日本の映画館の総合データベースです。管理人「かんた」のみが編集可能。



郡山市

大正座
所在地 : 福島県郡山市大町(1930年)、福島県郡山市大町2(1936年)、福島県郡山市大町(1943年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1943年以後1950年以前
1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「大正座」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
熱海座
所在地 : 福島県安積郡熱海町(1960年)、福島県安積郡熱海町65(1963年)、福島県郡山市熱海町高玉字熱海65(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「熱海座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
みどり座/郡山みどり座
所在地 : 福島県郡山市堤下17(1936年)、福島県郡山市堤下町11(1950年)、福島県郡山市堤下12(1953年)、福島県郡山市堤下11(1955年)、福島県郡山市堤下町11(1960年・1963年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1936年・1950年・1953年の映画館名簿では「みどり座」。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「郡山みどり座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中央劇場/郡山中央劇場/郡山日活劇場
所在地 : 福島県郡山市清水台(1953年)、福島県郡山市清水台125(1955年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1952年11月28日
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「中央劇場」。1955年の映画館名簿では「郡山中央劇場」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「郡山日活劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1952年11月28日、郡山市清水台に「中央劇場」が開館した。鉄筋造3階建て、定員1200人。経営者は佐藤勝治。松竹・大映・洋画の選抜上映。*1
清水座/郡山大映清水座
所在地 : 福島県郡山市柳町(1930年)、福島県郡山市柳町1(1936年)、福島県郡山市柳町(1943年)、福島県郡山市柳内町198(1950年)、福島県郡山市柳内198(1953年・1955年)、福島県郡山市駅前26-9(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1930年以前、1955年4月(郡山大映清水座)
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1930年・1936年・1943年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「清水座」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「郡山大映清水座」。1962年の住宅明細図では「大映清水座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「エリートパーク10駐車場」敷地北西部。最寄駅はJR郡山駅。
郡山日本劇場
所在地 : 福島県郡山市清水台84(1963年・1966年)、福島県郡山市清水台9(1969年)
開館年 : 1960年4月1日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1962年の住宅明細図では「日本劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「郡山日本劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「郡山第一ビル」。最寄駅はJR郡山駅。

1960年4月、郡山市清水台に洋画封切館「郡山日本劇場」が開館する予定。経営は斎藤信雄社長の東和興行(※興行は原文ママ)。一部鉄筋造。客席560。東和興行によるチェーン館は6館となる。*2

1960年4月1日、郡山市清水台に洋画系上映館「郡山日本劇場」が開館した。経営は斎藤信雄社長の東和興業(※興業は原文ママ)。*3
郡山松竹/郡山映画劇場/郡山映劇
所在地 : 福島県郡山市堤下町(1943年・1950年)、福島県郡山市堤下12(1953年)、福島県郡山市堤下11(1955年)、福島県郡山市堤下町11(1960年)、福島県郡山市堤下町12(1963年・1966年)、福島県郡山市堤下町(1969年)、福島県郡山市堤下町10-20(1975年)
開館年 : 1908年10月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1943年の映画館名簿では「郡山映画劇場」。1950年の映画館名簿では「郡山松竹」。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「郡山映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の映画館名簿では「郡山映劇」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「エターナルビル」。最寄駅はJR郡山駅。

1959年2月11日から、郡山市の「郡山映画劇場」は開館15周年を記念誌、新東宝作品の6本立興行を行った。すべて鑑賞するには8時間以上かかる。料金は大人80円、小人40円。経営者は安達正雄。*4

1960年3月第4週、郡山市堤下町の「郡山映画劇場」は第二東映上映館に転向した。経営は安達正雄。*5
ロマンス座/ロマンス名画座/郡山ロマンス名画座/郡山ロマンス座
所在地 : 福島県郡山市堤下12(1953年)、福島県郡山市堤下町11(1958年・1960年・1963年)、福島県郡山市堤下町12(1966年)、福島県郡山市堤下町(1969年)、福島県郡山市堤下町10-20(1973年・1975年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1953年の映画館名簿では「ロマンス座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「ロマンス名画座」。1960年・1963年の映画館名簿では「郡山ロマンス名画座」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「郡山ロマンス座」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「エターナルビル」専用駐車場。最寄駅はJR郡山駅。
富士館/郡山東映富士館/郡山富士館
所在地 : 福島県郡山市川原町(1930年)、福島県郡山市柳町55(1936年)、福島県郡山市柳町95(1943年)、福島県郡山市柳内町95(1950年)、福島県郡山市柳町95(1953年・1955年・1960年)、福島県郡山市柳内95(1963年)、福島県郡山市柳内町95(1966年)、福島県郡山市駅前2(1969年)、福島県郡山市駅前2-6-4(1973年・1975年)
開館年 : 1930年以前、1947年12月
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1930年の映画館名簿では「富士館」。1936年の映画館名簿では「郡山富士館」。1943年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「富士館」。1960年の映画館名簿では「郡山富士館」。1962年の住宅明細図では「東映富士館」。1963年・1966年の映画館名簿では「郡山東映富士館」。1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「郡山富士館」。1978年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では跡地に「ニュー富士館ビル(グリーンホテル郡山)」。跡地は「富士館ビル」。最寄駅はJR郡山駅。

1961年9月26日、郡山市柳町95の「郡山東映富士館」が営業を再開した。7月8日に閉館していたが、大野富蔵が斎藤信雄から経営権を取得した。*6
郡山松竹映画劇場・シスター松竹/郡山駅前東映劇場・シスター松竹/郡山駅前東映劇場/郡山東洋劇場/郡山にっかつ劇場/ロッポニカ郡山
所在地 : 福島県郡山市駅前25(1960年・1963年・1966年)、福島県郡山市駅前2-3-7(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1957年9月27日、1978年7月(にっかつ改称)
閉館年 : 1989年10月27日
1960年の映画館名簿では「郡山松竹映画劇場・シスター松竹」(2館)。1962年の住宅明細図では「郡山ニュー東映」。1963年の映画館名簿では「郡山駅前東映劇場・シスター松竹」(2館)。1966年の映画館名簿では「郡山駅前東映劇場」。1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「郡山東洋劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「郡山にっかつ劇場」。1981年の住宅地図では「東洋ビル パチンコ東洋ホール」。1990年の映画館名簿では「ロッポニカ郡山」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「エリート30ビル」。最寄駅はJR郡山駅。

1957年9月27日、郡山市に松竹系映画館「シスター松竹」が開館した。地下1階・地上5階建てのビルの地下1階。同一ビルの地上部に入る予定の「郡山松竹」の姉妹館である。座席数400。経営は皆川唯雄代表の三信興業株式会社。*7

1966年5月、東映直営館「郡山駅前東映」が閉館した。*8

にっかつの直営劇場の動きを見ると、1978年7月に「黒崎にっかつ」と「郡山にっかつ」が開館し、12月に「福岡にっかつ」が開館し、1979年2月に「尼日栄にっかつ」が開館し、2月に「山形にっかつ」が閉館し、6月に「千葉にっかつ」が開館した。*9

1989年10月27日の『福島民友』には「ロッポニカ」がこの日限りで閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*10
郡山ピカデリー
所在地 : 福島県郡山市清水台1-6-14(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「郡山ピカデリー」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「安積國造神社拝殿」北東40mにある「八幡ビル」。最寄駅はJR郡山駅。
郡山スカラ座・郡山東宝・郡山駅前ロマン/郡山スカラ座・郡山東宝・郡山松竹ロマン/郡山スカラ座・郡山東宝・郡山ロマン
所在地 : 福島県郡山市駅前2-5-9(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 1994年頃
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「郡山スカラ座・郡山東宝・郡山駅前ロマン」(3館)。1980年の映画館名簿では「郡山スカラ座・郡山東宝・郡山松竹ロマン」(3館)。1981年の住宅地図では「郡山スカラ座 東宝 駅前ロマン」。1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「郡山スカラ座・郡山東宝・郡山ロマン」(3館)。1994年の映画館名簿では経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が宗形修一、スカラ座が鉄筋造2階で180席で洋画を上映、東宝が鉄筋造1階で150席で東宝を上映、ロマンが鉄筋造3階で180席で洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立体駐車場「パーキングタウンマギー駅前駐車場」建物東側。最寄駅はJR郡山駅。
郡山駅前パレス
所在地 : 福島県郡山市駅前2-6-16(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 1994年頃
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「郡山駅前パレス」。1981年の住宅地図では「横山プラザ 地下1階駅前パレス」。1994年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子隆久、鉄筋造地下、80席で松竹を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。建物の「横山プラザ」は現存。最寄駅はJR郡山駅。
郡山東映パラス/郡山東映パレス
所在地 : 福島県郡山市駅前1(1969年)、福島県郡山市駅前1-4-8(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1994年頃
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1969年の映画館名簿では「郡山東映パラス」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「郡山東映パレス」。1981年の住宅地図では「さとうビル 3階東映パレス」。1994年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子隆久、鉄筋造地下、190席で東映を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。建物は「さとうやビル」として現存。最寄駅はJR郡山駅。
郡山大映パレス/郡山パレス機Ψ柑灰僖譽広/郡山パレス
所在地 : 福島県郡山市駅前2(1973年・1975年)、福島県郡山市駅前2-7-2(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1994年頃
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「郡山大映パレス」。1981年の住宅地図では「大映パレス サウナパレス」。1985年・1990年・1992年の映画館名簿では「郡山大映パレス機Ν供廖2館)。1992年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子隆久、鉄筋造1階と3階、1が200席で洋画を上映、2が100席で洋画を上映。1994年の映画館名簿では「郡山パレス機廖1994年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子隆久、鉄筋造1階、200席、洋画を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「第3増子ビル」。最寄駅はJR郡山駅。
郡山アートパレス1-4
所在地 : 福島県郡山市堤下町1-4(1995年・1998年)
開館年 : 1994年3月19日
閉館年 : 1999年6月29日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・1998年の映画館名簿では「郡山アートパレス1-4」(4館)。1998年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子司、鉄筋造2階と3階、1が100席で東映を上映、2が100席で洋画を上映、3が100席で松竹を上映、4が100席で洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ポレスター郡山パークサイド」建物東部と駐車場東部。最寄駅はJR郡山駅。

1994年3月19日、株式会社アートパレスが経営する「アートパレス1・2・3・4」が開館した。いずれも100席。*11

1999年6月29日、郡山市堤下町の映画館「アートパレス」が閉館した。4スクリーン。福島地方裁判所郡山支部に自己破産を申し立てて閉館した。負債額は2億8000万円。1967年に国鉄郡山駅前に開館し、4館を経営していた。1994年には現在地に約3億円かけて4スクリーンの映画館を建設して移転した。1980年以降の十数年間は毎年2億円以上の収入があったが、1998年9月期は1億1000万円だった。*12

1999年6月29日、郡山市堤下町で映画館「アートパレス1・2・3・4」を経営するアートパレスが福島地方裁判所郡山支部に自己破産を申し立てて倒産した。金子司社長。負債総額は2億8000万円。6月28日まで『鉄道員』『恋に落ちたシェークスピア』『ハムナプトラ』などを上映していたが、29日から上映を休止している。1967年に設立され、資本金は2000万円、従業員は8人。当初は郡山駅前に4館を有しており、かつては年間2億円以上の売上高があった。1994年3月には現在地に約3億円をかけてビルを建設した。1998年9月期の年間売り上げは1億1000万円にとどまり、この10年間は赤字が続いていた。1956年の郡山市では7人の経営者が計13館を経営し、現在は3人の経営者が10冠を経営している。*13
郡山テアトル1・2・3(旧)
所在地 : 福島県郡山市駅前2-8-15(1995年・2000年・2005年・2006年)
開館年 : 1994年3月19日
閉館年 : 2006年以後2008年以前(移転)
1992年・1994年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年・2006年の映画館名簿では「郡山テアトル1・2・3」(3館)。1997年の住宅地図では「郡山映画村 テアトル1 2 3」。2002年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が小山繁雄、鉄筋造1階、1が130席で東宝を上映、2が90席で洋画を上映、3が100席で洋画を上映。2008年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は立体駐車場「銀河パーキング」。最寄駅はJR郡山駅。

1994年3月19日、東北第一興行と東日本映画が経営する「郡山テアトル1・2・3」が開館した。旧郡山テアトルの正面。*14
郡山大勝館
所在地 : 福島県郡山市大町83(1960年・1963年・1966年)、福島県郡山市大町1-3-15(1973年・1975年・1978年)、福島県郡山市大町1-3-10(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1956年11月22日
閉館年 : 2009年
1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「郡山大勝館」。1962年の住宅明細図では「大勝館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「郡山大勝館」。1981年の住宅地図では「大勝館」。2002年の映画館名簿では経営会社が有限会社大勝館、経営者・支配人ともに斉藤二一、木造1階、80席、成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「MS大町パーキング」。最寄駅はJR郡山駅。
郡山洋画パレス/郡山テアトル5
所在地 : 福島県郡山市駅前2(1973年・1975年)、福島県郡山市大町1-4-16(1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年)、福島県郡山市大町1-4-15(2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2010年以後2012年以前
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1992年・1994年の映画館名簿では「郡山洋画パレス」。1981年の住宅地図では「地下1階洋画館 2階ロイヤルハワイ クレイジーホース 3階シルクロード」。1994年の映画館名簿では経営会社が株式会社アートパレス、経営者・支配人ともに金子隆久、鉄筋造地下、200席、洋画を上映。1995年・1998年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「郡山テアトル5」。2000年の映画館名簿では経営会社が東北第一興業、経営者が安達政雄、支配人が村越祐介、鉄筋造地下、180席、邦画・洋画を上映。2012年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「第2増子ビル」。最寄駅はJR郡山駅。
郡山駅前東宝/テアトル郡山/郡山テアトル4/郡山テアトル1・2・3(新)
所在地 : 福島県郡山市柳内112(1960年)、福島県郡山市柳町112(1963年・1966年)、福島県郡山市駅前2(1969年)、福島県郡山市駅前2-9-7(1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1956年8月12日、1992年以後1995年以前(郡山テアトル4改称)、2005年以後2008年以前(3館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 郡山テアトル
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「テアトル郡山」。1962年の住宅明細図では「テアトル劇場」。1969年の映画館名簿では「郡山駅前東宝」。1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「テアトル郡山」。1981年の住宅地図では「テアトル郡山」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「郡山テアトル4」。1997年の住宅地図では「テアトル4」。2002年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が小山繁雄、木造1階、330席、邦画・洋画を上映。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「郡山テアトル1・2・3」(3館)。最寄駅はJR郡山駅。
郡山テアトル6・7・8
所在地 : 福島県郡山市駅前2-379-1(2002年・2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年以後2002年以前
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2002年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「郡山テアトル6・7・8」(3館)。2002年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が小山繁雄、鉄筋造1階、250席と150席と90席、いずれも邦画・洋画を上映。最寄駅はJR郡山駅。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます