本サイトは「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能です。

大須周辺、栄・矢場町周辺、伏見周辺、その他地域の順に掲載。

大須周辺

大須の映画館

渡辺綱雄(著)『私版 名古屋の映画』作家社、1961年は大須の映画館を主題としている。渡辺は愛知県熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高校)で文芸評論家の本多秋五と同学年だったが、病気で1年休学していたため本多より1歳年上だった。熱田中学校時代には本多とともに同人雑誌『朱雀』を発行している。渡辺は早稲田大学を卒業し、名古屋新聞社に入社してこの方面の専門記者となった。名古屋ペンクラブの機関紙『ペン』に連載したものなどをまとめたのが本作である。第1章にあたる「名古屋の映画」、第2章にあたる「わが大須」で構成されている。*1

文明館

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-52(1952年)
開館年 : 1908年
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1908年開館。1952年再開館?。日本で3番目の常設映画館。『大須レトロ』で場所確定。

赤門劇場/赤門コニー

所在地 : 愛知県名古屋市中区矢場町3-71(1955年・1960年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1952年に赤門劇場として開館。1954年に赤門コニーに改称したとされるが、映画館名簿では1960年も赤門劇場として掲載されている。跡地にはまずキャバレー「新世界」。2010年時点では駐車場。『大須レトロ』で場所確定。

港座

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-8(1963年)
開館年 : 1960年以後1963年以前
閉館年 : 1963年以後1965年以前
1965年には跡地の一部に大須演芸場開館。現在の跡地は「中小企業福祉会館」&「コメ兵きもの館」。『大須レトロ』で場所確定。

S・Y大須映画劇場/名古屋OS劇場/大須宝塚劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町3-15(1955年・1960年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1969年

1933年にS・Y大須映画劇場として開館。1953年にOS劇場に改称。1969年閉館。まず跡地には大須ういろ本社が建ったが、2003年にはその跡地に大須ういろビルが建ってコメ兵と大須ういろが共存している。『大須レトロ』で場所確定。

東洋劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-18(1960年)
開館年 : 1955年11月1日
閉館年 : 1969年以後1976年以前
ダイヤモンド型の大須公園北西側。跡地は「ライオンズマンション大須」。

1955年の東洋劇場の写真あり。1955年(昭和30年)11月1日、大須公園北側に洋画専門館として開館した。封切り作品はエディ・マーフィ主演の『地獄の戦線』。定員850人。東洋劇場の前身は1952年(昭和27年)10月に開館した劇場の新歌舞伎座であり、こけら落としは関西大歌舞伎「片岡仁左衛門一座」公演だった。しかし映画ブームの到来によって、わずか3年で映画館に転身したのである。なお、1955年(昭和30年)11月1日には名古屋駅前に、中日本興業直営のグランド、ロキシー、ニュース劇場の3館も同時開館している。*2

日活シネマ/万松寺日活シネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1969年以後1976年以前
現在の新天地通りにある万松寺パーキングビル。『大須レトロ』で場所確定。

常盤館/日活平和劇場/大須大映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年・1963年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1969年以後1976年以前
戦前は常盤館があった場所に、1948年に日活平和劇場として開館。1954年に大須大映劇場に改称。現在の新天地通りにある万松寺パーキングビル。『大須レトロ』で場所確定。

日活映画劇場/万松寺日活/万松寺日活劇場・万松寺日活シネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1955年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1969年以後1976年以前
戦前の名称は帝国劇場。1946年開館。『大須レトロ』は跡地が万松寺ビルだとするが、正確には万松寺駐車場ビルでは?

名古屋劇場/万松寺松竹名劇/東宝名劇

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1973年
戦前に開館。戦後は1947年開館。跡地には1977年に第1アメ横ビルが建った。『大須レトロ』で場所確定。

ムービー太陽/大須太陽館/太陽館(大須東宝)

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-7(1963年)、愛知県名古屋市中区大須2-16-26(1980年)
開館年 : 1921年
閉館年 : 1980年以後1985年以前
戦後は1946年開館。晩年は成人映画館。『大須レトロ』で場所確定。跡地は「シャポーブラン大須本店」。

1921年(大正10年)、のちに日本ヘラルド映画の創業者となる古川為三郎によって太陽館が開館した。古川為三郎は太陽館のほかにも、大須に帝国館・帝国座・大勝館などを開館させ、大須は名古屋屈指の映画街となった。1970年(昭和45年)頃の写真あり。映画館入口には『二匹の用心棒』『クレイジー・キャッツの大冒険』などのポスターが貼られている。当時の入場料は150円だった。*3

名画座

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-36(1963年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1988年
晩年は成人映画館。大須最後の映画館。『大須レトロ』で場所確定。「宝マンション大須」の南側。

1988年、大須から最後の映画館が姿を消した。大須観音に近い大須通商店街にあった「名画座」が閉館した(※この記事で閉館日は明確にされていない)。大須は東海地方の「映画・観劇の街」と呼ばれ、芝居小屋などが軒を連ねていた。関係者によると、名画座は終戦直後に開館し、当初は東宝や松竹の封切館だった。昭和30年代の映画ブームが過ぎると、春日井市在住の初代経営者の親類が経営を引き継ぎ、観客数が減少すると従業員を雇わないことや成人映画に切り替えるなどの努力で存続させた。しかし、1988年初頭にこの2代目経営者が死去し、やむなく閉館となった。1988年12月20日現在では建物の解体が始まっており、土地は売りに出されている。名古屋の映画館第1号は1897年の末広座であり、大須の映画館第1号は1908年1月に大須観音境内に開館した文明館である。昭和初期にかけて相次いで映画館が開館し、映画の街と呼ばれるようになった。昭和10年代が最盛期であり、映画館は17館、芝居小屋を含めると約30の小屋があった。昭和30年代後半から映画業界は衰退し、映画館はビルや駐車場となった。約2年前にはヘラルドグループ系列の映画館が閉館し、名画座のみとなっていた。*4

大須シネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区大須3-27-12
開館年 : 2019年3月21日(予定)
閉館年 :
2019年3月21日、名古屋市中区大須商店街にミニシアターが開館する。大須で最後の映画館が閉館したのは1989年であり、約30年ぶりに映画館が復活する。大須商店街で衣料品雑貨店を経営していた中川健次郎(78)は、仲間とNPO法人を設立して「大須シネマ」を開館させる。開業資金の約2000万円は寄付などで集めた。万松寺近くにある喫茶店の建物(約100m2)を貸借して映画館に改装する。スクリーンは150インチ(縦2メートル、横3.2メートル)。42席を設置する。館内入口には「世界の山ちゃん」が持ち帰り専門店を出店する予定。大須は名古屋における映画館発祥の地であり、1908年(明治41年)に大須観音近くに文明館が開館した。大須観音周辺や新天地通りなどに映画館が開館し、ピーク時には23館もの映画館があった。*5

栄・矢場町周辺

丸栄ピカデリー劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区針屋町4-11(1955年)
開館年 : 1950年正月
閉館年 : 1960年11月末
跡地は「名古屋国際ホテル」。

1956年(昭和31年)の丸栄ピカデリー劇場の写真あり。1400万円で建設され、1949年(昭和24年)末に竣工。1950年(昭和25年)正月にイギリス映画『赤い靴』でこけら落としし、この作品は記録的な観客動員数であった。定員は580人。洋画ロードショー館だった。名古屋タイムズはピカデリー劇場について「ハイクラスな映画を上映、外国製映写機ゴーモンは当初名古屋に1台しかなかった」と報じている。映画が斜陽産業化すると1960年(昭和35年)11月末で閉館した。*6

ナゴヤロマンス座/ロマン座

所在地 : 愛知県名古屋市南大津通2-7(1955年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1965年以後
ロマン座とある1965年の住宅地図で場所確認。松坂屋の北東にあるブロックの南側。現在の「大津町ビル」。

広小路劇場/広小路映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄町2-11(1960年)
開館年 : 1947年
閉館年 : 1960年以後1966年以前
1956年(昭和31年)の広小路劇場の写真あり。明治期に設立された栄の名門劇場であり、戦後の1947年(昭和22年)に映画館に転換された。全国初のスタジアム式構造である。*7

名古屋日活劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南伊勢町1-10(1955年・1960年)
開館年 : 1952年8月
閉館年 : 1963年以後1966年以前
1952年(昭和27年)8月に名古屋日活劇場が開館した際の写真あり。現在の丸栄の南にあった。開館記念上映作品はアメリカ映画『砂漠の鬼将軍』。*8

名古屋松竹映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南呉服町1(1963年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1970年
跡地は「キング観光サウザンド栄住吉店」。

1956年(昭和31年)に撮影された名古屋松竹映画劇場の写真あり。南呉服町にあった映画館であり、1946年(昭和21年)に開館した。こけら落としは林長二郎(長谷川和夫)主演の『鯉名の銀平』だった。1963年(昭和38年)の新装開館時には、松竹のスター女優である倍賞千恵子が来館した。1970年(昭和45年)に閉館となった。*9

1956年(昭和31年)3月の名古屋松竹映画劇場の写真あり。1946年(昭和21年)に中区呉服町通に開館した映画館であり、名古屋でもトップクラスの映画館として知られた。*10

ヒカリ劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区針屋町3-15(1955年)
開館年 : 1946年
閉館年 : 1960年以後1965年以前
1958と1960年の住宅地図で場所確認。現在の「東京第一ホテル錦」があるブロックの南西側。

名古屋東映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区錦3-24-3(1980年・1990年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 2002年
1956年(昭和31年)5月の名古屋東映劇場の写真あり。1955年(昭和30年)7月に現在の錦3丁目に開館した劇場であり、開館記念には東映スター19人が来館している。*11

1956年(昭和31年)頃の名古屋東映劇場の写真あり。名古屋東映、東映パラス(東映地下劇場)、東映小劇場(栄・東映ホール)の3館の併設。ニュースも映画も見られる特徴的な劇場だった。現在のサンシャイン栄。*12

ヘラルドシネプラザ

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄3-35-34(1997年)
開館年 :
閉館年 : 1999年9月(部分閉館)、2004年2月22日(完全閉館)
若宮八幡社の西側。2019年現在は高層マンションを建設中。

1999年9月には観客減少などが理由で、ヘラルドシネプラザ(名古屋市中区栄3丁目)内の巨大スクリーンの名門館シネプラザ1が閉館。その後には名古屋市中心部の名駅地区・栄地区だけでも20もの映画館が閉鎖され、現在は名古屋駅前にピカデリー6館、名鉄東宝2館と、ゴールド・シルバー劇場、栄にエンゼル東宝センチュリーシネマが残るだけ。約5年間で半減以下となった。2004年2月22日にはヘラルドシネプラザ2など映画館3館も閉館する。1999年9月にシネプラザ1が閉館してから、名駅・栄地区では20もの映画館が閉館し、現在では名駅のピカデリー6館、名鉄東宝2館、ゴールド劇場・シルバー劇場、栄のエンゼル東宝、センチュリーシネマが残るだけ。中日本興業はビルの建て替えに伴って、2003年1月までに6館を閉館させた。2002年12月には東宝が名宝劇場など3館を閉館させた。*13

エンゼル東宝

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄3-15-20 松坂屋名古屋本店北館地下(1997年)
開館年 : 1972年11月
閉館年 : 2005年9月4日
Wikipedia : エンゼル東宝
跡地はディスコ「PLATINUM NAGOYA」。

センチュリーシネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8階
開館年 : 2000年12月2日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : センチュリーシネマ

伏見周辺

中京劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区桶屋町4-2(1960年)※桶屋町は現在の中区錦2丁目。
開館年 : 1947年
閉館年 : 1963年以後
1958年と1960年と1965年の住宅地図で場所確認できず。

CNC劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南園町1-1(1960年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1960年以後1965年以前
[http://network2010.org/article/1039 「ミリオン座の東の道、御園町の通りを南に数歩の所にあった映画館がCNC劇場」]。1958年と1960年の住宅地図で場所確認。現在の「伏見ミリオン座」と「ZXAビル」。

千歳劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南桑名町1-16(1960年)
開館年 : 1885年
閉館年 : 1970年
1885年に芝居小屋の千歳座として開館。1921年に映画館の千歳劇場が開館。1945年に戦災で焼失。1947年に再建開館。1970年に閉館。跡地は「広小路桑名町」交差点南西側の「ダイアパレス伏見」。

朝日会館映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区広小路通2-1(1955年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 1967年11月末
1956年(昭和31年)4月の朝日会館映画劇場の写真あり。中区広小路通(現・栄1丁目)の名古屋朝日ビル内にあった映画館である。1935年(昭和10年)、朝日新聞名古屋支社(現・朝日新聞名古屋本社)の社屋竣工と同時に3階から5階に開館した。当初は催事を行ったり貸し会場として利用され、その合間に映画が上映されたが、1941年(昭和16年)頃から映画上映が主体となった。戦後には松竹系封切館となったが、映画黄金期の昭和30年代前半に洋画専門館となった。1967年(昭和42年)11月末、都市計画による改築工事のために閉館した。1969年(昭和44年)4月には新たな朝日ビルが完成したが、1985年(昭和60年)には高層ビルの建設計画が浮上し、1989年(平成元年)3月にはホテル、オフィスなどが入居した複合ビル「アムナットビル」が完成した。*14

ミリオン座

所在地 : 愛知県名古屋市中区仲ノ町(現・中区栄1丁目)
開館年 : 1950年11月
閉館年 : 1983年
1958年(昭和33年)のミリオン座の写真あり。中区仲ノ町(現・栄1丁目)にあった。ディズニー映画『百獣の王ライオン』に長蛇の列を作っている。*15

1950年(昭和25年)11月に開館。名古屋市の人口は太平洋戦争でいったんは100万人を切ったが、戦後の1950年には再び100万人を超えたことで、これを記念してミリオン座(100万)と名付けられた。昭和30年代は映画全盛期であり、名古屋市内には約130の映画館があった。ミリオン座の手前に見えているのは資生堂パーラー広小路店。*16

名古屋宝塚劇場・なごや東宝・名宝文化劇場(名宝会館ビル)

1955年の名宝ニュース劇場
所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-2-6 名宝会館ビル2階・3階・6階(1997年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 2002年12月1日
1955年には名古屋宝塚劇場・なごや東宝・名宝文化劇場の3館を併せ持つ建物だった。跡地は「名古屋東宝ビル」。

1960年(昭和35年)5月、ゴールデンウィークでにぎわう名宝会館の写真あり。1935年(昭和10年)に名古屋宝塚劇場として開館した劇場である。3階席まであったホール内には真紅の絨毯が敷かれた。名古屋で初めて宝塚少女歌劇団の公演が行われた劇場でもある。*17

1955年(昭和30年)頃の名宝会館の名宝ニュース劇場の写真あり。広小路通り沿いにあった。1935年に名古屋宝塚劇場として開館。戦後は映画館3館の併設であり、2階の名宝ニュース劇場は名古屋初のニュース映画専門館だった。「名宝ニュース劇場 30円均一」という看板が見られる。*18

名古屋市中区栄1の名宝劇場など映画館3館が入る名古屋市中区栄1丁目の名宝会館は、2002年12月1日に67年の歴史を終える。11月23日には「さよなら、名宝会館ファイナル・シネマ」は始まり、名画や過去の大ヒット作を上映している。11月28日・29日には『カサブランカ』と『ひまわり』の名作2本を上映。50-60歳代を中心に予想の2倍の一日約1200人が訪れた。30日に上映した『千と千尋の神隠し』には朝から親子連れの行列。「『シェーン』などの西部劇をよく見た」という人、「『アラビアのロレンス』や『サウンド・オブ・ミュージック』を見た」という人が来場。12月1日の『ゴジラ』『ゴジラVSモスラ』2本立てが最終上映。名宝会館は、ビルの老朽化と、郊外の複合型映画施設(シネコン)の影響で客足が減ったことが閉館の理由である。現在のビルの解体後、2004年末には跡地に10階と11階のツインビルが竣工予定。このツインビルに映画館が入る予定はなく、オフィス棟とホテル棟になる。*19

納屋橋劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-2-3(1997年)
開館年 : 1918年
閉館年 : 2002年以後
閉館。当時は名宝会館の西側に南北の路地があり、その突き当たりに納屋橋劇場があった。

伏見ミリオン座

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-4-16
開館年 : 2005年12月17日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 伏見ミリオン座
1950年から1983年まで存在したミリオン座とは連続性がなく、運営者も場所も異なる。2019年4月には移転予定。

大須・栄・矢場町・伏見以外の地域

八重垣劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区南外堀町6-27(1962年閉館時)、愛知県名古屋市中区丸の内二丁目(現在の住所)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1962年
Wikipedia : 八重垣劇場
1956年(昭和31年)の写真あり。中区上長者町(現丸の内2)にあった八重垣劇場は、洋画専門館として1930年(昭和5年)10月に開館。定員は623人。名古屋屈指の名門映画館とされ、ヨーロッパの名作をほとんど独占的に上映した。本町通西側の愛知商工館(現県産業貿易館西館)と那古野神社の間にあった。戦後はアメリカ映画のロードショー館であったが、1953年(昭和28年)後半から邦画の上映館に転向した。1962年(昭和37年)3月に閉館した。*20

八重垣劇場は名古屋の武蔵野館とも称すべき芸術映画館であり、映画について語ろうとするものは、一度は八重垣劇場の場内の異国的な空気を満喫すべきである。400-500人の観客しか収容できない小劇場ではあるが、きれいであっさりしており、嫌みのないモダンな映画館である。場内での喫煙や飲食を禁じている。パラマウント、メトロ、ワーナー、ブラザーズなどのトーキー映画を上映しているが、清水英のような名開設者がいるし、時には徳川夢声が来館する。千歳劇場や松竹座と同じように、大辻司郎が狭い舞台で漫談をやることもある。我が国の映画批評における権威である石巻良夫が支配人を務め、常に名古屋映画界の先端を切っている。儲かっていないが、中京地域における映画芸術のために、また映画芸術ファンのために、八重垣劇場の存在価値は莫大である。*21

新栄劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区新栄町6-21(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1960年の住宅地図で場所確認。現在は空き地。クラブダイアモンドホールがあるブロックの東のブロック。新栄劇場西側の通りにはかつて路面電車が通っていた。

金竜東映/金龍館

所在地 : 愛知県名古屋市中区東陽町7-2(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1965年以後
東陽町という地名は現存せず。1965年の住宅地図で場所確認。現在のアパート「荘苑ひがし栄」。千早と呼ばれる地域。

堀川映画劇場/堀川劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区上園町(1955年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1969年以後1976年以前? 1977年以後1982年以前?

1965年の住宅地図で場所確認。景雲橋電停すぐ南側。1969年の映画館名簿には堀川映画劇場として掲載されているが、1976年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図には堀川劇場として掲載されている。整合性が取れないが理由は不明。1982年の住宅地図では跡地に駐車場。現在の「小島会Vivo丸の内ビル」。

グランド劇場/名古屋グランド劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区笹島町1-221
開館年 : 1947年以前
閉館年 : 1969年以後1976年以前
1947年(昭和22年)のグランド劇場前にあった「柳下水」の写真あり。「柳下水」は名古屋三名水のひとつで、かつては井戸のそばに柳が植わっていたためこの名前で呼ばれた。茶の湯や化粧水に利用された。*22

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます