閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

#contents(2)
* 奈良市
奈良市は[[奈良市の映画館]]を参照。

* 北和
** 大和郡山市
*** 大和劇場
所在地 : 奈良県生駒郡郡山町(1950年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1950年以後1953年以前
1950年の映画館名簿では「大和劇場」。1953年の映画館名簿には掲載されていない。

戦後には近鉄橿原線近鉄郡山駅前に映画館「大和劇場」が開館した。創設者は衆議院議員の経歴がある井上信貴男。1979年(昭和54年)現在の跡地はパチンコ店になっている。時期不明の写真あり。「大和劇場」の文字が見える。((森田義一(編)『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 大和郡山』国書刊行会、1979年、p.145))

*** 交楽座/郡山松竹(2代)
所在地 : 奈良県生駒郡郡山町(1953年)、奈良県大和郡山市箕山(1955年)、奈良県大和郡山市東下箕山町(1958年)、奈良県大和郡山市下箕山町(1960年)
開館年 : 1950年以後1951年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「交楽座」。1958年・1960年の映画館名簿では「郡山松竹」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1951年(昭和26年)の写真あり。現在の銀座通り、当時の東箕山町には「交楽座」があった。豊田市場に入る道からすぐであり、東映系の作品を上映していた。交楽座は1963年(昭和38年)頃に閉館し、映画館だった建物は小売市場に代わった。2009年(平成21年)現在の跡地はマンションとなっている。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年、p.85))

大和郡山市下箕山町には映画館「交楽座」があった。旧豊田四条に入る道からすぐの場所に開館し、東映系の常設映画館だった。1963年(昭和38年)頃に閉館し、建物は小売市場に代わった。1951年(昭和26年)の写真あり。((森田義一(編)『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 大和郡山』国書刊行会、1979年、p.145))

*** 歓楽座
所在地 : 奈良県生駒郡郡山町(1953年)、奈良県大和郡山市今井町(1955年)、奈良県大和郡山市今井町24(1958年・1960年)、奈良県大和郡山市今井町(1962年)
開館年 : 明治時代
閉館年 : 1965年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「歓楽座」。1963年・1964年・1965年の映画館名簿には掲載されていない。1968年のゼンリン住宅地図では跡地に「コムコ輪業株式会社」。映画館の建物は自転車店「ちゃりんこ王国」として現存。

大和郡山市今井町には映画館「歓楽座」があった。戦前の郡山町には2館の芝居小屋があり、その位置から歓楽座は"東座"と呼ばれていたが、戦後も続いたのは歓楽座のみである。1950年(昭和25年)のジェーン台風で被災し、それを機に映画館に転換した。洋画が主体だったが、1965年(昭和40年)頃に閉館した。((森田義一(編)『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 大和郡山』国書刊行会、1979年、p.144))

長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年には「歓楽座」が掲載されている。現物は未確認。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年))

*** オデオン座/郡山オデオン座
所在地 : 奈良県大和郡山市台所町(1955年・1960年)、奈良県大和郡山市台所町5(1958年)、奈良県大和郡山市台所町237(1966年)
開館年 : 1954年3月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』では1954年3月開館。1955年・1958年・1960年の映画館名簿では「オデオン座」。1966年の映画館名簿では「郡山オデオン座」。1968年のゼンリン住宅地図では「映画オデオン座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1983年のゼンリン住宅地図では跡地に「スーパーいそかわ郡山店」。現在の跡地は「能開センター大和郡山校」。最寄駅は近鉄橿原線近鉄郡山駅。

*** 三吉座/三吉劇場/郡山松竹(初代)/郡山東映/郡山東映劇場
所在地 : 奈良県生駒郡郡山町(1950年・1953年)、奈良県大和郡山市朝日町(1955年)、奈良県大和郡山市朝日町近鉄駅前(1958年)、奈良県大和郡山市朝日町240(1960年)、奈良県大和郡山市朝日町(1963年)、奈良県大和郡山市朝日町3-1(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1921年頃
閉館年 : 1973年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿では「三吉劇場」。1953年・1955年の映画館名簿では「郡山松竹」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「郡山東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「郡山東映劇場」。1968年のゼンリン住宅地図では「郡山東映」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1983年のゼンリン住宅地図では跡地に「水谷自転車預り所」。現在の跡地は「水谷駐輪場」(※取り壊してマンションを建設中?)。大和郡山市最後の従来型映画館。最寄駅は近鉄橿原線近鉄郡山駅。

生駒郡郡山町で初の映画館は「三吉館」(みよしかん)である。近鉄橿原線近鉄郡山駅の西側の朝日町にあった。近鉄橿原線の開業を見越して、1921年(大正10年)頃に開館した。周囲にはほとんど商店がない時代であり、夜間は三吉館の照明がひときわ輝いていた。1938年(昭和13年)には火災で焼失し、再建された建物は「三吉劇場」に改称した。1979年(昭和54年)現在も建物は残っている。1926年(昭和2年)から1927年(昭和3年)頃の三吉館の写真あり。1939年(昭和14年)から1940年(昭和15年)頃の三吉劇場の写真あり。((森田義一(編)『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 大和郡山』国書刊行会、1979年、pp.143-144))

1928年頃の「三吉館」の写真あり。1921年頃、近鉄の開通を見越して大和郡山初の常設映画館として開館した。1938年に火災で焼失し、再建された建物は三吉劇場となった。1939年頃の「三吉劇場」の写真あり。((『映画黄金期 小屋と名作の風景 下巻』国書刊行会、1989年、p.35))

1921年には郡山町初の映画館として「三吉館」が開館した。三吉館は1938年に火災に遭い、建て直されて「三吉劇場」となった。1927年の「三吉館」の写真あり。改称した頃の「三吉劇場」の写真あり。((『目で見る 大和郡山・生駒の100年』郷土出版社、1993年、p.83))

昭和20年代の「郡山松竹」の写真あり。1921年(大正10年)頃、生駒郡郡山町朝日町に建設費12000円で「三吉館」が開館した。周囲は田園地帯であり、三吉館の明かりで夜道が明るかったという。1938年(昭和13年)に火災で焼失し、再建された建物は「三吉劇場」に改称した。その後松竹系の作品を上映するようになって「郡山松竹」となり、やがて東映系となって「郡山東映」に改称した。2009年(平成21年)現在は自転車預り所となっており、かつての姿そのままに残っている。1921年の開館直後の写真あり。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年))

*** シネマサンシャイン大和郡山
所在地 : 奈良県大和郡山市下三橋町741 イオンモール大和郡山3階(2015年)
開館年 : 2011年7月1日
閉館年 : 営業中
2010年の映画館名簿には掲載されていない。2015年の映画館名簿では「シネマサンシャイン大和郡山1-9」(9館)。

2011年7月、大和郡山市のイオンモール大和郡山に9スクリーン計約1600席のシネコンが開館する予定。奈良県4か所目のシネコンであり、2010年1月に「シネマデプト友楽」が閉館してからシネコンがなくなっていた奈良県北部にシネコンが復活することとなる。((「イオンモール大和郡山 『IMAXデジタル』導入 来月7月シネコンオープン」『毎日新聞』2010年12月27日))

2011年7月1日、大和郡山市の映画館に「IMAXデジタルシアター」が導入された。((「憂楽帳 新旧の迫力」『毎日新聞』2016年12月18日))

このほど、大和郡山市の映画館「シネマサンシャイン大和郡山」に体感型シアター「4DX」が導入された。9スクリーンのうち1スクリーンを改装し、48席を「4DX」用とした。アメリカ映画『ローグ・ワン』を上映中であり、料金は大人一般3200円。((「シネマサンシャイン大和郡山 映画、臨場感たっぷりに『4DX登場』」『毎日新聞』2016年12月18日))

** 天理市
*** 東映天理座/天理東映/天理座
所在地 : 奈良県山辺郡丹波市町(1953年)、奈良県天理市丹波市町(1955年)、奈良県天理市川原城町(1960年・1963年)、奈良県天理市川原城町107(1966年)
開館年 : 1945年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「天理座」。1960年の映画館名簿では「東映天理座」。1963年の映画館名簿では「天理東映」。1966年の映画館名簿では「天理座」。1968年の関西図書出版社天理市住宅地図では「天理映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「奈良近鉄タクシー」だが、1968年時点で進行中の区画整理事業で大幅に変化しているので参考程度に。最寄駅はJR桜井線天理駅または近鉄天理線天理駅。

旧天理駅の南側には戦前からの映画館「天理座」があった。テレビの普及に伴って閉館した。その後近鉄天理駅と国鉄天理駅が移設されて天理総合駅となったため、天理座時代の頃を想像するのは難しい。現在の天理本通のアーケード入口付近にあった。1955年(昭和30年)頃の写真あり。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年))

*** 天理国際劇場
所在地 : 奈良県天理市田部町23(1958年)、奈良県天理市田部(1960年・1963年)、奈良県天理市田部町23(1966年・1969年)
開館年 : 1956年2月11日
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1958年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「天理国際劇場」。1968年の関西図書出版社天理市住宅地図では「映画 国際劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「天理教八木大教会信者詰所」から路地を挟んで西側。最寄駅はJR桜井線天理駅または近鉄天理線天理駅。

1956年2月11日、天理市に「天理国際劇場」が開館した。木造2階建て、映写機は富士セントラル、発声器はビクター。天理市の人口は1万8000人にすぎないが、移動人口は教祖70年祭によって約20万人と称されている。((「映画館」『キネマ旬報』1956年3月下旬号、141号))


*** 天理丹波市劇場/丹波市劇場
所在地 : 奈良県天理市丹波市町(1955年)、奈良県天理市川原城町(1960年・1963年)、奈良県天理市川原城町207(1966年・1969年)、奈良県天理市川原城町209(1973年)、奈良県天理市川原城町207(1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1998年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「丹波市劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「天理丹波市劇場」。1968年の関西図書出版社天理市住宅地図では「丹波市映画劇場」。1980年・1985年・1990年・1995年の映画館名簿では「丹波市劇場」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「あすならホーム天理」の建物南側。天理市最後の映画館。最寄駅はJR桜井線天理駅または近鉄天理線天理駅。

戦後の映画ブームの際には映画館「丹波市劇場」が開館し、洋画を多く上映した。テレビの普及に伴って閉館した。旧国鉄天理駅の東側にあった。2009年(平成21年)現在の跡地は駐車場となっている。1955年(昭和30年)頃の丹波市劇場の写真あり。「大映東宝新東宝 明るく楽しい映画の殿堂」の文字が見える。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年、p.88))

** 生駒市
*** 生駒映画劇場/生駒劇場/生駒会館
所在地 : 奈良県生駒郡生駒町(1943年・1950年・1953年・1955年・1958年・1960年)、奈良県生駒郡生駒町山崎(1961年・1962年)
開館年 : 1943年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿では「生駒映画劇場」。1943年の映画館名簿では経営者が玉置信夫、定員380、電話番号は生駒205。1947年・1949年の映画館名簿には掲載されていない。1950年の映画館名簿では「生駒劇場」。1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「生駒会館」。1953年の映画館名簿では経営者が生駒観光(代表 中野正雄)、支配人が中野正雄、木造2階、定員400、東宝・大映・松竹・新東宝を上映、電話番号は生駒205。1962年の映画館名簿では経営者が生駒観光、支配人が管健吉、木造2階、定員350、東映・松竹・大映を上映、電話番号は生駒205。1963年の映画館名簿には掲載されていない。生駒郡生駒町にあった唯一の映画館。生駒市発足前に閉館している。

ぴっくり通りから靴屋を通ってセイセイビルが建っている場所に抜ける道の辺りには映画館があった。周辺は気持ちの悪い場所であり、この場所を通る際には走って通り過ぎていた。(※戦前か戦後かも明確でない)((『生駒むかしばなし 人々のくらし』(生駒市文化財調査報告書第37集)、生駒市教育委員会、2018年、p.11))

** 山辺郡山添村
映画館名簿によると山添村に映画館はなかったと思われる。

* 西和
** 生駒郡平群町
映画館名簿によると平群町に映画館はなかったと思われる。

** 生駒郡三郷町
*** 神前座/神楽座/三映劇場
所在地 : 奈良県生駒郡三郷村(1950年・1953年・1955年・1960年)、奈良県生駒郡三郷村2375(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿では「神前座」。1955年の映画館名簿では「神楽座」。1960年・1963年の映画館名簿では「三映劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「みさと第4緑地公園」北東角の交差点付近。区画整理事業の関係で道路割は大きく変化している。

** 生駒郡斑鳩町
映画館名簿によると斑鳩町に映画館はなかったと思われる。

** 生駒郡安堵町
映画館名簿によると安堵町に映画館はなかったと思われる。

** 北葛城郡上牧町
映画館名簿によると上牧町に映画館はなかったと思われる。

** 北葛城郡王寺町
*** 王寺メトロ
所在地 : 奈良県北葛城郡王寺町(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「王寺メトロ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 王寺映劇/王寺映画劇場
所在地 : 奈良県北葛城郡王寺町(1955年・1960年・1963年)、奈良県北葛城郡王寺町3710(1966年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「王寺映劇」。1966年の映画館名簿では「王寺映画劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

** 北葛城郡河合町
*** ワーナー・マイカル・シネマズ西大和/イオンシネマ西大和
所在地 : 奈良県北葛城郡河合町広瀬台3-5-1 イオン西大和店向かい
開館年 : 2000年12月1日
閉館年 : 営業中
7スクリーンのシネコン。

2000年12月1日、河合町広瀬台の大型量販店「西大和サティ」向かいの県道沿いに、複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」が開館する。11月29日に披露式があった。奈良県の複合映画館としては、奈良市の「シネマデプト友楽」、橿原市の「橿原シネマアーク」に次いで3か所目。7スクリーンを有し、137席から奈良県最大の356席まで、計1318席を有する。((「河合町に複合映画館 7劇場を収容 あすから営業」『朝日新聞』2000年11月30日))

このほど、河合町広瀬台に複合映画館「ワーナー・マイカル・シネマズ西大和」が開館した。奈良県の複合映画館としては、奈良市の「シネマデプト友楽」、橿原市の「橿原シネマアーク」に次いで3か所目。ワーナー・マイカルが経営。4階建て約2,300m2の館内に、137席から356席まで7スクリーン計1318席を有する。大阪府への通勤者が多い新興住宅地の中心に位置している。人口急増地の映画需要を取り込み、年間50万人の集客を見込んでいる。((「複合映画館オープン 河合に県内3館目 年間50万人の集客見込む」『読売新聞』2000年12月3日))

* 中和
** 大和高田市
*** 大和高田市の映画館
1920年(大正9年)頃の北葛城郡高田町の本町にあった「花月座」の写真あり。明治から昭和にかけての大和高田には、「大黒座」(後の高田劇場、本郷町)、「朝日座」(後の曙館、三和町)、「弁天座」(後の花月座、内本町)、「高田日劇」(本郷町)、「南進座」(神楽)などの演芸場があった。映画が普及するにつれて、多くが映画館に改修した。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.217))

*** 大黒座/高田劇場
所在地 : 奈良県大和高田市(1950年・1953年)、奈良県大和高田市天神橋筋(1955年・1960年)
開館年 : 1897年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「高田劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「南河生鮮市場 大和高田店」北の駐車場。

1920年(大正9年)の「高田劇場」で撮られた改称記念写真あり。館主、弁士、楽士、案内係、警官らが写っている。1897年(明治30年)に「大黒座」として開館し、1920年(大正9年)に高田劇場に改称して常設映画館となった。当時の映画は活動写真と呼ばれ、スクリーン脇では弁士が語り、楽士が演奏した。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.218))

1957年(昭和32年)の大和高田市本郷町にあった映画館「高田劇場」の写真あり。アーケードの天神橋筋商店街にあった。東宝の専門館であり、三船敏郎主演の『七人の侍』など黒澤明監督作品、『ゴジラ』など円谷英二作品などが人気だった。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.218))

*** 日本劇場/高田日劇
所在地 : 奈良県大和高田市本郷1(1953年・1955年)、奈良県大和高田市本郷通1丁目(1958年)、奈良県大和高田市本郷1丁目(1960年・1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年の映画館名簿では「日本劇場」。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「高田日劇」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 朝日座/曙館/高田曙館
所在地 : 奈良県大和高田市(1950年・1953年)、奈良県大和高田市曙町(1955年)、奈良県大和高田市曙町1丁目(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 大正初期
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「曙館」。1955年の映画館名簿では大和高田市の5館のうち唯一の鉄筋コンクリート造館。1966年の映画館名簿では「高田曙館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

昭和40年代の大和高田市旭北町の写真あり。国鉄桜井線と和歌山線の分岐点付近。線路のカーブの向こう側に、映画館「曙館」の屋根が見える。大正初期の開館時は「朝日座」という名称だった。1923年(大正11年)頃から松竹の常設映画館となった。約800人を収容した。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.220))

*** 弁天座/花月座/花月劇場/高田花月劇場/花月東宝/高田花月東宝劇場
所在地 : 奈良県大和高田市本町(1955年)、奈良県大和高田市本町3丁目(1960年・1963年)、奈良県大和高田市本町3-1810(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1910年頃、1948年
閉館年 : 1970年以後1973年以前
1910年頃開館。1940年新築。1948年映画館化。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「花月劇場」。1960年の映画館名簿では「高田花月劇場」。1963年の映画館名簿では「高田花月東宝」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「高田花月東宝劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「専立寺」本堂南東120mにある月極駐車場「松浦モータープール」。

1950年(昭和25年)の大和高田市内本町の本町商店街にあった映画館「花月劇場」の写真あり。明治末期に中川八太郎らの地元有志によって、芝居小屋「弁天座」として開館した。1918年(大正7年)に吉本興業の傘下に入り、「花月座」に改称した。1940年(昭和15年)に新築して「花月劇場」に改称した。1948年(昭和23年)に洋画専門館となった。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.219))

1950年(昭和25年)頃の大和高田市内本町にあった映画館「花月劇場」の写真あり。1948年(昭和23年)に開館した。青色や赤色のネオンサインは奈良県初であり、遠くからでもよく見えた。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.220))

1962年(昭和37年)の大和高田市内本町にあったアーケードの本町商店街の写真あり。大和高田市にあった各映画館の上映案内看板が見える。東宝の「高田劇場」(本郷町)、松竹の「曙館」(三和町)、日活の「高田キネマ」(北本町)、大映の「高田大映」(本郷町)、東映の「高田東映」(永和町)、洋画の「高田大劇」(永和町)、洋画の「高田日劇」(本郷町)、洋画の「花月劇場」(内本町)の8館があった。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.218))

*** 高田大映/高田ホームラン劇場・高田シアター
所在地 : 奈良県大和高田市池之町(1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、奈良県大和高田市本郷町5-18(1980年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 1980年以後1982年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「高田大映」。1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「高田ホームラン劇場・高田シアター」(2館)。1983年のゼンリン住宅地図では本郷町5-18に空白。1982年・1985年の映画館名簿には掲載されていない。1991年のゼンリン住宅地図では「大和高田市臨時駐車場」。跡地は「大和信用金庫高田支店」南東。最寄駅はJR桜井線・和歌山線高田駅または近鉄南大阪線高田市駅。

*** 高田東映/高田東映劇場/高田東映・ダイヤモンド劇場
所在地 : 奈良県大和高田市本郷3丁目(1960年・1963年)、奈良県大和高田市本郷3(1966年・1969年・1973年)、奈良県大和高田市永和町11-5(1980年・1985年・1988年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 1988年以後1990年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「高田東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「高田東映劇場」。1980年・1985年・1988年の映画館名簿では「高田東映・ダイヤモンド劇場」(2館)。1983年のゼンリン住宅地図では「ダイヤモンド劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1991年のゼンリン住宅地図では跡地に空白。跡地は本郷通り沿いにある6軒分の戸建て住宅地。最寄駅はJR桜井線・和歌山線高田駅または近鉄南大阪線高田市駅。

1957年(昭和32年)の大和高田市にあった映画館「高田東映」の写真あり。開館当時の写真であり花輪が見える。東映作品専門館だった。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.219))

*** 高田大劇
所在地 : 奈良県大和高田市横大路町(1960年・1963年)、奈良県大和高田市横大路町東(1966年・1969年・1973年)、奈良県大和高田市永和町9-19(1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1956年4月22日
閉館年 : 2006年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「高田大劇」。1983年・1991年のゼンリン住宅地図では「高田大劇」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「アリスト大和高田」。最寄駅はJR桜井線・和歌山線高田駅または近鉄南大阪線高田市駅。

1956年4月22日、大和高田市横大路町にシネスコ専門館「高田大劇」が開館した。経営は宮崎興業社。オープニング作品はパラマウント社『黒い狐』と大映『海底二万浬』の二本立。宮崎興業社の直営館である「花月劇場」もこれまで通り洋画を上映する。((「映画館」『キネマ旬報』1956年6月下旬号、148号))

*** 高田キネマ/高田シネマ1・2
所在地 : 奈良県大和高田市大国町(1955年・1960年・1963年)、奈良県大和高田市大国町300(1966年・1969年・1973年)、奈良県大和高田市北本町(1980年)、奈良県大和高田市北本町9-2(1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 2004年8月
Wikipedia : [[弁天座 (大和高田市)>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E5%A4%A9%E5%BA%A7_(%E5%A4%A7%E5%92%8C%E9%AB%98%E7%94%B0%E5%B8%82)]]
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年に映画館の高田キネマが開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「高田キネマ」。1980年の映画館名簿では「高田キネマ劇場」。1983年のゼンリン住宅地図では「高田キネマ劇場」。1985年・1990年の映画館名簿では「高田キネマ」。1991年のゼンリン住宅地図では「高田シネマ1・高田シネマ2」。1995年・2000年の映画館名簿では「高田シネマ1・2」(2館)。2004年8月に映画館としては閉館し、2005年4月に大衆演劇場の「弁天座」が開館。最寄駅は近鉄大阪線大和高田駅。

2005年4月1日、大和高田市北本町の近鉄高田駅前商店街に、大衆演劇の芝居小屋「弁天座」が開館した。2004年夏に閉館した映画館「高田シネマ」の建物を全面改装した。経営は宮崎昌明(58)。1910年、曽祖父の宮崎亀石は内本町に芝居小屋「弁天座」を開設し、「花月座」や「花月劇場」などと改称しながら、約50年前まで営業していた。半世紀ぶりに弁天座という名前が復活する。((「曽祖父の思い出…大衆演劇の芝居小屋を 『弁天座』半世紀ぶり復活」『朝日新聞』2005年4月1日))

2005年(平成17年)の大和高田市北本町にあった映画館「高田キネマ」の写真あり。映画館の看板を外す前の写真。「高田シネマ1・高田シネマ2」(※キネマではなくシネマ)の写真が見える。1950年(昭和25年)に開館し、後に「高田シネマ」に改称した。日活専門館だった。近鉄大和高田駅や国鉄高田駅から近く、ニチボー高田工場からも近かった。館主は映画館閉館後に建物を大改修し、大衆演劇場「弁天座」としてリニューアル開館させた。((『大和高田・御所・香芝・葛城の昭和』樹林舎、2016年、p.220))

奈良県大和高田市はかつて紡績業で栄え、最盛期には中心市街地に8館の映画館があった。2004年(平成16年)8月には近鉄大和高田駅近くの高田シネマが閉館した。2005年(平成17年)4月には高田シネマの2館をつなげて舞台・花道・桟敷席などを設け、大衆演劇場の弁天座が開館した。奈良県にわずか3か所の大衆演劇場の代表格であり、大阪や神戸などから来る観客もいるという。((「弁天座(大和高田市) 映画館変じて大衆演劇場 ナマの魅力一家で支え」『毎日新聞』2018年8月8日))

** 橿原市
*** 八木劇場
所在地 : 奈良県高市郡八木町(1950年・1953年・1955年)、奈良県橿原市八木町八木(1958年)、奈良県橿原市八木町(1960年・1961年・1962年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1961年・1962年の映画館名簿では「八木劇場」。1955年の映画館名簿では奈良県郡部唯一の鉄筋コンクリート造館。1984年のゼンリン住宅地図では跡地に「和歌山相互銀行橿原支店」。跡地は結婚式場「ジュールフェリエ ラ・バンク」。1928年竣工の建物は登録有形文化財であり、文化財指定名称は「旧六十八銀行八木支店(旧和歌山銀行橿原支店)」。最寄駅はJR桜井線畝傍駅または近鉄橿原線八木西口駅。

*** 中和劇場/八木東映/橿原八木東映劇場/八木東映劇場
所在地 : 奈良県高市郡八木町(1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年)、奈良県橿原市八木町295(1960年・1961年)、奈良県橿原市八木町(1962年・1963年)、奈良県橿原市内膳町(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1936年以前
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1936年・1943年・1947年・1950年・1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「中和劇場」。1961年・1962年・1963年の映画館名簿では「八木東映」。1966年の映画館名簿では「橿原八木東映劇場」。1969年・1970年の映画館名簿では「八木東映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 金鵄劇場/第一劇場/橿原第一映劇/橿原第一映画劇場
所在地 : 奈良県高市郡八木町(1955年)、奈良県橿原市八木町八木(1960年)、奈良県橿原市八木町(1961年・1962年・1963年)、奈良県橿原市八木町253(1966年・1969年・1973年・1975年)、奈良県橿原市八木町(1976年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1975年頃
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年の映画館名簿では「金鵄劇場」。1961年・1962年の映画館名簿では「第一劇場」。1963年の映画館名簿では「橿原第一映劇」。1966年・1969年・1973年・1975年の映画館名簿では「橿原第一映画劇場」。1976年の映画館名簿では「橿原第一映画劇場(休館中)」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「橿原市役所」東110mにあるガレージ。最寄駅はJR桜井線畝傍駅。

*** 橿原第二映劇/橿原第二映画劇場/橿原第二劇場
所在地 : 奈良県橿原市八木町432(1964年)、奈良県橿原市八木町433(1966年・1969年・1973年)、奈良県橿原市八木町(1977年・1978年)
開館年 : 1963年頃
閉館年 : 1978年頃
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1964年の映画館名簿では「橿原第二映劇」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「橿原第二映画劇場」。1977年・1978年の映画館名簿では「橿原第二劇場」。1978年の映画館名簿では経営者が松井ヤスノ、支配人が小南まちえ、鉄筋造1階冷暖房付、250席、日活・東宝・松竹を上映。1979年の映画館名簿では「橿原第二劇場 休館中」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 百人劇場/ファミリーシアター百人劇場
所在地 : 奈良県橿原市北八木町3-65-11 近鉄百貨店(1988年)、奈良県橿原市北八木町3-65-11 近鉄百貨店橿原店(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1986年4月25日
閉館年 : 2000年3月30日
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1984年のゼンリン住宅地図では後の近鉄百貨店の場所に空白。1988年の映画館名簿では「百人劇場」。1988年の映画館名簿では経営会社がシネマチックジャパン、経営者が今泉義雄、支配人が安藤正、鉄筋造6階、85席、邦画・洋画を上映。1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「ファミリーシアター百人劇場」。2000年の映画館名簿では経営会社が近鉄百貨店、経営者が田中太郎、支配人が山本茂樹、鉄筋造6階、100席、邦画・洋画を上映。2005年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅は近鉄大阪線・橿原線大和八木駅。

2000年3月末をもって、奈良県橿原市の近鉄百貨店橿原店6階にあるミニ映画館「ファミリーシアター百人劇場」が閉館する。1986年4月の近鉄百貨店の開店とともに開館し、長らく橿原市唯一の映画館だったが、1999年7月には近鉄百貨店の100m西に5スクリーンを有する橿原シネマアークが開館していた。((「奈良市〔ママ〕の百貨店内の映画館が3月末に閉館 14年の歴史に幕」『毎日新聞』2000年3月3日))

*** 橿原シネマアーク
所在地 : 奈良県橿原市内膳町5-3-27(2000年・2005年・2008年)
開館年 : 1999年7月24日
閉館年 : 2009年4月30日
1995年の映画館名簿には掲載されていない。2000年・2005年・2008年の映画館名簿では「橿原シネマアーク1-5」(5館)。2007年の住宅地図では「橿原シネマアーク」。2008年の映画館名簿では経営会社が橿原シネマアーク、経営者が宮崎昌明、支配人が生賀文明、鉄筋造6階、233席・93席・172席・93席・118席、いずれも邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「タイムズ近鉄八木駅前第5」。最寄駅は近鉄大阪線・橿原線大和八木駅。

1999年7月24日、橿原市内膳町5丁目に複合映画館「橿原シネマアーク」が開館する。奈良県には奈良市に2施設計8スクリーンの「シネマデプト友楽」があるが、奈良県中部では初の複合映画館である。近鉄大和八木駅北側の駐車場跡地に建設された。5スクリーンを有し、95席から235席までの計719席を有する。経営するのは大和高田映画。橿原市には近鉄百貨店橿原店に85席の「ファミリーシアター百人劇場」があるが、百人劇場や家族連れや女性をターゲットとしており、観客層の違いからすみわけが可能であるという。((「橿原に複合映画館 5つの劇場が同居 座席、やや大きく」『朝日新聞』1999年7月7日))

1999年7月24日、橿原市内膳町5の近鉄大和八木駅前に映画館「橿原シネマアーク」が開館する。中南和地方では初のシネコンである。当面はロードショー中心だが、名画特集やオールナイト上映も検討している。経営は大和高田映画。大和高田市の映画館「高田大劇」は『タイタニック』や『もののけ姫』の大ヒットで好調であり、映画人口が回復しつつあることを背景にシネコンの開館を決定した。1999年1月に民間駐車場跡地で着工しており、鉄筋コンクリート造6階建ての建物に5スクリーンが入る。座席数はスクリーン1が235席、スクリーン2が95席、スクリーン3が174席、スクリーン4が95席、スクリーン5が120席、計719席。こけら落としは『スターウォーズ・エピソード1 ファントムメナス』や『ポケットモンスター2』など。かつて大和八木駅周辺には3館の映画館があったが、現在は近鉄百貨店橿原店内にミニシアター「百人劇場」があるのみである。((「橿原にシネコンが24日オープン 1つの建物に5つの映画館」『読売新聞』1999年7月11日))

1999年7月24日、橿原市内膳町5の近鉄大和八木駅前に映画館「橿原シネマアーク」が開館する。6階建てのビルに5スクリーン計717席を有し、奈良県中南部では初のシネコンである。大和高田市で映画館を経営する大和高田映画が駐車場跡地に建設した。1階は最大の235席を持つシネマアーク1であり、3階に94席のシネマアーク2と174席のシネマアーク3、5階に94席のシネマアーク4と120席のシネマアーク5がある。橿原市には十数年前まで3館の映画館があったが、現在は近鉄百貨店橿原店にミニ映画館があるのみである。橿原シネマアークのオープニング作品は、『スターウォーズ・エピソード1 ファントムメナス』『学校の怪談4』『となりの山田くん』など6本。((「橿原市に複合型映画館『橿原シネマアーク』24日、オープン 最新の音響設備」『毎日新聞』1999年7月14日))

2009年(平成21年)4月いっぱいで、橿原市の映画館「シネマアーク」が閉館する。奈良県内への大手資本のシネコンに進出が相次ぎ、2-3年前から大幅な赤字に陥っていた。シネマアークは1999年(平成11年)に開館。中南和地域初のシネコンだった。大和高田市で高田シネマと高田大劇を経営していた宮崎昌明(62)が、駅前再開発も見込んで近鉄大和八木駅前に建設。地上6階建てビルに5スクリーンがあり、総席数は717だった。当初の2年間は年間入館者数が約30万人だったが、2000年(平成12年)末に河合町に「ワーナーマイカルシネマズ西大和」(7スクリーン)が開館し、また2001年(平成13年)に橿原市に「MOVIX橿原」(9スクリーン)が開館し、2004年(平成16年)に橿原市に「TOHOシネマズ橿原」(9スクリーン)が開館。橿原市は近鉄大和八木駅を中心とする3km圏内で3サイト計23スクリーンがある全国屈指のシネコン激戦区となっていた。シネマアークは3年前から赤字となり、年間入館者数は当初の5分の1以下にまで減少。(([[さよなら老舗映画館 奈良の観光会館地下劇場・橿原シネマアーク>>https://www.nara-np.co.jp/news/20090309132309.html]]『奈良新聞』2009年3月9日))

*** TOHOシネマズ橿原
所在地 : 奈良県橿原市曲川町7-20-1-301 ダイヤモンドシティ・アルル3階(2005年)、奈良県橿原市曲川町7-20-1-301 イオンモール橿原アルルサウスモール3階(2010年)、奈良県橿原市曲川町7-20-1-301 イオンモール橿原サウスモール3階(2015年・2020年)
開館年 : 2004年4月1日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年・2015年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズ橿原1-9」(9館)。

2003年4月1日、橿原市にこの日開業する大型SC「ダイヤモンドシティ・アルル」に、シネコン「TOHOシネマズ橿原」が開館する。3月25日のプレオープン式典では東宝の松岡功会長、高井秀幸社長、女優の野波麻帆らがテープカットを行った。9スクリーン、計1630席を有する。全席指定席であり、完全入れ替え制を採用している。一般的なシネコンの座席幅は55cmだが、TOHOシネマズ橿原は60cmのワイドシートを採用しており、全劇場の全座席でワイドシートを採用するのは全国初という。人口13万人の橿原市にはすでに2施設計14スクリーンのシネコンがあり、TOHOシネマズ橿原の開館によって3施設23スクリーンとなる。1999年には5スクリーンの橿原シネマアークが、2001年には9スクリーンのMOVIX橿原が開館している。奈良県興行生活衛生同業組合は橿原市にシネコンが集中する状況について「理解に苦しむ」としている。((「23スクリーンの激戦区 新たなシネコン、橿原にきょう開業」『朝日新聞』2004年4月1日))

*** MOVIX橿原/ユナイテッド・シネマ橿原
所在地 : 奈良県橿原市十市町1222-1 ツインゲート橿原内(2005年・2010年・2020年)
開館年 : 2001年6月(MOVIX)、2015年12月18日(UC)
閉館年 : 2014年8月31日(MOVIX)、営業中(UC)
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2005年・2010年の映画館名簿では「MOVIX橿原1-9」(9館)。2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「ユナイテッド・シネマ橿原1-9」(9館)。

2014年8月31日、橿原市十市町の複合商業施設ツインゲート橿原にあるシネコン「MOVIX橿原」が閉館した。理由は入館者数の減少。9スクリーン計2025席を有し、奈良県最大規模のシネコンだった。2001年6月に開館して橿原市内外から集客したが、2004年には橿原市曲川町7丁目に「TOHOシネマズ橿原」が開館し、橿原市はシネコン3施設が集まる激戦地となっていた。((「ファンに惜しまれ閉館 一時代を築いたシネコン『MOVIX橿原』」『奈良新聞』2014年9月1日))

** 桜井市
*** 桜井市の劇場
1915年の桜井町にあった劇場「桜井栄楽座」の写真あり。「●楽座」ののぼりが見える。同年の『大正4年桜井町・城島村・安倍村・多武峯村風俗誌』によると桜井町の劇場は1軒のみだった。((『ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 桜井』国書刊行会、1979年、p.75))

*** シネマ サクライ/サクライ東映/サクライシネマ
所在地 : 奈良県磯城郡桜井町(1950年・1953年・1955年)、奈良県桜井市桜井町(1958年・1960年)、奈良県桜井市西栄町(1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「シネマ サクライ」。1958年・1960年の映画館名簿では「サクライ東映」。1963年の映画館名簿では「サクライシネマ」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 光楽劇場/桜井光楽劇場
所在地 : 奈良県桜井市桜井町(1958年・1960年)、奈良県桜井市北本町2丁目(1963年)、奈良県桜井市北本町904-2(1966年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「光楽劇場」。1966年の映画館名簿では「桜井光楽劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は学習塾「芽育学院桜井校」が入るマンション「ヴィラ桜井」。最寄駅はJR桜井線・近鉄大阪線桜井駅。

1955年9月19日、磯城郡桜井町の駅前通りに「光楽劇場」が開館した。日活・東宝の2系統。館主は森井利平。地方では珍しい鉄筋コンクリート造2階建て。定員は450人。((「興行街」『キネマ旬報』1955年11月下旬号、132号))

*** 桜井劇場
所在地 : 奈良県磯城郡桜井町(1950年・1953年・1955年)、奈良県桜井市桜井町(1958年・1960年・1963年)、奈良県桜井市桜井80(1966年・1969年・1973年)、奈良県桜井市桜井(1978年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1978年の映画館名簿では「桜井劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1984年のゼンリン住宅地図では80番地に12軒1セットの縦長の住宅。建物は2008年以後に取り壊された。跡地は「妙養寺」東側の空き地。最寄駅はJR桜井線・近鉄大阪線桜井駅。

** 香芝市
映画館名簿によると香芝市に映画館はなかったと思われる。

** 葛城市
映画館名簿によると葛城市に映画館はなかったと思われる。

** 北葛城郡広陵町
映画館名簿によると広陵町に映画館はなかったと思われる。

** 磯城郡川西町
映画館名簿によると川西町に映画館はなかったと思われる。

** 磯城郡三宅町
映画館名簿によると三宅町に映画館はなかったと思われる。

** 磯城郡田原本町
*** 旭館
所在地 : 奈良県磯城郡田原本町(1955年・1959年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1959年頃
1955年・1957年・1959年の映画館名簿では「旭館」。1959年の映画館名簿では経営者が森川秀吉、支配人が清水照男、木造2階建、500席、東宝・大映・新東宝を上映。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 田原本映劇
所在地 : 奈良県磯城郡田原本町167(1960年)
開館年 : 1959年頃
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年・1957年・1959年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「田原本映劇」。1960年の映画館名簿では経営者が足立修子、支配人が吉永郷司、木造2階建、200席、大映・日活・松竹を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 金竜館/金竜座/金龍座
所在地 : 奈良県磯城郡田原本町226(1960年)、奈良県磯城郡田原本町(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「金竜座」。1955年の映画館名簿では「金竜館」。1960年の映画館名簿では「金竜座」。1963年の映画館名簿では「金龍座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「本誓寺」の北西65mの建物。映画館の建物が現存するとされる。

磯城郡田原本町の旭町には映画館「金龍座」があった。また、田原本町の戎通りには「旭館」という映画館もあった。1963年(昭和38年)の金龍座の写真あり。2009年(平成21年)現在は簡易アーケードの右側に金龍座の建物がある。その前方には昔のままの地蔵堂がある。((長田光男(監修)『大和郡山・天理今昔写真集』樹林舎、2009年、p.89))

* 南和
** 五條市
*** 朝日座
所在地 : 奈良県宇智郡五條町(1950年・1953年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1953年以後1955年以前
1950年・1953年の映画館名簿では「朝日座」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 中央館/五條中央館
所在地 : 奈良県宇智郡五條町(1953年・1955年)、奈良県五條市五條町226(1958年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1958年以後1960年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「中央館」。1955年の映画館名簿では「五條中央館」。1958年の映画館名簿では「中央館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。

1954年(昭和29年)の五條市五條町にあった「中央シネマ」の写真あり。「中央」「Cinema」の文字が見える。((『目で見る 五條・吉野の100年』郷土出版社、2006年、p.102))

*** 五條洋劇/五條洋館
所在地 : 奈良県五條市五條町(1958年・1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「五條洋劇」。1960年の映画館名簿では「五條洋館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 五條座
所在地 : 奈良県宇智郡五條町(1950年・1953年・1955年)、奈良県五條市五條町(1958年)、奈良県五條市五條町151(1966年・1969年・1973年)、奈良県五條市五條(1980年)、奈良県五條市須恵(1982年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年・1982年の映画館名簿では「五條座」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。「五條座モータープール」が映画館跡地である可能性がある。

*** 五條東映劇場/五條東映
所在地 : 奈良県五條市須恵町245-1(1966年・1969年・1973年)、奈良県五條市須恵(1980年)、奈良県五條市須恵1-9-10(1985年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 1989年
1963年の映画館名簿では「五條東映」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「五條東映劇場」。1980年・1985年の映画館名簿では「五條東映」。1984年のゼンリン住宅地図では「五條東映」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は衣料品店「まるや」東側の空き地。最寄駅はJR和歌山線五条駅。新町通りの「五條源兵衛」の十字路北西には看板が残っている。

** 御所市
*** ライオン館
所在地 : 奈良県南葛城郡御所町(1955年)、奈良県御所市御所町(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「ライオン館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1983年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコトーカイホール」。現在の跡地は「パチンコトーカイホール」の廃墟。

御所市の新地通りの繁華街には「ライオン館」があった。1957年の鶴田浩二主演作『清水港喧嘩旅』の看板が見える。2006年(平成18年)現在の跡地はパチンコ店になっている。1957年頃の写真あり。((『目で見る大和高田・御所・香芝・葛城の100年』郷土出版社、2006年、p.112))

*** 寿座/コトブキ座/御所コトブキ座
所在地 : 奈良県南葛城郡御所町(1955年)、奈良県御所市御所町(1960年・1963年)、奈良県御所市御所町1603(1966年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「寿座」。1960年・1963年の映画館名簿では「コトブキ座」。1966年の映画館名簿では「御所コトブキ座」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。1983年のゼンリン住宅地図では御所町1603に「コトブキモータープール」がある。

御所市の豊年橋付近には映画館「寿座」があり、松竹作品の封切館だった。1958年の写真あり。野村芳太郎監督の『張込み』の看板、「シネマスコープ」の文字、「娯楽の殿堂 寿座」、「松竹映画」の文字が見える。((『目で見る大和高田・御所・香芝・葛城の100年』郷土出版社、2006年、p.112))

** 高市郡高取町
*** 壺坂劇場
所在地 : 奈良県高市郡高取町(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「壺坂劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

** 高市郡明日香村
映画館名簿によると明日香村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡吉野町
*** 上市劇場/吉野上市劇場
所在地 : 奈良県吉野郡上市町(1947年・1949年・1950年・1953年・1955年)、奈良県吉野郡吉野町上市(1960年)、奈良県吉野郡吉野町(1963年)、奈良県吉野郡吉野町上市(1966年・1969年・1973年・1974年)
開館年 : 1943年以後1947年以前、1950年6月
閉館年 : 1974年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1950年6月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1943年の映画館名簿には掲載されていない。1947年・1949年・1950年・1953年・1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「上市劇場」。1963年の映画館名簿では経営者が寺浦宮雄、支配人が平川弥三郎、鉄筋造2階暖房付、定員250、松竹・日活・東映を上映。1966年・1969年・1973年・1974年の映画館名簿では「吉野上市劇場」。1974年の映画館名簿では経営者・支配人ともに寺浦恵美子、鉄筋造2階冷暖房付、250席、松竹・日活を上映。1975年・1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「潮田病院」西南西30mにある自動車整備工場「テラレーシング」。映画館の建物が現存。

1972年現在の「図28 上市町商店街景観図」。尾仁山に「劇場・パチンコ」が2軒並んでいる。((吉野町史編集委員会『吉野町史 下巻』吉野町役場、1972年))

*** 吉野大劇
所在地 : 奈良県吉野郡吉野町上市(1957年・1958年・1960年)、奈良県吉野郡吉野町(1963年)、奈良県吉野郡吉野町上市2143-1(1966年・1969年・1973年)、奈良県吉野郡吉野町上市(1975年・1976年)
開館年 : 1956年頃
閉館年 : 1979年
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「吉野大劇」。1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに樫正春、木造2階、定員380、東宝・東映を上映。1975年の映画館名簿では経営者が樫正春、支配人が西島正信、木造1階冷暖房付、295席、東映・東宝を上映。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では跡地に「パチンコ吉野会館」。跡地は「潮田病院」西南西50mにある建物。
1955年・1956年の映画館名簿には掲載されていない。1957年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1975年・1976年の映画館名簿では「吉野大劇」。1963年の映画館名簿では経営者・支配人ともに樫正春、木造2階、定員380、東宝・東映を上映。1975年の映画館名簿では経営者が樫正春、支配人が西島正信、木造1階冷暖房付、295席、東映・東宝を上映。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年のゼンリン住宅地図では上市2143に「パチンコ吉野会館」。跡地は「潮田病院」西南西50mにある建物。

2003年春、吉野町上市の映画館「吉野大劇」跡地で映画資料展が開催される。1960年代から70年代前半の近鉄大和上市駅近くには映画館が2軒あった。吉野大劇は250人が観賞できた映画館であり、1979年に閉館するまでは東宝・東映・日活などの作品が上映された。現在は空きビルとなっているが、2階は劇場だったころの面影が残っている。((「往年の邦画、興奮再び 旧吉野大劇で来初ポスター集め資料展」『朝日新聞』2002年11月27日))

1972年現在の「図28 上市町商店街景観図」。尾仁山に「劇場・パチンコ」が2軒並んでいる。((吉野町史編集委員会『吉野町史 下巻』吉野町役場、1972年))

** 吉野郡大淀町
*** 大淀劇場/大淀大劇
所在地 : 奈良県吉野郡大淀町619(1960年)、奈良県吉野郡大淀町(1963年)、奈良県吉野郡大淀町下渕619(1966年・1969年・1973年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
1960年の映画館名簿では「大淀大劇」。1963年の映画館名簿では「大淀劇場」。1966年・1969年・1973年の映画館名簿では「大淀大劇」。1977年・1980年の映画館名簿には掲載されていない。

** 吉野郡下市町
*** 都座
所在地 : 奈良県吉野郡下市町(1960年・1963年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1960年・1963年の映画館名簿では「都座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

* 宇陀
** 宇陀市
*** 喜楽座
所在地 : 奈良県宇陀郡大宇陀町(1953年・1955年)、奈良県宇陀郡大宇陀町1956(1958年)、奈良県宇陀郡大宇陀町(1960年・1962年)
開館年 : 大正初期、1934年2月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1934年2月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1952年の映画館名簿には掲載されていない。1953年・1955年・1958年・1960年・1962年の映画館名簿では「喜楽館」(※喜楽座ではない)。1962年の映画館名簿では経営者が卯本益次、支配人が卯本豊蔵、木造1階、定員220、邦画を上映。1963年の映画館名簿には掲載されていない。映画館の建物は「今阪屋旅館」の南南西70mに現存。最寄駅は近鉄大阪線榛原駅。

喜楽座は通りのほぼ中央に位置する。喜楽座と道路の間には別の建物があり、道路から見ることはできない。入母屋造、2階建、桟瓦葺、妻入。芝居小屋として建築されたため、桟敷席と花道がある。後に映画館に改装し、桟敷席と花道を撤去して椅子が並べられたほか、2階の桟敷席正面に映写室が設けられた。大正初期の建築とされ、1915年の『奈良県風俗誌』に略平面と正面図が掲載されている。((『大宇陀・松山 松山・神戸地区伝統的建造物群保存対策調査報告書』大宇陀町教育委員会、2001年、p.12、p.97))

2017年10月21日から、奈良県宇陀市・橿原市・曽爾村の3自治体で芸術イベント「奈良・町屋の芸術祭 はならぁと2017」が開催される。主会場は宇陀市大宇陀松山地区にある築約100年の芝居小屋「喜楽座」である。昭和初期には映画館に改修されたが、約50年前に閉館し、その後は個人の蔵として使用されていた。今回は期間限定の公開となる。((「宇陀の芝居小屋、アートで『復活』きょうから『はならぁと』」『朝日新聞』2017年10月21日))

2017年10月29日まで宇陀市大宇陀地区の宇陀松山(重要伝統的建造物群保存地区)で、奈良県内の歴史的な町並みや空き家になった町家を用いた芸術イベント「奈良・町屋の芸術祭 はならぁと2017」が開催されている。旧芝居小屋「喜楽座」が会場の一つとなっている。((「はならぁと 旧芝居小屋がスクリーンに 町家を利活用 宇陀で29日まで」『毎日新聞』2017年10月27日))

*** 榛原劇場/榛原映劇/榛原映画劇場
所在地 : 奈良県宇陀郡榛原町(1954年・1955年)、奈良県宇陀郡榛原町萩原(1958年)、奈良県宇陀郡榛原町(1960年)、奈良県宇陀郡榛原町萩原(1963年)、奈良県宇陀郡榛原町萩原1125(1966年・1969年・1970年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 1970年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』では1952年7月開館。『全国映画館総覧 1955』では1953年12月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1954年の映画館名簿では「榛原映劇」。1955年の映画館名簿では「榛原劇場」。1958年・1960年の映画館名簿では「榛原映画劇場」。1963年の映画館名簿では「榛原映劇」。1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「榛原映画劇場」。1970年の映画館名簿では経営者・支配人ともに日高武夫、木造1階冷暖房付、定員200、邦画・成人映画を上映。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「榛原新町郵便局」南西70mにある建物と駐車場。最寄駅は近鉄大阪線榛原駅。

1935年頃、宇陀郡榛原町に劇場「鳥見座」ができた。((榛原町史編集委員会『榛原町史 本編』榛原町役場、1993年、p.690))

1935年、宇陀郡榛原町に劇場「鳥見座」ができた。((奈良新聞社(編)『榛原町 ふるさとメモリー』榛原町、2005年、p.73))

1956年の榛原町商工案内図を元にした「榛原中心部商店街図」。「劇場」が描かれている。((榛原町史編集委員会『榛原町史』榛原町役場、1959年、p.750))

** 宇陀郡曽爾村
映画館名簿によると曽爾村に映画館はなかったと思われる。

** 宇陀郡御杖村
映画館名簿によると御杖村に映画館はなかったと思われる。

* 吉野
** 吉野郡黒滝村
映画館名簿によると黒滝村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡天川村
映画館名簿によると天川村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡野迫川村
映画館名簿によると迫川村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡十津川村
映画館名簿によると十津川村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡下北山村
映画館名簿によると下北山村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡上北山村
映画館名簿によると上北山村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡川上村
映画館名簿によると川上村に映画館はなかったと思われる。

** 吉野郡東吉野村
映画館名簿によると吉野村に映画館はなかったと思われる。

管理人/副管理人のみ編集できます