閉館した映画館を中心とする、日本の映画館の総合データベースです。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。

寺本座は歌舞伎などをやる芝居小屋。三角屋根。小学生の時には映画も上映。八劇より早く閉館。土地所有者は変わっておらず、アパートなどを建てた。八幡ものしり検定テキストブック。

静岡県立中央図書館

静岡新聞データベース

調査済
浜松、天竜、磐田、掛川、島田、藤枝、焼津、富士、沼津、田子

要調査
鷲津、水窪、金谷、菊川、御前崎、吉田町、森町、静岡市、三島、御殿場、熱海、伊東、松崎町、下田

住宅地図

御殿場 1961
静岡市 1960
金谷町 1961
掛川市 1964
菊川市 1961
相良町 1969
御前崎 1969
小山町 1970
下田市 1971
田方郡 1970
天竜市 1970

映画館名簿

名古屋市鶴舞中央図書館

1985
北陸・甲信越地方と京都府

愛知県図書館

1960年と1966年の岐阜県武芸村を比較して栄盛座と跡部劇場の関係を調べる。
1960年の岐阜県御嵩町に曙座と日之出映画劇場が両方載っている理由を調べる。
1960年と1963年と1966年の三重県松阪市。

笠原劇場
1960木2冷暖房550席
1963木2冷暖房559席
1966木1冷暖房145席

駄知陶宝会館
1960木2 600席
1963木1 294席
1966木2 208席
1969木2 208席

駄知陶栄座
1960木2冷暖房650席
1963木1冷暖房449席
1966木2冷暖房449席

榎元座/榎元座/多治見東宝榎元座
1960木1冷暖房614席 大和興行社 松竹東宝
1963木2冷暖房600席 大和興行 松竹東宝
1966木1冷暖房374席 大和興行 松竹東宝大映
1969木1冷暖房374席 中部共栄興行 東宝洋画
中部共栄興行は大垣市の大垣東宝なども所有。

多治見館/多治見館/多治見大映
1960木2冷暖房706席 山内健蔵 洋画
1963木2冷暖房607席 大和興行 洋画
1966木2冷暖房428席 大和興行 洋画
1969木2冷暖房428席 大五興業 大映松竹洋画
大五興業は土岐市のトキツ大映なども所有。

多治見文化/多治見日活/多治見日活
1960木2冷暖房700席 水野英一 大映日活
1963木3冷暖房700席 水野英一 洋画
1966木2冷暖房544席 太陽企業 日活
1969木2冷暖房544席 太陽企業 日活
太陽企業は岐阜市の岐阜日活や大垣市の大垣日活や高山市の高山京極日活や一宮市の一宮日活や津市の津日活や四日市市の四日市日活なども所有。

多治見東映/多治見東映/多治見東映
1960木1冷暖房275席 篠田初太郎 東映
1963木2冷暖房270席 篠田興業社 東映
1966鉄1冷暖房220席 篠田産業 東映
1969鉄1冷暖房293席 篠田産業 東映洋画成人
篠田興業社は中津川市の中津川グリーン劇場や中津川旭映画劇場や中津川東映なども所有。多治見市初の鉄筋コンクリート造映画館。

大野会館/大野映画劇場/大野劇場
1955木1   300 松野民平 混
1960木2冷暖房300 松野民男 東映日活大映
1963木2冷暖房300 松野尼男 東映日活大映

昭和劇場
1960木1冷暖房500 児島丑松 洋画新東宝
1963木1 350   児島丑松 松竹

菰野劇場/菰野映画劇場
1960木1 240 岩佐亘朗、岩佐亘朗
1963木1 240 岩佐信子、岩佐五郎

1973年と1976年の静岡県袋井市を比較。

1963、1966
東海地方と新潟県の映画館の詳細な所在地を追加。

1976
京都府の名称を追加。
全国の映画館の詳細な所在地を追加。

1980
北海道と東北地方の映画館の詳細な所在地を追加。

2010
東北地方の映画館の詳細な所在地を追加。

名古屋市鶴舞中央図書館

2010
全国の映画館の詳細な所在地を追加。

アートライブラリー

1953
愛知県の各館の詳細な所在地を追加。

1981-1988
瀬戸有楽座。

その他書籍

愛知県図書館


名古屋市鶴舞中央図書館

『校区の歴史散歩』東洋経済出版社、1982年
名古屋市鶴舞、一宮市立中央、岡崎市立中央、豊田市中央

『花と緑とあいちの学校 昭和59・60年度版』東洋経済出版社、1985年
名古屋市鶴舞、一宮市立中央、岡崎市立中央、安城市図書情報館

『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』愛知県小中学校長会、2017年
愛知県図書館、名古屋市鶴舞

『東海財界』2013年10月号 0350428371
名古屋の映画館について

『C&D』2013年10月号 0350133765
名古屋の映画館について

刈谷市立中央図書館/碧南市民図書館/高浜市立図書館

愛知県碧海郡高浜町立高浜中学校『高浜町の実態 1・2 』愛知県碧海郡高浜町立高浜中学校、1951年には千歳劇場や高浜町立図書館について掲載されている可能性がある。

サイト上

「パブリックドメイン」「CC BY-SA」のライセンス表示を行う。

雑多な記録

尾鷲市九鬼町

錦花堂本舗
尾鷲市九鬼町の「錦花堂本舗」が製造する「九鬼水軍 虎の巻」は、こしあんをカステラ状の生地で巻いた和菓子である。太さは約5センチ。生地は虎の縞模様であり、九鬼水軍発祥地であることから命名された。1961年以来々菓子箱を使用している。歌手の鳥羽一郎が好み、2013年5月には熊野古道を訪れた皇太子(後の平成天皇)に茶菓子としてふるまわれた。中がカスタードクリームのものや、太さが倍の「太巻き」もある。

尾鷲市九鬼町の「錦花堂本舗」(きんかどうほんぽ)では「九鬼水軍 虎の巻」が製造されている。あんことカスタードクリームをカステラ記事で細長く包んだ商品であり、1本550円である。地元スーパーなどに卸しており、また全国から注文がある。明治時代に九鬼町に伝わった和菓子である。1961年に川上義正(78)が錦花堂本舗を創業すると、創業時から虎の巻を造り続けている。遠洋漁業に出かける漁師が冷凍して持参するなど、漁師町の名物化しとして愛されている。2017年には「全国お菓子夢の市」で観光庁長官賞を受賞した。*1

歌手の鳥羽一郎は中学校卒業後に三重県鳥羽市を離れ、叔父のサンマ漁を手伝うために、約1年半は尾鷲市九鬼町で暮らした。よく叔父に「九鬼水軍 虎の巻」を買ってもらったという。長さは約20センチ、太さは約5センチ。虎皮模様を付けたカステラ記事でこしあんを棒状にくるんだ菓子である。鳥羽は上品なあんこの甘さが好きであり、今でも叔父から一度に何本も送ってもらうという。2009年1月に名古屋市の中日劇場で舞台に出演した際には、共演者やスタッフにもふるまった。製造元の「錦花堂本舗」は創業48年であり、地元出身者などから全国から電話注文が来るという。遠洋漁船などに大量に納入する際には、傷まないように冷凍して出荷する。鳥羽も自宅では冷凍して保存しているという。三重県尾鷲市九鬼町1171-4。年中無休。営業時間は7時から19時。*2

尾鷲市九鬼町は人口約450人の漁業の町である。九鬼町では昔からカツオ漁が盛んであり、沖合は日本三大漁場として知られているほか、現在でも定置網漁で年間数万尾の水揚げがある。九鬼町には銘菓として「九鬼水軍 虎の巻」があり、地元周辺では「虎巻き」として親しまれている。カステラのような生地でこしあんをロール状に巻いた菓子である。九鬼港に巡航船が立ち寄っていた時代、どこかからやってきた菓子職人が現在の虎巻きに似た菓子を教えたとされ、そのころからよく似た菓子が製造されていた。現在では「錦花堂本舗」が製造している。錦花堂本舗の主人である川上義正(78)は50数年前に名古屋で修業し、九鬼町に戻って錦花堂本舗を開店させた。当時の虎巻きは商品のひとつにすぎなかったが、いつからか虎巻きが主力商品になっていった。特に生地の柔らかさにこだわっており、餡と同じ柔らかさになるように粉の調合と焼き加減を工夫している。40数年前には商標登録を行ったが、「虎巻き」はすでに他県で登録されていたため、九鬼水軍発祥の地であることや、秘伝の菓子であることなどをふまえて、「九鬼水軍 虎の巻」という名称で商標登録を行った。当時の虎巻きはこしあんのみの1種類だったが、やがてカスタードクリームをまいた「トラちゃん」との2種類となった。営業時間は7時から19時だが、虎巻きは午前中に売り切れることが多いという。2017年には伊勢市で開催された第27回全国菓子大博覧会で観光庁長官賞を受賞した。*3
網干場
2015年5月には尾鷲市九鬼町に飲食店「網干場」(あばば)が開店した。太平洋に面した赤い屋根が目印である。毎週土日の昼間のみの営業であり、ワラサ(ブリの若魚)やムツなど地元産の魚を使った刺身やフライの定食が人気である。網干場が開店するまでの九鬼町には飲食店が途絶えていたが、スナックの跡地を衣替えした。早稲田大学などで哲学を学んでいた豊田宙也(32)は、祖父が三重県亀山市にいた縁もあり、2014年9月には地域おこし協力隊として九鬼町に移住した。魚がメインの飲食店を考案し、2015年に開店させた。一時は1日100人前後が訪れ、現在でも30-40人が訪れる。豊田は地域おこし協力隊の任期が満了した後も九鬼町に残った。
トンガ坂文庫
2018年7月には尾鷲市九鬼町に古書店「トンガ坂文庫」が開店した。築約80年の古民家を改装し、金土日の週3日間のみ営業している。小説・絵本・思想書など約2000冊が並んでいる。トンガとはこの町の言葉で「大風呂敷を広げる」という意味であり、店の周囲にトンガと呼ばれた方が3人ほど住んでいたことから、店の近くの坂の俗称となった。店主の本沢結香さん(32)は長野県出身であり、2016年秋に東京から移住した。やはり本が好きな網干場の豊田宙也(32)さんと意気投合し、古本屋を開店させた。大阪から客が来たり、尾鷲高校の女子生徒が来たりした。1923年に九鬼町で発行された同人誌などもあり、短歌・詩・エッセイなどが掲載されているという。*4
肉球雑貨
2013年8月下旬、尾鷲市九鬼町に雑貨店「肉球雑貨」が開店した。犬や猫の足裏にある肉球をデザインした雑貨を販売している。肉球専門店は全国的にも珍しいとされる。店長の浜口麻里恵は菊町出身であり、大学進学で地元を離れると、姉をしたって神奈川県相模原市で美容院の事務職として暮らした。2006年には副業としてネット通販ショップ「White & Peach」を始め、全国ネットのテレビに取り上げられたこともある。2013年3月には尾鷲市にUターンし、ネット販売を中心としながらも、8月下旬には本格的に店頭販売を始めた。全商品約300種類の3割がオリジナル商品である。売上の8割をネット販売が占めるが、ウェブサイトを見て他県から訪れる客も多い。
尾鷲市立九鬼小学校
2010年3月26日、尾鷲市立九鬼小学校で閉校式が挙行され、135年の歴史に幕を閉じた。最終年度の児童は6人であり、3年生が3人、1年生・5年生・6年生が1人ずつ。築57年の木造校舎と築72年の講堂がある。1950年代の九鬼町はブリの豊漁に沸き、1958年には2つの定置網に3万匹以上のブリがかかった。九鬼小学校の校歌にも「海さちおどる 大なだの 漁場に父祖が ささげたる とうとき勇気 たたえよと いのちの海は かがやきぬ」とある。当時の九鬼町の漁師はみな裕福だったといい、九鬼小学校の児童数は400人を超えていた。1980年には児童数が100人を切り、2004年には一桁となった。2009年3月には尾鷲市立九鬼中学校も閉校した。九鬼町の中学生は約18km離れた賀田地区の尾鷲市立輪内中学校に、九鬼町の小学生は賀田地区の尾鷲市立賀田小学校に、スクールバスで約50分かけて通学する。*5

熊野市

紀南ツアーデザインセンター
2004年6月7日、熊野市木本町に観光事業の拠点として「紀南ツアーデザインセンター」が開所する。三重県・熊野市・南牟婁郡4町村でつくる紀南地域振興協議会が設置する。1887年頃に建設された旧奥川吉三郎邸を改装しており、かまどのある台所、広い土間、亀甲型の石を積んだ塀などがある。*6
雑誌「おくまの」
2011年1月、東紀州地域の地域情報誌「おくまの」が発売される。2000年には東紀州地域の郷土史家らで「みえ熊野学研究会」が発足し、10年間は東紀州地域の文化や歴史に関する会誌「みえ熊野の歴史と文化」シリーズを発行していた。

2019年4月、熊野地方の自然や文化を紹介する情報誌「おくまの」第9号が発行された。東紀州地域の郷土史家らでつくる「みえ熊野学研究会」が編集しており、2011年からほぼ年1回発行している。*7

藤田明

藤田 明(ふじた あきら、1933年2月 - )は、東京府小石川区出身の教師・映画研究者・文学研究者。著書は『三重 文学を歩く』、『ふるさと文学館 三重』、『平野の思想 小津安二郎私論』ワイズ出版。

父親は官立聾唖学校の教師であり、母親も教師だった。父親は学生時代に国文学の研究をしていた。●●小学校(現・東京学芸大学付属小学校)に入学した。1944年8月には宮城県に集団疎開したが、1945年3月6日頃には小学校卒業のために帰郷し、3月10日の東京大空襲を経験した。その後は母親や妹の3人で、母親の実家である三重県津市に疎開し、津空襲を経験した。旧制津中学校に入学し、遅れて津にやってきた父親は津中学校の教師に転職した。*8

1944年夏、東京から宮城県に学童疎開した。1945年3月の東京大空襲後、母親の実家がある三重県津市に家族で疎開したが、4か月後に津空襲を経験した。旧制中学校1年の時に終戦を迎えた。高校2年の時に小津安二郎監督の作品を初めて鑑賞し(『晩春』)、小津作品のとりこになった。藤田は三重県の高校で国語の教員をしていたが、40歳頃に本格的に小津の研究を始めた。2012年春には日中戦争に従軍していた小津の足跡をたどるために、中国・江西省を訪れて調査したことがある。*9

元高田短期大学教授。*10

全国小津安二郎ネットワーク会長。2013年12月15日には小津安二郎の生誕110周年を記念して、三重県立図書館で小津安二郎に関するトークライブを行った。*11

文芸評論家の清水良典は、藤田が三重県における小津安二郎研究の中心的役割を果たしてきたと評し、40年以上に及ぶ小津関係の仕事の集大成であるとしている。*12

2010年12月12日には文芸評論家の藤田明が評論『平野の思想 小津安二郎私論』(ワイズ出版)を刊行した。12月12日は小津の誕生日である。2009年3月まで、朝日新聞三重版で15年8か月にわたって「展望 三重の文芸」を執筆した。「全国小津安二郎ネットワーク」の会長を務めている。*13

1993年8月には中井正義から引き継ぎ、朝日新聞三重版で「展望 三重の文芸」の連載を開始した。毎月20-35冊の単行本・雑誌・同人誌などを読み込み、一般書店では目に触れにくいアマチュア作家や歌人らの文芸活動を評価した。15年8か月にわたって連載を行い、2009年3月で終了した。*14

図書館で昔の新聞記事に当たっていた。藤田明は2冊を「後世にも光を放つ名著」としている。1999年には久保仁が死去した。*15

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます