日本の映画館の総合データベースです。


いわき市

平座
所在地 : 福島県石城郡平町
開館年 : 1905年11月
閉館年 : 1906年2月
1905年9月、日露戦争戦勝記念で「平座」が竣工した。1973年現在の中央通りのマルサ付近である。化粧部屋など27部屋、8間半の廻り舞台などがあった。川隅豊吉、荒木忠光、加納五郎らによって、1902年に建設に着手したが、資金難のために工事が一時中止された。日露戦争終結後に竣工し、市川九団治と片岡市蔵一座を招いたこけら落としを行った。建物は東京の新富座を真似ている。1906年2月に起こった平の大火で焼失した。平座が落成した際の写真あり。*1

1905年11月、日露戦勝記念として平駅前の中央通りに「平座」が竣工した。こけら落としは東京歌舞伎の市川九団次と片岡市蔵の一座。化粧部屋が27もあり、八間半の廻り舞台があった。東北一の大劇場と言われたが、わずか3か月後の1906年2月に起こった平の大火で焼失した。*2
赤井劇場
所在地 : 福島県石城郡赤井村高萩(1936年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「赤井劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
好栄館
所在地 : 福島県石城郡好間村(1936年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「好栄館」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
磐城劇場
所在地 : 福島県石城郡内郷村(1930年)、福島県石城郡内郷村宮字蛭子23(1936年・1941年)
開館年 : 1930年以前
閉館年 : 1941年以後1943年以前
1930年・1936年・1941年の映画館名簿では「磐城劇場」。1943年の映画館名簿には掲載されていない。
四倉座
所在地 : 福島県
開館年 : 1919年以前
閉館年 : 1945年以前
1930年・1936年・1943年の映画館名簿には掲載されていない。

1919年頃の四倉にあった「四倉座」の写真あり。境川の河岸に四倉座と染め抜かれたのぼりが見える。800人を収容できた。*3

1919年頃の四倉仲町にあった「四倉座」の写真あり。1914年、斎藤弥三郎によって境川の河畔に開館した。800人を収容できた。戦時中には軍用地となった。戦後の四倉には「海盛館」、「国際劇場」、「松竹映画館」があったが、昭和40年代には姿を消した。2003年現在の境川は暗渠化されている。*4

1919年の四倉にあった「四倉座」の写真あり。1914年に境川沿いに開館した。収容人員800人。2005年頃には境川が暗渠となり、上部には幹線道路が通っている。*5
湯本座
所在地 : 福島県石城郡湯本町字三函230(1936年)、福島県石城郡湯本町三函230(1941年)、福島県石城郡湯本町(1950年)、福島県石城郡湯本町字三函(1953年)、福島県常磐市湯本町字三函(1955年)、福島県常磐市湯本三函230(1960年)、福島県常磐市三函230(1961年・1962年)
開館年 : 1930年以後1936年以前、1948年4月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1948年4月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年・1941年の映画館名簿では「湯本座」。1943年・1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「湯本座」。1962年の住宅明細図では「湯本座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「ホテルニューブラザー」。跡地は「サハコマンション」。最寄駅はJR常磐線湯本駅。

1948年の常磐湯本にあった「湯本座」で開催された森永製菓協賛の映画会の写真あり。*6

戦後の田人地区には「泉光館」があり、湯本地区には「湯本座」と「三函座」があった。*7
久之浜座
所在地 : 福島県双葉郡久之浜町中町(1955年・1958年・1960年)
開館年 : 1926年4月
閉館年 : 1960年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1926年4月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「久之浜座」。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
駅前会館
所在地 : 福島県勿来市関田町寺下24(1958年・1960年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1960年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「駅前会館」。1962年の住宅明細図では発見できず。1961年の映画館名簿には掲載されていない。
なこそ映劇
所在地 : 福島県勿来市関田町寺下1(1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1961年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1961年の映画館名簿では「なこそ映劇」。1962年の住宅明細図では「なこそ映劇」。1962年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「マルト勿来駅前店」東北東100mにある墓地。最寄駅はJR常磐線勿来駅。
常磐劇場
所在地 : 福島県石城郡勿来町(1941年)、福島県石城郡勿来町窪田(1953年)、福島県石城郡勿来町(1955年)、福島県勿来市窪田町字白山8(1958年・1960年・1962年)
開館年 : 1938年1月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1938年1月開館。1941年の映画館名簿では「常磐劇場」。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「常磐劇場」。1962年の住宅明細図では「常磐劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「緑川歯科」南東70mにある民家。最寄駅はJR常磐線勿来駅。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*8
金美館/小名浜金美館/小名浜東映
所在地 : 福島県石城郡小名浜町(1953年)、福島県磐城市本町68(1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1952年1月
閉館年 : 1963年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1952年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「金美館」。1955年の映画館名簿では「小名浜金美館」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「小名浜東映」。1962年の住宅明細図では「小名浜東映」。1964年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「常陽銀行小名浜支店」南西80mにある空き地。最寄駅はJR常磐線泉駅。

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*9
名画座
所在地 : 福島県磐城市江ノ浦町80(1956年・1958年)、福島県磐城市江名字江の浦80(1960年)、福島県磐城市江の浦80(1963年)、福島県磐城市江名町江の浦80(1964年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「名画座」。1962年の住宅明細図では「名画座」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「仙台藩士供養塔」北東110mにある民家。
新映座
所在地 : 福島県磐城市泉町283(1958年・1960年)、福島県磐城市泉滝尻(1963年・1964年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1964年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「新映座」。1962年の住宅明細図では発見できず。1965年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年の磐城市泉に開館した映画館「新映座」の写真あり。花輪や隣接する中華そば屋が見える。250人収容可能。館主の坂本真一郎は新映座のほかに、江名で「江楽館」を、中之作で「名画座」を経営していた。*10
松栄館
所在地 : 福島県石城郡小川町大字高萩(1956年)、福島県石城郡小川町72(1958年)、福島県石城郡小川町73(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1965年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「松栄館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
豊盛座
所在地 : 福島県平市豊間八幡前(1961年・1963年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年・1965年の映画館名簿では「豊盛座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の江名地区には「江楽館」と「朝日館」があり、豊間には「豊盛座」があった。四倉・久之浜地区には「四倉座」と「海盛座」と「松竹映画館」と「国際劇場」があった。*11
泉光館
所在地 : 福島県石城郡田人村黒田字大沢81(1957年・1958年)、福島県石城郡田人村黒田字大沢8(1960年)、福島県石城郡田人村黒田81(1963年・1965年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1965年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「泉光館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の田人地区には「泉光館」があり、湯本地区には「湯本座」と「三函座」があった。*12
上遠野座/上遠野映画劇場/上遠野映劇/遠野東映
所在地 : 福島県石城郡上遠野村字上遠野(1953年・1955年)、福島県石城郡遠野町上遠野(1958年・1960年)、福島県石城郡遠野町西町(1963年・1965年)
開館年 : 1940年3月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1940年3月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「上遠野座」。1955年の映画館名簿では「上遠野映画劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「上遠野映劇」。1963年・1965年の映画館名簿では「遠野東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の遠野地区には「郷華劇場」(上遠野劇場)と「遠野東映」と「甲子館」と「旭会館」があった。*13
四倉東宝
所在地 : 福島県石城郡四倉町原田(1961年・1963年・1965年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1965年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年・1965年の映画館名簿では「四倉東宝」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
海盛座/四倉海盛座
所在地 : 福島県石城郡四倉町(1950年)、福島県石城郡四倉町仲町(1953年・1955年・1958年・1960年)、福島県石城郡四倉町仲町81(1963年・1964年・1965年)
開館年 : 1950年8月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年8月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「海盛座」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿では「四倉海盛座」。1965年の映画館名簿では経営者が斎藤弥三郎、支配人が佐藤美長、木造1階、定員500、邦画を上映。1966年の映画館名簿には掲載されていない。「如来寺」南南西120mに建物が現存。最寄駅はJR常磐線四ツ倉駅。

1958年版のキネマ旬報社『全日本映画館録』に掲載され、かつ2017年現在も現存する東北地方の芝居小屋として、「萬代館」(岩手県二戸郡一戸町)、「朝日座」(福島県南相馬市)、「本宮映画劇場」(福島県本宮市)、「浅川座」(福島県石川郡浅川町)、「海盛座」(福島県いわき市)がある。*14

戦後の江名地区には「江楽館」と「朝日館」があり、豊間には「豊盛座」があった。四倉・久之浜地区には「四倉座」と「海盛座」と「松竹映画館」と「国際劇場」があった。*15

2013年9月11日にはテレビ朝日「ナニコレ珍百景」で紹介された。*16
鹿島座/鹿島劇場/鹿島映劇
所在地 : 福島県相馬郡鹿島村(1955年)、福島県相馬郡鹿島町字鹿島(1958年)、福島県相馬郡鹿島町(1960年・1963年・1965年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1965年頃
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「鹿島座」。1958年・1960年の映画館名簿では「鹿島劇場」。1963年・1965年の映画館名簿では「鹿島映劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
江楽館
所在地 : 福島県石城郡江名町北口(1953年)、福島県磐城市大字江名字北口(1955年)、福島県磐城市江名町276(1958年)、福島県磐城市江名字北口376(1960年)、福島県磐城市江名276(1963年)、福島県磐城市江名町276(1965年)
開館年 : 1933年8月
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1933年8月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1965年の映画館名簿では「江楽館」。1962年の住宅明細図では「後楽館映画館」(※「後」は原文ママ)。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「諏訪神社」南西110mにある空き地。

1942年の江名町にあった劇場「江楽館」で撮られた坂本楽劇団の記念写真あり。江名の北東の町はずれにあった。館主は坂本アサ。*17

1962年の磐城市江名にあった映画館「江楽館」の写真あり。花輪が見え、「特別興行」の文字が見える。東宝と大映の作品を上映していた。往時の磐城市には12館の映画館があった。1957年には71万人の映画観客数があったため、1人が1年に12回映画を観ていた計算になる。*18

戦後の江名地区には「江楽館」と「朝日館」があり、豊間には「豊盛座」があった。四倉・久之浜地区には「四倉座」と「海盛座」と「松竹映画館」と「国際劇場」があった。*19
地球座
所在地 : 福島県磐城市字寺廻り17(1963年)、福島県磐城市寺廻り町17(1965年)
開館年 : 1962年頃
閉館年 : 1965年頃
1962年の映画館名簿には掲載されていない。1962年の住宅明細図では「地球座」。1963年・1965年の映画館名簿では「地球座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ファミリーマートいわき小名浜寺廻町店」西隣にある空き地。最寄駅はJR常磐線泉駅。

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*20
東映劇場/平日本劇場
所在地 : 福島県平市田町4-1(1956年)、福島県平市田町1-4(1958年)、福島県平市田町4-1(1960年・1963年)、福島県平市田町1(1966年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1966年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東映劇場」。1962年の住宅明細図では「駅前東映」。1966年の映画館名簿では「平日本劇場」。1967年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「いわき駅前ビル」。
江名朝日館
所在地 : 福島県磐城市江名字北町32(1966年)、福島県いわき市磐城江名字北町32(1968年)
開館年 : 1965年頃
閉館年 : 1968年頃
1962年の住宅明細図では「朝日館」。1965年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1968年の映画館名簿では「江名朝日館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「江名公園」北100mにある民家。

戦後の江名地区には「江楽館」と「朝日館」があり、豊間には「豊盛座」があった。四倉・久之浜地区には「四倉座」と「海盛座」と「松竹映画館」と「国際劇場」があった。*21
有声座/世界館/平世界館
所在地 : 福島県石城郡平町田町(1930年)、福島県石城郡平町田町39(1936年)、福島県平市駅前(1941年)、福島県平市田町(1943年)、福島県平市白銀町(1950年)、福島県平市白銀町4-1(1953年・1955年・1958年・1960年)、福島県平市白銀町4(1963年・1966年)、福島県いわき市平白銀町4(1968年)
開館年 : 1931年(有声座)、1946年11月、1969年8月(3館のビル化)
閉館年 : 1968年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1930年の映画館名簿では「有声座」。1936年・1941年・1943年の映画館名簿では「世界館」。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「世界館」。1962年の住宅明細図では「世界館」。1966年・1968年の映画館名簿では「平世界館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は世界館ビル。

1889年10月、平町戸長役場を買収して人寄定席「聚楽館」が開館し、1899年には初めて活動写真を上映した。1906年2月の平の大火では聚楽館も類焼したが、1904年(※原文ママ。正確な再建年は不明。)11月には木造2階建ての劇場が再建された。工費は1000円であり、108坪の建物だった。「世界館」の前身である「有声座」が平駅前に建ったのもこの頃である。1917年10月、南町に木造2階建ての「平館」が誕生した。130坪を有する豪華な建物だった。*22

1937年1月、芝居専門の劇場「聚楽館」が映画館に転向し、PCL映画『エノケンのどんぐりとん平』で開館した。客席は畳敷きで下足番がおり、館内には警官席があった。当時の「平館」は日活作品、「有声座」は松竹作品を上映していたが、聚楽館はPCL・大映・洋画を上映した。やがて有声座は「世界館」に改称し、『愛染かつら』で大儲けしたが、太平洋戦争末期には建物疎開で取り壊された。聚楽館と平館の建物は取り壊しや空襲を免れて戦後を迎えた。*23

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*24

戦後の平市では、「聚楽館」と「平館」に次いで「世界館」が再建され、紺屋町に「民衆劇場」が新築された。1951年には田町に洋画主体の「ひかり座」が開館した。1969年には世界館ビルが開業し、邦画・洋画の映画館5館やパチンコ店が集まる総合娯楽センターとなった。1973年には「名画座」が開館したが、わずか25席のホールで名画を上映する珍しい映画館だった。*25
四倉国際劇場
所在地 : 福島県石城郡四倉町本町(1963年)、福島県石城郡四倉町(1966年)、福島県いわき市四倉(1969年)
開館年 : 1960年以前1963年以前
閉館年 : 1969年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「四倉国際劇場」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の江名地区には「江楽館」と「朝日館」があり、豊間には「豊盛座」があった。四倉・久之浜地区には「四倉座」と「海盛座」と「松竹映画館」と「国際劇場」があった。*26
綴映画劇場
所在地 : 福島県石城郡内郷町(1950年)、福島県石城郡内郷町字綴24(1953年)、福島県内郷市綴町秋山24(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、福島県いわき市内郷綴町秋山24(1969年)
開館年 : 1947年10月
閉館年 : 1969年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1947年10月開館。1947年の映画館名簿には掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「綴映画劇場」。1962年の住宅明細図では「綴映館」。1970年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東邦銀行内郷支店」南西100mにある民家2軒。

戦後の内郷地区には「綴映画劇場」と宮町の「磐城第二劇場」があった。*27
錦座/勿来錦座
所在地 : 福島県石城郡錦町中田(1941年)、福島県勿来市錦町上中田18(1958年・1960年・1963年)、福島県いわき市錦町上中田160(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1936年以後1941年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1936年の映画館名簿には掲載されていない。1941年の映画館名簿では「錦座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「錦座」。1962年の住宅明細図では発見できず。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「勿来錦座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*28
植田ロマンス劇場/植田ロマンス座
所在地 : 福島県勿来市植田町38(1960年・1963年)、福島県いわき市植田町台町38(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「植田ロマンス劇場」。1962年の住宅明細図では「植田ロマンス」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「植田ロマンス座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「常陽銀行植田支店」北東30mにある更地。最寄駅はJR常磐線植田駅。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*29
第二劇場/第二磐城劇場/内郷第二磐城劇場
所在地 : 福島県石城郡内郷村内郷(1936年)、福島県石城郡内郷村金坂51(1941年)、福島県石城郡内郷町(1943年)、福島県石城郡内郷町金坂(1947年)、福島県石城郡内郷町(1950年)、福島県石城郡内郷町金坂51(1953年)、福島県内郷市金坂51(1955年)、福島県内郷市内金坂51(1958年)、福島県内郷市金坂51(1960年)、福島県内郷市内町金坂51(1963年・1966年)、福島県いわき市内郷内町金坂5(1969年・1970年)
開館年 : 1928年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1928年12月開館。1930年の映画館名簿には掲載されていない。1936年の映画館名簿では「第二磐城劇場」。1941年の映画館名簿では「第二劇場」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「第二磐城劇場」。1962年の住宅明細図では発見できず。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「内郷第二磐城劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年9月3日午後2時頃、内郷市内町金坂の「第二いわき劇場」2階映写室から出火し、映写機2台と映写室を焼失した。これにより9月初頭から休館して改装中。損害約300万円。*30

戦後の内郷地区には「綴映画劇場」と宮町の「磐城第二劇場」があった。*31
平東宝/民衆劇場/東宝民衆劇場/平東宝民衆劇場/平民衆劇場
所在地 : 福島県平市紺屋町(1950年)、福島県平市紺屋町42(1953年)、福島県平市紺屋町4(1955年)、福島県平市紺屋町42(1958年・1960年・1963年・1966年)、福島県いわき市平紺屋町42(1969年・1970年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年11月開館。1950年の映画館名簿では「平東宝」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「民衆劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「東宝民衆劇場」。1962年の住宅明細図では「東宝民衆劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「平東宝民衆劇場」。1970年の映画館名簿では「平民衆劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「福島県信用保証協会いわき支所」北北東90mにある「紺屋町第2ビル」。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*32

戦後の平市では、「聚楽館」と「平館」に次いで「世界館」が再建され、紺屋町に「民衆劇場」が新築された。1951年には田町に洋画主体の「ひかり座」が開館した。1969年には世界館ビルが開業し、邦画・洋画の映画館5館やパチンコ店が集まる総合娯楽センターとなった。1973年には「名画座」が開館したが、わずか25席のホールで名画を上映する珍しい映画館だった。*33
松竹平館/平館/平日活劇場
所在地 : 福島県石城郡平町白銀町(1930年)、福島県石城郡平町南町(1936年)、福島県平市南町(1941年・1943年)、福島県平市南町70(1947年)、福島県平市南町(1950年)、福島県平市南町70(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、福島県平市南町70-2(1966年)、福島県いわき市平南町70-2(1969年・1970年)
開館年 : 1917年6月
閉館年 : 1971年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1917年6月開館。1930年・1936年の映画館名簿では「平館」。1941年の映画館名簿では「松竹平館」。1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「平館」。1962年の住宅明細図では「平館」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「平日活劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「酒井医院」北北西40mの料理店「海鮮四季工房きむらやいわき店」。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1960年6月15日、平市の平駅前に「平日活」が開館した。木造2階建て、客席198。経営は島田勝吉社長の平和興行。*34

1963年6月1日、平市の日活系統館「平館」が「平日活劇場」に改称し、日活の直営館となった。再出発番組は『太陽への脱出』と『結婚の条件』。日活の直傍系経営館は75館となった。*35

1965年頃の平市にあった映画館「平日活」の写真あり。「直営 平日活」の文字が見える。『花咲く乙女たち』の看板が見える。*36

1971年5月、平市の映画館「平館」が閉館した。1973年2月には平市で最も古い劇場建築だった「聚楽館」が全焼し、戦前に建った劇場はすべて姿を消した。*37

1889年10月、平町戸長役場を買収して人寄定席「聚楽館」が開館し、1899年には初めて活動写真を上映した。1906年2月の平の大火では聚楽館も類焼したが、1904年(※原文ママ。正確な再建年は不明。)11月には木造2階建ての劇場が再建された。工費は1000円であり、108坪の建物だった。「世界館」の前身である「有声座」が平駅前に建ったのもこの頃である。1917年10月、南町に木造2階建ての「平館」が誕生した。130坪を有する豪華な建物だった。*38
聚楽館(旧)/平聚楽館(旧)
所在地 : 福島県平市才槌小路(1941年・1943年)、福島県平市紺屋町1-1(1947年)、福島県平市南町(1950年)、福島県平市才槌小路9(1953年・1955年・1958年)、福島県平市才槌小路1-1(1960年)、福島県平市才槌小路9(1963年・1966年)、福島県いわき市平才槌小路9(1969年・1973年)
開館年 : 1938年1月
閉館年 : 1973年2月
『全国映画館総覧 1955』によると1938年1月開館。1941年・1943年・1947年の映画館名簿では「聚楽館」。1950年の映画館名簿では「平聚楽館」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「聚楽館」。1962年の住宅明細図では「聚楽館」。1966年の映画館名簿では「平衆楽館」。1969年・1973年の映画館名簿では「平聚楽館」。1973年の映画館名簿では経営者が飯田俊輔、支配人が菊地直次、木造2階冷暖房付、420席、洋画を上映。後継館は平白銀町4の平聚楽館・平アポロ座。跡地は「いわきワシントンホテル」建物中央西部。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1906年11月に平町1丁目に開場した「聚楽館」の写真あり。明治の大火で焼失し、再建された際の写真である。この建物が近年まであったが、再度火災で焼失した。*39

1889年10月、平町戸長役場を買収して人寄定席「聚楽館」が開館し、1899年には初めて活動写真を上映した。1906年2月の平の大火では聚楽館も類焼したが、1904年(※原文ママ。正確な再建年は不明。)11月には木造2階建ての劇場が再建された。工費は1000円であり、108坪の建物だった。「世界館」の前身である「有声座」が平駅前に建ったのもこの頃である。1917年10月、南町に木造2階建ての「平館」が誕生した。130坪を有する豪華な建物だった。*40

1937年1月、芝居専門の劇場「聚楽館」が映画館に転向し、PCL映画『エノケンのどんぐりとん平』で開館した。客席は畳敷きで下足番がおり、館内には警官席があった。当時の「平館」は日活作品、「有声座」は松竹作品を上映していたが、聚楽館はPCL・大映・洋画を上映した。やがて有声座は「世界館」に改称し、『愛染かつら』で大儲けしたが、太平洋戦争末期には建物疎開で取り壊された。聚楽館と平館の建物は取り壊しや空襲を免れて戦後を迎えた。*41

1954年の平市に新装なった「聚楽館」の写真あり。花輪や『ローマの休日』の看板が見える。*42

1971年5月、平市の映画館「平館」が閉館した。1973年2月には平市で最も古い劇場建築だった「聚楽館」が全焼し、戦前に建った劇場はすべて姿を消した。*43
平文化ニュース/平文化ニュース館・平新東宝/平名画座
所在地 : 福島県平市田町8(1958年・1960年・1963年・1966年)、福島県いわき市平田町8(1969年・1973年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1973年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「平文化ニュース」。1960年の映画館名簿では「平文化ニュース館・平新東宝」(2館)。1962年の住宅明細図では「平松竹劇場」。1963年の映画館名簿では「ニュー国際」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「平名画座」。1974年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「三越いわき店」や「いわき市立いわき総合図書館」が入る商業施設「Latov」建物中央上部。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*44

戦後の平市では、「聚楽館」と「平館」に次いで「世界館」が再建され、紺屋町に「民衆劇場」が新築された。1951年には田町に洋画主体の「ひかり座」が開館した。1969年には世界館ビルが開業し、邦画・洋画の映画館5館やパチンコ店が集まる総合娯楽センターとなった。1973年には「名画座」が開館したが、わずか25席のホールで名画を上映する珍しい映画館だった。*45
中央映画劇場/常磐日活/湯本日本劇場
所在地 : 福島県常磐市湯本三函(1960年)、福島県常磐市三函304(1963年)、福島県常磐市湯本三函304(1966年)、福島県いわき市磐城湯本三函304(1969年)、福島県いわき市常磐湯本三函304(1973年・1974年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1974年頃
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1962年の住宅明細図では「日活」。1963年の映画館名簿では「常磐日活」。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「湯本日本劇場」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
小名浜国際映画劇場/小名浜国際劇場
所在地 : 福島県磐城市字上明神町(1957年)、福島県磐城市明神町25(1958年・1960年)、福島県磐城市上明神町25(1963年)、福島県磐城市上明神町24(1966年)、福島県いわき市磐城上明神町28(1969年・1973年)、福島県いわき市小名浜上明神町25(1975年・1978年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1978年頃
1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「小名浜国際映画劇場」。1962年の住宅明細図では「小名浜国際」。1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「小名浜国際劇場」。1979年の日興住宅地図では跡地に「アキヤ」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「清水屋レジデンスA棟」。最寄駅はJR常磐線泉駅。

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*46
小名浜日活/磐城座/小名浜磐城座
所在地 : 福島県石城郡小名浜町(1936年・1941年・1943年)、福島県石城郡小名浜町上明神町(1947年)、福島県石城郡小名浜町(1950年)、福島県石城郡小名浜町上明神町(1953年)、福島県磐城市字上明神町28(1955年)、福島県磐城市上明神町28(1958年・1960年・1963年・1966年)、福島県いわき市磐城上明神町28(1969年・1973年)、福島県いわき市小名浜上明神町28(1975年・1978年)
開館年 : 1905年12月
閉館年 : 1978年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1905年12月開館。1936年・1941年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「磐城座」。1966年の映画館名簿では「小名浜日活」。1969年・1973年の映画館名簿では「磐城座」。1962年の住宅明細図では「磐城座映画館」。1975年・1978年の映画館名簿では「小名浜磐城座」。1979年の日興住宅地図では「磐城会館」。後継館は小名浜グリーン劇場・小名浜ローズ劇場。最寄駅はJR常磐線泉駅。

1963年のこのほど、磐城市の「磐城座」が改装を機に「小名浜日活」に改称した。館主は鈴木嘉勝。*47

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*48
ひかり座/平ひかり座
所在地 : 福島県平市田町55(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、福島県いわき市平田町55(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年)
開館年 : 1951年4月
閉館年 : 1980年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年4月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ひかり座」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「平ひかり座」。1978年の映画館名簿では「平ヒカリ座」。1980年の映画館名簿では「平ひかり座」。1962年の住宅明細図では「映画劇場ひかり座」。1981年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ひかりパーキング」。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1955年の平市田町にあった「ひかり座」の写真あり。「HIKARIZA」の文字が見える。ロバート・レッドフォード主演『コンドル』、イタリア映画『グレートハンティング』などの看板が見える。2009年現在の跡地は駐車場となっている。*49

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*50

戦後の平市では、「聚楽館」と「平館」に次いで「世界館」が再建され、紺屋町に「民衆劇場」が新築された。1951年には田町に洋画主体の「ひかり座」が開館した。1969年には世界館ビルが開業し、邦画・洋画の映画館5館やパチンコ店が集まる総合娯楽センターとなった。1973年には「名画座」が開館したが、わずか25席のホールで名画を上映する珍しい映画館だった。*51
三函劇場/三函座/湯本三函座
所在地 : 福島県石城郡湯本町本町通湯本(1930年)、福島県石城郡湯本町(1936年)、福島県石城郡湯本町本町通164(1941年)、福島県石城郡湯本町(1943年・1947年・1950年)、福島県石城郡湯本町字三函(1953年)、福島県いわき市磐城湯本三函(1969年)、福島県いわき市常磐湯本三函1164(1973年)、福島県いわき市常磐湯本三函164(1975年)、福島県いわき市常磐湯本三函1164(1978年・1980年・1982年)
開館年 : 明治30年代、1918年、1948年1月
閉館年 : 1982年
『全国映画館総覧 1955』によると1948年1月開館。1930年の映画館名簿では「三函座」。1936年の映画館名簿では「みはこ座」。1943年・1947年・1950年・1953年の映画館名簿では「三函座」。1969年・1973年・1975年・1978年・1980年の映画館名簿では「湯本三函座」。1985年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。2013年取り壊し。最寄駅はJR常磐線湯本駅。

戦後の田人地区には「泉光館」があり、湯本地区には「湯本座」と「三函座」があった。*52

昭和50年代のいわき市常磐湯本にあった「三函座」の写真あり。1918年頃に映画館となり、芝居小屋、集会所、演説会場などとしても用いられた。戦後には炭鉱の従業員や家族らが足しげく通ったが、1982年に閉館した。その後登録有形文化財に登録されたが、2011年の東日本大震災で被災したため、2013年に建物が取り壊された。*53

2010年4月、いわき市の有志らが「三函座の再活用検討委員会」を結成した。明治後期に湯本温泉に建てられた芝居小屋「三函座」の活用に取り組んでいる。外観の特徴はかまぼこ型の屋根と大きな表札。木造2階建、延床面積約420平方メートル。1階は椅子席であり、2階は桟敷となっている。選挙の際には演説会場となり、集会所の役割も果たした。1982年に閉館したが、映写室・タイル張りの券売窓口・売店などが残っている。*54

2010年6月13日、いわき市常磐湯本町にあった「三函座」の建物の見学会が開催された。木造2階建て、420平方メートル。かまぼこ型の屋根が特徴。明治30年代に芝居小屋として建設され、1918年に映画館に改造された。1982年に閉館し、2007年には国の登録有形文化材となった。*55

明治30年代には湯本温泉街に芝居小屋「三函座」が建てられた。1918年には建て替えられて映画館化された。木造2階建て、延べ床面積約460平方メートル。白色のかまぼこ型の屋根が特徴である。炭鉱の閉山やテレビの普及などが理由で、1982年に閉館した。その後、近くにある白石菓子店の白石広司が建物を買い取っている。*56

2010年12月25日、いわき市湯本温泉の「旧三函座」で現代アートフェスティバル「三函座物語」が開催される。2010年4月に設立された「三函座の再活用検討委員会」が活用に取り組んでおり、閉館から28年ぶりに観客が入ることとなる。*57

2010年12月25日、いわき市常磐湯本町の旧映画館「三函座」で街おこしイベント「三函座物語」が開催された。「三函座の再生活用検討委員会」が主催し、地元劇団による三函座版ハムレットの公演、アコーディオン伴奏によるフラダンスの実演などが行われた。三函座は明治30年代に芝居小屋として建てられ、その後映画館となったが、1982年に閉館した。国の登録有形文化財。*58

「三函座」に言及している書籍として、伊藤隆之『看板建築・モダンビル・レトロアパート』グラフィック社、2014年がある。*59

「三函座」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*60
銀星座/小名浜銀星座
所在地 : 福島県磐城市中坪町38(1958年)、福島県磐城市中坪38(1960年)、福島県磐城市字中坪38(1963年)、福島県磐城市中坪町38(1966年)、福島県いわき市磐城中坪町38(1969年・1973年)、福島県いわき市小名浜中坪38(1975年・1978年・1980年)、福島県いわき市小名浜中坪町38(1982年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1982年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「銀星座」。1962年の住宅明細図では「銀星座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「小名浜銀星座」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「金星座ビル」建物北側。最寄駅はJR常磐線泉駅。

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*61
金星座/小名浜金星座
所在地 : 福島県石城郡小名浜町中坪38(1953年)、福島県磐城市字中坪38(1955年)、福島県磐城市中坪町38(1958年)、福島県磐城市中坪38(1960年)、福島県磐城市字中坪38(1963年)、福島県磐城市中坪町38(1966年)、福島県いわき市磐城中坪町38(1969年・1973年)、福島県いわき市小名浜中坪38(1975年・1978年・1980年)、福島県いわき市小名浜中坪町38(1982年)
開館年 : 1950年1月
閉館年 : 1982年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1950年1月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「金星座」。1962年の住宅明細図では「金星座」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「小名浜金星座」。1979年の日興住宅地図では「金星座ビル 金星座」。1983年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「金星座ビル」建物南側。最寄駅はJR常磐線泉駅。

戦後の小名浜には「磐城座」があったが、1949年には邦画の「金星座」と洋画の「銀星座」が開館し、「金美館」と「国際劇場」も新築された。「小名浜劇場」は改装して「地球座」に改称したが、間もなく閉館した。*62
常磐東映/常磐座/湯本金星座
所在地 : 福島県常磐市湯本向田1(1958年・1960年)、福島県常磐市湯本町向田(1963年)、福島県常磐市向田1(1966年)、福島県いわき市常磐向田1(1969年・1973年)、福島県いわき市常磐湯本向田1(1980年・1982年・1984年)
開館年 : 1957年頃
閉館年 : 1984年頃
1957年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「常磐東映」。1962年の住宅明細図では「常磐東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「常磐座」。1973年の映画館名簿では「湯本金星座」。1975年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1984年の映画館名簿では「湯本金星座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「割烹旅館わ可ば」。最寄駅はJR常磐線湯本駅。
菊多劇場/菊多館/植田東映菊多館/植田菊多館
所在地 : 福島県石城郡植田町(1953年)、福島県石城郡植田町大字植田(1955年)、福島県勿来市植田町32(1958年)、福島県勿来市植田町番所下32(1960年)、福島県勿来市植田番所下32(1963年)、福島県勿来市植田町番所下32(1966年)、福島県いわき市植田町本町1-1-7(1969年・1973年・1975年・1978年・1980年・1985年)
開館年 : 1951年11月
閉館年 : 1985年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年11月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「菊多劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「菊多館」。1962年の住宅明細図では「菊多館」。1963年の映画館名簿では「植田東映菊多館」。1966年・1969年の映画館名簿では「植田菊多館」。1973年の映画館名簿では「植田東映菊多館」。1975年・1978年・1980年・1985年の映画館名簿では「植田菊多館」。1979年の日興住宅地図では「菊多ビル 1階東映菊多館」。1986年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「いわき市こども元気センター」西北西150mにある「中山組管理地」。最寄駅はJR常磐線植田駅。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*63
中央館/植田中央館
所在地 : 福島県勿来市植田町18(1961年・1963年)、福島県いわき市植田町台町18(1966年・1969年・1973年・1978年・1980年・1985年)、福島県いわき市植田町本町18(1988年・1989年)
開館年 : 1960年頃
閉館年 : 1989年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年・1963年の映画館名簿では「中央館」。1962年の住宅明細図では「中央館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「植田中央館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿では「植田中央座」。1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「植田中央館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山野辺眼科医院専用駐車場」南東の道路。最寄駅はJR常磐線植田駅。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*64
うえた館/うえだ館/植田館
所在地 : 福島県石城郡植田町(1953年)、福島県石城郡植田町字台町18(1955年)、福島県勿来市植田町18(1958年・1960年・1963年)、福島県いわき市植田町台町18(1966年・1969年・1973年・1978年・1980年・1985年)、福島県いわき市植田町本町18(1988年)
開館年 : 1951年12月
閉館年 : 1989年頃
『全国映画館総覧 1955』によると1951年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「植田館」。1955年の映画館名簿では「うえた館」。1958年・1960年の映画館名簿では「植田館」。1962年の住宅明細図では「植田館」。1963年の映画館名簿では「うえだ館」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「植田館」。1975年の映画館名簿には掲載されていない。1978年・1980年・1985年・1988年・1989年の映画館名簿では「植田館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「山野辺眼科医院専用駐車場」。最寄駅はJR常磐線植田駅。

戦後の植田・勿来地区には「菊田館」と「植田館」と「中央館」と「ロマンス座」と「錦座」と「関田劇場」と「常磐劇場」などがあった。*65
平聚楽館・平アポロ座/聚楽館シネマ1・2
所在地 : 福島県いわき市平白銀町4(1975年)、福島県いわき市平字白銀町4(1978年)、福島県いわき市平字白銀町4-1(1980年・1982年・1985年)、福島県いわき市平字白銀町1-15(1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1973年
閉館年 : 1999年9月1日
前身館は才槌小路9の平聚楽館。1974年・1975年の映画館名簿では「平衆楽館・平アポロ座」(2館)。1974年の映画館名簿では平衆楽館の経営者が飯田俊輔で支配人が菊地直次、平アポロ座の経営者が高橋常作で支配人が高橋邦夫、平衆楽館が鉄筋造地下1階冷暖房付で208席で洋画を上映、平アポロ座が鉄筋造地下1階冷暖房付で150席で洋画を上映。1978年・1980年・1982年の映画館名簿では「平聚楽館・平アポロ座」(2館)。1982年の映画館名簿では平聚楽館の経営会社が株式会社聚楽館、平アポロ座の経営会社は記載なし、平聚楽館の経営者が飯田俊輔、平アポロ座の経営者が高橋常作、平聚楽館の支配人が久米宏、平アポロ座の支配人が高橋邦夫、いずれも鉄筋造地下、平聚楽館が208席で洋画を上映、平アポロ座が80席で洋画を上映。1985年・1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「聚楽館シネマ機Ν供廖2館)。1998年の映画館名簿では経営会社が株式会社聚楽館、経営者が飯田幸男、支配人が菊地明夫、いずれも鉄筋造地下、1が208席、2が120席、いずれも邦画・洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。建物名は世界館ビル。まちポレいわきが入る世界館ビルは現存。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1999年9月1日をもって、いわき市平の映画館「聚楽館」(しゅうらっかん)シネマ1・2が休館した。飯田幸男社長は改装して再オープンするか閉館するか検討している。1897年に芝居小屋として開館した。昭和初期に現在のいわき市平1丁目に移転して映画館となった。1973年にはいわき駅前の世界館ビル地下1階に移転し、洋画を中心に上映していた。世界館ビルには1998年11月に開館した平テアトルの2館と平東宝1館もあり、聚楽館2館を含めて計5館がある。*66
平テアトル・平スカラ座/平テアトル1・2/平テアトル1・2・3
所在地 : 福島県いわき市平大工町9(1980年)、福島県いわき市平大工町9-2(1985年・1990年・1995年・2000年・2001年)
開館年 : 1979年頃
閉館年 : 2001年頃
1979年の映画館名簿には掲載されていない。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「平テアトル・平スカラ座」(2館)。2000年の映画館名簿では「平テアトル1・2」(2館)。2001年の映画館名簿では「平テアトル1・2・3」(3館)。2001年の映画館名簿では経営会社が東日本映画、経営者が安達政雄、支配人が先川原弘司、1が鉄筋造地下で190席で邦画・洋画を上映、2が鉄筋造地下で100席で邦画・洋画を上映、3が鉄筋造5階で60席で洋画を上映。2002年の映画館名簿には掲載されていない。

2000年2月5日、いわき市平字白銀町1-15に「平テアトル1・2」が開館した。経営は東日本映画。*67
三夜東映/平三夜東映劇場/平東映劇場/平東映劇場・平松竹/平東映・平東映2
所在地 : 福島県平市15-2(1960年)、福島県平市15丁目2(1963年・1966年)、福島県いわき市平15-2(1969年・1973年・1975年・1977年・1978年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2007年)
開館年 : 1959年頃、1968年8月、1977年頃(2館化)
閉館年 : 2007年8月
1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「三夜東映」。1962年の住宅明細図では「三夜東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「平三夜東映劇場」。1973年・1975年・1977年の映画館名簿では「平東映劇場」。1978年の映画館名簿では「平東映劇場・平東映パラス」(2館)。1980年の映画館名簿では「平東映劇場・平松竹」(2館)。1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2007年の映画館名簿では「平東映・平東映2」(2館)。2007年の映画館名簿では経営会社が有限会社トーエー企業、経営者が佐藤友宏、支配人が大木政則、平東映が鉄筋造1階で178席で東映を上映、平東映2が鉄筋造3階で110席で邦画・洋画を上映。2008年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホテルソレイユ」。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*68

2007年9月4日の『福島民友』には「平東映」が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*69
小名浜グリーン劇場・小名浜ローズ劇場
所在地 : 福島県いわき市小名浜上明神町28(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1978年
閉館年 : 2008年
前身館は小名浜磐城座。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「小名浜グリーン劇場・小名浜ローズ劇場」(2館)。2008年の映画館名簿では経営会社が有限会社イワキ会館、経営者・支配人ともに小野隆夫、グリーン劇場が鉄筋造1階で132席で邦画・洋画を上映、ローズ劇場が鉄筋造3階で99席で成人映画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。建物名はイワキ会館。建物のイワキ会館は「常陽銀行小名浜支店」北東100mに現存。最寄駅はJR常磐線泉駅。

1963年のこのほど、磐城市の「磐城座」が改装を機に「小名浜日活」に改称した。館主は鈴木嘉勝。*70
世界館ビル/平テアトル1-5/ポレポレいわき1-7/まちポレいわき1・2
所在地 : 福島県いわき市平白銀町4(1970年・1973年・1975年)、福島県いわき市平字白銀町4(1978年)、福島県いわき市平字白銀町4-1(1980年・1985年)、福島県いわき市平字白銀町1-15(1990年・1995年・2000年・2002年・2005年・2008年・2010年・2015年・2018年・2020年・2022年)
開館年 : 1969年8月、2010年7月10日(ポレポレいわき改称&7館化)、2018年5月26日(まちポレいわき改称&2館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : ポレポレいわき
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1970年・1973年の映画館名簿では「平東宝劇場・平大映劇場・アポロ座」(3館)。1970年の映画館名簿では平東宝劇場の経営者が東宝東部興行で支配人が河野学、平大映劇場の経営者が大一興行で支配人が橋場広志、アポロ座の経営者が高橋常作で支配人が高橋邦夫、平東宝劇場が鉄筋造2階で定員350、平大映劇場が鉄筋造地下1階で定員350、アポロ座が鉄筋造地下1階で定員150、平東宝劇場が東宝を上映、平大映劇場が松竹・大映を上映、アポロ座が洋画を上映。1975年の映画館名簿では「平東宝劇場・平ロマン・名画座」(3館)。1978年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「平東宝劇場・平ロマン・平名画座」(3館)。2000年の映画館名簿では「平東宝劇場・平テアトル3・平テアトル4」(3館)。2002年・2005年・2008年の映画館名簿では「平東宝劇場・平テアトル1-4」(5館)。2008年の映画館名簿では平東宝劇場の経営会社が有限会社イワキ会館、平東宝劇場の経営者・支配人ともに小野隆夫、平テアトルの経営会社が東日本映画、平テアトルの経営者が安達政雄で支配人が沼田哲也、平東宝劇場が206席で東宝を上映、平テアトル1が190席、平テアトル2が100席、平テアトル3が60席、平テアトル4が42席、平テアトルはいずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿では「平テアトル1-5」(5館)。2012年・2015年・2018年の映画館名簿では「ポレポレいわき1-7」(7館)。2018年の映画館名簿では経営会社が株式会社世界館、経営者が鈴木修典、支配人が福田まり子、1が190席、2が100席、3が163席、4が61席、5が45席、6が60席、7が30席。2020年・2022年の映画館名簿では「まちポレいわき1・2」(2館)。2022年の映画館名簿では経営会社が株式会社名画座、経営者が鈴木修典、支配人が伊藤聡美、1が50席、2が45席。建物名は世界館ビル。最寄駅はJR常磐線いわき駅。

1946年暮れ、鈴木寅次郎は椅子席408隻の「世界館」を再建した。世界館は平市において戦後初の大建築とされる。その後紺屋町に佐藤子之吉によって「民衆劇場」が開館し、西部地区開発の機運を高めた。1951年4月には平銀座興業によって椅子席426席の「ひかり座」が開館し、1955年には椅子席104席の「平ニュース館」が開館した。平ニュース館は「平新東宝」、「ニュー東映」、「ニュー国際」、「名画座」と改称して1973年現在に至っている。1968年8月には辺鄙な場所とされていた場所に「三夜東映」が開館した。1969年8月には平駅前に世界館ビルが竣工し、松竹・東宝・日活・大映・洋画の5つの封切館を併せ持った。*71

戦後の平市では、「聚楽館」と「平館」に次いで「世界館」が再建され、紺屋町に「民衆劇場」が新築された。1951年には田町に洋画主体の「ひかり座」が開館した。1969年には世界館ビルが開業し、邦画・洋画の映画館5館やパチンコ店が集まる総合娯楽センターとなった。1973年には「名画座」が開館したが、わずか25席のホールで名画を上映する珍しい映画館だった。*72

1998年11月27日、平テアトル1・2があるビルの5階に「平テアトル3・4」が開館した。平テアトル1・2・3・4の支配人は先川原弘司。経営は東日本映画であり、平世界館の協力を得た。*73

2000年2月5日、いわき市平字白銀町1-15に「平テアトル1・2」が開館した。経営は東日本映画。*74

2009年3月14日、いわき市唯一の映画館「平テアトル」で『実録 連合赤軍あさま山荘への道程』が上映された。地元の映画ファンからの要望を受けて、地方ではなかなか上映されないミニシアター系作品の上映を初めて企画した。2008年11月、平テアトルを経営していた興行会社が撤退し、平テアトルが入る世界館ビルのオーナーを務める鈴木修典が経営を引き継いだ。近年のいわき市には3館の映画館があったが、2007年には「平東映」が、2008年には「小名浜グリーン劇場」が閉館し、いわき市では平テアトルのみが営業を続けている。スズキは24歳から11年間東宝に勤務して映画館の経営に携わっていた。*75

2011年3月29日、いわき市の映画館「ポレポレいわき」が営業を再開し、『ドラえもん』など4作品を値下げして上映した。映写機は横倒しになったが、スタッフが据え付けなおした。通常時の春休みの約10分の1ではあるが約50人が鑑賞した。3月11日の東日本大震災の影響で、いわき市民数万人が福島県外などに避難しており、まだ閉店している商店なども多い。*76

2018年6月15日、いわき市のイオンモールいわき小名浜に9スクリーンの映画館「ポレポレシネマズいわき小名浜」が開館する。「ポレポレいわき」の運営会社とTOHOシネマズが提携して運営する。ポレポレいわきは2スクリーンのミニシアターに転換して存続する。戦前に大映系映画館「世界館」として開館し、1969年には現在の世界館ビルが完成した。その後、複数スクリーンの名称を「平テアトル」に統一し、2010年にポレポレいわきに改称した。*77

2019年2月8日、いわき市の「まちポレいわき」と「ポレポレシネマズいわき小名浜」で、毎年恒例のポレポレ映画祭が開幕する。『ぼけますから、よろしくお願いします。』、『教誨師』、『神宮希林 わたしの神様』など11作品を上映する。*78

2020年5月29日、いわき市の「まちポレいわき」と「ポレポレシネマズいわき小名浜」が営業を再開した。新型コロナの影響で4月18日より休館していた。当面はレイトショーなしの短縮営業となる。*79
ポレポレシネマズいわき小名浜
所在地 : 福島県いわき市小名浜字辰巳町79番地 イオンモール小名浜4階(2020年)
開館年 : 2018年6月15日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「ポレポレシネマズいわき小名浜1-9」(9館)。まちポレいわきの姉妹館。最寄駅はJR常磐線泉駅。

2018年6月15日、いわき市に「ポレポレシネマズいわき小名浜」が開館した。9スクリーンを有する福島県最大級のシネコンである。福島県いわき市小名浜地区の復興のシンボルであり、防災モールの役割も果たすこととなる。同日には『劇場版 ドルメンX』の初日舞台挨拶が行われ、志尊淳、浅香航大、小越勇輝、玉城ティナ、桐山漣、川島邦裕、小室直子監督が登壇した。*80

2020年5月29日、いわき市の「ポレポレシネマズいわき小名浜」が営業を再開する。新型コロナの感染拡大に伴う緊急事態措置で4月18日より休館していた。当面は座席数の約20%の販売にとどめ、またレイトショーは行わない。*81

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

目次

管理人/副管理人のみ編集できます