日本の映画館の総合データベースです。



山口市

山口市は山口市の映画館を参照。

下関市

下関市は下関市の映画館を参照。

宇部市

宇部市は宇部市の映画館を参照。

萩市

萩市は萩市の映画館を参照。

岩国市

岩国市は岩国市の映画館を参照。

中部

防府市

福衆座
所在地 : 山口県佐波郡三田尻町(1927年)、山口県佐波郡防府町三田尻開町(1936年)、山口県防府市宮市天神町(1941年)
開館年 : 1927年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1927年の映画館名簿では「福衆館」。1930年・1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「福衆館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。

1938年現在の防府市にある映画常設館としては、天神町の「銀映館」(松竹)、駅通の「中央館」(日活と新興)、三田尻本町の「三田尻劇場」(大都)、福聚町の「福聚座」(日活)がある。*1
銀映館
所在地 : 山口県佐波郡防府町宮市天神町(1936年)、山口県防府市宮市天神町(1941年・1943年・1947年)
開館年 : 1934年以後1936年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「銀映館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。

1938年現在の防府市にある映画常設館としては、天神町の「銀映館」(松竹)、駅通の「中央館」(日活と新興)、三田尻本町の「三田尻劇場」(大都)、福聚町の「福聚座」(日活)がある。*2
三洋会館/三洋シネマ
所在地 : 山口県防府市大林寺160(1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1961年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「三洋会館」。1961年の映画館名簿では「三洋シネマ」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
中央館/中央会館/防府新東宝/防府中央映劇
所在地 : 山口県佐波郡防府町宮市駅(1934年)、山口県佐波郡防府町三田尻駅通り(1936年)、山口県防府市三田尻駅通(1941年・1943年)、山口県防府市三田尻駅通(1950年)、山口県防府市駅通33(1953年)、山口県防府市駅前通33(1955年)、山口県防府市駅前通(1958年)、山口県防府市駅通り(1960年)
開館年 : 1930年以後1934年以前、1954年8月
閉館年 : 1959年9月末
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「中央館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「中央会館」。1955年・1958年の映画館名簿では「防府新東宝」。1960年の映画館名簿では「防府中央映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1938年現在の防府市にある映画常設館としては、天神町の「銀映館」(松竹)、駅通の「中央館」(日活と新興)、三田尻本町の「三田尻劇場」(大都)、福聚町の「福聚座」(日活)がある。*3

1959年9月末をもって、防府市三田尻駅前の「中央会館」は廃館となった。所有者の事業が失敗して経営を継続することが困難になったため。支配人は沢田壮児。*4

1953年の防府市にあった「東宝映画館」の写真あり。「TOHO EIGA」「東宝映画」の文字が見える。長谷川和夫主演『平次八百八町』の看板が見える。当時の防府市には「宮市劇場」、「防府映劇」、「松竹」、「日劇」、「三田尻劇場」、「東映」、「三洋会館」、「中関座」などもあった。2008年現在の跡地の写真あり。跡地はルルサス防府となっている。*5
日本劇場
所在地 : 山口県防府市三田尻車塚(1950年)、山口県防府市大字三田尻1447(1953年)、山口県防府市平塚(1955年)、山口県防府市車塚町(1958年)、山口県防府市車塚(1960年)
開館年 : 1948年10月
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年10月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「日本劇場」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
防府松竹
所在地 : 山口県防府市野崎町(1943年・1947年)、山口県防府市南野崎(1950年)、山口県防府市野崎町1483(1953年・1955年)、山口県防府市新天地(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1938年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年12月開館。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「防府松竹」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
宮市劇場/防府みやげき
所在地 : 山口県防府市宮市天神通馬場(1953年)、山口県防府市天神通馬場(1955年)、山口県防府市天神町馬場68(1958年)、山口県防府市天神馬場(1960年・1963年)、山口県防府市天神馬場町33(1966年・1967年)
開館年 : 1949年7月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮市劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「防府みやげき」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「宮市アパート」。跡地は「防府市まちの駅うめてらす」東50mにある建物。最寄駅はJR山陽本線防府駅。

1957年頃の防府市松崎町にあった「宮市劇場」の写真あり。「気軽に観られる優秀邦画」の文字が見える。防府天満宮の下、前川米穀店の近くにあった。*6
三田尻常設館/三田尻座/三田尻映画劇場/三田尻東宝映画劇場/映画劇場緑/防府三田尻劇場
所在地 : 山口県佐波郡三田尻町(1927年・1930年)、山口県佐波郡防府町三田尻(1934年・1936年)、山口県防府市三田尻本町(1941年・1943年)、山口県防府市三田尻町自力通(1953年・1955年)、山口県防府市三田尻町自力東(1958年・1960年)、山口県防府市三田尻自力東町(1963年)、山口県防府市三田尻東自力町(1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1927年以前、1951年6月
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951月6月開館。1927年の映画館名簿では「常設館」。1930年の映画館名簿では「三田尻常設館」。1934年の映画館名簿では「三田尻座」。1936年の映画館名簿では「三田尻映画劇場」。1941年の映画館名簿では「三田尻東宝映画劇場」。1943年の映画館名簿では「映画劇場緑」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三田尻劇場」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「防府三田尻劇場」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

1938年現在の防府市にある映画常設館としては、天神町の「銀映館」(松竹)、駅通の「中央館」(日活と新興)、三田尻本町の「三田尻劇場」(大都)、福聚町の「福聚座」(日活)がある。*7

1969年の塔文社防府市街地図ではファミリーマート防府自力町店がある交差点に「三劇前バス停」が描かれている。
防府名画座/テアトル毎日/防府テアトル毎日
所在地 : 山口県防府市天神町(1964年・1965年)、山口県防府市天神町1421(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1963年頃
閉館年 : 1973年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の映画館名簿では「防府名画座」。1965年の映画館名簿では「テアトル毎日」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「防府テアトル毎日」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。
みなと東映/みなと劇場/防府みなと映劇/防府みなと劇場
所在地 : 山口県防府市三田尻町本町(1958年)、山口県防府市三田尻本町(1960年)、山口県防府市三田尻本町200(1963年・1966年・1969年・1973年)、山口県防府市三田尻本町2-16(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1985年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「みなと劇場」。1960年の映画館名簿では「みなと東映」。1963年の映画館名簿では「みなと劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「防府みなと映劇」。1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「防府みなと劇場」。1976年の住宅地図では「みなと劇場」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「明覚寺」南東150mにある民家。

1959年7月8日、徳山市油屋町の日活・東映二番館「徳山日活」は、「みなと東映」に改称して東映二番専門館となった。*8
防府映劇/防府映画劇場/防府劇場
所在地 : 山口県防府市三田尻本町(1947年)、山口県防府市天神(1950年)、山口県防府市天神町(1953年)、山口県防府市天神通(1955年)、山口県防府市天神町(1958年・1960年・1963年)、山口県防府市新天地1411(1966年・1969年・1973年)、山口県防府市新天地1-37-101(1976年・1980年)、山口県防府市天神町1-3-7-101(1985年)、山口県防府市天神町1-3-7(1988年)
開館年 : 1934年5月
閉館年 : 1988年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1934年5月開館。1947年・1950年の映画館名簿では「防府映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「防府映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「防府映画劇場」。1975年・1976年の住宅地図では「毎日興業ビル 防府劇場 階上アパート」。1976年・1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「防府劇場」。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「防府税務署」西160mにある月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線防府駅。

防府市三田尻16-1の防府劇場株式会社。出資高1万6000円。主なる事業は演劇場貸付。*9
防府東映劇場/防府東映/防府東映・防府プラザ
所在地 : 山口県防府市駅前(1957年)、山口県防府市駅前通(1958年)、山口県防府市駅前(1960年)、山口県防府市防府駅(1963年)、山口県防府市西佐波令神田1333(1966年・1969年・1973年)、山口県防府市駅前八王子町1-3(1976年・1980年)、山口県防府市駅前八王子1-1-3(1985年・1990年・1995年・1998年・1999年)
開館年 : 1955年12月、1984年(2館化)
閉館年 : 1999年4月19日
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「防府東映」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「防府東映劇場」。1975年・1976年の住宅地図では「防府東映劇場」。1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「防府東映」。1990年・1995年・1998年・1999年の映画館名簿では「防府東映・防府プラザ」(2館)。1998年の映画館名簿では経営会社が丸三商事有限会社、鉄筋造2階、126席・142席。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東山口信用金庫防府駅前支店」西にあるアパート「メゾン防府」と月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線防府駅。

1999年4月19日、防府市八王子のビル2階にあった「防府東映」と「防府プラザ」が休館した。3月には防府駅前に7スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ防府」が開館していた。防府東映は1955年暮れに開館し、東映の仁侠映画などでにぎわいを見せた。1984年に2館となって洋画も上映するようになった。運営は丸三商事であり、山口市や宇部市でも映画館を経営している。*10
ワーナー・マイカル・シネマズ防府/イオンシネマ防府
所在地 : 山口県防府市中央町1-3 防府サティ2階(2000年・2005年・2010年)、山口県防府市中央町1-3 イオン防府店2階(2015年・2020年)
開館年 : 1999年3月1日
閉館年 : 営業中
1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ防府1-7」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ防府1-7」(7館)。最寄駅はJR山陽本線防府駅。

1999年3月1日、防府市中央町1-3 防府サティ2階に「ワーナー・マイカル・シネマズ防府」が開館した。7スクリーンを有する。*11

周南市

1943徳山東宝映劇(西町)
1947互助会館(公会堂内)
1950徳山映画劇場(新町)、徳山中央市民館(油屋町2652)
歌舞伎座
所在地 : 山口県都濃郡徳山町(1941年)
開館年 : 1929年6月
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

撮影年不明の徳山町にあった「歌舞伎座」の写真あり。1923年に芝居を主とする「稲荷座」として開館し、1929年6月に改築して「歌舞伎座」となった。*12
徳山座
所在地 : 山口県徳山市都町(1941年・1943年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「徳山座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
毎日館/徳山松竹
所在地 : 山口県都濃郡徳山町(1927年・1930年・1934年)、山口県都濃郡徳山町代々小路(1936年)、山口県徳山市油屋町(1941年・1943年)
開館年 : 1927年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1927年・1930年・1934年・1936年・1941年の映画館名簿では「毎日館」。1943年の映画館名簿では「徳山松竹」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。

撮影年不明の徳山町にあった「太陽館」の写真あり。1909年8月には徳山演劇株式会社が経営する「朝日座」が開館したが、1915年には火災で全焼し、跡地に「徳山座」が開館した。1917年には「毎日館」が開館し、1919年には映画常設館「太陽館」が開館したが、やがて太陽館は毎日館と合併して「毎日館」となった。*13
太陽館
所在地 : 山口県都濃郡徳山町(1927年・1930年・1934年)、山口県都濃郡徳山町旭町(1936年)、山口県徳山市旭市(1941年)、山口県徳山市旭町(1943年)
開館年 : 1927年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1927年・1930年・1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「太陽館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。

撮影年不明の徳山町にあった「太陽館」の写真あり。1909年8月には徳山演劇株式会社が経営する「朝日座」が開館したが、1915年には火災で全焼し、跡地に「徳山座」が開館した。1917年には「毎日館」が開館し、1919年には映画常設館「太陽館」が開館したが、やがて太陽館は毎日館と合併して「毎日館」となった。*14
新天地劇場
所在地 : 山口県徳山市小沢町(1953年)、山口県徳山市寺町3569(1955年)、山口県徳山市幸町(1958年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1958年9月末
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「新天地劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年9月いっぱいで、徳山市の「新天地劇場」が赤字を理由に映画興行を打ち切り、10月からキャバレーに転向した。経営は毎日興行株式会社。*15
徳山セントラル映画劇場/徳山セントラル/徳山東宝
所在地 : 山口県徳山市浦石2128(1950年)、山口県徳山市佐渡町(1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 1960年11月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「徳山セントラル映画劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「徳山セントラル」。1960年の映画館名簿では「徳山東宝」。1955年の映画館名簿では経営者が岩崎武二、支配人が奥村吉樹、木造2階、定員350、東映・日活・洋画を上映。1960年の映画館名簿では経営社・支配人ともに中島堅一、木造2階、定員400、東宝を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1960年11月28日午前1時30分頃、徳山市銀座1丁目の「徳山東宝」から出火して木造2階建てが全焼した。経営は中島堅一。損害は約1000万円。原因は調査中。*16
大勝館
所在地 : 山口県徳山市下田平1717(1957年)、山口県徳山市下田平(1958年)、山口県徳山市下田平1717(1960年)、山口県徳山市下田平町(1961年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1961年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「大勝館」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
富田映劇
所在地 : 山口県都濃郡南陽町(1957年・1958年)、山口県都濃郡南陽町富田(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1963年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「富田映劇」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「富田映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「高杉レディースクリニック」。最寄駅はJR山陽本線新南陽駅。
櫛ヶ浜映劇/徳山櫛ヶ浜映劇
所在地 : 山口県徳山市櫛ヶ浜(1957年・1958年・1960年)、山口県徳山市櫛ヶ浜町(1963年)、山口県徳山市櫛ヶ浜西本(1966年・1968年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1968年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「櫛ヶ浜映劇」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「櫛ヶ浜映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「徳山櫛ヶ浜映劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JR山陽本線櫛ケ浜駅」南150mにある駐車場など。最寄駅はJR山陽本線・岩徳線櫛ケ浜駅。
南陽映劇/南陽映画劇場
所在地 : 山口県都濃郡南陽町(1957年・1958年)、山口県都濃郡南陽町富田(1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1968年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「南陽映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「南陽映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
福川座/福川映劇/福川映画劇場
所在地 : 山口県都濃郡福川町(1941年)、山口県都濃郡南陽町福川(1958年・1960年・1963年)、山口県都濃郡南陽町福川中市(1966年・1968年)
開館年 : 1936年以後1941年以前、1957年頃
閉館年 : 1968年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「福川座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「福川映画劇場」。1958年の徳山市・南陽町詳細住宅案内図では「福川会館」。1960年・1963年の映画館名簿では「福川映劇」。1966年・1968年の映画館名簿では「福川映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山口銀行福川支店」東南東150mの駐車場。最寄駅はJR山陽本線福川駅。

1950年頃の南陽町にあった「福川劇場」(福川座)の写真あり。もともと柳井にあったものを買い取って移築したとされる。*17
喜楽座/徳山喜楽座
所在地 : 山口県徳山市柳町(1955年・1958年・1960年)、山口県徳山市昭和通2-8(1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1951年8月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「喜楽座」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「宝屋市場」。1966年・1968年の映画館名簿では「徳山喜楽座」。1969年の徳山市街図では「喜楽座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「青空公園」南南東70mにある有料駐車場「ダイイチパーク」。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。
文化劇場/徳山文化劇場
所在地 : 山口県徳山市油屋町(1953年・1955年・1958年・1960年)、山口県徳山市有楽町9(1966年・1969年・1970年・1971年・1972年)
開館年 : 1952年4月
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「文化劇場」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年・1971年・1972年の映画館名簿では「徳山文化劇場」。1969年の徳山市街図では「文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「野村證券徳山支店」西南西110mにある「徳山駅前24時間駐車場」。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。
徳山映劇/徳山劇場/徳山映画劇場
所在地 : 山口県徳山市新町(1950年)、山口県徳山市旭町3193-3(1953年)、山口県徳山市旭町(1955年)、山口県徳山市銀座3丁目(1963年)、山口県徳山市銀座2-6(1966年)、山口県徳山市銀座3-6(1969年・1973年)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 1973年頃(移転)
『全国映画館総覧 1955』によると1951年10月開館。1950年の映画館名簿では「徳山映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「徳山映劇」。1963年の映画館名簿では「徳山劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「徳山映画劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。
徳山国際劇場・国際シネマ/国際劇場・国際日活/国際劇場・徳山日活/徳山大映国際劇場・徳山国際日活劇場/徳山国際劇場・徳山にっかつ/徳山国際劇場・徳山国際シネマ
所在地 : 山口県徳山市幸町(1958年)、山口県徳山市大字徳山3233(1960年)、山口県徳山市平和通2-47(1963年・1966年・1969年・1980年・1990年・1995年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1997年2月28日
1958年の映画館名簿では「徳山国際劇場・国際シネマ」(2館)。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「国際劇場」。1960年の映画館名簿では「国際劇場・国際日活」。1963年の映画館名簿では「国際劇場・徳山日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「徳山国際日活劇場・徳山大映国際劇場」(2館)。1976年の住宅地図では「徳山国際劇場」。1980年の映画館名簿では「徳山国際劇場・徳山にっかつ」(2館)。1988年の住宅地図では「徳山国際劇場 国際地下街」。1990年・1995年の映画館名簿では「徳山国際劇場・徳山国際シネマ」(2館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の住宅地図では跡地に「ホテルアルファーワン徳山」。跡地はビジネスホテル「アルファ・ワン徳山」。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。

1958年6月18日、徳山市の「徳山国際シネマ」が新東宝との賃借契約を解除し、「徳山国際日活劇場」に改称して日活直営館として再発足した。椅子席800。館主は鵜飼喜一郎。従来の日活専門館である「徳山日活」は邦画二番・三番館に転向する。「新天地劇場」が新東宝封切館となる。*18

1997年2月末をもって、徳山市平和通2丁目の映画館「徳山国際劇場」(750席)と併設の「徳山国際シネマ」(380席)が閉館する。経営は岩国市の国際興業。跡地には関連会社である徳山国際土地建物が14階建てのビジネスホテルを建設し、1998年夏に開業する予定。両館は1957年に開館し、山口県では数少ない東宝系洋画の封切館だった。1960年代から1970年代にかけて、1週間で2映両館合わせて2万人が入場したこともあった。*19

1997年2月いっぱいで、徳山市平和通の映画館「徳山国際劇場」と「国際シネマ」が閉館する。観客数の減少や建物の老朽化が理由。3月には建物が取り壊され、跡地には1998年8月までに14階建てのビジネスホテルが開業する予定。経営は岩国市の国際興行。1957年に同一ビルの1階と2階に開館した。国際劇場は750席、国際シネマは380席。開館当時は西日本最大級の映画館だったとされる。昭和30年代の国際シネマは大映と日活の系列であり、石原裕次郎らが主演する映画を上映した。*20

1997年2月末をもって、徳山市の映画館「徳山国際劇場」と「国際シネマ」が40年の歴史に幕を閉じて閉館した。徳山国際劇場のスクリーンのサイズと客席数は山口県最大であり、山口県の洋画系映画館の象徴的存在だった。昭和30年代の山口県には100館を超える映画館があったが、1997年現在は20スクリーンを切っている。*21
徳山日活(旧)/みなと東映/徳山みなと東映劇場/徳山グランド劇場
所在地 : 山口県徳山市油屋町(1958年・1960年)、山口県徳山市戎町1(1963年)、山口県徳山市戎町1-1(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年7月13日
閉館年 : 2000年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「徳山日活」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「日活劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「みなと東映」。1966年の映画館名簿では「徳山みなと東映劇場」。1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「徳山グランド劇場」。1976年の住宅地図では「グランド劇場」。1988年の住宅地図では「1階グランド地所 2階グランド劇場 3階竹原 網本」。2000年の住宅地図では跡地に「1階グランド地所 藤井 3階寺山 網本」。2001年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「代々木公園」南西50mにある建物。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。

1956年7月13日、徳山市油屋町に日活封切館「徳山日活」が開館した。総工費1000万円。定員360人。経営は加藤興行。徳山市の映画館は8館となった。*22

1956年の徳山市にあった「日活」の写真あり。「徳山日活」の文字が見える。1956年公開の作品『暁の逃亡』や『ニコヨン物語』の看板が見える。建物の入口は回転扉だった。*23

1959年7月8日、徳山市油屋町の日活・東映二番館「徳山日活」は「みなと東映」に改称して東映二番専門館となった。*24
歌舞伎座/徳山劇場/テアトル徳山(初代)/テアトル徳山・徳山映画劇場/テアトル徳山1・2/テアトル徳山1・シネマ ヌーヴェル
所在地 : 山口県徳山市幸町(1953年)、山口県徳山市銀座2丁目(1955年・1958年・1960年)、山口県徳山市銀座3丁目(1963年)、山口県徳山市銀座3-18(1969年・1973年)、山口県徳山市銀座2-18(1974年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、山口県周南市銀座2-18(2005年・2010年)、山口県周南市銀座2-18 毎日興業銀座ビル2階(閉館時)
開館年 : 1951年3月(歌舞伎座)、1967年(テアトル徳山)
閉館年 : 2005年
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「歌舞伎座」。1963年の映画館名簿では「徳山劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年・1973年の映画館名簿では「テアトル徳山」。1974年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「テアトル徳山・徳山映画劇場」(2館)。1976年の住宅地図では「サンエコー 4階徳山劇場」。1988年の住宅地図では「サンエコー 2階テアトル徳山 徳山劇場」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「テアトル徳山1・2」(2館)。2000年の住宅地図では「サンエコー 2階テアトル徳山機Ν供廖2005年・2010年の映画館名簿では「テアトル徳山1・シネマ ヌーヴェル」(2館)。跡地の建物は「映画館ホールテアトル徳山1 シネマ ヌーヴェル」として現存。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。

1937年に吉田初三郎が描いた『徳山市鳥瞰図』には「歌舞伎座」「太陽館」「徳山座」が描かれている。*25

1960年5月5日午後7時頃、徳山市銀座南通の「歌舞伎座」から出火し、鉄筋モルタル塗2階建て、2000平方メートルが全焼した。観客約800人は無事避難したが、消防署員4人が重傷を負った。原因は調査中。1945年7月には空襲で焼失、1947年10月にも全焼しており、今回が3度目の火災である。毎日興行の主力館である。跡地には2館から3館を含む娯楽センターを建設する予定。*26

1960年5月5日、徳山市銀座通りの「歌舞伎座」が全焼した。原因は不明。*27

1961年1月11日、徳山市銀座2丁目の「歌舞伎座」跡地で総合娯楽ビルが着工した。7月25日に完成予定。鉄筋コンクリート造、地下1階・地上4階建て。述べ4302平方メートル。地下は遊技場と貸店舗、1階は貸店舗、2階と3階は映画館と食堂、4階は事務所。経営は白井祥雄社長の毎日興行。*28

1963年9月27日、徳山市銀座の徳山毎日興行ビルの第二期工事が着工した。1961年12月には第一期工事が完了した。*29

1998年5月31日、松竹関西興行の「テアトル徳山1・2」が閉館した。*30

2002年9月28日、徳山市銀座2丁目の映画館「テアトル徳山2」が山口県初のアート系専門映画館となる予定。108席だった座席数を約80席に減らす。これまでは主にハリウッド系の作品を上映していたが、アジアやヨーロッパの作品を中心に上映する予定。25歳以上の大人の女性をターゲットとし、フランスのニルス・タヴェルニエ監督作品『エトワール』がオープニング作品となる。*31

2004年9月、周南市銀座2丁目の映画館「シネマ・ヌーヴェル」が開館2周年を迎える。山口県唯一のミニシアター系映画館であり、地方では上映されにくいヨーロッパやアジアの作品を上映してきた。もともとは大作映画の上映館だったが、シネコンとの差別化を図るためにミニシアターとなった。当初は東京と同じように1作品2週間の上映だったが、認知度が高まる前に上映期間が終了してしまうのが難点だった。2004年になってから上映期間を1か月にしたところ、観客数が増えだしたという。「30-40代の女性」をターゲットとしている。*32

周南市中心部にある映画館「シネマ・ヌーヴェル」「テアトル徳山機廖屮謄▲肇詁岨魁廚3館は、2004年春に支配人になった角田俊一(34)が一人で仕切っている。アート系作品を上映していたシネマ・ヌーヴェルに娯楽系作品を取り入れ、韓国映画2本を1000円で上映したこともあった。*33
徳山映劇/徳山東映劇場/徳山東宝/徳山銀南シネマ/テアトル徳山3/テアトル徳山(2代)
所在地 : 山口県徳山市旭町3193-3(1953年)、山口県徳山市旭町(1955年)、山口県徳山市旭町3193(1956年・1957年)、山口県徳山市銀南街道(1958年)、山口県徳山市旭町(1960年)、山口県徳山市銀南街(1963年)、山口県徳山市銀南街49(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)、山口県徳山市銀南街47(1990年)、山口県徳山市銀南街49(1995年・2000年)、山口県周南市銀南街49(2005年・2010年)、山口県周南市銀南街49 銀南毎日興業ビル4階(閉館時)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 2012年12月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1956年・1957年の映画館名簿では「徳山映劇」。1958年の徳山市南陽町詳細住宅案内図では「徳山東映」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「徳山東映」。1966年の映画館名簿では「徳山東映劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「徳山東宝」。1976年の映画館名簿では「銀南シネマ」。1976年の住宅地図では「新毎日興業ビル 4階銀南シネマ」。1980年・1985年の映画館名簿では「徳山銀南シネマ」。1988年の住宅地図では「新毎日ビル 4階銀南シネマ」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「テアトル徳山3」。2000年の住宅地図では「新毎日ビル 4階テアトル徳山掘廖2005年・2010年の映画館名簿では「テアトル徳山」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2015年11月開館のライブハウス「周南RISING HALL」。最寄駅はJR山陽本線・山陽新幹線徳山駅。

1997年7月11日、徳山市銀南街の映画館「テアトル徳山3」が全面改装を終え、「テアトル徳山」に改称して再オープンする。8000万円を投じて改装した。320席を224席に減らし、前列2列と後列2列はペアシートとなった。デジタルサウンド対応の映写機を導入した。7月11日には記念式典が行われる。7月12日には上映が開始され、『もののけ姫』が上映される。*34

2012年12月28日をもって、周南市銀南街の映画館「テアトル徳山」が45年の歴史に幕を閉じる。9月には岩国市の「岩国ニューセントラル」が休館、12月1日には山口市の「山口スカラ座」が閉館している。1967年に毎日興業が開館させた。1スクリーン206席。山口県出身の監督の作品や、国際的に評価された作品などを上映し、2009年からは周南映画祭の会場にもなっていた。1台約1000万円のデジタル映写機の導入が難しく、休刊を決定した。12月15日からの『人生、いろどり』が最後の上映作品。休館後には貸しホール化し、夏休みなど不定期での上映を検討している。*35

2012年12月28日をもって、周南市唯一の映画館「テアトル徳山」が休館する。1967年に開館した。1997年には観客数がピークとなり、約13万人を集めた。1999年には近隣の下松市や防府市にシネコンが開館した。2005年には系列の「シネマ・ヌーヴェル」と「テアトル徳山1」を休館させ、シネコンでは上映しない作品に絞って差別化を図った。現在の入館者数は1万2000人から1万5000人ほどにまで落ち込んでいた。*36

2012年12月28日をもって、周南市の映画館「テアトル徳山」が休館した。1967年に開館した。1999年には近隣市にシネコンが進出し、芸術性の高い作品の上映に移行した。フィルムからデジタルへの移行が困難であり閉館を決めた。経営は毎日興行。最終上映作品は『アルゴ』と『人生、いろどり』。*37

下松市

星名館
所在地 : 山口県都濃郡下松町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「星名館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。

1936年頃の下松にあった常設映画館「星名館」の写真あり。*38
下松宮前会館/宮前会館
所在地 : 山口県下松市東豊井(1947年・1950年)、山口県下松市東豊井15442-2(1953年)、山口県下松市東豊井(1955年・1958年)、山口県下松市宮前(1960年)
開館年 : 1946年6月30日
閉館年 : 1959年
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「宮前会館」。1950年の映画館名簿では「下松宮前会館」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「宮前会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1946年6月には下松に「宮前会館」が開館し、6月30日に開館式を行い、8月30日から東宝系の作品を上映した。完成間もないころの写真あり。「MIYAMAE」の文字が見える。当初は終戦直前に建設される予定だった。後に個人所有になり、日立の従業員の慰安会場としても使用された。1959年に取り壊された。*39
会館シネマ/中央シネマ
所在地 : 山口県下松市大手町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1954年12月22日
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「会館シネマ」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中央シネマ」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年12月22日、下松市に洋画専門館「会館シネマ」が開館した。11月に竣工した下松労働会館を用いており、岩崎武二が下松市役所との間で賃貸借契約を交わした。定員700。*40

1959年2月10日、下松市で岩崎興行が経営していた洋画館「会館シネマ」が閉館し、1954年から賃借していた下松市労働会館は下松市に返還された。赤字経営が続いていた。*41

1959年5月13日、下松市の「下松会館シネマ」が「中央シネマ」に改称し、洋画封切館として営業を再開した。1958年11月に経営難で閉館し、その後は労働会館として用いられていた。座席数720。経営は高橋尚幸社長の笠戸実業。*42
大日館/下松大日館
所在地 : 山口県都濃郡下松町(1936年)、山口県下松市相生町(1943年)、山口県下松市相生町3丁目(1950年)、山口県下松市相生町(1953年・1955年・1958年)、山口県下松市相生町3(1960年)、山口県下松市相生町(1963年)、山口県下松市相生町3丁目(1966年・1969年・1973年)、山口県下松市相生町3(1976年・1978年・1979年)
開館年 : 1921年10月
閉館年 : 1979年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1921年10月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大日館」。1966年・1969年・1973年・1976年・1978年・1979年の映画館名簿では「下松大日館」。1976年の住宅地図では「大日映画館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「妙見宮鷲頭寺」南東70mにある月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線下松駅。

1935年頃の下松にあった「大日館」の写真あり。「館日大」の文字が見える。大日館と「星名館」の2館は昭和初期から1985年現在に至るまで営業を続けている。*43

1960年頃の下松市相生町(西豊井)にあった映画館「大日館」の写真を眺める少年の写真あり。『不敵に笑う男』、『切られ与三郎』の看板が見える。*44

1935年頃の「大日館」の写真あり。*45
下松松竹/下松東映劇場/下松東映/下松シネマ
所在地 : 山口県下松市相生町(1943年)、山口県下松市桜町(1947年)、山口県下松市相生町(1950年・1955年・1958年・1960年・1963年)、山口県下松市相生町83(1966年)、山口県下松市相生町82(1969年・1973年)、山口県下松市相生町811(1976年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1952年11月
閉館年 : 1994年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1943年・1947年・1950年・1955年・1958年の映画館名簿では「下松松竹」。1960年・1963年の映画館名簿では「下松東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「下松東映劇場」。1976年の住宅地図では「下松東映」。1976年・1980年の映画館名簿では「下松東映」。1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「下松シネマ」。1992年の映画館名簿では経営会社が有限会社周南興業、木造1階、246席、成人映画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。下松市最後の従来型映画館。跡地は「普門寺」北東80mにある月極駐車場。最寄駅はJR山陽本線下松駅。
MOVIX周南
所在地 : 山口県下松市中央町21-3 ザ・モール周南内(2000年・2005年・2010年・2015年)、山口県下松市中央町21-3 ゆめタウン下松内(2020年)
開館年 : 1999年3月20日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「Movix周南1-7」(7館)。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「MOVIX周南1-7」(7館)。最寄駅はJR山陽本線下松駅。

1998年2月13日、松竹シネマークシアターズは下松市に7スクリーンの「MOVIX周南」を建設することを発表した。1999年春に開館予定である。*46

1999年3月20日、下松市中央町のザ・モール周南に「MOVIX周南」が開館した。3月18日の完工式には映画監督の山田洋次や河村憐次次市長らが出席した。総事業費は約10億円。年間60万人の観客と7億5000万円の売上を見込んでいる。3月1日には防府市に「ワーナー・マイカル・シネマズ防府」も開館している。*47

1999年3月20日、下松市中央町21-3 ザ・モール周南に「MOVIX周南」が開館した。7スクリーンを有する。経営は松竹マルチプレックスシアターズ。*48

1999年3月20日、松竹マルチプレックスシアターズによって「MOVIX周南」が開館した。*49

光市

新市座
所在地 : 山口県熊毛郡室積町(1941年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「新市座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
光松竹/光会館
所在地 : 山口県光市光町(1947年)、山口県光市島田町(1950年)、山口県光市熱田町(1953年)、山口県光市島田市(1954年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 1954年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1947年5月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「光松竹」。1950年・1953年・1954年の映画館名簿では「光会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。
光文化劇場/文化映劇/文化劇場
所在地 : 山口県光市光井野原(1957年)、山口県光市光井(1958年・1960年)、山口県光市光井野原(1962年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「光文化劇場」。1960年の映画館名簿では「文化映劇」。1962年の映画館名簿では「文化劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1975年の光市にあった映画館「文劇」廃墟の写真あり。建物は工場となっている。光市には4館の映画館があった時代があったが、昭和30年代には娯楽の主役をテレビに譲った。1981年には光市から映画館がなくなった。*50
光太陽館/太陽館
所在地 : 山口県光市光井(1955年・1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1952年5月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「太陽館」。1958年の映画館名簿では「光太陽館」。1960年・1961年の映画館名簿では「太陽館」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。
室積松竹/室積映劇
所在地 : 山口県光市室積町(1947年・1950年・1953年)、山口県光市室積町3542(1955年)、山口県光市室積町(1958年・1960年・1963年)、山口県光市室積西之浜(1965年)
開館年 : 1943年8月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年8月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「室積松竹」。1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「室積映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年の光市にあった映画館「室積映劇」の写真あり。『こんな美男子見たことない』や『投げ唄左門一番手柄 死美人屋敷』や『太陽のない街』の看板が見える。光市には4館の映画館があった時代があったが、テレビの普及とともに映画産業は斜陽化した。1981年には「銀映」が取り壊され、光市から映画館がなくなった。*51
中央映劇/光中央映画劇場
所在地 : 山口県光市中央町(1962年・1963年・1966年・1969年・1970年・1972年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1972年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「中央映劇」。1966年・1969年・1970年・1972年の映画館名簿では「光中央映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
光銀映座/光銀映
所在地 : 山口県光市浅江町(1955年)、山口県光市浅江町筒井(1958年)、山口県光市浅江泉町(1960年)、山口県光市泉町(1963年)、山口県光市泉町5(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1952年7月
閉館年 : 1981年
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「光銀映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「光銀映座」。1976年・1980年の映画館名簿では「光銀映」。1976年の住宅地図では「銀映」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。光市最後の映画館。跡地は弁当販売店「銀柳」。最寄駅はJR山陽本線光駅。

光市には4館の映画館があった時代があったが、テレビの普及とともに映画産業は斜陽化した。1981年には「銀映」が取り壊され、光市から映画館がなくなった。*52

光市には4館の映画館があった時代があったが、昭和30年代には娯楽の主役をテレビに譲った。1981年には光市から映画館がなくなった。*53

東部

柳井市

柳井座
所在地 : 山口県玖珂郡柳井町(1941年)
開館年 : 1913年2月、1928年2月
閉館年 : 1957年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「柳井座」。1941年の映画館名簿では経営者が福田義人、支配人が松谷治助、上映系統は記載なし、収容人員は記載なし。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の住宅地図では跡地に「道路予定」。1969年の住宅地図では跡地に道路か空地は判然としない空白。跡地は「林木材有限会社」と「増本クリニック」。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。

1913年、柳井の新市1丁目に「柳井座」が建設された。取締役社長は神田静治。1925年9月10日、中村雁治郎一座の興行前夜に火災で焼失した。*54

1913年、柳井町の新市1丁目に神田静治らが発起人となって「柳井座」が建設された。市川右団次、斎入、松井須磨子などが来演した。1924年には睦美クラブの経営となり、その後桑原藤吉が、さらに木原光が経営を引き継いだ。1925年9月10日、中村雁治郎一座の興行前夜に楽屋から出火して焼失した。佐村清一らが再建に奔走し、1928年12月に再建された。社長は妹尾雄一郎、請負経営は堀本貞一であり、松本幸四郎、水谷八重子らが来演した。その後佐村清一が社長に就任し、やがて徳山市の毎日興行の経営となった。1957年には経営難で毎日興行が手放し、柳井市が5年契約で賃借したが、結局は廃業して1964年8月に取り壊された。*55

明治初期、近藤唯治が常設の劇場として「柳井津座」を設立し、その後は「白水座」「宝来座」「開柳座」「改柳座」などもできた。最後に建てられたのが「柳井座」であり、神田静治などが発起人となった。大正初期の「柳井座」は地方の大劇場といわれ、中国5県では第一の威容を誇った。商業都市として発展した柳井に果たした役割は大きい。柳井座を訪れた俳優として、中村扇雀、中村雁次郎、中村左団次、中村右団次、市川猿之介、松井須磨子、北村緑郎、水谷八重子、曾我廼家五郎、広沢造、広沢天勝、片岡千恵蔵などがいる。1925年、中村雁次郎が興行した夜に楽屋から出火して全焼した。1928年に柳井座は再建され、戦後には俳優座、ぶどうの会、新協劇場など新劇の劇団が来演した。1983年の今や、柳井座は解体されつつある。*56

1925年の柳井市新市にあった劇場「柳井座」が全焼した際の写真あり。1913年2月に神田静治らによって建設され、当時は山口県で最も大きな劇場だった。市川右団次、斎入、松井須磨子などが来演した。1925年9月10日、中村雁治郎がやってきた夜に全焼した。*57

1932年現在の「柳井座」「新天倶楽部」「松陽館」の写真あり。株式会社柳井座の妹尾雄一郎社長、柳井座の興行請負者である堀本貞一の写真あり。*58

1936年の『柳井町勢要覧』にある「柳井町市街図」には、「18 柳井座」「20 活動常設 松陽館」「21 新天俱楽部」が描かれている。*59

1913年、柳井町の新市1丁目に「柳井座」が建設された。取締役社長は神田静治。1925年9月10日、中村雁次郎一座の開演前夜に火災で全焼した。その後株主を募って再建され、佐村清一が社長に就任した。*60

1962年5月の柳井市にあった「柳井座」の写真あり。1925年9月10日に全焼した後、1928年2月に再建された。松本幸四郎、水谷八重子などが来演した。その後は柳井市が借り受け、吉永徳太郎が興行していた。1957年頃から経営不振となり、取り壊された。*61

昭和中期の柳井市天神にあった「柳井座」の写真あり。山陽筋では最も規模の大きな劇場であり、上方の歌舞伎座などが来演することもあった。1964年に取り壊された。2022年現在の跡地には材木店などが建っている。*62

柳井市の新栄通り(新市通り南側の2車線道路)沿いには劇場「柳井座」があった。1957年には経営不振によって柳井市が5年契約で貸借したが、やがて廃業して1964年に取り壊された。現在の跡地には林木材店や増本クリニックがある。跡地付近には「陶板画レトロギャラリー 柳井座」が設置されている。*63
大畠座
所在地 : 山口県玖珂郡大畠村(1960年・1962年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1962年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1962年の映画館名簿では「大畠座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1965年・1969年の住宅地図では「大畠座」。跡地は「最所クリニック」北東40mの更地。最寄駅はJR山陽本線大畠駅。
柳井新天地/柳井映劇(新)
所在地 : 山口県柳井市新天地2564(1957年)、山口県柳井市新天地(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1955年11月23日
閉館年 : 1962年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「柳井新天地」。1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「柳井映劇」。1958年の映画館名簿では経営者が毎日興行、支配人が中進、木造1階暖房付、定員230、洋画を上映、電話が柳井770。1962年の映画館名簿では経営者が毎日興行、支配人が藤井康旦、木造1階暖房付、定員300、邦画を上映、電話が柳井770。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の住宅地図では「新天地劇場」。1969年の住宅地図では跡地に「くさか倉庫」。1991年の住宅地図では「河村ソーコ」。跡地は「山口地方法務局柳井出張所」西100mにあるガレージ。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。

1955年11月23日、柳井市新天地通りの「新天地劇場」が開館した。洋画の再映館。木造平屋建て、定員300人。経営者は林才五郎、支配人は角田義一。*64
新天地倶楽部/新天座/新天地/柳井映画劇場/柳井映劇(旧)/柳井東映
所在地 : 山口県玖珂郡柳井町新天地(1930年・1936年)、山口県玖珂郡柳井町(1941年・1950年)、山口県玖珂郡柳井町新天地2819-7(1953年)、山口県柳井市新天地(1955年)、山口県柳井市山根区(1956年・1957年)、山口県柳井市新天地(1958年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1927年7月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「新天地倶楽部」。1934年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「新天座」。1941年の映画館名簿では「新天地」。1941年の映画館名簿では経営者が福田義人、支配人が松谷治助、新興キネマ・日活を上映、収容人員は記載なし、電話が柳井220呼。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「柳井映画劇場」。1950年の映画館名簿では経営者が毎日興業 三好又郎、木造2階、定員400、電話が柳井220。1953年・1955年の映画館名簿では「柳井映劇」。1955年の映画館名簿では経営者が毎日興業、支配人が東田新之助、木造2階、定員426、大映・新東宝を上映、電話が柳井578。1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「柳井東映」。1958年の映画館名簿では経営者が毎日興行、支配人が中進、木造2階、定員414、東映・新東宝を上映、電話が柳井578。1962年の映画館名簿では経営者が毎日興行、支配人が上領充、木造2階暖房付、定員426、東映を上映、電話が柳井578。1965年の映画館名簿では経営者が毎日興業、支配人が磯岡武、木造2階、定員386、東映・洋画を上映、電話が柳井578。1965年の住宅地図ではこの場所に巨大な空白。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の住宅地図ではこの場所に「アキ地」。1991年の住宅地図では「浅野哲利」や「岩永照人」や「ソーコ」。跡地は「普慶寺」東南東160mにある敷地など。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。

1932年現在の「柳井座」「新天倶楽部」「松陽館」の写真あり。株式会社柳井座の妹尾雄一郎社長、柳井座の興行請負者である堀本貞一の写真あり。*65

1935年現在の柳井には「新天座」がある。「松陽館」と同じく松井吾作が経営する劇場兼活動写真館である。*66

1936年の『柳井町勢要覧』にある「柳井町市街図」には、「18 柳井座」「20 活動常設 松陽館」「21 新天俱楽部」が描かれている。*67

1938年現在の柳井には「新天座」がある。「松陽館」と同じく松井吾作が経営する劇場兼活動写真館である。*68

撮影年不明の「新天倶楽部」の写真あり。1927年7月、松井吾作は「松陽館」とは別の劇場として新天倶楽部を開館させた。後に「柳井映劇」に改称して映画専門館となった。*69

昭和中期の柳井市新天地にあった「柳井映画劇場」の写真あり。新天地は柳井天神社の裏手にある歓楽街である。中央の廊下を挟んで左右にホールがあり、異なる映画を上映することができた。*70
柳井文化映画劇場/文化映劇/柳井文化映劇
所在地 : 山口県柳井市古開作615(1957年)、山口県柳井市古開作(1958年)、山口県柳井市柳町東通り(1960年)、山口県柳井市柳町(1963年・1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1971年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「柳井文映」。1958年の映画館名簿では「柳井文化映画劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が林茂、支配人が斉藤貢、木造1階冷暖房付、定員300、洋画を上映、電話が柳井343。1960年・1963年の映画館名簿では「文化映劇」。1965年・1969年の住宅地図では「文映 映劇」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「柳井文化映劇」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。1991年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「柳井三和交通本社」。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。
松陽館/柳井松竹
所在地 : 山口県玖珂郡柳井町新天地(1930年・1934年・1936年・1941年)、山口県玖珂郡柳井町(1943年・1947年)、山口県玖珂郡柳井町新天地(1950年)、山口県玖珂郡柳井町新天地2806(1953年)、山口県柳井市新天地(1955年・1958年・1960年・1963年)、山口県柳井市新天地2806-4(1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1924年3月
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1934年・1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「松陽館」。1941年の映画館名簿では経営者が福田義人、支配人が松谷治助、松竹・洋画を上映、収容人員は記載なし。1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「柳井松竹」。1958年の映画館名簿では経営者が毎日興行、支配人が山本武夫、木造2階暖房付、定員350、松竹・大映・東映を上映、電話が柳井220。1965年の住宅地図では「柳井松竹」。1969年の住宅地図では「柳井松竹劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が毎日興業、支配人が高村清、木造2階冷暖房付、定員334、松竹・大映・東映を上映。1972年の映画館名簿には掲載されていない。1991年の住宅地図では跡地に「ロン はるみ 今川 ナイトスター 雷鳥 美母 ブラウン 淀 パスポート ダンディハウス」が入る建物。映画館の建物が菅原神社北東100mに雑居ビルとして現存。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。

1925年7月、柳井に「松陽館」が開館した。当時の柳井には常設館がなく、貴金属商の松井吾作が設立に尽力した。当時の周囲は水田と荒廃地が広がっており、1935年現在の新開地一帯の繁栄を考えると隔世の感がある。松陽館の上棟式の写真あり。*71

1924年7月、民衆的娯楽機関が乏しかった柳井に「松陽館」が開館した。当時の柳井には常設館がなく、貴金属商の松井吾作が設立に尽力した。当時の周囲は水田と荒廃地が広がっており、1938年現在の新開地一帯の繁栄を考えると隔世の感がある。1938年現在は山口県下で稀に見る高級活動館である。上棟式の写真あり。*72

1925年7月19日の柳井の新天地にあった「松陽館」の開館1周年記念写真あり。1924年3月、松井吾作によって建設され、高木新平、月形龍之介などが主演の映画が上映された。*73

1924年3月、柳井の新天地に映画館「松陽館」が新築された。上棟式の写真あり。かつて新天地の水田には蛍が飛んでいたが、松陽館に加えてカフェー・料亭・ビリヤード場なども開館した。*74

1932年現在の「柳井座」「新天倶楽部」「松陽館」の写真あり。株式会社柳井座の妹尾雄一郎社長、柳井座の興行請負者である堀本貞一の写真あり。*75

1936年の『柳井町勢要覧』にある「柳井町市街図」には、「18 柳井座」「20 活動常設 松陽館」「21 新天倶楽部」が描かれている。*76

1949年の柳井市新天地にあった「柳井松竹」の写真あり。1924年に「松陽館」として開館し、やがて柳井松竹に改称した。*77

昭和中期の柳井市新天地にあった松竹専門館「柳井松竹」の写真あり。「YANAI SHOCHIKU」の文字が見える。最盛期の柳井市には多くの映画館があった。*78
柳井セントラル映画劇場/セントラル映劇/柳井日活セントラル/柳井セントラル(旧)
所在地 : 山口県柳井市柳町(1957年・1958年・1960年)、山口県柳井市柳井駅前(1963年)、山口県柳井市古開作118-1(1966年・1969年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1955年の映画館名簿では「柳井セントラル劇場」。1956年の映画館名簿では「柳井セントラル」。1957年の映画館名簿では「柳井セントラル映画劇場」。1958年の映画館名簿では「柳井セントラル」。1958年の映画館名簿では経営者が小林興行、支配人が小林銀一郎、木造1階暖房付、定員314、東宝・日活を上映、電話が柳井684。1960年の映画館名簿では「セントラル映劇」。1963年の映画館名簿では「柳井セントラル」。1965年・1969年の住宅地図では「セントラル映画劇場」。1966年の映画館名簿では「柳井日活セントラル」。1969年の映画館名簿では「柳井セントラル」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。1991年の住宅地図では跡地に「ますや家具」。跡地は「柳井郵便局」北東40mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。
柳井サンピア劇場
所在地 : 山口県柳井市古開作883(1989年)、山口県柳井市古開作883-1(1990年・1992年)
開館年 : 1988年頃
閉館年 : 1992年頃
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1989年・1990年・1992年の映画館名簿では「柳井サンピア劇場」。1991年の住宅地図では「柳井ショッピングセンターサンピア(イズミ)」。1992年の映画館名簿では経営会社が株式会社柳井ショッピングセンター、鉄筋造2階、72席。1993年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「ゆめタウン柳井」として現存。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。
柳井中央劇場/柳井中央/柳井東宝/柳井東宝劇場/柳井東宝セントラル/柳井セントラル劇場(新)
所在地 : 山口県柳井市駅前(1955年)、山口県柳井市柳町(1956年・1957年・1958年・1960年)、山口県柳井市駅前セントラル通(1963年)、山口県柳井市古開作119-1(1966年・1969年)、山口県柳井市古開作118-1(1971年・1972年・1973年)、山口県柳井市西大方(1976年)、山口県柳井市西大寺(1980年)、山口県柳井市古開作(1985年・1988年・1990年)、山口県柳井市古開作116-5(1994年・1995年・1996年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1994年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「柳井中央劇場」。1958年の映画館名簿では経営者が小林興行、支配人が小林銀一郎、木造1階冷暖房付、定員314、洋画を上映、電話が柳井1085。1960年の映画館名簿では「柳井中央」。1963年の映画館名簿では「柳井東宝」。1965年・1969年の住宅地図では「中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「柳井東宝劇場」。1970年・1971年の映画館名簿では「柳井東宝セントラル」。1972年・1973年・1976年の映画館名簿では「柳井セントラル」。1977年の住宅地図では「柳井セントラル」。1980年・1985年・1988年・1990年・1994年の映画館名簿では「柳井セントラル劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では経営会社が小林興業、経営者が小林銀一郎、支配人が佐藤俊夫、木造1階、360席、邦画・洋画を上映。1988年の映画館名簿では経営会社が小林興業、経営者が小林銀一郎、支配人が小船正行、木造1階、360席、邦画・洋画を上映。1991年の住宅地図では「柳井セントラル」。1994年の映画館名簿では経営会社が小林興業、経営者が小林幹生、支配人が小船正行、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。1995年・1996年の映画館名簿では「柳井セントラル劇場(休館中)」。1995年・1996年の映画館名簿では経営会社が小林興業、経営者が小林幹生、支配人が小船正行、木造1階、200席。1997年の映画館名簿には掲載されていない。柳井市最後の映画館。跡地は「柳井郵便局」北東20mにある駐車場。最寄駅はJR山陽本線柳井駅。

昭和40年代の柳井市中央にあった「柳井セントラル映画館」の写真あり。手前には蓮根田が見える。2022年現在の柳井郵便局の北隣にあった。館内は2つのホールに別れており、異なる映画を上映することができた。映画館が面する通りはセントラル通りと呼ばれた。*79

玖珂郡和木町

映画館名簿によると玖珂郡和木町には映画館が存在しなかったと思われる。

熊毛郡上関町

港映劇
所在地 : 山口県熊毛郡上関町(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「港映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

熊毛郡田布施町

田布施座
所在地 : 山口県熊毛郡田布施町(1941年・1963年)
開館年 : 1929年
閉館年 : 1963年頃
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「田布施座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「田布施座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年の住宅地図では「田布施座」。1969年の住宅地図では跡地に「田布施ライオンズクラブ事務所」。跡地は「山口銀行田布施支店」西隣の駐車場。最寄駅はJR山陽本線田布施駅。

1952年2月21日、田伏農業高等学校の生徒が「田布施座」で『羅生門』を観覧した。*80

1947年頃の田布施町にあった「田布施座」の写真あり。「座施布田」の文字が見える。1929年に工費1万円で建てられてこけら落としが行われた。長谷川一夫や岡晴夫も来館したことがある。*81

熊毛郡平生町

平生座
所在地 : 山口県熊毛郡平生町(1936年・1941年)
開館年 : 1929年5月
閉館年 : 1965年頃
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「平生座」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「真覚寺」北北東140mのアパート「フレグランス望」。最寄駅はJR山陽本線田布施駅。

1912年7月頃には平生町に初代「平生座」が創設され、1913年9月に興行を開始した。平生町の有力者ら57人から株式を集めている。1923年の火災で平生座は全焼し、同年10月8日には株式組織も解散した。1929年5月、劇場平生座組合が結成され、工費1万3000円で建坪約186坪の本格的な劇場を建設した。1940年2月、劇場平生座組合は建物を売却して解散した。平生座の建物は毎日興業が購入して営業していたが、1952年には再び劇場平生座組合が結成され、建物を買い戻して営業していた。平生座は1965年頃まで営業され、1970年頃に建物が取り壊された。*82

1929年、平生町に劇場「平生座」ができた。*83

大島郡周防大島町

栄美須座/エビス座
所在地 : 山口県大島郡安下庄町(1950年・1960年)、山口県大島郡橘町安下庄(1963年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1963年頃
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「栄美須座」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「エビス座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
寿座
所在地 : 山口県大島郡久賀町(1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「寿座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

西部

山陽小野田市

加茂田座
所在地 : 山口県厚狭郡厚狭町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「加茂田座」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
旭館/松竹旭館
所在地 : 山口県厚狭郡小野田町栄町(1934年・1936年)、山口県小野田市栄町(1943年)、山口県小野田市セメント町(1947年)、山口県小野田市栄町(1950年・1953年)、山口県小野田市北栄町(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1930年以後1934年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年3月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1934年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「旭館」。1960年の映画館名簿では「松竹旭館」。1963年の映画館名簿では「旭館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年の小野田市にあった「旭館」の写真あり。「ASAHIKAN」「祝日産60周年」の文字が見える。1998年現在は姿を消している。*84
西之浜映劇/西之浜劇場
所在地 : 山口県小野田市西之浜(1955年)、山口県小野田市西之浜町(1958年・1960年)、山口県小野田市西之浜(1963年・1964年)
開館年 : 1921年9月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1921年9月開館。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「西之浜劇場」。1960年の映画館名簿では「西之浜映劇」。1963年・1964年の映画館名簿では「西之浜劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
厚狭倶楽部/松竹館/松竹座/厚狭松竹/厚狭東映
所在地 : 山口県厚狭郡厚狭町(1930年)、山口県厚狭郡厚狭町千町114(1936年・1941年)、山口県厚狭郡厚狭町116-1(1950年)、山口県厚狭郡厚狭町26-6(1953年)、山口県厚狭郡厚狭町千町(1955年)、山口県厚狭郡山陽町(1958年)、山口県厚狭郡山陽町厚狭町116(1960年)、山口県厚狭郡山陽町厚狭(1963年・1964年)
開館年 : 1936年1月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1936年1月開館。1930年・1936年の映画館名簿では「厚狭倶楽部」。1941年の映画館名簿では「松竹館」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「松竹座」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「厚狭松竹」。1963年・1964年の映画館名簿では「厚狭東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。跡地は「山口銀行厚狭支店」東北東230mにある民家や空き地。最寄駅はJR山陽新幹線・山陽本線厚狭駅。
日之出映劇/ニュー日之出
所在地 : 山口県小野田市日之出町1739(1958年)、山口県小野田市日之出町(1960年)、山口県小野田市第二日之出町(1963年)、山口県小野田市日之出町1924(1964年・1965年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1965年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日之出映劇」。1964年・1965年の映画館名簿では「ニュー日之出」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小野田松竹/小野田東映/小野田東映劇場
所在地 : 山口県小野田市稲荷町(1950年)、山口県小野田市南稲荷町(1953年)、山口県小野田市稲荷町(1955年・1958年・1960年)、山口県小野田市稲荷町6536(1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1948年10月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年10月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「小野田松竹」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小野田東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「小野田東映劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「有料駐車場」。跡地は「瀬戸病院」東北東110mにある民家数軒分や道路。最寄駅はJR小野田線南中川駅。
若山劇場/若山映画劇場/若山映劇/小野田若山映劇
所在地 : 山口県小野田市西住吉町(1950年)、山口県小野田市住吉通(1953年)、山口県小野田市住吉町(1955年)、山口県小野田市西住吉町(1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1946年3月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年3月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「若山映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「若山劇場」。1958年の映画館名簿では「若山映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「若山映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「小野田若山映劇」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「アキ地」。跡地は「山陽小野田市商工センター」。最寄駅はJR小野田線南小野田駅。

1946年の小野田市にあった「若山映画劇場」の写真あり。テレビの普及前は映画が娯楽の中心であり、1960年頃まで観客が増え続けた。*85
三晃映画劇場/三晃劇場/厚狭三晃映劇
所在地 : 山口県厚狭郡厚狭町(1947年・1950年)、山口県厚狭郡厚狭町千町4(1953年)、山口県厚狭郡厚狭町殿町(1955年)、山口県厚狭郡山陽町(1958年)、山口県厚狭郡山陽町厚狭町21(1960年)、山口県厚狭郡山陽町厚狭町(1963年)、山口県厚狭郡山陽町千町5区(1966年・1969年・1973年・1976年)、山口県厚狭郡山陽町千町5(1977年)
開館年 : 1951年7月
閉館年 : 1977年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1947年の映画館名簿では「三晃劇場」。1950年の映画館名簿では「三晃映画劇場」。1953年の映画館名簿では「三晃劇場」。1955年・1958年の映画館名簿では「三晃映画劇場」。1960年の映画館名簿では「三晃劇場」。1963年の映画館名簿では「三晃映劇」。1966年・1969年・1973年・1976年・1977年の映画館名簿では「厚狭三晃映劇」。1975年の住宅地図では「三晃映劇」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山口県信用組合厚狭支店」西30mにある空き地。最寄駅はJR山陽新幹線・山陽本線厚狭駅。

重村房雄『続 ふるさと山陽』重村房雄、1995年には「三晃映画劇場」が言及されている。現物は未確認。*86
山陽館/山陽映劇/小野田山陽映劇/山陽映画劇場
所在地 : 山口県厚狭郡小野田町セメント町(1930年)、山口県厚狭郡小野田町セメント町4丁目(1936年)、山口県小野田市セメント町(1943年)、山口県小野田市(1947年)、山口県小野田市セメント町(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1978年・1980年)、山口県小野田市セメント町4(1985年)、山口県小野田市セメント町1-17(1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1935年8月
閉館年 : 1994年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年8月開館。1930年・1936年の映画館名簿では「山陽館」。1943年の映画館名簿では「山陽映劇」。1947年・1950年の映画館名簿では「山陽映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「山陽館」。1958年の映画館名簿では「山陽映画劇場」。1960年の映画館名簿では「山陽映劇」。1963年の映画館名簿では「山陽館」。1966年・1969年の映画館名簿では「小野田山陽映劇」。1973年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では「山陽映劇」。1978年・1980年の映画館名簿では「小野田山陽映劇」。1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「山陽映画劇場」。1992年の映画館名簿では経営会社が山陽映画劇場、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。山陽小野田市最後の映画館。跡地は「山陽小野田市商工センター」北西120mにあるアパート「レオパレスさくら」。最寄駅はJR小野田線南小野田駅。

美祢市

中央映画劇場
所在地 : 山口県美祢市豊田前町(1958年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1958年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。
吉則中央劇場/吉則会館
所在地 : 山口県美祢市大嶺町(1957年・1958年)、山口県美祢市大嶺町吉則(1960年)、山口県美祢市大嶺町吉則駅前(1963年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1963年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「吉則会館」。1960年の映画館名簿では「吉則中央劇場」。1963年の映画館名簿では「吉則会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
旭館
所在地 : 山口県美祢市伊佐町(1957年・1958年)、山口県美祢市伊佐町4544(1960年)、山口県美祢市伊佐南横町(1963年・1964年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1964年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「旭館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年4月25日午後7時50分頃、美祢郡伊佐町南横町の「旭館」が上映中のフィルムから発火して全焼した。経営者は阿部右一。損害額約500万円。*87

1953年4月25日午後7時50分頃、美祢郡伊佐町南横町の「旭館」が上映中のフィルムから発火し、2階建の劇場約200坪が全焼した。*88

時期不明の美祢にあった劇場「旭館」の館内の写真あり。大正初期から演劇などの興行を行っており、後には映画も上映していた。*89
美祢豊浦会館
所在地 : 山口県美祢市豊浦町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「美祢豊浦会館」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。
美祢東映劇場/美祢東映
所在地 : 山口県美祢市大嶺町吉則駅前(1962年・1963年)、山口県美祢市大嶺町東分3367-8(1966年・1969年・1973年)、山口県美祢市大嶺町駅前(1976年・1978年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1978年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「美祢東映」。1966年の映画館名簿では「美祢東映劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「美祢東映」。1975年の住宅地図では発見できず。1976年の映画館名簿では「美祢東映劇場」。1978年の映画館名簿では「美祢東映」。1979年の映画館名簿には掲載されていない。美祢市最後の映画館。

北部

長門市

人丸映劇
所在地 : 山口県大津郡油谷町人丸(1962年・1963年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1963年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「人丸映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
久津映劇
所在地 : 山口県大津郡油谷町向津具(1962年・1963年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1963年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「久津映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
川尻映劇
所在地 : 山口県大津郡油谷町川尻(1962年・1963年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1963年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「川尻映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
古市座/古市映劇
所在地 : 山口県大津郡日置村(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「古市座」。1963年の映画館名簿では「古市映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
豊原会館
所在地 : 山口県大津郡三隅町736(1960年)、山口県大津郡三隅町(1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「豊原会館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
進栄座
所在地 : 山口県長門市通830(1960年)、山口県長門市通町830(1963年)、山口県長門市通830(1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「進栄座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
仙崎座
所在地 : 山口県大津郡仙崎町(1936年・1943年・1950年)、山口県大津郡仙崎町1112(1953年)、山口県大津郡仙崎町1277(1954年)、山口県長門市仙崎町(1958年・1960年・1963年)、山口県長門市仙崎旭1262(1965年)
開館年 : 1917年2月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1917年開館。1936年の映画館名簿では「仙崎館」。1943年の映画館名簿では「仙崎座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「仙崎座」。1953年の映画館名簿では「仙龍館」。1954年の映画館名簿では「仙崎座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「仙崎座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「みすゞ保育園」北40mにある民家数軒。最寄駅はJR仙崎線仙崎駅。

1917年2月、仙崎劇場株式会社が創立された。*90

1917年2月、仙崎町の後町に「仙崎座」(仙崎劇場)が作られた。廻り舞台のある劇場である。仙崎座の海側の広場では女相撲なども開催された。*91
近松座
所在地 : 山口県大津郡深川町(1950年)、山口県大津郡深川町正明市(1953年)、山口県長門市正明市(1955年)、山口県長門市東深川1293(1958年)、山口県長門市東深川(1960年)、山口県長門市正明市五区(1963年)、山口県長門市正明市(1965年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「近松座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
仙竜館/長門仙竜館
所在地 : 山口県大津郡仙崎町1112(1953年)、山口県長門市仙崎1112(1955年)、山口県長門市仙崎町1112(1958年)、山口県長門市仙崎1112(1960年)、山口県長門市仙崎町(1963年)、山口県長門市仙崎1112(1966年・1969年・1970年・1972年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1972年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「仙竜館」。1966年・1969年・1970年・1972年の映画館名簿では「長門仙竜館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では発見できず。
俵山映劇/長門俵山映劇
所在地 : 山口県長門市俵山湯町(1962年・1963年)、山口県長門市俵山(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1973年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年の映画館名簿では「俵山映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「長門俵山映劇」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では発見できず。
長門映劇/長門映画劇場
所在地 : 山口県長門市深川(1957年)、山口県長門市正明市駅前(1958年・1960年・1963年)、山口県長門市東深川石尺262(1966年・1969年・1973年)、山口県長門市駅前区(1976年・1980年・1981年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1981年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「長門映劇」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1981年の映画館名簿では「長門映画劇場」。1976年の住宅地図では「長門映劇(河野)」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。長門市最後の映画館。跡地は「長門郵便局」南西140mにある民家など。最寄駅はJR山陰本線・美祢線長門市駅。

阿武郡阿武町

奈古劇場
所在地 : 山口県阿武郡阿武町奈古(1962年・1963年・1964年)
開館年 : 1961年頃
閉館年 : 1964年頃
1961年の映画館名簿には掲載されていない。1962年・1963年・1964年の映画館名簿では「奈古劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

このページへのコメント

山口県宇部市の宇部有楽劇場、1999年3月に閉館したとの記録がありました。
http://bbs.c-studio.net/ube/32311.html

私の記憶でも大体この頃の閉館だったと思います。閉館が決まってから現地に行き、「ユー・ガット・メール」を見たような気がします。

なお、当時宇部新川駅の近くの古い映画館はまだ営業していましたが、こちらはいつ閉館したのかわかりません。

0
Posted by 通りすがり 2020年11月28日(土) 11:37:55 返信数(1) 返信

貴重な情報をありがとうございます!

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2020年12月01日(火) 22:53:46

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます