閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

#contents(2)

* 浜松市
** 中区
*** 浜松市の映画館
浜松市の広小路には戦後いち早く闇市ができて復興した。1956年現在の広小路には、洋画系の「国際劇場」、邦画系二番館の「文化劇場」、邦画系二番館の「浜映劇場」の3館が散在している。広小路より復興が遅れたみゆき通りには郵便局や諸銀行や松菱百貨店があり、松菱の5階には「松菱ニュース劇場」がある。((「新・盛り場風土記 浜松」『キネマ旬報』1956年8月15日号、第154号、pp.99-102))

1956年現在現在、浜松随一の盛り場である有楽街には映画館10館が立ち並んでいる。松竹直営で松竹系封切館の「浜松松竹座」、浜活の運営による東映系封切館の「浜松東映劇場」、浜活の運営による洋画系二番館の「有楽劇場」、浜活の運営による新東宝系封切館の「富士館」、欧米系封切館の「松菱劇場」、東宝直営の東宝系封切館の「東宝劇場」、東宝直営の洋画系二番館の「名画館」、協和興行の運営による大映系封切館の「浜松大映劇場」、浜活の運営による洋画系封切館の「浜松東洋劇場」、浜活の運営による日活系封切館の「肴街劇場」である。浜松松竹座は地の利がよく、松竹東京支店管内の地方館では1-2位の成績であるが、1955年に開館した浜松東映劇場の出現で苦戦が予想されている。浜松東宝劇場は横浜=名古屋間で唯一のエアコン装置を持つ劇場であるが、東宝カラーが好まれない土地柄であり成績は芳しくない。浜松大映劇場は地の利が悪いが宣伝がうまい。松菱劇場は独自色があり高踏的雰囲気のある。浜松東映劇場は浜活系7館のモデル館として期待されている。浜松東洋劇場はアメリカ映画系のロードショー館で浜松最大のシネスコを完備している。((「新・盛り場風土記 浜松」『キネマ旬報』1956年8月15日号、第154号、pp.99-102))

1956年の浜松市にあった映画館の写真あり。「浜松東洋劇場」、「肴街劇場」、「富士館」、「松菱劇場」、「浜松大映」、「文化劇場」、「国際劇場」、「浜松松竹座」、「浜松東映」、「浜松東宝」。((「新・盛り場風土記 浜松」『キネマ旬報』1956年8月15日号、第154号、pp.99-102))

1953年1月1日付『浜松民報』の「映画劇場案内」によると、当時の浜松市には「東宝劇場」、「松竹座」、「東洋劇場」、「有楽座」、「大映劇場」、「銀映座」、「文化劇場」、「肴街劇場」、「松菱劇場」、「浜松座」、「南部劇場」の11館の映画館または劇場があった。1991年現在も存続している映画館または劇場は、南部劇場から改称して映画専門館となった「光洋劇場」、松菱百貨店7階にあったが肴町に新築移転した「松菱劇場」の2館のみである。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.64))

太平洋戦争の戦災で浜松市の中心街は焦土と化した。戦後いち早く開館した映画館は、1945年12月に板屋町広小路に開館した「文化劇場」である。バラック建築で腰掛すらなく、全員が立ち見でスクリーンを眺めた。1946年には千歳町通りに「白薔薇劇場」が開館した。白薔薇劇場は歌謡ショーや軽演劇の芝居小屋であり、やがて浜松座に変わった。この頃には「南部劇場」も開館し、地方巡業の芝居一座が長期興行することもあった。1946年から3-4年間の間には相次いで映画館が開館した。伝馬町通りの銀行建築をそのまま使って「浜松セントラル劇場」が開館し、洋画館として親しまれた。1946年11月に開館した「東洋劇場」は、木造3階建ての本格的大劇場である。相生町の「江東劇場」は変電所の煉瓦造建築を使い、三角屋根の小屋と呼ばれた。1947年から1948年頃には、板屋町の横丁に「銀映座」が開館し、後に「キャピトル劇場」に改称したが、ほどなくして閉館した。1945年から3-4年間の間に開館した映画館には、前述の劇場のほかに、「松竹座」、「三松館」、「大映劇場」、「浜松劇場」、「東宝劇場」、「名画座」などがある。昭和30年代になると、「富士館」、「国際劇場」、「棒屋松竹劇場」、「高台銀座」なども開館している。昭和30年代が映画館のピークだった。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.66))

*** 浜松セントラル劇場/第2セントラル
所在地 : 静岡県浜松市伝馬町
開館年 : 1946年
閉館年 : 1946年以後1950年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1951年の静興社住宅地図では「第2セントラル(改造中)」。1971年の住宅地図では跡地に「浜松信用金庫」。1976年・1979年・1985年年の住宅地図では跡地に「浜松信用金庫伝馬町支店」。現在の跡地は「浜松信用金庫伝馬町支店」。

戦前には銀行として使用されていたビルの内部を改装し、1946年にはアメリカ映画の専門館として浜松セントラル劇場が開館した。後に有楽街に第2セントラルが開館すると、第2セントラルに改称し、映画会館とも呼ばれた。1991年現在の浜松信用金庫伝馬町支店の場所にあった。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

*** 浜松富士館/富士館
所在地 : 静岡県浜松市鍛冶町228(1958年)、静岡県浜松市鍛冶町228-2(1960年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「浜松富士館」。1958年の浜松市住宅明細地図では「富士劇場」。1960年の映画館名簿では「富士館」。1961年の浜松市明細地図では跡地に「ほていや」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「Q FACE」。

1955年頃の「富士館」の写真あり。祝開館の文字が見え、1956年公開の日本映画『栄光と驀走王』の看板がかかっている。有楽街の南側入口にあった。新東宝と大蔵映画を上映した。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.64))

有楽街の南入り口には富士館があった。時期不明だが祝開館の文字が見える写真があり、看板の表記は「冨士舘」(「冨」は異体字であり「舘」も俗字)。1956年公開の日本映画『栄光と驀走王』の看板がかかっている。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.271))

*** 歌舞伎座
所在地 : 静岡県浜松市元肴町54(1960年)
開館年 : 1958年頃
閉館年 : 1960年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の浜松市住宅明細地図では「歌舞伎座」。1960年の映画館名簿では「歌舞伎座」。1961年の浜松市明細地図では跡地に空白。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「元魚モータープール」。

*** 銀映座/浜松映画劇場/浜映劇場
所在地 : 静岡県浜松市板屋町(1950年)、静岡県浜松市板屋町282(1953年・1955年・1958年・1960年・1961年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1961年頃
『全国映画館総覧1955』によると1946年12月開館。1950年・1953年の映画館名簿では「銀映座」。1951年の静興社住宅地図では「銀映座 小池」。1955年・1958年の映画館名簿では「浜松映画劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「浜映座」。1960年・1961年の映画館名簿では「浜映劇場」。1961年の浜松市明細地図では跡地に「(建)」。1962年・1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は割烹料理店「紅すずめ」北の有料駐車場「ふらっと24」付近。映画館閉館後の土地区画整理事業で道路割が変化しているので参考程度に。

*** 文化劇場/浜松文化劇場/浜松文化劇場・広小路劇場
所在地 : 静岡県浜松市板屋町(1950年)、静岡県浜松市板屋町252(1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1945年12月
閉館年 : 1962年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松文化劇場>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.706891255551696%2C137.73448768473884&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1945年12月開館。1950年の映画館名簿では「浜松文化劇場」。1951年の静興社住宅地図では「文化劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「文化劇場」。1958年の映画館名簿では「浜松文化劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「文化劇場」。1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「浜松文化劇場・広小路劇場」(2館)。1961年の浜松市明細地図では「文化劇場・広小路劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1968年の住宅地図では跡地に「日本相互銀行」。1976年の住宅地図では跡地に「太陽銀行浜松支店」。1979年の住宅地図では跡地に「太陽神戸銀行浜松支店」。跡地はマンション「サーパス浜松駅前」や「ITOビル」。映画館閉館後の土地区画整理事業で道路割が変化しているので参考程度に。

戦後の1946年(昭和21年)に開館した「文化劇場」は、戦後初めて浜松市に開館した映画館だった。内部には椅子がなく、観客全員が立ち見だった。1948年(昭和23年)には木造二階建ての建物が新築された。跡地には銀行のビルが建っている。写真あり。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

浜松市の中心部にあったすべての映画館が戦災で焼失した。終戦から4か月後の1945年(昭和20年)12月、板屋町に「文化劇場」が開館した。戦前からの映画館経営者が数人集まって浜松興行組合を発足させ、組合の直営映画館として開館させた。終戦から間もないためバラック小屋であり、天井や椅子さえもなかったため全員が立ち見だった。1947年(昭和22年)のバラック建ての文化劇場の写真あり。「Bunka THEATER」の文字や「3周年記念アメリカ映画祭」の文字が見える。『拳銃街道』の看板が見える。1998年(平成10年)現在の跡地にはさくら銀行浜松支店が建っている。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.136-137))

*** 松菱劇場(鍛冶町時代)/松菱ニュース劇場/松菱会館
所在地 : 静岡県浜松市鍛冶町124(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧1955』によると1953年9月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1951年の静興社住宅地図では後の映画館の場所に「大林寺墓地」。1953年の映画館名簿では「松菱劇場」。1955年の映画館名簿では「松菱ニュース劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「松菱百貨店」(※映画館についての言及はなし)。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「松菱会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1971年・1976年の住宅地図では跡地に「松菱百貨店」。1979年・1985年の住宅地図では跡地に「松菱」。2001年に松菱百貨店閉店。跡地は「ザザシティ浜松中央館」東の駐車場(松菱百貨店跡地)。

*** 浜松名画座/東宝名画座/浜松東宝名画座
所在地 : 静岡県浜松市田町245(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松東宝劇場・東宝名画座>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70776442242585%2C137.73072454549094&z=19]]
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「浜松名画座」。1958年の浜松市住宅明細地図では「名画座」。1960年の映画館名簿では「東宝名画座」。1961年の浜松市明細地図では「名画座」。1963年の映画館名簿では「浜松東宝名画座」。1963年以後1966年以前に隣接地にある浜松東宝劇場のビルに移転。跡地は「住友生命浜松田町ビル」建物北東部。

*** 高台銀座
所在地 : 静岡県浜松市住吉町32(1960年・1963年)
開館年 : 1958年7月8日
閉館年 : 1964年3月末
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「高台銀座」。1961年の浜松市明細地図では「高台銀座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の住宅地図では跡地に「ニューヤンマ」。1985年の住宅地図では跡地に「1階パチンコプリンス」。現在の跡地は「浜松中央警察署北部交番」東側の駐車場。最寄駅は遠州鉄道線曳馬駅。

浜松市の板屋町付近にあった「銀映座」が閉館する際、高台地区の町民有志が経営者と交渉し、住吉町の茶畑(現在の北部交番の東)に移転した。奥山線銭取駅のすぐ前であり、姫街道を走るバス亭も近かった。1958年(昭和33年)7月8日に開館した。開館時の広告の写真あり。「新築開館7月8日」「浜松市住吉町32 奥山線銭取駅傍」「和合町バス停留所すぐ」「記念番組 『大當り狸御殿』『嵐を呼ぶ男』『競艶雪之丞変化』」などの文字が見える。映画館は道路より低い場所にあり、雨が降ると館内に雨水が流れ込んだ。大雨の際には膝の高さまで水が入り、消防団のポンプ車が水を掻き出した。テレビの普及で映画館の観客が減少し、1964年(昭和39年)3月末に閉館した。何年かすると建物がパチンコ店に代わり、パチンコ店は昭和末期まで続いた。1999年(平成11年)現在の跡地は駐車場となっている。((高台公民館わが町文化誌編集委員会『わが町文化誌 台地と水と輝き』高台公民館、1999年、pp.126-127))

昭和30年代になると地域の発展を願う有志が映画館の開館を計画した。1958年(昭和33年)7月8日、住吉町の北部交番の東側に映画館「高台銀座」が開館した。オープニング作品は東宝の『大当り狸御殿』、日活の『嵐を呼ぶ男』、新東宝の『ひばりの三役 競艶雪之丞変化 前編』の3本。名称は東京の銀座のにぎわいにあやかっている。姫街道と静岡県道321号の交差点であり、遠州鉄道奥山線銭取駅の目の前だったため、遠くは奥山や都田からも観客が集まった。遠鉄バスの和合町バス停にも近く、また国立病院にも近かった。敷地内には居酒屋や食堂もあった。上映作品は邦画が中心であり、3本立ての上映だった。1958年の浜松市の映画人口は1964年(昭和39年)3月に閉館した。((幸町誌編集推進委員会『町誌 さいわい わが町発展の歩み』幸町自治会、2010年、pp.230-232))

*** 相生劇場/浜松相生劇場
所在地 : 静岡県浜松市相生町189(1963年)、静岡県浜松市相生町189-2(1966年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1966年頃
1958年の浜松市住宅明細地図には掲載されていない。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の浜松市明細地図では後の映画館の場所に「アキ地」。1963年の映画館名簿では「相生劇場」。1966年の映画館名簿では「浜松相生劇場」。1966年の住宅地図では「相生劇場」。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「パチンコニューオリエント」。跡地は「静岡銀行相生支店」北東50mにあるマンション「ネオステージ相生」駐車場。

*** 白薔薇劇場/浜松シネマ(千歳町)/千歳劇場/浜松座小劇場/浜松小劇場
所在地 : 静岡県浜松市千歳町108(1950年・1960年・1966年)
開館年 : 1946年2月
閉館年 : 1966年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松座小劇場>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70466860737464%2C137.73093644000312&z=19]]
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「千歳劇場」。1951年の静興社住宅地図では「浜松座」。1953年・1955年・1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の浜松市住宅明細地図では「浜松座」。1960年の映画館名簿では「浜松座小劇場」。1961年の浜松市明細地図では「浜松座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年の映画館名簿では「浜松小劇場」。1966年の住宅地図では「浜松座小劇場」。1968年の住宅地図では「浜松座」。1967年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図では跡地に「パチンコ浜松座」。1972年の住宅地図では跡地に「高砂園」。1976年の住宅地図では跡地に「サゴー 浜松モールプラザ サゴーホテル」。1980年の住宅地図では跡地に「高砂園本社 サゴーホテル 浜松モールプラザ」。1985年の住宅地図では跡地に「サゴー 3階 高砂観光本社など 4〜6階サゴーホテル」。現在の跡地は「ザザシティ浜松中央館」の南東のブロックの建設用地。

1946年(昭和21年)2月、千歳町大通りに「白薔薇劇場」が開館した。やがて「浜松シネマ」に、そして「浜松座」に改称された。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.67))

*** 浜松東映劇場(肴町168時代)
所在地 : 静岡県浜松市肴町168(1958年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1955年11月13日
閉館年 : 1966年頃(移転閉館)
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松市中心市街地>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.706577047740936%2C137.73036069016587&z=17]]
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「浜松東映劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「東映劇場」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1961年の浜松市明細地図では「ニュー東映」。1963年・1966年の映画館名簿では「浜松東映劇場」。1966年の住宅地図では「浜松東映」。1966年頃に肴町168から肴町162に移転。跡地はカラオケ店「コート・ダジュール浜松有楽街店」が入る「hubビル」。

1955年11月13日、浜松市に「浜松東映劇場」が開館した。鉄筋造3階建、総坪数273坪、定員650人。経営者は浜活株式会社。有楽座の支配人だった竹内一平が支配人に就任した。((「『浜松東映劇場』開館」『キネマ旬報』1956年1月15日号、第137号))

昭和30年代には「浜松東映劇場」が新築開館した。オープン日の写真あり。1955年公開の東映作品『水戸黄門漫遊記 幽霊城の佝僂男』の看板が見える。かつてこの場所には洋画の「第二セントラル劇場」があった。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.66))

1948年頃の浜松市にあった「第1セントラル劇場」の写真あり。当時は劇場前の道路が舗装されていなかった。英名は「FIRST CENTRAL THEATRE」。1947年4月には有楽街の中央に「第1セントラル劇場」が開館した。アメリカ映画の専門館だった。その後改築を行って「有楽座」に改称し、1958年には「浜松東映」に改称した。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.271))

浜松市の「第1セントラル劇場」は松竹座の南隣にあり、洋画の封切館だった。その後東映作品の封切館となって「有楽座」に改称した。やがて日活となり、「東映劇場」となり、建物も立て直された。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.271))

*** 東洋劇場/浜松東洋劇場
所在地 : 静岡県浜松市鍛冶町20(1953年)、静岡県浜松市鍛冶町110(1955年)、静岡県浜松市鍛冶町20(1958年・1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1949年、1958年8月15日(ビル化)
閉館年 : 1970年以後1973年以前
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松東洋劇場>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.705720403687195%2C137.72966775513908&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1946年10月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1951年の静興社住宅地図では「東洋劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「東洋劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「東洋映画劇場」。1961年の浜松市明細地図では「浜松東映」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「浜松東洋劇場」。1966年・1968年の住宅地図では「東洋映画劇場」であり浜松日活と同じビルにあった。1971年の住宅地図では「東洋劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1980年の住宅地図では跡地に空白。1985年の住宅地図では跡地に「日本生命浜松センタービル」。現在の跡地は「日本生命浜松センタービル」。

1958年2月から浜松市鍛冶町の東洋劇場が改築を行っていた。1958年7月中旬には1階と2階に東映封切館の「東映劇場」が開館した。8月15日には3階・4階・5階を占める洋画専門館「東洋劇場」が開館した。定員750人の東洋劇場はワンスロープのスタジアム式であり、観客用のエレベーターも有する。東洋劇場のオープニング作品は『草原の野獣』と『百獣の王ライオン』。総工費は1億円。((「映画館」『キネマ旬報』1958年9月下旬号、214号))

1959年(昭和34年)現在の「浜松東洋劇場」の写真あり。「TOYO」の文字が見える。((静岡年鑑編集室『写真記録 眼でみる静岡県』静岡県年鑑編集室、1959年、p.251))

1957年(昭和32年)12月の「東洋劇場」の写真あり。『復讐の谷』や『朝やけ雲』『戦場にかける橋』などの看板が見るる。英語表記は「TOYO THEATRE」。終戦直後の1946年(昭和21年)12月に開館し、演劇、歌謡ショー、浪曲などを上演する演劇場だったが、1949年(昭和24年)に洋画の封切館となった。のちに鉄筋コンクリート造のビルに建て替えられた。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

1946年(昭和21年)11月、浜松市の鍛冶町大通りの北側に東洋劇場が開館した。開館当初は芝居中心の劇場であり、東京大歌舞伎・歌謡ショー・浪曲・漫才などの実演を行っていたが、映画は上映しなかった。1955年(昭和30年)頃の東洋劇場の写真あり。「TOYO」「日活」の文字が見える。1998年(平成10年)現在の跡地には日本生命ビルが建っており、通りに面して大型のアーケードが設置されている。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.134-135))

1965年(昭和40年)の東洋劇場の写真あり。1954年のウォルト・ディズニー・プロ作品『海底二万哩』や1965年のウォルト・ディズニー・プロ作品『まぼろし密輸団』の看板がかかっている。東洋劇場ではもともと演劇や歌謡ショーなどの興行を行っていたが、やがて映画館となった。1961年の浜松市における1劇場あたりの入場者数は1日564人だったが、1964年には1日334人に減少している。1965年にはテレビの普及率が90%を超え、映画業界は勢いを失っていた。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.79))

*** 肴町劇場/スカラ座/浜松スカラ座
所在地 : 静岡県浜松市肴町71(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年)、静岡県浜松市肴町79(1969年・1973年)
開館年 : 1953年4月
閉館年 : 1973年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松スカラ座>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70585270416338%2C137.72916081763526&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1953年4月開館。1951年の静興社住宅地図では後の映画館の場所に「中島呉服卸店」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「肴町劇場」。1958年の映画館名簿では「肴街劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「肴町劇場」。1960年の映画館名簿では「肴町劇場」。1961年の浜松市明細地図では「東洋スパル座」。1963年の映画館名簿では「スカラ座」。1966年・1968年・1972年の住宅地図では「スカラ座」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「浜松スカラ座」。1974年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1980年の住宅地図では跡地に空白。1985年の住宅地図では跡地に「日本生命浜松センタービル」。現在の跡地は「日本生命浜松センタービル」建物北西部。

時期不明の「肴街劇場」の写真あり。1954年公開の東宝映画『兄さんの愛情』の看板が見える。肴町通りの南側入口にあり、裏側は同一経営者の「東洋劇場」と隣接していた。洋画も上映したが、日活の青春映画が主体だった。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.66))

1953年4月の開館当初、祝福の花輪で埋められた肴街劇場の写真あり。初上映作品は『地上最大のショー』であり大ヒットした。住所は「肴町」だが劇場名は「肴街」だった。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.271))

*** 日活劇場/浜松日活劇場(鍛冶町時代)
所在地 : 静岡県浜松市肴町71(1960年)、静岡県浜松市鍛冶町20(1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1973年頃(移転閉館)
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の浜松市住宅明細地図には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「日活劇場」であり肴町劇場と同一所在地。1961年の浜松市明細地図では「浜松日活」。1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「浜松日活劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「東洋映画劇場」が2軒分を占めている。1972年のゼンリン住宅地図では「日活」であり西隣に「東映」。1973年以後1976年以前に鍛冶町から田町に移転。跡地は「日本生命浜松センタービル」。

*** 浜松松竹映画劇場・松竹名画座/浜松松竹映画劇場・浜松松竹名画座/浜松松竹劇場・浜松ピカデリ劇場
所在地 : 静岡県浜松市鍛冶町220(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1959年1月
閉館年 : 1973年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松松竹会館>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.7062407843395%2C137.73128244496604&z=19]]
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の浜松市住宅明細地図では後の映画館の場所に「パチンコハママツ」など。1960年・1963年の映画館名簿では「浜松松竹映画劇場・松竹名画座」(2館)。1961年の浜松市明細地図では「棒屋松竹会館」。1966年・1969年の映画館名簿では「浜松松竹映画劇場・浜松松竹名画座」(2館)。1966年・1968年の住宅地図では「松竹会館 浜松松竹 松竹名画座」。1971年の住宅地図では「松竹会館」。1972年の住宅地図では「松竹会館 浜松松竹 松竹名画座」。1973年の映画館名簿では「浜松松竹劇場・浜松ピカデリ劇場」(2館)。1974年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年の住宅地図では跡地に「棒屋ビル 丸井デパート」。1980年・1985年の住宅地図では跡地に「棒屋松竹会館 丸井浜松店」。現在の跡地は「勝又ビル」。

1960年の棒屋松竹会館の写真あり。1959年1月には、棒屋松竹会館の1階から4階に浜松松竹映画劇場が、地下に浜松名画座が開館した。戦前の浜松市に11館あった映画館は浜松空襲ですべて焼失したが、戦後には文化劇場を皮切りに次々と映画館が開館した。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.79))

*** 浜松東宝映画劇場/東宝劇場/浜松東宝劇場/浜松東宝劇場・浜松名画座
所在地 : 静岡県浜松市田町245(1950年・1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1947年2月
閉館年 : 1973年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松東宝劇場・東宝名画座>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70776442242585%2C137.73072454549094&z=19]]
1951年の静興社住宅地図では「東宝劇場」。『全国映画館総覧1955』によると1954年6月開館。1950年の映画館名簿では「浜松東宝映画劇場」。1951年の静興社住宅地図では「東宝劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「東宝劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「浜松東宝劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「東宝劇場」。1961年の浜松市明細地図では「東宝劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「浜松東宝劇場・浜松名画座」(2館)。1966年・1968年・1972年のゼンリン住宅地図では「浜松東宝 名画座」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。1976年・1979年・1980年のゼンリン住宅地図では跡地に「東宝モータープール」。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「住友生命田町ビル」。1990年の住宅地図では跡地に「住友生命浜松田町ビル」。跡地は「住友生命浜松田町ビル」。

1958年10月7日封切の『若い娘たち』の上映を報じる『東宝劇場ニュース』。「東宝劇場」は冷暖房完備の劇場であり、同じ建物の中には「名画座」もあった。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.65))

1954年の浜松東宝劇場の写真あり。『七人の侍』の看板がかかっている。1947年に開館した浜松東宝劇場は、田町の交差点から松菱方向に60mほど南に進んだ道路(田町新道)の西側にあった。後に名画座が併設され、東宝の直営館となった。1991年現在の跡地には銀行などが入ったビルが建っている。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

1947年(昭和22年)2月、浜松市の田町中央通りに東宝株式会社の直営館として「浜松東宝劇場」が開館した。開館当時の浜松市には、「文化劇場」(板屋町)、「大映劇場」(田町)、「セントラル劇場」(伝馬町)、「松竹座」(肴町)などがあり、映画の全盛期を迎えつつあった。大通りに面して玄関があり、太い円柱がシンボルだった。1954年(昭和29年)に黒澤明監督の『七人の侍』を上映した際には、屋根よりも大きな看板が市民を驚かせた。1998年(平成10年)現在の跡地には学習塾や中央信託銀行の支店が入る住友生命ビルが建っている。1955年(昭和30年)頃の浜松東宝と名画座の写真あり。『どぶろくの辰』や『社長洋行記』などの看板が見える。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.142-143))

*** 松竹座/浜松松竹座/浜松東映劇場(肴町162時代)
所在地 : 静岡県浜松市肴町162(1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1978年)
開館年 : 1947年(松竹座)、1966年以前(浜松東映)
閉館年 : 1980年頃(移転)
『全国映画館総覧1955』によると1946年8月開館。1950年の映画館名簿では「浜松松竹座」。1951年の静興社住宅地図では「松竹劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「松竹座」。1958年の浜松市住宅明細地図では「松竹座」。1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「浜松松竹座」。1961年の浜松市明細地図では「松竹座」。1966年の住宅地図では「松竹座」。1968年・1971年の住宅地図では「浜松東映」。1969年・1973年・1976年・1978年の映画館名簿では「浜松東映劇場」。1976年の住宅地図では「東映劇場」。1980年の住宅地図では「浜松東映劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に空白。1990年の住宅地図では跡地に「浜松松竹ビル」。現在の跡地は「タイトーステーション浜松」が入る「浜松松竹ビル」。

1946年12月には松竹直営の封切館である「松竹座」が開館した。戦後の都市計画では鍛冶町大通りと田町大通りを一直線に結ぶ有楽街通りが建設され、その中心部にあった。1953年公開の松竹映画『雪間草』の看板が見える写真あり。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.65))

1946年(昭和21年)、浜松市の有楽街に松竹株式会社の直営館である「松竹座」が開館した。終戦間もないころであり、まだ鍛冶町側の入口すらできていなかった。やがて松竹座の南隣に「第一セントラル劇場」が開館し、第一セントラル劇場は後に「有楽座」に改称している。松竹座は有楽街に人を呼び込んだ映画館とされ、有楽街の繁栄をもたらした劇場とされる。松竹座の存在は有楽街にさらに映画館を呼び、鍛冶町側入口近くの黒田稲荷の前には「富士館」が、大安寺前には「松菱劇場」が開館した。松竹座は絵看板に特色があった。1955年(昭和30年)頃の松竹座の写真あり。「優秀映画は松竹」の文字、『雪間草』の看板が見える。1998年(平成10年)現在の跡地はスナックや居酒屋の白木屋が入る雑居ビルとなっている。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.140-141))

1956年の「松竹座」の写真あり。1947年には有楽街のほぼ中央に松竹座が開館した。1954年公開の小林正樹監督作『この広い空のどこかに』の看板がかかっている。当時の浜松市には20館を超える映画館があった。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.79))

1956年頃の正月の「松竹座」の写真あり。野村芳太郎監督作『踊る摩天楼』の看板がかかっている。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.79))

時期不明の写真あり。1953年公開の『雪間草』の看板がかかっている。板屋町の文化劇場に次いで浜松市で戦後2番目に開館した映画館は、1946年に開館した有楽街の松竹座である。松竹座は松竹の直営館であり、開館時は有楽街の開通前だった。映画館が客寄せに一役買ったことで有楽街は発展した。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

*** 有楽座/浜松有楽劇場/浜松松竹有楽/テアトル有楽(肴町166時代)
所在地 : 静岡県浜松市肴町168(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年)、静岡県浜松市肴町166(1973年・1976年・1980年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1980年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松市中心市街地>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.706577047740936%2C137.73036069016587&z=17]]
『全国映画館総覧1955』によると1946年12月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「有楽座」。1958年の映画館名簿では「有楽劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「有楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「有楽座」。1961年の浜松市明細地図では「有楽座」。1966年・1969年の映画館名簿では「浜松有楽劇場」。1966年・1968年・1972年の住宅地図では「有楽劇場」。1973年の映画館名簿では「浜松有楽座」。1976年の映画館名簿では「浜松松竹有楽」。1976年の住宅地図では「松竹劇場 有楽座」。1980年の映画館名簿では「テアトル有楽」。1979年・1985年の住宅地図では跡地に駐車場。1980年頃には肴町166からすぐ西側の肴町322-18に移転。跡地は「JUMBO+21有楽街店」駐輪場など。

*** 浜松大映劇場/浜松シネマ(田町)
所在地 : 静岡県浜松市田町73(1963年・1966年・1969年・1973年・1976年)
開館年 : 1962年(移転開館)
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1962年に南側の隣接地に移転。1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「浜松大映劇場」。1968年・1972年の住宅地図では「浜松大映」。1973年・1976年・1980年の映画館名簿では「浜松シネマ」。1976年・1979年の住宅地図では「浜松シネマ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年の住宅地図では跡地に「パチンコワコー」。跡地は「清水銀行浜松支店」東50mの有料駐車場「ユニヴァーサルパーク有楽中央劇場」南東側。

*** パレス日活/パレスにっかつ
所在地 : 静岡県浜松市田町15(1978年・1980年)、静岡県浜松市田町328-1(1985年・1986年・1988年)
開館年 : 1976年以後1978年以前
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1958年の浜松市住宅明細地図では後の映画館の場所は土地区画整理事業前。1976年のゼンリン住宅地図では田町15に「長崎屋ボウル」がありパレス日活は存在しない。1978年・1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「パレス日活」。1979年・1980年のゼンリン住宅地図では「浜松パレス 1階駐車場・ミニレストラン 2階映画館 3階浜松パレスサウナ」。1985年の住宅地図では「浜松パレス 1階ミニレストラン徳升 2階映画館 3階浜松パレスサウナ」。1988年の映画館名簿では「パレスにっかつ」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1990年のゼンリン住宅地図では跡地の建物に「日本セントラルグループ 1階駐車場 2階ビヴァリーヒルズ 3階パレスパブブロードウェー」。1995年頃には「浜松シネマ・テアトル有楽1・2・3」が跡地の建物に入る。浜松パレスの建物は「河合塾浜松校」南東30mに現存。

*** 浜松東映(板屋町時代)
所在地 : 静岡県浜松市板屋町77(1980年・1985年)
開館年 : 1978年以後1980年以前(移転開館)
閉館年 : 1988年頃(移転閉館)
1979年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。1978年以後1980年以前に肴町から板屋町のスバル座があるビルに移転。1980年・1985年の映画館名簿では「浜松東映」。1985年の住宅地図では「1階浜松東映」。1988年頃に田町のウインズ笠井屋ビルに移転。2000年の住宅地図では跡地に空白。跡地は国道152号板屋町交差点北東角にある「ミズモト学園本部」東側の駐車場。

*** 浜松オデオン・浜松ミラノ/浜松ハッピーエンド1・2(元城町)
所在地 : 静岡県浜松市元城町32(1985年・1988年)、静岡県浜松市元城町223-39(閉館時)
開館年 : 1978年以後1980年以前(オデオン・ミラノ)、1986年5月(ハッピーエンド)
閉館年 : 1988年11月
1976年・1978年の映画館名簿には掲載されていない。1980年の住宅地図では「1階ミラノ 2階オデオン 3階レストランビスケット」。1980年・1985年・1986年の映画館名簿では「浜松オデオン・浜松ミラノ」(2館)。1985年の住宅地図では「1階ミラノ 2階オデオン 3階レストランズー」。1986年5月にシネマ・ハッピーエンドに改称。1987年の住宅地図では「1階ハッピーエンド1 2階ハッピーエンド2 3階レストランズー」。1988年の映画館名簿では「浜松ハッピーエンド1・2」(2館)。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1990年の住宅地図には掲載されていない。跡地は「アルスパーキングビル」建物南側。

1986年5月、アダルトビデオ人気で客足が落ちていた成人映画館を改装し、130席のホールを2つ有する「シネマ・ハッピーエンド1&2」が開館。SBS静岡放送でパーソナリティを務めていた近藤恵理が支配人に就任し、シネマ・ハッピーエンドという名称も近藤が考案した。20代の女性がスタッフを務めたが、その中でも近藤が最年少であり、近藤は「史上最年少の女性映画館支配人」というキャッチフレーズを付けられている。受付窓口の撤去、ロビーへの花の設置、休憩時間の音楽など、成人映画館のイメージからの払しょくに努めた。オープニング作品は洋画の『チューズ・ミー』と『キスミー・グッドバイ』。その後は「スプラッタームービー・フェスティバル」と題してホラー映画を10本連続で上映した。入居していたビルの建て替えが理由で、開館から2年経ったこのほど閉館が決定し、当選者のために貸し切りで映画を上映する「二人だけのロードショー」という企画を行った。((「『END』なしハッピー映画館 パーソナリティー・映画館支配人近藤恵理氏」『日本経済新聞』1988年7月28日))

1986年5月には浜松市元城町にシネマ・ハッピーエンドが開館。シネマ・ハッピーエンドの開館当時は成人映画館だったが、1988年11月にはスバル座のビルに移転して一般映画館となった。((「浜松市の浜松スバル座とシネマ・ハッピーエンドが閉館へ」『静岡新聞』1989年5月7日))

*** スバル座/スバル座・シネマハッピーエンド(板屋町時代)
所在地 : 静岡県浜松市板屋町77(1980年・1985年)
開館年 : 1979年7月(スバル座)、1988年11月(シネマハッピーエンド)
閉館年 : 1989年5月28日
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)スバル座>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.708241974288384%2C137.73457887984534&z=19]]
1976年の映画館名簿には掲載されていない。1980年のゼンリン住宅地図では後の映画館の場所は空白。1980年・1985年の映画館名簿では「スバル座」。1985年のゼンリン住宅地図では「2階 スバル座」であり、同一ビルの1階に浜松東映があった。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・2000年の住宅地図では跡地に空白。跡地は「ミズモト学園本部」東側の駐車場。国道152号の「板屋町」交差点北東角。

1989年5月28日、浜松市板屋町の浜松スバル座と系列のハッピー・エンドが閉館する。1979年7月にスバル座が開館した際は洋画ロードショー館だったが、ドイツやイタリアの映画を特集上映したり、未公開名作特集をするなどしてきた。1988年11月には元城町にあった成人映画館のシネマ・ハッピーエンドが、スバル座のビルに移転して一般映画館となった。((「浜松市の浜松スバル座とシネマ・ハッピーエンドが閉館へ」『静岡新聞』1989年5月7日))

*** テアトル有楽(肴町322-18時代)
所在地 : 静岡県浜松市肴町322-18(1985年・1990年・1995年)
開館年 : 1980年頃
閉館年 : 1995年頃
1968年・1971年の住宅地図では「ほていや」。1976年の住宅地図では「ユニー浜松店」。1980年頃には肴町166からすぐ西側の肴町322-18に移転。1979年の住宅地図では「1階日光電波 2階東海菜館有楽店 キャバレーロンドン 3階テアトル有楽」。1985年の住宅地図では「1階ホーエー家電有楽店 2階東海菜館有楽街店 キャバレー浜松ロンドンA館 3階テアトル有楽」。1990年のゼンリン住宅地図では間渕ビルの「3階 テアトル有楽」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「テアトル有楽」。1990年の住宅地図では「間渕ビル 1階ホーエー家電有楽店 2階東海菜館有楽街店 キャバレー浜松ロンドンA館 3階テアトル有楽」。現在の跡地はカラオケ店「コート・ダジュール浜松有楽街店」が入る「hubビル」。

1988年2月27日、浜松市の映画館「テアトル有楽」で『愛のうつし絵』の上映が強行された。「わいせつな図画が含まれている」として映倫を通らなかったため、東京や神戸などで上映が中止されていた。全国の興行主で構成される全興連では、映倫を通らない映画は上映しないように申し合わせている。((「『愛のうつし絵』上映強行 『価値高い』と映画館主」『読売新聞』1988年2月28日))

*** 浜松国際劇場/国際劇場/浜松新映劇場/新映劇場
所在地 : 静岡県浜松市旭町49(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1954年7月(国際劇場)、1960年代中頃(浜松新映劇場)
閉館年 : 1999年(移転)
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松新映劇場>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70864203973389%2C137.7334626648916&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1954年7月開館。1951年の静興社住宅地図では後の映画館の場所に「法雲寺」。1955年の映画館名簿では「国際劇場」。1958年の映画館名簿では「浜松国際劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「国際劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「国際劇場」。1961年の浜松市明細地図では「国際劇場」。1966年の住宅地図では「新映ビル 地下1階新映劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「浜松新映劇場」。1968年・1971年のゼンリン住宅地図では「新映」。1976年・1980年のゼンリン住宅地図では「駅前繊維ビル」地下1階に「新映劇場」。1985年のゼンリン住宅地図では「新映」。1990年のゼンリン住宅地図では駅前繊維ビルの地下1階に「新映劇場」。1980年・1985年・1990年・2000年の映画館名簿では「新映劇場」。1999年4月1日に旭町から板屋町に移転してシネマハウス新映に改称。跡地は静岡県内最高層のマンションとなる予定の「一条タワー」の建設用地。

時期不明の国際劇場の写真あり。1954年日本公開のアメリカ映画『醜聞殺人事件』や1946年公開のイタリア映画『戦火のかなた』の看板が見える。浜松電報電話局の東側にあった。当初は日活映画の封切館だったが、やがて洋画上映館に変わり、浜松で初めて大型画面立体音響映画の映写装置を備えて、『聖衣』を上映した。1986年(昭和61年)現在は繊維関係問屋の店舗となっており、地下は新映劇場となっている。((神谷昌志(編著)『目でみる浜松の昭和時代』国書刊行会、1986年、p.64))

時期不明の国際劇場の写真あり。1954年日本公開のアメリカ映画『醜聞殺人事件』や1946年公開のイタリア映画『戦火のかなた』の看板が見える。電話局(後の電電公社、現在のNTT)東側の繊維問屋街の一角に、1954年に日活映画の封切館として国際劇場が開館した。その後洋画館となり、浜松で初めて立体音響装置を設置した。初の大型映画(シネマスコープ作品)である『聖衣』も上映された。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.271))

1954年(昭和29年)、日活作品の封切館として「国際劇場」が開館した。板屋町の広小路通りから西に入った場所には、近く移転することが決定している法雲寺があったが、国際劇場は法雲寺の南側にあった。やがて洋画を上映するようになり、大改装した際には浜松市で初めて立体音響装置を設置した劇場となった。大型映画『聖衣』は多くの観客を集めた。1955年(昭和30年)頃の国際劇場の写真あり。1954年日本公開のアメリカ映画『醜聞殺人事件』や1946年公開のイタリア映画『戦火のかなた』の看板が見える。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.144-145))

*** シネマウエスト浜松
所在地 : 静岡県浜松市鍛冶町1-2 イトーヨーカドー6階(1988年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1985年以後1988年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)シネマウエスト浜松>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.702789943685495%2C137.7315395210279&z=19]]
1976年・1979年の住宅地図では後の映画館の場所に「国鉄東海道本線」線路用地。1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「シネマウエスト浜松」。1990年の住宅地図では「イトーヨーカ堂浜松店 6階シネマウエスト浜松」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。2007年まであった「イトーヨーカドー浜松駅前店」の6階。建物そのままで跡地は「かじ町プラザ」。6階には「ホテルリブマックス浜松駅前」などが入っている。

*** 浜松光洋劇場/光洋劇場
所在地 : 静岡県浜松市寺島町372(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 2000年以後2002年以前
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松光洋劇場>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.701284757804395%2C137.73712388019692&z=16]]
『全国映画館総覧1955』によると1947年7月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「光洋劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「光洋劇場」。1966年・1968年のゼンリン住宅地図では「光洋映画劇場」。1966年・1969年・1973年・1976年の映画館名簿では「浜松光洋劇場」。1980年のゼンリン住宅地図では「光洋映画」であり北から伸びる中田島街道は光洋劇場付近で終わっていた。1985年の住宅地図では「光洋劇場」。1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「光洋劇場」。2002年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ローズ美容院」の北西側の駐車場。

*** 浜松シネマ・テアトル有楽1・2/テアトル有楽1・2・3/テアトル有楽1・2
所在地 : 静岡県浜松市田町15(2000年)
開館年 : 1995年頃(移転開館)
閉館年 : 2002年頃
1995年のゼンリン住宅地図では「浜松シネマ・テアトル有楽1・2」。2000年の映画館名簿では「テアトル有楽1・2・3」(3館)。2000年のゼンリン住宅地図では「日本セントラルグループ 1階駐車場 2階マンガパレス 3階浜松シネマ テアトル有楽1・2・3」。2002年の映画館名簿では「テアトル有楽1・2」(2館)。2003年・2004年・2005年の映画館名簿には掲載されていない。建物は「河合塾浜松校」南東に現存する。

*** 浜松映画劇場/浜松大映劇場/浜松中央劇場/浜松宝塚劇場・浜松中央劇場・浜松みゆき座/宝塚劇場・浜松中央1・2・3/浜松中央1-5
所在地 : 静岡県浜松市田町(1950年)、静岡県浜松市田町73(1953年・1955年)、静岡県浜松市田町712(1958年)、静岡県浜松市田町73(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1976年・1980年)、静岡県浜松市田町315-21(1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1946年(浜松映画劇場)、1949年(浜松大映劇場)、1962年(浜松中央劇場)、1968年(ビル化)
閉館年 : 2005年9月30日
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松中央ビル>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70807096042023%2C137.72910943966042&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1946年12月開館。1950年の映画館名簿では「浜松大映劇場」。1951年の静興社住宅地図では「大映劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「大映劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「浜松大映」。1958年・1960年の映画館名簿では「浜松大映劇場」。1961年の浜松市明細地図では「浜松大映」。1963年・1966年の映画館名簿では「浜松中央劇場」。1966年の住宅地図では「浜松中央」。1968年の住宅地図では「(建)」。1969年・1973年の映画館名簿では「浜松宝塚劇場・浜松中央劇場・浜松みゆき座」(3館)。1971年の住宅地図では「中央ビル 地下1階洋画みゆき座 1階パチンコ中央 2階宝塚劇場 3階麻雀中央 5階中央劇場 7階洋酒喫茶中央パブ」。1976年の映画館名簿では「浜松宝塚劇場・浜松中央劇場・浜松日活」(3館)。1976年の住宅地図では「中央ビル 1階浜松日活 2階宝塚劇場 4階・5階中央劇場」。1980年の映画館名簿では「宝塚劇場・浜松中央劇場・浜松みゆき座」(3館)。1980年の住宅地図では「中央ビル 地下1階浜松シネマ・浜松みゆき座 2階浜松宝塚劇場 3階麻雀中央 4階・5階浜松中央劇場 6階中央パブ 屋上中央ビアガーデン」。1985年の映画館名簿では「宝塚劇場・浜松中央劇場・浜松みゆき座・浜松中央2」(4館)。1985年の住宅地図では「浜松中央ビル 地下1階浜松みゆき座 2階浜松宝塚劇場 4階・5階浜松中央劇場」。1990年の住宅地図では「浜松中央ビル 1階中央3 2階浜松宝塚劇場 4階浜松中央劇場 5階中央2」。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「宝塚劇場・浜松中央1・浜松中央2・浜松中央3」(4館)。1995年・2000年の住宅地図では「浜松中央ビル 1階中央3 2階東宝宝塚劇場 4階浜松中央劇場・中央2」。2005年の映画館名簿では「浜松中央1-5」(5館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「清水銀行浜松支店」東50mの有料駐車場「ユニヴァーサルパーク有楽中央劇場」北側。

1962年春の写真あり。日本初の70mm映画『釈迦』の看板がある。戦前には松竹劇場があった場所に、戦後の1946年に「浜松映画劇場」が開館した。1949年には「浜松大映劇場」に改称して大映作品の封切館となった。1962年には場所を南側に移転し、1968年まで洋画専門館となった。((静岡新聞社(編集)・浜松市制80年史調査会(監修)『浜松市民の80年写真集』静岡新聞社、1991年、p.272))

戦前の浜松市にあった「松竹劇場」は戦災で焼失したが、戦後にも松竹劇場という名称で再建された。やがて「大映劇場」に改称して大映作品の上映館となった。1961年(昭和36年)5月の大映劇場の写真あり。『釈迦』の看板が見える。大映劇場は神明坂の登り口の南側にあった。1998年(平成10年)現在は1階にパチンコ店が入り2階に「中央劇場」があるビルの位置にあった。((神谷昌志(監修)『写真集 浜松今昔100景』羽衣出版、1998年、pp.138-139))

1969年の浜松中央劇場の写真あり。『ウエストサイド物語』(浜松中央劇場)や『日本海大海戦』(浜松宝塚)などのポスターが見える。現在の浜松市中区田町にあった。1968年3月に開館し、浜松中央劇場、浜松宝塚、浜松みゆき座の映画館3館、麻雀店、パチンコ店が入る娯楽ビルにあった。近隣にシネコンができたため観客数が減少し、2005年9月に閉館した。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.78))

2005年9月30日をもって、浜松市田町の浜松中央ビルにある4映画館とパチンコ店が閉館する。5年前に中心市街地にシネコンが開館するまでは浜松市最大の映画館だった。浜松中央ビルは中央興業所有であり6階建て。1962年に浜松大映劇場を改装して浜松中央劇場に改称。1968年に現在の浜松中央ビルが竣工した。2000年秋にはザザシティ浜松西館にヴァージンシネマズ浜松(現・TOHOシネマズ浜松)が開館し、観客数の減少が目立ち始めた。昭和60年代には約4億円の売り上げがあったが、最近は1億円前後に低迷していた。((「浜松生え抜きの映画館消滅へ 『中央劇場』来月で閉館 シネコンに押され客減 ファン寂しい」『静岡新聞』2005年8月2日))

2005年9月末をもって、浜松市田町の浜松中央劇場が閉館する。4スクリーン計1146席を有し、静岡県西部における複合映画館の先駆け的存在だった。現在は映画館4スクリーンとパチンコ店が入っている。経営は協和(名和公平社長)。1968年に現在の6階建てビルが竣工し、単独館が主流だった当時は浜松市内最大の映画館として客を集めた。最盛期の1985年には年間40万人の観客があった。2000年には浜松中央劇場の300m南、浜松市鍛冶町に浜松市初のシネコンが開館したことで、浜松中央劇場の観客数は20年前の1/4程度の11万7000人にまで落ち込んだ。建物の老朽化もあり、さらにビルは消防法および建築基準法における既存不適格建築物となっている。((『中日新聞』2005年8月16日))

2005年10月には浜松中央ビルの取り壊しが始まる。ヴァージンシネマズ浜松(現・TOHOシネマズ浜松)の開館で集客力が低下した上に、建物や設備の老朽化によって消防法や建築基準法で不適格の建物になっていた。現在の建物を取り壊した後の事業は未定。((「株主総会で閉館了承 浜松中央劇場 10月から取り壊し」『静岡新聞』2005年8月31日))

*** 浜松東映劇場・浜松東映パラス/浜松東映劇場(田町時代)
所在地 : 静岡県浜松市田町315-34 ウインズ笠井屋ビル(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1988年頃(移転開館)
閉館年 : 2008年10月3日
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)浜松市中心市街地>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.706577047740936%2C137.73036069016587&z=17]]
1988年頃に板屋町から田町のウインズ笠井屋ビルに移転。1990年の映画館名簿では「浜松東映劇場・浜松東映パラス」(2館)。1990年の住宅地図では「笠井屋ビル 3階浜松東映 4階東映パラス」。1995年の住宅地図では「笠井屋ビル 3階浜松東映」。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「浜松東映劇場」。2008年10月浜松東映劇場閉館。跡地を改装して2008年12月に「シネマイーラ」が開館。

*** 松菱劇場(肴町時代)/浜松松菱劇場/松菱映画・東宝プラザ/松菱映画・浜松東宝プラザ/松菱映画・松菱プラザ/松菱映画
所在地 : 静岡県浜松市肴町126(1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1973年・1976年・1980年)、静岡県浜松市肴町317-4(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年・2010年)
開館年 : 1949年12月
閉館年 : 2009年頃
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)松菱東宝会館>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.706966274574086%2C137.72933742742669&z=19]]
『全国映画館総覧1955』によると1949年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1958年の映画館名簿では「松菱劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「松菱劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「松菱劇場」。1961年の浜松市明細地図では「松菱劇場」。1966年・1973年・1976年の映画館名簿では「浜松松菱劇場」。1966年・1968年・1972年の住宅地図では「松菱劇場」。1976年の住宅地図では「松菱映画」。1980年の住宅地図では「松菱東宝会館 地下1階コンバス2号店 1階松菱映画 2階松菱東宝プラザ」。1980年の映画館名簿では「松菱映画・東宝プラザ」(2館)。1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「松菱映画・浜松東宝プラザ」(2館)。1985年・1990年の住宅地図では「松菱東宝会館 地下1階ケン&メリー 1階松菱映画 2階松菱東宝プラザ」。2000年の映画館名簿では「松菱映画・松菱プラザ」(2館)。2000年の住宅地図では「1階松菱映画 2階松菱東宝プラザ」。2005年・2010年の映画館名簿では「松菱映画」。2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年4月時点でも建物の「松菱東宝会館」は現存。

1956年(昭和31年)9月の浜松市にあった映画館「松菱劇場」の写真あり。当時にはすでに完全冷房だった。有楽街(現在の肴町)にあった。芸術性の高いヨーロッパ映画などを上映していた。((浜松歴史写真研究会(監修)・昭和のアルバム編集室(編)『昭和のアルバム浜松・磐田・浜北』電波社、2015年、p.78))

*** シネマハウス新映
所在地 : 静岡県浜松市板屋町100-5(2005年)、静岡県浜松市中区板屋町100-5(2010年・2015年)
開館年 : 1999年4月1日(移転)
閉館年 : 営業中
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)シネマハウス新映>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70864203973389%2C137.7334626648916&z=19]]
1980年のゼンリン住宅地図では後の映画館の場所にパチンコ店「パチンコNo.1」。1999年4月1日に旭町から板屋町に移転してシネマハウス新映が開館。2000年の住宅地図では後の映画館の場所に空白。2005年・2010年・2015年の映画館名簿では「シネマハウス新映」。成人映画館。

1999年4月1日、成人映画の封切館としてシネマハウス新映がリニューアルオープンした。かつては駅裏にあり、近くには神社があった。朝8時まで連日オールナイト上映を行っている。会員になると珈琲1杯無料サービスもある。ロビーは広く、別にある休憩室には大型テレビが設置されている。映画館というよりちょっとしたホテルという趣がある。建物の入口は表通りではなく裏通りに面している。浜松市は福岡市や名古屋市と並ぶ成人映画館の激戦区である。経営団体は長野県松本市に本社を置く松本興行である。松本興行は全国で10館以上の映画館を運営しており、浜松市ではシネマハウス新映を含めて4館を運営している。((高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年、pp.108-111))

「シネマハウス新映」に言及している書籍として、高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年がある。((高瀬進『ピンク映画館の灯 暗闇が恋しい都市の隠れ家』自由国民社、2001年))

*** ヴァージンシネマズ浜松/TOHOシネマズ浜松
所在地 : 静岡県浜松市中区鍛冶町15 ザザシティ浜松西館3階(2005年・2010年・2015年)
開館年 : 2000年11月27日
閉館年 : 営業中
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)TOHOシネマズ浜松>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.704981771929084%2C137.7294500802053&z=19]]
1980年のゼンリン住宅地図では後のザザシティ浜松西館の場所に「SEIBU浜松店」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年11月27日にヴァージンシネマズ浜松として開館。2003年11月15日にTOHOシネマズ浜松に改称。2005年・2010年の映画館名簿では「TOHOシネマズ浜松1-8・プレミア」(9館)。2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズ浜松1-8・プレミアスクリーン」(9館)。

*** シネマイーラ
所在地 : 静岡県浜松市中区田町315-34 笠井屋ビル3階(2010年・2015年)
開館年 : 2008年12月5日
閉館年 : 営業中
地図 : [[消えた映画館の記憶地図(全国版)シネマイーラ>>https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1Jgfce3m6n2UaQxpDKLu4o5dNGbllBPR2&ll=34.70758366568779%2C137.72970354895722&z=19]]
Wikipedia : [[シネマイーラ>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%A9]]
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2008年12月5日、同年10月3日に閉館した浜松東映劇場の施設をそのまま使用して開館。2010年・2015年の映画館名簿では「Cinema e-ra」。

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。

** 南区・東区
*** 中野町劇場/中ノ町劇場
所在地 : 静岡県浜松市中ノ町(1955年)、静岡県浜松市中ノ町1023(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1951年2月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧1955』によると1951年2月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年の映画館名簿では「中ノ町劇場」。1958年の映画館名簿では「中野町劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「仮設劇場」。1960年・1963年の映画館名簿では「中ノ町劇場」。1961年の浜松市明細地図では「中ノ町劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に「杉本清志」邸。跡地は「中ノ町地区自治会館」南南東80mの民家。

*** 神徳座/笠井映画劇場/笠井劇場
所在地 : 静岡県浜名郡笠井町1138(1953年)、静岡県浜松市笠井町1136(1955年)、静岡県浜松市笠井町1138(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1937年7月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧1955』によると1937年7月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「神徳座」。1955年の映画館名簿では「笠井劇場」。1958年の映画館名簿では「笠井映画劇場」。1958年の浜松市住宅明細地図では「笠井座」。1960年・1963年の映画館名簿では「笠井劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1985年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「笠井郵便局」南南東180mにある「若木織物」駐車場。

笠井町には「神徳座」があった。木戸銭を支払って中に入り、木札と交換で下足番に履物を預かってもらう。床に敷物を敷いた場所が観客席であり、左右で男席と女席に別れていた。1993年現在は神徳座の建物も取り壊されている。((浜松市立笠井公民館『わが町文化誌 笠井』浜松市立笠井公民館、1993年))

*** Cine-fi長崎屋浜松可美Pit
所在地 : 静岡県浜名郡可美村東若林11-1(1985年・1986年)
開館年 : 1980年以後1982年以前
閉館年 : 1986年頃
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の映画館名簿では経営会社が協和株式会社、150台収容、松竹・洋画を上映。1982年・1985年・1986年の映画館名簿では「Cine-fi長崎屋浜松可美Pit」。1986年の映画館名簿では経営会社が協和株式会社、経営者が名和幸夫、支配人が野中光夫、150台収容、松竹・洋画を上映。1987年・1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「MEGAドン・キホーテ 浜松可美店」。ドライブインシアター。
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1982年の映画館名簿では経営会社が協和株式会社、150台収容、松竹・洋画を上映。1982年・1985年・1986年の映画館名簿では「Cine-fi長崎屋浜松可美Pit」。1986年の映画館名簿では経営会社が協和株式会社、経営者が名和幸夫、支配人が野中光夫、150台収容、松竹・洋画を上映。1988年・1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「MEGAドン・キホーテ 浜松可美店」。ドライブインシアター。

** 浜北区
*** 宮口座
所在地 : 静岡県引佐郡麁玉村宮口(1953年・1955年)、静岡県浜名郡浜北町宮口576(1958年)、静岡県浜名郡浜北町宮口(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「宮口座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 日之出座/小松日乃出座/小松日ノ出座
所在地 : 静岡県浜名郡小野口村小松(1950年)、静岡県浜名郡浜名町小松4367(1953年)、静岡県浜名郡浜名町小松4230(1955年)、静岡県浜名郡浜北町小松4367(1958年・1960年)、静岡県浜名郡浜北町小松(1963年)、静岡県浜北市小松4367(1966年)
開館年 : 1918年5月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧1955』によると1918年5月開館。1950年の映画館名簿では「小松日之出座」。1953年の映画館名簿では「日の出座」。1955年の映画館名簿では「日之出座」。1958年の映画館名簿では「日の出座」。1960年の映画館名簿では「小松日乃出座」。1963年・1966年の映画館名簿では「小松日ノ出座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1971年のゼンリン住宅地図では跡地に町田吉隆邸。跡地は「池谷配管工業」北西隣。最寄駅は遠州鉄道鉄道線遠州小松駅。

*** 貴布祢座/貴布祢劇場
所在地 : 静岡県浜名郡北浜村(1950年)、静岡県浜名郡北浜村貴布祢81(1953年)、静岡県浜名郡北浜村(1955年)、静岡県浜名郡浜北町貴布祢81(1958年・1960年)、静岡県浜名郡浜北町貴布祢(1963年)、静岡県浜北市貴布祢81(1966年・1969年)
開館年 : 1931年6月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧1955』によると1931年6月開館。1936年の映画館名簿では「貴布祢劇場」。1950年の映画館名簿では「貴布祢座」。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1969年・1966年・1969年の映画館名簿では「貴布祢劇場」。1971年のゼンリン住宅地図では「貴布祢劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。浜北市最後の従来型映画館。跡地は「なゆた浜北」の建物南西部。最寄駅は遠州鉄道鉄道線浜北駅。

1930年(昭和5年)の「貴布祢劇場」の内部の写真あり。貴布祢の中心街にあり、この地域の中心的な娯楽施設だった。映画・芝居・歌謡ショーが開催された。舞台や桟敷席があり、客席は畳敷きだった。((坪井俊三(監修)『目で見る北遠・周智・浜北の100年』郷土出版社、2002年、p.72))

*** TOHOシネマズサンストリート浜北
所在地 : 静岡県浜松市浜北区平口2861 サンストリート浜北3階(2010年・2015年)
開館年 : 2007年8月10日
閉館年 : 営業中
2005年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2015年の映画館名簿では「TOHOシネマズサンストリート浜北1-9」(9館)。

** 天竜区
*** 天竜市の映画館
天竜市内にはかつて5館の映画館があった。二俣、鹿島、光明、竜川、熊の各地区に映画館があった。二俣会館、鹿島会館、光明会館の3館は昭和20-30年代に開館し、光明会館は1964年頃、二俣会館は1965年頃、鹿島会館は1972年頃に閉館した。光明会館は今も建物が残る。二俣会館は定員の2倍の1000人を収容したこともあり、2階席まで満席だったという。二俣会館では美空ひばりも公演したことがある。((「天竜市にあった映画館 二俣高校社会部が研究を冊子に」『静岡新聞』1997年4月4日))

天竜光明会館の西尾利幸代表(60歳)は、浜松市を除く小笠郡以西唯一の映画興行師である。愛知県南設楽郡鳳来町に生まれ、25歳から鳳来町で映画館を共同経営。その後は愛知県豊川市の豊川東映で映写技師を務め、1950年に静岡県浜北市にやってきた。昭和30年代初頭には静岡県天竜市の天竜光明会館の経営権を買い取り、天竜市に4館あった中で最後まで残ったが、天竜光明会館は1963年4月に閉館した。その後は天竜光明会館という名前で移動映画の巡業を行っている。((「天竜の興行師・西尾さん 県西部に映画の灯 野外劇場や公民館」『静岡新聞』1991年8月23日))

*** 三嶋座/小畑劇場
所在地 : 静岡県磐田郡水窪町
開館年 : 戦前
閉館年 : 昭和20年代初頭
映画館名簿には掲載されていない。

戦前の水窪町には3館の芝居小屋があった。水窪区の水窪座は、街道の裏手、水窪川のほとりに建てられた。神原区の八幡座は、大里・清水組の裏手の山側に建てられた。小畑区の三嶋座は、附属寺の前に建てられた。楽屋などの付属施設以外の構造物はほとんど舞台のみで、広場は子どもの遊び場となっていたため、一般に(芝居小屋や劇場ではなく)「舞台」と呼ばれていた。3座とも舞台には回り舞台が設けられており、花道は興行の都度に設置された。昭和20年代初頭には三嶋座が、国鉄バスの営業所および自動車車庫・整備場に転用された。((遠州常民文化談話会『水窪の民俗』遠州常民文化談話会、2012年、pp.68-69))

*** 大正座
所在地 : 静岡県磐田郡二俣町
開館年 : 1913年7月
閉館年 : 1947年3月
1913年(大正2年)3月、二俣町古町(後の吾妻町)に二俣劇場株式会社(俗称は大正座)が設立された。黒田政吉・渡辺銀次郎・亀井熊吉・近藤惣次郎らが発起人であり、資本金は5000円だった。同年7月、東京歌舞伎の中村歌十郎一座が招かれ、こけら落とし公演が行われた。大正末期から昭和初期の不況で経営が行き詰まり、1938年(昭和13年)には奇術師の松旭斎天佐に劇場を売り渡した。一方で松旭斎天佐らも戦時慰問などで不在がちとなり、大正座は開店休業状態だった。戦後の1947年(昭和22年)3月、二俣町吾妻町から出火した大火は民家108戸・159世帯が羅災し、大正座も被災して再建されることはなかった。跡地には二俣郵便局が移転してきたが、現在は商店街の駐車場となっている。((天竜市商工観光課『ふるさと歴史ガイドブック 二俣・光明編』天竜市役所、2001年、p.84))

*** 新映座
所在地 : 静岡県磐田郡龍山村555-18(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「新映座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 金川会館
所在地 : 静岡県周智郡春野町気田984-3(1960年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「新映座」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 西渡劇場
所在地 : 静岡県磐田郡佐久間町大井2371(1960年)、静岡県磐田郡佐久間町大井(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「西渡劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 浦川会館
所在地 : 静岡県磐田郡佐久間町浦川(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「浦川会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 中部映画劇場/中部公民館
所在地 : 静岡県磐田郡佐久間町半場1-1(1958年)、静岡県磐田郡佐久間町中部(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「中部公民館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 八幡座/八幡劇場
所在地 : 静岡県磐田郡水窪町(1960年)、静岡県磐田郡水窪町大里(1963年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「八幡劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の水窪町には3館の芝居小屋があった。水窪区の水窪座は、街道の裏手、水窪川のほとりに建てられた。神原区の八幡座は、大里・清水組の裏手の山側に建てられた。小畑区の三嶋座は、附属寺の前に建てられた。楽屋などの付属施設以外の構造物はほとんど舞台のみで、広場は子どもの遊び場となっていたため、一般に(芝居小屋や劇場ではなく)「舞台」と呼ばれていた。3座とも舞台には回り舞台が設けられており、花道は興行の都度に設置された。昭和30年代、八幡座が閉館して民間の工場となった。((遠州常民文化談話会『水窪の民俗』遠州常民文化談話会、2012年、pp.68-69))

*** 水窪座/水窪劇場
所在地 : 静岡県磐田郡水窪町本町(1960年)、静岡県磐田郡水窪町(1963年)、静岡県磐田郡水窪町1032(1966年)
開館年 : 1916年1月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「水窪劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

戦前の水窪町には3館の芝居小屋があった。水窪区の水窪座は、街道の裏手、水窪川のほとりに建てられた。神原区の八幡座は、大里・清水組の裏手の山側に建てられた。小畑区の三嶋座は、附属寺の前に建てられた。楽屋などの付属施設以外の構造物はほとんど舞台のみで、広場は子どもの遊び場となっていたため、一般に(芝居小屋や劇場ではなく)「舞台」と呼ばれていた。3座とも舞台には回り舞台が設けられており、花道は興行の都度に設置された。昭和初期にはこの地域の換金作物としてこんにゃく鋳物生産が盛んであり、水窪座の広場はこんにゃく干し場としても使用されていた。正月には3劇場が持ち回りで歌舞伎の興行を行っていた。舞台裏や縁下に保管されている丸太で小屋組みを行い、小屋に雨よけの天幕をかけ、側面に藁むしろが吊るされて完成した。水窪座の舞台が建設された年に関しては、1916年(大正5年)1月の扁額が残っている。戦後の水窪座は常設映画館となり、水窪町では最後まで残っていたが、民間の工場と倉庫に転用された。平成の大合併にともなう公共施設の整理対象となり、転用された建物は取り壊された。((遠州常民文化談話会『水窪の民俗』遠州常民文化談話会、2012年、pp.68-69))

*** 光明会館
所在地 : 静岡県天竜市山東437-1(1960年)、静岡県天竜市山東37-1(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1964年頃
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「光明会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1971年の住宅地図には何も描かれていない。1996年時点では映画館の建物が「信光電子」の廃墟として現存。2003年の住宅地図では跡地に空白の建物。2019年の住宅地図では西尾邸を含む2軒分の民家。跡地はガソリンスタンド「エネオス山東SS」西45mにある民家と空き地。最寄駅は天竜浜名湖鉄道二俣本町駅。

*** 竜映座
所在地 : 静岡県天竜市横山町757-1(1960年)、静岡県天竜市横山町757(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「竜映座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 二俣会館
所在地 : 静岡県磐田郡二俣町(1950年)、静岡県磐田郡二俣町二俣1496(1953年)、静岡県天竜市二俣町1496(1955年・1958年・1960年)、静岡県天竜市二俣1946(1966年・1969年)
開館年 : 1948年12月
閉館年 : 1965年頃? 1971年末?
『全国映画館総覧1955』によると1948年12月開館。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「二俣会館」。1971年のゼンリン住宅地図では跡地に「駿河銀行天竜支店」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「スルガ銀行天竜支店」。最寄駅は天竜浜名湖鉄道二俣本町駅。

1947年、二俣町吾妻町で出火した大火で「大正座」が全焼すると、二俣町から劇場や映画館がなくなった。1948年12月、岡田ゴム工業所の岡田二三社長が発起人となり、資本金350万円の7万株で、城下通りに劇場「二俣会館」を新築した。こけら落としとして松竹少女歌舞伎団が招かれ、こけら落とし公演は満員盛況だった。昭和40年代には建物が老朽化し、またテレビに観客を奪われたため、1971年末に廃業した。2001年現在の跡地はスルガ銀行である。((天竜市商工観光課『ふるさと歴史ガイドブック 二俣・光明編』天竜市役所、2001年、p.66))

*** 鹿島劇場
所在地 : 静岡県磐田郡二俣町鹿島528(1958年)、静岡県天竜市二俣町鹿島528(1960年)、静岡県天竜市二俣鹿島町(1963年)、静岡県天竜市西鹿島528(1966年)、静岡県天竜市鹿島528(1969年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1972年頃
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「鹿島劇場」。1971年のゼンリン住宅地図では「鹿島劇場」。鹿島会館とも呼ばれた。1973年の映画館名簿には掲載されていない。1996年・2003年の住宅地図では跡地に「小沢電子工業」。跡地は「天竜西鹿島郵便局」北140mにある6軒分の民家。最寄駅は天竜浜名湖鉄道・遠州鉄道西鹿島駅。

** 北区
*** 金指劇場/引佐劇場
所在地 : 静岡県引佐郡金指町1308(1953年)、静岡県引佐郡引佐町金指1308(1955年)、静岡県引佐郡引佐町金指(1958年・1960年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「金指劇場」。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「引佐劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1917年(大正6年)には金指に「演伎座」(※伎)が創立した。こけら落としは中村信濃一座の歌舞伎。『金指歴史かるた読本』には時期不明の金指町の商店街の地図が掲載されており、当時の金指町役場の東側、現在の平井畳店の西側には「演技座」(※技)が掲載されている。((『金指歴史かるた読本』金指歴史同好会、2014年))

*** 井伊谷映画劇場
所在地 : 静岡県引佐郡引佐町井伊谷(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「井伊谷映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 喜賀座気賀劇場/喜賀座/気賀座
所在地 : 静岡県引佐郡細江町245(1958年)、静岡県引佐郡細江町気賀676(1960年)、静岡県引佐郡細江町気賀(1963年・1966年)
開館年 : 1925年6月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧1955』によると1925年6月開館。1955年の映画館名簿では「喜賀座」。1958年の映画館名簿では「喜賀座気賀劇場」。1960年の映画館名簿では「喜賀座」。1963年・1966年の映画館名簿では「気賀座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1918年(大正7年)2月、資本金1万円で気賀劇場株式会社が設立された。1919年(大正8年)7月31日、「喜賀座」で沢村宗十郎・松本幸四郎・尾上梅幸大一座の興行が行われた。((細江町の100年編集委員会『細江町の百年』細江町、1969年、pp.46-47))

*** 共栄座
所在地 : 静岡県引佐郡三ケ日町703(1955年)、静岡県引佐郡三ケ日町709(1958年)、静岡県引佐郡三ケ日町703(1960年)、静岡県引佐郡三ケ日町(1963年)、静岡県引佐郡三ケ日町703(1966年・1969年)
開館年 : 1877年(初代)、1927年(2代)
閉館年 : 1971年頃
『全国映画館総覧1955』によると1926年10月開館。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「共栄座」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「西天王町児童遊園地」。

1925年(大正14年)10月12日、高台「お屋敷」の中央部に「共栄座」が落成した。土井忍作が発起人であり、その他15人の協力計画によって着工している。こけら落としは「大名代沢村長十郎一座」を招き、大入り満員で拍手喝采となった。共栄座の定員は705人であり、こけら落とし公演の入場料は50銭だったが、その後は大人20銭・小人10銭程度の場合が多かった。初代座主は石川澤太郎、2代目は吉野宇平、3代目は佐藤伊平、4代目は土井忍作、5代目は内山乙吉、6代目は佐藤敏治と続いたが、経営はなかなか苦しかった。芝居や映画の幕間に葉、「せんべいと落花生はいらんかね!」、「ラムネとサイダー」などと声を上げて売り子が客席を回った。劇場として使用されたほかには、講演会場や音楽会場としても三ヶ日町の娯楽・文化・教養に貢献してきた。時期不明の共栄座の写真あり。1979年(昭和54年)現在は遊園広場となっている。((三ヶ日町史編纂委員会『三ヶ日町史 下巻』三ヶ日町、1979年、pp.270-271))

明治末期から大正期には道路整備や改良が急ピッチで進み、遠三バスが気賀や豊橋と三ヶ日を定期バスでつないだ。東天王町には船着き場が設けられ、浜名湖の南岸にある鷲津まで定期船が巡航した。この頃には料理店・旅館がにぎわい、四辻を中心として芸者置屋も数軒あったため、「伊豆の下田か三ヶ日か」と呼ばれるほど活況を呈した。三ヶ日中心部の「お屋敷」と呼ばれる高台には、1877年(明治10年)頃に前身の「鯉昇座」を引き継ぐ形で「共栄座」が建てられた。1927年(昭和2年)には同一地点に木造2階建て一部3階建ての建物が新築された。桝形に区切られた畳敷きの平座であり、歌舞伎用の広い舞台、幕類や緞帳なども完備した、当時としては目を見張るほど立派な劇場だった。沢村長十郎一座が杮落としを行ったが、田舎ではめったに鑑賞できない役者であり、2日間の興行は観客が長蛇の列を作って大入り満員となった。前原緑郎の『西天王町の今昔』では、三ヶ日六区の中で最大の行政区だった西天王町について詳しく説明されている。1971年(昭和46年)には共栄座の建物が取り壊され、2011年(平成23年)現在の跡地は児童遊園地となっている。共栄座の写真あり。((三ヶ日町郷土を語る会『郷土 三ヶ日町の歴史を語る人びと』三ヶ日町郷土を語る会、2011年、p.105))

** 西区
*** 篠原会館
所在地 : 静岡県浜名郡篠原村(1957年・1958年)、静岡県浜名郡篠原村9386-3(1960年)、静岡県浜松市篠原(1963年)
開館年 : 1955年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1956年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「篠原会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 堀江劇場
所在地 : 静岡県浜名郡北庄内村堀江(1958年)、静岡県浜名郡庄内村堀江(1960年・1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「堀江劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 村櫛劇場
所在地 : 静岡県浜名郡村櫛村(1955年)、静岡県浜名郡村櫛村村櫛(1958年)、静岡県浜名郡庄内村村櫛(1960年・1963年)、静岡県浜松市村櫛町(1966年)
開館年 : 1953年以後1955年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧1955』には開館年が掲載されていない。1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「村櫛劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 西遠劇場
所在地 : 静岡県浜名郡雄踏町宇布見(1953年・1955年・1958年)、静岡県浜名郡雄踏町宇布見8266(1960年)、静岡県浜名郡雄踏町宇布見(1963年・1966年)
開館年 : 1926年3月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧1955』によると1926年3月開館。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「西遠劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1943年(昭和18年)11月、戦争のために「喜楽座」が休館する。1949年(昭和22年)、「西遠劇場」として開館する。((雄踏町役場『私たちのまちゆうとう 町制施行50周年記念』雄踏町、1975年、p.14))

1922年(大正11年)11月、「喜楽座」のこけら落としが行われる。1943年(昭和18年)11月、戦争のために喜楽座が休館する。1949年(昭和22年)、戦前の喜楽座が「西遠劇場」として開館する。((雄踏町教育委員会『雄踏町誌 年表編』雄踏町、1989年、p.30、p.44))

管理人/副管理人のみ編集できます