消えた映画館の記憶 - 富山市の映画館

富山市

富山映画劇場
所在地 : 富山県富山市二番町
開館年 : 1935年
閉館年 : 1939年?

大正時代から昭和初期にかけて、富山市の映画館は総曲輪の帝国館(日活)、中町の松竹館(松竹)、袋町の東洋館(新興キネマ・大都映画)の3館鼎立時代だった。1935年(昭和10年)には二番町に「富山映画劇場」が開館した。1939年(昭和14年)4月、富山映画劇場・帝国館・東洋館の3館が合併し、富山合同興行株式会社が設立された。1936年の富山映画劇場の写真あり。*1
娯楽館/和合劇場
所在地 : 富山県婦負郡和合町四方(1958年)、富山県婦負郡和合町四方784(1960年)
開館年 : 1921年頃(娯楽館)
閉館年 : 1962年1月27日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「和合劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1921年(大正10年)頃、婦負郡和合町の四方新出町に「娯楽館」が開館した。400席。館主は四方町会議員でもある酒井延長。娯楽館は「四方座」とも呼ばれ、映画も上映した。昭和に入ると映画専門館化して「和合劇場」に改称したが、しばしば浪曲や小芝居の興行も行った。1962年(昭和37年)1月27日に閉館した。*2
呉羽劇場
所在地 : 富山県婦負郡呉羽町1005(1958年)、富山県婦負郡呉羽町小竹1005(1960年)
開館年 : 1927年4月
閉館年 : 1961年5月31日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「呉羽劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1927年(昭和2年)4月、婦負郡西呉羽村に「呉羽座」が開館し、映画や芝居の興行が行われた。戦後まもなく「呉羽劇場」に改称し、主に映画を上映したが、1961年(昭和36年)5月31日に閉館した。*3
長沢中央劇場
所在地 : 富山県婦負郡婦中町古里長沢2839(1960年)、富山県婦負郡婦中町古里長沢(1963年)、富山県婦負郡婦中町長沢2839(1964年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「長沢中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
八尾中央劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町福島365(1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町福島365(1963年・1964年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「八尾中央劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
速星劇場
所在地 : 富山県婦負郡婦中町(1950年)、富山県婦負郡婦中町速星(1953年・1955年)、富山県婦負郡婦中町(1960年)、富山県婦負郡婦中町速星628(1963年)、富山県婦負郡婦中町速星623(1964年)
開館年 : 1950年以前、1952年12月
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「速星劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
笹津劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町笹津685(1953年・1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町笹津685(1963年・1964年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「笹津劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
上滝劇場
所在地 : 富山県上新川郡上滝町(1953年・1955年・1960年)、富山県上新川郡大山町(1960年)、富山県上新川郡大山町上滝六間町(1963年)、富山県上新川郡大山町上滝六間町241(1964年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1964年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1964年の映画館名簿では「上滝劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。
みなと映画劇場
所在地 : 富山県富山市西宮104(1958年)、富山県富山市西宮114(1960年・1963年)
開館年 : 1956年12月29日
閉館年 : 1964年2月29日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「みなと映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「NTT岩瀬電話交換局」。最寄駅は富山ライトレール富山港線東岩瀬電停。

1956年(昭和31年)12月29日、富山市岩瀬神明町に「みなと映画劇場」が開館した。1964年(昭和39年)2月29日に閉館した。1990年(平成2年)現在の跡地はNTTの電話交換局となっている。*4
富山東映(稲荷町)/新宿東映/富山新宿東映劇場
所在地 : 富山県富山市稲荷町2(1958年・1960年)、富山県富山市稲荷町2新宿街(1963年)、富山県富山市稲荷2(1966年)
開館年 : 1957年10月10日
閉館年 : 1966年3月4日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「富山東映」。1960年・1963年の映画館名簿では「新宿東映」。1966年の映画館名簿では「富山新宿東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年(昭和32年)10月10日、北部の奥田商店街に近い曙町に「新宿東映」が開館した。1966年(昭和41年)3月4日に閉館した。奥田商店街は東京の新宿になぞらえられたことが館名の由来である。*5

1966年2月24日付『富山新聞』には、新宿東映が閉館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*6
八木山劇場
所在地 : 富山県上新川郡大沢野町八木山172(1953年)、富山県上新川郡大沢野町八木山(1955年)、富山県上新川郡大沢野町(1960年)、富山県上新川郡大沢野町八木山62(1963年)、富山県上新川郡大沢野町62(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「八木山劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。
水橋劇場/水橋映画劇場
所在地 : 富山県中新川郡水橋町砂町4351(1953年)、富山県中新川郡水橋町(1955年・1960年)、富山県中新川郡水橋町西天神町(1963年)、富山県中新川郡水橋町天神町(1966年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「水橋劇場」。1963年・1966年の映画館名簿では「水橋映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年(昭和25年)、婦負郡東水橋町の西天神町1183に「水橋劇場」が開館した。白岩川の右岸にあった。代表者は建築業の林組の林喜一。1965年(昭和40年)頃に閉館した。*7
富山座/とやま座
所在地 : 富山県富山市石倉町10(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市石倉町一番23(1966年)
開館年 : 1946年5月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年5月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「富山座」。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「とやま座」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山座 北映興業KK」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「雪見荘」東側の2005年竣工のマンション「アクシルコート石倉」。
萩浦座/歌舞伎座/岩瀬東映/岩瀬東映歌舞伎座
所在地 : 富山県富山市東岩瀬村104(1953年・1955年)、富山県富山市東岩瀬町104(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市東岩瀬10(1966年)、富山県富山市東岩瀬104(1969年)
開館年 : 1920年(荻浦座)、1924年2月(歌舞伎座)、1949年12月
閉館年 : 1969年12月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年12月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1960年・1963年の映画館名簿では「岩瀬東映」。1966年・1969年の映画館名簿では「岩瀬東映歌舞伎座」。1968年のゼンリン住宅地図では「岩瀬東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「白山神社」西南西130mにある駐車場。最寄駅は富山ライトレール富山港線競輪場前電停。

1920年(大正9年)頃には劇場「萩浦座」が開館し、1924年(大正13年)2月には映画併映館の「岩瀬歌舞伎座」となった。1962年(昭和37年)から1963年(昭和38年)頃に全面改装して「岩瀬東映」という東映専門館になった。岩瀬東映は岩瀬地区最後の映画館だったが、1969年(昭和44年)12月28日に休館を宣言し、1970年(昭和45年)12月31日をもって閉館した。1990年(平成2年)現在の跡地は空き地と駐車場である。*8
東部劇場/東都劇場/富山東部劇場
所在地 : 富山県富山市石金17(1958年・1960年)、富山県富山市石金27(1963年・1966年)、富山県富山市石金町27(1969年)
開館年 : 1955年12月1日
閉館年 : 1970年8月22日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年の映画館名簿では「東部劇場」。1963年の映画館名簿では「東都劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山東部劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「東部劇場」。跡地は2002年竣工のマンション「ピースフル」駐車場。

1955年(昭和30年)12月1日、不二越に近い東部の石金商店街に「東部劇場」が開館した。1970年(昭和45年)8月22日に閉館した。*9

1955年12月1日、富山市石金に富山合同興業によって「東部劇場」が開館した。のべ140坪、定員320人。*10
富山小劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪104(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通4-4-4(1966年)、富山県富山市総曲輪通3-4-5(1969年)
開館年 : 1957年3月1日
閉館年 : 1967年2月17日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「富山小劇場」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「小劇」。1968年のゼンリン住宅地図では「小劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物中央北側。

1957年(昭和32年)3月1日、総曲輪に「富山小劇」が開館した。場所は現在の西武デパート付近であり、洋画が中心である。1967年(昭和42年)2月17日に閉館した。*11
富山国際劇場/大衆館/富山東宝大衆館/富山大衆館/富山大映/富山大映劇場
所在地 : 富山県富山市荒町18(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市荒町1-17(1966年・1969年)
開館年 : 1947年7月20日(国際劇場)、1952年9月(大衆館)、1962年7月(富山大映)
閉館年 : 1971年1がつ31にち
『全国映画館総覧 1955』によると1952年9月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「大衆館」。1958年の映画館名簿では「富山東宝大衆館」。1960年の映画館名簿では「富山大衆館」。1963年の映画館名簿では「富山大映」。1968年のゼンリン住宅地図では「富山大映」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「東大進学会富山本部」が入る「本藤ビル」。

1947年(昭和22年)7月20日、「富山国際劇場」が開館した。1952年(昭和27年)9月には「大衆館」に、1962年(昭和37年)7月には「大映」に改称した。1971年(昭和46年)1月31日に閉館した。荒町の電車通りの東側であり、1991年(平成3年)現在は立体駐車場となっている。*12
ソーガワ文化劇場
所在地 : 富山県富山市西町2-15(1966年・1969年)
開館年 : 1964年以後1966年以前
閉館年 : 1969年5月30日
1963年・1964年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「ソーガワ文化劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

1950年12月31日、富山本願寺の裏通りに「富山文化劇場」が開館した。洋画・ニュース映画・文化映画の軽めの作品が多かった。1958年7月に閉館した。*13

総曲輪の西武デパート付近には「文化劇場」があった。営業期間は約4年であり、1969年(昭和44年)5月30日に閉館した。
テアトル富山
所在地 : 富山県富山市一番町2-10(1969年)
開館年 : 1968年1月4日
閉館年 : 1971年1月30日
1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では「テアトル富山」。1969年の映画館名簿では「テアトル富山」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「大和富山店」建物南東部。

1968年(昭和43年)1月4日、「テアトル富山」が開館した。短命の映画館であり、1971年(昭和46年)1月30日に閉館した。場所は西町であり、1991年(平成3年)現在のキリスト教会の隣付近である。*14
富山映画会館/中央映画劇場(中央通)/富山中央劇場
所在地 : 富山県富山市中町16(1953年)、富山県富山市中町25(1955年・1958年)、富山県富山市中央通り(1960年)、富山県富山市中町25(1963年)、富山県富山市中央通1-6(1966年・1969年)
開館年 : 1947年4月? 1948年7月?
閉館年 : 1970年10月4日
『全国映画館総覧 1955』によると1948年7月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「富山映画会館」。1960年・1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山中央劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北陸銀行北電ビル」建物中央北側。

1947年(昭和22年)4月、「富山映画会館」が開館した。中央通りさんぽーろの用品109のところである。1970年(昭和45年)10月4日に閉館した。1991年(平成3年)現在の「スカラ座」のところである。*15
八ツ尾劇場/八尾劇場/越中八尾劇場
所在地 : 富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1953年・1955年)、富山県婦負郡八尾町(1960年)、富山県婦負郡八尾町鏡町2954(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1950年の映画館名簿では「八ツ尾劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「八尾劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「越中八尾劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1974年の住宅地図では八尾町鏡町2954に「アキチ」。
大劇/富山グランド劇場
所在地 : 富山県富山市総曲輪104(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通3-4-24(1966年・1969年)
開館年 : 1949年11月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1949年11月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「大劇」。1959年の富山・高岡住宅詳細図では「大劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山グランド劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「グランド劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2019年竣工のマンション「プレミストタワー総曲輪」の建物西側。
帝国館/富山帝国館
所在地 : 富山県富山市総曲輪98(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市総曲輪通3-3-16(1966年・1969年・1973年・1980年・1985年)
開館年 : 1924年12月、1949年2月
閉館年 : 1985年1月20日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年2月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「帝国館」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富山帝国館」。1986年のゼンリン住宅地図では「映画ビル グランド1・グランド2」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「総曲輪ウィズビル」。

1985年(昭和60年)1月20日をもって、富山市の映画館「帝国館」が閉館する。1月16日から1月20日にかけて、『破れ太鼓』や『少林寺』など名作9作品を上映する「さよならフェスティバル」が開催される。1924年(大正13年)暮れに現在地で営業を始めた。1984年(昭和59年)現在の富山市にある映画館では最も歴史が古く、富山市で初めてトーキー映画を上映したのは帝国館である。戦後には大映や松竹の封切館を経て、洋画のロードショー館として親しまれた。帝国館を含む敷地にファッションビルが建設されるために閉館が決定した。1985年(昭和60年)秋に竣工予定のファッションビルには2館の映画館が開館する予定。*16
中央映画劇場(西町)/富山日活/富山日活劇場/富山スカラ座(西町)
所在地 : 富山県富山市二番町22(1953年)、富山県富山市十一番町22(1955年)、富山県富山市二番町22(1958年・1960年・1963年)、富山県富山市西町6(1966年・1969年)、富山県富山市西町6(1973年)、富山県富山市西町6-8(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1949年3月
閉館年 : 1986年3月28日
『全国映画館総覧 1955』によると1949年3月開館。1953年・1955年・1958年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「富山日活」。1968年のゼンリン住宅地図では「日活会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「富山日活劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「富山スカラ座」。1973年・1977年の日興の住宅地図では跡地に「1階パチンコ西町日活 2階スカラ座」。1986年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコ西町日活会館 中央映画興業(株)」。跡地は「TOYAMAキラリ」西側の「近藤ビル」。
たから劇場/富山たから劇場
所在地 : 富山県富山市東四十物町3(1953年・1955年)、富山県富山市東四十物(1958年)、富山県富山市東四十物町3(1960年・1963年)、富山県富山市中央通2-1(1966年・1969年・1973年)、富山県富山市中央通2-1-11(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1990年
『全国映画館総覧 1955』によると1953年4月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「たから劇場」。1958年の映画館名簿では「富山たから劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「たから劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「富山たから劇場」。1973年・1977年の日興の住宅地図では「たから劇場 喫茶マロニエ」。1986年のゼンリン住宅地図では「たから劇場」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1995年のゼンリン住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「Lucida Tower」建物中央東側。

1947年7月31日、「たから劇場」が開館した。場所は中央通りの旧東四十物町北側であり、白銀町に下る角である。当初は松竹専門館だったが、やがて洋画が中心となった。1991年(平成3年)現在は休館中であり、施設の活用法を模索している。*17
富山グランド1・2
所在地 : 富山県富山市西町2-15 映画ビル(1985年・1990年)
開館年 : 1983年5月28日
閉館年 : 1992年10月31日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の映画館名簿では「富山グランド1・2」(2館)。1986年のゼンリン住宅地図では「映画ビル グランド1 グランド2」。1995年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は2005年竣工の複合商業ビル「西町・総曲輪キュービィ」建物中央西側。

1983年(昭和58年)5月28日、総曲輪の瀬川書店の横に「グランド1・2」が開館した。1991年(平成3年)現在も営業中である。経営は富山合同興行。*18

1992年(平成3年)10月31日をもって、富山市西町の映画館「グランド1・2」が閉館した。富山合同興業は54年に及ぶ映画館経営の歴史に幕を閉じた。最終日にはグランド2が無料開放され、ほぼ満員の観客に向かって『慕情』と『ローマの休日』が上映された。富山大学映画研究会の学生が館内を撮影するなどした。グランド1・2は1983年(昭和58年)に開館した。*19
富山劇場/駅前富劇
所在地 : 富山県富山市新富町839(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)、富山県富山市新富町1-1-19(1966年)、富山県富山市新富町1-19(1969年)、富山県富山市新富町1-1-19(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1950年6月1日
閉館年 : 1992年8月
『全国映画館総覧 1955』によると1950年6月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山劇場」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「駅前富劇」。1986年のゼンリン住宅地図では「富劇ビル 地下1階日本海など3店舗 1階みよなど13店舗 2階駅前富劇」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「テクノパーク24新富町」。

1950年(昭和25年)6月1日、国鉄富山駅に近い新富町に「富山劇場」が開館した。観客は旅行者や富山駅の通勤利用者が多く、1991年(平成3年)現在も営業中である。*20

1992年6月14日付『北日本新聞』には「駅前富劇8月から休館 期間未定、閉館は否定」という記事が掲載されている。現物は未確認。*21

「駅前富劇」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*22
東宝大和劇場/富山大和劇場/富山大和東宝劇場/富山東宝大和劇場
所在地 : 富山県富山市西町大和6階(1953年・1955年)、富山県富山市西町7(1958年)、富山県富山市一番町21(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、富山県富山市一番町3-5(1976年・1980年・1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1949年4月
閉館年 : 1996年5月
『全国映画館総覧 1955』によると1949年4月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝大和劇場」。1958年の映画館名簿では「富山大和劇場」。1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「富山大和東宝劇場」。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「富山東宝大和劇場」。1977年の日興の住宅地図では「大和東宝劇場 居酒屋新古今 2階大和美容室 3階麻雀クラブ東宝」(※東宝大和劇場ではなく大和東宝劇場)。1986年のゼンリン住宅地図では「富山東宝大和劇場 1階居酒屋新古今」。1995年のゼンリン住宅地図では「富山東宝大和劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「富山二番町教会」建物北東部。

1996年3月26日付『北日本新聞』には「県内最古 映画黄金期築く 東宝大和5月閉館へ 消えゆく銀幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*23

1996年5月10日付『富山新聞』には「県民に感動残し、静かに閉館 東宝大和半世紀の歴史に幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*24
富山アピタシアター1・2
所在地 : 富山県富山市上袋100-1(1990年・1995年)、富山県富山市上袋100-1 アピタ富山2階(閉館時)
開館年 : 1987年10月22日
閉館年 : 1995年以後1998年以前
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の映画館名簿では「富山アピタ・シアター1・2」(2館)。1995年の映画館名簿では「富山アピタシアター1・2」(2館)。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。2スクリーン計120席のビデオシアター。

1987年10月22日、富山市南部郊外の上袋にアピタ富山店が開店する。ライブ館にはビデオシアター2館やイベントホールが入る。*25

1987年10月22日、富山市上袋のスーパー「アピタ」に「アピタシネマ」が開館した。*26
富山東映劇場/富山東映劇場・富山東映パラス劇場/富山東映劇場・富山東映2
所在地 : 富山県富山市総曲輪29(1958年)、富山県富山市総曲輪91(1960年・1963年)、富山県富山市大手町四番10(1966年)、富山県富山市大手町4-10(1969年)、富山県富山市大手町2-10(1973年)、富山県富山市大手町4-10(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1956年4月28日
閉館年 : 2001年12月14日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「富山東映劇場」。1976年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス」(2館)。1977年の日興の住宅地図では「富山東映」。1980年・1985年の映画館名簿では「富山東映・富山東映パラス」(2館)。1986年のゼンリン住宅地図では「1階富山東映 2階東映パラス」。1990年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映パラス劇場」(2館)。1995年のゼンリン住宅地図では「富山東映1 富山東映2」。1995年・2000年の映画館名簿では「富山東映劇場・富山東映2」(2館)。跡地は「ホテルドーミーイン富山」南側の立体駐車場。

1956年4月28日、「富山東映劇場」が開館した。大通りの西側にあり、邦画が主体である。1973年7月7日には、同じ建物の2階に「東映パラス」が開館し、主として洋画を上映している。1990年10月10日には「富山東映1・2」となって現在に至っている。*27

2001年11月1日付『北日本新聞』には「富山東映来月閉館へ シネコン開業で経営悪化」という記事が掲載されている。現物は未確認。*28

1956年に開館。東映直営館ではあるが、1996年の東宝大和閉館後には東宝作品も上映した。1997年の観客数は10万2000人、1998年は10万5000人と、東映の地方直営館の中では好成績だった。しかし婦中町にできたシネコンのせいで2000年には約8万人にまで減少し、売上高は9000万円。人件費などの経費は1億2000万円であり、採算ラインに遠く及ばなくなった。2001年12月14日に閉館する。1階338席、2階141席の2スクリーン。富山市内から映画会社の直営館がなくなる。*29

2001年12月15日付『北日本新聞』には「富山東映劇場が閉館 ファン45年の歴史に別れ」という記事が掲載されている。現物は未確認。*30
富山ウィズシネマ1・2/富山松竹ウィズシネマ1・2
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2002年10月11日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年のゼンリン住宅地図では「総曲輪ウィズ 4階シネマ1・シネマ2」。1990年の映画館名簿では「富山ウィズシネマ1・2」(2館)。1995年・2000年の映画館名簿では「富山松竹ウィズシネマ1・2」(2館)。2005年の映画館名簿には掲載されていない。

2002年9月25日付『北日本新聞』には「ウィズシネマ閉館 総曲輪 1月末めど シネコン増響く 中心商店街客減も」という記事が掲載されている。現物は未確認。*31

2002年10月12日付『北日本新聞』には「富山合同興業 自己破産を申請 負債総額23億円 ウィズシネマは閉館」という記事が掲載されている。現物は未確認。*32

2003年1月末、富山市の総曲輪通りにある映画館「ウィズシネマ1・2」が閉館する。同一地点にあった「帝国館」時代を含めると、80年近い歴史に幕を下ろす。経営する富山合同興業は、シネコンに観客を奪われたことが最大の理由としている。ファッションビル「ウィズ」4階に2スクリーン計440席を有する。1924年に劇場「帝国座」から転換した映画館「帝国館」が前身。帝国館は1985年に閉館したが、同年に同地点に建てられたビル「ウィズ」にウィズシネマ1・2が開館した。1990年頃までは年間20万人の観客を集めたが、1993年に6スクリーンの「ワーナー・マイカル・シネマズ高岡」(高岡市)、2000年に10スクリーンの「ファボーレ東宝」(婦中町)、2002年に8スクリーンの「高岡TOHOプレックス」(高岡市)が開館すると、近年には観客数が減少していた。2001年12月には「富山東映劇場」が閉館して折り、富山市中心部に残る映画館は「富山松竹」と「富山ニュースカラ座」のみとなる。*33

2002年10月11日には総曲輪3丁目のウィズシネマが閉館した。富山合同興業は同日、富山地裁に自己破産を申請した。負債総額は約23億円。1985年に開館したが、1992年にも閉館の動きがあったが、映画ファンなどが存続を求める署名活動を行った。2001年の観客数はひと月に約2000人であり、平日は一日数人の灯もあった。2001年12月には富山東映が閉館しており、中心市街地に残るのは富山松竹と富山ニュースカラ座のみ。*34
富山スカラ座(中央通)/富山ニュースカラ座
所在地 : 富山県富山市中央通1-6-12(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1986年3月28日(移転開館)
閉館年 : 2006年9月1日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1986年3月28日に二番町から移転してスカラ座が開館。1986年のゼンリン住宅地図では「Annex109 地下1階fan-aiなど4店舗 1階ZAZIEなど6店舗 2階ミズニームなど5店舗 3階スカラ座 4階カルチャーセンター」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「富山スカラ座」。1995年のゼンリン住宅地図では「TOYAMA109 3階スカラ座」。2004年の住宅地図では「セプラ 3階富山ニュースカラ座」。2005年の映画館名簿では「富山ニュースカラ座」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北陸銀行北電ビル」建物中央北側。

1986年(昭和61年)3月28日、富山市中央通りのファッションビル「アネックス109トヤマ」に東宝系洋画上映館「富山スカラ座」が開館した。これによって富山市の映画館数は、洋画7館、邦画3館、成人映画館2館の計12館となった。昭和30年代の15館には及ばないが充実しており、関係者からは乱立ぎみだとする声も上がる。1983年(昭和58年)5月には西町に「グランド1・2」が開館し、既存館にはない4チャンネルドルビー音響システムやゆったりした座席で人気を博した。1985年(昭和60年)10月には総曲輪に「ウィズシネマ1・2」が開館し、1セット2000万円のイタリア製の全自動映写装置を導入したことで映写技師が不要となり、人件費を大きく減らした。*35

2006年8月18日付『北日本新聞』には「ニュースカラ座、閉館へ 来月1日 改装後も客足伸びず 富山」という記事が掲載されている。現物は未確認。*36

2006年(平成18年)8月18日までに、新興商事は富山市中央通りの映画館「ニュースカラ座」を9月1日に閉館することを決定した。2001年(平成13年)5月、東宝の直営館だった旧スカラ座を改装して出店した。観客数の低迷に加えて、2006年(平成18年)7月に総曲輪通の映画館「ウィズシネマ」が公設民営のとやまWIZシネマ倶楽部の運営で再開館したことから、ニュースカラ座は役割を終えたと判断した。賃貸契約期日をもって閉館することを決定した。跡地の活用法は未定。*37

2006年(平成18年)9月1日、富山市中央通りにある映画館「ニュースカラ座」が閉館する。30年以上の歴史に幕を下ろす。これにより、富山市中心市街地に残る映画館は富山松竹とウィズシネマの2館だけとなる。この映画館は東宝の直営館として開館した。2001年には富山シアター大都会などを運営する新興商事が経営を引き継ぎ、富山ニュースカラ座に改称した。スクリーンの張替え、276席の椅子の交換などの全面改装を行い、割引サービスやレイトショーなども開始した。富山シアター大都会は1スクリーンあたり4万人の観客数を集めているものの、ニュースカラ座は1万人程度と伸び悩んでおり、赤字が続いていた。商店街の中にあるため専用の駐車場を持たない。2006年9月1日で賃貸契約が切れるため、閉館を決定した。*38
富山松竹
所在地 : 富山県富山市中央通1-3-13(1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1970年5月15日
閉館年 : 2006年11月7日
1969年の映画館名簿には掲載されていない。1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「富山松竹」。1977年の日興の住宅地図では「1階モリエール 2階富山松竹」。1986年のゼンリン住宅地図では「地下1階チャーリーズホットマン 1階モリワン 2階富山松竹 5階開進堂楽器 ヤマハ音楽教室」。1995年のゼンリン住宅地図では「松竹会館 地下1階つくし 1階ブーム 2階富山松竹 6階石黒平吉」。2004年の住宅地図では「松竹会館 2階富山松竹」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ビルC」。

1970年(昭和45年)5月15日、中央通りに「富山松竹」が開館した。1991年(平成3年)現在も営業中である。*39

富山市の中央通り商店街にある富山松竹は、富山県で唯一の単館系の作品を上映する映画館である。館主の石黒平吉が映写技師も兼ねる。1スクリーン320席。1作品の上映は平均1日2階、2週間。単館系作品はフィルム数が少なく、東京や大阪や名古屋で上映されたフィルムが富山に届くのは4-5か月経ってからである。*40
富山シネマ/駅前シネマ
所在地 : 富山県富山市桜町494(1960年・1963年)、富山県富山市桜町1-4-22(1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1959年3月20日
閉館年 : 2007年8月25日
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館では「富山シネマ」。1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館では「駅前シネマ」。1986年のゼンリン住宅地図では「舟方寿し 2階駅前シネマ」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。富山県最後の成人映画館。跡地は2018年竣工のマンション「レーベン富山桜町」。

1959年(昭和34年)3月17日には富山駅前に新築中の「富山シネマ劇場」が竣工し、3月20日に開館式を挙行した。*41

1959年3月20日、富山市桜町784に「富山シネマ」が開館した。経営は富山土地興業。鉄筋造2階建て。1階が食堂街、2階が劇場。定員250人。ニュース映画と文化映画を上映。*42

1959年(昭和34年)3月20日、富山駅正面の小路である桜町に「富山シネマ」が開館した。1と2の2館に分かれ、1991年(平成3年)現在も営業を続けている。*43

2007年8月31日付『富山新聞』には「富山に残る『昭和』 駅前シネマ閉館 食堂街は存続 夢と興奮与えた48年 歴史に幕」という記事が掲載されている。現物は未確認。*44

1959年(昭和34年)、地元の有志が映画館を「富山駅前シネマ劇場」を開館させた。2階が映画館であり、1階が飲食店街だった。スクリーンは幅約8m、高さ約3m。ロビーにはパンやたばこの売店があり、3階に映写室があった。日活・東宝・松竹などの大衆映画が週替わりで上映され、階下の居酒屋にも石原裕次郎のセリフが響いてきた。映画館の上映作品は成人映画に変わり、2007年(平成19年)に閉館した。*45

2015年5月末、富山駅前の一角にあったシネマ食堂街が閉店した。1959年に映画館とともに食堂街が開店した。約120席の映画館が2階にあり、1階が食堂街だった。ピーク時の1970年代には約30店があったが、2007年に映画館が閉館すると店舗も減少し、2015年5月末時点では10店だった。跡地にはマンションやホテルが入る18階建てのビルが建つ予定である。*46

2016年6月に富山市で初開催される「とやま映画祭」の期間中、富山駅前にあったシネマ食堂街の中核施設「駅前シネマ」に残されたポスターやフィルムなどが展示される。北陸新幹線開業の際の駅前再開発で姿を消していた。東京で映画企画会社を経営する富山市出身の小原亜弓(46)が施設を管理する富山映画興業から譲り受けていた。映画のポスターは約50枚あり、フィルム、フィルムケース、館内の掲示板、緞帳なども保存されている。黒部ダム建設を描いた石原裕次郎主演の『黒部の太陽』、勝新太郎主演の『座頭市』シリーズなど、昭和40年代から閉館した2007年までに上映した映画のタイトルや上映期間などが記録された株面もある。シネマ食堂街の跡地には2018年3月完成を目指して、マンション・ホテル・オフィスの3棟で構成される再開発ビルが2016年3月7日に着工した。*47

「駅前シネマ」に言及している書籍として、中馬聰『映画館 中馬聰写真集』リトルモア、2015年がある。*48
フォルツァ総曲輪
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3-16 総曲輪ウィズビル5階(2015年)
開館年 : 2007年2月24日
閉館年 : 2016年9月30日
Wikipedia : フォルツァ総曲輪
1スクリーン176席のミニシアター。

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。
シアターワールド大都会1・2・3/富山シアター大都会1-5
所在地 : 富山県富山市飯野19番地(2000年・2005年・2010年・2015年)
開館年 : 1996年6月
閉館年 : 2017年8月21日
Wikipedia : 富山シアター大都会
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の映画館名簿では「シアターワールド大都会1・2・3」(3館)。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「富山シアター大都会1-5」(5館)。5スクリーン計633席のシネコン。
ほとり座(シネマカフェ)
所在地 : 富山県富山市中央通り1-2-14
開館年 : 2016年11月
閉館年 : 2020年6月
Wikipedia : フォルツァ総曲輪
シネマカフェ。フォルツァ総曲輪の後継施設。2020年6月にはフォルツァ総曲輪跡地に移転。
ファボーレ東宝/TOHOシネマズファボーレ富山
所在地 : 富山県婦負郡婦中町下轡田165-1(2005年)、富山県富山市婦中町下轡田165-1(2015年)
開館年 : 2000年10月6日
閉館年 : 営業中
2000年10月6日にファボーレ東宝として開館。2009年6月にTOHOシネマズファボーレ富山に改称。10スクリーン計1724席のシネコン。
J MAX THEATERとやま
所在地 : 富山県富山市総曲輪3丁目9-1 ユウタウン総曲輪
開館年 : 2016年6月3日
閉館年 : 営業中
8スクリーン計1178席のシネコン。

2016年6月4日の『北日本新聞』には「ジェイ・マックス」が開館するという記事が掲載されている。現物は未確認。*49
ほとり座
所在地 : 富山県富山市総曲輪3-3-16 総曲輪ウィズビル5階(2015年)
開館年 : 2020年6月20日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : フォルツァ総曲輪

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。