日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



さいたま市

さいたま市はさいたま市の映画館を参照。

熊谷市

熊谷市は熊谷市の映画館を参照。

川口市

川口市は川口市の映画館を参照。

川越市

川越市は川越市の映画館を参照。

秩父市

秩父市は秩父市の映画館を参照。

南部地域

蕨市

埼玉シネマ
所在地 : 埼玉県北足立郡蕨町御殿町4095(1958年)、埼玉県蕨市御殿町4095(1960年・1963年)、埼玉県蕨市蕨4273(1966年)、埼玉県蕨市中央通5-3-12(1969年・1970年)
開館年 : 1955年12月22日
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「埼玉シネマ」。1969年の住宅地図では「埼玉シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1986年・1995年の住宅地図では跡地に「川口信用金庫蕨支店」。跡地は「川口信用金庫蕨支店」。最寄駅はJR京浜東北線蕨駅。

1955年12月22日、蕨町南4095番にシネスコ劇場「埼玉シネマ」が開館した。御殿町通り。工事費は1200万円。モルタル造、建坪165坪。座席数350。*1
蕨劇場/東映映画劇場/東映蕨劇場/蕨東映劇場/蕨映画劇場/ニュー蕨映劇
所在地 : 埼玉県北足立郡蕨町(1943年・1950年・1953年)、埼玉県北足立郡蕨町4363(1955年)、埼玉県北足立郡蕨町御殿町4362(1958年)、埼玉県蕨市御殿町4363(1960年・1963年・1966年・1969年)、埼玉県蕨市中央区4-11-12(1973年・1975年)、埼玉県蕨市中央4-11-12(1980年・1985年・1988年・1989年)
開館年 : 1928年以前、1951年11月
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1943年の映画館名簿では「蕨劇場」。1950年の映画館名簿では「蕨映画劇場」。1953年の映画館名簿では「蕨劇場」。1955年の映画館名簿では「蕨映画劇場」。1958年の映画館名簿では「蕨映館劇場」。1960年の映画館名簿では「東映映画劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「東映蕨劇場」。1969年・1978年の住宅地図では「蕨東映」。1973年の映画館名簿では「蕨東映劇場」。1975年の映画館名簿では「蕨映画劇場」。1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「ニュー蕨映劇」。1986年の住宅地図では「ニュー蕨映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の住宅地図では跡地に「ソフトウェア興業(株)蕨独身寮」。跡地は「中の宮公園」北北東120mにあるマンション「アネックス蕨」。最寄駅はJR京浜東北線蕨駅。

1928年の『大日本職業別明細図之内 埼玉県』には「蕨劇場」が描かれている。*2

戸田市

戸田映画劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡戸田町(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後1960年以前
1953年の映画館名簿では「戸田映画劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

県央地域

上尾市

平方劇場
所在地 : 埼玉県上尾市平方1309(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「平方劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
上尾劇場/上尾映画劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡上尾町(1953年・1955年)、埼玉県北足立郡上尾町528(1958年)、埼玉県上尾市仲町528(1960年・1963年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「上尾劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「上尾映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1991年の住宅地図では跡地に「一番通り商店街駐車場」。跡地は「藤村病院」北東80mにあるマンション「ステイツ上尾」専用駐車場。最寄駅はJR高崎線上尾駅。

1958年の上尾市にあった「上尾劇場」の写真あり。「上尾映画劇場」の文字が見える。1952年から1960年まで営業していた映画館である。上尾には上尾劇場と「上尾プリンス劇場」の2館があった。*3

1958年頃の上尾市仲町にあった「上尾映画劇場」の写真あり。1952年から1960年まで宮業していた。1960年の閉館後には貸し店舗となり、やがて火災で焼失した。跡地はマンションの駐車場になっている。*4
上尾プリンス劇場/上尾プリンス1・2/上尾PRINCE 1・2
所在地 : 埼玉県上尾市柏座657(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県上尾市柏座1-1-27(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1959年2月1日
閉館年 : 1990年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年の映画館名簿では「上尾プリンス劇場」。1985年の映画館名簿では「上尾プリンス1・2」(2館)。1990年の映画館名簿では「上尾PRINCE 1・2」(2館)。1991年の住宅地図では「1階パチンコサンライズワン 2階ジョイランドアゲオ ビリヤードハウスP&P 3階上尾プリンス劇場(プリンス1 プリンス2)」。1991年の映画館名簿には掲載されていない。上尾プリンスビルは現存。最寄駅はJR高崎線上尾駅。

1959年2月1日、上尾市柏座657に「上尾プリンス劇場」が開館した。経営は田村興業株式会社。鉄筋造、一部2階建て、建坪115坪。*5
上尾ショーサンシネサロン
所在地 : 埼玉県上尾市谷津2-1-1(1989年・1990年・1991年・1992年)
開館年 : 1988年3月3日
閉館年 : 1992年頃
1988年の映画館名簿には掲載されていない。1989年・1990年・1991年・1992年の映画館名簿では「上尾ショーサンシネサロン」。1991年の住宅地図では「イトーヨーカドー上尾店 ショーサンプラザ 5階ショーサンシネサロン」。1992年の映画館名簿では鉄筋造5階、80席、経営会社が昭産開発株式会社、洋画を上映。1993年の映画館名簿には掲載されていない。建物の「上尾ショーサンプラザ」は現存。最寄駅はJR高崎線上尾駅。

桶川市

桶川映画劇場/桶川南風座
所在地 : 埼玉県北足立郡桶川町(1953年・1955年)、埼玉県北足立郡桶川町649(1958年)、埼玉県北足立郡桶川町(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「桶川映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「桶川南風座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
桶川マインシアター1・2
所在地 : 埼玉県桶川市若宮1-5-2(1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1988年10月8日
閉館年 : 2012年1月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「桶川マインシアター1・2」(2館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。桶川マイン4階。映画館があった「おけがわマイン」は現存。

1988年10月8日、桶川市若宮1-5-2の東武ストア4階に「マインシアター1・2」が開館した。いずれも132席。*6

北本市

映画館名簿によると北本市に映画館は存在しなかったと思われる。

鴻巣市

鴻巣映劇/鴻巣映画劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡鴻巣町(1943年・1950年・1953年・1955年)、埼玉県鴻巣市宮本町(1958年・1960年)
開館年 : 1936年以後1943年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「鴻巣映劇」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「鴻巣映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
鴻巣国際劇場
所在地 : 埼玉県鴻巣市宮本町(1958年)、埼玉県鴻巣市鴻巣2929(1960年・1963年)
開館年 : 1955年4月13日
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鴻巣国際劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年4月13日、鴻巣市の駅前通りに「鴻巣国際劇場」が開館した。1月から建設中だった。福田産業株式会社の直営館。総工費1400万円。木造モルタル、2階建て、270坪。客席370。*7
吹上劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡吹上町(1953年・1955年)、埼玉県北足立郡吹上町2186(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「吹上劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
サンバードホール
所在地 : 埼玉県鴻巣市箕田3111-1(1986年・1990年・1995年)
開館年 : 1985年11月3日
閉館年 : 1995年頃
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1990年・1995年の映画館名簿では「サンバードホール」。1987年の住宅地図では「長崎屋北鴻巣店」。1992年の映画館名簿では鉄筋造2階、82席、経営会社が株式会社長崎屋、邦画・洋画を上映。1996年・1998年の映画館名簿には掲載されていない。長崎屋北鴻巣店2階。ビデオシアター。跡地は「MEGAドン・キホーテ北鴻巣店」。
シネマックス鴻巣/こうのすシネマ
所在地 : 埼玉県鴻巣市本町1-2-1 エルミこうのすアネックス3階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2009年7月15日(シネマックス鴻巣)、2013年7月5日(こうのすシネマ)
閉館年 : 2011年3月11日(シネマックス鴻巣)、営業中
Wikipedia : こうのすシネマ
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「シネマックス鴻巣1-9」(9館)。2015年・2020年の映画館名簿では「こうのすシネマ」(9館)。日本初の市民ホール融合型シネコン。

鴻巣市はJR鴻巣駅前のシネコンの復活に乗り出す。2012年9月の定例市議会で関連議案が可決され、2013年7月の営業再開を目指している。2009年、鴻巣駅東口のエルミこうのすアネックス4階に9スクリーンのシネコンが開館した。鴻巣駅東口地区市街地再開発組合が所有し、千葉市の業者が借り受けて運営していた。2011年3月11日には東日本大震災が発生し、天井が崩落したり壁やスクリーンの一部が壊れるなどの被害があった。約18か月たった現在も閉鎖されたままである。鴻巣市は約4700平方メートルを3億4500万円で購入し、回収などに約4億6300万円を投じる。東京都江戸川区には2スクリーンからなる公設民営の映画館があるが、9ホールもあるシネコンを自治体が所有するのは全国的に珍しいとされる。*8

2013年7月5日、鴻巣市のJR鴻巣駅前のシネコン「こうのすシネマ」が開館する。2011年3月11日の東日本大震災で「シネマックス鴻巣」が被災し、休業・撤退した。シネマックス鴻巣の跡地を鴻巣市が取得し、東映系のティ・ジョイに映画館の運営を委託して営業再開する。9スクリーンを有し、7スクリーンを映画館、1スクリーンを多目的ホール、1スクリーンを映画館と市民ホール兼用とする。7月5日から7月12日までは、『のぼうの城』、『レ・ミゼラブル』、『リンカーン』など10作品を上映する。*9

鴻巣市のJR鴻巣駅東口には公設民営のシネコン「こうのすシネマ」がある。前身の映画館は2011年の東日本大震災で被災し、天井が崩落するなどして閉鎖された。市民から復活の要望が多かったこともあり、2013年7月には鴻巣市が公設映画館のこうのすシネマとして復活させた。運営は東映系の興行会社に委託されている。鴻巣市はビルの床面の購入費や改修費などに10億円以上を投じており、また赤字分は指定管理料として興行会社に支払っている。2015年度の赤字分の支払いは、初年度の3割程度の約3000万円まで減る予定。8スクリーンもあるシネコンを自治体が所有しているのは全国的にも珍しいとされる。*10

北足立郡伊奈町

映画館名簿によると北足立郡伊奈町には映画館が存在しなかったと思われる。

南西部地域

朝霞市

朝霞劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡朝霞町1888(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「朝霞劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年の現・朝霞市にあった「朝霞劇場」の写真あり。「朝霞劇場」「朝劇」の文字が見える。『哀愁日記』の看板が見える。朝霞駅前通り(現在の市役所前)にあった。『路傍の石』や『南極大陸』などを見る小学校の映画教室があった。フィルムを「志木劇場」と共同で使用しており、自転車で運ばれた。*11

新座市

シネプレックス新座/ユナイテッド・シネマ新座
所在地 : 埼玉県新座市中野2-1-38 OSCデオシティ新座(2005年・2010年)、埼玉県新座市中野2-1-38 OSCデオシティ新座内(2015年・2020年)
開館年 : 2004年12月11日、2016年12月(改称)
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「シネプレックス新座1-9」(9館)。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ新座1-9」(9館)。

志木市

志木幸乃座
所在地 : 埼玉県北足立郡足立町志木2530(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「志木幸乃座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
志木ららぽーとシネマ
所在地 : 埼玉県志木市本町5-17-5(1996年・1998年・2000年・2005年)
開館年 : 1995年3月11日
閉館年 : 2005年3月31日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。1996年・1998年・2000年・2005年の映画館名簿では「志木ららぽーとシネマ1-5」(5館)。1998年の映画館名簿では経営会社が三和興行、経営五社が島田賢太郎、支配人が坂修一、鉄筋造7階、1が154席で東宝を上映、2が115席で洋画を上映、3が151席で洋画を上映、4が110席で洋画を上映、5が76席で洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ららぽーとショッピングセンター7階。跡地はマンション「パークホームズ志木ステーションファースト」。最寄駅は東武鉄道東上線志木駅。

1995年3月11日、志木市本町5-12-5のららぽーとショッピングセンター7階に「志木ららぽーとシネマ」が開館した。計5スクリーン。経営は三和興行。*12

和光市

映画館名簿によると和光市に映画館は存在しなかったと思われる。

富士見市

TOHOシネマズ富士見
所在地 : 埼玉県富士見市山室1-1313 ららぽーと富士見3階(2020年)
開館年 : 2015年4月10日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ富士見1-9」(9館)。

ふじみ野市

福岡劇場
所在地 : 埼玉県入間郡福岡村駅前通(1958年)、埼玉県入間郡福岡村1525(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「福岡劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
ワーナー・マイカル・シネマズ大井/イオンシネマ大井
所在地 : 埼玉県入間郡大井町亀久保字東久保326 大井サティ内(2000年)、埼玉県入間郡大井町ふじみ野1-2-1 大井サティ4階(2005年)、埼玉県ふじみ野市ふじみ野1-2-1 大井サティ4階(2010年)、埼玉県ふじみ野市ふじみ野1-2-1 イオン大井店4階(2015年・2020年)
開館年 : 1998年10月7日、2013年7月(改称)
閉館年 : 営業中
1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ大井1-7」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ大井1-7」(7館)。

1998年10月7日、入間郡大井町亀久保に大型ショッピングセンター「大井サティ」が開店し、4階には複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ大井」が開館する。7スクリーン計1541席を有する。東武東上線ふじみ野駅から徒歩約10分であり、志木市や川越市などの東上線沿線に加えて、所沢市や狭山市などからも集客を見込んでいる。年間入場者数は65万人を目指している。*13

1998年10月7日、入間郡大井町大字亀久保東久保326 大井サティに「ワーナー・マイカル・シネマズ大井」が開館した。7スクリーンを有する。*14

入間郡三芳町

映画館名簿によると入間郡三芳町に映画館は存在しなかったと思われる。

東部地域

春日部市

粕壁東武座/東武座/春日部東武座
所在地 : 埼玉県南埼玉郡春日部町(1950年)、埼玉県春日部市粕壁4452(1955年)、埼玉県春日部市粕壁町4452(1960年)、埼玉県春日部市粕壁4452(1963年)、埼玉県春日部市春日町4452(1966年)、埼玉県春日部市粕壁町4452(1969年)、埼玉県春日部市春日部町4452(1973年)、埼玉県春日部市春日町4452(1975年)、埼玉県春日部市粕壁町4452(1980年)、埼玉県春日部市粕壁4452(1985年・1986年)
開館年 : 1913年2月
閉館年 : 1986年7月
『全国映画館総覧 1955』によると1913年2月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「粕壁東武座」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「東武座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「春日部東武座」。1973年の住宅地図では「東武座」。1986年の映画館名簿では経営会社が有限会社東武座、経営者が染谷英寿、支配人が染谷清、木造1階、402席、邦画を上映。1990年の映画館名簿には掲載されていない。2006年時点では跡地にラオックスコンピューター館があったとされる。跡地はマンション「アーバンハイツ春日部」建物北西部。最寄駅は東武鉄道東武伊勢崎線・野田線春日部駅。

1956年頃の春日部市にあった「東武座」の写真あり。多数の自転車が見える。朝丘雪路のデビュー作『裏町のお嬢さん』の看板が見える。*15

1985年の春日部市にあった「東武座」の写真あり。『ドラえもん』の上映時で子供が並んでいる。昭和40年代には映画館の閉館が相次いでおり、集客を図るために人気アニメの劇場版が製作された。*16
ロビンソンシアター
所在地 : 埼玉県春日部市粕壁東2-17-6(1986年・1988年)、埼玉県春日部市粕壁東2-5-1(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1985年11月28日
閉館年 : 2005年8月31日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年・1988年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「ロビンソンシアター」。1986年の映画館名簿では経営会社がロビンソンジャパン、経営者が伊藤雅俊、支配人が福島忠之、鉄筋造7階、257席、邦画・洋画を上映。2006年の映画館名簿には掲載されていない。ロビンソン百貨店春日部店7階。跡地は百貨店の建物を改装した家具店「匠大塚春日部本店」。最寄駅は東武鉄道東武伊勢崎線・野田線春日部駅。

1985年11月28日、座席数300席の「春日部ロビンソンシアター」が開館した。東急レクリエーションとロビンソンジャパンの共同出資。*17

2005年8月31日をもって、春日部市粕壁東のロビンソン百貨店7階にある映画館「ロビンソンシアター」が営業を終了する。257席。ロビンソン百貨店の開店時に映画館も開館し、開館当時の観客数は年間約10万人に達した。創業20周年を迎える百貨店の顔として親しまれてきたが、近年は観客数がピーク時の半数程度となっていた。跡地は催事場となる予定。*18
春日部文化劇場
所在地 : 埼玉県春日部市粕壁6286(1960年・1963年)、埼玉県春日部市上町6286(1966年・1969年)、埼玉県春日部市粕壁6286(1973年・1975年)、埼玉県春日部市上町6286(1980年)、埼玉県春日部市粕壁6286(1985年)、埼玉県春日部市粕壁2-7-5(1990年・1995年・2000年・2005年・2006年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 2006年
1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「春日部文化劇場」。1973年の住宅地図では「文化劇場」。2006年の映画館名簿では経営会社が新映興業、経営者・支配人ともに名古屋芳一、木造1階、150席、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「レジアート春日部」。最寄駅は東武鉄道東武伊勢崎線・野田線春日部駅。
ユナイテッド・シネマ春日部
所在地 : 埼玉県春日部市南1-1-1 ララガーデン春日部3階(2008・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年11月
閉館年 : 営業中
2006年の映画館名簿には掲載されていない。2008年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ春日部1-9」(9館)。最寄駅は東武鉄道東武伊勢崎線・野田線春日部駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ春日部/イオンシネマ春日部
所在地 : 埼玉県春日部市下柳420-1 イオンモール春日部(2015年・2020年)
開館年 : 2013年3月5日、2013年7月(改称)
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ春日部1-10」(10館)。WMCとしては全国で最後の新規開館。最寄駅は東武鉄道東武野田線藤の牛島駅。

2013年3月5日、春日部市下柳にイオンモール春日部が開店する。各店舗はイオン春日部店であり、サブ核店舗は複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ春日部」。越谷市のレイクタウンはイオングループの基幹店舗、春日部店は地域の拠点店舗に位置付けられている。*19

草加市

ベビー谷塚
所在地 : 埼玉県北足立郡谷塚町(1955年)、埼玉県北足立郡草加町瀬崎104(1958年)、埼玉県草加市瀬崎104(1960年・1963年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ベビー谷塚」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
草加東映/草加東映劇場/SOKAにっかつ
所在地 : 埼玉県北足立郡草加町高砂町226(1958年)、埼玉県草加市高砂町226(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県草加市高砂1-8-39(1980年・1985年・1986年・1987年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1987年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「草加東映」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「草加東映劇場」。1968年の住宅地図では「草加東映」。1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「SOKAにっかつ」。1983年の住宅地図では「草加にっかつ」。1986年の映画館名簿では経営会社が船戸興業、経営者が船戸正雄、支配人が岡田守広、木造1階、220席、にっかつを上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「埼玉県信用金庫草加支店」南30mにある立体駐車場「草加市役所駐車場」。
草加劇場
所在地 : 埼玉県北足立郡草加町(1950年)、埼玉県北足立郡草加町高砂町405(1953年・1955年)、埼玉県北足立郡草加町405(1958年)、埼玉県草加市高砂町405(1960年)、埼玉県草加市高砂町406(1963年)、埼玉県草加市高砂町405(1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県草加市高砂2-7-20(1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1935年頃
閉館年 : 1987年
1936年・1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「草加劇場」。1968年の住宅地図では空白。1983年の住宅地図では「草加劇場」。1986年の映画館名簿では経営会社が船戸興業、経営者が船戸正雄、支配人が岡田清、木造1階、230席、東映・松竹・洋画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「イトーヨーカドー草加店」が入る「アコス南館」建物中央部北側。

昭和20年代の「草加劇場」前で撮られた記念写真。染草加工業会の技能者指導員資格免許授与式。草加劇場は草加駅の近くにあった。映画上映のみならず、歌謡や演芸の興行も行われた。*20

1975年頃の草加市にあった「草加劇場」の写真あり。アメリカ映画『悪魔のいけにえ』のポスターが見える。草加劇場は昭和初期に開館し、当初は軽演劇・浪曲・無声映画を中心に興行した。戦後には映画の封切館となり、石原裕次郎、小林旭・浅丘ルリ子、ガメラ、ギャオスらの主演作が上映された。草加駅前の再開発の際に閉館した。映写機・券売機・ポスターなどは草加市立歴史民俗資料館に寄贈された。*21

草加駅東口にあるアコス南館の当りには劇場「草加劇場」があった。1935年頃から演劇・浪曲・無声映画などの興行が行われた。戦後には常設映画館としてにぎわった。1987年、草加駅東口再開発事業の一環で閉館した。*22
草加シネマサンシャイン1・2・3・4
所在地 : 埼玉県草加市氷川町1129(1995年・2000年・2005年)、埼玉県草加市氷川町2127-13 草加TIP'S 3階(2008年)
開館年 : 1993年12月18日
閉館年 : 2008年8月31日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「草加シネマサンシャイン1・2・3・4」(4館)。2008年の映画館名簿では経営会社が佐々木興業、経営者が佐々木良一、支配人が西山和幸、鉄筋造3階、1が135席、2が99席、3が69席、4が70席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。ケイユウビル3F。

1993年12月18日、佐々木興業によって「草加シネマサンシャイン1番館・2番館・3番館」が開館した。1番館が154席、2番館が110席、3番館が70席。*23

2008年8月末をもって、草加市の映画館「草加シネマサンシャイン」が閉館する。1993年、東武伊勢崎線草加駅西口のビル3階に開館し、135席から60席までの4スクリーンを有する。ビルの賃貸契約の満了や、観客数の減少が閉館の理由である。近年の草加市周辺では、三郷市・川口市・さいたま市などにシネコンが開館しており、2008年秋には越谷市にもシネコンが開館する予定である。*24
東武松原シネマ1・2
所在地 : 埼玉県草加市栄町3-5-18(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1975年
閉館年 : 2008年9月30日
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「東武松原シネマ1・2」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社が東武ランドシステム、経営者が保坂直之、支配人が見形妃出子、いずれも鉄筋造2階、1が184席で東宝を上映、2が154席で邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。東武松原ビル1階。映画館があった「東武松原ビル」は現存。

2008年9月末をもって、草加市の映画館「東武松原シネマ」が閉館する。1975年、東武伊勢崎線松原団地駅東口のビル2階に開館し、184席と154席の2スクリーンを有する。川越市の川越スカラ座に次いで、埼玉県で2番目に古い映画館施設だという。草加市周辺に相次いでシネコンが進出したことで、集客が厳しくなって閉館を決定した。1か月前の8月末には「草加シネマサンシャイン」も閉館予定であり、草加市から映画館が消えることとなる。*25

越谷市

越ケ谷東武劇場/東武劇場
所在地 : 埼玉県南埼玉郡大沢町(1930年・1936年・1950年)、埼玉県南埼玉郡大沢町3855(1953年・1955年)、埼玉県南埼玉郡越谷町3855(1958年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1957年8月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年の映画館名簿では「東武劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「越ケ谷東武劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「東武劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1925年1月1日(元旦)、越谷の大沢1丁目に越谷初の劇場「東武劇場」が開館した。建物は2階建てであり、花道や廻り舞台があった。客席は平土間と桝席があり、1000人を収容できた。株主は東京・本郷の結城力太郎が70%、大沢町役場の兵事掛だった荻野磯五郎が30%だった。こけら落としには東京から歌舞伎役者を呼んで「勧進帳」が演じられた。1937年には映画館に転換した。*26

『古志賀谷』越谷市郷土研究会、2007年、第14号には「東武劇場再現図始末記」や「越ヶ谷・大沢唯一の娯楽の殿堂 東武劇場」という節がある。現物は未確認。*27

1957年8月20日の『読売新聞』には東武劇場が焼失したとする記事が掲載されている。現物は未確認。*28

1963年8月2日の『埼玉日報』には東武劇場が焼失したとする記事が掲載されている。現物は未確認。*29
越谷映画劇場/越谷映劇・越谷中央劇場
所在地 : 埼玉県越谷市越谷813(1960年・1963年)
開館年 : 1957年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿では「越谷映画劇場」。1960年の映画館名簿では「越谷映劇・越谷中央劇場」(2館)。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1957年時点では越谷町役場隣。
越谷名画座
所在地 : 埼玉県越谷市千間台西1-13-5(1988年)
開館年 : 1987年頃
閉館年 : 1988年頃
1987年の映画館名簿には掲載されていない。1988年の映画館名簿では「越谷名画座」。1988年の住宅地図では「第一せんげんビル健康レジャーランド 4階越谷名画座」。1988年の映画館名簿によると経営会社はシネマチックジャパン、60席、邦画・洋画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はカラオケ店「ビッグエコーせんげん台店」などが入る「第一千間台ビル」。最寄駅は東武鉄道伊勢崎線せんげん台駅。
イオンシネマ越谷レイクタウン
所在地 : 埼玉県越谷市東町4-21-1 イオンレイクタウンKAZE C326(2010年)、埼玉県越谷市レイクタウン4-2-2 イオンレイクタウンKAZE 3階(2015年・2020年)
開館年 : 2008年10月2日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「イオンシネマ越谷レイクタウン1-10」(10館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ越谷レイクタウン シネマ1-10」(10館)。

八潮市

映画館名簿によると八潮市に映画館は存在しなかったと思われる。

三郷市

MOVIX三郷
所在地 : 埼玉県三郷市彦野2-25 スーパービバホーム三郷店シネコン棟2階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2005年6月1日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「MOVIX三郷1-12」(12館)。

2005年6月1日、松竹マルチプレックスシアターズによる「MOVIX三郷」が開館した。*30

吉川市

銀映玉屋/玉屋小劇場/吉川劇場
所在地 : 埼玉県北葛飾郡吉川町(1950年)、埼玉県北葛飾郡吉川町1565(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前、1950年6月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1950年の映画館名簿では「玉屋小劇場」。1955年の映画館名簿では「銀映玉屋」。1960年の映画館名簿では「玉屋小劇場」。1963年の映画館名簿では「吉川劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

北葛飾郡松伏町

西部地域

所沢市

演芸館/所沢演芸館/明邦座/所沢名画座
所在地 : 埼玉県入間郡所沢町(1930年・1936年・1943年・1950年)、埼玉県所沢市所沢町483(1953年)、埼玉県所沢市北御幸町483(1955年・1958年)、埼玉県所沢市御幸町483(1960年・1963年)
開館年 : 1925年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前? 1970年?
1930年・1936年の映画館名簿では「演芸館」。1943年の映画館名簿では「所沢演芸館」。1944年明邦座改称。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「明邦座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「所沢名画座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「所沢スカイライズタワー」北東150mにある4軒の建物。最寄駅は西武池袋線・新宿線所沢駅。

活弁士が活躍する無声映画の時代、所沢の御幸町には「所沢演芸館」があった。1944年には「明邦座」、戦後には「名画座」に改称し、1970年に閉館した。*31
所沢東映映画劇場/所沢東映/所沢東映劇場
所在地 : 埼玉県所沢市日吉町89(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1969年6月26日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「所沢東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「所沢東映」。1966年の映画館名簿では「所沢東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の住宅地図では跡地に「娯楽センター所沢有料駐車場」。跡地は「トコトコスクエア」(旧ダイエー所沢店/イオン所沢店)建物北東部。最寄駅は西武池袋線・新宿線所沢駅。

1969年の所沢市にあった「所沢東映」の写真あり。1955年5月、2010年現在のダイエーの場所に開館した。寿町の「所沢中央映画劇場」、御幸町の「名画座」に次いで所沢3番目の映画館だった。1969年6月26日に全焼した。*32
歌舞伎座/所沢歌舞伎座/所沢中央映画劇場/所沢中央劇場/所沢中央
所在地 : 埼玉県入間郡所沢町寿町538(1930年)、埼玉県入間郡所沢町寿町(1936年)、埼玉県入間郡所沢町(1943年・1950年)、埼玉県所沢市所沢町103(1953年)、埼玉県所沢市寿町539(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、埼玉県所沢市寿町23-11(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1912年9月18日
閉館年 : 1982年
1930年・1936年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1943年・1950年の映画館名簿では「所沢歌舞伎座」。1953年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1955年の映画館名簿では「所沢歌舞伎座」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「所沢中央映画劇場」。1969年の映画館名簿では「所沢中央劇場」。1973年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「所沢中央」。1975年の住宅地図では「中央映画劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「グレーシアスタワーズ所沢」建物南側。最寄駅は西武池袋線・新宿線所沢駅。

1903年、雛問屋の二上家が下仲町(寿町)に「雛沢座」を建てた。1913年には綿糸商の秋田家が雛沢座を改装して「歌舞伎座」に改称した。歌舞伎・浪花節・義太夫・常磐津節・演説会などに用いられ、やがて活動写真専門館に転換した。歌舞伎座は「中央映画劇場」に改称し、1982年まで存続した。*33

所沢市教育委員会『ところざわ歴史物語』所沢市教育委員会、2020年には、「第四章 近代 電灯の普及と娯楽施設 劇場と映画館」という節がある。現物は未確認。*34
Cine-Fi SEIYUこてさしPit/西友こてさしPit/こてさし西友ドライブインシアター/西友こてさしドライブインシアター
所在地 : 埼玉県所沢市小手指町1-25-8(1983年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1981年12月
閉館年 : 2000年頃
1982年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の映画館名簿では「Cine-Fi SEIYUこてさしPit」。1983年の映画館名簿では経営会社が西友ストア、経営者が堤清二、支配人が山崎克己、180台収容、洋画・松竹を上映。1985年の映画館名簿では「西友こてさしPit」。1990年の映画館名簿では「こてさし西友ドライブインシアター」。1995年・2000年の映画館名簿では「西友こてさしドライブインシアター」。1998年の映画館名簿では経営会社が東京テアトル、150台収容、邦画・洋画を上映。2001年の映画館名簿には掲載されていない。西友小手指店屋上。最寄駅は西武池袋線小手指駅。屋上駐車場にスクリーンが現存。
シネセゾン所沢
所在地 : 埼玉県所沢市日吉町12-1(1990年・1995年・2000年・2002年)
開館年 : 1986年4月
閉館年 : 2003年5月28日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年・2002年の映画館名簿では「シネセゾン所沢」。2002年の映画館名簿では鉄筋造8階、180席、経営会社が東京テアトル、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。西武百貨店所沢店8階。最寄駅は西武池袋線・新宿線所沢駅。西武百貨店8階には映画館跡地がワルツホール所沢として現存。

2003年5月28日をもって、所沢市の西武百貨店8階にある映画館「シネセゾン所沢」が閉館した。1986年に西武線所沢駅前に西武百貨店がオープンするのと同時に開館し、西武線沿線から観客を集めた。閉館の理由は観客数の減少。*35
LET'Sシネパーク1・2・3/所沢Let'sシネパーク1・2・3/新所沢Let'sシネパーク1・2・3
所在地 : 埼玉県所沢市緑町1-2-1(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1983年6月23日
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : 新所沢Let'sシネパーク
1982年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の映画館名簿では「LET'Sシネパークレッドスポット・イエロースポット・グリーンスポット」(3館)。1990年の映画館名簿では「所沢Let'sシネパークレッドスポット・イエロースポット・グリーンスポット」(3館)。1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「新所沢Let'sシネパークイエロースポット・レッドスポット・グリーンスポット」(3館)。2016年12月16日リニューアルオープン。新所沢パルコレッツ館4階。最寄駅は西武新宿線新所沢駅。

1983年6月18日の『埼玉新聞』には6月23日に映画館3館を有する新所沢パルコが開店するという記事が掲載されている。現物は未確認。*36

2016年12月16日、所沢市の新所沢パルコ レッツ館4階にある映画館「新所沢 Let's シネパーク」が約2か月半の改装を終えて生まれ変わる。東京テアトルが開発したBOXプレミアムシート、日本最大数のファーストプレミアムシート、日本初導入のセカンドプレミアムシートのいずれかに座席が一新された。*37
ところざわサクラタウンジャパンパビリオンホールBシアター
所在地 : 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3(2022年)
開館年 : 2021年5月21日
閉館年 : 営業中
2021年の映画館名簿には掲載されていない。2022年の映画館名簿では「ところざわサクラタウンジャパンパビリオンホールBシアター」。2022年の映画館名簿では経営会社がKADOKAWA、経営者が夏野剛、支配人が野村久嗣、207席。

飯能市

飯能座/飯能劇場
所在地 : 埼玉県入間郡飯能町1丁目(1930年)、埼玉県入間郡飯能町(1936年)
開館年 : 1916年
閉館年 : 1936年以後1943年以前
1930年の映画館名簿では「飯能座」。1936年の映画館名簿では「飯能劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
幸乃座/飯能エデン劇場/飯能日活
所在地 : 埼玉県入間郡飯能町(1950年・1953年)、埼玉県飯能市飯能町前田(1955年)、埼玉県飯能市飯能町前田24(1958年)、埼玉県飯能市前田24(1960年・1963年)、埼玉県飯能市前田町24(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1950年の映画館名簿では「飯能座」。1953年・1955年の映画館名簿では「飯能エデン劇場」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「飯能日活」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
春日館/春日キネマ/飯能松竹映画劇場/飯能松竹
所在地 : 埼玉県入間郡飯能町(1930年・1936年・1950年)、埼玉県飯能市飯能1-315(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県飯能市仲町16-8(1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1991年
Wikipedia : 飯能松竹
1930年の映画館名簿では「春日館」。1936年の映画館名簿では「春日キネマ」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1955年・1958年の映画館名簿では「飯能松竹映画劇場」。1960年の映画館名簿では「飯能松竹」。1963年・1966年の映画館名簿では「飯能松竹映画劇場」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「飯能松竹」。1990年の映画館名簿では「飯能松竹 飯野興業(株)映画劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大川学園高等学校」。最寄駅は西武鉄道池袋線飯能駅。

1968年の飯能市にあった「飯能松竹映画劇場」の写真あり。『極秘 女拷問』の看板が見える。*38

飯能松竹映劇に言及している雑誌記事として、「われらの映画館 飯能松竹映劇」『キネマ旬報』1976年7月上旬号がある。*39

狭山市

入満座/狭山映画劇場
所在地 : 埼玉県狭山市入間川町(1958年・1960年)、埼玉県狭山市入間川菅原町1-2546(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「入満座」。1963年の映画館名簿では「狭山映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

入間市

豊劇
所在地 : 埼玉県入間郡武蔵町扇町(1958年)、埼玉県入間郡武蔵町扇町屋(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「豊劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
豊岡座
所在地 : 埼玉県入間郡豊岡町1767(1950年)、埼玉県入間郡豊岡町767(1953年・1955年)、埼玉県入間郡武蔵町767(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「豊岡座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
ユナイテッド・シネマ入間
所在地 : 埼玉県入間市豊岡1-11-1 アイポット3階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年12月5日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ入間」(9館)。最寄駅は西武池袋線入間市駅。

2000年12月5日、入間市豊岡1-11-1 アイポット3階に「ユナイテッド・シネマ入間」が開館した。9スクリーン計1910席。*40

日高市

日高会館
所在地 : 埼玉県入間郡日高町鹿山(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「日高会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

川越比企地域

坂戸市

倉持映画劇場
所在地 : 埼玉県入間郡坂戸町(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「倉持映画劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
坂戸富士館/富士館
所在地 : 埼玉県入間郡坂戸町(1936年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「富士館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「坂戸富士館」。1953年・1955年の映画館名簿では「富士館」。1958年の映画館名簿では「坂戸富士館」。1960年の映画館名簿では「富士館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「坂戸幼稚園」北西60mにあるアパート「ロハスアイファイヴ」。最寄駅は東武鉄道東上線・越生線坂戸駅。

『日本商工業別明細図 埼玉県入間郡』東京交通社、1959年には、「坂映」と「富士館」が描かれている。*41
坂戸映劇/坂戸映画劇場
所在地 : 埼玉県入間郡坂戸町(1959年・1960年)、埼玉県入間郡坂戸町218(1963年)、埼玉県入間郡坂戸町211-1(1966年)、埼玉県入間郡坂戸町21-1(1969年)、埼玉県入間郡坂戸町3-1(1973年・1975年)、埼玉県坂戸市日ノ出町2-25(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1988年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「坂戸映画劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「坂戸映劇」。1976年の住宅地図では「坂戸映画劇場」。1988年の映画館名簿では「坂戸映画劇場」。1989年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三菱UFJ銀行坂戸支店」北東80mにある有料駐車場「タイムズ坂戸駅北口」敷地東側。最寄駅は東武鉄道東上線・越生線坂戸駅。

『日本商工業別明細図 埼玉県入間郡』東京交通社、1959年には、「坂映」と「富士館」が描かれている。*42

鶴ヶ島市

シネプレックスわかば/ユナイテッド・シネマわかば
所在地 : 埼玉県鶴ヶ島市富士見1-2-1 ワカバウォーク内2階(2005年・2010年)、埼玉県鶴ヶ島市富士見1-2-1 ワカバウォーク2階(2015年・2020年)
開館年 : 2004年6月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「シネプレックスわかば1-9」(9館)。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマわかば1-9」(9館)。

東松山市

松林座/松山銀映劇場
所在地 : 埼玉県比企郡松山町本町3丁目(1930年・1936年)、埼玉県比企郡松山町(1943年)、埼玉県東松山市本町3丁目(1955年)、埼玉県東松山市松山町4411(1960年)
開館年 : 1921年3月
閉館年 : 1961年
『全国映画館総覧 1955』によると1921年3月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「松林座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「松山銀映劇場」。1961年焼失。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は埼玉県道66号「本町一丁目交差点」南西130mにある民家など。

『目で見る東松山・比企の100年』郷土出版社、1999年には「松林座」が掲載されている。現物は未確認。*43

1940年から1941年頃、松山町本町1丁目の「松林座」が売りに出され、伊沢惣二郎が賃借契約を結んで経営者となった。深谷町で「豊年座」と「電気館」を経営する伊沢仁太郎の弟である。1949年または1950年、松林座は柴田興業の経営となった。1962年、「松山銀映」(旧松林座)が焼失した。*44

かつて比企郡松山町には大衆演劇場「松林座」があり、のちに映画館となったが1962年に火災で焼失した。3代目館主は高埜次郎であり、高埜の孫は映画監督の澤野計である。2007年には澤野が35ミリフィルム作品『わがおもいの松林座』を製作した。*45
松山映劇/松山映画劇場/東松山シネママリオン/東松山シネマ
所在地 : 埼玉県比企郡松山町(1950年)、埼玉県東松山市松山本町4(1960年)、埼玉県東松山市松山5221(1963年)、埼玉県東松山市本町4(1966年)、埼玉県東松山市本町2-10-44(1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1946年10月、1990年頃(建て替え)
閉館年 : 2004年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年10月開館。1950年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「松山映画劇場」。1973年・1975年・1980年・1985年の映画館名簿では「松山映劇」。1987年の映画館名簿では「松山映画劇場」。1987年の住宅地図では「松山映画劇場」。1990年の映画館名簿では「松山映画劇場」。1995年の映画館名簿では「東松山シネママリオン」。2000年の映画館名簿では「東松山シネマ」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「シティホテル東松山」東北東70mにある「Mプラザ3マリオン」。最寄駅は東武鉄道東武東上線東松山駅。

1946年または1949年には松山会館が建設され、伊沢惣二郎に経営が依頼された。1949年または1950年、松山会館が「松山映画劇場」に改称した。1960年頃には松山映画劇場が新築された。1967年にも松山映画劇場が新築されて560席となった。1991年、松山マリオンが新築開館した。*46

入間郡毛呂山町

山下座
所在地 : 埼玉県入間郡毛呂山町(1958年・1960年)、埼玉県入間郡毛呂山町本郷228(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「山下座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「毛呂山郵便局」北北東130mにある空き地。最寄駅はJR八高線毛呂駅。

『日本商工業別明細図 埼玉県入間郡』東京交通社、1959年には、「山下座」が描かれている。*47
いなげやホール
所在地 : 埼玉県入間郡毛呂山町大字岩井1498-2(1988年・1990年・1992年・1995年)
開館年 : 1986年11月15日
閉館年 : 1995年頃
1986年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1992年・1995年の映画館名簿では「いなげやホール」。1988年の映画館名簿では経営会社がシネマチックジャパン、経営者が今泉義雄、支配人が浮田俊明、88席、邦画・洋画を上映。1996年の映画館名簿には掲載されていない。いなげや毛呂店2階。ビデオシアター。最寄駅は東武鉄道越生線東毛呂駅。

入間郡越生町

曙会館/越生曙会館
所在地 : 埼玉県入間郡越生町(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1946年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「曙会館」。1966年の映画館名簿では「越生曙会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地には「曙会館跡」の碑が建っている。跡地は「里の駅 おごせ」西北西70mにある駐車場。最寄駅はJR八高線越生駅。

1946年、越生町の地元有志らが劇場「曙会館」を開館させた。同年の元日から3日間、浪曲師の春日井梅鶯、作曲家の上原げんとの四重奏楽団、歌手の鈴村一郎などを迎えて、落成披露興行が行われた。1949年9月には古賀政男の演奏会が行われた。昭和20年代後半からは映画上映が主となった。2階建て、客席600。1967年から1968年頃に閉館した。*48

比企郡小川町

相生座映画劇場/相生座
所在地 : 埼玉県比企郡小川町大塚97(1936年)、埼玉県比企郡小川町(1943年・1950年)、埼玉県比企郡小川町上宿137(1953年)、埼玉県比企郡小川町(1955年・1958年)、埼玉県比企郡小川町大塚97(1960年)、埼玉県比企郡小川町(1963年)
開館年 : 1916年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1916年5月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「相生座」。1950年の映画館名簿では「小川相生座」。1953年の映画館名簿では「相生座」。1955年の映画館名簿では「相生座映画劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「相生座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1902年の小川町市街図には既に「相生座」が描かれている。1951年頃には小川町の有志によって「小川会館」が建設され、相生座と小川会館が合併し、相生座は祝祭日に臨時に興行する劇場となった。1970年には相生座が閉業した。*49
小川会館
所在地 : 埼玉県比企郡小川町(1950年)、埼玉県比企郡小川町大塚253(1953年)、埼玉県比企郡小川町(1955年)、埼玉県比企郡小川町253(1958年)、埼玉県比企郡小川町大塚253(1960年)、埼玉県比企郡小川町(1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県比企郡小川町大塚253(1980年・1981年)
開館年 : 1947年3月
閉館年 : 1981年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年3月開館。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1981年の映画館名簿では「小川会館」。1971年の住宅地図では「小川会館」。1981年の映画館名簿では経営会社が松山会館、経営者が伊沢寛一、支配人が石川タカ、木造1階、350席、邦画・洋画を上映。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「武蔵野銀行小川支店」西南西90mにある駐車場。最寄駅はJR八高線・東武鉄道東上線小川駅。

1951年頃には小川町の有志によって「小川会館」が建設され、相生座と小川会館が合併し、相生座は祝祭日に臨時に興行する劇場となった。1970年には相生座が閉業した。1985年頃には小川会館が閉業して取り壊された。*50

比企郡嵐山町

菅谷劇場
所在地 : 埼玉県比企郡菅谷村(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「菅谷劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

比企郡鳩山町

やよい座
所在地 : 埼玉県比企郡鳩山村今宿309(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「やよい座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

比企郡ときがわ町

玉川会館
所在地 : 埼玉県比企郡都幾川村玉川2475(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「玉川会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

比企郡滑川町

映画館名簿によると比企郡滑川町に映画館は存在しなかったと思われる。

比企郡川島町

映画館名簿によると比企郡川島町に映画館は存在しなかったと思われる。

比企郡吉見町

映画館名簿によると比企郡吉見町に映画館は存在しなかったと思われる。

秩父郡東秩父村

映画館名簿によると比企郡東秩父村に映画館は存在しなかったと思われる。

北部地域

深谷市

深谷会館
所在地 : 埼玉県深谷市西島町100(1956年)、埼玉県深谷市西島町750(1958年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1959年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1959年の映画館名簿では「深谷会館」。1956年の映画館名簿では経営者が伊沢仁太郎、支配人が伊沢多喜男、木造1階、定員500、邦画・洋画を上映。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年、深谷市大字深谷355番地に伊沢仁太郎が「ムサシノ館」を創立した。1961年1月7日には火災に遭い、「深谷会館」を取り壊してその用材でムサシノ館を再建し、1961年7月13日に再開館した。1階は約561平方メートル(170坪)、2階は約135平方メートル(41坪)。収容定員500人。*51
深谷豊年座/豊年座
所在地 : 埼玉県大里郡深谷町新世界(1936年)、埼玉県大里郡深谷町(1943年・1947年・1950年)、埼玉県深谷市西島1084(1953年)、埼玉県大里郡深谷町西島759(1955年)、埼玉県深谷市西島町1084(1958年・1959年)、埼玉県深谷市田所町1084(1960年・1961年)、埼玉県深谷市西島1084(1962年)
開館年 : 1929年6月
閉館年 : 1960年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「豊年座」。1947年の映画館名簿では「深谷豊年座」。1950年の映画館名簿では「豊年座」。1953年・1955年の映画館名簿では「深谷豊年座」。1958年・1959年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「豊年座」。1962年の映画館名簿では経営者が伊沢仁太郎、支配人が伊沢多喜男、木造2階冷暖房付、定員600、大映を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「呑龍院」南南東40mの民家数軒。最寄駅はJR高崎線深谷駅。

1937年現在の深谷町には映画館「松竹館」と「豊年座」の2館がある。1898年に開館した「深盛座」はすでに取り壊された。深谷町西島108番地の豊年座は1929年6月創立。経営者は伊沢仁太郎。管理者は芹沢徳治。資本金5万円。日活の特約館。建坪142坪5合。2階建て。定員800。*52

1937年の『深谷町誌』には「豊年座」と「深谷松竹館」の広告が掲載されている。豊年座は「日活映画県西封切所 豊年座 電話深谷156番」、深谷松竹館は「松竹映画常設館 深谷松竹館 館主小林玄造」とある。*53

1940年から1941年頃、松山町本町1丁目の「松林座」が売りに出され、伊沢惣二郎が賃借契約を結んで経営者となった。深谷町で「豊年座」と「電気館」を経営する伊沢仁太郎の弟である。*54

1929年6月、深谷町西島108番地に伊沢仁太郎によって「豊年座」が創立された。建坪約470平方メートル(142坪)。2階建て。定員800人。戦前は日活の特約館であり、映画のほかには実演の興行も行われた。1960年まで営業が続けられたが、閉館後には1965年から伊沢系統の鉄工所となった。*55
深谷電気館/電気館
所在地 : 埼玉県大里郡深谷町(1925年・1930年・1943年)、埼玉県大里郡深谷町西島759(1947年)、埼玉県大里郡深谷町(1950年)、埼玉県大里郡深谷町西島759(1953年・1955年)、埼玉県深谷市西島町575(1958年)、埼玉県深谷市西島575(1960年)、埼玉県深谷市西島759(1963年)
開館年 : 1919年8月
閉館年 : 1962年12月
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿では「電気館」。1927年の映画館名簿では「深谷電気館」。1930年の映画館名簿では「電気館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「深谷電気館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「電気館」。1959年の映画館名簿では経営者が伊沢仁太郎、支配人が森孝行、鉄筋造2階冷暖房付、定員800、東映・大映・洋画を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「深谷メンタルクリニック」。最寄駅はJR高崎線深谷駅。

深谷町大字西島には常設館「深谷電気館」がある。1919年10月に創立し、年中無休で興行している。日活作品を上映しており、映画は毎週金曜に交換される。建坪105坪。定員1000人。資本金5万円。従業員16人。*56

1937年現在の深谷町には映画館「松竹館」と「豊年座」の2館がある。1898年に開館した「深盛座」はすでに取り壊された。深谷町西島177番地の松竹館は、1919年8月に深谷電気館として創立した。当初の社長は北西貫一であり、日活の特約館だったが、その後須藤善之助、高橋栄次郎、市川好三郎、尾黒玉明などが経営者となった。1934年3月には松竹館に改称して松竹の歩合館となった。建坪105坪。2階建て。定員1000人。*57

1937年の『深谷町誌』には「豊年座」と「深谷松竹館」の広告が掲載されている。豊年座は「日活映画県西封切所 豊年座 電話深谷156番」、深谷松竹館は「松竹映画常設館 深谷松竹館 館主小林玄造」とある。*58

1919年8月、深谷町西島177番地に「深谷電気館」が開館した。社長は北西貫一であり、日活の特約館だった。建坪約346平方メートル(105坪)。2階建て。定員1000人(現基準換算700人)。1934年には「松竹館」に改称して松竹の歩合館となった。弁士の市川好三郎が経営者だった頃もある。1939年には伊沢仁太郎が経営者となり、松竹館から電気館に名前を戻した。1962年12月には内部を改装し、映画館から遊技関係店に転向した。*59
深谷武蔵野館/深谷ムサシノ館
所在地 : 埼玉県深谷市本住町355(1956年・1958年・1959年・1960年・1963年・1964年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年、1961年7月13日(建て替え)
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年の映画館名簿では「深谷武蔵野館」。1958年・1959年の映画館名簿では「武蔵野館」。1959年の映画館名簿では経営者が伊沢仁太郎、支配人が墨田不二三、木造2階冷暖房付、定員600、松竹・東宝を上映。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「ムサシノ館」。1961年1月7日火災焼失。1961年7月13日営業再開。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「深谷ムサシノ館」。1970年の映画館名簿では経営者が伊沢仁太郎、支配人が伊沢多喜男、木造2階冷暖房付、定員380、邦画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三高院」東60mの「障害者グループホーム穂の香」。最寄駅はJR高崎線深谷駅。

1955年、深谷市大字深谷355番地に伊沢仁太郎が「ムサシノ館」を創立した。1961年1月7日には火災に遭い、「深谷会館」を取り壊してその用材でムサシノ館を再建し、1961年7月13日に再開館した。1階は約561平方メートル(170坪)、2階は約135平方メートル(41坪)。収容定員500人。*60
深谷シネマ(旧)
所在地 : 埼玉県深谷市仲町2-25(2004年・2005年・2008年・2010年)
開館年 : 2002年7月27日
閉館年 : 2010年3月31日(移転)
Wikipedia : 深谷シネマ
2003年の映画館名簿には掲載されていない。2004年・2005年・2008年・2010年の映画館名簿では「深谷シネマ」。2010年の映画館名簿では経営会社がNPO法人市民シアター・エフ、経営者・支配人ともに武石研二、鉄筋造1階、50席、邦画・洋画を上映。2010年移転。最寄駅はJR高崎線深谷駅。

1999年3月26日には深谷市に「県北にミニシアターを! 市民の会」が設立された。2000年1月15日には初の上映会として深谷市民文化会館で『のど自慢』を上映し、その後も多目的ホールでの上映会や野外上映会などの活動を行った。2002年1月には常設映画館の開館が決定し、同年7月27日に深谷市仲町の旧さくら銀行の建物を改装して「チネ・フェリーチェ」が開館した。土地区画整理事業の関係により、2010年3月31日をもって深谷市仲町での営業を終了した。*61
深谷シネマ
所在地 : 埼玉県深谷市深谷町9-12(2012年・2015年・2020年)
開館年 : 2010年4月16日(移転)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 深谷シネマ
2010年移転。2012年・2015年・2020年の映画館名簿では「深谷シネマ」。2012年の映画館名簿では経営会社がNPO法人市民シアター・エフ、経営者・支配人ともに武石研二、鉄筋造1階、60席、邦画・洋画を上映。最寄駅はJR高崎線深谷駅。

2013年、深谷市で映画館「深谷シネマ」を運営するNPO法人「市民シアター・エフ」がまちづくり功労者として国土交通大臣表彰を受けた。市民シアター・エフは2000年に発足し、2002年には深谷市中心部の銀行跡地に深谷シネマを開館させた。2010年には七ツ梅酒造の蔵を改装して移転した。フィルム映写機を有し、毎年50〜80作品を上映している。座席数は60席。*62

「深谷シネマ」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*63

「深谷シネマ」に言及している雑誌記事として、「市民起業家という生き方(14)コミュニティシネマで商店街を元気にする 深谷シネマ チネ・フェリーチェ代表 竹石研二さん」『企業診断』同友館、2005年3月がある。*64

「深谷シネマ」に言及している雑誌記事として、「市民起業家という生き方(73)コミュニティシネマで商店街を元気にする 深谷シネマ館長 竹石研二さん」『企業診断』同友館、2010年7月がある。*65

「深谷シネマ」に言及している雑誌記事として、松本すみ子「はつらつセカンドステージ(第12回)街のにぎわいを取り戻したい! 市民映画館『深谷シネマ』」『Financial forum』京都総合経済研究所、2009年秋号がある。*66

「深谷シネマ」に言及している雑誌記事として、「映画で街に文化とにぎわいを 映画館活動に奔走する NPO法人市民シアター・エフの深谷シネマ」『エルダー 高齢者雇用の総合誌』高齢・障害・求職者雇用支援機構、2010年10月がある。*67

「深谷シネマ」に言及している雑誌記事として、森まゆみ「渋沢栄一と深谷シネマ」『地域人』2021年5月、第69号がある。*68

本庄市

児玉座
所在地 : 埼玉県児玉郡児玉町(1955年)、埼玉県児玉郡児玉町193(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「児玉座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
児玉映画劇場
所在地 : 埼玉県児玉郡児玉町28(1958年)、埼玉県児玉郡児玉町60(1960年)、埼玉県児玉郡児玉町28(1963年・1964年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「児玉映画劇場」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年、児玉町の上町に「児玉映画劇場」が開館した。開館時の花輪が見える写真あり。*69

1952年には児玉町に「児玉映画劇場」が開館した。*70
本庄常盤座(旧)/常盤座
所在地 : 埼玉県児玉郡本庄町七軒町(1930年・1936年)、埼玉県児玉郡本庄町(1943年・1947年・1950年)、埼玉県本庄市本庄町2765(1953年)、埼玉県本庄市本庄町260(1955年)、埼玉県本庄市本庄町2765(1958年)、埼玉県本庄市七軒町2765(1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1916年1月、1953年7月5日(建て替え)
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「常盤座」。1947年・1950年の映画館名簿では「本庄常盤座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「常盤座」。1965年の映画館名簿では経営者が木村八重、支配人が草間一、木造2階暖房付、定員502、松竹・大映を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR高崎線本庄駅。

1914年の「埼玉県本庄町明細地図」には照若町に「電気館」が、七軒町に「劇場 丸山座」が描かれている。旧本庄商業銀行煉瓦倉庫に展示されている。*71

1935年の『本庄町誌』には常盤座の広告が掲載されている。「劇場 株式会社常盤座 電話260番」とある。*72

本庄町にあった時期不明の初代常盤座の写真あり。本庄町にあった宮森座は1911年に丸山座に改称し、演劇場と寄席を兼業していた。丸山座の後継館として、1916年1月には1万2000円が投じられて劇場「常盤座」が新築された。大正時代には本庄町出身の俳優である新井淳も何度か常盤座の舞台に立った。1931年から1932年頃の常盤座の舞台風景の写真あり。*73

1953年7月5日に本庄市の映画館「常盤座」が落成した際の写真あり。1953年以前の常盤座は桝席や花道のある演劇場であり、演劇以外では踊りの発表会、産報の会場、時局講演会、小学校の学芸会などにも利用された。*74

昭和初期の現・本庄市にあった「常盤座」の写真あり。本庄市街地の中心部、七軒町秩父新道(現・銀座通り)にあった洋風建築である。大正時代から昭和戦前・昭和戦後にかけて娯楽の殿堂だった。もともと演劇と寄席の興行を行っていたが、映画が普及すると映画館になった。昭和一桁時代は弁士と楽隊がいる無声映画の時代だった。*75

1910年5月21日、本庄町の「宮森座」において、群馬新聞社の主催による活動写真上映会が開催された(『埼玉新報』)。1911年3月2日、宮森座が丸山座に改称して開館した(『埼玉新報』)。1916年1月、丸山座が株式会社劇場常盤座となった(『本庄町誌』)。1918年3月24日、常盤座で時局演説会が開催され、渋沢栄一と増田義一が弁士として訪れた(『東京日日新聞』)。1921年9月18日、常盤座で埼玉新聞本庄支社が主催するお伽大会が開催され、小学生2000人を集めた(『東京日日新聞』)。1924年11月21日、常盤座で本庄商工会が主催するメートル法実施宣伝の活動写真上映会が主催された(『東京日日新聞』)。1926年7月28日、常盤座と電気館で城立寺が主催する思想善導皇室中心主義の活動写真上映会が開催された(『東京日日新聞』)。1927年2月13日午後11時頃、本庄常盤座の映写室から出火した。観客約500人が避難し、フィルムと2階席が焼失した(『本庄町誌』)。1933年10月16日、常盤座で本庄小唄と本庄音頭の披露大会が行われた(『東京日日新聞』)。*76
本庄電気館/本庄第二常盤座/本庄常盤座(新)
所在地 : 埼玉県児玉郡本庄町照若町(1930年)、埼玉県児玉郡本庄町照若町2802(1936年)、埼玉県児玉郡本庄町(1943年)、埼玉県児玉郡本庄町4162(1947年)、埼玉県児玉郡本庄町(1950年)、埼玉県児玉郡本庄町4161(1953年)、埼玉県本庄市本庄町4161(1955年)、埼玉県本庄市本庄町4261(1958年・1960年)、埼玉県本庄市七軒町4162(1963年・1965年・1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1914年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年・1936年の映画館名簿では「本庄電気館」。1943年の映画館名簿では「第二常盤」。1947年の映画館名簿では「本庄第二常盤座」。1958年の映画館名簿では「第二常盤」。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「第二常盤座」。1958年の映画館名簿では「第二常盤」。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「第二常盤座」。1965年の映画館名簿では経営者が木村八重、支配人が草間一、木造2階、定員494、日活を上映。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「本庄常盤座」。1968年の映画館名簿では経営者が木村八重、支配人が草間一、木造2階暖房付、定員494、松竹・日活を上映。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の住宅地図では跡地に駐車場。最寄駅はJR高崎線本庄駅。

1914年の「埼玉県本庄町明細地図」には照若町に「電気館」が、七軒町に「劇場 丸山座」が描かれている。旧本庄商業銀行煉瓦倉庫に展示されている。*77

1914年には本庄町に映画常設館「電気館」が開館したが、1年あまりで閉館した(『写真集本庄』)。1920年、電気館が営業を再開した(『写真集本庄』)。*78

1913年、本庄町照若町に活動写真常設館「電気館」が開館した。地方都市としては早い時期の開館であり、1年ほどして閉館した。1920年には電気館の営業が再開され、1940年には「第二常盤座」に改称した。常盤座は松竹系、第二常盤座は大映系、本庄文映は洋画・日活系、シバタ東映は東映系だった。*79

1913年には本庄町に埼玉県初の活動写真常設館「電気館」が開館した。幕末頃から明治中期には渡辺紅於が経営する旅籠の小倉屋(小倉山房)があった場所である。電気館がある通りは電気館通りと呼ばれ、照若町通り、第二トキワ通りなどとも呼ばれた。電気館の1階は椅子席、2階は畳敷きであり、定員は600人だった。1940年には「第二常盤座」に改称して大映系映画館となった。*80

1914年、本庄町に埼玉県最古の活動写真館「電気館」が開館し、中山道から電気館に至る道路は電気館通りと呼ばれた。のちには「第二トキワ座」に改称し、道路も第二トキワ座通りとなった。現在の電気館通りには電気館にちなんだ名称のカレー店「電気館カレー」があり、店内には本庄市の古いチラシなどが貼られている。*81
本庄シバタ東映劇場/本庄シバタ東映
所在地 : 埼玉県本庄市本庄2809(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年)、埼玉県本庄市本庄1-3-4(1980年)
開館年 : 1958年12月10日
閉館年 : 1980年2月
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「本庄シバタ東映」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「本庄シバタ東映劇場」。1968年の映画館名簿では経営者がシバタ文化興業、支配人が斎藤直治、木造2階暖房付、定員304、東宝・大映・東映を上映。1978年の住宅地図では「シバタ東映」。1980年の映画館名簿では「本庄シバタ東映」。1981年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の住宅地図では跡地に「矢代商店駐車場」。跡地は有料駐車場「三井のリパーク本庄駅北口駐車場」。最寄駅はJR高崎線本庄駅。

1958年12月10日、本庄市に東映系上映館「本庄シバタ東映」が開館した。経営はシバタ文化興業株式会社関東支社。本庄市の常設館は4館となった。*82

1956年には本庄市の「本庄文映」が改築されたが、駅通りに「シバタ東映」が開館したのもこの頃である。1980年にはシバタ東映が閉館した。常盤座は松竹系、第二常盤座は大映系、本庄文映は洋画・日活系、シバタ東映は東映系だった。*83

1980年2月、本庄市の映画館「シバタ東映」が閉館した(チラシ)。*84
本庄文化映劇/本庄文化映画劇場/本庄文化劇場
所在地 : 埼玉県児玉郡本庄町3107(1953年)、埼玉県本庄市本庄町3107(1955年)、埼玉県本庄市本庄町3109(1958年)、埼玉県本庄市本庄町3107(1960年)、埼玉県本庄市本庄3107(1963年・1966年・1969年)、埼玉県本庄市1-1-28(1973年・1975年)、埼玉県本庄市本庄1-3-28(1980年)、埼玉県本庄市1-1-28(1985年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「本庄文化映画劇場」。1960年の映画館名簿では「本庄文化映劇」。1963年の映画館名簿では「本庄文化映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年の映画館名簿では「本庄文化劇場」。1968年の映画館名簿では経営者がシバタ文化興業、支配人が斎藤直治、木造2階暖房付、定員350、洋画を上映。1986年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の住宅地図では「文映」。跡地はJR高崎線本庄駅北口北北東80mにある駐車場。最寄駅はJR高崎線本庄駅。

1950年4月、本庄駅北口に映画館「本庄文映」が開館した。本庄市で3番目の映画館であり、主として洋画を上映した。1956年にはシネマスコープに対応するために改築された。常盤座は松竹系、第二常盤座は大映系、本庄文映は洋画・日活系、シバタ東映は東映系だった。*85

1956年7月、本庄市の映画館「本庄文映」が新装改築した(『本庄写真大鑑』)。*86
シネマGIN座
2010年春、本庄市銀座3丁目の寿ビルに映画館「シネマGIN座」(仮称)が開館する予定。本庄市民有志らでつくる「本庄街なか映画館実行委員会」が会見で発表した。実行委員長であり寿ビル所有者の根岸英人、深谷市で「深谷シネマ」を運営するNPO法人市民シアター・エフの竹石研二理事長らが会見に出席した。2008年12月に寿ビルで『ペン偽らず 暴力の街』を上映し、約300人が鑑賞した。本庄市は埼玉県で初めてフィルムコミッションが設立された町である。1969年竣工の寿ビルは鉄筋コンクリート造3階建てであり、1997年まで1階にはパチンコ店が入っていた。約200平方メートルの1階を利用し、50〜60席の映画館とする予定。2010年4月から5月の開館を目指し、NPO法人によって運営する予定。2009年6月20日・21日には本庄市がロケ地となった『昴』の上映会を行う。*87

2009年9月12日・13日、本庄市の市民有志による「本庄街なか映画館実行委員会」は本庄市銀座3丁目の「寿ビル シネマGIN座」(仮称)で『ペン偽らず 暴力の街』を上映する。戦後の住民運動の先駆けとされる、本庄市で起こった本庄事件を描いた作品である。*88

2010年3月25日、本庄市の市民有志による「本庄街なか映画館」は埼玉県からNPO法人の認証を得たことを明らかにした。常設館の運営は決定していないが、本庄市銀座3丁目の「シネマGIN座」で2か月に一度の頻度で上映会を開催するという。3月27日・28日には第1弾として『キューポラのある街』の上映会を開催する。*89

大里郡寄居町

寄居高砂座
所在地 : 埼玉県大里郡寄居町(1947年・1950年・1953年・1955年・1956年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1956年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「高砂座」。1950年・1953年・1955年・1956年の映画館名簿では「寄居高砂座」。1955年の映画館名簿では木造1階、500席、混合を上映。1956年の映画館名簿では経営者が加藤さだ、支配人が記載なし、木造1階、500席、邦画を上映。1957年の映画館名簿には掲載されていない。寄居銀映座との関係は不明。
寄居銀映座
所在地 : 埼玉県大里郡寄居町武町(1958年)、埼玉県大里郡寄居町536(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
寄居高砂座との関係は不明。1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「寄居銀映座」。1957年の映画館名簿では経営者が上石武三郎、支配人が大島弘一、木造2階暖房付、500席、邦画・洋画を上映。1971年の住宅地図では「銀映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「銀映建材」。最寄駅はJR八高線・東武東上線・秩父鉄道寄居駅。

昭和時代の寄居市街地には2館の映画館があった。片方は本町クリニックの場所にあり、もう片方は栄町の銀映建材の場所にあった。銀映建材の場所にあった映画館は映写ホールが現存しており、数年前には新聞で取り上げられた。*90

『大日本職業別明細図』東京交通社、1926年には、後の寄居銀映座付近に「寄居劇場」が描かれている。*91
寄居文化映画劇場/寄居文化劇場
所在地 : 埼玉県大里郡寄居町本町(1950年・1953年・1955年)、埼玉県大里郡寄居町本町808(1958年)、埼玉県大里郡寄居町808(1963年)、埼玉県大里郡寄居町805(1966年・1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「寄居文化劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「寄居文化映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「寄居文化劇場」。1971年の住宅地図では「文映」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。寄居町最後の映画館。跡地は「寄居本町クリニック」建物北側。最寄駅はJR八高線・東武東上線・秩父鉄道寄居駅。

児玉郡上里町

ユナイテッド・シネマ ウニクス上里
所在地 : 埼玉県児玉郡上里町大字七本木2272-1 ウニクス上里2階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年8月15日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ ウニクス上里」(9館)。

児玉郡美里町

映画館名簿によると児玉郡美里町に映画館は存在しなかったと思われる。

児玉郡神川町

映画館名簿によると児玉郡美里町に映画館は存在しなかったと思われる。

利根地域

行田市

行田日活館/行田劇場
所在地 : 埼玉県北埼玉郡忍町行田町佐間(1936年)、埼玉県行田市佐間128(1957年・1958年)、埼玉県行田市佐間185(1960年・1962年)
開館年 : 1931年頃
閉館年 : 1962年頃
1936年の映画館名簿では「行田劇場」。1950年・1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年の映画館名簿では「行田日活館」。1960年・1962年の映画館名簿では「行田劇場」。1962年の映画館名簿では経営者・支配人ともに根岸一雄、木造2階、定員250、東宝を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では跡地に「根岸一雄」邸。

1931年から1932年頃、向町の水田の中に「行田劇場」が開館した。*92
行田中央映画劇場/中央映画劇場/行田中央劇場
所在地 : 埼玉県北埼玉郡忍町(1950年)、埼玉県行田市谷郷82(1953年・1955年)、埼玉県行田市宮本町82(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「行田中央映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1962年の映画館名簿では「行田中央劇場」。1962年の映画館名簿では経営者が富沢喜一郎、支配人が富沢民之助、木造1階、定員280、邦画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「秩父鉄道行田市駅」駅前ロータリー。

戦後の1946年、秩父鉄道行田市駅前に「中央映画劇場」が開館した。*93

1956年の行田市にあった映画館「中央映画劇場」の写真あり。正面に秩父鉄道行田駅(現・行田市駅)があり、右側に「中央映画劇場」の看板が見える。当時は映画の黄金期であり、市内には3館の映画館があった。*94
大正座/行田大正座
所在地 : 埼玉県北埼玉郡忍町行田101(1925年)、埼玉県北埼玉郡忍町行田(1930年)、埼玉県北埼玉郡忍町行田町101(1936年)、埼玉県北埼玉郡忍町忍(1943年)、埼玉県北埼玉郡忍町行田(1950年)、埼玉県行田市忍町101(1953年)、埼玉県行田市忍102(1955年)、埼玉県行田市忍町101(1958年)、埼玉県行田市忍101(1960年・1962年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1919年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧1955』には開館年が掲載されていない。1925年・1930年の映画館名簿では「大正館」。1936年・1943年の映画館名簿では「大正座」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1962年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「行田大正座」。1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに石川茂、木造2階建、850席、日活・東映を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1970年の住宅地図では跡地に「丸山印刷本社」。跡地は「清善寺」本堂南西100mにある「コスモプリンツ株式会社」。

1897年頃、行田町の大手町(本町1丁目の裏)には唯一の常設芝居小屋「忍座」があった。「自由座」と呼ばれた時代もあったが、1917年頃に閉館した。1919年、行田に劇場「大正座」が開館した。1927年1月の焼失後には映画が主体となり、1960年頃まで営業を続けた。大正座があったのは1978年現在のコスモプリンツの場所である。*95
忍館/行田忍館
所在地 : 埼玉県行田市忍町105(1957年・1958年・1960年・1963年)、埼玉県行田市忍町103(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1953年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「忍館」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「行田忍館」。1963年の映画館名簿では経営者がシバタ文化、支配人が金井泰治、木造平屋建、400席、邦画を上映。1970年の住宅地図では「忍館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図ではスーパー「マミーマート行田店」。1987年の住宅地図では「ディスカウントTOP」。跡地は「行田市コミュニティセンターみずしろ」北東70mにある駐車場と民家。

1927年、行田町の宮本町に「電気館」が開館し、焼失後には「昭和座」となった。1931年から1932年頃、向町の水田の中に「行田劇場」が開館した。戦後の1946年、秩父鉄道行田市駅前に「中央映画劇場」が開館した。1953年、1978年現在の現在のマミーマートの場所に「忍館」が開館した。*96

加須市

加須セントラル映画劇場/新映座
所在地 : 埼玉県加須市加須町上町538(1955年)、埼玉県加須市加須町上町(1960年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧1955』によると1953年6月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「加須セントラル映画劇場」。1960年の映画館名簿では「新映座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1953年4月のこのほど、北埼玉郡加須町に「加須セントラル映画劇場」が落成開場した。行田中央劇場の富沢喜一郎、加須町の秋谷延の2人の共同経営。総工費400万円。邦洋混映。*97

昭和30年代の加須市にあった映画館「新映座」の写真あり。『非常線』『愛の海峡』『新 己が罪』の看板が見える。戦後すぐに開館し、昭和30年代後半まであった。*98
加須劇場
所在地 : 埼玉県北埼玉郡加須町484(1936年)、埼玉県北埼玉郡加須町(1950年・1953年)、埼玉県加須市加須町(1955年)、埼玉県加須市加須町484(1958年)、埼玉県加須市加須485(1960年)、埼玉県加須市加須484(1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧1955』には開館年が掲載されていない。1936年の映画館名簿では「加須劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「加須劇場」。1970年の住宅地図では「加須劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「広川第2駐車場」。最寄駅は東武鉄道伊勢崎線加須駅。

加須市にあった「加須劇場」の写真あり。加須市唯一の娯楽施設だった。館内は枡席であり、正面に舞台があった。相向かいには「新映座」という映画館もあったが、あまり長くは営業しなかった。*99

1960年の加須市にあった「加須劇場」の写真あり。松竹作品『喧嘩社員』『マナスル』『黄色いからす』『大名囃子』の看板が見える。向かいにはライバルの「新映座」があった。1999年現在の加須市には映画館が存在しない。*100

昭和30年代の加須市にあった映画館「加須劇場」の写真あり。『喧嘩社員』『マナスル』『黄色いからす』『大名囃子』の看板が見える。1925年に開館した。加須市に2館あった映画館のひとつであり、加須駅前通りの西側にあった。劇場としての設備も有しており、舞台や枡席もあった。2007年現在の跡地はパチンコ店の駐車場となっている。*101

羽生市

羽生座
所在地 : 埼玉県羽生市羽生103(1960年・1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「羽生座」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
電気館/羽生電気館
所在地 : 埼玉県北埼玉郡羽生町旭町(1930年)、埼玉県北埼玉郡羽生町(1936年・1943年・1950年)、埼玉県北埼玉郡羽生町羽古4276(1953年)、埼玉県羽生市羽生4276(1955年)、埼玉県羽生市旭町4106(1958年・1960年)、埼玉県羽生市羽生4106(1963年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1963年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「電気館」。1936年・1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「羽生電気館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1990年7月20日から、羽生市下羽生の羽生市立郷土資料館で「ふるさと羽生の写真展」が開催される。地元唯一の映画館「電気館」敷地で戦時中に行われた防火訓練などの写真もある。*102

羽生旭町誌編集委員会『羽生旭町誌』羽生旭町町内会、刊行年不明には電気館に関する言及がある。現物は未確認。*103
羽生セントラル劇場/羽生東映/羽生セントラル/羽生京王/羽生京王劇場
所在地 : 埼玉県羽生市(1955年)、埼玉県羽生市羽生153(1958年)、埼玉県羽生市相生町153(1960年)、埼玉県羽生市相生153(1963年・1964年)、埼玉県羽生市相生町153(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1953年6月
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年6月開館。1955年の映画館名簿では「羽生セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では「羽生東映」。1960年の映画館名簿では「羽生セントラル」。1963年の映画館名簿では「羽生京王」。1964年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「羽生京王劇場」。1969年の住宅地図では「京王映画(株)羽生京王劇場」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JAほくさい羽生中央支店」東南東30mにある月極駐車場。最寄駅は東武鉄道東武伊勢崎線・秩父鉄道羽生駅。
ワーナー・マイカル・シネマズ羽生/イオンシネマ羽生
所在地 : 埼玉県羽生市川崎2-281-3 イオンモール羽生3階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年11月2日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ羽生1-9」(9館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ羽生1-9」(9館)。

久喜市

利根会館
所在地 : 埼玉県北葛飾郡静村伊坂(1953年)、埼玉県北葛飾郡静村伊坂1089(1955年)、埼玉県北葛飾郡栗橋町伊坂1089(1958年・1960年)
開館年 : 1948年3月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年3月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「利根会館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
栗橋映画劇場
所在地 : 埼玉県北葛飾郡栗橋町2744(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「栗橋映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
菖蒲座
所在地 : 埼玉県南埼玉郡菖蒲町194(1960年)、埼玉県南埼玉郡菖蒲町187(1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「菖蒲座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
鷲宮旭会館/鷲宮劇場
所在地 : 埼玉県北葛飾郡鷲宮町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「鷲宮旭会館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鷲宮劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
久喜中央劇場/久喜中央
所在地 : 埼玉県南埼玉郡久喜町417(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1950年3月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年3月開館。1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「久喜中央劇場」。1969年の映画館名簿では「久喜中央」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
109シネマズ菖蒲
所在地 : 埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字菖蒲3555 モラージュ菖蒲3階(2010年)、埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005番地1 モラージュ菖蒲3階(2015年・2020年)
開館年 : 2008年11月28日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「109シネマズ菖蒲1-11」(11館)。最寄駅はJR宇都宮線・東武伊勢崎線久喜駅。

蓮田市

蓮田会館
所在地 : 埼玉県南埼玉郡蓮田町(1953年・1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「蓮田会館」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。

幸手市

幸手劇場
所在地 : 埼玉県北葛飾郡幸手町(1950年)、埼玉県北葛飾郡幸手町443(1955年)、埼玉県北葛飾郡幸手町4412(1960年・1963年・1966年・1969年)、埼玉県北葛飾郡幸手町中1(1973年・1975年)、埼玉県北葛飾郡幸手町中1-13-15(1980年・1985年)、埼玉県幸手市中1-13-15(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1947年12月
閉館年 : 2005年9月25日
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月開館。1950年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1980年・1985年・1990年・1985年・2000年・2005年の映画館名簿では「幸手劇場」。1978年の住宅地図では「幸手劇場」。1981年の映画館名簿では経営会社がマツダ、経営者・支配人ともに松田純一、木造1階、294席、邦画・洋画・成人映画を上映。跡地は「月極マツダ第1駐車場」。敷地北東角には館主による「幸手劇場ここにありき」という碑が建っている。

1997年12月、幸手市の映画館「幸手劇場」が開館50周年を迎える。幸手市の人口は5万8000人であり、映画館がある町としては埼玉県最小。木造300席。1947年には「幸手劇場」が開館したが、開館3か月前には建設中の劇場がカスリーン台風で水浸しとなっている。1952年には現在の経営者の父親が経営を引き継ぎ、1977年頃に改築を行っている。1997年10月1日の幸手市制施行記念日には、幸手市から地域文化の振興に貢献したとして表彰された。*104
シネプレックス幸手
所在地 : 埼玉県幸手市上高野764(2010年)、埼玉県幸手市上高野764 エムズタウン幸手内(2015年・2020年)
開館年 : 2006年1月25日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネプレックス幸手1-9」(9館)。

白岡市

白岡公会堂
所在地 : 埼玉県南埼玉郡白岡町1551(1960年)、埼玉県南埼玉郡白岡町東下谷1504(1963年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「白岡公会堂」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

南埼玉郡宮代町

杉戸国際映画劇場/杉戸国際劇場
所在地 : 埼玉県南埼玉郡百梁117(1955年)、埼玉県南埼玉郡宮代町百聞24(1958年)、埼玉県南埼玉郡宮代町114(1960年)、埼玉県南埼玉郡宮代町117(1963年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「杉戸国際映画劇場」。1963年の映画館名簿では「杉戸国際劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

北葛飾郡杉戸町

映画館名簿によると北葛飾郡杉戸町に映画館は存在しなかったと思われる。

秩父地域

秩父郡皆野町

皆野劇場/皆野映画劇場
所在地 : 埼玉県秩父郡皆野町(1953年)、埼玉県秩父郡皆野町皆野(1955年)、埼玉県秩父郡皆野町897(1958年・1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「皆野劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「皆野映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は学習塾「一橋ゼミナール皆野校」。最寄駅は秩父鉄道皆野駅。

1958年の皆野町にあった「皆野劇場」の写真あり。太平洋戦争の戦没者慰霊祭の様子。『赤城の子守唄』や『有楽町で逢いましょう』の看板が見える。*105
皆野昭和館
所在地 : 埼玉県秩父郡皆野町皆野(1955年)、埼玉県秩父郡皆野町479(1958年)、埼玉県秩父郡皆野町皆野(1960年)、埼玉県秩父郡皆野町897(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「皆野昭和館」。1958年の映画館名簿では「皆野東映昭和館」。1960年・1963年の映画館名簿では「皆野昭和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

秩父郡長瀞町

長瀞劇場/長瀞映劇/長瀞映画劇場
所在地 : 埼玉県秩父郡野上町(1953年)、埼玉県秩父郡野上町長瀞(1955年・1958年・1960年)、埼玉県秩父郡野上町455(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「長瀞劇場」。1955年・1958年の映画館名簿では「長瀞映画劇場」。1960年の映画館名簿では「長瀞映劇」。1963年の映画館名簿では「長瀞映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

秩父郡小鹿野町

愛宕座/小鹿野愛宕座
所在地 : 埼玉県秩父郡小鹿野町(1953年・1955年)、埼玉県秩父郡小鹿野町上2(1958年)、埼玉県秩父郡小鹿野町3(1960年・1963年)
開館年 : 1911年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「愛宕座」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小鹿野愛宕座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「愛宕神社」南の空き地。

1911年から1971年まで、小鹿野町の愛宕神社境内には劇場「愛宕座」があった。桝席の客席の両側に花道があり、舞台には廻り舞台やセリ上げを備えていた。芝居の興業時には建物の前にのぼり旗が立ち並び、料理屋が売店で酒・煮しめ・赤飯などを販売した。(※1971年は取り壊された年であって営業を終了した年ではない可能性がある。)*106

1911年には小鹿野町に常設の芝居小屋「愛宕座」が建てられた。昭和時代中期までは多数の芸者もいたとされる。愛宕座は1971年に解体された。*107

小鹿野町役場が発行した「小鹿野散策マップ」には「キネマ跡」と「愛宕座跡」が描かれている。常盤屋の左脇から南下して南裏通りに抜ける路地には、成田山から勧請された小鹿野不動尊があり、成田横丁という名前が付けられた。近くにはかつて「愛宕座」があり、デートスポットや娯楽の場となっていた。*108*109
翁館/小鹿野東映翁館
所在地 : 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野上町2-359(1955年)、埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野359(1958年)、埼玉県秩父郡小鹿野町359(1960年)、埼玉県秩父郡小鹿野町(1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「翁館」。1963年の映画館名簿では「小鹿野東映翁館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「埼玉りそな銀行小鹿野支店」南西30mにある空き地。
小鹿野キネマ
所在地 : 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野(1955年・1958年)、埼玉県秩父郡小鹿野町446(1960年・1963年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小鹿野キネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「埼玉信用組合小鹿野支店」南東140mにある「小鹿野町町営駐車場」。駐車場入り口には「小鹿野キネマ跡」という説明看板が立っている。

小鹿野町役場が発行した「小鹿野散策マップ」には「キネマ跡」と「愛宕座跡」が描かれている。1955年頃の朝日通りには映画館「小鹿野キネマ」があった。夜じゅうずっと娯楽を楽しむものでにぎわい、朝日を浴びて帰宅するほどだったことから朝日通りという名前が付けられた。*110

秩父郡横瀬町

映画館名簿によると横瀬町には映画館が存在しなかったと思われる。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます