閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。


中予地方

松山市

松山市の映画館
松山市の映画館に言及している文献として、上田雅一『シネマな面々 松山発映画人生』(キネマ旬報社、1998年)や池田洋三『新版 わすれかけの街 松山戦前・戦後』(愛媛新聞社、2002年)やおかひろし「映画館は滅びず」『松山百点』(松山百点会、2006年新春号=第246号〜2007年霜月号=第257号)などがある。現物は未確認。*1*2

戦後の松山市内には多数の映画館があり、特に全盛期の「松山グランド劇場」には一日7000人以上の観客が入った。中心市街地以外にも、国鉄和気駅前の「和気座」、三津商店街の「温泉劇場」「三津東映」「永楽座」「柳勢座」「電気館」などもあった。1970年代に残っていたのは「国際劇場」(現在のシネマサンシャイン)、「タイガー劇場」(現在のシネマサンシャイン大街道)、「松山劇場」(現在のシネリエンテ)、「グランド劇場」、「オリオン劇場」、「ロマン座」の6館である。ロマン座の跡地は愛媛銀行となり、「新栄座」の跡地はパチンコマルタマになるなどした。*3

戦前の松山市には2劇場と5映画館があったが、太平洋戦争の空襲ですべて焼失した。1946年頃から劇場や映画館が復活し、1952年頃には35館もの映画館があった。戦前の大街道を代表する建物として劇場の「新栄座」があり、1946年1月にはバラック建てで営業を再開した。1946年10月には湊町2丁目に「松山劇場」が開館し、1947年9月にはもとの国技座が「国際劇場」として開館した。1949年12月には大街道1丁目に「グランド劇場」が開館し、1950年12月には松山市駅前(現在の千舟町5丁目)に4階建ての「オリオン劇場」が開館し、同じく12月には「有楽座」が開館した。その他には「セントラル劇場」「タイガー劇場」「ライオン館」「本町劇場」「銀映」「ロマン座」などもあった。昭和30年代になると遊技場や市場に転換されたり閉館する映画館もあり、1957年には新栄座も閉館した。2005年現在の新栄座やセントラル劇場の跡地はパチンコ店などの遊技場となっている。国際劇場やロマン座の跡地は駐車場、グランド劇場の跡地は大型電器店、銀映の跡地はホテル、オリオン劇場の跡地は保険会社ビル、有楽座や弁天座の跡地は商店となっている。*4
中島中央館
所在地 : 愛媛県温泉郡中島町睦月(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「中島中央館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中島睦映
所在地 : 愛媛県温泉郡中島町(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「中島睦映」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中島島映タイガー
所在地 : 愛媛県温泉郡中島町(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「中島島映タイガー」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
中島座
所在地 : 愛媛県温泉郡中島町大字大浦(1955年)、愛媛県温泉郡大浦(1963年)、愛媛県温泉郡中島町(1966年)
開館年 : 1935年頃
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1963年・1966年の映画館名簿では「中島座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
松山泊劇場
所在地 : 愛媛県松山市興居島(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「松山泊劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
松山由良座
所在地 : 愛媛県松山市興居島(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「松山由良座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
松山イワゼキヒル劇場
所在地 : 愛媛県松山市石井(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「松山イワゼキヒル劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
三津浜東劇/松山宮前東劇
所在地 : 愛媛県松山市三津浜宮前町(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
永楽座/松山永楽座
所在地 : 愛媛県松山市三津柳町51(1955年・1960年)、愛媛県松山市三津柳町(1966年)
開館年 : 1951年1月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年1月開館。
モデル座/松山モデル座
所在地 : 愛媛県松山市萱町4丁目(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「モデル座」。1966年の映画館名簿では「松山モデル座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
松山セントラル/セントラル劇場/松山セントラル劇場
所在地 : 愛媛県松山市大街道2(1955年)、愛媛県松山市大街道2丁目(1960年・1966年)
開館年 : 1948年5月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年5月開館。
銀映/松山銀映(旧)
所在地 : 愛媛県松山市唐人町3(1955年)、愛媛県松山市三番町2丁目(1969年)
開館年 : 1950年12月
閉館年 : 1969年11月
『全国映画館総覧 1955』によると1950年12月開館。1955年の映画館名簿では「銀映」。1969年の映画館名簿では「松山銀映」。1969年11月に移転。
風早劇場/北条東映/北条風早劇場
所在地 : 愛媛県温泉郡北条町大字辻(1955年)、愛媛県北条市辻町(1969年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1955年の映画館名簿では「風早劇場」。

温泉郡北条町辻(現在の松山市)には劇場「大正座」があった。大正初期頃に開館し、木造一部2階建で500人以上収容する巨大な劇場だった。内部には手動の回り舞台や花道があり、枡席の見物席にはゴザが敷かれていた。劇場正面の2階には太鼓櫓があった。戦前の大正座は芝居と映画を半々くらいで興行し、浪曲、人形浄瑠璃、歌謡ショー、マジックショーなども行われた。高田浩吉、鶴田浩二、田端義夫、杉村千恵子などが来演したこともある。戦後の1952年頃には映画館となり、「宝館」に改称した。日本初の総天然色映画である『カルメン故郷に帰る』や『渡り鳥シリーズ』なども上映された。宝館は1965年頃に閉館した。戦後の北条町の本町には映画館「文化会館」が、辻町には映画館「風早劇場」(かざはやげきじょう)が開館し、大正座を含めた3館が100m以内の距離にあった。文化会館は造り酒屋の酒蔵を改装して作られていた。2005年現在の大正座跡地は病院となり、風早劇場跡地は銭湯の駐車場となり、文化会館跡地は個人商店となっている。*5
有楽座/日活有楽座/松山日活有楽座
所在地 : 愛媛県松山市大街道2(1955年)、愛媛県松山市大街道2-1(1960年・1969年)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年11月開館。1955年の映画館名簿では「有楽座」。1955年の映画館名簿では鉄筋造2階冷暖房付、定員570、洋画・混合を上映。1969年の映画館名簿では「松山日活有楽座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
東劇/松山東劇
所在地 : 愛媛県松山市此花町206(1960年)、愛媛県松山市此花町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1969年の映画館名簿では「松山東劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
本町劇場/松山本町劇場
所在地 : 愛媛県松山市本町1-5(1955年)、愛媛県松山市本町2丁目(1969年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1955年の映画館名簿では「本町劇場」。1969年の映画館名簿では「松山本町劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
昭劇/松山昭劇
所在地 : 愛媛県松山市竹原町51(1960年・1966年)、愛媛県松山市竹原町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1969年の映画館名簿では「松山昭劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
センター シネマ/松山センターシネマ
所在地 : 愛媛県松山市南吉田町1826(1960年)、愛媛県松山市南吉田町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1969年の映画館名簿では「松山センターシネマ」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
三津浜東映/三津浜東映劇場
所在地 : 愛媛県松山市三津住吉町(1960年)、愛媛県松山市三津浜住吉町(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿では「三津浜東映」。1969年の映画館名簿では「三津浜東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
スバル座/松山スバル座(旧)
所在地 : 愛媛県松山市弁天町51(1963年)、愛媛県松山市花園町1-2(1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1960年8月
閉館年 : 1973年6月(移転)
1963年の映画館名簿では「スバル座」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松山スバル座」。松山オリオン座と同一ビルの2階。
奥道後中ホール
所在地 : 愛媛県松山市奥道後(1969年・1973年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1973年以後1980年以前
1969年・1973年の映画館名簿では「奥道後中ホール」。1973年の映画館名簿では経営会社は来島どっく観光部。1980年の映画館名簿には掲載されていない。
オリオン劇場/松山オリオン座
所在地 : 愛媛県松山市弁天町5-1(1955年)、愛媛県松山市花園町1-2(1969年・1973年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1973年5月
1955年の映画館名簿では「オリオン劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「松山オリオン座」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。4階建てビルにあり、同一ビルの2階には1960年から1973年に移転するまで「松山スバル座」があった。跡地は「日本生命松山市駅前ビル」。
ロマン座/東映ロマン座/松山ロマン座(旧)
所在地 : 愛媛県松山市湊町4-7(1955年)、愛媛県松山市湊町4丁目(1960年)、愛媛県松山市湊町4-1-8(1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1953年5月
閉館年 : 1976年以後1980年以前(移転)
『全国映画館総覧 1955』によると1953年5月開館。1955年の映画館名簿では「ロマン座」。1960年の映画館名簿では「東映ロマン座」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松山ロマン座」。
大劇/松山大劇
所在地 : 愛媛県松山市北柳井町1-173(1963年)、愛媛県松山市柳井町3丁目(1966年・1969年・1973年)、愛媛県松山市柳井町3(1976年)
開館年 : 1957年4月
閉館年 : 1978年11月
1963年の映画館名簿では「大劇」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松山大劇」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「コーポ柳井」。
松山銀映(新)
所在地 : 愛媛県松山市三番町2-7(1980年)
開館年 : 1969年11月
閉館年 : 1983年1月
1969年11月に移転。1980年の映画館名簿では「松山銀映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はホテル「チェックイン松山」。

阿奈井文彦の『名画座時代 消えた映画館を探して』には、池袋の「人世坐」、新宿の「日活名画座」、群馬県の「前橋文映」、愛媛県の「松山銀映」などが登場する。*6
松山ロマン座(新)
所在地 : 愛媛県松山市湊町3-1(1980年・1985年)
開館年 : 1976年以後1980年以前(移転)
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1980年・1985年の映画館名簿では「松山ロマン座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
柳勢座/松山柳勢座
所在地 : 愛媛県松山市住吉町2-2-10(1969年・1980年・1985年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1960年の映画館名簿では「柳勢座」。1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「松山柳勢座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。

『キネマ旬報』1977年1月号(699号)には「われらの映画館 松山柳勢座」が掲載されている。現物は未確認。*7

2014年1月に松山市住吉1丁目5⁻5にオープンした観光案内所「みつはまレトロ」には、明治・大正・昭和の三津浜の風景写真や資料が展示されており、三津浜にあった映画館「柳勢座」(りゅうせいざ)で使われていた映写機が展示されている。1955年頃の三津浜には5館の映画館があった。
松山大三ホール・ヌードホール/松山大三ホール・大五ホール・ヌードホール/松山大三ホール・大五ホール・中ホール
所在地 : 愛媛県松山市湯山(1969年・1973年)、愛媛県松山市末町267(1980年・1985年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
1973年の映画館名簿では「松山大三ホール・ヌードホール」(2館)。1980年の映画館名簿では「松山大三ホール・大五ホール・ヌードホール」(3館)。1980年の映画館名簿では「松山大三ホール・大五ホール・中ホール」(3館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。「ホテル奥道後」(現・奥道後 壱湯の守)に併設されていた。
松山東映劇場/松山東映グランド/東映松山グランド劇場/松山グランド劇場
所在地 : 愛媛県松山市南夷子町86(1953年・1955年・1960年・1963年)、愛媛県松山市千船町2-4-4(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 1986年末
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「松山グランド劇場」。1960年の映画館名簿では「松山東映劇場」。1963年の映画館名簿では「松山東映グランド」。1966年の映画館名簿では「松山東映グランド劇場」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「東映松山グランド劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「松山グランド劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「クレアホームズ松山千舟町」。

松山市の大街道周辺には多数の芝居小屋や映画館があった。明治時代には正岡子規が夏目漱石を連れ立って芝居を観に行ったことがあり、大正時代には伊丹万作がしょっちゅう映画館に通っていた。戦後の大街道には「有楽座」「タイガー劇場」「銀映」「国際劇場」などがあり、銀天街アーケードに続く交差点付近には「松山グランド劇場」があった。松山グランド劇場は戦後すぐに建てられ、昭和末期に閉館した。2013年現在の跡地は駐車場となっており、近くには往時を知る末広堂や廣田酒店などがある。*8
松山スバル座(新)
所在地 : 愛媛県松山市大街道2-6-6(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1973年6月(移転開館)
閉館年 : 1990年1月
1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「松山スバル座」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「無印良品」があるビル付近とされる。
フォーラム松山1・2・3/シネマルナティック(河原町)
所在地 : 愛媛県松山市河原町138(1990年)、愛媛県松山市河原町138 フォーラムビル5階(2005年)
開館年 : 1988年7月31日(フォーラム松山)、1994年(シネマルナティック河原町)
閉館年 : 1990年11月4日(フォーラム松山)、2004年(シネマルナティック河原町)
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「フォーラム松山1・2・3」(3館)。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「シネマルナティック」。跡地は1994年に開店したライブハウス「松山サロンキティ」がある6階建ての「キティビル」。

1988年7月末、松山市河原町に映画館「フォーラム松山」が開館した。松山市民ら約400人が出資した。1階・2階がクラシック作品を上映するフォーラム1(84席)、3階・4階が特選作品を上映するフォーラム2(84席)、5階・6階がロードショー作品を上映するフォーラム3(144席)。会社社長の酒井正則が私財を投じ、総工費3億4000万円かけて6階建てビルを建設した。酒井は建設費の一部を借金しており、映画ファンが1口5万円・目標8000万円で出資を募ったところ、達成まであと一息となっている。*9

松山市河原町の映画館「シネマルナティック」では、橋本達也(36)が映写・チケット販売・掃除などを一人で担当している。1988年に市民グループが資金を出し合ってこの映画館が開館し、橋本は勤めていた会社を辞めて運営に参画した。運営難により1990年に閉館したが、1994年にはビル所有者から誘われて再開館し、市川雷蔵特集、フランス映画『アリゾナ・ドリーム』などを上映した。*10

2001年10月には松山市河原町の映画館「シネマルナティック」が開館7周年を迎える。四国でアート系作品を専門に上映する唯一の映画館である。代表の橋本達也(41)は愛媛大学農学部出身であり、1988年に市民出資の映画館「フォーラム松山」の設立に携わると、同館閉館後は広島市のサロンシネマに勤め、その後松山市の「シネリエンテ」の支配人となった。シネマルナティックの観客層は20代から30代の女性が中心であり、ウォン・カーワイ監督の香港映画『恋する惑星』などがヒットした。*11

松山市の柳井町商店街は、市南部の玄関口として発展した町である。大正時代末期に街が生まれ、1940年ころまでに商店街が形成された。立花橋のたもとのビルの5階には映画館「シネマルナティック」がある。1988年に市民出資型映画館として開館したが、資金難により2年ほどで閉館した。1988年の開館に携わった橋本達也が自己資金をつぎ込み、1994年10月に再開館した。*12
松山国際劇場/松山レッドホール・ブルーホール・グリーンホール・イエローホール/松山シネマサンシャイン1-6
所在地 : 愛媛県松山市三番町1(1953年・1955年・1966年・1969年・1973年・1976年)、愛媛県松山市三番町3-7-1 松山国際ビル(1980年・1985年)、愛媛県松山市三番町3-7-1 サンシャインビル(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1947年8月
閉館年 : 2003年5月6日
『全国映画館総覧 1955』によると1947年8月開館。1953年・1955年・1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「松山国際劇場」。1978年12月に4スクリーン化。1980年・1985年の映画館名簿では「松山レッドホール・ブルーホール・グリーンホール・イエローホール」(4館)。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「松山シネマサンシャイン1-6」(6館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山口銀行松山支店」20m東にある建設中のマンションの駐車場。

2003年5月9日、松山市三番町3の映画館「松山シネマサンシャイン」が閉館した。1997年度には年間約76万人の観客を集めたが、2002年度には年間約20万人にまで激減していた。運営する佐々木興業は、1999年に大洲市と今治市に、2000年に松山市衣山に郊外型大型シネコンを開館させており、松山シネマサンシャインは同系列のシネコンに観客を奪われていた。150m南の「大街道シネマサンシャイン」が営業を続けている。*13
白鳥館/松山タイガー劇場/松山シネマサンシャイン7・8/シネマサンシャイン大街道1-5
所在地 : 愛媛県松山市大街道1(1953年・1955年)、愛媛県松山市大街道1丁目(1960年・1966年・1969年・1973年・1976年)、愛媛県松山市大街道1-10-5(1980年・1985年)、愛媛県松山市大街道1-5-10(1990年・2010年)
開館年 : 1952年5月(タイガー劇場)
閉館年 : 2021年1月11日
『全国映画館総覧 1955』によると1952年5月開館。1955年の映画館名簿では「タイガー劇場」。1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「松山タイガー劇場」。1986年末松山タイガー劇場閉館。1990年の映画館名簿では「松山シネマサンシャイン7・8」(2館)。1995年の映画館名簿では「大街道シネマサンシャイン7・8」(2館)。2000年の映画館名簿では「松山シネマサンシャイン7・8」(2館)。2003年3月21日に5スクリーン化。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン大街道1-5」(5館)。

2003年3月21日、松山市の映画館「大街道シネマサンシャイン」がリニューアルオープンする。これまで2館だったが3館を増築して計5館とし、収容人数はこれまでの計290人から計494人となる。*14

「シネマサンシャイン大街道」は1989年から約32年間にわたって営業してきたが、2021年1月11日もって閉館することとなった。*15

2021年1月11日をもって、松山市大街道1丁目の映画館「シネマサンシャイン大街道」が閉館する。運営する佐々木興業が発表した。約150メートル離れた「松山シネマサンシャイン」の別館として、1989年にシネマサンシャイン大街道が開館した。2003年に松山シネマサンシャインが閉館したことで、同年には2スクリーンから5スクリーンに増やしてリニューアルオープンした。佐々木興業は2000年に「シネマサンシャイン衣山」、2003年に東温市に「シネマサンシャイン重信」、2010年に松崎町に「シネマサンシャインエミフルMASAKI」と、郊外型シネコンを相次いで開館させた。2004年のシネマサンシャイン大街道の観客数は約11万人だったが、2019年には約4万4000人にまで減少していた。2020年には新型コロナウイルス感染症の影響で、4月17日から約1か月間は休館。松山映画祭が中止されたことなどもあって、観客数は2019年の半分程度だった。1989年に竣工したビルは改修が必要なこともあり、総合的な判断から閉館が決定した。2000年代にはシネコンとの差別化を図るために単館系やアート系作品を増やし、愛媛県ではシネマサンシャイン大街道でしか上映しない作品も多かった。1950年代半ばの松山市には約30館の映画館があったが、松山市中心部の映画館は「シネマルナティック」のみとなる。*16

2021年1月11日をもって、松山市大街道1の映画館「シネマサンシャイン大街道」が閉館する。松山市中心部に2軒ある映画館の片方である。昭和20〜30年代の繁華街には映画館や劇場の開館が相次ぎ、最盛期の松山市内には32館の映画館があったが、現在は松山市中心部に2軒のみ残っている。*17

2021年1月11日をもって、松山市大街道1丁目の映画館「シネマサンシャイン大街道」が閉館した。経営は佐々木興業。*18
湊町シネマローズ
所在地 : 愛媛県松山市湊町3-1-9 マツゲキビル4階
開館年 : 不明
閉館年 : 営業中
映画館名簿には掲載されていない。成人映画館。
松劇/松山劇場/松山劇場1・2/シネ リエンテ1・2/シネ リエンテ1・2・3/シネマルナティック(湊町)
所在地 : 愛媛県松山市(1950年)、愛媛県松山市湊町2-10(1953年・1955年・1960年)、愛媛県松山市湊町3丁目(1966年・1969年・1973年・1976年)、愛媛県松山市湊町3-1-9(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)、愛媛県松山市湊町3-1-9 マツゲキビル2階(2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1947年10月(松山劇場)、1994年10月1日(シネ・リエンテ)、2005年7月1日(シネマルナティック湊町)
閉館年 : 営業中
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「松山劇場」。1955年の映画館名簿では「松劇」。1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「松山劇場」。1990年の映画館名簿では「松山劇場1・2」(2館)。1995年の映画館名簿では「シネ・リエンテ1・2」(2館)。2000年・2005年の映画館名簿では「シネ・リエンテ1・2・3」(3館)。2005年7月1日にシネ・リエンテ跡地にシネマルナティック開館。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマルナティック」。

2005年6月24日をもって、松山市湊町3の銀天街商店街南の複合施設「マツゲキアトリウム」にある映画館「シネ・リエンテ」(160席)が休館する。松劇興業が1946年から営業を続けていた。松山市河原町の映画館「シネマ・ルナティック」がこの施設を引き継ぎ、7月1日に「シネマ・ルナティック湊町」に改称して営業を再開する。7月1日の上映作品は『ゴッドファーザー』など2本。シネマ・ルナティックは中心市街地での営業を希望しており、松劇興業との賃借契約がまとまったため。*19

2014年8月23日、松山市湊町3のミニシアター「シネマルナティック」で、開館20周年記念イベントとして松前町出身の片岡礼子の出演作が上映される。『KAMIKAZE TAXI』『鬼火』『ハッシュ!』の3作品が上映され、片岡のトークイベントも開催される。1994年10月1日、閉館した映画館の設備を引き継いでシネマルナティックが開館した。韓国映画の『シュリ』、インド映画の『ムトゥ 踊るマハラジャ』などがヒットした。9月27日には石井岳龍監督を招いたトークイベントの開催を予定している。*20

2014年8月23日、松山市の映画館「シネマルナティック」は開館20周年を記念して、松前町出身の女優である片岡礼子が出演する作品の映画祭を開催する。1994年10月1日に開館した。*21
衣山シネマサンシャイン/シネマサンシャイン衣山
所在地 : 愛媛県松山市衣山1-188 パルティフジ衣山2階(2005年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 2000年12月9日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「衣山シネマサンシャイン1-9」(9館)。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「シネマサンシャイン衣山1-9」(9館)。

2000年12月9日、松山市衣山1に「パルティフジ衣山ショッピングセンター」がオープンする。スーパーなどの大規模な店舗はなく、シネコン「衣山シネマサンシャイン」が中心となる新タイプのショッピングセンターである。衣山シネマサンシャインは9スクリーン計1565席を有し、中四国最大のシネコンとなる。床面の傾斜角度が大きいスタジアム方式、ドルビーデジタル音響を採用している。*22

伊予市

大正座/中山大正座
所在地 : 愛媛県伊予郡中山町大字中山5262(1955年)、愛媛県伊予郡中山町(1966年)
開館年 : 1913年10月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1913年10月開館。1955年の映画館名簿では「大正座」。
上灘劇場/双海上灘劇場
所在地 : 愛媛県伊予郡上灘町5丁目(1955年)、愛媛県伊予郡双海町上灘(1966年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1955年の映画館名簿では「上灘劇場」。
伊予大劇
所在地 : 愛媛県伊予市灘町2丁目(1960年)、愛媛県伊予市灘町(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1966年の映画館名簿では「伊予大劇」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
旭館/朝日館/伊予朝日館
所在地 : 愛媛県伊予郡郡中町旭町1-10(1955年)、愛媛県伊予市灘町(1960年)、愛媛県伊予市旭町(1966年・1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「旭館」(朝日ではなく旭)。1960年の映画館名簿では「朝日館」。1966年・1969年の映画館名簿では「伊予朝日館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。伊予市最後の映画館。

東温市

名越座
所在地 : 愛媛県温泉郡川上村宮東区(1955年)、愛媛県温泉郡川内町南方(1960年)、愛媛県温泉郡川内町南6(1963年)
開館年 : 1907年4月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1907年4月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「名越座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
川内劇場
所在地 : 愛媛県温泉郡川内町(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「川内劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
ユニオン劇場/重信ユニオン劇場
所在地 : 愛媛県温泉郡重信町横河原(1960年)、愛媛県温泉郡重信町(1966年)
開館年 : 1953年? 1954年6月?
閉館年 : 1967年
『全国映画館総覧 1955』によると1954年6月開館。1955年の映画館名簿では「ユニオン劇場」。

*23
重信シネマサンシャイン/シネマサンシャイン重信
所在地 : 愛媛県東温市野田3-1-13 フジグラン重信3階(2010年)
開館年 : 2003年7月5日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン重信1-7」(7館)。

2003年7月のこのほど、温泉郡重信町野田3のフジグラン重信にシネコン「重信シネマサンシャイン」が開館した。松山市周辺では3施設目のシネコンである。69席から313席の7スクリーンを有する。*24

上浮穴郡久万高原町

宝映画劇場/久万宝映画劇場
所在地 : 愛媛県上浮穴郡久万町(1969年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

伊予郡松前町

大坪座/第一大坪座
所在地 : 愛媛県伊予郡松前町(1969年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
シネマサンシャインエミフルMASAKI
所在地 : 愛媛県伊予郡松前町大字筒井850 エミフルMASAKIアミューズ棟2階
開館年 : 2010年2月
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

伊予郡砥部町

東予地方

今治市

宮窪座/宮窪有楽座
所在地 : 愛媛県越智郡宮窪町大字宮窪(1955年)、愛媛県越智郡宮窪町(1966年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「宮窪座」。
寿座/菊間寿座
所在地 : 愛媛県越智郡菊間町上町(1963年)、愛媛県越智郡菊間町(1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「寿座」。1966年の映画館名簿では「菊間寿座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
小部座
所在地 : 愛媛県越智郡波方村字小部甲334(1955年)、愛媛県越智郡波方町(1966年)
開館年 : 1920年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1920年開館。
波止浜劇場/波止浜東映劇場/今治波止浜劇場
所在地 : 愛媛県越智郡波止浜町(1955年)、愛媛県今治市波止浜町649(1966年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「波止浜劇場」。
大劇/今治大劇
所在地 : 愛媛県今治市柳町(1955年・1966年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年8月開館。1955年の映画館名簿では「大劇」。
大和座/木ノ浦大和座
所在地 : 愛媛県越智郡伯方町字木浦(1955年)、愛媛県越智郡伯方町木浦(1969年)
開館年 : 1927年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1927年開館。1955年の映画館名簿では「大和座」。
今治東映/今治東映劇場
所在地 : 愛媛県今治市京町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
スカラ座/今治スカラ座
所在地 : 愛媛県今治市広小路(1960年)、愛媛県今治市駅前通り(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
銀星映画劇場/今治銀映
所在地 : 愛媛県今治市金星町2丁目(1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「銀星映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「今治銀映」。
今治京町東映/今治京町映劇
所在地 : 愛媛県今治市共栄町3(1976年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1976年以後1980年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
今治セントラル/セントラル劇場/今治中央劇場(旧)
所在地 : 愛媛県今治市京町(1955年)、愛媛県今治市京町62-1(1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1927年4月
閉館年 : 1976年以後1980年以前移転
『全国映画館総覧 1955』によると1927年4月開館。1955年の映画館名簿では「セントラル劇場」。1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「今治中央劇場」。
共楽館/今治日活共楽館/今治日活劇場/今治中央劇場(新)
所在地 : 愛媛県今治市(1950年)、愛媛県今治市京町(1953年・1955年・1960年)、愛媛県今治市京町字浜田甲624-6(1966年)、愛媛県今治市共栄町4-3-1(1969年・1980年・1982年)
開館年 : 1925年3月(共楽館)、1976年以後1980年以前(今治中央劇場)
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「共楽館」。1955年の映画館名簿では鉄筋造2階、定員800、松竹・東映を上映。1960年の映画館名簿では「今治日活共楽館」。1966年の映画館名簿では鉄筋造2階、経営会社は太陽企業、定員621、日活を上映。1966年・1969年の映画館名簿では「今治日活劇場」。1973年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年以後1980年以前今治中央劇場移転。1980年・1982年の映画館名簿では「今治中央劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
第一劇場/今治第一劇場/今治一劇・今治ロキシー
所在地 : 愛媛県今治市京町60(1953年)、愛媛県今治市京町(1960年・1966年・1969年)、愛媛県今治市共栄町4丁目(1973年・1976年)、愛媛県今治市共栄町4-14(1980年・1985年)
開館年 : 1952年1月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「第一劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「今治第一劇場」。1985年の映画館名簿では「今治一劇・今治ロキシー」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
今治シネマサンシャイン/シネマサンシャイン今治
所在地 : 愛媛県今治市東門町5-13-1(2000年)、愛媛県今治市東門町5-13-1 フジグラン今治2階(2005年・2010年)
開館年 : 1999年12月4日(シネマサンシャイン)、2013年11月30日(ユナイテッド・シネマ)
閉館年 : 2013年9月30日(シネマサンシャイン)
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年の映画館名簿では「今治シネマサンシャイン1-6」(6館)。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン今治1-6」(6館)。後継館はユナイテッド・シネマフジグラン今治。

1999年12月4日、今治市東門町5のフジグラン今治にシネコン「今治シネマサンシャイン」が開館する。97席から250席の計6スクリーン909席を有する。経営は佐々木興業。年間30万人の動員を見込んでいる。*25

2013年9月末、今治市東門町5丁目の映画館「シネマサンシャイン今治」が閉館する。1999年12月に開館し、ロードショー作品を中心に上映していた。6スクリーン計909席を有する。2002年の23万人が観客数のピークであり、その後は減少傾向が続き、2012年は11万8000人だった。映写機は6台あるが、デジタル映写機は1台しかなく、設備の更新が難しかった。*26

2013年9月末、今治市東門町のシネコン「シネマサンシャイン今治」が閉館する。1999年に開館し、97席から250席の6スクリーンを有する。ピークの2002年には約23万人の観客数があったが、2012年には約11万人に減少していた。採算ベースに達していないため、完全デジタル化を見送って閉館する。佐々木興業が運営するシネコンとしては、2005年のシネマサンシャイン宇和島以来の閉館である。今治市の映画館は単館系の「アイシネマ今治」のみとなる。*27
グランド劇場/今治グランド劇場/今治シネシティグランド1・2・3/アイシネマ今治1・2
所在地 : 愛媛県今治市住江町2丁目(1963年)、愛媛県今治市京町(1966年・1969年・1973年・1976年)、愛媛県今治市共栄町2-2-20(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2010年・2015年・2020年)
開館年 : 1960年以後1963年以前(グランド劇場)、2006年4月29日(アイシネマ)
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : アイシネマ今治
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「グランド劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「今治グランド劇場」。1990年の映画館名簿では「今治シネシティーグランド1・2・3」(3館)。1995年・2000年の映画館名簿では「今治シネシティグランド1・2・3」(3館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「アイシネマ今治1・2」(2館)。

2006年4月29日、今治市共栄町2に映画館「アイシネマ今治」が開館する。カフェ・ショットバー・多目的ホールを併設する。152席と100席の2スクリーンを有する。4月29日の上映作品は『お熱いのがお好き』、『シベリア超特急5』、『スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006』。各回の上映開始前には、映画評論家の水野晴郎の生解説がある。*28

2008年7月19日、今治市の映画館「アイシネマ今治」で映画『靖国』の上映が始まる。6月30日には高知県四万十市で市民グループによる自主上映会が開催されたが、劇場での本格的な上映は四国初。8月8日まで1日3回上映する。7月26日から8月8日には、松江市の「シネマルナティック」も『靖国』を上映する予定。*29

2008年7月19日から、今治市の映画館「アイシネマ」で『靖国 YASUKUNI』の上映が始まる。6月30日には高知県四万十市で市民グループによる上映会があったが、劇場での定期的な上映は四国初である。*30
ユナイテッド・シネマフジグラン今治
所在地 : 愛媛県今治市東門町5-13-1 フジグラン今治2階(2015年・2020年)
開館年 : 2013年11月30日
閉館年 : 営業中
前身館はシネマサンシャイン今治。2015年・2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマフジグラン今治1-6」(6館)。

2013年11月30日、今治市東門町5丁目の映画館「シネマサンシャイン今治」跡地に「ユナイテッド・シネマ フジグラン今治」が閉館する。シネマサンシャイン今治時代の6スクリーン計909席は変わらない。ユナイテッド・シネマは業界第3位であり、中国・四国地方への進出は初となる。*31

新居浜市

キコクザ劇場/キコクザ東映/新居浜キコクザ東映劇場
所在地 : 愛媛県新居郡泉川町4753(1955年)、愛媛県新居浜市泉川町寿光地4753(1966年)
開館年 : 1940年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿では「キコクザ劇場」。1955年の映画館名簿では「キコクザ劇場」。
文化劇場/新居浜泉川文化劇場
所在地 : 愛媛県新居浜市泉川町寿光地4736(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
新潮館/新居浜新潮館
所在地 : 愛媛県新居浜市昭和通7丁目(1966年)、愛媛県新居浜市新須賀町(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
新居浜グランド劇場
所在地 : 愛媛県新居浜市泉池町9-37(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
大坪会館/新居浜大坪東映劇場/大坪東映
所在地 : 愛媛県新居浜市銀泉街6-3(1969年)、愛媛県新居浜市泉池町9-34(1980年・1990年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1990年以後1995年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「大坪会館」。1969年・1980年の映画館名簿では「新居浜大坪東映劇場」。1990年の映画館名簿では「大坪東映」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。
新居浜敷島館/敷島館/シネックス2
所在地 : 愛媛県新居浜市徳常町甲619(1955年)、愛媛県新居浜市徳常町544(1969年)、愛媛県新居浜市徳常町6-20(1980年・1990年・1995年)
開館年 : 1930年10月
閉館年 : 1995年以後2000年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1930年10月開館。1955年・1960年の映画館名簿では「敷島館」。1969年・1980年の映画館名簿では「新居浜敷島館」。1990年の映画館名簿では「敷島館」。1995年の映画館名簿では「シネックス2」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。
テレコムプラザ
所在地 : 愛媛県新居浜市坂井町2-3-17(1995年・2000年)
開館年 : 1990年以後1995年以前
閉館年 : 2000年以後2005年以前
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年の映画館名簿では「テレコムプラザ」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。
新居浜新宝館/新宝館/シネックス1・2・3
所在地 : 愛媛県新居浜市徳常町903(1969年)、愛媛県新居浜市徳常町6-8(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1956年(新宝館)、1993年(シネックス新居浜)
閉館年 : 2003年2月11日
1960年の映画館名簿では「新宝館」。1969年・1980年の映画館名簿では「新居浜新宝館」。1990年の映画館名簿では「新宝館」。2000年の映画館名簿では「シネックス1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

2003年2月中旬、新居浜市の映画館「シネックス新居浜」が閉館する。2月1日から11日にはこれまでの話題作などを上映する。洋画を中心に親しまれた。経営は宮崎善博社長の宝劇場である。1956年に宮崎木材社長の宮崎智によって「新宝館」が開館した。1991年に現在の名称に改称して2スクリーン体制とし、その後3スクリーン体制とした。2002年7月にはシネコン「新居浜TOHOプレックス」が開館し、収益が悪化したことで閉館を決定した。1965年頃の新居浜市には12館の映画館があったが、1993年にはシネックス新居浜のみとなった。*32

1956年に洋画専門映画館「新宝館」が開館。1993年にはシネコン「シネックス新居浜」に改装された。2003年2月に閉館した。ネットカフェとして営業していた時期もあったが、2010年1月にはライブハウス「新居浜ジャンドール」となった。2019年7月20日は一日限定で映画館となり、『チャーリーとチョコレート工場』が上映された。*33
新居浜TOHOプレックス/TOHOシネマズ新居浜
所在地 : 愛媛県新居浜市前田町8-8 イオンモール新居浜2階(2010年)
開館年 : 2001年6月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2001年6月新居浜TOHOプレックス開館。2009年11月TOHOシネマズ新居浜改称。2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ新居浜1-7」(7館)。

西条市

長楽館
1953年頃の西条市の駅前本通りにあった映画館「長楽館」の写真あり。戦後の映画黄金期の西条には、長楽館、「近松座」、「朝日館」、「松劇」、「ミリオン座」、後に「大劇」などがあった。*34
丹原劇場/丹原座
所在地 : 愛媛県周桑郡丹原町今井487(1960年)、愛媛県周桑郡丹原町(1966年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「丹原劇場」。
小松座/小松東映劇場
所在地 : 愛媛県周桑郡小松町大字新屋敷(1955年)、愛媛県周桑郡小松町甲202(1966年)
開館年 : 1900年6月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1900年6月開館。1955年の映画館名簿では「小松座」。
曙館/曙劇場/第一曙館/壬生川曙館
所在地 : 愛媛県周桑郡壬生川町本川原(1966年)
開館年 : 1932年7月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1932年7月開館。1955年の映画館名簿では「第一曙館」。
西条大劇
所在地 : 愛媛県西条市大町1707(1960年)、愛媛県西条市栄町三宝通(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
西条グランド劇場
所在地 : 愛媛県西条市東町275(1966年・1973年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
ミリオン座/西条ミリオン劇場
所在地 : 愛媛県西条市幸町1695(1955年)、愛媛県西条市大町幸町1693(1985年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。西条市最後の映画館。

四国中央市

川之江大劇
所在地 : 愛媛県川之江市川之江町2040(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。
三島セントラル劇場/三島セントラル
所在地 : 愛媛県伊予三島市三島町679(1960年)、愛媛県伊予三島市東町(1966年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
三島東映/三島東映劇場
所在地 : 愛媛県伊予三島市三島町1790(1960年)、愛媛県伊予三島市三島町駅前(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1976年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サンシティ伊予三島」南西の駐車場「駅前モータープール」。
栄館/川之江栄館
所在地 : 愛媛県川之江市駅前通(1976年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1976年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「栄館」。
川之江新栄館
所在地 : 愛媛県川之江市新栄町2026-1(1980年・1982年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1982年の映画館名簿では「川之江新栄館」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。川之江市域最後の映画館。

越智郡上島町

昭和座
所在地 : 愛媛県越智郡弓削町大字下弓削(1955年)、愛媛県越智郡弓削町(1966年)
開館年 : 1950年以後1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。

南予地方

宇和島市

宇和島市の映画館
宇和島市には多すぎるといわれる映画館8館のうち7館までが商店街沿いまたは近接して位置している。商店街の南端にある洋画封切館の「スバル座」は、演劇場の融通座を回収したシネマスコープ劇場である。700席を持ち、客層はインテリ層が多数を占める。「中央劇場」は宇和島の草分け的存在であり、約50年前に開館した。戦火を免れた唯一の館であり、日活の封切館である。商店街の中心部にある「丸の内劇場」(丸劇)は松竹封切館であり、広いステージで歌謡ショーやファッションショーも催されるため女性ファンが多い。丸の内劇場と向かい合って、1955年に開館したばかりの「宇和島東映」があり、東映の封切館である。城山の山麓、宇和島港に接して「日劇」があり、スバル座と同じく洋画の封切館である。海岸村から来る客に便利な立地のせいか西部劇が多い。臨港道路を渡ると東宝封切館の「新劇」がある。新劇を過ぎて商店街の北端部に、大映封切館の「キリン館」がある。市街地南部の町はずれにある「つばめ座」は、1956年9月に町工場を改修して開館したばかりの邦画再映館である。*35

宇和島の映画館は宇和島発祥の堀部チェーンと戦後に松山から進出した坪内チェーンに二分される。スバル座、丸の内劇場、新劇は堀部チェーン、日劇、宇和島東映、中央劇場、キリン館は坪内チェーンである。つばめ座のみは個人経営。宇和島東映、つばめ座、丸の内映画劇場(丸劇)、新栄劇場、キリン座、スバル座、中央劇場、日劇の写真あり。*36
岩松東映/岩松東映劇場
所在地 : 愛媛県北宇和郡津島町(1963年・1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「岩松東映」。
宇和島日活/宇和島日活劇場
所在地 : 愛媛県宇和島市丸の内1(1963年)、愛媛県宇和島市丸の内町1(1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「宇和島日活」。
丸之内映画劇場/丸の内劇場/宇和島松竹丸劇
所在地 : 愛媛県宇和島市丸の内町(1966年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「丸之内映画劇場」。
吉田劇場
所在地 : 愛媛県北宇和郡吉田町裡町92(1955年)、愛媛県北宇和郡吉田町(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「吉田劇場」。
キリン館/宇和島キリン館
所在地 : 愛媛県宇和島市朝日町1-563(1955年)、愛媛県宇和島市朝日町1-564(1969年)
開館年 : 1949年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。
宇和島日劇
所在地 : 愛媛県宇和島市丸の内町2(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

『保存版 宇和島・北宇和・南宇和の今昔』には、宇和島市にあった映画館「ニチゲキ」が掲載されている。現物は未確認。*37
宇和島東宝劇場/宇和島東宝丸劇
所在地 : 愛媛県宇和島市中央町2-2-15(1980年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。

『保存版 宇和島・北宇和・南宇和の今昔』には、宇和島市にあった映画館「マルゲキ」が掲載されている。現物は未確認。*38
宇和島日活菊美ど里劇場/宇和島菊みどり劇場/宇和島菊美ど里
所在地 : 愛媛県宇和島市本町追手1-7-10(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。跡地は「メガネの三城宇和島店」。最寄駅はJR予讃線宇和島駅。

『100年の歩み 宇和島商工会議所創立100周年記念誌』には、1982年の宇和島市にあった映画館「菊美ど里劇場」が掲載されている。『南極物語』の看板が見える。現物は未確認。*39

『保存版 宇和島・北宇和・南宇和の今昔』には、宇和島市にあった映画館「日活菊美ど里劇場」が掲載されている。現物は未確認。*40
宇和島東映劇場/宇和島東映
所在地 : 愛媛県宇和島市中央町2-3-18(1969年・1980年・1990年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1998年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「宇和島東映」。1969年・1980年の映画館名簿では「宇和島東映劇場」。1990年の映画館名簿では「宇和島東映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ササオカ内科」東の月極駐車場「笹岡駐車場」。宇和島市最後の従来型映画館。最寄駅はJR予讃線宇和島駅。

『保存版 宇和島・北宇和・南宇和の今昔』には、宇和島市にあった映画館「宇和島東映」が掲載されている。現物は未確認。*41
宇和島スバル座・宇和島ロマン座/宇和島ロマン座/宇和島シネマサンシャイン1・2・3
所在地 : 愛媛県宇和島市袋町(1973年)、愛媛県宇和島市本町追手1-3-18(2000年)
開館年 : 1966年以前(ロマン座)、1991年12月(シネマサンシャイン)
閉館年 : 2005年4月10日
1969年・1973年の映画館名簿では「宇和島ロマン座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「宇和島スバル座・宇和島ロマン座」(2館)。1990年の映画館名簿では「宇和島ロマン座」。2000の映画館名簿では「宇和島シネマサンシャイン1・2・3」(3館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「サンシャインハイツ」。最寄駅はJR予讃線宇和島駅。

『保存版 宇和島・北宇和・南宇和の今昔』には、宇和島市にあった映画館「スバル座」や「宇和島ロマン座」が掲載されている。現物は未確認。*42

2005年4月10日、宇和島市本町追手1丁目にある映画館「宇和島シネマサンシャイン」が閉館する。宇和島市唯一の映画館であり、西予市から高知県境までの愛媛県南地域唯一の映画館でもあった。1992年12月に佐々木総合管理の経営で開館。1998年に宇和島東映が閉館すると、高知県中村市と宿毛市からも映画ファンが訪れた。3スクリーン計約380席を有している。年間約50本を上映しており、これまでにのべ500本以上の作品を上映した。1999年に系列の大洲シネマサンシャインが開館すると、最盛期に約6万人だった年間観客数が約4万人に減少した。シネコンの台頭、約30台分しかない駐車場などがネックだった。最終上映作品は3月19日からの『ナショナル・トレジャー』。*43

2005年4月10日、宇和島市本町追手の映画館「宇和島シネマサンシャイン」が閉館する。この場所には1885年に開館した芝居小屋「融通座」があった。戦後には映画館「スバル座」となり、1991年に佐々木総合管理による3スクリーンの宇和島シネマサンシャインとなった。佐々木総合管理は1999年に大洲市に6スクリーンの大洲シネマサンシャインを開館させており、効率化を図ることにしたという。*44

八幡浜市

明星劇場/八幡浜明星劇場
所在地 : 愛媛県八幡浜市新栄町210(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
川之石劇場
所在地 : 愛媛県西宇和郡保内町川之石10(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
平和館/八幡浜平和館
所在地 : 愛媛県八幡浜市千代田町1460(1955年)、愛媛県八幡浜市千代田町(1966年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿では「平和館」。
八幡浜劇場/八幡浜東映/八幡浜東映劇場
所在地 : 愛媛県八幡浜市新栄町210(1953年・1955年・1960年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1937年
閉館年 : 1986年
『全国映画館総覧 1955』によると1937年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「八幡浜劇場」。1960年の映画館名簿では「八幡浜東映」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「八幡浜東映劇場」。1986年の住宅地図には「八幡浜東映」。1987年の住宅地図では跡地に駐車場。2019年の住宅地図では跡地が5分割されており東端に「黒潮水産」で西端に「宮川菓子舗お客様駐車場」。現在の跡地は「ヤマハ音楽教室八幡浜センター」南の「宮川菓子舗お客様駐車場」や「黒潮水産」など5軒分。
新開地劇場/新開地映画劇場/八幡浜新開地映画劇場
所在地 : 愛媛県八幡浜市新開地通361(1953年)、愛媛県八幡浜市新開地通(1955年)、愛媛県八幡浜市新開地通361(1960年)、愛媛県八幡浜市新開地通(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1985年以後1990年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「新開地劇場」。1955年・1960年の映画館名簿では「新開地映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「八幡浜新開地映画劇場」。1985年の住宅地図では「(新映)新開地劇場」。1986年の住宅地図では跡地に「ゴールド会館」。2019年の住宅地図では跡地に「ハーバープラザホテル」。現在の跡地は「ハーバープラザホテル」。

大洲市

新生館
所在地 : 愛媛県喜多郡肱川町鹿野川(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
新谷文化会館
所在地 : 愛媛県大洲市新谷(1966年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「新谷文化会館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
公永座/長浜公永座
所在地 : 愛媛県喜多郡長浜町甲391-7(1955年)、愛媛県喜多郡長浜町(1969年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
末広座/大洲銀映
所在地 : 愛媛県大洲市大洲(1955年)、愛媛県大洲市末広町612(1969年)
開館年 : 1948年5月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1948年5月開館。
大洲東映/大洲東映劇場
所在地 : 愛媛県大洲市殿町(1980年)、愛媛県大洲市中村853-2(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1990年以前
大洲市最後の従来型映画館。
大洲シネマサンシャイン/シネマサンシャイン大洲
所在地 : 愛媛県大洲市東1125(2000年)、愛媛県大洲市東大洲1125(2010年)
開館年 : 1999年7月3日
閉館年 : 2019年1月6日
1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「大洲シネマサンシャイン1-6」(6館)。2010年の映画館名簿では「シネマサンシャイン大洲1-6」(6館)。南予地方最後の映画館。

1999年7月3日、大洲市東大洲に複合型映画館「大洲シネマサンシャイン」が開館する。経営は佐々木興業グループ。集客エリアは大洲市と喜多郡を中心に、八幡浜市や西宇和郡も含み、年間23万人の観客を見込んでいる。88席から266席までの6スクリーン計956席を有する。総事業費は約6億円。7月3日には『アルマゲドン』『鉄道員』『踊る大捜査線 THE MOVIE』『名探偵コナン 世紀末の魔術師』『タイタニック』『スターウォーズ エピソード1』を上映する。*45

2019年1月6日、大洲市東大洲にある映画館「シネマサンシャイン大洲」が閉館する。1999年7月に開館し、常設の映画館としては南予地域唯一だった。6スクリーン計約950席。運営は佐々木興業グループ。佐々木興業グループのシネコンは伊予郡松前町にもあることや、土地の賃貸借契約が満了することが理由。2018年7月初頭の西日本豪雨を含めて計3回も浸水被害を受けており、西日本豪雨では館内が浸水したが、7月下旬に上映を再開した。*46

2019年1月6日、大洲市の映画館「シネマサンシャイン大洲」が閉館した。南予地域唯一の映画館だった。1999年7月に開館し、6スクリーン計約950席を備えていた。高速道路のインターチェンジから近く、南予地域のほかに高知県などからも観客を集めた。一方で肱川が近いことからこれまで3回の浸水被害があり、2018年7月の西日本豪雨の際には座席などが浸水したが、一時的な避難所になるなど地域を支えた。浸水した管内や座席を消毒するなどし、豪雨の20日後には営業を再開した。観客数は減少傾向にあり、土地の賃貸借契約が満了するのに合わせて閉館が決定した。*47

西予市

栄座/卯之町栄座
所在地 : 愛媛県東宇和郡宇和町大字卯之町1-346(1955年・1960年)、愛媛県東宇和郡宇和町大字卯之町(1969年)
開館年 : 1912年
閉館年 : 1967年
1927年焼失後再建。1957年映画館化。1967年閉館してパチンコ店化。1973年取り壊し。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「栄座」。跡地は「西予市宇和第1駐車場」。最寄駅はJR予讃線卯之町駅。
朝日座
所在地 : 愛媛県西宇和郡三瓶町(1955年)、愛媛県西宇和郡三瓶町朝立(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。愛媛県指定無形民俗文化財の朝日文楽の由来となった、1911年に芝居小屋として竣工した朝日座との関係は不明。
高山朝日劇場
所在地 : 愛媛県東宇和郡明浜町(1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。
野村映画劇場/野村東映/野村東映劇場
所在地 : 愛媛県東宇和郡野村町12-103(1955年)、愛媛県東宇和郡野村町12-16(1969年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1955年の映画館名簿では「野村映画劇場」。
朝日座
所在地 : 愛媛県西宇和郡三瓶町朝立(1969年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
愛媛県指定無形民俗文化財の朝日文楽の由来となった、1911年に芝居小屋として竣工した朝日座との関係は不明。
卯之町映画劇場/卯之町映劇/卯之町東映劇場
所在地 : 愛媛県東宇和郡宇和町大字卯之町(1969年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1984年
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。1955年の映画館名簿では「卯之町映画劇場」。跡地は宇和農協マーケットを経て1996年時点ではそごう。跡地は「国道56号卯之町駅前交差点」北角の建物。最寄駅はJR予讃線卯之町駅。

喜多郡内子町

広瀬館/小田広瀬館
所在地 : 愛媛県上浮穴郡参川村大字本川(1955年)、愛媛県上浮穴郡小田町本川(1966年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年8月開館。1955年の映画館名簿では「広瀬館」。
金壺座
所在地 : 愛媛県上浮穴郡小田町村大字寺村(1955年)、愛媛県上浮穴郡小田町寺村(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「金壺座」。
天神館/五十崎天神館
所在地 : 愛媛県喜多郡五十崎町大字平岡(1966年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「天神館」。
本町劇場/内子本町劇場
所在地 : 愛媛県喜多郡内子町本町4丁目(1966年)
開館年 : 1952年1月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年1月開館。1955年の映画館名簿では「本町劇場」。
電気館/旭館
所在地 : 愛媛県喜多郡内子町大字内子甲1300(1955年)、愛媛県喜多郡内子町内子2307他
開館年 : 1926年
閉館年 : 1967年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「旭館」。

1926年に木造平屋建て一部2階建ての「旭館」が開館。重要伝統的建造物群保存地区の町並みに近い。1967年に閉館し、長らく倉庫として使用されていた。2013年12月には登録有形文化財となった。2013年6月2日には約半世紀ぶりに上映会が開催され、不定期に上映会を行っている。*48

愛媛県喜多郡内子町の「旭館」は1926年に開館し、戦後に改修された。所有者は森文醸造株式会社。2013年12月24日には登録有形文化財(建造物)に登録された。木造、平屋一部2階建、切妻造、桟瓦葺。*49

西宇和郡伊方町

東劇場
所在地 : 愛媛県西宇和郡三崎町(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1969年以前
跡地は「岬風焼肉店」。

*50
三崎東映/三崎館
所在地 : 愛媛県西宇和郡三崎町2064(1969年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1955年の映画館名簿では「三崎館」。跡地は「すぎやま旅館」の北東40m。

*51
伊方大劇
所在地 : 愛媛県西宇和郡伊方町1113(1960年)、愛媛県西宇和郡伊方町湊浦(1969年)
開館年 : 1955年1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

北宇和郡松野町

松栄座
所在地 : 愛媛県北宇和郡松丸町松丸(1955年)、愛媛県北宇和郡松野町松丸201(1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「松栄座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

北宇和郡鬼北町

近永劇場/近永銀映
所在地 : 愛媛県北宇和郡近永町南町甲888(1955年)、愛媛県北宇和郡広見町近永(1966年)
開館年 : 1951年7月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年7月開館。1955年の映画館名簿では「近永劇場」。

南宇和郡愛南町

御荘座
所在地 : 愛媛県南宇和郡御荘町平城(1955年)、愛媛県南宇和郡御荘町(1966年)
開館年 : 1932年5月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1932年5月開館。1955年の映画館名簿では「御荘座」。
城辺東映/城辺東映劇場
所在地 : 愛媛県南宇和郡城辺町(1963年・1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「城辺東映」。
城辺映劇
所在地 : 愛媛県南宇和郡城辺町(1976年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1976年以後1980年以前
映画館の建物が現存。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます