閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



岡崎市

岡崎市の映画館

1912年(明治45年)の「岡崎町市街図」には、演劇場として宝来座(大字六地蔵)・金升座(大字康生)・三銘座(大字伝馬)・常盤亭(大字伝馬)の4座が紹介されている。明治末期から大正期の岡崎にはこの4劇場以外にもいくつかの劇場があり、義太夫・浪花節・芝居・落語などの興行を行っていた。第一次世界大戦後に活動写真(映画)が普及すると、岡崎の各劇場も競って活動写真を上映するようになり、多くの劇場が映画館へ変わっていった。金升座は興行以外に不忘義団(旧岡崎藩士の会)の琵琶演奏会や講演会などの催し物も行い、1925年(大正14年)には改築して岡崎劇場となった。岡崎劇場は太平洋戦争の岡崎空襲で焼失したが、戦後にはいち早く映画館として再開された。宝来座は繁華街の伝馬に近い六地蔵に芝居小屋として建てられた。昭和には大衆劇場として芝居・映画・レビューなどが興行され、演説会や市民大会などの会場としても利用された。戦後は連尺通1丁目に移転し、洋画専門のタカラ劇場となった。

1988年の『岡崎商工名鑑』には映画館として以下が掲載されている。
映画劇場 「(株)岡崎劇場」
康生通南3丁目2、1945年創業、1954年設立、資本金60万円、従業員13人
常設洋画劇場 「新世界興業(株)」
井田南町6-7、1980年設立、資本金100万円、従業員5人 ※新世界興業ビル メトロ座・スカラ座
洋画映画劇場 「(株)宝劇場」
連尺通1丁目1、1946年設立、資本金2000万円、従業員5人
映画劇場 「中部興行(株)岡崎東宝劇場」
康生通東2丁目8、1951年創業、1955年設立、資本金3500万円、従業員6人
映画劇場 「筒井商事(株)」
康生通南3丁目26、1960年創業、1968年設立、資本金100万円、従業員9人 ※岡崎劇場系列
映画劇場 「筒井実業(株)」
伝馬通2丁目35、1956年創業、1969年設立、資本金100万円、従業員9人 ※岡崎グランド劇場系列
ヌード劇場 「(株)岡崎銀映」
鴨田南町1-18、1975年創業、資本金600万円、従業員4人 *1

かつて岡崎文教映画友の会の機関誌として月刊雑誌『映画タイムズ』が発行されていた。1956年8月10日創刊であり、1959年7月号(第74号)・8月号(第75号)・9月号(第76号)・10月号(第77号)・11月号(第78号)・12月号(第79号)の6冊が岡崎市立中央図書館に所蔵されている。上映作品紹介、読者が選ぶ年間ベスト10企画、読者の映画感想投稿などがあり、映画館による上映作品広告も多い。「タカラ・中劇・東宝・岡劇・大劇・東映・三銘・友楽・世界・南映・矢作劇・挙母劇・アート・昭和」と、岡崎市10館・豊田市4館の計14館の上映案内が掲載されている。1959年12月第1週の上映作品は、タカラ劇場が『北北西に進路を取れ』と『地獄に続く部屋』、世界館が『ソロモン王の宝庫』と『殺人鬼に罠をかけろ』、中央劇場が『人間の条件』と『剣風次男侍』、岡崎東宝が『日本誕生』、岡崎劇場が『密会』と『南国土佐を後にして』と『可愛い花』、岡崎大劇が『勝負師とその娘』と『善光寺黄金道中』と『裸女と殺人迷路』、岡崎東映が『緋鯉大名』と『ふたりの休日』と『恐るべき復讐』、三銘座が『姫夜叉行状記』と『激斗』と『上役下役ご同役』、友楽が『悪魔の最后』と『怒涛の対決』、南映が『実は熟したり』と『アイラブユー』と『戦場のなでしこ』、矢作劇場が『男性飼育法』と『江戸遊民伝』と『奥様三羽烏』、挙母劇場が『明治大帝と乃木将軍』と『三羽烏三代記』、アート座が『歌麿をめぐる五人の女』と『清水の暴れん坊』、昭和劇場が『千羽鶴秘帖』と『東京警部』と『陽のあたる家』。コピー機にかけるのをためらう保存状態なので注意。

1961年の『岡崎市重要転業別電話番号簿有名商店案内』は電話帳であり、業種別に店舗名・電話番号・おおまかな所在地が掲載されている。映画館としては、洋画のタカラ劇場(連尺通1-1)、岡崎大劇(六地蔵町)、各社特選上映 南映(国鉄駅前通り)、岡崎劇場(康生通)、岡崎東映(伝馬通)、岡崎東宝劇場(康生通)、岡崎日劇(康生通)、三銘座(伝馬通)、世界館(元能見)、中央劇場(康生通)、有楽劇場(元能見)、美合映画劇場(美合)、矢作映画劇場(矢作)、の13館が掲載されている。*2

岡崎市の映画館の記事として平泉成「私の青春時代 夢を見ていた頃 岡崎市の映画館は夢のような場所」『週刊現代』2011年8月13日号がある。*3

豊富劇場

所在地 : 愛知県額田郡豊富村(1953年)、愛知県額田郡豊富村樫山新居野(1955年)、愛知県額田郡額田町樫山(1960年)、愛知県額田郡額田町樫山村(1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「豊富劇場」。1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「豊富劇場」。1964年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の航空住宅地図帳では跡地に「東海理化樫山工場」であり南側には豊富郵便局があった。跡地は「理化精機樫山工場」。最寄駅は名鉄名古屋本線本宿駅。

美合映画劇場

所在地 : 愛知県岡崎市美合町生田251(1960年・1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の岡崎市住宅明細地図には掲載されていない。1959年の全住宅案内図帳では後の映画館の位置に「本田カメラ」などがある。1960年の映画館名簿では経営者・支配人ともに本多準二(本田ではなく本多)、木造平屋建暖房付、250席、邦画を上映。1960年・1963年の映画館名簿では「美合映画劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「美合劇場」。1962年の全商工住宅案内図帳では「美合劇場」。1965年の住宅地図では跡地に「本田カメラ店」「末広すし」「美合市場」など複数の店舗。1964年・1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の住宅地図には跡地に「末広すし」や「杉浦●●店」(文字がつぶれてて読めない)など複数の店舗。1980年の住宅地図では跡地に「美合ショッピングセンター」。跡地はマンション「キャッスルハイツ美合駅前」。最寄駅は名鉄名古屋本線美合駅。

マルス劇場

所在地 : 愛知県碧海郡六ッ美村中島(1953年・1955年)、愛知県碧海郡六ツ美村中島字上島114(1958年)、愛知県碧海郡六ッ美村中島114(1960年)、愛知県碧海郡六ッ美村字土島114(1963年)愛知県碧海郡六ッ美村中島(1964年)
開館年 : 1947年12月? 1948年?
閉館年 : 1964年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年12月設立。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「マルス劇場」。「〇」の中に「ス」が入った記号が用いられている年もある。1964年の映画館名簿では経営者が杉浦一三、支配人が杉浦林右衛門、木造2階建、430席、邦画を上映。1965年の住宅地図では跡地に空き地。1965年・1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の住宅地図では跡地に「杉浦」や「内田与三郎」の民家。跡地はアパート「ハーヴェスト供彑沼Δ涼鷦崗譟1959年までの最寄駅は名鉄旧西尾線三河中島駅。

1948年(昭和23年)、杉浦製糸所の乾燥場に劇場「マルス劇場」が開館した。芝居を中心として、地元の舞踏会なども開催された。写真は1953年(昭和28年)の赤堀流舞踏会。*4

大正館/日本映画劇場/日本劇場/松竹映画劇場/岡崎松竹映画劇場/友楽劇場/岡崎第二東映友楽/岡崎友楽東映/岡崎友楽劇場

所在地 : 愛知県岡崎市元能見町(1930年・1936年)、愛知県岡崎市元能見町178(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1964年)、愛知県岡崎市元能見町176(1965年)
開館年 : 1930年以前、1952年7月
閉館年 : 1965年1月17日頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年7月設立。1930年・1936年の映画館名簿では「大正館」。1943年・1947年の映画館名簿では「日本映画劇場」。1949年の映画館名簿では「日本劇場」。1950年の映画館名簿では「松竹映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「岡崎松竹映画劇場」。1958年の映画館名簿では「友楽劇場」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「友楽映画劇場」。1959年の全住宅案内図帳では「友楽映画劇場」。1960年の映画館名簿では「岡崎第二東映友楽」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「有楽映画劇場」(友楽ではなく有楽。誤字か)。1962年の全商工住宅案内図帳では「友楽映画劇場」。1963年の映画館名簿では「岡崎友楽東映」。1964年・1965年の映画館名簿では「岡崎友楽劇場」。1965年の住宅地図では「旧有楽アキヤ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の岡崎市住宅地図では跡地に「主婦の店」。1972年の住宅地図では跡地に「スーパーマーケット」。1975年の住宅地図では跡地に「アキチ」。1978年・1980年の住宅地図では跡地に駐車場。1992年の住宅地図では跡地に駐車場。1997年の住宅地図では跡地に「もとのみ公設駐車場」。2000年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「特別養護老人ホームもとのみの里」南側の駐車場。岡崎友楽の西側には松栄芸妓組合があり、その西側には芸妓稽古場があった。

1954年11月30日の『東海新聞』の映画上映案内。「松竹」は『赤穂義士』と『母御殿』を上映。*5

1954年12月1日の『東海新聞』の映画上映案内。「松竹改め 友楽劇場」は『馬賊芸者』と『平手造酒』を上映。*6

1954年12月1日、岡崎市の「岡崎松竹映劇」は「友楽劇場」に改称し、日活・大映の封切館となった。戦後には松竹という館名で邦画ファンから深くなじまれていた。改名披露番組は『馬賊芸者』と『平手造酒』。館主は本多楽永。*7

1965年1月17日の『東海愛知新聞』「岡崎映画案内」。「東映友楽」の欄には「低料金解放17日まで」とあり、勝新太郎主演作『悪名太鼓』と植木等主演作『日本一のホラ吹き男』を上映。1月18日以降の岡崎映画案内に東映友楽は掲載されていない。*8

大劇/岡崎大劇

所在地 : 愛知県岡崎市六地蔵町(1953年)、愛知県岡崎市六地蔵町30(1955年)、愛知県岡崎市六地蔵30(1958年)、愛知県岡崎市六地蔵町1-5(1960年・1963年・1966年・1967年)
開館年 : 1946年6月
閉館年 : 1967年5月31日頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年6月設立。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「大劇」。1955年の映画館名簿では「岡崎大劇」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「大劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大劇」。1959年の全住宅案内図帳では「大劇」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「大映」。1962年の全商工住宅案内図帳では「大劇」。1966年・1967年の映画館名簿では「岡崎大劇」。1965年・1968年の住宅地図では「大映劇場」。1968年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「アキチ」。1975年の住宅地図では跡地に「有料駐車場」。1978年・1980年の住宅地図では跡地に駐車場。1987年の住宅地図では跡地に空白。1992年の住宅地図では跡地に駐車場。1997年の住宅地図では跡地に空白。2000年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「専福寺」南西150mにある駐車場。

1946年には岡崎市六地蔵町に「大劇」が開館した。340席の大型劇場だった。2020年現在は駐車場となっている。1946年から1947年頃の写真あり。ファサードに「洋画」の文字が見える。1946年日本公開の映画『エイブ・リンカン』の看板が見える。*9

1967年5月31日の『東海新聞』の「映画案内」には「岡崎大劇」が掲載されているが、6月1日以降には岡崎大劇が掲載されていない。*10

世界館/世界ミュージック/岡崎世界ミュージック

所在地 : 愛知県岡崎市松本町(1936年)、愛知県岡崎市元能見町(1943年・1947年・1949年)、愛知県岡崎市元能見町166(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1930年以後1936年以前
閉館年 : 1967年1月25日頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1943年・1947年の映画館名簿では「世界館」。1949年の映画館名簿では「世界座」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「世界館」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「世界映画劇場」。1959年の全住宅案内図帳では「世界映画劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「世界館映画」。1962年の全商工住宅案内図帳では「世界映画劇場」。1963年の映画館名簿では「世界ミュージック」。1966年・1968年の映画館名簿では「岡崎世界ミュージック」。1965年・1968年の住宅地図では「世界ミュージックホール」。北東の交差点には世界館前というバス停があった。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1972年の住宅地図では跡地に「出光ガソリン」。1975年の住宅地図では跡地に「出光ガソリン共和元能見給油所」。1978年・1980年の住宅地図では跡地にガソリンスタンド「出光興産元能見給油所」。1992年・1997年の住宅地図では跡地に「出光興産元能見給油所 共和株式会社」。2000年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「松應寺」北北西90mにある5軒分の戸建住宅地。

1967年1月26日の『東海新聞』「岡崎映画案内」。「世界ミュージック」の欄には「場内改装工事のためしばらく休館させていただきます」とある。その後世界ミュージックは映画案内から消えている。*11

矢作映画劇場

所在地 : 愛知県岡崎市矢作町中道73(1960年・1963年・1966年)、愛知県岡崎市矢作町中道3-41(1969年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1968年10月10日頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の岡崎市住宅明細地図には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「矢作映画劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「矢作劇場」。1962年の全商工住宅案内図帳では「矢作劇場」。1968年の岡崎市住宅地図では「矢作劇場」。1970年・1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「スズキ自販中部岡崎営業所 中古車センター」。跡地は名鉄名古屋本線矢作橋駅北150mにある自動車販売店「スズキアリーナ岡崎西店」。最寄駅は名鉄名古屋本線矢作橋駅。

1968年10月10日の『東海新聞』「岡崎映画案内」。「矢作映劇」は10月8日-10日の上映作品が『不信のとき』と『藪の中の黒猫』、10月11日-13日の上映作品が『鷹と狼』と『鉄砲伝来記』。しかし10月11日以降の「岡崎映画案内」に矢作映劇は掲載されていない。*12

羽根映画劇場/柱町東映/柱町東映劇場

所在地 : 愛知県岡崎市柱町東浦17(1953年・1955年・1958年)、愛知県岡崎市柱町17(1960年)、愛知県岡崎市柱町東浦17(1963年・1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「羽根映画劇場」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「羽根映劇」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「羽根映劇」。1962年の全商工住宅案内図帳では「羽根映劇」。1963年の映画館名簿では「柱町東映」。1968年の岡崎市住宅地図では「羽根劇場」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「柱町東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では跡地に「ショッピングセンター柱」。跡地はマンション「レジデンシャル岡崎」や「ファミリーマート岡崎柱6丁目店」。最寄駅はJR東海道本線岡崎駅。

常盤館/岡崎東宝映劇/岡崎東宝劇場/岡崎東宝映画劇場/岡崎東映/岡崎日活ロマン

所在地 : 愛知県岡崎市伝馬町(1936年・1943年・1947年・1950年)、愛知県岡崎市伝馬町108(1958年)、愛知県岡崎市伝馬町2-35(1960年・1963年)、愛知県岡崎市伝馬通2-35(1966年)、愛知県岡崎市伝馬通東2-8(1969年)、愛知県岡崎市伝馬通東2-35(1973年)、愛知県岡崎市伝馬通2-35(1976年)、愛知県岡崎市伝馬通2-35(1980年)
開館年 : 大正時代、1947年(岡崎東宝)、1956年12月28日(岡崎東映)
閉館年 : 1981年2月15日
1936年の映画館名簿では「常盤館」。1943年の映画館名簿では「岡崎東宝映劇」。1947年の映画館名簿では「岡崎東宝劇場」。1950年の映画館名簿では「岡崎東宝映画劇場」。1953年・1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「岡崎東映」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「岡崎東映」。1959年の全住宅案内図帳では「岡崎東映」。1960年の映画館名簿では「岡崎東映劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「岡崎東映」。1962年の全商工住宅案内図帳では「岡崎東映」。1963年の映画館名簿では「岡崎東映」。1965年の住宅地図では「岡崎東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「岡崎東映劇場」。1968年の岡崎市住宅地図では「岡崎東映」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「岡崎日活ロマン」。1972年・1975年の住宅地図では「岡崎東映」。1978年・1980年の住宅地図では「岡崎日活ロマン」。後継館は岡崎グランド劇場。

岡崎市の伝馬通の遊郭は繁盛し、近くには「常盤館」が建てられて、1918年(大正7年)-1919年(大正8年)ごろには映画を上映していた。ここにはかつて本陣があった。かつては常盤亭といい、1911年(明治44年)に改築したとの記録もあるので、創設はかなり古い。近くには成瀬亭・遠藤時計・鍵屋旅館・備前屋などがあった。常盤館は戦災で焼失したが、1947年(昭和22年)に再開されると「岡崎東宝」となった。道路拡幅後はしばらくオープン劇場となり、1954年(昭和29年)から「岡崎東映」となった。1981年(昭和56年)に岡崎東映が火災に遭い、跡地に「グランド劇場」が開館した。*13

1953年(昭和28年)には伝馬通が拡幅されて歩道が整備された。西本陣跡の碑が建つ2丁目と1丁目の境辺りから西を望む。江戸時代の旧東海道はここで突き当りで左に折れており、この先の道が開かれたのは大正になってからである。右の建物は、戦後間もなくの3年間だけ営業していた映画館の「岡崎東宝」。閉館後、ここに銀行を建てる計画があったが、3時閉店でシャッターが下りてしまうことを嫌った商店街が後ろ盾となり、1954年(昭和29年)に「岡崎東映」が開館した。*14

1954年8月7日の『東海新聞』の映画上映案内。「元東宝アト 小劇場」には「夕涼みの一時にぜひこのオープン劇場へ」「剣劇二座特別大合同 巴令子一座 藤村正夫一座 5日-9日夜5時より二回入替なし」。*15

1916年(大正5年)頃の「常盤館」は、伝馬の「三銘座」と並ぶ活動写真の専門館だった。*16

伝馬町で今も映画館のある付近。初めは「常盤座」(大正初期)と言っていた。*17

1956年(昭和31年)12月28日、伝馬町通りの「岡崎東宝」跡地に「岡崎東映」が開館する。岡崎東映は東映作品の封切館であり、開館当初から冷暖房を完備していた。岡崎東映の開館にともなって、岡崎劇場は洋画と邦画の封切館となる。*18

1955年(昭和30年)頃には、岡崎呉服組合が浴衣一反につき「映画ときものショー」の招待券をプレゼントした。「岡崎東映」にて「東京ファッションモデルクラブ」によるショーを開催した。映画もショーも盛況だった。岡崎市伝馬通。昭和30年頃。*19

1981年2月13日22時30分頃、岡崎市伝馬通2丁目で筒井興業が経営する「岡崎日活ロマン」の隣接地から出火した。2月15日の『東海愛知新聞』には、岡崎日活ロマン、伝馬通二丁目町内会、丸安製パン工場、株式会社糸惣、精肉問屋 永田屋本店、糸惣洋紙店などが連名で「謝火災御見舞」という広告を掲載している。*20

1981年2月15日の『東海愛知新聞』の「映画案内」。「岡崎日活ロマン」の欄には「謝火災御見舞 しばらくの間休館致します」とある。*21

三銘座/岡崎ピカデリー劇場

所在地 : 愛知県岡崎市伝馬町189(1936年)、愛知県岡崎市伝馬町(1943年)、愛知県岡崎市(1947年)、愛知県岡崎市伝馬町(1949年・1950年)、愛知県岡崎市伝馬町188(1953年・1955年・1958年)、愛知県岡崎市伝馬町(1960年)、愛知県岡崎市伝馬通3-41(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年)
開館年 : 1916年以前、1945年2月、1963年11月3日(建て替え)
閉館年 : 1982年5月30日
『全国映画館総覧 1955』によると1945年2月設立。1936年・1943年・1947年・1949年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「三銘座」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「三銘座」。1959年の全住宅案内図帳では「三銘座」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「三銘屋」(座ではなく屋。誤字か)。1962年の全商工住宅案内図帳では「三銘座映画館」。1965年・1968年の住宅地図では「三銘会館」。1968年の岡崎市住宅地図では「三銘会館」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1982年の映画館名簿では「岡崎ピカデリー劇場」。1972年の住宅地図では「サンメイ会館 2階ピカデリー」。1975年の住宅地図では「サンメイ開館 1階暮しのセンター 2階ピカデリー劇場 3階岡崎ダンス教室」。1978年の住宅地図では「サンメイ会館 ピカデリー劇場 暮しのセンター」。1980年の住宅地図では「サンメイ会館 ピカデリー劇場 暮しのセンター 岡崎ダンス教室 ニューおば娘」。1983年の住宅地図では「ピカデリー劇場 サンメイホール 暮らしのセンター 岡崎ダンス教室 ニューおば娘」。1983年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。1987年の住宅地図では「サンメイホール スナックふれあい 暮しのセンター 岡崎ダンス教室 ニューおば娘」。1992年の住宅地図では跡地に「プラザナイン サンメイホール スナックふれあい 暮しのセンター 岡崎ダンス教室 ニューおば娘」。1997年・2000年の住宅地図では跡地に「藤和シティコープ伝馬通」。跡地は1995年竣工の商業ビル兼マンション「藤和シティコープ伝馬通」。「伝馬4丁目西」交差点南西側。

1963年10月9日の『東海新聞』「岡崎映画案内」。「三銘会館」の欄には「新築開館! いよいよ11月3日」「三銘会館 洋画封切」とある。*22

1963年10月10日の『東海新聞』「岡崎映画案内」。「ピカデリー」(※前日までは「三銘会館」だった)の欄には「新築開館! いよいよ11月3日」「三銘会館 洋画封切」とある。*23

1963年11月3日、岡崎市伝馬通の「三銘会館」が開業する。西三河でも歴史のある映画館として知られる。3月中旬から鉄筋コンクリート造3階建ての三銘会館を建設する工事中であり、11月2日14時から来賓450人を招いた完工式を挙げた。延床面積は1320平方メートル。1階は食料品など15店舗が入るくらしのセンター、2階は映画館の「ピカデリー」、3階は50人収容のホールや会議室などがある。ピカデリーは洋画封切館であり、開館披露番組はアルフレッド・ヒッチコック監督の『鳥』と『ミサイル空爆戦隊』の二本立て。*24

1963年11月3日の『東海新聞』「岡崎映画案内」。「ピカデリー」の欄には「本日!新築開館」「洋画封切 三銘会館」とある。アルフレッド・ヒッチコック監督作品『鳥』と『ミサイル空爆戦隊』を上映。*25

1982年5月30日の『東海愛知新聞』の「映画案内」にはピカデリーの欄に「本日限り」とある。上映作品はイングリッド・バーグマン主演の『凱旋門』とシャルル・ポワイエ主演の『大いなる別れ』。*26

中央劇場/岡崎中央劇場/岡崎松竹中央劇場

所在地 : 愛知県岡崎市康生町66-1(1953年・1955年)、愛知県岡崎市康生町66(1958年)、愛知県岡崎市康生通1-18(1960年)、愛知県岡崎市康生町66(1963年)、愛知県岡崎市康生通西1-18(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1951年9月
閉館年 : 1982年6月30日頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月設立。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「中央劇場」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「中央劇場」。1959年の全住宅案内図帳では「中央劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「中央劇場」。1962年の全商工住宅案内図帳では「中央劇場」。1965年・1968年の住宅地図では「中央劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「岡崎中央劇場」。1968年の岡崎市住宅地図では「中央劇場」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「岡崎松竹中央劇場」。1972年・1975年の住宅地図では「中央劇場 映」。1978年・1983年の住宅地図では「岡崎松竹中央劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1987年・1992年の住宅地図では跡地に駐車場。1997年の住宅地図では跡地に空白。2000年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地はマンション「ミッドシティレジデンス岡崎康生」西側の駐車場。

1957年の岡崎市の康生北交差点の南の写真あり。手前には市電の軌道が見える。かもめタクシーの奥には「中央劇場」が建っている。2020年現在のかもめタクシーの跡地は駐車場となっている。*27

1982年6月30日の『東海愛知新聞』の「映画案内」には松竹中劇の欄に『道頓堀川』と『ナオミ』が書かれており、これらの作品は「6月30日まで」とある。1982年7月1日以降の「映画案内」には松竹中劇の欄がない。*28

タカラ劇場/宝劇場/岡崎宝劇場/岡崎たから劇場/岡崎タカラ劇場

所在地 : 愛知県岡崎市大地蔵町20(1950年)、愛知県岡崎市連尺町35(1953年・1955年・1958年)、愛知県岡崎市連尺町(1960年)、愛知県岡崎市連尺町1-1(1963年・1966年・1969年)、愛知県岡崎市連尺通1-1(1973年・1976年・1980年・1985年・1986年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1986年12月19日頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「宝劇場」。1953年の映画館名簿では「岡崎宝劇場」。1955年の映画館名簿では「タカラ劇場」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「タカラ映劇」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宝劇場」。1959年の全住宅案内図帳では「タカラ映劇」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「タカラ映劇」。1962年の全商工住宅案内図帳では「タカラ劇場」。1966年の映画館名簿では「岡崎宝劇場」。1965年・1968年の住宅地図では「タカラ劇場」。1969年の映画館名簿では「岡崎たから劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「岡崎タカラ劇場」。1972年・1975年・1978年・1980年・1983年の住宅地図では「タカラ劇場」。1987年の住宅地図では「タカラ劇場」。1992年の住宅地図では跡地に「パチンコタカラホール」。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の住宅地図で跡地に「プレイランドタカラ 2階株式会社宝事務所」。2000年の住宅地図では跡地に「パチンコタカラホール」。跡地は「三菱UFJ銀行岡崎支店」北東の「タカラパーキング」。

岡崎市の六地蔵にあった「宝来座」は庶民の娯楽の中心として栄えた。六地蔵は伝馬などの繁華街に近い。江戸時代の寛政年間初頭、「れんにょさん」の開帳で有名な浄専寺が町の南端西側に移転したため、宝来座が当地に建設されたとされる。昭和初期には大衆劇場として芝居のほかに映画・レビューなどが上映され、演説会や市民大会などの会場としても利用された。戦後は連尺通1丁目に移転し、洋画専門の「タカラ劇場」として再開された。*29

1916年(大正5年)頃の岡崎にあった「宝来座」の写真あり。当時の岡崎には宝来座のほかに、「金升座」、「宝友座」、「日出座」があった。1908年(明治41年)にはすでに活動写真を上映した。*30

岡崎市六地蔵町にあった芝居小屋「宝来座」が戦災で焼失した後、1946年7月に宝来座跡地に「宝劇場」が創立した。映画配給元は東宝・東和・富士・CIC(パラマウント・ユニバーサル、MGMなど)である。「名画のタカラ」をモットーとし、洋画一筋の上映を行っている。*31

岡崎市の映画館「宝劇場」の社長である中村敏一は、1925年に岡崎市上里町の農家の長男として生まれた。愛知県立安城農林学校農業科に進学し、卒業後すぐの1944年5月に第一岡崎海軍航空隊に入隊。復員後には岡崎に戻って実家の農家を継いだ。学生時代から映画が好きであり、おじが経営する映画館でアルバイトをしていた。1949年には家族の反対を押し切って、正式に株式会社宝劇場に入社した。宣伝・団体勧誘・経理事務など営業関係の仕事をこなし、映写技師の代わりやもぎりも経験した。昭和40年代には岡崎市の映画館が相次いで閉館したが、宝劇場は「シェークスピアからポルノまで」という宣伝文句で成人映画の上映を始めて苦境を乗り切った。1968年にはおじに代わって社長に就任し、映写の完全自動化、自動販売機の導入などで経費削減を実現した。この結果として累積赤字を解消し、黒字分を館内の環境整備費に回した。*32

1936年(昭和11年)生まれの筆者は、小学5年生頃(※1947年頃? )に初めて映画館を訪れた。岡崎の「タカラ」洋画劇場であり、鑑賞した作品は『大平原』(※1939年公開)だったと思われる。*33

岡崎の六地蔵町にあった「宝来座」の写真あり。現在は国道1号線沿いで空地となっている。*34

1954年の岡崎市において本町通りから連尺通りを東に見た写真あり。連尺通りは東海道が通っており、かつては岡崎城下町の大店が軒を連ねていた。映画館「タカラ劇場」では洋画の『アンナ』と『私は告白する』を上映中である。*35

1986年12月19日の『東海愛知新聞』の「映画案内」にはタカラの欄に『ネバーエンディング・ストーリー』と『アウトサイダー』が書かれており、これらの作品は「19日まで」とある。1986年12月20日以降の「映画案内」にはタカラの欄がない。*36

1986年12月19日の『中日新聞』の「映画案内」にはタカラの欄に『ネバーエンディング・ストーリー』と『アウトサイダー』が書かれており、これらの作品は「19日まで」とある。*37

岡崎セントラル劇場/岡崎東宝/岡崎東宝劇場

所在地 : 愛知県岡崎市康生町60(1953年・1955年・1958年)、愛知県岡崎市康生通東2-8(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1993年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1993年5月28日頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月設立。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「岡崎セントラル劇場」。1958年の映画館名簿では「岡崎東宝」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「岡崎東宝」。1959年の全住宅案内図帳では「岡崎東宝」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「岡崎東宝」。1962年の全商工住宅案内図帳では「岡崎東宝」。1965年・1968年の住宅地図では「岡崎東宝」。1968年の岡崎市住宅地図では「岡崎東宝」。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1993年の映画館名簿では「岡崎東宝劇場」。1972年・1975年・1978年・1980年の住宅地図では「岡崎東宝」。1990年の映画館名簿では経営会社が中部興行、経営者が石田敏彦、支配人が増田勝、木造1階、168席、東宝を上映。1987年・1992年の住宅地図では「岡崎東宝(支)」。1994年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。1997年の住宅地図では跡地に空白。1999年の住宅地図では跡地に「コメダ珈琲岡崎康生店」。2000年の住宅地図では跡地に「コメダ珈琲店」。跡地は「正文館書店岡崎本店」南南西30mにある有料駐車場「ザ・パーク康生通東」。

1993年5月28日の『東海愛知新聞』の「映画案内」には岡崎東宝の欄に『まあだだよ』が掲載されており、『大病人』の前売中であると書かれている。しかし1993年5月29日以後には「映画案内」に岡崎東宝の欄がない。*38

岡崎日劇/岡崎日劇1

所在地 : 愛知県岡崎市康生通南2-26(1961年・1962年)、愛知県岡崎市南康生町2-26(1963年)、愛知県岡崎市康生通南2-26(1966年・1969年・1973年)、愛知県岡崎市康生通南3-26(1976年)、愛知県岡崎市康生通3-26(1980年)、愛知県岡崎市康生通南3-26(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1960年4月28日
閉館年 : 1995年1月31日頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「日劇」。1962年の全商工住宅案内図帳では「日劇」。1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「岡崎日劇」。1965年の住宅地図では「日劇」。1968年の岡崎市住宅地図では「日劇」。1972年・1975年・1978年・1980年の住宅地図では「日劇」。1983年・1987年の住宅地図では「日劇」。1990年の映画館名簿では経営会社が筒井興業、経営者が筒井弘、支配人が白井宏幸、鉄筋造1階、210席、松竹を上映。1990年・1995年の映画館名簿では「岡崎日劇1」。1992年の住宅地図では「日劇1」。1996年・1998年の映画館名簿には掲載されていない。1997年・2000年の住宅地図では跡地に空白。跡地はコンビニ「ファミリーマート岡崎康生通南店」北西の月極駐車場。

1960年4月28日、岡崎市康生通南に「岡崎日劇」が開館する。建設中の建物は八分通り出来上がった。4月28日には9時から開館披露式を行い、11時から一般公開する。上映するのは第二東映の作品であり、4月28日からの第一週には『砂絵しばり』と『赤城の子守唄』を、5月3日からは『蛇神魔殿』と『白馬童子・南蛮寺の決斗』を、5月11日からは『地獄の渡り鳥』と『浪曲国定忠治 血煙 信州路』を、5月18日からは『照る日曇る日』と『波止場野郎』を上映する。*39

1960年4月27日の『東海新聞』の映画上映案内には、「広告 明日(28日)開館 岡崎日劇東映」「新鮮で楽しい第二東映! 低料金で封切2本立」とある。*40

1960年4月28日の『東海新聞』の映画上映案内には、「広告 本日開館 岡崎日劇東映」「新鮮で楽しい第二東映! 低料金で封切2本立が楽しめる日劇!」とある。*41

1960年4月28日、岡崎市に「岡崎日劇東映」が開館した。「日劇」の文字や花輪が見える写真あり。10時から各界の関係者を招いた開館披露式があり、代表の筒井金松があいさつした。岡崎市14番目の映画館である。こけら落とし作品は第二東映の『砂絵呪縛』と『赤城の子守唄』。建物は木造一部鉄筋造、平屋建、290平方メートル。椅子席250、冷暖房付。施工は明大寺町のカトウ建設。*42

1995年1月31日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎日劇1」では『河童』を上映。*43

1995年2月1日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎日劇1」には「駐車場整備改装中!」。*44

岡崎シネマ/岡崎日劇2/岡崎劇場4

所在地 : 愛知県岡崎市康生通南3-26(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1982年7月10日
閉館年 : 2001年2月1日
1968年の住宅地図では後の映画館の場所に「東亜電機製作所」。1972年の住宅地図では後の映画館の場所に「喫茶クラウン」。1975年の住宅地図では後の映画館の場所に「麻雀クラウン」。1978年の住宅地図では後の映画館の場所に「喫茶クラウン」と空白の敷地。1980年・1982年の映画館名簿には掲載されていない。1983年の住宅地図では「岡崎シネマ」。1985年・1986年の映画館名簿では「岡崎シネマ」。1987年の住宅地図では「日劇 2」。1988年・1990年・1995年の映画館名簿では「岡崎日劇2」。1990年の映画館名簿では経営会社が筒井興業、経営者が筒井弘、支配人が白井宏幸、鉄筋造1階、90席、邦画・洋画を上映。1992年の住宅地図では「日劇2」。2000年・2001年の映画館名簿では「岡崎劇場4」。1997年・2000年の住宅地図では「岡崎劇場4」。跡地はコンビニ「ファミリーマート岡崎康生通南店」北の「ツツイ エンターテイメント」。

1982年7月9日の『東海愛知新聞』の「映画案内」には岡崎シネマの欄に「今、生まれる! 新しい劇場 7月10日(土)オープン 岡崎劇場ウラ通り」とある。1982年7月10日の『東海愛知新聞』の「映画案内」には岡崎シネマの欄に「本日開館 岡崎劇場裏通り」とある。7月10日の上映作品は『セーラー服と機関銃』と『装いの街』。*45*46

岡崎国際劇場/岡崎劇場2/岡崎劇場3

所在地 : 愛知県岡崎市康生通南3-2(1968年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1966年12月24日
閉館年 : 2001年2月1日
1966年・1967年の映画館名簿には掲載されていない。1968年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「岡崎国際劇場」。1972年・1975年・1978年・1980年の住宅地図では「国際劇場」。1983年の映画館名簿では「国際劇場」。1990年の映画館名簿では経営会社が筒井興業、経営者が筒井弘、支配人が白井宏幸、鉄筋造1階、126席、洋画を上映。1988年・1990年・1995年の映画館名簿では「岡崎劇場2」。1987年・1992年の住宅地図では「岡崎第2劇場」。2000年・2001年の映画館名簿では「岡崎劇場3」。1997年・2000年の住宅地図では「岡崎劇場3」。跡地はコンビニ「ファミリーマート岡崎康生通南店」駐車場西側。

1966年12月24日の『東海新聞』には「広告 本24日堂々新築開館 岡崎国際劇場」という広告あり。「待望の新館誕生」「国道1号線 岡崎劇場西トナリ」「大映作品第一封切場」とある。開館披露番組は田宮二郎主演作『野良犬』と勝新太郎主演作『酔いどれ波止場』。1967年1月3日からの上映作品は勝新太郎主演作『座頭市鉄火旅』と田宮二郎主演作『出獄の盃』。*47

金升座/東映岡崎劇場/岡崎劇場/岡崎劇場1・2

所在地 : 愛知県岡崎市康生町(1950年)、愛知県岡崎市康生町716(1953年)、愛知県岡崎市康生町176(1955年・1958年)、愛知県岡崎市康生通3-2(1960年)、愛知県岡崎市康生通716(1963年)、愛知県岡崎市康生通南3-2(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 大正後期、1945年12月、1964年(建て替え)、1995年7月15日(劇場分割)
閉館年 : 2001年2月1日
『全国映画館総覧 1955』によると1945年12月設立。1959年の全住宅案内図帳では「岡崎劇場」。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「岡崎劇場」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「岡崎劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「岡崎劇場」。1962年の全商工住宅案内図帳では「岡崎劇場」。1968年の岡崎市住宅地図では「岡崎劇場」。1972年・1975年・1978年・1980年の住宅地図では「岡崎劇場」。1973年の映画館名簿では「東映岡崎劇場」。1976年・1980年の映画館名簿では「岡崎劇場」。1985年の映画館名簿では「岡崎劇場」。1990年の映画館名簿では経営会社が筒井興業、経営者が筒井弘、支配人が白井宏幸、鉄筋造1階、315席、東映を上映。1990年・1995年の映画館名簿では「岡崎劇場1」。1987年・1992年の住宅地図では「岡崎劇場」。2000年・2001年の映画館名簿では「岡崎劇場1・2」。1997年・2000年の住宅地図では「岡崎劇場1 2」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はコンビニ「ファミリーマート岡崎康生通南店」。

岡崎市は産業・経済の両面で西三河の中心地として発展した。1989年(平成元年)現在の「岡崎劇場」と「日劇」の場所には、大正後期に建てられた大規模な演劇場「岡崎劇場」があった。現在とは異なって北側に表玄関があった。花道や桟敷席を備え、歌舞伎や浪花節などの興行が行われた。岡崎劇場以前のこの場所には「金升座」があった。他にも岡崎市内には、「宝来座」(六地蔵)、「三銘座」(伝馬)、「神明座」(元能見)、「宝友座」(柱)などの劇場があった。第二次世界大戦の空襲で岡崎劇場は焼失したが、戦後にいち早く再建されて映画館として営業を再開し、その後改築されて現在に至っている。同劇場を訪れた著名俳優や歌手には、片岡千恵蔵、岡晴夫、美空ひばり、長谷川一夫などがいる。国道1号に面している1989年現在の岡崎劇場の写真あり。1923年(大正12年)から1924年(大正13年)頃の岡崎劇場の写真あり。金升座の跡地に新築された入母屋造の岡崎劇場は歌舞伎座を模した造りだった。*48

1916年(大正5年)頃の「金升座」の写真あり。1923年(大正12年)まで、1992年(平成4年)現在の「岡崎劇場」付近にあった。1916年(大正5年)には川上貞奴が『お蝶夫人』などを上演した。*49

1925年(大正14年)頃の「金升座」の写真あり。金升座の跡地には東京の歌舞伎座を模して「岡崎劇場」が新築された。岡崎劇場は花道や桟敷席を備えた風格ある劇場であった。*50

岡崎市立中央図書館が所蔵する『岡崎劇場嗟媾顱戞「岡崎劇場」の全景の写真あり。岡崎劇場は歌舞伎座風で、花道や桟敷席を備えた大型の演劇場だった。*51

1953年(昭和28年)に「岡崎劇場」で開催された第1回歌謡ショーでは、灰田勝彦、宮城まり子、三浦滉一、市丸らが公演した。写真あり。*52

康生通南の岡崎劇場は「映画演劇の殿堂」がキャッチフレーズ。新作映画のほかに演劇や歌謡ショーなどの興行も行った。「希望音楽祭」(第1回歌謡ショー)では、灰田勝彦、三浦滉一、市丸、渡辺はま子、宮城まり子ら人気スターがステージに立った。*53

初代の「岡崎劇場」は1925年に建てられ、花道や桟敷席のある劇場だったが、1945年の岡崎空襲で焼失した。1945年12月、木材でなされた日本軍の借地清算の材木を利用して再建されて営業を再開した。1954年頃の岡崎劇場の写真あり。1964年には建て替えられた。1983年頃の岡崎劇場の写真あり。2001年に閉館し、跡地にはファミリーマート岡崎康生通南店が建っている。*54

1995年7月14日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎劇場1」には「7月15日オープン」。*55

1995年7月15日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎劇場1」では『ドラゴンボールZ』と『スラムダンク』と『忍空』を上映。*56

2001年1月14日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。岡崎劇場1は『バトル・ロワイアル』を上映、岡崎劇場2は『エクソシスト』を上映、岡崎劇場3は『グリンチ』を上映、岡崎劇場4は『ホワット・ライズ・ビニース』を上映。2001年1月16日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。岡崎劇場1・2・3は休館中、岡崎劇場4は『頭文字D』を上映。2001年1月31日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。岡崎劇場1・2・3は休館中、岡崎劇場4は『頭文字D』を上映。2001年2月1日の『東海愛知新聞』の映画上映案内に、岡崎劇場は1館も掲載されていない。*57*58*59*60

メトロ座・スカラ座/岡崎メトロ座・岡崎スカラ座

所在地 : 愛知県岡崎市井田南町6-7(1982年・1985年・1990年・1995年・2000年・2001年)
開館年 : 1981年7月4日
閉館年 : 2001年5月31日
1978年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1985年の映画館名簿では「メトロ座・スカラ座」(2館)。1987年の住宅地図では「メトロ座 スカラ座」。1990年の映画館名簿では経営会社が新世界興業、経営者が中村敏一、支配人が大橋千恵子、メトロ座が鉄筋造2階でスカラ座が鉄筋造1階、いずれも204席、いずれも洋画を上映。1990年・1995年・1997年・2000年・2001年の映画館名簿では「岡崎メトロ座・岡崎スカラ座」(2館)。1992年・1997年・2000年の住宅地図では「新世界興業 メトロ座 スカラ座」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。

1981年7月4日、岡崎市井田南町に新世界興業によって映画館「メトロ座」「スカラ座」の2館が開館する。6月26日には関係者150人を集めて落成式が行われた。100余台収容の駐車場を有する郊外型映画館である。この道30年の中村敏一社長は、名古屋や豊田に奪われている映画観客を取り戻そうと新世界興業を設立し、3月にメトロ座とスカラ座の起工式を行っていた。スカラ座では6月27日封切りの『スーパーマン2』を上映する。7月4日には「岡崎グランド」「岡崎ロマン」も開館するため、岡崎市の映画館は8館から一気に12館に増える。*61

日本映画製作者連盟が調査した映画館名簿を見ると、1986年時点で全国に約2,200館の映画館があり、うち30数人が女性である。人口28万人の岡崎市には13館の映画館があり、日本一の激戦地と言われる。1981年に開館した洋画系のメトロ座とスカラ座ほかの支配人は大橋千恵子支配人。国税局に勤務していた夫とともに東京から岡崎にやってきた。メトロ座とスカラ座の前身であるタカラ劇場でも支配人を務め、1986年時点で14-15年のキャリアを有する。*62

1999年12月1日21時55分頃、「スカラ座」と「メトロ座」が入る岡崎市井田南町6の新世界興業ビル4階の事務所から出火し、事務所20平方メートルを焼いた。メトロ座が上映中であり観客十数人がいたが、従業員の誘導で非難した。同ビルには2つの映画館が上下に分かれて入っている。*63

2001年5月末、岡崎市井田南町に集まる映画館「岡崎メトロ座」「岡崎メトロ2」「岡崎スカラ座」の3館が20年の歴史に幕を閉じる。3館の経営者は「新世界興業」(中村忍社長)。岡崎市では戦後すぐに映画の上映を始めた「岡崎劇場」が2001年1月に閉館したばかり。岡崎メトロ座は1981年(昭和56年)に2館体制でオープンし、アメリカ映画など洋画を中心に上映した。1993年(平成5年)にスカラ座を増やし、東宝の作品の上映も始めた。3館合わせて、約500席がある。ピーク時の1990年には3館合わせて年間約12万人が来場したが、それ以後は減少傾向にあり2000年には年間6万人を割り込んだ。市内の映画関係者によると、昭和40年代の岡崎市には15館前後の映画館があった。1月の「岡崎劇場」(同市康生通南)閉館(計4館)に続き、メトロ座の幕が閉じると、市内では「岡崎グランド劇場1・2」(同市伝馬通)、「岡崎南映劇場」(同市柱町)の計3館だけになる。*64

岡崎セブン座/岡崎メトロ2

所在地 : 愛知県岡崎市井田南町6-7(1988年・1990年・1995年・2000年・2001年)
開館年 : 1986年頃
閉館年 : 2001年5月31日
1978年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1985年・1986年の映画館名簿には掲載されていない。1987年の住宅地図では後の映画館の場所に「(建)」。1987年・1988年・1990年・1995年の映画館名簿では「岡崎セブン座」。1990年の映画館名簿では経営会社が新世界興業、経営者が中村敏一、支配人が大橋千恵子、鉄筋造1階、104席、洋画・成人映画を上映。1997年・2000年・2001年の映画館名簿では「岡崎メトロ2」。1992年・1997年・2000年の住宅地図では「セブン座」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2001年5月末、岡崎市井田南町に集まる映画館「岡崎メトロ座」「岡崎メトロ2」「岡崎スカラ座」の3館が20年の歴史に幕を閉じる。3館の経営者は「新世界興業」(中村忍社長)。岡崎市では戦後すぐに映画の上映を始めた「岡崎劇場」が2001年1月に閉館したばかり。岡崎メトロ座は1981年(昭和56年)に2館体制でオープンし、アメリカ映画など洋画を中心に上映した。1993年(平成5年)にスカラ座を増やし、東宝の作品の上映も始めた。3館合わせて、約500席がある。ピーク時の1990年には3館合わせて年間約12万人が来場したが、それ以後は減少傾向にあり2000年には年間6万人を割り込んだ。市内の映画関係者によると、昭和40年代の岡崎市には15館前後の映画館があった。1月の「岡崎劇場」(同市康生通南)閉館(計4館)に続き、メトロ座の幕が閉じると、市内では「岡崎グランド劇場1・2」(同市伝馬通)、「岡崎南映劇場」(同市柱町)の計3館だけになる。*65

2001年5月25日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎メトロ座」が『ザ・メキシカン』を上映しており、「5月31日閉館」との記載がある。「岡崎メトロ2」が『名探偵コナン』を上映しており、5月25日閉館との記載がある。*662001年5月31日の『東海愛知新聞』の映画上映案内。「岡崎メトロ座」が『ザ・メキシカン』を上映しており、「5月31日で閉館します」との記載がある。「岡崎メトロ2」は空白の枠だけ設けられている。*67

岡崎ロマン劇場・岡崎グランド劇場/岡崎グランド劇場1・2

所在地 : 愛知県岡崎市伝馬通2-35(1990年・2000年・2004年)
開館年 : 1981年7月4日
閉館年 : 2004年10月25日
前身館は岡崎日活ロマン。1983年の住宅地図では「ロマン・岡崎グランド」。1985年の映画館名簿では「岡崎ロマン劇場・岡崎グランド劇場」(2館)。1990年の映画館名簿では経営会社が筒井興業、経営者が筒井弘、支配人が白井宏幸、いずれも鉄筋造1階、181席と120席、いずれも洋画を上映。1990年・1995年・2000年・2004年の映画館名簿では「岡崎グランド劇場1・2」(2館)。1987年・1992年の住宅地図では「岡崎グランド ロマン」。1997年・2000年の住宅地図では「岡崎グランド」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

岡崎市伝馬2丁目には「東宝劇場」があった。「岡崎東映」、「岡崎グランド」と改称し、2020年現在はコンビニとなっている。1946年から1947年頃の写真あり。「岡崎東宝劇場」の写真が見える。『人生劇場』(※どの作品かは不明)の看板が見える。*68

1981年7月4日、岡崎市伝馬通2丁目に筒井興業によって映画館「岡崎グランド」と「岡崎ロマン」の2館が開館する。2月に300席の「岡崎日活ロマン」が焼失すると、その跡地に2館のミニシアターを建設した。岡崎グランドは200席、岡崎ロマンは130席。岡崎グランドは洋画を上映し、オープニング作品は『007 ユア・アイズ・オンリー』。落成式は行わないが、先着500人にプレゼントがある。筒井興業の映画館は5館となる。同日には岡崎市井田南町に新世界興業によって『メトロ座』『スカラ座』も開館し、岡崎市に8館だった映画館は一気に12館となる。*69

1981年7月3日付『中日新聞』西三河版には、「明4日(土)AM11:00オープン!! 岡崎グランド劇場 岡崎ロマン劇場」という広告が掲載されている。「岡崎グランド 洋画ロードショウ 駐車場完備」「岡崎ロマン にっかつポルノ 駐車場完備」「両館毎金・土曜オールナイト」「去る2月火災類焼」などと書かれている。岡崎グランドのオープニング作品は『007 ユア・アイズ・オンリー』。岡崎ロマンのオープニング作品は『女教師のめざめ』『性乱の日々 グレープ・フルーツのような女』『もっと激しく もっと強く』の3本立。*70

1981年(昭和56年)に「岡崎東映」が火災に遭い、跡地に「グランド劇場」が開館した。*71

1954年(昭和29年)に開館した「岡崎東映」は、その後「岡崎グランド劇場」に変わり、2004年(平成16年)まで営業していた。現在はその跡地でミニストップが営業している。*72

1982年頃の「岡崎グランド劇場」・「ロマン劇場」の写真あり。明治期から昭和初期の西本陣跡には劇場「常盤館」があったが、太平洋戦争の戦災によって焼失した。1947年には常盤館跡地に「岡崎東映」が開館し、1981年には火災で焼失した。同年には岡崎東映跡地にグランド劇場とロマン劇場が開館した。2004年に閉館し、2020年現在の跡地にはミニストップ岡崎伝馬通店が建っている。*73

南映/南映劇場/岡崎南映劇場

所在地 : 愛知県岡崎市羽根町(1958年)、愛知県岡崎市柱町(1960年)、愛知県岡崎市柱町東荒子46(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)、愛知県岡崎市柱町東荒子46-6(1990年・1995年・2000年・2005年・2007年)
開館年 : 1956年10月10日
閉館年 : 2006年1月19日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「南映」。1958年の岡崎市住宅明細地図では「南映劇場」。1959年の全住宅案内図帳では「南映劇場」。1961年の岡崎市外住宅明細地図では「南映劇場」。1962年の全商工住宅案内図帳では「南映劇場」。1963年の映画館名簿では「南映劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2007年の映画館名簿では「岡崎南映劇場」。1968年の岡崎市住宅地図では「南映劇場」。2000年の住宅地図では「南映劇場」。2008年の映画館名簿には掲載されていない。1980年頃から2006年の閉館まで成人映画館。シネコン以外では岡崎市最後の映画館。跡地は「柱町上荒子交差点」北西の「こはく薬局」付近。区画整理でこの地域の街区は大きく変化しており、場所は参考程度に。最寄駅はJR東海道本線岡崎駅。

2001年1月5日頃の上映作品は、『絶倫義父の下半身』『ねっちゃり白衣』『私、潮吹きなんです』。毎土曜オールナイトとの記載あり。この時点の岡崎には岡崎南映劇場のほかに、岡崎劇場1・2・3・4、岡崎グランド1・2、岡崎スカラ座、岡崎メトロ座、岡崎メトロ2があった。*74

2002年12月28日頃の上映作品は、『息子いじり』『淫乱・巨乳・薄毛』『禁断不倫』。毎土曜オールナイトとの記載あり。この時点の岡崎には岡崎南映劇場のほかに、岡崎グランド1・2があった。*75

2003年12月28日頃の上映作品は、『引き裂かれた下着』『暴走下半身』『人に言えない性癖』。毎土曜オールナイトとの記載あり。この時点の岡崎にあった映画館は岡崎南映劇場のみであり、一般映画館は存在しなかった。*76

2004年12月29日頃の上映作品は、『美人保健婦 覗かれた医務室』『SM女医 巨乳くい込む』『スケベOL 感度良好』。毎土曜オールナイトとの記載あり。この時点の岡崎にあった映画館は岡崎南映劇場のみであり、一般映画館は存在しなかった。*77

2006年1月19日頃の上映作品は、『花と蛇2 パリ/静子』『しっとり熟女 三十路の昼下り』。毎土曜オールナイトとの記載あり。この時点の岡崎にあった映画館は岡崎南映劇場のみであり、一般映画館は存在しなかった。『東海愛知新聞』に掲載された最後の上映案内である。*78

2006年1月18日付の『東海愛知新聞』には岡崎南映劇場の閉館を伝える記事が掲載されている。住職のいなかった地蔵尊の跡地に映画館が誘致され、1956年10月10日に山田守(山田敏貴の父)によって岡崎南映劇場が開館した。1980年頃までは一般映画館であり、大映・東宝・松竹の作品を2本立てで上映していた。当時のこの地域には、日清紡戸崎工場、日清紡針崎工場、森永製菓岡崎工場などがあり、計数千人が工場などで働いていた。開館からすぐに繁盛し、開館を待つ行列が国鉄岡崎駅まで伸びたこともあった。開館時間前や休憩時間には周辺の商店街も活気づいた。映画人気が低下すると、一般映画と成人映画を交互に上映するようになった。息子の山田敏貴が経営を引き継ぐと、人気が上昇していた成人映画の専門館に転換した。50年間にわたって無休で営業し、週末のレイトショーも含めて“週8日”営業した。近年の観客数は全盛期の1/10ほどである。周辺地域で土地区画整理事業が行われ、行政から立ち退き通告を受けたため、閉館することとなった。閉館後すぐ、1月中には建物が取り壊される。閉館時の館主は山田敏貴(73)。*79

シネプレックス岡崎/ユナイテッド・シネマ岡崎

所在地 : 愛知県岡崎市羽根町小豆坂3 ウイングタウン内(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2007年7月14日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「シネプレックス岡崎1-9」(9館)。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ岡崎1-9」(9館)。

2007年4月、角川ヘラルド・ピクチャーズグループのヘラルド・エンタープライズは、愛知県岡崎市にシネコン「シネプレックス岡崎」を開館させる。9スクリーン1900席を予定。シネプレックスとしては標準的な大きさであり、国内12サイト目、中部地方では同社初のシネコンとなる。愛知県は全国随一のシネコン激戦区であり、18サイト計179スクリーンはいずれも全国最多だが、岡崎市にはシネコンが存在しない。隣接する蒲郡市や集客できずと見込み、豊田市からも年間75万人の観客数を想定している。自動車部品のクラタ産業工場跡地に建設し、スーパーなどとの複合商業施設になる見込み。*80

2007年7月14日、岡崎市羽根町小豆坂に複合映画館「シネプレックス岡崎」が開館する。市内では約3年ぶりとなる一般映画館の復活。角川シネプレックスが全国展開するシネマコンプレックス(複合映画館)の12店目。175席から426席までの9面のスクリーンを備えており、総座席数は1978席。各スクリーンともデジタル音響に対応しており、うち3スクリーンは反響を抑える特殊な吸音設備を有する音響システムを導入する。駐車場は1350台分を予定。チケットはパソコンや携帯電話からインターネットで購入できる。日時指定した事前購入は4日前から可能。岡崎市内には昭和40年代に15の映画館があったが、成人映画館を除けば2004年10月に閉館した伝馬通の岡崎グランド劇場が最後の映画館だった。*81

2007年7月14日、岡崎市羽根町のクラタ産業工場跡地に「シネプレックス岡崎」が開館する。9スクリーン計1978席。岡崎市にシネコンは初めて。岡崎市経済振興部商工労政課によると、かつて岡崎市には最大7館の映画館があったが、2004年1月に岡崎南映劇場が閉館してからは映画館がなくなっていた。角川シネプレックスにとって13館目のシネコンであり、中部地方では同社初のシネコン。*82

2007年7月、角川シネプレックスによってシネコン「シネプレックス岡崎」が開館した。175席から最大426席までの9スクリーンを備え、座席総数は1978席。1350台分の駐車場がある。チケットはパソコンや携帯電話から購入でき、日時指定の事前購入は4日前から可能。「スクリーン9つ 映画館オープン シネプレックス岡崎」『中日新聞』、2007年7月19日))

イオンシネマ岡崎

所在地 : 愛知県岡崎市戸崎町大字大道西20(2010年)、愛知県岡崎市戸崎町大字大道西20番地 イオンモール岡崎S.C内(2015年・2020年)
開館年 : 2008年11月28日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「イオンシネマ岡崎1-10」(10館)。

2008年11月28日、イオンモール岡崎に娯楽の中心としてシネマ館が新設されてリニューアルオープンする。10スクリーン計1,500席のシネコンとゲームセンターが入る。商業施設面積は67,000平方メートルから95,000平方メートルに増える。商圏は豊田市や東三河地方も含めた車で50分以内の100万人を見込んでいる。*83

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます