閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


京都市中心部

中京区

京都市の映画館
『京都写真館 なつかしの昭和20〜40年代』には、千本日活、山科映画劇場、京宝会館、美松劇場の写真が掲載されている。*1
三条興映/三条興映映画劇場/三条東映
所在地 : 京都府京都市中京区壬生朱雀町1(1953年・1955年)、京都府京都市中京区壬生朱雀1-2(1958年・1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1953年の映画館名簿では「三条興映」。1955年の映画館名簿では「三条興映映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「三条東映」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「三条東映」。三条通り商店街の西端。跡地は「フレスコ三条店」。
文化映画劇場
所在地 : 京都府京都市中京区河原町蛸薬師上ル(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 文化映画劇場
1950年・1953年・1960年の映画館名簿では「文化映画劇場」。1959年の住宅地図では「文化映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の住宅地図では跡地に「パチンコ文映センター」。現在の跡地は2020年10月31日に開業した「ホテルミュッセ京都四条河原町名鉄」。
東宝花月劇場/花月劇場/京都花月劇場
所在地 : 京都府京都市中京区新京極錦小路上ル(1960年)
開館年 : 1936年(劇場)、1946年(映画館)
閉館年 : 1962年(映画館)、1987年(劇場)
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都花月劇場
Wikipedia : 京都花月劇場
1950年の映画館名簿では「東宝花月劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「花月劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「京都花月劇場」。1959年・1963年の住宅地図では「花月劇場」。1962年に映画館から劇場に転換。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の住宅地図では「京都花月劇場」。1977年の住宅地図では跡地に「お笑い演芸場京都花月劇場」。跡地は「アニメイト京都」などが入る「京都吉本ビルパッサージオ」。

1976年の京都市にあった「京都花月劇場」の写真あり。演芸場として開館し、一時期は映画館として使用された。1962年に再び演芸場に転換され、演芸の興行、吉本新喜劇の舞台中継などが行われた。建物の老朽化などによって、演芸の興行はなんばグランド花月に統合され、1987年に閉館した。2016年現在の跡地には、吉本興業が経営する商業ビルのパッサージオが建っている。*2
壬生銀映/ミブ・ゴールド劇場/京都ゴールド劇場
所在地 : 京都府京都市壬生下溝町33-1(1960年)、京都府京都市中京区壬生下溝町33(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1966年頃
1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「ミブ銀映」。1960年の映画館名簿では「壬生銀映」。1963年の映画館名簿では「ミブ・ゴールド劇場」。1966年の映画館名簿では「京都ゴールド劇場」。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。
壬生東映
所在地 : 京都府京都市中京区壬生松原町54(1963年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1966年頃
1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「壬生東映」。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「壬生東映」。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。
京洛映劇/京洛劇場/京都京洛劇場
所在地 : 京都府京都市中京区六角通新京極東入松枝町458(1966年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 1967年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京洛劇場
Wikipedia : 京洛劇場
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1958年(昭和33年)に演芸場に改装。1960年の映画館名簿では「京洛映劇」。1959年・1963年の住宅地図では「京洛劇場」。1963年の映画館名簿では「京洛劇場」。1966年の映画館名簿では「京都京洛劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「ヒルサロマンゴーミニミニサロン」。跡地は「ホテルビスタプレミオ京都河原町通」。
ワールド劇場/京都ワールド劇場
所在地 : 京都府京都市中京区西ノ京円町57(1960年)、京都府京都市中京区西ノ京町57(1963年)、京都府京都市中京区西の京円町57(1966年・1967年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1967年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「ワールド劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「ワールド劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「京都ワールド劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「プレイランドキング円町店」。
丸太町田園劇場/田園東映/丸太町田園東映田園東映/丸太町田園東映
所在地 : 京都府京都市中京区油小路丸太町下ル(1963年)、京都府京都市中京区油小路丸太町(1967年・1968年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1968年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「丸太町田園劇場」。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「田園劇場」。1960年の映画館名簿では「田園東映」。1963年・1966年・1967年・1968年の映画館名簿では「丸太町田園東映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。2019年時点の跡地は「京都信用金庫丸太町支店」の南80mの更地。
三条大映/三条大映劇場/京都三条大映劇場
所在地 : 京都府京都市中京区三条通壬生朱雀町1(1950年)、京都府京都市中京区神前苑通姉小路通下ル69(1958年)、京都府京都市中京区三条通大宮西入ル(1963年)、京都府京都市中京区神前苑通姉小路下ル瓦師町69(1966年・1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年の映画館名簿では「三条大映」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「三条大映劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「三条大映劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「三条大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都三条大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はスーパーマーケット「西友三条店」。
京都日活館/京都日活映画劇場/京都日活劇場
所在地 : 京都府京都市中京区新京極錦小路上ル東側町530(1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都日活劇場
1950年の映画館名簿では「京都日活館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「京都日活映画劇場」。1959年・1963年・1968年の住宅地図では「京都日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「サンドラッグ京都錦店」などが入る「ダイアモンドビル」。
エムパイヤ ニュース館/エンパイヤ ニュース館/エンパイヤ名画劇場
所在地 : 京都府京都市中京区寺田御池下本能寺前町(1969年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿では「エンパイア名画劇場」。1963年の住宅地図では「御池ビル エムパイヤ名画劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「エンパイヤ名画劇場」。1966年の京都市全商工住宅案内図帳では「御池ビル エンパイヤ名画劇場」。1968年の住宅地図では「御池ビル エンパイヤ名画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「京都中央信用金庫御池支店」が入る「中信御池ビル」。
京都コマ劇場
所在地 : 京都府京都市中京区新京極六角下ル中筋町213(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都コマ劇場
1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「京都コマ劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はアパレル店「ステューシー京都」などが入る「大山ビル」。
田園シネマ
所在地 : 京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 田園シネマ
1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「田園シネマ」。1963年・1968年の住宅地図では「田園シネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2020年閉店のライブハウス「河原町VOX」が入る「VOXビル」。
日本座映劇/日本座映画劇場/三条日劇/京都三条日劇
所在地 : 京都府京都市中京区西ノ京池ノ内町29(1955年・1958年)、京都府京都市中京区池の内町30(1960年)、京都府京都市中京区西ノ京池の内町30(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿では「日本座映画劇場」。1958年の映画館名簿では「日本座映劇」。1960年の映画館名簿では「日本座映画劇場」。1963年の映画館名簿では「三条日劇」。1959年の京都市全商工住宅案内図帳では「日劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都三条日劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西友三条店」北西80mの民家数軒。
京劇名画座
所在地 : 京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都劇場
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「京都劇場」。1963年・1968年の住宅地図では「京劇名画座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に京劇駐車場。跡地は「クロスホテル京都」建物東側。
朝日会館/京都朝日会館
所在地 : 京都府京都市中京区河原町三条上ル恵比須町(1953年・1955年)、京都府京都市中京区河原町通三条上ル(1958年・1960年・1963年)、京都府京都市中京区河原町三条上ル恵比須町437(1966年・1969年)
開館年 : 1935年4月
閉館年 : 1969年以後1972年以前
1953年・1955年の映画館名簿では「朝日会館」。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「京都朝日会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1935年4月、京都市の河原町三条に朝日ビルが開館した。地上6階・地下1階、鉄筋コンクリート造、延床面積1400坪。東郷青児が原画を描いた大壁画「平和と団結」が京都市民や観光客の度肝を抜いた。洋画の朝日会館が入っていた。1952年11月、壁画は東郷の画に取り替えられた。朝日ビルの隣には天主教会があったが、1963年には愛知県犬山市の博物館明治村に移築された。朝日ビルは御池柳馬場に移転し、朝日ビルと天主教会の跡地には地上10階建てのロイヤルホテルが建った。*3

1939年頃の京都市の三条河原町にあった「朝日会館」の写真あり。1935年に竣工した7階建て複合ビルであり、大阪朝日新聞社京都支局などが入っていた。現代美術作家による壁画があったが、戦後には東郷青児の壁画に替えられた。2008年現在の跡地には、1972年に竣工した朝日会館が建っている。地上9階・地下2階建て。朝日新聞社は入っておらず、映画館も閉館した。*4
京都劇場
所在地 : 京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町(1969年)、京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町87(1973年・1980年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1989年10月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都劇場
1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「京都劇場」。1959年の住宅地図では「京都劇場・京都名画座」(※建物が分かれている描き方ではない)。1963年・1968年の住宅地図では「京都劇場」。1977年の住宅地図では「京劇会館 1階東映映画封切場京劇」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「クロスホテル京都」建物西側・中央部。

1989年10月13日の『京都新聞』夕刊には「京劇」が10月限りで閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*5
コマ ゴールド劇場/京都コマ ゴールド劇場/京都コマ ゴールド
所在地 : 京都府京都市中京区新町通錦小路下ル藤岡町515(1990年)
開館年 : 1973年頃
閉館年 : 1990年9月
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の京都市新家屋精密地図では「コマゴールド劇場」。1974年の映画館名簿では「コマ・ゴールド劇場」。1975年・1977年・1980年の映画館名簿では「京都コマ・ゴールド劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「京都コマ・ゴールド」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。四条大宮付近。

1990年9月29日の『京都新聞』には「京都コマ・ゴールド劇場」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*6

1973年4月の『キネマ旬報』「われらの映画館 31回 京都コマ・ゴールド劇場」が掲載された。現物は未確認。*7
福井座/布袋座/朝日座/みかど館/天活倶楽部/キネマクラブ/京都菊水映画劇場/菊水映画劇場
所在地 : 京都府京都市中京区新京極蛸薬師上ル仲筋町497(1990年)
開館年 : 1877年
閉館年 : 1995年2月26日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 菊水映画劇場
1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「菊水映画劇場」。1959年の住宅地図では「菊水映画劇場」。1963年・1968年・1977年の住宅地図では「菊映」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都菊水映画劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「菊水映画劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。「菊映」とも。跡地は「ABCマートグランドステージ新京極店」。

