閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


高松市

高松市中心部

あたご映劇/愛宕映画館/愛宕映劇
所在地 : 香川県高松市木蔵町105(1955年)、香川県高松市木蔵町2(1958年)、香川県高松市木蔵町105(1960年)
開館年 : 1950年4月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年4月開館。1955年の映画館名簿では「あたご映劇」。1958年の映画館名簿では「愛宕映画館」。1955年の映画館名簿では「愛宕映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
松竹南座
所在地 : 香川県高松市南新町50(1953年・1955年・1958年)、香川県高松市南新町8-13(1960年)
開館年 : 1946年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年7月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「松竹南座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年の高松市にあった「南座映画館」の写真あり。「MINAMIZA」の文字が見える。さよなら無声映画週間という興行を行っている。大量の自転車が見える。戦後には南座を中心として商店街南部がにぎわった。南新町・常盤町・田町に接する交差点にはCIE図書館も開館した。*1

1950年3月の高松市南新町にあった「南座」の写真あり。「MINAMIZA」の文字が見える。さよなら無声映画週間という興行を行っている。大量の自転車が見える。*2

1950年の高松市南新町にあった「南座」の写真あり。「MINAMIZA」の文字が見える。さよなら無声映画週間という興行を行っている。大量の自転車が見える。1946年7月29日、南新町の南端にある池田屋ビルの前に映画館「南座」が開館した。支配人は大崎多喜二。こけら落とし公演は中村雁治郎一座。当初は歌舞伎の実演を行っていたが、やがて映画の上映に転向した。1949年頃には松竹の封切館となり、『カルメン故郷に帰る』、『二十四の瞳』、『人間の条件』などを上映した。*3
琴参シネマ
所在地 : 香川県高松市寿町(1958年)、香川県高松市寿町1(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「琴参シネマ」。1964年の高松戸別明細区分図では「琴参ビル 琴参シネマ」。1966年の住宅地図では「琴参ビル」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「日本生命高松駅前ビル」。最寄駅はJR予讃線・高徳線高松駅。
電気館(旧)/若草劇場/日本劇場
所在地 : 香川県高松市東瓦町43(1953年・1955年・1958年)、香川県高松市瓦町2丁目(1960年)、香川県高松市瓦町2-12(1963年)
開館年 : 1946年1月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「日本劇場」。1964年の高松戸別明細区分図では「日劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「マオカ病院」。最寄駅はことでん瓦町駅。

1955年頃の高松市にあった「日本劇場」の写真あり。*4

1959年の高松市瓦町にあった「日劇」の新装開館の際の写真あり。「日劇」の文字が見える。1946年、東瓦町(現・瓦町1丁目)に「電気館」として開館したが、1947年に「第一電気館」が開館したため、名称を「第二電気館」「若草劇場」「高松日活」「日劇」などと変えた。辻武志は日劇のほかに、1957年開館の「中央劇場」、1958年開館の「中座」なども経営した。さらには巡回映画を仏生山の「香川座」、志度の「昭映座」、「岡本劇場」などで上映した。*5
第一電気館(新)
所在地 : 香川県高松市東瓦町19(1953年)、香川県高松市瓦町1-2(1960年)、香川県高松市瓦町1-3-11(1963年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年7月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第一電気館」。1964年の高松戸別明細区分図では「第一電気館」。1966年の住宅地図では跡地に「ガレージ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ロイヤルパークホテル高松」。最寄駅はことでん瓦町駅。

1962年の高松市瓦町1丁目にあった「第一電気館」の写真あり。「Dai 1 Denkikan」の文字が見える。1946年1月11日、戦前の「昭和館」跡地に「電気館」が開館した。2008年現在の跡地はマオカ病院である。館主は辻武志。当初は松竹作品などを上映していたが、1946年7月に洋画専門館となり、『カサブランカ』などを上映した。この際に新たに「第一電気館」が開館して主に洋画が上映され、1946年開館の電気館は「若草劇場」に改称した。*6
高松第一劇場
所在地 : 香川県高松市百間町20(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「高松第一劇場」。1964年の高松戸別明細区分図では「第一劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では「第一劇場」。1982年の住宅地図では跡地に「第一ミュージック劇場」。跡地は「アルファリビング高松百間町」。最寄駅はことでん片原町駅。
高松OS劇場/玉藻劇場/高松玉藻劇場(旧)
所在地 : 香川県高松市片原町(1930年)、香川県高松市内町69(1958年)、香川県高松市内町7-7(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前(移転)
1930年の映画館名簿では「高松玉藻座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「高松OS劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「高松玉藻劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「高松三越新館」建物東側。最寄駅はことでん片原町駅。
常磐映画館/日活常磐映画館/高松日活
所在地 : 香川県高松市(1950年)、香川県高松市新瓦町47(1953年)、香川県高松市常磐街(1955年)、香川県高松市新瓦町47(1958年)、香川県高松市常磐町1-7(1960年)、香川県高松市常磐町1-4(1963年)、香川県高松市常磐町1-411(1966年)
開館年 : 1948年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年2月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「常磐映画館」。1964年の高松戸別明細区分図では「常磐映画館」。1966年の住宅地図では「トキワ映画」。1966年・1969年の映画館名簿では「高松日活」。1973年の住宅地図では跡地に「トキワ会館 3階高松東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の住宅地図では跡地に「常磐ビル」。跡地は「高松OPA」廃墟南西部。最寄駅はことでん瓦町駅。
第二高松東映/第二常盤館/高松第二常盤館
所在地 : 香川県高松市福岡町(1960年)、香川県高松市福岡町166(1973年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「第二高松東映」。1963年の映画館名簿では「第二常盤館」。1966年・1973年の住宅地図で高松市福岡町部分を閲覧したが発見できず。
高松中座
所在地 : 香川県高松市藤塚町(1960年・1963年)、香川県高松市藤塚町131(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1958年
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「高松中座」。1964年の高松戸別明細区分図では「中座」。1966年・1973年の住宅地図では「中座映画館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の住宅地図では跡地に「藤塚ビル」。跡地は「藤塚ビル」。最寄駅はJR高徳線栗林駅。

1958年頃の高松市藤塚町にあった映画館「中座」の写真あり。「中座」の文字が見える。同年8月28日に上棟し、同年中に開館した。館主は「電気館」や「中央劇場」と同じく辻武志。戦前には祖父の辻清が内町に建てた同名の劇場があり、その劇場から名前を受け継いだ。戦前の中座は玉藻座の北側で玉藻温泉のそばにあり、内町・片原町は夜もにぎわっていた。辻清は1931年に東瓦町に「昭和館」を立てたが、空襲で焼失した。1953年頃の高松市の映画館は11館だった。1956年には「高松グランド劇場」と「名画座」、1957年には「高松東宝会館」と「中央劇場」と「第二常磐館」、1958年には中座と「琴参シネマ」が開館した。*7
高松大劇
所在地 : 香川県高松市内町70(1953年・1955年・1958年)、香川県高松市内町3-14(1960年・1963年)、香川県高松市内町3114(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「高松大劇」。1964年の高松戸別明細区分図では「大劇」。1966年の住宅地図では「劇」。1973年の住宅地図では「OS高松大劇 2階大東サウナ 3階・4階大東ボウリング」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ソレイユパーキング」西側。最寄駅はことでん片原町駅。
高松中央劇場
所在地 : 香川県高松市古馬場町(1958年)、香川県高松市古馬場町3-13(1960年)、香川県高松市古馬場町13-16(1963年)、香川県高松市古馬場町13-13(1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1976年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「高松中央劇場」。1964年の高松戸別明細区分図では「中央劇場」。1966年・1973年の住宅地図では「中央劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1993年の住宅地図では跡地に「エルパセオ」。跡地は「エルパセオビル」。最寄駅はことでん瓦町駅。

1961年頃の高松市古馬場町にあった映画館「中央劇場」の写真あり。「Chuo Gekijo」の文字が見える。面する道路に「高松中央劇場」のアーチが見える。1957年、「第一電気館」の北隣に「高松中央劇場」が開館した。昭和30年代の香川県には122の映画館があったが、1979年には24館にまで減少した。2008年現在の跡地付近は高松屈指の飲み屋街となっている。*8

1961年の高松市古馬場町にあった映画館「中央劇場」の看板の写真あり。1957年、「第一電気館」の北隣に映画館「中央劇場」が開館した。館主は第一電気館や「中座」と同じ辻武志。主に洋画のリバイバル上映を行い、学生に人気が高かった。当時は冷房設備がなく、休憩時間には大型扇風機で客席に風を送った。*9
高松玉藻劇場(新)
所在地 : 香川県高松市内町7-6(1969年)、香川県高松市内町7-25(1973年・1976年・1980年・1982年)
開館年 : 1966年以後1969年以前(移転)
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1969年・1973年・1976年・1980年・1982年の映画館名簿では「高松玉藻劇場」。1973年・1982年の住宅地図では「玉藻劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1993年の住宅地図では跡地に「三越パーキング3」。跡地は「高松三越新館」建物南東部。最寄駅はことでん片原町駅。
高松大劇パラス劇場/高松大劇パラス
所在地 : 香川県高松市内町3-20(1980年)、香川県高松市内町3-14(1990年)
開館年 : 1976年以後1978年以前
閉館年 : 1992年以後1994年以前
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年の映画館名簿では「高松大劇パラス劇場」。1982年の住宅地図では「大東ビル 高松大劇パラスなど」。1990年の映画館名簿では「高松大劇パラス」。1993年の住宅地図では「大東ビル 高松大劇パラス」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ソレイユパーキング」。最寄駅はことでん片原町駅。
グランド大映/高松グランド大映/高松グランド劇場/高松グランド劇場・高松松竹/高松グランド劇場・高松グランド松竹
所在地 : 香川県高松市内町75(1958年)、香川県高松市内町4-11(1960年・1963年)、香川県高松市内町75(1966年・1969年)、香川県高松市内町4-16(1973年・1976年・1980年・1990年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1997年
1958年の映画館名簿では「高松グランド劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「グランド大映」。1964年の高松戸別明細区分図では「グランド大映」。1966年・1973年の住宅地図では「グランド大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「高松グランド大映」。1973年の映画館名簿では「高松グランド劇場」。1976年の映画館名簿では「高松グランド劇場・高松松竹」(2館)。1980年・1990年の映画館名簿では「高松グランド劇場・高松グランド松竹」(2館)。1982年の住宅地図では「グランド劇場 高松グランド松竹」。1993年の住宅地図では「1階高松グランド松竹 2階グランド劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「グランド劇場パーキング」。最寄駅はことでん片原町駅。

1992年には香川県の映画史をまとめた『思い出の香川映画史』が刊行されている。辻清治は1956年から高松市内町で「グランド劇場」を経営していたが、1990年頃から業績が悪化し、1997年に閉館した。閉館後の跡地は駐車場となっている。*10
ライオン館/ライオンカン/高松ライオン館/高松大劇ライオン館/高松ライオンカン
所在地 : 香川県高松市百聞町53(1930年・1953年・1955年・1958年)、香川県高松市百聞町95(1960年)、香川県高松市百聞町9-5(1963年・1966年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1922年
閉館年 : 1999年11月5日
1930年の映画館名簿では「ライオン館」。1953年の映画館名簿では「ライオン・カン」。1955年の映画館名簿では「ライオンカン」。1958年の映画館名簿では「ライオン館」。1960年の映画館名簿では「ライオンカン」。1963年・1966年の映画館名簿では「高松ライオン館」。1964年の高松戸別明細区分図では「ライオン館」。1966年の住宅地図では「ライオン館」。1969年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では「1階ライオン館 ボウル 2階喫茶コリーヌ ビリヤード 3階ライオン館ボウル」。1976年の映画館名簿では「高松大劇ライオン館」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「高松ライオンカン」。1982年の住宅地図では「1階パチンコライオンホール ジーンズショップフロンティア 2階喫茶コリーヌ 3階ライオン館」。1993年の住宅地図では「ライオン館ビル 1階うどん都由 マルイライオン店 2階喫茶コリーヌ 3階ライオン館」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2009年竣工の11階建てマンション「アルファステイツライオン館」。最寄駅はことでん片原町駅。

1937年頃の高松市百猟にあった「ライオンカン」の写真あり。「ライオンカン」の文字が見える。1922年に建てられ、正面入口では宣伝のために本物のライオンが飼育された。学生の観客が多かった。*11

1937年頃の高松市にあった「ライオンカン」の写真あり。1922年に開館した。宣伝のために入口でライオンを飼っていたという。*12

1999年11月5日、高松市百間町の映画館「ライオンカン」が閉館する。香川県に現存する映画館としては最も古い。ライオン通りの由来になった映画館である。1922年に開館した際は木造2階建てで枡席があり、無声映画を上映した。1945年の高松空襲で焼失したが、1946年に再建された。1970年代前半には一時的にボウリング場になったが、再び映画館として営業していた。*13

1999年11月5日をもって、高松市百聞町の映画館「ライオンカン」が閉館し、77年の歴史に幕を下ろす。10月30日からは来館者に古いポスターの配布を行う。入館料を1000円とし、うち77円を台湾大地震の義援金として被災地に送る。閉館後はバッティングセンターに生まれ変わる予定。ライオンカンは1922年に開館し、現存する香川県の映画館の中ではもっとも古い歴史を有する。初代経営者の矢野米がライオンを飼育していたことが由来であり、矢野はライオンを檻に入れて公開して客寄せを行った。太平洋戦争中には軍部から「獅子館」に改称するように迫られ、また他の映画館では"検閲"と称した憲兵の無料入場が横行したが、矢野はいずれも応じなかったという。戦後の上映再開時には娯楽に飢えた市民らが押し寄せ、1945年には一日8000人もの入場者を記録したこともあった。1948年には正面の通りがライオン通りと名づけられ、映画館は商店街の顔となった。1951年には洋画専門館となった。1960年代後半には映画が斜陽産業となり、1971年にはいったんボウリング場に転換されたが、1975年には再び映画館となった。*14

1999年11月5日をもって、高松市の映画館「ライオンカン」が閉館する。1922年、サーカス運営に携わっていた矢野米が木造2階建ての建物で無声映画を上映したのが始まり。1925年頃にはライオンの子供3匹を客寄せとしたのが評判となり、ライオンカンという名称となった。1930年頃の高松市では「男は高商、映画はライオンカン」(高商は高松高等商業学校のことであり現在の香川大学経済学部)という流行語もあった。1945年には高松空襲で焼失したが、1946年に同一地点に再建された。周辺のアーケード街にはライオン通りと名づけられた。1994年には香川県初のシネコンが宇多津町に開館したことで観客を減らした。跡地はバッティングセンター「ライオンカンドーム」となる予定。*15

1999年11月5日をもって、高松市百聞町の映画館「ライオンカン」が閉館した。香川県で最も古い映画館だった。1999年11月16日に開館する香川県歴史博物館はライオンカンに残る古い資料を収集したい意向を示したが、改装工事を急ぐこともあって遺産はほとんど廃棄されるという。12月20日には跡地にバッティングセンターが開業する予定。*16

1999年11月5日をもって、高松市百聞町の映画館「ライオンカン」が77年の歴史に幕を下ろして閉館した。香川県で最も古い映画館であり、ライオン通りの名前の由来となっていた。11月20日にはバッティングセンターのライオンカンドームに生まれ変わった。2階には桟敷席があった。戦前には『愛染かつら』や『ターザン』が上映された。1955年頃に上映したアメリカ映画『暴力教室』は大人気だった。自転車置き場には100台しか置けず、従業員総出で近くの空き地に自転車を移動させた。1994年に宇多津町に複合映画館が開館し手影響を受け、1999年3月に高松市にも複合映画館が開館したのが閉館の決定打となった。*17

1999年11月には高松市百間町の映画館「ライオンカン」が閉館した。2007年9月には跡地が穴吹興産に売却され、マンションが建設される予定。1922年にライオンカンが開館し、1945年の高松空襲で焼失後に再建された。洋画館として親しまれ、閉館後は遊戯施設や飲食店などとして使用されていた。*18
高松東宝劇場・高松スカラ座/高松東宝劇場1・2・3/高松東宝1・2・3
所在地 : 香川県高松市田町1(1960年)、香川県高松市田町1-1(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・2000年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 2004年4月11日
1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「高松東宝劇場・高松スカラ座」(2館)。1964年の高松戸別明細区分図では「東宝 スカラ座」。1966年の住宅地図では「スカラ座」。1973年の住宅地図では「高松東宝 スカラ座」。1982年の住宅地図では「三越エレガンス 3階高松東宝 5階スカラ座」。1995年の映画館名簿では「高松東宝劇場1・2・3」(3館)。2000年の映画館名簿では「高松東宝1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スーパーホテル高松・田町」。最寄駅はことでん瓦町駅。

2004年4月11日、高松市田町の映画館「高松東宝」が閉館する。シネコンに押されて入場者が減少していた。1957年、東宝関西興業が「高松スカラ座」と高松東宝を合わせて開館した。1978年には現在のビルとなり、1998年には『踊る大捜査線 The Movie』などのヒットで26万7000人という年間最多観客記録を作った。1999年3月には高松市福岡町にワーナー・マイカル・シネマズ高松が開館し、2003年には12万5000人まで年間観客数が減少した。閉館後の跡地の活用方法は未定。*19

2004年4月11日をもって、高松市田町の東宝系映画館「高松東宝」が閉館する。高松市中心部で約半世紀の歴史を有する映画館である。1957年、ロードショー館として高松東宝が開館した。約10年前にスクリーンを2から3に増やし、1997年には売上が2億5000万円を記録したが、複合型映画館の影響で2003年には1億4000万円にまで減少していた。*20

2004年4月11日、高松市田町の映画館「高松東宝」が閉館する。高松東宝は1957年に開館した。2004年4月23日、高松市常盤町の映画館「セントラル1・2」が閉館する。セントラル1・2は1928年に開館した。*21

2006年のこのほど、高松市田町に新築された高松東宝ビルのメインテナントとして、スーパーホテル高松・田町が開業した。*22
高松東映/高松東映劇場/セントラル高松1
所在地 : 香川県高松市常磐町1-7(1960年)、香川県高松市常磐町1-4(1963年)、香川県高松市常磐町1-411(1966年・1969年・1973年)、香川県高松市常磐町1-4(1976年)、香川県高松市常磐町1-4-1(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 2004年4月23日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「高松東映」。1966年の住宅地図では「高松東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「高松東映劇場」。1973年の住宅地図では「ダイエー」(※映画館に関する記載なし)。1982年・1993年の住宅地図では「常磐ビル 地下1階〜5階ダイエー 3階高松東映」。2000年の映画館名簿では「セントラル高松1」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。1967年開店のダイエー高松店(1997年から高松OPA)に入居していたが2004年には高松OPAが閉店。跡地は「高松OPA」廃墟東側。最寄駅はことでん瓦町駅。

2004年4月23日をもって、高松市常磐町の映画館「セントラル高松」が閉館する。入場者数が減少したため。今年に入ってからは「高松東宝」に次いで2館目の閉館。戦後に常磐興業が開館させた「常磐座・常磐映画館」が前身。「高松東映・高松松竹」時代を経て、1997年の高松OPAの開業とともに現在の名称となった。5年前には年間約12万人の動員数があったが、1999年にワーナー・マイカル・シネマズ高松が開館した影響が大きく、2003年は約8万人に落ち込んでいた。*23

2004年4月23日をもって、高松市常磐町の松竹・東映系映画館「セントラル高松」が閉館する。高松市中心部で約半世紀の歴史を有する映画館である。1945年開館の「常磐座」と1948年開館の「常磐映画館」がセントラル高松の前身である。1997年に現在の名称となった。近年は観客数が減少しており、2003年の観客数は約8万人だった。*24

2004年4月24日から4月28日まで、高松市常磐町の松竹・東映系映画館「セントラル高松」で名画の無料上映が行われる。セントラル高松は閉館が決まっている。最終日の4月28日には香川県内で撮影された『男はつらいよ 寅次郎の縁談』が上映される。*25
高松松竹劇場/セントラル高松2
所在地 : 香川県高松市常磐町1-8-2(1978年・1980年)、香川県高松市常磐町1-8-1(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1976年以後1978年以前
閉館年 : 2004年5月
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「高松松竹劇場」。1982年の住宅地図では「高松松竹 パールトキワ」。2000年の映画館名簿では「セントラル高松2」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2004年8月開店のライブハウス「高松DIME」であり映画館の建物が現存。最寄駅はことでん瓦町駅。
高松日活劇場/高松にっかつ劇場/ロッポニカ高松
所在地 : 香川県高松市常盤町1-4-6(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1976年以後1978年以前
閉館年 : 営業中
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「高松日活劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「高松にっかつ劇場」。1982年の住宅地図では「シャルマンビル 1階高松日活」。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「ロッポニカ高松」。1993年の住宅地図では「ファッションプラザシャルマン 3階ロッポニカ」。最寄駅はことでん瓦町駅。
高松大映/高松大映劇場/ホールソレイユ・高松大映劇場/ホールソレイユ1・2
所在地 : 香川県高松市田町37(1953年・1955年・1958年)、香川県高松市亀井町10-10(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、香川県高松市亀井町10-10 ソレイユ第一ビル4階、地下1階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1945年、1983年(ビル化)
閉館年 : 営業中
1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「高松大映劇場」。1964年の高松戸別明細区分図では「高松大映」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「高松大映」。1973年・1982年の住宅地図では「高松大映」。1980年・1982年の映画館名簿では「高松大映劇場」。1983年同一地点でビル建て替え。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「ホールソレイユ・高松大映劇場」(2館)。1993年の住宅地図では「ソレイユ第1ビル 地下1階高松大映 4階ホールソレイユ」。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「ホールソレイユ1・2」(2館)。2001年に成人映画館の高松大映がソレイユ2に改称。2010年2月休館。2013年1月26日営業再開。2015年・2020年の映画館名簿では「ホールソレイユ・ホールソレイユ2」(2館)。最寄駅はことでん瓦町駅。

2003年8月末、高松市亀井町のミニシアター「ソレイユ」は2館のうちソレイユ2での一般上映を中止する。特別上映やホール全体の貸出などは続ける。4階に「ホール・ソレイユ」が、地下1階に「ソレイユ2」がある。*26

2013年1月26日、高松市亀井町の映画館「ホール・ソレイユ」(140席)が3年ぶりに営業を再開する。1945年に「高松大映劇場」として開館し、1983年に現在のビルに建て替えた。地下の「ソレイユ2」(90席)との2館体制であり、単館系作品の上映館として親しまれていたが、2010年2月に閉館し、ソレイユ2のみが営業を続けていた。このほど山口県の映画館から安価でデジタル映写機を譲り受け、営業再開に踏み切った。*27
ワーナー・マイカル・シネマズ高松/イオンシネマ高松東
所在地 : 香川県高松市福岡町3-8-5 高松サティ内3階(2000年・2010年)、香川県高松市福岡町3-8-5 イオン高松東店3階(2015年・2020年)
開館年 : 1999年3月16日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ高松」(7館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ高松東」(7館)。最寄駅はことでん志度線沖松島駅。

高松市郊外

盛栄座/盛栄館
所在地 : 香川県木田郡庵治村(1953年・1955年・1958年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「盛栄座」。1958年の映画館名簿では「盛栄館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。
金竜館
所在地 : 香川県木田郡庵治村(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「金竜館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
元山劇場
所在地 : 香川県高松市高松市元山町(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「元山劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
第二シネマ
所在地 : 香川県高松市高松町(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「第二シネマ」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
塩ノ江劇場/塩之江劇場/塩江劇場
所在地 : 香川県香川郡塩江村(1953年・1955年)、香川県香川郡塩江町442(1958年・1960年)、香川県香川郡塩江町(1963年)
開館年 : 1950年3月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年3月開館。1953年の映画館名簿では「塩ノ江劇場」。1955年の映画館名簿では「塩江劇場」。1958年の映画館名簿では「塩之江劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「塩江劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
川島劇場
所在地 : 香川県木田郡山田町川島(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「川島劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽館
所在地 : 香川県香川郡香川町川東(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「喜楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
第一シネマ/屋島シネマ
所在地 : 香川県高松市高松町2(1958年)、香川県高松市高松町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「第一シネマ」。1963年の映画館名簿では「屋島シネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
朝日館
所在地 : 香川県高松市高松市中山町(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「朝日館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
松映館
所在地 : 香川県高松市高松市円座町915-2(1958年)、香川県高松市円座町(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
映楽館
所在地 : 香川県高松市高松市一宮町464(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「映楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
東洋館
所在地 : 香川県高松市高松市檀紙町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東洋館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
鬼無映画館
所在地 : 香川県高松市高松市鬼無町226(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「鬼無映画館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽館
所在地 : 香川県高松市高松市香西本町(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「喜楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
桜座/香川座/高松香川座
所在地 : 香川県高松市仏生山町(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1912年(桜座)、1915年(香川座)
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「香川座」。1966年の映画館名簿では「高松香川座」。1966年の住宅地図では「香川座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に「有料駐車場」。跡地は「高松信用金庫仏生山支店」。最寄駅はことでん仏生山駅。

2010年現在の高松信用金庫付近には劇場「香川座」があった。1912年に「桜座」として発足し、1915年に改装して「香川座」に改称した。当初は歌舞伎や芝居の興行を行っていたが、やがて映画を併用するようになり、昭和40年代に幕を閉じた。*28

仏生山には劇場「桜座」(香川座)があった。江戸時代末期の仏生山には本建築の常設劇場が建ち、上方の名優が讃岐を訪れるとまず仏生山で興行を行ったという。人形浄瑠璃や歌舞伎が中心だったが、軽業(サーカス)や村芝居なども行われた。*29

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます