年の日興住宅地図では「中央映画劇場」。1990年の映画館名簿では「糸魚川中央」。糸魚川市最後の映画館。跡地は中央通り沿いの「青木食料品店」西側の空き地。最寄駅はJR大糸線・えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン糸魚川駅。

映画年鑑には1956年版から1968年版に「中央映画劇場」の名が、1969年版から1984年版に「糸魚川中央劇場」の名がある。1984年から1989年までの動向は不明だが、1989年5月に閉館したとされる。糸魚川市唯一の映画館だったため、1か月の間にアニメ、邦画、成人映画、洋画など様々な映画を上映していた。『日本沈没』(1973年)が上映された際には満員となった。入れ替え制ではなかった。*119

妙高市

武蔵野館
所在地 : 新潟県中頸城郡関山村関山(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「武蔵野館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
新井劇場/新井映画劇場
所在地 : 新潟県中頸城郡新井町(1955年・1958年)
開館年 : 1921年11月1日、1944年4月
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1944年4月買い阿kン。1955年・1958年の映画館名簿では「新井映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1921年(大正10年)には資本金3万円で「新井劇場」が設立された。同年11月1日から11月3日まで、東京・市村座の大谷友右衛門や板東三津五郎など120人を招いて落成記念公演が行われた。「新井劇場」はやがて大改築されて「新井映画劇場」となった。映画人口の減少に合わせて閉館し、跡地には新井商工会議所が建てられた。昭和初期の「新井劇場」の写真あり。「場劇井新」の文字が見える。1935年(昭和10年)の「新井映画劇場」の写真あり。「新井映画劇場」の文字が見える。(※文字が左書きなので1935年は誤りと思われる)。花輪が見える。*120
妙高会館/七福シネマ
所在地 : 新潟県中頸城郡名香山村関川(1953年・1955年)、新潟県中頸城郡妙高高原町妙高温泉(1960年)、新潟県中頸城郡妙高高原町(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「妙高会館」。1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「七福シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
新井松竹館
所在地 : 新潟県新井市東雲町(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、新潟県新井市東雲町317-1(1976年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1978年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「新井松竹館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

佐渡地方

佐渡市

真盛座
所在地 : 新潟県佐渡郡真野村(1953年・1955年)
開館年 : 1921年10月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年10月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「真盛座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
開盛座
所在地 : 新潟県佐渡郡新穂村(1953年・1955年)
開館年 : 1919年4月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1919年4月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「開盛座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
金沢座
所在地 : 新潟県佐渡郡金沢村(1953年)、新潟県佐渡郡金沢村千種331(1955年)
開館年 : 1934年8月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1934年8月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「金沢座」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
入江座
所在地 : 新潟県佐渡郡(1953年)、新潟県佐渡郡河原町(1955年)、新潟県佐渡郡佐和田町字河原田(1958年)、新潟県佐渡郡佐和田町河原田諏訪町(1960年)
開館年 : 1921年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年4月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「入江座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿に掲載されている佐和田劇場との関係は不明。

1957年(昭和32年)頃の佐渡郡佐和田町にあった「入江座」の写真あり。「松竹契約三十周年記念」の文字や花輪が見える。1957年(昭和32年)公開の『喜びも悲しみも幾歳月』も看板が見える。1897年(明治30年)頃に橋本新平が河原田に開館させた活動写真館が入江座の始まりだという。入江座は1960年(昭和35年)頃まで繁昌したが、テレビの普及で観客が減少して閉館した。*121

佐和田町史編さん委員会『佐和田町史 通史編掘拑艦妥陳教育委員会、2001年に掲載されている。現物は未確認。*122

『保存版 佐渡の今昔』郷土出版社、2006年に掲載されている。現物は未確認。*123
琴平座
所在地 : 新潟県佐渡郡小木町510(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「琴平座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。琴平神社の鳥居付近。
千歳座
所在地 : 新潟県佐渡郡畑野村(1953年)、新潟県佐渡郡畑野村畑野39(1955年)、新潟県佐渡郡畑野村畑町39(1958年・1960年)、新潟県佐渡郡畑野町39(1963年)
開館年 : 1921年10月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年10月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「千歳座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
相川劇場
所在地 : 新潟県佐渡郡相川町(1953年・1955年)、新潟県佐渡郡相川町羽田(1958年)、新潟県佐渡郡相川町大字羽田町(1960年)、新潟県佐渡郡相川町(1963年)
開館年 : 1949年7月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「相川劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。「NTT東日本相川電話交換所」の場所か。
橋本座/両津橋本座
所在地 : 新潟県佐渡郡両津町夷(1953年・1955年)、新潟県両津市夷町224(1958年・1960年・1963年)、新潟県両津市夷町(1966年)、新潟県両津市夷(1969年)
開館年 : 1913年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1913年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「橋本座」。1966年・1969年の映画館名簿では「両津橋本座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年のゼンリン住宅地図には掲載されていない。
両津会館
所在地 : 新潟県両津市夷町316(1958年・1960年)、新潟県両津市夷町326(1963年)、新潟県両津市夷町316(1966年)、新潟県両津市夷316(1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1957年6月15日
閉館年 : 1984年6月初頭頃
地図 : 「消えた映画館の記憶地図」佐渡市両津地区付近
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「両津会館」。1980年のゼンリン住宅地図では「両津会館」。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「正覚寺」南東30mにある2002年竣工のマンション「NEXT1」。佐渡島最後の映画館。

両津市夷には「両津会館」があった。『映画年鑑』には1958年から1984年まで掲載されている。1984年の初夏頃に閉館し、最後の作品は佐藤純弥監督の『空海』だった。*124

この1979年から、「両津会館」は長期にわたって貸館となる予定。*125

1979年内にも、「両津会館」が閉館する予定。建物をテナントに貸すこととし、借り手が見つかり次第閉館となる。両津会館は1957年6月15日に開館した。鉄筋造一部3階建て、延床面積792平方メートル。観客席400。邦画と洋画を上映する常設映画館である。*126

『月刊佐渡国』1984年5月号における「両津会館」の上映作品紹介。4月28日から5月11日は『里見八犬伝』と『ドラゴン危機一発』。5月12日から6月3日は『空海』。毎日13時から開演。1日3回上映。1984年6月号には両津会館の上映作品の紹介が掲載されていない。*127

『月刊佐渡国』1984年7月号。佐渡唯一の映画館である「両津会館」が閉館した。*128

観光旅館組合は佐渡おけさや鬼太鼓などの郷土芸能を披露するためのおけさ会館を手放した。今後は夷新にある元映画館の「両津会館」を手入れして使う予定。両津市観光協会を運営主体とし、1985年4月1日の開館を目指している。*129

1985年3月、郷土芸能の披露の場として「両津会館」が新装された。*130

ガシマシネマ
所在地 : 新潟県佐渡市相川上京町11
開館年 : 2017年4月1日
閉館年 : 営業中
2017年4月2日、映画館のない佐渡島にシネマカフェ「ガシマシネマ」がオープンする予定である。福島県出身の堀田弥生(40)は新潟大学在学中に映画館「シネ・ウインド」でアルバイトし、大学卒業後には東京・東中野の映画館で10年近く勤務した。2010年には家族で佐渡島に移住し、行きつけのカフェの閉店を機に映画館の開館を思い立った。佐渡金山跡に近い木造平屋建の旧鉱山長住宅を改修し、板張りの和室に約20席と幅3.6mのスクリーンを設置した。週末に映画を上映し、料金は大人1000円。佐渡島には大正時代から昭和時代に約10館の映画館があったが、1980年代には映画館がなくなっていた。*131

2017年4月1日、佐渡市相川地区の京町通里の一角にシネマカフェ「ガシマシネマ」が開館した。佐渡金山の鉱山住宅だった建物を利用している。木造の住宅を改修し、幅3.6メートルのスクリーンが設置されている。4月1日には開館記念イベントが開催され、新潟シネ・ウインドの齋藤正行代表らが駆け付けた。4月2日には上映第1弾として、アレハンドロ・ホドロフスキー監督のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』を上映した。4月16日、4月23日にはホドロフスキー監督の自伝的作品『リアリティのダンス』を上映する。*132

2017年4月、佐渡島の佐渡金山跡近くのカフェを利用してシネマカフェが開館した。毎週日曜に映画を上映し、平日はブックカフェとして営業する。41歳の堀田弥生は福島県出身であり、大学卒業後には東京・東中野の映画館で10年近く働いた。2010年に佐渡に移住し、1年がかりで建物を改装した。約20席、約3.6メートルのスクリーンを有する。5月には新潟が舞台のドキュメンタリー映画を上映し、満席になった回もあった。*133

1980年代には新潟県の佐渡島から映画館がなくなった。2017年4月には佐渡島に、週末に映画を上映するシネマカフェが開館した。堀田弥生は福島県出身であり、東京都の東中野にある映画館で10年近く働いた。2010年には家族4人で佐渡島に移住。佐渡金山跡近くのカフェは行きつけの店だったが、このカフェが閉店すると知ると、映画館に改装しようと思い立った。かつて鉱山長が暮らした建物である。昭和初期に建てられた木造平屋建てのカフェを改装し、約20の座席と横幅3.6メートルのスクリーンを設置した。ガシマシネマという名称は佐渡島(さどがしま)に由来する。毎週日曜日に上映を行っており、料金は大人1000円。平日は映画に関連する本を集めたカフェとして運営している。*134

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます