「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

京都府北部(丹後地域、中丹地域)は丹後地方の映画館で扱います。


京都市

京都市

京都市の映画館
『京都写真館 なつかしの昭和20〜40年代』には、千本日活、山科映画劇場、京宝会館、美松劇場の写真が掲載されている。*1
山科映画劇場/山科館/山科映劇
所在地 : 京都府京都市左京区東山区山科竹鼻竹ノ街道町(1960年)、京都府京都市山科区(現在)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1975年頃
1950年の映画館名簿では「山科映画劇場」。1953年の映画館名簿では「山科館」。1960年の映画館名簿では「山科映画劇場」。1963年・1969年の映画館名簿では「山科映劇」。山科区の発足は1976年であり、開館当時の所在地は東山区だった。

1927年(昭和2年)、山科京極付近に映画館の「山科映画劇場」が開館した。鐘紡の女工も多く訪れた。1975年(昭和50年)頃まで建物があった。1956年(昭和31年)12月14日の写真あり。この年には東海道本線の全線電化が完了し、その祝祭のために義士行列が山科映画劇場前で記念撮影を行ったのである。この義士行列は後に山科義士まつりに発展している。*2*3

1927年、山科京極付近に「山科映画館」(ママ)が開館した。三条通の拡幅に伴って、1933年には竹鼻に移転し、山科映画劇場に改称した。1956年に東海道本線の電荷を祝う義士祭りの一行が休憩している際の写真あり。1975年頃に閉館した。*4

1969年の『山科東部住宅案内図』。国道沿いには各銀行の山科支店が3軒並んでいる。また、パチンコ店や唯一の映画館もあった。山科映劇が掲載されている。*5
京一会館
所在地 : 京都府京都市左京区
開館年 : 1960年
閉館年 : 1988年
2002年に創刊された地域情報誌『一乗寺発見』第2号では、1988年に閉館した京一会館を特集している。*6

左京区の市場が出資して、1960年に京一会館が開館した。1975年にはいったん閉館したが、3か月後に再開した。市場が閉館することから1988年に閉館した。映画監督の瀬々敬久は、京都大学時代には京一会館でアルバイトをした。*7
スペース・ベンゲット
所在地 : 京都府京都市左京区下京区綾大宮町50 ヒロビル3階
開館年 : 1989年12月
閉館年 : 1995年3月31日
1995年3月31日をもって、下京区大宮通綾小路下ルにある60席のミニシアター「スペース・ベンゲット」が閉館する。1989年12月、自主制作グループや自主上映グループ4団体が共同で開館させた。3年程前から観客数が低迷していた。また、上映設備は16ミリまでしかなかった。最終上映は『わが町』。*8
菊水映画劇場
所在地 : 京都府京都市中京区
開館年 : 1877年
閉館年 : 1995年2月27日
1995年2月27日から、京都市・新京極の映画館「菊水映画劇場」が休館する。1995年1月の阪神大震災で、大正時代の煉瓦造の建物の屋根や壁に被害を受けたため。最悪の場合は閉館する。1877年に芝居小屋の「福の家」として開館し、1887年には「福井座」、1900年には「布袋座」、1903年には「朝日座」と改称しながら演劇を上演していた。1911年に「ミカド館」に改称して映画の上映を始め、その後は「天活倶楽部」、「キネマ倶楽部」に改称、1941年に「菊水映画劇場」となった。1945年11月の『けんかとび』は1週間で36,000人、1947年8月の『ターザンの逆襲』は1週間で58,000人以上が入ったという。*9
美松劇場
所在地 : 京都府京都市中京区
開館年 : 1955年
閉館年 : 2004年1月16日
2004年1月16日をもって、京都市中京区の新京極にあるロードショー館「美松劇場」が閉館する。17日には『タイタニック』『リバー・ランズ・スルー・イット』『2001年宇宙の旅』『Wの悲劇』『竜馬暗殺』『ラストショー』の6作品でフィナーレ上映を行う。1955年に美松大劇場と美松名画劇場の2スクリーンで開館。*10

山城地域

宇治市

昭和館/宇治昭和館
所在地 : 京都府久世郡宇治町(1950年)、京都府宇治市宇治妙楽45(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1950年の映画館名簿では「昭和館」。1953年・1960年・1966年の映画館名簿では「宇治昭和館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
宇治映画劇場/宇治東映/宇治東映劇場
所在地 : 京都府宇治市宇治妙楽166(1960年)
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1980年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「宇治映画劇場」。1966年の映画館名簿では「宇治東映」。1969年の映画館名簿では「宇治東映劇場」。宇治市最後の映画館。宇治市宇治妙薬166という住所は現存するが関連は不明。
大久保劇場
所在地 : 京都府宇治市大久保広町(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1960年の映画館名簿では「大久保劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

城陽市

城陽アル・プラ劇場
所在地 : 京都府城陽市富野荒見田112
開館年 : 1992年2月14日
閉館年 : 2000年以後2010年以前
アル・プラザ城陽店4階。ビデオシアターであり、1スクリーン111席。

木津川市

清友館
所在地 : 京都府相楽郡木津町恵比須町2(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後1960年以前
1953年の映画館名簿では「清友館」。1960年の映画館名簿には掲載されていないが、木津映劇に改称した可能性がある。
木津映劇
所在地 : 京都府相楽郡木津町(1960年)
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていないが、清友館だった可能性がある。1960年の映画館名簿では「木津映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
船屋クラブ映劇
所在地 : 京都府相楽郡加茂町船屋48(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1960年の映画館名簿では「船屋クラブ映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。木津川市加茂町兎並船屋48という住所は存在するが関連は不明。
ワーナー・マイカル・シネマズ高の原/イオンシネマ高の原
所在地 : 京都府木津川市相楽台1丁目1-1 イオンモール高の原4階
開館年 : 2007年4月26日
閉館年 : 営業中
2007年4月26日にワーナー・マイカル・シネマズ高の原として開館。2013年7月にイオンシネマ高の原に改称。

久世郡久御山町

イオンシネマ久御山
所在地 : 京都府久世郡久御山町森南大内156-1 イオンモール久御山2階
開館年 : 1999年7月2日
閉館年 : 営業中
1999年7月2日、ジャスコ久御山ショッピングセンターがオープンし、2階には京都府初のシネコンである「イオンシネマ久御山」が開館する。8スクリーン計約1800席。6月29日から7月2日まではミニ体験ツアーを実施しており、無料ででもフィルムを上映している。*11

南丹地域

亀岡市

松竹座/亀岡松竹座
所在地 : 京都府南桑田郡亀岡町内丸26-23(1953年)、京都府亀岡市内丸町23(1960年・1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1960年の映画館名簿では「松竹座」。1966年の映画館名簿では「亀岡松竹座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。亀岡市最後の映画館。亀岡市内丸町23という住所は現存するが関連は不明。

『新修亀岡市史 本文編 第3巻』には松竹座・朝日座・亀岡座について掲載されているらしい。*12
朝日座
所在地 : 京都府亀岡市安町24
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「朝日座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。亀岡市内丸町23という住所は現存するが関連は不明。

『新修亀岡市史 本文編 第3巻』には松竹座・朝日座・亀岡座について掲載されているらしい。*13
亀岡座
所在地 : 京都府亀岡市安町38
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「亀岡座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。亀岡市内丸町23という住所は現存するが関連は不明。

『新修亀岡市史 本文編 第3巻』には松竹座・朝日座・亀岡座について掲載されているらしい。*14

南丹市

園部映画劇場
所在地 : 京都府船井郡園部町若松62(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年・1960年の映画館名簿では「園部映画劇場」。1966年の映画館名簿では「園部劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。南丹市園部町若松町62という住所は存在するが関連は不明。「天理教園部分教会」の東側にある民家。

2009年7月18日から9月13日まで南丹市立文化博物館で開催された「映像文化の足跡 光学玩具から映画まで」では、南丹市域に存在した園部映画劇場と八木映画劇場の両館を紹介した。両館の写真も展示されている。*15*16
八木映画劇場
所在地 : 京都府船井郡八木町本町1丁目(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1953年・1960年の映画館名簿では「八木映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

『保存版 亀岡・南丹・京丹波の今昔』p.129には八木映画劇場の写真が掲載されている。現物は未確認。*17

2009年7月18日から9月13日まで南丹市立文化博物館で開催された「映像文化の足跡 光学玩具から映画まで」では、南丹市域に存在した園部映画劇場と八木映画劇場の両館を紹介した。*18

船井郡京丹波町

須知会館
所在地 : 京都府船井郡須知町字須知(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後1960年以前
和知映画劇場
所在地 : 京都府船井郡和知町字本庄(1960年)
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「和知映画劇場」。1966年の映画館名簿では「和知館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

北桑田郡京北町

周山会館
所在地 : 京都府北桑田郡周山町字周山(1953年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1953年以後1960年以前
周山町は1955年以後の京北町であり、2005年以後の京都市右京区である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます