消えた映画館の記憶 - 北九州市の映画館

北九州市

小倉北区

木町松竹/小倉木町東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区木町1丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
東宝富士館/小倉東宝富士館
所在地 : 福岡県北九州市小倉区三萩野町853(1969年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉中央劇場/第一中央映劇・第三中央映劇/小倉中央大劇・小倉第三中央劇場
所在地 : 福岡県小倉市大門町85(1960年)、福岡県北九州市小倉区大門町85(1969年)
開館年 : 1948年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿では鉄筋造2階、1200席。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉中央シネマ
所在地 : 福岡県北九州市小倉区栄町4丁目(1969年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
三萩野大映/三萩野大映劇場/小倉三萩野大映劇場
所在地 : 福岡県小倉市黄金町4-102(1960年)、福岡県北九州市小倉区黄金町4丁目(1969年・1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉大洋映画劇場・小倉大洋東映映画劇場/小倉大洋劇場・小倉大洋東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区馬借町6-33-1(1969年・1973年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
勝山映劇/小倉勝山東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区西本町2丁目(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
小倉サンコーシネマ
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区船場町2-30(1980年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「小倉サンコーシネマ」。1982年の映画館名簿には掲載されていない。
中央グランド/小倉中央グランド/小倉東映パラス劇場/小倉東映パラス
所在地 : 福岡県北九州市小倉区室町2丁目(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区室町2-132-4(1975年・1978年・1980年・1982年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の映画館名簿では「小倉東映パラス劇場」。1982年の映画館名簿では「小倉東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「中央室町立体駐車場」。
小倉喜楽館/東宝喜楽館/喜楽館/小倉日活劇場/小倉にっかつ/小倉にっかつ劇場/小倉ロッポニカ劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区船頭21(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区船頭21(1980年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-34(1985年・1990年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1992年・1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「駐太郎パーク」。

1919年頃の北九州にあった「喜楽館」の写真あり。1932年頃の北九州にあった「喜楽館」の写真あり。1900年頃に開館した「旭館」が1915年から1916年頃に映画館化したものである。当初は日活やマキノ系だったが、後に松竹系も併映した。*1
小倉大映劇場/小倉東宝・小倉大映/小倉東宝劇場・小倉大映劇場/小倉東宝劇場・小倉プラザ劇場/小倉東宝劇場・小倉東宝プラザ
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区船頭町37(1973年・1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭2-25、2-26(1990年)
開館年 : 1954年7月? 1956年?
閉館年 : 1997年夏
跡地は立体有料駐車場「APパーク小倉駅前」。

1965年、小倉の「小倉東宝」では市川崑監督の記録映画『東京オリンピック』が公開された。当時の北九州市域には110館以上の映画館があり、映画ブームに沸いていた。*2

1997年夏をもって、北九州市小倉北区の映画館「小倉東宝」(452席)と「東宝プラザ」(417席)が閉館する予定。1956年に開館し、1950年代後半から1970年代初頭にかけて、『ゴジラ』シリーズや若大将ブームで多くの観客を集めた。1995年には北九州市の特定建築物調査で改装の必要があると指摘を受けたが、建て替えても採算が見込めないことで閉館を決めた。この5年間は採算が取れているが、年間観客数は約15万人から約20万人。1997年内に建物を取り壊し、当面は*3
小倉松竹劇場・小倉ロマン座/小倉松竹劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区京町1-141(1985年)、福岡県北九州市小倉北区京町1-5-22(1990年・1995年)
開館年 : 1973年以後1975年以前
閉館年 : 1995年以後1998年以前
跡地は立体駐車場「中村パーキングプラザ」。
小倉文化大劇/小倉松竹文化劇場/小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉SY松竹文化/小倉ピカデリー・小倉松竹文化
所在地 : 福岡県北九州市小倉区室町2-132-1(1973年)、福岡県北九州市小倉北区室町2-6-1(1980年・1985年・1990年・2000年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2000年7月31日
跡地は「福岡中央銀行小倉支店」。

1997年12月4日、北九州市の「小倉SY文化」と「小倉ピカデリー」はアナログ音響用機器を更新した。*4
常盤映劇/小倉ときわ映画劇場/小倉ときわ映劇/小倉トキワ映劇
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区京町1-6-2(1990年・2002年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2002年以後2005年以前
2002年の映画館名簿では「小倉トキワ映劇」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「フルール・ド・パリス」。
中央会館/小倉中央会館
所在地 : 福岡県北九州市小倉区平和通(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区大阪町45(1980年・1985年)、福岡県北九州市小倉北区船頭1-5-14(1990年)、福岡県北九州市小倉北区魚町1-5-14(2000年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 2002年9月16日
1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「小倉中央会館」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ダイワロイネットホテル小倉駅前」。

1997年11月29日、北九州市のJR小倉駅南口にある映画館「中央会館」が改装オープンし、デジタル音響設備と大型座席を導入した。1997年5月には『スター・ウォーズ』のリバイバル上映で再生ができず、7月には『もののけ姫』でせりふが聞き取れない事態となっていた。床と壁も張り替えている。*5

2002年9月16日をもって、北九州市のJR小倉駅前にあるロードショー映画館「小倉中央会館」が閉館し、44年の歴史に幕を下ろした。11月末をめどに、大型アミューズメント施設に生まれ変わる。546席の客席数は九州地方最大であり、大スクリーンや小倉駅前という立地の良さがあったが、シネコンに観客が流れた。*6
小倉有楽映劇/小倉有楽映画劇場/小倉有楽劇場/小倉有楽100・小倉有楽150/小倉シネシティ有楽1・2・3
所在地 : 福岡県北九州市小倉区大正町1丁目(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区馬借町1-2-8(1990年)、福岡県北九州市小倉北区馬借町1-2-1(2000年)
開館年 : 1960年以前、1987年7月(2館化)、1997年7月5日(シネシティ)
閉館年 : 2003年8月31日
1997年7月5日開業の東京第一ホテル小倉(現・ホテルクラウンパレス小倉)地下。開館当初から全席全回指定席制だったミニシアター。
小倉東映劇場/小倉東映シネマ1・2/小倉東映劇場・小倉東宝劇場
所在地 : 福岡県北九州市小倉区大阪町1-28(1969年・1973年)、福岡県北九州市小倉北区船場町2-6(1982年・2000年)
開館年 : 1961年、1982年以後1985年以前(2館化)
閉館年 : 2003年6月
1982年の映画館名簿では「小倉東映劇場」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物名は小倉東映会館。跡地は「オリエントキャピタルタワー」。

1999年3月6日、北九州市小倉北区船場町2の商業施設「小倉東映会館」がリニューアルオープンした。総額4億円をかけて1階から3階の店舗の約半分を改装した。10店舗が新規出店した。インテリア用品をテナントを入れるなどして品ぞろえに幅を持たせた。*7

2004年9月末をもって、北九州市小倉北区船場町の複合商業ビル「小倉東映会館」が閉館する。1961年11月、東映が東京と大阪に続く会館として建設した。地下2階・地上6階建て。*8

2004年9月末をもって、北九州市小倉北区の一等地にある商業ビル「小倉東映会館」が閉館する。土地と建物は東映が所有しており、新たにビルを建設する予定だが詳細は未定。1961年に開館した。地下2階・地上6階建て。1980年代には若者に人気のDCブランドを導入し、北九州におけるファッションの拠点として注目された。2003年には同じ東映系のシネコンを有するリバーウォーク北九州が開業し、小倉東映会館内の映画館が閉館した。*9

2004年9月30日をもって、北九州市小倉北区船場町のファッションビル「小倉東映会館」が閉館した。1961年に小倉中心部の大型商業施設の先駆けとして開業し、開業から1990年代半ばにかけてにぎわった。2003年にはリバーウォーク北九州が開業し、小倉東映会館内の映画館が閉館した。老朽化や新しい商業施設との競争などが理由で、約43年の歴史に幕を下ろした。地下1階・地上6階建て。当面は建物を現状のまま残す予定だが、新たな商業ビルの建設も検討している。*10
小倉昭和館/小倉昭和館1・2
所在地 : 福岡県北九州市小倉区紺屋町1丁目(1969年)、福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-9(2020年)
開館年 : 1939年、1982年(2館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 小倉昭和館

「小倉昭和館」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*11
小倉名画座/小倉名画座1・2
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区京町2-5-6(2020年)
開館年 : 1975年以後1978年以前、1986年以後1988年以前(2館化)
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 小倉名画座
1975年の映画館名簿には掲載されていない。
シネプレックス小倉
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区砂津3-1-1 チャチャタウン小倉内(年)
開館年 : 2000年11月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。10スクリーンのシネコン。
T・ジョイリバーウォーク北九州
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1-7100 リバーウォーク北九州デコシティ4階(年)
開館年 : 2003年4月19日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。8スクリーンのシネコン。
小倉コロナシネマワールド
所在地 : 福岡県北九州市小倉北区西港町27-5(年)
開館年 : 2008年4月
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。10スクリーンのシネコン。

小倉南区

八幡西区

折尾中央映劇/折尾中央映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区大字折尾1371(1969年)
開館年 : 1949年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎銀座映劇/黒崎銀座映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎町1丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎ニュー東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎町2丁目(1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎日活/黒崎日活劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区西通町5丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎名劇/黒崎名画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎町3丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡区黒崎町2-4-15(1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎東映/黒崎東映劇場/黒崎映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎1丁目1-16(1973年・1975年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎光洋映劇
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎3丁目(1980年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎にっかつ/黒崎にっかつ劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎町1丁目(1985年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町1-11-22(1988年)
開館年 : 1978年以後1980年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1978年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿には掲載されていない。
黒崎ロマン座
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎1-13-17(1982年・1990年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年・1990年の映画館名簿では「黒崎ロマン座」。1992年の映画館名簿には掲載されていない。ナイトビル黒崎1階。ナイトビル黒崎は現存。
黒崎スカラ座
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区熊手町2-1(1978年)、福岡県北九州市八幡西区熊手町2丁目(1980年・1985年)、福岡県北九州市八幡西区熊手2-1-24(1990年)
開館年 : 1975年以後1978年以前
閉館年 : 1990年以後1992年以前
1975年の映画館名簿には掲載されていない。1992年の映画館名簿には掲載されていない。吉野ビル3階。跡地は有料駐車場「エルザパーク熊手栄町通り」。
黒崎銀座映画劇場/黒崎銀座映劇・黒崎松竹映画劇場/黒崎銀座映画劇場・黒崎松竹映劇/黒崎銀座映劇・黒崎松竹劇場/黒崎松竹劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡西区黒崎1-8-7(1990年・1995年・1998年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1998年以後2000年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・1998年の映画館名簿では「黒崎松竹劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。黒崎銀映ビルの銀映が3階で松竹が4階。黒崎銀映ビルは現存。
黒崎東宝劇場/クロサキ東宝1・2/黒崎東宝1・2
所在地 : 福岡県北九州市八幡区黒崎町3丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎町2丁目(1980年・1985年)、北九州市八幡西区黒崎2-1-15(1990年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎2-1-10(2000年)
開館年 : 1969年以前
閉館年 : 2003年5月31日
2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「エルザパーク黒崎駅前供廖
八幡中央大劇/八幡中央大劇・黒崎第二中央劇場・黒崎中央劇場/黒崎八幡中央大劇/黒崎八幡中央大劇・黒崎第二中央劇場・黒崎中央映画劇場/黒崎八幡中央大劇・黒崎東映パラス/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場1・2/黒崎中央大劇・黒崎文化劇場
所在地 : 福岡県北九州市黒崎町1丁目(1969年・1980年)、福岡県北九州市八幡西区黒崎1-11-22(1990年・2000年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 2003年6月6日
1969年の映画館名簿では「黒崎中央劇場」。1980年の映画館名簿では「黒崎八幡中央大劇」。1990年・2000年の映画館名簿では「黒崎中央大劇」。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2001年9月、北九州市八幡西区黒崎の映画館「シネ・ワールド黒崎」が開館1周年を迎える。中央興業が経営。もともとは一般的な映画館だったが、独自色を出すためにアンコール劇場(再映館)に切り替えた。ロードショー公開が終了して3か月以上経った作品、アカデミー賞受賞作品などを上映する。開館当初に上映した『タイタニック』は2週間で約800人を集めるほど好評だった。11月3日からは1周年記念イベントとして『風と共に去りぬ』と『カサブランカ』を上映する。

2002年9月21日から、北九州市八幡西区黒崎の映画館「シネ・ワールド黒崎」は2周年を記念して「木下恵介監督作品特集」を行う。9月21日から27日には『二十四の瞳』を、9月28日から10月5日には『喜びも悲しみも幾歳月』を、10月6日からは『楢山節考』を上映する。シネ・ワールド黒崎は2年前に一般映画館から切り替えたアンコール劇場(再映館)であり、ロードショー館の半額以下の料金である。*12

2003年6月6日をもって、北九州市八幡西区黒崎1にある映画館「黒崎中央大劇」と「シネ・ワールド黒崎」が閉館した。黒崎中央大劇の最終上映作品は『戦場のピアニスト』。1998年に中間市に開館したシネコンの影響で、2002年まで4館が相次いで閉館していた。2002年には黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎も椅子を改修するなどして対抗したが、観客数は従来の1割にまで落ち込んでいた。黒崎中央大劇とシネ・ワールド黒崎より2週間早く、「黒崎東宝」も閉館している。黒崎東宝は2002年から、ロードショーではなく名作を企画形式で上映していた。かつて黒崎には約30の映画館があったが、これによってすべて閉館した。*13

2010年10月9日、北九州市八幡西区黒崎で黒崎シネマチャレンジと題した上映イベントが始まった。開場は2003年に閉館した映画館「黒崎中央大劇」跡の「きてみて館2」。『おくりびと』や八幡製鉄所が舞台の木下恵介監督作『この天の虹』などが上映される。黒崎は九州有数の映画館街だったが、2005年に最後の映画館が閉館した。*14
黒崎ロキシー劇場/黒崎ロキシー
所在地 : 福岡県北九州市八幡区西通り5丁目(1973年)、福岡県北九州市八幡西区藤田3丁目(1980年)、福岡県北九州市八幡西区藤田3-3-26(1985年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2005年4月29日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「太陽会館」。

2003年9月6日、北九州市八幡西区のJR黒崎駅前にあった映画館「黒崎ロキシー」が3年ぶりに営業を再開する。6月6日には「中央大劇」など2館が相次いで閉館し、黒崎から一時的に映画館が消えていた。黒崎ロキシーはもともと松竹系洋画封切館であり、中間市や戸畑区に開館したシネコンの影響などで2000年3月に閉館していた。*15

2003年9月6日、北九州市八幡西区黒崎にある映画館「黒崎ロキシー」が3年半ぶりに営業を再開した。オープニング作品は『ショーシャンクの空に』。263席。1970年頃の黒崎には20数館の映画館があったが、今年5月と6月には黒崎の映画館の閉館が相次ぎ、黒崎から映画館がなくなっていた。黒崎ロキシーも2000年2月に閉館したが、運営会社が営業再開を企て、過去の作品を再上映する映画館として再開した。*16

2005年4月29日をもって、北九州市八幡西区の黒崎にある映画館「黒崎ロキシー」が閉館する。2000年3月に閉館したが、2003年9月に再上映館として営業を再開していた。1300人を超す支援会員を集め、黒崎商店組合連合会もシネマ委員会を発足させて貸し切り上映会を開くなどしていた。これによって黒崎から映画館が姿を消す。*17

八幡東区

枝光東映/枝光文化映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区諏訪町1丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡東宝/八幡東宝劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
民衆楽映劇/八幡民衆楽映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区東通8丁目(1969年)
開館年 : 1952年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡東映/八幡東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡区中央町2丁目(1973年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1975年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡中央映画劇場/八幡中央映劇/八幡中央大劇
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区尾倉605(1980年・1982年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1980年の映画館名簿では「八幡中央映劇」。1982年の映画館名簿では「八幡中央大劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡小劇場/八幡ロマン座
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区中央町2丁目(1985年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1985年頃
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の経営者は福島武鶴、木造平屋建、120席、成人映画を上映。1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。
八幡名画座
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区中央町2-16-15(2000年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。2002年の映画館名簿には掲載されていない。
有楽映画劇場/有楽映劇/八幡有楽映画劇場/八幡有楽映劇/八幡有楽劇場
所在地 : 福岡県北九州市八幡東区前田町805(1980年)、福岡県北九州市八幡東区前田2-5-1(1990年・2000年・2010年)
開館年 : 1954年1月
閉館年 : 2019年6月27日
Wikipedia : 有楽映画劇場
1969年・1980年の映画館名簿では「八幡有楽映画劇場」。1990年・2000年・2010年の映画館名簿では「八幡有楽劇場」。

2019年6月27日、北九州市八幡東区前田2丁目の成人映画館「有楽映画劇場」が閉館する。所在地の地名から「前田有楽」とも呼ばれる。高度経済成長期初期の1954年に一般映画館として開館し、八幡製鉄所の工員などが詰めかけて盛況だった。映画離れに加えて製鉄業の低迷もあり、1970年代に成人映画館に転換した。近年は10年以上にわたって赤字が続いていた。2005年公開の映画『カーテンコール』、2007年公開の映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』ではロケ地としても使用された。閉館後の6月29日には有志によって「さよなら前田有楽まつり」が開催され、館内や映写室内の見学会や、倖田李梨主演作『スモーキング・エイリアンズ』の上映、倖田李梨によるアフタートークなどが開催される。建物は近いうちに取り壊される予定。*18

「前田有楽映画劇場」に言及している書籍として中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*19

倖田李梨と藤里一郎による写真集『タイガーリリー』には、「石巻パール劇場」(宮城県石巻市)、「宇都宮オークラ」(栃木県宇都宮市)、「新橋ロマン」(東京都港区)、「旧上野オークラ」(東京都台東区)、「横浜光音座」(神奈川県横浜市)「金沢駅前シネマ」(石川県金沢市)、「的場有楽」(広島県広島市)、「前田有楽」(福岡県北九州市)、「首里劇場」(沖縄県那覇市)、が掲載されている。現物は未確認。図書館には基本的に所蔵されていない。*20

門司区

稲荷座/門司東映映画劇場
所在地 : 福岡県門司市(1950年)、福岡県門司市日ノ出町3(1953年・1955年)、福岡県門司市日ノ出町3丁目(1958年)、福岡県門司市日の出町3(1960年・1963年)
開館年 : 1923年5月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「稲荷座」。1958年の映画館名簿では「門司東映映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「門司東映」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

1955年頃の門司市にあった「稲荷座」の写真あり。「イナリザ」の文字が見える。明治20年代に開館した劇場に起源をもち、戦後には大映や新東宝の封切館となった。*21
有楽映画劇場/有楽映劇/門司有楽映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市門司区錦町8-26(1969年)
開館年 : 1931年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
銀座映画劇場/門司銀座映画劇場(旧)
所在地 : 福岡県北九州市門司区東本町2-1-24(1969年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1969年以後1973年以前移転?
1973年の映画館名簿には掲載されていない。
テアトル金星/門司テアトル金星
所在地 : 福岡県北九州市門司区東本町2-2-25(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1973年の映画館名簿には掲載されていない。
新世界映劇/門司新世界映画劇場/門司銀座映劇(新)
所在地 : 福岡県北九州市門司区東本町2-5-25(1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1978年の映画館名簿には掲載されていない。
若草映画劇場/若草映劇/門司大里若草映画劇場/門司若草映劇
所在地 : 福岡県北九州市門司区大里柳町2-3-6(1973年)、福岡県北九州市門司区大里柳町2丁目(1980年・1982年)
開館年 : 1931年5月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1980年・1982年の映画館名簿では「門司若草映劇」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「門司典礼会館」建物北東側。門司区最後の映画館。

門司区の映画館に言及している書籍として阿奈井文彦『名画座時代 消えた映画館を探して』岩波書店、2006年がある。*22

戸畑区

戸畑大成映画劇場/戸畑天神大映
所在地 : 福岡県戸畑市天神町2丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区天神町2丁目(1966年・1969年)
開館年 : 1953年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「大成映劇」。1966年の映画館名簿では「戸畑大成映画劇場」。1969年の映画館名簿では「戸畑天神大映」。
大丸映劇/戸畑大丸映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区明治町8-21(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
国際映劇/第一国際/戸畑国際映画劇場/戸畑国際東宝劇場
所在地 : 福岡県戸畑市昭和通4丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区高峰通(1966年)、福岡県北九州市戸畑区浅生町3-13-12(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1960年の映画館名簿では「国際映劇」。1963年の映画館名簿では「第一国際」。1966年の映画館名簿では「戸畑国際映画劇場」。1969年の映画館名簿では「戸畑国際東宝劇場」。
第二国際映劇/第二国際/戸畑第二国際映画劇場/戸畑スカラ座
所在地 : 福岡県戸畑市堀町3丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区堀町3丁目(1966年)、福岡県北九州市戸畑区明治町9-7(1969年・1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1973年以後1975年以前
1960年の映画館名簿では「第二国際映劇」。1963年の映画館名簿では「第二国際」。1966年の映画館名簿では「戸畑第二国際映画劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「戸畑スカラ座」。
旭館/戸畑朝日館
所在地 : 福岡県戸畑市東本町9丁目(1960年・1963年)、福岡県北九州市戸畑区東本町9(1966年)、福岡県北九州市戸畑区中原西町2(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「旭館」(※朝日ではなく旭)。1966年・1969年の映画館名簿では「戸畑朝日館」(※旭ではなく朝日)。
中原映劇/戸畑中原映画劇場
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区中原西町2-3(1969年・1973年・1975年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1975年以後1978年以前
戸畑東映/戸畑東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区中本町1-5(1969年・1973年)、福岡県北九州市戸畑区中本町11-10(1975年・1978年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
戸畑名画座
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区昭和通4丁目(1969年・1973年)、福岡県北九州市戸畑区浅生町3-32(1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年頃
1986年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。戸畑区最後の従来型映画館。
ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑/イオンシネマ戸畑
所在地 : 福岡県北九州市戸畑区汐井町2-2 イオン戸畑S.C 4階(2020年)
開館年 : 1999年3月1日(WMC)、2013年7月(イオンシネマ)
閉館年 : 営業中
8スクリーンのシネコン。

1999年3月1日、北九州市戸畑区のJR戸畑駅前に戸畑サティが開業する。商業施設部分は鉄筋造4階建。売場面積は約2万9400平方メートルであり、井筒屋(小倉北区)、小倉そごう(小倉北区)、ザ・モール小倉(小倉南区)に次ぐ北九州市4番目の規模。北九州市初の複合映画館である「ワーナー・マイカル・シネマズ戸畑」(8スクリーン)が入る。*23

若松区

栄楽映劇/若松栄楽映画劇場
所在地 : 福岡県若松市栄盛川町(1960年)、福岡県北九州市若松区栄盛川8-29(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
若松秀瑛松竹劇場
所在地 : 福岡県北九州市若松区桜町6-27(1969年)
開館年 : 1966年以後1969年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
秀瑛映画劇場/第一秀瑛映劇/若松秀瑛映画劇場
所在地 : 福岡県若松市中川通2丁目(1960年)、福岡県北九州市若松区本町2丁目(1969年)
開館年 : 1951年8月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
旭座/若松大映旭座/若松旭座
所在地 : 福岡県北九州市若松区本町3-5-3(1973年・1980年)
開館年 : 1942年
閉館年 : 1978年以後1980年以前
跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物北側。
若松東映/若松東映劇場
所在地 : 福岡県北九州市若松区本町3-5-5(1969年・1973年・1980年年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1980年以後1982年以前
跡地は集合住宅「高齢者向け市営住宅 ふれあいむら若松」建物中央部。
平和館/若松平和キネマ/若松にっかつ劇場
所在地 : 福岡県北九州市若松区中川通り1-3(1973年)、福岡県北九州市若松区中川町1-3(1980年・1982年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1980年の映画館名簿では「若松平和キネマ」。1982年の映画館名簿では「若松にっかつ劇場」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。平和ビル3階。平和ビルは現存。
若松クラブ/若松東宝劇場
所在地 : 福岡県北九州市若松区中川町12-24(1990年)
開館年 : 1924年
閉館年 : 1994年
若松地区最後の映画館。跡地は「FORE中川店」。

1934年の若松にあった「若松倶楽部」の写真あり。1915年に若松初の映画常設館として開館し、当初は天活(天然色活動写真)系だったが、松竹系、マキノ系、東亜系と変遷した。1989年現在は「若松東宝劇場」となっている。*24

村松友視『黄昏のムービー・パレス』には、「若松東宝劇場」に関する随筆が掲載されている。*25