1942年5月14日、京都市の新京極蛸薬師上ルにあった「キネマクラブ」は「菊水映画劇場」(菊映)に改称した。「福井座」、「布袋座」(1900年11月)、「朝日座」(1904年)、「みかど館」(1911年4月)、「天活倶楽部」(1916年1月)、「キネマクラブ」、菊水映画劇場と改称している。*8

1995年2月26日の『京都新聞』には「菊映」がこの日限りで閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*9

1995年2月27日から、京都市・新京極の映画館「菊水映画劇場」が休館する。1995年1月の阪神大震災で、大正時代の煉瓦造の建物の屋根や壁に被害を受けたため。最悪の場合は閉館する。1877年に芝居小屋の「福の家」として開館し、1887年には「福井座」、1900年には「布袋座」、1903年には「朝日座」と改称しながら演劇を上演していた。1911年に「ミカド館」に改称して映画の上映を始め、その後は「天活倶楽部」、「キネマ倶楽部」に改称、1941年に「菊水映画劇場」となった。1945年11月の『けんかとび』は1週間で36,000人、1947年8月の『ターザンの逆襲』は1週間で58,000人以上が入ったという。*10
大映京都座/京都座/京都ロキシー
所在地 : 京都府京都市中京区新京極(1936年・1950年)、京都府京都市中京区新京極三条下ル桜之町400(1953年・1955年)、京都府京都市中京区新京極三条下ル(1960年・1963年)、京都府京都市中京区新京極三条下ル桜之町400(1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1999年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都ロキシー
1900年に弁天座が開館。1933年12月に京都座に改称。1936年・1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「京都座」。1959年の住宅地図では「京都座」。1960年の映画館名簿では「大映京都座」。1963年の映画館名簿では「京都座」。1963年京都座閉館してやがてボウリング場に転換。1963年の住宅地図では跡地に空白。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。年不明だが映画館の京都ロキシーが開館。1977年の住宅地図では「サンバードヤングプラザ 3階 京都ロキシー(名画劇場)」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「京都ロキシー」。1999年閉館。跡地は2001年11月23日開館の「MOVIX京都北館」。

1933年11月7日と戦後の「京都座」の写真あり。1911年5月、東京から尾上梅幸一座を迎えてこけら落とし公演が行われた。1913年に松竹が買収し、市川猿之助一座が初興行だった。1933年12月に改築し、1936年10月に映画館となった。1940年12月31日、松竹映画の京都における封切館となり、田中絹代の全盛期の作品はほとんど京都座で上映された。1963年3月9日に閉館し、跡地は長崎屋となった。*11
常磐座/明治座/京都松竹座
所在地 : 京都府京都市中京区新京極三条下ル桜之町415(2000年)
開館年 : 1924年12月31日
閉館年 : 2001年11月30日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都松竹座
1950年の映画館名簿では「京都松竹座」。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹座」。1958年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「京都松竹座」。1959年・1963年・1968年の住宅地図では「松竹座」。1977年の住宅地図では「京都松竹座」。2001年11月30日閉館。跡地は2005年4月開館の「MOVIX京都南館」。後継館は2001年11月23日開館の「MOVIX京都北館」。

1924年に京都市の「明治座」が全焼した後、1925年には洋画館として「松竹座」が新築された。戦後には『君の名は』などの邦画、『エデンの東』をはじめとする様々な洋画が上映された。*12

2001年11月4日の『産経新聞』大阪版には「京都松竹座」が11月末をもって閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*13

2001年11月末、京都市中京区の新京極にある映画館「京都松竹座」が閉館する。京都松竹座は現存する全国最古の松竹系映画館であるが、複合映画館の「MOVIX京都」が開館することで閉館が決定した。座席数は885席。11月23日から「さよならフェスティバル」と称して『ベン・ハー』、『カサブランカ』、『風と共に去りぬ』、『砂の器』を上映する。京都松竹座は1925年1月1日に開館した。1931年には字幕スーパー第1作『モロッコ』を上映した。1940年にはベルリン五輪を記録した『民族の祭典』がヒットした。1951年には日本初のカラー作品『カルメン故郷に帰る』を上映した。1982年の『E.T.』は98日間で26万7800人もの観客を集めた。近年には壁面の劣化で音響効果が低下するなどしていた。*14
新京極阪井座/新京極歌舞伎座/松竹京映/SY松竹京映
所在地 : 京都府京都市中京区新京極四条上ル仲之町557(2000年)
開館年 : 1895年以前、1936年(新築)、1970年(ビル化)
閉館年 : 2001年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 新京極付近
1895年以前に芝居小屋として開館。1900年に建物を新築して新京極歌舞伎座が開館。1934年に新京極歌舞伎座が映画館に転換。1936年に建物を新築して松竹京映が開館。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「SY京映」。1959年の住宅地図では「SY京映」。1963年の住宅地図では「京映松竹」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「松竹京映」。1968年の住宅地図では「松竹京映」。1970年に建物を新築。1977年の住宅地図では「松竹京映ビル 3階松竹京映」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「SY松竹京映」。2000年の映画館名簿では「SY松竹京映」。跡地には2018年竣工の商業ビル「京都松竹阪井座ビル」(東急ステイ京都新京極通)。「松竹発祥の地」とされる。
夷谷座/京都ピカデリー劇場
所在地 : 京都府京都市中京区新京極六角上ル(1960年)、京都府京都市中京区新京極六角通(1966年・1969年)、京都府京都市中京区新京極六角桜之町423(1973年)、京都府京都市中京区六角通寺町東入ル桜町420(1980年)、京都府京都市中京区新京極六角通寺町東入ル桜の町420(1985年・1990年・1995年)、京都府京都市中京区新京極六角通寺町東入ル桜之町420(2000年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 2001年11月22日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 新京極付近
1959年の住宅地図では「ピカデリー劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「京都ピカデリー劇場」。1968年の住宅地図では「サカエ 4・5・6階ピカデリー劇場」。1977年の住宅地図では「スーパーストアサカエ 4階ピカデリー劇場」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。当初の跡地は「ダイエーグルメシティ」。現在の跡地は「ホテルグレイスリー京都三条南館」。
京都朝日シネマ1・2
所在地 : 京都府京都市中京区河原町三条上ル 京都朝日会館(1990年・1995年・2000年)、京都府京都市中京区河原町三条上ル恵比須町427 京都朝日会館4階(閉館時)
開館年 : 1988年7月10日
閉館年 : 2003年1月29日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都朝日シネマ
Wikipedia : 京都朝日シネマ
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「京都朝日シネマ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年10月24日の『京都新聞』には「朝日シネマ」が2003年1月をもって閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*15

2003年1月29日をもって、京都市の河原町通にある映画館「京都朝日シネマ」が閉館する。25日から29日まではフィナーレ上映会が行われ、『映画の天使』、『アメリ』、『ワンダフルライフ』などが上映される。期間中には是枝裕和監督も来館する予定。京都朝日シネマは1988年に開館し、京都のアート系映画館の草分け的存在となった。年間10万人を動員しており熱心なファンも多いが、テナント契約先との条件が折り合わなかったことから閉館が決定した。*16

2003年1月29日をもって、京都市の河原町三条にあるアート系映画館「京都朝日シネマ」が閉館し、狂言師の茂山千之丞による五本締めが行われた。15年間で700本以上の作品を上映した。最終上映作品は京都市でロケが行われた『お引越し』(1993年)と、イラン映画の新作『酔っぱらった馬の時間』。最終日は立ち見が出るほどの盛況であり、急遽追加上映が行われた。*17

2003年1月29日をもって、京都市の映画館「京都朝日シネマ」が14年半の歴史に幕を下ろして閉館した。1988年7月に京都府初のミニシアターとして開館。2スクリーンを有し、年間約10万人の観客を集めていた。1990年からは神谷雅子が支配人を務めていた。関西の映画館としては初めて入れ替え制を採用し、途中入場する観客をなくした。また、ロビーのBGMを廃止するなどして落ち着いた雰囲気の形成に努めていた。経営母体のヘラルド・エンタープライズは、複合映画館に重点を置く方針にしたがって閉館を決定。運営を受託しているシネマ・ワークは独自に存続を模索したが、入居するビル会社の条件に合わず叶わなかった。最多観客数を記録した作品は2001年の『アメリ』(2万9307人)であり、次いで1999年の『ライフ・イズ・ビューティフル』(2万8344人)だった。*18
京極美松大劇場・美松名画劇場/美松大劇場・美松名画劇場/美松劇場・美松映劇
所在地 : 京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町583番地2(2000年)
開館年 : 1955年12月
閉館年 : 2004年1月16日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 美松劇場
1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「美松大劇場・美松名画劇場」(2館)。1959年の住宅地図では「美松大劇場・美松名画劇場」。1963年の住宅地図では「美松映画劇場 大劇・名劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「京極美松大劇場・美松名画劇場」(2館)。1968年の住宅地図では「美松大劇場」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「美松大劇場・美松名画劇場」(2館)。1977年の住宅地図では「美松会館 2階・3階美松大劇場・美松名画劇場」。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「美松劇場・美松映劇」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物名は「美松会館」。2009年9月から2018年12月31日まで跡地はレストラン「NINJA KYOTO」。現在の跡地は2019年3月13日開場のライブハウス「RAN Theatre Kyoto」。

昭和40年代の京都市中京区にあった映画館「美松劇場」の写真あり。奥に美松劇場があり、手前の看板は「八千代会館」、手前のそば屋の前には「京極東宝」があった。新京極や裏寺周辺には映画館が軒を連ねていた。*19

1996年11月1日をもって、648席の美松劇場と288席の美松映劇が閉館し、2年後に新映画館として生まれ変わることとなった。ワンフロアに3スクリーンを備える複合映画館の形態をとる予定。1955年12月に美松大劇場と美松名画劇場として開館。独自のプログラムから「京都に美松あり」と呼ばれた。1976年に近隣の映画館が閉館したのを機にロードショー館となった。*20

2004年1月16日をもって、京都市中京区の新京極にあるロードショー館「美松劇場」が閉館する。閉館翌日の1月17日には、『タイタニック』、『リバー・ランズ・スルー・イット』、『2001年宇宙の旅』、『Wの悲劇』、『竜馬暗殺』、『ラストショー』の6作品でフィナーレ上映を行う。1955年に美松大劇場と美松名画劇場の2スクリーンで開館。*21

2004年1月16日をもって、京都市中京区の新京極にある映画館「美松劇場」が閉館する。閉館翌日の17日には、これまでに公開した『タイタニック』、『竜馬暗殺』、『2001年宇宙の旅』、『リバー・ランズ・スルー・イット』、『Wの悲劇』、『ラストショー』の6本の特別上映会が開催される。*22
大宮東映劇場/京都大宮東映劇場/大宮東映
所在地 : 京都府京都市中京区四条大宮西入ル(1960年・1963年)、京都府京都市中京区四条通西入錦大宮町116(1969年)、京都府京都市中京区四条通大宮西入ル錦大宮町116-22(2000年)
開館年 : 1961年10月
閉館年 : 2005年6月24日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 四条大宮付近
1960年・1963年の映画館名簿では「大宮東映劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都大宮東映劇場」。2000年の映画館名簿では「大宮東映」。跡地は2009年竣工の「餃子の王将四条大宮店」。

2005年6月24日をもって、京都市中京区の映画館「大宮東映劇場」が閉館する。44年の歴史に幕を下ろす。1961年10月に東映の直営館として開館し、かつては連日立ち見が出るほど盛況だったが、2004年の観客数は約6万人にまで減っていた。今年4月には松竹が「MOVIX京都」の新館を開館させ、今月23日には東宝が「TOHOシネマズ二条」を開館させる。いずれも10スクリーン以上を備え、近畿最大級のシネコンとされる。東映は京都市内に映画館を新設する計画はなく、大宮東映劇場の跡地の活用方法も決定していない。今後の京都市において、東映作品はMOVIX京都やTOHOシネマズ二条などで上映される予定である。*23
京都宝塚劇場・京都スカラ座
所在地 : 京都府京都市中京区河原町通三条下ル大国町58
開館年 : 1935年
閉館年 : 2006年1月29日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都宝塚会館
Wikipedia : 京都宝塚会館
1935年に京都宝塚劇場として開館。1956年に京都スカラ座を増築して2スクリーン化、建物名は京都宝塚会館に。1959年の住宅地図では「京都宝塚劇場」。1963年の住宅地図では「京宝劇場」。1968年の住宅地図では「京都宝塚劇場」。1977年の住宅地図では「京都宝塚ビル 地下1階京都スカラ座 3階京都宝塚劇場」。跡地は「ロフト京都」などが入る「ミーナ京都」。

2006年1月29日、京都市中心市街地で東宝が直営する2施設3館の映画館が閉館する。京都宝塚会館にある「京都宝塚劇場・京都スカラ座」と、新京極四条上ルにある「京極東宝」。1935年開館の京都宝塚会館は、東宝直営館としては現存最古の映画館だった。

1938年頃の京都市中京区にあった「京都宝塚劇場」の写真あり。拡幅された河原町通りに面していた。*24

1955年頃の「宝塚劇場」の写真あり。『シンデレラ姫』の看板が見える。*25

1958年の京都市中京区にあった「京宝会館」の写真あり。河原町六角から北を見ており、「●宝塚」(※●部分は切れている)の文字、河原町通りを走る京都市電が見える。1957年には左手の京宝会館の北側に「スカラ座」が開館し、新京極周辺の映画館街がさらに充実した。*26

2006年1月末には、京都宝塚劇場と京都スカラ座が入る京宝ビル、京極東宝劇場が入る京極東宝ビルの2棟のビルが閉鎖される。京都宝塚劇場は1925年開館の老舗映画館。6階建ての京宝ビルは9階建てビルに建て替え、ユニクロの大型店を核とする複合商業施設となる。京極東宝ビルは10階建てビルに建て替え、ビジネスホテルチェーンのスーパーホテルが入る。いずれも2008年春に開業する予定である。*27

2006年1月29日、京都市の老舗映画館3館が一斉に閉館する。河原町三条近くの「京都宝塚劇場」、「京都スカラ座」、「京極東宝」の東宝系3館。京都宝塚劇場は1935年の開館。3館で延べ5200万人が訪れ、関西の映画界を支えてきた。20年前には『ドラえもん』を上映したさいには、東京の日劇を抜いて集客数・興行収入ともに日本一となった。建物の老朽化に加えて、2005年にはTOHOが
JR二条駅前に「TOHOシネマズ二条」を開館させたことなどから閉館が決定した。1月28日からは閉館イベントが行われており、『慕情』『日本沈没』『七人の侍』『ローマの休日』といった名作を上映している。京都宝塚劇場と京都スカラ座の跡地には9階建てのビルが建設される予定であり、ユニクロやフィットネスクラブなどが入居するという。京極東宝の跡地には10階建てのビルが建設され、ビジネスホテルなどが入居するという。*28
京極東宝劇場/京極東宝1・2・3
所在地 : 京都府京都市中京区新京極四条上ル仲之町534-1(2000年)
開館年 : 1954年12月19日
閉館年 : 2006年1月29日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京極東宝
Wikipedia : 京極東宝
1950年・1953年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「京極東宝劇場」。1959年・1963年・1968年の住宅地図では「京極東宝」。1977年の住宅地図では「京極東宝ビル 地下1階京極東宝劇場」。2000年・2005年の映画館名簿では「京極東宝1・2・3」(3館)。2006年1月29日閉館。跡地は2008年開業のビジネスホテル「スーパーホテル京都・四条河原町」。

2006年1月末には、京都宝塚劇場と京都スカラ座が入る京宝ビル、京極東宝劇場が入る京極東宝ビルの2棟のビルが閉鎖される。京都宝塚劇場は1925年開館の老舗映画館。6階建ての京宝ビルは9階建てビルに建て替え、ユニクロの大型店を核とする複合商業施設となる。京極東宝ビルは10階建てビルに建て替え、ビジネスホテルチェーンのスーパーホテルが入る。いずれも2008年春に開業する予定である。*29
第一八千代館/八千代館
所在地 : 京都府京都市中京区新京極四条上ル仲之町580(2000年)
開館年 : 1910年
閉館年 : 2007年12月29日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都八千代館
Wikipedia : 京都八千代館
1910年に芝居小屋の八千代館として開館。1911年には映画館に転換して京都初の映画館となる。1970年代以後は成人映画館。2000年の映画館名簿では「八千代館」。跡地は2008年開業の「WEGO京都店」。

2007年12月29日未明をもって、京都市中京区の新京極にある成人映画館「八千代館」が閉館する。京都市内で営業中の映画館ではもっとも古いとされる。明治末期から営業しており、戦後は成人映画専門館として知られた。1912年時点の新京極一帯で営業していた9映画館のうちのひとつであり、当時の名称のまま現在も営業しているのは八千代館のみである。開館当初は芝居小屋だったため、映画館には珍しい2階席があり、天井や舞台袖には特徴的な装飾がある。1960年代頃からは成人映画のオールナイト上映で人気を集め、全国屈指の興行成績を誇った。2004年には井筒和幸監督の『パッチギ!』で主人公が立ち寄る場所のロケ地となった。近年には深夜営業のネットカフェなどが増えたこともあり、この10年間で観客数が半減していた。八千代館一帯は「第二京極」という通称があり、京極東宝(2006年閉館)や美松劇場(2004年閉館)などの映画館もあったが、八千代館の閉館で映画館が消滅することとなる。*30

2007年12月29日早朝、京都市中京区の成人映画館「八千代館」が閉館した。明治末期から営業を続けており、京都市で営業中の映画館としては最古とされる。京都文化博物館によると、1912年時点の新京極地区で営業していた9館の映画館のひとつ。1960年代頃からは成人映画をオールナイトで上映しており、最終日は12月29日早朝まで営業した。成人映画館としては全国屈指の興行成績であり、新作成人映画の封切館にもなっていた。井筒和幸監督の映画『パッチギ!』(2005年)では主人公らが立ち寄る場所となっている。*31

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
大映公楽/京都大映公楽/東宝公楽
所在地 : 京都府京都市中京区河原町通三条東入ル中島町74(2000年)
開館年 : 1962年
閉館年 : 2009年3月31日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 東宝公楽
Wikipedia : 東宝公楽 (京都市)
1963年の映画館名簿では「大映公楽」。1963年・1968年の住宅地図では「大映公楽」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都大映公楽」。1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「東宝公楽」。1977年の住宅地図では「公楽会館 2階東宝公楽劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ロイヤルパークホテル ザ 京都」などが入る「京都東宝公楽ビル」。

1964年の京都市中京区にあった映画看板あり。作品は市川雷蔵主演の『忍びの者 霧隠才蔵』と勝新太郎主演の『座頭市あばれ凧』であり、下には「大映公楽・ステーションキネマ」の文字が見える。*32

2009年2月25日の『産経新聞』には「東宝公楽」の閉館を伝える記事が掲載されている。現物は未確認。*33

2009年2月25日の『京都新聞』には「東宝公楽」が3月末で閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*34

2009年3月31日をもって、京都市中京区の新京極にある映画館「東宝公楽」が閉館する。最終日の3月31日には『トップガン』と『オペラ座の怪人』を上映するファイナル上映会が開催される。2006年1月には京都スカラ座と京都宝塚劇場が相次いで閉館し、1スクリーンの大型封切館は東宝公楽が京都市唯一となっていた。1983年には年間約29万人の観客数があったが、2008年には観客数が1/3にまで減少していた。*35
パテー館/マキノシネマ/東活倶楽部/朝日倶楽部/国際映画劇場/京極日活/京極弥生座/京極弥生座1・2/新京極シネラリーベ機Ν
所在地 : 京都府京都市中京区新京極六角下ル中筋町490 京極72ビル内
開館年 : 1911年
閉館年 : 2013年2月15日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 新京極シネラリーベ
Wikipedia : 新京極シネラリーベ
1954年に京極日活から京極弥生座に改称。1959年・1963年の住宅地図では「弥生座」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「京極弥生座」。1968年の住宅地図では「弥生座」。1972年に京極72ビルが竣工して2スクリーン化。1973年・1980年の映画館名簿では「京極弥生座・テアトル72」(2館)。1977年の住宅地図では「京極72ビル 地下1階テアトル72 3階京極弥生座」。1985年の映画館名簿では「京極弥生座・京極弥生座2」(2館)。1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「京極弥生座1・2」(2館)。2006年に新京極シネラリーベに改称。2010年の映画館名簿では「新京極シネラリーベ機Ν供廖2011年に1スクリーン化。2013年に閉館。「京極72ビル」(京極セブンツービル)は現存しており、「スギドラッグ新京極店」などが入っている。

2013年2月15日をもって、京都市中京区の新京極にある映画館「新京極シネラリーベ」が閉館した。最終上映作品は東映京都撮影所などで撮影された『のぼうの城』であり、約40人が観賞した。閉館セレモニーなどは行っていない。明治末期に開館した映画館のパテー館にルーツを持ち、1994年以降は京極弥生座として知られた。2006年に現行の新京極シネラリーベとなり、新京極映画祭の主会場でもあった。デジタル上映設備への投資が難しいことから閉館を決定した。新京極周辺の映画館はMOVIX京都だけとなる。*36
立誠シネマ
所在地 : 京都府京都市中京区備前島町310−2
開館年 : 2013年
閉館年 : 2017年7月30日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 立誠シネマ
正式事業名は「立誠シネマプロジェクト×シネマカレッジ京都」。映画館名簿には掲載されていない。
MOVIX京都
所在地 : 京都府京都市中京区桜之町400
開館年 : 2001年11月23日(北館)、2005年4月(南館)
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): MOVIX京都
12スクリーンのシネコン。

2001年5月31日の『京都新聞』には松竹によるシネコン(※見出しでは館名は不明)が12月に開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*37

2001年11月22日には映画館「MOVIX京都」の完成式典が行われた。11月12日から一般上映が開始される。MOVIX京都は松竹が直営する7スクリーンの複合映画館。俳優の渡辺謙や女優の森口瑤子などがテープカットを行った。*38

京都市中京区の新京極に、7スクリーンを備えた複合映画館「MOVIX京都」が開館した。京都府は滋賀県などと比べてシネコン後発地である。ロビーから劇場へはトンネルに似た通路を設置し、観客の気分を高めている。場内は吸音壁のため静か。座席は快適で機能的なうえ、人の頭が視界に入らない。MOVIX京都の開館にともなって、「京都松竹座」、「SY松竹京映」、「京都ピカデリー」の3館が閉館する。京都市の一般映画館の施設数は15施設から13施設に減るが、スクリーン数は21スクリーンから25スクリーンに増える。しかし、大阪市は50施設約80スクリーン、神戸市は15施設約40スクリーンがあり、京都市は両市と比べて映画館が少ない。シネコンの時代ではあるが、「美松劇場」、「京極弥生座」、「東宝公楽」などは健在である。*39

2005年5月、京都市中京区の新京極にあるシネコン「MOVIX京都」の新館が営業を開始した。新館は地上7階・地下1階建て。2階以上に計5スクリーンを有し、座席数は計1007席。新館の開館に合わせて新発券システム「おさきにNet」を導入し、パソコンや携帯電話で指定席を購入できるようにした。1階と地下1階には紀伊国屋書店が入っている。北隣には2001年に開館した地上7階建ての本館があり、ツインビル型シネコンは全国初となる。新館の開館で両館合わせて12スクリーン・2563席となり、関西地方最大の映画館となった。*40
TOHOシネマズ二条
所在地 : 京都府京都市中京区西ノ京栂尾町107 BiVi二条4階
開館年 : 2005年6月24日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): TOHOシネマズ二条
11スクリーンのシネコン。

2005年6月10日、6月23日に京都市中京区に開館する映画館「TOHOシネマズ二条」の内部が公開された。東宝の直営館である。JR嵯峨野線二条駅前の娯楽施設のBiVi二条の4階と5階部分に開館する。11スクリーン、計1954席。幅17.6メートル×高さ7.1メートルの近畿地方最大規模のスクリーンも有する。デジタル上映設備や、座席配置にゆとりを持たせたプレミアスクリーンなども有する。1スクリーンでは映画館としては世界で初めて4wayスピーカーを導入している。内装は竹と白砂の日本庭園をモチーフとしている。初年度は70万人の動員と11億円の興行収入を目指している。BiVi二条の全館オープンは6月25日。*41

2005年6月23日、京都市中京区のJR二条駅西側に完成した「BiVi二条」に「TOHOシネマズ二条」が開館する予定である。69席から392席の11スクリーンを有し、総座席数は1954席。座席幅は60僂箸罎辰燭蠅靴神澤廚任△襦69席のプレミアスクリーンは座席幅65僂離螢ライニングシートとしており、専用のテーブルも設けられている。隔週木曜日2回目の上映は「ママズクラブシアター」とし、照明を普通より明るくしたり、音量を小さくしたりして、赤ちゃん連れでも映画を楽しめるようにしている。6月27日から7月8日まで、生誕100年を記念した成瀬巳喜男監督特集を行い、『浮雲』や『放浪記』など10作品をプレミアスクリーンで上映する。*42

2005年6月25日、京都市中京区のJR二条駅西口にある商業娯楽施設「BiVi二条」が全面開業する。東宝直営のシネコン「TOHOシネマズ二条」が核施設。二条駅西口の京都市有地に総事業費29億円をかけて5階建てのビルが建設された。4階と5階にはTOHOシネマズ二条があり、68席から390席までの11スクリーン計1900席を有する。TOHOシネマズ二条は23日に先行オープンしている。*43
アップリンク京都1・2・3・4
所在地 : 京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館地下1階
開館年 : 2020年6月11日
閉館年 : 営業中
4スクリーンのミニシアター。

2020年(令和2年)6月11日、京都市中京区の複合施設「新風館」に映画館「アップリンク京都」が開館した。アップリンクは東京の渋谷と吉祥寺で映画館を運営しており、京都が3施設目となる。当初は2020年4月に開館する予定だったが、新型コロナウイルス流行の影響で延期となっていた。アップリンク京都は4スクリーン計214席を有しており、初日の6月11日にはアップリンク配給傑作選を上映した。6月12日以降には『ムーンライト』など110本を「見逃した映画特集」として上映する。*44

2020年(令和2年)6月11日、京都市中京区の商業施設「新風館」に映画館「アップリンク」が開館した。アート系作品、インディーズ作品、ドキュメンタリー作品など、ミニシアター系の作品を上映する。4スクリーン計214席を有する。支配人の崔ハヌル(28)は「サードプレース(家と職場の間の第3の居場所)として映画や文化、アートを楽しめる場に」と語る。*45

上京区

国華座/第二八千代館/西陣八千代館
所在地 : 京都府京都市上京区千本通今出川下ル西側 南辻町
開館年 : 1908年12月
閉館年 : 1930年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣八千代館
Wikipedia : 西陣八千代館
1908年12月に国華座として開館。1909年5月に移転。1911年に第二八千代館に改称。1926年に西陣八千代館に改称。1930年に閉館。
千歳館
所在地 : 京都府京都市上京区
開館年 : 不明
閉館年 : 不明
昭和初期の京都市上京区にあった映画館「千歳館」の開館時の記念写真あり。花輪やのぼりが見える。千本鞍馬口にあった。*46
堀川中央館
所在地 : 京都府京都市上京区東堀川通下長者町東北角 二町目
開館年 : 1908年12月9日
閉館年 : 1945年4月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 堀川中央館
Wikipedia : 堀川中央館
1908年に寄席の春日座として開館。1926年頃に映画館化して堀川中央館に改称。戦局が悪化した1945年4月に強制的な建物疎開により閉館。堀川通の道路拡幅用地となった。
千中劇場/千中ミュージック
所在地 : 京都府京都市上京区土屋町通一条下ル東西俵屋町647(1953年・1955年)、京都府京都市上京区土屋町一条上ル(1958年・1960年)、京都府京都市上京区東西俵屋町634番地
開館年 : 1950年頃
閉館年 : 1959年(映画館)、1987年6月11日(ストリップ劇場)
1910年8月に芝居小屋の朝日座が開館。1923年に寄席に転換して京山亭に改称。1950年頃に映画館に転換して千中劇場に改称。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「千中劇場」。1959年の住宅地図では「千中劇場」。1959年にストリップ劇場に転換して千中ミュージックに改称。1960年の映画館名簿では「千中ミュージック」。1964年・1966年・1973年の住宅地図では「千中ミュージック」。1987年6月11日に焼失して閉館。
北野劇場/北野東宝/北野東映
所在地 : 京都府京都市上京区千本中立売下ル(1955年)、京都府京都市上京区千本通中立売角(1958年)、京都府京都市上京区千本通出水下ル(1960年)
開館年 : 1953年
閉館年 : 1960年5月31日
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「北野劇場」。1959年の住宅地図では「北野東宝劇場」。1960年の映画館名簿では「北野東宝」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1973年の住宅地図では跡地に「西陣センターパチンコ」。跡地は「西陣ロイヤルハイツ」。
長久座/京都長久座
所在地 : 京都府京都市上京区北伊勢殿構町682番地
開館年 : 1911年
閉館年 : 1960年
1936年・1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「長久座」。1958年・1960年の映画館名簿では「京都長久座」。1959年の住宅地図では「長久座」。1966年の住宅地図では跡地に「マーケットさんけ●」(※●は読み取れず)。跡地は「ローソン千本一条店」。
千本座/千本日活館
所在地 : 京都府京都市上京区千本通西陣京極(1936年)、京都府京都市上京区千本通一条上ル(1960年・1963年)、京都府京都市上京区千本通一条上ル東側泰童片原町665番地
開館年 : 1901年9月
閉館年 : 1963年6月
1936年の映画館名簿では「千本座」。1950年頃に千本日活館に改称。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「千本日活館」。1959年の住宅地図では「千本日活」。1964年の住宅地図では跡地に「コマストアー」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「コマストア」。1973年の住宅地図では跡地に「西友ストアー」。跡地は「ハイツ千本一条」。

1959年の京都市上京区にあった「千本日活」の写真あり。「Senbon Nikkatsu」の文字が見える。『口笛が流れる港町』の看板が見える。新京極同様に千本中立売周辺には映画館が立ち並んでいた。*47
千船映画劇場
所在地 : 京都府京都市上京区千本通鞍馬口下ル(1963年・1965年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1965年頃
1959年の住宅地図では「千船劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「千船映画劇場」。1964年の住宅地図では「千船映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地にパチンコ店。跡地はマンション「コモダカーサエンマ」。
西陣帝国館/大宮東宝映画劇場/大宮東宝劇場
所在地 : 京都府京都市上京区大宮通芦山寺上ル西角 仲之町483番地1号
開館年 : 1920年
閉館年 : 1965年8月31日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 大宮東宝映画劇場
Wikipedia : 大宮東宝映画劇場
1920年に西陣帝国館として開館。1949年に大宮東宝映画劇場に改称。1950年の映画館名簿では「大宮東宝劇場」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「大宮東宝映画劇場」。1959年の住宅地図では「大宮東宝劇場」。1960年の映画館名簿では「大宮東宝劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の住宅地図では跡地に「マーケット大発」。跡地は「ファミリーマート薬ヒグチ西陣北店」とドラッグストア「薬ヒグチ西陣北店」。
大栄座/西陣劇場
所在地 : 京都府京都市上京区千本通出水下ル一筋目東入ル南側 田中町477番地
開館年 : 1916年
閉館年 : 1968年2月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣劇場
Wikipedia : 西陣劇場
1916年に大栄座として開館。1920年に移転。1923年に西陣劇場に改称。1962年に映画館としては閉館して同名のパチンコ店に転換。1968年にパチンコ店閉館。
文化会館/京都文化会館
所在地 : 京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル松陰町138(1953年・1955年)、京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル(1958年・1960年・1963年)、京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル松陰町138(1966年)、京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル松陰町128(1969年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「文化会館」。1966年の住宅地図では「文化会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「京都文化会館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「京都市歴史資料館」建物西側。
京極座/東洋映画劇場/西陣東映劇場
所在地 : 京都府京都市上京区千本通中立売上ル
開館年 : 1910年
閉館年 : 1971年8月20日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣東映劇場
Wikipedia : 西陣東映劇場
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「東洋映画劇場」。1958年の映画館名簿では「西陣東映」。1959年・1964年・1966年の住宅地図では「西陣東映」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「西陣東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の住宅地図では跡地に飲食店街があり中央に路地がある。跡地は千本中立売交差点の北東130mにある「創菜旬味よし彦」やその北側の建物。当時は建物の間の路地が存在しなかった。
西陣松竹/西陣昭和館/昭和館
所在地 : 京都府京都市上京区千本通下長者町上ル(1960年・1963年)、京都府京都市上京区千本通下長者町上ル華堂町116(1966年)、京都府京都市上京区千本通下長者上ル華堂町116(1969年)、京都府京都市上京区千本通下長者町上ル華堂前ノ町(1973年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1972年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣昭和館
Wikipedia : 西陣昭和館
1959年・1964年の住宅地図では「西陣松竹」。1960年・1963年の映画館名簿では「西陣松竹」。1966年の住宅地図では「昭和館映画劇場」。1969年の映画館名簿では「西陣昭和館」。1973年の映画館名簿では「昭和館」。1973年の住宅地図では跡地に空白の建物。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スギ薬局千本店」と「キャン・ドゥ千本店」。千本通り沿い。
西陣キネマ
所在地 : 京都府京都市上京区千本通中立売上ル東西俵屋町
開館年 : 1920年
閉館年 : 1984年6月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣キネマ
Wikipedia : 西陣キネマ
1936年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「西陣キネマ」。1959年・1964年・1973年の住宅地図では「西陣キネマ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「デイリーカナートイズミヤ千本中立売店」東側の民家数軒。
新興映画劇場/西陣大映国際劇場/西陣大映/シネ フレンズ西陣
所在地 : 京都府京都市上京区千本中立売上ル東入ル東西俵屋町647(2000年)
開館年 : 1911年、1942年(西陣大映として)、1992年(シネ・フレンズ西陣として)
閉館年 : 2005年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 西陣大映
Wikipedia : 西陣大映
1959年の住宅地図では「西陣大映国際劇場」。1960年の映画館名簿では「西陣大映国際劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「西陣大映」。1964年・1966年・1973年の住宅地図では「西陣大映」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「シネ・フレンズ西陣」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「デイリーカナートイズミヤ千本中立売店」東50mの民家。

「シネ・フレンズ西陣」に言及している書籍として、高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年がある。*48
上七軒シネマギルド
所在地 : 京都府京都市上京区上長者町千本西入ル五番町172番地
開館年 : 2001年2月24日
閉館年 : 閉館年不明
京都市上京区の西陣に移り住んだ映画監督の原将人は、自宅の町家をミニ映画館「上七軒シネマギルド」に改装して、2001年(平成13年)2月24日・25日から自作映画の上映を始める。初上映作品は1973年(昭和48年)に23歳だった原が製作した『初国知所之天皇』(はつくにしらすめらみこと)。原が京都を起点に日本全国を旅するロードムービーであり、16ミリ映写機2台と8ミリ映写機を用いて上映する。原は1997年(平成9年)に広末涼子主演の『20世紀ノスタルジア』で日本映画監督協会新人賞を受賞。2000年(平成12年)春には七本松通今出川上ルの町屋に移り住んだ。*49
五番街東宝/西陣千本日活/千本日活
所在地 : 京都府京都市上京区千本通上長者町千本西入ル(1963年)、京都府京都市上京区千本中立売下ル五番町172(2010年・2015年)、京都府京都市上京区上長者町千本西入ル五番町172番地(現在)
開館年 : 1961年7月15日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 千本日活
Wikipedia : 千本日活
1959年の住宅地図では後の映画館の場所に「西陣新地組合事務所」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「五番街東宝」。1964年・1966年・1973年の住宅地図では「千本日活」。1966年・1969年の映画館名簿では「西陣千本日活」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「千本日活」。成人映画館。

2018年10月17日の『京都新聞』には「千本日活」が台風被害により休館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*50

2019年4月3日の『京都新聞』夕刊には「千本日活」が4月10日から営業再開するという記事が掲載されている。現物は未確認。*51

「千本日活」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*52

「千本日活」に言及している書籍として、高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年がある。*53

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
出町座1・2
所在地 : 京都府京都市上京区三芳町133
開館年 : 2017年12月28日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 出町座
Wikipedia : 出町座
2スクリーンのミニシアター。

出町座に言及している雑誌記事として、「京都アート系映画館事情2018 一時閉館となった京都みなみ会館と新たにオープンした出町座の関係者に聞く」『キネマ旬報』2018年8月15日号がある。*54

出町座に言及している雑誌記事として、「もっと! ひみつの京都 隠れ家カフェ 京都カルチャーが活きる、新スタイルカフェが急増中! Book Cafe」『Hanako』2018年4月26日がある。ホホホ座にも言及している。現物は未確認。*55

出町座に言及している雑誌記事として、「やっぱり行きたいね、京都 colum3 出町座オープンと聞いて、行ってみた」『CREA』2017年11月がある。現物は未確認。*56

出町座に言及している雑誌記事として、「とーくゲスト シマフィルム(株) 出町座 田中誠一さん」『ねっとわーく京都』かもがわ出版、2018年3月がある。現物は未確認。*57

下京区

PCL映画劇場
所在地 : 京都府京都市下京区四条通大宮東入ル(1955年・1958年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「PCL映画劇場」。1956年の住宅地図では「松竹東映館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ヴィアーレ四条大宮」。
日ノ出映画劇場/ヒノデ東宝
所在地 : 京都府京都市下京区四条通猪熊東入ル(1955年)、京都府京都市下京区四条通大宮東入ル(1958年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「日ノ出映画劇場」。1956年の住宅地図では「ヒノデ会館」。1958年の映画館名簿では「ヒノデ東宝」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「京都銀行大宮支店」建物西側。
島原映画劇場
所在地 : 京都府京都市下京区八条小坂町(1955年)、京都府京都市下京区八条小坂町22(1958年)、京都府京都市下京区八条小坂町(1960年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「島原映画劇場」。1956年・1960年の住宅地図では「島原映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「初栄大神」南西のブロックの東側の民家数軒。
都館/京都都館
所在地 : 京都府京都市下京区新町七条寿之町723(1955年)、京都府京都市下京区七条新町夷之町(1960年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿では「都館」。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「京都都館」。1956年の住宅地図では「都映画館」。1960年の住宅地図では「松竹都館」。跡地は「ファミリーマート七条新町店」。
丸物劇場・丸物新劇場
所在地 : 京都府京都市下京区七条烏丸下ル(1960年・1963年)
開館年 : 1946年10月
閉館年 : 1963年5月
1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「丸物劇場・丸物新劇場」(2館)。1956年・1960年の住宅地図では「丸物百貨店」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。「近鉄百貨店京都店」の前身である「丸物百貨店」7階。現在の跡地は家電量販店「ヨドバシカメラマルチメディア京都」建物東側。

1946年10月、丸物百貨店7階の一角に丸物劇場が開館した。百貨店が直営する映画館は珍しく、戦後の京都におけるレジャーの中心的存在だった。1947年には丸物小劇場も開館し、いずれも邦画を中心に上映した。娯楽の多様化などで観客数が低迷したことから、1963年5月には売り場の拡張工事を機に2館とも閉館した。2006年10月6日、丸物百貨店の後継館である近鉄百貨店京都店の屋上で無声映画の上映会が開催された。2007年には近鉄百貨店京都店が閉店するため、懐古展の一環として開催された。*58
宝東映/宝東映劇場/宝座
所在地 : 京都府京都市下京区七条大宮下ル上之町422(1955年)、京都府京都市下京区七条大宮下ル(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1964年頃
1950年の映画館名簿で七条通大宮に掲載されているオリオン座との関係は不明。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「宝座」。1956年の住宅地図では「宝座」。1960年の映画館名簿では「宝東映」。1960年の住宅地図では「宝東映」。1963年の映画館名簿では「宝東映劇場」。1964年の映画館名簿では「宝座」。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「スワンズ京都七条リベルタ」。
日本キネマ/中央劇場/京都中央劇場
所在地 : 京都府京都市下京区八条和気町12-5(1966年・1967年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1967年頃
1950年・1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「日本キネマ」。1956年の住宅地図では「日本キネマ映画館」。1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1964年の京都市全商工住宅案内図帳では「中央劇場」。1966年・1967年の映画館名簿では「京都中央劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ハンコ卸売センター京都七条大宮店」。
パレス会館
所在地 : 京都府京都市下京区四条寺町(1958年)、京都府京都市下京区四条寺町下ル(1960年)、京都府京都市下京区寺町四条下ル(1963年)、京都府京都市下京区四条河原町四条下ル西入ル南(1966年・1967年・1968年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1968年頃
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): パレス会館
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「パレス大劇場・パレス南劇場・パレス北劇場・パレス西劇場」(4館)。1960年の映画館名簿では「パレス東映・パレス松竹・パレス名画・シネマパレス」(4館)。1963年の映画館名簿では「パレス大劇場・パレス東宝・パレスシネマ・パレス名画座」(4館)。1966年の映画館名簿では「京極東宝パレス劇場・京極東宝パレス映画劇場・京極パレス名画座」(3館)。1968年の映画館名簿では「東宝パレス劇場・東宝パレス映画劇場・パレス名画座」(3館)。1969年の映画館名簿には掲載されていない。建物名はパレス会館。跡地は「高島屋京都店西棟」。

1960年頃の京都市中京区にあった映画館「パレス劇場」の写真あり。ラグビーボール型の建物、「PALACE」の文字が見える。手前は春長寺、右は浄教寺と京都府労働会館、右奥は京都市立永松小学校である。四条寺町下ル貞安前之町の龍池山大雲院の境内にあった。もとは1953年に建設されたアイススケート場である。1973年には大雲院が東山区祇園町南側に移転し、そのころにはパレス劇場も閉館した。跡地は高島屋と駐車場になっている。*59
島原国際劇場
所在地 : 京都府京都市下京区二人司町3-7(1966年・1969年)
開館年 : 1960年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「島原国際劇場」。1964年の京都市全商工住宅案内図帳では「下京国際劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「魚正」。
田園ニュース劇場/京極田園映画劇場/田園映画劇場
所在地 : 京都府京都市下京区河原町仏光寺角(1960年)、京都府京都市下京区河原町通仏光寺(1963年)、京都府京都市下京区河原町松原上ル2丁目富永町338(1966年)、京都府京都市下京区河原町松原上2丁目富永町(1969年)、京都府京都市下京区河原町通仏光寺富永町430(1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「田園ニュース劇場」。1964年の京都市全商工住宅案内図帳では「田園ビル レストランシアター田園、田園劇場、ダンス喫茶田園」。1966年の映画館名簿では「京極田園映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「田園映画劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
ステーションシネマ/ステーションキネマ
所在地 : 京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町719(1966年)、京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町(1980年)、京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路(1982年・1984年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1984年頃
1950年・1953年の映画館名簿では「ステーション・シネマ」。1956年の住宅地図では「京都ステーションキネマ」。1960年の映画館名簿では「ステーションキネマ」。1960年の住宅地図では「京都ステーションシネマ」。1963年の映画館名簿では「ステーション・キネマ」。1964年の京都市全商工住宅案内図帳では「ステーションシネマ」。1966年の映画館名簿では「ステーションキネマ」。1969年の映画館名簿では「ステーションシネマ」。1973年の映画館名簿では「ステーション・キネマ」。1980年の映画館名簿では「ステーション・シネマ」。1982年・1984年の映画館名簿では「ステーションキネマ」。1984年の映画館名簿では鉄筋造1階、450席、経営会社がステーションキネマ、経営者が岡洋、支配人が永井英男、東映を上映。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
ルネサンスホール
所在地 : 京都府京都市下京区東洞院通塩小路下ル東塩小路町849 ルネッサンスビル(1990年)
開館年 : 1985年以後1990年以前
閉館年 : 1992年12月
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): ルネサンスホール
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「ルネサンスホール」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1992年12月に閉館するまでは映画上映会社「RCS」の上映拠点であり、1993年から「RCS」は上映拠点を京都みなみ会館に移した。跡地は「セレマビル」。
スペース ベンゲット
所在地 : 京都府京都市下京区綾小路大宮町50 ヒロビル3階
開館年 : 1989年12月
閉館年 : 1995年3月31日
1990年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。ビルの1階には北海道料理屋「石狩」があったとされる。

1995年3月末をもって、京都市・四条大宮の映画館「スペース・ベンゲット」が閉館する。1989年に開館してから自主製作映画などを積極的に上映していた。3月12日までは「世界映画史展望・最終編」と題し、リュミエール兄弟からヌーヴェルバーグ作品までを取り上げた特集上映を行っている。*60

1995年3月31日をもって、京都市下京区大宮通綾小路下ルにある60席のミニシアター「スペース・ベンゲット」が閉館する。1989年12月、自主制作グループや自主上映グループ4団体が共同で開館させた。3年程前から観客数が低迷していた。また、上映設備は16ミリまでしかなかった。最終上映は『わが町』。*61

1995年3月末をもって、四条大宮の自主上映映画館「スペース・ベンゲット」が活動を終了する。京都市内の自主製作・自主上映グループ4団体が集まり、1989年に開館していた。自主製作映画、ドキュメンタリー作品、実験映画、名画などを上映していた。小林洋一代表。35ミリ上映機材が設置できず、8ミリや16ミリの上映がほとんどだった。自治体や企業のバックアップがなく赤字が累積していた。*62
京都シネマ1・2・3
所在地 : 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸ビル3階(2005年・2010年・2015年)
開館年 : 2004年12月4日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都シネマ
Wikipedia : 京都シネマ
2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「京都シネマ1・2・3」(3館)。

2004年(平成16年)11月10日、京都市下京区烏丸通四条下ルのアート系映画館「京都シネマ」の内覧会が行われた。12月4日に開館し、年間20万人の動員を目指す。京都丸紅ビル跡地に建設されたCOCON烏丸の3階にあり、104席・89席・61席の3スクリーンを有する。スクリーンはいずれも横3.7メートル×縦1.5メートル。劇場の壁・床・天井を中空構造にして外部の音を遮断し、最新のフルデジタル音響システムを導入した。総工費は約2億円。シネコンで上映されにくい日本映画、アジアや欧州の名作、ドキュメンタリー映画などを上映する。大学生・映像作家・撮影所・放送局と連携し、映画に限らず幅広い映像作品も紹介する。経営は京都市で自主上映活動を行う如月社であり、配給会社などが資本参加している。*63

2004年(平成16年)12月4日には京都市の四条烏丸に映画館「京都シネマ」が開館する。シネマ1では12月4日から12月17日に『みんな誰かの愛しい人』を、12月18日からは『五線譜のラブレター』を上映する。シネマ2では12月4日から12月24日に『お父さんのバックドロップ』を、12月25日からは『スーパーサイズ・ミー』を上映する。シネマ3では12月4日から12月17日に『誰も知らない』を、12月18日からは『堕天使のパスポート』を、12月25日からは『透光の樹』を上映する。*64

2004年(平成16年)12月4日、京都市下京区烏丸通四条下ルのCOCON烏丸にアート系映画館「京都シネマ」が開館した。16時過ぎには『お父さんのバックドロップ』に主演した宇梶剛士と李闘士男監督による舞台挨拶が行われた。12月5日には『誰も知らない』の是枝裕和監督による舞台挨拶がある。*65

東山区

弥栄グランド劇場/グランド会館/弥栄会館
所在地 : 京都府京都市東山区祇園花見小路(1950年)、京都府京都市東山区祇園町南側570-2(1953年)、京都府京都市東山区祇園町南側570-1(1955年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1955年以後1958年以前
1950年の映画館名簿では「弥栄グランド劇場」。1953年の映画館名簿では「グランド会館」。1955年の映画館名簿では「弥栄会館」。1955年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階建て冷暖房あり、定員1202人、経営者は祇園甲部組合・松竹、支配人は田辺徳三郎。当時は京都市といえども冷暖房付きの映画館は半分以下だった。1202人という定員は、1815人の松竹座、1431人の京都劇場、1303人の公楽会館に次いで京都市4位だった。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の住宅地図では「弥栄会館」。建物は弥栄会館として現存。

2001年(平成13年)8月28日、京都市東山区祇園町南側570-2の「弥栄会館」は国の登録有形文化財に登録された。1936年(昭和11年)に建てられた。鉄骨鉄筋コンクリート造、地上5階・地下1階建。城郭の天守を思わせる造形。設計は劇場建築を手がけた木村得三郎。*66
センター松竹劇場
所在地 : 京都府京都市東山区問屋町通五条下ル(1958年)、京都府京都市東山区問屋町五条下ル(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「センター松竹劇場」。1959年の住宅地図では「五条センター センター松竹劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年9月開業の「オリエンタルホテル京都ギャラリー」。
京都祇園会館/祇園会館
所在地 : 京都府京都市東山区祇園町北側323
開館年 : 1958年3月
閉館年 : 2012年3月31日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 祇園会館
Wikipedia : 祇園会館
1960年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「京都祇園会館」。1973年・1980年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年の映画館名簿では「祇園会館」。1スクリーンの映画館。2015年の映画館名簿には掲載されていない。2011年5月3日からは「よしもと祇園花月」の公演が始まり、2012年3月31日からは吉本興業の公演のみが行われている。

1973年6月の『キネマ旬報』「われらの映画館 35回 祇園会館」が掲載された。現物は未確認。*67

2012年(平成24年)3月末をもって、京都市東山区の名画座「祇園会館」が映画の定期上映を終了する。4月以降は吉本興業の演芸場「よしもと祇園花月」としてお笑い公演を拡大する。1958年(昭和33年)に開館し、1960年代から本格的に名画座となった。入れ替えなし、2本立てのスタイルで上映し、京都出身の多くの映画人がここで映画を鑑賞したとされる。2011年(平成23年)7月によしもと祇園花月が正式オープンすると、映画の上映は公演のない平日昼間のみとなっていた。映写機などの設備は残し、毎年10月の京都映画祭の会場としても使用される予定。*68

「祇園会館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*69
京都東山本町劇場/本町館
所在地 : 京都府京都市東山区本町通塩小路下ル8丁目75番
開館年 : 1920年8月31日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 本町館
Wikipedia : 本町館
1953年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「本町館」。1969年の映画館名簿では「京都東山本町劇場」。1973年・1980年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「本町館」。成人映画館。

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。

京都市周縁部

伏見区

中央館/中央映画劇場/伏見キネマ
所在地 : 京都府京都市伏見区北尼ヶ崎町(1960年)
開館年 : 1926年
閉館年 : 1961年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見キネマ
Wikipedia : 伏見キネマ
1953年の映画館名簿では「伏見キネマ」。
伏見大手座/伏見日活館/伏見日活映画劇場/伏見大手劇場
所在地 : 京都府京都市伏見区伯耆町(1960年)
開館年 : 1895年
閉館年 : 1962年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見大手劇場
Wikipedia : 伏見大手劇場
1950年頃に伏見日活館に改称。1953年の映画館名簿では「伏見日活館」。1955年に伏見日活映画劇場に改称。1957年頃に伏見大手劇場に改称。1962年に閉館。

1955年頃の「伏見日活館」の写真あり。*70
伏見都館/伏見都映画劇場/伏見ミュージック
所在地 : 京都府京都市伏見区鑓屋町1112番地4号
開館年 : 昭和初期
閉館年 : 1962年(映画館として)、2005年1月10日(ストリップ劇場として)
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見都映画劇場
Wikipedia : 伏見都映画劇場
昭和初期に伏見都館として開館。1950年に伏見都映画劇場に改称。1953年の映画館名簿では「伏見都映画劇場」。1962年にはストリップ劇場に転換し、伏見ミュージックに改称。2005年1月10日にはストリップ劇場としても閉館した。
伏見松竹館/伏見映画劇場/伏見松竹劇場/伏見劇場
所在地 : 京都府京都市伏見区風呂屋町235(1966年)
開館年 : 明治初期
閉館年 : 1967年頃
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見映画劇場
Wikipedia : 伏見映画劇場
1928年頃に伏見松竹館に改称。1940年頃に伏見映画劇場に改称。1959年に伏見松竹劇場に改称。1961年に伏見劇場に改称。1967年頃に閉館。
伏見大映/伏見東映劇場(2代)/伏見東映/伏見東劇
所在地 : 京都府京都市伏見区東大手町21(1966年・1969年)、京都府京都市伏見区東大手町766(1973年)、京都府京都市伏見区東大手町783(1980年)
開館年 : 1956年12月
閉館年 : 1987年
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見東劇
Wikipedia : 伏見東劇
1956年12月に伏見大映として開館。1967年頃に伏見東映劇場に改称。1966年・1969年の映画館名簿では「伏見東映劇場」。1973年の映画館名簿では「伏見東映」。1977年に伏見東劇に改称。1980年の映画館名簿では「伏見東劇」。1980年の映画館名簿では木造1階部分350席、経営会社は同和商事、経営者は浅原隆三、支配人は金子良和、邦画・洋画を上映。1987年に閉館。
伏見東映劇場(初代)/伏見会館
所在地 : 京都府京都市伏見区新町4(2000年)
開館年 : 1957年12月30日
閉館年 : 2004年3月30日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 伏見会館
Wikipedia : 伏見会館
1957年に伏見東映劇場として開館。1961年頃に伏見会館に改称。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分240席、経営会社は京阪興行、経営者は岡本忠男、支配人は前川美木子、にっかつと成人映画を上映。2004年に閉館。伏見区最後の映画館。

このほど京都市伏見区の伏見大手筋商店街振興組合は地域活性化のために、普段は成人映画館として営業している「伏見会館」を一日貸し切って映画上映会を行った。勅使河原宏監督の『利休』、岩井俊二監督の『Love Letter』の2本を2階ずつ上映した。タウン誌などを通じて300人を無料招待。約8割は伏見区の住民だったが、他区や宇治市からも観客が訪れた。*71

南区

富士映画劇場
所在地 : 京都府京都市南区西九条小寺町7(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1959年の全商工住宅案内図帳では「富士映劇」。1960年の映画館名簿では「富士映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1959年には存在しなかった八条通りが1966年には完成しており、八条通りの建設に伴って閉館したと思われる。跡地は八条通りと猪熊通りの交差点付近の道路用地。最寄駅は近鉄京都線東寺駅またはJR京都駅。
八千代座映画劇場
所在地 : 京都府京都市南区東九条札の辻町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1959年の全商工住宅案内図帳では「映画 八千代座」。1960年の映画館名簿では「八千代座映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅協会出版部京都市新家屋精密地図では跡地に「洛南市場」。跡地は洛南市場と思われる商店の廃墟。最寄駅は京都市営地下鉄烏丸線十条駅。
南洋館/九条南洋館
所在地 : 京都府京都市南区西九条開ケ町3(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1959年の全商工住宅案内図帳では「南洋映画館」。1960年・1963年の映画館名簿では「南洋館」。1966年の住宅協会出版部京都市新家屋精密地図では「南洋館」。1966年・1969年の映画館名簿では「九条南洋館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ローソン東寺駅前店」。最寄駅は近鉄京都線東寺駅。
朝日館/九条朝日館
所在地 : 京都府京都市南区西九条岩本町3(1966年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1959年の全商工住宅案内図帳では「朝日館」。1960年の映画館名簿では「朝日館」。1963年の映画館名簿には掲載されていないが理由は不明。1966年の住宅協会出版部京都市新家屋精密地図では「映画朝日館」。1966年・1969年の映画館名簿では「九条朝日館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。中華料理店「老上海」が入るアパート。最寄駅は京都市営地下鉄烏丸線九条駅またはJR奈良線・京阪本線東福寺駅。
DX東寺
所在地 : 京都府京都市南区西九条猪熊町18
開館年 : 1913年
閉館年 : 営業中
映画館ではなくストリップ劇場。

JR京都駅から徒歩10数分の京都市南区西九条猪熊町には老舗ストリップ劇場「DX東寺」がある。1913年(大正2年)に芝居小屋「南大正座」として建てられた木造2階建て・瓦葺の建築である。芝居小屋時代の1階は4人掛けの枡席であり、2階は座敷席だった。昭和30年代にストリップ劇場に転換した。一条さゆりや愛染京子も出演したことがある。*72
九条みなみ会館/みなみ館/みなみ会館/京都みなみ会館
所在地 : 京都府京都市南区西九条東比永城町79(2015年)
開館年 : 1964年(旧館)、2019年8月23日(現行館)
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京都みなみ会館
Wikipedia : 京都みなみ会館
1959年の全商工住宅案内図帳では「南映画館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅協会出版部京都市新家屋精密地図では「みなみ会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「九条みなみ会館」。1973年・1980年の映画館名簿では「みなみ会館」。成人映画中心の上映だったが、1988年に巌本金属が買収して一般映画館化。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「みなみ館」。2000年の映画館名簿では「みなみ会館」。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「京都みなみ会館」。1スクリーンのミニシアターだったが、2018年3月31日に閉館。2019年8月23日に移転先で開館。3スクリーンのミニシアター。最寄駅は近鉄京都線東寺駅。

2019年8月23日、京都市南区西九条の映画館「京都みなみ会館」が移転先で営業を再開する。1963年12月から営業していたビルが老朽化し、2018年3月31日に営業を終了していた。九条通を挟んで斜め北側にある旧銀行の建物を改築した。126席、54席、30席の3スクリーン。*73

「京都みなみ会館」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*74

「京都みなみ会館」に言及している雑誌記事として、「京都アート系映画館事情2018 一時閉館となった京都みなみ会館と新たにオープンした出町座の関係者に聞く」『キネマ旬報』2018年8月15日号がある。*75

「京都みなみ会館」に言及している雑誌記事として、「とーくゲスト 京都みなみ会館 館長 吉田由利香さん」『ねっとわーく京都』かもがわ出版、2020年8月がある。*76

「京都みなみ会館」に言及している雑誌記事として、「京都みなみ会館」『新建築』新建築社、2019年11月がある。*77
T・ジョイ京都
所在地 : 京都府京都市南区西九条鳥居口町1 イオンモールKYOTO Sakura館5階
開館年 : 2010年6月4日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): T・ジョイ京都
12スクリーンのシネコン。
イオンシネマ京都桂川
所在地 : 京都府京都市南区久世高田町376-1
開館年 : 2014年10月17日
閉館年 : 営業中
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): イオンシネマ京都桂川
12スクリーンのシネコン。

山科区

山科映画劇場/山科館/山科映劇
所在地 : 京都府京都市東山区山科竹鼻竹ノ街道町(1960年・1963年)、京都府京都市東山区山科竹鼻竹ノ街道町19(1966年・1969年)、京都府京都市東山区山科竹鼻竹ノ街道町34(1973年)
開館年 : 1927年、1934年(移転)
閉館年 : 1975年頃
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 山科映劇
1950年の映画館名簿では「山科映画劇場」。1953年の映画館名簿では「山科館」。1960年の映画館名簿では「山科映画劇場」。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「山科映劇」。1967年の住宅協会出版部京都新家屋精密地図では「山科映劇」。1973年の映画館名簿では「山科映画劇場」。1977年の映画館名簿には掲載されていない。山科区の発足は1976年であり、開館当時の所在地は東山区だった。跡地は「EASTGATE京都」。

1927年(昭和2年)、山科京極付近に映画館の「山科映画劇場」が開館した。鐘紡の女工も多く訪れた。1975年(昭和50年)頃まで建物があった。1956年(昭和31年)12月14日の写真あり。この年には東海道本線の全線電化が完了し、その祝祭のために義士行列が山科映画劇場前で記念撮影を行ったのである。この義士行列は後に山科義士まつりに発展している。*78*79

1927年、山科京極付近に「山科映画館」(ママ)が開館した。三条通の拡幅に伴って、1933年には竹鼻に移転し、山科映画劇場に改称した。1956年に東海道本線の電荷を祝う義士祭りの一行が休憩している際の写真あり。1975年頃に閉館した。*80

1956年の京都市山科区にあった映画館「山科映画劇場」の写真あり。東海道本線の電化を祝う義士祭の行列による記念写真である。1927年、山科京極に「山科映画館」として開館。1934年、三条通の外環状線西一筋南側に移転し、1975年頃まであった。観客の半数は鐘紡の女工だった。*81

1969年の『山科東部住宅案内図』。国道沿いには各銀行の山科支店が3軒並んでいる。また、パチンコ店や唯一の映画館もあった。山科映劇が掲載されている。*82

1928年、山科の三条通京極に映画館「山科映画劇場」が開館した。1975年頃に閉館した。*83

北区

久栄座/大宮劇場/A級京都
所在地 : 京都府京都市北区旧大宮通北大路下ル紫野下築山町74番地
開館年 : 1909年
閉館年 : 1961年(映画館としては閉館)、1976年(ストリップ劇場としても閉館)
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 大宮劇場
1909年に久栄座として開館。1940年頃には大宮劇場に改称。1955年には上京区から北区が分離され、所在地が京都市北区となった。1961年にストリップ劇場に転換され、A級京都に改称した。1976年にはストリップ劇場としても閉館。

右京区

アサヒ館
所在地 : 京都府京都市右京区西院今田町24(1936年)
開館年 : 1930年5月
閉館年 : 1936年以後1950年以前
1936年の映画館名簿では「アサヒ館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。

1928年には円町から西大路四条までの西大路通りが開通し、西大路通り沿いは急速に市街地化が進んだ。1930年5月、六角通の南に西院初の映画館「旭館」が開館した。1990年現在の朝日生命付近にあった。松竹キネマ直営館であり、2階建てだった。敷地は120坪。*84
周山会館
所在地 : 京都府北桑田郡周山町字周山(1953年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「周山会館」。1953年の映画館名簿では経営者・支配人ともに記載なし、木造2階、定員540、混合を上映。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

三和映画株式会社は園部劇場のほかに、亀岡市に「松竹座」や「朝日座」、八木町に「八木映劇」、丹波町に「須知映劇」、京北町に「周山映劇」と、周辺地域に次々に映画館を開館させた。*85
さがの会館/太秦映画劇場
所在地 : 京都府京都市右京区太秦御所ノ内町(1959年・1960年)
開館年 : 1957年以後1959年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年・1957年の映画館名簿には掲載されていない。1959年の全商工住宅案内図帳では「太秦劇場」。1959年の映画館名簿では「さがの会館」。1959年の映画館名簿では経営者・支配人ともに古池敏雄、木造平屋建暖房付、144席、邦画を上映。1960年の映画館名簿では「太秦映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「細田内科医院」。最寄駅は京福嵐山本線帷子ノ辻駅。
西院映画劇場
所在地 : 京都府京都市右京区西大路四条下ル(1957年)、京都府京都市右京区西院高山寺町(1960年・1963年)、京都府京都市右京区西院高山寺町12(1966年・1967年)
開館年 : 1955年以後1957年以前
閉館年 : 1967年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1959年・1960年・1963年・1966年・1967年の映画館名簿では「西院映画劇場」。1957年の映画館名簿では経営者が小林政雄、支配人が立田英雄、鉄筋コンクリート造2階建冷暖房付、600席、邦画を上映。1960年・1964年の住宅協会出版部京都市全商工住宅案内図帳では「西院映劇」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「赤ちょうちんビル」。最寄駅は阪急電鉄京都線西院駅。

左京区

葵館
所在地 : 京都府京都市左京区出町上柳町35(1936年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1936年以後1950年以前
1936年の映画館名簿では「葵館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
千歳館
所在地 : 京都府京都市左京区高野上開町(1936年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1936年以後1950年以前
1936年の映画館名簿では「千歳館」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。
ショウイングルーム トーラス/北大路トーラス
所在地 : 京都府京都市左京区下鴨東本町11(1974年・1975年・1977年)
開館年 : 1973年8月11日
閉館年 : 1977年頃
1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年・1975年・1977年の映画館名簿では「トーラス」。1974年・1975年・1977年の映画館名簿では鉄筋造1階、50席、経営会社が株式会社コウショウ、経営者が高林輝雄、支配人が梅原重行、邦画・洋画を上映。50席の会員制ミニ劇場。1978年の映画館名簿には掲載されていない。

1973年8月10日付『京都新聞』夕刊には「京にミニシアター誕生『ショウイングルーム・トーラス』」という記事が掲載されている。現物は未確認。映画監督・映画プロデューサーである高林陽一が関与していた。
京一映画劇場/一乗寺京一映画会館/京一映画会館/京一会館
所在地 : 京都府京都市左京区一条寺高槻町8(1961年・1963年・1966年・1969年)、京都府京都市左京区一条寺高槻町18(1973年・1975年・1976年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1960年
閉館年 : 1988年4月16日
地図 : 消えた映画館の記憶地図(全国版): 京一会館
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の映画館名簿では「京一映画会館」。1961年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造1階部分600席、経営者は浅村善之助、支配人は大町伝三郎。1963年の映画館名簿では「京一映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「一乗寺京一映画会館」。1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「京一映画会館」。1980年の映画館名簿では鉄筋コンクリート造2階部分507席、経営会社は京一映画、経営者は森田富久、支配人は弘原海晃、邦画を上映。1984年の住宅地図では「京都市場・ファミリースーパーサンショッピ 2階京一会館」1985年の映画館名簿では「京一会館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1階はスーパーマーケット、2階が映画館だった。跡地は「総合フィットネスクラブ エル・スポーツ京都」や「ドラッグユタカ一乗寺店」などが入る「エル京都ビル」。

1972年3月の『キネマ旬報』「われらの映画館 6回 京一会館」が掲載された。現物は未確認。*86

「京一会館」に言及している書籍として阿奈井文彦『名画座時代 消えた映画館を探して』岩波書店、2006年がある。*87

2002年に創刊された地域情報誌『一乗寺発見』第2号では、1988年に閉館した京一会館を特集している。現物は未確認。*88

1960年、京都市左京区一乗寺にあるマーケットの2階に映画館「京一会館」が開館した。1975年春にはオーナーから採算性の悪い映画館の閉館を打診され、1975年12月から休館状態が続いた。京都の映画ファン、映画監督の大島渚、カメラマンの宮川一夫などが存続を求め、集まった署名は4万筆にも達した。1976年3月10日に営業を再開した。*89

京都市場の再開発計画にともない、1975年11月30日には映画館「京一会館」が閉館した。しかし映画ファンらによる「京一会館を守る会」が営業の再開を求め、1976年3月10日には「京一会館」が営業を再開する。営業再開にともなって入場料は値上げされ、支配人は佐野恵三から京都大学農学部在学中の弘原海晃に交代する。*90

1988年4月7日の『京都新聞』夕刊には「京一会館」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*91

1988年4月15日、京都市左京区一乗寺の映画館「京一会館」が閉館した。最終上映作品は大森一樹監督作『「さよなら」の女たち』であり、京都府立医科大学在学時に京一会館に入り浸っていた大森監督が舞台挨拶を行った。*92

京一会館の記事として大森望「あの日あの場所で観た、忘れられない映画 京一会館で観た日活ロマンポルノ」『小説すばる』2006年3月号がある。*93

左京区の市場が出資して、1960年(昭和35年)に「京一会館」が開館した。1975年にはいったん閉館したが、3か月後に再開した。市場が閉館することから1988年(昭和63年)に閉館した。映画監督の瀬々敬久は、京都大学時代には京一会館でアルバイトをした。*94

2017年7月12日の『京都新聞』には瀬々敬久監督による「京一会館」に関する記事が掲載されている。現物は未確認。*95
東一条チャオ! シネマ
所在地 : 京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町4 日本イタリア京都会館1階ホール
開館年 : 1991年(自主上映会開始)、2001年(定期上映開始)
閉館年 : 2004年8月31日(定期上映終了)。
映画館名簿には掲載されていない。運営はRCS。

西京区

映画館名簿によると西京区に映画館は存在しなかったとされる。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます