日本の映画館の総合データベースです。



熊本市

熊本市の映画館を参照。

県北

荒尾市

昭和座/松屋映画劇場
所在地 : 熊本県荒尾市万田駅前(1943年)
開館年 : 1928年7月(劇場)、1939年頃(映画館化)
閉館年 : 1945年7月27日
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「松屋映画劇場」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「長崎屋荒尾店」北西60mの駐車場。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1928年7月、荒尾町に芝居小屋「昭和座」が建てられた。場所は国鉄鹿児島本線万田駅に近い中心市街地である。木造瓦葺、一部2階建て。延床面積約230坪。1階は桝席、1階の両端と2階は桟敷席であり、約400人を収容した。廻り舞台、花道、せり出しを備えていた。工費は1万円。建てたのは荒尾町会議員を務めていた塚本岩吉である。1936年頃には映写室を設置し、芝居の興行の合間に映画を上映するようになった。1939年頃には建物を松屋デパートに売却し、「松屋映画劇場」に改称して映画専門館となった。1945年7月27日の空襲で焼失した。*1
平和館
所在地 : 熊本県荒尾市日之出区大島町(1947年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「平和館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
文化映画劇場/文化映劇
所在地 : 熊本県荒尾市四ツ山中区(1957年・1958年・1959年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1959年4月7日
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1958年・1959年の映画館名簿では「文化映劇」。1959年の映画館名簿では経営者が金本明成、支配人が金本延一、木造1階、定員200、洋画を上映。1959年4月7日焼失。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「伊藤医院」西80mの敷地。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「文化映画劇場」の所在地は四ツ山上、代表者は金本昇。*2
中央館/日昇館
所在地 : 熊本県荒尾市大正区1493(1955年・1958年)、熊本県荒尾市大正区1492(1960年・1961年)
開館年 : 1953年5月
閉館年 : 1962年4月
『全国映画館総覧 1955』によると1953年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央館」。1961年の映画館名簿では「日昇館」。1961年の映画館名簿では経営者が野崎松雄、支配人が三木邦人、木造1階、定員400、邦画を上映。1962年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「肥後銀行荒尾支店」北60mの駐車場。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「中央館」の所在地は大正、代表者は田中勘一。*3
第二大天地/大天地映劇/大天地/荒尾東映
所在地 : 熊本県玉名郡荒尾町(1936年)、熊本県荒尾市荒尾(1943年)、熊本県荒尾市四ツ山大通り(1953年)、熊本県荒尾市四ツ山中区(1955年・1958年)、熊本県荒尾市四ツ山(1963年)
開館年 : 1936年5月2日、1948年7月
閉館年 : 1963年
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「第二大天地」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大天地映劇」。1955年の映画館名簿では「大天地」。1958年の映画館名簿では「荒尾東映」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「荒尾東映」。1963年の映画館名簿では経営者が小川恭徳、支配人が中村力雄、木造2階冷暖房付、定員500、東映を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年頃の住宅地図では「荒尾東映」。跡地は「四ツ山中央公園」にある「荒尾市消防団第一分団第2部」北西60mの敷地。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

昭和10年代の荒尾町の四ツ山町にあった「大天地」の写真あり。『地上天国』や『藤堂高虎』の看板が見える。1939年頃に建てられた。昭和30年代の四ツ山の県境付近には5館の映画館があったが、昭和30年代後半からテレビの影響などもあって観客が減少した。*4

1953年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には、映画館として「荒尾第二大天地」、「新世界映画劇場」、「有明映画劇場」、「一丸館」、「宝星映画劇場」の5館が掲載されている。荒尾第二大天地の所在地は四山上区、経営者が小川潔、電話は50番・230番。*5

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「荒尾東映」の所在地は四ツ山中、代表者は小川潔。*6

1955年頃の荒尾市にあった「荒尾東映」の写真あり。四山座(後の第二大天地)の後継館として、1948年に小川潔が開館させた。1957年から1960年にかけて、小川潔は本村の「有明東映」、四ツ山の「荒尾大劇」、四ツ山の「荒尾日劇」(新世界館の後継館)も経営した。1961年頃からテレビが普及したことで、1963年には荒尾東映も閉館した。*7
有明東映(旧)
所在地 : 熊本県荒尾市有明町2442(1959年)、熊本県荒尾市有明町増永(1960年)、熊本県荒尾市増永(1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「有明東映」。1963年の映画館名簿では経営者が小川京一、支配人が小川照子、木造2階、定員350、邦画を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
有明館/有明映劇/有明劇場/有明東映(新)
所在地 : 熊本県荒尾市荒尾町452(1953年)、熊本県荒尾市本村2463(1955年)、熊本県荒尾市荒尾2442(1958年)、熊本県荒尾市荒尾244(1959年・1960年)、熊本県荒尾市本村(1963年)、熊本県荒尾市本村2442(1964年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「有明館」。1955年・1958年・1959年・1960年の映画館名簿では「有明映劇」。1963年の映画館名簿では「有明劇場」。1964年の映画館名簿では「有明東映」。1964年の映画館名簿では経営者が小川京一、支配人が小川照子、木造2階、定員250、邦画・洋画を上映。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「弥山金物店」。跡地は「弥山金物店」。最寄駅はJR鹿児島本線南荒尾駅。

1953年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には、映画館として「荒尾第二大天地」、「新世界映画劇場」、「有明映画劇場」、「一丸館」、「宝星映画劇場」の5館が掲載されている。有明映画劇場の所在地は本村区、経営者が八木克人、電話は234番。*8

1954年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には「有明映画劇場」「荒尾名画座」「一丸館」の広告が掲載されている。有明映画劇場は「南部荒尾唯一の文化施設 各社映画封切場」「代表者 弥山貢」「荒尾市本村区 電話234番」とある。*9

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「有明映画劇場」の所在地は本村、代表者は弥山貢。*10
一丸館
所在地 : 熊本県玉名郡荒尾町原方田(1927年)、熊本県玉名郡荒尾町万田(1930年)、熊本県玉名郡荒尾町字倉掛(1936年)、熊本県荒尾市万田町(1943年・1947年)、熊本県荒尾市万田町倉掛(1950年)、熊本県荒尾市倉掛42(1953年)、熊本県荒尾市倉掛(1955年)、熊本県荒尾市倉掛42(1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1927年・1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「一丸館」。1965年の映画館名簿では経営者が猿渡時子、支配人が猿渡軍紀、木造2階、座席数は記載なし、邦画を上映。1965年頃の住宅地図では「一丸館映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「日高邸」。跡地は「倉掛公民館」北東220mにある空き地。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

荒尾町の万田坑周辺には三池炭鉱の社宅があり、従業員のために私立万田小学校も設立された。荒尾町で有数の繁華街が形成され、大正期から昭和初期には石橋静雄が常設劇場「一丸座」を開館させた。1935年頃には八木忠治が経営を継いで映画を上映した。館内は畳敷きであり、2階もあったとされる。戦後も映画が上映されていたが、1959年か1960年には閉館した。現在は建物もなくなっている。*11

1933年頃の荒尾町にあった「一丸館」周辺の写真あり。万田坑の開坑後には倉掛が発展し、福岡県1913年に柳河町の石橋某が劇場の一丸座を開館させ、月に15日間の芝居興行を行った。1階が約215坪、2階が約67坪。昭和に入ると一丸館に改称し、内部はそのままに映画を上映した。*12

1953年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には、映画館として「荒尾第二大天地」、「新世界映画劇場」、「有明映画劇場」、「一丸館」、「宝星映画劇場」の5館が掲載されている。一丸館の所在地は倉掛区、経営者が杉本迅、電話は16番。*13

1954年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には「有明映画劇場」「荒尾名画座」「一丸館」の広告が掲載されている。一丸館は「映画は皆様の一丸館へ 松竹 東宝 大映 新東宝 東映 洋画 封切場」「代表 杉本迅」「荒尾市倉掛 電話16番」とある。*14

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「一丸館」の所在地は倉懸東、代表者は杉本迅。*15

「第八章 産業構造の変化と地域変貌 第二節 うちつづく炭鉱災害と荒尾」『荒尾市史 通史編』荒尾市、2012年は「一丸館」に言及している。現物は未確認。*16
新世界館/新世界/荒尾日活/荒尾日劇
所在地 : 熊本県荒尾市四ツ山町(1947年)、熊本県荒尾市大島町四ツ山(1950年)、熊本県荒尾市四ツ山上区200(1953年)、熊本県荒尾市四ツ山上区(1955年・1958年・1960年・1963年)、熊本県荒尾市四ツ山中区(1966年)、熊本県荒尾市四ツ山中区529(1967年)
開館年 : 1943年以後1947年以前
閉館年 : 1967年頃
1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「新世界館」。1949年の日本商工業別明細図では「映画新世界館」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「新世界」。1959年4月7日焼失。1963年の映画館名簿では「荒尾日活」。1965年頃の住宅地図では「新世界館」。1966年・1967年の映画館名簿では「荒尾日劇」。1966年の映画館名簿では経営者が小川恭徳、支配人が小川京一、鉄筋造1階冷暖房付、650席、松竹・大映・混合・洋画を上映。1968年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「伊藤医院」西南西80mの敷地。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1949年の『日本商工業別明細図』には「映画新世界館」が描かれている。*17

1953年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には、映画館として「荒尾第二大天地」、「新世界映画劇場」、「有明映画劇場」、「一丸館」、「宝星映画劇場」の5館が掲載されている。新世界映画劇場の所在地は四山上区、経営者が金本昇、電話は24番。*18

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「新世界」の所在地は四ツ山上、代表者は金本昇。*19
宝星映劇/荒尾グランド映画劇場
所在地 : 熊本県荒尾市四ツ山中区(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宝星映劇」。1963年4月休館。1964年・1965年の映画館名簿には掲載されていない。1965年頃の住宅地図では「荒尾グランド」。1966年・1969年の映画館名簿では「荒尾グランド映画劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が力武里彦、支配人が力武英五郎、木造1階冷暖房付、380席、洋画を上映。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「四ツ山中央公園」にある「荒尾市消防団第一分団第2部」西南西40mのアパート「ネオレジデンスB」。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1953年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には、映画館として「荒尾第二大天地」、「新世界映画劇場」、「有明映画劇場」、「一丸館」、「宝星映画劇場」の5館が掲載されている。宝星映画劇場の所在地は四山中区、経営者が野崎松雄、電話は238番。*20

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「宝星館」の所在地は四ツ山下、代表者は野崎松男。*21
名画座/荒尾名画座
所在地 : 熊本県荒尾市四ツ山中区(1955年・1958年)、熊本県荒尾市四ツ山上区(1960年)、熊本県荒尾市四ツ山(1963年)、熊本県荒尾市四ツ山中区(1966年・1969年・1973年)、熊本県荒尾市四ツ山町2丁目(1975年・1978年)、熊本県荒尾市四ツ山町2(1980年・1981年)
開館年 : 1953年11月
閉館年 : 1981年頃
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「名画座」。1963年・1966年・1969年・1970年・1973年・1975年・1978年・1980年・1981年の映画館名簿では「荒尾名画座」。1965年頃の住宅地図では「名画座」。1970年の映画館名簿では経営者が八木克人、支配人が記載なし、木造1階、299席、洋画・成人映画を上映。1979年の住宅地図では「名画座」。1981年の映画館名簿では経営者が八木克人、支配人が記載なし、木造1階、150席、成人映画を上映。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「四ツ山中央公園」にある「荒尾市消防団第一分団第2部」北東20mの敷地。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

1954年の『荒尾年鑑 昭和28年版』には「有明映画劇場」「荒尾名画座」「一丸館」の広告が掲載されている。荒尾名画座は「映画は名画座で 洋画 新東宝 東映 北星 第一封切場」「館主 八木克人」「荒尾市四山県境 電話336番」。*22

1955年の『荒尾市勢要覧 昭和30年版』には、映画館及び劇場として8館が掲載されている。「名画座」の所在地は四ツ山中、代表者は八木克人。*23
荒尾大劇/荒尾セントラル映画劇場/荒尾セントラル映劇・荒尾第二セントラル映劇/荒尾セントラル劇場
所在地 : 熊本県荒尾市四ツ山(1961年・1963年)、熊本県荒尾市四ツ山中区529(1966年・1969年)、熊本県荒尾市四ツ山中区(1973年)、熊本県荒尾市四ツ山町3丁目(1975年)、熊本県荒尾市四ツ山町3-6-5(1978年)、熊本県荒尾市四ツ山町3(1980年)、熊本県荒尾市四ツ山町3-1-8(1985年・1986年)、熊本県荒尾市四ツ山町3-6-8(1987年)
開館年 : 1957年1月3日
閉館年 : 1987年頃
1957年1月3日開館。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1960年頃セントラル改称。1961年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「荒尾大劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「荒尾セントラル映画劇場」。1970年の映画館名簿では「荒尾セントラル劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が力武里彦、支配人が記載なし、木造1階冷暖房付、504席、邦画を上映。1973年・1975年の映画館名簿では「荒尾セントラル映劇・荒尾第二セントラル映劇」(2館)。1978年・1980年・1985年・1986年・1987年の映画館名簿では「荒尾セントラル劇場」。1979年の住宅地図では「荒尾セントラル」。1987年の映画館名簿では経営会社がセントラル株式会社、経営者が力武一生、支配人が中田一夫、木造1階、220席、邦画・成人映画を上映。1988年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「荒尾四ツ山郵便局」北西70mの「ふじさわクリニック」。最寄駅はJR鹿児島本線荒尾駅。

玉名市

城北ブロック
所在地 : 熊本県玉名郡高瀬町(1950年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「城北ブロック」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
有楽劇場/有楽大映
所在地 : 熊本県玉名市高瀬町293(1959年・1960年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1960年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の映画館名簿では「有楽劇場」。1960年の映画館名簿では「有楽大映」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
新映
所在地 : 熊本県玉名市伊倉町(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「新映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
伊倉座
所在地 : 熊本県玉名市伊倉町(1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「伊倉座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
昭栄座/昭映座
所在地 : 熊本県玉名郡横島村(1961年・1962年・1963年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「昭栄座」。1965年の映画館名簿では「昭映座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
小天金映シネマ/小天映劇
所在地 : 熊本県玉名郡天水村(1961年・1962年)、熊本県玉名郡天水町(1963年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「小天金映シネマ」。1963年・1965年の映画館名簿では「小天映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
菊水映劇
所在地 : 熊本県玉名市高瀬町585(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1919年
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「菊水映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は味噌・醤油醸造所「吉永商店」北東40mの敷地。最寄駅はJR鹿児島本線玉名駅。

1949年の『日本商工業別明細図』には「映画錦館」と「菊水座」が描かれている。*24

1919年、高瀬町有志と養蚕市場株式会社が出資して八日町に「菊水座」が建てられた。当初は繭取引場と劇場を兼ねていた。演劇の興行だけでなく、政界演説会場、招魂祭の打ち上げ会場、学芸会の発表会場などとしても用いられ、戦時中には戦争映画も上映された。戦後には「菊映」に改称して映画館となった。*25

1935年頃の玉名市高瀬にあった劇場兼映画館「菊水座」の写真あり。大正時代中頃、高瀬の旦那衆と養蚕市場会社が出資して建てられた。芝居の興行、演奏会、招魂祭の打ち上げ会場、小学生の学芸会場などにも用いられた。*26
大洋館/玉名大洋館
所在地 : 熊本県玉名郡玉名町高瀬(1953年)、熊本県玉名市陣場523-1(1955年・1958年)、熊本県玉名市繁根木(1960年・1963年)、熊本県玉名市高瀬523-1(1966年・1969年・1970年)、熊本県玉名市繁根木(1971年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大洋館」。1955年の映画館名簿では「太洋館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大洋館」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「玉名大洋館」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年頃の玉名市高瀬にあった「大洋館」の写真あり。『二人の瞳』と『弥太郎笠』の看板が見える。映画は昭和20年代から40年代の娯楽の中心であり、最盛期の熊本県には147館もの映画館があった。高瀬には「菊水」、「錦館」、「大洋館」、「有楽館」の4館があった。1949年から1963年まで営業した大洋館では邦画と洋画の双方が上映された。*27

時期不明の「大洋館」の写真あり。1949年頃、玉名町の陣場に開館した。入口には広い自転車置き場があった。1954年に上映した『七人の侍』時には多くの観客が押し寄せた。1955年には総工費300万円をかけて幅40尺(約12メートル)の大型スクリーンや18台のスピーカーを設置し、熊本県で2番目のシネマスコープ劇場となった。全盛期の玉名市には大洋館を含めて4館があったが、大洋館は1963年頃に閉鎖された。*28
錦館/玉名錦館
所在地 : 熊本県玉名郡高瀬町字横町(1930年)、熊本県玉名郡高瀬町横町(1936年)、熊本県玉名郡高瀬町(1943年)、熊本県玉名郡高瀬町玉名(1947年)、熊本県玉名郡高瀬町(1950年)、熊本県玉名郡玉名町高瀬(1953年)、熊本県玉名市高瀬町357(1955年・1960年・1963年・1966年)、熊本県玉名市高瀬357(1969年)、熊本県玉名市高瀬町(1973年)、熊本県玉名市高瀬357(1975年・1978年・1980年・1985年)、熊本県玉名市高瀬町357(1990年・1991年)
開館年 : 1928年
閉館年 : 1991年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1928年開館。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「錦館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1991年の映画館名簿では「玉名錦館」。1974年の映画館名簿では経営者が松延栄、支配人が中大路光雄、木造2階冷暖房付、544席、邦画・洋画・成人映画を上映。1979年の住宅地図では「錦館」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。2010年以後2012年以前取り壊し。玉名市最後の映画館。跡地は「西光寺」西北西90mにある空き地。最寄駅はJR鹿児島本線玉名駅。

1949年の『日本商工業別明細図』には「映画錦館」と「菊水座」が描かれている。*29

1955年頃の玉名市高瀬にあった「錦館」の写真あり。1929年頃に開館し、周囲には食堂が軒を連ねていた。昭和末期まで営業しており、2013年まで横町に建物が残っていた。*30

時期不明の「錦館」の写真あり。1929年から1930年頃、高瀬町の横町に映画専門館として設立された。錦館通りは玉名地方の繁華街であり、金閣、銀座、水月、だるまなどの食堂が並んでいた。1989年頃までは映画が上映されていた。*31

山鹿市

江上映画劇場/江上屋映劇
所在地 : 熊本県鹿本郡山鹿町(1950年・1953年)、熊本県山鹿市九日町(1955年)
開館年 : 1949年9月
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年9月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「江上映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「江上屋映劇」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
中央館/岩野中央館
所在地 : 熊本県鹿本郡鹿北村(1960年・1963年)、熊本県鹿本郡鹿北村岩野(1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中央館」。1963年・1965年の映画館名簿では「岩野中央館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
城北座/城北映劇
所在地 : 熊本県鹿本郡来民町(1943年・1950年)、熊本県鹿本郡来民町九日町(1953年)、熊本県鹿本郡来民町1622(1955年)、熊本県鹿本郡鹿本町(1958年・1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1917年、1948年11月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年11月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「城北座」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「城北座」。1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「城北映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八千代座/山鹿八千代座
所在地 : 熊本県山鹿市山鹿町1499(1963年)、熊本県山鹿市九日町(1966年)
開館年 : 1911年1月
閉館年 : 1973年
Wikipedia : 八千代座
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「八千代館」。1966年の映画館名簿では「山鹿八千代座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「八千代座」。基本的には映画館ではなく劇場。建物が現存。1988年重要文化財指定。

1979年7月26日、八千代座組合が「八千代座」の山鹿市への寄贈を申し入れた。八千代座は1910年に建設され、戦前まで経営していた組合である。戦後には経営権を個人に依託し、貸付金の収入を上げていた。1972年に個人経営者の黒川兵治が死去したことで、八千代座は再び八千代座組合の直営となったが、1974年以降はほとんど使われていなかった。1974年には『熊本日日新聞』の連載「家は生きていた」に掲載され、建物の復興の機運が高まった。山鹿市は熊本大学工学部の福原研究室に調査を依頼し、1980年1月5日に寄贈を受諾した。*32

1910年12月、山鹿町に竣工したばかりの「八千代座」の写真あり。1911年1月にこけら落とし公演が行われた。*33

「八千代座」に言及している書籍として、伊藤隆之『看板建築・モダンビル・レトロアパート』グラフィック社、2014年がある。*34
山鹿映劇(九日町)/山鹿映画劇場
所在地 : 熊本県山鹿市九日町(1958年・1960年・1963年)、熊本県山鹿市九日町1601(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1970年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「山鹿映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「山鹿映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「熊本第一信用金庫山鹿支店」南東30mの「山鹿ビル」。

1970年11月6日、山鹿市の「山鹿映劇」跡地に商店街再開発事業第1号ビルである山鹿ビル名店街が建設された。鉄筋コンクリート造5階建て、延床面積2149m。1階が店舗、2階が商工会議所などの事務所、3階から5階が公営住宅。同時に広町通りの拡幅なども行っている。*35

1975年頃の山鹿市山鹿にあった商店街再開発ビル 山鹿ビルの写真あり。鉄筋コンクリート5階建てであり、映画館「映劇」跡地に建設された。1階は山鹿ビル名店街、3階から5階は公営住宅である。*36
朝日館/日昇館/山鹿日昇館
所在地 : 熊本県鹿本郡山鹿町(1930年)、熊本県鹿本郡山鹿町上広町(1936年)、熊本県鹿本郡山鹿町(1943年・1947年・1950年)、熊本県鹿本郡山鹿町桜町(1953年)、熊本県山鹿市上広町25(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1919年9月9日
閉館年 : 1974年1月23日
『全国映画館総覧 1955』によると1925年9月開館。1930年の映画館名簿では「朝日館」。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「日昇館」。1963年の映画館名簿では「日昇東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「山鹿日昇館」。1974年の映画館名簿では経営者が松延栄、支配人が三宅義一、木造2階冷暖房付、600席、邦画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。山鹿東映とも。

1919年9月9日、活動常設館として「山鹿朝日館」が開館し、式典後に無料で活動写真を映写した。1階は畳敷きだった。1931年に株式会社となって「日昇館」に改称した。1974年1月23日、再開発事業に伴って日昇館が閉館した。1月22日と23日は無料のサヨナラ興行が行われ、最終上映作品は『ゴルゴ13』と『女囚さそり』だった。2004年現在、九日町の共栄に映画看板が残されており、表が朝日館、裏が日昇館である。*37

1960年時点の山鹿市には「山鹿東映日昇館」「山鹿映劇」「泉都映劇」「八千代座映劇」の4館があった。大正時代には劇場「朝日館」が開館し、やがて日昇館となった。山鹿映劇と泉都映劇は火災に遭ったことがある。1974年1月には日昇館が閉館し、山鹿市から映画館がなくなった。日昇館の最終上映作品は『ゴルゴ13』と『女囚さそり』である。*38
泉都映劇/山鹿泉都映画劇場/山鹿映劇(中町)
所在地 : 熊本県山鹿市中町(1959年・1960年・1963年)、熊本県山鹿市中町1621(1966年・1969年)、熊本県山鹿市中町162(1970年)、熊本県山鹿市中町1621(1973年・1975年)、熊本県山鹿市中町1619(1978年・1979年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1977年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「泉都映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「山鹿泉都映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「山鹿映劇」。1974年の映画館名簿では経営者が松延栄、支配人が三宅義一、木造2階冷暖房付、350席、邦画・洋画・成人映画を上映。1980年の映画館名簿には掲載されていない。山鹿市最後の映画館。

12月28日午後8時、山鹿市中町の「泉都映劇」観客席天井付近から出火し、木造モルタル2階建てが全焼した。これによって八千代座を含めて4館あった山鹿市の映画館は全てなくなった。(※1977年か)*39

菊池市

長水館
所在地 : 熊本県菊池郡泗水村(1943年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1943年以後1947年以前
1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「長水館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。
昭和館
所在地 : 熊本県菊池郡泗水村(1954年・1955年)、熊本県菊池郡泗水村3741(1958年)、熊本県菊池郡泗水村(1960年)、熊本県菊池郡泗水町(1963年・1965年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「昭和館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
セントラル劇場/セントラル映劇/菊池東映/菊池セントラル映画劇場
所在地 : 熊本県菊池郡隈府町(1953年)、熊本県菊池郡隈府町出端(1955年)、熊本県菊池郡菊池町隈府(1958年)、熊本県菊池市隈府(1960年・1963年)、熊本県菊池市隈府町274(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1952年1月
閉館年 : 1970年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「セントラル映劇」。1955年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では「セントラル映劇」。1959年の菊池市住宅明細図では「セントラル映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「菊池東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「菊池セントラル映画劇場」。1970年の映画館名簿では「菊池セントラル劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「檀林寺」南東60mの駐車場。
桜座/桜映劇/桜座映劇/菊池銀映映画劇場/菊池銀映
所在地 : 熊本県菊池郡旭丁(1930年)、熊本県菊池郡隈府町旭町(1936年)、熊本県菊池郡隈府町(1943年・1953年)、熊本県菊池郡隈府町223(1955年)、熊本県菊池郡菊池町(1958年)、熊本県菊池市隈府町(1960年)、熊本県菊池市隈府223(1963年)、熊本県菊池市隈府町223(1966年・1969年・1973年・1975年・1976年)
開館年 : 1930年以前、1945年10月
閉館年 : 1976年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1945年10月開館。1930年・1936年・1943年の映画館名簿では「桜座」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「桜映劇」。1959年の菊池市住宅明細図では「桜座映劇」。1963年の映画館名簿では「桜座映劇」。1966年の映画館名簿では「菊池桜東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「菊池銀映映画劇場」。1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「菊池銀映」。1974年の映画館名簿では経営者が渡辺義人、支配人が河田伸一、鉄筋造2階冷暖房付、300席、邦画・洋画・成人映画を上映。1977年の映画館名簿には掲載されていない。菊池市最後の映画館。跡地は「古荘医院」北西40mの月極駐車場「エクシード駐車場」。

菊池市隈府町の「桜座」を設計したのは山鹿の木村亀太郎である。木村は山鹿町の「八千代座」、熊本市の「東雲座」、鹿本鉄道山鹿駅本社、山鹿尋常高等小学校校舎などの建物も設計している。*40

阿蘇市

内牧劇場
所在地 : 熊本県阿蘇郡内牧町(1953年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町内牧(1955年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「内牧劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
宮地館
所在地 : 熊本県阿蘇郡宮地町185(1953年)、熊本県阿蘇郡一の宮町宮地(1955年)、熊本県阿蘇郡一の宮町(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「宮地館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
蘇望館/坊中蘇望館
所在地 : 熊本県阿蘇郡阿蘇町(1960年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町坊中(1963年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町字黒川(1966年・1969年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1969年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「蘇望館」。1966年・1969年の映画館名簿では「坊中蘇望館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
稲荷座/阿蘇銀星/阿蘇銀星劇場/内の牧銀星映画劇場/内ノ牧銀星映画劇場
所在地 : 熊本県阿蘇郡阿蘇町内牧(1958年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町341(1960年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町(1963年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町内の牧(1966年・1969年)、熊本県阿蘇郡阿蘇町内ノ牧(1970年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1970年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「稲荷座」。1960年の映画館名簿では「阿蘇銀星」。1963年の映画館名簿では「阿蘇銀星劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「内の牧銀星映画劇場」。1970年の映画館名簿では「内ノ牧銀星映画劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「JA阿蘇葬祭阿蘇町斎場」西南西100mの民家。映画館経営者の息子による喫茶店「茶房銀星」は映画館とは別地点。最寄駅はJR豊肥本線内牧駅。

1960年12月の阿蘇町内牧にあった映画館「銀星映劇」開館日の写真あり。花輪が見える。約150席。内牧温泉街で唯一の常設映画館であり、1973年頃まで営業していた。2009年現在の跡地は住宅地になっている。下町火除碑が見える。*41
宮地銀星映劇/宮地銀星映画劇場
所在地 : 熊本県阿蘇郡一の宮町宮地(1961年・1962年)、熊本県阿蘇郡一の宮町(1963年)、熊本県阿蘇郡一の宮町宮地(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1970年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年の映画館名簿では「銀星映劇」。1963年の映画館名簿では「宮地銀星映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「宮地銀星映画劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。

合志市

竹迫映劇
所在地 : 熊本県菊池郡合志村竹迫(1961年・1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年の映画館名簿では「竹迫映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

玉名郡玉東町

木葉映劇
所在地 : 熊本県玉名郡玉東村(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「木葉映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
大国座
所在地 : 熊本県玉名郡木葉村(1936年)、熊本県玉名郡玉東村(1963年・1964年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1964年頃
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「大国座」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「大国座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

玉名郡長洲町

旭館
所在地 : 熊本県玉名郡長洲町(1936年・1943年・1947年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1947年以後1950年以前
1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「旭館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
内浜劇場
所在地 : 熊本県玉名郡長洲町(1954年・1955年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1955年以後1958年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年の映画館名簿では「内浜劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。
銀洋/銀洋映劇/銀洋館
所在地 : 熊本県玉名郡長洲町(1954年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「銀洋」。1955年の映画館名簿では「銀洋映劇」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「銀洋館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

玉名郡和水町

菊水大洋/第二錦館/菊水映劇
所在地 : 熊本県玉名郡菊水町(1961年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の映画館名簿では「菊水大洋」。1963年の映画館名簿では「第二錦館」。1964年・1965年の映画館名簿では「菊水映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

玉名郡南関町

映画館名簿によると玉名郡和水町に映画館は存在しなかったと思われる。

菊池郡大津町

菊東映劇
所在地 : 熊本県菊池郡大津町前田(1961年・1963年・1964年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「菊東映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
大津劇場/大津映劇/大津東映
所在地 : 熊本県菊池郡大津町(1954年・1955年)、熊本県菊池郡大津町上玉159(1958年)、熊本県菊池郡大津町(1960年)、熊本県菊池郡大津町室(1963年・1965年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「大津劇場」。1960年の映画館名簿では「大津映劇」。1963年・1965年の映画館名簿では「大津東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

菊池郡菊陽町

ビデオシアターアスタ
所在地 : 熊本県菊池郡菊陽町津久礼(1988年)
開館年 : 1987年頃
閉館年 : 1988年頃
1987年の映画館名簿には掲載されていない。1988年の映画館名簿では「ビデオシアターアスタ」。1988年の映画館名簿によると経営会社は寿屋株式会社、経営者は寿崎肇、支配人は蒲原晴生、鉄筋造1階、48席、邦画・洋画を上映。1989年の映画館名簿には掲載されていない。
TOHOシネマズ光の森
所在地 : 熊本県菊池郡菊陽町津久礼3102(2005年)、熊本県菊池郡菊陽町光の森7-39-1(2010年)、熊本県菊池郡菊陽町光の森7-39-1 ゆめタウン光の森内(2015年・2020年)
開館年 : 2004年6月3日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ光の森1-9」(9館)。2015年4月25日リニューアル。

2004年6月2日、菊池郡菊陽町津久礼のゆめタウン光の森に複合映画館「TOHOシネマズ光の森」が開館する予定。9スクリーン計1777席であり、別館の3階に入居する。経営は九州東宝。これまで熊本市より北の熊本県内には常設映画館が存在しなかった。初年度には70万人の動員と10億円の売上を目標としている。*42

2016年9月下旬から、熊本市南区の大型店舗「ゆめタウンはません」が営業を再開する。3階建て店舗の1階の大部分で営業を再開する。4月14日の熊本地震後には熊本県に9店舗あるゆめタウンのうち6店舗が休業していたが、すべて再開することになる。9月13日には、菊池郡菊陽町の「ゆめタウン光の森」の「TOHOシネマズ光の森」が営業を再開する。(※TOHOシネマズはませんの営業については言及なし)*43

阿蘇郡小国町

杖立映劇
所在地 : 熊本県阿蘇郡小国町杖立(1961年・1962年・1963年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1963年頃
1959年の小国町住宅明細図では「映画館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「杖立映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「杖立温泉観光協会」北西60mの駐車場付近。最寄駅はJR豊肥本線阿蘇駅。
雄国館/小国雄国館
所在地 : 熊本県阿蘇郡小国町宮原(1941年・1943年)、熊本県阿蘇郡小国町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、熊本県阿蘇郡小国町1722(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1936年以後1941年以前、1953年1月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年1月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「雄国館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「雄国館」。1959年の小国町住宅明細図では「映劇」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「小国雄国館」。1974年の映画館名簿では経営者が勝国雄、支配人が記載なし、木造2階冷暖房付、300席、邦画・洋画・成人映画を上映。1975年の映画館名簿には掲載されていない。「小国町役場」南南西130mに映画館の建物が現存。最寄駅はJR豊肥本線阿蘇駅。
小国シネホール
所在地 : 熊本県阿蘇郡小国町宮原倉原1988-7(1992年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1982年
閉館年 : 2007年12月(定期上映終了)
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1992年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「小国シネホール」。1992年の映画館名簿では経営者が北村弘義、支配人が記載なし、構造が記載なし、定員が記載なし、邦画・洋画を上映。2005年・2010年の映画館名簿では経営者・支配人ともに北村栄次朗、木造1階、63席、邦画・洋画を上映。2012年の映画館名簿には掲載されていない。雄国館の映写技師だった北村弘義が自宅を改装して営業していた63席のミニ映画館。跡地は「小国公立病院」南西130mにある建物。映画館の建物が現存。最寄駅はJR豊肥本線阿蘇駅。

阿蘇郡小国町には映画館「小国シネ・ホール」がある。経営者は北村弘義(58)であり、自宅の2階を改造した60席の小劇場である。ドルビー・サウンド・システムにも耐えられる防音・音響設備を有する。北村は小国町の映画館「雄国館」で映写技師として働いていたが、閉館後にはダンスホール・画廊喫茶・看板業などで働いていた。1977年から1978年頃には雄国館を譲り受けて営業を再開したが、500席もあったことから負担が大きく、3年後には雄国館を閉鎖して小国シネ・ホールを開館させた。過去7回にわたって小国郷映画祭を開催し、1991年5月には4年ぶりに小国郷映画祭を開催した。*44

2007年12月から休館中の映画館「小国シネ・ホール」(阿蘇郡小国町宮原)が、約8年ぶりに期間限定で上映会を行う。休館前は阿蘇郡唯一の映画館だった。2018年6月18日から6月24日まで、2016年4月の熊本地震前に県内で撮影された短編映画『うつくしいひと』をチャリティー上映する。*45

小国町中心部の宮原地区にはかつて約250席の「雄国館」があったが、1960年代後半に閉館。北村栄次朗の父・北村弘義が同館の設備を賃借し、1970年代から不定期に映画興行を行ってきた。『砂の器』『スター・ウォーズ』などのヒット作を次々に上映したが、過疎化で観客が減少して賃借料の支払いが困難になったため、北村弘義は1983年に自宅を改装して小国シネ・ホールを開館し、不定期で上映を続けた。1994年頃に北村栄次朗が帰郷して手伝い、『もののけ姫』や『タイタニック』などを上映。町内外から入りきらないほどの客が訪れ、「雄国館」の建物でも臨時上映した。2002年頃には大規模改修。映画館用の固定椅子63席と音響設備。ワーナー・ブラザーズなどと契約し、常設館として最新作を毎日上映した。しかし熊本市近郊に相次いでシネコンが開業すると、客数が減少して2007年12月に休館。支配人の北村栄次朗50歳。2016年4月の熊本地震後、『うつくしいひと』を上映すると1週間で約350人が来館。以後は不定期で上映を再開し、2017年には『この世界の片隅に』、2018年6月には『blank13』を上映。町民数人が「小国シネマ倶楽部」を結成してチケット販売や宣伝用看板の製作を手伝っている。*46

阿蘇郡高森町

高映館
所在地 : 熊本県阿蘇郡高森町(1960年・1963年・1964年)、熊本県阿蘇郡高森町高森(1965年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1965年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「高映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

阿蘇郡南小国町

映画館名簿によると阿蘇郡南小国町に映画館は存在しなかったと思われる。

阿蘇郡産山村

映画館名簿によると阿蘇郡産山村に映画館は存在しなかったと思われる。

阿蘇郡西原村

映画館名簿によると阿蘇郡西原村に映画館は存在しなかったと思われる。

阿蘇郡南阿蘇村

映画館名簿によると阿蘇郡南阿蘇村に映画館は存在しなかったと思われる。

県央

宇土市

喜楽館
所在地 : 熊本県宇土郡宇土町(1936年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1936年以後1941年以前
1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「喜楽館」。1941年の映画館名簿には掲載されていない。
寿館/寿映劇/宇土映劇/宇土劇場
所在地 : 熊本県宇土郡宇土町(1930年・1941年・1943年・1953年)、熊本県宇土郡宇土町212(1955年・1958年)、熊本県宇土市新3丁目(1960年)、熊本県宇土市新4丁目(1961年・1963年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「寿館」。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年・1943年の映画館名簿では「寿館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「寿館」。1955年の映画館名簿では「寿映劇」。1955年の映画館名簿では木造2階、定員400、混合を上映。1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「宇土映劇」。1963年の映画館名簿では「宇土劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が中村良貞、支配人が上田勇、木造2階、定員688、邦画・洋画を上映。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「善行寺」南南東60mの民家。最寄駅はJR鹿児島本線・三角線宇土駅。

『新宇土市史 通史編 第3巻』には「昭和初期の宇土町商店街」の地図が掲載されており、「轟座」と「寿館」が描かれている。*47

1926年には宇土町の船場に常設活動写真館「寿館」が建設された。亜鉛メッキ銅板葺期のモダンな建物だった。戦前は「喜楽館」という名称だった時期もあるが、戦後には寿館から「宇土映劇」に改称し、宇土東映という通称もあった。その後「銀星映劇」に買収された。2009年現在、宇土映劇の建物は家具店の倉庫として現存している。*48
歓楽映劇
所在地 : 熊本県宇土市戸口浦(1961年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の映画館名簿では「観楽映劇」。1961年の映画館名簿では経営者が西山末雄、支配人が西山憲孝、木造2階、定員360、邦画を上映。1963年の映画館名簿では「歓楽映劇」。1964年・1965年の映画館名簿では「観楽映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
轟座/銀星劇場/宇土銀星劇場
所在地 : 熊本県宇土郡宇土町新3丁目(1955年)、熊本県宇土郡宇土町新3(1958年)、熊本県宇土市新3丁目(1960年・1961年・1963年)、熊本県宇土市新3丁目298(1964年・1965年)、熊本県宇土市宇土町298(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1912年5月11日(轟座)、1951年4月、1960年(銀星劇場)
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1961年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「銀星劇場」。1955年の映画館名簿では木造2階、定員600、松竹・大映・日活・新東宝・洋画を上映。1963年の映画館名簿では経営者が中村良貞、支配人が上田勇、木造2階、定員680、邦画・洋画を上映。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「宇土銀星劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が銀星劇場、支配人が記載なし、木造1階冷暖房付、定員503、邦画・洋画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。2000年取り壊し。跡地は「善宗寺」北西50mの雑居ビルと月極駐車場。最寄駅はJR鹿児島本線・三角線宇土駅。

『新宇土市史 通史編 第3巻』には「昭和初期の宇土町商店街」の地図が掲載されており、「轟座」と「寿館」が描かれている。*49

1912年、宇土町新3丁目に芝居小屋「轟座」が落成した。木造2階建て、瓦葺、建坪210坪。大工棟梁は川尻町の上野逸次、副棟梁は平塚卯三郎。同年5月11日には大阪歌舞伎を招いてこけら落とし公演を行い、5月22日には落成式を行った。1919年11月には売却問題が浮上したため、1920年1月15日には宇土演芸株式会社が設立され、轟座は株式組織となった。戦後の轟座は映画館となったが、2009年現在はすでに取り壊されている。*50

1912年、宇土町新3丁目に芝居小屋「轟座」が落成し、5月11日に大阪歌舞伎を招いてこけら落とし公演を行った。木造2階建て、建坪210坪。2本の花道や廻り舞台を有していた。1919年には他町への売却問題が起こり、宇土町民有志によって轟座演芸株式会社が設立された。91人が株主となり、大和忠六が社長に就任した。戦後の1949年には宇土町長の岡崎忠蔵が轟座演芸株式会社の買収を提案し、宇土町議会が可決したことで町営劇場だった時期もあるが、1952年には再び民間の経営となった。1960年には桟敷席から椅子席に改装して映画館に転向し、轟座は有限会社銀星映劇となった。映画が斜陽化すると「銀星映劇」は閉鎖され、建物は倉庫として利用された。2000年には建物が取り壊された。*51

宇土町新3丁目には劇場「轟座」があった。1912年に開館した木造2階建ての芝居小屋であり、建坪は210坪だった。花道や廻り舞台などを備えていた。宇土町唯一の娯楽施設であり、1920年1月には株式組織となって宇土演芸株式会社が設立された。戦後には映画館「銀星劇場」となったが、建物は2000年に取り壊された。*52

宇城市

大映映画劇場
所在地 : 熊本県宇土郡三角町(1950年)
開館年 : 1947年以後1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「大映映画劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。
青海劇場/青海映劇
所在地 : 熊本県宇土郡三角町大字船津(1958年)、熊本県宇土郡三角町郡浦(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「青海劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「青海映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
小川映画平和館/小川彩映
所在地 : 熊本県下益城郡小川町字出来町(1955年)、熊本県下益城郡小川町141(1958年)、熊本県下益城郡小川町(1960年・1963年)
開館年 : 1927年8月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1927年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「小川映画平和館」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「小川彩映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
松映館/松橋東映/松橋日活
所在地 : 熊本県下益城郡松橋町1190(1955年)、熊本県下益城郡松橋町291(1958年)、熊本県下益城郡松橋町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「松映館」。1958年・1960年の映画館名簿では「松橋東映」。1963年・1964年の映画館名簿では「松橋日活」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
不知火館
所在地 : 熊本県下益城郡松橋町(1936年・1953年)、熊本県下益城郡松橋町1190(1955年)、熊本県下益城郡松橋町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1935年3月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1935年3月開館。1936年の映画館名簿では「不知火館」。1943年・1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「不知火館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
中島劇場/中島映劇/中島東映
所在地 : 熊本県宇土郡三角町東港(1953年・1955年・1958年・1960年)、熊本県宇土郡三角町(1963年・1964年)
開館年 : 1947年6月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年6月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「中島劇場」。1955年の映画館名簿では「中島映劇」。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「中島東映」。1964年の映画館名簿では経営者が中島藤助、支配人が中島健吉、木造2階、定員360、邦画・洋画を上映。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ワーフ1」など。最寄駅はJR三角線三角駅。

1947年3月末、三角町東港四区に映画専門館「三映館」が開館した。経営は三角商事。続いて洋画を主とする映画館「中島映画館」も開館した。テレビの普及で映画館の観客が減少すると、1972年11月には最後まで営業していた三映館が閉館し、三角町から映画館が姿を消した。*53
錦座
所在地 : 熊本県宇土郡不知火町(1963年・1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1965年の映画館名簿では「錦座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
三映館/三角三映館
所在地 : 熊本県宇土郡三角町(1950年)、熊本県宇土郡三角町岩下(1953年)、熊本県宇土郡三角町東四区(1955年・1958年・1960年)、熊本県宇土郡三角町(1963年・1964年・1965年)、熊本県宇土郡三角町波多239-1(1966年)、熊本県宇土郡三角町波多239(1969年)、熊本県宇土郡三角町波多(1973年)
開館年 : 1947年4月
閉館年 : 1972年11月
『全国映画館総覧 1955』によると1947年4月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「三映館」。1964年の映画館名簿では経営者・支配人ともに三角円治、木造2階、定員300、邦画を上映。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「三角三映館」。1973年の映画館名簿では経営会社が三角商事、経営者が三角円治、支配人が記載なし、木造1階冷暖房付、230席、邦画・洋画・成人映画を上映。1974年の映画館名簿には掲載されていない。「肥後銀行三角支店」南東200mに「井芹葬祭倉庫」として建物が現存。最寄駅はJR三角線三角駅。

1947年3月末、三角町東港四区に映画専門館「三映館」が開館した。経営は三角商事。続いて洋画を主とする映画館「中島映画館」も開館した。テレビの普及で映画館の観客が減少すると、1972年11月には最後まで営業していた三映館が閉館し、三角町から映画館が姿を消した。*54
松橋富士館
所在地 : 熊本県下益城郡松橋町1195-5(1966年・1969年)、熊本県下益城郡松橋町(1975年・1978年・1980年・1982年・1985年)
開館年 : 1959年12月
閉館年 : 1985年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「船橋富士館」。1969年の映画館名簿では「松橋富士館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1978年・1980年・1982年・1985年の映画館名簿では「松橋富士館」。1983年の住宅地図では「松橋富士東映」。1985年の映画館名簿では経営者が松田良昭、支配人が記載なし、木造1階、200席、邦画・洋画を上映。1986年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「正願寺」南南東50mの建物など。最寄駅はJR鹿児島本線松橋駅。
ダイヤモンドシティ東宝8/TOHO宇城バリュー/TOHOシネマズ宇城
所在地 : 熊本県下益城郡小川町河江1-1(2000年・2005年)、熊本県宇城市河江1-1(2010年)、熊本県宇城市小川町河江1-1 イオンモール宇城内(2015年・2020年)
開館年 : 1999年3月13日
閉館年 : 営業中
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「ダイヤモンドシティ東宝8 CINEMA 1-8」(8館)。2005年7月TOHO宇城バリュー改称。2010年の映画館名簿では「TOHO宇城バリュー1-8」(8館)。2010年9月TOHOシネマズ宇城バリュー改称。2011年10月TOHOシネマズ宇城改称。2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ宇城1-8」(8館)。最寄駅はJR鹿児島本線小川駅。

1999年3月13日、下益城郡小川町河江のダイヤモンドシティ熊本南ショッピングセンター敷地内にシネコン「ダイヤモンドシティ東宝8」が開館する。鉄骨造2階建て(一部3階建て)のフロアに8スクリーン計1508席を有し、県内初のシネコンとなる。3月10日の完成披露式では石田敏彦東宝社長、女優の田中美里らによるテープカットが行われた。下益城郡、熊本市南部、宇土市、八代市などから年間40万人の集客を見込んでいる。*55

1999年3月13日、下益城郡小川町のダイヤモンドシティ熊本南ショッピングセンターにシネコン「ダイヤモンドシティ東宝8」が開館する。鉄骨造2階建てのフロアに8スクリーン計1508席を有する。熊本市内に4館を有する東宝九州興行が経営する。現在の熊本県には、熊本市に13館、八代市に1館、本渡市に1館の計15館がある。*56

1999年3月13日、下益城郡小川町河江1-1 ダイヤモンドシティに九州東宝によって「ダイヤモンドシティ東宝8」が開館した。8スクリーンを有する。*57

下益城郡美里町

曙座/曙座映劇
所在地 : 熊本県下益城郡砥用町(1943年)、熊本県下益城郡砥用町118(1953年)、熊本県下益城郡砥用町(1955年)、熊本県下益城郡砥用町土喰131(1958年)、熊本県下益城郡砥用町土喰(1960年・1963年)、熊本県下益城郡砥用町131(1965年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「曙座」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「曙座」。1958年の映画館名簿では「曙座映劇」。1960年・1963年の映画館名簿では「曙座」。1965年の映画館名簿では「曙座映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

上益城郡御船町

御船東映/御船館
所在地 : 熊本県上益城郡御船町85(1958年)、熊本県上益城郡御船町851(1960年)、熊本県上益城郡御船町滝川(1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「御船東映」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
御船館
所在地 : 熊本県上益城郡御船町(1943年・1953年)、熊本県上益城郡御船町988(1955年・1958年・1960年)、熊本県上益城郡御船町滝川(1963年・1965年)、熊本県上益城郡御船町988(1966年・1969年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿では「御船館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「御船館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。1965年・1966年・1969年の映画館名簿では「御船館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

上益城郡嘉島町

ワーナー・マイカル・シネマズ熊本クレア/イオンシネマ熊本
所在地 : 熊本県上益城郡嘉島町大字上島字長池2232-2702 イオンモール熊本クレア2階(2010年)、熊本県上益城郡嘉島町大字上島字長池2232-2702 イオンモール熊本2階(2015年・2020年)
開館年 : 2005年10月10日(WMC)、2013年7月1日(イオンシネマ)
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「ワーナー・マイカル・シネマズ熊本クレア1-8」(8館)。2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ熊本1-8」(8館)。2016年3月14日熊本地震で休館。2017年3月リニューアル開館。最寄駅はJR鹿児島本線川尻駅。

2005年10月、上益城郡嘉島町に複合商業施設「ダイヤモンドシティ・クレア」が開業する。敷地面積は約22.4万平方メートル、延床面積は約10.4万平方メートル、店舗面積は約5.2万平方メートルであり、九州最大規模の商業施設となる。ジャスコと大型家具店を核店舗とする「2核1モール」型の商業施設である。熊本市中心部から8km南にあり、熊本市、宇土市、上益城郡、下益城郡などを商圏とする。年間1200万人の来客数を見込み、年商250億円を目標とする。*58

上益城郡益城町

津森劇場/津森映劇
所在地 : 熊本県上益城郡益城町字田原(1955年)、熊本県上益城郡益城町田原115(1958年)、熊本県上益城郡益城町(1960年・1963年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年12月開館。1955年の映画館名簿では「津森劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「津森映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
永和座映劇/永和座
所在地 : 熊本県上益城郡益城町木山361(1955年)、熊本県上益城郡益城町361(1958年)、熊本県上益城郡益城町(1960年)、熊本県上益城郡益城町木山(1963年・1964年)
開館年 : 1946年5月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年5月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「永和座」。1958年の映画館名簿では「永和座映劇」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「永和座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

上益城郡甲佐町

みどり映劇
所在地 : 熊本県上益城郡甲佐町311(1955年)、熊本県上益城郡甲佐町32(1958年)、熊本県上益城郡甲佐町(1960年・1963年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年1月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「みどり映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
甲佐館
所在地 : 熊本県上益城郡甲佐町(1943年・1953年)、熊本県上益城郡甲佐町28(1955年)、熊本県上益城郡甲佐町(1958年・1960年・1963年)、熊本県上益城郡甲佐町28-1(1966年・1969年)
開館年 : 1940年7月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1940年7月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「甲佐館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「甲佐館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

『新甲佐町史』甲佐町、2013年には「甲佐館」の写真が掲載されている。現物は未確認。*59

上益城郡山都町

蘇陽馬見原銀峯館
所在地 : 熊本県阿蘇郡蘇陽町馬見原(1966年・1967年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1967年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1967年の映画館名簿では「蘇陽馬見原銀峯館」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
昭喜館/浜町昭喜館
所在地 : 熊本県上益城郡浜町36(1936年)、熊本県上益城郡浜町(1943年)、熊本県上益城郡浜町下市(1953年)、熊本県上益城郡浜町新町136(1955年)、熊本県上益城郡矢部町大字浜町(1958年)、熊本県上益城郡矢部町(1960年・1963年)、熊本県上益城郡矢部町136(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年の映画館名簿では「昭喜館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「昭喜館」。1966年の映画館名簿では「浜町昭喜館」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。
大勝映劇/浜町日活/浜町日活映画劇場
所在地 : 熊本県上益城郡浜町117(1955年)、熊本県上益城郡矢部町浜野(1958年)、熊本県上益城郡矢部町(1960年)、熊本県上益城郡矢部町(1963年)、熊本県上益城郡矢部町下市59(1966年・1969年)
開館年 : 1953年8月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年8月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「大勝映劇」。1963年の映画館名簿では「浜町日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「浜町日活映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

県南

八代市

文政映劇
所在地 : 熊本県八代郡鏡町(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「文政映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽館(鏡町)/国際映劇
所在地 : 熊本県八代郡鏡町(1930年)、熊本県八代郡鏡町内田(1936年・1943年)、熊本県八代郡鏡町(1947年)、熊本県八代郡鏡町子内田(1953年・1955年)、熊本県八代郡鏡町(1958年・1960年)
開館年 : 1930年以前、1953年12月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「喜楽館」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「国際映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
銀映
所在地 : 熊本県八代郡千丁村(1959年・1960年・1963年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「銀映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
中央映劇/中央映画劇場
所在地 : 熊本県八代市本町1-2(1953年)、熊本県八代市本町2丁目(1955年・1958年)、熊本県八代市東本町71(1960年)、熊本県八代市本町2丁目(1963年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「中央映劇」。1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
代陽館
所在地 : 熊本県八代市荒神町(1943年・1947年・1950年)、熊本県八代市荒神町30(1953年・1955年)、熊本県八代市荒神町(1958年)、熊本県八代市荒神町30(1960年・1963年)
開館年 : 1937年11月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1937年11月開館。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「代陽館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
坂本会館
所在地 : 熊本県八代郡上松求麻村(1955年・1958年・1960年)、熊本県八代郡坂本村(1963年・1964年)
開館年 : 1950年7月
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「坂本会館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
笹川映劇
所在地 : 熊本県八代市古閑浜町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「笹川映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
迎町東映
所在地 : 熊本県八代市迎町(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「迎町東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八代富士館/八代日活
所在地 : 熊本県八代市大手町(1958年・1960年・1963年)、熊本県八代市大手町23(1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「八代富士館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
喜楽館(八代市街地)/八代東映
所在地 : 熊本県八代郡八代町(1930年)、熊本県八代郡八代町二ノ町(1936年)、熊本県八代市ニ元町(1943年)、熊本県八代市二之町(1947年)、熊本県八代市二之町65(1950年)、熊本県八代市二ノ町65(1953年・1955年・1958年)、熊本県八代市二ノ町(1960年・1963年)
開館年 : 1919年3月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1919年3月開館。1930年・1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「喜楽館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「八代東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年6月18日、八代市の八代駅前に東映封切館「八代駅前東映」(八代東映)が開館した。建坪297平方メートル。木造モルタル平屋建て。総工費950万円。館主は吉岡ハル、支配人は梅崎忠伸。*60

1960年7月30日の八代市二之町にあった映画館「喜楽館」の写真あり。東映スコープ総天然色の『旗本退屈男』や『嵐を呼ぶ猛獣』の看板が見える。ずらりと自転車が並んでいる。2013年現在の八代市本町1丁目である。*61

1960年の八代市にあった映画館「喜楽館」の写真あり。東映スコープ総天然色の作品の看板が見える。1959年の八代市にあった映画ポスターの写真あり。八代市には「代陽館」、「文化映劇」、「八代東映」、「喜楽館」、「第一映画」などの映画館があった。*62
司映劇
所在地 : 熊本県八代郡鏡町(1958年・1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「司映画劇場」。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「司映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
鏡映画劇場/鏡映劇
所在地 : 熊本県八代郡鏡町(1966年・1969年・1975年・1976年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1976年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「鏡映画劇場」。1966年の住宅地図では「鏡映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1975年・1976年の映画館名簿では「鏡映劇」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。1979年の住宅地図では跡地に「パチンコラッキーホール」。跡地は「保田医院」南西150mの建物。最寄駅はJR鹿児島本線有佐駅。

昭和30年代の鏡町にあった店舗で発生した火災の写真あり。1階がパチンコ店、2階が映画館になっており、「映画とパチンコ」の文字が見える。2013年の跡地の写真あり。道路の反対側に「●●フ」(※セルフ、ガソリンスタンド)の文字が見える。*63
曙映劇/日奈久曙座
所在地 : 熊本県八代市日奈久町691(1958年・1960年)、熊本県八代市日奈久上西町491(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 1970年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「曙映劇」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「日奈久曙座」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。

1935年頃の日奈久にあった「曙座」の写真あり。1913年に建てられた木造3階建ての劇場であり、廻り舞台や花道もあった。*64
東宝喜楽館/八代喜楽館
所在地 : 熊本県八代市袋町(1963年)、熊本県八代市本町1-36(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1974年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「東宝喜楽館」。1966年の映画館名簿では「八代東宝喜楽館」。1966年の住宅地図では「喜楽映画館」。1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「八代喜楽館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。後継館は八代キラク1 喜劇場・八代キラク2 楽劇場。跡地は「ホテルルートイン八代」。最寄駅はJR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅。
文化映劇/文化映画劇場/八代松竹映画劇場/八代東宝文化劇場/八代東宝文化
所在地 : 熊本県八代市本町2-2(1958年)、熊本県八代市本町2丁目(1960年・1963年)、熊本県八代市東本町42-1(1966年)、熊本県八代市本町2-1-8(1969年)、熊本県八代市本町2-1(1973年・1975年・1978年)、熊本県八代市本町2-1-8(1979年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1979年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「文化映劇」。1963年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1966年の映画館名簿では「八代松竹映画劇場」。1966年の住宅地図では「松竹映劇」。1969年の映画館名簿では「八代東宝文化劇場」。1973年の映画館名簿では「八代東宝文化」。1975年・1978年・1979年の映画館名簿では「八代東宝文化劇場」。1979年の住宅地図では「東宝文化劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はホテル「セレクトロイヤル八代」建物南端部。最寄駅はJR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅。
八代キラク1 喜劇場・八代キラク2 楽劇場
所在地 : 熊本県八代市本町1-1 レジャープラザ喜楽街(1976年・1977年)、熊本県八代市本町1-1(1978年)、熊本県八代市本町1-1 レジャープラザ喜楽館内(1980年)、熊本県八代市本町1-1(1985年)、熊本県八代市本町1-1 アニメティプラザ・キラク(1990年)
開館年 : 1975年頃
閉館年 : 1990年頃
前身館は八代喜楽館。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1977年・1978年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「八代キラク1 喜劇場・八代キラク2 楽劇場」(2館)。1979年の住宅地図では「1階パチンココンドル 2階喜楽館」。1991年の映画館名簿には掲載されていない。喜劇場は「よろこび」、楽劇場は「たのしみ」。跡地は「ホテルルートイン八代」。最寄駅はJR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅。
第一映劇/八代第一映画劇場/八代第一映劇
所在地 : 熊本県八代市萩原仲町(1955年)、熊本県八代市仲町442(1958年)、熊本県八代市萩原町中(1960年・1963年)、熊本県八代市萩原仲町442(1966年・1969年)、熊本県八代市萩原町2-8(1973年・1975年)、熊本県八代市萩原町2-8-10(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2011年)
開館年 : 1952年11月15日
閉館年 : 2011年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年11月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「第一映劇」。1963年の映画館名簿では「第一映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「八代第一映画劇場」。1966年の住宅地図では「第一映画」。1979年の住宅地図では「第一映画」。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2011年の映画館名簿では「八代第一映劇」。2010年の映画館名簿では経営会社が第一映画有限会社、経営者・支配人ともに森口力雄、木造1階、160席、邦画・洋画を上映。2012年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「専西寺」東20mにある空き地。最寄駅はJR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅。

1952年11月15日、八代市萩原中町に「第一映画劇場」が開館した。経営者は森口俊光。建坪80坪。収容人員500人。邦画・洋画自由選択。*65

1990年5月、八代市萩原町2丁目の映画館「第一映画劇場」が映画非常事態宣言を行った。4月には同じく八代市の邦画館「喜楽館」が休館し、八代市の映画館は成人映画館「駅前東映」と第一映画劇場の2館となった。1989年11月の『赤毛のアン』上映時には男女ペアの場合に片方を無料にしたり、3月には話題作『7月4日に生まれて』の試写会を行うなどの取り組みを行っている。1952年に開館した。映画鑑賞グループの八代ATGには月1回の頻度で会場を無償提供している。*66

1993年のこのほど、八代市萩原町2丁目の映画館「第一映画劇場」を経営する森口力雄(60)が開館40周年記念誌『十万人の指定席』を出版した。1952年11月15日、八代市5番目の映画館として開館した。当時人気があった大映や東映などからの配給を受けられず、東宝と専属契約して開館した。ピーク時の八代市には9館の映画館があったが、1965年前後に相次いで閉館した。入場税が払えずに映写機を差し押さえられたことで、映写機に赤札を貼られたまま上映したこともあった。これまでに3000本以上を上映した。現在は県南地区唯一の映画館である。*67

1998年11月15日、八代市萩原町の映画館「第一映画劇場」が開館46周年を迎え、夜の部の入場料を1800円から500円に大幅割引するサービスを実施した。1952年11月15日に開館した。現在は県南地区唯一の一般映画館である。*68

1998年秋、八代市の映画館「第一映劇」は250席の館内を大幅に改修して220席とし、音響をSRD方式に変更した。かつて八代市には10館の一般映画館があったが、1999年現在は第一映劇のみである。1998年1月10日から11月中旬まで『タイタニック』を超ロングラン上映した。口コミで人気が広まり、3月のアカデミー賞11部門独占で火が付いた。若い女性を中心として何度も鑑賞するリピーターが多かった。かつて第一映劇は人吉市と本渡市に姉妹館を経営していたが、両館とも10年以上休館している。*69

2002年、八代市萩原町のJR八代駅前にある「第一映画有限会社」(※会社名は掲載されているが館名は掲載されていない)が創立50周年を迎えた。これを記念して、2階席の一部の約30席を畳敷きの桟敷席に改装した。1952年11月、現在の支配人である森口力雄の父親が開館させた。入場税を払えずに映写機を差し押さえられたこともある。学校などに出張上映して営業を拡大してきた。*70

2002年、八代市萩原町のJR八代駅前にある「第一映画」が創立50周年を迎えた。1952年11月、経営者である森口力雄(69)の父親が開館させた。木造一部3階建て、400席。5年目頃に軌道に乗り始め、社運をかけて上映権を買った『風と共に去りぬ』が大ヒットした。八代市では1965年頃から映画館が閉館し始め、ピーク時の9館が2館に減った。座席数を半分に減らしたり、50周年を機に2階席最前列を畳敷きとして座いすを置くなど、くつろいで鑑賞できる工夫を行っている。*71

2004年5月31日から、八代市萩原町2丁目にある映画館「八代第一映画劇場」が休館する。森口力雄社長(71)。父の森口敏光と森口力雄が1952年11月に創業した。最盛期の八代市には9館の映画館があったが、約20年前には一般映画館が第一映画劇場のみとなった。1997年には八代市から車で約30分の小川町にシネコンが開館し、経営状況がますます苦しくなった。開館50周年の2002年11月には2階に畳席を設けた。*72

2004年5月31日から、八代市萩原町のJR八代駅前にある映画館「八代第一映画劇場」が休館する。経営者の森口力雄(71)は「映画の灯を消すのではない。しばらく休んで見る立場になって見つめ直してみたい」「休憩するだけ」と話す。木造一部3階建て、400席。1952年に森口の父親が開館させ、最盛期の八代市には9館の映画館があった。*73

2005年3月5日、八代市萩原町2丁目にある映画館「八代第一映画劇場」が9か月ぶりに営業を再開し、約2週間の予定で『北の零年』を上映する。森口力雄社長(71)。妻の森口峯子(64)の健康状態などを考慮して2004年5月末から休館していた。1952年11月に創業した。*74

「八代第一映画劇場」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*75
駅前東宝/八代駅前東宝劇場/八代駅前東映劇場/八代駅前東映
所在地 : 熊本県八代市萩原町456(1963年)、熊本県八代市萩原仲通(1966年・1969年・1973年)、熊本県八代市萩原町2-8(1975年)、熊本県八代市萩原町2-8-38(1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 2015年9月
港町キネマ通り : 八代駅前東映
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「駅前東宝」。1966年・1969年の映画館名簿では「八代駅前東宝劇場」。1966年の住宅地図では「駅前東宝」。1973年・1975年の映画館名簿では「八代駅前東映劇場」。1978年の映画館名簿では「八代駅前東映」。1979年の住宅地図では「駅前東映」。1980年・1985年の映画館名簿では「八代駅前東映劇場」。1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「八代駅前東映」。2020年の映画館名簿には掲載されていない。八代市最後の映画館。跡地は「専西寺」北西100mにある空き地。最寄駅はJR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅。

「八代駅前東映」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*76

人吉市

第一映劇(旧)/人吉第一映画劇場(旧)
所在地 : 熊本県人吉市五日町28(1963年・1966年)
開館年 : 1956年
閉館年 : 1966年(移転)
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「第一映劇」。1966年の映画館名簿では「人吉第一映画劇場」。
富士映劇/銀映映劇/人吉銀座映画劇場
所在地 : 熊本県人吉市駒井田町248-1(1953年)、熊本県人吉市駒井田町248(1955年・1958年)、熊本県人吉市駒井田町(1960年・1963年)、熊本県人吉市駒井田町248-1(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「富士映劇」。1963年の映画館名簿では「銀映映劇」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「人吉銀映映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の人吉市駒井田町の「富士館」の緞帳前で撮られた記念写真あり。大工町の杉元洋服店、九日町のエビスヤ衣料品店などの文字が見える。当時の人吉市には「東映」(紺屋町)、「共楽館」(大工町)、「国際映劇」(五日町)、「人吉映劇」(二日町)、富士館(駒井田町)の5館があった。*77
人吉東映(旧)/人吉映劇/光映映劇/人吉光映画劇場/人吉光映館
所在地 : 熊本県人吉市二日町1(1953年・1955年)、熊本県人吉市二日町(1958年・1960年)、熊本県人吉市二日町1(1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1968年6月10日
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「人吉映劇」。1958年の映画館名簿では「人吉東映」。1960年の映画館名簿では「人吉映劇」。1963年の映画館名簿では「光映映劇」。1966年の映画館名簿では「人吉光映画劇場」。1968年の映画館名簿では「人吉光映館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年頃の人吉市二日町にあった「光映」の写真あり。『稲妻奉行』や『戦雲アジアの女王』や『伝七捕物帳 髑髏狂女』の看板が見える。芝居小屋の「人吉座」が全身であり、1945年に改修されて映画館「人吉映画劇場」(通称は人映)となった。やがて光映に改称した。1968年6月10日、上映中の火災が理由で廃館となった。*78

1958年頃の人吉市紺屋町界隈の写真あり。中央のアーチ看板には「人吉東映」の文字が見える。子の路地の左側には熊本日日新聞人吉支局があった。*79
人吉東映(新)/人吉東映映画劇場/人吉東映劇場
所在地 : 熊本県人吉市紺屋町130(1959年)、熊本県人吉市紺屋町(1960年・1963年)、熊本県人吉市紺屋町131(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1984年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年の映画館名簿では「人吉東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「人吉東映映画劇場」。1973年・1975年・1978年・1980年・1982年・1984年の映画館名簿では「人吉東映劇場」。1979年のチリケン住宅地図では「人吉東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「人吉伊勢大神宮」南110mにありスナックなどが多数入る「人吉カーナA5ビル」と西側の駐車場。最寄駅はJR肥薩線人吉駅。
共楽館/共楽映劇/人吉共楽館/人吉第一映画劇場(新)/人吉第一映劇(新)
所在地 : 熊本県球磨郡人吉町(1925年・1927年・1930年)、熊本県球磨郡人吉町字大工町(1936年)、熊本県人吉市大工町(1943年・1947年)、熊本県人吉市大工町78(1950年)、熊本県人吉市大工町7(1953年)、熊本県人吉市大工町7-8(1955年)、熊本県人吉市大工町7(1958年・1960年・1963年)、熊本県人吉市大工町78(1966年・1969年)、熊本県人吉市大工町7-8(1973年・1975年)、熊本県人吉市大工町9(1978年・1980年・1985年・1995年)
開館年 : 1923年10月
閉館年 : 1990年5月(定期上映終了)、1995年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1923年10月開館。1925年・1927年・1930年の映画館名簿では「共楽館」。1936年の映画館名簿では「人吉共楽館」。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「共楽館」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「共楽映劇」。1966年の映画館名簿では「人吉共楽館」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「人吉第一映画劇場」。1979年のチリケン住宅地図では「グリーンハウス 第一映劇」。1985年の映画館名簿では「人吉第一映劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年の映画館名簿では「人吉第一映画劇場」。1996年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「人吉別院」西250mにあるクラブ「ドーム」。映画館の建物が現存している可能性がある。

1990年5月のゴールデンウィークを最後に、人吉市大工町の映画館「人吉第一映劇」が常設館としての営業を終了して不定期営業となった。経営者は森口透(52)。1956年、人吉市五日町に洋画専門館として開館した。昭和30年代後半にはセスナ機で『ベン・ハー』や『十戒』のチラシをまいたこともあった。1966年7月には大工町にあった「共楽館」を買収して移転した。1976年7月に現在の建物に改築した。1983年11月には紺屋町の「東映」が閉館し、人吉球磨地方で唯一の映画館となった。なお、八代市にある「八代第一映劇」は森口透の実兄が経営している。*80

2015年10月17日・18日、球磨郡相良村十島の松本歯科十島研修所(十島文庫)で、フォーラム「映画今昔 その楽しさ」が開催される。人吉球磨地方にあった映画館や映画全般に関する資料や情報を集めている。人吉市の歯科医である松本晉一(69)が主宰する「球磨川アカデミア」の第9回目である。松本は地域の映画マップ作成も計画している。昭和30年代頃までの人吉市には、「永楽座」「人吉映劇」「共楽館」など5館の映画館があり、球磨郡あさぎり町、球磨郡多良木町、球磨郡湯前町などにも映画館があった。*81

水俣市

名称不明の映画館
1952年12月20日、水俣市浜の「映劇」館主の山下鉄男(44)宅から出火して同家が全焼し、ワーナー『モンタナ』、邦画『武蔵と小次郎』、ニュース映画などのフィルム約50巻にも引火した。妻のツルノ(44)、五男の英次(4)の2人が焼死し、四男の鉄昭(6)が顔面や手足に火傷を負った。こたつの火の不始末が原因とみられる。*82
東宝コトブキ
所在地 : 熊本県水俣市浜仲之町(1963年・1964年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「東宝コトブキ」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
平和館/水俣東映/水俣東映劇場
所在地 : 熊本県水俣市昭和町(1955年)、熊本県水俣市昭和町3(1958年)、熊本県水俣市昭和町(1960年)、熊本県水俣市昭和町3(1963年)、熊本県水俣市昭和町510-2(1966年・1967年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1967年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。1955年の映画館名簿では「平和館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「水俣東映」。1966年・1967年の映画館名簿では「水俣東映劇場」。1968年の映画館名簿には掲載されていない。
寿映画劇場/寿館/コトブキ映劇/日活コトブキ/水俣コトブキ館
所在地 : 熊本県葦北郡水俣町(1936年・1947年)、熊本県水俣市浜(1950年)、熊本県水俣市浜2887(1953年)、熊本県水俣市浜仲の町(1955年)、熊本県水俣市水俣町浜仲の町(1958年)、熊本県水俣市浜仲之町(1960年・1963年)、熊本県水俣市浜町1-12-27(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1931年6月、1954年8月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1931年6月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「寿館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年の映画館名簿では「寿館」。1950年の映画館名簿では「寿映画劇場」。1953年の映画館名簿では「寿館」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「コトブキ映劇」。1963年の映画館名簿では「日活コトブキ」。1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「水俣コトブキ館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1979年のチリケン住宅地図では「太陽映劇」(※誤りと思われる。近い範囲に太陽映劇が2か所描かれている)。跡地は「大石皮ふ科クリニック」北80mにある「山下ビル2エスプリ」。最寄駅は肥薩おれんじ鉄道水俣駅。
水俣第一太陽館/水俣太陽館
所在地 : 熊本県水俣市浜町1-10(1971年・1972年・1973年)
開館年 : 1970年頃
閉館年 : 1973年頃
1970年の映画館名簿には掲載されていない。1971年・1972年の映画館名簿では「水俣第一太陽館」。1973年の映画館名簿では「水俣太陽館」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。
太陽館/太陽映劇/水俣第二太陽館/水俣太陽映劇/水俣太陽館
所在地 : 熊本県葦北郡水俣町(1936年・1943年・1947年)、熊本県水俣市新世界(1950年)、熊本県水俣市浜2908(1953年)、熊本県水俣市浜仲の町(1955年・1958年)、熊本県水俣市浜仲之町(1960年)、熊本県水俣市浜2907(1963年)、熊本県水俣市浜町1-12-30(1966年・1969年・1970年)、熊本県水俣市浜町1-12(1973年)、熊本県水俣市浜町1-12-30(1974年・1975年・1978年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1930年以後1936年以前、1954年8月
閉館年 : 1986年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「太陽館」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「太陽映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「水俣太陽館」。1973年の映画館名簿では「水俣第二太陽館」。1974年・1975年の映画館名簿では「水俣太陽映劇」。1979年のチリケン住宅地図では「太陽映劇」(※近い範囲に太陽映劇が2か所描かれている)。1986年の映画館名簿では「水俣太陽館」。1987年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大石皮ふ科クリニック」北西110mにある「山下ビル1」。最寄駅は肥薩おれんじ鉄道水俣駅。

上天草市

寿館
所在地 : 熊本県天草郡大矢野町柳(1959年)、熊本県天草郡大矢野町(1960年)、熊本県天草郡大矢野町柳(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「寿館」。1965年の映画館名簿では経営者が坂本政一、支配人が記載なし、木造1階、定員368、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
大矢野映劇
所在地 : 熊本県天草郡大矢野町登立(1955年・1958年)、熊本県天草郡大矢野町(1959年・1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1943年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1943年開館。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「大矢野映劇」。1965年の映画館名簿では経営者が山下代七、支配人が記載なし、木造1階、定員600、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「ジパング直江本郷店」。最寄駅はJR三角線三角駅。
松島中央映画劇場
所在地 : 熊本県天草郡松島町合津3563-2(1966年)、熊本県天草郡松島町合津3563(1969年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1969年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「松島中央映画劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。
樋島映画劇場
所在地 : 熊本県天草郡樋島町(1966年)、熊本県天草郡龍ヶ岳町樋島(1969年・1970年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1970年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「樋島映画劇場」。1971年の映画館名簿には掲載されていない。

天草市

天活館
所在地 : 熊本県天草郡本渡町(1925年)
開館年 : 1923年
閉館年 : 1928年
1925年の映画館名簿では「天活館」。1930年の映画館名簿には掲載されていない。

大正末期の本渡にあった「天活館」の写真あり。1919年に天草地域初の映画常設館として開館した。その後「中央館」も開館したことから、1928年には閉館した。*83

大正期から昭和期の本渡にあった活動常設館「天活館」の写真あり。1923年に活動写真常設館として開館し、1928年に閉館した。*84
達磨館/だるま映劇
所在地 : 熊本県天草郡牛深町(1943年・1947年)、熊本県天草郡牛深町1641(1950年)、熊本県天草郡牛深町(1953年)、熊本県本渡市牛深町(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1930年5月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1930年5月開館。1936年の映画館名簿には掲載されていない。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「達磨館」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「だるま映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
本渡東映
所在地 : 熊本県本渡市本渡町(1961年・1963年)、熊本県本渡市本渡町300(1964年・1965年)
開館年 : 1957年? 1960年頃?
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「本渡東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
中央館/本渡第一映画劇場(旧)
所在地 : 熊本県天草郡本渡町(1936年・1943年・1947年・1950年)、熊本県天草郡本渡町南(1953年)、熊本県本渡市本渡町(1955年・1958年・1960年・1963年)、熊本県本渡市本渡町上南9-1(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1932年、1945年
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央館」。1965年4月1日本渡第一映劇改称。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「本渡第一映画劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が金子雅敏、支配人が記載なし、木造2階冷暖房付、定員750、洋画・成人映画を上映。最寄駅はJR三角線三角駅。

戦後すぐの1945年、本渡市栄町に「中央館」が開館した。3階席を有する県内屈指の劇場だった。1968年の改築を機に洋画専門館となった。*85
御所浦不知火館
所在地 : 熊本県天草郡御所浦町(1966年・1969年・1970年・1971年・1972年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1972年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年・1971年・1972年の映画館名簿では「御所浦不知火館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
天草映劇/本渡天劇
所在地 : 熊本県天草郡本渡町(1930年・1950年)、熊本県天草郡本渡町馬場(1953年)、熊本県本渡市本渡町(1955年)、熊本県本渡市本渡町30-1(1958年・1960年・1963年)、熊本県本渡市本渡町木戸馬場30-1(1966年・1969年・1970年)、熊本県本渡市本渡町木戸馬場(1971年)
開館年 : 1925年
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1925年の映画館名簿には掲載されていない。1930年の映画館名簿では「天草劇場」。1936年・1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「天草映画劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「天草映劇」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「本渡天劇」。1970年の映画館名簿では経営者が富田栄造、支配人が黒田春子、鉄筋造1階冷暖房付、定員330、松竹・大映・成人映画を上映。1972年の映画館名簿には掲載されていない。1981年の住宅地図では「天劇 天劇飲食街」。建物は2019年以後2022年以前に取り壊された。跡地は「カトリック本渡教会」西150m。最寄駅はJR三角線三角駅。

1972年の本渡市にあった天劇飲食街の写真あり。飲食店、旅館、自転車店、精肉屋などが並んでいる。*86
河浦東映/河浦東映映画劇場/河浦東映劇場
所在地 : 熊本県天草郡河浦町(1960年・1963年・1966年・1969年・1970年・1973年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1973年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「河浦東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「河浦東映映画劇場」。1970年・1973年の映画館名簿では「河浦東映劇場」。1970年の映画館名簿では経営者が松本光子、支配人が記載なし、木造1階、定員310、邦画・洋画・成人映画を上映。1974年の映画館名簿には掲載されていない。「一町田地区コミュニティセンター」北北西100mに建物が現存。最寄駅はJR三角線三角駅。

2013年の天草市(旧河浦町)にあった「河浦東映」跡地の写真あり。戦後の一町田には2館の映画館があり、河浦東映は1965年頃まで営業していた。その後、建物はパチンコ店、縫製会社などに利用され、2013年現在は建物の一部でなべちゃん食堂が営業している。*87
大平館/太平館/牛深東映映画劇場/牛深東映/牛深東映劇場
所在地 : 熊本県天草郡牛深町(1953年)、熊本県本渡市牛深町1659(1955年)、熊本県牛深市牛深町1659(1958年・1960年・1963年)、熊本県牛深市牛深町1659(1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1981年)
開館年 : 1949年7月
閉館年 : 1981年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1949年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大平館」。1955年の映画館名簿では「太平館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「牛深東映」。1966年の映画館名簿では「牛深東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「牛深東映劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「牛深東映」。1979年のチリケン住宅地図では「東映劇場」。1980年・1981年の映画館名簿では「牛深東映劇場」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「熊本銀行牛深支店北20mの有料駐車場「紅蘭駐車場」。
本渡映画劇場/本渡映劇
所在地 : 熊本県本渡市本渡町(1958年・1960年・1963年)、熊本県本渡市本渡町浜津504(1966年・1969年)、熊本県本渡市浜津(1973年)、熊本県本渡市中央新町3-26(1975年・1978年・1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1955年? 1957年頃?
閉館年 : 1988年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「本渡映劇」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「本渡映画劇場」。1981年の住宅地図では「本映」。1985年・1988年の映画館名簿では「本渡映劇」。1989年の映画館名簿には掲載されていない。「天草信用金庫中央支店」南西50mに「ひらやま衣料オズ店」として建物が現存する可能性がある。最寄駅はJR三角線三角駅。
本渡第一映画劇場(新)/本渡第一映劇
所在地 : 熊本県本渡市栄町(1973年)、熊本県本渡市栄町5-23(1975年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)、熊本県天草市栄町5-23(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1968年? 1971年12月27日?(建て替え)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 本渡第一映劇
1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「本渡第一映画劇場」。1973年の映画館名簿では経営者が森口力雄、支配人が金子雅敏、木造1階冷暖房付、120席、洋画を上映。1981年の住宅地図では「第一映劇 2階だいいち」。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「本渡第一映劇」。最寄駅はJR三角線三角駅。

戦後すぐの1945年、本渡市栄町に「中央館」が開館した。3階席を有する県内屈指の劇場だった。1968年の改築を機に洋画専門館となった。昭和50年代には天草の映画館が「本渡第一劇場」のみとなり、邦画も上映するようになった。1989年に上映した『天と地と』を最後に休館した。1991年8月には柿久和範によって3日間だが営業を行い、1998年には常設館として営業を再開した。2002年には邦画の特集上映企画「天草名画座番外地」を始め、千葉真一の舞台挨拶やトークショーが開催されたこともあった。*88

1995年1月30日、前日に閉館した熊本市の映画館「電気館」から本渡市の「本渡第一映劇」に音響機器や映写機などが無償で寄贈された。本土第一映劇は天草最後の映画館であり、一度は閉館したが、柿久和範(33)らが自ら映画館を借りて上映を再開した。ドルビーステレオ、約10台のスピーカー、映写機1台、光源2台、整流器2台などが寄贈された。*89

2013年2月1日から2月11日、天草市の新和歴史民俗資料館で「天草 〜映画の時代〜」が開催される。かつて天草にあった40館以上の映画館の場所を記した地図や写真などが展示される。*90

「本渡第一映劇」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*91

「本渡第一映劇」に言及している書籍として、大屋尚浩『日本懐かし映画館大全』辰巳出版、2017年がある。*92

「本渡第一映劇」に言及している書籍として、金原みわ『日本昭和珍スポット大全』辰巳出版、2017年がある。*93

「本渡第一映劇」に言及している雑誌記事として、「小山薫堂の『妄想消費』 10回 理想の映画館」『フォーブスジャパン』2016年5月がある。現物は未確認。*94

「本渡第一映劇」に言及している雑誌記事として、「天草にあるたった1軒の映画館 健さんも愛したこの場所を守りたい 映画を映画館で見る幸せ」「映画人たちも地方の館主を応援している 減り続ける街の灯」『AERA』2015年1月12日がある。現物は未確認。*95

2001年5月9日、高倉健が主演映画『ホタル』の宣伝を兼ねて「本渡第一映劇」を訪れる。2000年11月の天草映画祭で高倉主演の『網走番外地』が上映されたのを縁に、安田公寛市長が高倉に手紙を出して来訪が実現した。*96

八代郡氷川町

宮原大劇
所在地 : 熊本県八代郡宮原町(1963年・1964年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「宮原大劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

葦北郡芦北町

佐敷映劇
所在地 : 熊本県葦北郡佐敷町480(1955年・1958年)
開館年 : 1954年頃
閉館年 : 1958年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1954年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「佐敷映劇」。1959年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和初期の現・芦北町にあった「共楽座」の館内の写真あり。1918年に佐敷川に架かる七瀬橋の近くに開館した。廻り舞台を有しており、芝居の上演、映画の上映、集会などに利用された。1960年6月に廃館となった。*97
湯浦映劇
所在地 : 熊本県葦北郡湯浦町(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「湯浦映劇」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
湯楽映劇
所在地 : 熊本県葦北郡湯浦町(1960年・1963年・1964年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1964年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「湯楽映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。
銀星映劇
所在地 : 熊本県葦北郡田浦町(1959年・1960年)、熊本県葦北郡田浦町13(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1965年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「銀星映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
秀映館/秀映/芦北秀映映画劇場
所在地 : 熊本県葦北郡芦北町(1959年・1960年・1963年)、熊本県葦北郡芦北町362-2(1966年・1968年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1968年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年・1960年の映画館名簿では「秀映館」。1963年の映画館名簿では「秀映」。1966年・1968年の映画館名簿では「芦北秀映映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

葦北郡津奈木町

更生館
所在地 : 熊本県葦北郡津奈木村(1954年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年頃
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年・1955年・1958年の映画館名簿では「更生座」。1960年・1963年の映画館名簿では「更生館」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。
津奈木映劇
所在地 : 熊本県葦北郡津奈木村(1963年・1964年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1964年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年の映画館名簿では「津奈木映劇」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

球磨郡多良木町

建国館
所在地 : 熊本県球磨郡多良木町(1943年・1953年・1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1941年以後1943年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1941年の映画館名簿には掲載されていない。1943年の映画館名簿では「健国館」。1947年・1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「建国館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

かつて、多良木町の国道と正南通りの間には劇場「建国館」があった。1階には花道があり、2階には向こう桟敷があった。昭和30年代に焼失した。*98
中央映劇
所在地 : 熊本県球磨郡多良木町658(1958年)、熊本県球磨郡多良木町(1960年・1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「中央映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の多良木町多良木にあった「中央映劇」の写真あり。『まだら蛇』と『君を愛す』の看板が見える。「東映 大映 日活」の文字が見える。*99
多良木新映館
所在地 : 熊本県球磨郡多良木町(1966年・1969年・1970年・1971年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1971年頃
1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「多良木新映館」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

1964年の多良木町にあった映画館「新映」の写真あり。左側には篠原商店が見える。多良木町には数館の映画館があったが、昭和40年代に入るとテレビの普及によって映画館が減った。現在の球磨・人吉地域には映画館が存在しない。*100

球磨郡湯前町

吉見座/吉見映劇/湯前東映/湯の前東映映画劇場
所在地 : 熊本県球磨郡湯前町(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1968年)
開館年 : 1920年3月
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1920年3月開館。1953年の映画館名簿では「吉見座」。1955年の映画館名簿では「吉見映劇」。1958年の映画館名簿では「吉見映画劇場」。1960年の映画館名簿では「吉見映劇」。1963年の映画館名簿では「湯前東映」。1966年・1968年の映画館名簿では「湯の前東映映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

球磨郡あさぎり町

大丸映劇/免田大丸映画劇場
所在地 : 熊本県球磨郡免田町(1953年)、熊本県球磨郡免田町甲1718(1955年)、熊本県球磨郡免田町甲(1958年)、熊本県球磨郡免田町(1960年・1963年)、熊本県球磨郡免田町甲1718(1966年・1969年・1970年)、熊本県球磨郡免田町1718(1971年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大丸映画」。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大丸映劇」。1966年・1969年・1970年・1971年の映画館名簿では「免田大丸映画劇場」。1972年の映画館名簿には掲載されていない。

球磨郡錦町

映画館名簿によると球磨郡錦町に映画館は存在しなかったと思われる。

球磨郡水上村

映画館名簿によると球磨郡水上村に映画館は存在しなかったと思われる。

球磨郡相良村

映画館名簿によると球磨郡相良村に映画館は存在しなかったと思われる。

球磨郡五木村

映画館名簿によると球磨郡五木村に映画館は存在しなかったと思われる。

球磨郡山江村

映画館名簿によると球磨郡山江村に映画館は存在しなかったと思われる。

球磨郡球磨村

映画館名簿によると球磨郡球磨村に映画館は存在しなかったと思われる。

天草郡苓北町

映画館名簿によると天草郡苓北村に映画館は存在しなかったと思われる。

このページへのコメント

熊本県阿蘇郡南小国町出身ですが、南小国町市原に映画館が存在しました。私も何度か行っております。館名は忘れました。 1949年生まれの七十四歳です。

0
Posted by なみちゃん 2023年04月03日(月) 15:21:44 返信

熊本県阿蘇郡南小国町出身ですが、南小国町市原に映画館が存在しました。私も何度か行っております。館名は忘れました。 1949年生まれの七十四歳です。

0
Posted by なみちゃん 2023年04月03日(月) 15:21:00 返信

失礼します。
去年暮れの旅行の際、天草市の「本渡第一映劇」を訪れました。まだまだ現役のご様子。
https://photos.app.goo.gl/qbU7sJDgk9RnYq5C6

一方で同市に存在していた「本渡天劇」は、残念ながら解体され集合住宅となっていました(写真は裏手)。
GoogleMapsのストリートビューではまだ確認可能で、2019年8月頃までは存在していた模様。
https://photos.app.goo.gl/Byh75YDHbjdsyZDx5

以上、失礼しました。

0
Posted by 名無し(ID:/+VGspmbvg) 2022年01月14日(金) 23:31:39 返信数(1) 返信

貴重な情報ありがとうございます。「本渡天劇」から建物が現存しているという情報を除去しました。

0
Posted by  hekikaicinema hekikaicinema 2022年01月16日(日) 01:16:32

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます