閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

追加された行はこの色です。
削除された行はこの色です。

#contents(2)
* 水戸市
水戸市は[[水戸市の映画館]]を参照。

* 県央地域
** 笠間市
*** 昭和館/笠間昭和館
所在地 : 茨城県西茨城郡笠間町荒町46(1955年)、茨城県笠間市笠間町46(1980年)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1983年
Wikipedia : [[笠間昭和館>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E9%96%93%E6%98%AD%E5%92%8C%E9%A4%A8]]
『全国映画館総覧 1955』によると1935年開館。廃墟として建物の痕跡が残る。

*** 笠間ポレポレホールA・B
所在地 : 茨城県笠間市赤坂8 笠間SC内ポレポレホール(2020年)
開館年 : 1998年4月
閉館年 : 営業中
港町キネマ通り : [[笠間ポレポレホール>>http://www.cinema-st.com/road/r135.html]]
2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、119席と83席、経営会社が笠間商業開発株式会社、邦画・洋画を上映。

** 小美玉市
*** 紫水館
所在地 : 茨城県東茨城郡小川町小川1352(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。

** 東茨城郡茨城町

** 東茨城郡大洗町
*** 寿座
所在地 : 茨城県茨城郡磯浜町旭町(1955年)、茨城県東茨城郡大洗町(1960年)
開館年 : 1934年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1934年開館。

*** 中村座
所在地 : 茨城県東茨城郡磯浜町金沢町(1955年)、茨城県東茨城郡大洗町磯浜661(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。

*** 大洗映画劇場
所在地 : 茨城県東茨城郡大洗町新道1802(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

*** 大洗劇場
所在地 : 茨城県東茨城郡大洗町磯浜1311(1966年)、茨城県東茨城郡大洗町磯浜131(1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
跡地は「親子ふれあいセンターきらきら」。

** 東茨城郡城里町
*** 石塚会館
所在地 : 茨城県東茨城郡石塚町(1955年)、茨城県東茨城郡常北町石塚1660(1963年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。

* 県北地域
** 日立市
*** 共楽館
所在地 : 茨城県日立市(1953年)、茨城県日立市宮田3453(1955年)、茨城県日立市宮田町3453(1960年・1963年)
開館年 : 1917年
閉館年 : 1965年1月(映画上映終了)
『全国映画館総覧 1955』によると1917年開館。1953年・1960年・1966年の映画館名簿では「共楽館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。日立武道館として建物が現存。登録有形文化財。日立市指定有形文化財。

*** 久慈映画劇場/久慈映劇/久慈映画
所在地 : 茨城県久慈郡久慈町5775(1955年)、茨城県日立市久慈町1377(1960年)、茨城県日立市久慈町505(1969年)
開館年 : 1952年1月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年1月開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「久慈映画劇場」。1966年の映画館名簿では「久慈映劇」。1969年の映画館名簿では「久慈映画」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 大甕映劇
所在地 : 茨城県日立市水木町甕ノ原(1966年)、茨城県日立市水木町(1969年)
開館年 : 1963年以後1966年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
1963年の映画館名簿には掲載されていない。1966年・1969年の映画館名簿では「大甕映劇」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 日立松竹映画劇場/日立日活映画劇場
所在地 : 茨城県日立市助川町2153(1960年)、茨城県日立市鹿島町1-4-14(1969年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月
閉館年 : 1955年・1960年の映画館名簿では「日立松竹映画劇場」。1969年の映画館名簿では「日立日活映画劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 多賀会館
所在地 : 茨城県多賀郡多賀町大久保948(1955年)、茨城県日立市大久保町948(1960年)、茨城県日立市千石町948(1969年)、茨城県日立市千石町1-6-1(1980年)
開館年 : 1944年12月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1944年12月開館。1955年・1960年・1969年・1980年の映画館名簿では「多賀会館」。1980年の住宅地図では「多賀会館」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「あおば皮膚科クリニック」。最寄駅はJR常磐線常陸多賀駅。

*** 日立東映映画劇場/日立東映劇場
所在地 : 茨城県日立市助川町2757(1960年)、茨城県日立市鹿島町1-8-1(1969年・1980年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1982年以後1985年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「日立東映映画劇場」。1969年・1980年の映画館名簿では「日立東映劇場」。1980年の住宅地図では「日立東映」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「日立銀座パーキング」中央部。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

*** 日立キネマ/日立キネマ映画劇場/日立東宝キネマ
所在地 : 茨城県日立市(1953年)、茨城県日立市助川新道(1955年)、茨城県日立市助川町2154(1960年)、茨城県日立市鹿島町1-8-5(1969年)、茨城県日立市鹿島町1-8-1(1980年)
開館年 : 1946年11月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1946年1月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「日立キネマ」。1960年の映画館名簿では「日立キネマ映画劇場」。1969年・1980年の映画館名簿では「日立東宝キネマ」。1980年の住宅地図では「日立キネマ」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「日立銀座パーキング」北東部。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

*** 中央映画劇場/多賀中央映画劇場/多賀日映劇場/多賀日映
所在地 : 茨城県多賀郡多賀町多賀駅前(1955年)、茨城県日立市多賀町(1960年)、茨城県日立市多賀町80(1963年)、茨城県日立市多賀町1-8-32(1966年・1969年・1980年・1990年・1995年)
開館年 : 1954年9月
閉館年 : 1995年以後1998年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年9月開館。1955年の映画館名簿では「多賀中央劇場」。1960年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1963年の映画館名簿では「多賀中央映画劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「多賀日映劇場」。1980年の住宅地図では「日映劇場」。1980年・1990年・1995年の映画館名簿では「多賀日映」。1992年の映画館名簿では鉄筋造1階、660席、経営会社が有限会社石崎産業、洋画を上映。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ミニストップ日立多賀町1丁目店」。最寄駅はJR常磐線常陸多賀駅。

*** 国際東映映画劇場/多賀国際東映映画劇場/多賀国際東映劇場/多賀国際
所在地 : 茨城県日立市多賀町193(1960年)、茨城県日立市多賀町195(1963年)、茨城県日立市多賀町1-8-36(1966年・1969年・1980年・1990年・1995年)
開館年 : 1959年
閉館年 : 1995年以後1998年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「国際東映映画劇場」。1966年の映画館名簿では「多賀国際東映映画劇場」。1969年の映画館名簿では「多賀国際東映劇場」。1980年の住宅地図では「多賀国際東映劇場」。1980年・1990年・1995年の映画館名簿では「多賀国際」。1992年の映画館名簿では鉄筋造1階、488席、経営会社が有限会社石崎産業、邦画・洋画を上映。1998年・2000年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「下孫鹿島神社」北西60mにある「国際ビル」。最寄駅はJR常磐線常陸多賀駅。

1959年のこのほど、日立市多賀町に「国際東映映画劇場」が開館した。鉄筋コンクリート造3階建て。建坪300坪、冷暖房完備、椅子席600。スクリーンは横45尺×縦19尺であり、国鉄常磐線沿線では随一の大きさとされる。系統は東映と大映。((「映画館」『キネマ旬報』1959年春特別号))

*** 日立シネトピア1・2/伊勢甚映画劇場1・2
所在地 : 茨城県日立市神峰町1-7-7(1988年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1985年以後1988年以前
閉館年 : 2005年5月
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1990年・1995年の映画館名簿では「日立シネトピア1・2」(2館)。2000年・2005年の映画館名簿では「伊勢甚映画劇場1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はショッピングセンター「カスミフードスクエア」。「ボンベルタ伊勢甚日立店」4階にあり、伊勢甚の閉店に合わせて閉館した。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

*** 日立セントラル映画劇場/日立セントラル
所在地 : 茨城県日立市助川町2-1(1960年)、茨城県日立市鹿島町1-12-3(1969年・1980年・1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 2006年1月
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「日立セントラル映画劇場」。1969年・1980年・1990年・2000年・2005年の映画館名簿では「日立セントラル」。1980年の住宅地図では「日立セントラル劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「ホテル日立ヒルズ」西北西60mにある駐車場。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

2008年8月末、日立市鹿島町の映画館「日立セントラル」が閉館した。ひたちなか市に開館したシネコンの影響などで、2007年1月からは休館状態だった。日立セントラルの組織そのものは存続しており、小学校や公民館などでの出張映画上映を行っている。((「消える街の映画館、シネコンに勝てず続々 水戸テアトル西友、今月限り」『朝日新聞』2008年8月17日))

*** 日立シネフェスタ1・2
所在地 : 茨城県日立市幸町1-16-1 イトーヨーカ堂日立店内5階(1995年)、茨城県日立市幸町1-16-1 イトーヨーカ堂日立店(2000年)、茨城県日立市幸町1-16-1 イトーヨーカ堂日立店内5階(1995年)、
開館年 : 1991年10月
閉館年 : 2006年2月
1990年の映画館名簿には掲載されていない。1995年・2000年・2005年の映画館名簿では「日立シネフェスタ1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。2スクリーンのビデオシアター。イトーヨーカドー日立店は現存。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

*** 相賀館/日立相賀館/相賀館1・2
所在地 : 茨城県日立市(1953年)、茨城県日立市仲町2-2(1955年)、茨城県日立市助川町2113(1960年)、茨城県日立市鹿島町1-19-9(1969年)、茨城県日立市鹿島町1-19-6(1990年・2000年・2005年)
開館年 : 1945年7月
閉館年 : 2007年1月19日
『全国映画館総覧 1955』によると1945年7月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「相賀館」。1969年の映画館名簿では「日立相賀館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・2000年・2005年の映画館名簿では「相賀館1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はマンション「ポレスター鹿島町弐番館」駐車場南西部。最寄駅はJR常磐線常陸日立駅。

2007年1月19日をもって、日立市の映画館「日立相賀館」が休館した。観客の減少が理由とみられる。相賀館の閉館で茨城県の久慈川以北から映画館がなくなった。相賀館は日立市の中心市街地に戦前に建てられた。近年には水戸市やひたちなか市にシネコンが開館し、日立市内でも映画館の閉館が相次いだ。2006年秋には日立セントラル劇場も閉館しているが、セントラル劇場と相賀館を経営する外塚正吾社長は「日立の町に人通りがなくなった」と話す。「機会があれば再開したい」としているが、再開館の目途は立っていない。((「消えるシネマの灯 老舗に観客減の波『日立相賀館』休館」『茨城新聞』2007年1月20日))

2007年1月19日をもって、日立市鹿島町の映画館「相賀館」が休館した。再開の目途は立っていない。県北地域唯一の映画館だった。運営は映画興行会社の日立セントラル。戦前から映画館として営業する老舗であり、1982年には現在の施設が建設された。1階が80席、2階が130席。2006年秋には「日立セントラル」が休館し、この度相賀館が休館したことで県北地域から映画館がなくなった。((「県北唯一の映画館、休館 近隣のシネコンに押され 日立の『相賀館』」『朝日新聞』2007年1月20日))

*** シネマサンライズ
所在地 : 茨城県日立市東滑川町5-1-3 シーマークスクエア
開館年 : 2020年3月19日
閉館年 : 営業中
1スクリーン352席の映画館。最寄駅はJR常磐線常陸小木津駅。

2020年4月からは新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受けて休館していたが、5月22日から営業を再開した。当面の間は1列ずつ間隔を空けてチケットを販売する。(([[茨城県日立市のシネマサンライズ、5月22日より営業再開>>https://www.cinematoday.jp/news/N0115996]]」シネマトゥデイ、2020年5月18日))

** ひたちなか市
*** 那珂湊松竹館/那珂湊松竹映画劇場/松竹館
所在地 : 茨城県那珂郡那珂湊町(1953年)、茨城県那珂湊市泉町5335(1955年・1960年・1963年)
開館年 : 1950年9月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年9月開館。1953年の映画館名簿では「那珂湊松竹映画劇場」。1955年の映画館名簿では「那珂湊松竹館」。1960年の映画館名簿では「那珂湊松竹映画劇場」。1963年の映画館名簿では「松竹館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 勝田東映劇場
所在地 : 茨城県勝田市勝田町中央通1100(1960年)、茨城県勝田市武田1100(1963年・1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年・1966年の映画館名簿では「勝田東映劇場」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 大漁館/那珂湊大漁館
所在地 : 茨城県那珂郡那珂湊町(1953年)、茨城県那珂湊市元町(1955年・1960年)、茨城県那珂湊市元町5817(1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1921年4月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1921年4月開館。1953年・1955年・1960年の映画館名簿では「大漁館」。1969年の映画館名簿では「那珂湊大漁館」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。跡地はパン屋「カノウヤ」。

*** 勝田宝塚劇場
所在地 : 茨城県那珂郡勝田町(1953年)、茨城県那珂郡勝田町東石川191(1955年)、茨城県勝田市東石川190(1960年・1963年)、茨城県勝田市共栄町8-14(1966年・1969年・1973年・1980年)
開館年 : 1942年10月15日
閉館年 : 1984年5月
Wikipedia : [[勝田宝塚劇場>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E7%94%B0%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E5%8A%87%E5%A0%B4]]
『全国映画館総覧 1955』によると1942年10月開館。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「勝田宝塚劇場」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「サザコーヒー本店」。

1942年10月、那珂郡勝田町東石川に「勝田宝塚劇場」が開館した。1985年に閉館し、1989年に取り壊された。宝塚劇場の経営者は鈴木富治。長男の鈴木誉志男はサザコーヒーの会長である。((「ひたちなか『勝田宝塚劇場』開業写真“里帰り”」『茨城新聞』2013年8月17日))

1942年には那珂郡勝田町に東宝直営館「勝田宝塚劇場」が建設された。座席数750席、収容総数1150人、一部3階建の高級映画館だった。1985年に閉館し、跡地にはサザコーヒーの本社兼本店・焙煎工場が建っている。((「勝田宝塚劇場の思い出 外伝・昭和の勝田発展の軌跡(上)」『茨城新聞』2013年10月25日))

かつてひたちなか市にあった映画館「勝田宝塚劇場」は、全国で10館目の東宝直営館だった。当時の那珂郡勝田町は人口わずか2万5000人だったが、日立製作所水戸工場が建設資材を提供し、北関東一の規模を誇る演劇場型の映画館として開館した。1945年の終戦を機に東宝は撤退したが、鈴木富治が経営者となって営業を続けた。((「勝田宝塚劇場の思い出 外伝・昭和の勝田発展の軌跡(中)」『茨城新聞』2013年10月30日))

戦前に開館した映画館「勝田宝塚劇場」を前身とする喫茶店「サザコーヒー本店」は、このほど創業70周年記念パーティを開催した。写真家の徳川慶朝、ひたちなか市長の本間源基、茨城県議会議員の海野透、コロンビアコーヒー生産者連合会のサンティアゴ・パルド東京事務局長が出席した。((「ひたちなかのサザコーヒー 創業70年、節目祝う」『茨城新聞』2013年11月13日))

サザコーヒーの鈴木誉志男会長に直接伺った話。「勝田宝塚劇場は勝田町の中心地からやや離れた場所にあった。東宝の小林一三の方針として、わざと地下の安い三等地に劇場を建設して、周囲に位置から繁華街を作り上げるという戦略があった。」「若い頃は東宝に勤めており、東京の江東楽天地の映画館などで働いていた。喫茶店への転業後、数年後には南アメリカに自ら飛んでコーヒー豆について学んだ。UCCなどの大手を除いて、自社農園を持っている喫茶店はないだろう」「父親は建築学の教員だったが、日立の営繕課時代に1000人収容の勝田宝塚劇場を設計。1942年に勝田の20万都市構想に基づいて開館したが、戦後には20万都市構想自体が消滅し、東宝が勝田宝塚劇場を手放した際に父親が経営を引き継いだ。基本的には2階建てだったが、舞台や緞帳部分は3階まであった。」

*** TOHOシネマズひたちなか
所在地 : 茨城県ひたちなか市新光町35(2010年)、茨城県ひたちなか市新光町35 ジョイフル本田ニューポートひたちなか内(2020年)
開館年 : 2005年8月10日
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2020年の映画館名簿では「TOHOシネマズひたちなか1-9・プレミアスクリーン」(10館)。

2005年8月10日、ひたちなか市新光町のジョイフル本田ニューポートひたちなか店に映画館「TOHOシネマズひたちなか」が開館する。10スクリーン計約1700席を有し、茨城県最大規模のシネコンとなる。座席幅は主流の55センチよりも5センチ広く、最新のデジタル音響機器を導入している。プレミアムスクリーンには66センチ幅の座席を採用している。年間70万人の動員と9億円の売上を見込んでいる。((「県内最大級、10スクリーン ひたちなかに10日開館」『毎日新聞』2005年8月4日))

水戸市とその周辺に相次いでシネコンが開館している。2005年8月10日にはひたちなか市に東宝系の「TOHOシネマズひたちなか」が開館。茨城県最多の10スクリーンを有し、座席数は計1700席を有する。2005年9月には約6万7000人が来館し、当初の予想を上回る9000万円の売上があった。水戸市や日立市の観客が多いが、福島県から訪れる観客もいるという。2005年11月9日、水戸市内原に8スクリーンの「TOHOシネマズ水戸内原」も開館する。2006年4月下旬にはJR水戸駅南口にヘラルド・エンタープライズのシネコンも開館する。((「シネコン3館、水戸の陣 『映画過疎地』一転、競争へ 来春までに勢ぞろい」『朝日新聞』2005年10月8日))

** 常磐太田市
*** 笑楽館/笑和館/太田笑和館
所在地 : 茨城県常陸太田市東二町2247(1969年)
開館年 : 1950年10月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年10月開館。常陸太田市最後の映画館。

** 高萩市
*** 高萩劇場/高萩映画劇場
所在地 : 茨城県多賀郡高萩町1768(1955年)、茨城県高萩市本町2-39(1958年・1960年・1963年)
開館年 : 1954年
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年開館。1955年の映画館名簿では「高萩劇場」。1958年の映画館名簿では「高萩映画劇場」。1960年の映画館名簿では「高萩劇場」。1963年の映画館名簿では「高萩映画劇場」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 高萩中央劇場/中央映画劇場/高萩中央
所在地 : 茨城県高萩市大和町1-14(1960年・1963年・1966年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「高萩中央劇場」。1963年の映画館名簿では「中央映画劇場」。1966年の映画館名簿では「高萩中央」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

*** ヒカリ座/高萩ひかり座
所在地 : 茨城県多賀郡高萩町南町(1955年)、茨城県高萩市大和町1-20(1958年・1960年・1963年・1966年)、茨城県高萩市大和町1-13(1969年・1973年)、茨城県高萩市大和町1-21(1978年)
開館年 : 1951年4月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年4月開館。1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「ヒカリ座」。1966年・1969年・1973年・1978年の映画館名簿では「高萩ひかり座」。1978年の映画館名簿によると経営者・支配人はともに宇野元春、木造1階、120席、邦画・洋画・成人映画を上映。1980年の映画館名簿には掲載されていない。高萩市最後の映画館。

** 北茨城市
*** 磯原劇場・磯原東映/磯原劇場
所在地 : 茨城県多賀郡磯原町(1953年)、茨城県多賀郡磯原町本町(1955年)、茨城県北茨城市磯原町磯原714(1960年)
開館年 : 1943年
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1943年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「磯原劇場」。1960年の映画館名簿では「磯原劇場・磯原東映」(2館)。1969年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「北茨城市商工会館」と駐車場。

北茨城市磯原町には映画館「磯原劇場」と「磯原東映」があった。「磯原劇場」と「磯原東映」は宇野もとが開館させ、40年〜50年間にわたって宇野が一人で切り盛りしていた。隣接する2館は昭和40年代の閉館後しばらくして取り壊された。磯原劇場の跡地には北茨城市商工会館が建ち、磯原東映の跡地は駐車場となっている。商工会館の裏手の中華料理店 留仙の主人である石塚利文は「印象に残ってるのは美空ひばりの花笠道中、忠臣蔵とか時代劇かな。ここら辺の娯楽と言えば2軒の映画館だった」と語る。((「わがまち今昔物語(30)磯原劇場・東映(北茨城市)」『茨城新聞』2015年5月30日))

『目で見る 日立・高萩・北茨城の100年』(郷土出版社、1998年)には北茨城市にあった映画館「磯原劇場」が掲載されている。現物は未確認。((『目で見る 日立・高萩・北茨城の100年』郷土出版社、1998年、p.106))

*** 大津映画劇場/大津東映
所在地 : 茨城県多賀郡大津町(1955年)、茨城県北茨城市大津町1350(1969年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年開館。1955年の映画館名簿では「大津劇場」。1960年の映画館名簿では「大津映画劇場」。1969年の映画館名簿では「大津東映」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。北茨城市最後の映画館。

** 常陸大宮市
*** 川田映画劇場/川田座
所在地 : 茨城県那珂郡大宮町284-2(1966年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1966年以後1969年以前

** 那珂市
*** 瓜連座
所在地 : 茨城県那珂郡瓜連町(1955年・1958年)、茨城県那珂郡瓜連町瓜連1180(1963年)
開館年 : 1955年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1955年の映画館名簿では「瓜連座」。1958年の映画館名簿では「瓜連館」。1960年の映画館名簿には掲載されていない。1963年の映画館名簿では「瓜連座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** あまや座
所在地 : 茨城県那珂市瓜連1243(2020年)
開館年 : 2017年10月14日
閉館年 : 営業中
2015年の映画館名簿には掲載されていない。2020年の映画館名簿では「あまや座」。

2017年2月18日、那珂市瓜連地区に映画館「瓜連あまや座」が開館する予定。2015年に閉店したスーパー「あまや」の店舗に開館する。内部を防音壁で仕切り、150インチのスクリーンを設置する。予算は約800万円。((「瓜連地区に映画館開設 カスミガ、文化活動の発信拠点に」『茨城新聞』2017年1月6日))

那珂市を拠点として茨城県北地域で地域活性化に取り組んでいるまちづくり会社「カスミガプロジェクト」は、那珂市北部の瓜連地区(旧那珂郡瓜連町)にあるスーパーの空き店舗を改装し、映画館「瓜連あまや座」を開館させる予定である。映画の上映以外には、音楽ライブや寄席なども計画している。2015年秋に閉店したスーパー「あまや」の店内に防音壁を設置し、150インチのスクリーンを据え付け、映画館で使用されるような可動式の椅子を並べる。単館系の作品を上映する予定である。館内の一角にはミニスーパーを開店させ、生鮮食品を販売する計画もある。那珂市は2005年に那珂郡那珂町と那珂郡瓜連町が合併して誕生した市。瓜連地区は那珂市第2の商業地だが、近年には個人商店の廃業が相次ぎ、空き店舗が目立つようになった。2017年内の本格オープンを目指しており、2月18日にはプレイベントとして「かんとりーろーど」を上映し、2月19日には水戸市出身のシンガーソングライターである磯山純のライブを行う。((「スーパー跡地劇場に 那珂の会社『瓜連に再びにぎわいを』 映画上映、音楽、寄席も計画 18、19日 プレイベント」『東京新聞』2017年2月11日))

2017年10月14日、那珂市瓜連に映画館「瓜連あまや座」が開館する。茨城県唯一の独立単館系ミニシアターとなる。座席数は31席であり、最大定員は45人である。前日の10月13日には内覧会と『八重子のハミング』の上映会が開催された。10月14日には『八重子のハミング』の佐々部清監督と主演の升毅の舞台挨拶が行われる。料金は一般1700円、大学生・60歳以上1100円。((「独立系映画館『あまや座』あす開館 那珂、きょう内覧会」『茨城新聞』2007年10月13日))

2017年10月14日、那珂市瓜連に映画館「あまや座」が開館する。JR水郡線瓜連から徒歩5分の場所であり、2015年に閉店したスーパー「あまや」の敷地内にある。座席数は31席、パイプ椅子を含めても収容人数は最大約40人である。運営は大内靖(31)が代表を務める「アウチキネマ」。地域活性化を担う「カスミガプロジェクト」が空き店舗の活用のために映画館を提案し、水戸市で映像製作会社に勤務する大内が開館にこぎつけた。オープニング作品は『八重子のハミング』など4作品であり、初日には佐々部清監督と主演の升毅が来館する。((「那珂にミニシアター きょうオープン 『良質な小品ぜひ見に来て』 初日は監督ら来場」『東京新聞』2017年10月14日))

2017年10月、那珂市のJR瓜連駅近くに茨城県北唯一のミニシアターである「あまや座」が開館した。2015年夏ころに空き店舗の活用を検討する社団法人「カミスガプロジェクト」が映画館の開館を目指すプロジェクトを開始させ、クラウドファウンディングなどで資金を調達。椅子は東京都の閉館した映画館から譲り受けた。((「いばらき魅力見つけ隊 那珂・あまや座 心に響く上質な映画を」『毎日新聞』2018年2月2日))

2020年5月23日から、那珂市の映画館「あまや座」は営業を再開する。座席は3分の1とし、事前予約制とする。4月11日から臨時休館していた。アクリル板を受付窓口に設置し、空気清浄機2台を購入した。舞台挨拶などは当面自粛する。((「支援感謝の上映へ 那珂・ミニ映画館23日から再開 座席減らし、予約制へ」『茨城新聞』2020年5月19日))

2021年1月にWeb OYA-bunko(大宅壮一文庫)で検索したが有意な言及は発見できず。

** 那珂郡東海村

** 久慈郡大子町
*** 大子映画劇場/大子映劇
所在地 : 茨城県久慈郡大子町(1969年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前

* 鹿行地域
** 鹿嶋市
*** 鹿島会館
所在地 : 茨城県鹿島郡鹿島町宮中(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1953年の映画館名簿では「鹿島会館」。1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「鹿島会館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「水戸証券かしま支店」。

昭和40年代の鹿嶋市にあった映画館「鹿島会館」の写真あり。「KASHIMA KAIKAN」の文字が見える。新町にあった東映系の映画館である。2007年(平成19年)現在の跡地は茨城県立鹿島高校の向かい側であるが、道路が拡幅されているため面影は見当たらない。((『保存版 鹿行の今昔』郷土出版社、2007年、p.55))

*** 兄弟館/鹿島兄弟館/鹿島兄弟座
所在地 : 茨城県鹿島郡鹿島町宮中(1960年)、茨城県鹿島郡鹿島町角内(1969年)、茨城県鹿島郡鹿島町大字宮中角内2157(1980年・1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1985年以後1988年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「兄弟館」。1969年・1973年の映画館名簿では「鹿島兄弟館」。1980年・1985年の映画館名簿では「鹿島兄弟座」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。読みは「けいていかん」。鹿嶋市最後の常設映画館。跡地は「宮中交番」西南西50mの駐車場。

昭和40年代の鹿嶋市角内にあった映画館「兄弟館」の写真あり。日活系の映画館だった。2007年(平成19年)現在の跡地は空き地であり、背後には3階建てのマンションが建っている。((『保存版 鹿行の今昔』郷土出版社、2007年、p.54))

*** カシマ シネマ ガレージ
所在地 : 茨城県鹿嶋市宮中290-1 チェリオジャスコ第2駐車場(2000年)
開館年 : 1998年以後2000年以前
閉館年 : 2000年以後2002年以前
ドライブインシアター。

** 潮来市
*** 潮来銀映劇場/潮来銀映
所在地 : 茨城県行方郡潮来町上町91-27(1990年・1992年)、茨城県行方郡潮来帖潮来91-37(1995年)
開館年 : 1952年12月
閉館年 : 1995年以後1998年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年12月開館。1992年の映画館名簿では木造1階、200席、経営者・支配人ともに大崎良、邦画・洋画・成人映画を上映。潮来市最後の映画館。

** 神栖市
*** 神栖銀映
所在地 : 茨城県鹿島郡神栖町平泉30-8(2000年)
開館年 : 1969年以後1973年以前
閉館年 : 2005年
1992年の映画館名簿では木造1階、240席、経営者・支配人ともに大崎良、邦画・洋画・成人映画を上映。神栖市最後の映画館。

2005年、神栖市の映画館「神栖銀映」が34年の歴史に幕を閉じて閉館した。稲敷市にシネコンができることが閉館の理由だった。5940平方メートルの敷地は16世帯のアパートと駐車場になっている。神栖銀映を経営していた大崎興業は存続しており、小学校や公民館などでの出張映画上映を行っている。((「消える街の映画館、シネコンに勝てず続々 水戸テアトル西友、今月限り」『朝日新聞』2008年8月17日))

** 鉾田市
*** 鉾田日活/鉾田日活映画劇場
所在地 : 茨城県鹿島郡鉾田町鉾田2047(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

*** 宝来多座/鉾田宝来多座
所在地 : 茨城県鉾田市鉾田1615-1(2010年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 2011年9月11日以後2012年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。2002年の映画館名簿では鉄筋造1階、220席、経営者・支配人ともに新堀昭二、邦画・洋画を上映。

** 行方市
*** 麻生新映劇場/麻生新映
所在地 : 茨城県行方郡麻生町86(1969年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1969年以後1973年以前
行方市最後の映画館。

* 県南地域
** つくば市
*** 新栄館
所在地 : 茨城県筑波郡谷田部町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前

*** 多摩川館/玉川館
所在地 : 茨城県筑波郡谷田部町6924(1963年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前

*** 北条映画劇場
所在地 : 茨城県筑波郡筑波町北条25(1966年)
開館年 : 1953年9月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1953年9月開館。

*** シネファイ筑波ピット
所在地 : 茨城県新治郡桜村竹園1-9-2(1986年)
開館年 : 1985年6月初旬
閉館年 : 1986年以後1988年以前
1986年の映画館名簿では「シネファイ筑波ピット」。1986年の映画館名簿によると経営会社は松竹第一興行、65台収容、邦画・洋画を上映。

ドライブインシアターをチェーン展開している松竹シネファイ・ジャパンは、「シネファイピット」ブランドの施設をフランチャイズ展開する。1985年5月末から6月初旬にかけて、札幌市、茨城県桜村、宮城県名取市に開館させる。松竹、松竹グループの松竹第一興行、松竹富士の3社が共同出資して松竹シネファイ・ジャパンを設立した。1981年には千葉県船橋市のららぽーとに第1号を開館させ、1985年現在は9施設を設置している。1985年5月25日には札幌市白石区に「新さっぽろピット2」が、5月末には名取市の名取ジャスコにもドライブインシアターが、6月初旬には茨城県桜村のダイエー筑波店に「筑波シネファイピット」が開館する。((「松竹シネファイ・ジャパン ドライブイン・シアターをFC方式で大幅増設」『日経産業新聞』1985年5月14日))

*** キネカ筑波1・2
所在地 : 茨城県はつくば市吾妻1311-5 西武百貨店筑波店6階(2000年)
開館年 : 1985年
閉館年 : 2001年9月10日
1989年の住宅地図では「筑波学園ショッピングセンタークレオ 西武百貨店6階 映画館KINECA1・2」。

2001年9月中旬、つくば市の筑波西武6階にある映画館「キネカ筑波」が閉館する予定。1985年に筑波西武が開店した時から営業していたが、2000年につくば市内に開館したシネコンに押されていた。閉館後は催事場になる予定。((「筑波西武 3年ぶり本格改装 新線開通にらむ 30歳代向け衣料強化」『日本経済新聞』2001年7月17日))

*** シネプレックスつくば
所在地 : 茨城県はつくば市下原370-1 つくばYOUワールド内(2020年)
開館年 : 2000年7月8日
閉館年 : 営業中
8スクリーン。茨城県初のシネコン。

*** MOVIXつくば
所在地 : 茨城県はつくば市研究学園5丁目19番地 イーアスつくば3階(2020年)
開館年 : 2008年10月31日
閉館年 : 営業中
9スクリーンのシネコン。

*** シネマックスつくば/USシネマズつくば
所在地 : 茨城県はつくば市稲岡66-1 イオンモールつくば(2020年)
開館年 : 2013年4月26日、2015年11月(改称)
閉館年 : 営業中
10スクリーンのシネコン。

** 土浦市
*** 荒川沖映画劇場
所在地 : 茨城県土浦市荒川沖町(1955年)、茨城県土浦市荒川沖西区2-658(1960年)、茨城県土浦市荒川沖町2-658(1963年)
開館年 : 1952年10月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1952年10月開館。1953年の映画館名簿には掲載されていない。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「荒川沖映画劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では跡地に「アキヤ(旧荒川映劇)」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1968年の住宅地図では跡地に「(建)」。1974年の住宅地図では跡地に「泉アパート」。跡地は「姫宮神社」すぐ西のアパート「エスポワール」とアパート「ハーモニー」。最寄駅はJR常磐線荒川沖駅。

*** 明治館/土浦映画劇場/土浦劇場
所在地 : 茨城県土浦市勾町3135(1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、茨城県土浦市桜町14-20(1980年)
開館年 : 1926年? 1928年?
閉館年 : 1988年6月頃
Wikipedia : [[土浦劇場>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%B5%A6%E5%8A%87%E5%A0%B4]]
『全国映画館総覧 1955』によると1927年5月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「土浦劇場」。1960年の映画館名簿では「土浦映画劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「土浦劇場」。1963年・1966年・1969年・1973年・1980年の映画館名簿では「土浦劇場」。1968年・1974年・1980年の住宅地図では「土浦劇場」。1988年の住宅地図では跡地に空白の建物。1990年の映画館名簿には掲載されていない。1993年・2000年の住宅地図では跡地に空き地。跡地はマンション「パテラ土浦桜町」。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

1988年(昭和63年)のこのほど、土浦市桜町3丁目の映画館「土浦劇場」が閉館した。60年前の1928年(昭和3年)に開館し、昭和初期には製糸業の女工らの憩いの場だった。同時期には「小野座」(現在の「土浦日活」)、「銀映座」(現在の「土浦東映」)、「霞浦劇場」も開館し、土浦市には4館の映画館があった。海軍の兵隊や予科練生にも親しまれ、戦後の昭和20年代には若者でにぎわった。((「『土浦劇場』、憩いの場与え60年 時代を映し続けて幕 茨城」『朝日新聞』1988年6月6日))

*** 小野座/土浦日活劇場/土浦にっかつ劇場
所在地 : 茨城県土浦市仲町650(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年・1973年)、茨城県土浦市中央2-6-28(1980年)
開館年 : 1939年
閉館年 : 1989年7月頃
Wikipedia : [[土浦日活劇場>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%B5%A6%E6%97%A5%E6%B4%BB%E5%8A%87%E5%A0%B4]]
『全国映画館総覧 1955』によると1938年開館。1955年・1960年・1963年の映画館名簿では「小野座」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「小野座」。1966年・1969年の映画館名簿では「土浦日活劇場」。1968年・1974年の住宅地図では「土浦日活映画」。1980年の映画館名簿では「土浦にっかつ劇場」。1980年・1988年の住宅地図では「土浦日活」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の住宅地図では跡地に駐車場。跡地は「妙顕寺駐車場」。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

1989年のこのほど、土浦市中央2丁目の映画館「土浦日活」が閉館した。現在の土浦市には12館の映画館があり、人口規模を考えると全国屈指の激戦区だった。明治30年代に芝居小屋として開館し、1939年に建て替えて東宝系の映画館となった。1955年には茨城県初の冷暖房完備の映画館となり、洋画上映館に転向して『風と共に去りぬ』などを上映した。東京と同時に公開することができ、「洋画の殿堂」と呼ばれた。1965年には日活の直営となり、1971年には日活ロマンポルノの上映館となった。1988年からは一般作品のロッポニカ路線に切り替えたが、すぐに成人映画の上映館に戻している。((「『土浦にっかつ』が閉館 老舗、ビデオに惨敗」『朝日新聞』1989年7月8日))

*** 銀映座/土浦東映映画劇場/土浦東映劇場
所在地 : 茨城県土浦市本町808(1955年)、茨城県土浦市本町801(1960年)、茨城県土浦市本町808(1969年)、茨城県土浦市中央2-3-7(1980年・1990年)
開館年 : 1940年頃
閉館年 : 1995年
Wikipedia : [[土浦東映劇場>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%B5%A6%E6%9D%B1%E6%98%A0%E5%8A%87%E5%A0%B4]]
『全国映画館総覧 1955』によると1941年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「銀映座」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「銀映座」。1960年の映画館名簿では「土浦東映映画劇場」。1968年・1974年の住宅地図では「銀映座」。1969年・1980年・1990年の映画館名簿では「土浦東映劇場」。1980年の住宅地図では「土浦東映」。1988年の住宅地図では「土浦東映」。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の住宅地図では跡地に「月極銀映座有料駐車場」。跡地は月極駐車場「銀映座有料駐車場」。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

*** 土浦大映劇場/土浦大映映画劇場/テアトル土浦・土浦プラザ/テアトル土浦1・2
所在地 : 茨城県土浦市朝日町3072(1955年)、茨城県土浦市桜町3-4-4(1990年・2000年)
開館年 : 1954年
閉館年 : 2000年5月31日
Wikipedia : [[テアトル土浦>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB%E5%9C%9F%E6%B5%A6]]
『全国映画館総覧 1955』によると1953年12月開館。1954年土浦大映劇場開館。1955年の映画館名簿では「土浦大映劇場」。1960年の映画館名簿では「土浦大映映画劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「土浦大映」。1964年テアトル土浦改称。1968年・1974年の住宅地図では「テアトル土浦」。1969年の映画館名簿では「テアトル土浦」。1978年 2スクリーン化。1980年の住宅地図では「テアトル土浦・土浦プラザ」。1980年・1990年の映画館名簿では「テアトル土浦・土浦プラザ」(2館)。2000年5月31日閉館。2000年の映画館名簿では「テアトル土浦1・2」(2館)。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は有料駐車場「ファーストパーク土浦桜町第12駐車場」。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

*** 霞浦映画劇場/霞浦劇場
所在地 : 茨城県土浦市東崎町744(1955年・1960年・1969年)、茨城県土浦市中央2-4-16(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1927年6月
閉館年 : 2003年2月
Wikipedia : [[霞浦劇場>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%9E%E6%B5%A6%E5%8A%87%E5%A0%B4]]
『全国映画館総覧 1955』によると1927年開館。1953年・1955年の映画館名簿では「霞浦劇場」。1960年の映画館名簿では「霞浦映画劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「霞浦劇場」。1968年・1974年の住宅地図では「霞ヶ浦劇場」。1969年・1980年・1990年・2000年の映画館名簿では「霞浦劇場」。1980年の住宅地図では「霞浦劇場」。1988年・2000年の住宅地図では「霞浦劇場」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は月極駐車場。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

1965年(昭和40年)頃の「霞ヶ浦劇場」の写真あり。亀城公園方面から鷲神社に向かう道沿いに、巨大な建物の映画館「霞ヶ浦劇場」があった。当時の土浦市には「小野座」・「土浦劇場」・「霞ヶ浦劇場」という3館の映画館があった。2008年(平成20年)現在の跡地は駐車場となっている。((『保存版 土浦・石岡・つくば・かすみがうらの今昔』郷土出版社 2008年、p.59))

2003年9月の今週中にも、土浦市で唯一の木造映画館「霞浦劇場」(かほげきじょう)が取り壊される。1927年、霞浦劇場は土浦で2番目の映画館として開館した。高い天井、回り舞台、2階の畳敷き桟敷席などを有する芝居小屋形式の構造である。昭和初期には芝居・無声映画・歌謡ショーなど多目的に用いられた。戦後の1950年頃に映画専門館となり、松竹系作品を中心に上映した。((「土浦の木造映画館『霞浦劇場』取り壊し 老朽化追い打ち…6年の歴史に幕」『毎日新聞』2003年9月11日))

*** シアター505/土浦シネマイースター
所在地 : 茨城県土浦市川口1-3-304(1990年・1995年)、茨城県土浦市川口1-3-304 モール505 3階(2005年)
開館年 : 1985年3月
閉館年 : 1998年以後2000年以前(シアター505)、2005年(シネマイースター)
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1988年・1993年の住宅地図では「シアター505」。1990年・1995年・1998年の映画館名簿では「シアター505」。1998年の映画館名簿では鉄筋造3階、166席、経営会社が土浦映画チェーン株式会社、洋画を上映。2000年の映画館名簿には掲載されていない。2000年の住宅地図には掲載されていない。2005年の映画館名簿では「土浦シネマイースター」。2010年の映画館名簿には掲載されていない。最寄駅はJR常磐線土浦駅。商業施設「ザ・モール505」は現存。

*** 土浦ピカデリー1・2/土浦ピカデリー
所在地 : 茨城県土浦市中央2-5-1(1985年・1990年・1995年・2000年・2005年)
開館年 : 1982年
閉館年 : 2005年
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「土浦ピカデリー1・2」(2館)。1988年・2000年の住宅地図では「土浦ピカデリー機Ν供廖2005年の映画館名簿では「土浦ピカデリー」。2008年取り壊し。2010年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「カスミ駐車場」。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

2007年、土浦市中央の映画館「土浦ピカデリー」が23年の歴史に幕を閉じて閉館した。990平方メートルの敷地は売却されて駐車場となった。土浦ピカデリーの組織そのものは存続しており、小学校や公民館などでの出張映画上映を行っている。((「消える街の映画館、シネコンに勝てず続々 水戸テアトル西友、今月限り」『朝日新聞』2008年8月17日))

*** 祇園セントラル劇場/土浦セントラル/土浦セントラル1-4/土浦セントラルシネマ1-4/土浦セントラルシネマ1・2
所在地 : 茨城県土浦市川口1-11-5(1980年・1990年・2000年・2010年・2020年)
開館年 : 1957年
閉館年 : 営業中
Wikipedia : [[土浦セントラルシネマズ>>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E6%B5%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E%E3%82%BA]]
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「祇園セントラル劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「セントラル劇場」。1968年・1974年・1980年の住宅地図では「セントラル劇場」。1969年の映画館名簿では「土浦セントラル」。1980年の映画館名簿では「土浦セントラル劇場」。1988年の住宅地図では「TCビル 2階セントラルシネマ1・2」。1990年の映画館名簿では「土浦セントラル1・2・3・4」(4館)。1993年・2000年の住宅地図では「TCビル 2階セントラルシネマ1・2・3・4」。2000年・2010年の映画館名簿では「土浦セントラルシネマ1・2・3・4」(4館)。2020年の映画館名簿では「土浦セントラルシネマ1・2」(2館)。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

2009年5月現在、茨城県で個人が経営する一般映画館は土浦セントラルシネマズのみ。1957年に「祇園セントラル」として開館。土浦市には人口12万人に対して12館があった時代もある。海軍航空隊の軍人やその家族がいたという背景もある。((「半世紀超す土浦セントラルシネマズ『地元館の灯守りたい』」『茨城新聞』2009年5月13日))

*** シネマサンシャイン土浦
所在地 : 茨城県土浦市上高津367 イオン土浦ショッピングセンター3階(2010年)、茨城県土浦市上高津367 イオンモール土浦3階(2020年)
開館年 : 2009年5月
閉館年 : 営業中
2000年の映画館名簿には掲載されていない。2010年・2020年の映画館名簿では「シネマサンシャイン土浦1-9」(9館)。最寄駅はJR常磐線土浦駅。

** 取手市
*** 日の出映画劇場/取手日の出劇場/取手日活映画劇場/取手日活劇場/取手日活
所在地 : 茨城県北相馬郡取手町新町(1953年)、茨城県北相馬郡取手町新町2-370(1955年)、茨城県北相馬郡取手町駅前(1960年)、茨城県北相馬郡取手町甲1378-3(1963年)、茨城県北相馬郡取手町駅前(1966年・1969年)、茨城県取手市取手駅前(1973年)、茨城県取手市取手2-2-27(1975年・1978年)
開館年 : 1950年5月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年5月開館。1953年・1955年の映画館名簿では「日の出映画劇場」。1960年の映画館名簿では「取手日の出劇場」。1966年の映画館名簿では「取手日活映画劇場」。1969年の映画館名簿では「取手日活劇場」。1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「取手日活」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。

*** とうきゅうシアター
所在地 : 茨城県取手市新町1-9-1 取手とうきゅう8階(1990年)、茨城県取手市新町1-9-1(1992年)
開館年 : 1986年3月21日
閉館年 : 1992年以後1995年以前
1985年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・1992年の映画館名簿では「とうきゅうシアター」。1992年の映画館名簿では鉄筋造8階、100席、経営会社が株式会社東急ストアー、邦画・洋画・特選を上映。1995年の映画館名簿には掲載されていない。1スクリーンのビデオシアター。取手市最後の映画館。

** 牛久市
*** 牛久映画劇場
所在地 : 茨城県稲敷郡牛久町(1960年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「牛久映画劇場」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

** 龍ケ崎市
*** セントラル映画劇場/龍ケ崎セントラル/龍ケ崎セントラル劇場
所在地 : 茨城県龍ケ崎市新町4531(1985年)
開館年 : 1955年以後1960年以前
閉館年 : 1989年9月

1912年には稲敷郡龍ケ崎町の竜ケ崎商店街の表通りに「大正座」が開館した。龍ケ崎市には4館の映画館があったが、1989年9月には最後まで残っていた「龍ケ崎セントラル劇場」が閉館した。((「茨城新聞創刊115周年 いばらき今昔・暮らしの風景6 映画館」『茨城新聞』2006年7月9日))

2017年6月のこのほど、龍ケ崎市歴史民俗資料館で企画展「いつかみたあの映画」が開催されている。1960年代前半の龍ケ崎市には4館の映画館があったが、1989年には最後の「龍ケ崎セントラル劇場」が閉館した。((「昭和の映画、一堂に 25日まで、龍ケ崎」『毎日新聞』2017年6月14日))

*** 龍ケ崎シネマパラダイス1・2
所在地 : 茨城県龍ケ崎市馴馬町字上米754(1998年・2000年)
開館年 : 1995年以後1998年以前
閉館年 : 2006年3月31日
1998年の映画館名簿では鉄筋造2階、97席と76席、経営会社が株式会社龍ケ崎ショッピングセンター、邦画・洋画を上映。龍ケ崎市最後の映画館。

** 石岡市
*** 国文館/第二国文館/石岡第二国文館/石岡国文館
所在地 : 茨城県新治郡石岡町(1930年)、茨城県新治郡石岡町仲町(1936年)、茨城県新治郡石岡町(1943年・1950年)、茨城県石岡市仲町650-1(1953年・1955年)、茨城県石岡市仲町650(1960年)、茨城県石岡市仲町565(1962年)
開館年 : 1912年1月
閉館年 : 1962年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1912年1月開館。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1930年の映画館名簿では「国文館」。1936年・1943年の映画館名簿では「第二国文館」。1950年の映画館名簿では「第二石岡国文館」。1953年の映画館名簿では「石岡第二国文館」。1955年・1960年・1962年の映画館名簿では「石岡国文館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。
*** 石岡第二国文館/石岡国文館
所在地 : 茨城県新治郡石岡町(1953年)、茨城県石岡市仲町650-1(1955年)、茨城県石岡市仲町650(1960年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「石岡第二国文館」。1955年・1960年の映画館名簿では「石岡国文館」。1963年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年のこのほど、水海道市宝町の株式会社宝来館は石岡市の「第二国文館」と「東宝映画劇場」の2館を同社の経営とした。2月4日から邦画各社の作品を上映している。((「映画館」『キネマ旬報』1959年3月上旬号 227号))

*** 東宝映画劇場/石岡東宝劇場/石岡東宝
所在地 : 茨城県新治郡石岡町(1953年)、茨城県石岡市金丸町1-108(1954年)、茨城県石岡市金丸町1-106(1955年)、茨城県石岡市金丸町1118(1960年)、茨城県石岡市金丸町1504(1969年)、茨城県石岡市金丸町(1973年)
開館年 : 1950年以後1953年以前
閉館年 : 1973年頃
『全国映画館総覧 1954』によると1912年1月開館とあるが誤記と思われる。『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年の映画館名簿には掲載されていない。1953年の映画館名簿では「石岡東宝劇場」。1954年・1955年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1960年の映画館名簿では「石岡東宝劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「東宝劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「石岡東宝」。1970年の住宅地図では「東宝劇場」。1974年・1975年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1983年の住宅地図では跡地に「リボン駐車場」。跡地は「石岡プラザホテル」南40mの月極駐車場。
所在地 : 茨城県新治郡石岡町(1953年)、茨城県石岡市金丸町1-106(1955年)、茨城県石岡市金丸町1118(1960年)、茨城県石岡市金丸町1504(1969年)、茨城県石岡市金丸町(1973年)
開館年 : 1953年以前
閉館年 : 1973年以後1977年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1953年の映画館名簿では「石岡東宝劇場」。1955年の映画館名簿では「東宝映画劇場」。1960年の映画館名簿では「石岡東宝劇場」。1962年の土浦市石岡市住宅明細図では「東宝劇場」。1969年・1973年の映画館名簿では「石岡東宝」。1970年の住宅地図では「東宝劇場」。1977年の住宅地図では跡地に「アキヤ」。1983年の住宅地図では跡地に「リボン駐車場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は「石岡プラザホテル」南40mの月極駐車場。

1959年のこのほど、水海道市宝町の株式会社宝来館は石岡市の「第二国文館」と「東宝映画劇場」の2館を同社の経営とした。2月4日から邦画各社の作品を上映している。((「映画館」『キネマ旬報』1959年3月上旬号 227号))

*** 石岡パレットシネマ1・2
所在地 : 茨城県石岡市大字石岡2752-2 ジャスコ石岡店2階(2002年)
開館年 : 1987年
閉館年 : 2008年4月18日
1980年の映画館名簿には掲載されていない。1990年・2000年の映画館名簿では「石岡パレットシネマ1・2」(2館)。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、89席と101席、経営会社がイオン株式会社、邦画・洋画を上映。2008年の映画館名簿では鉄筋造2階、89席と101席、経営会社がジャスコ株式会社石岡店、邦画・洋画を上映。2010年の映画館名簿には掲載されていない。

** 守谷市
*** 守谷劇場
所在地 : 茨城県北相馬郡守谷町(1955年)、北相馬郡守谷町上町(1963年)
開館年 : 1948年頃
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。跡地は「オレンジショップしもむら」。

*** ワーナー・マイカル・シネマズ守谷/イオンシネマ守谷
所在地 : 茨城県守谷市百合ケ丘3-249-1 イオンタウン守谷2階(2020年)
開館年 : 2007年6月28日
閉館年 : 営業中

** 稲敷市
*** 江戸崎国際劇場
所在地 : 茨城県稲敷郡江戸崎町荒宿(1955年)、茨城県稲敷郡江戸崎町(1960年)
開館年 : 1950年7月
閉館年 : 1960年以後1963年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年7月開館。

*** 江戸崎映劇/江戸崎映画劇場
所在地 : 茨城県稲敷郡江戸崎町荒宿(1955年・1966年)
開館年 : 1950年2月
閉館年 : 1966年以後1969年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1950年2月開館。稲敷市域最後の従来型映画館。

*** シネマックスパルナ稲敷/USシネマパルナ稲敷
所在地 : 茨城県稲敷市西代286-1(2020年)
開館年 : 2005年12月10日
閉館年 : 営業中

** かすみがうら市
映画館名簿によるとかすみがうら市に映画館は存在しなかったと思われる。

** つくばみらい市
映画館名簿によるとつくばみらい市に映画館は存在しなかったと思われる。

** 稲敷郡阿見町

** 稲敷郡河内町

** 稲敷郡美浦村

** 北相馬郡利根町

* 県西地域
** 古河市
*** 諸川劇場
所在地 : 茨城県猿島郡三和町
開館年 : 1960年以後1965年以前?
閉館年 : 1965年以後1969年以前?
1953年・1955年・1960年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1965年(昭和40年)の猿島郡三和町にあった「諸川劇場」の写真あり。「諸川劇場」の文字が見える。諸川地区にあった。((『目で見る 古河・岩井・水海道の100年』郷土出版社、1998年))

*** 古河映画劇場
所在地 : 茨城県古河市紺屋町(1955年)、茨城県古河市古河(1960年)、茨城県古河市紺屋町5411(1969年)、茨城県古河市横山町6-16(1980年)、茨城県古河市横山町1-6-16(1985年)
開館年 : 1951年3月
閉館年 : 1985年以後1988年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年3月開館。1953年・1955年・1960年・1969年・1980年・1985年の映画館名簿では「古河映画劇場」。1988年の映画館名簿には掲載されていない。

1957年の古河市にあった映画館「古河映画劇場」の写真あり。「EIGEKI」の文字が見える。古河市内には2館の映画館があり、「古河映画劇場」は邦画専門、約200メートル離れた「オデオン」は洋画専門だった。近年の古河駅東側には「光映館」があったが、閉館してビジネスホテルのルートインが開業した。2009年(平成21年)現在の古河市には映画館がない。2009年現在の古河映画劇場跡はアパートの敷地となっている。跡地のアパートの写真あり。((『保存版 古河・坂東・常総・猿島の今昔』郷土出版社、2009年、p.110))

*** 第一光映館・第二光映館/古河第一光映館・古河第二光映館/古河第一光映館・古河第二光映館・古河光映シネマサロン
所在地 : 茨城県古河市末広町(1960年)、茨城県古河市末広町163(1969年)、茨城県古河市東1-12-6(1980年・1990年・2000年)
開館年 : 1953年12月
閉館年 : 2006年5月12日
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「第一光映館・第二光映館」(2館)。1969年の映画館名簿では「古河第一光映館・古河第二光映館」(2館)。1980年の映画館名簿では「古河第一光映館・古河第二光映館・古河光映シネマサロン」(3館)。1990年の映画館名簿では「古河第一光映館・古河第二光映館・古河光映シネサロン」(3館)。2000年の映画館名簿では「古河第一光映館・古河第二光映館・古河光映シネマサロン」(3館)。跡地はビジネスホテル「ルートイン古河駅前」。

2006年5月12日、古河市唯一の映画館である「古河光映会館」が閉館する。県西地域や隣接する栃木県や埼玉県の住民に親しまれてきた。1953年、杉森茂が製糸工場だった木造平屋建てを改修して「第一光映館」を開館させた。1956年には「第二光映館」も開館させた。地元には製糸工場があり、女性従業員らでにぎわった時代もあった。1973年、隣接する現在地に総工費約2500万円でビルを建設し、1階を240席、2階を50席、3階が240席の映画館とした。((「唯一の銀幕、幕引き『時代に勝てず』古河光映会館 5月、ラストショー」『朝日新聞』2006年3月7日))

2006年5月12日、古河市東1の映画館「古河光映会館」が閉館する。古河市唯一の映画館だった。1953年12月に製糸工場を改修した木造平屋建ての建物で開館し、1956年には2号館が開館した。1960年から1965年の古河市には5館の映画館があったといい、製糸工場で働く女性や他県からも観客が訪れたという。1973年には現在の4階建てビルを建設したが、栃木県小山市などにシネコンが進出し、2006年1月には埼玉県幸手市にもシネコンが開館して観客を奪われたため、現在は1日平均20-30人の観客数だった。最終上映作品は『タイフーン』『クレヨンしんちゃんの踊れ!アミーゴ』『名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌』など5本。((「古河光映会館:シネコンに押され…消える老舗 半世紀の歴史、5月に幕」『毎日新聞』2006年3月8日))

2006年5月12日、古河市東1丁目の「古河光映会館」が閉館する。古河市唯一の映画館である。シネコンの台頭によって客足が減少していた。1953年12月、製糸会社の乾燥場だった建物を改修して開館し、3年後には2号館も開館した。1973年には3スクリーンを有する4階建てビルを建設した。昭和30年代後半から1965年にかけての古河市には5館の映画館があり、古河光映会館には1日2000人近い観客が押し寄せたこともあった。坂東市・つくば市・埼玉県幸手市などにシネコンが開館し、観客数は1日20人程度まで減少していた。閉館後には建物を取り壊して跡地を売却する予定。古河光映館の杉森皎二社長が会長を務めていた光映館通り商店街は2006年3月末で解散している。古河光映館前では毎年12月に古河提灯竿もみまつりを開催していたが、別の会場を確保しなければならないという。((「古河光映会館あす閉館 老舗映画館、歴史に幕」『茨城新聞』2006年5月11日))

** 筑西市
*** 下館映画劇場/下館映劇・下館ミラノ/下館映劇・下館ミラノ・下館オスカー/下館映画劇場・下館ミラノ座・下館オスカー
所在地 : 茨城県下館市稲荷町丙193-2(2002年・2005年)
開館年 : 1941年1月
閉館年 : 2005年以後2008年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1941年1月開館。2002年の映画館名簿では鉄筋造2階と2階と1階、220席と164席と120席、経営会社が有限会社下館興行、いずれも邦画・洋画を上映。建物名は下館シネマズシアター。映画館の建物が現存。

*** 下館第一劇場/下館シネマ1
所在地 : 茨城県下館市田中町丙193(2002年・2005年)
開館年 : 1956年12月17日
閉館年 : 2005年以後2008年以前
2002年の映画館名簿では鉄筋造1階、300席、経営会社が株式会社モリコーポレーション、洋画を上映。映画館の建物は現存。

** 常総市
*** 宝来館/水海道宝来館
所在地 : 茨城県水海道市宝町(1955年)、茨城県水海道市宝町2850(1980年・1982年)
開館年 : 1947年1月
閉館年 : 1982年以後1985年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1947年1月開館。1980年・1982年の映画館名簿では「水海道宝来館」。1985年の映画館名簿には掲載されていない。常総市域最後の映画館。

2014年4月12日、常総市(旧水海道市)の中心市街地にあった映画館「宝来館」跡地で「昭和浪漫 懐かシネマ」と題した上映会が開催され、1962年の美空ひばり主演作『千姫と秀頼』が上映された。昭和30年代後半の水海道を記録した『伸びゆく水海道』も同時に上映された。宝来館跡地の駐車場は市内外から訪れた観客で埋まり、道路に立ち見客が出る盛況ぶりだった。1946年、東郷通行と東郷まさによって宝来館が開館した。息子の東郷治久はホテル事業などを手掛けるサンスイグループの代表である。1953年に公開した『君の名は』は水海道駅まで行列ができるほどだった。観客の減少によって1973年に閉館し、建物も取り壊された。((「常総・水海道の『宝来館』跡 40年ぶり蘇る銀幕 一夜限り、上映会盛況」『茨城新聞』2014年4月13日))

2017年9月10日、常総市水海道宝町にあった映画館「宝来館」跡地で野外上映会「懐かシネマ」が開催された。宝来館は1973年に閉館した。((「関東・東北豪雨 常総水害2年 街に元気と笑顔を 商店街で二つの復興イベント 映画館跡で『懐かシネマ』」『毎日新聞』2017年9月13日))

** 坂東市
*** 岩井宝来館
所在地 : 茨城県猿島郡岩井町3320(1960年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1973年
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1960年の映画館名簿では「岩井宝来館」。1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1959年(昭和34年)頃の岩井市にあった映画館の写真あり(※館名は記されていない)。『今日もまたかくてありなん』の看板が見える。現在のマスダの場所に映画館があった。((『目で見る 古河・岩井・水海道の100年』郷土出版社、1998年、p.122))

*** 岩井シネマサンシャイン/シネマサンシャイン岩井
所在地 : 茨城県坂東市辺田1517-1 グリーンショッピングセンターマルエツ岩井店2階(2010年)
開館年 : 1999年3月11日
閉館年 : 2013年1月31日
6スクリーンのシネコン。

2000年12月16日、岩井市辺田のグリーンショッピングセンター2階にシネコン「岩井シネマサンシャイン」が開館した。87席から230席の計905席を有する。佐々木興業が運営。商圏は岩井市や水海道市などであり、年間観客数25万人・売上3億円を見込んでいる。((「大手スーパー跡に6館 905席の『シネコン』 岩井にきょうオープン」『毎日新聞』2000年12月16日))

** 結城市
*** 柳川座
所在地 : 茨城県結城市西ノ宮(1958年)、茨城県結城市西の宮(1960年)、茨城県結城市西の宮町(1963年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1955年の映画館名簿には掲載されていない。1958年の映画館名簿では「柳川座」。1960年の映画館名簿では「柳川館」。1963年の映画館名簿では「柳川座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 結城文化/結城文化映画劇場/結城スカラ座
所在地 : 茨城県結城市西ノ宮(1955年)、茨城県結城市国府町西ノ宮531(1958年)、茨城県結城市国府町531-3(1960年)、茨城県結城市国府町531-1(1963年)
開館年 : 1954年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1954年8月開館。1955年・1958年の映画館名簿では「結城文化」。1960年の映画館名簿では「結城文化映画劇場」。1963年の映画館名簿では「結城スカラ座」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 遊楽館/結城遊楽館
所在地 : 茨城県結城市大町(1955年・1958年)、茨城県結城市大町43(1960年・1963年)、茨城県結城市下町43(1966年)、茨城県結城市大町43(1969年・1973年・1975年・1978年)
開館年 : 1939年7月
閉館年 : 1978年以後1980年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1939年7月開館。1955年・1958年・1960年・1963年の映画館名簿では「遊楽館」。1966年・1969年・1973年・1975年・1978年の映画館名簿では「結城遊楽館」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。結城市最後の映画館。

** 桜川市
*** 新映館
所在地 : 茨城県真壁郡真壁町下宿通(1960年)、茨城県真壁郡真壁町151(1963年)
開館年 : 1958年以後1960年以前
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1958年の映画館名簿には掲載されていない。1960年・1963年の映画館名簿では「新映館」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。

*** 真壁館
所在地 : 茨城県真壁郡真壁町(1950年)、茨城県真壁郡真壁町389(1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1980年・1985年)、茨城県真壁郡真壁町389-3(1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1950年以前
閉館年 : 2005年
『全国映画館総覧 1955』には開館年が掲載されていない。1950年・1953年・1955年・1958年・1960年・1963年・1966年・1969年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年の映画館名簿では「真壁館」。1955年の映画館名簿では木造2階、定員700、混合を上映。桜川市域最後の映画館。

** 下妻市
*** 千代川劇場
所在地 : 茨城県結城郡千代川村
開館年 : 1955年以後1958年以前?
閉館年 : 1958年以後1960年以前?
1953年・1955年・1960年・1969年の映画館名簿には掲載されていない。

1958年(昭和33年)の結城郡千代川村(現在の下妻市)にあった映画館「千代川劇場」の写真あり。「千代川劇場」「大映映画封切」の文字が見える。2007年(平成19年)現在の跡地には石塚産業のビルが建っている。旧千代川村の中心地にあり、主要地方道つくば古河線に面していた。((須藤和利(監修)『保存版 筑西・桜川・下妻・結城の今昔』郷土出版社、2007年、p.68))

*** 下妻映画劇場/下妻映劇
所在地 : 茨城県下妻市上町(1955年)、茨城県下妻市上町1-138(1969年)
開館年 : 1951年2月
閉館年 : 1969年以後1973年以前
『全国映画館総覧 1955』によると1951年2月開館。下妻市最後の従来型映画館。

*** イオンシネマ下妻
所在地 : 茨城県下妻市堀籠972-1 イオンモール下妻2階(2020年)
開館年 : 2008年12月19日
閉館年 : 営業中

** 結城郡八千代町

** 猿島郡五霞町

** 猿島郡境町
*** フィズ境シネマ
所在地 : 茨城県猿島郡境町字鹿島下1327-1(2000年)
開館年 : 1997年2月
閉館年 : 2005年9月26日
2002年の映画館名簿では鉄筋造2階、101席、経営会社が株式会社キンカ堂、邦画・洋画を上映。

管理人/副管理人のみ編集できます