「愛知県の映画館の総合情報サイト」であり、「日本の映画館の総合データベース」です。管理人「hekikaicinema」のみが編集可能。



大須周辺

大須の映画館

1897年(明治30年)2月28日、若宮八幡宮境内の末広座でエジソン発明のキネトスコープが試験上映された。大阪に次いで日本で2番目の試験上映であり、大阪での上映からわずか18日後のことだった。キネトスコープは翌日の3月1日から15日間にわたって一般公開された。大阪に次いで日本で2番目の一般公開だった。1908年(明治41年)1月には大須に文明館が開館した。1903年(明治36年)10月に開館した東京・浅草の電気館、1907年(明治40年)7月に開館した大阪・千日前の文明館に次いで、日本で3番目の活動写真常設館である。浅草・千日前・大須の3地区は、戦前の日本における三大商業地と呼ばれた地区である。文明館の開館から3か月後の1908年4月、大須2番目の活動写真常設館として電気館が開館した。1909年(明治42年)3月には大須金城座が、1910年(明治43年)6月には桔梗座が、芝居小屋から映画館に転換した。1910年(明治43年)8月には日出館が、1912年(明治45年)7月には太陽館が開館した。戦前の昭和初期には大須の映画館数がピークとなり、23館も存在した。なお、名古屋で大須に次ぐ繁華街だった広小路通には、昭和初期の段階で映画館が2館しかなかった。太平洋戦争の空襲で大須の映画館はすべて焼失したが、戦後すぐに再建されて14館が営業を再開した。大須観音周辺では港座・太陽館・キネマ会館・大須新松竹・大須東映(旧文明館)。万松寺周辺では赤門劇場・日活シネマ・大須大映・東洋劇場が開館しており、その他には平和劇場・宝塚劇場があった。戦後のピークは昭和30年代前半であり、14館の映画館があった。1959年(昭和34年)の美智子様御成婚を機にテレビが一般家庭に入りはじめ、1964年(昭和39年)の東京オリンピック前後には一気に普及。映画は斜陽産業となり、相次いで閉館していった。名古屋の映画館街は名古屋駅前と栄に移っていった。*1

渡辺綱雄(著)『私版 名古屋の映画』作家社、1961年は大須の映画館を主題としている。渡辺は愛知県熱田中学校(現・愛知県立瑞陵高校)で文芸評論家の本多秋五と同学年だったが、病気で1年休学していたため本多より1歳年上だった。熱田中学校時代には本多とともに同人雑誌『朱雀』を発行している。渡辺は早稲田大学を卒業し、名古屋新聞社に入社してこの方面の専門記者となった。名古屋ペンクラブの機関紙『ペン』に連載したものなどをまとめたのが本作である。第1章にあたる「名古屋の映画」、第2章にあたる「わが大須」で構成されている。*2

『大須物語』(大野一英、1979年)には、黎明期の大須の映画館について記されている。*3

上前津駅(地下鉄名城線)の開業は1967年であり、大須観音駅(地下鉄鶴舞線)の開業は1977年である。1977年の大須にあった映画館は、大須観音に近い太陽館・名画座・東洋劇場の3館のみであり、最大5館あった万松寺通りからは映画館が消えていた。*4

末広座/松竹座

所在地 : 愛知県名古屋市中区末広町
開館年 : 1883年1月(芝居小屋の末広座)、1927年11月15日(映画館の松竹座)
閉館年 : 1945年
1883年(明治16年)1月、若宮八幡社に近い場所に芝居小屋の末広座が開館した。「若宮の小屋」などとも呼ばれ、西側が本町通に面していた。1897年(明治30年)2月28日には関係者や新聞記者向けのバイタスコープ試写会を行い、3月1日にはバイタスコープの初興行を行った。ばいたスコープとはエジソンが発明した活動写真の一種であり、名古屋で初めて映画が上映されたのはこの際である。1927年11月15日には改築を行って映画館に転換し、末広座から松竹座に改称した。サイレント時代には人気弁士や実力ある楽士をそろえ、千歳劇場や世界館をしのいで第一級の映画劇場となった。太平洋戦争の名古屋空襲では松竹座も焼失した。*5

世界館

所在地 : 愛知県名古屋市中区
開館年 : 1913年10月30日
閉館年 : 1945年?
1913年(大正2年)10月30日、文明館に次いで大須で2番目の映画館として、世界館が開館した。当時としては珍しい洋館風の外観だった。昭和に入ると松竹系上映館となった。*6

遊楽館/ニコニコ館/帝国館

所在地 : 愛知県名古屋市中区
開館年 : 1916年4月3日
閉館年 : 1945年
1916年(大正5年)4月3日、大須の万松寺で初の映画館として、遊楽館が開館した。オープニング作品は『ジュリアス・シーザー』。同年12月31日にはニコニコ館に改称した。1926年(大正15年)1月には帝国館に改称した。太平洋戦争の空襲で焼失した。*7

文明館

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-52(1952年)
開館年 : 1908年1月25日
閉館年 : 1961年12月11日
1908年開館。1952年再開館?。日本で3番目の常設映画館。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』には掲載されていない。

1908年(明治41年)1月には大須に文明館が開館した。1903年(明治36年)10月に開館した東京・浅草の電気館、1907年(明治40年)7月に開館した大阪・千日前の文明館に次いで、日本で3番目の活動写真常設館である。浅草・千日前・大須の3地区は、戦前の日本における三大商業地と呼ばれた地区である。文明館の開館から3か月後の1908年4月、大須2番目の活動写真常設館として電気館が開館した。*8

名古屋初の活動写真常設館は文明館である。1908年(明治41年)1月、竹本武夫が五明座という寄席を映画館にしたのである。1912年(大正元年)8月23日には建物を新築して再開館した。戦後には同一地点に再建され、一時期は大須東映という名称だったが、1961年(昭和36年)に火災で焼失した。竹本武夫の跡継ぎの竹本元信は東映名古屋支社長を務めた。大須観音の境内の南側にあり、1980年(昭和55年)現在は雑貨店がある場所である。*9

1908年(明治41年)1月25日、「名古屋初の活動写真上映館」として、大須観音の境内には文明館が開館した。それまでのこの場所には五明座という寄席小屋があった。戦後にも営業を再開し、日活系映画館だったが、1961年(昭和36年)12月11日に火災で焼失した。*10

赤門劇場/赤門コニー

所在地 : 愛知県名古屋市中区矢場町3-71(1955年・1960年)
開館年 : 1952年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1960年の映画館名簿では「赤門劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では跡地に「クインスター」。跡地にはまずキャバレー「新世界」。2010年時点では駐車場。『大須レトロ』で場所確定。

大須の赤門コニーは低料金の洋画三番館だったが、のちに新東宝の封切館に転向した。大須の万松寺通り、三輪神社前にある。*11

1956年(昭和31年)に撮影した赤門コニー劇場の写真あり。『暴力の王者』『大学の剣豪 京洛の暴れん坊』の看板が見える。赤門通にある中公設市場の北西にあった。1952年(昭和27年)8月に洋画二番館の赤門劇場として開館。開館記念上映作品は実演の「真夏の唄と踊り」と洋画の『キング・ソロモン』。1953年(昭和28年)には東宝の封切館に転換。1954年(昭和29年)末には洋画上映館となり、赤門コニーに改称した。1955年(昭和30年)夏には新東宝封切館となったが、その後閉館した。*12

赤門キネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町2-12(1955年)
開館年 : 1946年12月
閉館年 : 1955年以後1960年以前
1950年・1953年・1955年の映画館名簿では「キネマ会館」。1960年の映画館名簿には掲載されていないように思われる。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では跡地に「喫茶軽食宝塚、車社交場、ショーボート」。

戦後すぐの時期には、大須・赤門通の西の突き当たり、明王殿の横にキネマ会館があり、ウエスタン式発生装置で良心的な興行を行っていた。戦後の大須でもっとも早く開館したのがキネマ会館である。W.S式発生器装置を有し、大須の復興に貢献した。*13

1956年(昭和31年)3月に撮影した赤門キネマ会館の写真あり。ジェームズ・スチュワート主演『カービン銃第1号』やイギリス映画『魔人スヴェンガリ』や西部劇『デンヴァーの狼』や『犯人は誰だ』の看板が見える。赤門通の明王殿の西側にあった。1946年(昭和21年)12月に洋画専門館として開館し、オープニング作品はグレタ・ガルボ主演の『彩られし女性』。アクション作品やメロドラマを上映。1954年(昭和29年)8月にはシネスコを完備した。2010年(平成22年)現在の跡地は明王殿の駐車場。*14

港座

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-8(1963年)
開館年 : 1914年(芝居小屋として)、1920年9月20日(映画館として)
閉館年 : 1963年以後1965年以前
1960年の映画館名簿では「大須劇場」。1963年の映画館名簿では「港座」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「港ミュージックホール」と「大須文化」。1966年の映画館名簿には掲載されていない。1965年には跡地の一部に大須演芸場開館。大須演芸場は2014年に閉館し、現在の跡地は「中小企業福祉会館」&「コメ兵きもの館」。『大須レトロ』で場所確定。

大正時代に劇場として開館し、戦前には映画や演劇の興行を行った。戦後の1947年にはストリップ劇場となるが、1957年には邦画上映館の大須劇場となった。その後港ミュージックに改称し、1965年には大須演芸場となった。1954年3月にはストリップ「尼寺変態愛戯史」の興行を行ったが、東海尼僧法団東海支部が上演中止を求めて抗議に訪れた。2010年現在の跡地は中小企業福祉会館とコメ兵きもの館。*15

1914年(大正3年)には芝居小屋として港座が開館した。1920年(大正9年)9月20日には名称はそのまま映画館に転換し、オープニング作品として『ウーマン』を上映した。1929年(昭和4年)には内装を一新し、オープニング作品として溝口健二監督作『東京行進曲』とマキノ時代劇『乳姉妹』を上映した。昭和期には日活専門館となり、同じく日活系の千歳劇場と掛け持ち上映を行った。*16

現在の大須観音通りは、戦前には富士浅間神社から浅間通りと呼ばれていた。浅間通りの北側には、大須演芸場の前身である港座と、洋画と実演を行う太陽館の、2館の映画館があった。港座はもともと南桑名町にあった芝居小屋であり、南桑名町時代には日の出座と呼ばれていた。やがて大須の富士浅間神社の社有地に移転し、湊川神社に因んで港座に改称した。日活の直営館だった時代もあるし、戦後にはストリップ劇場にもなった。*17

大正時代の大須に開館した映画館兼演劇場の港座は、戦後には映画館など経て、ストリップ劇場「港ミュージック」となった。経営者である樋口某の死去後、樋口の妻である樋口君子が1965年に演芸場に衣替えし、大須演芸場を開館させた。*18

S・Y大須映画劇場/OS劇場/名古屋日劇/名古屋日本劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町3-15(1955年・1960年・1963年)、愛知県名古屋市中区門前町3-25(1966年・1969年)
開館年 : 1933年
閉館年 : 1969年11月
1960年の映画館名簿では「OS劇場」。1963年の映画館名簿では「名古屋日劇」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「名古屋日劇」。1966年・1969年の映画館名簿では「名古屋日本劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。
跡地は「大須ういろビル」。『大須レトロ』で場所確定。

SY大須映画劇場は1938年正月に開館した。当時は名古屋宝塚劇場と並んで人気があった大劇場であり、ウエスタン式発生装置や明るい巨大スクリーンがあった。S・Y大映
1956年(昭和31年)に撮影した名古屋OS劇場の写真あり。『失われた大陸』や『悪者は地獄へ行け』の看板が見える。OS劇場は大須本通と赤門通の交差点角にあった。1933年(昭和8年)にS・Y大須映画劇場として開館し、太平洋戦争の戦災を免れた。戦後には大須大宝劇場に改称し、1953年(昭和28年)2月にOS劇場に改称した。鉄筋コンクリート造4階建て、1200人収容の大規模館であり、大須映画館街のエース格だった。1956年(昭和31年)夏には冷房設備を2基に増備して名古屋随一の冷房完備館となった。1969年(昭和44年)11月に閉館し、跡地にはまず大須ういろ本社が建った。2002年(平成14年)11月には大須ういろ本社が取り壊され、2003年(平成15年)9月にはコメ兵と大須ういろを併せ持つ5階建てビルが完成した。*19

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*20

常盤館/日活平和劇場/大須大映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1948年5月
閉館年 : 1970年以後1972年以前
1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「大須大映」。1960年・1963年・1966年・1969年・1970年の映画館名簿では「大須大映劇場」。1973年の映画館名簿には掲載されていない。万松寺には北から順に日活シネマ、大須大映、名古屋劇場、万松寺日活の4館が並んでいた。現在の跡地は新天地通にある「万松寺パーキングビル」。『大須レトロ』で場所確定。

1956年(昭和31年)2月に撮影した大須大映の写真あり。「Ohsu DAIEI」の文字も見える。新天地通。戦前は「常盤館 花月ニュース劇場」だった。1948年(昭和23年)5月、日活平和劇場として開館し、1954年(昭和29年)12月には大映直営館の大須大映となった。オープニング作品は溝口健二監督作『近松物語』と菅原謙二主演作『勝敗』。中部地方6県では初の大映直営館だった。*21

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*22

日活映画劇場/万松寺日活/万松寺日活劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1955年・1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1951年10月
閉館年 : 1971年以後1973年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「万松寺日活劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「万松寺日活」。1966年の映画館名簿では「万松寺日活映画劇場」。1969年の映画館名簿では「万松寺日活劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。万松寺には北から順に日活シネマ、大須大映、名古屋劇場、万松寺日活の4館が並んでいた。戦前の名称は帝国劇場。1946年開館。『大須レトロ』は跡地が万松寺ビルだとするが、正確には万松寺駐車場ビルでは?

1956年(昭和31年)4月に撮影した日活シネマの写真あり。『断固戦う人々』や『三つ数えろ』の写真が見える。洋画の二本立て上映館だった。1951年(昭和26年)10月に開館し、オープニング作品は新東宝の『ブンガワンソロ』だった。*23

大須の万松寺日活と栄の名古屋日活は、どちらも日活系の資本で開館した洋画封切館である。万松寺日活は帝国劇場の跡地に建てられた。名古屋日活は丸栄の東隣にあった。*24

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「万松寺日活」として掲載されており、『吹雪の大脱走』と『不良番長突撃一番』を上映している。*25 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*26

万松寺松竹/東宝名古屋劇場/松竹名古屋劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年・1963年・1966年・1969年)
開館年 : 1947年7月
閉館年 : 1972年
1960年の映画館名簿では「万松寺松竹」。1963年の映画館名簿では「東宝名古屋劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「東宝名古屋劇場」。1966年・1969年の映画館名簿では「松竹名古屋劇場」。1976年の映画館名簿には掲載されていない。跡地は1977年竣工の「第1アメ横ビル」。『大須レトロ』で場所確定。

1956年(昭和31年)4月に撮影した名古屋劇場の写真あり。『青空剣法 弁天夜叉』、『ここに幸あり』、『愛と智恵の輪』の看板が見える。「MEIGEKI」の文字も見える。4館が並ぶ新天地通。4館の中央にあり、戦前から吉本ショーの演劇や映画を上映した。1947年(昭和22年)7月に名劇として開館し、ほぼ松竹映画の上映館だった。1958年(昭和33年)9月には万松寺松竹名劇に改称し、1970年(昭和45年)に東宝名劇に改称。1972年(昭和47年)6月に焼失して閉館した。映画館では採算が取れないと判断した経営者の高瀬泰昌は、1977年(昭和52年)に跡地に「ラジオセンター・アメ横共同ビル」を開館させた。*27

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「東宝名劇」として掲載されており、『日本一のショック男』と『起きて転んでまた起きて』を上映している。*28 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*29

日活シネマ/万松寺日活シネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-52(1960年・1963年・1966年・1969年)、愛知県名古屋市中区大須3-30-96(1976年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1976年以後1980年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「日活シネマ」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「日活シネマ」。1966年・1969年の映画館名簿では「万松寺日活シネマ」。1976年の映画館名簿では「日活シネマ」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。万松寺には北から順に日活シネマ、大須大映、名古屋劇場、万松寺日活の4館が並んでいた。現在の跡地は新天地通にある万松寺パーキングビル。『大須レトロ』で場所確定。

1956年(昭和31年)4月に撮影した万松寺日活劇場の写真あり。東宝作品『東京の人』の看板が見える。新天地通。戦前の同一地点には帝国劇場があり、洋画を上映していた。戦後の1946年(昭和21年)12月末に日活直営館の万松寺日活が開館した。1953年(昭和28年)からは新東宝・東宝の邦画上映館となり、1956年(昭和31年)から日活ロードショー館となった。現在は万松寺ビル。*30

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「日活シネマ」(成人向)として掲載されており、『牝猫の匂い』と『濡れたハイウェイ』を上映している。*31 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「日活シネマ」として掲載されており、『男はつらいよ 私の寅さん』と『大事件だよ全員集合!!』を上映している。*32

東洋劇場/中映東洋劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区裏門前町1-18(1960年・1963年・1966年・1969年)、愛知県名古屋市中区大須3-24-26(1976年)
開館年 : 1955年11月1日
閉館年 : 1976年以後1980年以前
1960年・1963年の映画館名簿では「東洋劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「東洋劇場」。1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「中映東洋劇場」。1980年の映画館名簿には掲載されていない。ダイヤモンド型の大須公園北西側。跡地は「ライオンズマンション大須」。

東洋劇場は芝居小屋として開館したが、いつの間にか洋画の二番館に転換した。安い料金や特徴的な番組編成で人気があった。*33

1955年(昭和30年)11月に撮影した東洋劇場の写真あり。ひし形の大須公園の北西角にあった。前身の劇場は1952年(昭和27年)10月開場の新歌舞伎座であり、関西大歌舞伎の片岡仁左衛門一座を招いてこけら落としを行ったが、劇場だったのはわずか3年間である。1955年(昭和30年)11月1日に洋画専門映画館の東洋劇場に転換した。オープニング作品はオーディ・マーフィ主演『地獄の戦線』。なお、同日には名古屋駅前に中日本興業の直営館としてグランド・ロキシー・ニュース劇場の3館が開館している。2010年時点の跡地には高層マンションが建っている。*34

洋画の二番館であり、2本立てまたは3本立てだった。現在はマンション。新天地通りの映画館群が消滅した後も長い間営業していた。((大須探検隊がゆく! 大須遺跡編 Holiday)

時期は不明だが東洋劇場の写真あり。『007 私を愛したスパイ』、『フューリー』のポスターが見える。*35

1955年の東洋劇場の写真あり。1955年(昭和30年)11月1日、大須公園北側に洋画専門館として開館した。封切り作品はエディ・マーフィ主演の『地獄の戦線』。定員850人。東洋劇場の前身は1952年(昭和27年)10月に開館した劇場の新歌舞伎座であり、こけら落としは関西大歌舞伎「片岡仁左衛門一座」公演だった。しかし映画ブームの到来によって、わずか3年で映画館に転身したのである。なお、1955年(昭和30年)11月1日には名古屋駅前に、中日本興業直営のグランド、ロキシー、ニュース劇場の3館も同時開館している。*36

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「大須東洋」として掲載されており、『男はつらいよ 寅次郎恋歌』と『春だドリフだ 全員集合!!』を上映している。*37 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「大須東洋」として掲載されており、『ソイレント・グリーン』と『シーラ号の謎』と『トレイダー・ホーン』を上映している。*38

グランド劇場/ムービー太陽/大須太陽館/太陽館(大須東宝)

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-7(1960年・1963年・1966年・1969年)、愛知県名古屋市中区大須2-16-26(1976年・1980年・1985年)
開館年 : 1921年、1946年
閉館年 : 1985年3月29日
1960年の映画館名簿では「大須東宝」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「太陽館」。1963年・1966年・1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「大須太陽館」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。晩年は成人映画館。『大須レトロ』で場所確定。跡地は「シャポーブラン大須本店」。

1956年(昭和31年)3月に撮影した大須東宝(太陽館)の写真あり。大須観音通(旧・大須通)。『鞍馬天狗 御用盗異変』や『続イカサマ紳士録 おとぼけ放射能』や『続へそくり社長』の看板が見える。1912年(明治45年)に太陽館として開館。日本ヘラルドの古川為三郎が初めて映画館経営に乗り出した劇場である。戦後の1947年(昭和22年)元旦には大須グランド劇場に改称し、その後ムービー太陽に改称。1955年(昭和30年)9月には大須東宝に改称し、その後元の太陽館に改称した。1981年(昭和56年)にはヘラルドフーズ大須工場となった。2010年(平成22年)現在の跡地はシャポーブラン大須本店。*39

1921年(大正10年)、のちに日本ヘラルド映画の創業者となる古川為三郎によって太陽館が開館した。古川為三郎は太陽館のほかにも、大須に帝国館・帝国座・大勝館などを開館させ、大須は名古屋屈指の映画街となった。1970年(昭和45年)頃の写真あり。映画館入口には『二匹の用心棒』『クレイジー・キャッツの大冒険』などのポスターが貼られている。当時の入場料は150円だった。*40

現在の大須観音通りは、戦前には富士浅間神社から浅間通りと呼ばれていた。浅間通りの北側には、大須演芸場の前身である港座と、洋画と実演を行う太陽館の、2館の映画館があった。太陽館は1910年(明治43年)に鶴舞公園で開催された第10回関西府県連合共進会を契機に開館した歴史ある映画館である。やがて古川為三郎の運営となり、跡地はヘラルドの喫茶店となった。2010年現在はシャポーブラン大須本店となっている。*41

1912年(明治45年)7月5日、文明館・電気館に次いで大須で3番目の映画館として太陽館が開館した。1921年(大正10年)頃まで連続活劇が主体であり、1923年(大正12年)からマキノ映画が主体となったが、1924年(大正13年)にはマキノ作品が港座に移っている。*42

時期は不明だが太陽館の写真あり。「大須・太陽」「特選洋画上映劇場」の文字が見える。料金は大人800円、大学生600円。『淫獣痴帯』、『変態 情事アニマル』のポスターが見える。*43

1985年3月末をもって、名古屋市中区大須2丁目の映画館「大須太陽館」が閉館した。現存する名古屋市の映画館としてはもっとも古かった。興行主はヘラルド興業の古川為三郎会長。古川為三郎が映画業界に進出するきっかけとなった映画館である。1912年(明治45年)7月5日に開館し、弁士のいるサイレント映画の時代から親しまれた。チャップリン映画、マキノのちゃんばら映画などを上映。1921年(大正10年)には古川為三郎が買収し、現在のヘラルド興業の礎となった。太平洋戦争の名古屋空襲では建物が焼失したが、1946年(昭和21年)12月に再建され、この建物が1985年まで使われた。戦後には、グランド劇場、ムービー太陽という名称だった時期もあり、ポルノ劇場だった時期もある。晩年は邦画の名画館となり、最終上映作品は『伊賀のカバ丸』と『旅芝居行進曲』の二本立て。最近は1日あたり40-50人の観客しかいなかった。跡地はヘラルド興業系のヘラルドフーズが使用する。*44

大須の太陽館が閉館した。名古屋市に現存する映画館としては最古。ヘラルドグループの洋菓子製造・販売店に生まれ変わる。1912年(明治45年)に開館し、サイレント映画時代の1922年(大正11年)に古川為三郎が買収した。古川は「太陽館は私の出発点。全国で3番目に古い」と語る。大須には太陽館より前に開館した映画館もあったが、戦災などですべて閉館していた。太陽館も戦災で焼失したが、1947年(昭和22年)には軍用飛行機の格納庫を組み立てた現在の建物で営業を再開した。ムービー太陽、グランド劇場などだった時期もあるが、結局は太陽館に戻った。昭和30年代の映画全盛期には、他館の経営者が太陽館にやってきて経営方針や混雑整理方法を研究した。7年前から成人向け映画館となり、1984年12月に再び一般向け映画館に戻ったが、1985年3月29日についに閉館した。*45

1985年4月、名古屋市最古(当時)だった太陽館が閉館し、大須の映画館は名画座のみとなった。*46

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「大須太陽館」として掲載されており、『やくざ刑事 俺たちに墓はない』と『昭和ひとけた社長対ふたけた社員』と『悪親分対代貸』を上映している。*47 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「大須太陽館」として掲載されており、『実録 麻薬地帯』と『日本侠花伝』と『喜劇 ああ独身』を上映している。*48

名画座/大須名画座

所在地 : 愛知県名古屋市中区門前町4-36(1960年・1963年・1966年・1969年)、愛知県名古屋市中区大須2-30-40(1976年)、愛知県名古屋市中区大須2-20-30(1980年・1985年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1988年12月
1960年・1963年の映画館名簿では「名画座」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「名画座」。1966年・1969年・1976年・1980年・1985年の映画館名簿では「大須名画座」。1990年の映画館名簿には掲載されていない。晩年は成人映画館。大須最後の映画館。『大須レトロ』で場所確定。「宝マンション大須」の南側。

1956年(昭和31年)3月に撮影した名画座の写真あり。大須観音通(旧・大須通)。ハロルド・シュスター監督作『死刑か裏切か』、ヒルデガルト・クネフ主演『犯罪の牙』の看板が見える。前身は戦前の東宝大須劇場であり、1947年(昭和22年)6月に大須松竹として開館した。オープニング作品は上原謙主演の松竹作品『消えた死体』。1949年(昭和24年)2月にはヨーロッパ映画専門の名画座となったが、1950年(昭和25年)4月には東宝封切館となった。1955年(昭和30年)から休館していたが、1956年(昭和31年)3月にリニューアル開館した。その後成人映画の上映館となり、1989年(平成元年)に閉館した。これによって大須から映画館がなくなった。2010年(平成22年)時点の跡地はマンション。*49

1988年、大須から最後の映画館が姿を消した。大須観音に近い大須通商店街にあった「名画座」が閉館した(※この記事で閉館日は明確にされていない)。大須は東海地方の「映画・観劇の街」と呼ばれ、芝居小屋などが軒を連ねていた。関係者によると、名画座は終戦直後に開館し、当初は東宝や松竹の封切館だった。昭和30年代の映画ブームが過ぎると、春日井市在住の初代経営者の親類が経営を引き継ぎ、観客数が減少すると従業員を雇わないことや成人映画に切り替えるなどの努力で存続させた。しかし、1988年初頭にこの2代目経営者が死去し、やむなく閉館となった。1988年12月20日現在では建物の解体が始まっており、土地は売りに出されている。名古屋の映画館第1号は1897年の末広座であり、大須の映画館第1号は1908年1月に大須観音境内に開館した文明館である。昭和初期にかけて相次いで映画館が開館し、映画の街と呼ばれるようになった。昭和10年代が最盛期であり、映画館は17館、芝居小屋を含めると約30の小屋があった。昭和30年代後半から映画業界は衰退し、映画館はビルや駐車場となった。約2年前にはヘラルドグループ系列の映画館が閉館し、名画座のみとなっていた。*50

太陽館と同じように、末期には成人映画館だった。跡地の奥部分にはマンションが建ち、通りに面した部分には古着屋がある。((大須探検隊がゆく! 大須遺跡編 Holiday)

時期は不明だが名画座の写真あり。『ジェラシー・ゲーム』、『赤いスキャンダル・情事』、『淫写 生録ビデオ』のポスターが見える。*51

1988年12月には大須の名画座が閉館し、名古屋の映画館発祥地である大須から映画館がなくなった。*52

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「名画座」として掲載されており、『日本夜這風俗史』と『セックス占い』と『性と女の物語』を上映している。*53 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*54

1970年代の大須名画座ではピンク映画や日活ロマンポルノが上映されていた。映画評論家の木全公彦は、1960年代の若松孝二の作品群や、1965年の新藤孝衛監督作『雪の涯て』、1970年の梅沢薫監督作『濡れ牡丹 五悪人暴行篇』、1969年の武田有生監督作『好色一代 無法松』、1965年の武智鉄二監督作『黒い雪』などの旧作ピンク映画を大須名画座で鑑賞している。*55

『スクリーンの裾をめくってみれば』の第二章「ピンク映画と実演 名古屋死闘篇」ではテアトル希望、大須名画座、円頓寺劇場、旗屋シネマ、大江文化劇場の5つの成人映画館について言及されている。銀映、カイケイ座、鶴舞劇場などのストリップ劇場も言及されている。*56

大須シネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区大須3-27-12
開館年 : 2019年3月31日
閉館年 : 営業中
2019年3月21日、名古屋市中区大須商店街にミニシアターが開館する。大須で最後の映画館が閉館したのは1989年であり、約30年ぶりに映画館が復活する。大須商店街で衣料品雑貨店を経営していた中川健次郎(78)は、仲間とNPO法人を設立して「大須シネマ」を開館させる。開業資金の約2000万円は寄付などで集めた。万松寺近くにある喫茶店の建物(約100m2)を貸借して映画館に改装する。スクリーンは150インチ(縦2メートル、横3.2メートル)。42席を設置する。館内入口には「世界の山ちゃん」が持ち帰り専門店を出店する予定。大須は名古屋における映画館発祥の地であり、1908年(明治41年)に大須観音近くに文明館が開館した。大須観音周辺や新天地通りなどに映画館が開館し、ピーク時には23館もの映画館があった。*57

大須は名古屋の映画発祥地である。2019年3月31日、30年ぶりに大須に映画館が復活する。元衣料雑貨店主の中川健次郎(78)らが仲間と協力、5年前から大須で自主上映会を行い、2018年9月にはNPO法人を設立、クラウドファウンディングなどで2000万円を調達した。床面積約100m2。スクリーンは2m×3m。42席のミニシアターである。午前中は時代劇や西部劇などの名作を上映し、午後は子供向けアニメなどを上映し、夕方以降は短編映画を上映する。30日のオープニングイベントには約120人が参加した。*58

栄・矢場町周辺

丸栄ピカデリー劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区針屋町4-11(1955年)
開館年 : 1946年1月、1950年1月1日
閉館年 : 1960年11月30日
跡地は「名古屋国際ホテル」。

1956年(昭和31年)の丸栄ピカデリー劇場の写真あり。1400万円で建設され、1949年(昭和24年)末に竣工。1950年(昭和25年)正月にイギリス映画『赤い靴』でこけら落としし、この作品は記録的な観客動員数であった。定員は580人。洋画ロードショー館だった。名古屋タイムズはピカデリー劇場について「ハイクラスな映画を上映、外国製映写機ゴーモンは当初名古屋に1台しかなかった」と報じている。映画が斜陽産業化すると1960年(昭和35年)11月末で閉館した。*59

1946年(昭和21年)1月、丸栄会館の名前で仮設建築であるものの開館した。開館週の上映作品は東宝作品『歌へ!太陽』。1950年(昭和25年)1月1日に改築し、デヴィッド・リーン監督作『幸福なる種族』がオープニング作品となった。末期は大映や新東宝などの作品を上映した。1960年(昭和35年)11月30日、約10年の歴史に幕を閉じた。*60

名古屋市内の映画館は太平洋戦争の空襲で大半が焼失した。戦後の名古屋市中心部で初めて開館した映画館は丸栄ピカデリーである。バラック建てのお粗末な設備だったが、1946年(昭和21年)正月から興行を開始した。次いで浪越会館を改装したキャピタル劇場が洋画封切館となった。*61

丸栄ピカデリーは2007年現在の国際ホテル付近にあった映画館であり、高級洋画ロードショー館だった。筆者は満員の観客の中、立ち見で『OK牧場の決闘』を鑑賞した。*62

キャピトル劇場/ヒカリ映劇/ヒカリ劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区針屋町3-15(1955年)
開館年 : 1946年12月31日
閉館年 : 1958年
1958と1960年の住宅地図で場所確認。現在の「東京第一ホテル錦」があるブロックの南西側。

1946年(昭和21年)12月31日にアメリカ映画『北海の子』でキャピトル劇場が開館。一般封切館であり、アンリ・G・クルーゾー監督作『犯人は21番に住む』、ジャン・ドラノア監督作『しのび泣き』、ソビエト連邦の『せむしの子馬』、ローレンス・オリビエ主演『ハムレット』、ハンフリー・ボガード主演『マルタの鷹』などを上映。のちには新東宝作品を上映するようになり、1958年(昭和33年)に閉館した。*63

焼け残った浪越会館を改修し、戦後に洋画封切館のキャピタル劇場(※キャピトルではなくキャピタル)が開館した。換気装置がないため夏場には敬遠されていたが、筆者は『姉妹と水兵』やゲイリー・クーパーの『征服されざる人々』などを観た。*64

広小路劇場/広小路映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄町2-11(1960年)
開館年 : 1947年5月
閉館年 : 1959年11月末
1956年(昭和31年)の広小路劇場の写真あり。明治期に設立された栄の名門劇場であり、戦後の1947年(昭和22年)に映画館に転換された。全国初のスタジアム式構造である。*65

戦後に広小路ニュース劇場の跡地に建った広小路劇場は、名古屋では初めてスタジアム式の客席を設けた劇場である。洋画封切館として高級ファン層に人気があった。*66

終戦後に本格的な建物が建ち始めた1947年(昭和22年)5月、広小路通と本町通の角から南東に、広小路映画劇場が開館した。戦前にあった広小路ニュース劇場が空襲で焼失した場所である。1950年(昭和25年)から1951年(昭和26年)頃にはアメリカ映画とヨーロッパ映画の名作を上映する映画館であり、『無防備都市』『西部の男』『嵐ケ丘』『レベッカ』『ジャングル・ブック』『かれらに音楽を』『チャンピオン』『白い恐怖』などを上映した。1954年(昭和29年)4月にはなごや東宝ほかの映画館と同時公開で黒澤明監督の『七人の侍』を上映した。最後の数年間は二番館や三番館だった。1959年(昭和34年)9月の伊勢湾台風の余波が残る11月末に閉館した。名駅地区に最新の大劇場が次々と開館したためである。*67

名古屋日活劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南伊勢町1-10(1955年・1960年)
開館年 : 1952年7月10日
閉館年 : 1963年10月26日
1952年(昭和27年)8月に名古屋日活劇場が開館した際の写真あり。現在の丸栄の南にあった。開館記念上映作品はアメリカ映画『砂漠の鬼将軍』。*68

大須の万松寺日活と栄の名古屋日活は、どちらも日活系の資本で開館した洋画封切館である。万松寺日活は帝国劇場の跡地に建てられた。名古屋日活は丸栄の東隣にあった。*69

1952年(昭和27年)7月10日、『砂漠の鬼将軍』の封切りで名古屋日活劇場が開館。定員1,256人の大劇場だった。地下1階には日活中部支社があった。丸栄百貨店の東側のブロックにあった。1952年から1954年(昭和29年)には『真昼の決闘』『チャップリンの殺人狂時代』『嘆きのテレーズ』などの洋画を上映し、その後日活作品の封切館となった。1963年(昭和38年)10月26日に閉館し、1984年(昭和59年)現在の跡地には銀行がある。*70

名古屋松竹劇場/ステート座/名古屋松竹映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南呉服町1(1963年)
開館年 : 1946年(名古屋松竹映画劇場)、1949年7月1日(ステート座)、1954年5月26日(名古屋松竹映画劇場)
閉館年 : 1970年2月
跡地は「キング観光サウザンド栄住吉店」。

戦後に開館したステート座は、八重垣劇場のロードショーを継続して興行し、洋画の名作を次々と上映した。モダンな造りのしゃれた建物だったが、やがて改築されて松竹映画の封切館となり、松竹映画劇場に改称した。*71

1956年(昭和31年)に撮影された名古屋松竹映画劇場の写真あり。南呉服町にあった映画館であり、1946年(昭和21年)に開館した。こけら落としは林長二郎(長谷川和夫)主演の『鯉名の銀平』だった。1963年(昭和38年)の新装開館時には、松竹のスター女優である倍賞千恵子が来館した。1970年(昭和45年)に閉館となった。*72

1956年(昭和31年)3月の名古屋松竹映画劇場の写真あり。1946年(昭和21年)に中区呉服町通に開館した映画館であり、名古屋でもトップクラスの映画館として知られた。*73

1949年(昭和24年)には名古屋松竹映画劇場からステート座に改称し、松竹封切館からアメリカ映画ロードショー館に転換。1949年7月1日に『楽聖ショパン』の封切りでステート座としてスタートした。グレゴリー・ペック主演『子鹿物語』、エリザベス・テイラー主演『若草物語』、ヴィクター・フレミング監督作『風と共に去りぬ』などを上映している。1952年(昭和27年)12月28日にはステート座という名称はそのままに、再び松竹上映館に戻った。木下恵介監督作『日本の悲劇』、大庭秀雄監督作『君の名は』、小津安二郎監督作『東京物語』、木下恵介監督作『二十四の瞳』、木下恵介監督作『喜びも悲しみも幾歳月』、木下恵介監督作『楢山節考』、小津安二郎監督作『彼岸花』、小津安二郎監督作『秋刀魚の味』などを上映している。1954年(昭和29年)5月26日、ステート座から元の名古屋松竹映画劇場に改称した。名古屋松竹映画劇場は1970年(昭和45年)2月に閉館した。*74

ナゴヤロマンス座/ロマン座/名古屋ロマン座

所在地 : 愛知県名古屋市南大津通2-7(1955年・1960年・1963年・1966年)、愛知県名古屋市中区栄3-17-20(1969年・1976年・1980年・1985年・1990年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1992年12月15日
1953年の映画館名簿では「ロマン座」。1955年の映画館名簿では「ナゴヤロマンス座」。1960年・1963年の映画館名簿では「ロマン座」。1965年の住宅地図では「ロマン座」。1966年・1969年・1976年・1980年・1985年・1990年の映画館名簿では「名古屋ロマン座」。松坂屋の北東にあるブロックの南側。現在の「大津町ビル」。

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「ロマン座」として掲載されており、『ウエスト・サイド物語』(1961年公開)と『クリスマスキャロル』(1970年公開)を上映している。*75 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「ロマン座」として掲載されており、『サマータイムキラー』と『ショック療法』を上映している。*76

名古屋市中区栄にある映画館「ロマン座」の前身は、戦前からあった大津演芸場。1950年に洋画の二番館となって名作を上映。『ローマの休日』や『風と共に去りぬ』などを上映した。1980年にはにっかつロマンポルノを上映するようになったが、客足が遠のいた。1989年には再び名画座に転換したが、営業不振や建物の老朽化などが理由で、1992年12月15日をもって閉館することになった。座席数は255席。平日は1日平均50人、人気作では1日平均100人。11月28日からは800円で特別興行を行い、『ガス燈』と『死刑台のエレベーター』、『凱旋門』と『麗しのサブリナ』など、名画の2本立て興行を行う。『ジャズ・ミー・ブルース』は名古屋初公開であり、『夢の涯てまでも』は最近公開されたばかりの作品。*77

名古屋東映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区錦3-24-3(1980年・1990年)
開館年 : 1955年
閉館年 : 2002年
1956年(昭和31年)5月の「名古屋東映劇場」の写真あり。1955年(昭和30年)7月に現在の錦3丁目に開館した劇場であり、開館記念には東映スター19人が来館している。*78

1956年(昭和31年)頃の名古屋東映劇場の写真あり。名古屋東映、東映パラス(東映地下劇場)、東映小劇場(栄・東映ホール)の3館の併設。ニュースも映画も見られる特徴的な劇場だった。現在のサンシャイン栄。*79

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「名古屋東映」「東映パラス」「東映名画座」として掲載されている。*80 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「名古屋東映」「東映パラス」「東映名画座」として掲載されている。*81

中日シネラマ劇場・中日シネラマ地下劇場/中日シネラマ劇場・中日シネラマ地下劇場・シネマA/中日シネラマ劇場・中日シネチカ劇場・シネマA/ヘラルドシネプラザ1・2・3/シネプラザ1・シネプラザ2・シネプラザ3・シネプラザ50/シネプラザ2・シネプラザ4・シネプラザ50

所在地 : 愛知県名古屋市中区末広町3-31(1966年)、愛知県名古屋市中区栄3-35-34(1969年・1976年・1980年・1985年・1990年・1995年・2000年)
開館年 : 1964年12月25日
閉館年 : 1999年9月(部分閉館)、2004年2月22日(完全閉館)
1966年・1969年・1976年の映画館名簿では「中日シネラマ劇場・中日シネラマ地下劇場」(2スクリーン)。1980年の映画館名簿では「中日シネラマ劇場・中日シネラマ地下劇場・シネマA」(3スクリーン)。1985年の映画館名簿では「中日シネラマ劇場・中日シネチカ劇場・シネマA」(3スクリーン)。1990年の映画館名簿では「ヘラルドシネプラザ1・2・3」(3スクリーン)。1995年の映画館名簿では「シネプラザ1・シネプラザ2・シネプラザ3・シネプラザ50」(4スクリーン)。2000年の映画館名簿では「シネプラザ2・シネプラザ4・シネプラザ50」(3スクリーン)。若宮八幡社の西側。跡地はまずディスコ「OZON」となったが2004年閉店。現在の跡地は2019年2月竣工の「栄タワーヒルズ」。

1999年9月24日をもってヘラルドシネプラザ1が閉館する。湾曲ワイド映画「シネラマ」のスクリーンを設置した日本で最後のホールであり、スクリーンは3600枚のリボンでできていた。大型映画が姿を消すと、画面の汚れが目立つようになった。1975年にはバスター・キートンのリバイバル作品をまとめて上映し、映画評論家の河原畑寧がわざわざ名古屋まで観に来たという。*82

1999年9月には観客減少などが理由で、ヘラルドシネプラザ(名古屋市中区栄3丁目)内の巨大スクリーンの名門館シネプラザ1が閉館。その後には名古屋市中心部の名駅地区・栄地区だけでも20もの映画館が閉鎖され、現在は名古屋駅前にピカデリー6館、名鉄東宝2館と、ゴールド・シルバー劇場、栄にエンゼル東宝センチュリーシネマが残るだけ。約5年間で半減以下となった。2004年2月22日にはヘラルドシネプラザ2など映画館3館も閉館する。1999年9月にシネプラザ1が閉館してから、名駅・栄地区では20もの映画館が閉館し、現在では名駅のピカデリー6館、名鉄東宝2館、ゴールド劇場・シルバー劇場、栄のエンゼル東宝、センチュリーシネマが残るだけ。中日本興業はビルの建て替えに伴って、2003年1月までに6館を閉館させた。2002年12月には東宝が名宝劇場など3館を閉館させた。*83

エンゼル東宝

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄3-15-20 松坂屋名古屋本店北館地下(1997年)
開館年 : 1972年11月
閉館年 : 2005年9月4日
Wikipedia : エンゼル東宝
跡地はディスコ「PLATINUM NAGOYA」。

2005年9月4日、名古屋市中区栄の松坂屋本店北館地下にある映画館「エンゼル東宝」が閉館する。18時30分上映開始のアニメ映画『劇場版 NARUTO -ナルト- 大激突!幻の地底遺跡だってばよ』が最終上映となる。エンゼルビルは改築が予定されており、「観客数の減少や改築」が閉館の理由。1972年11月、エンゼルビルの開業と同時にエンゼル東宝も開館した。観客数のピークは1986年(昭和61年)であり、『子猫物語』などがヒットしたことで、年間18万8000人の入場者があった。2000年頃から観客数の減少が目立ち、2004年は9万5000人だった。*84

2005年9月には栄のエンゼル東宝が閉館し、名古屋市中心部(栄・矢場町・伏見・大須地区)の映画館は矢場町のセンチュリーシネマのみとなった。3か月後の2005年12月には伏見に伏見ミリオン座が開館している。*85

1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「エンゼル東宝」として掲載されており、『日本沈没』と『グァム島珍道中』を上映している。*86

センチュリーシネマ

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8階
開館年 : 2000年12月2日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : センチュリーシネマ
2000年12月2日には名古屋市中区栄3丁目のパルコ東館8階に映画館「センチュリーシネマ」が開館する。シネコンが急増する中で1スクリーンのみの映画館であるが、芸術性の高い作品のみに絞って上映する。11年間営業して2000年10月に閉館したプラネタリウム「アストロドーム」をリニューアルして映画館とした。座席数は160席。ヘラルドグループの名古屋ケーブルネットワークが支援し、ロビーにはケーブルインターネットの端末が18台設置されている。「家族客が中心のシネコンに対し、OLが会社帰りに立ち寄ることができる映画館にしたい」という。年間5万人の観客数と1億円の売上を見込んでいる。*87

2000年12月2日には名古屋市中区栄3丁目のパルコ東館8階に映画館「センチュリーシネマ」が開館する。単館系(アート系)の映画館であり、座席数は160。運営はヘラルド・コーポレーション。年間5万人の観客数と1億円の売上を見込んでいる。この場所には1999年からプラネタリウム「アストロドーム」があったが、来場者数の減少などで2000年10月に閉館。パルコ東館にはライブハウスなどがあり、文化発信拠点であることから、パルコがヘラルドコーポレーションに対して出店を持ち掛けて実現した。オープニング作品は英仏合作『宮廷料理人ヴァテール』。*88

名古屋市中区栄のパルコ東館8階にあるプラネタリウム「パルコアストロドーム」が、12月2日に単館系映画館「センチュリーシネマ」に様変わりする。上映作品はアジアやヨーロッパのアート系作品に絞る。オープニング作品は英仏合作『宮廷料理人ヴァテール』。*89

2000年12月2日、名古屋市中区栄3丁目のパルコ東館8階に映画館「センチュリーシネマ」が開館した。運営はヘラルドコーポレーション。スクリーンは縦4.4m、横10.34m。座席数は160席。客席の段差を大きく取り、座席の幅や前後の感覚も大きくしている。BSデジタル放送やインターネットが利用できるメディアラウンジを設置している。オープニング作品はカンヌ国際映画祭でもオープニング作品となった『宮廷料理人ヴァテール』。*90

伏見周辺

中京劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区桶屋町4-2(1960年)※桶屋町は現在の中区錦2丁目。
開館年 : 1935年9月15日
閉館年 : 1957年5月
1955年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「中京劇場」。1959年の『名古屋市全住宅案内図帳』では跡地に「清水中部旭紡績建設用地」。1960年の住宅地図には掲載されていない。現在の跡地は「りそな銀行名古屋支店」がある「りそな名古屋ビル」。

1935年(昭和10年)9月15日、松竹系映画館として中京劇場が開館した。この地点にはかつて芝居小屋の新守座があった。1897年(明治30年)4月にリュミエール兄弟のシネマトグラフを名古屋で初めて上映した劇場である。中京劇場は太平洋戦争の空襲で焼失した。戦後に再建されて、1947年(昭和22年)10月12日に営業を再開した。当時の栄町には松竹映画劇場があったが、中京劇場の再開とともに松竹封切館という地位が弱められ、1949年(昭和24年)7月には松竹映画劇場がアメリカ映画ロードショー館のステート座となっている。しかしステート座は1952年12月28日に松竹封切館の立ち位置を再開し、名古屋地区における松竹の作品は中京劇場ほか数館で上映された。中京劇場の北側に隣接した街角には松竹中部支社があった。中京劇場は1957年(昭和32年)5月に閉館し、松竹中部支社は栄町の名古屋松竹映画劇場(元・ステート座)の南側に移転した。*91

CNC劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南園町1-1(1960年)
開館年 : 1948年
閉館年 : 1960年以後1965年以前
1958年と1960年の住宅地図で場所確認。現在の「伏見ミリオン座」と「ZXAビル」。

ミリオン座(※旧ミリオン座)の東の道、御園町の通りを南に数歩の所にCNC劇場があった。*92

CNC劇場はスタジアム式劇場であり、広小路劇場を一回り小さくしたような形である。当初は洋画の封切館だったが、やがて新東宝の封切館に変わった。*93

千歳劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区南桑名町1-16(1960年)
開館年 : 1885年(芝居小屋として開館)、1921年2月1日(映画館に転換)
閉館年 : 1970年5月
1885年に芝居小屋の千歳座として開館。1921年に映画館の千歳劇場が開館。1945年に戦災で焼失。1947年に再建開館。1970年に閉館。跡地は「広小路桑名町」交差点南西側の「ダイアパレス伏見」。

大須や広小路通からはやや離れていたため、観客は千歳劇場で映画を見るためにわざわざ来る必要があり、当時はインテリのサラリーマンや学生などが客層の主体だった。1921年(大正10年)2月1日には芝居小屋から松竹キネマ直営映画館に転換し、『女の力』が開場披露番組だった。千歳劇場は名古屋における最高級映画館とされた。1927年(昭和2年)に松竹座が開館し、1930年(昭和5年)に八重垣劇場が開館すると、最高級の洋画上映館の地位から転落し、邦画上映館に転換した。千歳劇場は太平洋戦争の空襲で焼失した。1947年(昭和22年)1月1日には営業を再開し、大映の片岡千恵蔵主演作『七つの顔』を上映した。その後は大映の封切館として、黒澤明監督作『羅生門』や溝口健二監督作『雨月物語』や市川雷蔵主演『新平家物語』などを上映した。1970年(昭和45年)5月に閉館した。*94

朝日会館映画劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区広小路通2-1(1955年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 1967年11月末(建て替えのための閉館)、1972年7月(閉館)
1956年(昭和31年)4月の朝日会館映画劇場の写真あり。中区広小路通(現・栄1丁目)の名古屋朝日ビル内にあった映画館である。1935年(昭和10年)、朝日新聞名古屋支社(現・朝日新聞名古屋本社)の社屋竣工と同時に3階から5階に開館した。当初は催事を行ったり貸し会場として利用され、その合間に映画が上映されたが、1941年(昭和16年)頃から映画上映が主体となった。戦後には松竹系封切館となったが、映画黄金期の昭和30年代前半に洋画専門館となった。1967年(昭和42年)11月末、都市計画による改築工事のために閉館した。1969年(昭和44年)4月には新たな朝日ビルが完成したが、1985年(昭和60年)には高層ビルの建設計画が浮上し、1989年(平成元年)3月にはホテル、オフィスなどが入居した複合ビル「アムナットビル」が完成した。*95

朝日新聞の社屋である朝日会館も空襲を免れた建物である。3階から4階には映画館の「朝日会館」があった。戦前には文化映画などを上映し、戦後にアメリカ軍が接収した際にはアメリカ軍将兵やその家族などの専用劇場となった。1952年5月に接収が解除されたことで一般映画館となり、1952年から1959年にかけては『凱旋門』『巴里のアメリカ人』『第三の男』『シェーン』『裏窓』『ピーターパン』『エデンの東』『戦争と平和』『戦場にかける橋』『ぼくの伯父さん』『女の一生』『ティファニーで朝食を』などの洋画を上映した。1960年には松竹系邦画上映館となり、木下恵介監督作『笛吹川』、吉田喜重監督作『秋津温泉』、小津安二郎監督作『秋刀魚の味』などを上映した。1972年7月8日からの舛田利雄監督作『人間革命』を最後に閉館した。*96

名古屋市内の映画館は太平洋戦争の空襲で大半が焼失したが、鉄筋コンクリート造の八重垣劇場(本町)、SY大映(大須)、名宝(納屋橋)、朝日会館(納屋橋)は残った。奇しくも洋画封切館ばかりである。*97

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*98

ミリオン座(旧)

所在地 : 愛知県名古屋市中区仲ノ町(現・中区栄1丁目)
開館年 : 1950年11月2日
閉館年 : 1983年9月2日
1958年(昭和33年)のミリオン座の写真あり。中区仲ノ町(現・栄1丁目)にあった。ディズニー映画『百獣の王ライオン』に長蛇の列を作っている。*99

現在のヒルトンホテル付近にあったミリオン座は、洋画封切館としては最後まで残った。開館時にはロマンスシートが若い男女に人気があった。*100

1950年(昭和25年)11月に開館。名古屋市の人口は太平洋戦争でいったんは100万人を切ったが、戦後の1950年には再び100万人を超えたことで、これを記念してミリオン座(100万)と名付けられた。昭和30年代は映画全盛期であり、名古屋市内には約130の映画館があった。ミリオン座の手前に見えているのは資生堂パーラー広小路店。*101

1983年9月2日をもって、名画座のミリオン座が閉館。33年の歴史に幕を下ろす。1983年5月には見たい映画を安い料金で見ることができる、全国初の「時間制入場料金後払いシステム」を導入。今年秋には若者中心のカルチャーセンターとして再出発する。ミリオン座は1950年11月に開館。ヘラルド興業の第1号館だった。当時は洋画の黄金時代であり、『ローマの休日』や『禁じられた遊び』などの名作を封切って人気を得た。昭和30年代半ばから東宝系の上映館となったが、1980年5月には東宝系列を離れ、自由な番組編成ができるフリー館となった。「時間制入場料金後払いシステム」は反響が大きく、通常の3-4倍の観客を集めて固定客をつかんだ。しかし建物は木造で雨漏りが激しく、改修費用を回収できる見込みがないことから、閉館が決定した。1980年1月からの支配人は牧野鐘徳(33)。*102

1983年9月2日をもって、名古屋市中区栄1丁目の映画館「ミリオン座」が閉館した。最後の上映作品は夏休み中から上映していた『太郎せんせとわらしっ子』とアニメ『はだしのゲン』の二本立て。最終日には約80人が訪れ、終演後にはホールで簡単なお別れ会が開かれた。跡地には今年中にも総合レジャー施設がオープンする予定。*103

1983年9月2日をもって、ミリオン座が閉館する。1950年11月2日に開館してから約33年館の歴史に幕を閉じる。古川為三郎一家(現在のヘラルド興行株式会社)による経営。階上席までの階段右手壁面には、高井貞二・高井寛二兄弟の壁画やタイルモザイクが飾られていた。外面には建畠覚造らの彫刻が飾られていた。1950年には『ジョルスン物語』、1951年には『バンビ』や『サンセット大通り』、1952年には『ピノキオ』や『誰がために鐘は鳴る』、1953年には『シンデレラ姫』や『禁じられた遊び』、1954年には『私は告白する』や『ローマの休日』、1955年には『ダイヤルMを廻せ!』や『フレンチ・カンカン』、1956年には『上流社会』や『居酒屋』、1957年には『雨を降らす男』、1958年には『カラマゾフの兄弟』や『老人と海』、1959年には『黒船』、1960年には『渚にて』、1962年には『太陽はひとりぼっち』、1963年には『橋からの眺め』、1964年には『ラス・ベガス万才』などを上映した。1983年9月2日の最終上映作品はアニメ映画の『はだしのゲン』だった。*104

伏見のミリオン座は1983年9月2日に閉館した。ミリオン座の閉館から7か月後の1984年3月末、ミリオン座の跡地にレストランが開店した。レストランの2階中央部にはミリオン座で使用されていた映写機が置かれている。*105

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「ミリオン」として掲載されており、『ハダシの重役』(1971年公開)と『フラバァ・デラックス』(1964年公開)を上映している。*106 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「ミリオン」として掲載されており、『雪だるま超特急』と『ラブバッグ』を上映している。*107

名古屋宝塚劇場・なごや東宝・名宝文化劇場(名宝会館ビル)

1955年の名宝ニュース劇場
所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-2-6 名宝会館ビル2階・3階・6階(1997年)
開館年 : 1935年
閉館年 : 2002年12月1日
Wikipedia : 名宝会館
1955年には名古屋宝塚劇場・なごや東宝・名宝文化劇場の3館を併せ持つ建物だった。跡地は「名古屋東宝ビル」。

1960年(昭和35年)5月、ゴールデンウィークでにぎわう名宝会館の写真あり。1935年(昭和10年)に名古屋宝塚劇場として開館した劇場である。3階席まであったホール内には真紅の絨毯が敷かれた。名古屋で初めて宝塚少女歌劇団の公演が行われた劇場でもある。*108

1955年(昭和30年)頃の名宝会館の名宝ニュース劇場の写真あり。広小路通り沿いにあった。1935年に名古屋宝塚劇場として開館。戦後は映画館3館の併設であり、2階の名宝ニュース劇場は名古屋初のニュース映画専門館だった。「名宝ニュース劇場 30円均一」という看板が見られる。*109

名宝劇場は1984年の1年間で12番組18本を上映した。1本立て6回、2本立て6回。邦画・洋画を問わず、ロードショー劇場は名宝劇場とほぼ同様になる。*110

1935年11月3日、納屋橋に名古屋宝塚劇場(名宝劇場)として開館。1985年11月3日には50周年の記念日を迎える。現在は7階建てのビル内に3館の映画館を持つ。*111(※かなり分量の多い記事なので、再度確認する)

名古屋市内の映画館は太平洋戦争の空襲で大半が焼失したが、鉄筋コンクリート造の八重垣劇場(本町)、SY大映(大須)、名宝(納屋橋)、朝日会館(納屋橋)は残った。奇しくも洋画封切館ばかりである。*112

名古屋市中区栄1の名宝劇場など映画館3館が入る名古屋市中区栄1丁目の名宝会館は、2002年12月1日に67年の歴史を終える。11月23日には「さよなら、名宝会館ファイナル・シネマ」は始まり、名画や過去の大ヒット作を上映している。11月28日・29日には『カサブランカ』と『ひまわり』の名作2本を上映。50-60歳代を中心に予想の2倍の一日約1200人が訪れた。30日に上映した『千と千尋の神隠し』には朝から親子連れの行列。「『シェーン』などの西部劇をよく見た」という人、「『アラビアのロレンス』や『サウンド・オブ・ミュージック』を見た」という人が来場。12月1日の『ゴジラ』『ゴジラVSモスラ』2本立てが最終上映。名宝会館は、ビルの老朽化と、郊外の複合型映画施設(シネコン)の影響で客足が減ったことが閉館の理由である。現在のビルの解体後、2004年末には跡地に10階と11階のツインビルが竣工予定。このツインビルに映画館が入る予定はなく、オフィス棟とホテル棟になる。*113

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「名宝」「名宝文化」「名宝シネマ」「スカラ座」として掲載されている。*114 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には「名宝」「名宝シネマ」「スカラ座」として掲載されている。*115

金輝館/納屋橋映劇/納屋橋劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-2-3(1997年)
開館年 : 1913年
閉館年 : 2002年以後
当時は名宝会館の西側に南北の路地があり、その突き当たりに納屋橋劇場があった。

1913年(大正2年)に開館した金輝館(後の納屋橋劇場)は、名古屋有数の歴史を持つ映画館である。名古屋興行界の大物である岡崎常次郎と岡崎久太郎の親子が経営した。椙山女学園大学名誉教授で映画評論家の伊藤紫英は、芝居好きな母親に連れられて初めて入った映画館が金輝館だった。数人の弁士がスクリーンの左右におり、客席は4人掛けだったという。*116

愛知・名古屋の納屋橋劇場。正確には成人映画館ではないが、お色気を売りにした映画で頑張っている。『巨乳秘書 パンストの湿り』(1999年公開)、『卍舞II』(1996年公開)、『責め絵の女』(1999年公開)の看板が見える。「特選3本立 毎週土曜深夜興行」の看板が見える。*117

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていないが理由は不明。*118 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていないが理由は不明。*119

伏見ミリオン座

所在地 : 愛知県名古屋市中区栄1-4-16
開館年 : 2005年12月17日
閉館年 : 営業中
Wikipedia : 伏見ミリオン座
1950年から1983年まで存在したミリオン座とは連続性がなく、運営者も場所も異なる。2019年4月には移転予定。

名古屋市中区の映画館「伏見ミリオン座」は、地下鉄伏見駅南西側から北東側に移転し、4月19日に新館での営業を開始する。2005年12月に開館し、ミニシアター系作品を中心に上映している。新館は7階建てであり、スクリーン数は現行の3から4に増え、座席数は現行の計341席から417席に増える。新館の1階にはカフェも併設する。4月12日に1スクリーンでプレオープンする。現行館は4月7日で閉館する。*120

その他の地域

八重垣劇場

所在地 : 愛知県名古屋市西区南外堀町6-27(1962年閉館時)、愛知県名古屋市中区丸の内二丁目(現在の住所に直した場合)
開館年 : 1930年
閉館年 : 1962年
Wikipedia : 八重垣劇場
1956年(昭和31年)の写真あり。中区上長者町(現丸の内2)にあった八重垣劇場は、洋画専門館として1930年(昭和5年)10月に開館。定員は623人。名古屋屈指の名門映画館とされ、ヨーロッパの名作をほとんど独占的に上映した。本町通西側の愛知商工館(現県産業貿易館西館)と那古野神社の間にあった。戦後はアメリカ映画のロードショー館であったが、1953年(昭和28年)後半から邦画の上映館に転向した。1962年(昭和37年)3月に閉館した。*121

名古屋市内の映画館は太平洋戦争の空襲で大半が焼失したが、鉄筋コンクリート造の八重垣劇場(本町)、SY大映(大須)、名宝(納屋橋)、朝日会館(納屋橋)は残った。奇しくも洋画封切館ばかりである。*122

八重垣劇場は名古屋の武蔵野館とも称すべき芸術映画館であり、映画について語ろうとするものは、一度は八重垣劇場の場内の異国的な空気を満喫すべきである。400-500人の観客しか収容できない小劇場ではあるが、きれいであっさりしており、嫌みのないモダンな映画館である。場内での喫煙や飲食を禁じている。パラマウント、メトロ、ワーナー、ブラザーズなどのトーキー映画を上映しているが、清水英のような名開設者がいるし、時には徳川夢声が来館する。千歳劇場や松竹座と同じように、大辻司郎が狭い舞台で漫談をやることもある。我が国の映画批評における権威である石巻良夫が支配人を務め、常に名古屋映画界の先端を切っている。儲かっていないが、中京地域における映画芸術のために、また映画芸術ファンのために、八重垣劇場の存在価値は莫大である。*123

新栄劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区新栄町6-21(1960年)
開館年 : 1960年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1960年の住宅地図で場所確認。現在は空き地。クラブダイアモンドホールがあるブロックの東のブロック。新栄劇場西側の通りにはかつて路面電車が通っていた。

オデオン金山

所在地 : 愛知県名古屋市中区東古渡3-5(1960年)
開館年 : 1955年以後1958年以前
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の『名古屋市全住宅案内図帳』には掲載されていない。1958年の住宅地図では「オデオン」。1959年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「オデオン金山劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』には掲載されていない。跡地は「イオン金山店」北側の空き地。

金山劇場/金山映画劇場/金山大映劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区古沢町9-1(1955年)
開館年 : 1951年
閉館年 : 1960年以後1963年以前
1955年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「金山劇場」。1958年の住宅地図・1959年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「金山大映劇場」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』には掲載されていない。跡地は「三菱UFJ銀行金山支店」。

金竜東映/金龍館

所在地 : 愛知県名古屋市中区東陽町7-2
開館年 : 1955年以後1959年以前
閉館年 : 1965年以後
1955年の『名古屋市全住宅案内図帳』には掲載されていない。1959年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「金竜館映画館」。1963年の『新住宅宝典 名古屋市全商工・住宅案内図帳』では「金龍館映画館」。1965年の住宅地図では「金竜館」。跡地はマンション「荘苑ひがし栄」。

堀川映画劇場/堀川劇場

所在地 : 愛知県名古屋市中区上園町(1955年)、愛知県名古屋市中区丸の内1-2-5(1969年)
開館年 : 1950年
閉館年 : 1971年以後1973年以前? 1977年以後1982年以前?
1958年の住宅地図・1959年の『名古屋市全住宅案内図帳』では「堀川映画劇場」。1953年・1955年・1960年・1963年・1966年・1969年の映画館名簿では「堀川映画劇場」。1965年の住宅地図で場所確認。景雲橋電停すぐ南側。1969年の映画館名簿には堀川映画劇場として掲載されているが、1976年の映画館名簿には掲載されていない。1977年の住宅地図には堀川劇場として掲載されている。整合性が取れないが理由は不明。1982年の住宅地図では跡地に駐車場。現在の「小島会Vivo丸の内ビル」。

1972年1月4日の『中日新聞』映画上映案内には「堀川映劇」として掲載されており、『女のSEXと男の性』と『SEXアニマル』と『痴漢百態』を上映していた。*124 1973年12月31日の『中日新聞』映画上映案内には掲載されていない。*125

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます